「法学部」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 法学部とは

2020-05-27

  明治時代日本人大数学者である高木貞治の解析概論は、わたくしも東大法学部に在籍していたとき調布の自宅で

   読んでおりました。高木自体典型的日本人大数学者ということで当時の東大生の界隈では、ぜひ読むようにとのことで

人気が高かった。

2020-05-26

 これからは、犯罪者日本人(超絶激臭膣で、しかも黒い女)を流行らせたいというのが本音から平成15年東大文Ⅰ採用組に

明治天皇昭和天皇がたくさん入っていたが、これらを犠牲にし、その結果、2008年に厚労省次官が「白い犬の犠牲のかたき」として

自宅で惨殺されるという最悪な事件があったことも認めたくないから。

   平成20年に平成15年採用組の女の子から虚を突かれ、東大の力を使われ、国家が悪であることを全国的に発表されたこ

関東の黒膣が殺されたことがとにかく40代以上の老害世代にとって相当都合が悪かったから今でも東大法学部本音では30代を死刑にしたいと思い狂っている。

東大法学部卒業生委員会佐藤かいうクソ男

  平成時代平成時代で、明治昭和みたいな素晴らしいことは他の世界存在し、そこに参加した者が

 東大文Ⅰ採用されていたし、平成15年採用組は、本郷法学部存在すら知らなかった

平成17年以降に、法学部教授どもが、よってたかって悪い判例を教材にして授業をしていたが、刑法西田典之佐伯仁志

は善良な教授でいまどき法律勉強はしなくていいと言っていたが、刑訴法の川出、行政法太田匡彦などがクズ定期試験

最悪だったこと、民法商法も滅茶苦茶で中身はレックに任せていて内容がないのに試験が厳しく授業料をふんだくり

実質訓練は司法予備校に任せて教授が授業をしない傾向が平成18年以降激化、

    東大法の当時の授業を信用して首席卒業した同輩は財務省に行ったが仕事意味がないことに発狂退職して国際弁護士

  一部の成績優秀な女も「法学部でやったことは役に立たない」として発狂した女もいるし

   東大文学部卒の高橋まつりはブラック会社に殺されて自殺

   そういう事情が何も分からない昭和ゴミが  平成平成ものを書くことは他で流行っており、東大法学部自体が最悪だったこ

     そして自分平成もっとも素晴らしいことが流行っていた時期に、ずっとアメリカに逃げていて東大法学部にはおらず2012年になって帰ってきて

  宮崎県で散々悪事をした東国原安倍晋三評価しこれから地方時代などといい、開成から東大法で、団藤重光を知ってるくせに

   悪い超絶激臭膣がほしいと思い狂っている始末。平成時代の30代が犠牲になったことにはめもくれない。犯罪組織東大法学部死ね

anond:20200526001137

増田には毎日東大法学部怨霊も出てるくらいだから別になんともおもわない

ちなみに昭和天皇崩御したときにゃ高校ラグビー決勝戦が突然中止になったぞ

サッカーもだっけか

2020-05-25

東大法学部民法2部でくもえもん事件大審院判決解説を受けたが気持ち悪かった

   なぜに当時の法学部民法教授がこんな明治も終わった頃の大正に出たババアパンツみたいな判決重要判決として紹介したのか分からないが

教授はこの判決を至高の判例かのように解説していたが、カタカナだし、長いし、センスがないし無内容だし、当時の学部生は誰も興味がなかった

   本当に素晴らしい大審院判例は、明治28年頃に、公開されていない無数のテキストの中にあるが、平成18年の法学部がそれを用いて講義をせず

民事でも行政でも刑事でも、もうカスになった頃の判決例を用いて講義をしていたのが問題

 意味のないことをされて多くの平成学部から今でも恨まれているし、現在の新司法試験制度ロースクール制度も、最悪だしで、平成の文才から放火大学院」などと

のしられ、ぶちきれられて消えた。

http://www.sekidou.com/articles/cases/dt030704.shtml

桃中軒雲右衛門事件

大判大3・7・4刑録20輯1360頁, 大正3年(れ)第233號 著作權法違犯竝附帯私訴ノ件

第一審・東京地方裁判所、第二審・東京控訴院

判決

公訴私訴上告人島口與茂作 (當35年)同松村忠三郎 (當48年)同春城源之助 (當44年)同神田新平 (當30年)同板倉五郎 (當39年)同佐藤源七 (當32年)辯護人播磨辰治郎〃長島太郎江木 衷〃松澤九郎〃佐藤重之私訴被上告人リツチヤード、ワダマン

著作權法違犯被告事件竝之レニ附帯セル私訴事件ニ付大正二年十二月日東控訴院ニ於テ言渡シタル判決ニ對シ各被告ハ上告ヲ爲シタリ因テ判決スル左ノ如シ

原院公私訴ノ判決ハ共ニ之ヲ破毀ス

被告與茂作、新五郎、新平、忠三郎、源之助、源七ハ各無罪

押收物件ハ差出人ニ還付ス

私訴被上告人ノ私訴上告人ニ對スル請求ハ之ヲ棄却

私訴費用ハ被上告人ノ負擔トス

2020-05-24

大学理学部数学科特許庁が嫌いだった

  内容が高度すぎて、少なくとも日本人にはできないから。

   東大法学部で開講されていた特許行政判例も読むのが苦痛だった。日本人にはできないことが相当書いてあるから

    少なくとも明治昭和の一時期にはバカ日本人をズタズタにしたらんと思って理学部数学科特許行政流行ったのだろうが

  冷静に考えたら日本人にできるわけがないものを相当含んでいるから嫌いだった。

   

実際に安倍誹謗中傷されているのか?

答え:安倍誹謗中傷されている。

とりあえず簡単確認できるものでもいくつか挙げられる。なお、強調は筆者によるもの

安倍に言いたい、お前は人間じゃない。たたっ斬ってやる!」

法政大学教授山口二郎

https://www.youtube.com/watch?v=mifhF05u9AA

安倍歴代首相もっとも愚か論理的に考える能力が著しく欠ける。バカほど恐ろしいことはない」

立教大学特任教授金子勝

https://www.youtube.com/watch?v=FlwpzxvpyY4

参議院の審議で、安倍首相専守防衛にいささかの変更は無い、戦争に巻き込まれることは絶対にない、と断言に次ぐ断言を重ねていますけれども、もし彼が言っていることが彼の本心であるとすれば、法案理解していないバカ、ということになります。また、もし、法案の内容をそのように断言によって国民の目をごまかそうとしているのであれば、それは嘘つきということであります

専修大学教授法学部教授東京大学元副学長日本学術会議会長・廣渡清吾

http://oshidori-makoken.com/?p=1423

バカか、お前は

SEALDsメンバー奥田愛基

https://www.nicovideo.jp/watch/sm27014038



それと、まあ、リテラ

今年はサイコパスぶりさらエスカレート2019年安倍首相がついた真っ赤な嘘とインチキまくりLITERAリテラ

https://lite-ra.com/2019/12/post-5177.html

ブコメ基本的にはサイコパス路線同調していて、タグに「嘘吐き」や「サイコパス」をつけているやつも見かけるのだけど、まともなブコメも少しは見られる。

aa_R_waiwai 前々から思うんだが、嫌いな相手精神病よばわりしながら、一方で差別反対を語るのは、それこそ(あえて使うが)「サイコパス」ではないだろうか。そして、そんな紙面に文句もつけない自称反差別の徒たち。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/lite-ra.com/2019/12/post-5177.html


他にブコメでも例示しようと思ったけど、「バカ」サイコパス」「嘘吐き」という3単語なら、タイトルに「安倍」とついていてたくさんブクマを集めているものを見れば、頻出なので省略。

それと「実際に嘘吐きサイコパスなんだから、そう言われるのはしょうがないだろ」とかはてサ人達は思うかもしれないけど、本当のことでも名誉毀損になるから気をつけようね。

もっとも、私人私人ではなくて、公人私人から実際に訴えられることはないけど、公人からどんな言葉を投げかけてもいいわけじゃないよね。

これから東京大学法学部 中央官庁が人気を得るのは厳しい

 なぜなら、今のご時世に、契約書 商法 民事訴訟法 特許行政 といったもの日本人女の子から魅力をもたれるのは難しいからだ

   仮に明治時代最初から始めようとしても、女の子から、無理です、と言われるだろう。

   当然、今はできるわけもないことをやっているから、やらない夫がやっているふりをしているわけだが、やる夫からしたらやらない夫がしていることは

最悪すぎて我慢ができない

   国はやることもできず、やっているふりしかしてないということで、誰からも人気がなくなり、爆発して誰も関わらなくなった

     もう誰も東大法学部が人気があった時代のことを覚えていない

東大法学部が終わったという主張

 

    明治昭和の最盛期の東大法学部は終わっていないが、最後の方の枯れていて調子こいていた男やくそじじいがやっていた

ゴミが終わっただけだろ。東大法学部図書館霞が関書庫封印している、最盛期の東大法学部は終わっていないし

    終わったのは平成東大法学部、もしくは、平成

2020-05-23

https://anond.hatelabo.jp/20200523200641

   団藤重光の墓に寄付する  大江橋総合法律事務所高橋和之弁護士寄付する 東大法学部法文1号館の法学部図書館の維持費として寄付する

        明治時代昭和時代の亡くなった裁判官行政官の具体的個人の墓に寄付する  昭和時代に素晴らしいことをしていた様々な人の墓に寄付する

    平成時代Z会添削指導者をやっていて現在病気療養中の先生寄付する 亡くなっていればその人の墓に寄付する

       色んな方法が考えられる

   いづれにしても、犯罪組織安倍政権からもらった金に価値はない。国民はその10万円を奪い取ったら、既になくなった価値のある人の墓に寄付するべき

     自分で使う権利はない

anond:20200523105955

でもさ、東大法学部を出て公務員になるやつの数が減ってきてるじゃん。昔は大蔵省が人気ナンバーワンだったそうだけど、今じゃ外資系民間企業が人気ナンバーワンだそうだぞ。

あと、地方公務員非正規雇用の率がどんどん上がってるぞ。

それと、公務員は実はサービス残業が当たり前。なんせ天下の公僕だからな。(公僕=おおやけのしもべ)

 俺はもともと、俺などと言う人間ではなく、わたくしとか、私という人間だったが、平成18年に東大法学部刑訴法の川出の講義

試験対策中に、川出が買えと言っていた腐れ刑訴法判例集我が国刑事訴訟の真の姿だったとずっと誤解していて

  その試験対策中、もともと脆弱文系女子だったのに、いつのまにか自分のことを俺というようになった。

   井上正仁などが選定した東大出版会の刑訴法判例集はとにかくそ文体気持ち悪く内容も最悪で、色狂いの脆弱女性器たる

平成日本人文系女子には受け付けなかった

   東京帝大ないし東大法学部において真に素晴らしい刑事手続き法の判例を書いていたのはもう大昔のことだが、東大法学部悪人の男の陰謀

そういう素晴らしい判決集は東大法文1号館のエレベータ付近にあるひっそりとした法学部図書館の中に封印されてしま

   東大法学部自身が、自分が本当によかった時代テキスト封印した。このため平成時代東大法に行った文系女子にぶちきれられ暴発して終わった

     平成18年の東大法ではクソ男やじじいの嫌がらせで、もう具体性や精彩さがなくなった時代判例ばかりを見せていて文系女子から嫌われていたし

当時の東大法は法学教育をなんら実施していなかった。

    当時文Ⅰ採用された人はZ会予備校などで活躍した日本人ばかりだったが、せっかくそっちで文才を磨いた奴らに対し、法学部陰謀

法律教育につなげなかった、その結果、今のような最悪な政権が出来上がった。

    平成15年東大文Ⅰ選抜組に対し、その文才を生かし、明治時代戦後20年ないし昭和50年代ばりの法律教育実施していれば可能性はあったが

当時いた東大スタッフがそれをしなかった。

警察行政法流行った時代

   警察の男はとにかく醜悪から警察行政法明治帝国憲法においては特にそのような法はなし)が、明治時代

終戦後に一時期流行り、警察のようなゴミをどうにかできるならと、東京帝大ないし東大法学部から警察官僚になるのが人気だった時代が130年前や60年前に

あった。しかし、昭和40年以降、悪が勝って裁判所警察も都合のいいような仕事を開始したため、日本人気持ち悪がられ、東大法学部から裁判官

警察職には人気がなくなり、段々と司法試験国家試験の人気もなくなってきた。それ以降はずっと腐っていて最悪

https://anond.hatelabo.jp/20200523013041


     されんぞ。決めるのは東大法学部卒の警視庁警察庁背広組から交番警官が余計なことをしていたら交番警官

処分される。また、嫌がらせによる110番通報があった場合には虚偽通報その他の罪でした者が処罰される。

2020-05-22

厚生労働省事務次官はなぜ殺されたのか

  https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8E%9A%E5%8A%B4%E7%9C%81%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%AC%A1%E5%AE%98+%E6%AE%BA%E4%BA%BA&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=2ahUKEwiAwZ6QzMfpAhWDF6YKHUB9DXMQ_AUoAnoECBYQBA&biw=1366&bih=580#imgrc=unymbkciKwNxMM

    いずれも東大法学部卒だ、吉原昭和30年という一般に厚生労働行政が素晴らしかった時代厚労省に入省している

もう一人の方はもうだめになっていた昭和40年入省だ、そして、いずれも厚労省トップ上り詰め年金局長などをしていたのは昭和50年代の話で

  平成に入り二人とも退官している。そうすると、二人ともかろうじて平成時代昭和を引き継ごうとして真っ白い犬の保護を手掛けていたものと解される。

      殺害した小泉毅は、おそらく、この二者が、平成20年に昭和を棄てて、支配していた白い犬を犠牲にしたボスとみて殺害したとみられる。要するに真っ白いものを見捨てたからだ。

法は好きだけどお前は嫌い

  なぜ俺が東大文Ⅰに受かり東大法学部に行ったかというと、昔の法が好きだったからだ

    明治と、戦後20年と、戦後30年の東京昭和50年代の法は、俺の本音に一番合致

  やりたくてたまらんかった奴だ。俺が担当したい法は社会にはない。

    もっと死ぬほど内容があった奴。あれがやりたかったができなかったか東大テロった。

  昭和栄光東大法学部工学部から事務次官に進んだ家で事務次官が息子の英一郎を殺害して懲役6年を

喰らっていたり、昭和統計学の傑物、飯塚幸三が暴走していることから、もう何もかも終わったのだということが

洞察できない時点でカス

      昭和ゴミになったのではなく、犯罪者のせいで消えた。金もない。この島は終わった

昭和時代になんとしてでも東京大学法学部に入りたかった人が多かった理由

   日本人は要するに、本質的に、超絶絶対凶悪色狂い激臭脆弱女性女の子から

     昭和天皇はその点に着目し、戦後憲法に内容を容れ、日本人の徹底改善を図った

   そのために、当時は満天下の秀才トンキン大学法律学部に集まるもの相場が決まっていた

     しかし、平成トンキン法学部が、日本人とはそもそも本質的凶悪犯罪者の色狂い激臭脆弱女性女の子という発想を捨てたために

   人気も妥当性もなく恨まれて消えた。平成トンキン大学法学部教授日本人本質が分かっていれば話は違ってきたが、平成18年頃のトンキン法の教授

 日本人に関して何も考えていなかったか学生から人気がなくなった、ゴミ

2020-05-21

東大法学部は偉いよ

  舛添、前田黒川、熊澤など凄まじい男どもを怒って卒業させている

ボボかんじんの工学部では女の子飯塚にすぎない

  東大法律学部は、明治戦後復興期に、一般警察警部補以下の階級は醜いから、法律を使ってそいつらを絶対に統制するという

趣旨の話があった時は共感され、警察行政裁判検察事務に携わる者が多かったが、昭和40年にトチ狂って止めてしまい、

   裁判所も、警察官を優遇するようになったため、東大法学部から国家という進路は相当昔から人気がない

    明治昭和の昔は、国家には東大からもっと素晴らしい人材就職していたが、もう相当前から改悪されていて、何もいいところは残っていない

    昭和時代は当然金よりも価値のあるものがたくさんあったが、現在法治国家は金をとったら何も残らないか

   金銭価値が絡めばクソどうでもいい法律はどうにでもなると信じられていたが

     平成20年に東大法学部生の男がブログで文科局長脅迫したという虚偽事件警察カス男が事件を作ったことに対し

  当時裁判担当した小池勝雅が東大生の被告懲役2年を言い渡し、平成24年にカス埼玉県警に対し、同じ東大生が業務妨害したこと

  に関して、東大生を実刑にしたバカいたこから、法も金も最悪極まりなく人間のクズ過ぎて人気がなくなり、消滅した

  昭和57年に現在帝京大学法学部教授武藤春光とか、ああいう知恵のある文才がたくさんおり、全国の多くの司法試験受験生

   司法修習生死ぬほどやっていた時代裁判官になることには価値があったが、今のように、背景も中身もないゴミしか

     公務員裁判官にいないから、当然のように人気がなく消滅した

     戦後復興期や  昭和50年代なら、裁判所もありだったが、今はゴミクズしかいないので文系なのに頭が最低できもすぎて誰も寄り付かなくなった

平成18年の東大法学部教授陣は当時文Ⅰ合格した文系女子にとって最悪な人間ばかりだった

  憲法第一部の石川健治気持ちの悪い授業をする腐れ男だったということは誰でも記憶しているだろう

他方、駒場で法ⅠⅡを担当した高橋和之口述から聞き取れたのは「わたくしが司法試験合格した頃は、紙に書いて勉強しておりました」

法律勉強は紙に書いてしなければいけないと思います」程度のことで他のことは何を言っているのか聞き取れなかった。すでに耄碌していたか

900番講堂を教授が出るときに他の学生から慰労されるように待遇されていた。憲法第二部も高橋担当したが本郷の大講堂で何を言ってるのか

聞き取れなかったが定期試験自体は悪くなかった。

 刑法第一部の佐伯仁志は学生の間でも東大法でまれにみる善良として人気が高く昭和時代司法試験を目指した高齢の老人も駒場の900番講堂に来ていたが

佐伯女性的で講義も手抜きで学生から優しいと人気が高く駒場のひとけのない教室にバッグを置いてから駒場東大前駅を出て、付近にあるらしい家に帰っていた。

 刑法第二部の西田典之は、こんなポカポカした日に刑法なんぞというもの勉強しなければならないのはまことに不幸なことであります、そこの前列で筆記している君

などといい、女衒という言葉を黒板に書いたりして教室から出るとき学生から質問されるなどしていた。

  

 東大法学部悪人の男の教授が暗躍を始めたのは平成18年から平成17年までは文系女子に全てがうまく行っていて問題なかったが

平成18年3月に西田典之刑法第二部の定期試験を受けている最中に、俺がブログで、ネコニャイキの掲示板同級生東大法学部生を中傷したとかで

授業を担当していなかった行政法太田匡彦から東大法学部学生懲罰会議に呼ばれ、あの昭和のクソ男にでかい声で怒鳴られた。反省文を書いてもらうとか言われたが

書いた反省文があのクソ男に気に食わなかったようで、「こんなもんな、反省文の体をなしてないじゃないか」という怒号。まさに人間のクズだった。

 俺の弟が東京大学合格したため、平成18年春に調布アパート引っ越しから世の中が激変した。まず、5月の秋田県での米山ごうけん殺害事件

  平成18年から何もかもが狂った。

   平成18年に、刑事訴訟法定期試験対策のため、川出が読むように指示した東大出版会で井上正仁編纂刑訴法判例平成17年からずっと読んでいたが、

岐阜呼気事件判決にしても高輪グリーンマンション事件判決にしても文系女子にはただの黒い文字の羅列にしかみえず、理解できない上にその内容が悪質で、実際には

まらなくて何度も刑訴法判例集をアパートゴミ箱に投げつけた。

   平成19年に留年し、春から再び東大本郷近くのアパートに移って、行政法民法商法などの試験対策のため、教授内田貴から読めと言われていた民法Ⅰ~Ⅳ

や、塩野宏くそまらない「行政法」という基本書に騙されて、腐れた時期の民法商法行政法文章我が国の法の内容だと騙され定期試験の準備をしていた

最中に、平成18年夏ごろから運営が開始された増田悪人から中傷されてその後最悪になり

  平成20年10月にはもう世の中の全てがパニックになっていて平成は終わった

2020-05-20

anond:20200520215854

黒川弘務検事長本心に迫る  検察庁「定年延長」法案への見解

・著者 大川隆法

・定価 1,540 円(税込)

四六判 256頁

・発刊日 2020-06-05

※当サイトでは5/20から随時発送しま

在庫 アリ

・発送日目安 1~3営業日

・通常配送無料 詳細

数量:1 カゴに入れる

渦中の黒川氏とは、どんな人柄の人物なのか?

いかなる人生観や信念を持っているのか?

メディアには決して出ることのない本心に迫り、

いま、国民が知りたい検察庁法改正案を巡る

問題真相を読み解く。

検事としての本懐を、忘れることはない」

◇氏を検事総長にすれば安倍政権にとって有利に働く?

 定年延長と出処進退についてどう考えているのか

◇「桜を見る会」「河井前法相夫妻」

 「森友・加計問題」「ゴーン逮捕」――

 検察から見た事件疑惑真相

検察官としての正義安倍政権に対する評価とは

■■ しゅ・ご・れい守護霊】 ■■

人間潜在意識のことで、あの世から地上にいる人を守る過去世の魂。タテマエではない本音を語る性質がある。

■■ 黒川弘務の人物紹介 ■■

1957年~。検察官。東京都出身東京大学法学部卒。1983年検事任官。東京新潟名古屋青森等の各地方検察庁勤務のほか、法務省要職を経て、2011年より、政治家との接点が多い法務省大臣官房長、法務事務次官歴任

2019年、東京高検検事長就任し、20202月に定年を迎える予定だったが、安倍内閣が「検察庁業務遂行上の必要性」を理由に、定年を半年延長する閣議決定をした。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん