「帰郷」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 帰郷とは

2021-06-08

anond:20210607234817

満寵

出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

満 寵(まん ちょう、? - 242年3月)は、中国後漢末期から三国時代の魏の武将政治家。字は伯寧。兗州山陽郡昌邑県の人。子は満偉・満炳・満氏 (司馬榦の妻)。孫は満長武・満奮。『三国志魏志「満田牽郭伝」に伝がある。

目次

1 生涯

1.1 酷吏として出世

1.2 軍人として活躍

1.3 呉との攻防

2 三国志演義

3 脚注

生涯

酷吏として出世

身長は8尺(約190cm)あったと伝えられる。18歳の時に県の役人(督郵)になった。郡内で私兵を率いて乱暴していた李朔という人物は、二度と乱暴しなくなったという。高平県令を代行した際、督郵張苞張飛の子とは別人)の横暴を見てこれを逮捕し、その場で拷竟(=拷問致死)した上で、そのまま自ら官職を捨てて帰郷したという逸話を持つ。

その後、曹操に仕えた。曹洪配下の将が曹氏の権勢を笠に着て略奪を行った時、満寵は速やかにこれを逮捕した。そして曹洪から曹操への働きかけがあった事を知ると、直ちに処刑した。この行為曹操に大いに賞賛された。

楊彪逮捕された際、荀彧孔融に手心を加えるよう頼まれたが、満寵は規則通り(注によると、笞打ち)に訊問した上で、曹操に「処罰するなら罪を明確にすべきである」と直言した。このため曹操楊彪赦免した。

これらの事からわかるように、満寵は于禁と同様に誰に対しても公明正大で法に厳しかったが、傲慢ではなかったので人からまれることはなかった。

軍人として活躍

官渡の戦いの時期には、袁紹郷里である汝南太守を務め、袁氏与党の軍を滅ぼし、農耕に従事させた。

曹操荊州征伐に従い、曹操が帰還すると奮威将軍兼務し当陽県に駐屯した。

孫権国境に攻め入ると、曹操は満寵を召し還して再び汝南太守とし、関内侯の爵位を与えた。

後に、曹仁参謀として樊城に駐屯した。219年、劉備軍の関羽が攻めて来た時は、救援に来た于禁ら七軍が洪水により壊滅し、樊城も水没して崩壊しつつあった。ある人が曹仁降伏を進言したが、満寵は「山の水は引くのが速く、この状況は長くは続かない」と反対した。曹仁は満寵の意見を良しとした。徐晃の援軍を得て関羽撃退されると、満寵は安昌亭侯に進封された。

呉との攻防

曹丕(文帝)の時代には揚武将軍となり、三方から呉を攻撃したときも、それに従軍した。呉との江陵での戦いで功績を挙げて伏波将軍に任命され、新野に駐屯し仮節鉞となった。半年曹真・夏侯尚・徐晃張郃・文聘らとともに朱然交戦したが、戦死者も数多となり、江陵を攻められなかったので撤退した。また、曹丕の南征に従って、敵の夜襲を見破り散々に打ち破ると、南郷侯に進封されたが、最終的に魏軍は呉に敗れた。224年には前将軍に昇進した。

曹叡(明帝)が即位すると昌邑侯に進封された。

228年、曹休司馬懿・賈逵が揚州荊州豫州雍州涼州の五軍の指揮を執り、石亭・江陵・濡須東関三方から侵攻した。満寵は賈逵の軍に胡質達と共に監軍として従軍し、武昌を目指し進撃していたが、揚州方面の軍の指揮を執っていた曹休孫権の計略にかかり大敗したため、犠牲者も数万人以上となり、敗れている(石亭の戦い・「賈逵伝」[1])。また、司馬懿張郃らも江陵を攻め落れずに退却した。

同年、曹叡は濡須東関に賈逵・満寵らを命じて再び攻めてきたが、陥落させることができずに負けた[2]。

曹叡は呉・蜀漢に対して完全に専守防衛に行い、賈逵の死後に豫州刺史兼任し、曹休の死後に都督揚州軍事となった。揚州への転勤の際、汝南の民や兵士の多くが満寵を慕って勝手についていったため問題になり、詔勅により親衛兵千人を率いていく事が許され、その他一斉が不問とされた。

230年には征東将軍となった。冬に再び孫権合肥に攻め寄せる気配があったため、兗州豫州の軍を召集する事を上奏し侵攻に備えた。孫権撤退する気配を見せたので、こちらも撤退するよう詔勅が下ったが、満寵は孫権撤退偽装と読み、引き続き備えを怠らなかった。孫権10日ほどしてから再び来襲したが、合肥を攻められなかったので無事に撤退した。

231年、呉の孫布という武将投降を申し入れてきた。王淩がこれを出迎えたいと申し出たが、満寵は投降偽装と読んだため、王淩に自重を求めた。偶然入朝する用事ができたため、留府長史には王淩が兵士要求しても与えてはならないと厳命しておいたが、王淩は自らの督将軍に僅かな手勢だけを与えて孫布を出迎えに行かせた。王淩は呉に敗れ、孫布の夜襲により兵の多く失うことになった。

満寵と王淩はこれ以前から対立しており、満寵が召喚されたのも、王淩の息のかかった者が満寵を老いと疲れにより耄碌していると讒言たからであった。満寵と目通りした曹叡は、満寵が壮健なことを確認できたため[3]、任地に返そうとした。しかし満寵はこのまま朝廷に留まることを願った。曹叡は満寵を馬援・廉頗に準え鼓舞した。

232年、呉の陸遜が廬江に侵攻してきた。部下達がすぐに救援に赴くよう勧めたが、満寵は落ち着いて対処すれば良いとした。軍を整え、陽宜口まで赴いたところで呉軍は既に撤退した。

233年、孫権は毎年のように合肥侵攻を企てていた。合肥城は寿春の遠く南にあり、江湖に近接した位置にあったため、過去の攻防戦においては呉の水軍の機動力の有利さが発揮されやすい展開が多くあった。満寵は上表し、合肥城の立地の欠点を指摘した上で、北西に30里の地に新たに城を築くことを進言した。蔣済がこれを弱気作戦であり、味方の士気を削ぐことになると反対したが、満寵は重ねて上奏し、兵法道理を引きながら築城長所を重ねて主張した。尚書の趙咨は満寵の意見を支持し、曹叡の聴許を得た。こうして合肥新城が築かれた。建設に莫大な費用がかかることもあって、合肥城ともども廃れていった。

同年、孫権合肥に攻め寄せたが、合肥新城が岸から遠い場所にあったため、敢えて上陸しようとしなかった。しかし満寵は、孫権武威を振るっているので、必ず陸に上がることに違いないと判断した。伏兵として歩騎兵を6千用意したところ、果たして孫権上陸したため、伏兵により百人の首を斬った。

234年、孫権は十万の軍勢である呼称合肥新城に攻め寄せてきた(「明帝紀」)。蜀漢諸葛亮の北伐(五丈原の戦い)は孫権呼応して(「満寵伝」)、二十万の軍勢である呼称し祁山に攻め寄せてきた。合肥魏軍が苦戦に陥り、これを恐れていた満寵は合肥新城放棄し寿春へ撤退する作戦を願い出たが、曹叡に拒絶されている(「明帝紀」)。満寵は、合肥新城へ救援に赴き、数十人の義勇兵を募り、松と麻の油を用いて風上より火をかけ、呉軍の攻城兵器を焼き払った上、さら曹操孫権の甥孫泰を射殺した。張穎達とともに力を尽くして戦ったが、呉軍は依然として頑強に猛攻した。魏の中央大軍が迫ったので、孫権は大損害を受ける事を避けて、曹叡の援軍が到着する前に撤退した(合肥新城の戦い)。

235年春、孫権江北に兵を送り屯田を始めさせた。満寵は、収穫の時期に屯衛兵達が各地に点在し、陣が伸びきったのを見て、これを襲撃すべきと判断した。また各地の県長に軍を率いて東上させた。さらに各地の屯衛を撃破させ、穀物を焼き払った。詔勅により軍功が称され、鹵獲品は全て将兵恩賞とされた。

曹叡が没し曹芳(斉王)の時代になった238年3月[4]、老年のため中央召喚され太尉となった。家には余財がなかったため、詔勅により特別物資が下賜された。加増による領邑は9600戸になり、子と孫2人が亭侯とされた。

242年3月[5]死去した。景侯の諡号を贈られた。

子孫の満偉(子)・満長武(孫)・満奮(孫)もまた、身長が8尺あったと伝わる。満偉は人品に優れており衛尉まで上り、満長武は満寵の風格を有していたという。しかし、司馬昭に疎まれ殺害され、父の満偉もまた失脚し、平民に落された。満奮は満偉の弟の子であり、やはり満寵の風格があったという(『晋諸公賛』)。西晋時代尚書司隷校尉となった。

また、満寵のもう一人の子満炳は別部司馬となった[6]。

三国志演義

小説三国志演義』では、劉曄の推薦を受けて曹操の家臣となり、楊奉配下だった旧知の徐晃曹操陣営に引き入れることに成功するなど、物語の初期においては弁舌の士という描かれ方がされている。

2021-05-18

anond:20210518063647

うちの母親も似たような感じで笑ってしまった。やっぱ、こういう類の入口に【水からの伝言】あるよね。

 

増田ちゃん監視してて偉いよ。

そういうのにハマって素手トイレ掃除したりしてる程度は良かったけど時が経つにつれて悪化していった。

私が中学の時には【波動整体】にハマって、ある日我が家先生らしい中年男性がやってきて整体と称してアレコレ触ってカラダのこと変な質問してきたよ。

大人になってからは、祖父危篤帰郷したら病室で祖父の口元に母が変な装置を当てていた。

祖父遺品整理中に話を聞いたらその器具は100万円だった。癌が治るんだって祖父脳卒中で倒れたのにさ。家ひっくり返したらもう一台出てきた。200万。

買った先の営業マンLineやりとりを閲覧したら、パワーアップと称して2台に何か加えて+50万円だった。さらに遡ると手始めに水に入れると水が美味しくなる石を買っていた。20万円。

 

販売企業を調べたらXjapanのボーカルの人がハマった団体だった。謄本取ったらLineやり取りしてる相手名前ビジネスネームで、本名ネット検索したら裁判情報が1番に表示されてることがわかった。

お金以上に、祖父の死に際を汚した行為はまじで許せなかった。

 

うちの場合はそれが最後かな。

母親には、次に疑似科学やクソみたいな宗教にハマったら、母親ではなく相手先の担当者を殺すと言ってる。

車の後ろに繋いで市中を引きずり回した後に、ぶっ殺して街中のモニュメント全裸になったそいつを飾りつけるって伝えてる。

魂が浄化されたり水が美味しくなるのと、我が子が人殺しになるか選べと伝えている。

最初は母も信じてなかったので、祖父の死後にスグくそみたいなサプリメント売りに来たお姉さんを家に呼び入れたけど、同席した際に本当にやろうとした。

それからは母は疑似科学宗教じゃなくて私のことを信じてくれるようになったよ。どんなに疑似科学やクソ宗教で家庭がボロボロになっても、最後はやっぱり家族の絆だよね。 

2021-05-06

日常では日々、バカが量産されている

コロナなのに、わざわざ密になりに行くバカ

やめときゃ良いのにイベントをやってコロナ発生というバカ

風が強いってわかってるのにバーベキュー放火するバカ

煽り運転は散々ニュースになってるし捕まるというのがわかっているはずなのにやるバカ

撮影のためなら電車を遅延させることも躊躇わない撮り鉄バカ

マスクを付けろと注意されてブチギレて暴行罪を発生させるバカ

帰郷はしてませんと言いツッコミが入って「自分のことではありません」ととぼけバカ

他党にイチャモンをいれるだけで政治がなりたっていると思っているバカ

とりあえず他人Twitterケチを付けて、わざわざ口喧嘩をしたがる屁理屈バカ

それにまんまと煽られて家族だけでなく他人すら仲間に入れてやり返そうとするバカ

しばらくアルコール我慢してくれやと言われて路上飲みくらい許せよと言い始めるバカ

その後、ゴミは捨てっぱなしにして立ち去る人間の形をしたゴミクズバカ

なぜか毎日のようにバカが量産されております

2021-05-02

増えすぎでしょ

最近、キチ○イが増えすぎてない?

コロナで頭がおかしくなった正義マン

コロナを撒き散らすバイオテロリスト

我慢しろやって言われて路上飲みは良いだろっていいながら密になるバカ

そのバカでもゴミを片付けるならまだしも片付けもしないで放置して街を汚す動く生ゴミ

今は自粛せいやって言われてんのに地方レジャーに行った挙げ句に民家にトイレを貸せと訪問し、断られたら暴言を吐く精神病者

コロナで今まで我慢して帰郷しませんでした!と言い切ったくせに、あっさり嘘がバレた政治家

煽り運転が散々話題になってるのに、未だに煽り運転を辞めないクズ


ほんと頭のおかしいのが増えたな。

いや、今まで隠れてたのが今になって出てきたんかな。

2021-04-25

ファンタジー世界残留派と帰還派

MMORPG転移ファンタジーもので、転移者が「ファンタジー世界残留派(ゲーム異世界を楽しむガチ攻略勢)」と

「帰還派(カジュアル勢)」に分かれ

それぞれが思想の元、ギルドを作ってお互いぶつかってもめたり、存在消滅したり、世界の謎を解いた挙句

最終的に転移者の中の7割くらいを占める帰還者がほぼ全員帰郷し、

主人公ハーレムパーティから唯一返された一番幼い子が

みんなともう1度出会う事を誓う形で締めくくられるラノベの話か

anond:20210425101604

2021-04-19

コロナ疎開で帰ってきた幼なじみに告ぐ

(※アラフォーおっさんです)

去年の11月ぐらいだったと思う。Facebookでもう20年近く合ってない幼なじみと繫がった。が、都会にいたはずがいつの間にか帰郷していた。コロナ疎開らしい。

知らなかったのだが、奴は誰でも知っているような大手インターネット企業社員。まじですか。

で、Facebook投稿履歴を見る限り、去年の夏の終わりには都会の家を引き払って、田舎に帰ってきていた模様。

Facebookにはこう、絵に描いたようなおひとりさま充な生活をしており、帰ってきたか運転免許を取って中古マニュアル車を買い、週末には一人キャンプに出かけ、一方でオンライン技術セミナーを開いたりしているらしい。

一方俺。観光業関係なので、もう去年の今頃から週休4日、収入は6割減。社内では大っぴらに転職活動が推奨されていて、給付金が終わったら雇用の維持が難しいかも知れないと言われている。

自分でもやめとけばいいのにと思うが、奴の会社求人を見てしまった。大卒初任給が既に俺の正規のおちんぎんよりも1.8倍くらいある(笑)

ぢっと手を見る。

何故今さらこんな事を増田に書いているかというと、奴と昨日、合ったのだが、その時に、彼女さんをご紹介いただき、もうすぐ結婚すると言う話を聞いたかである

かに最近記事は様子がおかしかった。たまに、お前その写真、誰が撮ってんの?って写真が出てきていた。なんだよ。お前。まじか。仲間だと思っていたのに…。

そして、奴は実名はてなブックマークをやっているので、間違いなく増田も見ているはず。故にここに、奴に告ぐ。

末永く爆発しろ

SNSで公開する前に地元友達に知らせるのが筋だと思ったって言ってくれて、いろんな友達に紹介しているらしい。すげえいい奴です。

今度、公民館活動相談させてください。

2021-04-04

現職を退職して帰郷する。

今まで沢山の人に出会い色んな人にお世話になった。思い出だらけのこの地を去るのはとても寂しいがそれでも次のステップへ進む為には通らざるを得ない道だから

またねとあの日のように雨が降り注ぐ。汚くなった海なし県の川を私はあの日のように眺めてお別れを告げる。

次ここへ来る時はどうなっているのだろう。分からないが笑顔で再訪したい。青春ありがとう。心から

2021-03-31

アーツ前橋作品紛失問題

はてなでは意外と話題になっていないようだが、アーツ前橋という公立美術館作品6点が行方不明になる、という事件があった。

館長も辞任して一件落着かと思いきや、その後出た報告書で館長による隠蔽疑惑が指摘されたり、その報告書に館長自らが反論したりして、泥沼の様相を呈している。

まとまった記事としては美術手帖を参照されたい。

アーツ前橋作品紛失に関する調査報告書が公開

https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/23795

紛失問題報告書に関して、アーツ前橋館長の住友文彦が反論

https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/23803

一般の人にはあまり知られていないかもしれないが、アーツ前橋というのは近年アート業界ではかなり高い評価をうけている美術館である

たとえばこういう企画展

https://www.artsmaebashi.jp/?p=13991

堂々と掲げられた「本展のキーワード」の、「周縁性、ローカルジェンダー福祉ケア老い共同体移民」というあたりが、この館の方向性を端的に示していると思う。

ざっくりと言ってしまえば、社会問題を扱う現代アートを精力的に紹介しつつ、ワークショップによって地域との結びつきを強めていく、というスタンスである

個人的には、なんか優等生的だなという印象で、反感を抱かないでもない。

しかし、年々予算が削られ、文化政策への風当たりも強くなっている斜陽美術館業界からすれば、「SDGs」的なアピールによって先端的な雰囲気を放っているアーツ前橋は、地方美術館のあり方として、ひとつモデルともいうべき存在であった。

その方向をカリスマ的にリードしてきたのが、2013年の開館当初から館長をつとめてきた、住友文彦その人である

前橋市と館長、どちらの言い分が正しいのかは現時点でよくわからないが、すでに美術業界から擁護の声も出ている。

たとえば東大教授美術研究者加治屋健司。

アーツ前橋作品紛失の最大の原因は、予算、スペース等から美術館が借用作品の保管場所として外部施設を使わざるを得なかったことにある。その状態放置問題に適切に対処してこなかった所管部署文化スポーツ観光部及び同文化国際課に責任がある。これは専門職の館長ではなく行政職の職掌である

https://twitter.com/kenji_kajiya/status/1375731293581807616

スペース・予算の確保は行政職の仕事なのに、彼らはそれを怠っており、そのせいで悪環境作品を置かざるをえなくなったために今回の事件が起こった、という論理である

これは大局的に見れば正しいかもしれない。

ただ、美術の保管場所というのは確保するのに非常にコストがかかるので、無尽蔵に確保できるというものではない。

それに、少なくとも現状で保管場所がまともでないにもかかわらず、作品を預かることにしたのは、やはり学芸員なのではないか

まともな環境作品を置くことすらできないのであれば、そもそも作品を預かるべきではなかったはずである

そういう批判はあったようで、彼はあとから補足している。

他館の学芸員からお話を伺いました。館の作品管理問題があったと私も思います。それはすでに各所で指摘されており館長も認めているので、私はそれを前提としたうえで報告書問題を指摘しました。それを館の問題を認めない発言と受け止めた人もいたようですが、それは私の発言趣旨ではありません。

https://twitter.com/kenji_kajiya/status/1376207390836592642



とはいえ前橋市の報告書住友文彦の責任を追及したように、加治屋健司が行政職の責任を追及するという構図には、結局のところ学芸員行政職の党派性問題なのではないかという感も否めない。

一般にはさほど知られていないかもしれないが、美術館学芸員行政職の人間は、仲が悪いのがふつうである

なぜそうなるのかと言われると難しいが、技術職と営業職が不仲なのと構造的には同じであると思う。

まり理想を求める学芸員コスト重視の行政職という図式で、利害が一致していないのだから対立するのは当然なのかもしれない。

両者のいずれが力を持つかというのは、もちろんさまざまな権力関係によって決まるのだけれど、その勢力図を象徴的に表すのが、「館長が行政職か学芸員か」という問題である

現状で言えば、おそらく行政出身の館長のほうが多数派なはずで、その傾向は年々強まっているのではないかと思う。

現代アート畑の住友文彦を館長にしているアーツ前橋は、その意味でも稀有存在なのである

行政出身の館長というのもバックグラウンドはさまざまだが、教育委員会などから引退間際のおじいちゃんがやってくることが多く、そういう人の99パーセント現代アートなど興味も関心もない(のに反感だけは持っていたりする)ため、館長のくせに予算削減を推進する側に立ったりする。

今回の住友文彦退任にあたっても、後任に専門家を置けという動きが出ているのには、そういう背景がある。

後任に現代美術専門家を 「アーツ前橋」館長退任へ 芸術家署名活動

https://mainichi.jp/articles/20210330/k00/00m/040/038000c

ところで、先ほど「まともな環境がないなら作品を預かるな」と書いたけれど、現実的にはなかなかそうはいかない事情がある。

まず、あたりまえの大前提として、美術館が持っている作品を捨てるということは通常ない。

現実にはゼロではないのだが、やるとなると相当の覚悟必要である

から美術館作品は減るということはなく、ひたすら増えていくことになる。

加えて、美術品のほとんどは温度湿度を厳正に維持した収蔵庫で管理しなければならない。

「厳正に維持」というのは「24時間空調」のことを指す。

38度の真夏であっても、氷点下真冬であっても、24時間365日安定した温湿度でなければならない。

当然これには莫大なコストがかかり、倉庫が広くなればその分お金もかさむ。

まり美術作品は増えていくのに、倉庫を増やすのは容易ではないのだ。

「じゃあ預からなければいいじゃないか」と言うかもしれない。

しかしそうはいかない。

地方美術館美術作品寄付する人々というのは、たとえば地域小金持ちであるが、彼らはしばしばこういう考え方であったりする。

1. 蔵を掃除していたら、なにか絵が出てきた。

2. 貴重なものかもしれないので、美術館電話した。

3. 美術館で引き取ってくれないなら、廃品回収に出そうと思う。

「収蔵するか」「捨てられるか」という二択しか、ここにはない。

売るとか、他の美術館を紹介したらどうか、と言うかもれない。

名の知れた人気作家だったら、そういう手もありうるだろう。

でも、蔵から出てくる作品の作者というのは、典型的にはこういう経歴の人物だったりする。

〇〇県出身上京美術学校西洋絵画を学ぶ。卒業後に帰郷し、〇〇県立第一高校美術教員として教鞭をとる。戦後は〇〇県展の立ち上げに尽力し、後進を育てるなど、〇〇県画壇の重鎮として活躍した。

こういうプロフィール作家面白い絵を描くのだろうか、と疑問に思うかもしれないが、まさにご指摘のとおりで、美術史の大きな流れからすれば、なんの意義もない作品であることがほとんどだ。

しかし、地元での功績というのは地域にとって何よりも大切なものであるし、なによりそういう「つまらない」風景画には、地元民の心をこのうえなく鮮烈にうつし出したような、ローカルであるがゆえの価値がしばしばある。

日本都道府県ほとんどには県立美術館があって、そのそれぞれに多くの「凡庸地元作家」の作品が収蔵されていることの意義は、そこにあるというほかない。

そのような作品は、まさに、「収蔵するか」「捨てられるか」の二択だったところを拾われてきたのである

というわけで、いろいろ書いてしまったが、今回の事件は単なるカリスマ館長の不祥事という以上に、美術館業界の抱えるさまざまな問題関係しているように思われる。

気が重い話である

その他参照

調査報告書

https://www.city.maebashi.gunma.jp/material/files/group/10/hodo20210324_7.pdf

住友文彦の記者会見原稿

https://drive.google.com/file/d/1qQmOLCs2XI1VK9XzPgQpWyKlJZH809Yx/view

2021-03-27

新社会人さんへ

これだけ覚えて帰りましょうね。

労働基準法第15条  

1.使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。
2.前項の規定によつて明示された労働条件事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。
3.前項の場合就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。


○何?

労働基準法雇用の時に労働条件を通知する文書の発出は義務付けられていますアルバイトだと割と見る機会がないかもしれませんね。

新卒採用ならだいたいの会社は出していると思いますが、出していない会社もまああります。出してこない場合ルーズ会社か黒目の会社です。

新社会人に伝えて何があるの?

もしもらった文書とあまりにも働く内容が違うなら、速攻で辞めるのはアリです。上京したなら帰るまでの金ももらえたりすることもあります

○とりあえず辞めろって言えばいいと思ってそう。無責任な奴!

即辞めたほうがいい! というケースが多い訳ではないと思いますので、ちょっとヤバいかな? と思ったら相談してみるといいでしょう。

相談先はだいたいこのあたりでしょうか。

労働条件「ほっとライン」(厚生労働省

https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/lp/hotline/

面白みはありませんが、まあ初手はここでいいでしょう。場合によってはあなた会社を所轄する監督所にグレードアップしてみてください。

労働相談ホットライン全労連

https://www.zenroren.gr.jp/jp/soudan/

労働相談連合

https://www.jtuc-rengo.or.jp/soudan/

労働組合については、政治的なこだわりがないのであればお好みで。大きいところをとりあえずお伝えします。具体的な話をしたいなら地元の外部労働組合(ユニオン)を探すといいのかもしれないですが、あんまり勧めません。理由は言いません。

労働相談NPO法人POSSE

https://www.npoposse.jp/roudousoudan

NPO法人はいくつかありますが、貧困に取り組む団体の中でもネットでもよく見るところを一つ。

新社会人とは呼ばれるようになりますが、不安になるのは当然のことだと思います

何よりもまず、あなたに人としての幸福があることを、心より祈ります

2021-01-29

30年以上も前から

73年生まれなんだけど

近所にボロ屋があって、そこに住んでる人は生活保護をもらってた。

子供姉妹でいて、一つ二つ下の学年だった。

ビンボーだなぁと思ってたけど

その当時できたばっかりのディズニーランドに行った話とかしてた。

生活保護もらってるのに、なんだかなぁ子供ながらに不思議に思った。

昨年帰郷した時も相変わらずボロ屋があってまだ暮らしてるみたいだった。

すげえな、これまで幾らもらってるんだろうと思った。

おわり。

2021-01-06

ロックダウン化していいのでは

都内の爆増は明らかにコロナを甘く見ていたバカの行動の結果でしょ。

その被害にあってるのが国に言われ、自分でも調べ、自衛してきた人たちだろ。

感染しないように気をつけても、一部のバカ自重しない行動で増やして回ってて解決なんかするわけないんだよな。

減らそうにも減らせない状況で、隔離してみても『脱走』するクソ野郎がいる限り減らんでしょ。

翔んで埼玉バージョンでいいんじゃねえのかな。

都内から出ようとする奴を止めないと被害が各地に広がるだろ。

誰かが帰郷するのを叩くするのを止めろと言っていたのをネットで見かけたが、結果が都内から地方帰郷した奴らが感染源持ち運んでたやん。

止めろって言われていたのにも関わらずそれだろ。

駄目じゃん。叩くなって言われても叩かれる事やっちゃってんじゃん。

なんも学んでないだろ。

久々に実家に帰ると弟が尋常じゃなくピザってた

それはもう尋常じゃなく変わっていた。

しかも太りかたも悪い。

デブお笑い芸人なんかは、太っていると言っても空気の張ったボールみたいに丸々としているのだが、弟の形はスライムのようにぶよぶよと脂肪が外にはみ出ていた。

去年帰ったときに、弟が学校でうまくいってないという話を聞いていたのでコロナが怖かったが様子を聞きに帰郷した。

そしたらこの有り様、一年間なんも変わらなかったんだなと察した。

外に出るにも取り敢えずダイエットさせなきゃならん。

ただここまで太ったやつは何からやらせればいいんだ。

2020-12-18

今年は帰郷しないで済む

そういう世相なので。実家からも連絡が来て、帰ってこなくて良い、むしろ帰ってくるなという雰囲気。これは大変助かる。

こちらとしては、一年に一度も会う必要はない。生まれ故郷の、錆びついた空気感茶色く錆の色が染み付いたアスファルトどんよりと低い空の色、山に囲まれその向こうが見渡せない景色。これらを見なくて済むなんてラッキーだ。

長い時間を一緒に過ごしたからと言って、イコール好きだということはない。人も土地も。

2020-12-17

高級時計

部屋を掃除してたらロレックスが出てきた。パチモノの。初めての就職先で、年の近かった先輩(といっても7つ上)に貰ったものだ。

パチモノといっても、凝ったパチモノらしく、上野の露天で売ってるようなパチもんでは無く、本当に人を騙そうとしてる物らしく

その時の会社時計マニアさんいわく、

キャリバーバルジューのうんぬんかんぬんでパチとしては非常に手がこんでる。ゴミの中の王!と評していた。

まぁどっちにしろゴミなんだけど。

15年ぐらい前、地方田舎から初めての就職上京し、IT系ベンチャーに入った。当時はヒルズ族がどうとかって頃でITベンチャーが伸びてる頃だったとおもう。

自分就活した頃は、地方田舎あいかわらず不況で、就職が中々決まらず腐ってた。そんな時に地元出身だったその会社社長

初めての新卒を取るために、専門学校企業説明会みたいのを開催したのがきっかけだった。

どんな人が来るんだろうと思っていたら、身長190cmオーバーで超肥満体のブランド物に身を包んだ、絵に書いたような成金IT社長が現れて度肝を抜かれた。

というかヤクザと言われても信じるような風体だった。

LVと神々しく光るベルト、モノグラムスカーフキラリと光るリング、そしてパネライ

もうThe全身ブランド男って感じ。今思えば超絶センス悪いんだけど。

んで、そんな破天荒な見た目どおりの性格

企業説明会とか回りくどいのいいかタバコすって話そうぜ!」

みたいな感じだった。とにかく今まで自分が会ったこと無いような感じの人だった。

ライオンが金を持ってるような感じというか、当時のITベンチャー貪欲でギラついた感じそのもの

んで、そんな感じで喫煙ルーム座談会みたいな感じになったんだけど、その頃からちょっと時計に興味があったか

腕にまかれている時計パネライだって事はわかったから、それをオベッカ?的な感じで

「素敵な時計ですね」と言った事がきっかけだった。

「あ、お前ブランドとか分かるんだ??」みたいな感じでそこから話がはずんだ

結果的に「今のITベンチャーの力は、こんな数十万~数百万するような時計を買えるようになるぐらい勢いがある!」っていう話になって

そういう話が出来て満足だったのか、気に入られて自分はその会社に行く事になった。

地方から上京し、ごった替えす人にビビりながら初めて会社に出社した。

思ったより普通~な見た目の事務所で、六本木ヒルズ的なギラギラしたのを想像してたかちょっと拍子抜けだったのを覚えてる。

初出社でカチンコチンで緊張しまくりだったんだが、会社にいる人達の腕にやたら高級時計が着けられている事に気がついた。

オーデマピゲ、IWCロレックスブルガリカルティエ

会社の平均年齢は30前後とかなり若いんだけど、そんな人達が一流ブランドを身に着けていた。

これがITベンチャーか!と思ったのを覚えてる。その日の交流会でカチンコチンだったけど

やっぱ時計好きな人って時計の話を降ると饒舌に話してくれる。

「みなさん凄く良い時計をつけていらっしゃいますね」と降ると

「でしょ。君も頑張ればこんな時計買えるようになるんだよ!」

テンプレのような希望あふれる会話をしたのを覚えてる。

その会社には2年程いた。まぁ濃い二年だったと思う。

東京経験する事って地方田舎にいる10倍ぐらい濃度があるって今になって思う。

結果的にその会社は、不況リーマンショック)で経営が回らなくなって、潰れてしまうんだけど。

会社が駄目になっていく姿を見れたのも大きい。

リーマンショック銀行から借り入れが難しくなり、黒字倒産になってしまうという感じだった。

そんな状況を打破しようと、健康食品等を扱う上場企業の参加に入る事で乗り切る!という起死回生プランを進めてたんだけど

どうやらその健康食品会社経営がすでにズタボロだったらしく、いきなり経営者が飛んで大変な事になったらしい。


そんな起死回生プランも無しなった後から、何やら怪しい雰囲気漂い始める。

いや、正確には怪しい雰囲気はとうの昔に流れていたので、それを上回るやべー感じの。

たぶんなんだけど、社長がダーティーな方たちと繋がろうor繋がった

ダーティーっていうのはまぁ、龍が如くな感じの人というか。まぁそういう感じの人たちだろう。

新卒二年目の下っ端には断片的な情報しか降りてこない。だけど何かその断片的な情報ですら何やらヤバい雰囲気が漂っていた。

上司達もよくわかってない人が殆どで、疑心暗鬼ムードが漂っていた。

ある時、会社運営に近い経理の人と飲む席があった。会社全体が退廃的なムードだったのもあって愚痴に花が咲いた会だったと思う。

これまで会社がなんかやべー方向になってるんじゃないか?っていうのはみんな薄々感じてるんだけど、怖くて聞けなかった。

そんな中、上司の一人が恐る恐るベロンベロンになったその経理に話を聞いてみた。

すると、さっきまでベロベロで笑い転げてた経理が、急にシュンとなり「詳しくは話せない…」

となった。え、何その感じ?!って事でみんな一斉に問いただした。

するとかなり言葉を選び、できるだけファジー説明した結果

龍が如く人達の、微妙に使えないお金を、使えるように何かいい感じにするためのお手伝いをする事で会社としての存続していく感じの方向で進んでいるような気がしている…

っていう感じの回答を貰った。思ってた以上にやばかったんでみんなシーンとなったのを覚えてる。

まぁそんな事実があっても、中々人ってやめないもんでそから数ヶ月は働いた。もちろん抜ける人も多かったけど。

自分上京していたのもあって、辞めて帰るのにもそこそこ必要でどうしようって感じだった。

そんなアンニュイな日々を過ごしていると、ある日突然全社員が集められる。100%嫌な事だろうなと、みんなある種開き直ってる感すらあった。

「今月から給与は出せません。辞めたい人は会社都合にするので退職を。辞めれない人は頑張ってください。」

というお達しだった。

「辞めれない人は頑張ってください」って…すごいパワーワードはいまだに覚えてる。


流石にという事で自分はこのタイミング退職帰郷をする事にした。

諸々準備や残務があったりで何だかんだで1ヶ月ぐらい残ってた。パワーワードが発令された後の会社は本当に静まり返ってた。

すでに辞めた人、残ってる人も無給で顧客との個人的な繋がりのみで仕方なく後処理してる感じ。

社長会社に出社せず、よなよな龍が如くな人たちとコンタクトをとっているのも聞いた。

荷物も先に実家に送りついに帰る日に。最後に残っている人達挨拶まわりをした。

パチもんロレックスはその時貰った物だ。んで、その時に会社で高級時計を着けてた人の殆ど

自分入社する以前にやった

パチもんの高級時計を扱うECサイト構築の仕事をした時に、特別に7掛けで買わせてもらったものという事を聞いた。

いやまぁ会社HP保守リストの中でそんなサイトがあったから薄々気づいてたけどね。

実際にちゃんとした時計を着けてたのは成金社長と、時計マニアTさんだけだったみたい。

半笑いで「二年間の思い出に上げるよ」と先輩がそのパチロレックス差し出した。

いらねーって顔してると、時計マニアTさん

「でもその時計パチもののくせにキャリバーバルジューの~~が使われてるんですよ!だから価値としては10万ぐらいの物になるんだけど、でもロレックスのパチ物に入ってるからマジ意味無いんだよねwwwwwゴミの中の王!無価値無意味!wwwww」

そう早口で言ってきた。2年間の思い出にふさわしい感じがしたんでやっぱり貰う事にした。

その後、聞いた話ではやっぱりどうしようも無くなって、最終的に会社最後預金が入った通帳を持って

社長は高跳びしようとした所、なんかやかんやで不法侵入とかで警察にお世話になったりしたらしい。

全身高級品を身にまとい、高級車を複数所有し、ライオンのようだった社長がだ。

落ちぶれるのってあっというまだなーと。

あれから10年ぐらいたって、田舎でシコシコと似たようなWEB仕事をしてる。

前職の社長と同じ年齢になった。今考えると今の俺の年齢と同じころに会社経営してたりしてたんだなと思うと

成金野郎と蔑むのも違うなと思った。今の自分はそれにもなってないから。

ちなみに今は1万円のスマートウォッチを着けている。凄く便利だ。

2020-12-07

地方創生は無理

地方創生って、東京レベルにまでなることだとして絶対に無理だろう。

まず電車網を東京近郊レベルにまで発展させることが無理。金がないから。

バスにしても無理。これも金がないから。

金がないのは人口密度東京よりも少なくて財源がないから。

でも人口を増やすためにはそもそも公共交通機関が発達しているなど利便性がないと駄目。

地方土地が余っているからか一軒家が多い。マンションが無いか人口密度は低い。

そして人口密度が上がらないということは、そこで商売しても利益は少ない。

よって発展する事がない。

地方しかない食べ物はあることにはあるが、大体東京でも食える。通販でも可能

だとすれば地方だけの特色のある場所を作らなければ集客性なんてない。

だがわざわざ地方ちょっとした何かを知るためだけに旅行にする人はどれだけいるのか。

ネット画像とか動画があるのでこれまた別にそこまでこだわらなくていい。

日本一高い東京スカイツリーとか、大規模な遊園地ディズニーUSJ富士急ハイランド並みのものでもあればいいが

そこまでのものはない。

温泉関東にいるなら箱根熱海にいけばいい。

水族館なんて横浜シーパラダイスがある。動物園上野動物園がある。科学館も天文台美術館上野にある。

わざわざ地方公共施設などに行く必要がない。

史跡巡りなら鎌倉があるし、関西ならまぁ京都がある。そこに行くくらいだろう。

まり、どう足掻いても地方創生は無理。

本気で東京に勝つ、戦国時代で言えばすなわち天下を取りに行くレベルで考えるのなら

国が公共交通機関の発展に金を出しまくらないと無理だし

公共施設だとか超大規模で見所があるものについても金を出しまくらないと駄目だ。

でもそんなことをやるわけがない。財源がないから。金がないから。

だが地方創生には金が使われている。

て、その地方創生の例というのを見てみると、「は?」と言いたくなる。

どこかの農場を新しく作ったり、作物を獲れる体験ができる施設とかそんなのばかり。アホか。

都市として発展させたいのなら、大規模な都市開発をしなきゃいけないのにこんな事例ばかり。

農場を作った?だから何だよ。

もっと期待できるようなものを作れよ。

青森県は食べると癌が治るとかいりんごでも開発してみろよ。それを青森県だけで限定販売しろ

愛媛県は食べると髪の毛が生えてくるみかんとか開発してみろよ。それを愛媛県だけで限定販売しろ

新潟県は食べると腹が細くなるコシヒカリとか開発してみろよ。それを新潟県だけで限定販売しろ

こういうのなんだよこういうの。勿論無理なのは分かっている。

俺が言いたいのは、地方創生は無理ってことだからな。

本気で地方創生できるチャンスがふるさと納税にあったのに折角の返礼品の価値を下げたりとか国はろくなことしなかったしな。

地方に金をじゃぶじゃぶ落とさないか地方もそんなことやったんだろうが。

本気で日本を盛り上げていこうとか思っていたらそんなことはしないだろう。

というかもっと地方を盛り上げるために公共交通機関の大発展計画でもやるだろう。

四国開発計画とか立てて四国のど真ん中の山にディズニーマウンテンを立てるとか、その周辺区域の山を削って居住区にして

マンションを建てまくって、電車が数分に1回来るようにして、新幹線四国全体を行けるようにして、四国ドームとかの球場を建てて、

459メートルの高さの四国タワーを作り、四国温泉帰郷を作り、四国天王かいう、香川うどん愛媛みかん徳島あわ、高知ミレー

みたいなキャラクターガンガン押し、アイドルを作り、巨大な城を建造し、巨大な神社と寺を建造し

大規模な歓楽街を作り、公共施設を作り、山のてっぺんあたりには四国天文台を作り、商業区を建て

四国消費税が5%、所得税法人税も減税、固定資産税も減税、

ここまでやってようやく東京ちょっと追い付ける。

地方創生とか本気でやるならここまで考えてやれ。

というか地方創生という言葉を聞いてこのくらいやると思っていた。

でもここまでやる気がない。

地方創生という言葉は強そうなのに弱く見える。

天地開闢とかも創生ではあるんだぞ。だから創生というのはそのくらい大規模なことなんだ。

言葉だけ強そうにしても何の意味もない。

おとなしく「地方開発」って言葉にしておけばまだ農園とか作るのに納得したが

お前「創生」だからな。規模が違うんだよ。

それだけ強い言葉を使ったからには東京を超える!首都を新たに作り出す!ってレベルでやって当然なんだよ。

でもそれをやるつもりがねえ。

結論最初に言った通り地方創生は無理。

以上。

2020-10-09

ミックス。多満子の親父さん、達郎の借金について。

帰郷した多満子に達郎は借金存在を明かす。名目は旧友のお好み焼き屋さん開店資金保証人になったこと。

映画最後のシーン。達郎は妻の仏前で借金が返せそうだとよろこんでいるが保証人になった店の種類がお好み焼きであることを忘れている。

おそらく借金実在した。しか名目は嘘だった。

妻、華子の仏前であらたまって宣言しているので借金自体はあったと考えていい。しか名目についてはとっさについた嘘だった可能性が高い。旧友の開店資金保証でなかったとしたら達郎の借金のほんとうの名目はなんだろう。

以下は推測。

それはフラワー卓球クラブの維持費だったのではないか。このクラブへの思いは多満子と華子、達郎ではかなり異なる。多満子はクラブに対して複雑な思いをもっており、全体としてよい印象とは言えない。いっぽう達郎は華子遺産であり華子人生のものだった卓球クラブに、多満子とはまったく別のーおそらくつよい思入れがある。会員が減っても、社交場になっても、借金をしてでも、達郎は建物を維持し、華子記憶をつないでいる。クラブ掲示板には卓球関係のないフラダンス教室などのチラシが貼ってある。スペースを貸し出しているのだろう。達郎はしかしそんな思いややりくりを、多満子に伝えたりはしない。達郎はまちがいなくあつい思いをもっている。しかしそれをお首にも出さず飄々と生きている。それでも多満子の様子をきちんと見ており、必要な時には最適かつ最大の効果があるサポートをする、いい親父さんだ。

けっきょく達郎の借金を返したのはクラブを継いだ多満子ということになる。達郎のこころはさぞかし晴れ晴れしているだろう。映画なかに彼女借金真相を知るシーンはないが、多満子が母華子とのわだかまり記憶浄化し、恋人や仲間とともに自分なりの卓球をはじめるシーンははっきりと描かれている。

2020-09-26

地方移住できなかった

3回も契約更新したマンションを遂に退去する。

ここまで住み続けたのは、殊更移住環境が良かった訳ではなく、ADHDで自堕落気質なので引っ越しが面倒くさかったから。

が、いい加減飽きてきたし、20平米すらない間取り可能性を潰されてきた事もあって、

ある日、特に引越し先も決めないまま発作的に「数ヶ月後に退去します」と電話をした。

実はだいぶ前から東京を出ようと思っていた。


と、凡そ地方移住するに当たっての好条件は揃っていたと思う。

もともと通勤時間を減らしたくて隣県から東京にやってきたのだが、その通勤が無くなって久しいし、

たまに職場での打ち上げや顔合わせ、飲み会に出る程度で、それも別に参加必須ではない。

もはや東京にいる意味がない。

過去契約更新時においてもそのタイミング地方移住検討したり、地方移住セミナーに通ってみたり、

複数地方都市に2週間ほど住んでみたり、今回の新幹線でも遠方まで内見に行ったりと、それなりには取り組んでいたとは思う。

※なおここで言う「地方」とは「東京23区外」程度の概念である内閣府定義だと地方=1都7県外らしいが、群馬栃木地方じゃないというのは違和感あるし(失礼)、東京でも新宿まで30分の立川家賃の安さや自然の近さなどが地方都市としての要件を満たしてると思う。 


ところが、新しい住居は東京のむしろ更なる都心、1Kで家賃約14万となった。

またもや地方移住できず、それどころか割高の物件に住むこととなった次第である

本人が良ければそれでよしなのだが、このコロナ禍の時代東京転出が久しぶりに転入を上回ったりと「地方移住」は一つのトレンドになっている。

その潮流に反する事をした以上、何かしら自分の中で言い訳を考えてみたい。


なぜ俺は地方移住できなかったのか。


縁やゆかりがなかった

ただの偏見データもないが、地方移住の多くのパターンが「地元に帰る」と思ってる。

この場合は「帰郷」という方が適切で、移住ハードルも当然低い。

しかし、それ以外の自分出身地でもない縁もゆかりもない土地に、わざわざ移り住むのは予想以上に難しい。

普通に理由がない。すべての県が北海道沖縄のような分かりやすい魅力を持ってる訳ではない。

これと同じ話題複数の人としたのだが、揃いも揃って全く同じ意見を持っていて、「確かに佐●とか群●とか福●とかに住めって言われても~w」と笑って言っていた。

別に●賀や●井を見下してるというより、単純にそもそも場所がよく分からないんだと思う。

帰りたくなる故郷もなかった。出身神奈川だが、海も山も遠い内陸の僻地である渋谷新宿の方が横浜より近いし、

遊びも通勤や通学も普通に東京だったので、神奈川県民としてのアイデンティティー希薄だった(もちろん都民とも思ってなかったが)。

そんな人間が仮に地方移住するとしたら、東京より家賃が安くて、東京と変わらない生活ができる大阪名古屋福岡神戸仙台、もしくは23区外の都市限定されてしまうし、

前に数週間ほど滞在して非常に良い印象を持った大阪以外は、ほぼ知らない所だったので選択肢に入らなかった。

もっと全国を旅行して見識を広くすべきだったと思う。

北海道に行くほど雪が好きでもなく沖縄に行くほどウェーイwwwでもないが、この紋切り型偏見こそまさに俺の世界観の狭さを示してると思う。

単身者だった

最初アラフォー独身であることは身軽であるとも思っていたが、子供の転校イベント考慮してもなお、実はファミリー世帯こそ地方移住に向いてるかもしれない。

単純に都心で1LDK以上の物件を求めると地方に比べてキチガイのように家賃が上がるからというのもあるが、子供達のために自然の多い環境に移り住みたい、という向きは非常に多いようだ。

そういえば俺の親も神奈川県の片田舎に家を買ったのは自然が多いからという動機だったらしい。

まあ移住して4-5年も経てば周囲の自然はどんどん開発されて無くなってしまった地域だが、それでもインドア派の父が往復3時間以上の通勤時間に耐えてまで神奈川のここを選んだのは理由があったのだろう。

もう天に召されたから当時の決断について尋ねたり感謝することもできないのだが。

マンションがなかった

俺に家を「建てる」「買う」という概念はない。2年単位契約で1年経てば解約できる賃貸もっとも気楽だ。

人生で一度も戸建てに住んだ事がなく、たまに友達の一軒家に遊びに行くと階段がすごく面倒に感じる。

ADHDなので(自分騒音は棚上げしつつ)他人騒音には敏感なので木造アパートも厳しい。というか、戸建てや低層階はどうしてもGがわく。

という訳で、タワマンとまでは行かなくてもマンションの中層階以上でないと住みたくない。

しか田舎マンションはない。

立川レベル都市でもマンション駅前に限られてしまい、アパートや一軒家になってしまう。ほんとの田舎だと古民家を借りたりリフォームしたりなど。

ここは大人しく戸建てに住むなどの覚悟必要だったかもしれない。

医療機関

ガチ田舎医療機関が貧弱らしいが、車を持ってない人間だとその辺りは厳しくなるだろう(なお田舎に住むなら当然ペーパードライバー卒業ぐらいはする覚悟はある)。

近年は年間100万円以上、無保険病院に通っているのだが、行きつけの複数医院東京都心にある。

月に1回程度通えばいいのでそこまで通院は苦ではないと思っていたが、一度大阪まで新幹線で日帰りで帰ってきたら片道3時間未満なのに一気に疲労もたまり、また正直、金銭的にも非常に痛かった。

別にブラックジャックみたいな名医(怪医か?)でもないので、少なくとも大阪なら同等もしくはそれ以上の医者を探せる確信はあったが、なんせADHDなので、病院を切り替えるのが面倒くさかったのである

動機が足りなかった

結局はこれに尽きる。

いくら家賃が半分になろうと、いくら海や山が近かろうと、いきなり地方に移り住むだけのモチベーションがなかった。それだけ。

ADHD一般的先延ばし癖があるのだが、面倒なことはしたくないか現状維持って指向性も強いんだろう。

今回の引っ越しでは立川大阪には魅力を感じたが、実行に移すだけの決断力が足りなかった。

ただ、(地域の変わる)引っ越しって、能動イベントというよりは、本人達の意に反してでも発生する強制イベントという先入観がある。

進学するから

就職するから

転勤するから

異動するから

離婚するから

被災たか

最後の2つ以外は、実は多くの企業が在宅業務を取り入れて、大学リモート講義になり、もしかしたらコロナ禍後もそれらが常態化する可能性がある時代においては古い慣習になりつつある。

短期的にはむしろコロナが人の移動を鈍くしてるのではないのだろうか。

実際、不動産仲介業者曰く今年は例年と比べても入学シーズンや転勤シーズンでも動きが鈍いらしい。

とはいえ東京一極集中時代の今だと、オフィス学校都内が多いだろうし、大抵の場合地方から東京に移り住むことを半ば強制していたのが実態だろう。

新しい時代においては、東京外に住んでる人は無理に東京に来なくてもいいよって感じにはなりそうだけど、その逆に今東京に住んでる人を地方に行かせるには、もう少し飴が必要かもしれない。

余談

話は逸れるが、今回の引っ越しにおいて検討した関東および関西新築・築浅のマンションのほぼ100%インターネット無料物件であり、その大半が個別契約が不可だった。

この雨後の筍のようにニョキニョキ建っているインターネット無料提供マンションは、高度経済成長期に作られたアスベスト建材のビルのように、今後の負の遺産となるかもしれない。

無料と言えば聞こえはいいが、結局は賃料や共益費に上乗せされており、むしろ入居者側に選択肢がないだけである

中にはものすごく回線が細いマンションもあるらしいが、少なくともコロナ禍で在宅勤務増加による回線逼迫を想定してない設備であるとは言える。

俺の場合グローバルIPの保持やポート開放の必要性があるのだが、この手のマンションがそれができる見込みはゼロに近い。

よって内見を申し込む度に「NTT東(西)日本と別途契約できますか?」と訊いたのだが、仲介業者も詳しくないので「大丈夫です!」と断言されたあと、実はダメという事もままあった。

それどころか、複数業者露骨に「そんなん知らんがな、面倒だから管理会社にも問い合わせはしない」みたいな態度で、あまりにも横柄だったので内見中「だったらお前の会社とは契約せんわ」と言って飛び出した事もある。

大抵の物件はどこ経由でも紹介可能なので、気に食わない業者は切るのも手である仲介業者は当たり外れも多く、中にはこいつは本当に社会人なのかと疑わざるを得ない奴もいる。

俺「失礼します、先程メールで問い合わせた○○区の■■■というマンションですが、インターネット設備に関しまして、管理会社から個別契約可能とも回答を頂いてるのですが…」

相手管理会社はできないと言ってるんですよね?」

俺「は?? いや、ですのでその、管理会社は、全戸提供以外でも、契約可…」

相手「ですから管理会社は使えないと言ってるんですよね? だったら使えないんじゃないですか?」

俺「(…なんだこのゴミは?? 話しても無駄だわ)ガチャ」

ただ、これに関しては俺の知識不足もあり、なんせVDSL/LAN/光回線区別もついてなかったし、低層階でもない限りファミリータイプ回線を引き込む事、

ビスや釘打ちなどを回避して工事するのも(基本的には)無理って知識もなかった。

ポート開放やグローバルIP所有ぐらいならVPN回避できる事、内見ときは真っ先に光コンセントの有無の確認をすべきって事も知らなかった。

仲介業者知識不足転嫁する前に自分で最低限の勉強を怠り、インターネット無料提供マンションを当初却下してしまった事も地方移住失敗の一因だった。

2020-09-24

anond:20200924170845

この世界の片隅にってアニメみてみそ。

庶民見合いは、知らん人を紹介されてそのまま結婚やで。

俺の父ちゃんは、親が危篤って連絡がきて、あわてて帰郷したら見合いだったらしい。

2020-08-26

anond:20200826155518

ないとおれが、ここで、帰郷自粛したりしない。

2020-08-11

旦那さんが地元帰郷されその写真をインスタにアップしたら自粛警察

仕事の休憩中に誰かがRTとしいたタイトルの通り「旦那さんが地元帰郷されてて、その写真をインスタにアップしたら自粛警察に物申された。遊びに帰ったのではなく、災害に遭われた家族を助けに行くためだったのに。どんな理由であれ誹謗中傷をしてはいけない!」という旨のツイートを見た。

リプも結構されていたので、じっくりとは見ておらず流し見だったけど、

ピース写真とかではなく、おうちの復旧した写真をあげただけ

・親戚ともインスタで繋がっていた

みたいな情報も一緒に流してたと思う。

プロフフォロワーの数も見てないけど、当該のツイートの前の呟きが「お腹減ったー」みたいなのではなくて、なんか意識高かったような気がする。(ここは本当に知らんけど)

どんな理由であれ、誹謗中傷をしてはならない。

まぁその通りだと思う。自分とそりが合わなかろうと、気に食わなかろうと、イラッとしたとしても、誹謗中傷をしていい理由にならないし、虐めていい理由にはならない。それはめっちゃわかってる。

ただ、自衛はした方が良いのでは・・・???

自衛をする=誹謗中傷していい、というわけではないよ。誹謗中傷を避けるために、自衛はした方が良いんじゃない?ってこのツイートを見て思った。

写真を載せない方が良かったんじゃない?みたいなコメントに対して、加害者目線被害者叩きだ!って言ってたけど、確かにそうなんだけど。

この世の中はまだまだ未熟者だらけだからさ、背景も知らないのに言ってこないでよ!!誹謗中傷よくない!!って大きな声をあげたとてじゃない?理想倫理観に、まだ世の中追いついてなよーって思う。だから自衛して損はないと思うんだが。

自粛警察が初めての出動なら、まぁわかる。写真を上げただけで・・そんな・・・みたいなね。びっくりするよね。

言うて、自粛警察めっちゃ話題になったじゃん。不要普及の外出避けろと言われまくってんじゃん。写真あげたら自粛警察にふんふん!って、いや、ネットに上げる以上、ちょっと考えよう?みたいな。

鍵くらいかけても良かったんじゃない?それか公開制限かけるとか。

繰り返し言うけど、自衛をしてなかったか誹謗中傷されても仕方ないなんて思ってない。コメントの内容は相当酷かったようだし。

でも自衛もすべきでは?って言うコメントに対して、被害者叩きだ!はなんか違うと思うんだよなー。

すぐ消すと思うけど、なんとなく思ったので書いた。

2020-07-18

父親透析必要状態となって1〜2ヶ月、医者と揉めて治療に行かなくなってしまった。

母も兄弟も混乱し、再度治療に通ってくれるよういろいろ言ったらしいが父は頑なに聞き入れない。

このまま治療を受けなければ自覚のないまま状況は悪化し、数ヶ月いや1ヵ月のうちにも突然死することもありうるらしい。

そんな状況で兄弟に頼まれ帰郷し、医者面談した。そして病気の経過と行った治療についての説明をもらった。問題主治医ではなく同じ課の別の医師説明はわかりやすく、こちらの質問にもきちんと答えてくれる。主治医とのトラブルについては分からないが、診断も治療方針妥当もので、他の医師担当しても同様の治療となったはずだと言われた。

父にどう説明すべきか、と思いながらいたところ、すぐに母親雑談ついでにあれこれと話してしまった。その時の父親反論だったり口調だったりで、何が原因だったかということはおおよそ理解できた。

父は主治医治療についての質問をしたのだろう、しかしそれに納得できる説明や回答をもらえなかった、そればかりか突き放したひどい態度を取られたということらしかった。「治療に納得できないなら退院してそのまま死ねばいい」そういったことを言われたのだとか。

父親言葉にも誇張があるかもしれないが、担当医師地元ではよくない評価いくらか聞く医師らしく、対人面で人を選ぶタイプではあるのかもしれない。

治療判断は間違っていなかったにも関わらず、この医師に対して父は強い不信感を感じ、その医師の指示通りに対応する病院スタッフも拒絶した。

治療に強い不信感があり、満足する説明も得られないと思い、薬も飲まずにこっそり捨てたりをしていたらしい。

そこに体調が回復してきたことで、治療効果ではなく自己判断での食事制限や薬を摂取しない事が奏功したと誤った確信を得て、無理矢理治療をやめて退院した。その後は透析にも通わなくなってしまった、という感じなのだと思う。

父親ももういい年なので、理解力も落ちている。治療についての説明も1度や2度、口頭で説明されただけでは理解できなかっただろうし、医者をはじめ病院スタッフも父につきっきりで説明するだけの時間もなかっただろう。理論であることを自負しデータに即した説明を好み、分からない事があれば質問し納得してから物事を進める。そういう生き方をしてきた父には、簡単説明だけで自身が納得できるまで説明しない病院スタッフの態度は、不親切さ以上に治療自体への不信感まで募らせてしまったのかもしれない。

今回、別の医師面談し、その際に治療の経過のデータをもらえた。また、父の病状の経過と治療方針、その経過については医師から説明をもとに自分が紙に書いてまとめた。これで父も理解することができるのでは、理解さえできればまた透析治療を受けるのではと願っている。

2020-07-08

anond:20200707172323

マジレス欲しいんだけど、

介護って自分に損しかいから完全シカトしたいんだけど

それって犯罪だったりする?

メンタル的になんともないならシカトしておk

仕事辞めるとか帰郷するとかあり得ないんだけど

変な説教マジで要らないんで親を無視するデメリットだけ教えてほしい

2020-07-07

介護っていきなりやってくるが…

両親を北海道に残し、子供大学から本州に。

母は62歳を過ぎた頃より、妙に言葉が出なくなっていた。

だんだんと出来ないことが増えていき、夫婦仲が悪くなる。64歳に若年性認知症と診断を受けた。

その頃父も脳梗塞で倒れ、一時入院をしていた。父は脳梗塞のせいか、鬱なのか、元々の性格なのか、母が認知症と診断されたことに向き合えず、薬を飲めば治ると思い込む。

無論そんな状況で60歳を過ぎた二人が上手く生活できるはずも無く、介護サービスを駆使していたが、限界となり母がグループホームに入所したのが約1年半前。

いまでは息子を観ても息子と認識できず、いつも不眠のため、家に帰りたいと同じ話のみ。(ちなみに入所してから半年振りくらいに会い自分認識できなかった)

なんとかグループホーム生活しているが月に費用が約18万かかっており、父の年金にて支払っていた。

母が施設に入って以降、父親はどんどん孤独になり、酒に逃げ身体の筋力が落ち始めていた。

今年の1月には家の中でも転ぶようになる。

そして先月家の中で倒れているのをケアマネージャー発見。緊急搬送され、一命は取りとめるも現在胃瘻での寝たきりに。なお意識はしっかりしており、話なども理解は出来ているが喉に管がささり、筋力も落ちすぎて身体もほぼ動かないのでコミニケーションは顔の表情で読み取るのみ。

今日本州から北海道に戻り父の転院対応をするも、今後毎月費用が約20万かかる。年齢もまだ70歳のため、寿命不明

年金だけでは全然足りない。しかし、公的補助もなく、父の退職金を切りくずして対応していくしかない。

兄と自分で交代で不定期に帰郷して対応しているが…

まじでこんなに早く両親が共倒れするとは数年前には思いもしなかった。

親孝行は早目にしたほうがよいと後悔。

しかし、今更どうにもならんし、親の預貯金で保てる間に寿命が尽きるのを一方で期待している最低な事に…

親共々こんな状況で自分遺伝的疾患リスクダブル役満で高い。

もう好きなように生きると思う一方、嫁子供には死んでも迷惑を掛けたくない。

つらつら記載したけど比較的両親が若い状況で倒れ、治る見込みもなく医療費が月40近くかかり、実家資産家でもなく、かつ自分親族は遠方というベリーハードな状況の人っているのかね?

2020-07-06

7月帰郷

お盆に混み合うのが嫌で、早めに地元実家帰省する。

新幹線ホームはいつもよりも閑散としていてよそよそしい気がする。いつもゴミでいっぱいになっている待合室横のゴミ箱には余裕があって、少し残ったコーヒーカップを投げ入れると底の方まで落下していきタプンと音をたてる。

ローカル線は発車するまで10分もホームで待ってくれているので、余裕をもってトイレに寄ることができる。トイレ内の通路はやけに広くて、また閑散とした印象を受ける。並ばず、焦らず。のんびりというよりも呆けたような時間流れる。鍵がついたロッカーが並ぶ薄暗い通路はどこかした荘厳な雰囲気があり、こじんまりとした納骨堂のようだ。

そのまま電車に乗って実家に着いてもよいのだが、早めに帰ってもあまり話すことがない。愉快な時間は30分ほどで、後は長い長い愚痴を聞き続けることになるだろう。想像しただけで気が滅入る。線香の匂いと、はっきりしない味の食べ物と、長い諦めの時間時計を見ても早くは進まない。なるべくそ時間を短くするには、滞在時間を減らすことが一番だ。

家に行く前に、予約しておいたビジネスホテルに向かうことにする。比較的新しく、駅に近く、朝食がバイキング形式地元食材をふんだんに使った和食を食べることができる。家のご飯よりもこちらの方を楽しみにしていた。

ホテル荷物を置きに行き、うっかり眠ってしまたことにしよう。それを言い訳に、家に帰る時間をできるだけ遅くしてしまおう。そんなことばかりを考えている。これでは、地元で過ごした灰色学生生活と変わらない。部活に行かない言い訳や、授業に出ない言い訳を考えてバイトのみに精を出した学生生活が思い出され、ますます足が重くなる。

やけに低く灰色の雲が立ち込める冬を避けて、夏に帰ることにしてもこのざまだ。

故郷日本酒だけは捨てたものではないので、何本か買って帰ろうと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん