「内面」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内面とは

2019-02-15

日本人女性って世界一ブサイクなのに世界一モテるんだよね

やっぱり内面が高く評価されてるんだろうね。

外国人男性から見ると家父長制的価値観に押し潰されながらも強く生きようともがいている日本人女性の姿は顔のブサイクさなんて吹き飛ばす程度には魅力的に映るんだろうな。

街中歩いててもブサイクな女ばっかりだけど、彼女達の内面の美しさを見てる人も外国には沢山いるんだよ。

絵里Pにならない方がいいたったひとつ理由

これは新しく「デレステ」で緒方智絵里が気になるから絵里Pやろうかなって人に見てもらいたい記事です。モバマスで智絵里Pやりたいって人は是非どうぞ。

デレステで智絵里Pをやるのは全くもってお勧めできない。その理由はたったひとつ温泉ガシャの復刻が絶対に無いからだ。

そんなこと?と思うかもしれない。

でも"そんなこと"に僕はじわじわと追い詰められてしまった。

僕が智絵里Pになったのはアニメ放映からしばらくしてデレステを始めた時のこと。

中1の時にアニマス再放送を観て元々アイマスというコンテンツ好意的に捉えていた僕は当然デレアニも(当時中2)観ていた。

レアニでは卯月ちゃんが好きだったのだが当時中学生の僕はガラケーを使っていたのでデレステモバマスプレー出来ず、程なくしてシンデレラガールズ自体への興味を失った。(まあ今思えば数あるアニメの中のひとつぐらいにしか思っていなかった)

そしてしばらくして高校生になり親からスマートフォンを買ってもらった。

高1の春休みとある日、本当に暇だったので布団に寝転がりながら「そういえばアイマスゲームってあるんだったな」と思いデレステインストールした。

そこで出会ったのが他でもない緒方智絵里だった。ただ、その時は一目惚れという感じではなく、始めた時に持っていたカードの中で自分が一番好きそうな娘だったのでセンターにしていた程度だった。

ところが月日が経ち、緒方智絵里を知れば知るほどめちゃくちゃに好きになっていった。まあ単純に緒方智絵里はただひたすらに可愛い

それに加えて家庭環境の話とかを聞くと保護欲を掻き立てられるというか....

「俺が絶対幸せにする」みたいな感じで気づいた時には緒方智絵里以外のアイドルは見えなくなっていた。(気持ち悪くて申し訳ない)

僕は居ても立っても居られずに初心者向けのスカチケ販売みたいなやつをすぐに購入した。スカウトしたのは当然緒方智絵里。はじめてソシャゲ課金して得た初めてのSSRカード可愛い絵柄に可愛いセリフにひたすら興奮した。

当時から自分はいわゆる"プロデューサー"としては緒方智絵里を見ていなかったと思う。

単純に好きで好きで好きでしょうがなくて深く深く彼女を愛していた。

千年の恋も冷めないといったぐらい緒方智絵里に、デレステに入れ込んだ。

そして程なくしてデレステはやってるのにモバマスはやってないのはおかしくないか?と思いモバマスも始めた。

(今思うとデレステより先にモバマスを始めていたら違った未来があったのかもしれない)

当然モバマスでも緒方智絵里カードを集めようとしたが、緒方智絵里カード初心者自分からすればかなりの高値取引されていた。

なので本当に最低な理由申し訳ないのだが、初心者でも手が届きやすいという事で一旦小日向美穂ちゃんカードスカウトした。

ただ、デレステ音ゲー要素にハマった側面もある自分としてはポチゲーのモバマスはあまり面白いものではなかった。モバマスにはそこまで入れ込むこと無く、当たり前のようにデレステばかりやり「デレステ緒方智絵里」に入れ込んでいった。

そしてデレステで他のアイドルSSR2周目が登場するのを見ていくうちに「智絵里ちゃん限定カードは無いのかな?」なんて思った。

調べたらあった。だいぶ前のカードしかった。

ただ調べていくうちに、そのカード絶対に復刻出来ないという事が分かった。それも運営の凡ミスで。

しかしその事実を知った当時はこれを全くもって深く受け止めなかった。

別に衣装もそこまで好きな感じではなかったし、「ふーんそうなんだ」程度で流して緒方智絵里プロデューサー(笑)に専念した。

限定カードが復刻されない程度の事で僕の緒方智絵里への愛が冷めるなんてことはないし、当時はそんなこと考えもしなかったと思う。(今も緒方智絵里が好きなことには変わりないのでこの言い方はちょっと違うかもしれないが)

1712月メリーメリーホワイトカードが登場した。自分デレステを始めてから初めての緒方智絵里限定登場だ。

ウオオと思ってたくさん課金し石をたくさん用意したがこの時は運良く60連程度で引けた。衣装イラストセリフもめちゃくちゃ可愛くて愛おしくてしょうがなかった。

この頃は純粋に心の底から緒方智絵里が好きだったと思う。本当愛していた。

そしてそれと同じぐらいの頃から(もちろんアイマスの影響で)声優さんにも興味を持つようになった。

当時から僕はゆゆ式の櫟井唯やゆるゆりの船見結衣役をしていた津田美波さんの低め少女という感じの声が好きだった。

そしてそれまでは「あっふ〜んこの人なんだ〜」程度であまり意識していなかった声優さん意識するようになった。

そして自分津田美波さんが好きだなあと思ってすぐに衝撃の事実を知った。

なんと小日向美穂ちゃんの声を演じていたのは津田美波さんだったのだ。

先ほども言ったように低めの声というイメージが強かったのでこれには衝撃を受け声優さんってすげえ!となった。

津田美波さんをいわゆる"推し声優さん"として意識するようになった頃、同時にどこか心の片隅で小日向美穂ちゃん意識するようになった。

デレステカードを得るにはガシャを引く必要があり、そもそも限定登場のカードなどは復刻されるまで待たないといけない。

ところがモバマスにはフリートレード機能がある。ならばモバマス小日向美穂ちゃんカードを集めよう。僕がそう思い行動に移すのに5分もいらなかった。先程申した通り小日向美穂ちゃんは割と低コストで集めることができたので3ヶ月も経たないうちに小日向美穂艦隊が出来上がった。

僕はこれにえも言われぬ快感を感じた。

もちろん、小日向美穂ちゃん内面を知っていくうちに好きなっていたのはある。ただ声優さんきっかけで小日向美穂を気にするようになった僕はどうも胸を張って俺は小日向美穂担当だ!とは言い難い状況だった。

それにデレステでは心から愛した女、緒方智絵里担当なのだ。僕が小日向美穂ちゃん担当を自信を持って名乗るにはモバマスカードを揃えることが急務だった。とにかく集めることに固執していたと思う。

今思えば既にこの頃からカードをほぼ完璧に集めた自分に酔っていたのかもしれない。いやまあ今も自分に酔っているわけではないのだが.....

ある意味で使命感みたいなのに駆られていたのかもしれない。

そしてその、「担当ならカードを集める」という意識は当然デレステにも及んだ。



終わりの始まりだ。





ただデレステ緒方智絵里真剣侍であった僕は緒方智絵里カードSSRも含め全て持っていたつもりだった。

あれ?

温泉絵里は?

今思うとこの頃から意識し出したのだと思う。

しかしこのカード絶対に復刻されないのだ。最初に登場した時に運営が復刻の可能性を示唆しなかった以上、絶対に復刻出来ないのだ。

このカードについては考えてもしょうがないな、とその時は割り切ろうとした。

しかし他のアイドルたちの限定カードが復刻登場しているのを見るたびに頭に温泉絵里がチラついてしまい、悶々とした。

とにかく自分を納得させようとして色々と調べた。温泉ガシャは2回目の限定登場だった。

では1回目の限定登場だったアイドルは復刻されているのか?これがされていなかったら限定の復刻は3回目の登場以降という事になるし、しょうがいかもしれない。そう思いたくて調べた。




普通に復刻されていたのだ。

は?


なんで?


え、は???


先述の通り、本当に運営の凡ミスだったのだ。1回目の登場は復刻の可能性を示唆たから復刻できるのに、2回目は復刻するかもって書かなかったから復刻出来んわwすまんwという感じらしいのだ。

は?


納得いくわけなくね??


は?

いや

は??

??????





しかいくら僕が納得いかいからといって温泉絵里が復刻されないという事実絶対に変わらないのだ。








絶対に手に入れられない」




この事実を突きつけられた事がどれだけ苦しかたか

今まで知っていた緒方智絵里がどこかに行ってしまったような感覚がしてとても怖くて悲しかった。

元々自己矛盾理想自分現実自分乖離に悩む事が多かった自分にとって、ゲームの中さえも「緒方智絵里カードを全て揃えている理想自分」になれないのは苦痛だったという側面もあるだろう。

しかし見て見ぬ振りをした。

この頃はなるべく前向きに前向きにと考えていたと思う。

その頃の自分はもうデレステを楽しんでやれる段階ではなく、ファン数を稼ぐためにやらなくちゃいけないと思いながらやっていた。

デレステ音ゲーからファン数を稼ぐためのゲームに変わった頃からモバマスの方が時間も取られないしカードも揃えられるし楽しいゲームになっていった。

ただデレステが楽しくないからといって辞められるわけでもなく脳死でやりながら緒方智絵里ファン数を稼いだ。

6thライブも現地で全通した。西武ドームは近くなので当然行ったが、わざわざ担当いるか名古屋も行った。あれは本当に楽しかった。

アイマスが好きでよかったと思った。


そして18年12月31日、フェス限に緒方智絵里が登場した。

もう結果から言う、天井した。

もうすでに心の底から純粋緒方智絵里を愛してるからそのカードが欲しいといえる状態ではなかったし無理に天井しにいかなくても良かったかもしれない。

ただ、緒方智絵里担当でただでさえ「温泉絵里」がある以上は天井してでも引けるのはありがたいんだ(*^○^*)と自分を言い聞かせて回し続けた。

普通に考えて9万円は学生の僕にとってまったくもって安い金額ではない。ちょっと冷静になれば他のことに使おうとなれる金額だ。

だが緒方智絵里の前では感覚麻痺していた。脳死していた。



その頃無料10連期間だったこともあり、普段僕よりも全然デレステプレーしていないようなリア友たちが緒方智絵里をいとも容易く引いていったのを目の当たりにした。僕が知る限りでは3人のリア友無料で引いていた。

まあ思ったよね

なんでこんな金かけてる僕のとこに来ないんだ、と。

今思うとバカしかない、確率問題なんだから誰のせいでもないのに。

そしてついに300連を終え天井スカウトしたその夜、何か張り詰めた糸が切れたような感じがした。

自分緒方智絵里の間にとって天井というのは些細な事だと思いたかった。でもこれで少し冷静になった。

それに俺がいくら金をかけてフェス限の緒方智絵里を手に入れたところで、温泉絵里は手に入らないから完全に緒方智絵里カードを揃えられることは無いんだ。

そう思うと自分は何をしてきたのだろうかと思ってとてつもない空虚感に襲われた。

涙が出てきた。

今までずっとどこかズレてきてると分かっていながら無視して無理して緒方智絵里担当をやってきたんだ、と思って泣いた。

本当に愛していたはずだったのに、こんな手に届かないものがあって悲しい思いするぐらいなら緒方智絵里なんか好きにならなければよかったとも思ってしまった。(結局好きだという気持ちは変わってないが)

そして自分がそんな思いをする原因になったデレステ運営が本当に嫌いになった。死んじまえと思った。

そしてそんな、緒方智絵里なんて知らなければよかったと最低な発想をする自分も大嫌いだと完全な自己嫌悪に陥った。

もうめちゃくちゃだった。


疲れた


もう、完全に辞めよう、限界だ。


しかし辞められなかった。

またしばらくしてやるようになっしまった。もう習慣、中毒なのだ

それにここで退いたら今までかけた金と時間はどうなるんだ。

引くに引けない状況だった。

しかフェス緒方智絵里カードは使わないでいた。

見たくなかった。そのカードを見ると余計に温泉絵里が手に入らないという事実を突きつけられている感じがした。

あとこれは個人的感想だが、あのカード衣装温泉絵里に似てないか?色合いとか....

デレステ運営申し訳程度の贖罪のつもりか知らんけど、せっかくの限定登場なんだから温泉絵里に似せるとかで終わらせて欲しくなかった。もっとこだわって欲しかった。(その点メリーメリーホワイトガチ天才だと思っている)

特訓前のカード、泣いてばっかり。

泣き止んで欲しい。





あ、ここまであまり触れてなかったがデレステ小日向美穂ちゃんの恒常SSRは自引きできた。ユースフロマンスも、9月ぐらいにあった限定登場確定のガシャで運良く引けた。


そして脳死しながら続けたデレステで、小日向美穂ちゃんの2週目復刻があった。

運良く20連で引けた。


なんか燃え尽きた。

やる事がなくなったというか

これで綺麗さっぱりデレステは辞められるのかなと思った。

しかし完全に辞めることはできず今では小日向美穂ちゃん担当(少なくともプロフィール称号はそれにしてある)としてずるずるデイリーを消化する程度には続けている。





担当ってなんだろうね。

俺は小日向美穂ちゃん担当って言えるのかな

どうしてこうなってしまったんだろう。

俺はカードを揃えたくてこのゲームをやっていたのだろうか?

緒方智絵里はどうでもよくなってしまったのか?

そんなことはないはずなんだけど


今でも緒方智絵里を見ると可愛いなと思う

ももう、自分が何をやってるのかよくわからない。



まあこんな感じになってしまったやつがいるんです。だからデレステから絵里Pになろうという人はちょっと考え直して欲しい。以上です。

2019-02-13

anond:20190212234631

ハゲからアドバイスだ。

気に病むことをやめろ。気に病んだところで生えてこないし、世の中の対処療法ギャンブルみたいなもんだ。

それよりも、ハゲを病む自分メンタルを見つめ直し、ハゲ自分個性と考え受け入れるんだ。

不可逆なものは受け入れる以外に解決策はない。気に病んでいるその時間負債なのだハゲの影響を最小限に食い止める唯一の方法は今すぐハゲについて悩むことをやめることだ。


今日30本抜けたから何だというのだ。人より抜ける本数が多いことが分かってわかることはなんだ。

あなたハゲに向かっているという事実だけだろう。その事実確認できてあなたはどうなるんだ。

自分ハゲに向かっているという事実に病むだけだろう。

あなた自分ストレスが、食生活が、不衛生がハゲの原因だと思うだろう。

違うんだ。それは遺伝だ。ジェネティクスだ。ストレス食生活や不衛生が原因でハゲになる人は、こんなところで抜け毛の本数を聞かないのだ。聞かなくても、ハゲた原因がわかるのだ。


人間死ぬために生きているのか?という問いがある。そして毎日そのいつかくる死に怯えながら生きなければならいのか。そんなわけ無いだろう。

じゃああなたハゲ未来毎日怯えながら生きるのか?違うだろう。将来ハゲ自分を認め、人より早く禿げ始めた自分を認め、時には笑いにかえ、より良い内面を作り上げていくべきなんじゃないだろうか。

頑張れ、ハゲは一人じゃない。若ハゲだって大丈夫だ。俺は20から禿げ始めた。克服するのに2年くらいかかった。ハゲって言ってくる友達とも喧嘩した。

頑張れ。安定した心を手に入れろ。ハゲは君の一部だ。

2019-02-12

anond:20190212224812

思うにあざといところを現実人間投影してしまっているから無理になるのではないか

人間ではなく別のものとして見ればどうだろう?内面とか秘められた製作者の意図とか深読みせず(で、出たーwwww冷奴ーwwww)

anond:20190212164249

好きかどうかは内面で決めるのは正しいと思う

30のオッサンピンサロに通うことを覚える

童貞で未だ彼女ナシの30のオッサン

数ヶ月前からピンサロに通うことを覚える

好きなアニメキャラはふくよかなおっとり系巨乳のお姉さん

俺はおっきいおっぱいが大好きだ

風俗では指名料をケチるのだけは良くない、ということを耳にしていたので、

最初は目に入ったカップ数だけを基準Gカップの子指名してみた

おっぱいこそ大きかったが細身だったため、パイズリで密着したとき肉感いまいちだった

あとで見たらWの数字が他の子と比べ小さかった

情報を汲み取れていなかったことを後悔した


F以上でWもそれほど細くない子を選んで指名するようになった

フリーで入ってみたことがあったが、当然おおきいおっぱいは出てこない

指名料を払うことでおっぱいが大きくなるのであれば…

そう考えて俺はフリーでは泳がないことにした


週一、二ぐらいのペースで色んな店を回り、おっきいおっぱいをさがし求めた

遠方でたまたま入った店に居た子はおっぱい肉感も良く、

顔も俺の好きなたぬき顔でかわいくて愛想も良くて最強だった

近場だったら通っていたと思う


特定の子指名することなく色々と試していて3ヶ月ほど経ったが、

ついに運命の子出会うことになる

顔はそこそこ肉感よしおっぱい良し

フェラはあまり上手くないが、会話した感じの相性が良い

色気はあまりないものの、初めてなのに自然体で過ごせる

二日後また指名した


最近起きたことを報告しあってしばらくイチャイチャしてエロいことをする

日常の延長間が楽しくて、彼女が居たらこんな感じだろうか、と夢想した

そのまま通い続け、貯金が毎月5万ずつ減っていく生活が続いた


色々とムシャクシャした日、帰りはピンサロに行くことを決めていた

しかしお気にの子は出勤していない

普段だったらお気にの子以外に払う金はないとそのまま帰宅するところだったが、

その日は仕事が上手くいかなく、とてつもなくムシャクシャしていたのでピンサロにいくのは決定事項だった

普段行っているお気にの子がいる店で別の子指名するのはなんだか気兼ねして、別の店に行った

いつも通りの方法指名してみると、数値よりも細身でおっぱいもそれほど大きくない子が出てきた

その日のコンディションなどもありブレがあるものなので折り込み済みとは言え、

少しだけガッカリしてしまった、しか美人であった

ほぼほぼ会話もせずにベロチューが始まり、終始積極的にベロチューしてくれる

会話のないままエロいことをする色気のある空間にその日の疲労感もあいまってかめちゃくちゃ興奮してしまった

おっぱい以上にベロチューも大好きなので店を出たときの充実感がすごかった


俺の中でピンサロにいくことが決定している明日

お気に入りイチャイチャFカップとベロチュー美人の両方が出勤する

どうするか揺らいでいる自分がいる

お気にの子不義理は出来ないが、ベロチュー美人に惹かれている自分が居ることも分かっている

女の子の間で板ばさみになる日が来るとは思わなかった

彼女にするとしたらどちらがいいんだろうか

ロチュー美人内面はまだ知れていないからもう少し知る必要がある

そう、知る必要があるのだ

2019-02-09

anond:20190208224333

なるほど。

ただ近代法国家はいうに及ばず極端なはなし狩猟時代から社会基盤のほぼすべては人間思い込み欺瞞で成立してるよね。

子供の頃からあらゆる決まりごとが内面に刷り込まれてるから何も疑問を抱かなくなってるけど、わりとぶっ飛んだ珍妙世界わたしたちは生きている。

増田が「役に立つウソ」に対して感じる面倒くささは、そういう社会生活上の利益のためにたまたま出来上がったプロトコルに対するバカバカさなのかもしれない。

2019-02-05

今の多様性議論は外見や属性多様性は認めるけれど内心や内面多様性は認めない方向になりがちなのが前よりマシだが気にくわない

2019-02-02

anond:20190202182955

こういうわざとらしいのって十中八九釣り」なんだろうけど、「釣りから」と言い訳して本音を吐き出してるクズにも見える。

まあ、どんなクズ内面匿名晒す自由はあると思うし、クズを叩き潰していけば世の中良くなるとも思わないけど。

残念だけど、多様性を認めるってのは世界的な潮流だから、この波に乗れない「弱者はいずれ「淘汰」されるよ。あなたが望むと望まないとにかかわらず。

その中で「でも急に言われたって習慣は変えられないよ」という気持ちもわかるけど、だったらそれを素直な気持ち表現すべき。

下らない露悪趣味嘲笑して、上に立ったつもりで自分を慰めていても何も解決しない。

自分自分なりに、できる限り多くの人が幸せになってほしいとは思うけどね。せめて自ら「私を助けてほしい」と言ってくれなければ、それを助けることって本当に難しいんだよ。

増田釣りなら釣りでいいけど。

2019-01-31

また女湯が話題になったので問題点を整理する

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1313124

anond:20190113115453

この話の続きだよ多分

ブクマが盛り上がってるけど、返信がしづらい100文字ばかりのインターフェースで何が語れるってのか

増田論点を整理しようと思う。

長くなったので結論を先に書くと

 

 

って感じ。それぞれ細かくやってみるか

====

1. そもそもそれは性欲なのか

 

そもそも3歳児に性欲があるかどうかって点が論点になってるのが見受けられる

KAN3 自分幼稚園児の頃から十分性欲あったのでこの主張はもっともなものだと思う。好奇心で見ているだけに違いないと言っちゃう人は想像力がない。

maidcure 成人してやっと性に目覚めた人もいるんですよ

kathew 幼児期に性欲が微塵もなかったので正直に言ってよくわからない。トップブコメに大量に星が付いてるけど、みんなそんなに幼児期の頃から性欲があったの?それとも自分にはなかったけど想像力共感してるだけ?

nise-marina 幼稚園児でも女の子を好きになったりするんだから性欲はあるわな。

こういうのは個人差なのかもしれない。で、個人差があるのであればなおのこと、

よく知らない他人内面踏み込むのはやめたほうがいいだろう。たとえそれが3歳児でも。

性欲でじろじろ見る子もいる、好奇心で見る子もいる、安らぎを求めておっぱい触る子もいる。

 

ちなみに成人女性身体性への憧憬を性欲と表現するなら、

男児じゃなくて女児にもその傾向はあるという証言は興味深い

RIP-1202 男児だけでなく女児だった私も割とエロい感覚でお母さん以外の女性おっぱいや乳輪の形をじっくり見て回ってたが。/あと、父親同伴でもお風呂母親と入る習慣の男児は女湯に入るケースもあると思う。

atsnail 女体をエロい目で見る女児だったんだけど、どこへ行けばよかったのだろう。

 

こういう女児から向けられた性欲はどのように受け止められるのだろう?

やはり不快なのだろうか、男児とは異なると処理するんだろうか

内面はどう思っててもガン見など外面が問題なければよしとするのだろうか

 

若干話題は発散するけど、普段性欲と加害欲を分けろと口酸っぱく言う勢力

今回の子

a) 尻を叩いて回る3歳児

b) 着替え中ガン見している未就学児

を、それぞれ何欲の発露だと見るのか気になる

特にb)については未就学児に「この行為相手心理はどのように影響を被るか」

に考えが及ぶと思わないので加害欲とは思えない

その場合成人と異なる扱いにすべきか。

 

2. 性欲の発露があったとして、それをどう扱うか

 

男児(にかかわらず女児)の行動が仮に性欲による行動だとして、それが直ちに行為者の排除を伴うほどの被害なのかという点は今一度考え直したほうがいいと思う。

下記のようなコメントがその点に触れている

please-open-your-heart 男の子供の目をどう捉えるか・・・って事ですよね

umaumakamiya 男児には性欲あるし、でも子供に見られたからと言ってそれがどうしたと思う。他人から見られるのが嫌なら銭湯行くべきじゃないと思うよ。とは言え触る等の他の人に迷惑行為は親が注意せんとだよなぁ。

osaka06 難しいわ。もう5歳くらいで男はみんなすけべやけど、それがあかんのか? というのが。幼児に見られるのが嫌というのが実は男はわからんのよ。わかってあげたいけど難しいなぁ

kasugano 3歳児でしょ?力でかなわない存在から根源的恐怖が?って設定どこいったの

Sato_4tree うーん、小さい子にも性欲はあると思うけど、それで見られて嫌とはならないなあ。エロいと思って見ちゃうちびっこ微笑ましいじゃん。

性欲を勝手に向けられるのは確かに迷惑だ。しかし、それで行為を伴わず属性理由排除ができる(まだ痴漢してない男も風呂トイレから締め出せる)のは

相手社会立場が強く名誉毀損するための特例だっていうのはトラバ元でも議論したとおり

※肉体的強さは関係ない。トラバ元でも要介護の爺さんの例を出したけど

最低、下のコメントにもあるとおり、こどもに騒がれて迷惑を被ったのと同程度の扱いにとどめたい

kabutch ここまでくると自意識過剰しか。/自分の赤子が電車内で大声で泣くのは許せ、でも女湯で男児が見るのは止めろ、か…。

 

ただ、不愉快だという気持ち自体を表明するのは問題ないと思う(これ自体否定するなら、俺も他人内面に口出ししてることになるし)

 

p-2yan 今まで気にしてなかったが、それは興味を持って見られていると考えた事がなかったからだ。所詮小さい子だし、って思っていた。年齢性別に限らず、裸体を性欲を持って見られるのは嫌だなぁ

Kitajgorodskij 和泉さんの気持ちは分かる。どうしたら良いんだろうね。

khawai たしかに男でもジロジロ見られんの嫌だな。視線は感じるもの

 

しかし、わかってほしいのは不快感そのもの問題にしているのではないことだ

特に下記にあるように「ババアから見られても問題ない」と言ってるわけではない

 

kazukan ババアが見られてってコメントひでぇな。

 

「見られた不快感を排除以外の方法対処できないのか」と言っている

特に相手自分より弱い、子供なんだから

 

3. 男児の行動・外面の問題

 

性欲がある・ないに注目していない、とにかく躾やモラル問題としている人が結構見られた

 

skgctom トランスジェンダー女湯問題でも言える事だが、他人の裸体をジロジロ見たり無許可で触ったりするのは無礼禁止事項だと子供のうちから(大人も勿論)ミッチリ躾けるべき。躾けられてない子供女児でも迷惑

 

この視点は正しい。正しいが、親に負担押し付ける結果になっていないか、注意が必要だ。

ファミレスで騒ぐ子供電車で泣く子供、こういうのに冷たい目を向ける人間と同じことになってないか

下記コメント群もそういう視点で考えられている。

 

hobo_king で、落とし所はって話になると「躾で~」とか言うけど、子供故に困難だろうから、結局「子連れのお前ら来るな」になる。こうして啓蒙する度に子連れ批判視線も増える。全力で子育てを苦行にするスタイル

taketori 男湯でもガキンチョに股間をガン見されたら落ち着かない。共感はできる。でも共感以上のことはない。性ではなくマナー問題しかない。ファミレス子供がうるさいのは許容しつつも親に躾は求めたいのと同じ

yuno001 自分不快になった事の対処を人にお願いするという構図がまずいんじゃないかな。ルールにも反してないわけだし

ringlaw 母親が一人で風呂に入っている間、男児を面倒みてくれるシステムを作らないと解決しない

 

特に3歳児なんてやっと喋ったばかりで複雑なセンテンスも理解できないので

叱ると言ってもどこまで効果があるのか、それこそ子供次第なので

厄介な子供を抱えた親は今まで以上に追い詰められる。

下記コメント群もそこまで考えてくれていたらいいんだが

 

makou まずもって、然るべき人がきちんと叱るべき。

bigapple11 勃起してる男児がいるという話も聞くので真面目に考えるべき話だと思う。最低限、親は子供から目を離さずちゃんと注意すること。ここで叱ることこそが性教育。/就学児以上NG時間帯を分けるなど出来ることはある

marimonbunny まあ気持ちはわかるけど、完全に分けるのは難しいかなーと思う。まあ凝視は若干グレー(そういう障害がある子かもしれん)だけど、ケツタッチ幼児は親叱れよw

flowing_chocolate マナー教育が不足している子供を、大人はどう受け入れるべきか、という話。性欲の有無はおそらく関係ないし、性欲の対象が目の前にいるかどうかもおそらく関係ない。

 

社会で面倒を見よう」という時、反射的に「自分以外がコストを消費しろ

と言っていないかという点も注目したい。このやり取りが象徴的だ

 

irose ↓じゃあ男やもめのツレ後の女児は女湯の大人が共同で面倒を見るかっつーと、全くそんなイメージがわかん。

Flymetothemoon シングルマザー男児は男湯に入っている大人が共同で面倒を見ることが「社会子供を育てる」ことだと思うけど。

 

4. 妥協点を探る

 

家族風呂を大々的に整えるなど大掛かりなことをせず、どうにかならないかというコメントもあった

 

worldproxy うーん、湯浴み着というのが広く普及されたら解決するのかな。 自分は、公共の場他人との自由不自由折半だと思ってる。この人は、表現は柔らかいけど、自分自由だけを拡張するように求めていると思う。

 

乳がんなどの手術痕を見せたくない人、タトゥーが入ってても入湯したい人なんかに

対応できるし、裸を見せたくない人は湯浴み着っていう選択肢も、今後普及していいんじゃないだろうか

 

追記

いっぱい反応あったんで返答してみた

みんなありがとなー

https://anond.hatelabo.jp/20190201205423

2019-01-30

自分は親の奴隷なのかもしれない

東進林先生が「進学校男子なんてみんなマザコンだが、いいマザコンであり、本当に尽くして貰ったからみんな自然ママのことが好き」みたいに言っていたけど、進学校男子と付き合ったことのある私からすると「きしょい」だけ

みたいなツイートを前に見かけた。

親のいいなりになって10代を過ごしたら何もできない人間になった

みたいなツイート最近見かけた。

 要は進学校男子の大半は親と仲いいけど、親の言いなりで自立心がない。はたからみたらいいように見えるかもしれないが、きしょい、と言いたいのだと思う。

 皆さんは反抗期はあっただろうか。最近反抗期がない子供が増えているという記事もあるが、どうだろうか。私はなかった。理由は「喧嘩しても意味がない」「いろいろ弁当作ってくれた義理がある」とありきたりなものだ。後者反論余地がない…と信じたい。そもそも高校以降は自力で行くのは困難であり、親はスポンサーみたいなものである。そんな親に反発するのは理不尽ではないかと思うのだ。しかし、前者に関しては違う、私は喧嘩をしても疲れるだけだと今まで考えていたが、それは単に無条件に親に降伏しただけに過ぎないのではないかと思うのだ。

 皆さんは親と話すのは緊張するのだろうか。私は親と極力会話したくない。例えると、小学のころに職員室に行く感じである。家ではおとなしいが、外では饒舌というのは男子あるあるな気もするが、これはなぜなのだろうか。

 皆さんは夕食は楽しいだろうか。家族団らんで囲む夕食は楽しいものなのだと思う。しかし、いつからか、家族がいるときの夕食は目の前のメニューを「食べなければならない」という苦行のように感じるようになったのだ。早く終わらないだろうか、さっさと食べて早くここから去りたい、と思うのだ。料理がまずいわけではない、多分旨い方だと思う。でも、苦痛なのだ部活用事などで遅く帰ってきた時の一人で食べる夕食はどんなに気が楽か。

 皆さんは「親に殺される」と1度でも思ったことはあるだろうか。私は私の内面しかからないため、これが異常なのか正常なのかはわからない。親の名誉のために言っておくが私と親の仲は決して悪いわけではない。家族旅行もいったことがあるし、むしろ仲は良いほうだと思う。もちろん、殺人を含めて一切の前科はない。児童相談所案件になるような暴力を振るわれたこともない。あくまでこの思い込み杞憂しかない、と思う。

 親が怒った時にそう思ってしまうだけである夫婦私たちのことで喧嘩をしている時に、えも言われぬような恐怖心が襲われ、自分は今夜殺されるのではないか、とそう考えるだけのことである小学からそんな考えが自分支配する時がたまにあった。このとき、怒られている対象自分ではない。大体は夫婦喧嘩である。そんな考えをしている私から喧嘩火種を起こすなんてとんでもないことだ。

 小学生の時、私は寝ている間にナイフで刺されるのではないかと思い、腹に雑誌を装備して眠ったことがある。これはくだらない子供自衛策程度でしかないと思うかもしれない。でも、高校になってもその考えは抜けず、殺されると思って、部屋のドアにバリケードを築いたこともある。自衛レベルが上がっただけで本質的には何一つ変わってはいない。

 改めて言うが、私自身にも、身の回りにもそうした物騒な出来事が起きたわけでは断じてない。しかし何かしらのトラウマのようなものがあるのは事実であろう。

 中学校とき友達と遊ぶことに罪悪感があった。夕方まで遊んでいると親が怒るのではないかと怯えながら遊んでいた。そんな心境でろくに遊べるわけもなく、中学ではあまり遊ばなかった気がする。高校になって、その夜遅くまで遊ぶのには相変わらず罪悪感はあったがさすがに恐怖はある程度は克服した。

 最近海外旅行いかいかと誘われた。何故か私は海外にいくことが怖い、と感じていた。しかし、実は私は海外旅行にいくことを親に伝えるのが怖いのだ。そう気づいてしまった。結局根本にある恐怖はぬぐい切れていなかった。

 あれらのツイートに強い衝撃は受けたが、私はマザコンなのかといわれるとそうではないように思われる。ただ、親の都合のいいように生きて、親におびえながら生きる。それならさっさと家を出ればいいじゃないか、と思うだろうが、それをする勇気もなかった。まるで奴隷のようなのであるしかし、この奴隷論は私の心の中のものに過ぎない。勝手に設けた精神的な束縛に勝手にもがいているような、そういうところがあのツイートした彼女にとってはきしょいんだろうなぁ。

2019-01-29

結局安心できる新しい家父長制を求めているだけ

最近ブクマがよくつくジェンダーブコメを見ると、結局は優しくて強い父性母性に守ってもらいたいだけだよね

それが権力者国家大企業金持ちメディアか別なだけ

男らしさと女らしさに分かれた方がまだ社会多様性があると思うレベル人間の外側ばかり見て内面多様性を見ていないわ

2019-01-25

anond:20190125132019

内面を見れていると 自分方程式で他を判断する人

下位なら狂人でいいけど

上司だと最悪です

anond:20190125104233

資格が取れたら次はただのキモいおっさんになれるから、その次は筋トレしてただのおっさんになる

その次はたくさん楽しいことして内面から輝くイケてるおっさんになるんだ

応援してるよ

2019-01-23

anond:20190123035602

とりあえず、厳格な上下関係も、体調悪かろうが出勤させる体制も、人に過度な力強さを要求する傾向といえる

で、そういう(内面的な意味でも)力強さ礼讃つか強要が「男らしさ」問題の一側面なのかなあ? という気がする

自分でも「という気がする」レベルから、当然異論は認める

では、逆に「女らしさ」の弊害てあるのか?

仮にあるとすれば、とかくニコニコ仲良く協調を求める(正しいことであっても、ズバズバ物を言うと露骨に嫌われる)、仕事の実務能力より人間的な好感度(愛想がよい、不潔感がない、化粧やファッションセンス等)に偏重して人を評価する、とかなのかなあ?

anond:20190121113933

外面的・身体的な男らしさではなく、

厳格な上下関係風邪でも仕事を休むなとか、パワハラセクハラ常套手段みたいな、

内面的な男らしさ強要は、職種によってはいまだにある

「男らしさ」つうより「体育会系的(あるいは軍隊的)価値観」て言うべきか?

2019-01-22

腐女子カースト底辺同士のマウント合戦~」のこと 2

前回(https://anond.hatelabo.jp/20190122051523)の続きです。

6.欠落は誰にでもある

さまざまな理由から、化粧が出来ない、してくれる協力者もいないという人達に私は会ってきました。

病気怪我治療中の人、あるいは治らない障害を抱えている人が居ました。症状が出ないように薬を飲んでいて、副作用がひどいと教えてくれた人も居ます

発達障害からの注意欠陥、嗅覚・触覚過敏、どれほど頑張っても自分では時間管理ができない人、神経麻痺で手が震えてしまう人、不安障害や、醜形恐怖のために鏡で自分の顔が見られない人も居ました。先天性もあれば事故による後天性もあります

一見しただけではわからない、介助者もいない軽度の人ほど、偏見に晒されてつらい感情を秘めていました。「就活の時期はとても苦しかった」と胸の内を話してくれた人もいました。

それらは対話しなければわかりません。

生きるだけで精一杯の彼女達を外見で判断することは、とても残酷なことだと思いました。

初対面の人へ否応なしに恐怖を抱く人もいます彼女達はあまりにも傷ついてるのです。だけど彼女達も同じもの好きな人なら、親身になって耳を傾けてくれるなら、素直に明るく話せる『普通の』人達でした。

彼女あるいは彼らが、趣味を楽しむことを、ドレスコードもないイベントへ素顔と普段着で行くことを、そのために外出することを、誰が止めて良いでしょうか。

作中では、腐女子の一人のバイセクシャル発言を、言い訳と切って捨てるページもありました。

腐女子仲間の交流という非日常でならカミングアウト出来る人達もいるのです。クエスチョニング(自分性的嗜好がわからない人)も居ます

女性の体で生まれ性自認男性トランスジェンダーであれば、彼もまた女性らしい化粧をひどく嫌がるでしょう。

男性の体で性自認女性の人は、きれいな化粧をしたい彼女自身の願望を世間から嘲笑われて、ひどく悔しがることでしょう。

私自身が、長い間クエスチョニングの状態で、もしかしたら今もそうかもしれません。「雌雄何方でもない究極生命になりたい」などと本気で考えた頃もあります。そうしたキャラクターに憧れたことも。それを中二病黒歴史と切って捨てる気はありません。

その頃に考えた数々の想像は、今の作品作りに役立っています。何がどう人生関係するのかはわからないですし、簡単嘲笑材料にしてはいけません。

そして、結婚して子供もつ腐女子人達カーストの上位に位置すると作品内ではほのめかされていました。

独身の私には、既婚者のまま交友関係を続けてくれる腐女子が幾人かいますが、本人達の多くは決してそんなことを思っていません。

切り詰められた趣味時間一生懸命やりくりしています子供たちが幼く、預けられる人が居なければ、イベントに出ることもできません。離婚経験している人も居ます子供を産めない体の人も居ます彼女達の苦悩を「自虐に見せかけた自慢」などと断定することはできません。

外見に気を使えない分、時間が限られている分、彼女達は会場で迷惑をかけないよう礼儀正しくいようと努力しています

作家さんに送る差し入れを考えたり、相手不快にならないような感想手紙を丁寧に考えてくれます他人の悪意に敏感で、日々変化する対人マナーを注意深く観察しています

賢明な彼あるいは彼女達は、自分がなにか悪いことをしたら、自分を容易く卑下すれば、自分と同じ属性の誰かが心無い偏見を向けられると知っているのです。

自分を奮い立たせなければ、読みたい本を手に入れられないのです。彼女達にとってもイベント会場はまさしく「戦場」なのです。

主人公自身我慢して「普通」を演じてるからといって、どうして不特定多数にもそれを押し付けて、勝手審査してしまうのでしょうか。

腐女子として知り合ったのに、そこでしかできない話があるのに、なぜ、妹や会社の同僚にもできる彼氏の「恋バナ」を主人公はその中でしたいのでしょうか?

誰しもに欠落がありますいくら擬態を頑張っても、つつけば粗が見えることを知っています

見下す主人公よりも、その嘲笑われた「誰か」に共感して悲しみ、怒るのです。これは腐女子一般人も変わりありません。

ここまでくれば主人公の『欠落』は明確に見えてきます恋愛パートナーの有無や、化粧や顔の出来などとは関係のないものです。

物語としては、この欠落を彼女尊敬する『神』の作品で、あるいは腐女子の友人達との交流で埋める方向に少しでも向くと思わせられれば、得る物はあったであろうに、エッセイ漫画として面白くなるであろうに、無視したまま化粧と服装だけに固執し、自分以外の他人嘲笑し苛つきだけ表現して、何処かで見たような「あるある」ネタとしても使い古された、見慣れたエピソードで彩られた孤独な「自分語り」に、なぜ終始してしまうのでしょう?

主人公が妹との会話で傷つくシーンがありますが、それもどこか核心からずれています

描こうと思えばいくらでも描けて、周り込めばそれだけ「面白い」題材になるはずのこの欠落を、なぜ無視して、このように雑に扱ってしまったのでしょう。

作者自身結論が出ていないから?

であれば、必要なのは時間です。自分他人を見つめなければ、表面的な出来事自分内面を掘るだけでページが終わってしまます

結論が出ていてもページ内に収める技術問題

であれば、そのような『制限』を外すべきだったのです。悪意を放り投げてしまうより、収拾可能になるまで、試し読みの範囲伏線を詰めて描くべきだったのです。

そのほうがずっと「面白く」「続きが気になって」読んでもらえるはずです。

その柔軟さと判断力が編集者に無かったとなれば、漫画面白くできなかったのは作者だけの責任には留まりません。

私はそう考えます

7.SNS媒体での発表のリスクについて

ツイッター年齢制限がありません。誰でも登録できます

ツイッター機能として、登録者の興味のある事柄から自発的検索しなくても、プロモーションフォロワーいいねがTLに流れることがあります

日夜ツイッターではプロアマチュアを問わず真の意味で赤裸々な「漫画」が、作り手の欲望善意によって公開されております

読み手は気軽にそれらを楽しむことができます。なんの警戒心もなく、それを読めるのです。

まりツイッターを利用している未成年の、思春期の「腐女子」あるいは「腐男子」達も、この「腐女子カースト」という作品を目にした可能性が高いと言うことです。

今この文書を読んでいるあなたは、どう感じるでしょうか。

腐女子は皆が皆、18禁作品をたしなむ訳ではありません。未成年で、好奇心不安を抱えたまま腐女子世界に飛び込んだばかりの人達現実世界では未来ある学生達がそこにいるのです。

悪意に慣れていない少年少女も当然いますもっと幼くて、ただ漫画というだけで熱心に読む子も居ます。今は内容がわからなくても必ず影響は残ります。『顔芸』と呼ばれる大ゴマをつかって笑わせることは、どんな幼い子供にも通用します。

子供達に対し、自由想像世界に生きる存在であったはずの腐女子達の中に「カースト」が存在するなどと言い含め、ある嗜好を持つだけで現実では最下層の証明になるのだという差別意識を植え付けて、その子たちの無意識に色眼鏡を与え、自尊心を摘み取ってしまっていいのでしょうか。

自分もどうしようもない存在から笑って許して欲しい、などと言う虫のいいお願いを「いい大人」が子供果たしてできるでしょうか?

それとも子供達も自分と同じ目に遭いつらい人生を歩めと言うのでしょうか?

あの時から今もなお続く炎上は、腐女子ひいてはオタク達の怒りでありながら、撒かれた毒を浄化しようという一心不乱の活動でもあるのです。

それが見えない露悪的な人達はこの騒動冷笑しています。私はそれを、昔の自分のように恥じています

これについては個人の快不快に留まる問題ではありません。会社ではなく、一個人があのような悪意を撒いたとしても、彼らは同じように行動するでしょう。

わずかな露悪的な読者層を取り入れるために社会倫理無視して行動したのであれば、そうした会社に集まるのは、いっそう露悪的で短命な漫画ばかりとなってしまうでしょう。

8.倫理と信頼と商売関係

このような感想になってしまいましたが、改めて、私は自由創造性というもの尊重したい側です。

同時に面白くないと思ったもの面白くない、酷いと思えるものを酷い、ノットフォーミー(自分向けではない)な作品はそうだと言える自由もまた有ってほしいと思います

商業作品においてもアマチュアであってもそれはかわりません。ただひとつ願うのは、描き手と読み手企業購入者、互いが互いに優しい形でそれが実現することです。

作品の話になりますが。

今回の騒動を見ていた時に同レーベルの「こじらせブスの処方箋~見た目を気にして病気になりました~」という醜形恐怖を描くエッセイ作品と作者が気になり、こちらは購入しました。

内容は「腐女子カースト」よりも読めました。やりようによっては幾らでも面白くなる題材だと思いました。たった一冊の本では描き切れないはずなのに、始まりから消化不良のまま、読み終わってしまいました。なぜ充分に生かせず、彼女は次々と過激タイトルの新連載に移ってしまったのでしょうか。彼女無料公開している作品を見ていましたが、やはりどこか無理におどけている様な、抑圧されているような、物足りなさを感じてしまいました。

他の主力作品ヘテロ恋愛や性事情を題材にしたものや実録系が多いようです。WEB雑誌系のスポンサー出会い系美容系で占められていることと関係しているのでしょうか。それらへ興味が向くように迎合した作品作りをすることも、おそらく企業戦略としては正しいのでしょう。

しか果たしてそれは、自由創造性でしょうか?

自尊心の低い女性や、夢を求めて来た外国人や、年齢や身体のどうしようもない特徴で偏見に晒された、「世間ちょっとずれた」弱い立場の人々を集めて「見下す対象」を作り抑圧することが、今のレーベルでの狙いなのでしょうか?

そうではないとする証拠が、今回の騒動の中にあったでしょうか?

今連載されている作品達に、作家達に、充分に示せているでしょうか。

そうした雑誌ジャンル伝統的にあることを私は知っています

会社の内部事情について、私は一切知り得ません。

善悪を私が断じることはできません。ユーザー文句をいう事は出来ますが、断罪するわけではありません。

誰かの表現を止めることはできません。

一度出した表現は別の表現で塗り替えることしかできないのです。

多くの人にとって良くなければ、出資するほどではないと思われれば、自然と読者は離れていき、伝統はそこで終わるだけです。


9.おわりに

今回の感想を書く上で、障害者や、性的マイノリティについて書かなければならなくなりました。

それらを教えてくれた人々は、私の大事な読者達です。

私はかつて、仕事をやめたのと同時に、しばらく普通でいることを休もうと思いたちました。世間や周りに合わせようと無理をするのをやめて、家に籠りました。趣味漫画を描くうちに、私は作品を通じてツイッターで人と繋がりました。

読者のフォロワーの一人が、家庭の事で「爆発」し鍵垢で叫んでいた所に遭遇しました。私はその言葉を丁寧に読みました。

私が知り得る知識を総動員して、望んだ人生が歩めない悲しみを、それを他人から非難される恐怖と怒りを一生懸命想像しました。私は彼女問題提起を注意深く見定めようとしました。

リプライではなく空リプで、一緒になって怒り、一緒に笑い飛ばしました。それは一時のSNS上のやりとりでしかないし、実際に顔を合わせる間柄ではないですが、今でも彼女との交友は続いています

上下はありません。私の意見押し付けたわけではありません。

私と彼女は、対等な互いの読者として、信頼する友人として存在しているのです。

彼女理解を諦めて無視したなら、きっとこうはなりませんでした。

信頼関係の構築に大事なのは性格ではありません。ただ己を一度引っ込めて、わからないなら真摯に聴き、調べ、深く考えた上で言葉を使うことが大事だと私は気付きました。彼女が暴れすぎて収拾がつかなくなるほど傷つかないように、考えて行動することでした。

それは自分作品を作る時と同じでした。二次創作で『推し』を見つめて、彼あるいは彼女がどう行動するか考える時と同じでした。

彼女達の苦悩の間に、それでも己自身肯定する言葉があると、パートナー子供を心から愛している気配を見つけられると、私は安心できました。

他人の心の傷を全て想像出来るわけではありません。自分の心の傷に触れられることがあれば、動揺してひどい言葉を投げかけることもありました。ブロックされることもありました。しかしそれは、多くの人がそうなのです。ぶつかり合うことも距離を置くことも恐れてはいけません。本当に知りたいと思うなら、何度でも内省し正しい目で観察すべきなのです。

彼や彼女達が教えてくれた人生エピソードを、私はそのまま作品に描く気にはなれません。自分自身人生すらも。

作品には力があります祈りにも呪いにもなり得ます他人自分幸せにさせられるし、同時に破滅させられます。それほど重く、他人が口出ししてはいけない価値観が誰しもにあるのです。

一度発表したもの簡単に無かったことになりません。丁寧に積み重ねた善意よりも、悪意の一撃の方が取り返しがつかないこともあるのです。

それから私は、世間からちょっとずれた自分感性を、注意深く噛み砕いて、善か悪かも断定しないように、フィクションに載せて描き続けました。自分が好きな作品がどうして好きなのか、どう世間と噛み合わないのか、深く深く悩み、考えました。それを読んだ人達の中に、共感して会いに来てくれた人が何人も居ました。ゆっくり時間をかけてですが、心から対話をすることが出来ました。

世間からちょっとずれた人々にも悲しみがあります。楽しみがあります。それを見下して、ただの自虐的な見世物にして終わってはいけません。

良き人生として昇華すべきなのです。自分自身のために。

漫画を描いている人々、漫画マネジメントする人々、今まさに伸び悩んでいる方に、今一度向き合って頂きたいのです。

「本当に長く愛される作品」というものは何か。

説教ではありません。私自身がまさに悩んでいたから、これからも悩み続けるだろうからこそ、一緒に考えてほしいという願いです。

ただ楽しいから、ただ涙が止まらいから書くというだけでも充分良いのです。書き上げてから、少しだけ手を止めて、考えてほしいのです。一時の利益のために道を見失わないために。


ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

ハンドルネームペンネームも、いくらでも変えられる世界です。それは責任放棄することと一緒ではありません。

今回は匿名での投稿ですが、私は私の思ったことをできるかぎり真摯に見つめ、影響を考え、投稿に至りました。それが少しでも伝われば幸いです。

私の活動がいつか誰かの人生と交わることもあるでしょう。

その時には、互いに今より優しくなれていると良いなあと、願っております



追記

これを書いている間に、『COMIC維新りあら』公式ツイッターからお詫び文が出ました。

配信停止までやる必要はなかったかと思いましたが、仕方のない判断かもしれません。

また一冊の本が燃やされたと感じました。

2019-01-21

40歳くらいになったら死にたい

未来希望がなさすぎて死にたい

ただ若いうちなら未来なんかなくても勢いでなんとかできるかもしれないから、なんともならなくなったら死にたい

予想だと40歳くらいでなんともならなくなる気がする。

世の中みんな私より優秀だから死にたい

学歴職種年収、見た目、コミュ力といった社会的地位が優秀だったり

どんな苦境でも努力を怠らない、人に優しい、といった内面が優秀だったり

異性に興味を持てる、運動神経がいい、など生物学的に優秀だったり

ああ私ってそういう優秀さが見当たらない、無能だ。

旅行してみたり運動してみたり勉強してみたり働いてみたり趣味に勤しんでみたりするけど内面が輝いてないから上っ面にしかならない。

自分も親も健康幸せなはずなのに辛い方を見て人生嫌になってるあたり性格悪い。

なにかの病気でもないのに暗いことばかり考えてるあたり性格悪い。

頑張ってる子を見て嫉妬して「でも私のほうがこの点では頑張ってるし」とか思っちゃうあたり本当に性格悪い。

こういうの知り合いに見られたくなくて匿名で書いちゃうあたり救いがない。

何もできなくて何も生み出さないなら生きている意味なんて親を悲しませないことくらいしかない。

でもこの前「お母さんの期待とか気にせず好きに生きたらいいんだよ」と言われたので親の目を気にせず早死したい。

まれてきてごめんなさい。

明日仕事死にたい

2019-01-19

anond:20190119184506

あのおっさんは相当こじらせてるからめんどくさいんだよ

本人の内面的には間違いなく男なんだけど、外ヅラだけは可愛い美少女として見てほしいという願望があるから

2019-01-17

自分で選んだことじゃん

なるべく言わないように気をつけたいと思っている言葉が、「自分で選んだことじゃん」ってやつ。

個人的体験に紐付いてこの言葉をあまり言いたくないと思ったので、簡単自分語りから始める。

僕は自宅から勤務地までがそこそこ遠い。県を一つまたいで、ドアtoドアで2時間半弱といったところ。

朝は早いし、必ずしも早く帰れるわけでもないので、必然睡眠時間が短くなる。

睡眠時間が短くなると頭は働かないしメンタルの方は弱ってくるしで、泣き言を言いたくなる。

職場まで遠いか寝不足でつらい、と言うわけだけれど、そこで出会ったのが「自分で選んだことじゃん」という言葉だった。

何も間違っていない。間違っていないんだけど、それを言われると本当に立つ瀬が無い。口をつぐむしかない。愚痴くらいは言わせてほしい。

このある種の自己責任論はとても息苦しい。何も言えなくなってしまうな、と思う。

自分の外部の環境に原因を見出し自分は悪くないと言いたくなることや、改善したいからこそ自分の外部の原因を探すことだってあるのに、自分内面問題にされてしまうと、甘んじてこの辛さを全て引き受けなければいけないような気持ちになる。

つらいことや失敗があったときに、自分でね、これは自分責任だって自己帰属するのはいいんです。

他人に言われると、何も言えなくなってしまうんです。

ましてや疲れているときなんかは正常に思考が働かないのだから自分責任他人責任環境責任、などをきちんと分けて考えることなんてできやしないんです。

そんなコンディションで「自分で選んだじゃん」なんて言われると、それを無条件に受け入れざるを得ない瞬間だってあるんです。

ということで、自分が嫌だったことはなるたけ人には言わないようにしよう、の精神で、「自分で選んだことじゃん」をなるべく言わないようにしよう、言うにしても状況をきちんと考えようと思ってるよ、って話でした。

この言葉で奮起できるパーソナリティの人や、状況なんかもあるんだとは思うんだけれど、叱咤激励にならないんだとしたら建設的な声かけには微塵もならないような気がしている。

anond:20190117130406

サイクロプスは顔とかより内面キモイ。すぐ暴走するし。

ウルヴァリンちゃんと殺すからなぁ。

パニッシャーといい、向こうの連中はそういうの好きなんじゃね?

綺麗事言って毎回逃げられるヒーロー連中よりも

2019-01-14

人生うまくいかない

人生うまく行ってない

彼女正月明け早々音信不通になるし

セフレとはなかなか予定合わないし

新規の子詐欺写メばっかりだし

ファック

ところで、ちんこ付いてる奴が女風呂に入るの許されるのかどうか?

みたいな話がありますが、

女性側の意見

内面が女かどうかを判別するすべがないから外見で判断せざるを得ない

女性(外見は男)の意見

・全員が全員手術しないと銭湯にすら自由に入れないのか!不自由だ!

と申しております

まあこれは女性(外見は男)の意見を通すのは無理でしょう。不自由であるべきだ。まだ。

だって判別方法が全くないんだもん。

私たちはただのきのこです。毒キノコじゃありません。

って言われてもいや喰ってみないとわからんやん。

じゃあ、喰ってみようか。とはならん。普通に

もちろん尊重すべきではあるんだけど、"内面が女かどうかを判別するすべがない"という問題解決するまでどうしようもない。

これ、スパイとかと同じで

・私は味方です!全て話を聞かせてください。

と言われても

いや、お前スパイかも知らんやん?無理やで。

ってなるやん。

嘘発見器が出来るまで待とうね。それか混浴に入ってあったまってきてよ。

2019-01-11

シュガーラッシュオンライン感想

まとめ:「インターネット世界を最新のCGアニメーション表現」「ディズニープリンセスが多分長編映画としては初の全員集合」など、個々の要素はそれなりに魅力的な映像となっているが、それらが上手く噛み合ってなくて一本の映画としては冗長でいて唐突な話だった。

あらすじは公式サイトを読んで貰うとして、

話は「(主人公達のせいで)ゲーム機ハンドルが壊れたので、ゲームキャラクターの居場所を守るためにゲーム機撤去される前に新しいハンドルインターネットでゲットしよう」という話と、「平穏だが退屈な故郷ゲームセンター)を出て、新しい刺激的な世界オンラインゲーム)に移住する若い娘と、それを受け入れられず暴走する父親ないし恋人存在の男」という話が前半と後半で切り替わる。

まあその話の筋自体は良いとして、冒頭に挙げたインターネット世界描写とかプリンセス大集合とか、予告編映えするシーンは実は本筋にあまり関係ないんだよね。話としてはプリンセス軍団はいなくても成立するし。YouTuberで金を稼ぐくだりも結構長かったけど実はその間話の展開が停滞してたわけで…そういう「単体の映像としてはキャッチーだけど映画全体に対してはあまり寄与していないシーン」が多かったという印象。商売としては予告編映えするシーンが多い方がいいんだろうが。

個人的独断偏見で言えば、本当はオンラインゲームスローターレース)内でもっと話を展開させるべきで、なんとかっていうかっこいいお姉ちゃん(娘の方の主人公が憧れる存在)の内面もっと掘り下げるべきだったと思う。結局余計なことに時間を費やしてやることやってない感じというか観ながら「これ、どーやってまとめるかすごい悩んだ感じがする…」と思った。

同じ監督ズートピアもっと引き締まった映画だったので、やっぱりジョンラセターが抜けた穴は大きかったのだろうかとかスタッフロールを観ながら考えた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん