「内面」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内面とは

2017-10-18

セックスに飽きる

付き合う前は中学生や猿みたくこの人とやりたいやりたいって思う。

そんで無事に付き合ってから三ヶ月くらいは週4そこらでやりまくる

そのあたりで急にフッとその女性との性交に飽きてしまう。

女の方は付き合いたてのように激しいセックスしたり、ちょっとアブノーマルプレイしたがったりするんだけど、こっちはその頃にはもうあんまHしたくなっちゃってる。

別に嫌いになったわけじゃなく、逆に内面の方により惹かれて一緒に横になってるだけで幸せだなぁとかは思ってる。

こういう人黙ってるだけで俺だけじゃなくて結構いるんじゃないかな。どうすればいいんだろうなー。

美人死ぬほど嫌いだ

外に出るといつもそう感じる。私は美を盲信している。

完全に病んでいる


数年前、SNSで知り合った女の子がいた。共通趣味(ゲーム)で知り合った。

彼女はとんでもなく美人で、そして頭が良かった。周囲の男にちやほやされていた

当時今よりも醜くて馬鹿正直で人を疑うことをしなかった私は、美人の手によって狭いコミュニティから迫害される事となった。

美人は周囲の男に有る事無い事吹き込み、さらインターネットに私の個人情報をばら撒いた。

美人の話を信じた。私には弁明の機会すらも与えられなかった。

私はただ同じ趣味人間と仲良くしたかった。

それを美人の力で全て壊された

私が何をしたのだろう。

結局、美人に傷つけられるような出来事高校大学と3回起こった。全て違う環境下において。



私がどれだけ内面を磨いて、努力して、能力を持ったとしても美人はそれを壊す。

美人はブスを踏み台にする。

美人は私の人権さえも奪う。





私はどうしたら美しくなれるのだろうか

美容整形をするべきなのだろうか

もしそうして美しくなったら、皆仲良くしてくれるのだろうか

私の心の闇は無くなるのか

コメントにて「内面もブスwww」と罵られるのだろうか

それなら、醜い心を美しくする方法を教えてほしい


外で美人を見るたびに冷や汗が出る。心臓バクバクして強烈な希死念慮に襲われる。

完全に病んでいる




私も美しくなりたい

2017-10-17

結婚できない女の特徴が分かった

当方30代の男性・既婚。

最近結婚できなくてほんとに焦ってる知り合いの女性たちを見て、共通項を発見したので共有させて下さい。

女A40歳…元々ぽっちゃり目ではあったが、それでも背が低くて可愛くて巨乳

数年前当時は、話の半分は海外ドラマ、もう半分は職場の同僚の悪口かうわさ話。せっかく可愛くて巨乳なのに、話を聞きたくないので、エッチはしても付き合う気はなくす。

ひどい職場だったのかも知れないが、人の悪口ばっかりだと、こちらはコミュニケーションしたくなくなる。相づちしか打てない。結果、好きになれない。

何年か会わない間に、デブと言っても差し支えないほどに太っていた。彼氏にふられて仕事に打ち込んだせいらしい。ただ、元彼とエッチはしてる。性欲は強い。

ジムに通った経験はあるが長続きせず、今は痩せる気は無い。

結婚をしたくてしたくて、近年ついにお見合い会社登録した。会社から紹介された男性と会った話も、9割は愚痴悪口自分のことは棚に上げている。どんな人と結婚したいかたずねると「ハワイ結婚式をしたい」と答える。

結論として、Aは自分でも男性になにを求めているのか分からないうえに、内面からモテようという努力をしていない。オススメするのは、食事でも飲み会でも、自分の喋ったことを録音ないしは録画すること。そしてできれば字起こしすること。自分が何を喋って、それが人にどんな感情を抱かせるかを実感して欲しい。


女B37才…ぽっちゃり目で巨乳。性欲強い。高学歴なのに職を転々。長く続かない。酒癖が悪く、飲むと人の話を聞かず延々としゃべる。周りがドン引きなのに気づかない。美容などに関心は高い。ジムに通った経験はあるが、「トレーナーと合わない」などの理由で通うのをやめる。今は痩せる気は無い。

喋りはうまく社交性はあり、友達も多いので合コン参加も多くて出会いも多い。しかし付き合うより前に性交してしまうことが多いので、付き合うのに至らなかったり浮気されたりするらしい。

結婚して子供も欲しいがなかなかい相手が見つからない。

結論として、まず、人が喋るのを最後まで聞くこと。聞いてからリアクションすること。自分の話を3割、相手の話を7割くらいの意識にすること。

2人(本当は他にもいるが、眠たいので2人にする)の共通項としては、ぽっちゃりなことと、コミュニケーションに何があるということ。

ぽっちゃりなのは、もしかしたら、自分に甘い、我慢ができないという性格生活習慣に具現化したのかも知れない。食べるの、飲むのを我慢できない、喋りたいのを我慢できない、セックスしたいのを我慢できない、などなど。

そしてコミュニケーション。Aについて。人の悪口は言ってもいいと思う。それでガス抜きになるのなら。ただ、程度の問題と、それを聞き続けている人の表情を読み取れないのが問題。読み取れれば、話題を変えるなりなんなりできるはず。読み取れているのに人の悪口を言い続けるのはもう救いようがない。

自分の話しばっかりで人の話を聞かないBも、それで人がどう思うか、というのが分からないのが問題。因みにBは自分が話を遮られると、即キレます自分他人を置き換えることができない問題とも言える。

こな2人には忠告はしたかったが、結局はできなかった。だってあなたもっと人の話を聞いた方がいいですよ」とか「あなたは人の悪口あんまり言わないほうがいいですよ」なんて言ったら機嫌を悪くするのは目に見えるから。言ったらセックスできなくなっちゃうし。同僚とか親しい同性の友人とかは注意してあげないんだろうか。

ちなみに今回は2人を紹介したが、皆さんの周りにも同じような人がたくさん居ると思う。

一時的にはこれで良くても、アラフォーになる頃に治ってないと、手遅れになる好例でした。

2017-10-16

anond:20171016171014

恋愛に向いてない、魅力に欠ける人間なんだと思う。

自分内面にこだわらず地味に生きていきたい。」

→まったく意味からないんですけどw

https://anond.hatelabo.jp/20171016161238

外見にお金をかけている女性お金持ち男性しか興味を持たないですが、趣味お金をかけている女性男性内面しか興味を持たないです。

2017-10-14

[]

その女アレックスを読んだ。滅茶苦茶面白い物語だった。面白いという表現苛烈な内容にそぐわないかもしれないけれど、復讐正義をめぐるスリリング物語だった。

三部に関して、視点の入れ替わりが頻繁でちょっと読みにくいところがあったけれど、それ以外は手放しで称賛してしまいたいくらい完成された小説だった。

文章も軽妙で読みやすく、登場人物個性が際立っているけれど、現実的ラインにとどめているところが好感が持てた。過不足なく主要人物の内面も描かれていたのがすごいと思う。

内容に関しては、一部が逃亡編、二部が追跡編、三部が解明編という感じ。これ以上記述すると、読んだ時の衝撃なり感動が損なわれる気がするから書けない。

でも、とにかく面白かった。何十万分も売れた小説からもう色んな人が読んだんだろうけど、遅ればせながら周りの人に勧めたくなって、衝動的に感想を書いてしまった。

秋の夜長に読もう!

追記

悲しみのイレーヌがシリーズ第一作じゃねえか! 文春文庫許すまじ。

2017-10-13

😃はてな民ってさ、外見だけかと思ったら内面も幼いよね。

2017-10-11

好きな絵を観るのが苦痛

私はイラスト制作や、美術館鑑賞が趣味である”はず"である

だが、その趣味が近年は苦痛である

他にやるべきことがあるのに趣味を楽しむべき時期でないとか、他鑑賞客のマナー辟易しているとかそういうものもあるが、むしろ内面的な問題の方が大きい。

絵は好きなのだが、観ていると遣る瀬なくなってきた。

私が絵画鑑賞をするきっかけは、両親の影響が強い。

私の中学時代美術部(とは名ばかりの、漫画ゲームの絵を描いていた部活だった)に所属し、毎日好きなゲームキャラクターイラストを描く、よくいるありふれた子だった。けしてうまくはないけど情熱はあったと思う。

高校受験時の進路として、美術の基礎をたくさんやれるところに行きたいとぼんやり考えていたが、親の猛反対を喰らった。

いわく、「おまえの絵にはセンスがない。基礎もなっていない。」という指摘である

基礎を学びたいからそういう学校に行きたいのだが、と伝えてみても「本当に絵を描きたいやつならば、そこらへんにあるものを題材にして描けばいいのにおまえは描かない。笑わせないでほしい。」といったことを言われた。

(確かに描くものなんぞそこらへんに溢れているし、その気になればそのへんのカゴでも満足いくまで描けばよかったとは思う。おまけに、我が家には石膏像もあるし環境としては揃っていた方ではあったかもしれない。)

家族さらに続けて「おまえは絵がわかっていない。もう少し他の画家の絵を見て、どんなもの評価されるかを勉強したらどうだ。」といったことを言ってきた。

かに漫画絵やゲーム絵ばかり見ていてもよくない。その指摘は一理あると思い、それ以来何かあるたびに美術資料を眺めたり美術館写真展示会に通うきっかけになっていった。

大学こそは美大に行きたいとは思った。しかしまたしても家族に「ああいうところは、もう既に基礎ができあがっている人間が鍛えられるところ。おまえが行くべき世界ではない。」と言われた。

他にも2~3ほど進路選択で揉めてしまい、とうとう情熱よりも面倒くささが勝って、紆余曲折があり今現在美術とは違う進路を選んだ。

(今でこそわかるが、当時我が家経済的に相当逼迫しており、お金がかかるかつ親の知識価値観からすれば将来性が不安定でありがちの美術系には猛反対したかったのだと思う。)

話は少し変わるが、私には母方に年下の三姉妹の従姉妹がいる。

その三姉妹は全員、美術系を専門にやる高校に進んだ。

加えて書くとその高校は、私の母と三姉妹の母(すなわち私から見ると叔母にあたる人なのだが)の、母校にもあたる。

三姉妹が通っていたときは母と叔母はその話でよく盛り上がっていて、従姉妹の誰々が陶芸でなんちゃらをやっているようだ、従姉妹の誰々が文化祭でこんなすごいものを創った、従姉妹の誰々が賞を獲ったらしい、などとよく聞かされた。

しかしその度に 「私も行きたかった世界なのだが。」という気持ちがどうしてもこみ上げてきてしまっていた。

三姉妹のそれぞれが高校卒業後に美術とは関係ない職業に就くことになっていると聞いたとき三姉妹には申し訳ないが「やはり美術では食えない程度の実力で、美大に進む金も度量もないのだな。」と思った。われながら性格が歪んでいるとは思う。

そうして、とりあえず美術館にいく趣味だけは残った。

おそらく私自身の絵画芸術における審美眼は、ある程度は肥えているとは思う。明らかにサブカルファッションのために行くのではなく、きちんとした芸術鑑賞であるあくまで、絵を描かない人間として、だ。

ただ、食うために絵を描くわけでも絵を観るわけでもないのに、シビアな物の見方ができているのがキツイである

アマチュアが描く絵を見て「頭蓋骨が陥没している」「手足のバランスおかしい」「内臓はどこに入っているのだ」「下手ですみませんと思うのならそもそも上げるな」「昔の絵を批判しておきながら、視点誘導もなっていない絵を平気で自画自賛するな、見苦しい」という疑問や批判が、頭の中から離れない。

もちろんお世辞で「わあ、可愛らしい絵ですね!」とコメントすることはできても、別にからその人の技量に関して賞賛しているわけではない。

その人がその絵を描くことに関する時間技能を捧げることができたことは幸福であり、それを賞賛しているに過ぎないのだ。

しかし仮に、私が美術の道に進んでいたとしても中途半端に終わっていた可能性もある。自分の絵のセンスの無さに絶望して、とりあえず美術教師にでもなっていたのではなかろうか。

(これは私の気質問題であり、断じて美術教師の職に就いている人を指して批判したいわけではない)

どうしようもない過去に想いを馳せ、ぼんやりとした暗い気持ちを抱えたままで美術イラスト鑑賞をすることが、ときにたまらなく辛くなる。中途半端に持ってしまった、虚しいプライド画力を抱えたのも相当厳しい。

なぜ自分は絵を観ているんだろう?たまに絵を描いてしまうのはなぜだろうか?

どうやれば、純粋に絵の世界を楽しめるのだろうか。なにかいっそ別の趣味を見つけた方がいいのだろうか。他にもこういう人がいないか、ついつい考えてしまう。

2017-10-07

共産党支持者が意味不明

共産党支持者で貧困系のNPOでもボランティアしてるやつがい

普段からネットでの生活保護者叩きとかに怒ってるようなやつ

なのに俺が体調崩して生活保護受けることになったら、何故かめちゃくちゃ傷つくようなこと言ってきた

詐病じゃねーの?とか、働かなくていいとか羨ましいとか

ようはやつにとっては、生活保護者を叩くネトウヨと戦ったり、水際作戦してる役所人間を怒鳴り散らすのが好きなんであって

弱者に寄り添うとか、救済とかを重視してる訳では全然ないってことだ

怒鳴り散らす、棍棒でぶっ叩く大義名分が欲しくて政治活動やってるんであって

目的あくま相手を叩き潰すことにあるらしい

正直ベクトルが違うだけで、内面的には全くネトウヨと一緒なのだ

その方向性が右からなのか左からなのかという違いでしかない

今までは政治活動なんかに少しは期待したり、尊敬気持ちを持ってたのにこの一件で一気に冷めた

政治活動してるやつらには近づかない方がいい

共通してるのはならず者ってことだけだ

anond:20171006180248

求めるものの違いだろうね。

辛くてしょっぱい物が好きな男と辛くなくて甘いものが好きな女が激辛カレー屋に行ったら、女は内心怒ったけど顔には出さず、男は心から楽しんで次も一緒に行きたいと思った。程度の話。

女性に多い「空気よめ」は、男から言わせてもらうと「態度に出せ」ってだけの話。

まあ「空気よめ」って意見は大体の男は理解はできるよ。男にとっては難しい技能だけど、有用からね。

だけど「態度に出せ」ってのは、ほとんどの女性理解できないんじゃない?女性積極的に態度を隠して空気を読む文化を大切にしているから。

奇麗な言葉にまとめると、表面の言葉を大切にするか、内面の心を大切にするかの違いってかんじかな。

2017-10-04

anond:20171004185107

オタクに限らないか

自分は2次元ツンデレはだいたい好きだけど、3次元ツンデレ女はめんどくさい以外の何物でもない

次元限定でいいなと感じるのは物語を通じて神の目線

内面の深い部分込みでキャラを知ることができるからだと思う

2017-10-03

[]

白砂を読んだ。ものすごく物悲しいエピローグだった。ラスベガスでたくさんの人が亡くなったけれど、シリアでも日本でもどこでもそうなんだけど、唐突に死を迎えなければならない人生やら無念やらがあるわけで、そういった人々の営みに思いをはせると猛烈にやるせない気持ちになる。

今回読んだ白砂って小説は、かなり読みやすい部類の物語になっていたと思う。軽妙な会話文もさることながら、長ったらしい情景描写もないし、最初こそ雰囲気に軽さが感じらて微妙だなあって思ってたんだけど、最終部の展開に至るころにはどっぷりと人間関係の難しさに呑みこまれていた。

途中で反省したんだけれど、どうも漫然と読み進めてしまうきらいがあるせいで、中盤辺りまで過去現在物語に登場する人物勘違いしてしまっていた。女性が話者になっている部分を、被害者母親の話だと勘違いしていたんですね。

ボルという人物名が出たあたりでありゃあこれは違うぞと、でもってああ、きっとこいつが犯人なんだろうなって予想したんだけど、最後の展開で予想のさらに上を行ってくれたのでとても満足した。騙されたというか、作者の術中に徹頭徹尾まんまと嵌められたわけなんだけれど、その弄ばれた感が心地よい読書感を与えてくれた。

そこに加えて最終部のエピローグですよ。事件被害者である小夜にクローズアップした一場面が短く描かれるんだけれど、これが本当に胸を打つ。小夜の内面エピローグプロローグの二つでしか主観で描かれていないんだけど、それがまた効果的に感情を揺さぶってくるんだ。

なぜこんなにいい子が死んでしまうんだって。どんな理由であれ、人の命を奪うことに対する憤りを喚起させる構成になっているように思えた。

結末が本当にぐっとくる作品から、ちゃんと最初から読み進めてほしい一冊でした。

2017-10-01

おばけの先生いいねが辛い。

Twitterでおばけの先生いいねがTLに流れてくるのが辛い。

フォロー外せばいんだけど。

いいねRTよりもっと内面の発露というか、エグいのが流れてくることが多い気がする。

普段そういう発言しない人でも、政治的なのとか差別的なのとかがいいねで流れてきて、

別の顔を見せられちゃう感じ。「いや、そういうのみたくないんですけど」ってなる。

自分スタンスが合わないと、地味に辛い。

2017-09-30

anond:20170930093744

なんだお前w

容姿いじめは「いじり」だから内面いじめより全然問題ないと言ってるのか

やっぱり声の大きいゲイ自意識過剰のろくでもない人たちだと思った

ほんと最低だな

2017-09-29

保毛尾田保毛男は「問題ではない」のか

まず始めに。

僕は高校生であり、ゲイである

その事は一部の友達しか話していない。

さて。

いま、Twitterトレンドに、保毛尾田保毛男とある

僕はまだ高校生なので、このキャラクターのことを知らなかった。

からその名前エゴサして、初めて知った。

保毛尾田保毛男、彼は昔、お茶の間を沸かしていた架空人物だということ。

当時、彼の真似した人が大勢いたこと。

そして、多くの同性愛者含むLGBTQの心を密かに痛めつけていたということ。

僕の率直な意見は、「フジテレビはなんてことをしてくれたんだ」だった。

確かに今から30年前と言えば、同性愛者らにそう言った「負のイメージ」が付き纏っていた頃だろう。「ホモ」という言葉も、「オカマ」という言葉も、テレビで平然と流れていて笑われていた、そんな時代

しかし、今やこれらは「蔑称」として扱われ、少しずつ使われなくなっている。

今回の件で問題だったのは、「30年前、『蔑称』で取っていた笑いを、今の時代地上波で流してしまった」ことなである

見た目もそうだ。

彼の姿を見た人なら分かると思うが、あれが「ホモなのだと扱われたら、どうだろうか。

僕は中肉中背の何処にでもいるような男だ。言わなければ、ゲイだと疑われることはない。

人間がそうであるように、ゲイだってみんな違う顔であるし、違う喋り方であるし、違う姿をしているのだ。

あのような「『イカニモ』なイメージ」で作り出された見た目に、僕は不快感を覚えてしまった。

さて、僕はこれまで、保毛尾田保毛男に対する自論を述べてきた。

あくまでこれは「ゲイ総論」というわけではなく、僕という人間の一意見である

エゴサーチを掛けてみれば、保毛尾田保毛男を擁護する声も、沢山見受けられた。

「保毛尾田保毛男は保毛尾田保毛男というキャラクターであるから同性愛者を差別しているわけではない」

「すぐ差別だと言われて自粛してしまう、これだから日本テレビはどんどんつまらなくなっていく」

等々。

中でも僕が目を引いたのは、「それなら禿げている人をネタにするのはどうなのか」という意見である

これは個人的見解であるが、コンプレックス的な部分を「当事者が」自虐的な笑いを取るのは問題ないと思っている。

しかし、そのコンプレックス当事者ではない人が、当事者であるような立ち振る舞いをして笑いを取るのは、些か問題があるのではないかと考える。

その場合、「客観的に見た」ものしか作れないのだ。

当の本人がやれば、同じような境遇の人が味わった、表面的ではない主観的意見表現することができる。

しかし、第三者がやれば、偏った表面的な部分しか理解できていないのだから、ただの独りよがりになってしまう。

実際、保毛尾田保毛男は、あくまで「ホモ疑惑」という設定ではあるものの、偏った意味合い視聴者に持たせてしまっているのではないか

今、やっとLGBTQは日本で陽の目を浴び始めている。

今回これらを放送したフジテレビも、LGBTQのイメージカラーであるレインボーライトアップをしたと聞いている。

少しずつ偏見が無くなりかけていた、そんな時期に、フジテレビは保毛尾田保毛男を登場させてしまった。

そして、「ホモ」という言葉を、再び地上波で流してしまった。

もし、テレビ自分コンプレックスな部分をネタにされた内容が流れたら。貴方はどう思うだろうか。どう感じるだろうか。

保毛尾田保毛男というキャラクターの今回の登場は果たして問題ではないのか。

保毛尾田保毛男というキャラクターは、見た目やその内面名前、全てにおいて笑えるものなのか。

差別でとる笑いは本当の笑いなのか。

身体的特徴、性的指向、それらをネタにして作り出した笑いは果たしてお笑いと言えるのか。

フジテレビには、適切な対応を求めたい。

拙い文章をここまで読んでくださり、ありがとうございました。

けものフレンズプロジェクト本体邪悪なんだと気付こう

この文章は主にカドカワだけを叩いて「けものフレンズプロジェクト」を擁護してる人、に向けて書いてます

カドカワけが悪者、というのは「けものフレンズファンが一番傷付かない落とし所かも知れないけど、

ヤオヨロズ側に原因があると主張しながら、

何があったのかは仄めかすだけで何の説明にもなってない、

首にした」という事実を「辞退された」と言い換える、

糞みたいな文章を発表をしたのはカドカワではなく「けものフレンズプロジェクト」の公式です。

補足1「たつきツイートだって仄めかしじゃん」ってツッコミもあるけど、

首にされる側とする側では持ってる情報量が違いすぎる。

公式発表では8月に入った段階でヤオヨロズが外れる事が決まってるけど、

たつきの8月以降のツイートを見る限りそれを知ったのは降板報告をした9月末だった可能性すらある。

補足2「何が邪悪なの制作会社切っただけじゃん」ってツッコミには

ファンから見れば作品特別大きな貢献をしたクリエイターを切り捨てたという事実がまず一つ。

そして切った事実を8月からずっと隠しつづけてた事が、それを重要事実だと考えてる人達をずっと騙していたという意味邪悪なんです。

知っていたのと知らないのとでは行動(企業側が気にする部分では金を落とすかどうか)が違った人もいるでしょう。

最悪たつきからの報告がなければ二期のビジュアルが上がってくるまでずっと事実を知らされなかった可能性すらある。

ヤオヨロズが作ったアニメけものフレンズ」で見た優しい世界

けものフレンズプロジェクト」に投影してしま気持ちは分かるけども、

ファンなら当然知りたいであろう「ヤオヨロズを切った」という事実を隠し続けて、

いざ発覚したら仄めかししか書かれていない公式発表出して、

降板発覚後の番組では責任者を出さずに声優説明代行させる、

けものフレンズプロジェクト公式側の行動はむしろ優しい世界の対極です。

嫌な事実だけど吉崎観音総監督からヤオヨロズが切られた事は当然知ってたはず。

それで8月以降もたつきリツイートしたり「けものフレンズパビリオン」の宣伝したり。

けものフレンズにおいてクリエイターとして大きな仕事をしたと言えるけど、

意思決定側に参加しながら事実を隠してたという意味では彼の行動は、とても悲しい。

結局ファンが惚れた「けものフレンズ」は末端のクリエイター達の内面から現れたものであって、

けものフレンズプロジェクト」の指揮を取る人達思想行動は全くの別物。

今回の件はそれが現実として可視化された。

ファンが今、何かにぶつけたい感情を抱えているのは理解するけど、

カドカワだけを叩いて退場させても多分何も変わらない。

今の酷い状況が明らかになった「けものフレンズ」を変えたいなら

けものフレンズプロジェクト」の責任者達に対して

今後も続けるならもっと優しくなってくれとひたすら説得するしかない。

それは無理だと感じるなら、せめて惚れたクリエイター達の今後を応援するのが前向きな感情の発露の仕方だと思う。

けものフレンズ」に見た優しい物語が、指揮した人達から現れたものだったとしたら、

現実すら巻き込んだ素敵な物語になってたんだろうなあとか、想像すると悲しい。

2017-09-27

えーでーえいちでー

最近結婚したんだが、自分発達障害じゃないかと疑ってる。

生活態度や色々がホントズボラというか、普通大人ならできるような片付けだとかか出来ず、

その度に奥さんから物凄く怒られる。

先日はついに「気持ち悪い」「もうクン付けで呼ぶのも嫌だ」「エッチもしたくない」と散々になじられた。

そうなると俺はもうまったく反論できず、黙りこくってしまう。

帰宅するなり玄関で怒られていて、奥さんが部屋の中に入って行ったがその後を追う気にならず、

そのまま車に乗って家から逃げ出した。

真っ暗で街頭もない山の中に車を止め、暗闇の中で色々考えた。自分ダメなところとか。

集中力がない

・考えが浅く衝動的に行動しいつも失敗する

・片付けなど計画的物事を運ぶ事が苦手

・外面だけはいいが内面はガキ

努力ができない

etc

自分欠点をもう数えだしたらキリがない。そしてこれらが何かの病気なのではないか?と疑った。

そしたらADHDの症状にピッタリ当てはまる。

これはもう自分ADHD間違いない!となぜか心が躍った。

自分ダメ理由障害であって自分責任じゃない!とかよくわからない矛盾した事を思った。

しろADHDじゃなきゃ困るとすら思っている。

奥さんにLINEして、多分自分病気だ、ADHDから病院に行こうと思うと伝えた。

奥さんからは常々「病気じゃないの?さっさと病院行け!」と言われていたので、今回もそうなると思った。

しかするともう奥さんから見捨てられる可能性も考えた。

正直それならそれで仕方ないな、と思った。さすがに結婚して3ヶ月で離婚とか相当厳しいが、最悪自殺すれば済む話だ。

そう思った。

しかし奥さんからの返事は想像とは違った。

「優先すべきはADHD治療ではないです。その時間があるなら不妊治療受診に連れてけ」

さっきまで「もうHもしたくない」と言ってた人とは思えぬ返信である

っていうかこんなダメ人間との間に子供作ってやっていけると思っているのだろうか?

俺は思えない。

今、深く、深く絶望している。

2017-09-26

内面を見て選んだんだと言ってくれた相手に散々晒し醜態

まさか人生キモの時期をべっとり暗く覆って終わらせてしまうとは

老眼白髪

孤独

2017-09-25

世界との仲直り」が作品テーマになり始めたのはいからなのか

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木もれ陽がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと

――谷川俊太郎「生きる」

生きることだけが大事である、ということ。たったこれだけのことが、わかっていない。本当は、分るとか、分らんという問題じゃない。生きるか、死ぬか、二つしか、ありやせぬ。おまけに、死ぬ方は、たゞなくなるだけで、何もないだけのことじゃないか。生きてみせ、やりぬいてみせ、戦いぬいてみなければならぬ。いつでも、死ねる。そんな、つまらんことをやるな。いつでも出来ることなんか、やるもんじゃないよ。

死ぬ時は、たゞ無に帰するのみであるという、このツツマシイ人間まこと義務に忠実でなければならぬ。私は、これを、人間義務とみるのである。生きているだけが人間で、あとは、たゞ白骨、否、無である。そして、ただ、生きることのみを知ることによって、正義真実が、生れる。生と死を論ずる宗教だの哲学などに、正義も、真理もありはせぬ。あれは、オモチャだ。

――坂口安吾不良少年キリスト

「俺はな、この世界に招かれてない。用無しなんだよ。異世界に行きますか、イエス、ノーって、選んだか? お前は。――俺は選んでない。無断で俺はこの世界に連れてこられた。俺に選択肢はなかったし、招かれてもいないんだよ。お前たちは、招かれたんだろう? だからそうして呑気にしてられるんだろう!?

「ちがう、我々は、誰ひとりとして招かれてないのにゃ」

「お前たちがどうかなんて興味はない。だが俺は少なくとも招かれちゃいない。俺は俺の意志とはかかわりなくこの世界に連れてこられたんだ。この世界は俺を俺の意志とは関係なく、俺を勝手にしようとした。だから俺も世界勝手なことをしてやる。俺は間違ってるか、〈盗剣士〉!」

(中略)

 若者たちは産まれなおすのだ。

 理不尽強制としてこの世に生を受けた幼子は、若者となり、己の意志でもう一度生誕を決意する。

 自分が何者であるかを胸に刻み、望んでこの世界に生まれた二度目の赤子として自分自身人生を歩み出すのだ。それは神聖なる契約であり、人はそうして連なってきた。それが人をいままで繋いできた。

 にゃん太はそれを守るためならば、我が身を灰にしても構わないと思った。ロンダークがそれを知ってくれるのならば、どんなことでもしてやりたいと思った。

――橙乃ままれログ・ホライズン(Route43)」

「私の読んでいる作品では「世界との仲直り」がテーマになっているものが多い気がする」

そう書くと「それは、あなたがの内面がそのように作品を捉えるという文脈にあるからだ」という他者意見が内言として聞こえる

どうなのだろうか

以前は「救済」や「再契約」という言葉表現された“それ”が

現代においては、私においては「世界との仲直り」という形で象徴されているに過ぎないのではないだろうか

人は世界と仲良くできない

世界は時として容易に大切な人や物を私から奪っていくし

世界はすぐに過ぎ去って、私から感傷に浸る時間すら取り去っていく

そして、世界は私から様々なものを奪い取ったその後ですら、私を生かそうとする

世界は私の期待通りには動かない

世界は私の希望や願いを叶えず、ただそこにあるだけである

望むと望まざるとにかかわらず、世界はただそこにあるだけである


今日も、私は世界といがみ合いながら生きていく

小癪な世界のせいで、私は生き続けなければならない

「ただ生きるだけ」では世界の思い通りだ、負けたようで非常に悔しい

(きっと、世界の方もほくそ笑んでいるだろう。顔があるならね)

鼻を明かせるとするならば、それは自分自身世界契約するしかない

理不尽に産み落とされ、理不尽に生きろと言われたこ世界

不貞腐れながら、いじけながら

それでもただ「この世界に生きるために」という本末転倒動機から

人はこの世界と「再契約」を、「仲直り」をしなければならない

いつまでも喧嘩をしているわけにはいかないのだ

喧嘩には“限度”がある

今日も、明日も、世界とは戦争状態

しかし、今は冷戦中、もしくは休戦中である

勝利することはないのだ、恐らくは

しかし、何かを勝ち取る事はあるのかも知れない

私は明日も、ただ生きる

未明に鳥は“諦く”だろうか“噎ぶ”だろうか、それとも“号ぶ”だろうか

私を未来に繋ぐのは、彼が、そして彼女が唱えた通りに「好奇心」だろうか

2017-09-22

こういうニュースブクマをみると、これだけでは何とも言えないとか言ってる人が必ずいて、別に何か判断を迫られてるわけじゃないか心配しなくていいよと思う。

http://b.hatena.ne.jp/entry/news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110601.html


事件の一面を見て勧善懲悪として溜飲を下げるだけで終わらせたくない優しさとか丁寧さ、愚直さみたいなものだと思う。心配とか不安とかそういった類のものではないはず。彼らの留保の表明はそっとしてあげてもいいと思う。

第一審よろしく何かを(特に内面判断してる方にこそ、「別に何か判断を迫られてるわけじゃないか心配しなくていいよと思う。」

オタク発達障害多いと思うけど(主にチンポ騎士のおかげで)個性ってことになってる事案が多い

そう考えると発達障害って結局性的魅力のない男性内面は認めない(労働生産性単位としてのみ認める)みたいな発想からでてきた概念って感じがして怖いと思う

2017-09-21

mixi コミュニティ管理人

すっかり忘れてしまっていた、mixiアカウント

そもそもログインIDとしていたメールアドレスは数年前に削除してしまっている。


何のきっかけかは覚えていないけれど、久々にmixi文字を見て「そんなものもあったよなぁ」と思いつつ、

ふと、自分管理人をしていたmixiコミュニティはどうなったのだろうかと気になった。

クワイヤボーイス、ドレッドツェッペリンみたいな少しマイナーバンドとか、

まり存在意義の無さそうな抽象的な内容のコミュニティを作っていたけれど、

そして人が集まったりするのを楽しみつつも、当時からオフ会をするほどにはあまり盛り上がってもいなかった。


google検索すると断片的にページが見れるようで、各グループも未だに存在している事がわかったけれど、

誰も更新していないし、廃墟のような印象だった。

削除するにもログインするためのメールアドレスが無く、メールアドレス名も覚えていないしパスワードも同様に覚えていない。

どうすれば削除できるのか方法は無さそうなのでこのまま放置するしかない。


ちなみに、Facabookグループはいくつか参加していて国内外の方々と情報交換したりしているものの、

自分グループを作りたいようなテーマは既にグループとして存在しているし、

さら存在意義の無いようなシュールグループは作りづらいというか、本名からまり変な事もできないというか。

それに比べてmixiは、内面的なアプローチ活動ができたといえばいいのか、mixiなりの雰囲気があったし

楽しんでいたとは思うのだけれど、そもそも自分がいつからログインしなくなったのかも覚えていない。

これが流行り廃りというものなのか。

anond:20170921102534

なんか話が噛み合わないね……

一方の思い入れが強いというだけで対等の立場が成り立たなくなると言い張ってるけど、それってまるですべてが自分の思い通りにならないと気が済まないコドモみたい

人の内面(「思い入れが強い」ということ)にまで口出しして、それをどうにかしないかぎり対等の立場なんてありえないってさ

それって育児協力することを交渉材料にして、女性内面まで支配しようという支配欲求の発露だと思うわ

2017-09-19

女は「内面を見て欲しい」とかほざくが、

俺は外見だけ見て「やりたい」と思われる男になりたい。

要は、外見にそれだけの価値がないから、内面なんていうつまらもの勝負するしかないんだろ?としか思えない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん