「三重」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 三重とは

2021-05-10

弱者男性フェミ差別やめて」

フェミA「強者男性の方が差別してるから強者男性に言え」←ソースなし

フェミB「どうせ強者男性になりたいだけ」

フェミC「強者男性に勝てないからってフェミに言うな。負け犬根性丸出し」

フェミD「オタクを敵視するフェミニストって殆ど観測できない。認知の歪み」

 

これ「派手な服着てどうせ誘ってたんだろ」とか「レイパーなんてほとんどいないんだからいちいち問題にするな」とか言って声を上げた女性を抑圧する構造とどう違うの?

特に「どうせ強者男性になりたいだけ」とか「負け犬根性丸出し」とか主張する奴は二重三重弱者男性差別してるという事実に気づいた方がいいのでは?

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/b.hatena.ne.jp/entry/4702368850467300258/comment/RIP-1202

2021-05-08

[]

𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬 - 𝐌𝐚𝐲 𝟖𝐭𝐡, 𝟐𝟎𝟐𝟏

ローカルニュースを全国に

𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬についてと、バックナンバーこちら→anond:20210507172613

長野市で「水のないいけばな展」開催

長野市北野美術館で『水のないいけばな展 in KITANO MUSEUM』が5月7日(金)から開催されている。この展覧会は今年2月東京で開催された展覧会『New Challenge Exhibition「水のない いけばな展」』とのコラボレーション企画である

展覧会では、1927年創流の流派「いけばな草月流」の家元である勅使河原茜さんの作品4点のほか、いけばなパフォーマンスユニット“座・草月”による作品3点が展示される。

草月流前衛的で型にとらわれない作風が特徴。今回の展覧会は、生花を一切使わず木材石材、着色された草などを用いて作品を創ることがコンセプトとなっている。

開催は5月30日(日)まで。



    関東圏を中心に展開するスーパーマーケットチェーン紀ノ国屋が、5月7日(金)に「紀ノ国屋アントレ広島三越店」を広島三越地下1階にオープンさせた。関東圏以外の店舗としては、京都伊勢丹店に続いて2店目となる。

    紀ノ国屋1910年果物商として創業し、現在スーパーマーケットで主流となっている「セルフサービス式」の販売スタイルを初めて取り入れたことで知られている。現在は高級志向スーパーマーケットとして東京を中心に店舗を展開し、上質さにこだわったプライベートブランド商品を多数販売している。

    巣ごもり需要により、「自宅で良い食材を楽しみたい」という需要が増えている。老舗ブランドの新たな勝負から目が離せない。




      マリーゴールドの出荷が最盛期を迎える

      三重県紀北町園芸センター「かきうち園芸」ではマリーゴールドの出荷が最盛期を迎え、ビニールハウスを色鮮やかなオレンジ色に飾った。マリーゴールドの出荷は3月上旬にはじまり5月頃に最盛期を迎えて6月まで続くという。

      マリーゴールドは暑さに強く長持ちし、新緑の頃から仲秋にかけて青い空を彩る。初心者でも育てやすく、夏の花壇を彩るためによく用いられるほか、駆虫効果もあるという。

          2021-05-06

          晩産は子どもの不幸だからやめたほうがいい

          ・30代後半は確実にアウト。

          33, 34あたりも厳しい。

          ・なぜかというと働き盛りに親の介護が舞い込んでくるから

          一家三世代が主流であった頃は、父母75 子50 孫25という年齢傾斜によって介護負担分散されていた。

          しかし晩産によって、父母75 子40 孫5という、働き盛りに出産 育児 介護が重なる三重苦が発生している。

          介護費+核家族化による祖父母×2の施設入所代、養育費が一気に重なるのは、金銭的にも厳しい。

          共働きをしなければ生活が厳しいとも言われる昨今、時間も足りない。

          さらに晩産は2人目の可能性を著しく下げる。

          少子高齢化につながるので大変よろしくない。

          さら子どもはひとりで親の介護を担うことになり、より三重苦が重くなる。

          ・というわけでお前ら、子ども負担を減らし、自分もしっかり老後を見てもらうためにも2人以上産めよ、そんでそのためにはとっとと出産準備しろ

          セブンティウイザンという漫画を読んでいて、あれはあれで感動物語で良い話だと思うんだけど、子ども20歳とき母親は90歳、その苦労たるや……と考えると賛成はできない。

          2021-05-01

          「高層物」分類学

          バカナンとかは高い所がお好き」、ということで、バカである自分は、しばらく高いもの談義、高層物談義をしようと思う

          高層「物」というのは、高層「ビル」以外が話のメーンからである

          ★高層物の定義は?これは時代文化により異なるが、とりあえず現代日本では、

           建築基準法航空法が高さ60mを超すと規制が強化される。

           高さ60m以上のマンションを「タワマン」と呼ぶ不動産屋の慣習もあるので、

           とりあえず「現代日本では、高さ60m以上を高層物という」と定義したい

          ★「高層物」を網羅的に分類した人って、あまりいないんじゃないか

           大きく5つのジャンルに分けたい。

           1.ヒトの為の高層物(ビル展望塔、アトラクション等)

           2.産業の為の高層物(電波塔送電鉄塔煙突風力発電など)

           3.交通の為の高層物(橋脚塔など)

           4.宗教的高層物(大仏など)

           5.樹木

          ★「1.ヒトの為の高層物」は、

           「1-1.高層ビル

           「1-2.展望塔」

           「1-3.アトラクション

           「1-4.アリーナ」に分かれる。

          展望塔とは、最上階の展望だけを目的として建設され、よって中間階が無いもの。例:ポートタワー。

           アトラクションの例は観覧車ジェットコースターなど。

           アリーナの例はドーム球場など。

          ジェットコースターも、ナガシマスパーランドの奴は高さ97mあるらしいから、立派な「高層物」です。

           富士急も、ジェットコースターは高層物間違いないですが、空中ブランコ鉄骨番長」は、50m台で、わずかに高層物要件満たしてないんですね

           「観覧車」というのは「展望塔」と「アトラクション」の中間性質がある。これもだいたい100mはあるから、立派な「高層物」です

          ★「アリーナ」で言えば、福岡ドームは80m以上あるらしいので「高層物」、でも東京ドームは60m未満なので高層物じゃない、的な。

           ドーム球場以外の、例えば体育館つて、高層物なのか?日本武道館で、高さ42mなのか。

           ビッグサイトで、高さ58mだからギリギリ高層物じゃないのか

          高層ビルは今回の主旨じゃないかカンタンに言うが、

           目的として「オフィス」「マンション」「ホテル」「レストラン」「病院」「役所」「大学専門学校」が日本では確認されてる。

           商業物販つまり百貨店で、高さ60m超えてるのはあるかな高校で高さ60m超えは?

          ★「2.産業高層物」の分類。

           「2-1.工場建屋

           「2-2.放送電波塔

           「2-3.通信電波塔

           「2-4.送電鉄塔

           「2-5.風力発電

           「2-6.煙突

           「2-7.エレベーター実験塔」

           「2-8.気象観測塔」、他にもあるかもしれん

          工場建屋の高さのデータって、どこかにあるのか?

           かつて、旧住金鹿島製鉄所を見学したことがあり、それは大きな製鉄所だったが、

           なので、日本のどこかに、高さ60mを越える工場建屋がある気がするのだが

          放送電波塔は、言わずもがなスカイツリーや、名古屋テレビ塔、あと埼玉NHKラジオ送信鉄塔とかある。

           通信電波塔、昔であれば、街の中心にNTT鉄塔があったが、あれは60m超えてるのか?

           ケータイ各社の電波塔は、さすがに60mも無い気がする

          ★「煙突」もバカに出来なくて、池袋の清掃煙突は200m超えてるし、いわき市の火発の煙突も高かった。ライトアップもするらしい。

           川崎とか千葉あたり、煙突の高さのデータベース無いのか?相当数が「高層物」の筈だが

          エレベーター実験塔」、日立ひたちなかにあったり、三菱稲沢に作ってたりする奴ね。国内に4~5本はあるのだろうか

          気象観測塔」というのは、つくばの200mクラスの奴を念頭に置いてたのだが、あれ解体されてしまったのね。

          国内にはそうすると、気象観測とか宇宙観測目的の高層物は存在しないのか?

          ★「風力発電」の高さの定義プロペラを支える柱の高さで測るのか、プロペラの最高点で測るのか?

           プロペラ最高点の計測だと、大半の風力発電は60mを超えて、「高層物」の仲間入りになる

          ★恐らく、日本もっとも多い「高層物」とは「送電鉄塔」じゃないかと思ってるのだが。

           50万ボルト送電線で、大体80mの高さがあり、東電幹線で500塔はあるらしいから、

           全国の「高層物」になる送電鉄塔は3000~5000はあると思うが、データが手許にない

          ★「交通高層物」、代表的なのは「3-1.橋脚塔」。

           あとは「3-2.ロープウェー鉄塔」「3-3.灯台」「3-4.管制塔」「3-5.ロケット発射塔」、他にあるか?

          明石海峡鉄塔などは、300m近くあるから文句なしの高層物。レインボーブリッジでも126mあるのね。

           三重・御在所ロープウェーの鉄塔は、高さ61mあるらしいので、ギリギリ「高層物」の仲間入りしてる

           「灯台」の日本最高って、日御碕灯台で、でも40m台でしかないらしいので、「日本国内には、高層物の灯台は無い」らしい。

           サウジアラビアには100mクラス灯台があるらしい

          羽田管制塔で115mあるのね。なんか、管制塔より灯台の方が高いイメージあるが、真逆だな。

           管制塔は、広々とした空港にあるから、実際より低く見え、灯台は狭くて高台にある岬の突端にあったりするから、実際より高く見える

          ★「ロケット発射塔」というのは、日本では種子島しかなくて、80m級なので「高層物」。

           自衛隊が、どこかにミサイル発射塔を隠しもってるのか?イージスアショアとか、60mあるのか?

           北海道大樹町ホリエモンロケットは、発射塔が60m越えないのか?

          ★「4.宗教的高層物」としては

           「4-1.塔」(一般人が入れない)

           「4-2.教会」(一般人が中に入れる)

           「4-3.大仏聖像」に分かれる

          日本で、教会で60m超えって、あったっけ?

           宗教じゃなくても、モニュメントアート作品で60m超えたら、ここのカテゴリに入る。太陽の塔とか。

          ★今までは人為的な高層物でしたが、最後に天然の高層物として「5.樹木」を挙げてる。

           日本では、京都府スギの木が、60m超えてるから「高層物」なんですよね。

           もっとも、天然のスギの樹高を、わざわざ測定することは滅多にないから、

           見つかってないだけで、他にも高層スギは多数あるんじゃないか

          ★以上、昨日の夜に自分寝床で分類した「高層物 分類学」ですが、

           多分抜け漏れが多数じゃないかと思われるので、誰か再分類して欲しいもの

          2021-04-27

          anond:20210427050834

          いや、マスコミではなく受注業者自らそう言っているんで。

          3.検品体制に関して

          緊急性が求められていることから、当初生産分は縫製工場での自社検品後、厚生労働省に納品を行いましたが、同省より、各社から調達をしたマスクの中に不良品が発生しており、検品を強化するようにとの指示がありました。当社は未配布分を全量回収すると共に、今後納品するマスクは、現地縫製工場における通常の検品に加え、輸出前の外部業者による検品さら日本に輸入後も当社社員も数十名立ち合いのもと、専門業者による検品三重の全量検品体制を敷き強化を図っております

          https://www.itochu.co.jp/ja/news/press/2020/200423.html

          2021-04-23

          anond:20210422160453

          まあ三重4月19日付で緊急警戒宣言出してて、GW期間は県外からなるべく来ないでねとは言ってるけどね

          2021-04-20

          anond:20210420123519

          お前が洗ってないミドリガメみたいな匂いのするクサマンだったとかショッカー怪人みたいな醜悪ブサイクだとかって理由であって

          男の性欲が湧かないだけだろ

          その自意識過剰ぶりからすると性格もクソだから三重苦揃ったブサイクなので彼氏としてももはや生物として認識しないんだろう

          彼氏もかわいそうに

          2021-04-10

          枕営業で思い出した

          あるまとめサイトで見た、「元夫から息子の養育費が貰えない」と妻がスレ相談し、離婚理由が「妻が会社上司相手性的奉仕を嫌々させられていた」という話。「浮気ビッチ自業自得旦那可哀想!」と叩かれまくっていて、二重三重セカンドレイプのようで気分悪くなった

          似たような話をもう一つ。語り手の男性婚約者が「会社には君が必要だ」と言いくるめられながら上司に嫌々性的奉仕をさせられたがエスカレートしかけて拒み、その性的奉仕写真を逆上した上司が語り手にメールで送った話。

          語り手は婚約者を責め、破局しかけたが結局「会社に逆らえない気持ちはわかる」とヨリを戻していた。

          でもスレ住人もコメ欄も「そんなビッチ浮気クズ女とは別れるべき!!」一辺倒で本当に胸糞悪さしかなかった。

          2021-04-08

          anond:20210408143744

          捏ねてもおいしくできる 袋破れるの心配なら三重にしな

          2021-04-01

          anond:20210331085945

          屋外掃除するマンなら桜は春の花びら、夏の毛虫、秋の枯れ葉と三重苦の樹木であると知っているはず

          あれは他人に面倒だけ押しつけて名所に見に行くもの

          2021-03-23

          アウティング禁止

          性指向暴露禁止条例を可決、三重 | ロイター

          罰則はないとのこと。

          だがどうにもモヤモヤしたものを感じてしまう。

          条例目的を「性の多様性を認め合う社会の実現」

          これが実現したら、そもそもカミングアウトアウティングも何ら問題なくなるからあくまで過渡期の施策ってことだよね。

          でも

          性的指向性自認第三者暴露する「アウティング」と、カミングアウト強制禁止する

          これって第一から限定カミングアウトを受けた『第二者』のことを基本的に気に留めてないよね。どういう意図自分カミングアウトを受けたのか、自分一人の心にしまい込むしかない。

          結果として限定的なカミングアウトしづらくなり、性的少数者は自らの指向を隠しがちになる。世間性的少数者存在ますます認知出来なくなるし、偏見という溝も埋まらないままの悪循環

          どうするのがいいんだろうな。乱暴意見かも知れないが、性的少数者にはバンバンカミングアウトしてもらって、存在を半ば強引にに社会根付かせるくらいしか思い浮かばない。

          自らの性的指向を『隠す』のと社会に『受け入れられる』のって食い合わせがすごく悪い…、というか基本的真逆なこととしか思えない。

          こういう問題マイノリティマジョリティ側に来るか(基本的性的指向は開けっ広げなものとして扱う)、マジョリティマイノリティ側に行くか(基本的性的指向は秘匿的なものとして扱う)、だと思うんだけど、社会としてはどちらを目指すんだろうか。

          2021-03-19

          日本ハム

          1 斎藤 佑樹 投手 1988/06/06 32歳 11176cm 77kg A型 右右 群馬 1,250万円

          2 杉谷 拳士 内野手 1991/02/04 30歳 13年 173cm 78kg B型 右両 東京 3,500万円

          3 王 柏融 外野手 1993/09/09 27歳 3年 182cm 93kg 不明 右左 台湾 15,000万円

          4 谷口 雄也 外野手 1992/06/01 2811年 182cm 90kg B型 右左 三重 1,500万円

          5 大田 泰示 外野手 1990/06/09 30歳 13年 188cm 93kg O型 右右 広島 13,000万円

          6 中田 翔 内野手 1989/04/22 31歳 14年 184cm 106kg O型 右右 広島 34,000万円

          7 西川 遥輝 外野手 1992/04/16 2811年 181cm 79kg A型 右左 和歌山 24,000万円

          8 近藤 健介 外野手 1993/08/09 27歳 10171cm 85kg O型 右左 千葉 19,500万円

          9 中島 卓也 内野手 1991/01/11 30歳 13年 178cm 75kg A型 右左 福岡 8,000万円

          10 清水 優心 捕手 1996/05/22 24歳 7年 185cm 89kg A型 右右 山口 2,400万円

          12 松本 剛 外野手 1993/08/11 27歳 10年 180cm 82kg AB型 右右 埼玉 2,100万円

          13 生田目 翼 投手 1995/02/19 26歳 3年 176cm 88kg A型 右右 茨城 920万円

          14 加藤 貴之 投手 1992/06/03 28歳 6年 182cm 90kg AB型 左左 千葉 5,400万円

          15 上沢 直之 投手 1994/02/06 27歳 10年 187cm 88kg A型 右右 千葉 8,500万円

          17 伊藤 大海 投手 1997/08/31 23歳 1年 176cm 82kg O型 右左 北海道 1,500万円

          18 吉田 輝星 投手 2001/01/12 20歳 3年 175cm 85kg AB型 右右 秋田 1,030万円

          19 金子 弌大 投手 1983/11/08 37歳 17年 180cm 77kg O型 右左 新潟 3,500万円

          20 上原 健太 投手 1994/03/29 26歳 6年 191cm 90kg A型 左左 沖縄 1,700万円

          21 清宮 幸太郎 内野手 1999/05/25 21歳 4年 184cm 103kg O型 右左 東京 2,200万円

          22 鶴岡 慎也 捕手 1981/04/11 39歳 19年 176cm 78kg A型 右右 鹿児島 3,000万円

          23 渡邉 諒 内野手 1995/04/30 25歳 8年 178cm 84kg B型 右右 茨城 5,500万円

          24 野村 佑希 内野手 2000/06/26 20歳 3年 187cm 91kg O型 右右 アメリカ 880万円

          25 宮西 尚生 投手 1985/06/02 35歳 14年 180cm 80kg O型 左左 兵庫 25,000万円

          26 淺間 大基 外野手 1996/06/21 24歳 7年 183cm 82kg B型 右左 東京 1,150万円

          27 古川 裕大 捕手 1998/06/19 22歳 1年 182cm 88kg A型 右左 福岡 900万円

          28 河野 竜生 投手 1998/05/30 22歳 2年 174cm 84kg O型 左左 徳島 1,750万円

          29 井口 和朋 投手 1994/01/07 27歳 6年 175cm 78kg O型 右右 神奈川 2,600万円

          30 宇佐見 真吾 捕手 1993/06/04 27歳 6年 181cm 94kg O型 右左 千葉 2,400万円

          31 村田 透 投手 1985/05/20 35歳 8年 183cm 83kg O型 右左 大阪 1,600万円

          32 谷内 亮太 内野手 1991/02/03 30歳 9年 177cm 82kg B型 右右 石川 1,300万円

          33 立野 和明 投手 1998/04/03 22歳 2年 181cm 87kg O型 右右 愛知 1,000万円

          34 堀 瑞輝 投手 1998/05/10 22歳 5年 177cm 80kg A型 左左 広島 2,800万円

          35 西村 天裕 投手 1993/05/06 27歳 4年 177cm 94kg O型 右右 和歌山 1,900万円

          36 バーヘイゲン 投手 1990/10/22 30歳 2年 199cm 106kg 不明 右右 アメリカ 13,000万円

          37 柿木 蓮 投手 2000/06/25 20歳 3年 181cm 89kg A型 右右 佐賀 520万円

          38 石井 一成 内野手 1994/05/06 26歳 5年 182cm 80kg O型 右左 栃木 1,800万円

          39 秋吉 亮 投手 1989/03/21 31歳 8年 183cm 88kg A型 右右 東京 5,000万円

          40 福田 俊 投手 1996/12/14 24歳 3年 171cm 73kg A型 左左 北海道 1,250万円

          41 B.ロドリゲス 投手 1991/07/06 29歳 4年 196cm 111kg 不明 右右 ドミニカ共和国 3,500万円

          43 長谷川 凌汰 投手 1995/11/08 25歳 2年 188cm 97kg A型 右左 福井 520万円

          44 アーリン 投手 1990/10/08 30歳 1年 183cm 86kg 不明 左右 アメリカ 8,000万円

          45 平沼 翔太 内野手 1997/08/16 23歳 6年 179cm 80kg A型 右左 福井 1,400万円

          46 田中 瑛斗 投手 1999/07/13 21歳 4年 184cm 78kg A型 右左 大分 560万円

          47 鈴木 健矢 投手 1997/12/11 23歳 2年 176cm 78kg O型 右左 千葉 880万円

          48 上野 響平 内野手 2001/04/26 19歳 2年 172cm 73kg A型 右右 大阪 530万円

          49 公文 克彦 投手 1992/03/04 29歳 9年 173cm 83kg A型 左左 高知 5,000万円

          50 五十幡 亮汰 外野手 1998/11/27 22歳 1年 171cm 67kg B型 右左 埼玉 1,100万円

          51 石川 直也 投手 1996/07/11 24歳 7年 192cm 90kg A型 右右 山形 4,500万円

          52 池田 隆英 投手 1994/10/01 26歳 5年 181cm 85kg B型 右右 佐賀 650万円

          53 R.ロドリゲス 内野手 1992/04/17 28歳 1年 183cm 81kg 不明 右右 ドミニカ共和国 4,000万円

          54 玉井 大翔 投手 1992/06/16 28歳 5年 178cm 79kg A型 右右 北海道 5,600万円

          55 難波 侑平 内野手 1999/05/06 21歳 4年 178cm 81kg B型 右左 岡山 520万円

          56 細川 凌平 内野手 2002/04/25 18歳 1年 174cm 75kg A型 右左 京都 520万円

          57 杉浦 稔大 投手 1992/02/25 29歳 8年 190cm 90kg A型 右右 北海道 3,700万円

          59 根本 悠楓 投手 2003/03/31 17歳 1年 173cm 78kg O型 左左 北海道 520万円

          60 郡 拓也 捕手 1998/04/25 22歳 5年 179cm 86kg B型 右右 東京 550万円

          61 今川 優馬 外野手 1997/01/25 24歳 1年 177cm 87kg A型 右右 北海道 840万円

          62 望月 大希 投手 1998/02/01 23歳 2年 187cm 88kg O型 右右 千葉 790万円

          63 北浦 竜次 投手 2000/01/12 21歳 4年 184cm 96kg AB型 左左 栃木 720万円

          64 田宮 裕涼 捕手 2000/06/13 20歳 3年 175cm 82kg A型 右左 千葉 530万円

          65 梅林 優貴 捕手 1998/03/14 23歳 2年 173cm 82kg A型 右右 広島 700万円

          66 万波 中正 外野手 2000/04/07 20歳 3年 192cm 97kg A型 右右 東京 530万円

          67 片岡 奨人 外野手 1997/11/16 23歳 2年 184cm 81kg O型 右左 北海道 700万円

          68 石川 亮 捕手 1995/07/20 25歳 8年 181cm 85kg O型 右右 神奈川 1,100万円

          70 今井 順之助 内野手 1998/05/25 22歳 5年 176cm 91kg A型 右左 岐阜 510万円

          91 髙濱 祐仁 内野手 1996/08/08 24歳 7年 185cm 90kg B型 右右 佐賀 550万円

          93 樋口 龍之介 内野手 1994/07/04 26歳 2年 168cm 91kg A型 右右 神奈川 520万円

          111 宮田 輝星 外野手 1997/12/02 23歳 2年 177cm 75kg A型 右両 鹿児島 300万円

          114 松本 遼大 投手 2002/05/17 18歳 1年 187cm 96kg A型 右右 岩手 260万円

          115 齊藤 伸治 投手 1998/06/13 22歳 1年 181cm 83kg B型 右右 千葉 260万円

          144 海老原 一佳 外野手 1995/09/13 25歳 3年 189cm 97kg A型 右左 東京 360万円

          148 高山 優希 投手 1998/05/17 22歳 5年 181cm 82kg O型 左左 大阪 440万円

          150 鈴木 遼太郎 投手 1996/02/18 25歳 4年 184cm 84kg A型 右右 宮城 440万円

          161 姫野 優也 外野手 1997/04/02 23歳 6年 184cm 83kg B型 右右 大阪 440万円

          オリックス

          0 勝俣 翔貴 内野手 1997/07/20 23歳 2年 178cm 88kg B型 右左 神奈川 750万円

          1 モヤ 外野手 1991/08/09 29歳 4年 201cm 117kg 不明 右左 プエルトリコ 8,000万円

          001 佐藤 一磨 投手 2001/04/16 19歳 2年 190cm 95kg AB型 左左 神奈川 240万円

          2 若月 健矢 捕手 1995/10/04 25歳 8年 179cm 90kg O型 右右 埼玉 3,800万円

          002 谷岡 楓太 投手 2001/08/29 19歳 2年 176cm 82kg O型 右右 広島 240万円

          003 中田 惟斗 投手 2001/09/13 19歳 2年 181cm 92kg A型 右右 和歌山 240万円

          3 安達 了一 内野手 1988/01/07 3310179cm 80kg O型 右右 群馬 9,000万円

          4 福田 周平 内野手 1992/08/08 28歳 4年 167cm 69kg A型 右左 大阪 3,700万円

          004 平野 大和 外野手 2001/08/07 19歳 2年 177cm 82kg O型 右右 宮崎 240万円

          005 鶴見 凌也 捕手 2001/11/22 19歳 2年 174cm 75kg O型 右右 茨城 240万円

          5 西野 真弘 内野手 1990/08/02 30歳 7年 167cm 68kg O型 右左 東京 2,150万円

          6 宗 佑磨 外野手 1996/06/07 24歳 7年 181cm 83kg B型 右左 東京 1,900万円

          007 佐藤 優悟 外野手 1997/04/02 23歳 2年 182cm 90kg B型 右右 宮城 240万円

          008 松山 真之 投手 2000/08/18 20歳 2年 174cm 78kg A型 右右 東京 240万円

          8 後藤 駿太 外野手 1993/03/05 2811年 180cm 83kg A型 右左 群馬 2,100万円

          9 大城 滉二 内野手 1993/06/14 27歳 6年 175cm 82kg B型 右右 沖縄 3,500万円

          10 ジョーンズ 外野手 1985/08/01 35歳 2年 188cm 98kg 不明 右右 アメリカ 44,000万円

          011 川瀬 堅斗 投手 2002/06/18 18歳 1年 183cm 86kg A型 右右 大分 240万円

          11 山﨑 福也 投手 1992/09/09 28歳 7年 188cm 95kg B型 左左 埼玉 2,800万円

          012 辻垣 高良 投手 2002/06/10 18歳 1年 182cm 82kg O型 左左 兵庫 240万円

          12 山下 舜平大 投手 2002/07/16 18歳 1年 189cm 93kg B型 右右 福岡 700万円

          013 宇田川 優希 投手 1998/11/10 22歳 1年 184cm 95kg O型 右右 埼玉 240万円

          13 宮城 大弥 投手 2001/08/25 19歳 2年 171cm 80kg A型 左左 沖縄 870万円

          14 吉田 一将 投手 1989/09/24 31歳 8年 191cm 96kg A型 右左 奈良 2,900万円

          014 釣 寿生 捕手 2002/06/30 18歳 1年 180cm 85kg O型 右右 兵庫 240万円

          15 荒西 祐大 投手 1992/08/25 28歳 3年 178cm 88kg B型 右右 熊本 1,800万円

          015 佐野 如一 外野手 1998/09/02 22歳 1年 174cm 80kg 不明 右左 茨城 240万円

          16 平野 佳寿 投手 1984/03/08 37歳 13年 186cm 88kg O型 右右 京都 15,000万円

          016 古長 拓 内野手 1994/08/05 26歳 1年 164cm 67kg O型 右右 福島 240万円

          17 増井 浩俊 投手 1984/06/26 36歳 12年 181cm 77kg A型 右右 静岡 20,000万円

          18 山本 由伸 投手 1998/08/17 22歳 5年 178cm 80kg AB型 右右 岡山 15,000万円

          19 山岡 泰輔 投手 1995/09/22 25歳 5年 172cm 68kg A型 右左 広島 8,500万円

          21 竹安 大知 投手 1994/09/27 26歳 6年 183cm 83kg O型 右右 静岡 1,600万円

          22 村西 良太 投手 1997/06/06 23歳 2年 174cm 76kg O型 右左 兵庫 870万円

          23 伏見 寅威 捕手 1990/05/12 30歳 9年 182cm 87kg AB型 右右 北海道 2,650万円

          24 紅林 弘太郎 内野手 2002/02/07 19歳 2年 186cm 94kg B型 右右 静岡 720万円

          25 西村 凌 外野手 1996/02/21 25歳 4年 178cm 84kg O型 右右 滋賀 1,200万円

          26 能見 篤史 投手 1979/05/28 41歳 17年 180cm 74kg AB型 左左 兵庫 3,500万円

          27 元 謙太 外野手 2002/05/17 18歳 1年 186cm 86kg O型 右右 岐阜 650万円

          28 富山 凌雅 投手 1997/05/03 23歳 3年 178cm 84kg AB型 左左 和歌山 1,500万円

          29 田嶋 大樹 投手 1996/08/03 24歳 4年 182cm 78kg A型 左左 栃木 4,200万円

          30 K-鈴木 投手 1994/01/21 27歳 4年 186cm 88kg A型 右右 千葉 1,650万円

          31 太田 椋 内野手 2001/02/14 20歳 3年 181cm 81kg B型 右右 大阪 1,050万円

          32 ディクソン 投手 1984/11/03 36歳 9年 195cm 84kg 不明 右右 アメリカ 8,000万円

          33 松井 雅人 捕手 1987/11/19 3312179cm 81kg A型 右左 群馬 2,500万円

          34 吉田 正尚 外野手 1993/07/15 27歳 6年 173cm 85kg B型 右左 福井 28,000万円

          35 比嘉 幹貴 投手 1982/12/07 38歳 12177cm 77kg A型 右右 沖縄 2,100万円

          36 山足 達也 内野手 1993/10/26 27歳 4年 174cm 76kg AB型 右右 大阪 1,500万円

          37 中川 颯 投手 1998/10/10 22歳 1年 184cm 80kg A型 右左 神奈川 900万円

          38 来田 涼斗 外野手 2002/10/16 18歳 1年 180cm 85kg A型 右左 兵庫 500万円

          39 飯田 優也 投手 1990/11/27 30歳 9年 187cm 92kg A型 左左 兵庫 1,400万円

          40 大下 誠一郎 内野手 1997/11/03 23歳 2年 171cm 89kg AB型 右右 福岡 840万円

          41 佐野 皓大 外野手 1996/09/02 24歳 7年 182cm 73kg A型 右両 大分 1,600万円

          43 前 佑囲斗 投手 2001/08/13 19歳 2年 182cm 88kg A型 右右 三重 550万円

          44 頓宮 裕真 捕手 1996/11/17 24歳 3年 182cm 103kg AB型 右右 岡山 900万円

          45 阿部 翔太 投手 1992/11/03 28歳 1年 178cm 78kg B型 右左 大阪 880万円

          46 本田 仁海 投手 1999/07/27 21歳 4年 181cm 74kg A型 右左 神奈川 500万円

          47 海田 智行 投手 1987/09/02 3310179cm 81kg B型 左左 広島 2,200万円

          48 齋藤 綱記 投手 1996/12/18 24歳 7年 182cm 89kg O型 左左 北海道 1,600万円

          49 澤田 圭佑 投手 1994/04/27 26歳 5年 178cm 96kg B型 右左 愛媛 2,100万円

          50 小田 裕也 外野手 1989/11/04 31歳 7年 172cm 75kg O型 右左 熊本 2,100万円

          52 ヒギンス 投手 1991/04/22 29歳 2年 190cm 97kg 不明 右右 アメリカ 9,000万円

          53 宜保 翔 内野手 2000/11/26 20歳 3年 176cm 75kg O型 右左 沖縄 550万円

          54 黒木 優太 投手 1994/08/16 26歳 5年 179cm 85kg A型 右左 神奈川 2,100万円

          55 T-岡田 外野手 1988/02/09 33歳 16年 187cm 100kg B型 左左 大阪 8,500万円

          57 山田 修義 投手 1991/09/19 29歳 12年 184cm 90kg B型 左左 福井 3,500万円

          58 金田 和之 投手 1990/09/18 30歳 9年 184cm 86kg O型 右右 鹿児島 1,100万円

          61 榊原 翼 投手 1998/08/25 22歳 5年 180cm 86kg AB型 右右 千葉 1,500万円

          62 中川 拓真 捕手 2002/07/17 18歳 1年 178cm 87kg B型 右右 愛知 450万円

          63 山﨑 颯一郎 投手 1998/06/15 22歳 5年 190cm 90kg B型 右右 石川 450万円

          64 廣澤 伸哉 内野手 1999/08/11 21歳 4年 175cm 74kg B型 右右 大分 550万円

          65 漆原 大晟 投手 1996/09/10 24歳 3年 182cm 85kg B型 右左 新潟 1,200万円

          66 吉田 凌 投手 1997/06/20 23歳 6年 181cm 78kg A型 右右 兵庫 1,600万円

          67 中川 圭太 内野手 1996/04/12 24歳 3年 180cm 76kg B型 右右 大阪 2,200万円

          68 鈴木 優 投手 1997/02/05 24歳 7年 181cm 83kg B型 右右 東京 950万円

          69 ロメ外野手 1988/10/17 32歳 5年 188cm 100kg 不明 右右 アメリカ 13,000万円

          95 神戸 文也 投手 1994/05/09 26歳 5年 182cm 85kg B型 右右 群馬 800万円

          98 張 奕 投手 1994/02/26 27歳 5年 182cm 86kg O型 右右 台湾 1,100万円

          99 杉本 裕太郎 外野手 1991/04/05 29歳 6年 190cm 104kg B型 右右 徳島 1,400万円

          120 岡﨑 大輔 内野手 1998/09/17 22歳 5年 182cm 78kg AB型 右左 埼玉 510万円

          123 稲富 宏樹 捕手 1999/04/27 21歳 4年 178cm 83kg O型 右左 大阪 240万円

          124 近藤 大亮 投手 1991/05/29 29歳 6年 177cm 80kg O型 右右 大阪 3,750万円

          125 西浦 颯大 外野手 1999/05/21 21歳 4年 178cm 70kg A型 右左 熊本 500万円

          127 田城 飛翔 外野手 1999/03/19 22歳 5年 179cm 70kg B型 右左 神奈川 240万円

          128 東 晃平 投手 1999/12/14 21歳 4年 178cm 83kg O型 右右 兵庫 250万円

          130 フェリペ 捕手 1999/09/04 21歳 4年 176cm 78kg O型 右右 静岡 270万円

          チーム | 全球団 | セ・リーグ | パ・リーグ | 巨人 | 阪神 | 中日 | DeNA | 広島 | ヤクルト | ソフトバンク | ロッテ | 西武 | 楽天 | 日本ハム | オリックス

          オリックス | 選手一覧 | 打者成績 | 投手成績 | スタメン | 先発投手 | 打者成績(ファー

          西武

          No. 選手守備 生年月日 年齢 年数 身長 体重 血液型 投打 出身地 年俸(推定)

          1 栗山 巧 外野手 1983/09/03 37歳 20177cm 85kg O型 右左 兵庫 17,000万円

          2 岡田 雅利 捕手 1989/06/30 31歳 8年 173cm 80kg B型 右右 奈良 3,000万円

          3 山川 穂高 内野手 1991/11/23 29歳 8年 176cm 103kg A型 右右 沖縄 17,000万円

          4 山野辺 翔 内野手 1994/05/24 26歳 3年 170cm 74kg AB型 右右 東京 1,400万円

          5 外崎 修汰 内野手 1992/12/20 28歳 7年 177cm 82kg O型 右右 青森 13,000万円

          6 源田 壮亮 内野手 1993/02/16 28歳 5年 179cm 75kg O型 右左 大分 15,000万円

          7 金子 侑司 外野手 1990/04/24 30歳 9年 179cm 76kg B型 右両 京都 12,600万円

          8 渡部 健人 内野手 1998/12/26 22歳 1年 176cm 112kg O型 右右 神奈川 1,600万円

          9 木村 文紀 外野手 1988/09/13 32歳 15年 183cm 86kg O型 右右 東京 5,000万円

          10 森 友哉 捕手 1995/08/08 25歳 8年 170cm 85kg A型 右左 大阪 16,000万円

          11 今井 達也 投手 1998/05/09 22歳 5年 180cm 70kg A型 右右 栃木 2,800万円

          12 渡邉 勇太投手 2000/09/21 20歳 3年 191cm 91kg A型 右右 埼玉 650万円

          13 髙橋 光成 投手 1997/02/03 24歳 7年 190cm 105kg B型 右右 群馬 6,700万円

          14 増田 達至 投手 1988/04/23 32歳 9年 180cm 88kg AB型 右右 兵庫 30,000万円

          15 宮川 哲 投手 1995/10/10 25歳 2年 177cm 85kg O型 右右 奈良 2,300万円

          16 松坂 大輔 投手 1980/09/13 40歳 15年 182cm 92kg O型 右右 東京 2,000万円

          17 松本 航 投手 1996/11/28 24歳 3年 176cm 87kg AB型 右右 兵庫 3,000万円

          20 浜屋 将太 投手 1999/01/26 22歳 2年 175cm 77kg O型 左左 鹿児島 1,550万円

          21 十亀 剣 投手 1987/11/07 3310年 183cm 88kg O型 右右 愛知 7,000万円

          22 スパンジェンバー内野手 1991/03/16 30歳 2年 183cm 89kg 不明 右左 アメリカ 8,000万円

          25 平井 克典 投手 1991/12/20 29歳 5年 180cm 86kg A型 右右 愛知 8,000万円

          26 佐々木 健 投手 1996/05/13 24歳 1年 179cm 87kg B型 左左 青森 1,350万円

          27 内海 哲也 投手 1982/04/29 38歳 18年 186cm 93kg A型 左左 京都 5,625万円

          28 森脇 亮介 投手 1992/07/13 28歳 3年 175cm 70kg A型 右右 京都 3,300万円

          29 小川 龍也 投手 1991/09/03 29歳 12年 182cm 85kg A型 左左 千葉 3,600万円

          30 榎田 大樹 投手 1986/08/07 34歳 11年 180cm 90kg AB型 左左 鹿児島 3,700万円

          31 佐藤 龍世 内野手 1997/01/15 24歳 3年 174cm 88kg AB型 右右 北海道 640万円

          32 山村 崇嘉 内野手 2002/09/28 18歳 1年 180cm 86kg O型 右左 東京 700万円

          33 ギャレット 投手 1993/01/02 28歳 2年 188cm 95kg 不明 右右 アメリカ 8,500万円

          34 佐野 泰雄 投手 1993/01/18 28歳 7年 177cm 90kg B型 左左 タイ 1,800万円

          35 若林 楽人 外野手 1998/04/13 22歳 1年 177cm 72kg B型 右右 北海道 1,000万円

          36 伊藤 翔 投手 1999/02/10 22歳 4年 177cm 74kg A型 右右 千葉 820万円

          37 柘植 世那 捕手 1997/06/03 23歳 2年 174cm 88kg O型 右右 群馬 1,200万円

          38 牧野 翔矢 捕手 2001/03/04 20歳 3年 178cm 80kg B型 右左 石川 600万円

          39 呉 念庭 内野手 1993/06/07 27歳 6年 178cm 75kg AB型 右左 台湾 880万円

          40 田村 伊知郎 投手 1994/09/19 26歳 5年 173cm 86kg B型 右左 兵庫 1,000万円

          41 井上 広輝 投手 2001/07/17 19歳 2年 181cm 82kg AB型 右右 神奈川 600万円

          43 吉川 光夫 投手 1988/04/06 32歳 15年 178cm 79kg O型 左左 福岡 3,000万円

          44 與座 海人 投手 1995/09/15 25歳 4年 173cm 78kg O型 右右 沖縄 900万円

          45 本田 圭佑 投手 1993/04/24 27歳 6年 180cm 80kg A型 右右 宮城 1,360万円

          46 鈴木 将平 外野手 1998/05/20 22歳 5年 175cm 78kg O型 左左 静岡 960万円

          47 松岡 洸希 投手 2000/08/31 20歳 2年 180cm 81kg A型 右右 埼玉 750万円

          48 武隈 祥太 投手 1989/11/24 31歳 14年 180cm 90kg A型 左左 北海道 2,200万円

          49 ブランド内野手 1998/06/15 22歳 1年 179cm 84kg O型 右右 沖縄 700万円

          50 中塚 駿太 投手 1994/12/26 26歳 5年 191cm 102kg B型 右右 茨城 700万円

          51 西川 愛也 外野手 1999/06/10 21歳 4年 180cm 82kg A型 右左 大阪 730万円

          52 山田 遥楓 内野手 1996/09/30 24歳 7年 180cm 84kg A型 右右 佐賀 620万円

          53 愛斗 外野手 1997/04/06 23歳 6年 177cm 92kg O型 右右 大阪 740万円

          54 ニール 投手 1988/11/09 32歳 3年 191cm 95kg 不明 右右 アメリカ 21,500万円

          56 川野 涼多 内野手 2001/06/28 19歳 2年 178cm 78kg AB型 右両 熊本 650万円

          57 齊藤 大将 投手 1995/06/03 25歳 4年 178cm 80kg A型 左左 東京 1,300万円

          58 熊代 聖人 外野手 1989/04/18 3111175cm 77kg O型 右右 愛媛 1,200万円

          59 大曲 錬 投手 1998/05/21 22歳 1年 179cm 78kg A型 右右 福岡 900万円

          60 中村 剛也 内野手 1983/08/15 37歳 20175cm 102kg O型 右右 大阪 22,000万円

          61 平良 海馬 投手 1999/11/15 21歳 4年 173cm 100kg O型 右左 沖縄 4,200万円

          62 駒月 仁人 捕手 1993/04/21 27歳 10176cm 97kg O型 右右 京都 500万円

          63 綱島 龍生 内野手 2000/01/21 21歳 4年 178cm 78kg A型 右左 新潟 500万円

          64 上間 永遠 投手 2001/01/31 20歳 2年 180cm 79kg B型 右右 沖縄 500万円

          65 戸川 大輔 外野手 1996/04/29 24歳 7年 188cm 90kg B型 右左 北海道 560万円

          66 仲三河 優太 外野手 2002/10/22 18歳 1年 180cm 90kg A型 右左 栃木 600万円

          67 粟津 凱士 投手 1997/03/01 24歳 3年 180cm 88kg A型 右右 山形 700万円

          68 岸 潤一郎 外野手 1996/12/08 24歳 2年 174cm 82kg A型 右右 兵庫 550万円

          72 川越 誠司 外野手 1993/06/30 27歳 6年 174cm 80kg A型 左左 北海道 880万円

          73 高木 渉 外野手 1999/12/06 21歳 4年 181cm 81kg B型 右左 福岡 700万円

          78 齊藤 誠人 捕手 1995/08/07 25歳 4年 180cm 86kg A型 右左 北海道 500万円

          98 ダーモディ 投手 1990/07/04 30歳 1年 196cm 102kg 不明 左右 アメリカ 6,000万円

          99 メヒア 内野手 1985/12/02 35歳 8年 198cm 118kg 不明 右右 ベネズエラ 10,000万円

          118 多和田 真三郎 投手 1993/04/13 27歳 6年 182cm 82kg B型 右右 沖縄 1,000万円

          120 出井 敏博 投手 1997/04/29 23歳 2年 185cm 75kg A型 右右 栃木 400万円

          121 赤上 優人 投手 1999/02/10 22歳 1年 177cm 81kg A型 右右 秋田 400万円

          122 長谷川 信哉 内野手 2002/05/17 18歳 1年 183cm 80kg B型 右右 京都 280万円

          123 ジョセフ 外野手 1999/03/24 21歳 1年 175cm 88kg O型 右右 三重 400万円

          124 豆田 泰志 投手 2003/01/15 18歳 1年 173cm 82kg B型 右右 埼玉 280万円

          125 東野 葵 投手 1996/11/30 24歳 3年 183cm 85kg B型 左左 福岡 400万円

          126 大窪 士夢 投手 2000/08/02 20歳 3年 199cm 96kg A型 右右 北海道 280万円

          127 中熊 大智 捕手 1996/08/27 24歳 3年 174cm 87kg A型 右左 熊本 400万円

          128 水上 由伸 投手 1998/07/13 22歳 1年 176cm 81kg O型 右右 長野 400万円

          2021-03-12

          週末だし、好きなお酒を教えてほしい。

          あなたの好きな酒を教えてほしい。

          できればつまみも合わせて。

          今も飲んでるので、自分のしょうもない酒遍歴を語る。今年30の独身の男。

          ■ 19-22歳 大学生 実家暮らし

          大学に入ってサークルの男どもとアホみたいな飲み方で酒を覚える。

          店は安くチェーンの飲み放題、酒はピッチャーで頼む!けどコールで飲むと結果、全部吐いちゃう六本木ゴミ捨て場で朝を迎えたりする。

          お酒: とりあえずビール飲んどけば大人!は好きじゃないけど。あとはジンバックテキーラ

          (焼酎日本酒ウイスキーワインは臭くて飲めない)

          23-25歳 社会人 妹と二人暮らし

          社会人になってIT系だったから飲みっぷりの良さで先輩方に可愛がってもらい、大衆居酒屋の魅力を知る。

          お酒: 1次会から3次会までずーっとビール。何リットルでも飲めると思ってた。第3のキリン濃い味デラックス買い貯める。

          先輩方の飲み方に合わせて麦焼酎ボトル入れて炭酸割りにハマる。家でも晩酌スタート

          一番好きなお酒サッポロクラシック

          ■ 26-28一人暮らし

          家で飲むために黒霧島の1.8Lパックを炭酸割りかストロングゼロ。氷はタッパーで作って砕くスタイル確立

          店ではハイボール。週3,4で安居酒屋会社の人、友達飲み会

          近くの酒屋に寄ったきっかけで日本酒にハマり色々飲み試す。

          大学生時代飲み放題で飲んでた日本酒醸造アルコールに甘い米のカスをぶち込んだ汁だと気づく。

          お酒: 今でも一番好きな酒は三重の「爾今」

          28-29 彼女同棲

          コロナが始まり在宅ワークで大好きな居酒屋飲み会に行けなくなり、絶望

          ソーダストリームをもらったので、甲類+レモン果汁で無限レモンサワー ×毎日

          初めて行ったフレンチレストラン赤ワインの旨さに気づく。

          色々好みも変わってくるなぁと。

          好きな肴は白子ポン酢とたらんぼの天ぷらです。

          みなさん良き週末を!乾杯

          避妊」「望まぬ妊娠」ってアホくさいよな

          セックスすんなよ

          セックスしなかったらいい話じゃん

          強姦されたとかだったら話は違うし、ガチで同情するよ

          でも、主体的に付き合ったりセックスしたりした結果の妊娠悲劇でも何でもないじゃん

          オマエの愚かさが招いた結果じゃん

          コンドームつけるつけないの話もアホくさい

          セックス、する必要ねえじゃん

          危ない・めんどい・疲れるの三重苦じゃん

          性的コミュニケーションが欲しいんなら、避妊グッズ買う金でオナホバイブ買って、相互オナニーでもしてりゃいいだろ

          避妊の話してる人間、全員猿だと思ってる

          恥ずかしくねえのかな

          3大欲求とか言うけど、性欲だけ明らかに雑魚じゃん 誤魔化しが効くじゃん

          食事睡眠におけるオナニー存在しないじゃん

          腹だけ膨れる食品モドキばっか食ってたら死ぬ

          カフェインなんかで眠気を誤魔化し続けてたら死ぬ

          性欲はいくら誤魔化しても死なねえ

          というか、オナニーによる性欲解消とセックスによる性欲解消に本質的な差はねえ

          人間、そんなに繊細にできてねえ

          マジで、猿じゃねえんだから妊娠して困るんならセックスなんかするなよ

          雑魚がよ

          2021-03-11

          新卒採用状況から見る日本半導体産業

          半導体業界人増田です。3月になって就職戦線が始まりましたね。というわけで、日本の主要な半導体メーカーが将来を支える人材採用戦略についてどう考えているのか、新卒採用の状況を基に見ていきたいと思います

          得に記載しない限り、情報ソースリクナビマイナビで、本体及びそれに準ずる会社についての調査します。(製造子会社等は今回の集計対象外地元に直接求人を出していたりして、採用ルート新卒一括採用とは異なるケースが多いからだ。)

          日系メーカー

          IDM
          企業名採用人数社員大卒初任給院卒初任給備考
          キオクシア201~30010,000\215,500\239,500東芝メモリ
          ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング201~3009,900\222,000\248,000ソニー半導体製造部門
          ソニーLSIデザイン101~2002,200\225,000\252,000ソニー半導体設計部門
          ルネサスエレクトロニクス101~20018,958\215,500\239,500従業員数は連結で記載。(単体の記載なし。)IR資料を見ると日本国内の研究開発人員は4200人程度と思われる。
          ローム101~2003,480\227,000\249,000従業員数は単体で記載。連結だと22,161人
          新日本無線11~151,352\215,500\239,500従業員数は単体で記載。連結だと3,110人
          エイブリック11~15984\214,000\238,000従業員数は連結で記載。単体の情報なし
          ファブレス
          企業名採用人数社員大卒初任給院卒初任給備考
          ソシオネクスト26~302,700\220,000\240,000富士通PanasonicSoC部門統合
          メガチップス6~10588\217,000\240,000

          日本最大の半導体メーカーだけあって、キオクシアの採用人数は予想通り多い。がそれよりも目立つのソニー設計製造部門を合わせればキオクシアを上回り、給与水準も高い。(さらに言えばソニー本体採用から半導体部門配属がある。)最近では関西にも設計センターを開設(台湾企業半導体部門を売却したPanasonicイメージセンサー技術者引き抜きを意図していると思われる。)、事業の拡大指向が見て取れる。ロームも規模を考えると採用人数が多いが、離職率の高さを見越してのことか?ルネサス、ソシオネクスト等のロジック系、アナログ系のメーカー定年退職等の自然減の補充分程度しかとっていないと思われる。

          外資系IDM

          企業名採用人数社員大卒初任給院卒初任給備考
          マイクロンメモリジャパン201~3004,000\312,000\340,000Micron日本法人。倒産したエルピーダメモリを買収したのが母体
          ウエスタンデジタル101~2001,000年俸470万年俸500万Western Digital日本法人。旧SANDISKについて記載
          オン・セミコンダクタ1~51,800\215,500\239,500モトローラアナログディスクリート部門が分離。三洋半導体を買収

          外資系メモリメーカーは人数・給与水準ともに景気がよさそうである。キオクシアとウエスタンデジタル、同じ工場製品共同開発しているのにどうしてここまで差がつくのか…

          一方、アナログディスクリートメインのオン・セミコンダクターは人数が非常に少ない。同じ外資といっても、製造品目で勢いが全然違う。

          ファウンドリ

          企業名採用人数社員大卒初任給院卒初任給備考
          ユナイテッドセミコンダクタジャパン6~101,032\215,500\239,500富士通三重工場台湾UMCが買収。
          タワーパートナーズセミコンダクタ11~151,920\215,500\239,500Panasonic工場3か所をイスラエルTower Jazzが買収。
          フェニテックセミコンダクタ6-10678\200,600\207,700アナログ・ディクリートメインの小規模な日系ファウンドリ

          どの会社も、企業規模を考えると採用人数が少ない。工場から現場作業要員は採用ルートが違うというのはあるかもしれないけれど。外資系に売却されているメーカーは、新規投資を絞って既存設備人員利益を出そう的な方針に見えるのは気のせいだろうか?

          全体の傾向

          採用の積極度合いは各社の主力製品によって大きく変わっている。採用人数から見る方針としては、メモリイメージセンサーが規模拡大、ロジックアナログ現状維持ファウンドリ縮小均衡といったところだろうか。過去記事でも書いてきたが、競争力を保っているメモリ系、衰退傾向のロジック系という方向性新卒採用状況から見ても間違いないようであるロジック半導体も、せめて設計の方がもっと盛り上がってくればよいのだけども...

          余談だが、筆者が就活をしていたころは半導体総合電機の一部門であることが多かったので、半導体事業部に狙って配属されるには半導体研究室の教授推薦を取ったりしないといけなかった。今の時代は専業メーカーが増えたので、『半導体業界就職する』だけなら昔よりもやりやすくなっているかもしれない。

          用語解説

          IDM: Integrated Device Manufacturerの略。設計製造販売までのすべてを一貫して行える半導体企業のこと。といってもここ10年位でルネサスのように自社の工場を持ちながら先端品はTSMC等に外部委託するファブライトと呼ばれる企業もかなり増えた。

          ファブレス: 工場を持たない設計専業の会社

          ファウンドリ: 自社で製品開発をしない、製造専門の会社

          過去

          https://anond.hatelabo.jp/20201219004424

          https://anond.hatelabo.jp/20200813115920

          https://anond.hatelabo.jp/20200813164528

          2021-03-10

          anond:20210309075044

          金隠湾から望むコンスパンティノープルはパンティ型の城壁に囲まれている。

          かつて、この都はパンティ総本山と呼ばれ世界中パンティが集まるところであった。

          すべてのパンティコンスパンティに通ずとはこのことをいう。

           

          そのパンティを守るため、時の皇帝パンティオン12世はパンティ型の巨大な城壁を築き上げた。

          パンティオンの壁と呼ばれた三重構造パンティ建築様式の枠を極めた城壁はただの軍事施設ではなく、

          いざというときには、その壁の中でパンティ生産するべく様々な職工たちが居住した。

           

          そんな職工の一人がパンティルネサンスの祖、レオナルド・ダ・パンティであり、

          彼の初期作品コンスパンティノープル城壁でつくられたものであることはあまり知られていない。

          ダ・パンティ代表USA母国帰国してから製作されたものだが、その源流はコンスパンティ時代に遡ることが出来る。

          2021-03-02

          日本建築空間』における建築百選

          anond:20210301191826

           

          増田の蛮勇には敬意を表したいが、さすがに突っ込みどころが多すぎる。

          同種の百選としては2005年新建築臨時増刊『日本建築空間』(asin:B00GUJ1HIE)がある。

          https://japan-architect.co.jp/shop/special-issues/book-110511/

          2005年なので現存しないものや非公開の私邸が含まれるけれども、優れた選出だと思うので紹介したい。

           

          古代 592-1180

          法隆寺西院伽藍飛鳥時代奈良
          新薬寺本奈良時代末期 奈良
          山寺八角763年奈良
          平等院鳳凰堂 1053年 京都
          浄瑠璃寺本堂 1107年 京都
          三仏寺投入堂(三仏寺奥院) 平安時代後期 鳥取
          高蔵寺阿弥陀堂 1177年 宮城

          中世 1180-1543

          浄土寺浄土 1194年 兵庫
          東大寺南大門 1199年 奈良
          長寿寺本鎌倉時代初期 滋賀
          西明寺本堂 鎌倉時代初期 滋賀
          熊野神社長床 鎌倉時代初期 福島
          法界寺阿弥陀堂鎌倉時代初期 京都
          厳島神社社殿 1241年 広島
          永保寺開山堂 1352年 岐阜
          東福寺龍吟庵方丈 1387年 京都
          正福寺地蔵堂 1407年 東京
          吉備津神社本殿拝殿 1425年 岡山
          慈照寺東求堂 1485年 京都

          近世 1543-1853

          妙喜庵待庵 1581年 京都
          園城寺勧学院客殿 1600年 滋賀
          園城寺光浄院客殿 1601年 滋賀
          妙法院庫裏 1604年 京都
          大崎八幡宮本殿・石の間・拝殿 1607年 宮城
          三渓園聴秋閣 1623年 神奈川
          二条城二の丸御殿 1626年 京都
          西本願寺飛雲閣 1628年 京都
          西本願寺書院 1633年 京都
          延暦寺根本中堂 1640年(再建) 滋賀
          三渓園臨春閣 1649年 神奈川
          曼殊院書院 1656年 京都
          桂離宮 1663年 京都
          慈光院書院 1672年奈良
          江川住宅江戸時代前期 静岡
          閑谷学校講堂 1701年岡山
          東大寺大仏殿(東大寺金堂) 1705年(再建) 奈良
          大峰山寺本 1706年奈良
          大国住宅 1760年岡山
          岡山後楽園流店 江戸時代後期 岡山
          栗林公園掬月亭 江戸時代後期 香川
          角屋 1787年京都
          さざえ堂(旧正宗寺円通三匝堂) 1796年福島
          大徳寺孤篷庵忘筌 1799年京都
          渡邉住宅 1817年 新潟
          羽黒山三神合祭殿 1818年 山形
          高野住宅江戸時代後期 山梨
          金比羅大芝居(金丸座) 1835年 香川
          岩根沢山神社本殿庫裏 1841年 山形

          近代 1853-1945 ※は現存しないもの

          柏倉家住宅座敷蔵 1866年山形
          旧大明寺聖パウロ教会堂1879年愛知 ブレル、大渡伊勢吉(棟梁)
          宝山寺獅子1882年奈良吉村太郎(棟梁)
          風間住宅1896年山形
          武徳殿 1899年京都 松室重光
          花田家番屋 1905年北海道
          吉島住宅1907年岐阜西田伊三郎ほか(棟梁)
          古谿荘 1909年静岡
          高松城披雲閣 1917年香川清水
          住友ビルディング1926年大阪住友合資会社工作部(長谷部鋭吉・竹腰健造)
          聴竹居1927年京都藤井厚二
          大倉精神文化研究所本館 1932年神奈川長野宇平治
          軽井沢 夏の家 1933年長野 アントニン・レーモンド
          ※両関第二工場酒蔵 1933年秋田
          日向別邸 1936年静岡ブルーノ・タウト
          近江神宮1940年滋賀 角南隆、谷重雄
          前川國男1941年東京前川國男
          吉田五十八1944年神奈川吉田五十八

          現代 1945-2005 ※は現存しないもの

          神奈川県立近代美術館 1951年神奈川坂倉準三
          斎藤助教授の家 1952年東京清家清
          コアのあるH氏のすまい 1953年東京 増沢洵
          南台の家(吉村順三邸) 1957年東京吉村順三
          八幡浜市立日土小学校1956年愛媛松村正恒
          香川県庁舎 1958年香川丹下健三
          スカイハウス(菊竹清訓邸) 1958年東京菊竹清訓
          ホテルオークラのメインロビー1962年東京谷口吉郎
          日本生命日比谷ビル(日生劇場) 1963年東京村野藤吾
          国立屋内総合競技1964年東京丹下健三
          大学セミナーハウス1965年東京 吉阪隆正
          千代田生命本社ビル1966年東京村野藤吾
          白の家 1966年東京篠原一男
          塔の家(東孝光邸) 1966年東京東孝光
          ※虚白庵(白井晟一邸) 1970年東京白井晟一
          KIH7004 1970年東京鈴木
          中銀カプセルタワービル1972年東京黒川紀章
          大分県医師会新館 1972年大分磯崎新
          プロジェクトマグネット1973年店舗模型倉俣史朗
          阿部勤邸 1974年埼玉阿部
          北九州市中央図書館1974年福岡磯崎新
          幻庵 1975年愛知石山修武
          上原通りの住宅1976年東京篠原一男
          中野本町の家 1976年東京伊東豊雄
          小篠邸 1981年兵庫安藤忠雄
          弘前市斎場1984年青森前川國男
          SPIRAL 1985年東京槇文彦
          バーオブローモフ1989年福岡倉俣史朗
          海の博物館1992年三重内藤廣
          豊田市美術館1995年愛知谷口吉生
          ウィークエンドハウス1998年群馬西沢立衛
          せんだいメディアテーク2000年宮城伊東豊雄
          横浜港大さん橋国際旅客ターミナル2002年神奈川アレハンドロ・ザエラ・ポロ、ファーッシド・ムサヴィ
          金沢21世紀美術館2004年石川妹島和世西沢立衛

          2021-02-22

          anond:20210222103218

          わかる

          割れる、うねる、おでこにはりつくの三重苦でないほうがましだった

          2021-02-17

          三重方言関西弁なのか

          三重方言標準語話者が聞くと関西弁しか聞こえない、しかし...

          三重方言関西出身に聞かせると、これをエセ関西弁だという

          なんの違いがあるのか...そのニュアンスが分かる人間に私はなりたい

          2021-02-15

          ミステリ好きなら読破しておきたい古典を読んでおきたい古典100冊を読むべきではない100の理由

          https://anond.hatelabo.jp/20210215101500

          エドガーエラン・ポオ「モルグ街の殺人

           ・しょうもない犯人しょうもない気付き、しょうもないミステリ元祖

          ウィルキー・コリンズ「月長石」

           ・長さのわりにミステリを期待して読むと徒労に終わるドラマ観れば十分。

          コナン・ドイルシャーロック・ホームズの冒険

           ・長編よりいくらかマシという程度。

          モーリス・ルブラン「怪盗紳士ルパン

           ・南洋一郎訳のほうがおもしろい。

          ロナルド・A・ノックス「陸橋殺人事件

           ・いわゆる「ノックスの十戒」を定めた著者だが、作品凡庸

          フョードル・ドストエフスキー罪と罰

           ・ミステリか? 別にいいんだけど。主人公臭い自意識に長時間堪えられるのなら。手塚治虫漫画版で十分。

          コンラッド「闇の奥」

           ・「闇の奥」そのものより、「闇の奥」をもとにした無数のコンテンツのほうがおもしろい。『地獄の黙示録』とか。

          F.W.クロフツ「樽」

           ・『樽』はタルい。これミステリ界の常識アルよ。クロフツもっと薄くておもしろいのがいっぱいある。

          S.S.ヴァン・ダイン僧正殺人事件

           ・ヴァン・ダインとか今更読むやつおる??

          ガストン・ルルー黄色い部屋の謎」

           ・これもルールタビ―ユくんのキャラ小説なんだよな。意外にミステリしてる点は評価できなくもない。

          エラリー・クイーン「Yの悲劇

           ・別のトラバの人も言ってたけど、悲劇四部作は通しで読めよ。おまえはスター・ウォーズをEP5から観るのか?

          ジョン・ディクスン・カー火刑法廷

           ・オカルト〜〜〜〜〜〜wwwwww すいません、ふつうに好きです。

          アガサ・クリスティそして誰もいなくなった

           ・クリスティならなんぼでもこれよりおもしろいのがある。まあ、ある種のパターン確立したという意味で必読ではある。

          ドロシー・セイヤーズナインテイラーズ」

           ・別にナインテイラーズ」でもいいんだけど。

          イーデン・フィルポッツ赤毛のレドメイン家」

           ・いいかげん昔の人が評価してたからって理由だけでレドメイン家をこういうリストに入れるのやめない?

          G.K.チェスタトンブラウン神父童心

           ・妥当。これもシリーズを通しで読むべきではある。

          フランシス・アイルズ殺意

           ・アイルズ入れるのは当然として、バークリーも入れないのは理解に苦しむ。

          ウィリアム・アイリッシュ「幻の女」

           ・惰性でオールタイム・ベスト入ってる系の古典としては意外なほどエキサイティング。アイリッシュもっと評価されてもいい。

          コリン・デクスターキドリントンから消えた娘」

           ・今読むとちょっとメカニカルすぎてキツいところがある。

          セバスチャン・ジャプリゾシンデレラの罠」

           ・ハッタリのきかせ方は歴史に残るけど、わりに印象に残りにくいんだよな。

          ハリイ・ケメルマン「九マイルは遠すぎる」

           ・これも型を確立したという点で必読ではある。

          ウィリアム・L・デアンドリア「ホッグ連続殺人

           ・出たよホッグ。20年くらい前ならおもしろかったのかもしれんけどさ。

          クリスチアナ・ブランド「招かれざる客たちのビュッフェ

           ・さすがにブランド否定する理由がない。

          エリザベスフェラーズ「猿来たりなば」

           ・知名度の割に、ブクオフに行ったらかならず置いてあるだけの理由はあるものだ。

          ロアルド・ダールあなたに似た人」

           ・出来不出来が激しい作家の一人。奇妙な味勉強したいんなら異色作家短編集読めば。

          ダフネ・デュ・モーリアレベッカ

           ・そういえば映画版最近リメイクされてましたね。つまんなかったなあ。ヒッチコック版と原作はいいです。

          レイモンド・チャンドラー「長いお別れ」

           ・御三家のなかで一番キツい。春樹訳はさらにキツい。ロバート・アルトマンくらいの諧謔が加わって初めて鑑賞に堪えうる。

          ダシール・ハメットマルタの鷹

           ・ハードボイルドの先鋭性をもっともよく表した作家ではある。本篇より諏訪部浩一の『「マルタの鷹講義』のほうがおもしろい。

          ロス・マクドナルド「ウィチャリー家の女」

           ・ロスマクの一冊を選ぶとなると戦争が起きる。法月綸太郎みたいなものさ。ここでもな。

          フレデリック・フォーサイスジャッカルの日

           ・めちゃめちゃエキサイティングなんだけど、分厚いし今手に入りにくいし……。

          ジョン・ル・カレ寒いから帰ってきたスパイ

           ・ル・カレのなかでは読みやすい部類だし、正解だと思う。

          パトリシア・ハイスミス見知らぬ乗客

           ・ハイスミス20歳をすぎてから

          ドナルド・E・ウェストレイクホットロック

           ・なぜよりによって『ホットロック』?

          ボアローナルスジャック悪魔のような女

           ・ボアナルほんとに読んだことある?俺はない。映画は傑作だった。

          トルーマン・カポーティ冷血

           ・ルポルタージュミステリとしては先駆的だったのかもしれないが、今読むと長いしタルいし冗長カポーティの美点がほとんど失われてしまっている。

          ジム・トンプスン「内なる殺人者」

           ・ポップでしょ。

          ウンベルト・エーコ薔薇の名前

           ・たかだかミステリ読みごときエーコの真価が理解できるとはおもわない。

          ローレンス・ブロック八百万の死にざま」

           ・タイトルで勝ってるよな。アル中文学系譜が産んだ名作。

          ルース・レンデルロウフィールド館の惨劇

           ・一発ネタ長編まるまるひとつ持たせた奇跡のような書物とはいえレンデルもっと濃ゆいのがある。

          ウィリアム・ゴールディング「蝿の王

           ・別にここに入れる必要はないのでは。

          ジェイムズ・クラムリー「酔いどれの誇り」

           ・ネオハードボイルド作家たちは再評価されるべきだと思うが、中途半端に古くなってしまった感もあり、難しい。

          ジェイムズ・エルロイブラック・ダリア

           ・反面エルロイは古びない。ただLA四部作は何も知らない人が「ブラック・ダリア」だけ読んでもわからん気がする。

          ジャック・ヒギンズ「鷲は舞い降りた」

           ・冒険小説進化してるので、いつまでもヒギンズを引きずるのは不幸というか、グリーニーとか読ませたほうがいいのでは。俺は嫌いだが。

          アリステア・マクリーン女王陛下のユリシーズ号

           ・マクリーンなんかよりイアン・フレミングのほうがよほどリストに入れる意味あるよ。

          トマス・ハリス羊たちの沈黙

           ・作者がキモい

          ドナルド・A・スタンウッド「エヴァライカー記憶

           ・このリストのなかでは比較的新しい作品で、オールタイム・ベスト的なリストでみかけるのは珍しい。個人的思い入れがあるのか? たしかに発売当時からそこそこ評判高かったけれど、薄い記憶を掘る限りそこまで評価する理由が見当たらない。気になる。

          クレイグ・ライススイートホーム殺人事件

           ・ライスはたまに読むと心温まってよいが、それはスレた読者の愉しみなのであって、入門者が読んでも伝わりにくい。

          アゴタ・クリストフ悪童日記

           ・たしかに仕掛けはミステリなしおもしろ小説なのだが、別にこのリストに入れる必要はない。なんでミステリの人は文学コンプレックスを抱くのだろう。

          アイラ・レヴィン「死の接吻

           ・うーん。

          リチャード・二ーリィ「心ひき裂かれて」

           ・オールタイムベストでも陰が薄い存在なので、入っていると嬉しい。まあでも数合わせだよね。

          ケン・フォレット「針の眼」

           ・フォレットもそろそろ再評価されるべきだと思うのだが、ダン・ブラウンみたいなものと思われているのだろうか。

          マイ・シューヴァル、ペール・ヴァール「笑う警官

           ・北欧系の元祖ではあるのだろうが、だったらよりエポックミレニアム入れたほうが誠実な気がする。

          黒岩涙香巌窟王

           ・ごめん、モンクリの方しか読んだことない。

          甲賀三郎ニッケル文鎮

           ・はあ。

          江戸川乱歩「孤島の鬼」

           ・え?

          大下宇陀児「石の下の記憶

           ・変格って今読むとふつうにつまんないの多いよね。

          夢野久作ドグラ・マグラ

           ・そりゃ読んでも損はないとは思うが。

          浜尾四郎「鉄鎖殺人事件

           ・当時としてはアベレージはある作家だろうが、そこで鉄鎖を選ぶ理由がよくわからない。

          大阪圭吉「とむらい機関車

           ・うーん……いいんじゃないんですか。

          小栗虫太郎黒死館殺人事件

           ・どう読むかによる。単純な出来でいったら虫太郎にはもっといいのがいくらでもある。すまん、いくらでも、はない。

          木々高太郎新月

           ・すっかり忘却の彼方すぎて妥当かどうかさえわからん

          横溝正史獄門島

           ・横正の作品をチョイス理由を添えずにポンと出されても困るんだよな。高校生も困ると思うよ。こんなんだけ読まされても。しょうがない。

          坂口安吾不連続殺人事件

           ・本格ベタ安吾のなかでもなんでよりによって一二を争うほど不出来な作品を選ぶのか。嫌いなのか?

          高木彬光人形はなぜ殺される」

           ・高木彬光でこれがあがってしまうのは、消去法の結果なのだと思う。

          山田風太郎「妖異金瓶梅

           ・特にケチをつけようとは思わない。

          海野十三「海底都市

           ・海野十三本領はヌケの良いバカバカしさだと思う。

          大坪砂男涅槃雪」

           ・通っぽいセクレトだが、そこは素直に「天狗」にしとけ。コケまくったサンドマンが唯一正位置になってしまった作品なのだから

          松本清張砂の器

           ・映画の印象は強いが、清張であえてピックアップするほどかといえばどうか。

          鮎川哲也薔薇殺人事件

           ・変化球狙いすぎて外しとる。

          有馬頼義「四万人の目撃者

           ・流れ的にはわからないでもない。

          仁木悦子「猫は知っていた」

           ・と思ったらいきなり脳死みたいな。

          高城高X橋付近

           ・今あえて読むほどのものではない。

          水上勉飢餓海峡

           ・同上。長いだけ。

          笹沢左保「暗い傾斜」

           ・同上。とはいえ笹沢左保はもうちょっとまれてもいい。

          飛鳥高「細い赤い糸

           ・飛鳥高長編ってそんな良いイメージないのだが。賞とったってだけで入れてない?

          土屋隆夫天狗の面」

           ・今選ぶとなると難しい作家だが、針の誘いとかでいいのでは。

          陳舜臣「玉嶺よふたたび」

           ・そもそもミステリうまい作家ではない。

          竹本健治匣の中の失楽

           ・パッションだけで突っ走った奇跡であることは間違いないが、三大奇書にならべて語るほどかといわれれば疑問符がつく。竹本健治は”今”が面白い現役の作家だ。

          中井英夫虚無への供物

           ・不可欠だとは思うが、真剣に読んでる人は少数派だろう。

          赤江瀑オイディプスの刃」

           ・そうね。

          都筑道夫三重露出

           ・またひねくれたもん入れてくるな。

          森村誠一新幹線殺人事件

           ・ごめん、森村あんま興味ない。

          天藤真大誘拐

           ・色んな意味稀有作品ではある。

          西村寿行「滅びの笛」

           ・特に反対する理由もない。

          清水一行動脈列島

           ・人間生きてて清水一行の話することある

          戸川昌子大いなる幻影

           ・戸川昌子の話をすることはあるかもしれないな。

          戸板康二グリーン車の子供」

           ・マスト

          泡坂妻夫「亜愛一郎の狼狽

           ・鉄板

          大岡昇平事件

           ・入れても良いとは思うが、そういえば結城昌治がおらんな。

          田中光二黄金の罠」

           ・エッ? そこ?

          栗本薫「絃の聖域」

           ・読んでない。そろそろ疲れてきた。

          連城三紀彦「宵待草夜情」

           ・好みの問題であるとは思うが。

          辻真先アリスの国の殺人

           ・アー。完全恋愛かいいんでは。

          笠井潔サマーアポカリプス

           ・第一作だしリストになら入れてもいいと思う。

          逢坂剛カディスの赤い星」

           ・もうちょっと高校生までに」という点を考慮しようよ。

          船戸与一「猛き方舟」

           ・船戸与一今読むと意外にいいものもあるんだよね。

          島田荘司占星術殺人事件

           ・このへんはね。

          綾辻行人十角館の殺人

           ・入るよね。

          京極夏彦姑獲鳥の夏

           ・急に九十年代っぽくなったけど、2000年代にもインスタントクラシック作品はたくさんあると思うよ。

          皆川博子「死の泉」

           ・皆川博子ミステリ的に評価できるかといえば微妙なんだけど、ミステリ界以外で評価される土壌がさほどないようなので、不運な作家だと思う。偉大な人です。

          anond:20210213150149

          三重転職すれば東京で働くより月10万円も自由に使えるお金が増えてそのスペックならモテモテやで

          良いことしかないので三重に行こう

          ログイン ユーザー登録
          ようこそ ゲスト さん