「相談」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 相談とは

2018-01-21

anond:20180121165017

とりあえず卒業した大学キャリアセンター相談するんだ。

あとはサークルの友人だとかなんかとか人脈を頼るんだ。

国立より私大のが上回る要素である「人数」が生きるのがこういう局面だぞ

anond:20180121143737

どこか良い相談先ないかな。

相談して対処聞いてもすぐにはじっこうできないかもしれないけど、ここで書くより口に出して誰かに聞いてもらうほうがすっきり度が高いかもしれないし、ついでに相談できたら良いように思う。

anond:20180121142118

日常会話だと確かにいねぇ。はてなや他の掲示板への書き込み場合なら「ただの愚痴なんだけど、実は、、、」で話が始まってくれたら他の人に分かりやすいと思うかな?

 

元増田は、共感欲しいだけなのか相談なのかを判断しづらい話は、家族恋人相手ならともかく、他人には困るだけってわかってるだけでも十分偉いので、あとはその使い分けだけだと思う。

anond:20180120165046

現状の解決策にはならないけど、男女の産み分けに話が何故か限定されてるが原則的には出生前診断とそれに基づくアレをどこまで認めるかという話なので、それをしたいと思うことは不自然じゃないし法的にどうすべきかは議論がされてるし、倫理的にどうかも色々だいじな問題だし、で少なくとも一方的糾弾されるような発想ではないと思います。大げさに言えば人類全体で葛藤すべき問題

一応大きい病院で「遺伝カウンセリング」とかそういう感じの部署があったらこういう問題(実際にどのくらいありそうなのかとかも)の相談ができるところなので調べてみてもいいかも。実際にどのくらいありそうか、というのは遺伝性があるはあるけど他の要因も大きいから、パッと思うほど罹患可能性が高いわけでもないよみたいなこともあるので

https://anond.hatelabo.jp/20180120145050

おまえがそれを仕事と呼んでいないのならなんかつまらんことで業務が滞ったり個人的感情業務が困難になる状況を予測できない無能だということになるぞ

マニュアルに書いてあるとおり、契約にあるとおりを守って仕事がなんでもうまくいくとか思ってはいないだろうとは思うけれども

いまだに名刺一枚あれば取れたはずの大口受注があったのにという名刺管理CMがあるとおりお問い合わせ窓口から相談するより

呼び出せる決裁権に近い人間バイパスできるほうが効果的で、それを業務としている会社もある

そんなもの必要ないのにルート営業名刺も交換することがない会社名刺管理をしてるのも無駄だろうし人間関係とりもつ人間

せまい会社必要いかもしれない

社長裁量でそういうやつがそこにいるのだとしたら、それは仕事必要からおいてるんだろう

仕事、できてんぞそいつ

anond:20180120145050

これ、ブコメ軍は騙されてマジレスしてってけど、ぶら下がってるトラバ見たら分かるけど

私は男に媚びてるだけの同僚を軽蔑してます、言うてる、相談悪口だよね

自分正当化しながら人格否定とか悪口言うの、よくある手だ

自称コミュ障って、単に性格悪いだけってのもあるあるだわ

いかけてた作家プロになりたいなーと思ってる

こういう話はこういう場所に放流するのが美しいだろう。

同人時代からいかけてた作家プロデビューした。
もうエロ漫画描いてくれないのかと思うと少し寂しい。
というのは聞いてうれしい話だがこれは「それを夢見て、そうならなかった」場合の話だ。

筆者は10年以上前とある漫画家志望出会った。
出会ったといっても一方通行だ。
その頃ハマってた漫画の、二次創作サイト管理人
二次創作もやっているけど、オリジナルのほうがメインで、漫画家を目指してるということだった。
あの人は当時高校生
作風王道ファンタジーで、本編こそなかったが、キャラクターが生き生きと魅力的で
とにかく、応援したい追いかけたいと思えるエネルギーを持っていたのだ。

キャラの活きの良さに違わず、本人もかなりアグレッシブだった。
一定の人を惹きつける力は確かにあって、自分みたいな熱心なファンもよく付いていた。
が、二次創作方面やらかしたり、閲覧者から投稿をイジる毒舌相談コーナーとかをやっているうちに傍若無人ぶりが某所の住人の目につき、早い段階で専…持ちになってしまった。

不安になったかもしれないが、良い作品を描いて人格に難があるなんてよくある事だろう。
尖った漫画家になって作品ねじ伏せてくれればこっちは満足だと思う。

事実あの人は不屈の精神を持っていて、
何回サイト閉鎖しても、
飽きっぽいのにでかい企画立ち上げて運営しきれずに逃亡しても、
こっそり復活して活動してたはずがトレパク発覚して干されても、
まだ、、呆れたものだが、まだ何かを描いて人に見せるのがやめられないような人だ。

今もちゃんと見られる場所活動してるし、
やっぱり熱心なファン一定数ついている。
でも相変わらず本編はないのだが。

なんで何回も消えてるのにそんな事知ってるのかなんて言わせないでほしい。

どうせ今残ってるのは同じような奴なんだろう。
ただ痛い人を見たいだけの奴が10年も同じ人間を追いかけるか?今何してるか分かったのは有り難かったけどやめるべきだ。彼らも、自分も。期待なんてするだけ無駄だってとっくに分かってるはずだ。

一時は漫画専門学校に進学し、出版社に持ち込みをして担当がついたのだ。
でもそれもなんか仲違いしたとかどうとかでいつの間にかなくなっていた。

あの人と学生時代に仲の良かった声優志望のご友人は元気だろうか。
サイトで連載してる漫画アニメ化したら声を当ててくれよな!」
ってバクマンみたいな約束していたな。バクマンも始まる遥か前だけれど。
「でもWeb漫画アニメ化するなんてあるのかな」
って言ってたの当時はアホだなぁと思ってたけど、ツイッター一コマ漫画ですらアニメ化する時代、本当に来たぞ!
趣味ででもコツコツ連載してさえいれば今頃当ててたかもしれないんだぞ!

分かっている。そんな事は本人が一番悔しく思ってるはずだ。
昔の日記をしつこく覚えてる自分マジで気持ち悪い事もだ。
でも、今からでもオリジナル漫画(トレスはなしでな)、描いてはくれないだろうか。
マンガアプリで3話ぐらいまで上げてそのままの作品はあったけど。
いい加減満足いくまで本編を見せてくれないだろうか?

ここまで何もなきゃ、漫画家の夢は諦めたと思うのが普通だと思うが
最近また一度見てしまったのだ。
ファンであろう人に「プロではないのか」と聞かれた時に
「なりたいなーとは思ってる」って答えてたところ。

「なりたいなー程度の気持ちでなれると思ってません。絶対なってやります

って昔は言ってたんだけどね。

いじめっ子を見返すとも言ってたし。

この日記に何の意味もないけれど、こういうバカな読者予備軍も世の中にはいたのだという事で、一笑に付されたい。

引っ越さないことにした

もうすぐ更新だけど、引っ越さないことにした。

不動産屋のカウンターで1時間くらい相談に乗ってもらって決心できた。

通勤時間はかかるけど、もう少しこの部屋にいよう。

不動産屋さんには繁忙期なのに申し訳ないことしたな。

anond:20180121022015

そんな相談先があるんだ。

知らなかった。ありがとう自分も調べてみる。

障害福祉相談所というところに行ってみようと思う。

小説家の、萱野葵という人の寄稿を読んだ。

自身発達障害に気づかず、生きずらさを抱えたままバイト転々とした話だ。

何気なく読んだものの、たぶんこの話は私にも当てはまるところがあるぞ、と感じた。

私も「そのスペックで、何故こんな簡単なことができない(わからない)のか」と、よく怒られるからだ。

言い訳をするなといわれるし、けして理解はされないと思うけれど、できていないんじゃなくて、まだやっていないが正しい。

たぶん、私は作業の順番や内容の受け取り方が、かなりの確率で人と違っているのだと思う。

それから雰囲気空気を読みながら、適当に(この適当がやっかいだ)作業することも苦手なのだと思う。

これも言い訳がましいが、逆に言えば空気を読みすぎて動けなくなる。そして、適当って何。

やったらやったでお前のやり方は間違っていると怒られ、やらなかったらやらなかったで何故できないんだと怒られる。どうしたらいいのか。

かにもいくつかあるが、今の職場で働いていると、概ねこんなことで頭がいっぱいになっている。

自分の中では、あれもこれもと考えて仕事しているつもりなのだが、他人からはさぼっているように見えてイラつかれたり、「おどおどするな」とまた怒られる。

決して、働きたくないでござるではない。むしろ、めちゃくちゃ働きたい。

現に以前の職場では、しんどいことも多かったけれど働くことが楽しかった。

そこでは、例えば「〇時までに○○が必要」という明確な終点けが決まっていて、指定がない限りやり方は自由だった。

仕事ができているという自信も、少しだけあった。でも今の職場ではボロクソな上、人間としても無能すぎて、どうかと思い始めてきた。

好きだった読書も、漫画ですら目がすべって内容がよくわからない。映画は2時間集中できなくて見れなくなった。学生時代考察サイト書いてた私と同一人物とは思えない。

そこへきて、先の記事である

私が甘えているだけなのか、さぼっているだけなのか、何か原因があるのか。

甘えているだけ、さぼっているだけだと確定するのも怖いな。もしそうだったら、ちゃんと働ける日は来るのかな。

いきなり病院ハードルが高いので、とりあえず話だけでも聞きに行ってみる。

2018-01-20

anond:20180120165046

ここでそんな長文書いても仕方ないだろ専門家相談しろ

いきなり語りだすからホントビビる

anond:20180120102046

おお。偽装請負問題切り込む?

偽装請負の一番目の問題って知ってる?

経歴詐称

オッケーウェブとか知恵袋にも経歴詐称させられてるっていう相談結構あるよ。

そういう俺も、経歴詐称させられた。

たぶん企業側も経歴詐称してるのわかってる。わかっていながら知らん振り。

もし、本当にわかっていないと言うなら、そんなの白痴だよ。

心霊写真とか心霊動画とかああいうのを手放しで信じちゃうような。

杖をついて立っていた妻が突き飛ばされ、怪我が悪化しました。警察に突き出せば良かったと後悔してます

昨日の帰宅時、札幌市営地下鉄東西線宮の沢行きでの事。

ぎっくり腰の妻が地下鉄に乗った際、座席に空きが無かったので仕方なく出入り口付近の手すり(ポール?)に寄りかかって手すりと杖を頼りに立っておりました。

乗り込んだ駅から走行中、どういう訳かひとつ隣の扉の方が近い位置から、2人ほど突き飛ばしながらこちらに向かって来た女性が、妻と扉のわずかな隙間に妻を突き飛ばすように割って入りました。

妻は杖と手すりに体重分散してようやく立っていられる状況でしたが、その女性は割って入った後も妻をずっと押し続け、妻は相手に「ちょっと痛いんですが」等と3度ほど訴えたのですが全く無視され、挙句に寄りかかっている手すりから突き飛ばされる寸前になってさすがに私も見ていられなくなり、相手の肩を掴みんで押しのけたところ、無言のまま更に全体重を掛けて押し返してきました。

私は堪らなくなり「杖ついてるだろうが!」と声を掛けたところ、ようやく押し返すのを止めましたが、このせいで妻のぎっくり腰悪化してしまいました。

相手方は(恐らく)わざとでしょうから、一度も顔も向けません。

この相手西28丁目で降りていきました。

この女性は一体何の為にわざわざ遠くから杖をついている人間を突き飛ばし、更に怪我人に体重を預けるような嫌がらせを続けたのでしょうか。

せっかく治りかけたもの悪化し、今日病院に行かなくてはならないかも知れません。

あのまま捕まえて警察暴行で突き出せば良かったのにと本気で後悔しています

今日病院に行くような事になれば、被害届を出せないか相談しようとも思ってます

子宮病気なんだけど

今のところ結婚の予定も妊娠の予定もないのに薬を一日2回毎日飲んでる

一応二十代前半 彼氏ナシ

せめて保険の効く薬ならいいのになと思う

いつ産むかも分からない、産むかどうかも分からない未来のために毎月少ない収入から薬代を払っている

自分自分の薬代を払う余裕もないから、というのもあるけれど、

この国ほんとに子ども産んでほしいのかな、ともちょっと思う

それと自分病気だと分かって、友達に言ってみて「治るといいね」って言われたのも結構衝撃だった

別にの子を責めるつもりはないし、私だって病気だと聞けばまず「治ればいいね」と思うだろう

でもこの病気、治らないんだよね

正確には治るんだけど、病気の箇所を手術で取り除くか、妊娠するかしかない

幸い手術をしなければならないほどの病状ではなかったけど、手術するってことは子どもが産めなくなるってことでもある

自分が人の親になる自信があるかと言われたら正直不安だし、妊娠を望む恋人がいるわけでもないけど、私と同じ立場で自らその権利を手放す勇気がある人はそんなに多くないと思う

そうして私も薬を飲み続けている

面倒くさがりなので毎日きちんと同じ時間には飲めないし、飲み忘れることもある

最初ピルだったけど、それでも子宮が痛いのと生理がつらくて、違う薬に変えてもらった

それでも子宮は時々痛む

診断されたのが一年と少し前

いつも薬をもらうだけだから、そろそろもう一度病状を診てほしいけど、何となく言えずにいる

生理がつらいって言ってる人は病院に行くべきだってツイッターでも時々見かけるけど、本当にそう思う

私は薬の影響で生理がこなくなって、生理特有ストレスはなくなった

この先どうなるのかな、という不安はめちゃくちゃあるけれど、あのストレスから解放されたのはかなり快適だ

ツイッターで「生理痛がつらい」とか書き込んでいる人を見ると、生理に一人で悩まされるよりはお医者さんに相談してみてもいいんじゃないのかな、と思わずはいられない

薬の影響はあるだろうがそれは私の専門外なので、病院できちんと話を聞いて相談して、その上でピルをもらったり漢方をもらったり

病気が見つかる可能だってある

(残念ながら、何も解決しない可能性もあるけど。私も病気が見つかる数年前にその経験がある)

そういえば友人は生理痛とは無縁で、まったく理解できないと言っていた

まさに「女の敵は女」になり得るのだろうなと思った。敵になるのは女だけではないけれど。

(こういうの、性別で言うのってもう差別的なのかな。性別関係なく、味方になってくれる人はいるし理解し合えない人はいますよねってことで。)

まれもった身体から

視力が悪くなれば眼鏡コンタクト必要とするのと同じように、

内臓にも個体差があるんだよね

お酒が飲めたり飲めなかったり

生理痛がきつかったりきつくなかったり

視力が悪かったり裸眼大丈夫だったり

自分にどうしようもないことと戦っている人は、知らないだけでたくさんいるのだろう

私も密かに戦っている

必要になるかも分からない子宮のために薬を飲み、いざ子どもが欲しいと思ったら投薬をやめないといけないので、今度は生理痛不妊との戦いが始まる

その前に、この人との子どもが欲しいとお互い思える人に出会ったとき、この病気のことを告げなければいけないだろう

言うタイミングも、付き合い始めてから?それってずるくないか?とか、それとも付き合う前?まだ付き合ってないのに重いって思われない?とか

そのときがくれば考えればいいのだが、夜になると時々こうしてシュミレーションしてしま

ちなみに私は裸眼なので目のメンテナンス費用子宮にかかっていると思うようにしている

コンタクト眼鏡って多分保険効かないよね?

申し訳ないけど本気で無縁なので分からない。両目1.5なので。

だけど同じように、私の病気のことは無縁の人にはすぐには理解してもらえないし、私も自分病気だって知るまで聞いたこともない病名だった。

治らないけど死ぬこともない病気からさほど気にすることはないのかもしれない。でも同じように「治らないけど死ぬこともない」ような病気の人がいたら、大変でしょう、と言ってあげたいし、そう思っていいと思う。それがどんな病気であっても。

これからは、私も病気は治るものではないのだと思って他人に接すると思う。簡単に「治るといいね」なんて言っちゃだめなんだなって思いました。気持ちは分かるんだけど。

そして今夜も子宮が痛い。

でも明日は大好きなバンドライブなので、思う存分飛び跳ねて楽しんでこようと思う。

ネット自称ブサイク多すぎない?

ネットでよく自分ブサイクすぎて辛い的な話を聞くが、意外と自分の顔の何がどうブサイクなのか説明してる人は少ないように思える。

同様に、イケメンブサメンの話は沢山有れども、フツメンについて語られる事も少ない。

故に思うのが、ネット自分ブサイクと言ってる人達の半分くらいは、実は中の中か中の下ぐらいの、努力次第で改善余地ガチブサイクに比べれば何倍もあるフツメンじゃ無いか

ヴァニラみたいに学生時代イジメで自信を持てなくなったタイプもいるだろうが、殆どは楽だしメリットが多いかブサイク自称してる、又は思い込んでるんじゃ無いか邪推する。

ちなみに、自分ブサイク認定して得られるメリット

自分欠点を全部顔と、顔面差別をする環境世間のせいに出来る。

②※ただしイケメンに限る代表される、女は例外無くイケメンに弱いという思想によるスムーズな女叩きが可能になる。

③世の中は顔(+α)なんだと主張する事で努力のもの否定や、何かしらの成果を出した人を顔が酷いの一点でボロクソにけなせる。

相談スレ等で自身の詳細を語らず、主に自分の顔がいかに酷いかだけ言っておけば楽に同情してもらえる。

思い付くだけでもこれだけある。

大学生とき月経前症候群と診断された。

婦人科では漢方ピルどちらにするか考えておいてくださいね〜と言われた。大学生だったのでお金のこともあるしと両親に相談した。

母は、とりあえず漢方使ってみてだめだったらピルにとりかえてみればいいんじゃない?と。

父は、ピル?!妊娠できなくなるじゃないか!と言った。まさに開いた口が塞がらなかった。娘が、月の3/4も頭痛めまい吐き気のどれか一つ以上に悩まされて薬を処方してもらおうかというのにそれか、と。むかついたので、婦人科でもらった薬のパンフレットを穏便に手渡したところ、何で俺に渡すの?これ関係ある?と。いやぁほんとびっくり。

婦人科系の病気や症状って、知ってもらうことが本当に難しいんだなと感じた一件

2018-01-19

親の教育がクソで死ねって思って爆死寸前に

俺の親は共働きだった。

父親公務員

母親事務


俺は小さい頃からロボットみたいにいうことを守ってきた。

門限を気にし、起床時間、親の言う事、親の価値観を気にしてきた。

守らなかったら、怒声を食らった。

から怒鳴られ、旅行先で怒られ、俺はいつも怯えていた。

もちろん、ムカついてもいたが、守っていれば褒められたので、

嬉しいときもあった。


親は世間には良いかっこして、悪く思われないようにと必死だった。

気に食わないことが在ると、世間を見下すことによって自分たち肯定していた。

俺もその「相手を見下す」方法でもって叱られた。

自分の考えをバカにされ、「今のお前にはわからない」と言われてきた。


親は口癖だった。

「好きにすればいいじゃん。」

「好きにすればいいじゃん。」


何を言っても同じだから、悩みを相談たことは一度もなかった。

そして俺は好きに生きなければいけないという価値観に縛られていた。



もう一つ口癖があった。

「人様に迷惑をかけるな。」


ならいうだろう。でも、言われた俺はもうよくわからなかった。

迷惑をかけず、好きなことをするなんて、できなかった。

親のいう人様なんて9割自分たちのことだ。

親に迷惑をかけずにできる好きなことなんて、オナニーぐらいだった。


親は「お金が無くても幸せと感じて欲しい」と願って教育してきたようだ。

俺はその願いを遂行しなければいけないと思っていた。

学校はいろんな言葉を習った。

「恒産なくして恒心なし」

一定職業財産を持たなければ、しっかりとした道義心や良識を持つことはできない。)

「衣食足りて礼節を知る」

(人は生活に余裕ができて、初めて礼儀節度をわきまえられるようになるということ。)


大人になった時、俺は就職せずに社会にでた。

大多数が就職するように教育されてきただろうが、俺は違った。

就職がわかんなかったから、お金がなかった。

衣食も足りてなかった。

親の教えに沿って生きてきたが、俺は圧倒的に不幸を感じていた。


はいわばコンピューターだった。

そして、親のプログラミングで動いてきた。

親は「幸せ」に向かうように設計したつもりだと思う。

しかし、俺は不幸だった。あきらかにエラーだった。


教育に正解は在ると思う。

教育って、出してほしい結果があって、そこにたどり着かせたいからするんでしょ。

子供に限ったことじゃない。

新人教育だって、なんだって、同じ。

別にすげえ人間を育てられたら正解とかじゃなくてな。

目的を達成するかどうか。


批判したいやつが批判してくるポイントもわかるけどね。

ただ、批判したいヤツは、初めから親の言う事を守るように設計されてないんだよな。

別に珍しい話じゃなくてさ。

感情派は否定してくる話なんだよ、これ。

感情派は「スタートそもそも違うんだよ」って話してもわかんないみたいなんだ。

でも、ロジカルオナニー野郎はわかってくれるよな?


もう爆死だ。

地獄で、絶望だ。

(ちなみに爆死も、地獄も、絶望自分が感じたらソレ。

誰も他人の爆死も、地獄も、絶望も図れやしない。)

全部、嘘デタラメだった。

コード全消去だ。

色々考えたけど、こればっかりはもう無理だ。

解決できない。


だけど、地獄の世の中で、1個だけ伝えたいことがある。

親も所詮男と女しかない。


タリーズでくっちゃべってる金髪の女、

スーツ来て口臭そうなおっさん

ロン毛でタバコ臭いバーのマスターみたいなヤツ、

クラスでいけ好かなかったあいつ、

うるせえ女子

鏡の前にいる自分

そういうなんかどっからどうみても不完全な人間一人ひとりが

結婚して子供を育てて死んでいく世界だ。


ソレを思えば、ロジカルオナニー野郎にも、少しは心の余裕が持てる。

アイドルが死ななかったら

年末、ひとりのアイドル自殺をした。

それ自体別にどうでもいいことで、どうでもいいと言ったらファンからは怒られるだろうが、ここではその出来事自体重要ではない。

アイドルが死んでからしばらくして、

友達から絶縁されてしまった。

彼女とはもともとインターネットで知り合った。お互い同じアイドルが好きだった。

時期は忘れたが、いつのまにかツイッター上で相互フォローになり、リプを飛ばしあうようになっていた。

ある時開かれたコンサートで「せっかくなので会いましょう!」とDMから誘ったら、彼女は快く会ってくれた。

アイコン画像に似た、とても綺麗な人だった。

そこからコンサートの度にカフェや会場で会うようになり、ツイッターDM卒業して、LINEを交換した。

インターネットで知り合った人とのひとつの「壁」でもある、本名普段仕事

も教えてもらった。「実はこういう仕事してるんです」と恐る恐る話しを切り出すと、とても近くに住んでいて、かつ同業者であることが判明した。

そこから距離が縮まるのはぐっと早かった。オタ活動の話はもちろん、仕事恋愛についても話した。

いつだって気さくに何でも相談にのってくれた。無駄な話も同じくらい沢山した。毎日LINEを送って、たまに電話もした。

遠征先のホテルで語りあって、朝日が昇るまでコンサート映像を見続けたり、「打ち上げ」と称して高級料理を食べにいったり。

お泊りだって何度もした。実際、彼女から連絡が来なくなるついちょっと前も、一緒に旅行に行っていた。

もうただの「普通」の友達だった。

アイドル自殺したその日夜、一報を受けて送りあったLINE最後に、彼女から連絡がぱたりと来なくなった。

様子が気になって彼女ツイートを見ていた限り、すごくすごく落ち込んで、ショックを受けているのはわかっていた。

自分もそのニュースにはひどく驚き、悲しい気持ちになったが、正直彼女ほどではなかった。

それから何日か経ってからツイッターフォローが外されていることに気付いた。リプも読まれていなかった。

そういう結果になったことに、思い当たるふしが全くないようで、あったといえばあった。

例えばニュースが飛び込んで来た夜の自分ツイート彼女に送ったLINE

どんな風に声をかけていいかからず、かけた言葉すべてが彼女を傷つけてしまったのかもしれない。

今となっては言い訳しかならないが、彼女が悲しんでいる姿を見るのが辛くて、ただ元気になって欲しかった。

その気持ちは嘘ではない。

年末に会う約束は、丁重お断りの連絡が届いた。会いたくないとか嫌いとかそういう内容ではなかった。

「色々考えたけど、やっぱり今回は遠慮します」ということが書かれていた。それっきり。

インターネット出会った人と、ここまで仲良くなれるのかとずっと浮かれていた。つかの間だったが、一番の友達が出来て嬉しかった。

でも終わりは何ともあっけなかった。これが学生時代の友人であれば、嫌でも顔を付き合わせ、彼女の反応も何となくわかるものだが。

時間解決してくれるかもしれない。でも何となくもう彼女と会うことはない気がする。

アイドルが死んでしまたことより遥かに重大ではないけれど、でもよっぽど現実的で切実な問題である

あの人が死ななければ、私はまだ今でも彼女友達だったのだろうか。

先日、彼女アカウントミュートした。

フォローそのままである。

anond:20180119175021

増田感覚のほうが人としてまっとうだと思うけど、組織に長くどっぷりいると他の組織業界その他では一般的で、組織内では浸透していないことを伝えても「は?」って反応されることのほうが多い。

その組織にこれからもいるつもりなら、どうかその感覚を忘れないでいてほしい。おかしくないですかって後輩とかが相談したときに聴いてくれる存在いるかどうかで変わるものもあるかもしれないから。

アイドルが死んで

年末、ひとりのアイドル自殺をした。

それ自体別にどうでもいいことだ。

どうでもいいと言ったらファンからは怒られるだろうが、

ここではその出来事自体重要ではない。それはあくまきっかけでしかない。

アイドルが死んでからしばらくして、

友達から絶縁された。

彼女とはもともとインターネットで知り合った。お互い同じアイドルが好きだった。

時期は忘れたが、いつのまにかツイッター上で相互フォローになり、リプを飛ばしあうようになっていた。

ある時開かれたコンサートで「せっかくなので会いましょう!」とDMから誘ったら、彼女は快く会ってくれた。

アイコン画像に似た、とても綺麗な人だった。

そこからコンサートの度にカフェや会場で会うようになり、ツイッターDM卒業して、LINEを交換した。

インターネットで知り合った人とのひとつの「壁」でもある、本名普段仕事

も教えてもらった。「実はこういう仕事してるんです」と恐る恐る話しを切り出すと、とても近くに住んでいて、かつ同業者であることが判明した。

そこから距離が縮まるのはぐっと早かった。オタ活動の話はもちろん、仕事恋愛についても話した。

いつだって気さくに何でも相談にのってくれた。無駄な話も同じくらい沢山した。毎日LINEを送って、たまに電話もした。

遠征先のホテルで語りあって、朝日が昇るまでコンサート映像を見続けたり、「打ち上げ」と称して高級料理を食べにいったり。

お泊りだって何度もした。実際、彼女から連絡が来なくなるついちょっと前も、一緒に旅行に行っていた。

もうただの「普通」の友達だった。

アイドル自殺したその日夜、一報を受けて送りあったLINE最後に、彼女から連絡がぱたりと来なくなった。

様子が気になって彼女ツイートを見ていた限り、すごくすごく落ち込んで、ショックを受けているのはわかっていた。

自分もそのニュースにはひどく驚き、悲しい気持ちになったが、正直彼女ほどではなかった。

それから何日か経ってからツイッターフォローが外されていることに気付いた。リプも読まれていなかった。

そういう結果になったことに、思い当たるふしが全くないようで、あったといえばあった。

例えばニュースが飛び込んで来た夜の自分ツイート彼女に送ったLINE

どんな風に声をかけていいかからず、かけた言葉すべてが彼女を傷つけてしまったのかもしれない。

今となっては言い訳しかならないが、彼女が悲しんでいる姿を見るのが辛くて、ただ元気になって欲しかった。

その気持ちは嘘ではない。

年末に会う約束は、丁重お断りの連絡が届いた。会いたくないとか嫌いとかそういう内容ではなかった。

「色々考えたけど、やっぱり今回は遠慮します」ということが書かれていた。それっきり。

インターネット出会った人と、ここまで仲良くなれるのかとずっと浮かれていた。つかの間だったが、一番の友達が出来て嬉しかった。

でも終わりは何ともあっけなかった。これが学生時代の友人であれば、嫌でも顔を付き合わせ、彼女の反応も何となくわかるものだが。

時間解決してくれるかもしれない。でも何となくもう彼女と会うことはない気がする。

アイドルが死んでしまたことより遥かに重大ではないけれど、でもよっぽど現実的で切実な問題である

あの人が死ななければ、私はまだ今でも彼女友達だったのだろうか。

先日、彼女アカウントミュートした。

フォローそのままである。

いじめを乗り越えた「3つの掟」

これは俺の体験談だ。

俺は中学生の頃、いじめられていた。

殴られたり金を取られたり、物を捨てられたりしたわけではない。ある出来事きっかけで、友人グループから仲間はずれにされた。そこにいるのに無視された。聞こえるところで、でも直接ではなく、悪口を言われることが増えた。不名誉あだ名を付けられ、近くを通るたびにそのあだ名でヒソヒソ呼ばれたりもした。

そんなのいじめじゃないという意見もあるかもしれないが、当時の俺にはつらかった。もしかたらこのまま学校に行けなくなるかと思った。


だが俺にはそうすることはできなかった。

代わりにいじめを乗り越える3つの掟を決めた。それを心の中で唱えながら残りの中学生活を耐える道を選んだ。


1. 「人の悪口を言わない」

2. 「いじめてくる相手をとにかく避ける」

3. 「ひたすら勉強する」


1. 人の悪口を言わない

いじめてくる相手と同じことをしても意味がないと思った。悪口をこぼした人から噂が伝わって、またいじめられるかもしれない。絶対いじめてくる相手への不平を漏らさないことにした。いじめの原因となった出来事は、俺にも悪いところがないわけじゃなかった。だからそんなことをしたら余計に火がつくと思った。誰にも、何も言わなかった。親や教師相談するなんて言語道断だった。

2. いじめてくる相手をとにかく避ける

相手全員の行動パターンを調べ抜いた。どこを通って登校してくるか。昼休みはどこにいるか部活にはどのルートを通っていくか。それらを全て避けるようにして動いた。遠目に相手の顔が見えると血流がサッと冷たくなり、バレないようにこっそりきびすを返して別ルートに行く。そんな生活だった。とにかく逃げた。そして逃げていることがバレてはいけなかった。おかげで悪口を聞くことが減った。言われることが減ったわけではない。悪口不名誉なあのあだ名も、聞こえなければ言われていないのと一緒だと必死に思い込んだ。


3. ひたすら勉強する

義務教育学生最後に残されたもの勉強だと思った。他の全てを捨てたから、時間だけはたくさんあった。学校の授業を一言も聞き漏らさずに受けた。学校が終わると家でずっとずっと勉強していた。登下校以外家から出たくない。勉強だけしていたい。中学範囲をやり尽くし、高校問題集に手を出した。幸福なことに勉強の内容だけは先が見えないくらいたくさんあった。何も知らない親は、俺が急に勉強するようになったと無邪気に喜んでいた。ほどなく当たり前に成績が付いてきた。それでも心は重たいまま、頭脳けがキリキリ研がれていった。




始業前の教室で手持ち無沙汰の時間が嫌で、でも遅刻寸前になると逆に目立つから、と開始5分前に登校した。休み時間は全て寝たふりで乗り切った。始業のチャイムで目覚めるふりが上手くなった。授業が終わるとすぐに、でも目立たないようにそっと帰った。家に帰ると猛勉強した。そんな生活が続いた。

学校祭や体育祭は裏方役を選んだ。欠席すると余計に目立つからだ。同じように修学旅行も息を殺して参加した。行かなかったら負けだと思った。ただ、所属していたバスケ部は誰にも言わずにすぐ辞めた。狂ったように勉強ばかりしていたので、成績だけは相変わらず伸びていった。幸い試験の結果を貼り出すような学校ではなかったから、誰にもバレなかった。

おかげでその中学からでは考えられないような私立高校に余裕で合格した。だけど目立ちたくなかった。教師絶対秘密にしてくれと頼み込んだ。理由は言えなかった。教師は進学実績に匿名で加えるなら、と約束してくれた。

卒業式。開始5分前に行き、証書を受け取って式を終え、アルバムをもらって最後ホームルームが終わるとバレないようにそっと抜け出してそのまますぐに家に帰った。感慨はなかった。これでやっと中学生活を終えられた。いじめを耐え抜いた達成感ではなく、安堵の気持ちけがそこにあった。


高校では、1つめの掟「人の悪口を言わない」だけ守った。中学の同期が誰もいない環境で、久しぶりに仲の良い友人ができた。嬉しかった。いじめられることももうない。だけどもそんなとき中学時代自分が頭の中に呼びかける。調子に乗るな。人と関わるな。心に刻みつけた掟は、大学に行ってもなかなか消えてくれなかった。


実家の整理を手伝っていたら中学卒業アルバムが出てきて、いろいろ思い出しながら書いたら量の加減がわからず長くなってしまった。これが今いじめられている誰かの助けや参考になるとも思えない。俺も、俺をいじめていた相手も、もう大学もとっくに卒業して普通のオッサンになり働いている。別に今更復讐しようなんて思っていない。あのときひたすらに勉強たから今があると思えば感謝できるくらいだ。だけど俺は、久しぶりに集まった中学同期と「あのときは楽しかったなあ」って言いながら酒を飲むことはできない。それだけだ。

なんで男って

合理的な話しか聞けないくせに、結論オチのない話を聞けないくせにさ、いざ自分転職するってなったらキビキビ行動出来ないの?

早めに申し込まなくちゃ募集締め切られるのに、もう一週間考えてみるとか我が夫ながらアホちゃうかって思うわ。

狙い目の求人なんか一週間後にはねーよ。

グズグズしてたら皆誰かのものになるのが世の中なんだよ。

こっちは旦那に合わせて愚痴や悩みを聞かされながら家事育児仕事サクサクしてんのに、うそんき程度の悩みなら青ざめた顔で相談してくんじゃねーよ。この優柔不断の愚図男が!!

って思ったら腹が立って眠れんわ。

2018-01-18

anond:20180118232623

女性だったんか、申し訳ない。

ワイの妹は30頃に事務職になったで。

就活ときにぼろくそ言われて自殺未遂とかもあったけどな。

妹もワイも糞ニートやwww

なんとかなるから何にも考えずひたすらやってみ!

大丈夫やなんかあったらここに相談に来ればええんや^^

anond:20180118220314

どうしたんだ、相談があるなら言ってみろ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん