「失踪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 失踪とは

2024-04-18

爆売れしてない同人ゲームサークルが一作二作出して失踪する現象

なぜなのか

イラスト漫画小説だとなかなかならないのに

製作コストが高すぎるから

一作目で殆どやりたい事やり尽くすから

2024-04-16

COLD SLEEP1巻

病院で目覚めた22歳の青年は、自身名前すら忘れた完全な記憶喪失に陥っていた

交通事故で頭を強く打った後遺症のようで、一般常識はあるもの過去の思い出を何一つ覚えていない

22歳でフリーターをしていたらしいが、入院している間に家は家賃滞納で追い出されており貯金も少なく退院後の行き場はなかった

しかし、友人だという少し年上の藤島さんが同居させてくれ養ってくれることになった

藤島さんは、以前の青年写真家志望だったからと写真専門学校に行くよう勧めるがピンとこない

本格的な高価なカメラプレゼントしてくれたりするが、特に本腰入れて写真技術を学びたいとは思えない

思い出せない「以前の自分」に戻そうとする藤島さんに苛立ちを感じる

それと同時に「今の自分」を見てほしいのだと、異常に献身的で養ってくれる藤島さんに恋をしているのだと気づく

コンビニバイトするようになり、ふとケーキを買って帰ったところ藤島さんは美味しそうに食べてくれた

厳しい親に育てられ甘いものを一切禁じられていたという藤島さんは大人になってから極端な甘党になっていた

藤島さんを喜ばせるためケーキ屋の開拓をするようになってから青年はあるケーキ屋の主人と親しくなりその店に転職

パティシエを目指すようになった

藤島さんは、以前は写真家志望だったのにと不満そうではあったが受け入れてくれた

実は青年交通事故人身事故で、相手一方的な過失があるとはいえ青年のせいで死んでいた

資産家の家に生まれ藤島さんは親の遺産である会社を売ってつくった莫大な金を遺族に投じて刑事事件を力技で回避して青年を守っていた

被害者の姉が納得できずに青年を襲った際に藤島さんはかばって負傷

どうしてそこまで藤島さんが自分に尽くすのか青年は怖く思うほどだった

本当はただの友人ではなく恋人同士だったんじゃないかと問いかけ、答えようとしない藤島さんを青年は抱いた

2巻

青年製菓資格を取り順調にキャリアを積み重ねつつ藤島さんとラブラブな日々をすごしていた

手に余る高級カメラは専ら藤島さんをハメ撮りするのに使用

藤島さんは青年記憶喪失になる以前のことを回想する

藤島さんはさる資産家に生まれ

色々あって家庭はギスギスしていたが、父親婚外子を引き取ったことで更に悪化

その婚外子少年が後の青年だった

少年の実母はろくでもない女で元からネグレクトの末に失踪し、仕方無く引き取った父にも愛情はない

無関心な父と憎悪を向ける母に苦しめられている少年を放っておけず藤島さんは隠れて優しく接した

干渉母親性的なことを極端に抑制されている藤島さんは、少年を抱きしめて眠っていたある晩にふと少年ちんちんをしごいた

少年は唯一心を許していた藤島さんにイタズラを受けたことに泣き、藤島さんを拒絶しもう誰にも心を開かないようになった

中卒で少年家出して親たちも探すことはせず、藤島さんは自分のせいだと後悔した

両親が相次いで亡くなりしばらくしてから青年事故意識不明になっていることを知らされた

また身辺を検め、青年がろくでもない薄給仕事で苦しい生活をしていることや

そんな中でも貯金して写真専門学校を目指していることを知った

最悪な環境の中で荒みきった姿を知っていただけに、青年が夢を持って生きていてくれたのが藤島さんは嬉しかった

藤島さんは事故を処理し彼の夢を支えることが償いになると思った

青年がなにもかも忘れて恋人になったことに喜びはあったが、罪悪感もつきまとっていた


3巻

アラサーになった青年はある日目覚めて、なんの前触れもなく事故以前の記憶を取り戻した

引き換えにそれ以後の記憶は失い、知らない部屋で目覚めたこと、鏡に映る自分が老けていることに恐怖した

しかも部屋を調べたら、かつて幼い自分にイタズラした最悪な存在である藤島さんとのハメ撮りが出てくる

カレンダーを見れば数年が経っており、外に出れば土地勘のないところで、青年は途方にくれる

記憶喪失になり、それをいいことに性犯罪者藤島さんにいいように丸めまれたのだと怒りに燃える

藤島さんをボコボコに殴ったりもしたが、他に行けるところもなく少しずつ関係は軟化

パティシエとしての頑張りが評価され、町の菓子屋ではなくハイレベルな店に修行に行く話もあったことや、

状態が落ち着いたらひとまずうちの店に復帰すればいいよと言ってくれ実の息子のように扱ってくれる店主の存在

それらは、婚外子だの中卒だのでどこにいっても軽んじられた青年がかつては持たないものだった

記憶を取り戻す前の自分の方がよほど人に必要とされて愛されていたと青年は突きつけられる

製菓技能記憶とともに失い、道具を持てば体が覚えてる、などということもなく青年はなんのスキルもないアラサーおじさんに成り下がった

2024-04-09

ブクマカ失踪の件

ところで某声優の某Xが炎上して某ファンの某Xアカウントが消えたのと某ブクマカ失踪したのは同じ日である

インターネッツでは某ファン=某声優本人説がまことしやかにささやかれている。

そしてこれらの事象はまるで示し合わされたかのように某県某知事失言から辞意を固めた時期とも偶然の一致を見る。

このことから導き出されるのは川勝知事チノちゃんであるということだ。

ブクマカ失踪の件

最近の再三の大喜利テストから逃げ回っているらしい

ガチ大喜利をやられると大喜利力がないのがバレるから

誰とは言わんが





ケンタウロス夫婦が大ゲンカ、原因は?

2024-04-01

anond:20240401141112

失踪したりで謙虚堅実を思い出した

ちょっと調べたら最終更新は6年以上前だって

そんな経つの

追っているなろう小説が一週間に一話しか更新されない

ついでに文量もそこまであるわけじゃない

別に失踪したりしなければなんでもいいけどな

せめて三日か四日ごとの更新だったらもっと良かったのだが

2024-03-22

ダンジョン飯区切り悪いなー。

1時間特番にすべきだった。生き返る~クリーチャーになって失踪するまで一気にやらないと、よし後は帰るだけだな!風呂入って来る!もう見なくていいか!って離脱高まるだろ。

何もわかってない。次回そうなるんだろうけど無理言って1時間特番にすべきだったわ。判断を誤ったね。

2024-03-20

彼女寝取られた時に男相手に興奮するから目の前でセックスしていただけませんか?って頼んだから断られた

しょうがないなって実家にまで押しかけたら

なぜか男が失踪してしまった

そんなのどうでもいいから、

目の前でやれよと

2024-03-14

トラフきゅんって可哀想だよね

・数百年間修練のみに明け暮れた童貞吸血鬼

・「お前、俺が怖くないのか?」な展開の末にようやく人間彼女ができて脱童貞

彼女に尽くしまくるが「彼の愛し方は人間というより動物的すぎる」とドン引きしていった

・突然彼女失踪

彼女拉致されており、解放してほしければ指定した人物を殺せと手紙脅迫される

・最強吸血鬼だけどみだりに人を殺めたくないので苦悩しながら言いなりになる

・人柄の良いおっさん殺害した後、ヤケになって自分の腕を切り落とす自傷行為

・実は誘拐犯なんていませんでした、彼女自作自演私怨のある者たちを殺すよう手紙送ってました

最初純粋恋愛してたが、弱者男性最強吸血鬼のアンビバレンツさは使えると気づき計画

彼女は超絶クソビッチで、計画進行中も他の男とセックスしていた

2024-03-09

anond:20240309010548

あづまひでおの失踪日記を「失踪生活悲惨さが描かれてないのでつまらない」と言ってたバカを思い出した

2024-03-05

anond:20240305121805

元増田一人暮らししている

祖母急逝したので帰省した

実家ゴミ屋敷になっていた

・父母も妹も臭い

ニートの弟は失踪しており警察は弟の居場所を知っている、妹もニート

一家揃って精神疾患持ち父母(掃除できない障害持ち)・ニート弟(パニック障害の疑い)・ニート妹(不安障害の疑い)

これ弟さんはどういう状態なんだろうな

家族辟易して独立してて肉親との連絡を断ってる状態なんかな?

2024-03-01

何も言わず失踪しちゃったあの絵師やこの絵師

の絵柄でガチエロ絵量産しまくってバラ撒いてたら怒り心頭で復活してくれたりしねえかな

まあ本当に死んでるのも相当数いるだろうけど

2024-02-28

anond:20240228150756

一時金の100万円が手に入った時点で失踪しそう

2024-02-26

どうも、みなさん、ごめんなさい

自己愛が強いばかりに、何度も人を傷つけ、それでいて人が離れていくのには堪らない寂しさを覚えるという父親と、病的なヒステリーで、気に入らないことがあれば腹の底に響くような金切り声で怒罵を浴びせてくる母親の間に私たち三兄弟は産まれました。

四股していながらケロリと嘘を突き通し、度重なる暴力ネグレクト(その原因は後にわかるのですが、ギャンブルでほぼ全財産を溶かしたストレス発散、または自己愛が強く「お金が無い」の一言が言えないために"ブチギレている自分"を演じることでお金が無い事を悟られないようにしていた。)を繰り返し、家庭を崩壊させた父親に対しては憎しみよりも無関心が勝っている。あなたのおかげで経済的に恵まれなかった私は学校では臭いと言われ、惨めな人生を送ってきましたが、もうどうでもよいです、どうか私の知らない場所幸せ暮らしていて下さいと、ペコリ頭を下げて、いっそ幸福さえ祈ってしまいたいような気持ち。一方で、100円引きのファミリー用の牛肉食卓に並んだ日には思わず今日は何かお祝いがあるのですか」と聞いてしまうような家庭環境ながら、私たち3兄弟を少なくとも経歴だけなら健常な家庭に育った者のようにしてくれた母には酷い憎しみを覚えるのだ。

ごめんなさい。私は母に憎しみを覚える資格すらないことは十分すぎるほどわかっている。父が失踪してから、悲しい記憶がそこらにある埼玉実家を飛び出し、単身北海道に渡ったのだが、私がいなくなれば弟がどんなに母からキツイ躾を受けるか、腹の底まで響く金切り声で讒言の限りを尽くした怒罵を浴びせられるか、残酷なほど理解していながら、私は自分幸せのために逃げました。

弟は私がいない間、兄と母からひどく虐められ、私が半年に一度帰る度に思わず身を引いてしまうほどの涙を流し、最後には「なぜ逃げた」と私を詰るのでした。ごめんなさい。母は病的なヒステリーを、兄は溜まったストレスを弟にぶつけることは深刻に理解していましたが、それでも母と兄の中に必ずある人間らしさに期待している自分も確かにいました。

今では兄と母が傷つけ合い、兄と弟は絶縁し、弟と母は初めて聞くような罵詈雑言で罵り合う。

書きたいことはたくさんあるはずなのに、まとまりません。

あれだけ意を決して家を飛び出したはずなのに、少し心が疲れて、家庭はさら悪化をしただけでした。

許してほしいとは言いません。

ただ、幸せになってほしい。母を憎んでいると言いましたが、嘘です、産んでくれてありがとう

さよならさよなら

2024-02-24

解決事件よりまだ行方不明の段階で生死すらわからず数年経ってるパターンが怖い

失踪行方不明になった弁護士一覧ってページがあって更新されたら死体になってる

https://anond.hatelabo.jp/20240224004630#

2024-02-19

失踪感のある曲あげてけ

ジュワ

2024-02-18

>高3の姉が40の塾講師と付き合い親は猛反対したが卒業後に失踪

ハッキリ言ってこれ全員悪いよ。

 

・受け入れない親

・実の姉を「冠婚葬祭にふらっと現れてホラーだった」と気持ち悪い宣言する妹

・完全に縁を切る覚悟が無く結婚を踏みとどまる姉

・(おそらく)結婚する気が無い?塾講師の男

 

これホント全員ヤバイ。18で成人してるのにグルーミングだと騒ぎ立ててる妹もヤバイ登場人物全員ヤバイ。やっぱ雪国陰湿さハンパねえっすわ。 

俺の姉も歳の差結婚だったけど親は「本人達のやる事だからしゃーないよね」みたいな感じだったよ。一歩間違えたらこうなってたんだろうな。オーコワ

2024-02-10

親が天寿まで全うした人はなんとなくそ過程でどんな病気ライフスタイルを送ったかを見た上で、自分に将来降りかかる色々な厄介事に対して備えるんだろうけど、祖父は親が結婚する前に失踪(原因不明)、父は40を前に精神病んで自殺と来てて、自分の中にどんな地雷が埋まってるか分からなくて怖い。とりあえず高い医療保険に入っておけばいいんだろうか。それとも株投資だろうか。あるいはもはや破滅は免れないとして楽しいと言う感情があるうちに遊んでおいた方がいいのだろうか。

2024-02-09

失踪感のある青春ロック曲教えてくれ!

もう毎日社会も暗い話題ばっかだし仕事もうまく行かないし

気分が落ち込むことばっかりで嫌になる。

 

スカっとさわやかな青春ロック曲教えてくれ

 

イメージとしては

supercellの「さよならメモリーズ」とか

ノクチルの「いつだって僕らは」とか

CHARCOAL FILTERの「Brand-New Myself」とか

なんかそんな感じ

そもそも原作自体レイプで生まれ子供なこともあるんだよな

鳥山明ドラゴンボールそもそも少年悟空冒険アドベンチャーを描きたかったのが人気が出なかったので

編集が「悟空亀仙人以外全員捨てて仕切り直せ」つってアドベンチャー路線を捨てさせてバトル路線に舵を切った。

鳥山アドベンチャー路線が好きなのはドラゴボ以降の作品群見てりゃ誰でもわかるわな。

ちなみに等身の高い大人キャラクター描くのもそんな好きじゃない。

その後、バトル路線に飽き飽きした鳥山ピッコロ大魔王編でまたちょっとアドベンチャー路線に戻して

ピッコロ倒して終わりにするはずが人気がありすぎて編集から続けろ、次は大人編だと言われ継続

その後は本人も「エピローグのつもりで書いてた」「アニメ版をZにしたはもう終わりにするため」と語っていたように

作家本人の意思には反した形で作品継続していった。

 

本宮ひろしの男一匹ガキ大将なんかも有名な作品で、作者は何度も終わらせてくれと編集に直訴したが許されず

とうとうブチ切れた作者が主人公の腹に竹槍をぶっ刺して死にました!終わり!ってして

いざ本誌が届いてみてみたら編集煽りコメントで「続く」と書いてあってビックリ仰天。

結局、それからダラダラ連載を続ける羽目になった。

これも作家本人の意思とは反した形で作品が続いた例だよな。

 

他にもハンターハンターの富樫が幽遊白書で連載辞めさせてくれなくて病んで失踪した話は有名。

つーか集英社にこの手の話多いな。

他にもなんか途中からジャンル自体がガラッと変わって何だこれってなった作品もあったよな。

 

そこまで行かなくても、マガジンで連載されていた我間乱ではコミックスキャラ紹介で定期的に

編集が入れろって言うから入れたけど面白くならなかった」的な文句がちょろちょろ出てくる。

 

連載作品でこの手の「作家の思いとは関係なく作品の流れやキャラクターを改変させられる」話は事欠かない。

 

もちろん、出版社としては芸術やってんじゃなくて、商売として最善を尽くしてるだけってのは実際そう。

人気作品は引き延ばせるだけ引き延ばして金稼がなきゃいけない。

そのほうが作家にとってもいいはずだと思ってそれをやることは否定しないけど、

でもそれで出来上がってきたもの果たして作家本来描きたかったもの」だろうか。

作家原作表現たかったもの無視して利益を最大化しようとするような行為

原作レイプ」とするんだとしたら、そもそもその原作の生まれはどうなのだろうか。

2024-02-05

実家が細くて得したこと一覧

小学生の頃にヤクザから借金取りの電話を受けていたので大抵の事ではビクつかなくなった。

父親がいつのまにか失踪していたため、死んだ連絡が来ても全然悲しく無くて助かった。

母親も夜職についており、孤独耐性がついた。

子供の頃に勉強しろと言われなくて勉学のストレスが無かった。

大人になって勉強の楽しさに目覚めることができた。

お小遣いをもらったことが無かったので自分で稼ぎ、使う楽しみができた。

・不衛生な環境で育ったせいか免疫力が強い気がする。

振り返ってみれば、自分人生はこれで正解だったような気もする。

2024-02-01

個人事業主っていえば anond:20240131225617

あの爆弾テロやって50年ぐらい逃げ切ったあんちゃんも、そんな感じだろw

正体不明ちゃんとした雇用契約雇用保険健康保険に加入できないから、「業務委託」って名目土建屋住み込みで働いてた、って思うんだが...

住み込みで働ける、ちょっとアングラ寄り(?)な職場、探してみなよw

ウチの近所だと、パチンコ屋の住み込みで働いてた夫婦失踪しただか変死しただかって事件が何年か前にあったなー

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん