「脚本」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 脚本とは

2018-08-18

おじさんの描いた絵でシコるのはおじさんでシコる事になるのか問題

でもこれいい出したらAVだってオッサン監督して脚本描いて撮影してオッサンの尻が写ってるのでシコってるしもうどうしようもねえんだよなあ。

リアルだってコンドームを作ってるのもオッサンだしラブホテル掃除してるのもオッサンだし、もうどこもオッサンだらけだ間接的にオッサンでシコってるんだ。

そもそも人間なんてオッサンとオバサからまれてくるんだからもう全部オッサンじゃねえか。

俺達は何億年も前からメイドバイオサンだったんだよ!

そうさ俺達はいだって間接的にオッサンに劣情を催すことで今日までDNAを継いできたんだ!

俺達の体の内側にいる本体遺伝子情報様が「オッサンに興奮しろ」と命令してくるんだからオッサンでシコるのは当然なんだ!

よっし。

ちょっと兎鞠まりノートママで抜いてくる

2018-08-14

anond:20180814200247

脚本も演技も音楽作画もやってる連中は指示待ち人間なんだ。

監督の指示が無いと、やつら、何もできないんだ。

そいうアホの集まりからこそ、監督必要なんだ。

映画アニメ監督って存在意義あるの?

脚本も演技も音楽作画もそれぞれ専門の人がやってるわけで監督が出る余地ないと思うんだが

anond:20180814195344

まてまて

監督って言ってもスポーツ監督じゃない

別に人材育成するわけじゃないよ

人材育成もっと専門のトップじゃない?

画なら作監とか美術監督とか

脚本なら構成とか

2018-08-13

アニメ脚本家の力量を考える際、原作存在する作品脚本は失敗しないのが当たり前くらいで見た方がいいと思う。

有能脚本家原作あり作品脚本10割に近い確率成功させている。失敗はしていないと言った方がいいか

花田十輝鈴木雅詞みたいな筋金入りの無能ですら原作ありで原作に沿って作った場合は高確率でそれなりの出来になる。(シュタゲわかばガールユーフォニアムなど/聖剣の刀鍛冶かのこんなど)

しろ何故頻繁に勝手原作から逸脱したことをやりたがって失敗するかが分からない。だからこそ無能なのだろうが。

彼らが原作から離れた改変や追加をした結果、成功した例をほとんど知らない。(ローゼンラブライブH2O艦これなど/おかわり、SHUFFLE、ISUCA、RAILWARSなど)

鈴木の勇しぶは割と楽しく見られたので原作改変しつつ大失敗しなかった数少ない例かもしれないが、褒められたものではない。

ここでいう成功は売れた売れないでなく、内容が原作と比べて同等に機能しているか、むやみやたらと設定や話の劣化をさせてないかどうか。

鈴木構成担当した作品原作ありが大半でありながらその半分前後を大胆な原作改変で明後日の方向に持っていき絶望を生むので危険度が異常に高い。

花田原作ありの場合鈴木よりは失敗率が低いが、並の脚本家と比べると明らかに失敗率が高く危険

一方で筆が早いのか仕事数が多く、オリジナル作品や設定や土台だけを元にストーリーに起こすタイプ作品担当することも多い。

そして、そのタイプ作品の失敗率は異常に高い。

オリジナルや半オリジナルタイプ作品は有能脚本家でも2~3割の確率で失敗するが、大失敗は殆どしない。岡田などの無能は大失敗が2~3割、失敗が5割以上。花田は大失敗が5割前後、失敗が8割以上。

よりもいはオリジナル作品でありながら珍しく成功したらしいが見てないので何とも言えない。

噂を聞くと監督演出のおかげで大したことのない話があたかもいい話のように感じられるようになっているだけのような感がしないこともないが花田脚本やって阿鼻叫喚の出来にならないだけ凄いことだ。

花田原作から個人で魅力を抽出して再現したり補強したりして話に起こすような才能は全くない。本人は原作コピペしない拘りを持つらしいが大人しくコピペだけするか物書きを辞めてほしい。

鈴木原作から個人で魅力を抽出する才能があるかどうかは謎。原作の魅力を抽出しようという気が元々ないように感じられる。もはや原作レイプテロリスト

両者の脚本から原作作品制作に対する謙虚さや真摯さが感じられない。

鈴木の人となりはよく分からないが、花田インタビューから傲慢さの塊のような人間と感じられる。

半分青いの脚本担当税金泥棒

これだけの俳優時間予算を集めてこの程度のものしか作れんのか

他の脚本家に機会譲ったれよ

民放で爆死するのは好きにしろって感じだけどNHKこれはひどい

いい加減にしろ

2018-08-12

おい、アニメレビューしてるクソオタクブログども 演出やら脚本批評はする癖に

なぜ声優の演技についてはアンタッチャブルなんだよ?

 

声優技量客観的判断すると

アイドル視してるクソウィアボーから袋叩きにされるからか?

 

「裏ではこんな美声持ってるし・・・

「実は彼女、こんな演技も出来て・・・

「そういえば10月にニューアルバム・・・

 

オイテメェ、そんなんじゃ本当に作品声優個人評価したとは言えねぇだろ

ストップ ザ ビッチング

その作品においての声優のみを語れ

声優ファッキン身辺調査なんかどうでもいい

 

個人パーソナリティより、作品の出来を優先させるべき」

おまえらmetooで怒るカントどもに口を酸っぱくして言い聞かせてきたことだ

 

声優技量についてもちゃんとその場限り、

くだらないニューシングルファンミ情報なんざ要らん

ナード批判など恐れずにレビューしやがれ ファッキンファゴット

脚本が良い

少しでもドラマチックな挙動をすると「あの人自分に酔ってる」と思われる気がしてドキッとする。だから豪快にペットボトルを飲んだり思い切り伸びをしたりは人前でしないことにしている。気にしすぎなのだろうか。相互監視社会京都がそうさせるのだろうか。

そんな自分でも8月の青空だけは感情的に見上げてしまう。

仮面ライダーシリーズはおよそ10年前に放送期間を変更し、秋始まり夏終わりの番組となった。この意味がお分かりであろうか。私は今日オーズアンクが飛び回った空を、エグゼイドが仲間達と守り抜いた空を眺めている。この2作品おススメです。

2018-08-10

FGOFateについて。

とりあえず書き捨てたかったので初利用。負の塊ですみません

サービス開始少し前に空の境界を読んで原作、extraとCCCを経て型月にハマった新参だと先に断っておきます

くどい文章が好きできのこファンになってたつもりだったんだけど、まあだんだんと目が覚めた。

FGO信者シナリオが良いと言ってるけど正直いいなと思ったのは一部の終盤だけ、1.5部はもちろん、他はきのこが書いたであろうコラボやクリイベも微妙だと思う

キャラ下品アガルタシナリオ最長!なんて煽りからのたたみ方がクソだったセイレム等も好きではないけど文句を言いたかったのは特にCCCコラボ原作者がキャラの設定諸々捻じ曲げておいて主人公にデレさせた上で他の原作キャラ原典リスペクトしてます!なんて言わせるのはもうやめろ既存プレイヤーFGOシナリオ違和感、これからCCC新規プレイヤーネタバレされまくったシナリオキャラ違和感を覚えるとかい原作者の自己満足しかなかった。

もし焚書発言を見て何も感じないというFateファンがいるというのなら正直おかしいと自分は思う、これで信者シナリオと設定がいいと言うのだから滑稽だ

きのこ脚本をしたというラストアンコール、結局出されたのはCCCコラボに似た、しかしその上をいくクソのような仕上がりだった。シャフトには申し訳ないがつまらない戦闘シーンによくわからないシナリオ意味もなくデレるセイバー擁護のしようがない

正直他にもゲームの内容にガチャに他のシナリオ負の感情が書ききれないほどあるんですがこれくらいにしますまとまりのない文章すみませんお目汚し本当に失礼しま

ムーミンにおけるスニフって嫌われキャラなのか?

原作にいないからクソ! みたいな言説をたまに聞くが、

この前アマゾンプライムで見た劇場版を見た感じ、スニフがいないと話をかき回す役のキャラがほぼおらず、割と話が通じないタイプのミィしかその手合いがいないので脚本作り辛くなる思うんやが。

(実際ムーミン映画版微妙な出来)

スニフ(バカだけど話は出来る)とミィ(バカではないが話は出来ない)がペアになっていてこそのムーミンじゃないのか。

なんかスニフ要らないとか言ってる人はSW EP1-3のジャージャービンクスすら「要らない」とか言ってそう。

話のアクセントとして重要役回りだろ、それらのキャラは。

2018-08-09

友人の作っているエロゲの内容が薄い

スマホを置いて、街を歩く。

卒論執筆が全く進んでいないことの気を紛らわせるためだ。

回転寿司を口の中に押し込んで、暑い中にぼんやりする。

もう、何も面白いものもないなと感じながら電柱監視カメラを探し出す。

自分想像以上にカメラが沢山あることに気づく。

そして、店の中では当たり前のように大量にある。

当たり前だが、今ネットに繋がっている状態でもログを取られたりしている。

自分のやっていることにだれも関心なんか持たない」という言説はもはや説得力を持たないのかもれない。

監視社会と言っていいのだろう。

顔認証技術も進んでいるなかで、国家やらが一日の行動をすべて把握するのも可能になり始めているのかもしれない。

そのような社会大資本やら国家という権威的なものが圧倒的な力を持つ。

そして、人々から好かれる人間が最も有利に生きる。

容姿の良い人間がやはりそのような社会でも上手に振る舞えるのではないか

そう思いながら、自分容姿を見るものだ。

ウェブ写真さらすとコレくらいなら手術で良くなるとか言われた。

なんというのだろうか。これが希望とでも言おうか。様々なことに対するやる気が出てきた。

そして、従属はしたくないと思うのだ。それは現状に対してだ。

ネトウヨ気味の友人が薄いエロゲか何かを作っている。

彼とは食事をするが凄く考えが薄い。

映画は見ているようだが、何か一冊の本に書かれた思想なども読んだことがなさそうだ。

エロゲ脚本も読ませてもらったが、とても何もない。

ただ、モノにするだけ偉いのだろう。

監視社会でもテーマにして自分も何か書こうかとか現実逃避的なことを考える。

2018-08-07

anond:20180805183221

この問いは、相棒とかシャドーとかコメディリリーフと呼ばれるキャラクターの失敗例教えてくれって事だろ?

例えば、バック・トゥ・ザ・フューチャーのドクの役割が失敗したような作品って事だな

ハリウッド映画では脚本術として存在するキャラクターから

失敗した映画には必ずいると思うぞ(イライラするかは人それぞれだが)

2018-08-05

秋元康創作能力

秋元康と言えばおニャン子クラブAKBで有名な音楽プロデューサーだが、金儲けは上手くても創作能力は低いというのがこの人に対する世間評価ではないだろうか。この人が創作した歌詞脚本を何がなんでも見たいと思う人は稀だろう。あれだけの数をこなせば嫌でも上手くなると思うのだが印象に残らないのはなぜか。意図的にそうしているのか名前を貸して誰かに作らせているのか。ひとつ言えるのは人は金のあるところに集まるということだ。

2018-08-02

ラノベ作家養成専門学校が酷い ~Special Edition~

前回までのタマス

https://anond.hatelabo.jp/20130830202223

https://anond.hatelabo.jp/20130901102804

https://anond.hatelabo.jp/20160813154757

※本エントリー上記エントリーを読まなくても楽しめるよ★

交通費と昼食を出してくれるというので、一日体験入学に行ってきました。

場所(校舎)は都内一等地。年110万円の学費を払うとこんなとこに校舎が作れるのだなぁ。

学校法人から税制面での優遇もあるし、これ学校経営ポシャっても不動産収入だけで食っていけるんじゃないか

パンフレットが酷い

Webでも紙のパンフでも、デビューした作家が一人しか載っていない。

他の学科アニメ声優ゲームなど)も就職実績は控えめ。

代わりにやたら紙幅が割かれているのが「学内コラボ

ノベルズ学科が書いた小説の表紙をグラフィック学科が書くみたいな。

早い話が学芸会だね。

あとは文学フリマ出展したよとか。そんなの金払えば誰でもできますけど……

それに学園提携教育ローン。年利3.5%(オリコ)。返せるの?

話がラノベから逸れるんですけど、素人目にもはっきり分かるほどイラスト系・ゲーム系のレベルが低い。2年間勉強してこれ?って感じ。卒業したあとどうなるんでしょうね。

余談ですが待合室には大量の声グラが置いてありました。声優コースは儲かるのでしょうか?

学生が酷い

積極的に私が他の参加者に話かけようとすると「やめてください」とスタッフに制止される。

「弱い子が多いんです」というのがその理由。何が弱いのか? 頭? 自尊心

あと、全体的に顔が幼い。未熟さを感じる。

授業が酷い

脚本家をコーディネートする仕事」に就いている謎のおじさんが講師

授業のお題は「公募小説のコツ」

募集要項を守れ、下手な原稿は下読みに弾かれるぞ、推敲しろといった当たり前の内容。

ちなみにこの先生の下読み時代手書き原稿を読んでいたとのこと。いつの話だよ。

次の授業は講師変わって「アイディアの広げ方」

ラノベの書き方やハリウッド脚本術といった類の本を座学で教える感じ。

もうこれ本読めば分かるじゃんといった内容で途中で眠くなっちゃた。

今回のレポはこれでおしまい。どうだい、進学したくなってきただろ?

劇場版ポケットモンスター みんなの物語を見た

劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を見たので感想。と言うか自分メモネタバレ気にしてないのでそういうの嫌な人は回避推奨。

総評

「まさに千八百円と上映時間分の時間投資する価値がある映画」を100点だと考えたときの点数は15点位。ひどみ。低評価。なんだこれ。

しか微塵も揺るがない増田。なぜなら(自分的には大体似たカテゴリに入る)「ドラえもん のび太の宝島」が脅威のマイナス点数の失神級駄作だったので免疫がついたのだった。

群像劇という野心的な企画

シナリオの作りが野心的で100分という尺の中でなんと群像劇をやろうとしていた。

主な人物として「市長の娘ヒロインのラルゴ」「ギャルっぽいヒロインリサ」「過去を抱えた市長オリバー」「後悔に生きる老婆ヒスイ」「コミュ障ポケモン学者トリト」「口からのでまかせで生きてきた男カガチ」あたりがいて、それぞれが内面問題を抱えつつ生きている。物語舞台ウラティを訪れたサトシは、この街生命線とも言える「風祭り」に参加。そこで起きる大事件に様々な人間と関わり合いながら立ち向かう……という映画のメインストリー

この「群像劇をやりたい」という企画性というか意気込みを、まずは評価する。……んだけど、それはやっぱり難易度は高い。脚本はあちこち駄目ぽだった。大きな問題点としては感情動線理屈建て不足で、なんか悩みやトラウマがある→でも私の力が必要っぽい→周りが盛り上がってる→感動パワーでうわー解決! というのが群像劇分水コピーされている。

そこには「今までの悩みやトラウマを超克するための内面的な気付きやきっかけ」みたいなものが不足していて、「今までダメだった理由」「今回は立ち上がった理由」が極めて薄いかキャラによっては存在すらない。感動的な音楽がかかって背景で大火災とかあるからやらなきゃならないやったでーというわりと雑なほうりなげだった。そんなんだったらそもそもトラウマいらんでしょ。

そのほかにも、山の中で発見された聖火を市長が街まで持って帰れば時間は余裕なのに(また普通に考えて街の宝を放置するほうがありえないのに)、わざわざ間に合わないギリギリまで放置して女子高生ギャルスプリントさせるとか、なんかこう……脚本レベルで穴が多い。

「みんなの物語」「みんなで協力するという感動」という企画性は理解できるんだけど、脚本陣にそれを実装する能力が欠けていたように思われる。かと言ってそれは脚本家をけなしているわけではなくて、企画レベルで(つまり脚本方法性や盛り込もうとした素材のボリュームレベルで)無理があったんじゃなかろうか? 登場人物を絞るなり(その意味サトシポケモンピカチュウだけに絞ったのは良かった)、あるいは尺を圧迫しないおりたたみで内面描写したりという工夫が足りなかったように思う。

ポケモン人権問題

今回ピックアップされたポケモンゼラオラでんきタイプ)。

ゼラオラ物語舞台ウラティ周辺のポケモンの守り神とでも云うべき存在で、フウラティが成立する前から周辺のポケモン自然を守ってきた。しかし、産物に乏しいこの地にルギアがあらわれて風を呼び、この風をもとにした風力発電でフウラティは成立。人間ドンドコ森を切り開き、ポケモン自然生息域を圧迫、その件でゼラオラとは対立せざるを得ないようになっていった。五〇年前、人間たちは自己から森林火災をおこしてしまい、火災からポケモンを守るためにゼラオラは負傷。当時の市長ゼラオラを守るために、山林は人間立入禁止として立ち入ったものゼラオラ呪いがあると嘘の噂をばらまいた――というのが物語の背景。

なんだけど、なんかもうこの時点で2周半くらい人間側がクズじゃねえ?

ゼラオラ何も悪い事してないじゃないですか。と言うか、その点ではなく、むしろ人間人間の都合(街を拡張したい)で森林伐採をするならそれはそれで良いんだけど(なんせ人間はそういう存在なので)それならそれで、そのように述べてやれば良いわけで、「ゼラオラ呪い」なんていう相手名誉毀損するでっち上げをしながら、相手を救うとかいう恩着せをするのが全く救えない。んで50年もの間「かー、ゼラオラに呪われちゃうんであの山には入れないんだよなー。かーっ。呪い無ければ事故調査も開発もできるのになー。かー」とか責任転嫁をしてきたという醜悪さがある。

それがポケモン世界観だと言えば世界観なのかもしれないが、そのゼラオラサトシピカチューは叩きのめすことで「ともだち」にして「ともだちだからもう遺恨はないよな?」とする脚本は、おいおいいくらなんでもそれマジで書いてるのかよ? 的な部分はあった。

ポケモンは三歳児程度には意思疎通な生命体なんだけど、ペット(守るべき対象)なのか、それとも一種亜人権利を認めるべき存在)なのか? って言うこの問題意識はポケモン第一から見え隠れしている。しかし今回は輪をかけて「ポケモンはともだち」というパワーワードゼラオラが見かけ上はネコ科の獣人っぽい外見(人型)であるという2点で、極まってしまっているように思える。明らかに独自言語能力を有して、周囲の同族ポケモンを守り、森林火災から救助するほどの知能を持つ知性体を「呪い」扱いしてトラブル責任転嫁をするって、どうなのよ。

そもそもウラティルギアの呼んだ風を用いる発電で街を興し、毎年一度「風祭り」の日にルギアを招いては風力発電の維持を願っているような街である。風がとまれば電力も絶えて街は闇に包まれ住民たちはうなだれる。そういう関係を「ともだち」っていうのか? 母親の財布から毎月数千円くすねて上納することによって「ともだち」になってくれるクラスメイトより気持ち悪くないか

そういう意味で今回の映画は、自分個人が楽しめないとか以上に「この映画を無邪気に楽しめるってやばくね?」的な心配が発生してしまった。この心配方向性は「ドラえもん のび太の宝島」によく似ている(ドラえもんのほうがヤバさは上だが)。

いいとこその1

ポケモン映画は毎回なんだけど、街の人混みの中や自然の中にちょこちょこと数え切れないほどのポケモンが登場していて楽しいウォーリーを探せ的な楽しさがある。その気持ちよさ楽しさは今回もたっぷり楽しめた。

いいとこその2

要人物の一人「コミュ障ポケモン研究者トリト」のパートナーポケモンであるラッキーがよい。

脚本演出がどこまで自覚的だったのか怪しいのだけどこのラッキー存在が、映画全体に対するアンチテーゼになっている。

トリトポケモン研究者でいつも多くのポケモンに囲まれているんだけど、いつも一番近くにいるのが癒し系ラッキーで、おそらくこのラッキーは、トリトを飼い主であるとか主人であるとか思っていない。トリトのことを自分保護すべき存在だと、あるいは下手をしたら、トリト自分の子供だと思っている。

ポケモンが一体何なのか? 都合の良い労働動物なのか? 資源なのか? 生存権保護すべき対象なのか? 人権さえ認めるべき存在なのか? というテーマシリーズにグッサリ刺さった楔なわけだけど、それってあくま人間を中心にした人間視点しかない。

ラッキートリトのことを意気地無しで世話が焼ける存在だと思っていて(そしてそれは正しい)、そのうえ自分が世話をしてやる対象だと思ってる。

それはポケモンの側からみて、人間が「時々発狂して面倒くさいメンヘラ同居人」なのかもしれない、というシリーズブレイクスルーになりうる(非常に薄くて小さな突破口だ。

2018-07-31

未来のミライ脚本虚淵だったら「さすが虚淵」って言われてたはず

それは置いといて。

まどマギとかがっこうぐらし!みたいな「宣伝と内容があってるの最初だけじゃねーか!」ってジャンルになんか名前あるの?

フェイク物』とか『羊頭狗肉ギミック』とかみてーなそれっぽい名前

シリアス枠も腐・夢枠も必要以上のはいらねえょ! それよりもほのぼのと百合大事だ!

まず始めに注意書き。

今回のこの文章について、はてな匿名ダイアリー利用者の皆様にとって

そよ風とは言いがたい表現などが含まれています

また、問題提起を鼻で笑う様な冷笑系お断りいたします。

では始めに。

先週末私の行きつけのツタヤに行ったら私が春クール開始前から入荷を警戒してた作品が入ってきた…

デビルズライン

ニル・アドミラリの天秤

鹿楓堂よついろ日和

全部腐・夢女子受けアニメです…('A`)

さらに、

Butlers~千年百年物語~も入荷決定だということを聞きました…

私は行きつけのツタヤと私の県のツタヤ支部、それにツタヤ本社に対してこれらを人口五万以下の町村の支店に入荷して欲しくない、

市の支店の方に入れて下さいと要望書を送ったんだよ?

クールイケメン枠ペルソナ5銀河英雄伝説では役不足だったのか?違うだろ!!

それだけでなくシリアス枠でも人口5万未満の町村支店には入れて欲しくなかった

されど罪人は竜と踊るかいう奴まで入ってきやがったんだぞ?

ツタヤだけでなくライバルゲオグループにもまんべんなく…

17クール放送ものだと私の行きつけの店にDYNAMIC:CHORDなんて5ch年間ワースト賞が栄誉ある勲章になってしまった

厄介者が入って来たんだよ?

腐枠なんて銀魂とおそ松とMマスと血界で十分なのに大迷惑

それだけでなく本来シリアス枠では宝石の国入れるべきだったのにDiesIraeなんてぶっちぎりのハズレコンテンツ入れやがったし、

女子枠はまほよめだけで十分だったのにCode:Realizeなんて入れやがった…

一方で私が秋に推してたブレンド・Sこのはな綺譚少女終末旅行はいずれも入ってこなかった…

クールも入るべきだったものが入らず微妙ものや超要らねーものが優先されやがった

クール推しで入ってきたのは三ツ星カラーズポプテピピックのみ…ケチくせーーー(´・ω・`)

そして今年上半期のシリアスアニメ出来損ない代表であるBEATLESS入ってきやがった。

ツタヤどころかゲオにまでも…

いいやBEATLESSもどきという呼び名が正解かも

良かったのは主人公の通う学校学生服デザインのみ、

音楽作画戦闘も迫力も中途半端

ギアスDTBマクロスまどかシドニアなどが放送されてきたアニメイズムの看板汚し。

その客層になるはずだった連中は

近接戦闘Fate/EXTRA刀使ノ巫女

に、

近代兵器戦…GGO

に行ってしまったさ…

せめて分割クール音楽主題歌は澤野さん、NETFLIX出資アニメ製作はA-1ピクチャーズでやってれば良かったのに…

いや、ディオメディアちおちゃんの通学路のような1話完結の日常ギャグ適材適所だということを自覚させたのがもうひとつの良い点だったな、すまんm(_ _)m

私の町のゲオだって

封神演義もどきメルヘンメドヘンもどきなんて腫れ物が全国にまんべんなく入荷され、

魔法少女サイトカリギュラといった私にとって好ましくないベクトルシリアスものも入荷されましたよ。

でも私の行きつけのツタヤなんかよりはマシなレベルだよ。

だってゆるキャンこみっくがーるずりゅうおうのおしごと、

ラーメン大好き小泉さんCitrus多田くん、ラストピリオドといった

私の推しまたは私が良心だと感じるタイトル入れてくれたからだよ。

だが私の行きつけのツタヤは何だ?

ゲオよりも歴史が長いのに何なんだよこのザマは!!!!!

BEATLESSもどきやDiesIrae、され竜といったゲオにもまんべんなく入荷されてたグループに加えて

Code:Realize鹿楓堂よついろ日和

デビルズラインニル・アドミラリの天秤鹿楓堂よついろ日和

Butlers~千年百年物語~、そしてDYNAMIC:CHORD…

しかデビルズラインは隣町(人口5万以上)のもっと品揃えが充実してるツタヤの方には入らなかった…隣町のツタヤに入れろよ…

こんな腐・夢女子アニメや出来損ないシリアスアニメなんか入れる予算あるんだったら

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

宝石の国

宇宙よりも遠い場所

スロウスタート 又は ・こみっくがーるず

ゆるキャン

を全国の店にまんべんなく入荷するべきだったろうが!!!!!

だがツタヤ本社地方オフィス作品選定者どもはBEATLESSもどきみたいな出来損ないシリアスものや春の腐・夢女子アニメときなんかの入荷に予算を使い

そのせいで俺の夏の推し(ちおちゃんの通学路あそびあそばせはるかなレシーブ)が入らなくなる可能だってある。

どんな判断なんだよ!金をドブに捨てる気なのか?

人生は非オートセーブ方式コンシューマーゲームみたいにリセットなんて出来ないことを自覚してないのかよ?

ドラクエ11の隠しダンジョン編みたいに過ぎ去った時はもう戻らないんだよ?

そしてツタヤ現在レンタル解禁日未定のLOSTSONGなんてものごり押しキャンペーン企んでやがるらしいな!!

なんせツタヤTVアニメ関連四大の神器は

腐・夢寄り問わず長身イケメン動物園

十分な脚本力も映像力も無い上に円盤1巻につき最終スコア三桁のシリアスもの

ダーク発狂もの

なろう系異世界転生チート無双

みたいなの同然だからな!

メイドインアビスの様な出来のいいシリアスもの

百合、ほのぼのは蔑ろにしてるともいえるしな。

三ツ星カラーズだって入荷選定者がしぶしぶ判を押したみたいな感じするし…

つーか刀使ノ巫女も本当はツタヤ本社地方支部の入荷選定者は冷遇してたのかもな、

シリアスカテゴリでも

Fate関連やガンダムシリーズ客観的にも主観的にも賛否両論だし。

神様私たち人類に気が狂いそうなシリアスストーリー描画能力

BL、それに長身イケメン描く能力を与えたのは間違いだったな。

そんな能力つーか技能のせいでどれだけ私は辛い思いしたのか?

行き付けのレンタル店に余計なシリアス・鬱アニメ

腐・夢女子アニメばかりが入ってる一方で

ソフト百合・ほのぼの系アニメがろくに入らない惨めな気持ちが!!

ツタヤ作品入荷選定者のみなさんはそんなに私をグレンラガンの9~11話中盤までの茫然自失のシモンみたいな気持ちにして楽しいのですか?

バンドリ!ガールズバンドパーティー」の「NeoAspect」イベの湊友希那みたいな悔し涙みたいな気持ちにさせるのがそんなに面白いのですか?

私を『はたらく細胞』3話のくずおれながら慟哭するナイーブT細胞みたいな気分にさせたいのですか?

補足

ロードオブヴァーミリオン…本作もツタヤグループ人口5万以下の町村の店にもごり押しキャンペーンするんだろ?

BEATLESSもどきやDiesIrae、クロックワークプラネット、され竜、ハンドシェイカー

クオリディアコードみたいに

夢100TV版、千銃士…こんなの入ったら私は対抗措置として

公式配信サイト利用やレンタルDVDという形で

さすがの猿飛ザブングルの一挙視聴マラソンしますね。

ここ数年の長身イケメンが売りのコンテンツ全てに対するカウンターカルチャーなんだからな…

あと俺はスーパーロボット大戦X-Ωザブングルが参戦したら

SSRウォーカーギャリア(パイロット:ジロン・アモス)を最終限界突破+フル改造しますね。

2018-07-30

ツタヤグループがかつて行った入荷政策について

2006年ツタヤの各地方オフィスあるいは東京本部

一部の店にキッズ向け奨励ハイターゲット向け冷遇を命じたんだぞ?

そのせいでひぐらしのなく頃にハルヒが入るのが遅くなり、

超星艦隊セイザーX(特撮)やガン×ソード魔法少女リリカルなのはA'sは返品(2009年12月全巻再入荷でもセイザーXは帰ってこなかった…)、

一方でこれが私の御主人様アルティメットガール奥さまは魔法少女、はっぴいセブンなんていう「男子の劣情をそそるのが目的だったのに出来損ないになってしまったふぬけアニメ」は返品されず残ったんだよ?

このせいでその4作品ゼロ年代で超大嫌いなアニメワースト5に入りました(ガンダムSEEDシリーズは圏外)

それに脚本映像技術重視の考えも芽生えましたり

こんな腐りきった政策許されると思うのか?

さらに「BLACK LAGOON」「よみがえる空」も入るのが遅れ、

Fate/stay night」(スタジオディーン版)も当時の3月入荷中止→全部入ったのは私の行きつけの店では11月になってからということになったんだよ?

07年秋には神曲奏界ポリフォニカかいう奴が一部の店で入荷継続の一方で

当時わたしがようやく興味に目覚めたグレンラガンが3巻で入荷打ち切り(4~9巻入ったのは09年秋ごろ。その時すでにムーブメント終わってた)

そのため私はさら作品に対する視野を狭めることになり、

その当時自分にとって耐えられないシリアスストーリー展開されてた作品自分の行きつけのレンタル店に入荷されることを嫌う様になったんですよ

(ナイスボートH2Oat-xAYAKASHI

シゴフミ、bluedrop、myselfyourself、狂乱家族日記など 一方ガンダム00なのはstsシャナ二期にもえげつないシーンあったが私のえこひいきの対象だった)

それらの事が私の作品嗜好を、作品へのスタンスを歪め、

自分の都合で映像シナリオ重視を掲げる場合もあったり

セル円盤売上を持ち出したりするなどキメラ思想になっていった

それが顕著になったのが2010年以降

バカテスワーキング自分の一番の行きつけのレンタル屋など一部の店に入らなかった事に憤慨して

さらストライクウィッチーズ戦国BASARAの二期も通常通りに入らなかった

その一方でツタヤグループ学園黙示録ごり押しキャンペーンを行ってた…

それがさらに心を閉ざす事になり

えむえむっ!をある人物過去回想それだけの理由で拒絶するような考えに陥り

私の行きつけの店に入らなかった時は大歓喜し、

当時は俺妹禁書二期・イカ娘・スタドラが一つでも入らなかった場合私はその店に二度と行かないことにすると考えてた

(だが途中でスタドラは111月放送シリアス回がきっかけで入荷遅れたことに何も感じなくなった)。

これは私の行きつけの店だけでなく全国の一部の店などでも起きていた現象である

コードブルー 見てフジ終わったなと思った

脚本が壊滅的にだめだ

1シーズンから見てるけど、どんどん改悪されていって、今じゃ良いところがほとんどない。

ドクターヘリ救命するのがメインなのに、ずっと病院にいてヘリはちょっと事故現場のうみほたるもすぐ終わる。

救命しないで恋愛映画をたれながすならコードブルー という名前を外したらどうだろう??

これが今年の邦画ナンバーワン?

日本終わったな

フジにはもう面白いドラマを撮る力はないよ

2018-07-29

anond:20180728183831

アシスタントの方が高齢で先輩風ふかしてて

絵柄合わせてくださいと口出せないんだなって思って見てる

 

邦画もやたらカメラマンやら脚本やらベテラン個々の権力が強くて

監督が統制取れないみたいな話を聞く

ああはなってほしくないもんだ

2018-07-27

anond:20180727110443

それは脚本演出稚拙って話であって演技が下手でもない役者を変えろってなるのはおかしくない?

2018-07-26

プリキュア挫折勢だけど、一年継続してプリキュア見るくらいなら

ネトフリアマプラ洋ドラやら

あるいは他のアニメだのゲームだの

もっと新しい刺激求めた方が良くね?

 

いや、最初は設定に興味持って何週かは見続けるけど

一年も同じアニメ

しかシリーズごとに脚本作画にたいして代わり映えしないモン見続けるとか拷問でしょ

子供向けだから冒険実験的な回も少ないしさ

結局、他のコンテンツに移ったほうが満足度が高い

 

全力でおススメされてもぶっちゃけ

「へーそうなんだ おまえは忍耐力あるな」って感じにしかならんわ

最近キッズ向けコンテンツ大人の事情に振り回され過ぎでは

仮面ライダーは多すぎる玩具販促のせいで脚本がガタガタだし

スーパー戦隊予算の影響か露骨に怪人スーツの数が減ってる。

ウルトラマン露骨歴代要素を取り込んできた上に怪獣の使い回しも酷い。

プリキュアアイカツに客を取られた焦りからアイドル要素を入れたり中の人推したり、

そのアイカツシリーズ方向性に難儀している模様。

なんだかなー

2018-07-24

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その2

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その1 からの続き )

 

あそびあそばせ

 きたないゆゆ式哲学ではない)。圧倒的なキービジュアル詐欺学校女の子達がふざける日常アニメ。基本はSS

 プレスコ収録のため、声優自由すぎる演技に合わせたキャラの表情が描かれているのだけれど、もはやキャラデザなんていらなかったんやレベルの顔芸アニメになっている。プレスコで作られたギャグアニメだと「月間少女野崎くん」がとても好きで、本作も野崎くんくらいボケとツッコミの勢いがすごい。1話は第1原画がたった一人だけれど、これからどうするのだろう。それからどしたの。

 

オーバーロード

 前回の続き。1話はナザリック地下大墳墓の日常回。ずっとこれが見たかったので嬉しい。

 

ISLAND

 ど田舎ミステリーモデル伊豆諸島新島)。原作フロントウィングノベルゲーで、本作の序盤も謎が謎を呼ぶ展開になっている。Steam版が出るらしい。ゲーム原作アニメ最近たくさん新作を観たけれど、特に最近ゲームシナリオボリュームがとんでもないので、必然的アニメシナリオ消化のために早足気味になる印象がある。オカルティック・ナインかめっちゃすごかった。翻って本作は心にフォーカスを当てたストーリーになっていて、ペル5みたいに事件が起きて解決して・・・と比べるとすごくゆっくりした展開になっている。風景描写が多く、BGMも控えめだし。そして各ヒロインの心情が丁寧に描かれていてすごくかわいい。私は荒川稔久の描くヒロインがとても好きなので(狼と香辛料のホロとかまおゆう魔王とかこの美のうさみさんとか)、本作のお澄ましした感じが凄く好き。

 シナリオ面白いのは、謎を解く鍵がSFでも村に伝わる言い伝えでもなく、心因性現象かもしれないというところ。「電波女と青春男」みたいな感じ?あっちはかなり文学的作品だったけど(主人公の語りでストーリーが進行していく)。

 ヒロイン役の田村ゆかりは直近だとLOST SONGでも歌姫役をしていたけれど、何歳の役をやっても違和感がないというか、「10代のキャラが歌う歌は10代の声に聞こえる」一方で「20代キャラが歌う歌は20代の声に聞こえる」みたいな魔力があるよね。

 

ちおちゃんの通学路

 陰キャ日常アニメ。全編通学路のみを舞台にしたコメディ。あの頃のあるあるがほぼ全て詰まっている気がする。スクールカースト気にするとか、それとなく気配を消して同級生グループから姿を消すとか、めっちゃ他人を見下す友だちがいるとか、変に正義感があるとか。

 本作は海外で「バリバリ洋ゲー好きの女の子が出るアニメ」と話題になっているようで、1話でも既にアサクリ脳全開になっている。オープンワールド洋ゲーを遊ぶ→通学中、「あそこの屋根、あそこについてるパイプに手をかけながらあっちに飛び移れば屋根伝いに移動できるんじゃね?」と思い立つみたいな妄想は誰しも1度は経験したことがあると思うけれど、そういうアニメである。出てくるタイトル多種多様で、ゲーマー向けのアニメ

 家に居場所がない、かつ学校に居場所がないみたいな人にとって、通学路って案外「すべてのしがらみから開放された、短い休息の時間」みたいなところあるよね。

 

はるかなレシーブ

 沖縄ご当地アニメ沖縄行きたい。今季唯一の飯テロ枠?沖縄行きたい。タイトル主人公ペアが”はるか&かなた”なので、はるかな。☓は↑る↓か↓な↑ ◯は↓る↑か↑な↑

 ビーチバレー初心者主人公ビーチバレーを始める話で、冒頭で最強ペアとの対決が示されている通り、最終的にはガチスポ根アニメになっていく模様。でもみんなかわいい特におばあちゃんめっちゃかわいいスポ根作品だけれど、主人公が非常に鋼のメンタルを持っているので、すごく爽やかかつ後味のいいシナリオになっている。というか主人公イケメンすぎる。2話とかかっこよすぎて泣いた。ちなみに「はねバド!」を観たあと日本作を観ると遠井成美がきっつい性格の子に見えるけれど、間違いなく気のせいである。

 1話の時点では初心者視点で「ビーチバレーとは」が描かれているので、同期のスポ根アニメはねバド!」と比べると競技初心者向けのアニメになっている(競技人口の差かな)。中学時代バレー部だった身としては、「へーこういうとこバレーと違うんだ」という気付きをちょっとずつ説明していくスタイル面白い

 ビーチバレーのシーンはとても作画熱量が高い。ビーチバレー水着で行うスポーツなので、他の競技を描くアニメと比べてラインがすごくきれいな体の動きが描かれている。特に2話のジャンプサーブを打つなるみちゃんの動きとかめっちゃすごい。あと、主人公のつけている水着、柄が細かいのにちゃんと動いてて地味にすごい。

 本作の世界は男女比100:0くらいでやや女性優位の世界(おじいちゃんを除けばかめきちが唯一の雄かもしれないけど、甲羅の形がメスっぽい)なのだけれど、予想としては”水着で行われるアツい試合シーンを丁寧に描くほどエロく見える→そういう視点をできるだけ排除するため、男性には犠牲となってもらうことにした”あたりだろうか。

 あと本作は音楽めっちゃ良い。担当したのはラスマス・フェイバー特に1話冒頭の曲とか。サントラ買うかも。

 

BANANA FISH

AmazonPrimeVideo独占

 アメリカアングラ界隈を描く作品。全24話予定。すごくマッチョ世界GTAってこんな感じのゲームなのかな。主人公がひょんなことから謎の薬物を手に入れ、そこからマフィアのゴタゴタに巻き込まれていくという話なので、いろんなクソ野郎が出てくる。1話ではシンプルなシーンチェンジを多用してどんどん話が進んでいったので、かなり駆け足で原作を描く感じなのだろうか。

 アッシュエロい。非常な才気を持ちつつもどこか危うさや孤独感がある感じとか、英二との対比によって強く印象に残った。作中でもよく綺麗どころ(?)としてイジられてるのも輪をかけて高嶺の花っぽさがある。

 空気としてのアングラ感という意味では先のアニメメガロボクス」よりもずっとリアルなダーディーさがあって、時代設定をベトナム戦争からイラク戦争に変更したのも、そういう「空気」をちゃん取材するために必要なことだったのだろうと思う。インタビューによると実際に現地を取材していて、いくつかのシーンは実在する場所とのこと。一度行ってみたいな。

 他の作品と比べて、舞台性質上、人種のるつぼ感がある描写がとても印象的。気になるのは、舞台イラク戦争後なのでアラブ系差別される描写の有無。リアルではさんざん差別されてる(現在進行系)みたいなので、それを反映していくのかどうか。そもそも社会派アニメじゃないから流石に無いか

 

プラネットウィズ

 かなり可愛い絵柄の割にハードSFアニメアリスと蔵六かな?かなり骨太ヒーロー物。シリーズ構成ネームキャラクター原案 - 水上悟志とある通り、本作のために大量のネームを書いた水上先生の完全新作。

 キャラデザ・作監岩倉和憲、美術ムーンフラワー音響監督岩浪美和プロデュース松倉友二あたりはJ.C.STAFFの名作でお馴染みのスタッフなので、本作も非常に楽しみ。

 1話時点では主人公動機けが不純(食欲とか復讐とか)なのも好き。

 

ハイスコアガール

Netflix独占

 ひたすらゲーセンとかでアーケードゲームするアニメ。台バンすんな。時は、世間が動いた1991年。当時のゲーセンってアングラ学生サンクチュアリだったのね(今もそうだけど)。

 とにかくアーケードゲームオンパレードゲーム画面がちゃんリアルで稼働している筐体を使って撮影したゲーム画面。そしてガチプレイ。各ゲーム解説(ハメ技とか)も付いてるので、初見にも優しい。けど今これを見てもリアルプレイできないじゃん!

 

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

 ゲーマー脳の異世界転生。もしノゲノラがエロアニメならこれはエロアニメ

 異世界転生アニメはたくさん作られているけれど、序盤の異世界転生プロセスはずいぶん多様化していて面白い個人的に好きな異世界転生プロセスは「灰と幻想のグリムガル」「ノーゲーム・ノーライフ」あたり。本作は必要最低限の尺で必要情報を描きながらちゃんギャグとして落としているのが好き。

 とても主人公可愛い。「オーバーロード」のヒロインことアインズ様並にヒロイン力がある。序盤の展開が似てる作品の中では主人公の心の機微を丁寧かつテンポの良いギャグで描いているので、主人公がとても魅力的。

 また全体的に作画熱量が高い。すごい。

 

Back Street Girls -ゴクドルズ-

Netflix独占

 地下アイドルお仕事アニメ。ひょんなことからアイドルになった3人組が、不条理と戦いながらどんどん有名になっていくサクセスストーリーだし、実質アイドルアニメ

 ブラックユーモアSSなので、気楽に見やすい。ほぼ会話劇になっていて、動きは少ない(原画は一人だけ)。全体的に漫画タッチの絵になっているのがとても奥ゆかしい

 一人のキャラ男性声優女性声優担当しているので、「魔法少女☆俺」とはまた違うテイストの好演を観ることができる。

 

京都寺町三条ホームズ

 ヤバくない「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」。京都舞台にした、骨董屋のせがれバイトちゃん日常アニメいい最終回だった

 櫻子さんは嬉々として人骨を鑑定していたけれど、本作の清貴さんは工芸品の鑑定。作中で登場する美術品については、エンドクレジット時代考証などがなかったのでよくわからない。櫻子さんも清貴さんも、いわゆるきれいどころなのにすごく人間味があるところがグッとくる。ちなみにこっちは割とハートウォーミングな話なので、いきなり人骨を見つけちゃったり、暴漢に殺されそうになったりとかはなく(と思う)、事件の内容がとてもはんなりしている。さすが京都

 1話では基本的にお店の中だけの話だったけど、そのうち京都をぶらぶらする話もある模様。楽しみ(2話は葵祭の話)。京都といえば、清貴さんを演じる石川界人方言がまた誰かの琴線に触れるのだろうか(彼の方言指導をしているのは同じく声優で、ウマ娘ではゴールドシップ中の人こと上田瞳)。

 

ぐらんぶる

AmazonPrimeVideo独占

 きたないあまんちゅ。大学ダイビング部を舞台にした、ヤロー特有のノリ全開な部活モノ。

 全編に渡って大学特有悪乗りバカマネが繰り広げられ、非常に銀魂みがある(1話監督脚本絵コンテ高松信司)。それにしてもOPEDがとても良い。

 非常に危険なので、決してマネするのはやめましょう

 

七星のスバル

AmazonPrimeVideo独占

 VRMMO群像劇異世界の話でもなく、リアルの話でもない出来事の話。仮想現実世界の話で近いのは「.hack」とか?

 惚れた腫れたでチームの危機とか、イベントでうまく行かなくて犯人しからのチームの危機とか、概ねMMOあるある踏襲していくストーリーにわかり味が深い。加えて主人公が(1話時点では)小学生なので、より群像劇感がある。見た目が小学生じゃないからこそ感情移入やすいのだろうか。

 本作の「センス」というモチーフが好き。センス努力では超えられない壁みたいな意味合いで使われるワードで、スポ根アニメにおける才能に近いかも。でも決定的にスポ根アニメと違うのは、例えば今期の「はねバド!」「はるかなレシーブ」ではその競技に拘る理由が「楽しいから」なのに対して、本作ではゲーム=選ばれし者の遊び=ステータスとして描かれていて、誰も「楽しいから」という理由ではゲームをしていない。主人公たちが小学生時代ゲームを遊ぶ動機は「名声を上げるため」であり、そのゲームから遠ざかった主人公たちのことを考えると、本作のテーマは「自己肯定」とか「自己否定」なのかも。

 ゲーム世界作画熱量は高く(特にアクションシーン)、スタジオちゅーりっぷ美術もすごく綺麗。BGMゲーム風サウンドも相まって「ゲームやってる感」がある。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん