「田んぼ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 田んぼとは

2018-08-12

姉が帰ってくる。

姉の話をする

初めに、俺は姉と二人姉弟で、年齢差は3歳差だ。

俺たちは自営業の親のもとに生まれて、今は親父の仕事を俺が継いでいる(とはいえ親父もまだ現役である

田んぼに囲まれた片田舎で、通学はバス通学。

車はおろか車輪のつくものを持っていなければ街にもいけない。

近所の子供は両手に収まるくらいしかいない上に同級生は1人だけ。

そんな田舎で俺達は伸び伸びと成長した、と思う。

俺と姉は割と姉弟仲が良く、遊び相手としてはちょうど良かった。

姉はなんだかんだで弟である俺に甘く、喧嘩はすれど結局は譲ってくれることが多かった。

から俺も結構姉に甘えていたんだと思う。

ちなみに、反抗期対象は姉だった。

何かと姉の言動が鼻に付いたのだ。

姉は、弟の俺が言うのもなんだが、そんなに頭がいいわけでもなく(一緒に公文式をやっていた)、俺よりも字が汚く(同じ習字教室に通っていた)、俺よりも運動ができなかった(同じ武道をやっていた)。

言ってしまえば、姉が何かで表彰されるたびに、俺がその一段階上の賞をとってしまったり、身体能力を上回ったりした。

そして何より、姉は、ゲーム音痴だった。

から多分、当時の俺は見下していたのかもしれない。

姉の優しさに甘えて、姉の言動に一々噛み付いていた。

しかけてくる姉に、苛立ち、ドジをする姉に虫唾が走り、それでも朗らかに笑う姉にどうしようもなく腹が立った。

その頃の俺は中学生くらいで、生徒会をやったり、部活をやったりと忙しく駆け回っていた。

一方の姉はといえば、第一志望の高校に落ちて、県立の進学校へと通い、中学時代は学年10位以内をキープしていたのとは反対に、学年のワースト10から数えたほうが早いという堕落しきった学校生活だったのだ。

からそんな姉に、たぶん矛先が向いたのだろう。

そんな姉への反抗期は、俺が姉の落ちた高校に受かり、姉は短大へ進学したあたりで収まった。

気付けば、俺は高校サボりがちになり、姉は短大バイト自分で立ち上げたサークル活動と忙しく駆け回る。

まるで正反対だと思った。

姉は、本を読むのが幼い頃から好きで、小中高と多読ランキングに名を連ねており、姉が進んだ短大も、司書育成の短大だった。

そんな姉は今、東京にいる。

嫁さんをもらって、親父の仕事を継いで、地元に腰を据える俺と正反対に、独身の姉は東京派遣社員をしながら飲食店バイトをしている。

姉の部屋は色々あり、既に物理的に存在がなくなって、今は、年に一度、実家の手伝いに帰ってくる。

ばかで不器用で鈍い姉は、土産センスだけは、とても良い。

2018-07-30

ハザード地域には何を建てるべきか

災害が起きてもセーフなものだけを建てられるようにするとして、そんなものあるのだろうか

公園

駐車場

モデルルーム

田んぼ

ソーラーパネル

うーんうーんどれもピンとこないぞー

そう発想の転換……水が溢れてもセーフな……

!!!

プール

2018-07-28

anond:20180728142424

じっちゃが田んぼの様子見にいって帰ってこないから、

さっきばっちゃに探しに行かせたわ

関東増田民台風で危ないか田んぼの様子は見ておけよ

軽トラは注意して運転するんだぞ

2018-07-20

anond:20180609110730

平成に入ってからだと思うけれど、以前島唄という沖縄民謡作法に則って作られた歌があって、結構売れた。

内容はよくよむと反戦侵略された側のための内容だ。同じシングルB面もそんな感じ。

でもまあ、本来沖縄歌謡の人から最初沖縄出身でもないし本来沖縄民謡でもないから受け入れがたいと嫌がられたんだけどね。

 

島唄ネットの幼いおばかさんたちに分類させればサヨクの歌、愛国心がない歌と分類されるんだとおもう。

(それ以外にも1970年代フォークソングは大体反戦歌だ)

同じく、こないだのあれも愛国心のある歌、ありすぎる軍国的なウヨクの歌と分類されるだろう。

 

歌をつくる人はそんなこと思って歌詞かいちゃないよ。

歌にできる個人の思いなんてその場限りのもの、揺れ動いて当たり前のものなんだ。

「みんなの思い」なんてもの幻想にすぎない。あるのは「思惑」くらいだ。

 

歌を政治的主張自衛隊をどうするかとか憲法をどうするかとか)で

自説補強につかえる(けどそんなことはさせないゾ)というのがそもそもウヨクサヨク思い込みにすぎないよ。

愛国心なんてものはそのときレッテルにすぎない。(それをうまく歌に落とし込めてないならそれは歌としての問題にすぎない)

 

逆に目立つから自分もやもやイライラした気持ちのぶつけ先に利用できると考える、本来右翼でも左翼でもない人たちならたくさんいるけど。

歌の有無で政治が決まったりはしない。

君が代を歌ったら自衛隊が強くなるわけでもない。

(もしなるというのなら災害救助を受けている人はみんなせっせと歌うだろうね)

自衛隊なり警察なり救急車なり、国や人を守る制度を動かすのは国会で決まった予算だ。

バカバカしい話だ。

まり本当の愛国心お金だ。税金を払う人は愛国心がある、なら言ってもいい。

歌を歌ったところで「愛国心」で救われた人や村や田んぼなんかビタイチ増えないよ。

ただ歌で気持ちよくなってCDを買う人がたくさんいればアーティスト所得税をおさめて「愛国心」を証明できる、てのはあるだろう。

そのためにアーティストはだれかをなるべく気持ちよくさせるような歌をつくる。

その意味では島唄もあれもおなじ愛国的な歌だ。

それだけのことだ。

 

1000年経ったら島唄もあれも平成百人一首の中に同時期の歌の例としてならべられてる程度のものだよ。

まあ、歌としてできがよければ、の話。

2018-07-17

もしJ・D・サリンジャー日本人だったら

田んぼで捕まえて」だった?

仕事について早数年。ほとほと疲れてる。疲れが連鎖している感じ。他の人は出来るのに自分だけ出来ないんじゃないか。こんなに完璧主義だったか感情暴走。水を引く前の田んぼのごとく心カッサカサ。

親しい人の結婚式が続け様にあった。休日はもっぱら家で体力回復する日々だったから体力持つかしらと思ったけれど、懐かしい人にたくさん会い自分でも驚くくらい飲み笑い話した。

いま布団の中。胸のあたりが暖かい。いい時間だった。涙が出てくる。

自分に戻れる人に会うのは大事

2018-07-12

広島で2つの豪雨体験追記

叩かれる部分も大いにあると思うが、2つの豪雨体験したので素直に書いてみる。

広島市安佐南区安佐北区を襲った平成26年8月豪雨では安佐南区でも大きな被害が出た地区に住んでいた。

そして、現在安芸郡住まいがあり、平成30年豪雨経験した。

町内は現在酷い有様である

幸いにも私自身は何も被害を受けることなく、身近に起きた災害経験した、という程度のものである

平成26年8月豪雨

夕方遅くから夜中にかけて、二度雨のピークがあったのを覚えている。

このときは、まさに「バケツを引っくり返したような」「滝のような」と表現されるような雨で、家の中に居ても危機感を覚えるほどの降り方だった。

多少心細さを感じながらも、土砂降りの中外の様子を見に行くのも面倒くさいし、避難勧告も出てないし、ということで、かすかに聞こえる太田川警報を聞きながら寝入ってしまったのである

なお、当時、広島市対応の遅さが指摘されており、その後、まめに避難勧告が発令されるようになったように思う。

そして、馬耳東風がごとく、避難勧告が出ても気にもとめなくなってしまった。


平成30年7月豪雨

前日から降り続く雨。

梅雨の終わりには大雨が降るよね程度の認識だった。

台風の影響で九州のあたりから雨雲が迫ってくるのは知っていた。

いつもよりも天気予報を気にしつつ、15時以降いよいよ雨が強くなっていった。

しかし、平成26年体験したような「バケツを引っくり返したような」「滝のような」雨ではなく、多少雨足が強い程度の雨だと認識しており、危機感というほどのものは感じることがなかった。

ただ、雨はここ数日降り続いており、累積した降雨量は相当なものだな、とは思っていたので、この降り方が続くと何かしら起きるかもしれないと予感した。

17時半頃から、あれよあれよと言う間に避難勧告避難所開設、避難指示特別警報が発令された。

午前0時をまわる頃には町内のあちこちで水が溢れ、土砂が流れ大渋滞引き起こしていたようだ。

しかし、土砂降りの中、一人暮らしの女が身支度をして夜中に避難するのは心理的ハードルが高い。

家がある場所はなだらかな坂だから浸水心配もない。大した川もなく、山からも離れている。

何事も起きそうにない。

えー避難…?この土砂降りの中避難所まで歩いて…?大したことなかったら…?

てか避難してる人とか居るの?

明日仕事だし…、雨で交通乱れてるだろうから早起きしないと…zzz

(そして、幸いにも家付近は全くと言っていいほど被害がなかったのであるが)



アプリ

Yahooの天気アプリGoogle Mapは、いつも頼りにしている。

雨雲レーダーはかなり正確だと思う。

Google Map渋滞情報は、時々嘘をつくが、混雑しているところにわざわざ突っ込もうという気にはならない。

テレビ

テレビNHK情報が正確で頼りになる。

でも情報が散漫で、ローカル情報をガッと集めたいときにはまどろっこしい。

確定情報しかさないので遅い。

ツイッター

結局ずっとツイッターで調べていた。

写真動画野次馬的で批判が多いけど、やはり視覚に訴える。

ただの「道路封鎖」の情報も、写真で見たら復旧の予測が違う。

テレビでは被害が大きいところの情報がメインだから地域地域情報が手に入る。

道路の状況とか逐一報告してくれるアカウントがあって感謝している。

見る専だったけど、これからは共有できるお役立ち情報をつぶやいてみようと思う。

【雑感】

避難勧告避難指示特別警報が発令されても、場所や家によっては全く被害が出ないこともあり、自分勝手に甘く見積もってしまう。

休日で家に居たら、土砂降りの中わざわざ出ていったりしないが、家の中に閉じこもっていたら切迫感がない。

大雨の際には「田んぼ用水路を見に行かないでください」と仕切りに言われるが、いつもは穏やかな川が、8分目くらいまで水かさが増しているのを実際に見ると「やべえな」という感想がわく。

なんだかんだでネットが一番役に立つが、情報散逸しているので、災害時の共通ポータルサイトみたいなのを誰か作ってくれないだろうかと思う。

テレビ局や新聞自治体独自に作っているのもあるけど、写真動画口コミつぶやきレベル情報や超々ローカル情報、そういうのを集約するの。

デマとか、不確定のものも出回るだろうけれど、情報の取捨選択は受け取る人に任せて。

今回は道路が封鎖封鎖でとにかく孤立した地域が多い。

逐一どこが開通したか、いつ復旧しそうか、抜け道はあるか、混み具合はどれくらいかを調べないと、渋滞のドツボにはまってしまう。

あと、ネットに不慣れな人たち、どうにかならないだろうか。

町内放送なんやかんや言ってたが、土砂降りの最中では全く何を言っているのか分からない。

そもそも、町内放送は平常時でもご老人たちに聞こえているかはなはだ怪しい。

そういう人にはやっぱりテレビラジオ新聞なんだろうなぁ。


追記

補足だが、安佐南区とき安芸郡ときも自宅周辺は全く被害がなかった。

避難勧告等は区域世帯に向けて出されるものだが、比較安全と言われるポイントに住んでいる場合はどうしたらいいのだろうか。

「〇〇地域に住む、☓☓世帯避難指示が発令されました」これは私も含んでいるはずだ。

ハザードマップを見ても、いずれも警戒エリアではない。

からこそ避難を行動に移すことに腰が重い。

しかし同じ区域内で目と鼻の先で起こった被害は凄まじいものだった。

そして、逆に今回、「無事?」と心配してくれた他地域の人の方が、私の自宅周辺よりも被害を受けていたりする。

テレビ全然情報が流れない地域浸水していたり、自宅裏が崩れていたり。

結局、自分のところは大丈夫という希望的観測、楽観的確信によって、自分は3度目の災害時に痛い目を見るのかもしれないと思っている。

沈没船国民性ジョークのように「みんな避難してますよ、避難してないのあなただけですよ」と言われると、ようやく避難しようと思うのかもしれないが、それも情けなくぞっとするものがある。

それと今回実感したのは、復旧の早いこと早いこと。

陥没した道路も、土砂や岩が流れ込んだ道路も思いの外迅速に開通する。

梅雨が開けた猛暑の中、また夜を徹して作業をしてくださる土木関係の方、復旧に尽力してくださる自衛隊自治体の方には本当に感謝している。

気象庁は早くから警告を出していたし、NHKもその情報を流していたと思う。

素直に警告を受け止めて、危機感を持つようにしなければと戒めている。

自分安全が確保されているとしても、不要な外出を避けるだけで、渋滞も緩和でき、多くの人の安全につながるのだから

2018-07-11

anond:20180711170402

地方だと、工場跡地イオン様の草刈場だよ。

から住宅に回ってくる場所は、山の麓(←土砂崩れ)だの田んぼ跡(←地盤弱い)だの人里離れた僻地(←20年後廃墟確定)だのしかない。

2018-07-06

anond:20180706170137

農業用の用水路ってあるじゃないですか。

あれって自分の所で詰まって溢れたら

よその田んぼにもご迷惑がかかってしまうので

まりそうなものが流れてきてないか

確認しないといけないのです。

田んぼや畑の様子を見に行って死ぬ人って災害のたびに何人かいるけど懲りないよな

見たって何も変わらないのに自分は不死身とか思ってるのかな

anond:20180706101603

自分田んぼだけの話なら最悪後日でも良いですが、

よそにご迷惑がかかるといけませんので・・・

自分土地用水路自分管理するのが共同体ルールです。

anond:20180706075851

農業用の用水路ってあるじゃないですか。

あれって自分の所で詰まって溢れたら

よその田んぼにもご迷惑がかかってしまうので

まりそうなものが流れてきてないか

確認しないといけないのです。

2018-06-27

anond:20180627014442

いいなあ。神社公園もないけど田んぼだけはあるからちょっと周り散歩してみようかな…

2018-06-26

会社の昼休み ※追記あり

会社の昼休みをどう過ごせばいいかからない。

昼休憩1時間のうち、

1人で席でお弁当食べて20分。

歯磨いて5分。

残り30分近くを有意義で快適に過ごしたいんだけど、なかなか上手くいかない。

スマホいじる→見るものなくなってもダラダラみちゃってうんざりする。

寝る→机に突っ伏すの辛い。

読書勉強→人目が気になって落ち着いてできない。

雑談→苦手。むしろ疲れる。

時々会社の周りを走ってる人もいるけど30分じゃ汗とか化粧とか気になるので無理。

周りに田んぼしかないので外出て行くところもないです。

気持ちの切り替えもできなくてぐったりしちゃいます

皆どう過ごしてますか?

【追記】

色々アドバイスありがとうございます

今日会社の周りを散歩してみました。

暑くて5分くらいで帰りましたが、いい天気で気持ち良かった!

手ぶらブラブラしてるの見られたらちょっと恥ずかしいと思ったけど、

会社の周りでタバコ吸ったりコーヒー飲んでる人がいたりして、

当たり前だけど1人になりたいのは私だけじゃないんだなと気づいたりしました。

あとはうつ伏せ用の枕も検討してみます

皆さんもいい昼休みを!

2018-06-14

去年の初夏、不幸があり生まれ故郷帰省した。

空港を出て車を走らせて直ぐの車1台がやっと通れる田舎道をレンタカーで走る中、なんとも言えない気持ちが込み上げてきた。

田んぼ匂いがする。

毎日この匂いに囲まれ暮らしいたことに、30年経ってやっと気付いた。

学校帰りにおたまじゃくしタガメを捕まえて、毎日泥だらけになっては母に呆れられた初夏の日々。五月晴れの風に乗って漂う飼料匂いに鼻を摘みながら牛舎に搾りたての牛乳を汲みに行く。

うだる暑さの中、アイスを咥えて縁側の板間に寝転んだ先に見えた面白味のない一面の緑の絨毯を見つめるうちに寝てしまった夏休み

新聞や廃材を燃やして焼き芋を作った空の高い日、黄金の穂先が風に揺られて擦れる音が、幾重にも重なって今でも耳の奥にこだまする。

今、私の子供はタワーマンションに囲まれた校庭を走り、遠足収穫体験をし、紙パックの牛乳を買う。

ただやみくもに前に向かって歩いているうちに背負う責任幸せはどんどん重くなってしまった。今日もまた満員電車に揺られて、なにが正解かわからない今を必死で生きる。

2018-06-09

愛国心て結局なんなの

愛国的な歌詞がいいとか悪いとかいうけどさ

そもそもその愛国心ってもんがぜんぜんよくわからん

みんなわかるの?

いや、そりゃさ、素朴な地元愛や愛着みたいなもんは自分にもあるよ。

たとえば生まれた県や地域から、有名な人が出たらなんか嬉しいし

逆にバカにされてたら悔しい。

同じように日本人がすごい賞とりました世界的な発見しましたっていわれたら

へーすごいな、よかったじゃんてなるし

他の関係ない国の人が受賞しても同じ感覚にはならない。


でも日の丸がどうとか日出ずる国がどうとか天皇万歳とか君が代がどうとかになると

もうぜんぜんわからん

なんでそんな抽象的なとこに行くの?

あんたのその素朴な愛着日本という国が平和だったからだ」というならそれはわかるけど

それは自分でも政治に興味をもって、愛する風景を守ろうという気持ちにはなっても

国歌サイコー日の丸大好きなんて気持ちにはならんのだよね、正直。

からゆずの言ってることも前々前世の人の言ってることもよくわからない。

旗ぺら一枚に愛を集約してもらうと助かる人がいて

そう仕向けられてるだけなんじゃないの?

個人的に、生まれたところへの愛で思い出すのは

通ってた小学校に、いちめん田んぼけがみえる窓があって

その窓から見た、収穫時期に窓枠いっぱいの黄金色の稲が風に揺れてる風景だし

今すんでる箇所に愛を感じた瞬間でいうなら、

商店街のばあちゃんがやってる酒屋さんが、

子連れクーラーボックスいっぱいに飲み物を詰めてあげてて

子どもがとても楽しそうにこれからどこにいくのか何をするのかばちゃんに話してたとき風景だ。

そういうものを愛している、というなら、それはわかる。

2018-06-02

親が(78歳)子供の頃は山の方の川にウナギ普通に泳いでてよく捌いてたんだって

家の横の川ではスッポンがいたから時々捕まえて村人でスッポン宴会してたんだって

誕生日特別な日だからニワトリを締めて血抜きしてから学校に行ってウキウキで帰ってきたんだって

ケーキもないし牛肉も食べることなくて鶏肉が一番のごちそうだったらしい

へんぴな田舎村なのにこんなとこにもアメリカ駐屯軍が来てて何度かお風呂に入れてあげたらしい

お約束チョコももらったようだよ

当時は他に車がなくて馬で移動がまだ普通にあったらしくて田んぼで使うための牛もよく見たんだって

65年前かそこらの昔なのにすっかり景色が変わっちゃったな

いいとか悪いって話じゃないんだけど

ももういい歳なんでもっと話を聞いて一つでもエピソードをどこかにノートしておきたいなと思ったわ

anond:20180602212723

そんなことしなくても田んぼの田の字で小分けで売ってるダ〇ンとかブル〇リアとかのパックを立てかけて冷蔵庫内で斜めにしておけば

勝手に偏って水みたいなやつ(ホエイ)と本体が分離するからいつでも冷蔵庫から出して食えるぞ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん