「真逆」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 真逆とは

2018-02-23

anond:20180223020104

普通情緒を得たいという話なんだろうか。

それとも周囲に迷惑をかけないように生きたいということ?

他人事なので、不快だと思ったらスルーしてもらってかまわないんだけど、世の中、いうほど普通情緒の人いない。

そう見えてもそれは他人からそう見えるってパターンが多いと思う。

そしてそういうのは自分で決めることじゃなくて、周囲が決めること。


何をもってダメと言っているんだろうかちょっとからなかった。

誰かから好かれたい?相手自分以上に病んでたら目も当てられない可能だってある。自分に引きずられてひどい目に合わされることもままありうる。その真逆もありえる。

増田が働いて、日々を過ごして、周りにはちょっとめんどくさい人って思われてるかもしれないけど、それだけで十分なんじゃ? どこがダメなの?

ネガティブ自虐に走る自分が嫌なら、書いている通りひとまず出そうになる自虐を飲み込んでありがとうって言えばいいし、言葉の裏を勝手解釈しないでそのまま受け取ることをしたらいいんじゃなかろうか。

そうすれば少なくとも周りに余計な気を使わせることは減ると思う。

ネガティブなんだけど、自分に課してるものレベルが高いのかもしれないって感じた。

何をどう整理したかったの?

2018-02-18

anond:20180218001643

皆無じゃないけど、それとは真逆で「その場その場で回りが痴漢絶対に許さない」んだよ

2018-02-17

anond:20180217103901

アメリカ移民労働力として欠かせないし

民族排斥は忌むべきことだと言えるけど

じゃあ果たして

日本男尊女卑思想につける薬はあるのかな?

 

ゆとり教育でどんなに子供の頃から男女平等唱えても

結局痴漢セクハラも無くならなかったし

しろ若者ほど萌えアニメやら反ポリコレコンサバ支持と

教育真逆思想身に着けちゃってるよね?

 

まさに平等教育されたはずの世代が率先してやらかしてるんじゃ

もはや男の先天的欠陥を疑って

すみ分けるしかないのでは?

引っ越しした

やってやった!やっと引越ししてやった!!

通路足音に緊張することも

そのたび窓から外を確かめることももうない!!!

あなたは一足先にここを離れたというのに

習慣というものは恐ろしく1年をすぎてようやく

ようやく穏やかに過ごせるようになったと思いきや

ラジオからあなた名前が聞こえてきて心臓が凍ったよ

慌てて電源切ったけど これからこういう事が

増えるのかと思うとやるせないなあ

モラハラ治療は忘れることと言ったけどこの場合

どうしたらいいんだろうね?なんて前回もここに

書き込んでしまったけど その時は即特定されてしまって

(かなりぼかしたのにすごいよね もしかして身内?)

自分は居場所を知られているもんだから 自業自得だけど

そのうち◯されるんじゃないか、ヒヤヒヤしたよ

ももうそんな心配もないね

あなたにもらった モラハラ2年間の集大成みたいな

超失礼なメール、当時は混乱して悲しくてただ

落ち込んでいたけれど、冷静に見返したら言ってること

支離滅裂だし(真逆の態度で混乱させるのがモラハラの手口

なんだって 知らなかった)突っ込みどころ満載だったよ

そろそろ笑いに変えたい 仲間内に長文スクショを流したい!

こんなことを考えてしま自分はなんて

最低なんだろうと思うけど 我慢した方だよね?

時間と労力はもちろん顎関節症腱鞘炎ストレス性のできもの

これだけ負荷がかかって+1年悩んだのだからもういいでしょ

"◯◯ちゃんもね〜 本当はこうした方がいいと思うんだけど

言わないよ でも君には言うよ 君だから言うんだよ"

って言うこときかせようとしてきたよね よく。

その◯◯ちゃんと仲良くしているあなたを、私はどう

眺めてればよかったのかな?私の方が友達ランクが上なんだって

ありがたくも検討違いの指摘をもらえてるんだって

優越感に浸ってればよかったの?ランクなんていいか

私も優しくしてもらう側になりたかったなあ ああ告げ口したい

酷い事はいくらでも思いつくけど

きっと自分は実行出来ないと思うからしばらくは安心していいよ

なんだかんだ 友人関係ながかったからね

こうやって、やっぱり君は嫌な奴だったんだって

もちろんいい所もあったけど(たぶん)

上手に隠していただけなんだって思い込もうとしているんだ

家族愚痴をいってたけど 話をききながら

それと同じこと君に全部されてるなあって思ってたよ

血は争えないんだなって、結局こうなる運命だったんだな

って 諦めようとしているよ

さようなら 出来れば二度と顔も名前作品にも

触れることがありませんように

の子元気?と聞いてくる友人たちにも

ちゃんと無理って 伝えれますように



地雷踏んだらまたきまーす

2018-02-16

客の前で店員恫喝する飲食店って何なの

まさか自分はてブに書く日が来るとは…。

胸糞な愚痴なんで、読む時は注意してほしい。

読後の不快感には責任は持てない。


最初に、自分は肉が大好きだ。

焼肉ステーキ、いつでも食べたい。

肉おいしいよね。ステーキならヒレ、焼肉ならカルビ牛タン塩が好きです。


そんで最寄り駅に新しいステーキ屋ができたというので試しに行ってみた。

身近にふらっと寄れるおいしいステーキ屋ができたらいいなと期待しながら。

結論から言うと、多分もう二度と行くことはないだろう。


なぜなら、「店長らしきおじさんがバイトに感じ悪く指示を出してて、バイトの子もすごい委縮してて、とても感じが悪かったから」だ。

ステーキの味がまずいわけではないけど、美味しい!には何かが圧倒的に足りず、至って「普通」だったのもあるけど。

店に入って席について、「あ、失敗だったな」と思う程の場面に出会うのって、「滅多にない」ことだ。

昨日がその「滅多」な場面だったらしい。

できれば遭遇したくない「滅多」だが、運の悪いことに遭遇してしまった。


価格帯的には一人1,500円~2,000円くらいの店。

最近いき〇りステーキ無駄なく美味しいステーキ提供に慣れてたから、肉の質によってはそれは全然安い値段だ。

けど店の雰囲気、肉の質ともに断然「い〇なりステーキに行けばよかった。」だ。

これから絶対、おいしいステーキ肉が食べたくなったら倍出しても「いき〇りステーキに行く」。

一択だ。

こんな記事名前出して申し訳ないが、ほんと美味しくてシステムシンプルで、

食べたいと思い立った時に気軽に美味しいステーキを食べられるので、とても気に入っている。

シュラスコでもいい。もっと値ははるけど、おいしくて雰囲気もいい店を知っている。

だが、昨日行った店だけは、もっとずっと安かったとしても、誰かのおごりでも、もう絶対に選ばない。

飲食店サービス業というが、この程度の価格帯の店ではサービスなんて期待してない。

ただシンプルうまい肉が食べれればいいのだ。

当然のことだが、サービスというのはある程度対価が必要で、いいサービスを受けたければ

ホテルのディナーやある程度価格の高い、「心地よい空間」も料金のうち、という店を選ぶ。

繰り返すが、こんな店にサービスは期待していない。


だがいくらサービスを期待してないとはいえ、

「客を不快にさせる接客」をするなんてのは論外だ。

不愛想なら不愛想でいいよ、不快にさせられるよりはずっとましだし、

自分の店の料理にひたむきとも取れる。むしろ好感。



今日の店主の様子はこうだ。

いちいち大声。そして威圧的

指示と書いたが、命令で小姑みたいな偉そうな態度。

着席して注文取った瞬間始まったので、完全にやられたと思った。

注文する前に分かったら席を立ってたと思う。

「注文取ったらちゃんと繰り返して聞いて。確認したら間違いはないでしょ。」

「紙エプロン必要かどうか聞くタイミング今?違うでしょ、遅すぎるよ。」

「何回言ったら分かるんだよ、いい加減覚えろよ。」

こんな感じでずーっと文句言ってる。

まあさ、たしかに言ってることはその通りではあるんだけどさ、

それって今言うこと?そしてその言い方何?

店狭いから、ってかカウンターしかいから、丸聞こえですごい不愉快なんですけど。

そんで、おじさんがやってることって事前に(開店前に)(バックヤードで)(怒鳴らず)教えておくことだよね?

営業中に、客のいる前で、大声で、店内を最悪な雰囲気にしながら伝えることじゃないよね?

あの、どー見ても自分教育能力がないことを露呈してる残念な言動しか見えないんだけど。



昨日今日入ったバイトさんなのかな?

すごい怯えてて、委縮してて見てて可哀想だったし、指摘内容もそこまで偉そうにぐちぐち言うことじゃないと思った。

ほんとか知んないけどさ、脳って縮むらしいよね、こういう高圧的な態度で恫喝されると。

バイトの子たちは、こんな店で働く価値いから、一刻も早く辞めた方がいい。


で、最近できたお店なのかな、と思って調べたらオープンは去年だった衝撃。

おそらく…、店長が原因で辞めて、新しい人が入ったところなんだろうな、と思った。


たまに、ほんとたまーーーに、運が悪いと、

こういう偉そうなおじさんがバイトに偉そうに恫喝してる店に当たることがあるんだけど。

今まで遭遇したのはラーメン屋とかかな。その店も味は微妙だったね。

元々微妙料理が、さらにすっげーまずくなるんで、ほんとやめてください。


外食ってちょっと気分変えたいとき普段よりお金出して、自分ちじゃ作れない調理法技術料理を食べに行くもんじゃない?

もちろんただ食欲を満たすだけの外食もあるけど、自分の中ではステーキ焼肉ってちょっとした贅沢って位置付けだ。

用意できる肉の質のこともあるけど、高温の鉄板とか炭火焼の七輪とか、家にないしさ。

プロ飲食店としては商品としてのおいしさを追求するのはもちろんのこと、それを食べるお客のことも考えて行動してほしい。

目の前で恫喝されてびびってる店員さん見せられて、素直に料理を楽しめると思う?

自分自分の店の商品価値を下げてどうするよ。



とりあえず昨日の店のおじさんには、自分教育能力のなさ、無能さに気付いて一刻も早く黙ってほしい。

おじさん、あなたのやってること、すっごい恥ずかしいよ。


調べたら、チェーン展開?してるお店で、本店方針には「いつでもふらっと立ち寄れる場所になれたらいい」みたいなことが書いてあった。

すごい地元展開してる店みたいだから特定を避けるためにぼかすけど、そう思うようになったほっこりエピソードが書いてあって。それはすごくいい話だった。

けどさ、おいおい、真逆ですよと。

支店?ということで、いい歳になってやっと店持たせてもらって張り切ってんだか知んないけど、今日行った系列の店は本来の志から真逆接客をする最低な雰囲気の店でしたよと。

知らせる義理はないし、報復も怖いから連絡はしない。食べログにもレビューは書かない。


まあ、いつまで店が持つかは見ものかな。

多分あの感じだと、来年の同じ時期にはもう別の店が入ってると思う。



まり不快だったので、おなかいっぱいだったけど口直しに寿司を食べて帰った。

寿司はどれも提供が早くて、無駄のない接客も感じよくて、そして美味しかった。

心の不快感はまだ消えない。

2018-02-14

先輩(女)を好きになってしまたかもしれない

まだ、自分気持ちが定かではないのだけれど、もしかすると今一緒に仕事をしている先輩(女)を好きになってしまたかもしれない。

その彼女とは、仕事の進め方や考え方はあまり合わない。むしろ真逆といっていい。だが、だからこそ、仕事パートナーとしては理想的だなと感じることも多い。

そんな彼女のことが最近、異性として気になっている自分に気づいた。

きっかけは忘れてしまったが、彼女が落ち込んでいるときに側にいて、夜中まで話を聞いたときからだろうか。そこから2ヶ月以上経つが、ほぼ毎日連絡を取り合っている。話の内容は仕事2割、まったく関係のない話が8割くらいだろうか。

もともと、毎日連絡を誰かととることが苦手な自分は度々連絡を自ら切ることや、この話はもうこれで終わりだな、と思うときは新しい話題を振ることはなかった。

どちからというと、彼女から連絡をする機会が多くなったように感じる。そしてこれまで行かなかったが、2人で食事にいくことも増えた。

そんなこんなで、、、気になってしまっている。

(ただ、情が移ってしまっているというだけかもしれない。ただの依存可能性もあると思っている。)

彼女ももしかして自分のことを気になっているのではないだろうか、という考えは甘いだろうか?

恋愛に対して少しブランクのある自分には、今の状況が、なんというか少しもどかしい

意見をいただけると幸いです。

2018-02-13

anond:20180213211318

マジか。我が家真逆だ。連れは笑うぐらい周囲を認識していない。こいつ一人の時、どうやって歩いてんだ?って不安になるぐらい空間認識拒否している。

2018-02-12

なんで親の言うことを聞くと偉いのか

今の日本社会価値観はクソだ!とか、ああ言われたか真逆のことをして反抗してやるぜ!がはは!

とかそういうものではなくて、むしろ自分反抗的子供みると「ぜってぇコイツロクな大人にならねぇわ」とか思っちゃうクチなんだけど

親の言うことを聞く=良い子

と無条件で考えられてるのはなんでかなぁと。

2018-02-11

anond:20180211143402

まだまだ全然大丈夫だろう。

本当に詰まってくるとやるべき事はもう全部投げ捨ててドロップアウトしたまま何十年となって、

やりたい事だったはずのアニメ鑑賞だのゲーム攻略だのも「やらねば」みたいに感じて手が伸びなくなる。

気力というのは永遠に湧くことはなく、機会を失い続ける寂寥感に吸い寄せられ、ただ受け入れるようになる。

恐ろしいと思っただろうか?だから頑張れという激励だと受け取っただろうか?

しろ真逆だ。そういう自分の中の淀み、諦観の境地をいなせるようになってこそ、真の人間だと思うのだ。

堕ちられるところまで堕ちてみるといい。そこに究極の哲学がある。

2018-02-04

anond:20180204180421

真逆解釈させてしまって申し訳ありません💦、

男性経験がまったくなかったので、誰かに口説かれる経験もそんなになくて、気恥ずかしいというのでしょうか。

色恋に関しての恥ずかしさ、(恥じらい)に近い意味合いです。

「私なんかが?」みたいな。

恋愛に参加する自分というのが、そんな大それた、みたいな感じ。

相手完璧な人だったので、自分という存在が「お恥ずかしい」に近かったのです。

ゼニ以外のきちっとした価値観とか哲学

ないのは辛いもんだな、って今さら思う。

海外のよく分からんセレブなんかがよく分からんチャリティー生活やってても、それは言動一致してるから「なんかゼニ以外の思想があるんだな、自分の中に」て感じがするが

日本場合だと、そういうのってあんまいない気がする。

日本の伝統のよろしさ、とかいう割に潔さを感じない人も多いし、そもそもお前のその生き方って称揚してる武士道とか侍とかと凄い真逆だってなってたり

いかにも「今これが受けてるからそれに便乗して銭儲け」って感じの臭いがプンプンしてたまらない。

から拝金こそ正義って世の中だったのかね。

配給のコメだけで我慢してたら餓死した判事を持ち上げつつも嘲笑ってた戦後すぐから「銭こそすべて」ってメンタル引っ張ってる感じもしなくもないしなぁ

2018-02-03

異世界

先日日比谷公園に行った帰りに,日比谷から有楽町東京まで散歩した.

昼ごはん有楽町のdindonでハンバーグクリームコロッケのセットを注文した.

待っている間隣の席からビジネスマンの声が聞こえてきたが,

パーティー行かな!」とか「今月お金足りない」とか,真逆の内容を大声でしゃべっていて理解が追いつかなかった.

他にも都営三田線日比谷駅の出口に出光興産会社があるのだけれど,そこから和洋中のビジネスマン(多分偉い)が出てきて,

外国語マシンガントークしながらタクシーを拾っていった様を見た.

これらの体験から感じたことはここは私がいていい場所ではないということで,私のようなよそ者東京駅

グランスタ大丸あたりの隔離された環境で買い物を楽しんで帰るべきなのである

このようにエネルギッシュでギラギラしたビジネスマンとは真逆存在である私は,彼らに頑張って欲しいと思うと同時に

まりにも縁遠いので今後も関わりたくないと思った.

2018-02-02

仕事方向性、どちらが正しいか

スタッフ部門で働いているが、同僚Aの社員に対する塩対応ぷりが酷く、見ていて相手可哀想になってくる。

私は、突き放してフラット視点をつかうことも必要だと思うけど

基本的には社員に寄り添って仕事がしたい。

困っていたら一緒に悩み、出来るだけ良い方向に導きたい。

Aはその逆を行く人間

システムや規程から外れたことは言わないししない。

相手のことを完全に突き放すし、「こちらはたしか説明した」と言って自分の非を認めない。

その説明もどうかと思う。

必要最低限の言葉しか並んでおらず、見方次第でどうとでも取れる内容。悪く言えば説明不足。

その説明不足が原因で社員からクレームがくることも多く、こちらの仕事も増える。

仕事方向性真逆で、相手理解しようとしたけど全ては無理で、こちらのことも理解しようとはしない。

歩み寄れないか上司相談したら、「受け流すしかいね」とまさかダメ上司発言

仕事する上ではAと私どちらが正しいのでしょうか?

Aと働いてると神経がすり減って行くのがわかる。

2018-01-31

私は結婚しない

 28歳、男性一人暮らし、未婚。世間的に見ればそろそろ危機感の一つでも覚える状況であろう私は、決して強がりではなく、本心からこう宣言する。「一生結婚なんてしない。」

 「『しない』のではなく『できない』の間違いだろう」「強がっているだけじゃないか」「心配しなくてもお前と結婚したがる女性はいない」いくつもの反論が瞬時に浮かんでくるし、その中には面と向かって言われた言葉も含まれている。そして、その反論あながち間違いではない。確かに私は女性モテない。容姿問題も勿論あるだろうが、性格的な要因が最大の問題であることを私自自覚している。大学時代交際した女性はいるが、いずれも半年持たなかった。そして、そのほとんどが私から別れを切り出していた。自慢などではない。それこそが私が結婚しない原因なのである

 私は一人が好きだ。休日は誰とも会わずに家の中に閉じこもっているか、もしくはネカフェなど一人になれるスペースで過ごすことが多い。一人でいる時が最もリラックスできる時間なのである

 逆に他人(肉親も含む)と一緒にいることは、私にとってストレスとなる。ストレスと言っても、耐えがたいレベルのものではない。適度な緊張感を生む程度のものだ。仕事場では、浮いてしまわないように常識的社会人として振舞う。友人といる時は「楽しませなければならない、つまらない奴と思われたくない」と積極的に話をしたり、逆に聞き役に徹して適度に相槌を打ったりする。たまに実家に帰る時は、両親にお土産を持って帰り、共に食卓を囲んで団欒の時を過ごす。周囲からは、多少なりとも「社交的な人」とか「面白い人」という評価を頂いている(と思いたい)。だが、実際には真逆の陰気な小心者だということは、数少ない心を許している友人は知っている。

 一般的な人にとっては、日常仕事や友人と遊ぶ時間は「ケ」であろう。しかし私にとって、他人と一緒にいる時間は、毎日仕事であっても、友人と遊んでいる時であっても、家族食卓を囲んでいる時間でさえも、「ハレ」の時間なのである。そして、一人でいる時だけが「ケ」の時間なのだ

 他の人にとって「ハレ」の日とはどんなものだろうか。仕事プレゼンをする時だろうか。好きな異性とデートをする時だろうか。全校生徒の前で弁論大会の発表をする時だろうか。バンド仲間とライブをする時だろうか。それはきっと、大きなプレッシャーストレスであると同時に、それに勝るとも劣らない充実感や達成感を生み出すものだろう。

 私も同じである。人と一緒にいることが全くの苦痛という訳ではない。仕事にはやりがいを感じているし、友人と遊ぶのは楽しいし、両親と食卓を囲む時間はかけがえのない物であるしかし、それは同時にプレッシャーでもある。「仕事ができない奴と思われたらどうしよう」「つまらない奴だと思われたらどうしよう」「ダメな息子と思われたらどうしよう」そういった観念が常に付きまとう。それはプレゼンライブ程ではないが充実感を生み出してくれるし、デート弁論大会程でもないが相応のストレスを生じるものである

 だからこそ休日はなるべく一人になって鋭気を養っている。たまに友人と遊ぶ約束が入ると、休日出勤と同じくらいの気持ちで臨むことになり、頻繁になると億劫に感じてしまう。休日が無いのと同じである。先述の通り彼女と長続きしなかったのは、私が交際した相手が「いつも一緒にいたい」タイプの人ばかりだったことが大きい。私は一人の時間が欲しかったのだ。

 もちろん、他人と一緒にいることが苦に感じない人も多いと思う。「一人なんて耐えられない。」「誰かと一緒じゃないとファミレスも入りたくない。」「休みの日はいつも連れと遊んでいる」そういう人にとって、きっと誰かと一緒にいる時間は「ケ」なのだと思う。それが日常。いつもの日々。だから(少なくとも精神的には)疲れないし、むしろ一人でいると孤独苦痛を感じる。そういう人には、私の感覚理解し得ないだろう。私も一人で飲食店に入れない人間の気は知れない。

 しかし、程度の差こそあれ、同じような感覚を持つ人は多いのではないだろうか。「たまの休みは一人でのんびりしたい」「家でゴロゴロしながら好きな映画を見ている時が一番幸せ」など、他人と一緒にいることが多少なりともストレスと感じている人は、少なくないのではないだろうか。

 そして、日本社会では、私のような人間は決して歓迎されない。「みんな仲良く」「和を以て貴しとなす」「空気を読む」それは幼少のころからコミュニティーの中で暗黙の了解として強要されており、コミュニティー不文律を破る人間は「イジメ」や「村八分」を受ける。それ自体は間違ったことではないと思う。コミュニティーに参加し、コミュニティーのために働かない者は淘汰される。そうやってコミュニティー全体を維持しているのである。だからこそ私も毎日緊張感のある「ハレ」の舞台に臨むのである

 だが、それが24時間365日続くと言うのであれば、話は別だ。家族というコミュニティーを維持するために、毎日働き、休みの日にはよい夫として、良い父として家族に尽くす…考えただけでストレスで禿げそうである。いや、そんな大層な話ではなくとも、四六時中誰かと顔を合わせて生活する…それだけでもう我慢できない。一人の時間が無くなるのは、私にとっては水や酸素を失うに等しい。

 「ただのわがままだ」「甘えが捨てきれていない」「男は家族を守って初めて一人前だ」「家庭を持つことに勝る幸せはない」叱責の嵐が飛んできそうだが(実際言われたこともある)、そう思う人は、どうぞ立派な男として生きてほしい。ただ、自分の考えを他人強要するのはやめてほしい。「結婚しない奴が出生率を下げて日本を衰退させている」と言う人もいる。そう言うなら独身者を罰する法律でも作ればいい。法的根拠もなしに他人非難してもいいのは、独裁国家権力者くらいなものだ。誰に何と言われようと、私にとって一人の時間は大切なのである。家庭や仕事が一番大事だと言う人がいるのと同じように。

 だから私は結婚できないし、これから先もする気はない。そしてそれに後ろめたさを感じることもないし、他人にとやかく言われる筋合いもない。モテるモテないとか、甲斐性の有る無しとか、そういう話とはベクトルが違う。私はただ、自分を守るために、自分にとって一番大切なものを優先しているだけなのである

2018-01-30

先輩が有能すぎて消えてしまいたい

仕事中の真剣な横顔は美人だけど、ふと気が抜けて笑ったところがかわいくて、誰にでも明るく接して、可愛い声だから、嫌味も嫌味に聞こえなくて、そのうえ気が利くから、みんなから頼りにされて、どんな仕事もそつなくこなすけど、たまにちょっとミスったときも、周りがなかったことにしてくれてる

オフの日は、仕事ときのカチッとした着こなしとは真逆の、プチプラコーデでラフなのに、スタイルいから似合ってて、ほぼすっぴんなのにめっちゃれい

そんな先輩に指導されている私は、劣等感に苛まれおかしくなりそうです

2018-01-27

anond:20180127150151

乙です。

でもスター付けてるバカの大半が、id:yas-malみたいに

「「気持ちわかるよ」→「差別排除OK」というのは、かなりの飛躍だなぁ…。」

とか、

id:kido_ariみたいに、

気持ち共感するのとその行為容認するのはまた別だしなあ。」

とか、

言い訳するんだろうなぁ…。


自分たちが「差別的気持ち」がわかっちゃってることに全く気づいてないからこそスター付けられるのであろうし。

ネトウヨみたいな差別心ではなく、その真逆正義から差別やらかしてる分、

歯止めが利かなくてヤバイのはこの正義スター勢力なんだけどなぁ…。

女性だけ街の件が例えば「サラリーマンだけで会社ヲ作ろう」だったら

女性だけ街の件だけど、アレって要は

独立心が無く、誰かに依存しなければ生きていけない人だけで独立しよう」っていう属性があるから問題視されるんじゃない?

似たようなケースで、表題のような「ドキッ♡リーマンだらけの会社経営」とかだったらどんな反応になってたか、って話よ

そこで

リーマンだけで会社経営なんか出来るわけねえだろwwww」

「それぞれの部署人間がしっかり経営に携われば問題ない、むしろ現場を知らない経営者がいない分だけ好調になる」

というような真逆意見が出るのではないかと思われるのだが、

ここでは既にリーマン存在定義が両者で完全に分かれてる

前者は会社にぶら下がらなければ食っていけない能力のない人間を想定しているし、

後者は自立した人間として自らの役割をしっかりと果たす能力のある人間を想定している

また後者後者で、強者立場に居る人間何となく無能っぽいことを前提としている

こうなってくると、

もはやリーマンがどうだ女がこうだとかそういう話ではなく、

人間として自立しているか否かってだけの論点しか無く、当たり前すぎる結論しか無い

この当たり前すぎる論点属性だけすり替えて、

永遠神学論争に陥れたのが件の女性だけ街の議論不毛さだったのではないだろうか

女が自立しているかしていないかという、

属性以外の人属性帰属すべき根本問題あやふやにしているのが間違いのもとであろう

それから地味に、敵対属性の人属性を悪属性に既定している論も地味に厄介な不毛要素である

女だけ街の例で言えば男、リーマンで言えば経営者がそれに当たる

男=悪、経営者=悪、とか、最近転生した某idみたいなネタを本気で言ってる人が多いのも頭抱える

ただ、ぶっちゃけて言えば

定義を敢えてあやふやにした議論のほうが、

各人が好き勝手なことを言ってボールを投げっぱなしにして良いというフリースロー系の議論になり、

そのほうが楽だしPVも稼げるし注目も集まるし参加する人間無責任放言をしやすいし、

ということでネットではむしろこっちのほうが「需要がある」という側面は否定できない

要はネットは、キャッチボールではなくフリースロー型の議論の方が需要があるってことだね

いかいかは別として

2018-01-25

anond:20180125180108

馬鹿発言以外は合理的解釈できるから炎上は起きない」というのは

ええっと、元増田から、どちらかといえば「大しておかしくない発言でもわざわざ不合理になるように解釈して叩いてる人いるよね」という方向性の話をずっとしてきたつもりですが、

あなたわたし発言からそれとは真逆の「合理的解釈可能発言炎上しない」という主張を読み取っていたのですか。

 

一体ここまでのツリーのどこをどう読んだら「合理的解釈できるもの炎上しない」などという主張が読み取れるのか教えていただきたく……。

2018-01-23

anond:20180122213804

なにもないとおもうが?

しろ「これだけエリートなんだから、ウハウハ楽な一生に違いない!」と思ってそうだが真逆から

この30年ほどは、むしろやりがい搾取的におだてて夢を持たせて、もたせた奴にめちゃくちゃ働かせて潰して終わりという社会だわ。

アニメブラック企業勤務とか起業とかね。

こういう研究者もその一つ。

親友女の子が好きだった女

から数えて、もうすぐで10年になるとは思う。

当時中学生だった私は、親友である女の子が好きだった。

たぶん、確実に初恋だった

恋愛なのか依存なのか憧憬なのかは分からないし、正直どちらでもいいとは思うが親友がとかく好きだった。

一緒に帰りたい思いだけで、自分の家とは真逆である親友の家まで送ったし、お小遣い制でもないしさして裕福でもない家庭であるのに、たまに祖母からもらうお小遣いをやりくりして、親友誕生日にあの子が好きそうなテディベアを送ったりもした。6000円くらいだった。

親友が他の友人と話すのも嫌だったし、一時期女子中学生らしくグループがごたついたとき親友が私のそばから離れることが嫌すぎて何度か家で吐いた。

自分が男だったら親友告白していただろうし、親友が男だったとしても私は告白していた。

親友とずっと一緒にいたかったし、親友の子供も欲しかった。

思い返しても、恋愛なのか依存なのかよくわからない。

ただ、あの時の私は本当に親友を好きだった。

親友と私が出会ったのは10歳の頃。

転校生としてやって来た親友は、はじめクラスの中でもパリピ寄りの女に囲まれていたのだが、生来そこまで明るくもない親友は結局、クラスでもオタク側であった私と何人かの男女のいるグループで落ち着いた。

彼女は要領の悪い性格で、あまり頭も良くはなかった。

運動もさして得意ではなく、同じく運動ができない私と二人で逆上がりできない組として先生に面倒を見られていたりもした。

勉強のほうは、私は少しばかり得意だったのもあって親友割合計算を教えたり、並列と直列の問題を教えたりとなにかと面倒を見たりしていた。

運動勉強も苦手な親友だが、絵は格段に上手かった。私もちょっとは得意かもと思っていたのだが、親友の絵を見たときにあっさりと打ちのめされた。そして一気に彼女に興味を持ったのを覚えている。

思い返そうとしても、思い返すだけのエピソードなんてなかった。

自転車で山まで走り回ったり、海に行ったり、桜を見たり、祭りに行って花火を見たりした。

中学生のころに目覚めた恋愛感情は、いつしか友人として親友の隣に居られたらいいに変わる。高校生となって親友と別の進路を選び、私は県内大学へ、親友は県外の絵を学ぶ専門学校へ行くことになってからは、あの子が健やかに幸せに生きててくれたらいいと思っていた。

こんな話を思い出したのも、今日で私が彼氏と付き合ってから三ヶ月が経ったからだ。

親友のことを思っていたのもあり、元からメンヘラなのもあり、顔も性格もブスな私は思春期に【同性を好きになってしまった】ことから段々とメンヘラが加速していった。

女神行為をして承認欲求を満たしたり、セックスまでは結局できなかったが出会い系で知らないおじさんに処女を捨てようとしたこともある。おっさんと付き合ってテレフォンセックスして、突然LINEで送られてきたおっさんちんこにびっくりしたりもした。

まともな恋愛遍歴が一切ないまま20歳を越えて、なぜか、今の彼氏出会って、惚れられた形で付き合った。彼氏上記のことをすべて知っている。それでも好きだと言ってくれる。なんでこんなクソ女を好いてくれるかは全く分からない。

たった三ヶ月、されど三ヶ月。

ちゃんと顔を知っていて、会ったことがあって、まともな職に就いていて、向精神薬を飲んでもいなくて、未成年セックスしたりしようとしたこともない人と、こんなメンヘラが付き合えたのは本当にすごいなあと思う。

この時期が一番いろいろあるんだよ、などと言われたりもしたが付き合う前に、お互いの弱い部分や私の過去なんかも話してあったために、今はまだ大きな壁なんかにぶち当たったりはしていない。

それどころか付き合いだした当初、好きとか分からなかったのに今じゃ同じだけの熱量彼氏に対して思っているのだから、恋ってすごいなあとも。

親友よ。私の一番大好きで、大切だった親友

私はあの時、あなたが一番好きだった。

上から目線で最低な女だけど、何もできない君がかわいくて大好きだった。勉強運動もできないのに、心を動かすような素敵な絵を描くあなたが大好きだった。

いまはもう、遠く離れていて会うこともできない親友。私はあなた幸せであることを、今だって願ってます。ごめんね、勝手に願われても面倒だよね。大丈夫だよ、一生君には言わないから。

私はずっと、彼氏のことを好きでいながらも心のなかに親友の影が残っていた。この問題、分かんないよと並べた机の向かいで聞いてくる親友がずっといた。

けど、ここで話せてようやく親友の幻影にお別れできそうである

今までありがとう、これからは本当に友達として仲良くしてほしい。

それから結婚おめでとう。

私の大切な親友へ。

ロミオの青い空OPEDで好きなところ

OP

イントロ煙突の底からグワーッと上がって青い空をバックにタイトルが出るところ

街並み見下ろすのさのところで実際に見下ろしてるところ

全体的に本編の鬱屈した感じとは真逆解放感にあふれてるところ

ED

最後で音が盛り上がって一瞬止まるときロミオと白いやつが止まって気を付けして、

最後チャ~ラ~のところでリラックスして顔を見合わせるところ

2018-01-20

「分かり合えない」ことを「日本語が通じない」とか言い出す人

分かり合えない人より怖い

世の中で多様性を認めるということは、自分とは決して相容れない人間存在も許容するということ

それを「言語が通じない」として、許容とは真逆排除に向かう人が、私は心底怖い

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん