「散歩」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 散歩とは

2019-05-23

anond:20190523202204

渋谷界隈だけかな

どうしてもオシャレな女子がちっちゃいペットスマホ片手に散歩してるとウッってなる

都内の犬の散歩違和感ある

主語デカイと思うんだけど

何か扱いがおもちゃ的と言うか雑というか

 

まあ土地が狭くて人も多くてペットは小さいからそう見えるだけかもしれないけど

アレだよ、スマホしながらってのが気になるんだ

 

あ、でもそれは都内に限らないか自分が犬飼ってたときスマホ無かったしなあ

散歩してるとき幼女みたら「ヴルルル!」って威嚇するよな

未必の恋というか

2019-05-22

飼い主のこと信頼してる?

ある時から飼い主のことを信頼できなくなった。

何をしても躾と称して殴られる。待て、と言われて待ったのに餌をくれなかったり、散歩に長らく連れて行ってくれなかったりした。駆け寄った時に蹴られることもあった。

そんな風に私を虐待してきた飼い主が、最近、急に優しくなって、とても怖い。

優しくなったきっかけは、おそらく私が動物愛護団体に駆け込んだことだろう。

飼い主がそんな事実はないと言い張ったのだが、虐待の跡が見られたので団体は私を保護した。それ以来、私は団体の所有する施設で預けられている。

施設では毎朝毎晩きちんと餌をくれるし、散歩にも行ってくれる。駆け寄らずとも頭を撫でてくれる。

団体保護されて以降、飼い主が月に一度面会に来ている。

施設で会う飼い主は優しかった。私に物をくれたり、頭を撫でたり、一緒に走ったり遊んだりする。決して罵ることはない。態度の改善が見られるとかで、そろそろ私を家に戻したいと相談しているようだった。

私は犬頭なので、よくわからないのだが、飼い主はこれから先もずっと変わらず、私を大事に飼ってくれるんだろうか。虐待が数年続いた後なので、よくわからないのだが、人間は変われるのだろうか。

私はまた飼い主を信頼できるのだろうか。それとも、施設で来るかどうかもわからない新しい飼い主を待つ方がいいのか。

みなさんは、飼い主のこと信頼できていますか。

2019-05-21

anond:20190521201330

俺はほぼ殴られずに育ったけど

小学生時代に、親父に血が出るほど殴られたのは

他人の畑を荒らし遊んだ時、その時は罰として荒らして獲った野菜だけを、その後1ヶ月間たべさせられた。家族焼き肉でもすき焼きでも、自分は芋の煮っ転がしとご飯味噌汁って日々が続いた

山で火遊びをしてボヤ騒ぎを起こした時。他の友達やその親、地主の前で、サッカーボールキックを食らい続けてた。

子供同士で掃除中に喧嘩になって、竹ぼうきで人を叩いて、顔や体に裂傷を負わせてしまった時。謝りに行って、俺は悪くない。最初は奴が馬鹿にしたんだと言い訳したら、ぶっ飛ぶほど蹴りが入って塀に頭ぶつけて縫った。

人の家の犬の散歩を請け負っておきながら、その犬を放してしまって、しばらく行方知らずにしてしまった時。見つけるまで帰ってくんなと、一晩、外に放り出された。

流血騒ぎになるほどではないけど、怒られた記憶があるのは

チャンネル占有権を妹と競って手を出した時

上手く自転車に乗れずベソかいて、逃げようとしていた時

塾をサボって遊んでいた時

そもそもこんなこと一度もしたことねえや

やると言った約束を守らなかったとき

これぐらい抽象的だとないとはいえないけど


なんでそんなに頻繁に暴力を受けないとわからないんだ?

自転車別にそんな激詰めされなくても乗れるだろ

体や頭の障碍だって言われたらなんも以遠けどさ

毒親しか知らない不幸なブックマーカーは可哀そう

anond:20190520230346

個人的には、とても分かる話。俺は東大に入って、現在年収1000万程度の30代リーマンだ。世間一般でみたら、子育てには成功したと言っていい結果だろう。

俺の父親も凄く怖い人だった。ただ、怖い時とそうではない時の線引きがしっかりされていたし、その違いを子供ながらも理解していたと思う。

小学生時代に、親父に血が出るほど殴られたのは

他人の畑を荒らし遊んだ時、その時は罰として荒らして獲った野菜だけを、その後1ヶ月間たべさせられた。家族焼き肉でもすき焼きでも、自分は芋の煮っ転がしとご飯味噌汁って日々が続いた

山で火遊びをしてボヤ騒ぎを起こした時。他の友達やその親、地主の前で、サッカーボールキックを食らい続けてた。

子供同士で掃除中に喧嘩になって、竹ぼうきで人を叩いて、顔や体に裂傷を負わせてしまった時。謝りに行って、俺は悪くない。最初は奴が馬鹿にしたんだと言い訳したら、ぶっ飛ぶほど蹴りが入って塀に頭ぶつけて縫った。

人の家の犬の散歩を請け負っておきながら、その犬を放してしまって、しばらく行方知らずにしてしまった時。見つけるまで帰ってくんなと、一晩、外に放り出された。


流血騒ぎになるほどではないけど、怒られた記憶があるのは

チャンネル占有権を妹と競って手を出した時

やると言った約束を守らなかったとき

上手く自転車に乗れずベソかいて、逃げようとしていた時

塾をサボって遊んでいた時

妹に手を上げて泣かせたとき鉄拳が飛んできたし、門限を破った時は締め出されたり、他所の子喧嘩して怪我をさせたりとか、人様に迷惑をかけた時はテレビリモコンとかで殴られて血が出た事もあった。悪いことをした時に頭によぎるのは、父がこれをすれば怒るだろうという事で、悪事が父に露見するのは、この世界で何よりも怖かったから、理屈抜きで善悪分別ってのは沁みついてた。それでもやらかすのが子供ってもんだから、殴られて当然って思いは今もある。自転車の補助輪を外す時も、自転車でこけるよりも出来なくて怒る父親の方が怖かった位だった。俺の幼少期にとって父は恐怖の塊だった。



そんな風に殴られて血が出る事もあるし、時には物で殴られることもあったから、体罰としては非常に厳しかったのは間違いないけど、全く恨んでない。

一方で、両親にはかなりの我儘を通したし愛情を注いでもらったと思う。俺の前に姉が流産していたし、俺自身未熟児で体に僅かに障害を持って生まれていて、もしかすると生涯歩けないのではないか医師に言われていたということらしい。なもんだから、両親の可愛がり方は尋常ではなかったと、祖父からよく聞いていた。実際、体は弱くて3歳になるまで歩行補助器で歩いていたし、何度もこけて、怖い思いをした記憶のうちの幾つかが残ってる。そんな体だったけど、自転車に乗れるようになったのも、泳げるようになったのも、そもそも歩けるようになったのも、怒りながらでも父親時間を気にする事なく、いつまでも付き合ってくれたからでもある。お世辞にも裕福とは言えなかった幼少時代、家に百科事典があり、それをみて知識を増やせたのも、やりたいと言った習い事を一度も断られて事もないのも、両親が俺の事を想ってくれていたからだと言うのは、子供心にも分かってた。年に数回は旅行に連れて行ってくれて、幼少のころから日本中名勝を見て歩いて見聞を広められたことは、とても良い思い出だった。金がない家庭だから、小さなバンに乗って親父が夜通し運転して、車で夜を明かすようなこともあったし、泊るのは素泊まりのぼろっちい宿ばかりだった。それでも、あの頃の親の収入で、それは全て決して簡単な事じゃなかったと思う。両親が家族の事を何よりも大事に思ってくれていたんだなって思える記憶の方が、怖くて痛かった思い出よりも多い。



親父は土方で日常的に体を使っていたし学生時代柔道やっていただけあって、俺が中学に上がっても力では勝てなかったし、何かやらかせば鉄拳が飛んで来て力で抑え込まれ関係は変わらなかったけれど、勉強しろと言われた事もなければ、進路についてとやかく言われた事もない。ただ、いい成績を収めると褒めてくれたり、食事に連れて行ってくれもした。特段教育熱心だったわけでもないけど、塾に行きたいと言えば行かせてくれたし、本が欲しいと言えば何でも買ってもらえた。それもあって、とても成績は良くて、最終的には東京大学表彰されて卒業する程度にはなった。東大に入るために予備校に通うことも、進学で東京へ行くことも、今にしてみれば、親父の収入を考えたら楽だったはずはないのに、常になんとかしてくれてたんだなって思って尊敬してしまう。



不良の学生に絡まれたり殴られたりしても、部活で厳しい指導があっても、受験が辛いと思っても。怒った親父の相手をする事に比べれば鼻くそのようなもんで、逆境や痛みに対する強さを身に付けれらた事も、とても大きなことだったと思う。友人が不良に虐められそうになってる時に、ふざけんなと止めに入って、殴られるのも全く怖いとは思わなかった。それで一度は、小指の骨を折ったこともあったけど、親父に殴られるよりはマシだった。

幼少のころに大人と交わした色々な会話が記憶に残っているけれど、自身の幼少期を振り返ってみて思うに、口で言って分からない子供では絶対になかったと思う。一方で妙な屁理屈を捻りだしたり、大人を騙すような知恵も普通に持ってはいたので、言葉だけで窘められるだけなら、狡さを身に付けていたかもしれない。ダメもの理屈抜きでダメなんだと力で教えて、恐怖で抑え込まれていた事を妥当だと思う。

時々、親父と酒を飲みながら、その頃の父親の気の短さと怖さを笑いの種にするくらいには、家族にとっては怖かった父は懐かしくて、いい思い出になっていると思う。




しかった父親を、恐れていたけれど、好きだったし尊敬もしていたよね。うちが貧しかったのは、父親独立して会社を作ったけど、上手く行かない時期が続いたからで、肉体労働の後に夜中まで事務仕事をしている父親の姿を見ていたから、受験勉強の大変さなんて感じた事もなかった。自分にとっては、父親にできている当たり前の努力しかなかった。親父に露見せず、殴られなかった悪さもかなりある大人馬鹿しか見えてない子供だったけど、親父だけは怖かった。最終的に変な方向に進まずに、優等生になったのも父親の怖さと家族への思いがブレーキになってきたことは否めんだろう。

体罰があるから毒親って、可哀そうな価値観で生きてんなと思う。体罰=悪い事みたいな、リベラルマインドに染まった、つまら子育て自分はしないだろうと思う。厳しさと愛情は両立する。

近所の河原散歩してたら、歩けど歩けどジジイばっかり

40年近くも家や家族のために働いてきたであろうジジイが家に居場所がなく延々と河原徘徊しているのを想像して悲しくなった

2019-05-19

anond:20190519045816

ゴロゴロしても疲れが癒えない、

ゴロゴロさえつまらなくなったら外に出てみるといいよ

無理して運動する必要はない、

散歩とか買い物をしてからゴロゴロするといいゴロゴロができる

まー簡単に解消できない不安をどうにかしたいなら

立ち上がれないほど運動した方がいいのかもしれないけど

自分ゴロゴロ派だな

ゴロゴロサイコー

2019-05-18

今日仙台歴史民俗資料館に行ってきた

23年前のサケ漁などの映像を見てきた。荒井方面漁業をやっていたみたいだけれど

東日本大震災で流されてしまったので、これらが全部一瞬でなくなったのかと思うと

改めて凄まじい出来事だったんだなと実感させられた。

白米を作るまでの流れがなども見たが、昔はこんな面倒な事をやっていたんだなあと

思った。

印象深かったのがコンバイン昭和40年から普及していたというが、これのおかげ

大分楽になったんだなと言うのがよく分かった。

  

企画展はこどもの暮らしみたいな奴で、何十年も前の小学1年生などの雑誌が飾られていた。

その中に2000年雑誌もあってピカチュウ進化前のピチューって雑誌にあって感慨深かった。

帰りは、だらだらと榴ヶ岡公園散歩して、駅前まで歩いた。

来週はまたどこかに行きたいなあ。

そして美味しい寿司屋に行きてえ🍣

ヘイトよりラブを

座席は全部埋まっててまぁまぁ人が立ってる電車、ベビカーで乗ったら車両の隅の場所に立ってた大学生くらいの男の子がわざわざ声を上げて場所を譲ってれた。別の時にはおばちゃんが、席を譲ってくれた。

病院の待合室、椅子が全部埋まってたので子供を抱いて立ってたら、おっちゃんが席を譲ってくれた。そのあと注射をしてうちの子供は号泣しちゃったんだけど、居合わせたおばちゃんが一緒に必死あやしてくれた。

スーパーレジで順番待ち中、子供ベビーカーの中で泣いてたら前のおばちゃんたちはみんな順番を譲ってくれて、スーパー店員さんは袋詰めまで手伝ってくれた。色んな人が、がんばりやーって声をかけてくれた。

ムスメをデパートトイレに連れてった際、結構行列で、娘が泣きそうな声で「我慢できないかも」と言ったら並んでた全員が「私の前にどうぞ」と言ってくれてすぐにトイレに入れてもらった。

かき氷屋さんで私の子供2人がイチゴ味にするかブルーハワイにするかで揉めてたら、(その店のかき氷がかなり大きかったので「1人で1つ食べたらお腹を壊しそうだし2人で1つにしよ」と、私が言ったため)店主がハーフサイズかき氷を2つ特別に作ってくれた。

他にも扉を開けててもらったり、お散歩の子供達に、「気ぃつけやー」とすれ違いざまに声を掛けてもらったり、こっそり子供変顔したり、微笑み掛けてくれてたり、

数えきれないほど親切にしてもらった。都度お礼はしてきたつもりだけど、ここから精一杯恩返ししないとな、って思ってる

2019-05-17

anond:20190517003553

銭湯いいよ銭湯

最近銭湯はオシャレになってるしプロジェクションマッピングしてる銭湯とかもあって楽しい




けどその趣味できるの多分東京人だけだね。

散歩ついで」の条件付きなら横浜ですら厳しいよ。

anond:20190517003553

そこら辺散歩とかそういうレベルを想定してたから、相当金かかるわ

もはやブルジョワ趣味だよ

化猫を夢でみた

実家には真っ白で中型の犬がいるんだけど、実家に戻って「散歩に行くぞ!」と犬にリードをつけを引っ張るところから始まる。

自分の夢はカラーで、桜が綺麗に咲いた地元をいつものコースで犬と散歩していく。

しかし、犬の様子がおかしい。

いつも同じところをウロウロしたり、立ち止まって草で遊び始めるのだが、なんというか、別のコースにいきたがる。

「こら!そっちは危ないぞ!」と引っ張ると、いつもはちょっと抵抗するのだが、体を大きくして威圧してくるだけ。

散歩コースも終盤に差し掛かり、別のコースに行くのを阻止する度、犬はもののけ姫に出てくる山犬(モロの子)ぐらいの大きさになっていた。

家につくと、案の定大きすぎて家に入れないので「こら!小さくなりなさい!」と叱る。

すると、小さく元のサイズに戻ったので「ただいま」と家にはいると、家の中から犬が嬉しそうに近寄ってくる。

「あれ?俺が連れているこの子は?」と見ると、真っ白な猫になって犬に向かって「ニャーニャー」と鳴いていた。

犬は困惑して家の戻っていく。

俺な猫を一度外に連れていき「野良猫かな?」と思って庭に水をまくホースで体を洗ってやると、また犬のような姿になる。

あらかたきれいになったかなと家の中にあげてやると猫の姿に戻る。

犬と猫のお腹をなでている所で母親が来て「猫拾っても飼うのは外やで」といわれたので外に連れて行ったところで目が覚めた。

 

寝起き後は「猫って外飼できるんか?」ってずっと思ってたけど、

今考えるとあの猫は日本昔ばなしにでてくる化け猫じゃないのかと思って、

子供の時、化け猫の類(ネコバスとか)好きだったなとおもって哀愁に浸ったのだった。

ペペロンチーノ

たった1人だけ異性の友人がいた。もう何年も前のことだ。

わたしたちは似ていた

似すぎていた。3回だけセックスして、友達になった。

誰かと付き合うことになったらあなたわたしの中からいなくなると言うとそれだけはどうしても嫌だと言う

だって唯一無二の誰かがいないと死んでしまいそうだと言ったわたしに、それなら僕に連絡してくれと彼は続けた

そのあと彼は本当に指一本たりとも触れてこなかったので、友人になった

消えてしまいたい夜によく散歩した。

整頓されたビルの間を通ってごちゃごちゃとした住宅街を歩いた

あの家がいいとか、この家は嫌だとかよく言ったけど、互いの将来に互いが存在しないことはよくわかっていた

一緒にいたら死んでしまうと思った

彼は完成前の作品をよくわたしに見せた

お前は特別だと言っていたけれど、わたしにはなんの知識もなくてとりたて感想もなかったので、否定肯定もされないことが心地よかったのではないかと思う

あなたのことが好きなのかもしれないと言った日、彼は声を荒らげて怒った

壊してはいけない壁を壊してしまったと思った

しかにその好意が友人としてなのか、男性としてなのか、わたしもよくわかっていなかった。

ただわたしは彼に生きていて欲しかったのだ

同じように死んでしまいそうな人に

そのあとわたしもっとボロボロになって死んでしまおうと思っていると一度だけ連絡をした

から返信はこなかった。

彼もまたわたしを裏切ったのだ

しばらくしてからまた普通に連絡が来るようになって、あの時は自分も沈んでいたのだ、申し訳なかったと言われた

生きているから構わないと言って笑って許したけど、もう以前のような関係には戻れなかった

死にたいのだと隣にいる人に話せるようになった時、さようならとだけ連絡をして、友人としての繋がりもなくなった。

ずっとたってからあの日好意は人が家族に向けるのと同じ類の感情だと知った

彼の作るペペロンチーノが薄くてよかった。もしもあとひとつまみ塩が多かったら決定的に彼をあいしてしまうところだった

次に来る貧乏趣味

去年はキャンプで今年は御朱印集めが流行り、ほんと不景気なんだなぁと思う今日この頃

景気悪化してるらしいし、世界経済不安株価下落でしばらくは不景気だろうから、次にくる貧乏趣味を大予想!

銭湯

スーパーの付かない町銭湯価格も500円程度で散歩がてらに銭湯寄って、下町居酒屋で締めるのが流行る。

シェアサイクルで街サイクリング

電車で移動して現地でレンタル。乗り捨て出来るし普段徒歩では行かないエリア散策ができて流行る。

バス周遊

一日乗車券使用したバス旅。移動にのんびり時間をかけて、時間もゆったり使う緩い旅が流行る。

ダム巡り

以前流行ってから時が経ったのでリバイバルブームの到来。

手ぶら釣り

手ぶらBBQのようなノリで道具の貸し出しから捌くことまで全部お任せ。釣果保証で釣れなくたってお魚食べて帰れるプラン!?

学生スポーツ観戦

野球サッカーだけじゃない!バスだってバレーだって楽しめちゃう未来スター発掘がブームに。

日本庭園散歩

公園お金払うのか?と抵抗ある人も、一度行けばハマること間違い無しの楽園。行き届いた手入れを楽しみのんびり過ごすことが人気に。

舞浜駅周辺ランチ

入場しなくたって雰囲気十分。行ったつもりで夢の時間体感出来ちゃうお得感で人気。

空港

離発着する飛行機を見るもよし、食べるもよし、お土産買うもよし。旅行記分が味わえてみんな満足。

・花のない花見

桜がなくても酒は進む!買って持っていくだけで大宴会出来ちゃう子供大人も大盛り上がり間違いなし。

いかがでしたか

もうブームうんざりって方はぜひ試してみて下さい!

2019-05-16

公園砂場に車が突っ込む

先日、散歩中の保育園の子供達が自動車事故で亡くなって

今度は公園砂場園児が遊んでいたところに車が突っ込んできて、園児を庇った保育士怪我をするという流れに

なんだ。どこにいても車は突っ込んでくるんじゃないか安全場所なんてないじゃないか、と乾いた笑いが込み上げてきた。

2019-05-15

幼稚園ならともかく保育園散歩必要ないだろ

檻にでも入れておけばいいのに

anond:20190515201550

散歩中の保育士って死んだ顔してる人が時々いる。

子供の前で、本音はともかく表面だけでも笑って見せる余裕すらないんだろうと思う。

幼稚園小学校の校外学習の引率はそんな事ないのに。

子供が常時神経擦り減らして監視しないとならない年齢かどうかや、毎日やってるかたまの行事かの違いなんだろうけど。

件の事故散歩自粛傾向になってほっとしてる保育士もいるだろうに、

それでも親は散歩はやめないで!とか言うんだよな。

自分がやる訳じゃないから気楽なもんだ。

anond:20190515195140

この間信号を立ち止まって待ってたら、後ろから来た保育園散歩用のデカイカゴみたいなベビーカーがぶち当たってきたけど、何も言われなかったわ。

イラッと来たけど、子供満載だったから何も言えなかった。

2019-05-13

大津事故のせいで遠足が中止になった

大津のお散歩中の保育園児の列に車が突っ込んだ悲惨事故をうけて、うちの息子の通う公立保育園が再来週に予定していた遠足が中止になった。

少し遠い公園にみんなで歩いて行ってそこでお弁当を食べる予定だったんだけど。

心配の声がいくつか出たため今後お散歩自体自粛するらしい。

意味不明。当日はお弁当を園庭で食べるらしい。息子はそんなん遠足じゃないと泣いている。意味不明

先生は、秋の遠足までには自粛が解けるかと思うんで、って言ってた。さら意味不明

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん