「田んぼ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 田んぼとは

2017-11-19

「成長」って何なのだろう?

昨日は日没後、自転車駅前図書館に行ってきた。

田んぼの間を走って県道に出て、古びたスーパー駐車場を横切り高校周辺の路地に入る。

ランニングしている野球部員がふざけて追っかけてきて、少し気持ちがほぐれた。まだ自分高校生ぐらいに見えるだろうか。

駅の裏に自転車を止めて、地下道を通る。貧乏そうな老人が一人横切り、私の前を歩く女子高生

勉強しないとああなっちゃうんだよ」

とか話してる。

何となく自分が笑われたような気持になって、早足で彼女たちを追い抜いた。

芥川の「河童」を借りた。少女終末旅行に出てきたので物語と何か関係があるのか気になった。

  

高校通信高校に通っていたことがコンプレックスで、実際高校生活ってどんな感じなのかなって思って色々想像したりした。

行きたいなら努力して行ってみれば良いのだけど、自分のやりたいことに対して何も自信が持てなくて、自分が活かされる場所を求めようともしない。

厳しい環境に晒されて、自分の形が崩れてしまう恐怖があって、

案外不幸になっても平気で生きてしまって、でもある日大切な人からあなたはそれで満足なんだね」って言われたら

「本当はやりたいことも、欲しいものもあった。でも諦めるしかなかったんだ、こうするしかなかったんだ」

って叫びたくなるのだと思う。

絶望どん底でやっと楽になったのに「損だ」「得だ」と囃したてられるのが堪らなく苦痛で、

でも決して現状に満足しているわけではなくて、でも何で何もしないのかよく分からない。

「成長」って何なのだろう?

  

スーパーにも学校帰りの高校生がちらほらいた。しばらく店内を徘徊してアーモンドチョコナタデココグミを買った。

それほど食べたいとも思わなかったが買っておいたほうが得なのかなと。

帰ってから買ったお菓子を食べたが一度に食べてしまい苦しくなってしまった。

  

夢に小学生の頃のいじめっ子が出てきた。逃げようとする彼の胸ぐらを掴んで

「これから度々、心の中の後ろめたい気持ちが、後ろ暗い過去が、チクチクと顔を出して、お前を苦しめ離さない」

と言ってやった。

2度寝して起きたのが11時半。

今日履歴書は書かなかった。

2017-11-11

隣人が町内会を抜けた。

先日、裏のおばさんと今年の班長が連れだってやって来た。なにかと思えば回覧板の順番が変わり、今度うちの次に回す家の場所が分かりづらいので説明しに来た、との事。裏のおばさんはただの野次馬?よくわからん

何で順番変わるの?お隣さん引っ越すんです?

って聞いたらそうではなくて、班長曰く隣の人は町内会を抜けたんだそうで、何で抜けるのか隣の奥さんに聞いたらなんか色々いってたけど話を総合すると「面倒臭いから」って事みたい?なんだそうだが班長が隣の奥さんの話をちゃんと理解できたかどうか班長本人自信がないらしくて疑問符をつけたっぽい。

面倒臭いから!?

ま、町内会を抜けるなんて何か特別事情でもない限りはそれに尽きると思うが、お隣さんは結構真面目に町内会お仕事に参加している人達であるので、町内会を抜けたいと思うくらいに面倒臭さを感じていたとは意外だ。

町内会仕事なんて誰しもちょっとは面倒だと思っていて、積極的にやりたいやりたくてしょうがないと思っている人の方がむしろ少数派だろう。だから負担にならない様に最低限の事しかしない様になっているし、最低限の事ったって重要度は低く、ただ何か理由つけて住民を集合させ親睦をはかる意味しかないだろうと私は思う。たまには近所の人達とわいわいするのもいいかもね、くらい。

町内会でしてる事と言えば、

・総会

・堀浚い(農業用水路掃除)

公園掃除(住民要望で作られた公園なので住民自身で手入れする約束らしい)

公民館掃除(年2回。輪番制。班が多いので滅多に回ってこない。ちな今年がうちの班)

夏祭り

公園祭り(掃除のご褒美的な何か?)

・その他(よくしらない)

くらいかな。大体どこかを掃除する活動で、お祭りは何か運営人達は昔から住んでる人達ばかりなのか手伝えって言われた事は、7年くらい住んでて一度もない。一般参加自由なので一度しか行ったことがないが排他的空気感がすごいのでとても居づらい。奉る神社がある訳でもないからか、祭典費を徴収された事もない。

参加しなかったところでペナルティーも何もないので、皆出来る範囲内で参加してるんじゃないかな。

あれでも堀浚いについてだけは罰金があった年があった様な気がするが記憶曖昧だ。以前住んでた所の別の町内会の話だったかな?今いる所で今年は罰金無いのは確かなのだが。

話がそれるが、うちの庭の端に丁度接する所に堀が流れているんだけれど、ある時庭周りの草むしりをサボってたら近所の農家の人が草を全部刈ってくれた事がある。

庭で大家さんではない知らない人が草刈ってるからびっくりして話かけたら、その人は草が伸びて堀に入ると詰まって水が流れなくなるから刈らせてもらったという。今は地域田んぼをやる訳でもないし、ただ田んぼの近くに住んでいるだけの住民強制理解もさせられないから、農家人達がそうして堀を見回って自分達で管理しているという事。堀浚いも本当は町内会にさせるのは心苦しいんだが、手が足りないし慣例だからしてくれるって町内会から言われたんで厚意に甘えてしてもらっているけれど……と。そういう訳らしい。

農家的には堀浚いは重要お仕事だけれども、後からこの土地に入って来た住民の私達にとっては何でうちらが?って、突き詰めればそういう話なんだけれど、田んぼに囲まれた長閑な景観が好きなので敢えてここに住んでいるところもあるから、私は別に良いけどね。米食から米育てるコストが上がるのも良くないと思うし。でも日常で堀浚って恩恵を与っている実感は湧かないかもね。

堀浚いだけでなく町内会活動自分が直に恩恵を与る実感は得られないだろうと思う。公民館公園掃除したって私ら若い住民が利用する機会はあまりない。お祭り地域の昔から住民ばかりが楽しくて私らみたいに他所から入って来た者には居場所がない。

同じ借家に住んでる隣人も同じ。何の恩恵も無いのに必要な時だけ駆り出されている私の方がおかしいのかもしれない。

隣人は結構アクティブな方らしく、休日でも早起きして家事を片付けて出掛けたり何かの活動をしている様で、町内会仕事にもむしろポジティブな感じで出ていたが、真面目に働くほどに「こんな事に参加して何の意味が?」って思うのかもしれないな。

この町は古くから市内に住んでる夫のお祖母さんによれば歴史が浅くて、田んぼ農家が二、三件あっただけの所に、団塊~私の親世代くらいの人達移住してきて出来た町なんだそうで、住民と共に町自体老いていて閉鎖的な感じがする。私達が住んでいるのは余った土地に建てられた借家で、大抵は自分の家を建てるまでの仮の住処としての利用なので此処の住民は町民のうちには入らないらしい。住み心地は良い土地だが、どんなに頑張って町内会活動をしたってうちと隣家孤立している。

子供幼稚園のお友達には新興住宅地に住んでいる子が多いんだが、そういう所は親も子も同世代同士でわいわいやってて、なんか楽しそうでいいなって思う。

2017-11-09

anond:20171109155322

お前は毎日のように海に漁に出て畑で野菜を育て田んぼで米を作り山に登って山菜を集める生活が出来るのか……?

2017-11-07

じいちゃんが田んぼくれるらしい

マジでいらない

ややこしい生い立ち

千葉県柏市病院誕生

両親の「田舎でのびのび育ってほしい」という思いで、生まれたてほやほやで茨城県龍ケ崎市引っ越しました

田んぼに囲まれながら11歳まで過ごした後、再び千葉県柏市引っ越し

まとめます千葉県で産み落とされ、11年間茨城県で過ごし、それからまた千葉県移住

今だに自分出身地がどこだかわからない、千葉茨城ハーフです。

運動なら誰にも負けないほど自信があり、休み時間はずっとサッカーしてた記憶ばかり。

でも通学中の石蹴りで、クソでかい石を走っている車に当ててしまい、大変怒られたことはなぜか今でも覚えています

全然ややこしくねーよ。

2017-11-05

anond:20171105191203

よくわからないけど、食うや食わず田んぼや畑を耕すよりは、毎日デスクワークする方がいくらか楽だったりしないかなー

案外、精神的には体動かしてる方が楽って可能性もあるか

2017-11-04

anond:20161110001707

単純に「腕力不足」が原因なんだろうと思うんだが・・・

同じ条件で男女ともに同じことをやらせると、

❍農耕にしても腕力不足で田んぼや畑の畦作りや

水を引く水路作り、その水源の川の治水やら

木製の鍬で稲・麦が根を張れる程深く耕せるかなど。

❍身や財産を守るにしても、狼やら野犬、猪、狐や

あと同じ人(食料不足の為に他から奪う選択をした)

から自分家族、あと畑を荒らされない様に守る事。

❍防寒についても、服(毛皮)を得る方法には

弓矢の使用と数日〜一週間ほどずっと山中での

狩猟に耐える事と、家を作る為の木材の切り出し等。

・・・他にも金属の為に鉄鉱石採掘やら炉の制作

山を削って道を作る、溜池を作るなどやら色々と。

しろ同じ事やらせて競わせる方がキツイんじゃ?と

結論:農耕とか文明が悪いよー、麦と米が悪いよー

2017-10-30

anond:20171030071811

田んぼばっかりのド田舎だとさすがにほぼないけど、コンビニみたいなところだと持っていかれない心配がないわけではない・・・

2017-10-23

anond:20171023142424

要は土地問題だろ。

「オレ、農業やるから田んぼのまま残しておいてくれ!」

で、いいんじゃない

畑で漏らした

実家の親が年とったのでときどき手伝いに行ってるんだが、百姓の成れの果てで小さな畑がある。家からちょっと遠いので親はもう行けないから、たまに行って、草取りぐらいする。

というようなことを書くとずいぶん田舎のようだが、実はこの畑、住宅地の真ん中。住宅地に畑をつくったんでなく、もともと田んぼばっかりだったところがいつの間にか住宅地になって取り残された。資産運用とかうるさいけど、面倒だから放っておいたらそうなった。

今日、その畑に行く前に便所に行って「だいじょうぶ」と思ってたんだが、急にさしこみがきた。山の中の畑だったら迷わずそこでズボンを下ろすのだけれど、まわりは住宅地。向かいには保育園である。ここでしゃがむわけにはいかない。中途半端住宅地なので、コンビニとかもない。

オロオロしてしまった。

最終的に納屋の中でどうにかしようと決断したときにはもう手遅れ。増田らしく漏らしてしまった。

この納屋、畳1畳分ぐらいしかないところに耕運機とかその他の農具や資材がつめ込まれていて、そもそも身体を入れることすらままならない。それでもそこに無理やりねじ込むとアクロバットのような姿勢で用を足した。

納屋の床は土のままなので、シャベルですくって外の畑の肥料に埋めた。

そこから、またアクロバットのような姿勢で、汚れをどうにかして、汚れたパンツ水道で洗って柿の木に干したところで、遠縁の親戚だかなんだか知らないけど、地元あんちゃんがきた。

田舎社会では、若手とはいえもう定年退職して暇人。こっちは落ち着かない気持ちで早く帰りたいのに、のんびりと世間話


本物の田舎ならこんな苦労はせずにすんだのにと、中途半端なところに生まれ自分が恨めしかった。

人工透析落選、パコリーヌは当選

ぶっちゃけ選挙区の差でしょ?

長谷川豊千葉1区千葉県とは言え花形の区。千葉駅幕張等の比較的まともな層が住んでいる

山尾の愛知7区名古屋市の東に隣接している街だけど、名東区守山区にすんでいれば分かるが、マジで底辺しか住んでいないか

そりゃ万博するような土地がある場所だし、新興住宅街とか言って売り出しているけど相変わらずの田んぼばかり

こんな信用無い候補者でも、底辺流入で良く分からない有権者相手なら余裕なんでしょ

2017-10-22

じっちゃんのせいで田んぼが死んだ

じっちゃん規制しろ

2017-10-07

猿投神社門前の小さい田んぼに黒いお米が実っていた

神社での儀式用だ!

みんな古米を見てこまい。

生活についての常識を知りたい

わたしは19歳の時に初めて彼女が出来まして、現在では8年付き合っている相手がおります

小生が童貞時代全裸田んぼ道を走ったり下半身丸出しで自転車に乗ったりしておりました

若者の捌け口のない性欲の昇華としてはこの上ない行為でありました

もともと性癖に大いなる癖があったとは自覚しております

現在わたし彼女にお小水を身体に掛けて頂き、あわよくばその聖水を愛飲しております

できるのであればもう一つのから出て来ます物体を頂きたいとも考えておる昨今です

わたしはこのような感情普通だと考えておりました

しかし上記のような話を周りに話しますと割と距離を置かれたり変態扱いされるのです

それもまた嬉しいのですが

性的なことに関してはみなオープンではないのに関わらず変態行為に関してはみな非難するように思います

なぜそこに常識が産まれるのでしょうか

みんな自分とは違う性癖非難しあっておりそれが輪をなして負のスパイラルが発生しているのではないでしょうか

個人尊重する時代です

お互いが幸せなのであればレスカップル変態カップルも同様に評価されて然るべきなのではないか

そう思いここに筆を取らせて頂きました

今この文を読んで何かを感じたあなたはきっと変態です

プークスク

お疲れさまです

2017-10-03

anond:20171002224129

この場合特区では生産手段は誰のものと想定しているの?

たとえば田んぼでも畑でも工場でも、あるいはデスクワークする際のパソコンや紙やホチキスや糊、あるいはインターネット自動車自転車。それを支える電力や上下水道・ガス。着る服や靴や化粧品

これらは国が用意するなら人々が生産手段持ってないのだから奴隷みたいなものだし(国が財産管理するからいくらでも人々への提供量を操作できる。働く人々は自分たちで決めれられない)、そもそも固有の生産手段もってたらコミュニティをつくらずとも資本主義社会でやっていけるのではないか、と考えてしまう。

2017-10-01

anond:20171001111916

うん、その何を間違いとするのかに段階があるよね。という話。

詩人(天文学者)はすべての、物理学者は一つの数学者は少なくとも一面が、哲学者はそれは羊なのか。

それぞれに求められる段階の厳密さで話をしてる。

中学校国語と、大学論理学で求められる厳密さは同じなのだろうか?

「書いていないことはないものとする」という公理(その段階が浅いかどうかは別にして)を前提にした正当な論理はあるのではないか

例えば、大学入試三角形内角の和を問う問題で、曲率0(ユークリッド空間)であることを明記している問題を見たことはないよ。

それを書いていないことを慮る忖度と言っても間違いではないし、前提を疑える可能性はあるけれど、その厳密さは国語に限らずどの教科でも求められてはいないよね。

すべての問に対して、「回答できるほど厳密でないので不定」という答えは誰も望んでない。

写真を取るときに「いちたすいちは?」と問われて、

10(二進数)

・0(Z/2Z上の演算)

田んぼの田(なぞなぞ)

と答えないのと同様に

2017-09-21

anond:20170921074425

まさしく。共感と同感(あるいは同感しかねる)の違いだね。

「君の生い立ちや立場ならそう考えるかもな」、程度で済ませればいろいろもっと平和だね。

団体組織にいてひとつ意思決定に絞られるとか、祭りをいつやるか、田んぼにいつ水を引くか村での話し合いとか、あるいは答えがひとつある学校時代の設問とか、スポーツwin-loseの、雛形が蔓延しているのかな。

2017-09-18

台風+老人+田んぼ

台風の度に老人が死んでるよな。

次は俺がニュースに出るんだ!とか思ってるのかな?

台風の日は増田大人しく品遠田須磨は日のウフ鋳た(回文

掃除し始めると

漫画を読み込んじゃって1日潰れることってよくあるじゃない。

逆に考えるの。

漫画今日は1日読もうって!

そうすると、

読んでて部屋の隅っこのホコリとかが気になりだして

掃除し始めて1日掃除で潰れちゃうとか。

掃除をするつもりじゃなくて、

漫画を読むつもりなノリで掃除しちゃえばいいのよ!

スゴい発見

あいにく台風雨模様よ。

凄い風が吹いててスゴかったわ。

あなたの所は大丈夫かしら?

うそういう時は大人しくしておくべきよね。

田んぼ用水路を見に行くのは危険よ。

気をつけてね!


今日は遅い朝なのでこれからにしてみるわ

朝ご飯は。

デトックスウォーター

グリーン緑茶ウォーラー

結局今年の夏は雨ばっかりだったけど、

ウォーラーグリーンばかりだったわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-09-16

https://anond.hatelabo.jp/20170916151534

待ち合わせ場所に来る途中で田んぼ用水路に落ちたおじいちゃんを救出したためずぶ濡れになり急遽ジャージに着替えた設定でいけ

2017-09-11

沿線住宅の火が電車燃え移るって

都会ならではだと、思う。もしくは、古くからある都市からだと。

地方からすれば、住宅線路との距離とが、寄りすぎって思う。

二次火災を防ぐためにも、ある一定物理的な距離必要ではないのか?

消防法見直したらどうだろうか。

或いは、燃焼・延焼が防げるような素材の住宅に(木造から鉄筋コンクリート素材へと)変更してもらうとか。

田舎では、所によっては煙を発する蒸気機関車に対する偏見があって、あえて、田んぼや畑しかないような不便なところに駅を作ったとか。そこまでは、いかなくてもいいけど。)

2017-09-08

絵画コンクールなんてやめちまえ

小学校の時、図工の時間に花のある景色の絵のコンクール出展する用の絵を描くことがあった。学校の外に出て好きに描くのだ。

学校の周りは畑や、田んぼがあり畔道によく花が咲いてた。

美しい花の絵がある景色...それならばこのコスモスとその背景の山々の絵を描こうと思った。

自信満々の絵の下絵を先生に見せた時、衝撃的な言葉を言われた。

「茎が細い、あと葉を大きく描きなおしなさい」

私は絵が得意なので、コスモスをやや写実的に描いてた(当時小学生だったので、絵にそれなりの幼さはあったと思う)。

なので可憐で華奢なコスモスをそんな風に書きたくなかった。

茎がアスパラみたいで、葉が家の裏手に生い茂ってるような雑に扱われる類の葉っぱの絵。組み合わせたら、ドラえもん映画に出てくる人を丸のみにしそうな植物お化けになった。

こんなものコスモスではない。断固反対した。

「絵に生命力を感じられない、植物は地面にどっしりと生えないといけない」

「でないとコンクールでは受けない」

・・・確かに、その絵画コンクールでの絵は人を丸のみにしそうな植物お化けと、そのお化けの隣で何故か笑顔でいられる人間の絵ばっかだった。

植物生命力を感じるのは大事かもしれないが、それが茎の太さではない。細い茎なのに、風にあおられてもしゃんとしてるコスモスのほうがいい。

こんな化け物の絵ばっか描かされて個性も何もないじゃないか

コスモスに華奢さを求めて何が悪いのか。

そんな絵ばっか求めてる審査員審査員だ。同じようなの求めてないで、節穴を目に整形してからこい。

当時はそんなことは思わなかったが(後々考えてムカついた)、茎が太いのは嫌なので先生と私でお互い妥協できる茎の太さを求めて何度も描き直した。

葉っぱは、数を増やしたらあっさりオッケーをくれた。コンクール出展してもらったけど、見事参加賞の佳作であった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん