「農民」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 農民とは

2018-08-12

anond:20180812100223

天皇家は姓がない。唯一の存在なら、他と区別しなくても分かるからだ。

日本では、姓は庶民管理するためのシステムだった。

特権階級支配者は、自分で好きに名前を名乗れる。支配者に管理される奴隷たちは勝手名前を変えられない。(管理必要なので変えられない)

 

百姓 ひゃくしょう

古くは臣,連など数十種の姓 (かばね) をもつすべての人民をさし,「おおみたから」「ひゃくせい」といい,大化改新以降は公民をさした。

律令制下の土地公有制がくずれ,私有制が展開されるにつれて,百姓農民意味するようになり,江戸時代には「本百姓」や「水呑百姓」があった。

 

資源のない日本は、労働者が富の源泉となっている。

日本人は納税の義務を課せられた奴隷であり、政府国民をたくさん働かせないと税収がアップしない。

 

日本に対して戦勝国側に立った朝鮮は、日本国内で好きな名前を使える特権を得た。(通名

通名は、日本人が使えない特権だった。

 

日本人でも貧乏人でなければ、婚姻による税制上の優遇を狙う必要がない。事実婚であれば女でも姓を変える必要がない。(はあちゅうとか名前変えてないでしょ?)

好きな名前を名乗れない身分に貶められている理由検証してみよう。

 

ペンネームなら自由名前を変えられる。奴隷階級日本人でも、好きなペンネームを使う自由は与えられている。

2018-07-28

規制バカのためのもの

農地アパートが乱立する事態を見ると、規制バカのためのものであることがよくわかる。

農地アパート建築ラッシュ 規制緩和受け、需要無視朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL7T6FCZL7TULFA035.html

バカバカであるがゆえに正しい判断ができないので、バカ搾取しようとする人間からバカを守らなければならない。

そのために作るのが規制だ。

から規制簡単撤廃してはならない。バカの言うことを聞いてバカを守るための規制撤廃すれば、結局バカ不利益になる。

農地アパートを建てても、家あまり時代に人が入って儲かるわけがないのに、農家バカな老人は、それが禁止されていないとわかったら、健詫屋にそそのかされてやってしまう。

コメ野菜を育てて生計を立ててきた農家の老人は、アパートを建てたら、野菜が生えて育つように、人も増えるという農民的な他力本願の推論をしてしまう。それが間違っていることが自分では理解できない。ウン十年もその考えでうまいことメシを食ってきたと思っているから、考えを変えられない。

こういう人を守り、国土環境を守るために規制があったはずなのだが、撤廃されたおかげでバカバカであることが明らかになっただけだった。

2018-07-23

anond:20180722013820

無理やり大きな話にしようとしてるが、個人の好みってのは国家企業意向関係ねえんだよ。

明治時代だって、途中まで政府意向(学制、兵役納税、代々の農地を離れての官工場への就業その他)は庶民から総スカン喰ってた。

が、途中からだんだん、そっちの方が儲かる、モテる、格好いいという価値観になったら、みんな命令されなくてもそっちに従うようになってった。

近代以前だったら圧倒的に農民支配階級も筋力中心の体育会系価値観全開やで、モテへんのは仕方ないにしても、2021世紀に生きてるだけでラッキーやと思うけどな

2018-07-16

日本が貧しくなったなと思うこと

鯖缶

鯖缶国産になった。

昔は、安い鯖缶北欧産の鯖で、高級缶が国産鯖だったけど、最近は100円の缶も国産

こないだ、498円の高級鯖缶北欧産と書いてあって、完全に逆転してた。

100均プラスチック製品

つのまにか日本製に。あるいはベトナム製

もう中国じゃないんだな。

農産物中国が多いのにな。

あれか、日本農民は守られてるだな。

自民党の票田だし。

ま、だから滅びるんだろうけど。

2018-07-13

ため池決壊のおそれ

ため池決壊のおそれ 避難指示 広島 福山 (2018年7月11日 NHK)

広島県内のため池は、降水量が少なく農業用の水を蓄えるために古くから作られてきました。江戸時代以前に作られたり作られた時期が分からなかったりするものが、全体の65%を占め、豪雨地震による被害をどう防ぐかが課題となっています

ため池決壊のおそれ、なお避難指示 豪雨対策が進まない (2018年7月12日 朝日新聞デジタル)

農家の減少などで管理課題となる中、16年度までの10年間で、ため池の被災は9千件近くあった。その原因は豪雨が7割、地震が3割だった。

西日本豪雨 ため池の危険性浮き彫りに 全国で20万カ所、対策進まず (2018年7月12日 iza)

広島県の担当者は、ため池の防災対策が進んでいない点について、「ため池の数が多く、対策には地元同意財政的な負担必要。調整に時間がかかっているが、対策を急ぎたい」と説明している。




事業費なんと63%も削減 土地改良 これでは営農できない 生産拡大へ必要な事業の拡充を (2010年3月8日 新聞「農民」 農民運動全国連合会)

民主党小沢一郎幹事長の「鶴の一声」でバッサリ削られた来年度の土地改良事業費は、今年度の予算額5772億円からなんと約63%削減の2129億円に。「だめだ。(土地改良政治連盟の)政治的態度が悪い。そんな所に予算をつけるわけにはいかない」(小沢幹事長朝日新聞2月1日付)――こんな党利党略土地改良予算が削られた結果、各地で事業が突然中断したり、計画の変更を余儀なくされています

2016年12月20日 宮下一郎(自民党)ブログ

土地改良事業関係予算は、民主党政権で大幅に削減されたため、水路の補修や必要な圃場整備などに必要予算が確保できない状況が続いてきましたが、自民党性が政権を奪還して以来、毎年予算を増額し、平成28年度補正予算平成29年度当初予算の合計で、ようやく政権交代前の5772億円を確保することができました。

2018-07-12

anond:20180712185220

正社員x1派遣x6みたいな場所おかしいだろ

まるで江戸時代

寝ててももらえる俸禄を守るために農民から搾取してる

少なくはない武士の頭数がトータルでは首領より権力を持っている

2018-07-02

【お代官さま(日本)、年貢がキツうございます

物価上昇に伴い所得が順調に伸びれば良いのだが賃金の上昇が少なく、スパルタンなお財布へ新たな税金刺客のように忍び寄っている‥

住民税」や「所得税」の定番2トップはもとより旅行へ行くと「出国税」。値段が上がった「タバコ税」、しれっと取られる「森林環境税」。

代官さま!これ以上、農民から年貢を取らないでけろ!

2018-06-24

anond:20180624160201

冒険の旅に出た時点でジョブ名変わってるんじゃないかなと思うことはよくある

厳密には元農民とか元王女とか元騎士現在ゴロツキとかそういうのだよね

anond:20180624155737

後者の例えはよくわかる。

ただ、前者の

剣士僧侶商人農民が一人ずつ味方に加わるとボーナスキャラクターステータスが上昇する」

これは言うほどゲーム内の世界からのみ発せられる言葉かな?

こちら側からみた表現システムアナウンス的な表現としてもとらえられると思うんだけど。

anond:20180624155737

農民は旅に連れてったらもう農民じゃないのでは?

ゲームにおける唐突メタ表現が苦手

けがわからんと思うのだが

例えば、「剣士」と「僧侶」と「商人」と「農民」が一人ずつ味方に加わった時に

協調の輪が発生して全員の能力が上がった」と説明されるのはわかる

でも「ボーナスキャラクターステータスが上昇した」と説明されるのがなんか嫌だ


最初から

ゲーム内に存在する全クラスキャラパーティに加入するとボーナスが発生してキャラクターステータスが上昇する」

となっていれば特に違和感がないんだけど

剣士僧侶商人農民が一人ずつ味方に加わるとボーナスキャラクターステータスが上昇する」

だと違和感がある


剣士僧侶商人農民が一人ずつ味方に加わると」まではゲーム内の世界観大事にしてるのに

ボーナスキャラクターステータスが上昇する」はゲームマスターのアナウンスしかなくて

ただのメタ表現なんだよな、「そういうルールですよ」という

ゲーム内の行間をどれぐらい省略するかという問題しかないし、出力されてる結果は同じだから俺が気にしすぎというかこだわりすぎなんだろう


こういうメタ表現の切り分けがどれぐらい整理されているかはそのゲームチュートリアルの時点でなんとなくわかる


ゲームキャラモンスターが出たわ! …弱そうだからいい練習台ね。準備はいい?」

アナウンス「<こうげきボタンで敵を攻撃できます


となっているか


ゲームキャラ「敵が出たわ! <こうげきボタン攻撃よ!」


となっているか

たぶん人によっては何が違うのかわからんレベルの差だろう

もう誰に言っても理解される気がしない部分だから、せめて前者のゲームを見つけたらその出会い大事にしようと思う

2018-06-14

護身術携帯武器

法律無視してマイルールを優先するアウトローを参考にしてみよう。

工夫次第で武器転用できる日用品は多い。

常に周りを見渡して武器に使えるかどうか?発想を鍛える訓練を心がけたい。

ハンマー、傘、フライパンボールペンゴルフボールスコップ、砂、石、自転車サドルドライバーレンチ、いろいろあるのではないか

昔の農民は農具を利用して一揆を起こしていた。(ヌンチャクトンファーは農具だった武器

anond:20180612003346

2018-06-09

anond:20180607233425

結婚して子供がいる方が標準と思っているようだが、そうではない男"も"歴史上には大量に存在した

日本人の大多数は昭和30年代まで農民だったわけだが、農地相続する長男以外はてんでモテなかった。

次男、三男以下は都市部へ流れて下層労働者丁稚なるのが江戸時代から通例だったわけだが、江戸の男女人口比は男が女の2倍以上だった。

当然、長屋住まいのまま嫁なんぞ貰えず吉原通いで30代40代死ぬ奴が多数。

日本に限らんぞ

イスラム圏を筆頭に近代以前は一夫多妻は通例

有力な貴族武将には多数の妾やら腰元がおるのが当然、人口比を考えたら、上流階級に大量に女を取られれば、必然的結婚できん男はわんさかいただろ

貴兄のみが特別に不幸ではない

生涯独身のまま、立派な仕事を果たした奴も幾らでもいる

2018-06-05

anond:20180604012358

いや王の仕事はまず国民生活の安定だろ。

生き方を示したとか単なる自己満足やん。

部下ならまだしも、当時の農民とかが王の背中で語られた!とか本気で考えてたと思うか? あり得ねーだろ。

東征なんて雲の上の王様が雲の上でやってた事でしかなかったろうし、民衆には単なる迷惑だったんじゃねーの。

国内統一たかもっと大きい夢を見せるぞ!とか言って朝鮮出兵したどっかの老害猿と同レベル

あの場に切嗣がいたら何て言ってたんだろうな。

2018-05-22

anond:20180522141943

強盗に襲われてるところを助けに入ってきた男が、「俺が助けてやったのだからその金を寄越せ」ってカバンに手を突っ込んで来たら、農民だろうが王女だろうが問答無用顔面鈍器で殴り飛ばすわ。

2018-05-19

anond:20180518140901

農民の反乱で国が変わっても、農民生活ほとんど変わらない。

anond:20180519092337

ヌンチャクトンファーは農具の形をした武器

藁の下に隠し持っていても平気。

刀狩りもクリアできる。

農民は強い(確信

anond:20180517162500

これ読んでふと思ったのが、当時の農民ポテンシャルいかほど?ってことなんだよなあ。

個人身体能力だけなら現代人の想像を絶する高さなのではないかって。小さい頃から仕事をしているわけだし、遊ぶとなれば野山を猿みたいに駆け回ったり相撲を取ったりしただろうし。

取っ組み合いの喧嘩徒党を組んでのバトルなども、やりそうではあるがそれはコミュニティ規律の厳しさによるかな。もしそういった事が日常的にやり易かったとしたら、全然兵法を知らない天然軍師な奴も誕生していただろうし、百戦錬磨の力自慢はより多く居ただろう。

徴兵経験がどんだけ積めるのかというのも関係するだろう。

そういった想像が出来る半面、飢饉による栄養失調で思いの外体力が無かったのでは?虐待の横行で脳にダメージを負った人が少なくなかったのではないか教育倫理観の欠如でいざという場面で逃亡や降参、寝返りなどしやすかったのではないかという、負の想像も出来てしまい、よくわからない。

2018-05-18

anond:20180517162500

中国は度々農民の反乱で国が変わってるよね

まり中国くらいの規模で農民がいたらいけるのでは

秦を滅ぼした陳勝呉広の乱(前209~208)

新を滅ぼした赤眉の乱(18~27)

後漢を滅ぼした黄巾の乱(184)

唐を滅ぼした黄巣の乱(875~884)

元を滅ぼした紅巾の乱(1351~66)

明を滅ぼした李自成の乱(1631)

時代に起こった白蓮教徒の乱(1796~1805)

同じく太平天国の乱(1851~64)

anond:20180517162500

単純な戦闘であれば、戦闘員と非戦闘員との間での損害割合戦闘員1に対して非戦闘24という統計はあるよ。侍1:百姓24だ。

だがこの質問場合にも当てはめることができるかどうかは微妙だ。

そもそも農民」と「侍」は不可分である

封建制社会とは、土地権利媒介にした支配体制のことだ。土地を持った存在支配者とその支持者である

村落は年貢だけでなく兵士の供出義務も負っている。つまり戦闘員とは普段農民である

さら戦闘がどのような状況で起きるのかによっても損害は違う。

外部からの援助が期待できるなら、戦闘せずに守りを固めればいいので戦闘は起こらない。よって被害もない。

援助が期待できない側はどうしても決戦に持ち込みたくなるだろうが、相手が守っている以上攻撃側の被害は大きくなる。

戦闘を行う当事者はどんな戦力を持っていてどれだけの戦力をどれだけの期間投入できるか?援助は得られるのか?といった、戦闘の外にある「政治」が問題になる。

anond:20180517162500

農民兵を大量に集めても近衛兵団に勝てないからこそキングとして君臨できる

近代以降の戦士平民とで比較平等社会だったら強固に防護された体制を叩くより

公務員中間層みたいなソフトターゲットテロやるイスラム国・ロンリーウルフ方式のが正しい

まったく無警戒で非武装相手を叩くなら兵隊の数や特別武器はいらずむしろ結束しないほうが当局に捕捉されない

ただ単独交通機関で可燃性液体をまくだけでいいね

anond:20180517162500

室町時代の正長の土一揆や嘉吉の土一揆などの、成功した土一揆を見れば、

体制側に混乱がある状態で、戦慣れした人員を迎え入れつつ、数万人規模を動員できれば勝てる可能性があることが分かる。

ただ、そもそも一揆というものは、

一揆いっき)とは、日本において何らかの理由により心を共にした共同体が心と行動を一つにして目的を達成しようとすること

とあるように、かなり幅広い意味を含む言葉である

元増田が言うような、江戸時代の「百姓一揆」などは、確かに農民が中心だが、それにも様々な形態があり、

村長や村役人農民たちを指揮して領主圧政を訴えるものもあれば、

領主とつるんでいる村長や村役人農民たちが襲うものもあった。

また、その手段も、代官のところに押しかけて直訴するだけだったり、

逃散したり、酒屋や土倉を襲ったりと、バリエーションがあったわけで、

農民武器を持って武士と戦うだけが一揆ではないのである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん