「マウント」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マウントとは

2018-07-16

anond:20180716231015

そう思って差し支えない

二次元で妹モノが多いのも同様の理由

メイドモノが流行ったのも主従関係マウント取れるからだね

はてなブックマークコメントの方が知性レベル高く見える

あっちは記事を書いた人にリアルタイムレスポンスを送っているわけではないか脊髄反射マウント取りが少なく、肯定否定がある程度平等なんだろう。

2018-07-15

ネット検索できることを自分知識が増えたと混同するって話は

自分に全く覚えがないので到底実感としては得られないのだけど

実際どう見ても高卒以下ってレベル無知世間知らずが

専門家に堂々とマウント取りにいってるようなのをたびたび見るにつけ

まあ実在するのだと説得されずにはいられない

結局のところ元々そうなる知能指数ラインとかそういうものがあるんじゃなかろか

そのうち脳機能のチェック項目が出来るだろう

もーこいつのはわわトークめんどくせー

LINE友達に送るのとtwitter投稿間違えるとかありえないでしょ

オメデタ報告間違えてしちゃった><今頃リプきてるかも><いたたまれない>< 知るかよ

次はなに?イベのアンソロに呼ばれて?一度も呼ばれたこと無い私へのあてつけっすか?

男に愛されアピしつこいかかわいいねっていうようにしたらかわいくないもん><あたしゴリラだし><って語尾に逐一うほ付け出すし

なんなの?マウントとりたいのかとりたくないのかはっきりしろ

平和な国で反戦煽ってるやつってどう考えても洗脳してマウントしたいだけでしかないと思うが

トランプの方がよっぽど平和に尽力していないか日本人は何をしたんだ?

男のセカンドレイプと女のセカンドレイプ

男のセカンドレイプ

「は?女が自業自得ビッチだろ」「冤罪だろ」「それなんてエロゲ?」「ま〜ん」

特徴:IQ1しかなさそうな短いテンプレフレーズを発する。反論されたらまた「ま〜ん」と言い返せば良い。

女のセカンドレイプ

「女としてこういう落ち度が〜」「私ならこういうことしない。教わらなかったのかな」「こんなだから女は馬鹿にされる。一緒にしないでほしい」

特徴:ネチネチしてると言おうか、同性として一緒にされたくないというマウント、男社会へのおもねり、自分は同じ目にあうと思いたくない→この人は自業自得から自分とは違う!という思い込み垣間見える。

加害者TOKIO山口のようなアイドルタレントだった場合凄まじい攻撃性を発揮。

2018-07-14

ハゲックス刺殺事件の時、俺がこんな事をやってたのはイジメられてたからその心の闇を~低能先生もそんな闇を抱えてたんだ~俺も気持ちが分かるから~なんて大層な理由を語ってんのがいたけど

俺にはンな理由なんて無いわ

あるのはただ3つ 「他人の不幸で飯がうまい」「俺は嫌な思いしてないから」「とりあえずマウント取りたい」

低能を心ある人間と思うなよ 少なくとも俺はこんな感じだから

2018-07-13

マウント合戦で幾ら勝っても虚しいだけだな

手取り20万というゴミのような現実から逃避したかっただけなんだと、最近気付いた。

anond:20180711120811

そのミリシタにマウント取ってた層がミリシタにやってきてデレステを叩いてる現状

2018-07-11

死刑廃止論者ってクズだよな

自分論理的ですアピールしたいやつしかいない

わざと聞いてて胸糞悪いこと言って、それに反応したやつをそれって感情問題だよねとか言ってマウント取るやつ

理屈で言うならすでに法律のなかで問題なく運用されてるわけで単なる刑罰しかない

結局、行き着くところは死刑反対であろうと賛成であるうと犯した罪に対してどういう罰が相当なのかって話でしかない

欧米ならキリスト教的な価値観が強いから、許されない罪はないみたいな話になるが、それに日本が合わせる必要とか一切ない

死刑廃止自体は一つの意見だが、死刑廃止論でマウント取ってくるようなキチはみんなでぼこぼこにしてやろうぜ

anond:20180711120939

深くまでルサンチマンに染まった奴らは一時的寛解しても揺れ戻しで結局心が壊れてしまうんだ

そういう意味では本当に壊れかけた増田昆虫脊髄反射みたいにマウント関連しか反応しなくなる糖質っぽくなってるだろ

2周年記念でミリシタ相手にオラついてたデレステ

あの時点で出たての、それも運営調子も到底よいとは言えない姉妹コンテンツに対して何をしとるんじゃ、ってみっともなさが割と凄かったが

今になってみると、あの時ミリシタにマウント取るのに使ってた、具体的には縦ライブとかのクソどうでもいい機能開発に投じてたリソースを、それこそNの自動売却とかSSRの被り救済とかに投じていれば今頃もっとマシになってたよな

というか、あの頃からデレステ開発の目標ミリシタに勝つというか、マウントを取ることになってしまってて、ゲーム改善・改良、つまりユーザーのためじゃなくなってしまってたのかもしれん

そりゃあ、ミリシタのいいところはデレステにも積極的に取り入れていくべきよ。でもそれは、それをすることがユーザーのためになるからやるんであって、ミリシタにマウントが取れるからやるんじゃないんだよなぁ

ミリシタはデレステことなんか何も気にせずに、ただユーザーのため、自分のやりたいことのために地道に開発し続けて、今やデレステに追いつき、追い越すところまで来てしまった

なんでシンデレラガールズは衰退したのか、やれサイゲのせいだバンナムのせいだって言ってる増田もいたけど、すまんが自分としてはデレステ開発が自爆しただけだと思うよ

2周年の頃は別にオラつかなくても普通にミリシタには勝ってたんだ。なんであそこで浮足立って無駄なことにリソースを投じてしまったんだろうな

そのリソースを自らの足元を固めるのに使えてりゃ今頃も普通に衰退なんて言われてなかったろうに



というか、ミリシタのデレステの殴り方、放置艦隊が野放しになっている現状に対してオートライブとか、アイドル全員に声を付けるなど到底無理な現実に対して今回の全員参加の周年イベとか、マジでクリティカルなところをぶん殴ってくるので辛い

特に後者とか、シンデレラガールズってコンテンツ根本的な欠陥に攻撃を加えてきてるわけで、畜生度が正直ちひろの比じゃない

「一人も手放さない」とかまさにシンデレラガールズの声なし勢とか出番の不平等とかの現状へのあてつけでしょ。つらい。

anond:20180711113455

ま、そう攻めてやるなよ

相手が「マウントを取った」というマウントを取りたいだけの奴なんだから

anond:20180710225920

あなたにとってマウントを取らない会話というものはどういうものなのだろう。

お互い相手が知っていることしか話してはいけないのだろうか。

相手自分が知らないことを話し始めた途端「マウントを取った」フラグ立てるの面倒くさくね?

anond:20180710225920

心狭すぎ、余裕なさ過ぎ。

仮に件のような言い方をされたとして、自分別に「(ふーん、こいつ、俺の知らないことを知ってるらしいな。まぁ年上だし、とりあえず聞いとくか)」くらいにしか思わんぞ。

作者と知り合いだってしかけられても、「(へぇ、すごいな)」「(自慢したがる人なのかな?)」くらいにしか思わん。

マウント取ったの取られたのですぐ騒ぐ人って、自意識が強すぎるというか、変にプライドが高過ぎるんじゃなかろうか。

自分のことが大事大事で、ちょっとでも傷つけられたり不快な思いをさせられるのが我慢ならないように見える。

anond:20180710225920

枕にそういうフレーズが来ることはよくあるな。

沢山の人間マウント取りたい欲求を抑えて生活してるから、そういうフレーズがチラつく場面はよくありそう。

少しでも話の聞く価値がある人間なら、そこはスルーして聞けばいいし、もはや聞く価値すらないような人なら、そんな人と会わない場所にいくのが吉。

マウント取りたがる人

はてなめっちゃ多い印象がここ数ヶ月でついた。

マウントとっても何も変わらないのにね。

冷笑系マウントマンの行き着く先なんて

増田はこの世の全てが憎くて軽蔑してるけど

かに発達障害だとか顔が人間じゃないとか可哀想だと思うが

からって世界を見下して斜に構えたって最後自分すら否定して自殺するしかなくなるじゃん

かに愛されたいのかこの世の全てが憎いのかハッキリしなよ

2018-07-10

オウムと言う共通体験ノスタルジーで盛り上がりたいだけの人々

なんでわざわざオウムを語るときに「若い子は知らないだろうが」とか「これは教えなくてはいけない」とか、微妙若い人を小ばかにした態度で語り始めるんだろう。

その時点で、相手は話を聴く気を失くすだろうし、単純に「お前は知らないだろうけど俺は知ってるぞ」ってマウントを取りたいようにしか見えない。

即売会サークル参加してたら、妙なオタクが寄ってきて「俺は作者の○○さんと話したことがあるんだけど」とか言ってくるようなもんだろ。気持ち悪いじゃん。

若い人には知ってほしい」とか「若い人は知らないだろうから」とか「若い人」をわざわざ指定しなくて良いんだよ。

そう言うこと言えば言うほど、学校特別授業や修学旅行で聞かされた戦争語り部みたいな扱いになるんだから

後日談富士山というコンテンツの異常性

初の増田投稿でいきなりホッテントリ入ってビビっている「富士山というコンテンツの異常性」の元増田です。(増田ってなに?と思って適当投稿したことはあるので厳密には初ではない)

ありがたくも後日談希望とのブコメがあったことと、補足説明しておきたいことがあったので投稿します。

まず彼女11時頃、無事下山しました。

心配してくださった方ありがとうございます

彼女からはちょくちょくLINEきていたのだけれど、増田の予想を裏切って意外にも余裕そうだった。(常時電波が入るのは、ほんとに富士山のいいところだと思う)

そしてここからが少し考えさせてられる話になったのだが、彼女は山頂に立つ余裕を残していながら、9合目で軽い高山病でダウンしてしまった友人の付き添いで9合目に残ったのだそうだ。

彼女尊いと思った。20代のうちにやりたい夢だといい、良い悪いは別にして行った富士山なのに、友達に付き添って9合目に残る判断ができるなんて。そんなんできひんやん普通、そんなんできる?

一方、他の男どもはそんな彼女たちを置いて山頂に向かったという。

それを聞いてと彼女を褒めた。優しいと。偉いと。そしてその男もの行動を軽く咎めた。

そして、はっとした。

男どもへの批判ブーメランとなり増田に返ってきた。実は増田6月富士山に行った際、一緒にいった先輩に軽い高山病の症状がでてしまったのだ。

そんな先輩を置いてお鉢巡り満喫しホクホクしていた増田にとって、このエピソードには心を打たれた。(無論、先輩と増田10年来の登山仲間でお互いに十分な信頼関係があり、一定技術を有している)

まさか彼女に、自分にはできなかった登山においてどんな技術よりも重要なことを教えられるとは思わなかった。

そのせいもあり、彼女は御来光を9合目でみることになったようだ。それを彼女は悔しがっていたが、彼女から送られてきた9合目からの御来光の写真は、増田が今までに見たどんな山頂からの御来光よりも価値あるものに見えた。

そして嬉しいことに「富士山再チャレンジしたい」「増田と他の山にも行きたい」とも言ってくれた。全俺が泣いた

彼女のような富士山の登り方を行う大勢人達や、コンテンツとしての富士山に対する批判的な見方は依然変わるものではないが、改めて山への向き合い方を考えさせられる出来事となった。

本当に山では何が起こるかわからない。

以下、もらったブコメについて補足事項です。長いから読んでも読まなくてもいいよ。

まず言っておきたいのが「一緒にいってないのかよw」ってブコメね。うん、確かにそうだ。でもこれね、行けないんだ。

ことの経緯を説明しよう。

彼女からは1ヶ月位前には富士山いくかもとかなんとか聞いていた。しかし実際に行くことが決定した事実と具体的なスケジュールを聞いたのは先週だった。

平日だし、いくらなんでも急すぎるだろう。君たちなら有給とってでも付き添うだろうか?

愛してんだろ?いけよ。

なるほど、たしかに。

「今週末は天気が良さそうだ」という理由で間際に山に行く決定をしたことなど何度もある。急遽、有給とってでも彼女に付き添そうべきだったのかもしれない。

しかし同行しなかった最大の理由はこれではない。これは次の問題からしたら大したことではない。なんと今回の山行は、彼女職場の仲間への誕生日祝いで催されたものだった!

((誕生日祝いに富士山に登る!?山ってそういうんじゃねぇから!!))←心の声

そう今回の登山はその職場の仲間達と計画された楽しい誕生日祝い富士登山なわけだ。

そして、そこに颯爽と登場する自称登山経験者の彼氏!みんなの登山中の安全を見守るよ!

いや、無理だろ。誰だよこいつ。やばい。図々しい。

理解いただけただろうか。これが一緒に行っていない理由だ。増田も山で暮らしていたならこんなしがらみはなかっただろう。しか人間社会で生きる以上、心配しつつも送り出すしかないときがあるのだ。

あと最後、これもブコメで指摘されてた話。

誤解のないように言っておくが、自分の得意領域に入ってくるやつに対してマウント取りにいって、上から目線批判するやつは増田も嫌いだ。

みんな好きにやったらいいと思っている。自分だってそういう時があったはずだし、その時期が一番楽しいのだ。

余談だが、増田は無類のジョジョ好きであり、全スタンドを作中の時系列に沿った登場順でそらんじる特技がある。(作中では時系列前後したりするので意外と難しいのだ!)

しかしこの増田に「ジョジョが好き!」と公言するアニメしかみてない勢に対してマウントを取りに行くことは決してない! と思っていただこうッ!どのスタンドが好きとか、何部が好きといった初心者向けの話題を4部までに限定して立ち回るのだ。

(なお同じレベルの人と話すと作品考察批判は当然のこと、荒木飛呂彦論にまで発展する)

とにかく作品を好きな気持ちはみな同じなのだマウントを取る意味はない。だから彼女には口酸っぱく注意喚起はしたが、直接的に今回の山行について否定的言葉はかけてはいない。

ただ人間どうしてもそういう感情がでてしまうから感情のやり場として元増田を書いたわけだ。そのせいもあって元増田にはマウントを取りに行く感がでただけだ。

はいジョジョと違って命の危険も伴うこともあり、彼女に対して若干のイライラ感がでてたようにも思う。楽しく行こうとしてるのをいちいち注意してくる口うるさいやつという印象になっていたかもしれない。

ここが命の危険が伴わない趣味と、そうでない趣味とを分ける難しい部分だ。前者は好きにやらせたらいい。破滅はあるかもしれないが死にはしない。だが後者は駄目だ。いくら楽しい気分でいる人の気分を害すこととなっても行動を諌めなくてはいけない時がある。(それが身内ともなればなおさらだ!)

ここを間違うと栗城と同じ末路となる。(余計なこと言ったかなwこの議論はまた別のところで)

このバランスが難しい。

富士山だし大丈夫だろっていう気持ちはあった。しかし山であることも事実で、その葛藤元増田を生んだわけだ。

マウント問題は思っているより根深い。

山だけに。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん