「田んぼ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 田んぼとは

2017-09-21

anond:20170921074425

まさしく。共感と同感(あるいは同感しかねる)の違いだね。

「君の生い立ちや立場ならそう考えるかもな」、程度で済ませればいろいろもっと平和だね。

団体組織にいてひとつ意思決定に絞られるとか、祭りをいつやるか、田んぼにいつ水を引くか村での話し合いとか、あるいは答えがひとつある学校時代の設問とか、スポーツwin-loseの、雛形が蔓延しているのかな。

2017-09-18

台風+老人+田んぼ

台風の度に老人が死んでるよな。

次は俺がニュースに出るんだ!とか思ってるのかな?

台風の日は増田大人しく品遠田須磨は日のウフ鋳た(回文

掃除し始めると

漫画を読み込んじゃって1日潰れることってよくあるじゃない。

逆に考えるの。

漫画今日は1日読もうって!

そうすると、

読んでて部屋の隅っこのホコリとかが気になりだして

掃除し始めて1日掃除で潰れちゃうとか。

掃除をするつもりじゃなくて、

漫画を読むつもりなノリで掃除しちゃえばいいのよ!

スゴい発見

あいにく台風雨模様よ。

凄い風が吹いててスゴかったわ。

あなたの所は大丈夫かしら?

うそういう時は大人しくしておくべきよね。

田んぼ用水路を見に行くのは危険よ。

気をつけてね!


今日は遅い朝なのでこれからにしてみるわ

朝ご飯は。

デトックスウォーター

グリーン緑茶ウォーラー

結局今年の夏は雨ばっかりだったけど、

ウォーラーグリーンばかりだったわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-09-16

https://anond.hatelabo.jp/20170916151534

待ち合わせ場所に来る途中で田んぼ用水路に落ちたおじいちゃんを救出したためずぶ濡れになり急遽ジャージに着替えた設定でいけ

2017-09-11

沿線住宅の火が電車燃え移るって

都会ならではだと、思う。もしくは、古くからある都市からだと。

地方からすれば、住宅線路との距離とが、寄りすぎって思う。

二次火災を防ぐためにも、ある一定物理的な距離必要ではないのか?

消防法見直したらどうだろうか。

或いは、燃焼・延焼が防げるような素材の住宅に(木造から鉄筋コンクリート素材へと)変更してもらうとか。

田舎では、所によっては煙を発する蒸気機関車に対する偏見があって、あえて、田んぼや畑しかないような不便なところに駅を作ったとか。そこまでは、いかなくてもいいけど。)

2017-09-08

絵画コンクールなんてやめちまえ

小学校の時、図工の時間に花のある景色の絵のコンクール出展する用の絵を描くことがあった。学校の外に出て好きに描くのだ。

学校の周りは畑や、田んぼがあり畔道によく花が咲いてた。

美しい花の絵がある景色...それならばこのコスモスとその背景の山々の絵を描こうと思った。

自信満々の絵の下絵を先生に見せた時、衝撃的な言葉を言われた。

「茎が細い、あと葉を大きく描きなおしなさい」

私は絵が得意なので、コスモスをやや写実的に描いてた(当時小学生だったので、絵にそれなりの幼さはあったと思う)。

なので可憐で華奢なコスモスをそんな風に書きたくなかった。

茎がアスパラみたいで、葉が家の裏手に生い茂ってるような雑に扱われる類の葉っぱの絵。組み合わせたら、ドラえもん映画に出てくる人を丸のみにしそうな植物お化けになった。

こんなものコスモスではない。断固反対した。

「絵に生命力を感じられない、植物は地面にどっしりと生えないといけない」

「でないとコンクールでは受けない」

・・・確かに、その絵画コンクールでの絵は人を丸のみにしそうな植物お化けと、そのお化けの隣で何故か笑顔でいられる人間の絵ばっかだった。

植物生命力を感じるのは大事かもしれないが、それが茎の太さではない。細い茎なのに、風にあおられてもしゃんとしてるコスモスのほうがいい。

こんな化け物の絵ばっか描かされて個性も何もないじゃないか

コスモスに華奢さを求めて何が悪いのか。

そんな絵ばっか求めてる審査員審査員だ。同じようなの求めてないで、節穴を目に整形してからこい。

当時はそんなことは思わなかったが(後々考えてムカついた)、茎が太いのは嫌なので先生と私でお互い妥協できる茎の太さを求めて何度も描き直した。

葉っぱは、数を増やしたらあっさりオッケーをくれた。コンクール出展してもらったけど、見事参加賞の佳作であった。

2017-08-30

今日多々良川

晴れ

水位かなり低くて川底ちらほらみえてる

甲羅干し亀1(川中ブロック

昨日から小学校がはじまったらしく今日小学生集団がいた

セミがここ2,3日でめっちゃ減った

今朝は遠くでツクツクホウシが一匹ないてて、豊田2丁目あたりでクマゼミが1匹ないてただけだった

耳がうわ~んって鳴って声が聞こえづらくなるほどのセミは死んでしまったのかな

去年かおとどしだかの9月になってもかなり暑かったときだと、9月でもまだかなり鳴いてたと思ったんだけど

まあ確かにここ2,3日で急に朝方冷えるようになったしなあ

なんとなくだけど秋の気配を感じる

そういえばサギが田んぼを歩いていたというのを聞いた

灰色~とかいってたから多分アオサギかな

2017-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20170828144647

逆。

田んぼや畑を宅地造成して、分譲地として売って儲けたいときには、「街を作れ」という建前になってる。

から「街」構成する要素である、買物できる店(イオンスーパー)と、集まれ場所提供公園)と、金融機関郵便局)、その他もろもろを誘致しろと言われるんよ。あとゴミステーションとか、大きな宅地造成場合学校作れ保育園作れとかも言われる時もある。

普通商業施設はある程度、人口が定着してる場所じゃないと成功しにくいから元田んぼ造成地なんかは商売が成り立ちにくいんだけど、

イオンだけはそのへん気にせずというかむしろ積極的進出したがる(安く出店できるので)からイオングループだらけになる。

https://anond.hatelabo.jp/20170828142424

24時間TVとか関係なく、イベントお祭りに事前情報なしに行くと、あまり良い目には合わないだろうなーとは思う。

それとは別に地域祭りって、周辺からもお客さんを集める「観光色の強い祭り」と、盆踊りとか子供会とかそういう「地元祭り」の2種類あって、後者だったんじゃと思う。

ちょっと話は変わるけど、

畑とスーパー郵便局1軒しかないので行ったことのない郊外住宅街の中に大きい公園

田舎宅地造成地の中に、イオンスーパーがあるという感じだとしたら、イオン24時間TVスポンサーやってる関係で、

区画整理事業でできた新しい街の地元祭りに、イオンつながりで24時間TVが来たんじゃないかねーと、思った。

邪推がもしあたりだとしたら、その祭りスポンサーイオンが金出してる可能性少なくない。

いわゆる「まちづくり」ってやつ。

田んぼつぶして道路作っておんなじような形の戸建がずらっとならんで、真ん中にイオンスーパーマーケットちょっとした公園とか広場作って一丁上がり。

2017-08-26

https://anond.hatelabo.jp/20170826115123

じゃあ田んぼと畑以外にもいろいろある場所に行けばいいだけで

東京である必要ってある?

東京に夢見過ぎだよ

2017-08-22

警察仕事してないな、と思った話

もう15年くらい前。

当時の私は高校生で、部活で帰りが遅くなる日々を過ごしていた。

そんなある日、自転車での帰り道、もう午後9時を過ぎたくらいの時間の頃。田んぼの中の一車線にしかならない細い道のT字路の手前で軽トラが私の前に回り込んで止まった。そして車から降りて来た男性こちらにずんずん近づいてくる。

軽トラ男性の体で道は塞がれてしまい、こちらは自転車を降りざるを得なくなってしまった。

男性は何も言わずに近づいてくる。私は男性を警戒しながら「何かご用ですか!?」と声をあげる。しか男性は無言のまま。

で、一方的こちらの顎を掴んで、顔を覗き込んで来た。私はパニックで「何の用なんですか!?」としか言えない。

男性はそのまま私の顔を凝視すると、また何も言わずこちらを突き飛ばして来た。

とりあえず男性の手から解放されたので、急いで自転車に乗って逃げた。でも、軽トラで追いかけて来て、こちらを轢くつもりなんじゃないだろうかというくらいにギリギリまで近づいて通り過ぎて行った。

当時はケータイが出始めの頃で、私はまだケータイを持っていなかったので公衆電話があるところまで急いで行って家に電話した。そして弟に迎えに来てもらって家に帰った。

帰り道、私は自分が思ったよりもパニックになっていたことを自覚した。あれだけの目にあっておきながら逃げもしないで「何かご用ですか!?」としか言えなかったなんて。もっと危ない目にあっていた可能性がいくらでもあったことに気がついて、背筋が寒くなった。

そして、男が何を考えていたのか考えた。その結果、誰かを探していたのだろう、という結論になった。それだけでなければ、私が助かった理由がない。

けれども逆に言えば、あの不審な男に探されている、危険状態にある女性がいることになる。

そして家に帰って当然通報をした。自分がどんな目にあったのか説明して、男と車の特徴を伝え、誰かあの男に追いかけられている女性いるかもしれない、ということもはっきり言った。

しかし、電話の向こうの警察官はこう言った。

「で、あなた怪我してないんですよね?」

確かに私は怪我をしていない。男に掴まれた顎に赤い跡が残っているだけだ。

それを伝えると、じゃあもういいですね、と言われ、電話を切られた。本当にそれっきりだった。

本当に心の底から、あの警察官仕事してないな、と侮蔑している。

からこそ、その後大学に進学し上京して、夜中に一人チャリで走ってた時に職質された時は、言い過ぎだと思うが感動した。都会では警察がちゃんと仕事をしている、って。

警察職権乱用を憂う人の言うこともわからんでもないけれど、職権を使わない警察の方がもっと困るよ。本当にそう思う。

2017-08-14

https://anond.hatelabo.jp/20170814151000

そういうのはもう古くて少数派なんじゃない?

実家が一軒家な人はもう若者はいえない人。

今の20代DQN田んぼを潰した大東建託アパートに住んで、同年代しかつるまない。

実家の一軒家は過疎地で人がいなかったり、そもそも親が一軒家をもってないくて、近所づきあい希薄

自治会消防団のつながりは親の代ですでにない感じ。

2017-08-07

庭の草むしりをしていたら魚が釣れた。

土の上にぴちぴちと打ち上がったそれは4、5cm位の小魚だった。逃した魚は大きいというので、本当はもっと小さかったかもしれない。見た感じメダカっぽくはなかった。何かの稚魚の様で、ミミズみたいにのたくっていた。

うちの庭は農業用水路と隣接しており、その時の私は用水路に浸入していた雑草を引き抜く作業をしていたのだ。どうやら魚は水の中で腐った雑草の根や茎の間に隠れていたらしい。

私の実家の方では川魚稚魚農業用水路で見かける事は殆ど無かった。用水路の水は井戸水由来だからだ。今住んでいる地方では、用水路の水は近くの川から直接引き込んで来るようなので、こんな事があるのだろう。

用水路に戻したところで、元いた川に戻れるのだろうか?どうせ長生きしないんだろうなぁと思ったが、可哀想なのですぐに用水路に戻してやった。

悪天候続きなのを言い分けに、草むしりをサボっていたら、思いもよらず興味深いものを見てしまった。

けれども用水路雑草が引っ掛かるのは近所の稲作農家迷惑をかけてしまうので、真面目に草むしりを頑張らねば。

今年の5月のある日、忙しさにかまけて雑草放置していたところ、知らないお婆さんがやって来て草刈りを始めた。

私の家族がお婆さんに話し掛けると、お婆さんはうちのすぐそばの田んぼの持ち主だった。

毎年田んぼに水を流す前に、農家人達用水路の端から端まで辿っていって、用水路に隣接する家屋の庭の伸びすぎて水路に入り水の流れを塞き止めそうになっている箇所を、草刈りして歩くのだと、お婆さんは言った。

そういえば毎年田植え前の時期、家の庭が用水路の側だけやけに綺麗になっているが、私はそれは大家さんがしてくれているのだろうと思っていた(うちは借家だが管理費は取られていないので、庭の世話はなるべく自分達でするようにしている。大家さんは気にしなくて良いと言っているが)。そうか、農家の人だったのか。

私も田舎の出なので、地域の稲作にはささやかながら協力するとか、農家迷惑をかけないという意識は一応あるのだが、ずぼらな性分なので、つい。

農家のお婆さんは

町内会で堀浚いは毎年お願いしているけれど、今時それ以上の事は頼めないでしょう?皆農家じゃないんだし、自分関係ない仕事をするのは誰でも嫌だよね」

と言った。

確かに、村の田んぼじゃなくて個人田んぼだもんなぁ。協力する義理は無いっちゃ無いのかもしれない。

しかし、農地宅地が入り雑じって存在し、その間には農地を守るための壁も垣根も無い。そこかしこに建っている建物の形は変わっても、昔ながらの農村と大して変わらない風景が広がっている。

地域の皆の理解と協力がなければ成り立たない事を、今農家人達理解も協力もなくやっているのだ。

それでも農業を続けるのがいけないのだろうか?だが農業は人々の生活を支える大事仕事ではないか

ともかく、草むしりはちゃんとしようと思う。

たぶん……。

いや、やります

2017-07-14

おれ田舎暮らしだったくせに虫が大の苦手なんだよね。

都会に出たらキモい虫はゴキブリくらいしかいないのでマシ。

田舎ではゴキブリムカデゲジゲジ、でかい蜘蛛肌色蜘蛛、でっかい蛾にゲンゴロウとかカマキリとかバッタとか小さいトンボからでけートンボカブトクワガタカナブン大中小各種の蜂にザリガニ、手がハサミになった田んぼにおる虫とか

もう数え切れないほどの虫がいて夏場は本当につらかった。

イノシシとか鹿とか猿とか蛇はリアル危険だったし。

やはり都会最高だよ。

2017-07-09

日曜、朝のロマンスカー

窓の外を見たら田んぼの畦に立つ撮り鉄が見えた。

おもむろにVサインをしてみた。

2017-07-04

どこからパラサイトシングルなのか

大家族、拡大家族三世帯同居が当たり前の時代から核家族時代を経て、パラサイトシングルという集団が見いだされたわけだが…

大家族時代のような独身の子が同居している状態と、パラサイトシングルの線引きはどこになるんだろうなあ。

家にお金を入れているかどうかで言ったら、大家族時代独身の子世代お金入れてなかっただろう。

まあ、その頃は農家が多かっただろうから、家の田んぼを耕したりで家の労働力になるか、

作男として近所の田んぼをやるとか、女性なら女衆として、炊事洗濯とか

そんな時代に家に金を入れるというと、身売りや丁稚奉公とか、なんだかツライ方法しかないぞ。

協力して生活運営することと、依存境界線はどこにあるのだろうか…と考えた場合に、

やはり、自立心があるかどうかなのかなあ。

その上で、できることは自分でやる。

協力するところは協力する。

なんと、山田昌弘氏の「パラサイトシングル時代」は私は未読である

読んでから問題提起しろや、とは自分でも思う。

雨が弾くのが増田楽しいシノ正す間が野クジはがメア回文

私のために川のように涙を流して。

今更あなたは寂しいなんて言って、

一晩中泣いたと言うけど。

だったら、

たくさんお泣きなさい。

川のように泣いてよ。

だって

あなたのためにたくさん川のように涙を流したわ。

おはようございます

なんか台風来てるらしいわよ。

うーん、

雨嫌よね、

足が濡れるのが嫌!

傘を差すのが嫌!

川の様子を見に行くのが嫌!

側溝の様子も見に行くのが嫌!

堤防の様子も見に行くのも嫌!

田んぼの様子も見に行くのも絶対嫌!

アリエール洗濯して部屋干ししてなんとなく匂うのがアリエナーイくて嫌!

でも、

自分が稲作名人大塩平八郎的に手塩をかけて田植えした田んぼの稲が

大雨に見舞われてなすすべはべからず。

本当に、見守るしかないの。

ずん

私の田んぼがー!

みたいに、

まり人類

雨に無力なのよね。

新しい傘とかは、

ぷりんぶりんに

雨を弾いて楽しいわよね。

その様だけを見ているのは愉快だわ。

だけど、最初だけ。

今日レイニーデー。

寄り添えないのは

3つの傘のせいじゃない。

はっきりさせて欲しいわレイニーデー。


今日朝ご飯

玉子好きに贈るタマサンド一見美味しいけど、

はやり1つ1つのボリュームミニマミティーなのよね。

それだとゴロッとゆで玉子をまるまる挟んだ

タマサンドの方が分があるわ。

難しいところね、あとそれと今日ポテサラサンドよ。

デトックスウォーター

グレープフルーツウォーラー

グレープフルーツベース

そこら辺にあったカッツフルーツおつとめ品を混ぜてみました。

パインスイカマスカット

そういえば、

もうデラウエアでてたわよ。

葡萄も不動の人気よね!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-06-28

今日多々良川

小雨

涼しいけど少し動くとすぐ蒸し暑くなる

水位中くらいより少し低い

サギなし

カモなし

甲羅干しのカメなし

さすがにこんな天気じゃなあ・・・

母いわくサギが今いるのは田んぼとのこと

田んぼに水がはられてエサがたくさんいる?

2017-06-26

女性乳首の大きさにびっくりする

むねふくらむから丹生りんがでかくなるのはしゃーないけどちくびはわからん

俺の乳首直径2mmくらいだけどそんなに胸でかくない子の乳首がでかすぎてびびったわ

なんか田んぼの鳥よけみたいな感じで威圧されるからやめてほしいんだよねあれ

こわい

2017-06-18

[]6月18日

調子

被害妄想がひどかった。

アパートに一人でいるのに、母親が怒る声や、父親が僕を田んぼに落として殺そうとする声が聞こえてくる。

念のためアパートの周囲を見回ったり、部屋の押し入れや台所の物入れを漁る程度には、精神的にやられてた。

頓服飲んで横になってたら、日が落ちてきてからぐらいから、薬が効き始めてだいぶ楽になった。

とは言え、シンドイはシンドイ。

この短い文章を書いてる間に、また被害妄想が広がり出して、今もドアを開けたら誰かいる気がして、十分ぐらいドアの覗けるところから外を見張ってしまった。

気持ち悪い。

2017-06-04

サクラクエストを見てるけど





あんなど田舎に、あん可愛い女の子が5人も集まれ町おこしだって奇跡だって、そりゃあ何だって起こせそうな気がする。

実際あのような周りが田んぼばかりの田舎に住んでいる身からすると、正直高校生より上の20代女子なんて出会うどころか、すれ違うことすらも珍しい。

そんな貴重で希少な人材が5人もあんなど田舎に集まってるんだ。それだけで十分町は変化を起こせたと思う。

2017-05-26

[] #25-5「ライトクイズ

はいよいよ決勝戦

そして最後相手は、またも俺にとって知っている人物でありながら、未知数の相手でもあった。

「やあ、マスダ」

「……センセイ。どうも」

センセイは1回戦、2回戦ともに派手さはないが堅実な出題と解答をしており、中々の実力者であることが窺える。

それに、まだ“何か”を隠し持っている気もした。

こちらも手の内をまだ全ては見せていないとはいえ、かなり厳しい戦いになる予感がした。


俺の予想通り勝負拮抗していた。

……傍目にはすごくレベルの低い戦いにしか見えないのがツラいところだが。

お互い隙を見せない迅速な解答を徹底し、一定簡単度を保った出題をし続けるも決め手には欠けていた。

こうして膠着状態が続き、あと1問か2問でお互いの持ち点は0になるというところまできていたのである

「それではマスダさん、問題をどうぞ」

切り札をきるならばここだ、と俺は判断した。

「これは算数問題です。なぞなぞではありませんし、引っ掛け問題でもありません。また、自己啓発じみた概念的な話でもありません。では問題です、1+1は?」

センセイはすぐさま答える。

「2だ」

「正解です」

センセイが答えるの自体は予想通り。

大事なのは簡単度」だ。

このクイズバトルのセオリーは、コンセプト通り「如何に簡単問題を出すか」ってことなのは明らかだ。

だが、それを考えること自体簡単ではない。

それは問題の内容自体もそうだが、もう一つは問題の出し方。

まり簡単問題を“どれだけ簡単に見せるか”ってことだ。

例えばこの「1+1」という問題は、普通に考えるなら答えは「2」だし、実際その通りではある。

だが簡単すぎたり陳腐すぎるが故に、かえって付け入れられる可能性があるのだ。

例えば「田んぼの田」だとか、或いは「3にも4にもなる」だとか哲学的な答えを出す奴もいる。

その可能性を低くする戦術が、この「誘導問」だということだ。

サイコロで目当ての数字を出したければ、重りをつけるだなんてことをするより、他の数字を消せばいいのだ。

解釈に悩む余地すら与えない、たった一つの答えにたどり着かせる、整備された道を作ってやったのだ。

「解答までにかかった時間1秒。そして簡単度は……」

簡単度85以上でセンセイの持ち点はゼロになる。

次にセンセイがどんな問題を出してくるか見当がつかない。

できればこれで終わらせたい。

「……76!」

ちぃっ!」

思いのほか点数が伸び悩み、俺は思わず舌打ちをする。

かなり自信のある問題だったが、どうやら内容の念押しをしすぎたせいで、かえってややこしいと思われてしまったようだ。

ここで決めることができなかったのは無念だが、まだ勝負は決まっていない。

センセイの問題を最速で答えれば、簡単度がよほど高くない限り俺の持ち点はギリギリ残る。

そして次の俺の出題でチェックメイトだ。

俺はまばたきや呼吸すら忘れそうなほど、ただ問題に答えることに全神経を集中させた。

賞金は、絶対に俺が貰う!

(#25-6へ続く)

2017-05-19

今日多々良川

晴れ

水位低い

亀が2匹ブロックの上で甲羅干ししてた

サギはいなかった

知人と話したところ、田植えとか始まってそっちにいってるんじゃない、とのことだった

確かにこないだ田んぼの中にサギがいる光景をよく目にしたしな

さびしいけどしゃーないか

かわりというわけではないけど、帰り、暗くなってる時間帯に橋のしたをコウモリが飛んでるのをみつけた

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん