「デパート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: デパートとは

2018-12-09

初めて失恋したら帰省してた話

☆はじめに

・滅茶長いです。数えたら4000字ありました。3000字のレポート課題は一向に進まなかったのに、皮肉ものですね。 

フツーに、私達のことを知ってる人が見たらああアイツ等のことか、と分かるんじゃないかと思います。気づいても、出来れば、自分の心に留めておいてくれれば幸いです。とはいえ、あの人はきっとこれを見ても怒ったりしないだろうけれど。



__________

20歳の冬、恋人と別れた。

あの人は違ったけれど、私にとっては初めての恋人だった。1年2ヶ月の記念日喧嘩して、1年2ヶ月と2日目に直接顔を合わせて、話し合って、2人で決めたことだった。心残りはなかった。

…はずなのに、気付いたら、私はゆうちょ銀行でありったけのお金おろしていた。そしてその足で駅へと走り切符を買って新幹線へと飛び乗った。行き先は実家の最寄駅。正直何も考えてなかった。ただただ本能の赴くままに、私は帰省してしまっていたのだ。

新幹線の中で父に「急にごめん、今から帰ってもいい?」とラインしたら、すぐ既読が付いて、それから10分後くらいに「分かりました。駅まで迎えに行きます」と返事が来た。母親にも同じようなラインをすると、「おにぎり味噌汁ならあるよ」と返ってきた。

新幹線に乗っている間、私はずっと車内の電光掲示板を眺めていた。色んなニュースが流れていたけれど、ひとつも内容が思い出せない。ただひたすらに、駅名がひとつずつ西にずれていって、目当ての駅がくるのを待った。

2時間半くらい過ぎた頃、新幹線はやっと駅についた。父から駅前牛丼屋の横に居るとの連絡が来て走ってそこまで行ったのに父がいない。ついたよと送るともうすぐ着くと返事が来た。"居る"の意味知らないのかな、父。

3分くらい待っていたら父の車が見えた。父は何も聞いてこなかった。ただ嬉しそうに、明日上司競馬に行く予定だったけど無くなりそうだということを教えてくれた。私から最近車校路上教習に突入したこととか、最近急に寒くなったこととかを話した。

からは45分くらいで実家についた。チャイムを鳴らすと母がドアを開けてくれた。お風呂沸いてるよと言われ半ば強制的風呂場に連行された。ひとり暮らしの家は狭いユニットバスで、いつもシャワーで済ませていたから足を伸ばして浴槽に浸かるのは久々だった。足先から体が温まっていくのを感じた。

30分くらいで風呂から上がり、居間に行くとおにぎり味噌汁からあげと餃子ゆで卵が用意されていた。昆布おにぎりを半分と味噌汁を少し飲んだらお腹がいっぱいになってしまたから、残りは朝食べることにした。父は知多をロックで呑んでいて、「知多?珍しいね」と言うと「中身は違うけどね」と言われた。本当の中身は過去ツイッターで不味すぎると炎上した伝説を持つトップ●リュのウイスキーだった。

そんなこんなしていると夜中の1時を回ったから、父におやすみを告げて2階の寝室に上がった。キングサイズのベッドに横になった。5分くらいすると、母が部屋に入ってきた。ベッドに座って私に一言、「頑張ったね」と言った。

その瞬間、私の両目から噴水のように涙が溢れた。元旦デパート開店直後みたいに、ものすごい勢いで色んな感情がとめどなく流れて来た。辛い。寂しい。苦しい。悔しい。なんでこうなっちゃったの。もう前みたいに遊べないの。もう好きだよって抱き締めてもらえないの。もうどの街に住もうか?なんて戯言を言い合えないの。もう、2人で添い遂げ合う人生は遅れないの。

母は、ひたすら「頑張ったね、もう充分やれることはやったもんね、辛かったね」と私の背中を撫でてくれた。そのあとに、「でも、色んな楽しいこととか初めての経験とか素敵なモノも沢山貰えたんだから、嫌な思い出にしちゃ駄目だよ。」と言った。

19歳の秋だった。

私とあの人は、同じサークルでひと夏を過ごした。かなり厳しいメニューをこなす日々で、春には名前も顔も知らなかった私達が夏が終わる頃には家族よりよく会う存在になっていた。

夏が終わるとサークル活動も一段落し、私達は顔を合わせることが減っていった。そんな時、あの人からディナーに誘われた。

他の同期も来る筈だったのに、何かと来れなくなり、2人になってしまった(これがあの人の策略だったのか、本当に偶々だったのかは結局分からずじまいだった)。2人でやっすい店に入って、色んなことを話した。好きな音楽、好きな作家高校生の頃の話、過去恋愛話。私が中高ヒエラルキー最下位大学デビュー女のため恋愛経験0の喪女であり、その当時自分アプローチしてくる人がいたのだがどう交わせばいいかからないと相談したら、フフッと笑って「ぶっ飛ばしたいなあ、そいつ」と言われた。一瞬ん?と思ったけれど、「ホントそうだよね~」などと軽く流した。

正直、全く意識していなかったのだ、恋愛対象として。ひと夏を共に過ごしたかけがえのない大切な同期、という認識だった。だったのに、やっすい店から出たあと、そんな私達の思い出の練習場で、告白された。午前2時くらいのことだった。

その時も、急に涙が溢れて止まらなかった。信じられなくて、嬉しくて、少し申し訳なくて、何より私が本当は心の奥でずっと惹かれていたことに気付かされてしまって。

あの人はそんな私の手をずっと握っていてくれた。「でも私、多分中学生みたいな恋愛しかできないよ?」と震えながら言うと、「ロミジュリジュリエットだって中学生なんだよ。」と笑って更に強く握りしめてくれた。その温もりがとても気持ち良くて、私達は手を繋いだまま眠った。

朝の6時頃に目が覚めると、夢じゃないんだと隣から聞こえる寝息に心臓バクバクした。そうしているうちにあの人が起きて、不意に抱き寄せられて、キスをした。それが私にとっての、ファーストキスだった。

その日から私達は、所謂"恋人同士"になった。数え切れないほどデートをして、旅行も行って、一緒に大学の授業を受けて、お互いの家にも行き来した。

デートは、本当に色んなところに行って色んなことをした。映画を見たり公園ピクニックしたり気になる飲食店を片っ端から当たったりショッピングモールで服やコスメ吟味したり美術館考える人の真似をしたりディズニーに行ったり(私にとっての初ディズニーだった)、割と付き合いたての頃古本屋に行ったらエロ本だらけで少し気まずくなったこともあった。

ラブホだって、行った。勿論私にとっては初めてだったけれど、何気ない会話の中であの人は初めてじゃなかったことが判明してしまってそれはもう死ぬ程泣いたな。

デート以上に、私達は沢山沢山体を重ねた。週に1、2回くらい私の家に来てくれて、近くのコンビニまで手を繋いでお酒を買いに行った。気取ったジャズなんかをかけながらお酒飲んで、ほろ酔いセックスするのが本当に大好きで幸せだった。

いつも一緒だったな、と思う。毎日のように好きとか愛してるとか言い合って、自撮りを送って褒め合ったり、記念日には詩を送り合ったりして、サイコー幸せな日々だった。

…だったけど、会うごとに、知るごとに、着実に違和感が大きくなっていったのも事実だ。

最初は、私が話しているのにスマホを見ているとか、そんな程度だった。

けれど、それは次第に、私の話になった途端全くつまらなさそうになる(電話だったら寝られる)、私の誕生日を忘れる、逆に誕生日を祝ったら明日忙しいからと電話を切られる、ご飯を食べる約束をしていたのにやっぱり家で食べるとドタキャンされる、自分が忙しくなるとライン一つくれず放置される、そして私が貴方のこういう言動が嫌だからどうにかならない?と話しても自分はこうしたいからと全く歩み寄ろうとしない、というふうにどんどん根本的なところに及ぶようになっていった。決定的に考え方や価値観が違うことに気付くのにはそれ程時間はかからなかった。

けれど、気付いたときにはもう遅かった。私は、完全にあの人に依存してしまっていた。傷ついても、傷つけても、別れることが出来なかった。本当に毎日が辛くて、耐えられなくて、覚悟を決めて別れようと言っても、本当に別れたいの?と子犬のような目をして聞くあの人から離れることはどうしても出来なかった。

 

から最後の数カ月間はお互い深い話を避けるようになってしまっていた。悩みごとや将来の話はお互い他の友人に話すようになり、2人で話すのはこのツイートがどうとかおっぱいがどうとか、本当に俗っぽい上辺だけの話題だけだった。

1年2ヶ月の記念日にした喧嘩は、それ自体はそんなに重要トピックではなかった。ただ、限界だったのだ、もう。お互いに、これまで少しずつ感じて来ていた"違和感"ゲージが、この喧嘩で満杯になってしまったのだ。

1年2ヶ月と1日の日、多分これは別れるな、と思った。頭では理解していたのだ。けれど、心が、それを受容しなかった。初めて付き合った人と結婚したい、要は一生一緒にいたいという典型的少女漫画脳と、あの人とならそれが出来る!という付き合いたての頃の自分幻想、そして何よりもまだ体験したことのない、失恋がもたらす精神的苦痛というものへの恐怖が決断邪魔をした。

から、1年2ヶ月と2日目に、決めきれずゴニョゴニョしていた私にあの人が「もう頑張らなくていいよ」と言った瞬間、スッと楽になる感覚がしたのだ。それからは驚くほどスムーズに、そしてお互い納得できる形で、私達は別れ話を終えた。最後挨拶は「じゃあ、またね」だった。

何も後悔は無かった。あれほど恐れていた失恋苦痛も感じなかった。むしろ、あの人と今までより素敵な関係性になれるのではないかという希望すら見えていた。

のに、私は、気付いたら、実家を目指して駅へと走っていたのだ。

多分、母は全部分かっていたのだと思う。父だって察していたのかもしれない。私が、初恋の人と結婚たかたことも、本気で恋人に一生を添い遂げようとしていたこと、そのために沢山沢山頑張ったこと、でもそれは結局報われなかったこと、依存や執着もあったけれど、私があの人を本気で好きだったこと。私が、本当は沢山沢山泣きたがっていること。

そう。好きだった。本気で好きなつもりだったんだよ、ずっと。ずっと一緒にいれると思ってた。だから、頑張った。初めてで、何も分からなかったけど、頑張れば一緒にいれると思ってたのに。あの人も、あの人と作り上げてきた時間も思い出も失わずに済むと思ったのに。

私はただひたすらに、思いっきり泣きまくった。そしてそのまま眠りに落ちた。母はずっと、私の横にいてくれた。

次の日、目が覚めたら昼の12時を回っていた。居間下りると父が録画した吉本新喜劇を見ていた。母はお茶を沸かしていた。私は昨日残したおにぎりと新しいおにぎり味噌汁からあげとゆで卵を食べた。餃子冷蔵庫から出し忘れていた。

その後、母と近所を散歩した。いつもより空気が冷たくて空が澄んでいた。公園について、木製の古いベンチに腰掛けた。「辛い経験や悲しい経験は全て未来自分幸せになるための布石だ」という言葉を思い出した。空を眺めがら、あのユニットバスの、小さなアパートに帰ろう、と思った。

2018-12-05

anond:20181205184419

お前みたいな貧乏人が住むぼろアパートに誰が行きたがるんだよ

デパート便所の方がまだマシだわ

2018-12-04

気を抜くと死にそうな気持ちを懸命にフォトショで紛らわせている

やすりでガリガリと削られる心をどうしようもできず見ているしかできない。

そんな焦る気持ちを紛らわすように年賀状作りをしている。


17年前から、私用あるいはちょっとした仕事で、一時期は使ったり使わなかったりして、好きじゃないけどそんなに嫌いにもなれないフォトショップで、

フリー素材の写真を加工しては印刷所が作ったテンプレートファイルトンボ内、100mm×148mmの範囲自分がいいと思った場所に素材を配置している。

双極性障害Ⅱ型を患っている私の脳は時々まるで私がそう思っているように死のうとするのだが、

それは双極性障害やらせていることであって「私が」死にたいわけではない。だから私の脳は何か作業をすると、そういう気がそがれるのだ。

本気でデザイン勉強をしていた訳ではないので「っぽいもの」にしかならないのだけど、

Pinterestを見たり、今風のフォトショ加工記事を見ては、ああでもないこうでもないと画面とにらめっこをする。

本当は印刷所が用意したオシャレなデザイン年賀ハガキネットで選べば良いだけなのだが、

私の中の「フォトショップを使ってオシャレっぽい年賀状を作りたい」という見栄っ張りの私と、

「何かをしていないとタオルで首を吊ってしまうので何かをしたい」という焦っている私が邪魔をするのだ。


スティーブンス・ジョンソン症候群の疑いがあり、MAX処方だったラミクタールを2週間で半分、3週間でゼロにした。

今とても焦っているので減薬がこのスケジュールだったか思い出せないし、上手く文章化できない。

とりあえず今の私はラミクタールを服用していたときの30%くらいしかパフォーマンスが出ない。

シンク使用済み食器が、脱衣場のカゴには洗濯物がいっぱいだ。

それらはいつも片付けて然るべきである

加えて、今日のようにばかみたいに暖かい日は布団を干すべきだったし、

家族誕生日プレゼントを買いに一駅先のデパートまで歩いて引きこもりがちな体を動かすべきだった。

いつもなら風呂に入るのも「明日一日臭いのはイヤだな」という気分で入れたのに、

今はイヤだキライいだと風呂呪いながらうんうん唸って2日に一度入る。

一年から体のいたるところに原因不明の痒みが出た。

清潔を保つためには一日一回の風呂、一日二回の洗顔はすべきなのに風呂が面倒で億劫でどうしようもない。

手間を省くためにミノンの全身シャンプーにしたけれど痒みはおさまらない。

風呂に入るのがいやでいやで仕方がないのに、頭をガリガリ掻きながら痒さに悲しくなって唸るさまを客観的に見たら哀れそのものだろう。



洗い物と洗濯物は溜まっているし、気を抜いたら悲しくて死のうとしてしまう。

いまとても仕事が忙しい家族アシストするどころか自分の世話をさせてしまっているのがつらい。

そういう焦りやしんどさを紛らわすために、フォトショップ年賀状を作っている。

薬が別のものになったり、ラミクタールを再開すれば、良いのか悪いのか判断すらできない今のデザインをやめて、

もっと良いものを作っているかもしれないし、印刷所が用意したオシャレ年賀状にしているかもしれない。

ただ、2019年元旦までには、そういう紆余曲折を経た年賀状ができあがっているのは間違いないだろう。


頓服薬が効いてきたので、年賀状作りはやめて少し横になろう。

食器はなんとか片付けるとして、夕飯を作るか家族に頼むかはまたあとで考えればいい。

2018-11-30

デパートアスペルおじさんがいたよ

チェックのネルシャツダボダボジーンズ履いて、モンベルリュック背負って靴はナイキAir

髪の毛とかしてなさそうな50代ぐらいのおじさんがいたよ。

上の方からたから、大型書店アナログゲーム専門店がある階を見ていたのかもしれないね

首を45度傾けて角を直角に曲がりながら歩いていたよ。

いい買い物はできたのかな。

2018-11-29

デパート催事を楽しむ増田酢魔虫の田を磁位差のトー羽で(回文

こないだ

私の以前前前の職場にいたときの大の仲良しで同級生でもある

ヒロミちゃんというお友だちがいるのね。

十何年ぶりカニ会ったのよ!

なんかこのずっと会えなかった期間募る話もあるからって

もう午前中から居酒屋よ!

こういうとき

ああ!24時間営業している居酒屋意味ってこのことなんだなぁーって。

まあ私たちカフェとかそう言うシャレオツなところより

ルービーと言った間柄なの。

で盛り上がって、

じゃ、いま近所のデパート沖縄物産展やってるから二人で行ってみようってことになったの。

私、あんまりそういう大沖物産展だとか大北海道物産展だとか大京物産展とか言うのにはあんまり興味ないのね。

しかしたら初めて行ったかも知れないわ!

ヒロミちゃん

かいろいろたくさんまいうーなものを買いたいのかなと思ったんだけど、

試食巡りなのね。

ついて行ってる私はちょっと恥ずかしいんだけど、

それで結構意外と色々なものがちょこちょこ食べれちゃうわけなのよ。

試食のフルコースというか、

お酒飲んだ後だからシメまで食べられちゃうね!なんて、

これが物産展醍醐味よね!って意気揚々と言うわけ。

あ、そっかデパート物産展流行って賑わってるのは

こういう楽しみ方があるからなのねーって

ある意味感心しちゃったわ。

さすがに何も買わないわけにも行かないから、

と言う試食心理を突いてるわよね!やっぱり。

沖縄のなんか麺ともずくスープを買ってきたわ。

人はさすがに多いけど、

たまにはこういうのもいいわねと思ったわ。

うふふ。


今日朝ご飯

豆乳バナナミックスジュース

今回はヨーグルト増し増しで。

豆乳って常温でも置いておけるから買い置いておいても便利よ。

デトックスウォーター

冬の果物って言うと一気にイメージ付かないわ。

みかん以外は。

と言うことで、

ネーブルアンドこたつミカンミックスオレンジウォーラーです。

オレンジ系は輪切りにするの面倒くさかったら、

搾り器で搾っちゃってね!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-11-26

ネトウヨ普通の日本人。つまり

あさ通学路の隅っこで立小便する爺さん→ネトウヨ

デパートの中なのに痰を吐くバアさん→ネトウヨ

肩に小便入りペットを捨てる運転手ネトウヨ

日本人み~んなネトウヨ

2018-11-24

ハットリくんが有能すぎる

パパ上とママ上がお出かけで

留守番中のケンイチ一同

宅配便がきて

包みの中を開けてみると

そこにはカステラ

一同はハットリくんの制止もきかず

早々にカステラをたいらげてしま

しかしこの宅配便は隣の家に運ばれる予定のものだった

絶対絶命のピンチ

誤配が悪いとケンイチ

ハットリくんは正直に話そうと提案するも

町中の噂になるとケンイチは拒否

困ったすえに

ハットリくんは即座に外に出て

お出かけ中のママ上とパパ上を尾行

パパ上の影の中に潜り込みパパ上の体を操り

デパート入口に仕向ける

そこで子供たちにお土産をと考えさせて

ママ上はあられの詰め合わせを提案するも

ハットリくんがまたもパパ上の体を操り

カステラの包みを取らせて買う流れに

カステラを家に持ち帰り

子供たち一同に渡すと

同大喜びで隣の家に持っていく

ハットリくん事情を話して一件落着

このエピソードを鑑賞して

ハットリくんのあまりの有能さに感動を禁じえなかったのである

2018-11-23

父が81歳になった。

80代って普通ヨボヨボで杖をついていたり、耳が遠い&入れ歯で話がよく通じなかったり、病気がちだったりとかのイメージがあるんだけど、うちの父は未だに元気だ。

同居ではないので、今日デパートで待ち合わせて誕生日食事会をした。普通にひとりで電車に乗ってきたし、普通に話が通じるし、新しいスマホを買って囲碁アプリをやりたいって言ってる。

外見的にはかなり老いてきているのでいざという時の覚悟はしなきゃって思ってるけど、どうか長生きしてこれからも元気に生きて欲しい。

2018-11-19

詰め放題が嫌い

詰め放題が嫌い。「袋にたくさん詰め込め」と、客に欲望さらけ出すよう求めるシステムから嫌い。袋に満杯に詰めるという行為がどうやってもさもしい。こぼれんばかりに詰め込むのは欲望を露悪的にさらけ出すようなもので、二郎系ラーメンのように店側がその曝け出す汚れ役を引き受けてくれた上でB級然とした態度をとって初めて見られるものになる。余談だけど、具材のこぼれる寿司シロップのこぼれるかき氷なんか醜悪だよね。

規定の料金を払うからパッケージングしたものを買わせてほしい。お得に売るなら店側で値引きなり増量なりしてくれれば良いからって思う。安売りスーパーでやるのは客層に合わせているからまだ理解できるけど、デパートでは止めてほしい。……などと、デパート催事の詰め放題をみて思いました。詰め放題はスルーして袋詰のものを買えたので満足。

2018-11-17

おせちの季節がやってくる

もうすぐ正月がやってくる。

正月といえばおせち

おせち嫌いなんだよなあ。

実家おせちやめたけど祖父母の家行くとおせちおせちアンドおせち

デパートで買ってくるやつだから味は良いんだと思うけどそもそもネタが…ねえ。

数の子とか昆布巻きとか渋すぎるで。鮭の変なのとか柿?の変なのとか名前もよくわからない毎年入ってる有象無象の品々。

ローストビーフ伊勢海老けがオアシス

3段重ねのお重を開けて「お〜」って言うのも含めてうちの正月はなんかヤラセ感ある。

もしかして誰もおせちを求めてないのではと思う。

でも声を上げる人はいないしそうしない訳にはいかないから当面は続いていくんだろうな。

2018-11-16

池袋ってなんでみんな集まっているんだろう

上京して7年目だけれど、池袋の楽しさが未だに分からない。

家と会社中間地点に池袋があるからお腹が空いた時に駅構内うどん屋へ行くために途中下車して立ち寄るだけ。それだけ。

今日ちょっと気紛れに、地上に行ってみたけど、皆目的もなく(本当はあるのかもしれないけれど、なさそうに見える)フラフラと歩いていて「何だこれ」と思ってすぐ帰った。

池袋によく行く人、なんで行くのか、そして俺に池袋の楽しみ方を教えてくれ。

ちなみに

・酒飲まない。(ので、食べ歩き等はパスでお願いします)

・買い物興味ない。(百貨店デパート興味ない)

アニメ漫画も興味ない。

風俗とかも興味ない。

anond:20181116132515

駅徒歩一分とか、 貴族ですか?贅沢しすぎ。

歩こうよ健康のために。駅から徒歩10分くらい、いいでしょ。年寄りじゃないんだから

私、もう昔になるけど、駅徒歩10分、5.7万で(共益費入れたら6万超えたけど)

デパートもあったし、カフェもあり夜10時までの書店もあった。新宿までは30分かかるけど(駅まで歩くので)

anond:20181116113300

東京で例えると梅田オフィス街デパート銀座有楽町

難波新宿

にっぽんばし電脳アキバ

じゃね

福島はなんだろな、昨日福島推してた増田に俺もききたい

USJナイトチケットとか湾岸エリアもあるし金曜だからどこがいいのかなー

あーーーーー旅行行きたくなってきたーーーー

2018-11-12

理由いじめ差別はなぜしてはならないか

理由

昔々、もう遠い昔の出来事

中学生の頃、いじめられていた。

教科書を隠されたり取られたり、なんて日常茶飯事。

給食当番を無理やり代わりにやらされたり、ひどい暴言で罵られたり。

消しゴムを裂かれて、シャーペンの芯を手や肩に刺されたりしたこともあった。

もう本当にひどくて、つらかった。

よく”いじめられる側に原因がある”なんて言う人がいるけど。

自分いじめられた理由はたった一つだけ。

「お母さんがいないこと」

私がまだ小さいうちに両親は別居し、あれよあれよと言う間に離婚した。

父親一族は家の後継ぎ欲しさに、一人っ子だった私をろくに子育てもしないくせに強引に引き取った。

母親は泣く泣く私を手放したが、相当揉めたのだろう(この辺りの詳しい事情を私は知らない)。

月に数回、実父のもとを離れて、母と遊びに行く時間をもらうことができた。

から厳密に言えば、生き別れでも死に別れでもない。

決して「目の前にいない」わけではなかったのだ。

会いに行こうとすれば会える。

話ができる。

本当に幸せだった。

今考えれば、このあたりが気に食わなかったのかもしれない。

「お母さんいないんだよね」

そう言っていじめてきた女の子がいた。

両親が離婚したことは、その女の子には言っていなかったが、なぜか知っていた。

流行りの通信学習講座でもらったプレゼントがあれば、それを取り上げて隠し、勝手に使う。

お楽しみ会くじ引きがあれば、私が引く前だけわざと中身を見て、私に都合の悪いくじを引かせようとする。

1人がいじめ出すと、いじめられっ子と特に関わりのない子までいじめるようになるらしく、いじめクラス全体に広がってしまった。

男子女子も。四面楚歌とはこのことだろう。

先述のようないじめ毎日のように続いた。

何かあれば「お母さんがいないのをばらすぞ」と脅された。

いないわけではない。それなのに、そんなことを言われるのが悔しかった。

学校に行くのが嫌だったが、それとは比にならないほど、家庭環境(実父と祖母)が悪かったせいで、不登校にはならなかった。

その頃、母は再婚して、実父とは大違いの、優しい義父と3人で遊びに行くようになった。

しばらくして、義父と母のとの間に子どもが産まれた。

それからは、4人で遊びに行ったり、家で家族団欒したりするようになった。

家族っていいものだなって、久しぶりに思った。

こんなに幸せになっていいのなのだろうか。

多分これも、いじめてきた女の子にとっては気に食わないことだったのだと思う。

いや、あの女の子にこの辺りのこと一言も言ってないんだけどさ。

というか、このことは友達にも父方の親戚にもほとんど話してない。

何度も何度も、バラすぞと言われて脅された。

毎日毎日

仲の良い友達は他のクラスにたくさんいた。だけど、いじめは、友達のいないところで受けていた。

母親がいないせいで(もちろんいじめる側が悪いのだけれど)いじめられてるってバレたくなかった。

相談しても「お母さんがいないからだね」なんて言われるはずがないことぐらい分かっていた。

だけど、どうしてだか分からないけれど、誰にも相談できなかった。

ーーーーーーーーーー

私は知っていた。

いじめてきたその女の子の両親は離婚していて、その子にはお父さんがいないことを。

その女の子の妹は児童養護施設暮らしていることを。

全部全部、自分の母から聞いて知っていた。

私が母から聞いたように、きっと、あの女の子も誰かから人づてに、私の家庭環境について知ったのだろう。

不思議と、「相手の身の上をばらしてやろう」とは思わなかった。

結局、ばらすことはしなかった。

きっと、あの女の子は、私が何も知らないとでも思っていたのだろう。

あの時はそう思っていた。

離婚していても、離れ離れになっている親や兄弟と会うことのできている、私の環境がうらやましかったのだろうか?

そんな風に思ったのは、随分後になってからのことだった。

だけど

からと言って、いじめていい理由にはならないよね??

いじめられる側にも原因がある、という人たちへ。

家族構成が〇〇だから

容姿がひどいから。

声が汚いから。

いじめられる理由って、そんなことですよ?

それ、本人に責任ありますか??

本人がどうにか努力して、変えられることですか?

チョコレートが嫌いだから

病気から

足が遅いから。

もし百万歩譲って、本人に原因があるとしても、いじめていい理由にはなりませんよね?

いじめていい理由って何かありますか?

伝わりましたか

もう、一種差別ですよね。

いじめって。

それでもまだ、いじめられる側に原因があるっておっしゃいますか??

それでは、見方を変えてみましょうか?

どうしていじめはいけないか

なぜ差別はいけないかってお話になります

そういうの、身を滅ぼしますよ?

例えましょう。

「〇〇って部署のアイツ、男のくせに男と付き合ってるらしいぜ。俺、先週見たんだよ。男と2人で手繋いでデパートに入っていくの。アイツと同じ部署になりたくねーわ。気持ちわりーww」

あなたがそれを笑いながら話している相手同性愛者かもしれないって考えたことありますか?

その会話を黙って聞いている、遠くのデスクあなた上司同性愛者だったらどうしますか?

え?結婚してるから違うって?

両性愛者かもしれませんよ??

友達家族いるかもしれませんよ?

あなたの印象悪くなりませんか?

?????

公私混同だって???

ちょっと待って。

だってそれ、取引先の会社の人と飲み会したりしてるときに、酒に酔ってポロっと口走っちゃうかもしれませんよ?

取引先の人、同性と付き合ってるかもしれませんよ???

言っていいことと悪いことが分からない人だと思われるかもしれませんよ?

そんな人に大事仕事を任せたい??

働いている時はダメ

プライベートな付き合いだったらいい?

からね。友達当事者かもしれないでしょう?

あ、絶対違うって?

その友達彼氏彼女家族が、両性愛者かもしれないよ?

気づきでしょうか?

あなた恋人も、両性愛であることをあなたに言えないまま、あなたと付き合っているのかもしれないですよ。

それでもまだ、同じこと言えます???

いい加減、差別する人間の方がマイノリティな世の中になりつつあるって気づけよ?

※セクシュアルマジョリティいじめっ子&差別主義者の読者が前提みたいな書き方をしてしまって申し訳ないです。読者の大部分の方々は、私がこんなに熱弁せずとも、お分りいただけると思っています(これも一種偏見なのかもしれませんが)。もうこんなにひどい差別はなくなって欲しいです。

話が逸れました。熱くなりすぎましたね。続けます

ーーーーーーーーーー

中学2年の時、クラス替えでその女の子とは別のクラスになった。

でも、周りがいじめ出していたせいで、いじめは続いた。

中学3年になった。

クラスメイトの男の子いじめられていて、クラス中で大問題になった。

聞いた話だと、わざわざ見張り要員まで用意した上で、ターゲットにされたクラスメイトに対して暴力をふるったそうだ。

この件にあの女の子無関係だけど、いじめをより一層のトラウマにした。

もう絶対いじめられるのなんかゴメンだ。

そう思った私は、合格圏内だった地区番手進学校いじめてた女の子はそこに進学した)を受験するのをやめ、いじめっ子全員とは別の高校に進学した。

やっと自由になれた。そう思った。実際、その通りだった。

いじめられっ子は中学を以て卒業した。

高校生活は本当に楽しかった。

好きなことを好きなだけ勉強できた。

たくさんの友達にも恵まれた。

毎日が楽しかった。

幸せだった。

旧帝とか早慶上理とかではないけれど、行きたかった大学にも合格できた。

そのまま、私は県外の大学に進学し、地元を離れた。

ーーーーーーーーーー

後日談として。

ここから先はほとんど独り言愚痴みたいなものですので、読みたくない方は読まなくても結構です。

ちなみに、先にお断りしておきますが、お互いに謝って仲直りの握手をしてハッピーエンド!!めでたく仲直り!!みたいな展開は一欠片もございません。

そもそも、直す仲もございませんし。







あの女の子は、実は高校に進学してからも時々見かけてはいた。

まあ、高校が離れていたけれど、相変わらず同じ地区に住んでいたし、買い物したりしてると遭遇してしまうんですよね。

しかも私がよく行く店でアルバイトを始めたから、嫌でも会ってしまうことに。

途中で辞めたんだかシフトを減らしたのか知らないけど、そういやいつの間にか見かけなくなった。

それと、私が勉強部活に忙しくなって、あんまり学校以外の場所に出没しなくなったせいだと思うけど、街でも会うことはなくなった。

次に再会してしまったのは、高校3年生の暮れにあった、大学入試センター試験の模擬テストときだった。

大学キャンパスとか、センター試験が実際に行われる会場を借りて行われるテストで、休憩時間?に遭遇してしまった。

私の名前を呼び、話しかけてきたが、挨拶をしたぐらいでほとんど話さなかった(気がする)。

遭遇したことは覚えているが、多分この頃には、記憶に残すのも勿体無いほど、どうでもいい存在になっていたんだと思う。

これを最後に、今に至るまで会ってはいないのだが。

ここまでの記憶で終わっていれば、ああ、そんな控えめに言っても人間の風上にも置けない最低な人いたなーぐらいの存在の枠に収まっていたかもしれない(じゅうぶんすぎるほどのインパクトはあるし、自分でもひどいことを言っているとは思うが)。

唖然としたのは、大学に入った後。

うん、来たんですよ。SNS友達申請が。


控えめに言う。

お前、どのツラ下げて友達名乗ろうとしてんの?

勘違いも甚だしいよね。


しかも付随して来たメッセージに音符(♪だったかな?)ついてたし。

友達だと思われるからやめてくんないかな。

いや、他の人からはそのメッセージ見えないけどさ。

メッセージ読んだだけで、申請却下もせず受理もせず放置

半年ぐらい経って、忘れた頃にようやくブロックしてみました。

そしたら、何年か経った後で、また別のSNS友達申請が来ました。

このSNSメッセージつけられないから、友達リクエストが届きましたって通知が来ただけだけど。

あんなにひどいことをしておいて、

あんなに散々いじめておいて、

自覚ないんだね。

遺憾です。もちろん今回は即ブロ。

その後、公立幼稚園先生になったって聞きました。

しか常勤の。

市役所が出してる広報に載ってたね。

かぶったコメントも載ってたね。

友達のお父さんが「みんな預けたくないって言ってる」って言ってたよ。

みんなって誰だか知らないけど。

今、友達のお父さんって言ったけど、実は私も同じこと思ってるよ。

そうこう言ってるうちに、幼稚園お辞めになられたそうですね。

かぶっている猫が足りなくなったんですかね。

知らないけど。

多分、私も相当ひどいこと言ってるね。



一言だけ。

しないと思うけど、もし、この歳になっても、また前と同じことをするのなら、その時はもう容赦しないよ。

君にだって、失うものがあることを忘れるな。

2018-11-11

モールとかデパートエスカレーター

登り登り登り…って調子良く行ってたのに

急に登りがなくなって別場所誘導されたり下りエスカレーターが登場して裏側に回る羽目になるやつ意味不明なんだが

ずっと同じ場所で良くね?

2018-11-05

昨日、仕事帰りにデパートとある有名洋菓子店

ケーキを4つ(夫、私、娘二人の分)買いました。

全部で2000円近くしました。

帰りの電車で2人席が空いてて、そこに座り、

荷物を膝に乗せきれず、横の席にケーキの箱を

置いてました。

しばらくして、ある駅から乗ってきた中年女性

急に私の隣の席に来て、ドン、と座ったのです。

ケーキの箱はペッタンコになり、つぶれてしまいました。

女性は慌てて立ち、謝るどころか、

スカートが汚れた、どうしてくれるの!」

と怒ったのです。

私は「ケーキの箱が置いてあるのを見なかったんですか。

そちらの不始末ですよね。ケーキ代金だけでも弁償してください」

「他にも空いてる席はあるのにどうしてわざわざ私の隣に

座る必要があったんですか」

と言いました。

女性は怒って「何を言っても分からないわね」と言い、違う車両へ行って

しまいました。

私はパニック状態になり何があったのか頭の中で整理ができずにいました。

しかし、しばらくして、

酷いことをされた、

2人席で他にも空いてる席はたくさんあるのによりによって

わざわざ私の隣の席に来てケーキの箱の上に座る女性の神経が

理解できないというか怖い、と思いました。

せっかく、「今日はおいしいケーキ買って帰るね」

と娘たちにも約束してたのに・・・と思い、悲しくなりました。

ケーキをお尻で踏まれたなんて、みじめでなさけなくて娘たちには言えず

結局、買ってくるの忘れた、と伝えました。

ケーキをつぶした女性はどこの誰か分かりませんし

もう終わったことなので今更どうにかできるわけでもないの

ですが・・・・。

2018-11-03

中心市街地ってやっぱり不便なんじゃないか

先日、茶碗を割ってしまった。毎日使うものだし 手に持ちやすいかご飯がどれくらい入るか、実物を見て買おうと思って街に出た。

しかしなかなか見つからない。

無印:真っ白なシンプルものだけ。さすがにシンプルすぎて使えない

ハンズロフト:2.3種類しかない。真っ白なシンプルもの昭和臭いデザインのものしかない。

そのほか雑貨屋:グラスとか洋食器はあるのだが、茶碗はない。

デパート:そんな高級なものを買うつもりはない。

百均:かといって百均食器は使いたくない。気持ち的に。

ダイエーイオン:この中では種類はあったのだが、どうも昭和臭いデザインばかりでねえ。

正直、どこに茶碗があるかなんて思いつかない。

郊外駅前西友モール):昭和臭いのしかない

結局持ちやすくてシンプルすぎはしないけどモダンな感じする茶碗は

郊外国道沿いにあるニトリだった。取り揃えているデザインが一番よかった。

ニトリ商品がよくてニトリ中心部にないからこうなったんだけど、

街に出ればとりあえずあるかなと思ったのにこんなに苦労することになるとは思わなかった。

やっぱ中心市街地よりも郊外イオンのほうが便利じゃない?車でしか行けないのが不便だけど。

2018-10-31

今日の出来事

才色兼備な一個上の先輩のデスクが俺の目の前なのだが、今日は午前休とっていて、昼出社してきたときに、高そうなお菓子の袋を持ってきていた。

その袋は、午後始業してからしばらく先輩の机の端に置いてあって、ハロウィンだしなー、いやなんかのお礼かなー、誰かにあげるのかなー、先輩センスいいし、これもらった人は嬉しいだろうなー、とか思ってぼけっとみていた。

でさ、そしたらさ、

ちょっと経ったあとに声かけられて、

俺にくれるんだって


なんでも、2、3日前に先輩が「お腹減った」って言ってたときチョコパイあげたのを覚えててくれたらしく、デパート歩いてたら同じものが目についたからあげる、とのこと。

ただそれだけのことなんだけど、なんかめちゃくちゃ嬉しくて、高そうなチョコパイ(生チョコパイ?とかいうやつ)はすげーうまかった。

2018-10-30

anond:20181029171032

一年に一度、仮装して騒いでいい日、あってもいいとおもう。

やりすぎはいけないけど、

ガス抜きはいるよね。

むかーし、大手デパートの前らへんが歩行者天国になってて

私、母と一緒に買い物つきあってて、デパートより

歩行者天国がなんとなく、好きでした。

もうやってないけど。(随分と前から


みんなが意味もなく集う場所って、公園だって「いつめん」みたいだし

遊んでるお子だっていつめん。



いつもそこにいない人だって時には遊びたいよ。


どこからともなく、知らない人がわっときて、

楽しい方向で盛り上がれるならいい気もする。

2018-10-26

anond:20181026122905

外商もでかそう。

デパートの売り上げの大半は外商で賄われてると言われてたけど、

女性が外に出るようになって、家で外商待って外商が持ってきたものを買う富裕層の奥様ってのが激減してるんじゃないかな。

うちの婆様(生きていたら100歳くらい)は地方小金持ちで家に出入りする地元デパート外商から高い着物とか買ってたらしいけど、

現代若い富裕層の奥様にそんな人いなさそうだし。

anond:20181026115831

デパートの服飾売り場が、ビル10階とすると8階分が女性向けだから大丈夫

男性けが1階、レストランが1階。

2018-10-24

anond:20181024230110

爺さんなんてデパートの室内なのに廊下に端をペッとしてえt気持ち悪っと思ったけど

冷静に考えたら公共の場アスファルトでするのも権利があるわけじゃないのな

2018-10-20

1000円の口紅男性にとって贅沢なのか

ドラッグストアに行ってヒョイとカートに1000円の口紅を入れたら、夫から高いもの無駄遣いしてると嫌味っぽいこと言われた。

1000円。

かに1000円あればいろんなことができる。けど、これより安い口紅って詰め替え用とか、発色や持続性に難ありになってきたり、自分肌色にあわない色展開なので安物買いの銭失い状態になる。1000円の口紅というのは口紅界では中の下、もしくは下の上の値段で、ドラッグストアでも3000円する口紅が売っているし、デパートの一階で売っているようなものになると6000円超えもある。自分では無駄遣いの感覚は一切なかったけど、そういえば化粧品って高いよなあ……

2018-10-19

さよならバスタ

セバスチャン・スタン氏の来日が中止になった。撮影が入ってしまったそうだ。

ファンとして活躍応援するのは当然だし、代わりに来てくれるマッキーにも悪いので、ツイッターでは言えなかった。


私は、もう30台も半ばで、無印化粧水乳液を愛用していた。

バスタサイン撮影チケットが取れた後、生まれて初めてデパート化粧品売場に行き、10倍の値段の化粧水乳液を買った。

まれて初めて美容液を顔につけた。

会社に入って4年、初めて自分希望する日に有給申請した。誰にも何も言われなかった。

ホットペッパービューティー登録して、初めてデジパの予約をした。見本の画像も用意した。

会えないはずの大好きな人に会えることを考えて毎日が本当に楽しかった。

サイン撮影の時に、前の人がセバスタと話しているのを列に並んで見ているのを想像して感極まって会社で泣いた。

明日にはホテルキャンセルをする。

本当に本当に悲しいのに、肌が本当に綺麗

2018-10-16

anond:20181015233650

同じような年収、年齢だけど

実家にいる時には、そういうブランドで全身揃えてた。

ただし、デパートセールプロパー品を買い分けてたけどね。

そういう服を何年も着ててもモテなかったこともあり、私は服にお金かけるのがアホらしくなって今はファストファッションほとんど。

あとは、ZOZO定期便で買うくらい。

ちなみに、その当時の服は一切着ていない。

メルカリ出したら売価の10分の1くらいの金額にはなった。

個人的には200万まで一つのことにお金かけると、やり切った感じがある。

破産しない程度におすすめしたい。

ピックアンドスパンはGLADDとかGILTとか、そういうサイトで安く売ってるし、そこから始めてみても良いんじゃないかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん