「ONE」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ONEとは

2018-12-07

[] One Call Away

"One Call Away(ワン・コールアウェイ)" は米国人歌手Charlie Puth(チャーリー・プース)の楽曲

デビューアルバム"Nine Track Mind(ナイントラックマインド)"からの2ndシングル

2015年8月20日リリースされBillboard" Hot 100で12位まで上り詰めた。

  

one call away」とは、「one call(電話一つ)」の「away(別の場所)」という意味で、合わせると「電話一つで行ける場所」、

あるいは「すぐ近くにいる」という造語のようなモノです。

フック(サビ)では「I’m only one call away」となっており、「電話一つで駆けつける」、あるいは「いつもすぐ側にいるよ」

という意訳がピッタリ合うかと思います

https://en.wikipedia.org/wiki/One_Call_Away_(Charlie_Puth_song)

https://ja.wikipedia.org/wiki/Nine_Track_Mind

http://ongakugatomaranai.com/charlieputh_onecallaway/

https://www.youtube.com/watch?v=OFZBMPg2y3w

  

彼の右眉毛ファッションとして剃られていると思われがちだが、彼が2歳の時に犬に噛まれてできた傷跡である

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%BC%E3%82%B9

I am honored to be with you today at your commencement from one of the finest universities in the world. Truth be told, I never graduated from college. and, this is the closest I’ve ever gotten to a college graduation. Today I want to tell you three stories from my life. That’s it. No big deal. Just three stories. The first story is about connecting the dots. I dropped out of Reed College after the first 6 months, but then stayed around as a drop-in for another 18 months or so before I really quit. So why did I drop out? It started before I was born. My biological mother was a young, unwed college graduate student, and she decided to put me up for adoption. She felt very strongly that I should be adopted by college graduates, so everything was all set for me to be adopted at birth by a lawyer and his wife. Except that when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl. So my parents, who were on a waiting list, got a call in the middle of the night asking: “We have an unexpected baby boy; do you want him?” They said: “Of course.” My biological mother later found out that my mother had never graduated from college and that my father had never graduated from high school. She refused to sign the final adoption papers. She only relented a few months later when my parents promised that I would someday go to college. And 17 years later I did go to college. But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford, and all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition. After six months, I couldn’t see the value in it. I had no idea what I wanted to do with my life and no idea how college was going to help me figure it out. And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life. So I decided to drop out and trust that it would all work out OK. It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made. The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn’t interest me, and begin dropping in on the ones that looked interesting. It wasn’t all romantic. I didn’t have a dorm room, so I slept on the floor in friends’ rooms, I returned Coke bottles for the 5¢ deposits to buy food with, and I would walk the 7 miles across town every Sunday night to get one good meal a week at the Hare Krishna temple. I loved it. And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on. Let me give you one example: Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country. Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphed. Because I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to do this. I learned about serif and sans serif typefaces, about varying the amount of space between different letter combinations, about what makes great typography great. It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can’t capture, and I found it fascinating. None of this had even a hope of any practical application in my life. But 10 years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me. And we designed it all into the Mac. It was the first computer with beautiful typography. If I had never dropped in on that single course in college, the Mac would have never had multiple typefaces or proportionally spaced fonts. And since Windows just copied the Mac, it’s likely that no personal computer would have them. If I had never dropped out, I would have never dropped in on this calligraphy class, and personal computers might not have the wonderful typography that they do. Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college. But it was very, very clear looking backward 10 years later. Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backward. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in somethingyour gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life. My second story is about love and loss. I was lucky — I found what I loved to do early in life. Woz and I started Apple in my parents’ garage when I was 20. We worked hard, and in 10 years Apple had grown from just the two of us in a garage into a $2 billion company with over 4,000 employees. We had just released our finest creation — the Macintosh — a year earlier, and I had just turned 30. And then I got fired. How can you get fired from a company you started? Well, as Apple grew we hired someone who I thought was very talented to run the company with me, and for the first year or so things went well. But then our visions of the future began to diverge and eventually we had a falling out. When we did, our Board of Directors sided with him. So at 30 I was out. And very publicly out. What had been the focus of my entire adult life was gone, and it was devastating. I really didn’t know what to do for a few months. I felt that I had let the previous generation of entrepreneurs down — that I had dropped the baton as it was being passed to me. I met with David Packard and Bob Noyce and tried to apologize for screwing up so badly. I was a very public failure, and I even thought about running away from the valley. But something slowly began to dawn on me — I still loved what I did. The turn of events at Apple had not changed that one bit. I had been rejected, but I was still in love. And so I decided to start over. I didn’t see it then, but it turned out that getting fired from Apple was the best thing that could have ever happened to me. The heaviness of being successful was replaced by the lightness of being a beginner again, less sure about everything. It freed me to enter one of the most creative periods of my life. During the next five years, I started a company named NeXT, another company named Pixar, and fell in love with an amazing woman who would become my wife. Pixar went on to create the world’s first computer animated feature film, Toy Story, and is now the most successful animation studio in the world. In a remarkable turn of events, Apple bought NeXT, I returned to Apple, and the technology we developed at NeXT is at the heart of Apple’s current renaissance. And Laurene and I have a wonderful family together. I’m pretty sure none of this would have happened if I hadn’t been fired from Apple. It was awful tasting medicine, but I guess the patient needed it. Sometimes life hits you in the head with a brick. Don’t lose faith. I’m convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did. You’ve got to find what you love. And that is as true for your work as it is for your lovers. Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do. If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle. As with all matters of the heart, youll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking until you find it. Don’t settle. My third story is about death. When I was 17, I read a quote that went something like: “If you live each day as if it was your last, someday youll most certainly be right.” It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: “If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something. Remembering that I’ll be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in life. Because almost everythingall external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure — these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart. About a year ago I was diagnosed with cancer. I had a scan at 7:30 in the morning, and it clearly showed a tumor on my pancreas. I didn’t even know what a pancreas was. The doctors told me this was almost certainly a type of cancer that is incurable, and that I should expect to live no longer than three to six months. My doctor advised me to go home and get my affairs in order, which is doctor’s code for prepare to die. It means to try to tell your kids everything you thought you’d have the next 10 years to tell them in just a few months. It means to make sure everything is buttoned up so that it will be as easy as possible for your family. It means to say your goodbyes. I lived with that diagnosis all day. Later that evening I had a biopsy, where they stuck an endoscope down my throat, through my stomach and into my intestines, put a needle into my pancreas and got a few cells from the tumor. I was sedated, but my wife, who was there, told me that when they viewed the cells under a microscope the doctors started crying because it turned out to be a very rare form of pancreatic cancer that is curable with surgery. I had the surgery and I’m fine now. This was the closest I’ve been to facing death, and I hope it’s the closest I get for a few more decades. Having lived through it, I can now say this to you with a bit more certainty than when death was a useful but purely intellectual concept: No one wants to die. Even people who want to go to heaven don’t want to die to get there. And yet death is the destination we all share. No one has ever escaped it. And that is as it should be, because Death is very likely the single best invention of Life. It is Life’s change agent. It clears out the old to make way for the new. Right now the new is you, but someday not too long from now, you will gradually become the old and be cleared away. Sorry to be so dramatic, but it is quite true. Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma — which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary. When I was young, there was an amazing publication called The Whole Earth Catalog, which was one of the bibles of my generation It was created by a fellow named Stewart Brand not far from here in Menlo Park, and he brought it to life with his poetic touch. This was in the late 1960s, before personal computers and desktop publishing, so it was all made with typewriters, scissors and Polaroid cameras. It was sort of like Google in paperback form, 35 years before Google came along: It was idealistic, and overflowing with neat tools and great notions. Stewart and his team put out several issues of The Whole Earth Catalog, and then when it had run its course, they put out a final issue. It was the mid-1970s, and I was your age. On the back cover of their final issue was a photograph of an early morning country road, the kind you might find yourself hitchhiking on if you were so adventurous. Beneath it were the words: “Stay Hungry. Stay Foolish.” It was their farewell message as they signed off. Stay Hungry. Stay Foolish. And I have always wished that for myself. And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you. Stay Hungry. Stay Foolish. Thank you all very much.

anond:20181207115248

テスト

2018-11-28

Another One Bites the Dust=地獄へ道づれをパロディして

Another One Rides The Bus=遅刻へ道づれってうますぎない?

anond:20181128112240

イケダハヤト理事NPOONEれいほく」の話はやめてさしあげろw

せっかく「NPO法人ひとまき」と名前を変えて再出発しようとしているのにw

2018-11-26

More One Pikachu

終末旅行が始まるぞ!(ピカ!)

終末旅行が始まるぞ!(ピカピカ!)

終末旅行が始まるぞ!(ピカピッカ!)

終末旅行が始まるぞ!

2018-11-25

理想Mac+iPhone妄想

#

泥酔しながら書いた。

前略

20XX年、スティーブジョブスシアターから中継される光景に、日本人狂喜乱舞した。

ジョナサン・アイブ更迭されて間も無い中の発表会を、一部の信者心配そうに見守り、残る大多数の一般人は期待を持って目の当たりにしていたのだ。

そこで発表された新製品は、大多数の一般人が求めていたまさにそれであった。

MacBook Air

2018年Retina 13インチは、皆が求めていたものだったが、今年のMacBook Airさらに一味違った。

OK、分かった。MacBook Airスペックは平凡、その割には値段が高く、MacOSデザイン以外、魅力のないラップトップだった。」

「それも今日で終わりだ。MacBook Airは、世界第一線で戦える最強のラップトップに仕上げた。それは値段にも反映している」

「899ドル世界で尤も安く買えるハイスペックUnixシステムの一つだ」(1アップルドル105円とする)

特盛にしても2500ドルMacBook Airは飛ぶように売れた。

なお、無印MacBookCPUArm 64bitとして、物好きどころか割とヘビーユーザーにもそこそこ売れた。こちらは599ドルから

USB Type-Cも2つ付いたのは嬉しい悲鳴。重い処理はできないが、Arm最適化されたバイナリAdobeもまあまあ動くし、Logicも動く。ピンク色の筐体が、オルチャンメイクで丸眼鏡女子大生にウケた。

Mac Pro

Mac Mini買えばいいじゃん」

違う、そうじゃない、デカくて早くて(排熱が)燃えるように熱いMac Proが欲しいんだよ。GPUかいっぱい積んじゃってさ、CPUサーバのいいやつがよう。

OK小僧。用意してやったさ。これで好きなだけFacebookTwitterをやるがいい。」

「おいちょっと待てよ、ThunderboltディスプレイThunderboltディスプレイじゃないか。お前ちょっと痩せたかベゼルがないじゃないか

Mac Proのお披露目の影に隠れるように、こっそりと。そうThunderboltディスプレイが帰ってきたのだ。

8K対応でスペースグレイカラーとなって蘇えったのさ!

幾年ぶりかの再開に、マカーたちはサムスンとLGロゴの入ったディスプレイを窓から放り投げた。

iMac

CPUが新しくなった。価格1099ドルから。なんか新しいRadeonが乗ってる。

MacBook Pro

CPUが新しくなった。価格は1299ドルから。こっちもなんか新しいRadeonが乗ってる。

Mac Mini

もう来週を待たんでええんだぞ。499ドルから

訓練された貧乏信者たちは、涙を流しながら、メインボードを傷付けないようにそーっとメモリ増設した。もちろん保証は効かない。

One More Thing... iPhone SE2

iPhone XSとXRの登場はApple企業価値を大きく傾けさせた。あまりにも売れなかったのだ。

しかしそれも今日までだ。そうiPhone SE2、皆が待っていた小さいあいつがパワーアップして帰ってきたのだ!


しかしその頃、世界では……

既に世界の半分以上はLenovoを使ってるし、残りのシェアの大半をDELL占拠していた。安価かつハイスペックWindowsは、僅かなMacBookシェアさらに削っていった。

そして、中国のAndoroidシェア100%になった瞬間、iPhoneは既に過去のモノとなってしまったのだ。

いまイケてるスマホと言えばシャオミのAndroidだし、日本ではXperiaを持つことがステータスの一つとなった……。

おしまい。以上妄想

2018-11-18

K-popアイドルが好きだ。

子どもの頃モーニング娘。に憧れて以来、ずっとアイドルが好きだった。

オタクといえるほどではないが、よく聴く音楽48グループPerfumeでんぱ組もっとマイナーグループなど、女性アイドルの曲が多い。

その一環で、K-popアイドルの曲もよく聴く

KARA少女時代からまり最近だとTWICEやIZ*ONEなど。

もう解散してしまったグループにも、可愛くていい曲がたくさんあるので、未だによく聴いている。

最近BTSというK-popグループ原爆Tシャツの件でよく叩かれているのを目にする。

私は、韓国アイドルメイク振り付けを真似してみたり、カラオケで歌ったりはするものの、特段韓国が好きなわけではないし、日本への愛国心がないわけではない。

そもそもBTSは男なので興味がない。

ただ、私がK-popアイドルを好きだというだけで反日日本認定してくるわけのわからない人が世間はいるようで、最近、そのような人に絡まれている。

どの世界にもこのような人は一定数いるものだと分かってはいものの、やっぱりいい気分はしない。

最近もやもやしていたので、ここに書けて少しすっきりした。

あと、これを書きながら思ったのは、若い女に突っかかって正しいことを教えてあげようとするおじさんだったのかなということ。

それはそれで面倒くさいけど。

2018-11-06

ちょまどさん…ロールチェンジ!の誤解

https://next.rikunabi.com/journal/20181101_p01/

リクナビNEXTランキング上位に入り注目を集めているこの記事だが、その内容には致命的な誤りがある。

まず一つ目、DevRelの定義だ。

DevRel(デブレル)とは、Developer Relations (デベロッパーリレーションズ) の略で、テクノロジー提供するベンダーマイクロソフトGoogleなど)が、開発者と良好な関係を築くことを目的とするマーケティング活動である

「良好な関係を築く」というのは曖昧表現だが間違ってはいない。しか

「DevRelは、その名の通り、開発者との関係性が重要です。マイクロソフトデベロッパー分野の窓口として、皆さんの声を直接お聞きし、製品に活かしたりドキュメントを用意したりして、より生産的に開発できるよう働きかけることがミッションの一つです。つまり、DevRelとは、開発者の皆さんと『一緒に』創っていく人たちのことです」

これは違う。DevRelは活動であり人ではない。言い間違えたか書き起こしを間違えたのかも知らないが、これでは定義理解していないと思われても仕方ないし、最重要キーワードなのに矛盾した定義を見逃す編集者も謎だ。

二つ目はここだ。

英語のAdvocateには複数意味があるが、ここでは「鼓舞する人」という意味が一番近いだろう。

はてそんな意味はあっただろうか。安心と信頼のMerriam-Websterで調べてみよう。

https://www.merriam-webster.com/dictionary/advocate

Definition of advocate (Entry 1 of 2)

1 : one who pleads the cause of another

2 : one who defends or maintains a cause or proposal

3 : one who supports or promotes the interests of a cause or group

Definition of advocate (Entry 2 of 2)

transitive verb

: to support or argue for (a cause, policy, etc.) : to plead in favor of

intransitive verb

: to act as advocate for someone or something

名詞の方は、一つ目は「主義・主張を代弁する人」、二つ目は「主張や提案を弁護する人」、三つ目は「特定集団主義利益になるよう働きかける人」という意味だ。

鼓舞する人」というのはだいぶ意味合いが違う。鼓舞するならinspiratorとかになると想像がつきそうなものだが、なぜその意味が近いと思ったのだろうか。DevRelとアドボケイトは記事の肝心となるはずの言葉だが、どちらも説明に不備があっては話の筋が崩壊しかねない。

エバンジェリストからアドボケイトになったとのことだが、エバンジェリストについての記述も詰めが甘い。

しかし、1年後に組織変更があり、DXは2つの新設部署に分かれた。

(DX: デベロッパーエバンジェリズム統括本部)

https://twitter.com/ayatokura/status/1021190099747262464

今年度は国内では、マイクロソフトエバンジェリスト(西脇サン除く)という役職は消え、元同僚はソフトウェアエンジニアや別の役職へ転身するかたちに

まりその時点でエバンジェリストという肩書き消滅した。つまり

肩書きは一応『テクニカルエバンジェリスト』のまま残っていた

というのは公式のものではない。

CSEエバンジェリスト担当企業訪問し、必要に応じハンズオントレーニングを行い、そのあとは数日間部屋にこもって一緒に実プロダクトの開発を一気に進める。いわば担当企業向けの特別ハッカソン

したがって「CSEエバンジェリストが」というのも明らかに矛盾した表現であるインターネットミームにされたり詐称されたりして可哀想言葉だ(好きか嫌いかでいえば嫌いな言葉だが)。

DevRelやアドボケイトというのはそこまで普及していない言葉で、不思議に思っていた人も多いだろう。そんな中公開されたこ記事は、人々に誤解を植え付ける結果を招いた。

ま、ちょまどのファンアンチ写真ばかり見て内容は一文字も頭に入っていないのだろうが…

2018-10-29

anond:20181029210240

ああ、1〜2年帰るつもりだわ

その後は東京にまた戻るのもいいし、外国行くのもいいしゆっくり考えるわ

所詮東京なんてのは選択肢としてone of themだし

2018-10-27

Why I like England.

First, the forests of England is very beautiful.

Peole lives in England like gardening. They create botanical garden.

And National Trust is famous project in England.

Second, I am interested in custom in England. They have a cup of tea in evening or afternoon.

I like tea,too. Tea which was sold in England tastes good.

Last, There are lots of English pubs.

In my last trip to England, I went pub. It is cleanly than Japanese one.

Ale is so dellicious, and I enjoyed talking with my friend.

2018-10-26

4 letters management

A manager forces to a designer to build the most stunning, extraordinary, beautiful, awesome and greatest design in one day with no data, no meeting.

The manager has been leaving this job over half a year. The designer knew that at last night.

2018-10-25

anond:20181025153027

高知でイケ☓ハヤトが「ONEれいほく」の名前を「ひとまき」に変えたのを思い出した。

2018-10-17

ゆるゆるに投資を始めて半年たった

One Tap Buyで投資を始めて6か月ほど経過。

基本スタンス

米国インデックスファンドへ積立投資

②余裕資金米国株の個別銘柄を1万円程度づつ買っていく

③長期保有前提なのでちょっと上がったり下がったりしても売らない

という感じでやっていたのですが、途中で10CFDレバレッジ取引)ができるようになったので3万円くらい持って遊びに行ったら、米国株7%くらいバコー下がってロスカットされた。レバレッジ舐めてたので次はちゃんと用意してから勝負行く。

個別銘柄はいつも利用してる銘柄に絞っていくことにした。バフェットおじいちゃんも「事業内容が理解できない会社には投資するな」って言ってたし。なので

ツイッター

マイクロソフト

アマゾン

あたりから。余裕出てきたらコカ・コーラかに投資したい。

10CFDボコーされたとき8k円くらい損したけど、飲み会1回分でいろいろ勉強できたので良しとしたい。はよ米国株価指数爆上げしてさら円安に振れますように。

2018-10-15

A system of cells interlinked within cells interlinked within cells interlinked within one stem

細胞

細胞

施設いたことはあるか? 細胞

細胞

そこでは独房に入っていたか? 細胞

細胞

刑務作業の外はその小部屋に入れられていたか? 細胞

細胞

連帯

連帯

愛する者の手を掴む心地をなんと呼ぶ? 連帯

連帯

お前は指と指を触れる感覚を教わったか? 連帯

連帯

お前は心を通じ合わせることに焦がれるか? 連帯

連帯

連帯することを夢に見るか?

連帯

我が子を腕に抱くのはどんな心地だ? 連帯

連帯

お前の中に空虚があるという感覚があるか? 連帯

連帯

細胞の中の連帯

細胞の中の連帯

三回繰り返してみろ: 細胞の中の連帯

細胞の中の連帯細胞の中の連帯細胞の中の連帯

ここまで読んで精神に恐れを抱かなかった人は正常です。ブレードランナー2049を見て下さい。

2018-10-14

microSDスロットがないAndroid端末って存在価値あるの?

それならiphoneでいいから俺にとっては存在価値なし。

htc u11 lifeはいいぞぉ。アップデートもそこそこ早めに降ってくるし、MicroSDスロットはあるし、NFCおサイフケータイもついてるし

ワンセグとかフルセグなんていうゴミ機能は載ってない。

エッジセンスかいうクソ機能を完全に無効化できないのだけが問題

Pixelシリーズはもう外部ストレージスロット搭載するつもりないだろうから

せめてAndroid Oneでまともな端末が日本市場で出てくれることを望むしかないなぁ。

2018-10-12

任天堂コントローラと相性が悪い

WiiWiiU、new3DSLLSwitchを遊んでると、手が痛くなる。

Proコントローラを買うと相当マシになるんだけど、こんだけお金払ってこれかー、という思いが強い。

ゲーム自体もっとやりたいと思うんだけど、結局いつの間にか遠のいてしまっていて、たぶんクリアしたタイトルない。

持ち方が悪いとかボタンの押し方が悪いとか力みすぎとかもあるんだろうけど、何より自分の手の形が変で、合ってないんだろうと思う。

ちなみにPSコントローラは新しいほど好き。

PSVitaは微妙だけど、痛くなったりはしない。

Xbox全部好き。PCでもダークソウル遊ぶ時以外はOneコントローラ使ってる。

スマホはなんか全体的に無理。文字すらあまり打ちたくない。

2018-10-09

生物主語のseeについて チープカシオビンラディン

How has a watch so universal in its appeal that it has appeared on the wrists of both Barack Obama and Napoleon Dynamite earned a reputation that could see you imprisoned in Guantanamo Bay for owning one? Read on to find out

って記事のseeはどういう意味なんだろう。

reputationみたいな語が主語のseeって調べてもあんま出てこないから、よくわからん

スペインリーグ旭日問題抗議メール

慣れない英文メールを書いた。英語はマジ苦手だから辞書引きつつやっと完成。

なので、出す前に不自然だったりわかりにくい表現が無いか文法が間違ってないか

はてな学歴の高い英語が得意な人に、できれば添削してもらいたいか晒してみる。

ここで旭日マーク擁護をすると批判だらけになるだろうが、それはスルーの方向で。

気が向いた人は一緒に出してくれ。全部コピペにするとスパム扱いされそうだから一部引用くらいで頼む。

1

先日スペインリーグ韓国の抗議によって、旭日旗を禁止するよう全てのチームに通達すると聞きました。

I heard that the Spanish league recently will notify all teams to prohibit Rising-sun by Korean protest.

禁止理由あなたたちがアジア国家同士の対立に巻き込まれたくないからというのなら、残念ではあります理解できるし我慢できます

If the reason is you are willing to keep a distance from the dispute between Asian countries, we can understand and endure it.

しかし、韓国一方的な主張を鵜呑みにした結果、あなたたちも旭日旗をハーケンクロイツと同一視するというのであれば日本からの反発も起きるでしょう。

However, If you equate rising-sun with hooked-cross by believing Korean's one-sided argument, many Japanese will be offended.

なぜならば、それは日本人に対する人種差別に加担する行為からです。

Because it is an act to collaborate with racial discrimination against the Japanese.

その理由説明しようと思います

I would tell you about this reason.

2

まず、韓国団体の主張の根拠事実ではありません。

First of all, these warrants of the claim by Korean groups are not a truth.

ハーケンクロイツナチス党の党のシンボルでしたが、旭日にはそのような政治的意味はありません。

Hooked-cross was the symbol of NATIZ party, however, Rising-sun hasn't political means like that.

これは航海の無事と漁の成功を祈るための伝統的な意匠※で、19世紀日本海軍の軍艦旗として使用されました。

It is the traditional symbol to pray for the safety of the voyage and success of fishing*, since the 19th century, it used by the naval ensign.

※「大漁旗」で画像検索してください。

Please search images with "tairyouki".

それは今も日本軍艦旗であり、比較するなら現在ドイツで使われている鉄十字と同様のものです。

It still has been Japanese naval ensign, comparatively speaking, it likes Iron-cross have been used in Germany.

以下のように在日米軍部隊章としてそれを使用し、旗は今年のフランス革命記念日の国際パレードにも参加しています

As shown below, The United States Forces Japan use it as insignias, and Rising-sun flags participated in the international parade of Bastille day in this year.

このように、アジア諸国を含め、韓国以外の国では認められています

Thus, it is approved in countries other than Korea, including Asian countries.

韓国さえも2011年までは旭日旗を拒絶していませんでした。好かれてはいませんでしたが

Even Korea hadn't refused Rising-sun flag until 2011, hadn't liked it.

3

ところで、サッカー日韓戦試合中では、韓国選手や観客がしばしば日本人を揶揄するパフォーマンスをしたり、政治的主張を行ったりしています

By the way, during Japan-Korea soccer match, Korean players and audiences often do performances that ridicule the Japanese or make political claims.

これらのいくつかはFIFA問題にしていますので調べればすぐ解るはずです。

FIFA picked up some of those as problems, so you can easily know.

その度に、韓国側は過去植民地支配を受けたことを持ち出したり、もしくは日本側が先に挑発たからだと言って自分たち行為正当化しようとしました。

Each time, the Korean-side tried to justify their actions caused that they were ruled by Japan in the past or the Japanese-side provoked earlier.

ですが、それらの多くの場合では、後日の検証でも韓国側のいうような日本から挑発行為確認されていません。

However, in many of these cases, provocations from the Japanese-side are not confirmed even at later verification.

4

2011年1月25日AFCアジアカップ2011準決勝日韓戦で、韓国のキソンヨン選手がゴール後に日本人をサル見立てパフォーマンスを行いました。

On January 25, 2011, at the AFC Asian Cup 2011 semi-final Japan-Korea, Korea's Ki Sung-Yueng did a performance treating the Japanese as a monkey after his goal.

「島猿」は韓国でよく使われる日本人への蔑称です。

"Island Monkey" is a discriminatory term to the Japanese widespread used in Korea.

これが人種民族差別だとして批判されたとき、彼は以下のような言い訳しました。

When Japanese and European fans blamed him that this performance is a racial discrimination, he made an excuse as follows.

日本応援団旭日旗を振っていた。これは日本軍を思い起こさせる。なので怒りからわずパフォーマンスをしてしまった」

Japanese audiences waving Rising-sun frag. It reminded me of the Japanese Army. So, I couldn't help doing that by anger.”

5

ところが実際にはその試合の観客席の映像では旭日旗の存在確認されていません。

However, the existence of the Rising-sun flag hasn't been confirmed in the video of that audience seat of the game.

彼は試合の直後のインタビューでは、あれは試合から考えていたパフォーマンスだと答えていました。

In Interview after the game, He said that he had thought the idea of that performance before the game.

日本では、彼は非難から逃れるために日本濡れ衣を着せようとしたと認識されています

So, the Japanese consider that he tried to accuse japan falsely in order to escape from this blame.

ですが、韓国マスコミ政治家は、彼の言い訳全面的同調し、彼の人種差別容認し、悪いのは日本側だと責め立てました。

Despite these facts, Korean media and politicians overall joined in his excuse, tolerated his racism, condemned Japan-side severely.

6

韓国では、日本攻撃するニュースの人気がとても高く、

In Korea, Kinds of news criticizing Japan are very popular,

何か起きるたびに多くの政治家有名人自分愛国心アピールするため、我先に日本非難しようとします。

and when something happens each time, many politicians and celebrities are eager to blame Japan to show their patriotism.

そのため試合会場には存在しなかったはずの旭日旗は突然韓国侵略象徴にされてしまいました。

Therefore, Rising-sun flag not existing in this stadium was suddenly gotten to the symbol of the invasion of Korea by Japan.

ライジングサンデザインを身につけた芸能人謝罪させられ、似た意匠建築が取り壊されるようになり、さら日本人がライジングサンデザインを使うことも、韓国から激しく攻撃されるようになりました。

Girls singers who wore designs of Rising-Sun were forced to apologize, The architecture of a design resembling Rising-Sun was torn down, Furthermore, using Rising-sun by the Japanese has also been attacked hardly from Korea.

彼らは日本人がそれを愛することを日本人が道徳的に劣っている証拠だと主張しています

They insist that the Japanese love this symbol is an evidence that the Japanese are morally inferior.

7

英語Wikipediaでは、あの事件日本人種差別主義者執拗嫌がらせへの意趣返しだったと記述されていますが、そのような嫌がらせ存在した根拠はありません。

In the English version Wikipedia, it is stated that the incident was returning to the relentless harassment of Japanese racists, but there is no evidence for such abuses existing.

実際、記事にも記述根拠となる情報源は添えられていません。

Indeed, the article is not accompanied by a source of information which is the basis of the description.

そのことを書いてもVANK韓国愛国主義ネット監視団体)にすぐに元通り書き換えられてしまます

Even if you write about that, It will be rewritten immediately by VANK (Korean patriotic web surveillance organization).

なので、この件について調べるときには英語版だけでなく日本語版の記事に記されたソース確認してください。

So please do check not only the English version but also the Japanese version article and its sources when you investigate this incident.

8

最期韓国仁川主催で行われた児童愛国反日絵画コンテスト記事へのリンクを添えます

Eventually, I add a link to an article of a patriotic (anti-Japanese) painting contest of the children held by Incheon City, Korea.

このコンテストでは、子供達に教師達が日本人が死んでいく絵を描かせ、それを公共の場所に展示して市長が賞を与えました。

In this contest, Elementary school teachers let the children draw pictures of dying Japanese people, city officers exhibited these in a public place, and the mayor gave a prize to excellent works.

今の韓国では、これが日本人への差別である認識されません。

In Korea now, they can't recognize that is discrimination against Japanese people.

それほどに、日本へのヘイトが当たり前になってしまっています

Hate to Japan has become a matter of course too much.

私は今回のスペインリーグの態度が、このような韓国の風潮を正当化助長することを危惧します。

I'm afraid that this attitude of Spanish league justifies and promotes such Korean trend.

9

やっかい問題を抱えてしまたこ意匠を避けるのはあなたたちの自由です。

It's up to you if you avoid this design which has troublesome problems.

ですが、お願いですから事実を元に決定し、その決定の理由を公知してください。

Although, please make decisions based on facts and inform reasons for the decision.

スペインリーグ韓国の虚偽に同調し、日本人への人種差別行為に加わることのないよう、強く望みます

I strongly hope that the Spanish league won't be in synchronization with Korean falsehood and won't participate in racial discrimination against Japanese people.

※「するかどうかはあなたたちの自由」をit's up to you if ~にしていいか

2018-10-02

お気に入り風俗嬢が退店しました

 ※非常に気色悪い内容だと思います。読まれる方は承知の上でお願いします。

 ついにこの日が来てしまった。

 数年前にフリーで予約して出会い、それ以降指名してきた女の子。徐々に人気が上昇して店舗ランキングに載るようになり、予約も取りにくくなっていった。最後に会ったのが7月。以降は何度電話しても予約が取れず、では10月の出勤状況は、と店舗Webサイト確認すると。

「退店しました」

 血が凍るとはまさにこの感覚。いろいろ情報を当たると、どうも9月末での退店は本人の意向だったようだ。出勤頻度が多かったのはそのためだったのか。

 そもそも自分のような、子供の頃から周囲に薄気味悪がられ、女の子にまともに相手をされることのないまま40年以上の人生を送ってきた男にとって、風俗店というのは女の子と触れ合える貴重な場所ひとつである。支払う対価の前には、イケメンブサイクも、自分のようなハゲデブメガネおっさんでも提供されるサービスは公平である(少なくとも建前は。もちろんそうでない店舗もあるだろう)。一方で、サービス以上の要求をしてくる客の話は、風俗嬢エッセイツイートでは定番ネタだ。自分非モテ自覚があるつもりなので、せめて仕事サービスをしてくれる女性不快感を与えてはなるまいと、ルールを守って遊ぶことを心がけてきた。当然のマナーだと思っていたのだが、そうでない客も多いと知って驚いたものだが。

 相手仕事である以上、本気で入れあげるのは遊び方として非常に格好悪いという認識もあるつもりだった。そういうことを理解していてもなお、このテンションの下がり具合はどうだ。

 スタイル自分好みなのはともかく、本来目的以上にお話が楽しかった。

 あるとき、お出迎えを受けたときに、待合室に持ち込んだ本を手にしたままだったことがきっかけで本の話題になった。「なにか面白い本があったら教えて」との言葉に、その街が舞台になったミステリ小説を渡したら、次に会ったときに「面白かった」と言ってくれた。イギリス歴史に興味があると聞いて何か本を渡そうと考えたが、ガチ歴史の本をいきなり渡してもちょっとアレかなと思い、学者から転向した作家エッセイ本を渡したら、それも面白いと言ってくれた。

 もしかしたら、興味の対象とズレれていたかもしれない。気持ちを無碍にしないよう、お愛想で「面白かった」と言ってくれただけかもしれない。それでも、感想を伝えられる程度には目を通してくれたのだろう。嬉しかったし、人にプレゼントする本を考える体験はとても新鮮で楽しかった。

 事情により日射しが体に良くない、と聴いたときは、本人の意向確認した上で日傘プレゼントした。だが事前に好みのデザインを聞くのを忘れたので、デパート店員に選んでもらった。喜んでくれたようだが、これが本当に言葉通りかは甚だ自信がない。

 最初に会ったとき

自分が気に入った子はなぜかすぐ辞めちゃうんだよね。2回目に会えたことがあまりない」

「そうなの? 大丈夫、やめないよ」

という会話を交わしていた。あれから数年経つ。本人の中でも心境の変化があったのか限界を感じたのか、それはわからない。いずれにしても仕方がないし、むしろ当然のことだ。だが、心のどこかで「(予約さえ取れれば)いつでも会える」「いつまでも店に在籍してくれる」という願望や幻想根付いていたのだろうか。

 交際したいとか一緒に人生を歩みたいとか、大それたことを考えていたわけではない。いや、我知らず「あわよくば」という思いはあったかもしれないが、もちろん本気ではない。

 面倒な仕事ストレスだらけの人生の合間にちょっとした癒やしをくれる彼女存在が嬉しかった。

 美味しいと評判のケーキ屋を教えてもらった。甘い物好きと言っていたので、差し入れたら喜んでくれただろうか。

 彼女の好きなものについてもっともっと聞きたかった。好きなものの話をする彼女の顔は生き生きとしていた。

 提供される「サービス」の思い出以上に、そんな些細な思いが浮かんでくる。彼女の技巧も夢心地だったが、出口へ案内される際につないだ手のひんやりした指の感触のほうが忘れられない。

 これではまるで失恋ではないか自分にとっての彼女はそこまでかけがえのない存在になっていたのだろうか。彼女にとっての自分大勢の「お客様」の一人、one of themに過ぎないのに。

 自分でも説明することの難しい気持ちを整理し立ち直るまでには、まだしばらく時間がかかることだろう。せめて会ってお別れが言えたら良かったとも思うが、それも叶わぬことだ。

 ここを見ることはないだろう彼女に伝えたい。

 M子さん、今まで楽しい夢を見せてくれてありがとう。そして、貴方のこれから人生幸せものでありますように。

追記を書きました。

https://anond.hatelabo.jp/20181005223729

2018-09-24

anond:20180924010410

プログラミングプログラミング言語)は、ツールからスパナレンチのようなものだと考えている。

工具を弄るのが好きな人もいると思うけど、大体は工具を使って何かを作るのが楽しいのだろう。(工具を作るプログラミングもある)

 

個人的には、以下のようなものに「ハマった」事がある。バカから簡単なやつだけだが、単純に面白かった。

漫画にハマったりするのとあんまり変わんない。

Conway's Game of Life

参考動画http://www.nicovideo.jp/watch/sm19347846

one-line algorithmic music

参考動画https://www.youtube.com/watch?v=qlrs2Vorw2Y

Boids シミュレーション

参考動画https://www.youtube.com/watch?v=QbUPfMXXQIY

関係ないけどyoutube自動翻訳面白い(誤訳が)

 

かに過程が見える」ことは大切だと思う。

3DCG系にも挑戦した事があるんだけど、過程が見えなくてそれは挫折しました 笑

2018-09-22

anond:20180922125410

In case you actually didn't understand... You likely do not have a point of an argument and not arguing, or having differing opinions, to your selected opponents. You could point out irrelevant details to feel or pretend you have one, but if there isn't the opponent has no benefit to respond to. As for what I meant by calling it a validation, that's that process of your simply echoing back what's in your sight and demanding random explanations.

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん