「稚拙」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 稚拙とは

2018-08-20

anond:20180820003713

メンズデーやっても男が映画館行かないか廃止したんだよ。だいたい日本の男は映画行って楽しもうとしてるか??

たまーに行ってもやれ映像がちゃちいだ、演技が稚拙だと粗探しばっかりしてるのがウヨウヨしてんだろ。

2018-08-16

カゲプロかいうやつが黒歴史になってるワイ氏

8月15日になって信者が騒ぎ出すかと思ってそれに対抗して書いたるわと思ったら今日16日だった

長文すまん、許して、書きたいんや

えー、まぁタイトルの通り

自分クソオタク腐女子、末期

カゲプロ黒歴史ジャンルになってる腐女子じゃ

カゲプロ流行った時、小学生高学年だった

その頃ちょうどボカロ小学校の一部で流行ってた、友人の影響で私もボカロにハマった

そこから数ヶ月経ってボカロ布教してきた友人からカゲプロって知ってる?」って言われた

いや知らんけどって言ったら小説を渡され音楽を聴けと言われ、従ったワイ、†堕ちる†

推しはカノだった

その頃のイキリクソオタク小学生ワイは『知識量こそ全て』っていう今でもよく見る害悪3DSニコ動イキリ小学生みたいな意識に縛られていた

キャラの設定、キャラソンの歌詞、そういうの全部知ってて初めて語れる、みたいな

小学生時分の記憶ってあんまり消えなくて、今でもカノに関することだけは殆ど覚えてる

友人の唐突腐女子カミングアウト、腐モノ布教を経てワイも腐女子になり、カノ受けをアホほど漁った

知識量こそ全てだから色んな作品見た

そこでワイの今の性癖の70%くらい確立されたと思う、ツライ

知識量こそ全てだから色んなサイトに飛んだ

占いツクールとか

フォレストページとか

メル画メーカーとか

あと小説カキコとか

年齢詐称して小説カキコ別館とか行った

で、そこでえっち♡な作品を書く中学生ワイ

あっ、そうそ中学生になって腐女子エスカレートした時にちょうどアニメやってた、アレは作画戦犯

ネットに上げたものって消えないよってよくネットリテラシーとかの講座でよく聞くけどそれはマジで、もう何年も前のHNも初代の時の稚拙文がまだサイトに残ってた、アレは……ッハッハッハ

アニメがクソすぎてだんだん熱が冷めてカゲプロ から遠ざかって何年かしある時、一回悪ふざけで、友人と、自分たちの過去カゲプロ二次創作を見ることにした

ヤバかった

自分アホじゃね?キモみたいな

筆舌に尽くしがたい気持ち悪さ

生理的に無理、自分が今大嫌いなイキリオタク劣化版みたいなのがそこにはあった

そういう、自分がさまざまなサイトやらかしたことが恥ずかしすぎて、無理になった

カゲプロという単語トリガーになって色んなやらかしが浮かんできて、あんなに好きだった小説音楽漫画二次創作も見れなくなった

そうして無事黒歴史

コレは自分が悪いし一方的に嫌ってるだけでこんなの信者の目に入ったらもう即死モンだけど、きっと似たような体験をした人がいるはず

だってpixivとか見るとあの時アホほど大好きだったカゲプロ作品が軒並み削除されてるもん、作者さんはいるのに

からまぁ、書きたくなっちゃった

長文すまんわ、嫌だったらまぁ……何とかして

じゃあ

2018-08-13

anond:20180813212727

そうやって範囲を狭めていく論法なんだよな。

本人は頭いいと思ってやってるかもしれないけど、はたから見たらものすごく既視感あって稚拙

2018-08-12

anond:20180806170851

今更で悪いがトラバされてたから書くけど、バカ特有の「欧米」という括りとその使い方が滑稽かつ稚拙すぎてお前とは到底この話ができるとは思えんなぁ。

じゃあ実例上げろって話でしょ(笑)

壊滅的に頭悪いだけでなく最低限の教養知識もないゴミが話してんじゃねえよ

2018-08-07

anond:20180807055010

この世界には薄っぺらいくせにやたら売れる作品から

重厚なのにうんともすんとも売れない作品である

一つ言えることは、

稚拙でも博識でも何かを作ってアウトプットすることが重要ってことだ。

何も作らず批判だけする奴がこの世で最も価値がない人間だ。

君はどっちだ?

2018-08-02

女医は下方婚しないので東京医大社会的に正しい

しかしやり方が良くなかった。

点数を一律に引くなど痕跡が残る手法はあまり稚拙

面接点や内申点を導入して操作するべきであった。

2018-08-01

ジャンル形成

ジャンル形成される場合にまず必要なのが意志である

そのジャンル足らしめようとする意志である

ここではそれぞれのジャンル本質的意味においての差異を持っているかを論じることはしない

ジャンル形成過程とそれにおいて生まれる状況というのを語ってみたい

まず第一にある一定の傾向を持つと認識される作品群が意識されそれを求めるもの、好むもの達が生じる

ここに需要が生じ供給が生まれるこの時点でこのジャンル過去に対してのそのジャンル類型の再発見ではなく二次的にジャンルのものを扱ったを作品を創出するという過程に至る

またそのジャンルという認識確立が様々な媒体社会に間接的に直接的に影響を与え、様々な領域へと拡散、浸透していくこうしてそのジャンル一定数以上の知名度を得、また一定以上領域拡散するとそこに社会文脈が生まれ

そしてそのジャンルに対しての評価が下される

このジャンルに対しての評価に大きな役割を担うのは二次的にジャンルのものを扱い創出された作品であると考えられる

それらがそのジャンル体現した存在と見られるから

そしてこの時にくだされた評価によりそのジャンル肯定する意志否定する意志が生まれ

この辺りからそのジャンルに対しての本格的な定義付け議論が生まれ

容認される領域容認されない領域の間で少しずつそのジャンル存在可能範囲が確定するようになる

少しこの部分について実例を交えて説明してみよう


例えばラノベというジャンルがあるがこれは軽薄であまり稚拙であるという評価から様々な分野から攻撃を受けており

最も厳密と思える定義の仕方で言えばレーベルという出版社から出版されているもの極めて限定的範囲に押し込められる結果となっている

それどころかラノベ小説文学にさえ含まれないと言った論調すら生まれている

このラノベに対する定義付けは一定解決を見るには至っていないそれは私見ではあるがその共通項がラノベが持つ構造により見出されたものではなく読み手側の持つ感覚により見出されたものからだと思う


次に純文学を見てみよう

こちらに対してはあまり詳しく知らないため多くを語ることはできないが語ってみる

純文学拡散を自ずのうちにやめてしまったように思える

ジャンル差別化を図り自らを自らの内に神格化したように感じる

その結果、彼らは過去に縛られ新しい作品を作る術を失ったようだ


次に私の好きなSF

SFは当初、低俗大衆文学であるとされていたようだが現在地位が向上し特に否定されるような作品ではなくなった

最近ではSF作品自体の勢いは衰えているように感じるがこれは人類に対して未知の部分の多くが失われたからだろうか?

まあ何にせよこのような全盛に比べれば少し停滞気味の状況とSFの持つ2つの特性から面白い状況が生まれ

1つ目の特性は極めてその定義けが難しいこと2つ目の特性は多くの作品に対してSF要素を見つけやすいということだ

こうしてSFを広めたいもの商業的にSFを盛り上がらさなければいけない者達は多くの他ジャンル作品群にSF的要素を見出しこれをSFだと吹聴して回るのだ例えばガルパンまどか☆マギカなどがそれに当たる私としてはアイロニーを感じてとても良いと思うが

ハードSFこそがSFだと標榜する輩にとっては不快のようだ


話を戻そうこういった様々な場所や形においてそのジャンル肯定しようとする意志とそのジャンル否定しようとする意志が衝突する

先ほどの例でも見たようにこの肯定否定には様々なレベルベクトル存在する

こうした中で生まれてくる本格的定義議論とその様々な結論によって更にこれらのジャンルは影響を受けそのジャンル本質とされる部分がクローズアップされその点が更に深められた作品群が生まれ

このような過程においてはレーベルから出版されたものラノベであるという解釈は単に便宜上そのように定めた事実を表すに過ぎず意味を持たない

この時にその作品群は本質的とされる意味の深化とともに無駄な要素が削ぎ落とされる、この過程を繰り返し最終的にそのジャンルは別の分野やジャンル侵犯する能力を失う

有り難いことにSFはこの過程が未だ生じておらず縦横無尽傍若無人にに他人の畑を荒らすことが出来るのだ

このような過程を経てジャンル一定の恒常状態に入る

この後は内的思索が主たる課題となりこの地点からの逸脱は亜型と処理される

そしてそのジャンルから失われた何にか、新しい何かを望むものはまた新しいジャンルを見出す旅に出なければならない

ホリエモンよ、教育なめてるな・・・

みんな!これ、高校じゃないからな!

ゼロ高等学院設立 堀江貴文氏が学校教育教養について語ったこ

http://blogos.com/article/314287/

しか教育、というか卒業者のハードル甘く見すぎじゃないか!?

ゼロ高」で「寿司職人コース」に入ったとしても、「1か月で俺センスないなと思ったら、じゃあ次はロケットエンジンをつくってみよう」というふうに、実際に体験してみて向き不向きも含めた可能性を探ればいいとの考えを示す。

ここまで簡単設立できたのは、からくりがある。

CEO時代メールソフトユードラを出したり、OSLindowsを出したり、と相変わらず節操がないのは変わらないな・・・ごにょごにょ仕組みさえ作ればなんとかなる、という発想は。

前述の記事にも書いてあるけど、以下だからな!親御さん、気をつけなよ。

ちなみに「ゼロ高」は、学校教育法上の高等学校ではない。

教育なめんな。

ちなみに、ソフバンサイバー大学や、カドカワのN高は、学校教育法に基づいたそれらの卒業資格が得られる学校

しかし、これって、DMMサロン側が声かけたのかな・・・。あまりにも稚拙すぎる。まあ仮に集まらなくとも大人側は誰もほとんど目減りはしないけど、期待した学生可哀想すぎるだろ・・・

いわゆる通信制高校認定サポート校じゃねえか。

それを教育改革と騒ぎ立てるメディアもどうかとは思う。

でもそうそう、

なんか既視感あるなと思ったら、ビッグダディなんだよな。

やたらめったら子供ビジネス)作って、みたいな。

2018-07-31

周子の髪は亜麻色派の意見

まず最初にですが、私は今回のワンダーフェスティバルにて展示された塩見周子LiPPSverの髪の色が銀色に近いものである、というのが違和感があり、亜麻色に近い色が彼女の髪の色であると考えています

かに[Tulip]塩見周子+の画像では彼女の髪の色は銀に近い様に見えるのですが、プロデュースノートで背景なしの立ち絵状態だと亜麻色に近い色に見えます

過去カードを見返しても、銀色に見える事も無いわけでは無いのですが、やはり亜麻色に近い色が彼女の髪の色である、と思っています

なので、賛同して頂けるのであれば、髪の色の変更をしてほしいという問い合わせをして欲しいのです。

何故ここまで必死になっているのかを続けて投稿します。

尚、私はあくまで亜麻色派ですのでこういった表現になりますが、銀色派が憎いとか、認めないとか、そういうわけではありません。

それはそれとしてそういう考え方もあると思っています

しかし、私は亜麻色派だからこう感じた、こうしてほしいと思ったので今回記事投稿しました。

その点はご容赦下さい。

塩見周子の初のスケールフィギュアである為、2次元の周子がそのまま画面から出てきた様なフィギュアであってほしいから」

これに関しては上記の文だけで分かって頂けると思いますが、付属する懸念として、もし次回フィギュア化されたとしても髪の色がこのままの場合、並べた際に違和感が生じる可能性が考えられます

さらに付け加えた場合上記違和感を発生させない為に、他のメーカーからフィギュアであってもLiPPS周子フィギュアに準じた色指定になるかもしれません。

(考え過ぎと言われればそれまでですが)

「購買欲が削がれる仕様であって欲しくない為」

髪の色が自分イメージと違っていたとしても、購入するユーザーの方もいらっしゃると思いますが(私は何にせよ買います)、逆を言えばそれが理由で購入しないという判断を下す方もいるでしょう。

購入するユーザーが減ってしまった場合、今後アイドルフィギュア企画が立ち上がった際、LiPPS周子の販売状況が芳しくなかった為に、新作フィギュアに周子が選ばれる可能性が減ってしまう事が考えられます

次に繋げる為に、不安な要素は極力排除しておきたいと強く感じている為、今こうして文字を打ち込んでいます

「何故問い合わせに拘るのか」

主に見ているのが別ジャンルの可動フィギュアな為あまり参考にならないのかもしれませんが、仕様や塗装の変更に関しては、メーカーなどによっては問い合わせがあったとしても、サンプルや展示の状態リリースされることもあります

今回のメーカーであるリコルヌ様に関しては、ユーザー側の意見をしっかりと受け止めよう、という姿勢であるとは感じているものの、仕様等に関しては少ないユーザーの声ではなく、多くのユーザーからの問い合わせが変更の決定を後押しすると思っています

メーカーのリコルヌだけでなく、版権元にも問い合わせて欲しい理由

追記

版権であるバンダイナムコの問い合わせフォームを見ても、適した問い合わせ先が見つからないので問い合わせを断念する事にしました。

どなたかわかる方がいらしたら是非教えてください。

私が送った問い合わせの返信に「最終判断版権元が決定するため変更の断言はできない」とあったからです。

メーカーであるリコルヌ様がユーザーの声を受け止め、反映して版権元にチェックの為にフィギュアを提出したとしても、版権元が髪の色を元に戻す様に指摘した場合版権元の判断である為それが覆る事は難しいであろうと予想されます

届いたユーザーの声をリコルヌ様が版権元に提出したとしても、版権元に問い合わせが直接届く方が版権元での判断材料としては有効であると考えている為、こちらの方にも問い合わせを送って頂きたいなというのが私の考えです。

以上が私が問い合わせに拘る理由となります

最後に、髪の色が販売に影響してあまり話題にならなかったり、いい評価をしてもらえなかった場合、1人の周子担当Pとして非常に悔しいです。

彼女の魅力を最大限に引き出したフィギュアが世に出回って欲しいので、今回こういった行動を取ることとしました。

以上、ここまで長々と稚拙文章をお読み頂きありがとうございました。

これが私の嘘偽りの無い素直な気持ちとなっております

多少なりと賛同していただけたのならば、リコルヌ様のHPにある問い合わせでも、ツイッターアカウントへのリプライでもいいですので、何かしら声を上げて頂けると幸いです。

2018-07-29

漢字が読めない「うるとらますた」君 「課金中」って誰に金を請求するの?

「46,200円」課金中w


君は本物のバカなのか。

それとも今更間違いを訂正すると恥ずかしいとでも思っているのか。


字をよく見ろよ。

君は誰に「課金中」なのさ。


慣用されているという理由誤用を押し通すのなら

女子力♡なんて本気で言っている頭がお花畑のオメデタイ人達と同じ。

何も疑問を持たず刷り込まれていることにも気付かない。


誤用を指摘された人は慣用されていれば間違いも正しいと反論するが

どこで慣用という判断をしているのか。


テレビまとめサイト?友人?同僚?

それに皆が使っているからといって染まるのだろうか。


今の時代言葉意味と使い方なんて手軽に調べられるのになぜそれをやらないの?

誤用や奇妙な表現を扱っているサイトは沢山ある。


稚拙言葉選び故に聞き手に混乱と不快感を与えている

普通においしい」や「普通に好き」という表現

文字意味の重なりに無頓着な「○○感を感じる」や「後で後悔」という表現


「延々と」を「永遠と」

敬遠する」を「嫌煙する」

「吹聴する」を「風潮する」

「ご尊顔」を「ご本尊

と書いてしまう信じがたい誤用


これらは本人に教養と思慮が足りないだけのこと。

どうしてその未熟さを一切指摘せず言葉は変化するんだと話を飛躍させ

聞き手に読解力を要求するのか。


教養と思慮が足りないバカとそれを利用する広告代理店マスメディアによって

必要のない変化をさせられているという疑念をなぜ持たないのか。


無闇に変化させることで情報知識文化との間に齟齬が発生し

この先、スムーズに利用できなくなるかも知れないと想像できないのか。


変化の実態劣化とも気付かぬまま言葉誘導され価値観まで刷り込まれる。

過去有益情報や知恵を古いゴミと誤認させ溝が生じる。

溝があるほど侵略のスキが増える。


「うるとらますた」とやら。

皆が使っているから君も使い続けるの?

バカバカを利用する守銭奴に流されるの?


課金する」とか「課金中」とかタイトルに付けて

動画配信している己を恥ずかしいと気付け。


最高のMSで出撃するのは自分の頭の中にしろ

そうしたら超高画質でしっかり見てやるよ。

2018-07-27

anond:20180727110443

それは脚本演出稚拙って話であって演技が下手でもない役者を変えろってなるのはおかしくない?

anond:20180726211407

00年代中頃は山田悠介がヒットを飛ばしまくっていた。

彼はその稚拙すぎる文章力と一冊の自費出版から成り上がったというサクセスストーリー世間に衝撃を与えた。

今のなろう系ラノベ惨状山田悠介から始まったといっても過言ではない。

2018-07-23

私は彼女に「興味」があった

彼女」の話をしよう。

私は彼女に興味があった。

それは好意でもましてや悪意でもない、純粋な興味だ。彼女という人間構成する全てに興味を抱いていた。

以前、彼女と私はある男性芸能人応援していた。

一概に「ファン」といっても不思議もので、一般の人が思っているように「芸能人恋愛感情を抱く」人もいれば、単に綺麗なもの技能が高いものを見て満足したい人もいる。

私はどちらかといえば後者寄りだ。

彼女は前者であった。

リア恋だのガチ恋だの呼ばれる層はそもそもファンと呼ばれること自体を厭うのかもしれないが、彼女は本気で恋をしていた。

私が彼女を知ったきっかけはとあるウェブラジオだ。ウェブラジオと言ってもどこかスポンサーがついていたり広告収入が発生するわけでもなく、彼女自身自分アカウントでとりとめのないことを話す音源であった。

彼女はそれを用いて同じように芸能人に本気で恋をしている女の子たちとよく対談をしていた。

彼女含め、その友人たちは皆普通女の子であったけれど、彼女達のコイバナを聞くのが好きだった。

所謂同担拒否を名乗る彼女に話しかけることは到底叶わなかったけれど、私はそんな彼女面白いなと思っていた。

一方、私たち好きな人ラジオをやっていた。

とある日、彼女メールが読まれた一通後に私のメールが読まれた。奇しくも彼女と私は同じ日が初採用であった。

私は一方的彼女を知っていると思っていたので、その連続で少し親近感のようなものを覚えた一方、彼女Twitterを覗くと、彼女採用の喜びよりも何よりも私に対する嫉妬心を露わにし、グチグチとうらみつらみを吐露していた。

名指しで!

ソーシャルネットワーキングシステムにおいて、誰かを匿名で叩くことも卑劣であるが、特有ハンドルネームをつける人間を名指しで批判することほどバカなことはない。

なぜなら、「ミサキ」だの「アヤカ」だのどこにでもいるようなありふれた名前でなく、例えば「サバ味噌」だとか「ビーフジャーキー姫」だとかオンリーワン名前を名乗る人間は、一様に自己顕示欲が強く、そして必ずと言っていいほどエゴサーチをするのである

まあ、この件に関しては私は彼女に以前より興味があったのでリストに入れて見ていたのだが、一方認知だと思っていた彼女が私のことを認識していた上に、彼女が露わにしていた感情はまぎれもない「嫉妬」であった。

かに私が彼女に対して何をしたわけでもないが、当時は私もファンアカウントのようなものを持っていた上に、ツイッター友人が多くちやほやされていた私のような存在は気に入らないものだっただろう。

推し被りとして気に入らないアカウントであったことは間違いない。

ただ、顔も見たこともなければ、自分より優れているはずのない私に対し嫉妬心を抱く、その発想は私の中に持ち合わせていない感情であった。私に嫉妬したところで、ツイッターで声がデカイだけの私は推しと付き合えるわけもないし、そもそも付き合いたいとは思っていなかった。

しかし、彼女はそんな私を「恋のライバル」とまで言い切った。

今まで生きていたうちで名指しで「恋のライバル」と言われたことのある人間はどれくらいいるだろう。

少なくとも、私はこの一回きりだ(残念ながら)

「アイツがあの女と仲良くて気に入らない」ならまだわかる。それは少し身に覚えがなくもない。しかし「恋のライバル」という6文字はたまらなく美しい6文字だ。だってまるで私たち少女漫画世界にいるみたいじゃないか彼女主人公推し王子様。私はさながら推し元カノくらいに位置するのだろうか?彼女恋物語における序列三番目!それってかなりすごくない?!

から、私は彼女をとても面白いと思った。私の彼女に対する興味は彼女が私に抱く嫉妬心と比例するように増幅していった。

その翌日か翌々日あたりに彼女アカウントに鍵をかけた。

私がROMっているのに気づいたのかはたまた別の理由があったのかは今となってはわからない。ともかく、鍵をかけられてしまうとフォローしていないアカウントの呟きは見れない。

私はその呟きがどうしても見たかった。鍵をかけられた時点で諦めるべきなのはわかっていたし、大抵のことはその時点で興味がなくなってしまうのだけど、彼女に対してのみは興味が増幅するのみであった。

もちろん、野次馬的な感情も少しはあったが、それ以上に興味があった。

私と全く違う観点を持ち、私を嫌う同い年の女の子。私はただ、彼女のことが知りたかった。

同担拒否を名乗る人間に丸腰で突っ込むのは死にに行くようなものだ。

しかも、認識されていないならともかく、私はどうやら彼女に嫌われているらしいから、フォローリクエストを送ったところでブロックされるのが関の山だ。

そこで、名前も年齢も住居も推しも全部デタラメアカウントを作った。

北海道に住む大学院生とある俳優が好きで本当に付き合いたいと思っている。スターバックスたこわさが好き。お酒は好きだけど、飲み会は嫌い。

アイコン適当画像にぼやけたフィルターをかけたもので、Twitter初心者なので呟きは控えめ。推し認知されたくはないが、他のオタクには負けたくない。

全てが彼女上位互換である。当時未成年(成人してたかな)の彼女より3歳上で、人生もリア恋歴も彼女より先輩。滅多に呟かないけれど、人生はなんだかんだ楽しそう。

今思えば、実に稚拙であってバカらしい設定である。そんな胡散臭いアカウント、私だったら3秒でブロックする。

しかし、当時の私はそこまでしてまで彼女ツイートが見たく、彼女を知りたかったのだ。

フォローリクエストは2時間承認された。バイトを終えてTwitterを開いたら彼女フォロワーにいた。案外あっけないものだと思った。

私が、はじめましてのテイで彼女に話しかけると彼女も快く応対してくれた。中身は彼女あんなに疎んでいた私なのに、少し不思議で少し申し訳なくて、少し嬉しかった。

鍵になったアカウントはもともと彼女の本アカウントとは別に公開アカウントとして作られていたものである

認知されたくないし、顔バレもしたくないし、仕事関係者として彼に出会いたいくせに本名メールするわ、公開アカウントを作る話をとはこれいかに、と思うところはあるが、私はそんな彼女承認欲求と自己顕示欲を何より興味と好感を抱いていたのであった。

元公開アカウントの鍵アカウントでは彼女は色々なことを話してくれた。

詳しくは割愛するが、進路のこと、オタクが憎くてたまらないこと、コンプレックスのこと、彼女はそれをキャスと呼ばれるwebラジオのようなものを用いてよく話していた。

スマートフォンから聞こえて来る彼女の肉声はたまらなくリアルを感じさせ、彼女実在を実感した。

それは、彼女に対する同じ推しを推すものとしての興味から次第に彼女への興味へと推移していった。

バイト先の人がウザいとか、昨日買ったコスメ可愛いとか、どうしたら押しと知り合えるのかなとか、顔も名前も知らな……(いでおこうと思ったけれど、彼女普通インターネットに載せる女だったので大体のことは調べずとも知ってしまった)……知るはずもなかったどこかの地方から東京へ一人でやって来た全く同じ境遇少女の話が私は好きだった。

アカウントの呟きもプロフィールも全部デタラメだったけれど、最初挨拶で言った「◯◯さんのことが好きで、応援してます!」はいしか本当になっていたのかもしれない。

推し彼女ができるとして自分と同い年の女は嫌だ。彼と同年代か少なくとも2、3下くらいの、間違っても私たちのようにまだ赤子に毛が生えた程度の小娘に手を出すような人間でないといいなと思う。これは私個人感情でありわがままだ。

しかし、彼女だったら、推しへの嫌悪感の中でちょっとだけ「あいつやるじゃん」って思ってしまうかもしれない。

いや、逆に推しに対して嫉妬するかもしれない。いくら応援していた男であろうと、コイツを取られるのはなんだか癪だ。恋に恋して人生に悩む彼女をもう少し見ていたい気もする。

芸能人に恋なんて、根っからオタクのくせにオタクを嫌って、毎晩毎晩悩んで病むなんてバカみたいじゃん。

かにそう思うけれど、彼女のその青さや若さがどことなく眩しく、羨ましく思ってしまう私は確かに存在する。

あんな風にはなりたくないな、それは今でもそう思う。だけど、私の中で彼女はいだって眩しい。

それは最初彼女を見つけた時から今日まで変わらずずっと眩しい。

久々にあの頃を思い出してアカウントを覗きに行った。

なんと2年近く放置していた私の虚栄のアカウントTwitter社の一斉排除にも耐えてまだ残っていた上に、彼女のたった5人のフォロワーに私の虚栄のアカウントが残っていた。

彼女は相変わらず、推し結婚しようとしている。彼女の呟きは、痛々しく、そして眩しかった。

それはこの先もずっとそうだろう。

私は彼女の呟きを全て遡って読んで、満足してアカウントを消した。

あの時未成年だった私たちも、もうすぐ大人になろうとしている。

2018-07-21

anond:20180720233648

>(長いですが、目を通していただければ嬉しく思います。)

なんでお前の、稚拙で、間抜けで、不快で、的外れで、無意味で、不快で、傲慢で、不快で、冗長で、他人独善押し付けるだけの不快文章に目を通さなきゃいけないの? 

それがとにかくなによりも一番むかつく。

なんでお前はこんな駄文を、糞文を、ダメ文を書いていて情けなくならないの?死にたくならないの?なんでお前は死んでないの?なんで死なないの?なんで生きてるの?なんで頸動脈を切らないの?なんで首を吊らないの?なんで崖から身を投げないの?なんで線路に飛び込まないの?なんでお前の糞のような思想をこっちは押し付けられなきゃならないの?なんでお前は他人に糞のような思想押し付けるの?

ねえ、なんで?なぜ?なにゆえ?どうして?どういった理由で?なんで?どうして?何を根拠として?

2018-07-20

デレステはなぜ手抜きで炎上したのか

最近、「手抜き」だと騒がれるデレステ

以下では、デレステ欠点問題点を項目別に列挙していく。

誰もが思っていることから重箱の隅をつつくようなことまで言及する。

(長いですが、目を通していただければ嬉しく思います。)

アイドル

イラストの手抜き

典型例が結城晴のSSR特訓後であり、SRよりもチープな絵柄で話題になった。

また、Spring Screaming龍崎薫は特訓前後で同じ表情・ポーズとなっている。違うのはアングルだけだ。

その他にも手抜きと言われるイラストはある。これらに共通する傾向として「目を閉じている」イラストがやたら多いことだ。

同じイラストレーターによるものだろうか……。


衣装の手抜き

2018年初頭辺りから「手抜き」と言われるようになっている。

質感が薄っぺらく、小物が少ないなど作り込みの甘いものが多い。

また、作り込み自体はされているものでも、デザインの点で不満が各所から噴出するなどセンスの低迷も見られる。

特に同じ衣装色違いであるニューウェーブの3人や佐久間まゆ道化衣装などは非難が多い。


だが、手抜きとはいえ新衣装を作っているだけでもまだマシだったのだ……。

五十嵐響子の恒常二周目を見たとき、私は人的リソースの不足を確信した。


③一部アイドルの口調の変化

及川雫、依田芳乃などは良かれ悪かれ喋り方が途中から変化した。

これ自体に関してはファンの間でも賛否があるので一概に悪いとは言えない。

だが、ホーム画面に当該アイドルを配置した時に現れる問題がある。

それは、旧ボイスと新ボイスの混在による違和感である

同僚やプレゼントボックス言及する際は最初期のボイスであるのに対し、カード固有のボイスは最新のものであるためだ。

演技を変えるのならば、既存ボイスの差し替えをするべきであっただろう。


④人気に応じない出番の偏重

主人公であるNGの三人や高垣楓のような人気キャラクターであれば出番が偏るのは仕方がないとも思える。

だが、総選挙で圏外常連にも関わらず、声が付き多く出番が与えられているアイドルがいる。

声優所属事務所の都合もあるだろうが、ここはコンテンツの根幹に関わる部分なので、ユーザーに目を向けてほしい。

なぜなら183人という多すぎるほどのアイドルこそが本作のアイデンティティであり、

自分の好きなアイドルが出番を獲得するための総選挙こそが最大の目玉イベントからである

ユーザーが思っているより遥かにビジネスライクに事が運んでいるのが実情だろうが、私はここを蔑ろしたことが衰退の一因だと考える。

ライブ

選択ユニット3Dで踊るメンバーを別々に設定できない

ライブを行う上では、ファン数を稼ぎたいアイドルスコアの出るアイドルで編成したユニットを出撃させることになる。

したがって、楽曲オリジナルメンバーで観たければMVで、ということになる。

「別々に設定できたらいいのに……」という声はよく目にする。


楽曲ライブ編曲が雑

イントロ部の省略、盛り上がる部分の省略、原曲から歌唱パート変更などが極めて稚拙判断で行われており、楽曲の良さを失わせている。

尺を合わせるにしてももっとやりようはあるだろう。


譜面が「やりづらい」

難易度問題ではない。人間が遊ぶことを考慮していない譜面配置となっている。TulipSPのMASTER、秘密のトワレのTRICK典型である

ただでさえ多様な端末に対応することが求められている中で、判定抜けが多発するフリックスライドを多用すること自体愚策

シングルノーツだけでも高難易度製作は充分可能である


MVが手抜き

舞台ステージであることに加え、振り付けが地味であるため見栄えしないMVが増えてきた。

特に期待されていた満開スマイルでは2Dリッチもなく、多くのユーザー失望を買ったのは記憶に新しい。


そもそも良くない曲が結構ある

これに関しては私の主観になるが、個人的イマイチな曲がある。Frostとか。

バンドリのように有名曲カバー実装すれば盛り上がると思う。

コミュ

立ち絵が古い

コミュ使用されているアイドルイラストはいわゆる初期絵であり、垢抜けないものが多く見られる。

デレマス自体2011年から開始しているコンテンツであり、古さを感じるのは当然といったところ。

ジャンルパイを奪い合う他のアイドルゲームでは、3DモデルLive2Dによる活き活きとしたアイドルの描画が没入感の創出に寄与している。

そんな中で未だに紙芝居をやっているだけでも見劣りするのだから、せめて立ち絵くらいは刷新すべきだろう。

……というか、せっかく魅力的な3Dモデルがあるのだから、これをコミュに活かしてはどうだろうか。


キャラクター設定の矛盾

Spring Screamingイベントコミュ喜多見柚の学年問題話題になった。共演した本田未央とは誕生日が1日違いで同じ15歳の設定なのに学年が違う。

また、デレぽにおいても設定と矛盾した呟きが見られる。例としては的場梨沙がパパの話をしていることなど。

これは本当にまずい。なぜなら、デレマス世界ユーザーにとってディズニーランドと同じ「夢の世界である

本当にそのキャラクター意志をもって行動し生きていると信じているユーザーにとって、設定の矛盾現実に引き戻す解呪となる。

要するに魔法が解けるのだ。


シナリオ稚拙

これに関しては説明不要だろう。

デレステライター無能である

UI

①画面下アイコンの「NEW」が新着通知の意義を果たしていない

ライブでは全楽曲の全難易度クリアしないとNEWが消えない仕様の為、ほとんどのユーザーは一度もNEWが消えたことがないだろう。

営業に至っては数日毎に項目が更新されるため、NEWを消すことがほぼ不可能仕様になっている。

したがって、常にNEWが出ているため新着に気づくことができないのである

例えるなら、受信箱に未開封のメールが山積している状態デレステメールでいうところの「開封済みにする」コマンドを設置するべきであろう。


アイドルギフトを贈るためにはルームに配置しなければならない

ガシャやイベントで新しいアイドルを獲得したら、まず餌を与えて特訓し、コミュを見て(スキップして)石を回収する…。これが皆のルーチンであると思う。

だが、いちいちアイドルルームに配置するのは面倒臭いアイドル一覧画面あるいはプレゼントボックスからダイレクトギフトを贈れるようにして頂きたい。


スクロール位置の保持機能が無い

例えばイベントコミュの第1話を見た後に選択画面に戻ると、スクロール位置最上部に戻されている。そのため、また下までスクロールしなければならない。

こういったUIの基礎的な部分すらおざなりになっている。


ミッション達成状況のバーが意味を成していない

たとえばPRPが1600を超えると「PRP1700を達成しよう」というミッションが発動する。

この時、達成状況を視覚化するバーは1600/1700、つまり9割以上溜まった状態で表示されている。

これでは視覚化が意味を成してない。この場合、1600をゼロとして表示するべきである

デレぽ

「とってつけた感が否めない機能だが、あっても毒にはならないか…」そう思っていたユーザーは多いだろう。

しかしいわゆる杏bot事件で、運営構成力のなさが明るみになった。

「満開スマイルメンバーの振る舞いがイジメを思わせる」「冴島清美が気の毒だ」などと各所で話題になった。

この事件最大の問題は、運営双葉杏というキャラクターの行動原理失念したことにあると思う。

サボるためにbotを用いて周囲に真面目アピールをする、ここまではいい。しかbotであることがバレた以上、杏がこれを続ける理由はどこにもない。

しかし杏botは続いている。これを俗にキャラ崩壊と呼ぶ。

イベント

グルーヴパレードが面倒くさい。

特にグルーヴは4曲連続でのプレイを強いられるので、十数分ほど集中しなければならない。

これはソシャゲユーザーにとっては大きな負担となる。

そもそも音ゲー自体ソシャゲ性質と噛み合わない部分が大きいためだ。理由は以下の通り。


1.音声を聴くのがほぼ必須である為、電車等ではイヤホン着用の必要がある
2.正確なプレイングの為には、安定した場所に端末を置く必要がある
3.プレイを開始したら2分強は目を離すことができない


ゲーム性の高さが魅力の音ゲーではあるが、連続プレイングを強いる設計ユーザー負担感が大きい。

営業の追加で多少は緩和されたが、面白さの創出にはつながっていない。

その他

楽曲クリア回数の不算入

例えばMASTER楽曲を100回クリアすると、スタージュエルが250個貰える。

しかし、これはライブ画面からクリアに限られており、グルーヴパレードライブパーティクリアした分については算入されない。

相当にやり込んだ人であっても、クリア回数がほとんどの曲でB〜Cなのはこのためである

これはフルコンボについても同様で、「初めてフルコンできた!」と思ってもフルコンボ楽曲数にカウントされず歯ぎしりしたユーザーは多い。


楽曲の発売が遅い

デレステ実装からCD発売までに一年以上かかっている。これはデレステ側の問題ではおそらくない。


③思い出の鍵が足りない

初期の段階からプレイを開始したユーザー以外はイベントコミュ解放に思い出の鍵を必要とするが、これがなかなか手に入らない。

二周年あたりから開始したユーザーほとんどのコミュを見れていないだろう。バランス調整が必要と考える。

結論…全部がダメ

長々と提示してきた上記デレステ問題点は、結局のところ人的リソースの不足に原因が集約しているように感じられる。

イラストしろ衣装しろ、提出されたもの社員が精査して作り直しを命じ再提出させる…といったブラッシュアップの過程が欠如しているとしか思えない。

担当者が2人いれば気づけるような些細なミスすら山積する現状を見るに、私たちユーザーが思っているより遥かに少数の人員現場が動いているのかもしれない。

にもかかわらず、デレぽのような継続的負担のあるサービスを開始するのだから理解に苦しむところ。

ともあれ、運営千川ちひろを盾にしてコソコソ隠れていないで、そろそろ責任者が表に出て説明をするべきだろう。

ここまで駄文を読んでくれてありがとう

2018-07-16

かい主語で語るのが稚拙なんだよ

「男は~」「女は~」「オタクは~」「体育会系は~」

って、ホントに当てはまるのかよく考えないままでかい主語使うのはただ注目浴びたいだけだろ

便利な言葉みたいに使いまくる奴が居るが「主語がでかい」という反論批判稚拙面白くない。

主語がでかけりゃ主語がでかい中で遊ぶんだよ。

日本漫画アニメドラマの過剰演技って、要は「感情ステロタイプ化」だよな

コンテンツの優秀さを

作品多義性、解釈の豊かさに求めるのなら

キャラクター感情表現ステロタイプで分かりやす

解釈余地のない日本コンテンツはとても稚拙ということになる

 

洋画ひとつを例にとろう

ゼロダークサーティ」のエンドでは、仕事を終えた主人公CIA職員

一人静かに涙を流し、感情表現をする

 

この「過剰でない」演技方法

テロリストに対する複雑な感情」とか

対テロ戦争の一区切り」「テロ被害者への哀悼」など

受け手が多様に解釈できる素性が生まれ

 

もしこれを日本コンテンツ表現したらどうなるだろう?

主人公は「俺はビンラディンに勝ったぞ! うおおおおおお」と泣き叫んび

解釈余地も無い歓喜感情表現をするだろう

 

映画の終わり、たった数秒のエモーショナルなシーンである

たった数秒の感情表現ステロタイプ化し、解釈余地も無くすると

2時間にも及ぶ作品テーマ性すら、単一化されてしまうのだ

 

過剰演技=感情ステロタイプ化し分かりやすくする

これがいか作品にとってリスキー行為か、もっと周知されるべきだろう

2018-07-13

絵を描けるようになるまで

たまに「絵がうまくなるには」みたいな記事を見るので

私がまあまあ描けるようになるまでの経緯を載せておく。

めちゃくちゃうまくもないがなんとなくときどきpixivランキングはいれたりRTを稼げたりはする程度。

ノートにらくがき期

もともと授業中にらくがきをしてしまタイプの子どもではあった。

二次創作絵も描くことはあったが、下手くそ自分がっかりするのであまり熱心ではなく、もっぱらなんとなく、好きな漫画家の真似をしながら意図もなく女の子男の子を描いていた。

なんでか意味もなく女の子の目に涙かいて泣かせるとかね、よくあったよね。

お絵描き掲示板

ネットを始めた頃、お絵描き掲示板が爆発的にはやり

漫画ファンサイトで300*300の大きさに狂ったようにマウスで絵を描いていた。

もちろんこの頃も下手くそだったが、同い年くらいのこどもたちがなれ合いでほめてくれた。

なにもかも人まねだったし稚拙だったし、お絵描き掲示板機能制限されていたが、「人に見せるため」の絵をたくさんかけたのはよかった。

自分技術でも、すこしはかわいいとか面白いとか思ってもらえるように、モチーフや色使いや画面内の余白を意識したり、人の絵を観察する習慣がついた。

細部をちゃんと描くとほめられるし説得力がでることに気づいたので、服のディティールや靴や小物なんかを面倒がらず資料探してかくようになったのもこの頃。

③人を描くのって楽しいね!

http://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/

しばらく小手先で描いていたものの、ガチで上手い人たちの絵がうらやましくなったので

当時流行っていたhitokakuではじめて「アタリをとる」という概念を導入した。

「上手い人たちは、顔を描くときに十字を描くらしい」

ということは知っていたが、他はなにも知らなかったので

頭のバランス、人体の骨格、全然できなかった手や足の描き方などをここで知った。

このときはじめて絵を練習するという行為をしたと思う。

ゆうちょうを一冊買ってきてお手本を真似していると、「自分に描けるもの」が飛躍的に広がったのを感じてすごく楽しかった。

この頃にペンタブを買った。

余談だが

東村アキコが「ロボット設計図」とめちゃくちゃにバカにしていたが

https://logmi.jp/259876

写真を見て漫画絵にレンダリングして模写できる」というのは結構習熟の必要作業だと思う。

絵心」ってなにか、といったら、見えてるところから見えない部分を想像する能力じゃないかと思う。

立方体を見たときの底面、手のひらを見たときの手の甲、立ってる足を見たとき土踏まず、顔を見たときの眼球。

目で見えてる範囲から見えない部分へどう繋がっているか、がわからず、「目に見えたものをなぞろう」としても、絵に落としてもなんか不自然になる。

なぞり書きだってうまくいかないときがあるのに、模写となるとなおさらだ

私には絵心がないので、それを理論的に教えてくれる「ロボット設計図」はほんとうにありがたかった。

漫画に挑戦期

お絵描き掲示板が下火になってくるとsaiを手に入れ、色塗りの技法効果お絵描き講座から仕入れて画面を華やかにできるようになった。

なんとなく上手く描けないな?というときもあったんだが、誤魔化しごまかしでなんとなくそれっぽい絵を描いていた。

ただ、漫画に挑戦してみた結果、ものすごい量の課題に否応なく気づかされた。

大きく分けて次の三つ。

1:パースがわからない。

2:意外と描きたいポーズが描けない。

3:白黒で見たときに絵の魅力がない。

⑤-1 パースがわからない

背景を誤魔化すにも限界があった。

それまでも、ときどき思い立ってパースについての解説をぱらぱら眺めてみたが

「あー、ふーん、相似ね? なるほどね???

みたくなってしまいよくわからないまま放置していたのだ。

ただ、人物からアイレベルを求めたりする解説ネットにいくつか掲載されるようになり、そのおかげでなんとなくそれっぽくできるようになった。

パースかんたん解説1:アイレベルの求め方 | 摩耶薫子着物の描き方」発売中 https://www.pixiv.net/member_illust.php?illust_id=3933143


今も三点透視でばりばりに背景描けるぜ!って感じではなく

なんとなーく一点透視や二点透視のやりかたがわかったな、という程度だが

今のところそれで困ってないので、なんとなくの知識パース定規を駆使してなんとかしている。

ビルの谷間を駆け降りるような絵が描きたくなったらまた頑張ろうと思う。


あとは、人体のパースという概念を手に入れたのはすごく大きかった。

それまでも、たとえば奥から手前にまっすぐ伸ばした腕やあぐらを組んだ足なんかがうまく描けないという自覚はあったのだが

人体のパースがわかってないからか!と気づいたとき目から鱗だった。

『やさしい人物画』のパースのあたりが楽しくてたくさん描いた。

http://loomis.sblo.jp/s/ (※原書)

それと、人物を描くとき、アイレベルより上をあおり、下は俯瞰、と意識して描くようになった。

それまではなんとなくぺらぺらしていた自分の絵に立体感が出た気がして、これも嬉しくてたくさん描いた。


⑤-2 意外と描きたいポーズが描けない

漫画のなかで、どうも自分の描くポーズが硬い気がして嫌だった。

ポーズ個性がない。

たとえば歩く人を複数人描いたときに、左右どちらの足が出ているかの違いしか出せないこと。

本当はちゃきちゃきした歩き方、靴を引きずるような歩き方、スカートズボンの違い、ヒールと革靴とスニーカーの違い、色々あるはずなのに、絵のなかでそれが表現できない。

「絵になるポーズ」の絵しかない。

たとえば座ってごはんを食べる時に、背中丸めただらしない食べ方や、へんなコップの持ち方や、そういう「絵にならない」瞬間が描きたかったし、そういう絵のある漫画は魅力的に思えた。

これについては「他人を観察する」というのを意識的にするようになった。

居酒屋のシーンを描くなら居酒屋で、電車のシーンを描くなら電車

どんな人がどんなポーズをしているかをみる。

ばれない環境なら真似してみるのもよかった。

もちろんその場で全部覚えられるわけでもないが、インプットした分は絵を描くときになんとなくにじみ出てくる気がする。

⑤-3 模索中、そしてhitokakuに戻る

3についてはいまだに模索しているところだ。

白黒の絵の魅力はすなわち描線の魅力だと思う。

グレーで細かく陰影をつければ疑似カラーみたいにできるけど、それは私の描きたい絵ではない。

線の魅力って不思議なもんで、絵のうまさや好みとは別のところで

すごく魅力的でいきいきした線の人がいる。

もしや才能なのか…と思いつつ、ペンの設定を変えたりソフト補正を調整したり、何より繰り返してかきながら自分の思ったような線が描けるように練習している。

hitokakuのはじめは「◯と│をひたすら描こう」と言われるのだが、当時の私はほとんど飛ばしていた。

最近またやってみている。


フラストレーションモチベーション

私は「基本から、教本にしたがって、積み重ねるように」練習をするほどまじめにはなれなくて、

その時その時で絵を描きながら、「もうちょいこういう風に描けたら楽しいのに…」というフラストレーション自分なかに溜まったら練習する、という感じでここまで来た。

もともと私のやる気はそういうふうにできている気がする。

道具もあまり新調しなくて、

今使ってる道具をうんざりするまで使い倒しながら

新しいソフトほしいあたらしいペンタブほしい、とフラストレーションが貯まったところで買うと

わー!なんてべんり!なんてすてき!!と思えて格段に楽しくなる。


二次創作効能

最近気づいたこととして、

二次創作軽率にたくさんやった方がいい」

と思う。

オリジナルの絵を描くのはすごく楽しいのだが、

なんと言っても二次創作他人デザインだ。

そこには自分では思いもよらなかった意匠がある。

そして、好きな作品であればあるほど、顔をかわいく描くことにすごくこだわるようになる。

他人作品触媒にしていろんなアイデア生まれる。

ひとつ作品をねっちり長く描くことも、ちょっと好きな作品をたくさんかきちらかすことも、どちらもすごく絵の練習になった。




前述のように私は今もまだまだ完全に描きたいように描けるわけではなく練習中の身だが、

なんとなく、こういうだらだらした練習のしかたでもそこそこはいけるようになるぜと言いたくなった。

anond:20180713130153

他の業界関係なくない?

関係ないもの同士を引き合わせてあたかも指摘が正しいかのように見せる手法稚拙から使わない方がいいよ?

あと学部を増やせば同水準の医者を量産できるかというとそうでもないという主張はそれなりに説得力はあると思う。

業界比較して圧倒的に遅れているとされるIT化や院間のボーダーレス化もセットじゃないと門戸を広くしたところで結局困るのは患者自身だし。

高齢化ますます進んで更なる需要過多が発生するのは増田危惧するところと同じ認識だけど単純な労働力の確保では太刀打ちできないのはお分りください。

ここら辺見た?参照してみるといいよ。

https://www.med.or.jp/cme/jjma/newmag/13407/pdf/134071240.pdf

anond:20180712103914

声優ラジオや実況動画になじんでる人ならVtuberにも抵抗ないのだろうと思ってたけど

逆にそういう類のレベルが高いものに触れてると表面的な目新しさだけのVtuber稚拙に見えるってのもあるみたいだな。

生主や実況等の文化無知だった人たちが二次元キャラの見た目に釣られてはじめてそういう世界に触れてはしゃいでるって感じらしい。

2018-07-11

anond:20180711091252

あー、これね→https://togetter.com/li/1245418

前提になってる話を自分の方がよく分かってなかったのか。助かった、ありがとう

かにspeakと書かれてるなら日本語を指してると考えるのが妥当だよな。

Yes/ Welcome, No/ I'm Sorry のくだりなんかナチュラル煽りっぽくなってるけど、単に日本人特有ガバガバ英語だっただけだろうなあこれ

これ読んだ限りでは相手方もなかなかアレな手合らしい

Japanese only”の2語に限るなら先に書いたトラバの通りだけど、これに関しては確かにガバガバ英語ながら頑張って稚拙な案内書いたら予期せず反って悪い展開になった、以上の話ではなさそう

2018-07-09

私の愛したweb漫画家さんの話

その人の書く漫画には、その人にしか創れない世界観があった。

臭い登場人物反体制的な思想近未来SFと緩やかなディストピア

はい流行のものよりも稚拙で、とても一流とは言えないけれど、私は好きだった。

小説も好きだったけれど、いまは消えてしまった。

web商業誌への投稿トーナメントにも参加していてたけれど、途中で落ちてしまった。

もう4年ほど作品を発表していないみたいだ。

長編漫画が一つ、それにいくつかの短編集、それだけでも私は満足だ。

若いときしか描けない作品というものはある。

もし、また貴方が筆を取るのなら、1ファンとしてそれを心待ちにしていることだけは伝えておきたいです。

私は貴方の描く世界観が、青臭い登場人物がとても好きでした。

ガッツ先生素敵な作品ありがとう

2018-07-06

ドコモ・クソ・カスタマイズ・高性能もしもし

NTTドコモから携帯電話を購入すると、これでもかというほどブロートウェア、もっと極端な言い方をするとなんの役にも立たないゴミアプリが入っている。画面をヒツジや豆腐があるいているし、docomo LIVE UX等という"ホーム画面アプリ"は使いにくい上にデザインも悪く、リソースも食いつぶす。

ドコモは最悪だ。デバイスメーカーが汗水垂らして必死に考えたデザインユーザエクスペリエンスを、たった一瞬で破壊する。それはソフトウェアだけではなく、ハードウェアも同様だ。

ソニー必死シンプルに美しいデザインにしようとがんばったXperiaの背面に、たった一瞬で、デザイン性のかけらもないとても醜いロゴを入れてぶちこわす。

シャープXPERIAロゴが似合うようにデザインされた背面に、ポップ体と同レベル気持ち悪さを感じる丸いフォントの自社ロゴを正々堂々と入れる。

さらにはロゴだけでは飽き足らず、ハードウェアメーカーの型番とは一切関係のない、ドコモ社内で決めた型番まで刻印する。ハードウェアメーカーが自社の型番すら刻印していないのに、だ。

そしてFeliCaマークqiマークで追い打ちをかける。奴らのマークは最も最悪だ。せめてでも中央部分等にそろえて配置してあればまだ救いようがあるものの、なんとFeliCaアンテナが入っている位置刻印してあるらしく、機種によってはものすごくアンバランス位置刻印してある。

ここで突然だがApple製品を思い出して欲しい。Appleが嫌い等の個人的感情はどうでも良い。

AppleiPhoneは7以降はFeliCaを搭載している。8以降に至ってはqiまで搭載している。

Apple製品刻印がとても少ない。8以降に至っては本体刻印されているものAppleロゴiPhone文字、それとSIMスロット内という見えない箇所ではあるがIMEI番号の刻印、それしかないのだ。

そう、FeliCaqiを搭載しておきながら、奴らのロゴ刻印していないのだ。

しかiPhoneを使うユーザーはそれらの機能を使いこなせている。FeliCaロゴがなくとも使用していくうちにこの位置で読み取り装置に当てれば失敗することがないと言うことを学習する。

何が言いたいのかというとFeliCaqiロゴ不要なんじゃないか、ということだ。

少しぐだぐだになってしまった。言いたいことをまとめていこう。

ドコモデバイスの自社カスタマイズは、汚い言い方をしてしまえば「ドコモオナニー」だ。ロゴを入れられてもユーザーは一切得をしない。ドコモゴミアプリを大量に入れられても大半のユーザーはそれらを使わず放置するだろう。少なくともわたしの廻りではそれらをまともに使っているという人を見たことがない。家電量販店データの移行などをする仕事もしていたが、かなりの人が「ゴミ」というフォルダを作ってドコモアプリをまとめていたりする。

HUAWEIのP20 Proはとても良いデバイスなのに、ドコモクソカスタマイズによってゴミのような存在にされてしまった。最上位機種のP20 Proよりエントリー機種でキャリアによる手がつけられていないP20 Liteのほうが満足度が高いという滑稽な結果も出ている。

正直anondに書いたところでドコモが態度を改めるとは思わない。

それでもたとえばこれを読んだ人がSIMフリーやau等の多少はマシなキャリアに乗り換えるなどをして、ドコモ危機感を感じるなどの未来が訪れるかも知れないことに賭けて、この稚拙文章を投下する。

2018-06-29

fなんちゃらとtなんちゃら

すげぇ言い合ってるのに主張はそっくりウケる

スター価値観合う同士の自己満足だ!

一言コメント書き逃げばかりだ!

稚拙ユーザーが大半を占めてる!

○○をする人は相手にする価値もない!

ツッコまれたらトーンダウンしたり論点をずらしたりさっきまで大事だって言ってることと矛盾してたり、他もいろいろそっくりだ…

お互い発達障害者っぽい感じあるので、互いに粘着しあって共倒れしてくれたら楽しい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん