「だんだん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: だんだんとは

2017-11-22

ポケ森重すぎてもう嫌。

あっちでローディング、こっちでローディング。

ボタン連打してると、時々ホームボタンタスクボタン誤爆するのも含めていや。

ステージ移動も苦だからずっと魚取っていようとしたら

持ち物制限に引っかかて売り飛ばさないといけないし(洋ゲーかよ)、

リセットさんはクビにはなってないけど

スミマセン、と工事現場機械的に頭下げる人形みたいになってて

あの説教が聞けない分、見かけるたびにこっちが辛い...目背けたい。

思い出美化するようだけど、DSシリーズが一番楽しかったな。

すれ違い通信で隣に引っ越して来るお家は皆近くて

通勤するたびに増えるよそん家にドキドキした。

今はチケット得るために機械的いいねを三回、(その合間合間が劇重だ)

ネットの誰かもわからない分すごく遠い。

雑談リリーフチケット購入すると便利だよ、とか話す住人が

以前とそんなに変わらないセリフのはずなのに

こいつら全員アムウェイの手先としかだんだん見えなくなってきた。

遊んでて楽しくない。もういやお家帰る。

テント暮らしなんか耐えられない。

男になりたかった

子供を作れる期間が長い

生物学的なことは詳しくないけど、健康40代なら普通に子供作れてる感。ただ、40代から子育てというのはしっかりした貯金経済力がとくに必要だと思うので(だんだん大きな病気にかかりやすくなってくるし)、男性からできるというものでもないと思うp

子供を産まなくていい

妊娠出産もなし。人生計画が立てやすそう。妊娠出産リスクに怯える時間もやはり少ないと思う

性器を受け入れなくてもいい

体の中に、そのために用意されてるとはいえ異物受け入れるのってタフなことだよ。代われるなら淹れる方になりたい

体格が大きく、パワーを出せる

筋トレマッチョになれる。別に筋トレしてなくてもパワーは一般に女声より強い。強いのはなにかと便利だし安心だし。羨ましい

生理がない

したがってPMSもない。ウッソなんで今くるのシーツ汚しちゃったかもという自己嫌悪と惨めさとも無縁でいられる。余談だけどあんまりにも生理ひどい人は病院行ってくれ

化粧をしないという選択が許される

メイクにかかる時間お金カットするという選択が許される

女はこんなに大変なんですよ!だからわかって!って言いたいとかではない。ただただ煩わしいことが多いから、男になりたかったなあって、よく考える。男の体で生まれてきたかったって言ったほうが近いのかな?生理なんて、人間子供生むと決めたらその人にやってくるくらいでいーじゃん。子供だって40くらいまで、男女ともには一応可能にしたらいいじゃん。お金持ちなら育てられるよ。体格もパワーもみんな同じでいいじゃん。化粧しないでもいいじゃん。逆に男性が化粧してもいいじゃん。性器はみんなに凹と凸があって何を使うかは気分で選べたらいいじゃん。

京大から千葉ロッテマリーンズ入団した田中くん

フロント入り前提のドラフト上位指名だと思ってたら、

首になって三井物産行ったし実力で選んだんだんだな。

それとも蹴られただけかな。

情報断捨離をしている

この間Twitterをやめた。かれこれ4年くらいはやっていたがやめることにした。

(とは言えTwitterしか連絡が取れない人もいるかもしれないので、アカウント自体は残してある)

Tweetもふぁぼも全部消した。

自分日常やらニュース感想やらを書くにはちょうど良かったし、旬の話題キャッチするのにも具合が良かった。

有名人政治家やアレな人をウォッチするのも楽しかった。

普段会えない知人がどうしてるのかわかるのも便利だった。

しかし、次第に疲れて来た。いわゆる「SNS疲れ」なんだろうか?

それほど親しくもないけどフォローを切ったりミュートするのも憚られる程度の微妙な知人が増え、彼ら彼女らのどうでも良い日常が流れてくるのに飽きて来た。

エキセントリック政治的主張や、不快な、あるいは少し調べればわかる程度のフェイクニュース美談RTで流れて来るのにもうんざりして来た。

だんだんフォローを減らしていったけど、結局耐えられなくなってやめることにした。

遡ればInstagramもやめてしまった。出先で見たちょっと面白いもの風景ポストするのは楽しかったし、検索して同じ趣味の人の写真を見るのも面白かった。

でもこれも疲れてしまった。別にキラキラしたポストをし続けるのに義務感を感じたわけではなくて、やはりどうでもいい情報の流れを処理し続けることに疲れたんだと思う。

Facebookも早めに離脱した。知り合いじゃありませんか?を押し付けて来るのも気持ち悪かったし、そうして繋がった人たちの美しく漂白された日常を見せられるのにも飽きた。2ちゃんねる便所の落書きなら、Facebookはピカピカに磨かれたトイレだ。清潔で悪臭もしない、空虚空間空虚日常を排泄するトイレ

TVも全く見なくなって一年以上が経つ。何年もニュースくらいしか見ないくら視聴時間は減っていたのだけど、完全にゼロになってしまった。これも不快情報、興味の無い情報を流し込まれて来るのを処理するのに疲れたんだと思う。

Tumblrもやめた。ネットで見かけた興味深い話や、きれいな写真クリッピングしておくのは楽しかったが、面倒になってきた。

では今は何をしているかと言うと、好きなゲームMastodonに入っている。気が向いた時だけ同じ趣味の人と話すのは気が楽だし、お互いにプライベートほとんど口にしないし、興味も持たない。

あとは本を読んでいる。青空文庫で古い小説を読むのに凝っている。

さて、ここまで長々と書いてきたのは、最後増田もやめようと思ったからだ。色々とこじらせてる人たちが議論してるのを見物するのも面白かったが、同じ話題ループしてて食傷気味になってきた。妙な選民意識も鼻につくしね。

さようなら増田の皆さん。今まで楽しかったよ。

2017-11-21

anond:20171117134157

20どころかもうすぐ30になろうという人間も似たようなことをやっている。

同棲している彼氏がいる。A氏とする。

A氏は料理が大好きで、仕事ももちろんだが料理をちゃんとしてくれる。私は洗濯申し訳程度の掃除をしている。私の交友関係趣味について、A氏は特に深く聞き出そうとしたりはしない。深くは聞かないが私がお話ししたら聞いてくれる。ちょうどいい距離感のおかげで、ここまで大きな喧嘩もなく同棲を続けられてきたんだと思う。「この人だったらきっと、結婚してもうまくやっていけるんじゃないか同棲を始めた頃からずっとそう思っていて、A氏と将来的には籍を入れてもいいかなと思っていた。

ところが最近知り合った、ある異性のことが気になってきてしまった。彼をB氏とする。B氏と私は、とにかく話があう。共通趣味もあるのだが、何よりものの捉え方や、世の中の見方が似ているという感じだ。相手も話が合うのが楽しくて嬉しいみたいで、だんだん二人で会うことが増えてきた。私はもうB氏のことが恋愛的な意味でも好きだと思う。そしてこのままのペースで会っているとそれだけで済まないような気もしてきた。

久しぶりの恋愛的なときめきを胸にB氏にLINEをする。私はB氏の「ファンなのだ。こっちを向いてと言っている間がきっと楽しいのだ。他の女の子お話ししてたら嫉妬もする、でもファンから嫉妬は隠して笑顔でかわす。化粧も服装もB氏に会うときは力を入れる。周りから見たら明らかに恋する人だ。でも私は「ファンなのだ。何より自分にはA氏との生活がある。でもA氏とこのままいても、B氏といるときのような楽しさはなく、淡々と日々が過ぎていくんじゃないかとも思う。B氏が独り身の間はこれで私は大丈夫だけど、誰かと一緒になったらそれはとってもつらい。

オチ特にないのだけど、「どっちも好きだけど選べない〜〜〜!」って少女漫画みたいなことを、20どころかもう直ぐ30になろうという自分がしていることにちょっと引いてしまった。人生こんな悩みがこれからも続くのかと思うと、ちょっとうんざりする。

2017-11-20

冬の寝室

寝る前に暖める?

妻は掛け布団を開けて暖める。

冷たい布団に入りたくないって言ってた。

自分は暖めない。

冷たい布団に入って体温でだんだん暖まってくるのが気持ちいいし丁度いいから。

部屋が暖まっていると布団の中が暑くなっちゃうから

みんなはどうしてる?

漢字ひらがなにするのやめてほしい

進ちょく

とか。

読みにくくて仕方ない…。

難しい文字の一部をひらがなにしてるのなんなんだろう。

ちょっとからだんだん増えてる。

読みにくいから、特に問題がないのであれば、やめてほしいなあ。

多分これから一生、暇だなんて言わないと思う

仕事とか何もやるべきことが無い生活になったら、

毎日ネット見て本読んで音楽聴いて映画見て。

もうこれらだけでも、一生じゃ足りないくらいのアーカイブが、この世には在る。

興味関心が赴き続ける限り、暇や退屈なんてもったいなくて言えない。

でも、10代のうちにこれらの面白さが分かって本当によかったな。

ある程度の年いくと、全く新しい分野に興味を持とうとしても難しい。

しかしたら、だんだん上記のものも、感覚が鈍くなって楽しめなくなるかもしれない。

から今のうちに、楽しめる範囲を広げておきたいと思う。

大学4年生が経験した恋愛の記録

私には3年半付き合った彼氏がいました。

大学生になってから付き合い始めた初彼氏社会人

アラサーで、多忙職種の人で、仕事が大好きで、多趣味で、友達仕事人間との関係構築も良好で、兄弟実家との関係問題なし。

何より私が勉強したいことや興味のあることを応援してくれる、まさかこれまで彼女がいなかったとは到底考えられないほど素晴らしい人でした。

私はこの人と結婚するつもりでいました。

一人暮らしが長いため生活力があったこと、自分能力を以って稼ぎ続ける人だったこと、友人や家族上司・部下といった人間関係の構築に一切の難がなく人望が厚いこと、貯金ができること、何より私を心から気遣って大切にしてくれる人だったことです。

結婚相手にはこの上なく素晴らしい、最高のひとです。

そんな彼と私にはある共通認識がありました。

自分みたいな非モテなんかが、ここまで異性に気に入ってもらえることなんて今後ありえない」です。

彼はアラサーになるまで仕事一筋、恋愛にも興味がないため、モテの何たるかを一切心得ていません。

デートでも鼻毛は伸び放題、身体微妙にあっていないサイズの服。

でも私にとってそれは、好きな人と一緒に過ごす上では瑣末なことなので、鼻毛カッター買いなよと言ったくらいで別に気にしませんでした。

彼の誠実で実直な人間性を好きになったからです。

それゆえに彼は、彼のままでありつづけながらも離れない私を見て、前述した共通認識を持つようになりました。


一方私は、高校大学時代全然モテませんでした。

もっと言うと、女性として扱われることが少なかったです。

彼氏がいると公言していたり、飲み会では自らを犠牲に笑いをとって盛り上がる側になる他、見た目にもそれほど気をつかわずに生きてきた期間も長いものでした。

またそもそもの人相があんまり良くない上にそれをカバーすることも特にしませんでした。

そんな自分でも彼は私を好きでいてくれたからです。

それゆえに私は「自分なんかにはもう異性に言い寄られることなんかないし、それでいい」と思うようになりました。

まり、「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係の一致が、学生社会人カップルを長く続かせる要因になりました。

しかし、もうすぐ4年目にさしかかるところでこの関係は終わりを告げました。

原因は私の浮気です。


きっかけは某SNS

オフ会出会ってから仲良くなった男性がいました。

いい友達になれるかも!と思い、2回目に会って食事をしたときお酒の勢いで家に連れ込まれました。

なぜ断らずに家に入ったか

彼氏多忙でなかなか会えない寂しさをまぎらわせるため

・正直、男性に求められることが嬉しかった

彼氏以外の男を知る経験をしてみたかった

から、です。

寂しさを紛らわせるための浮気、よくありますね。

そこに、自分が信じ込んでいた「自分にはもう異性に好かれる可能性がない」という思い込みを壊してくれる期待が重なります

それに、男性経験が一人の人生でいいのだろうか…?という考えもよぎります

その上お酒の力で気分がいいので尚更判断力は鈍り、結果男の家にほいほいと入って行きました。

こうして私は初めて、彼氏以外の男と唇を重ね、セックスをしてしまいました。

その男は私とそれほど年が変わりませんが、かなりの高学歴かつ稼ぎも相当良く、身長が高く、運動部にいたためガタイもよく、見た目や服装に気をつかえて、人の話を膨らませて聞き役に回ることが非常にうまく、連れて行くと女性が喜ぶお店をたくさん知っていて、またセックスもとても上手でした。

彼氏が持っていないものをたくさん、たくさん持っていました。

ことを終えた後、酔いも覚めてきて、罪悪感に支配されました。

しかし男が持つハイスペックぶりと彼氏スペックを比べたり、「私を好きでいてくれる男がいる喜び」に味をしめるようになったり、これまで経験たことがない性的快感にハマったこともあり、オフ会で知り合った男に入れ込むようになりました。

何度も何度も逢瀬を重ねるようになりました。

何日か経って、彼氏に会った時、自分の中に異変が起きていました。

デートなのにあまりにモサっとした見た目… 行く飲食店も変わり映えのしないところばかり… セックスもあの男の方が全然気持ちいいじゃん… といったこれまで気に留めなかったことばかりが目につくようになりました。

私は彼氏以外の男と交わることで、初めて比較対象というものを得ました。

これによって私は、これまで良しとしていた彼を「無理!!」と感じました。

何より「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係崩壊たことが決め手でした。

こうしてもう彼氏として見ることができなくなり、気持ちが離れていきました。

3年半も付き合ってきたのに、あっけない終わりでした。

長かった彼氏との関係を解消し、オフ会で知り合った男にいよいよ本気になった私は徐々に、自分所詮セフレ以上の存在にはなれないことを悟ります

私以外にも同じように、オフ会で知り合ってセフレにしている女が何人もいたことを男本人から伝えられました。

私を好きになってくれたのではなく、ただの暇を繕う玩具として扱っていただけのことに気づきました。

まり経験が浅い私は、こんな人本当にいるんだ…というショックを受けました。

今まで彼氏は私一人を大事に扱ってくれたので、それと同じように、オフ会で知り合った男も私を大事にしてくれるのだと思い込んでいたのです。

私はやっと、彼氏がどれだけ愛情を注いでくれたか気づきました。

自分勝手な都合で、彼氏気持ち裏切りました。

男は私がだんだん本気になり始めたとわかると、連絡を無視するようになりました。

嫌われたんだというショックよりも、自分はもう用済みなんだという屈辱的な扱いに愕然しました。

何より「気持ちが離れたから捨てた」というこの男の行動は、私が彼氏にしたことと同じです。

因果応報、彼をいかに傷つけたかに気付きました。

なんとか彼女に昇格しようとして気を引くのも、気に入られようと努力するのも、全てが虚しく感じました。

こんなことをしても私は結局幸せじゃない。

結果として私は多くを失い、今フリーとして生きています

しかし、その最低と言わんばかりの男からは、いくつかの素晴らしい贈り物をもらいました。

・恋をしたので見た目に気をつかうようになった(事実母親女友達インターン先の女性社員から見た目を褒められることがグッと増えました。美容室で髪の毛を整えたり、自分に合うメイク研究したり、ジムに通い始めたのも、オフ会で知り合った男がきっかけです。)

・「私を気に入ってくれる異性なんかいない、私にはもう次がない」などという後ろ向きな思い込みを捨てさせ、未来希望を持たせたこと(穴扱いとはいえ、頭脳や見た目はハイスペックの選別するレベルにかなったようなので、私はちゃんとすればまだまだイケるんだ!と思うようになりました。これがたとえ盲信だったとしても、後ろ向きなまま生きるよりはきっと健康的です。)

・人はスペックではなく、人間性を何よりも重要視すること。スペックだけに目がくらんで作った人間関係では幸せになれない。

自分もまた、見た目やスペックに加え、最後人間性によって選ばれているということ。

・人から好かれるためには、まず自信を持つこと。その自信を持つために、自分がやるべき仕事をきちんとこなし、よりよい仕事をするための勉強を欠かさず行い、時間厳守挨拶気遣いといった人として当たり前のことを当たり前のようにやる。そうして昨日の自分より頭のいい自分になる努力を重ねていくこと。

フリーになって自分を見つめ直したとき、気づいたのはこれでした。

自分を無理やり切り替えて前向きに生きなおすための思い込みですが、「あの男との出会い自分を次のステージに進めるための必然出会いだったのだ。私はもう二度と同じような過ちをしない。これ以上不必要に人を傷つけずにうまくやっていくための気づきを与えてくれたのだ」と思うことにしました。

そう思いながら、学生の本分である勉強を、心を入れ替えて始めました。

そしてもうしばらく、恋愛はいらないなぁと思いました。

こうして大学生活、終わると思います。読んでくださってありがとうございました。

2017-11-19

代々のプリキュア必殺技だんだんと綺麗になっていくジャイアンが見たい。そう思う。

天パに悩んでる中学1年生の僕へ

やあ、久しぶり、ふと思い立って君に手紙を書きたくなった。元気かな?元気じゃないよね、絶賛学校行きたくない感じだよね。クラスメイトからの心無い言葉気持ち髪型も滅茶苦茶だよね。あ、髪型は元々だったね。

僕は今年27歳になるんだけど君に残念なお知らせが3つあるんだ。

1つめは、髪の毛を毛根から変える技術はまだ出現してないってこと。無根拠に思ってたよね「俺が20歳ぐらいのころにはそういう技術が出てる」って。残念ながら君のいる時代から14年たっても出ていないんだ。でも縮毛矯正は傷みにくくなったし、良いアイロンも出てるよ。あっ、君はまだアイロン存在を知らないよね。ヘアアイロンっていって髪をまっすぐに伸ばす器具なんだけど、来年あたり君もつかい始めるよ。でも、君の連珠毛の酷い縮れ毛と多汗症不器用さで大して使いこなせないんだけどね。関係ないけどハゲ治療は進んでるよ。毛髪再生治療実用化を2020年頃までに目指してるんだってさ。凄いよね。

2つめは、君は14年経った今でもこのコンプレックスから脱却できていないってこと。君は来年から縮毛矯正をかけ始めるんだけど、それが手放せなくなって14年立った今でもかけ続けているんだ。吃驚だろう。そして君は最近人の目がとても気になるようになってきたよね。君はクラスメイトから髪質をいじられ、心無いいじりで笑われ、だんだん人と一緒にいることが辛くなってきたよね。コンプレックスのせいで無駄に人の目につくようになったよね。遺伝要因と環境要因で君はSAD社交不安障害)をこじらせるようになるんだ。27歳の男が未だに中高生の笑い声が聞こえる度に嫌な気分になり動悸がするんだよ。未だに人の目が怖くて怖くてたまらないし、人付き合いを避けてるんだ。そうすることが心の平静を保てる唯一の方法なんだ。悲しいけど、14年後の君はこんな情けない姿になっているんだ。

2つめの時点で察しがついてるだろうけど、3つめは未だに彼女いない歴年齢なこと。高校生にもなれば彼女できるって思ってたろ?吃驚だよね。あ、そうそう、高校には無事進学できたよ、近所の馬鹿高校なんだけど先生から「受かったのが奇跡」って言われたぐらい中学卒業時の君の成績は酷いものだった。君は高校生になると3か月に1度のペースで縮毛矯正をかけるようになり縮れ毛を積極的に隠すようになるんだけど、君が高校に上がる頃には既に性格が暗くなっているんだ。昔みたいにヘラヘラ笑ってると心無いいじりの対象になってしまう恐れがあったからね。だから髪質を馬鹿にされることはないけど、髪質に怯えるようになるんだ。「〇〇君って矯正かけてる?」ってクラスメイト女の子に見抜かれた時の恐怖とパニックは、きっと君と僕しかからないよ。縮毛矯正のお陰で、君はグロメンから雰囲気フツメンぐらいにはなれたんだ。そのお陰で好意を持ってくれてる女の子は2、3人居たみたいだよ。でも、この頃になると君は彼女欲しいなんて余裕はなくなるんだ。女の子リア充(今の時代では陽キャラっていうらしいよ)の笑い声が凄い怖く感じるんだよ。「キモい」って言葉がすべて自分に宛ていい放たれてる気がするんだ。いや、実際何度か言われてるんだけどね。教室にいるだけで挙動不審になるのを隠すのが精いっぱいなんだよ。君はこれから先ずっとずっと、人の目に怯え、自信を得ることも承認欲求が満たされることもなく、擦り減りながら生きることになるんだ。あ、君は卒業間際女の子告白されるんだけど、君は自分がどういう行動にでたかわかる?振っちゃうんだよ。何故かっていうと「天パがバレて嫌われるの怖いから」だよ。だって子供にも遺伝するしね。髪質にいい思い出なんて何一つないもんね。

悪いことばかり書いてごめんね、さらに悪い事を書くと、僕はこれから先の君に対するアドバイスが何一つ浮かばないんだ。坊主にすれば髪と無縁の生活が送れるけど、おそらく君には髪への強い拘りが深層心理に隠れているんだと思う。だって、髪に本当に無頓着なら坊主にしてるもんね。まあ、面長で壊滅的に坊主が似合わない顔っていうのもあるけどね。ちなみに僕は今、縮毛矯正をかけたり、短髪の時はハードジェルで固めてパーマ風にしてるよ。それでも酷い縮れ毛だからパンチパーマみたいになっちゃうけどね。

君はこの先髪について思い悩むだろう。家族からは「髪ぐらい」といわれたから周りに相談しようにもできないないし、解決の糸口が見当たらないんだよね。どう頑張っても毛根から直毛が生えることのない君は学習性無力感に陥る。14年経った今の僕は、お世辞でも「良い大人」とは言えないし、「体だけ大きくなった子供」みたいな感じなんだごめんね。精神的に酷く打たれ弱い27歳になってしまったんだ。正直周りから社会クズ」って言われているような、そんな生き方を今は送っている。けどね、君はこの髪のお陰で一つだけ良い長所を身に着けたんだ。それは「他人容姿絶対馬鹿にしないこと」なんだ。君は普通の人よりも自分容姿でひどく悩んできた。だから自他の容姿にとても敏感なんだ。これから先、君の身の回りの人が他人容姿を笑うことがあるけど、君はその流れに乗っからない人間だよ。ちっぽけなことに聞こえるかもしれないけど、それは立派なことだし、今の君だからこそ学び取れることなんだとおもう。近所の顔に疾患があるおばさんがいるよね?一昨年亡くなっちゃんだけど、生前に分け隔てなく挨拶してくれる若い子は近所に君しかいなかってっ言ってたよ。学生のうちは辛い思いばかりしたけど、君のボロボロになった感性は微量ながらも誰かをちょこっとだけ幸せにできる力をもっているんだ。

正直、今の君は生きててもしんどいだけだって思ってるよね。ネックにならない普通容姿に産まれたかったって思ってるよね。僕も未だに酷く息苦しさを感じたりするんだ、この齢で情けないよね。僕は君のことを救うことはできないけど、今なら君の心がわかる。誰も君の辛さを理解してくれないけど、僕は理解できるよ。

今日電車で君にそっくりな髪質の中学生を見たんだ。暗い表情と自信のなさげ猫背制御不能な剛毛連珠毛の縮れ毛は紛れもなく中学1年生の僕だった。君がこれを読むことはないだろうけど、世界で少なくとも僕だけは君の気持がわかるよ。

2017-11-18

篠崎愛

グラビアタレント篠崎愛韓国大人気になっており、日本ネトウヨが怒っている。

曰く「篠崎愛韓国人タレントとの密会写真を撮られて既に日本では終わった存在」とディスりまくっている。

 

それはそうと韓国関係なく篠崎愛グラドルとしては日本では下火であった。

篠崎愛活動歴史とともに整理してみる。

 

篠崎愛の人気のきっかけは2006年。14歳の時。個人撮影会での巨乳ビキニ写真ネットにアップされ、それが爆発的に拡散たことによる。

ロリ巨乳理想をそのまま体現した写真は当時の社会に衝撃を与えた。その時すでに紗綾が12歳Fカップとして有名だったが、それとは別ジャンル理想の顔立ちだったのだ。

しかし当時まだ中学生という年齢もありイメージDVD雑誌の表紙などにはなっていなかった。

 

高校生になったあたりからイメージDVDを量産。だんだん雑誌の表紙にもなっていき「グラドル」の代表格、トップグラドルになっていった。

 

2010年前後グラドル女性タレント界隈は、何でもかんでもビキニイメージビデオIV)を出すような感じであった。雑誌メインのグラビアよりもIVの内容を競う状態IVを出していればグラドルと名乗れる。そんな中で「ソフマップ」と馬鹿にされるグラドルも出てきたりした。粗製乱造デビューさせることで、IVグラドルとしての華よりも内容の過激さを競うものになっていた。

 

篠崎愛IVは、業界がそういう状態でも内容が過激になることはなかった。極小ビキニは着ないし下乳は見せたことがなかったはず。アイス舐めや風呂掃除などのフェラチオパイズリもどきもしたことがないだろう。まさに古き良き健全IVであったが、当時の過激IVに慣れてしまったグラドルファンからは物足りなさを感じて、篠崎愛グラドルとの間に溝ができ疎遠となっていった。

 

同時期に篠崎愛はただのグラドルからステップアップをもがく。アイドルグループを結成し頻繁にテレビ出演もするようになったが、かつてのイエローキャブタレントのように「グラビアバラドル女優」の階段トントン拍子に登ることはできなかった。まだ若く、顔がロリすぎたためであろう。

こうして、雨後の筍のように若い新人過激IVを発売するグラドル界隈の事情と、弱小事務所テレビタレントとして芽が伸びなかったこともあり、グラドルとして篠崎愛は埋もれていっていた。

そんな中、韓国での食事会の写真ネットに流れ、処女性を求められるアイドルとしての人気を失った。

 

2016年のグラドル界隈は、未成年タレント過激IV問題視され、高校生IV販売停止になるなどの激震が起きた。同時にIV中心になっていたグラドル活動雑誌グラビア写真メインに原点回帰しつつある。

 

25歳になった篠崎愛ロリから大人の女性イメチェンし、上品ヌードグラビアにも挑戦した。昨今の韓国シフト活動タレントとしてのブランド確立するためのものになるだろう。

5年前に他のグラドルに合わせてIVで下乳解禁、疑似AV路線に進んでいたなら今の篠崎愛はなかったのだ。

2017-11-17

一緒にいて楽な異性と楽しい異性

同棲して長い彼氏がいる。A氏とする。

A氏は仕事が大好きで、家にいてもいつも仕事ばかりしている。それでも毎日寝る前にちゃんと「好きだよ、一緒にいてくれてありがとう」と言ってくれる優しい人だ。趣味が近くないのが唯一寂しいところなのだが、私の交友関係趣味について、A氏は特に深く聞き出そうとしたりはしない。趣味のために一人で旅行すると言っても機嫌よく送り出してくれる。ちょうどいい距離感のおかげで、ここまで大きな喧嘩もなく同棲を続けられてきたんだと思う。「この人だったらきっと、結婚してもうまくやっていけるんじゃないか同棲を始めた頃からずっとそう思っていて、A氏とそろそろ籍を入れてもいいかなと思っていた。

ところが最近知り合った、ある異性のことが気になってきてしまった。彼をB氏とする。B氏と私は、とにかく話があう。共通趣味もあるのだが、何よりものの捉え方や、世の中の見方が似ているという感じだ。相手も話が合うのが楽しくて嬉しいみたいで、だんだん二人で会うことが増えてきた。私はもうB氏のことが恋愛的な意味でも好きだと思う。そしてこのままのペースで会っているとそれだけで済まないような気もしてきた。

しかし、私にはB氏とは友人関係のままでいたいという気持ちも根強くある。恋人になってずっと一緒にいたら、いつか飽きてしまいそうに思う。それは勿体無い。また、似たような考え方の人とずっと一緒にいても、人間として進歩しないのではないかという、妙に意識の高い不安もある。何より自分にはA氏との生活がある。でもA氏とこのままいても、B氏といるときのような楽しさはなく、淡々と日々が過ぎていくんじゃないかとも思う。多少退屈でも、そうやって生活を続けていけることが、同棲結婚幸せと信じていたけど、そう決め込むのはまだ早いのかもしれない。

オチ特にないのだけど、「どっちも好きだけど選べない〜〜〜!」って少女漫画みたいなことを、20過ぎてもやってる自分ちょっと引いてしまった。人生こんな悩みがこれからも続くのかと思うと、ちょっとうんざりする。

anond:20171117122322

あと、二重の人と身長が175以上の人と天パじゃない人とズル剥けの人と・・・

課税されないほうがだんだんつらくなりそう。

2017-11-16

anond:20171116130608

聡明な女性Sexできるのは貴重

私の場合は、だけど。彼女精神Sexしてる時の体が別って感じを覚えた事はある。

君の彼女って結構、聡明な部類に入る娘じゃない? じゃないと君がその娘を尊敬しないと思うし。

彼女も明快に話ができるし、君の話を聞いて答える事もできる(そういう女性かつ交際可能なのは希少価値がある)みたいな。

私の場合お見合いで、彼女の方が優秀だった(でも彼女あんま上昇志向はない。最初彼女派遣だった)

彼女の話を聞いても面白いし、なにか政治みたいな着地点が無い話をしてもお互いにバランスを取って楽しい話ができる。怒りっぽくもないし教養が感じられる。私はそんな女性は初めてだった。

で、平常時ってホント、そういう女性ってニュートラルなんだよね。全然、ドキドキしてないみたいに見える。

「えー、どの位、踏み込んでいいんですか、手を繋いでもいいのかな、あ、ちょっと手が触ったけど、嫌な表情じゃないし公園カップルも沢山いるからいいか、えい!」みたいなドキドキを感じてるのに、割と微笑ましい表情をしてらっしゃる。こっちは汗かきすぎてないかキドキなのに。

みたいな状況を乗り越えて、まぁSexする訳だけど、女性側も気持ちいいSexになると、

ちょっと未知な感じになるよね。えぇぇ、ちょっと止めてください。みたいな。

彼女の中の未知なハードルが2つか3つあって、だんだん喜びが大きくなってく。

あるとき彼女自動的にイッちゃう状態になった。ほらイクと女性の体がビクッて動くじゃない。

で、自分のビクッでまたイッちゃうという... 試しに( これ私が動かなくなっても彼女自動的にイクんじゃ? )と思ってやってみたら自動的になった。 そういうのは彼女も初めてだったみたいで、新鮮な反応だった。その時『彼女精神性も好きだし、大切にしたいのだけど、こうハードウェアって別だよな』と思った。体によって自動的にイカされ続ける彼女精神。そんな彼女をみるのも素敵な体験だけど。

まぁ、彼女も流石にそんな状態は恥ずかしすぎるので「ちょっともうダメです」って言ってた。 でも辞めない、しばらく。

君が感じる、体は別、だけど幸せ、というのは、

「そんな彼女身体があるから彼女精神を揺り動かすことができる」という事かなー、と思った。

なんか体があるから新しい発見ってあるんだなぁ、と。

尊敬できる女性を得るって結構貴重だと思うんで、若いならお仕事うまい事やって、結婚するのも悪くないと思いますよ。

2017-11-15

「好き」に向けられた銃口と血塗れの「お花畑

まず初めに、これは一年間悩みに悩んで結局担降り出来なかった自分気持ちを整理しようと書いたものであり、特定の誰かの存在や考えを否定したり攻撃しようとする物ではない。

事の発端は今更言うまでもない、例の「小山事変」だ。

それまで私は「愚痴垢」という物の存在こそ知っていても実際に見た事が無かった。しかし今年に入ってから数々のスキャンダラス出来事が発覚した事により愚痴垢は一気にその数を増やし、ついにその勢力平和だった自分のTLにも及んだ。

私の自担は渦中の彼では無い。それでもNEWSというグループファンである私には自担と同じように彼のことも大事だったし愛おしかった。だから初めはなんの配慮もなくアイドルプライベートを暴いて叩くそ存在に腹が立ったし、愚痴なんて言うぐらいだったら担降りすればいいのにと思って見ない様にしていた。

けれど「事変」の内容がどんどん明るみになるにつれ、いつしかその存在無視出来なくなった。

当時の私は最年長の彼を信じたいと思っていたし、それならば愚痴垢など見ないでいた方がいいに決まっている。けれど私はだんだんとそれまで自分の目で見てきたはずの彼のことが信じられなくなって、彼の言動真実を知りたくていろいろな愚痴垢をわざわざ検索して探すことまでして見て回るようになった。

結局真実は分からなかった。

流出した写真動画など目に入った物は全て見たし、明らかに黒だと判断できる案件も少なくなかったけれど当然のように信憑性の無い話もたくさんあって、ますます何を信じればいいのか分からなくなった。

今回の騒動について、責任所在だとかアイドル恋愛観だとかについて議論することはもう望んでいない。

私の中でも結論は出ていないし、誰かの意見を聞いてそれに納得することもないだろう。

様々な人の愚痴垢を見て回って、それらは大きく2つに分けられると考えた。

一つは単純に、アイドルを叩きたいだけの人。NEWSというグループのことが嫌いだったり、他のグループファンであるにもかかわらず興味本位で薮をついて出てきた蛇の首を掴んで鬼の首を取ったような気になっている人。これらは今回の炎上おもちゃのように扱っているだけなので興味が無くなれば沈静化する。

もう一つは最年長の彼を叩きつつもまだNEWS或いは誰か一人のメンバーに対する「好き」を捨てられないでいる人。今も残っている愚痴垢には圧倒的にこちらの方が多いように思える。

彼女たちの言葉は切実だった。

汚い言葉で罵る人もいれば冷静に淡々愚痴をこぼす人もいた。

皆揃って口にしていた。

「降りれるなら降りたい」と。

あれから何ヶ月経っても未だに彼について言及せずにはいられないのは、まだNEWS或いは誰か一人のメンバーへの未練を捨てきれていないからのように私には見える。

私のことに話を戻すと、たぶん私も自分の中に残っているNEWSというグループに対する「好き」を消したかったのだ。いろいろな愚痴垢を見ながら自分の中の「好き」に銃口を向け続けた。彼を攻撃する言葉をたくさん吸収してその「好き」をボロボロにして消し去ってしまたかった。

愚痴垢を除いて落ち込んではコンサートに行って幸せ気持ちになって。

愚痴垢を除いて落ち込んではテレビではしゃぐ姿に絆されて。

さっさと諦めてこのグループを降りようと引き金を引き続けた。

何ヶ月もその状態が続いて、正直に言うと疲れてしまった。

結局まだ私はNEWSを降りていない。次のシングルもきっと予約するだろう。

ほとんど非がない自担のことを諦められないからかもしれない。

NEWS楽曲の唯一無二性を諦められないからかもしれない。

コンサートでもらった幸せを諦められないからかもしれない。

とにかく、私はまだ彼らを応援している。

「お花畑」という単語愚痴垢で見ない日は無かった。真実を知ることを拒否して自分の中の理想アイドルだけを信じ続ける盲目的なファン。人によって多少の誤差はあれどおおよそこんな意味だろう。多くの愚痴垢は侮蔑的ニュアンスを含んでこの単語を示した。

私は愚痴垢の事を「地獄」のような場所だと思っている。作ってしまったら最後、もがき苦しみながらもそこから抜け出せない。それが分かっていたから私はとうとう自分愚痴垢が作れなかった。愚痴垢を作る目的なんて人それぞれだとは思うが、そこには誰一人幸せそうな人などいなかった。

それならば私は「お花畑」のファンでいようと思った。「好き」がどうやっても殺せないものであるならもう「好き」を諦めることを諦めようと思う。信じたくない事、見たくなかった事に蓋をする「努力」によってボロボロの「好き」で溢れ血塗れになった私だけの「お花畑」を守ろうと思う。

地獄にいるのとどちらが幸せかなどと考えても仕方がない。どうせもう何も知らなかった頃の幸せは帰ってこないのだから




そして私の「お花畑」を守ることに疲れてしまったら、地獄に身を堕とす前に全ての「好き」をどこかに閉じ込めて、ひそかに担降りしよう。

anond:20171115092232

あんた偉いよ。

自分が鬱で苦しんでいるのに、それでも困っている他人を何とかしようと試みている。(その点は尊敬するよ)

 

だが、残念な事にあまり頭が良い方じゃないみたいだね?

まずは、自分の鬱を管理しよう。要は浮き沈みをフラットにすればいい。感情の起伏が激しいと沈んだ時に鬱になるんだよ。

鬱は薬じゃ治らない。薬は対処療法一時的に浮き沈みをフラットにするだけ。病院に行ったら、製薬会社が儲けるために薬漬けにされる。

薬を長期間飲んでいたら、肝臓で分解するから肝臓負担がかかり、だんだん体調が悪くなって行く。ジワジワと体を蝕むよ。

いきなり断薬できなければ、徐々に依存を減らすために準備をしたらいい。

 

馬鹿の一つ覚えみたいに「運動瞑想睡眠野菜」と言ってる某xevraじゃないけど、やらないよりやった方がましだよ。

要するに健康のための必要十分条件を揃えないとダメだってこと。

やってみれば簡単ことなんだけど、意外と盲点で忘れてる人が多い。

 

運動:まずは歩くだけでも十分。1日20分以上が目標筋トレやるなら自重トレーニングからOK水泳は全身運動なのでお勧め

瞑想瞑想には集中型とリラックス型の2タイプがある。

睡眠:体を休息させる方法はいろいろある。

野菜ファイトケミカルという成分を補充したい。サプリより生で。

それぞれ良い解説書があるから探してみて。

 

補足:瞑想は分かりづらいと思う。初心者には上座部仏教の「アーナパーナサティー」が簡単かな?(鼻に意識を集中してゆっくり深呼吸)。

人間の体は「随意筋」と「不随意筋」がある。普通、不随意筋は動かせない。呼吸は随意筋と不随意筋の両方の性質がある。=自動的に呼吸もしてるけど、意識して呼吸を止めたり吸ったりもできる。

呼吸は不随意筋を随意筋に変えて行く入口になっている。(※これ重要

 

呼吸法を鍛錬すると自分の体を自分意識コントロールできるようになる。

(呼吸をコントロールできるようになったら、次は心臓心拍コントロールできるようになるけど、鬱病を治す程度なら呼吸レベルでも十分かな?)

呼吸をコントロールできるようになったら、脳波もある程度コントロールできるようになり、感情の起伏もコントロールできるようになる。

感情自分コントロールできる人は鬱病にならない。

仮想通貨取引で消耗してやめた

約1ヶ月、ビットコインを手始めにいろんな仮想通貨投資トライしてみた。

自分過去に株投資すら一度もやったことがなく、人生で初めての投資挑戦だった。

最初取引所での売買のやり方も、取引所販売所は違うんだということも分からず始めたために、価格が下落したらあたふたしてすぐに売ってしまって損をし、ちょっと価格が上がっても、買値と売値の間のスプレッドの差額が大きすぎて結局また損をしの繰り返しで、どんどんマイナスが積み上がっていったが、数日前のビットコインキャッシュの大暴騰のお陰で、最終的には20ちょっとプラスが出た。

でも、時点でやめた。

20万のプラス益というものが、生まれてはじめての投資挑戦や、1ヶ月という期間で、それは良かったのか大したことないのかはわからない。

ただ、やってみて思ったのは、値動きが激しすぎて、四六時中チャートの動きを見てないといけなかったのと、ネット情報を常にチェックしなければならない強迫観念やらで、仕事どころではなくなってしまったのと、精神的に消耗しきってしまって、1ヶ月弱で20万という儲けは、全く割りに合わないと思った。

まあ、だんだんチャートの上がり下がりのクセみたいなものが後半つかめてきた感じだったので、続けていればもう少しプラスにできたか、損も少なくできたのかもとは思うし、投資に慣れた人ならはるかプラスにできるんだろうなとは思う。

自分と同じように、今、まったくの素人が、すごく儲かりそうだと思って、パチンコ程度の感覚仮想通貨取引に参加していってると思うけれど、分単位で値動きが数千円〜数万円上げ下げするような相場のものに手を出すのはリスクがあまりにも大きいと思う。

まあ、ギャンブル好きな人は、脳内ドーパミンがドバドバ出るからパチンコなんかよりこっちの方がオススメかも。

「秘密」をしゃべってしまう人←私。

言ってはいけないといわれた」ことはしっかりと覚えているのだが

「この人になら言ってもいいかな」や「この雰囲気なら言っても大丈夫だろう」というその場の自分認識でつい言ってしまう。

いままでに、それで大きく信頼を失い友人関係を壊してしまたこともある。

すごく仲良い子には「わたし秘密はしゃべらないでほしい。つい話すから」と言っている。

だが私のもといんはたまに「秘密」がぽんとやってきて、

わたしはそれをふいにしゃべってしまう。

そもそも仲良くなればなるほど

人はどうしても秘密を分かち合いたくなる瞬間がやってくる模様。

今年すでに大きい失敗を二回した。

ひとつは、AちゃんとBちゃん同士でしか知りえないことを

Aちゃんが私に不満として漏らしたため、

2名しかいない場所で私がそれについてはっきりと名言たこと。

これはBちゃんがそもそもAちゃんに「秘密」として伝えたことを

Aちゃんが私に言ったためAちゃんも私も悪いとい言っていたのだが

まあ私が言わなくてもよかったと思う。そもそも2人の関係のことだし。 

もうひとつは、ある人がある女性に誘われたという下衆いお酒の席での話。

バーテンと仲良しの人しかいないか大丈夫かなと思ったら

そのバーはそもそも件の女性テリトリー内だった。

二つとも人間関係に関する秘密

そして冷静になると「別にあの場で言わなくてもよかったな」と思う。

調子にのっておしゃべりをしてしまうのだろうか。

想像力がないのだろうか。

本当は他人に興味がないのだろうか。

自分勝手なのだろうか。

自己中心的な考えなのだろうか。

すべてに当てはまる気がする。

あ、思いついた。

逆に今年ちゃんと秘密にできていることもある。

・○○さんは彼女のいるあの人とセックスしたが、

 煮えきらない態度にだんだんと愛想つかしてるようだ。

これはそれを誰かに話すとコミュニティ崩壊するため。

私の考える「さすがに言ったらだめ」ライン=わかりやす崩壊なのだろうか

さらに私が言われたら嫌な秘密を書いてみよう

・もとSM風俗嬢である(いまのところ誰にも言っていない)

・新しいコミュティでは恋愛に関してまじめぶってみるが、

 実際は選んでいるだけで誰とでもセックスできる。

友達の家で初対面とセックスした(これはバレているっぽいが、その友達は何も言わずいまでも友達でいてくれている。ありがたい。)

バレたらどうなるかも考えてみよう

・かなりだらしない人として見られるかも。

・友人をやめる人もでてくるかも。

・それを知られているところでまともな恋人はできないだろう

やめたい、とは思ってる~~~~~~~~思ってます

anond:20171115002317

砂糖黍の艶やかな皮をむいて、あの白い中身をしゃぶる甘味快味を、私は終生忘れないだろう。

――豊島与志雄「「自然」」

誰も誰も、食うためには、品も威も下げると思え。さまでにして、手に入れる餌食だ。突くとなれば会釈はない。骨までしゃぶるわ。

――泉鏡花紅玉

この飴細工と糝粉細工とが江戸時代形見といったような大道商人であったが、キャラメルドロップをしゃぶる現代の子ども達からだんだんに見捨てられて、東京市のまん中からは昔の姿を消して行くらしく、場末の町などで折りおりに見かける飴売りにも若い人は殆ど無い。

――岡本綺堂「半七捕物帳 54 唐人飴」

梅干布などというものもあって、これは島田で作っていただきますさらし木綿に梅干汁をひたして天日に乾かし、それを小さく切っていざという時しゃぶるのだそうです。

――宮本百合子「獄中への手紙 09 一九四二年(昭和十七年)」

蛇さん、ずいぶんのろまだなあ。おいらのしりでもしゃぶるがいい。

――楠山正雄「物のいわれ」

コリャ堪らん。英雄豪傑の汗なら好んでもしゃぶるが、こんな懦弱い奴の汗を舐めるのは御免である

――押川春浪本州横断 癇癪徒歩旅行

私の母なんかも、昆布をしゃぶるには人後に落ちた事がない。

――直木三十五大阪を歩く」

あんこのついた指をしゃぶるものもある。鼻の頭へ黄豆粉をつけているものもある。上唇についた黒ごまと鼻汁とを一緒になめているものもある。

――長谷川時雨「旧聞日本橋 20 西川小りん」

「今ライムがはやっているの?」「ええ、みんなライム買うわ。メグさんだって、けちだと思われたくなかったら、きっと買うわ。そして、みんな教室で机のなかにかくしておいてしゃぶるの。」

――ルイーザ・メイ・オルコット「若草物語

人間は奪い取って来た生をたしなみながらしゃぶるけれども、ほどなくその生はまた尽きて行く。

――有島武郎「生まれいずる悩み」

ね、ほら、おもちゃがほしくば、この鼻の頭をしゃぶるといいよ。

――佐々木味津三「右門捕物帖 25 卒塔婆を祭った米びつ」

しかし、かわいそうに軽業の女たち、折助は逃げ去ったが今度はいっそう怖ろしい骨までしゃぶる獣、それの襲撃と聞いて歯の根が合わなくなりました。

――中里介山大菩薩峠 09 女子小人の巻」

2017-11-14

結婚記念日

来月の24日が父と母の結婚記念日

自分は親元を離れて暮らしてるのだが、突然「〇〇、ディナーショーチケットが3枚あるからあなたもこない?」と電話があった

もちろん行くつもりだ

だが、17年間生きてきてなにもしてあげられてないのが悲しい。だからピアノでも披露しようと思う

習った経験なんてないし(独学で少しだけピアノは弾いてた)、そもそも音楽とは程遠い生活(楽器弾かない、ライブ行かないって意味ね)で、進学校に行くために親元を離れたようなものだった

でも、僕には唯一好きなバンドがいた、sumikaだ

sumikaは受験の時にもお世話になったし、暇と心に余裕さえあれば聴いてるバンド

なので、loversピアノで弾こうと思う。ゲスト?に管弦楽系の人を呼んで、最初モブのフリをしてたけど、だんだんピアノに混ざってくるっていうものも考えたけど、今から募集するのは難しいよなぁ。

とびっきりすごい結婚記念日にさせてあげたい。

母さん、父さん、育ててくれてありがとう

今度は僕が感謝を返すよ

うちの親

うちの親、いわゆる毒親

学校いじめられたりもあって、引きこもったりメンタルクリニック通ったりする中で、カウンセリングにも通ってた。

その中でだんだん、うちの親に苦しめられている自覚が出てきて、カウンセラーさんにぶちまけたかったけど、「親」と言うことが、何か禁忌に触れるようで、先生にさえ言えず、当時は毒親なんて言葉もなかったから、苦しさと罪悪感で一杯だった。

子ども頃、何かで怒られたとき、「バカから遊戯トライアングルなんて任されるんだ」とか、今思うと意味の分からない罵倒に大泣きした。

小学校に上がれば、博物館へ行くのに無理矢理スカートをはけと怒られ、はかないなら博物館へ連れていかないとまで言われた。

どうしても嫌で下にキュロットはいてたけど、それも許されず、その日に撮った写真は全て仏頂面の苦い思い出。

まだある。

高校にあがり、寒くなったら去年のお気に入りダッフルコートを着ればいいかと思ってたある日、帰ってきた途端鬼のような顔で「ダッフルコートなんて子どもコートを着るな!買ってきたこれを着ろ!」と怒られたりもした。

全くもって意味が分からず、戸惑いつつも反抗した。不安になって、翌日友達確認したのを覚えている。

引きこもりときも、「自分のペースでやればいい」と言いながら、唐突に痺れ切らして激しく責め立てられて否定され、その度にどん底に落とされた。

「二十歳なんだから」は誕生日迎えた日からタコ

誕生日迎えた途端、昨日とは別人のように大人になれたら誰も苦労なんてしないのに。当時はそんなことにすら気づけず、ただただ自分でも自分ダメ人間だと否定していた。

そして私には兄がいる。

他の人に指摘されて気づいたけれど、母は考え方が古くて長兄を溺愛し、本人も「母親はみんな冬彦さんを育ててるんだ」とさえ公言した。

私が初めてもらった自転車はお古で、兄は新品だった。

中学生くらいまで、ずっと親と喧嘩になる度に兄をエコヒイキしている、と反抗していた。

そしていつも、私はヒステリーを起こしていた。

病院で働いてるとき感染症病気をもらってしまい、偏見と少ない知識不安に苛まれているときに「私(母)と兄はどうなるんだ!」と責め立てられたこともある。

一番不安なのは私だった。

泣きながら病気について調べ、発症しなければ感染もないことなどをメールで送ったら、三日後にケロッとした顔で「私(母)も兄もそんなの(病気)気にしないし」と言われた事が忘れられない。

かなり経ってから上記の言葉は傷ついたと伝えたら「だってそのときは本当にそう思った」と悪びれた様子もなく返事をされて、私の中で何かが壊れた。

いつも頼んでないことを自分でしては「○○してあげたのに」と見返りを求めてきたし、ただコンビニに買い物行くのにさえ「あんたも行くら行くけど」とよっかかってきて気持ち悪かった。

やっと新しいカウンセラーさんと出合い、それでも親との関係が私の考え方にかなり影響しているの気づいてもらうのに、一年以上掛かった。

それでも、20年ぶりにバッサリ短くした髪を、親が真似て同じようにずっと長かった髪を同じ長さに切ったとき嫌悪感は分かってもらえていない。

親とは家庭内別居みたいになって、一切口もきかず、自分生活自分で面倒を見出しから、私はヒステリーを起こさなくなった。

いつも感情に嵐を起こしていたのは、親と関わるからだと気づいた。

あの、スイッチが入ったように訳もなく急に込み上げてくる怒り。

自信のなさからブラック企業ばかり選んでお金貯めるどころではない、ギリギリ生活ばかりしてた。

ようやく、最近まともな仕事に就いたので、ここで踏ん張って家を出ようとしている。

何度も同じことを、わからせようと無駄努力を重ねてしまったのは、長年の憤り、親に対する分かってくれるかも知れないと言う僅かな期待があったと思う。

それが段々、距離を置いたことで不可能だと気づいた。

今はただ冷静に、スルーする力を身に付け、全力で逃げようと思う。

彼氏に「生理の時は安心する」と言われた

※いきなり生理の話なので嫌な人すみません

付き合って約1年の彼氏が、あまりセックス好きな人ではない。

付き合い始めの頃はそこそこしていて、私はコミュニケーションとしての行為が好きなので、

定期的にしてほしいと思っていた。

だが、だんだんと回数が減っていき、こちからアプローチをするとやや険悪な雰囲気になるため

腹を割って話し合いをしたところ、紆余曲折の末に「そんなにセックスが好きじゃない」と言われた。

もともと性欲がない人で、してる時はそこまで嫌ではないが、する前やする後の感じが嫌だというのと、している間に何か別なことをしたいらしい。

(どうも同じ時間ならスプラトゥーンをしていたほうがいいようだ)

最終的には「(私が)生理の時は(セックスをしなくていいので)安心する」と言われた。

言われた瞬間、自分の性欲や、自分性別のもの否定された感触になり、すごくショックで泣いてしまった。

ただ、男女別ならきっとよくある話だろうし、そこまで嫌がる人に無理やり迫るのは完全にデートDVになることもわかっているので、

耐えている。

 

この場合、できることといえば(あくまで別れないという前提のもとに)

(1)性欲は外注する

(2)性欲を捨てる

の二択しか思いつかない……のだが他に何かい方法はあるのでしょうか?

 

あと、彼氏に「生理の時は安心するという発言はさすがに傷ついた」ということを伝えようとしたのだが、

いまいち私が傷ついているポイントがわからないらしい。

男女で入れ替えると同じような表現になる言葉はありますか?

anond:20171114121345

180度気持ちが変化するって感じじゃなくって、気持ち100%の内の大部分を子供に対する気持ち占領してくる感じかな。

まれる前までは自分50奥さん50だったのが、だんだん自分25 奥さん25 子供50みたいな割合に変化していくよ。 

2017-11-13

婚活フェイクニュース運営しているが、昨日リアル婚活しているカップルを初めてみた

婚活フェイブログを書いてもう数年になる。目的婚活の商材を販売する為で、自分ではしたこともない婚活の実情をネットから知識を元に書きなぐる。

そんな作業をしている。だいたい売上はブログ一本で月に数十万円が行けば、自分的には大成功業界業者さんによっては単独で4桁出せる人もいるので、自分センスはあまりないのは十分に理解はしているのだけど、とはい生活の足しにもなるし、なにより書くことや編集すること自体が好きなので、その一環で続けている。

ちなみに売り上げの悪い月は数千円もザラにある(自分SEO広告をしないので安定しない)ので、事業性は無いに等しい。

で、本題に移る。

フェイブログの内容は本当にフェイクで、自分経験たことは一ミリも無い。ネットで書いてある各相談所の噂を特定なしで、自分なりに脚色して文章仕立て、ニュース仕立てにするだけ。かと言って完全なフェイクは読んでいる人も分かってしまうので、信憑性のある事も当然書かないといけない。

だんだん婚活情報を扱っていると、ネタ切れしてくるのは当たり前。殆どの内容が以下に要約される。

婚活セックスパートナーを求めに来るゴミ

20代女性に群がるオッサン

医師婚活だけに参加する女

・完全に人生破綻したようなゴミ男が上から目線女性を値踏みすることへの嫌悪感

などなど。幸せ結婚なんてあるのだろうかと虚像の彼らをフェイクのフェイクをしながら思わないでも無い。

昨日、彼女東京某所にある高めのレストランランチに出かけた。そこはランチ単価が2kオーバーなので、比較的高年齢で美味しいものを少しだけいただきますからタイプ顧客が多い店だった。

自分達は予約はせずに行ったので待っていた。自分達でおそらく1時間程度待ったかと思う。隣の待ち席に敬語で話す見た目がややイケていないが小奇麗にした男性とややぽっちゃりだが、小綺麗な服装をした30代半ばぐらいのカップルがいた。

よくよく話を聞いていると初対面では無いが、2,3回目程度らしくぎこちない感じで会話はしていたが、それなりに笑顔女性側に溢れ、どちらもざっくり言うと、控えめな外見ではあったが非常に好感のもてる印象だった。

男性自分仕事の事、習慣の事。話慣れた手練のそれは感じなかったものの、少し大きな声で丁寧に喋っていたと記憶している。

女性の注文はランチ弁当で値段は男性より安いもの、それなりに気を使った注文をしているのは明らかだったが、体型はやや小太りである事は陽の光に透けて、それも微笑ましかった。

普段から怨嗟にまみれた婚活情報に接していると、本当に婚活をしている人なんているのだろうか、まして普通に婚活して結婚している人などいるのだろうかと思っていたのだが、こうして普段生活に彼らは当たり前のようにいる事を実感した。

が、一つ男性アドバイス。「婚活真剣にしてるときぐらい飯予約していけよ」

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん