「挙句」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 挙句とは

2018-04-18

anond:20180418181236

こうやって性格の悪いクズが人を怒らせまくった挙句被害者ぶるのもどうかと思うわ

2018-04-16

anond:20180415134902

海外厨では無い(むしろJのクラブサポーターだ)し、戦術ことなんざさっぱりわからんハリルホジッチ解任には反対だ。まあ解任は仕方がないにしても西野はあり得ないと思う。

その理由はただ一点で、西野最近監督をしたのはいつだ?という話。2015年である名古屋グランパスで低迷していた(挙句その次の年降格したのは記憶に新しい通り。あれには小倉監督責任も多くあろうが、西野監督無関係ということはない)。その前はヴィッセル神戸。途中就任途中解任である。この結果は重く受け止めるべき結果。なぜならこのシーズン途中から引き受けるという流れは今回と似ているから。そこで彼は結果を残していない。ちなみに他の監督キャリア(レイソルガンバ)にしても途中就任ということはないので、唯一の例がこれである

その上2年間現場から離れているということになると、現在監督としての能力に疑問を持たざるを得ない。

では誰か、となるとチーム事情を把握している手倉森コーチしかいないと思うが、彼はまあ断ったのだろう(声すらかけてないというのは考え難い)。

西野監督しか引き受け手がいなかった時点で解任というカードは切るべきではなかったと思うし、それにもかかわらず解任したというのは勝率云々ではなくハリルホジッチを解任することありきだったのではないかということになるのではないかと思うのである

2018-04-15

著作権ブロッキングで一部の方々が行う懸念する方に対する罵倒の話

ここで文章不法投棄をする。

どうせこんな妄言しかない日記が注目される事もまずないだろう。

初めに今回の著作権改正改悪)については

リーチサイト規制情報受け手側が犯罪になってしまDL規制静止画も含め更に拡大する等についても危惧する点は非常に多くあるが、

これ等を取り上げると範囲が更に広がってしまうためここでは取り上げないこととする。

また私個人の考えとしてブロッキングについては今回一番悪いのはまともな法的処理すら通さず、議事録すら非公開にした政府であると言う考えである事も理解して頂ければありがたい。

何せ与党議員から批判意見が出た位なのだ

恐らくこれに関しては反対している人なども共通した考えであろう。

そしてブロッキングの何が問題なのかもここでは詳しくは取り上げない。

この手の問題点はもう多くのニュースサイトや私よりも詳しい人が多く取り上げており、それらのサイトを見て貰った方が早いからだ。

ようはブロッキングと言うもの自体簡単に言えば中国金盾の親戚みたいなものだと言う認識で良い。

付け加えるとすれば、今回児童ポルノから著作権まで範囲が広げられてしまうと政府業界に都合の悪い情報は全て遮断してしまって良いと言う前例が出来てしまい、

今後拡大解釈され続ける危険性が非常に高くなってしまう点、更に今回法律を通さず、あくま政府ISPにお願いするだけと言う形をとるため、

何か問題が起こった時には政府は一切問題を取らず、責任は全てISP側に来るなどの問題点も今回の事例には新たに追加されてしまっている。

ブロッキング問題点については以上の記述位としておく事にする。

それと敢えてここで一部の創作物コンテンツに関連している方々を指す単語として意図してオタクと言う言葉を使わない様に意識する事にする。

オタクと言う単語自体のものが余りにも広域な範囲対象を指す言葉であり、ここで使うのは余りにも不適切単語であるからだ。

(※オタクと言うのはあくまでそう言う趣味嗜好を持つ人々を指すだけの言葉であり、オタク一言で言っても色々なジャンルはあるし、

そう呼ばれる人達創作物コンテンツに関連しない仕事の人々や例えばそれこそ医師弁護士公務員等の様々な方々もいる。

そういう意味においても今回はオタクと言う単語自体使用する事は今事象においては余りにも的外れであると考えたからだ。)

また何よりもオタクと言う言葉自体非難罵倒としての逃げの口実、或いは免罪符として機能しているからだ。

実際、自身責任から逃れたい一心責任転嫁するためだけにオタクと言う言葉を使っている例も多く見受けられる。

それに今回感情的に反対している人たちを罵倒等をしているのはツイッター等を見る限り、その人間本質オタクと言う広域の言葉で指す人々よりも

もっと狭い範囲である同人プロわず、その関連、または業界無理解な一部の創作物コンテンツに関連した方々が多い様に見受けられたからだ。

からこそあえて一部の創作物コンテンツに関連している方々と言う言葉を使わせて頂くのだ。

(※あくまでも一部の創作物コンテンツに関連している方々である

何度でも言うが一部の創作物コンテンツに関連している方々である

ここは重要である

この言葉には何もここで指すのはアニメ漫画出版業界だけではない、別の何かも含まれると言う意味合いもある。

別の何かについてはブロッキングの件を少し調べたら判ると思うので、色々察してほしい。

それに元々作家さんでも表現の自由言論の自由に詳しく、危惧して動いていた方も少なからずおられる。

なので、同人プロわず表現の自由観点から懸念を持つ作家さんや関係者の方々が、決して少なくない数がいる事も付け加えておく。

例えば今回もちばてつやさん等はブロッキングに対して懸念した発言をされておられ、元々個人的にも尊敬している点も多かったりする。)

そしてこれから書く事はあくま愚痴恨み節の類であり、俗に言う俺は詳しいんだ、知っているんだ的なノリの頭の悪い稚拙文章しかないので、

運悪くこんな記事を見てしまった人は軽く聞き流して頂いて構わない。

何より私自身間違いが多い人間であるのは自覚しているからだ。

私がこれから書くこの様な内容の文章過去多数出ており、実際私自身も何度か見かけているが、それでも敢えて匿名の卑怯者としてこのような文章を書かせて頂く事を許して欲しい。

この様な文章は書く事はないと思っていたがどうやら私の番が回ってきてしまったようだ(苦笑)

ついでに私自体、もはや規制に対し、反対する気力もなく、その反対する人々を罵倒する一部の創作物コンテンツに関連した方々に対し、

何の期待もしておらず、説得する気も皆無である点も読む際に考慮して頂けると助かる。

まず件の著作権ブロッキング拡大報道について、一部の創作物コンテンツに関連している方々が今回の報道ブロッキングに対し危惧し、

その問題点を指摘している一般人には勿論の事、実際弁護士法学者、また長年創作物関係での規制危惧し動いている

本来一部の創作物コンテンツに関連している方々にとっても味方であるであろう青少年健全育成条例児童ポルノ禁止法で反対していた方々や

反対活動で精力的に動いていた団体にすら石を投げているのを見かけ、ああこいつら進歩ないな、この先創作物コンテンツが、

滅亡してもこいつらは懲りないし、学習もしないだろうなと言う感想を抱いた。

何故このような感想を抱いたかと言うと過去青少年育成健全条例児童ポルノ禁止法等でも同じような構図を見かけたかである

今回に関しては個人的にはもはや怒りではなく、彼ら一部の創作物コンテンツに関連している方々に対して、失望絶望と言う様な感情しか湧いてこない。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間安易感情から匿名掲示板のノリで揚げ足取り罵倒するのは構わない。

どうせ実際この記事をもし君等一部の創作物コンテンツに関連している人間が見つけた場合には必死罵倒揚げ足取りを行う事もあるのだろう。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間の行動は容易に予測できる。

きっとブーメランとかも言い出す事だろう。

だが、その都度味方は減り、敵は増え続けるのだ。

その一部の創作物コンテンツに関連している人間創作分野以外の事柄には興味がなく視野が狭い癖に妙にプライドだけは高く、

人の話を全く聞かないくせに自身に対する非難スルーする事が出来ない人間も非常に多いのだ。

尚且つ議論とやらが好きだから猶更性質が悪い。

更に図星をつかれると非常に怒り出す。

からこそこの手の一部の創作物コンテンツに関連している方々は、ブロッキングの件に関連して指摘された件でまだ反論が容易であろう、

ブロッキング懐疑的他者から出版ブロッキングでなく、まず検索サイトに対しての行動や法務の方を動かせよとか

出版業界のそのもの不備の指摘や逆に何故今まで逆に現在違法サイトが行っているようなサービス公式でしなかったのか?

そもそも著作権規制を進めた所で過去の事例から見て売り上げが回復していないだろうとか

出版新古書店図書館の件も反論されて言い返せなかった件についてはどうなの?

と等言うような指摘に対しても何故か真向な論理でなく、何故か作家が食えなくなってもいいの?等と言う感情論で怒り狂い出していたのだ。

私が見た限りは主にこんなコメントしかなかったのだ。

所詮こんな事に対しても主に感情論でしか返せない連中なのだ

なので、ブロッキングに対してもまともな返答等出来るわけがない。

反対や慎重的意見としてブロッキング効果や薄い事や通信の秘密だけでなく、表現の自由言論の自由でひいては自身の首を絞める事にもなりかねないと

私が見た限り、ブロッキング懐疑的で反対意思を持つ方々は見た限り、非常に論理的に指摘されているにもかかわらず、

それに対し、一部の創作物コンテンツに関連している方々はブロッキング必要悪だとか論理すり替え的外れ発言ばかり行っていたのを見かけた。

これだけならまだ良い。

やはり挙句の果てにその反対している人間に対して人格的な罵倒等の俗に言われる叩き等の行為を行っていたのだ。

これを未だ一般人に対してだけならまだしも学者等のお偉いさんや実際表現規制に反対され動いている人に対しても行っていたのだから唯々呆れる他なかった。

だが、ただまず一部の創作物関係に関連する人間はこれだけは判っておいた方が良い。

青少年健全育成条例青少年健全育成基本法案の時でも児童ポルノ禁止法の時でもTPPの時でもそうだが、

別段漫画アニメ音楽映画等の創作物に対する表現の自由言論の自由が損なわれるから反対している人たちばかりではないと言う事だ。

規制関係では創作物方面ではなく、通信インターネット情報関連の視点から強く問題視して反対している方や

その改正によって逆に児童権利が奪われる点を強く問題視している方や他の法律の兼ね合い等から問題視されている方や

改正により一般人が逆に不当に逮捕される等の不具合が生れるから反対している方等本当に様々な視点から反対している人々がいる事を実際にみてきた。

それに著作権ブロッキング話題に関しては何も今始まった話ではなく、過去音楽業界映画業界等が様々な圧力をかけて行おうとしてきた。

また私自身今回に関してもあくまで矢面に立っているのが出版と言うだけで、この件でも音楽業界映画業界もかなり圧力をかけていたのではないのか?と言う懸念を持っている。

それに対して一般人だけではなく、通信方面法学者から懸念する声も当時から多く、反対され続けてきた事実認識すべきだ。

実際児童ポルノ関連でのブロッキングに対しても様々な懸念する声があがっていたほどだ。

からこそ漫画アニメ利益が損なわれたから、過去反対してきた人達が今回はブロッキングに賛成に回ると言うバカな話はあり得ない事位は理解すべきだ。

ブロッキング何が悪いのか判ってないのに君ら一部の創作物コンテンツに関連している人間は短絡的に感情論でそれら反対している方々に対し、

人格批判等で攻撃したりすべきではないと言っているのだ。

こんな事だから当時匿名掲示板等で肉屋を支持する豚だとか罵倒されたのだ。

しかし一部の創作物コンテンツに関連している方々の行動をみていると何故オタク(と世間では一括りにされてみられてしまう)が嫌われるのか良く判る。

から連帯責任大好きな国家からね、日本

なお、それでも思い込み感情からその方々に対して嫌味を言い罵倒するのならばそれも結構だ。

だが、そう言う行動を行う度に他分野の側面から反対していた方々は一部創作物コンテンツに関連している人間に対して、

そんな連中しかいないと思われその人達は呆れ、そしてこの先何か問題があった場合でもあいつらだから別にいかと扱いが軽んじられる可能性があるのも十分に考慮すべきだ。

たこの手の規制に対し危惧し反対する活動は実入りは全くなく、寧ろマイナスであり、時間的にも資金的にも負担が大きい。

更に言えば初めはどう活動すれば良いかすら皆判らず、手探りで行っていた位である

また反対している人同士でも考えの相違で、精神的肉体的にもかなり摩耗するし、それで最後には潰れてしま活動を停止せざる得ない位、追い詰められる人も実際に見かけている。

過去に聞いた話では実生活すらまともに送れなくなってしま人間もいる程だ。

なので、実際今でも長年活動している人々の精神負担はかなりのものだろう。

更にここに合わさりいつも通り俗に言う味方から石を投げられる構図が加わるのだ。

正直たまったものではないし、これが実は一番心的ダメージが大きい。

(※また青健法の件で話はずれてしまうし、この記事自体事実かどうか判らないが、

少し前に

マンガの人たち」の信用は地に堕ちている──青少年健全育成基本法案の本当の問題

と言う見出し記事で、

出版業界自体が一部のオタクが騒いでいるだけ、その時が過ぎればフェードアウトする等と言う

まるで過去どこかの政治家がしたと言う発言と全く同じ様な考えをもっていると言う記事をみて個人的には呆れ返った。

記者があの記者だし、誇張も非常に多いだろうが、これが事実だとしたら、余りに一般人やそれこそ少しでも活動した事があった読者に対しても喧嘩を売っているとしか思えない。

もし読者が出版社がこんな独善的な考えを持っていると知る事になれば、失望し、場合によっては以降漫画を買わなくなる様な事も十分に起こりえるだろう。

また私の記憶では当時出版はほぼ目立った活動をしておらず、実際に活動していたのはその手探りで行動を行っていたオタクとある団体であった事を記憶している。

そしてそれで精神的肉体的に限界をきたし、潰れてしまった人も多かったのだ。

個人的には出版にそこまで嫌悪感は今まで抱いていなかったのだが、流石にこの記事と昨今のブロッキングの件で一気に出版に対する嫌悪感を持つに至った。

多分一部の創作物コンテンツに関連している方々もこう言った類の考えなのだろうと個人的には思ったくらいだ。

たこの件が事実ならばこんな事を言われては実際長年継続して今も行動をし続けているとある団体の彼らに対しても非常に失礼であると私は考える。)

そしてあくま最後に警告として書かせて頂く。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間はせいぜい好きな様にブロッキングに反対している法学者弁護士

規制問題で実際に危惧、反対をし、ロビー活動をしてくれている方々に石を投げ続ければ良いだろう。

だがその度に彼らは君ら(全ての)創作物コンテンツ関係した人間に対して、法学者弁護士等の有識者は呆れ果ててしまう事になるだろう。

またロビー活動してくれている好意的人間精神は摩耗し続け疲弊し、モチベーションを保てなくなり、

そして最後にはこんな奴らのためにと言う思いを抱き、挙句の果てには活動を停止せざるえない位にまで精神的肉体的に追い詰められ、

君等創作物コンテンツ関係した人間を見捨てる格好になるのだ。

その結果もし君等一部の創作物コンテンツに関連している方々が本当の意味で困った事態に陥った所で、その時は誰も救いの手を差し伸べてくれる事はなくなるだろう。

でもその時が来ても一部の創作物コンテンツに関連した君達の事だ。

今回の著作権ブロッキングでの件でもそうだったが、当時も青健法や児童ポルノ禁止法等の時にも反対し味方してくれたであろう人々に対して石を投げ続けた君達はいつもみたくこう言うのだろう?

「あの時は彼らが勝手に反対していただけ、誰もその時に助けてくれなんて言っていない。」

オタクはその時だけしか騒がない。その時が過ぎれば何もしない薄情な連中」

と。

anond:20180415164251

妻の転勤に振り回されて今後のキャリアに悩んだ挙句ピーピー泣くような夫が少ないのはなぜか

それを考えればわかることでしょうよ

フリーランスをやってる大学4年生だ。ものづくり仕事としているんだが、最近クライアントから品質が落ちているとクレームがつくことが増えた。「あの時とは全然違う、どうしちまったんだ」と心配される程度にはだ。

数ヶ月まえに冴えない自分を変えたくて仕事始めたってのもあり、まだまだ食えるほど稼げてないんで、同時に就活もやってるがこっちも上手くいかない。面接の度に今後のご活躍を祈られてばかりだ。

つい先日大学生最期の1年も始まった。卒業論文卒業必須条件になってるもんだからこっちも色々と準備しなくちゃあならない。

もうなにすりゃいいかわかんない。

せっかく始めた仕事を止めたくもないが今後食っていける保証も、もしもの時の蓄えも逃げ場もない。

このままの状況でいれば仕事先もこちらとの契約を切るだろう。そうなる前に自分から切ったほうがいいのだろうか。

就活も上手くいかない。個人仕事取ってきてやってますアピールすりゃ「ウチは副業禁止」だの「そういう気質の人はウチには合わない」とか言われてしまう。

挙句の果てには「そんな稼ぎじゃアルバイトと変わらないじゃないか」。事実だが、悔しい。事実故にひたすらに悔しい。

そのせいで話すことと言えば無難サークルやらボランティアでの取り組みに終わる。結果お祈りだからどうしようもない。

勉強も大変だ。卒業がかかってるし、下手な卒論提出するわけにもいかない。

元々ADHD気質があり、並行作業が苦手な自覚があった。ただそれだけじゃないと思う。

シンプルに俺には能力が無いのだろう。無能なのだ。どれもこれも上手くやれるほど能力があるわけもなく、特筆すべき才能もない。かといって後から復帰すりゃいいじゃんというめぐり合わせもない。

レールにも乗れず、かといってレールを外れた先で生きていけるような能力も無い。

辛い、ただひたすらに辛い。何もかも上手くいかない。将来に、人生希望が持てない。くそっ、くそっ。

もう何もかも放り投げて消えたい。何も考えたくない。もうやだ。もういやだ。

[] #54-3「誰も期待していない宗教裁判

俺は野次馬根性継続させ、ハイク町に赴いた。

自分で言うのもなんだけど、その日は本当にヒマだったんだ。

「あれ、マスダの弟くん。こんなところで会うなんて、奇遇っすね」

そいつ布教活動をしているらしい場に着くと、見知った人物出会った。

確か、兄貴クラスメートのカジマとタイナイだ。

この人たち、確か“自称信者”だった気がする。

「ああ、たぶん奇遇でも何でもない。似たような理由だと思うよ」

「あ、やっぱり、そうなんだ。教祖布教方法を変えたっていうから、“信者”としては見ておかないとね。ブログネタにもなるし」

どうも生活教ってやつは、ヒマな人間を引き寄せる力があるらしい。

それにしても、教祖もどこかにいるはずだけど、まだ来ていないのだろうか。

辺りを見回すが、それらしき姿は見当たらない。

その時、数メートルからカン高い声が聞こえた。

「皆さん こんにち は!」

いた、教祖だ。

……いや、背格好は似ているけど、よく見てみると別人だ。

というか声も、喋り方からして違う。

たぶん、あれが自治体の言っていたヤツだろうな。

便宜上、「ニセ教祖」と呼ぼう。

教祖も中々に胡散臭い奴だが、ニセ教祖は輪にかけて胡散臭い雰囲気を纏っていた。

カン高い声も相まって無駄に目立ち、独特な存在感を放っている。

スイカ野菜ですが 果物でも あります

まあ、声の強さの割に、言ってる内容がしょーもないのは教祖と同じだけど。

教祖を知ってる地元人間や、信者でもない人からすれば、確かに間違えそうだ。

だけど、決定的に違っていたのは、“その後”だった。


「さて 今日は皆さんに 生活を授ける 素晴らしいものを持って参りました」

頭にまるで入ってこない説教を数分ほどすると、ニセ教祖はおもむろに見覚えのある機械を取り出した。

確か「カードデス」っていう、ゲームカード自動販売機だっけか。

免罪符 それを授かる道 身体を軽くして ください」

イマイチ言ってることが分かりにくいけど、たぶん「“寄付”すればカード自動販売機から免罪符が出るよ」って言いたいのだろう。

「よーし、じゃあオイラが!」

怪しさ満点にも関わらず、カジマが機械に小銭を放り込んだ。

興味本位でやっているだけなんだろうけど、だからこそ抵抗がないのだろうか。

「さーて、何が出るかなあ、と」

レバーを捻ると、パスポートサイズの安っぽい厚紙がニュルリと出てきた。

あれが免罪符なのだろう。

「『輪廻転生』って書いてるっすけど……」

「これは善い免罪符 引き当てましたね しかも 希少な方です」

ニセ教祖いわく、“当たり”ってことらしい。

免罪符に、妙な光沢があるのはそのせいなんだろうか。

「いや……良く分かないんすけど、どう希少なんすか?」

「これを創造主に お渡しすれば 平行世界や 異世界でも 転生することが できます

「ああ、“聖書”で読んだことある! 転生前神様からステータス設定とか、スキル付加してもらえるんすよね!」

「いえ その場合は 他の免罪符が 別途 必要です」

種類が複数あるのかよ。

「ええ……じゃあ、その免罪符は、どうすれば」

「5分 5厘の 確率で 手に入り ます

5分5厘……えーと、何%だっけ。

いや、それも気になるけど、ツッコミどころが多すぎるぞ。

免罪符のものがどうかってのもあるし、百歩譲っても金を払った挙句ランダムってどういうことだよ。

「あまり高い確率では ありませんが 本日は主の生誕した日 つまり免罪符が出やすい日 なのです なんと 2倍!」

「へえ~」

全体の出る確率が上がってたら、目当てのものが出にくいままなのは同じじゃねえか。

「……あれ、でも昨日も似たようなことやってると聞いたけど?」

「先週は主が降臨なされた日です。生誕日とは似て非なるものです」

「あ、なるほど」

違いがよく分からんし、わざわざ別にしないとダメなのか、それ。

(#54-4へ続く)

まーたネタバレヤクザ湧いてた

配信されたの10日以上前なのに…ネタバレ嫌ならさっさと進めれば良かっただけの話だろ。再臨バレだって育ててない方が悪いのに、そこまで騒ぐぐらい好きならすぐに育てろよ。それともガチャで引けてなくて僻んでんのか?どっちにしてもてめえの都合で周囲につまら配慮求めんな

普通ゲームとかでクリアできてない奴がネタバレすんなとか喚いた所で見たくなかったらインターネット辞めろって言われて終わりなのになんで女オタクって自分被害者みたいなスタンスですぐ配慮配慮って騒ぐんだろうな。挙句勝手ローカルルール作ってそれがマナーとか主張したり。ウザくてしゃーない

2018-04-13

anond:20180413104152

興行師が我が物顔で踏み込んできた挙句勝手ルールで取り仕切り始め、御大層にスポーツ祭り上げて商売にしようとしやがる。

ここに嫌悪感を示す辺りが、小さいコミュニティにこもりたがるゲーム愛好家って感じ。

シーンの規模は拡大し競技人口が増え、プレイヤーの懐まで潤うというのに何が不満なのか。

ゲーム競技)は"やる"と"みる"がセットの文化から、どうあがいてもいずれは興行になる。

anond:20180412225659

ユーザーレベルコミュニティ醸成して遊んでた所に、興行師が我が物顔で踏み込んできた挙句勝手ルールで取り仕切り始め、御大層にスポーツ祭り上げて商売にしようとしやがる。

蓋開けてみたら案の定、碌でもない勝手都合のルールだっただろうに。

だいたいヒゲが信用できない筆頭。先行利権握って権威をひけらかして何でも牛耳ろうとする業界の癌。このまま発行部数と共に消えて欲しい。

スパコン が あらわれた

第76期将棋名人戦第1局は羽生竜王が勝った。

感想戦では、天彦名人の敗因はよくわからない、という結論だったらしい。

ニートのおれは2ch棋譜速報で観戦していたんだけど、2chソフト評価値がべたべた貼られてはファンタ連呼の通常運転

でも昨日はガチ勢の人が一人いて、AWSクラスタ使った局面評価を貼ってて面白かった。

ラーなんて粒ぞろいのアホだから、彼もしくは彼の貼る評価は「スパコン」と呼ばれていた。もちろんスパコンではないので、ガチの人最初のうちはいちいち否定していた。

計算速度は桁違いで、個人PCでせいぜい数億ノード(=局面しか読めないところ、200億ノードとか読む。

ゆとりがApery使って羽生-600とか貼る局面を、羽生-1300とか評価する。凄い。

最新の評価関数で毎局面数億ノードも読めば、間違いなくトッププロより強い、強いはずだ、強いんじゃないかな?。

でも最近羽生は、その程度のソフトの読みをさくっと越える場面がままあるという困ったちゃんだったので、圧倒的ノード数の「スパコン」は畏怖と期待をもって迎えられた。

肝心の将棋は、スパコン羽生-1300と評価した局面から、天彦名人が並みのソフト検討陣ならさすがアマピコと称賛する指し手を続け、羽生が勝った。

スパコン目線では天彦名人は悪手連発だったのだろうが、それは人類には理解できない。

前述したように感想戦でも結論は出ない。間違いなく羽生自身もわかっていない。

ただ羽生は、恐ろしく難しい局面であることだけは理解できていて、あえてそこに誘導したのだと思う。

切った張ったの挙句に優劣不明局面に至ることで対局相手を消耗させる(何故か自分は消耗しない)、という、鬼畜羽生らしい勝ち方だった。

羽生衰えたと言われて久しいが、まだまだ羽生は、1分将棋にならない限りはスタミナ負けしない。

ちなみにあの「スパコン」は、もちろん電脳戦よりも圧倒的にハイスペックで、コンピューター将棋選手権よりも圧倒的に持ち時間があったので、つまり公開された限りで歴史上最強の将棋指しだった可能性があると思う。

その場に居合わせて本当に良かった。

もちろんやれば誰でもできるんだけどね。

従姉が婚活鬱になった話。

理由婚活がうまくいってない事の焦りとか周囲のプレッシャーとかそんなんが積み重なったみたい。

でも従姉の方にも確実に責任ってか問題はある。従姉の家は昔から厳しくて小学校お受験だし当然頭も良かったし、その後も難関大行って有名企業就職してっていうドラマに出てくるエリートキャラみたいな育てられ方してるから伯母さんが相手は最低でもこれくらいの学歴年収いくら以上じゃないと娘はやれないみたいなこだわりをずっと言い張ってたらしくて、従姉がアラサーになっても頑なにハードルを下げさせなかったらしい。

で、私も私の母さんもこの伯母さんがほんとに大っ嫌いで、うちは従姉の家と真逆で本当に平凡な家庭で割と自由に育てられたから「バカバカを育てる好例」「ダメな親ほど好き放題させる」とか言われてよく見下してきて、特に実妹である母さんに対しては事あるごとにマウント取ってバカにしてた。

挙句の果てに、私が結婚した時までバカにしてきた。バカにされた理由は私ら夫婦恋愛結婚だったから、ってたったそれだけ。私たち高校時代から付き合っててそのまま結婚たから「バカからどうせ顔しか見ないで交際してたんだろうに、そのまま結婚するなんて」って笑われた。私たち卒業した高校は従姉が卒業した高校に比べて偏差値低い普通公立高校だったからもれなく旦那のこともバカにされて、「見た目だけでのぼせ上がって結婚した将来性皆無のバカ夫婦なんてどうせすぐ離婚するのが関の山」とまで言われたから私も母さんも流石にブチ切れてもう縁切ろうってなって、以来ずっと疎遠にしてきた。長男出産した時も伯母さんにだけは一度も連絡しなかった。

けどこの間、お母さんが叔母さんに色々嫌な事言ったり結婚の話聞いた時失礼な事言ったの代わりに謝るから度会ってゆっくり話せない?って連絡もらったから久々に会ってきた。

大まかに話聞いたら未だに彼氏すら出来たことなくて焦ってて、伯母さんの無駄なこだわりというか高望み?のせいで婚活も難航してるのに優秀なのにどうして結婚できないんでしょうねってプレッシャーもかけられてずっと苦しかったのと、それに加えて職場の後輩に「仕事しか取り柄なくて女性として終わってるからあの先輩みたいになりたくない」って陰口言われてたの知って色々と壊れたんだとか。確かに可哀想なんだけどそれ以上に今まで受けた伯母さんから暴言がまだ全っ然許せないから、ざまあみろ以外の感情が全く湧いてこなかった。もうこのまま鬱に理解がないふりをしてようかとか、なんかゲスい事ばっか考えちゃうし。とりあえず今度旦那と息子連れて会いに行ってみようかな。伯母さんどんな顔するかな。

2018-04-12

国会で、大した根回しもしないで隠ぺいのための軽いウソをつく首相を、しりぬぐいし続けさせられる役人と、

ツイッターで、心の動くままに軽く、攻撃ちゃうゾ!ってつぶやいちゃう大統領を、しりぬぐいしつづける役人

どっちのほうがマシだろうか。

前者はしりぬぐいした挙句にとかげのしっぽ切りされて刑事事件起訴されそうだし、後者はすぐクビになる

anond:20180412094405

お前風邪の諸症状放置した挙句鬱こじらせて引き篭もったパティーンだろ

anond:20180412003139

男でも、自分主導でレスった挙句浮気して

「妻はもう家族からセックス相手として見れない」なんて言うのはよくある話では

2018-04-11

地方民と車の話はしたくない

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000509-san-bus_all

これ見てて「はてなでもこれかよ」ってうんざりした。


何回か地方民に車の話で絡まれたことある

車の話(どんな車欲しいの?みたいに前提が「車持ってないならこれから買うんだろ」みたいなやつ)を振られて

「いやーペーパーゴールドですよー」「車は全然からなくて」って言っただけで

驚いたあとしつこく食い下がってきてしまいには不機嫌になるの。


問い詰められて「親もペーパーで車持ってなかったですよ」って言ったら

なんかすごい貧乏な家だったんだなみたいなことまで言い始めるのね。

休日とかどうするんだ」って聞かれて「電車でどこでもいきましたよ」って言ったらまた「えーっ??」って。

それでまた押し問答になって、要するに「買えるけど別に買わない」っていう価値観絶対に認めないの彼等。


話してて段々連想したのは昔の冒険家エッセイ

砂漠遊牧民と仲良くなったら「ところでお前はラクダは何頭持ってるんだ?」って探られて

「持ってないよ」って言ったらなんか凄く面倒なことになったと。

砂漠遊牧民にとってラクダは必需品で、ライフラインで、ステータスプライド象徴でもあるわけ。

から無いっていうと馬鹿にするかびっくりするかって反応になって、

話をしていくうちに「相手マジでラクダに何の価値も認めてない」と気付いてきたら

それは自分世界観プライドのもの否定することだみたいになってものすごくムキになると。

そんな感じのやりとり。


車の話で「持ってない奴は馬鹿」とか「買えないだけだろ」とか言う地方民てつまりこれでしょ。

車が必需品で、ライフラインで、挙句ステータスプライドになってて。

持たないって価値観を認められずに驚いてしつこく絡むし、

相手が本気で必要としてないとわかったら感情的になる。


他にも飲酒とかギャンブルとか女遊びで同じような感じに絡むおっさん居るけどさ。

そういうおっさんはてなでもちゃん非難してたのに、車になるとまるっきり遊牧民化・老害おじさん化するのね。

なんかちょっと意外だった。

2018-04-10

https://anond.hatelabo.jp/20180409235346

何年以内に完結しないと、今まで払った金額全額返金を義務化して欲しい。

不完全な商品を売ったらいかんやろ。製造者責任ってやつで対応して。


読者は結末まで読めることを期待して読み始めるわけだから


車買って、ボディは届いたけど、待たされた挙句エンジン販売中止になりました、とかいやだもんねー

anond:20180410125929

一つ10万ならデパートの宝飾品売り場見てくるといい

極めて常識的予算から店員さんも真剣に考えてくれる

それで普通ブランドと安いペアリングブランド見比べて納得がいくのを選ぶといい

うちの嫁も最初指輪なんか別に……」みたいなこと言ってたくせに散々悩んだ挙句普通普通の値段の指輪を選んだよ

anond:20180410094653

授業中に寝ながら屁をしたらしく、

クスクス笑われた挙句、その後から「ネッペー」と呼ばれたこと。

FGOプレイヤーまじかよ

スマホ太郎っていうアニメあるじゃん

失礼、「異世界はスマートフォンとともに。」でした。

その主人公スマホ太郎って呼ばれてディスられてるんだけど、その中のディスに「スリ生業にしているロリを、美少女って理由だけで受け入れるクズ」ってのがあるわけよ。

俺もそれはわかるよ。いくら絶世の美女でも悪いことをしたらそれはアカンでしょ。

まぁ、自分は「異世界はスマートフォンとともに。」見てないからそのスマホ太郎っていうコンテンツを傍から見て楽しんでるだけなので、スマホ太郎のことは正直良くわからんが、悪いことをしたらアカンっていうのはまぁわかるわけ。

 

んで、FGOプレイヤーもそうなっていないのか?っておもうわけよ。

アナスタシアかいう、主人公にとって敵のカドックってやつのサーヴァントアナスタシアっていうんだけど、これが実装された時「おいおい、同じ職場の仲間を殺したやつ受け入れていいんか」っていう議論になったものの、「マスターが違えば別人だよ」ってことで収まったわけ。

でも、明らかに、絵としては「カドック×アナスタシア」っていう絵が増えまくって、挙句の果てに「むしろカドックも実装して」「かわいければOK」「美しければOK」ってなってきてる。

これ、スマホ太郎じゃん?

こんなんいうてる奴らがスリ生業にしているロリを受け入れた事でサイコパスとか言われているスマホ太郎をディスってるんだぜ?

オタク思考に一番マッチしてるよ、スマホ太郎

ある会社中途採用内定を断った

今の会社よりずっと有名で、世間的な受けは良い。ただし給料は下がるし、仕事内容も自分の興味とはズレてるし、社風も合わなそうだった。

なんでそんな所を受けたんだと言われると、自分が極めて他人評価を気にする性格からだ。

面接を受ける前は楽しかった。ああ、俺がこの会社に入ったら周囲の目も変わるだろうな、と。

ところが、実際面接を受けて内定をもらうと、俺は何のために仕事をするんだ?という考えが頭から離れなくなった。世間体のために、社風の合わない会社で興味のない仕事をして今より安い給料をもらうのか?

散々迷った挙句内定は断った。

やっぱり今の会社が一番だね、ちゃんちゃん...なら良かったんだけど、今になって急に自分の「他人評価を気にする性格」が強烈に現れてきた。

ああ、俺は他人から「すごいね」と言われることで自尊心を満たされるような奴じゃなかったのか?いくら割の良い仕事をしていたって、誰かに金の話をする訳でもあるまい、結局肩書き他人からまれなかったら自分の心は晴れないんじゃないのか?

結局こういう人間は仮に内定を受けてたって別の後悔をしてるんだろうけど...精神衛生面で得しないクソみたいな性格だ。

こういうクソみたいな奴の面接コストを割いてくれた会社人達にも申し訳ない。

申し訳程度に申し訳ないと言ったものの、実際は大して申し訳ないとは思ってない。なぜなら他人評価を気にするということは、自己保身の気持ちが強すぎるからだ。自己中心的なのである。輪をかけてクソである。はあ。

2018-04-07

anond:20180407192717

あいつ反乱起こされてあっさり捕まった挙句に、最後は国投げ出しちゃうからなあ

anond:20180407170553

社会的だの政治的だのの正しさを無理やり押しつけられた挙句に殺されるというのは

果たして彼らが批判揶揄する特攻隊と何が違うのだろうね

anond:20180407154209

しか最近は実はIllidanは世界を救う鍵となる存在だったんだよ勝手1万年も閉じ込めた挙句殺したりしてんじゃねえよボケナスどもって

神様に怒られる展開になってて草生える

2018-04-06

アイドルライブ魔法使いがいた

先日、アイドルライブに行ってきた

久しぶりのライブメンバーはやっぱり可愛かったし、好きな歌も歌ってくれたし、ほんと最高すぎた。

ただ、前の席にいた男性応援が気になりすぎて、アイドルに集中できないことが多々あったことが悔やまれる…

前の席の男性ははアイドルに合わせてサイリウムを振った、踊った、コールした、跳ねた。

割とぽっちゃりとした体型だったが、そんなことを微塵も感じさせない動きだった。

そして…彼は推しに向け魔法を放った!!!

そう、彼こそがライブ会場にいた魔法使いだったのだ。

彼の動作はまさしく、ハリーポッター映画で見た呪文を唱える動作のもの

サイリウムをぐるぐると回しながら、推し差し向ける。

一体どんな魔法をかけているんだ、気になって仕方がない!!!

彼にとって、サイリウム魔法の杖なのだろう。

推しアイドルパートになると、サイリウム推しに振りかざす!!

推しが歌うと、シュバっという効果音が聞こえそうな勢いでサイリウムを振る、振る、振る!!!

挙句の果てに、魔法使いの腰振りダンスまで見せてくれるという特典付き。

もう、アイドルよりも前の座席の彼の方に目がいってしまう。

アイドル魔法使い、両方を見ながらライブを楽しんでいると、あっという間にライブは終わってしまった。

彼はアイドルお辞儀をするタイミングに合わせてアイドルに向け深々とお辞儀をして退場していった。

ライブが終わってしばらく経つが、思い出すのは推し笑顔ではなく、彼の腰振りダンスと、呪文を唱えてるシーンばっかりなんだよなぁ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん