「着物」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 着物とは

2022-05-06

anond:20220506155110

 いくら着飾ろうと、江戸中の男たちに愛されようと、しょせん遊女商売道具しかなかった(「遊女」を「芸能人」に置き換えれば現代に通じるか)。

 休みほとんどなく、食事も粗末なものが出るだけだ。いいものを食べたければ、懸命に働いて客からお捻りをもらい、そのお金で自前の食べ物を買っ

たり、見世にあげた客に台の物をとらせご相伴にあずかるしかないのである

 さらに、着飾る着物、帯、化粧品に至るまで、すべて自分で買い整えねばならない。そのために、見世から借金しなければならなかったから、借金は増

える一方である

 大名大商人が贔屓にしてくれる遊女はほんの一握りで、ほとんどの遊女が手練手管を労して客からお金を吸い上げることに精を出した。

 『傾城の恋は誠の恋ならず 金もってこいが本のこいなり』

 遊女の務めは「苦海十年(苦界とも書く)」と呼ばれ、十八歳から二十七歳くらいまでが吉原遊女として商売できる期間である。この期間に、身を売っ

た代金、つまり身代金を働いて返さねばならない。これに加えて、前述のように借金が加算されていく仕組みになっており、馬車馬のごとく働かされる。

 遊郭の掟や慣例も遊女たちを苦しめた。その掟の見張り役が、遊女上がりの遣手たちである

 遊郭の一ばんの掟は、見世若い衆と遊女が男女の仲になってはいけないというものだ。見世側とすれば、商品に手をつけられてはその商品が働か

なくなる。つまり若い衆といい仲になると、その遊女が客を取りたがらなくなるのである

 この関係が深くなってしまうと、やがて手に手を取り合って遊郭から逃げ出すということも起こる。いわゆる駆け落ちだが、見世側としては、黙って見逃

すわけにはいかない。吉原の地回りなど大勢を使って二人を見つけ出すのである。見つけ出された男はほとんどの場合殺されてしまった。遊女吉原

へ連れ戻され、凄惨折檻を受けることになる。殺してしまえば商品としての価値がなくなってしまうが、それでも他の遊女たちへの見せしめ意味もあ

り、命を絶たれてしま遊女もいた。

 遊女が苦海から抜け出る方法は三つしかなかった。一つは年季奉公を勤め上げた、いわゆる「年明き」で遊女から足を洗う場合二つ目は、金のある

客に見初められて「身請け」される場合。そして三つ目が死んだ場合

 吉原の年明きは二十八歳なので、この年になった遊女見世から暇を出される。中には遣手として見世に残る遊女もいたが、多くは吉原の外を望ん

だ。吉原を出た遊女は、年明きになったら一緒になろうと約束していた男と所帯を持ったり、そのまま吉原以外の色里・岡場所に行く女もいた。

 客に身請けされるのが遊女幸せといわれるが、なかなかそんな客は現れない。特に太夫クラス上級遊女になれば、身請け金は膨大な額だったの

である。もともとの身代金に加え、これから働いて稼ぐであろう金額、これまでの借金見世や周囲の人間に出す祝い金など、合計すると何百両にもな

る。このような大金をぽんと出すのは、大名大商人以外は不可能である

 中級あたりの遊女でも、やはり百両前後はかかったという。ランクが下がれば身請け金も下がるが、宵越しの金は持たねぇと突っ張る江戸っ子には数

十両のまとまった金は調達不能だろう。それでも、中にはコツコツお金を貯めて、身請けした町人もいたようである

 死ぬほど辛い苦海・吉原では、実際に死んだ遊女の数は知れない。粗末な食事で馬車馬のように働かせ、体力は消耗する一方だが、さら病気が追

い打ちをかけた。遊女たちが一ばん恐れた病気梅毒であった。

 梅毒はもともと西インド諸島風土病で、コロンブス西インド諸島に到達し、スペイン帰国した際、その船員たちがヨーロッパに運んだといわれてい

る。シャルル八世のナポリ攻撃以来ヨーロッパから世界に広がり、日本にも十六世紀の半ば南蛮船の来航によって上陸した。ちなみに日本の文献には

それよりも前、1512年に「梅毒」という言葉が登場している。

 当時梅毒は、「かさ」などと呼ばれていた。感染すると感染部におできのようなかたまりができ、これがかさぶたのようになるからである。この「かさ」が

潰れると、痛みを伴うがしばらくすると治ってしまう。実際は一次症状が収まって潜伏しているだけであるが、当時の医学知識ではこれで治ったと思って

いた(治ってしま場合もあったが)。

 一度「かさ」にかかって治った(と思っている)遊女は、二度と梅毒にかからないとされ、客の方でも病気のない遊女として認知された。見世からも一人

前の遊女として扱われ、遣手は客にどんどん勧めた。おまけに病気が潜伏している影響か、妊娠しにくい身体になっているから、見世としては大変重宝

した。こうして、梅毒はどんどん広がっていったのである。客の方でも、梅毒にかかることは一種ステータスで、遊びを極めているという目で見られた。

 何年か後、再び症状が現れると、今度は皮膚にゴム状の腫れ物が出て、その部分の肉が落ちる。鼻が落ちるといわれる梅毒の症状はこの時期だ。

やがて神経系が冒され、死に至る。

 こういう症状が出ると遊女としての価値はなくなり、吉原を追い出されたり、生きたまま投げ込み寺へ捨てられたという。悲惨な結末が遊女を待ってい

たのである。 

 梅毒とともに遊女を悩ませたのが妊娠だった。妊娠遊女の恥とされ、さまざまな避妊法を用いたが、当時の知識では妊娠は避けられない出来事

った。

 当然見世側とすれば中絶させたが、この手術も原始的もの危険まりないものだった。中条流というのが堕胎専門医師の看板で、中絶に失敗し

て命を落とす遊女も多かったという。

 堕胎できずに子供を産んでしまった場合もあった。この場合は、見世の子供として育てられ、女の子なら遊女の道へ、男の子なら見世若い衆として

将来は決められた。まさに、吉原まれ吉原育ちの遊女もいたわけである

anond:20220506100145

欧米女性は長いドレススカートを履いていた。

ツィギーやマリリンモンローが女性解放(歩きやすく行動しやすい、働きやすい)流れで

ミニスカート流行らせた。

タイトスカートだったので風邪で捲れたりはしなかった。



日本では着物の下はノーパンが主流(蒸れずに清潔)だったが

銀座白木屋火災ノーパン飛び降りを恥じらい焼死した女性が多かったため

下着の着用が進められた。

そして戦後洋服ブーム

2022-05-05

anond:20220505115221

着物5着分とポールとか考えて、今時だと設置費とか安全対策とか保険とか込みにするとそんな値段になりそう。

地方のお殿様みたいな、親分さんwみたいな「俺の息子やご近所の子供に最高級品を見せてやるぜっ」みたいな需要いまどきあるのかな。

個人では難しいだろうな。法人需要か。

2022-05-04

今日カップルを沢山見たのでメモ

今日というか書き始めた時点でてっぺん超えてるので厳密には昨日か。

ご近所なんだがいわゆる観光スポットなのでちょっと歩きに行ってきた。

レンタル着物カップル

場所によっては盛んなこのレンタル着物。2人して全身キメていて見目が派手で大変良かった。たびたび気になるのは巾着なのだがそれ荷物なんも入らんやろ。何入れてんの?

バチバチコーデカップル

全身黒とか彼女ギャル彼氏ザイルみたいなああい気合い入ったファッションの方たち。好みの服装でバシッとキメてるのめちゃくちゃかっこいいです。ただその靴で長距離歩ける?大丈夫?って心配になりました。厚底とかさ。

彼女だけオシャレカップル

白黒は無難だよねわかるよ。けどデートならもう少し気張れよなんやその首元びろんびろんのTシャツは。

彼女キメキメ彼氏カメラマンカップル

レンタル着物が盛んな観光地オフショルへそ出しミニスカート厚底サングラス気合い入ってんね。可愛いね。彼氏、そこ車道だよ邪魔だよ。んでなんだその適当な服とつっかけは。

⑤ほのぼの高校生カップル

近所の高校の子達っぽかった。部活かな?通学路が混み混みで大変そうだけどちょっと距離近くてにこにこしてて可愛かった。幸あれ。

⑥だるだるカップル

「人多いー並ぶの無理ー」てわかるよわかるがGWぞなんでわざわざこんな人の多いとこ選んで来たのよ。1本裏の散歩道なら人少ないぞ店はないけど。

おこちゃまカップル

カップルというか2家族で来てるみたいなちびーず。いっしょにスイーツ系食べててよかった。言っても仕方ないのはわかるが、でも急に動き出したりするのはやめなさいお母さんの顔すごいことになってたぞ。

子連れカップル(夫婦)

バブを背負ったお母さんとそれをせこせこ世話するお父さん。かなり仲良さそうだったけど子供がいる仲の良さというよりはほんとに普通にカップルだった。子育て頑張ってください。幸あれ。

カップル以外にも面白い人たちを沢山見かけた。連休の人混みを歩く醍醐味ひとつはいっぺんに色んな人を見れるところかなぁと思う。

ちなみに混みすぎてたので昼食は松屋だった。無念である

2022-05-02

まあとはいえ日本政府同化政策がなかったとして

同化政策がなくても、たぶんアイヌ語話者はほぼ絶滅してたろうし、コタンで「伝統的」生活してる人らもいなくなってたんじゃないかなぁ。

なんつうか、当事者が豊かで近代的な生活志向する権利否定しない限り、そうなっていっちゃう気がする。

実際、ヤマトンチュだって別に着物を着てござるござるするのをやめてるしな。

まあ当事者自由意志によるか、強制されるかは大違いだから日本政府の対アイヌ政策擁護することはできないんだけどさ。

2022-04-29

ブルマの丈ってなんで短くなったんだろ。

割と疑問なんだ。

上の世代って着物着てるわけでしょう?

肌を華美にだすのって嫌がるはず。

か、だすんだよなあ。

だんだん短くしてるのな。

廃止運動が起こったわけだけど。

女子児童の太ももみようぜ、はあはあってノリでも文科省はみれないわけよ。なにしてんのと。

前例踏襲でよくね?

きじゃんそう言うの。

ブルマの丈ってなんで短くなったんだろ。

割と疑問なんだ。

上の世代って着物着てるわけでしょう?

肌を華美にだすのって嫌がるはず。

か、だすんだよなあ。

だんだん短くしてるのな。

廃止運動が起こったわけだけど。

女子児童の太ももみようぜ、はあはあってノリでも文科省はみれないわけよ。なにしてんのと。

前例踏襲でよくね?

きじゃんそう言うの。

2022-04-26

最近読んだBL以外の本。

 まずは『長野まゆみ偏愛耽美作品集』より『魔術師』と『昆虫図』を。

 実を言うとあまり得意ではない作家作品(いうて主に食わず嫌いなのだが)が多々収録されているので、買ったはいいが読む気にならず、遅々として読み進まない。長野まゆみ作品ファンなので、頑張って読むけど。買ったし!


魔術師』(谷崎潤一郎

あらすじ

 主人公の「私」は異国の町にいた頃のある夕べ、恋人から公園」に行ってみようと誘われた。その公園とは日本でいうところの浅草六区もっと酷くしたような場所だった。いい歳をした男女達の狂乱する怪しげな公園の最も奥まった所にある城が、恋人目的地。そこでは魔術師見世物をしており、どんな人でも一度観たら病みつきになってしまうのだという。「私」はついノリで城に入ってしまったが……。


増田感想

 中二病が二十歳を過ぎても治らなかった人の好きなやつ……THE大正ロマンって感じの。こういうのあまり詳しくないんだけど、航海技術の発展で新大陸への憧れが強まったりとか、産業革命から社会不安なんかがまざりあって世界的に流行ったのかな。

 まあこういうのに憧れたシーズンが私にもありましたね、という感じ。似たような路線だと、スティーヴン・ミルハウザーの『ナイフ投げ師』と『パラダイスパーク』も私は好き。

 「十二階」という建物に少し言及されているけど、これは「浅草凌雲閣」という建物のこと。明治時代には東京で一番高い建物だったよう。長野まゆみ先生インタビュー記事に、「十二階」という固有名詞は今となっては校正者にすら通じない、と書かれていた。

 選集に入れられた理由魔術師美少年からなのか。面白いオチだった。『春琴抄』ほどクレイジーではなかった。


昆虫図』(久生十蘭

あらすじ

 すごく短い話なので省略。タイトル通り虫がうじゃうじゃする話ということだけ。


増田感想

 えっ、これ「耽美」なの? ……グロいんだが。耽美とは美に耽ることなのであり、常人が忌み嫌うようなものにすら美を見出だす、通人遊戯なのだとすれば、まあ、耽美なのか? 『魔術師』に出てくる浅草六区だって悪所代名詞のように使われているみたいだし。

 気持ち悪いし、とりわけ過激というほどの話でもないのだが、サクサク読めてなんか心に嫌なものを残す。なるほど、「文体魔術師」か……。


長野まゆみ偏愛耽美作品』は今回はここまで。これでやっと半分読んだことになるのか。先はまだまだ長い。うへぇ

カステラカステラ!』(明坂英二 文 齋藤芽生 絵)

概要

 絵本たくさんのふしぎ傑作集』シリーズのうちの一冊。ポルトガルお菓子パン・デ・ロー日本に伝わり、カステラという名の伝統和菓子となるまで。


増田感想

 絵がなかなか渋くて好み。昔の日本の人々の顔が、そこらへんに普通にいそうなリアルさでいい。華美だったり汚らしかったりする着物を着て、髷を結っていても月代を剃っていても、現代日本人と地続きな存在っていうのがよく伝わる。

 そんなに珍しいことは書かれていなかったが、パン・デ・ローの作り方は伝わったのに、パン・デ・ローを焼くには欠かせないオーブンは伝来しなかったというのには、ちょっと驚き。和製フライパンのような鍋に蓋をし、蓋の上に墨を置いて上からから加熱してカステラを焼いていたというの、面白いなあ。何で誰もオーブンを作ろうとしなかったんだろう?


今日はここまで。

2022-04-20

anond:20220419161228

もともと日本社会男性へのルッキズム圧がすごい強い。

江戸時代吉原だってブサイクダサい男はモテなかった。しゅっとしたイケメンお金のかかった着物じゃないと野暮って笑いものになりバカにされた。

古典読んでると、神話時代から一貫して、ヒーローイケメン、悪役や笑われものブサイクに書かれてる。

秀吉ぐらい出世した男ですら、背が低くて貧相だからハゲネズミ」とか「サル」とか言われてバカにされるんだし、ほんと容赦ないよ。

「顔じゃないよ 心だよ」なんてのは昭和になってから言われ出した話で、むしろ今のほうがルッキズム否定されてる。

「男はブサイクでも能力があればよし」なんてのは戦争やってる時代だけで、本音のとこではイケメン至上主義なのが日本の伝統

2022-04-13

ピーの洗剤

先の日曜日、(もう怒られる表現なのだろうが)妻の家の掃除を手伝っていた。

普段家事の大部分は妻が行ってるから休日のお手伝い。

妻は大層しっかりもの人物きっかりかっち物事をこなしてくれてとても助かっている。

私はどちらかというと陰キャオタクでぐーたらだから。妻は明るくもある。

本題。

台所掃除作業中、私が使っていたスプレーの洗剤が切れた。

何回しゅこしゅこしてもらめぇもうでないよぉな状態になったのでプラスチックゴミの袋に捨てた。

その現行犯を見咎めた妻と悶着に発展したのです。

妻曰く「洗剤の容器を洗ってから捨てなさい」と。

これに私はひどく拒否感を覚えてしまって反対してしまった。

私、「汚れていないプラスチックは洗う必要がないよ」と。

私もゴミ捨てのルール記憶していた。確かにプラスチックゴミは「汚れを軽く洗い流して捨ててください」と書かれている。ひどい汚れ付きは燃えるゴミだ。

このスプレーボトルの内部に付着しているのは洗剤だ。洗剤は"汚れ"ではない。仮に汚れだとしたら汚れで汚れを落とすことになるよね。と反論した。ついでに口が滑って「それは血で血を洗うような不毛なことだよね」ともにやけながら言ってしまった。書いていてもわかるがこれはとても余計な発言だった。思いついたら言ってしまった。

それに対しては妻曰く「捨てる段階での付着物は汚れである」。"食べ物"が"汚れ"になる瞬間と"洗剤"が"汚れ"になる瞬間は等しく同じなのかな?と私は理解したし、少し得心もした。

ではと「仮に洗剤が汚れであったとしても、それは許容範囲の汚れであるゴミルール完璧な洗浄を求めていない」と。これも振り返ると争点を下げると言うかずらすというか。とにかく日常、トレーの油感などは完璧に拭わないし、さっと水で流す程度の洗浄をよしとするならば"洗剤"は"汚れ"であっても"許容できる汚れ"ではないかと。

だってボトルに満杯の洗剤が入った状態プラスチックゴミに出すようなことはしない。捨てるなら排水溝に中身を捨てるか今回のように使い切ってから中を洗わずに捨てる。きっとそうする。軽く振って垂れきらない水分はOKだろう。

だがこれも却下された。

もはや薫陶するかのような師のダメ押しはこれである

「洗った結果の残留物は許容できるが、君はすすぐことすらしていない」

汚れは結果だったのだ。妻が汚れを受け入れるためには水で流すという努力必要なのであった。そう、妻は洗剤が汚れかどうかのレベルを争ってはいなかった。私が容器を洗うという作業を手抜いたことが違反だと言っていたのである

はっきり申し上げれば私は無駄作業が嫌いなのです。地域ゴミ分別が甘いご家庭があることも汚れたプラスチックゴミを出すご家庭があることも存じています。そういった中でプラスチックリサイクルにはおそらく洗浄のプロセスもあるでしょう。その中でボトル一本の表面についた中性洗剤の存在感たるや…。ひとりひとりが頑張らなければならないけれど、ひとりが完璧にこなしても全体は絶対完璧にならない。そういった世の中のいろんなことに頑張ったり妥協したり生きていくわけです。

今回で言えば洗剤のボトルを洗うことは私にとっては無駄でした。無駄なことはしたくない。ああしたくない。徒労な口論をしてでも無駄作業はしたくない。

ただただ妻とはOKライン妥協ラインが異なる、いえ私が妻よりずぼらなだけなのですけれど。そういったことが今回の問題なのでした。

結末としましては私が折れて容器を水ですすいで捨てました。

私もとっても頑固な男です。自分領分では自説を絶対に曲げないでしょう。それがわかっているから。ここは妻の領分であるから。私が折れました。

わかったことは今回の点では妻とはいろんな面で考えが合わなかったということ。妥協点が見出せなかった点が残念。嘘。本心はまあ論破できなくて自論を通せず残念とかでしょう。しかたない。私はそういう人間だもの

あーだけど多少の洗剤ぐらい洗いたくないよー!洗濯用の洗剤ボトルも洗ってるのかよー!だるーい!

追伸

世間でいう麦茶トイレットペーパー少し残す人間みたいに私も「洗剤ボトル少し残す人間」になるかもしれない。

たぶんならないと思う。

ならないんじゃないかな。

ま、ちょっと覚悟しておけ。

2022-04-03

anond:20220302211216

「代々受け継いだ着物」お前そんなの持ってるのか?

持ち運びしやすくて地方でも物々交換やす現物資産が欲しいな

やっぱりゴールドかね

2022-03-29

増田夢日記

3/27~3/28

(夜中の1時半くらいに目が覚めたけどもっかい寝た)

旅館みたいな和室で寝てた。

間取りは実際の自分の部屋とよく似ていて、ちょうど布団の足元にふすまがあり、その奥が部屋の入口になっているようだ。

寝ているという自覚を持ちながら寝ている、という奇妙な状態。夢あるある

ふと、ふすまの奥から人影が現れた。

部屋も真っ暗なはずなのになぜかそれが着物を着た女性だということが分かる。夢あるある

着物女性は布団で寝ている自分の横を通り過ぎ、枕元に置いてあった荷物を漁り始めた。

「なるほど、物盗りか。」

真っ暗なはずなのに以下略。夢あるある

寝ているが意識はあるというよくわからない状況にいた自分は、よし、とっちめてやろうと決意する。

女性が用を終え立ち去ろうとした瞬間、布団から起き上がって「おい!」と呼び止めた。

というところで、聞いたこともない自分の低い声が喉から発せられて飛び起きた。

もちろん現実の部屋の枕元に荷物は置いていないし、着物女性はどこにもいないし、そもそも和室ではない。

ていうか現実でもし夢のような場面に遭遇した時、とっちめてやろうとか思っちゃだめだろと思う。

体格に自信があって格闘技の覚えでもあるなら話は別だが、深夜に他人の部屋に入り込むような輩がこちらを物理的に襲わないとも限らないのに。

まあたぶん、実際起きたら怖くてがたがた震えて翌朝だれかに泣きつくくらいが限界だと思います。冬。

2022-03-26

さっきうんこ漏らした

元々、少しどころか、かなりお腹調子は良くなかった。

30分前にも下痢をした。その30分前にも下痢をした。(勿論トイレで)

その後楽しくはてブを眺めていたところ、おならのようなものが通行許可を求めてきた。

トイレは30分前にも行ったばかりだ。下痢特有差し込むようなものは感じなかったので、何の気なしに許可を出す。

すると、明らかに固形と液体の間のようなもの吹き出した。

その場で恐る恐るパンツを下ろす。

生理中でナプキンをしていたのが不幸中の幸いだった。ナプキンが便を受け止めてくれ、パンツへの被害はほぼなかった。ちょっとだけあった付着物も、生理ショーツなので拭けばそれほど気にならない。

ただし、ケツの割れ目の間にはねっちょりした嫌な感覚がある。

ティッシュで拭くと、結構被害だ。この全てがパンツに付かなくて本当に良かった。

はいつも椅子にきちんと座らず、椅子の上に足を乗せて体育座り、またはうんこ座りをしている。今回はうんこ座りだったのが幸いし、被害を最小限に留めることができた。

うんこうんこらしく発射されたことで広がることなく、ナプキンに一点集中できたのだ。

そのケツを拭いたティッシュだが、とても臭い

よく考えると、パンツ被害がなかった時点でパンツをもう一度履き、トイレ直行してウォシュレットトイレットペーパーで処理すべきだったのだ。

焦りからその場で処理することしか考えられず、ティッシュウエットティッシュでケツを拭いた。

うんこ臭いそれらは、薄手のポリ袋に入れても匂う。

気にならなくはなるが、ポリ袋に鼻を近づけるとくさい。

ここで私は失敗したので、うんこを自宅内で漏らした人は参考にしてほしい。

だが、発射物が付着したナプキンは、巻いてしまうと袋に入れずともうんこ臭さはない。別に消臭タイプでもないのに。これはすごい

これまでも私は数度、うんこを漏らしてきた。

毎回、おならうんこ判断ミスによるものだ。

下痢をしたあとのおならは、基本的うんこだと思った方がいい。

2022-03-22

プーチンさんは離婚しなかったらあんな風にならんかたはず

娘さんは親の柔道姿をみて日本語学科に通い、足しげく日本に通って京都着物コスプレをするなど大の親日

フツーの家庭である

しか離婚して浮気したことおかしくなった

家庭とは人生である

男は家庭問題が円滑であれば仕事も円滑なのである

2022-03-18

今日読むオススメ漫画教えろ(追記2)

余りにも病院に行けないから元気な夜のうちに病院近くのマンガ喫茶に前乗りすることにした

環境が変わると寝れないタイプから漫画を読みまくろうと思うんだけど、普段あんまり漫画を読まないからわからない

オススメを教えて下さい

 

・読みたい漫画

メンタルに優しい皆善人悪い人のいない優しくて可愛い世界漫画

もしくは

嫌なことを考える暇がなくなるような謎解きとかで頭が忙しい漫画

 

面白かった漫画

DEATH NOTE

ハチミツとクローバー

のだめカンタービレ

ブラックラグーン着物女の子が表紙の巻まで読んだ。今日続き読む)

ストレンジプラス(16巻くらいまで読んだ。今日続き読む→無かった)

鍋に弾丸を受けながら(ネット掲載されてない分今日読む→無かった)

東京トイボックス

東京タラレバ娘

リアルクローズ

弟の夫

おたんこナース

犬のかがやき

正直不動産(昔試し読みして良かった。今日続き読む)

 

・読めない漫画

①前向きにお仕事頑張ってます系、クリエイター頑張ってます系は今は無理

仕事創作も頑張れない自分と比べて辛くなってしま

元気な昔はハチクロ東京トイボックスも楽しく読めたけど今は読めない

左利きエレンとかひだまりスケッチとか気になってるけど今は読めない…

 

②作中でいじめパワハラ肯定されてるもの解決しないもの

トラウマが蘇るから無理

作中で解決すれば大丈夫

タコピーは読めてる(肯定されてないし解決しそう)

 

普段漫画を読まないか漫画の探し方が全然からない

話題になったものをちょろっと読むくらい

オススメ教えてください

 

追記

マンガ喫茶ついた!

ありがとう

動物のお医者さんは昔お祖母ちゃん家にあったな

人の見分けがつかなくて挫折してしまったけど同じ作者のおたんこナースは好き

こっちはなぜか人の見分けがついた

面白かった漫画に加えておく!

あとウェブ漫画は帰りの電車で読む!

リンク貼ってくれてありがとう

 

追記

結局正直不動産読みきれなくて終わっちゃった

ウェブマンガも読むよ

ありがとう

2022-03-16

痛ヒヨー痛ヒヨー背骨カツレタヨー

サッパリ眠レヤシナヒノテ頭モマタ耳鳴リテイカレソウテス

 

シスレ治シ体操シマシヨウ

ソレカラ暖カクシテカラタヲ締メ付ケナヒ着物を着テ寝テナサヒ

漢方薬ハトウテスカ

2022-03-14

ジャンプの『あかね噺』はこのままだとヤバい

期待してたんだけどかなりヤバいと思う。

展開があまりにもストイックすぎる。本当に落語だけやっている。リアルすぎる。

落語界なんてリアルに接写したら高齢化したシケまくった伝統芸能世界しかない。

落語を軸にしつつももっと読者が楽しくなる展開積んでいかないと高速打ちきりだと思う。

 

あかね噺がロールモデルにすべきはやっぱり『アクタージュ』で、あれは演技の天才美人だけど難しい家庭事情友達ゼロ目標ゼロだった夜凪が役者スカウトされる。

最初は打ちきり臭がしてたんだけど流れ変わったのはいわゆる「糞映画編」で、若手俳優たちと一緒に安っぽいデスゲーム映画に出演した夜凪がそこで衝突したりしつつ最終的に一目おかれて友達が出来て、打ち上げで同年代役者達に色々構われてTシャツに寄せ書きされたりしながら花火やって肉を食べる。

それを見てる読者は楽しい嬉しい気持ちになった。

 

演劇大事だけど、友達ゼロで粗食人生だった主人公の成長やサクセスや肉食べて美味しい!や、そういうの見て読者も楽しくなったり嬉しくなったりする。 

 

 

あかね噺はそういうのが弱すぎる。

父親理不尽破門されて、落語が好きで、雌伏しながら訓練重ねてはじめての寄席成功させた。

 

それはいいんだけどそこで弾ける感情が弱すぎる。あかね普通に喜んでるだけ。それを見ていた若手落語家のお兄さんも普通にうまい!ってびびってるだけ。ちょっと前に会っただけだからそりゃそうだが。

カタルシスが弱い···。 

 

あかねの才能の破格さを語る前に実力者キャラが出てきてもっとすごい落語を見せた。まあ年上の本職だから当たり前だよね。

って、これ三話でやることか? 

 

落語に対して真摯ストイックなのはわかるけど。 

もうちょっとさあ、あかね凄さを立てるターンだと思うよまだ。

もっといえば、いきなり本職の世界に入門するより高校学生生活やったりしてもいいと思う。

女子高生制服着物羽織ってるビジュアルがよかったのにいきなり普通着物になってどうする···。

あとなんかおっさん着物は悪くないのにあかね着物だけ線が下手に見えるのはなぜだろう。動きが派手だから

ちゃん衣装用意してポーズ撮影して資料にした方がいい気がする。 

 

 

レゴラッソの人の絵好きなんだよなー

リアリティライン絶妙にちょうどよくてさ。

この絵の女の子かわいい

本当に成功を祈ってるんだけど今のところ嫌な予感がする硬派過ぎる展開が続いている。

ちゃんとしてればいいってもんじゃない。 

 

あとさー、女の子主人公な時点でBL的な人気はつきにくいんだから、序盤に出てくる宿命ライバルっぽい若き天才はあのお兄さんじゃなく浮世離れした天才少女(でもあかねの才能を認めててあかねのことが大好き)だと思うよ。

天使じゃねーか!って?そうだよいいんだよ成功したパターンはなぞれば。オレゴラッソ先生画力個性があればちゃん差別化して別のキャラになるから

 

あとオレゴラッソ先生の明確な弱点は女の子の横顔。すごい変。一旦誰かうまい人の真似した方がいいレベル

 

まあとにかく両先生には頑張ってほしい。マジで応援してるから

2022-03-10

anond:20220310115849

浴衣場合自装だと思うけど、夏場でもあるし、そこまで普通は強い補正しないんだよ。

普通の胸サイズで尻もでかくなければ、寄せ上げなしの和装ブラで胸下に汗取り兼用の薄いタオル入れるぐらいで十分だし、動画とか本とかもそこまでの巨乳は想定してない。

しろ浴衣なのにガチガチ補正するのは野暮よねって意見もあり、知らずにそのまま着ると胸が帯にのっかる萌え絵着付になっちゃう人もいると思う。

あと、この件でみんな誤解してるけど、胸を強調すると下品から補正するのではなく、「着崩れてくる」って物理的な問題があるんだよね。

着物ってストレッチが効いてるわけでもなくダーツがあるわけでもなく、直線裁ちの布を体に巻きつけて帯で固定するって構造になってる。だから、体に凹凸があるとどんどんグズグズに気崩れてくる。

江戸時代とか明治初期ぐらいまではグズグズに着てる人もいたらしいけど、それは下層民というか「半尻出してるギャル」とか「ノーブラで出歩くババア」みたいな立ち位置だしね。

というか昔はブラジャーがないので、胸の肉は脇とかにどんどん流れて「巨乳」にはならない。浮世絵なんかでもお椀型の大きい胸っていないと思う。ここ数十年で日本人の平均のブラサイズは飛躍的に大きくなってるのだけど、これは、栄養状態が良くなったのとまともなブラジャーする習慣がついたのとが大きい。

2022-03-04

発売日にいそいそと買って読んだBLと、がんばって少しずつ読んでる非BL

ボーイズラブアンソロジー Canna』vol.82

 偶数月の末日頃発売。電子版は基本的に翌月の10前後に発売なのだが、今回は4日発売と、いつもより早かった。今回も私の推し作家・座裏屋蘭丸先生はお休みだ。ひぃん。しかし『Daria』で連載中の『コヨーテ』が佳境なので仕方ない……。再来月まで待てがんばる……。

 そして今回は前号で最終回を迎えた、『 鴆(ジェン)  天狼の目』(文善やよひ)の記念特集が紙本版にはドドンと入っているはずなのだが、電子版には文善やよひ先生コメントまでひっくるめて一切掲載されていない。悲しい。なんでそんなに電子派を冷遇するの……。Canna公式Twitterによれば、特集記事のほかに各鴆シリーズの第1話も一挙再掲載されているらしい。

  鴆シリーズ獣人鳥人ものという、BLの中でも特殊ジャンルではあるけれども、とても漫画の上手な作家さんの描いた漫画で読みやすいので、BL初心者ジャンル不問で漫画好きの人におすすめ個人的に好きかと問われると、微妙なのだが……(単純な好みの問題)。

 ということで、 鴆特集電子派の私には読めないので、それ以外の掲載作の感想をば。


ブランクコード』第1話(サノアサヒ)

 新連載きた! バンドマンBL主人公性的トラウマ持ちでしか感性が周囲とズレていて浮きまくる系の人。ゆえにすっかりメンヘラに成長しており、おそらく攻めであろうバンド仲間(ベース担当)に面倒を見られてなんとか生きてる感じ。

 1話目なのでなんとも言えないが、バンドマンBLというと『ギヴン』という超人作品存在がよぎるので、チャレンジャーだなと。


『ヤクマン♂』(アオネ)

 去年の暮れ辺りに完結した『ヤクヨメ♂』のスピンオフ作品。ヤクヨメ♂の攻め・いわおの子分的な人のツレが主人公タイトル主人公職業漫画であるためにバクマンみたいになったようだが、かといって主人公ちゃん漫画稼業に励んでいる描写があるわけではない。カップリングが替わってもなお、作者の例のあの性癖てんこ盛りに盛った内容である。まあ幸せそうでなにより♂♂♂

『さかさまのマーチ』(柴田文)

 読み切りパン屋×米屋幼なじみBLエロはない。ピュアラブ系。絵柄が『この世界の片隅に』のこうの史代先生的なふんわり系で、ストーリーにも尖ったところはない。最初から最後まで可愛くほわほわしていた。たぶん、二次創作しかBLを知らない人の漠然と思う「BLってこんな感じ」に近いんじゃないかと。なごむ。


逃避行じゃあるまいし』中編(タクアン)

 逃げる相手を追うのが好きな男×逃げ癖のある男。あ、攻め受けこれで合ってるかな?

 前編から間が空いてしまったので、どんな話だったっけな……。出来れば短い話は毎回掲載されるといいんだけど、BL読みにおいては短気は損気だ。

 絵柄がリアル寄りでがっつりと大人の男同士のゲイものって感じ。

 フラッととんずらをこく方もこく方もだが、昔とった杵柄とコネ相手の居場所特定してくる奴もだいぶヤベェ。もはや犯罪だし。でも追う方からターゲットはびびりながらもちょっと嬉しそうに見えたらしい。うん、それって幻覚じゃないかな。



『積み木の恋』第3話(漫画 黒沢要/原作 凪良ゆう)

 今となっては一般ジャンルでも大人小説家BL小説家でもある凪良ゆう先生の人気作品コミカライズ版。世間知らずの坊っちゃん医者×詐欺師

 毎度思うけど、凪良ゆう先生小説は大部分が心理描写に費やされているし、分かりやすくてノリのいい文体が魅力なので、それを絵で見せられてもなぁ……という感じ。いくら上手い絵でも。凪良ゆう先生小説が好きだが『積み木の恋』は未読の私としては、ただ原作を読みたくなるだけ。凪良ゆう先生を全く知らない人が読んだらどう思うだろうな? 一読してスルーかな。

 まあ、コミカライズ担当漫画家が悪いんじゃなくて、いくら出版不況小説が売れないからってこんな企画立てちゃう編集部がよくないんだ。

 

『 鴆(ジェン)』特集は冒頭に書いた通り電子版には載っていないので、省く。

侵略! 宇宙猫チャン!』第7話(元ハルヒラ)

 ゲイカップル・いまぢとほづつみの家に猫に擬態した宇宙人のサンが転がり込んできて、地球侵略の為の情報を得るためにいまぢとほづつみの暮らしを観察しているという話。

 痴話喧嘩回。今回はサンの出番が多くてよかった。自転車をこぐいまぢの後頭部に貼り付いているサンの後ろ足がとってもキュートサンは中身が宇宙人なだけあって人の心を解さないかと思いきや、人間の夜の営みをガン見で観察した結果、恋愛アドバイスができるまでに成長してしまった。すごい猫だ。釈迦に説法感のあるアドバイスだったけれど。

 ラストの引きが強い。これは続きが気になるぞ……。


『ジャルディニエの愛した毒花』第14話(椛島リラコ)

 旅人×猫耳獣人旅人のオルは癖の強い城塞都市国に入国するなり引ったくりに遭い、無一文身元不明人になってしまう。なり行きで働くことになった、猫耳獣人ばかり売っている娼館で、美しい娼夫アコニと出逢う。

 ハーレクインのような美麗な絵とストーリーしかBLである意味がもはやなくないか? というほどに娼夫達の見た目が女性的。

 今回はあまりストーリーに進展がなかったな……。オルが重大な決断をしただけで(それが「進展」というやつなのでは?)


BLACK BLOOD』第7話(琥狗ハヤテ

 サイボーグ×人間酸素濃度のやたら高い星に来た元軍用サイボーグが、植物調査研究をしている人間の護衛だかお守りだかを担当する話。

 もはやハードボイルド可能性はすっかり消し飛んでしまった……。人の心を薄くしか持っていないサイボーグが、ワンコキャラ人間に恋してしまい、誰が見てもほわほわと浮わついているという話。これは温かく見守るしかない……。正直、もっと渋いのを期待してたのだが。山なしオチなし意味なし略して「やおい」まさにこれ。


『嘘つきな愛を買う』第6話(ポケラふじ子)

 オメガバース作品政略結婚人身売買中間みたいなカップルなんだけど、買った方の攻めは受けの事を好きなわりに受けの愛を信頼してはおらず、買われた受けの方は実は真っ直ぐ攻めを愛している。猜疑心故に素直になれない攻めと、惚れた弱みで腹を割って話すことが出来ずに攻めの顔色をびくびく窺い続ける受けの、ディスコミュニケーションぶりが、読んでて非常に辛い。

 現代的な人権意識家庭内の前時代的な価値観による閉塞感のギャップえげつない。ていうかこれ完全にDVじゃん。受けの人全力で逃げて!

 ……と思うんだけど、逃げねんだよなぁー。それでも攻めを愛してるからってよー。

 そんな古風なストーリーなんだけど、今回は実在の最新型避妊薬「インプラノン」が登場する。えっこれもう認可されてたっけ? と思わずググってしまった。マッチ棒くらいの長さの筒の中にホルモン薬の仕込まれ避妊薬で、二の腕の皮下に埋める。三年くらい避妊効果が続く。飲み忘れリスクがないので、99%くらいの確率避妊効果があるそうだ。

 そんな文明の利器を受けの人は良かれと思って攻めの人と相談せずに独断使用してしまう。そしてそれが新たな修羅場を生む。

 あのさぁ、そんだけの行動力があるなら事前に攻めの人とよく話し合おうよ。とも思うけど、攻めは攻めで支配欲と嫉妬の塊で受けとの約束をあっさり覆してくるやつなので、話し合ったところで受けにとって良いような流れには、ならないんだなあ。

 今時こういうストーリーはただ只管に辛いばかりなのだが、このギチギチに古風なDVカップルがどのように軟着陸するのか(Cannaからバドエンではない、と信じたい)、興味はある。

スリピングデッド』第9話(朝田ねむい)

 『嘘つきな愛を買う』のDVカップルでがっつりテンションを落とされた後で、今度は陽気に? サバサバしたディスコミュニケーションカップルのやつですよ。ゾンビ佐田×マッドサイエンティスト間宮日常BL

 前回、一泊温泉旅行(+一泊)にて、恋バナで盛り上がった佐田間宮佐田の独特な恋愛観……実は世間一般でいう所の恋愛というもののべたべたしているところが苦手で、それよりセックスの出来る友達くらいの距離感で人と付き合えるといいなと思ってる(間宮と付き合いたいとはミリも言っていない)……を聴いた間宮は、じゃあセックスしよう(もう友達から)と提案(という名の強制)をしてきて、佐田ピンチ

 『スリピングデッド』上巻のレビューには「受けの間宮がだいぶ無理。これで萌えろと言われても」的なことが書かれていがちなのだが、主人公佐田にとっても間宮はかなり無理だったというのには笑った。正直に「たぶん無理……」と言ってしまBLの攻め様ってどうなのw

 そんな佐田に好かれようと一生懸命間宮がとても可愛かった。まだ3月なのに可愛い受けオブ・ザ・イヤーが来てしまったぞ大変だ。思いがけない佐田の行動にびびった時の間宮が、死ぬほど驚き怯えた時のハムスターみたいに両手を胸の前で縮こめて目を見開く姿が可愛くて可愛くて可愛くて可愛い

 一方、佐田はといえば間宮がツンツンしまくりながら無茶な要求暴言暴挙をぶつけてくるのに案外律儀に応える体でいて、最終的には首尾よく間宮丸め込んでちゃっかり自分の身を守り切るところが、学校先生って感じだった。お前そういうとこやぞ……。

 もはやゾンビ物とは? って感じのストーリーで今回は特に息抜き回色が強かったが、次回からはどう話が転がって行くのだろうか。ずっと間宮純愛ネタばかり描かれる訳じゃないだろうし。もうすでに単行本1冊ぶんくらいの分量は書かれたわけだし。既刊が「1巻」ではなく「上巻」なので、あと1、2話で完結して下巻が出るか、1回くらい休載して中巻が出るかかな。

 男同士でがっつりド派手に致しているところが見たい人には物足りないんだろうけど、大人恋愛漫画としてとても面白いので私は好きだな。

以上でCannavol.82の感想はおわり。



長野まゆみ偏愛耽美作品集』(長野まゆみ編)

概要

 耽美SF少年愛BL小説家長野まゆみ先生が十代の頃に心ふるわせた珠玉小説随筆詩歌のなかから耽美入門に相応しい全26作を精選。全作品長野先生コメント付き。巻末に解説もあり。


 目次を見渡すと錚々たる顔ぶれに眩暈がするけど、幻想文学好きは必ず履修する作家ばかりだ。

 が、私は現代幻想小説はわりと好きなんだけど(長野まゆみ先生のほか、川上弘美先生金子先生今村夏子先生とか)、明治昭和前期の幻想小説はあまり得意ではないんだよなあ。三島由紀夫は『潮騒しか読んだ覚えがなかったし、泉鏡花戯曲海神別荘』しか読んでいないという体たらく。なお内田百閒は開始十行で寝落ちした。

 そんな私が、いくら長野先生ファンからって、本作品集を買っても最後まで読み切れるのか、甚だ疑問だ……。

 では、頑張って読めたぶんだけ。

孔雀』(三島由紀夫

 トップバッターからパンチの利いた人選でやばい

 遊園地で二十七羽ものインド孔雀が殺される事件があって、その重要参考人富岡の家に刑事が訪れる。富岡はただ前日に公園孔雀達を長時間眺めていたというだけで犯人ではなさそう。だが富岡家の応接間の異様さと、壁にかけられた美少年写真のことが、気になってしま刑事だった。


 冒頭を数行読んで、長野まゆみ先生文体がよく似ていることに驚いた。もしも著者名を伏せられたまま読んでいたら、長野先生が書いたものかと容易く信じそう。文体が似るほど三島由紀夫に影響を受けていたとは。『潮騒』を読んだ時は、似てるとは思わなかったけどなぁ。

 かつては美少年だったことを誰にも信じて貰えないほどに老いた男が、孔雀の羽の輝きに魅せられる。(孔雀の羽の色は色素で染まったものではなく、羽の構造が光を反射したものなので、永久劣化しないのだ。)何者かの起こした事件により、孔雀の美を完成させるには死が不可欠だと気づいた男は、自分こそが事件犯人ではないのかと妄想をし始める。

 ラストシーンは男の美への執念が具現化したみたいでぞくりとした。

『蔵の中』(横溝正史

 雑誌象徴』の編集長・磯貝が出勤すると、先ほどまた蕗谷から電話があったという。蕗谷というのは筆書きの原稿を持ち込んだ美少年だ。日頃からどんな無名作家の書いた作品でも必ず目を通すことにしている磯貝は、さっそく蕗谷の小説『蔵の中』を読み始めた。

 冒頭は蕗谷の自伝風で、亡き姉との思い出を書き綴ったものであった。だが、姉の死後に蔵の中に独り引きこもるようになった主人公とある楽しみを見出だした場面から物語は思わぬ展開に……。


 『偏愛耽美作品集』のどこら辺が「偏愛」なのかといえば、美少年が登場するものばかりをピックアップしているところで。さすが長野先生なだけあって。

 無名作家小説『蔵の中』と現実出来事交錯し、やがて殺人事件真相を描いてゆく、と見せかけて……。という現実虚構入れ子状になっていてしかもその境界曖昧な感じ。長野まゆみ先生の『左近の桜』に受け継がれているよなぁ。

 蕗谷が女装にハマって鏡の前で表情を作るシーンがとくに印象に残った。

美少年』(岡本かの子

 山の手に生まれ育った令嬢のとく子は、眼病の治療のために下町病院へと入院する。その病院の近所には時春という下町っ子でぽっちゃりめの美少年が住んでいて、しばしばとく子を遊びに連れ出すのだった。

 縁日の夕にも時春はとく子を呼び出し、つれ回した。あまりの美しさにどこへ行ってもモテモテで人気者の時春がわざわざとく子を連れ回す理由は見栄のためと、とく子は見抜いていた。とく子の令嬢然とした着物姿を見せびらかすために時春は彼女の手を引くのだと。そこに本心からの労りや思い遣りはない。

 時春はとく子を火事現場の跡地に連れ込んだ。「君にほんとうのことを聴いて貰う」と時春は言うが……。


 顔が美しいのが唯一の美点の少年。美しい顔はそのままで素顔ではなく見栄の一部となってしまい、その口から出てくる言葉の全てが人の気を惹くための嘘っぽくなる。美しい顔というのは実は醜い顔と同じく異形の一つなのだ

 時春の見栄っ張りを女の子の目敏さで見抜いてしまうとく子だが、時春の美貌の下に隠れた本当の孤独の寂しさには触れようとしない。そんな憐れな話。

 ラストシーンで、時春の本心ちゃんととく子が見抜いていたというのが明かされるのが切ない。なんかこれじゃ、時春死んじゃってよかったみたいじゃん……。



はぁ、まだあと23作品もある……。これを私はあと何百年後に読み終わるんだろうか。しか岡本かの子の次は泉鏡花だし。開始数行でうっ、苦手かも……と思い、もう数日放置している。

2022-03-02

仮に日本戦争状態になったとして

廻り全部海じゃん。どこにどうやって逃げたらいいんだろ。

空港とかさ、それこそ一網打尽じゃん。

海…船?フェリーもなんか…今更wifiもないフェリーに乗ったら目的地つく頃には戦況変わってそうで怖いじゃん。沈むし。

田舎田舎疎開すればいいのか?

代々受け継いだ着物大根を交換して生きていくしかないのか?

anond:20220302111857

じゃあこういう日本人強制収容の話とか

日系アメリカ人一家秘密だった強制収容、物置で発見された着物から明らかに

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-60506738

シベリア抑留の話なんかも全面的に当然そうあるべきと増田は考えているってこと?

僕はそうは思いません(あばれる君

国民一人一人が、尊厳を持って生きられる社会否定すんのは違うと思うで

2022-02-28

anond:20220228181039

中田敦彦は、物事に興味を持つきっかけにしてくださいね~間違い指摘してくださいね~この動画が深く調べるきっかけになったら嬉しいです~みたいなこと言ってるのに

「間違った点があるためYouTubeチャンネルをBANしろ」みたいな内容で袋叩きにするのがインテリ

間口を広げて裾野を広げればジャンルの衰退は防げるのに、新参者を袋叩きにして着物業界のように衰退するのがインテリ

京都一見さんお断りの店みたいな姿勢なのがインテリ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん