「活動家」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 活動家とは

2018-06-16

トランスジェンダートイレ問題

パッと思いつく提案とそれらの問題を羅列してみました。

戸籍上の性別で分ける

まず戸籍性別を変更するには、いくつかの要件があるけど、

  1. 二人以上の医師により,性同一性障害であることが診断されていること
  2. 20歳以上であること 現に婚姻をしていないこと
  3. 現に未成年の子がいないこと
  4. 生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること
  5. 他の性別性器の部分に近似する外観を備えていること

とあります

トランスジェンダーの中にはそもそも診断を受けていない人もいるし、性同一性障害と診断されても、手術や戸籍変更をしない人も多いです。

しない理由は人それぞれですが、する必要性を感じない、お金がない、健康上の問題で手術出来ない、時間がない(いわゆる性転換手術には、まとまった休み必要になるし、術後もすぐに元と同じ生活が出来るわけじゃない)など。

しろトランスジェンダーの中で戸籍性別変更までする人は少数派で、この方法だとトランスジェンダー現在トイレで困ってる人の問題解決されません。

戸籍性別は変えてないけど、社会的性別は変えて上手く社会に溶け込んで生きている人が、戸籍性別トイレを使うと、当人も周りの人も困るでしょうし、

特に20歳未満の当事者は、戸籍性別変更を出来ないので、学校トイレ安全に使えず、学校に通うこと自体が困難なケースも出るでしょう。

具体的にはタレントはるな愛さんのように、服を脱いでも女性しか見えないけど、戸籍上は男性のままって人が男子トイレに入るようになり、

活動家杉山文野さんのような、見た目はひげ面のおじさんだけど、戸籍上は女性の人が女子トイレに入るようになり、かえって混乱を招く事態となるでしょう。

戸籍分けの問題は、NHKでやってたレインボー風呂ジェクトを見ると分かりやすいと思います。あれはトイレじゃなく温泉だったけど、そこそこ問題共通してるので。

https://www.youtube.com/watch?v=slTtgwCSyXI

動画の6分15秒辺りから

生殖器の形で分ける

この場合だと、はるな愛さんのような人は女子トイレに入れるようになりますね。

ただ杉山文野さんは男性ホルモン注射や胸の縮小手術はしても、子宮や卵巣はそのまま、男性器の形成手術もしていないので、女子トイレのままです。

また女→男で戸籍性別変更する場合子宮や卵巣の摘出は必要ですが、男性器の形成必須ではありません。

なので戸籍を男に変えても、男性器は作っていない人も多く(理由は手術代が高い、今の医療技術だと本物の男性器と同じクオリティの見た目や機能のものは作れない等)、こういう人たちは戸籍男性だけど女子トイレを使うべきなのでしょうか。

またトランスジェンダーかどうか関係なく、病気障害、ケガや事故生殖器を切除したりユニークな形の人はどうするんでしょうか。

そして何より、生殖器の形を確かめ方法が難しい。トイレに入る前に下着を下ろして、形を見るのは非現実的ですし、

事前に病院等で発行された男性器、女性認定証を持ってない人はトイレに入れないようにするとかでしょうか。

見た目(客観的)で分ける

これなら杉山文野さんのようなケースも男子トイレに入れます

しかし見た目だけだと、男女どちらとも判別しづらい人はどうするかが難しいです。

戸籍性別変更をしている人でも、見た目の性別も変更出来ているかは人によります日本での戸籍性別変更には、医師の診断や手術してるかが重要で、望みの性別社会通用出来るかは問われません。

なので戸籍性別変更したのに、変更前の性別トイレを使う事態になる可能性もあります

またあくまファッションとして異性装してる人や、ショートヘアで化粧もしなくてよく男性に間違われる女性とか、こういう人たちもどうするのか。

それと外見上、女性に見えない人は女性として扱わないとなると、フェミニストから批判も想定されます

盗撮など性被害心配する意見もありますが、それらは同性間でも起こることですので(女子トイレ盗撮して、映像を売る女性かいますし)、トランスジェンダーだけを排除する理由にはならないでしょう。

しろトランス女性男子トイレを使わせることによる、トランス女性の性被害リスクもあるわけで。

他の利用者理解があれば好きな方を使ってよい

職場学校など、利用者がある程度決まっている場所なら可能選択です。

ただこの場合、他の利用者の反対があれば利用できないこと、新しい人が入ってきたり、トランスジェンダー当人部署移動などしたら、その都度理解を求める必要があること、理解を求める為にはカミングアウトをしなければならないなど問題が多く、安心してトイレが使える環境とは言いづらいです。

自己申告(使いたい方を使う)

トランスジェンダーの側からみると、1番良い選択かと思いますが、問題トランスジェンダーの人とは同じトイレを使いたくないという人との、軋轢が恐らくもっとも深くなる選択肢だと思います

アメリカ2016年、当時のオバマ大統領トランスジェンダーの生徒たちが自分の望む性別トイレ更衣室を使うことを認めるよう公立学校通達しましたが、全米で抗議の声が上がりました。

あと自己申告の都合上、男性(女性)としては社会通用しづらい人が男子(女子)トイレ使用するケースも出てくると想定されます

多目的トイレ、誰でもトイレ、男女両用トイレを使う

数が少ないです。トイレに行きたいのに近くない。あっても使用中で使えないといった事態が起こります

数を増やせば解決しますが、トイレを設置するスペースや費用課題になります

そしてトランスジェンダーであることを明かさずに生活してる人にとっては、多目的トイレを利用することで、トランスジェンダーである不本意な形でバレてしまリスクもあります

またトランスジェンダーの中でも、障害者やベビーカーを押してる人を待たせてまで、多目的トイレを使うのは気が引けるといった意見や、

自分は男(女)なのだから男子(女子)トイレが使いたいのに、これでは隔離されてるようで嫌だという意見もあります

ただ反面、男女で分けられるのが嫌だという当事者もいます。そういう人からすれば、むしろ自己尊重してくれた選択ともとれます




あとは男性用のパウダールームや、男子トイレにサニタリーボックスの設置も検討も。

トランスジェンダートイレで何をしているかと言えば、おしっこやうんちをしたり、ナプキンを変えたり、手を洗ったり、化粧直しをしたり、髪型を整えたり、シスジェンダーの人と同じことをしてるので、

この問題社会個人が、トランスジェンダーを受け入れるか否かという、それだけの話です。

2018-06-15

anond:20180615094913

この辺の、「マジョリティ」の権利コンフリクトする「マイノリティ」の権利

LGBT活動家たちはどう処理するのか、すごく気になる。

ロリコン問題ほど、「一方に肩入れすべき理由」があるわけでないし。

それともまた、「権力勾配」とかいう謎ワードで切り抜けるつもりだろうか

2018-06-14

anond:20180614184939

全然違う

横井はほんとに逃げ回って誰も傷つけてない

小野田ラジオ聞いて戦争が終わったことはわかってた上で

平和な近隣の村を襲撃して山賊生活を楽しんでたクズ

横井大丈夫とわかったら素直に出て来たが

小野田は罪を誤摩化すために将軍に迎えに来させろと駄々を行って劇的な帰還を演出した

帰国後は右翼活動家

事実暴露されるとブラジルへ逃亡

サヨさんがライブ会場前抗議集会ネトウヨ自演ってことにしようとしてるけど

指摘されてるアカウントは味方のふりをした晒し上げ目的可能性はあるけど

抗議集会を呼び掛けてるのは紛れもなく左翼活動家からね。残念だけどw

世の中にはデモプラカード刃物鉄砲と同じように感じる人がいて、政治社会活動家という時点で路上刃物を振り回す人、または暴力団同類に感じる人がいるということだろうか。

2018-06-10

anond:20180610232724

反社活動家巣窟みたいなキャンプ場だったら知らないけど、普通キャンプ道具は個人が所有すべきものだよ

anond:20180610131905

ゲイノンケの男に振られたら「LGBT差別だ!」とノンケ攻撃したり、

ゲイ告白されたことを周りの人間相談したら「アウティングだ!」とノンケ攻撃するような

自称アライやLGBT活動家

はこの世にいたとしてもごく少数なので、やはり藁人形論法である

2018-06-07

怒るときは少しだけ怒るようにしよう

まり怒らないようにしよう

もちろん、怒りが純粋ものであることは疑わないが、

混じりけがなくきれいなものが詰まっているか純粋だということもあれば、中身が空っぽもの純粋だと見えることもある

怒りによって生じた隙間は詐欺師活動家にとっての好物だ

場慣れした彼らは隙間が生じた瞬間を見逃さず「それは何々のせいですよ」と耳元でつぶやく

よほど中身が詰まっていないとそれに疑問を呈したり反論することは難しい

怒りの瞬間が純粋であることは疑わないが、数日もすると怒りの中身は雑多なものごとで一杯になってしま

加えて、怒りは外面が良すぎるのだ

金切り声をミュートさえしてしまえば、たいていの人の怒った顔は造形的に美しい

問題があること、問題が深刻であること、問題解決されるべきであることを、怒りは一瞬にして周囲にアピールする

怒っている時間や周囲がなだめている時間無駄になって解決が遅れることも多いのに

へらへらしながら解決策を考えている人なんかよりもっと真剣なんだと、やはり、人は怒りながら主張してしま

こんなことをグダグダ言っていると、毎日毎日怒っていて怒り慣れている人に笑われそうだ

怒らないか待遇が悪いのよ、相手の怯え具合を見ながら少しづつ怒りなさい

怒らないか交通事故にあってもほおっておかれるのよ、そのときは最大限に怒りなさい

それを見て私も同じようにやってみるけれど、

怒り慣れてない私の不具合と、怒れ慣れてるあの人の日常と、どっちがどれだけ価値があるのか、途中で分からなくなってくる

「なるほど、しかし、正義が踏みにじられたらあなたは当然に怒るのですよ」と説く人がいる

でも、どこかの映画で言っていたように正義の反対は別の正義

あなた正義が踏みにじられたらあなたは怒る、別の正義は踏みにじられていないので別の人は怒らない

怒ることによってあなたの周囲では正義が実現しても、別の人は変わらずそこに居るだろう

あなたの周囲で収まればいいが、怒りのエネルギーは伝播・増殖して、世の中には正義が満ちるだろう

「だから正義なんてろくなもんじゃない」と私はつぶやく

でも、私も長く生きてきて、消し忘れたものごとが煮凝りのように少しだけ体の中に溜まっている

もはや頭とも魂とも汚点ともプライドとも区別がつかないもの

その煮凝りを踏みにじられたときには、これは甘えかもしれないと怯えながらも、私はやはり怒るだろう

なので、残念ながら私も怒ることはある

ただ、

怒るときは少しだけ怒るようにしよう

ちょっと柄にもなく怒り過ぎた

ここ数週間の反省点として

内閣総理大臣

安倍 晋三

2018-06-04

anond:20180603212817

その「見ないふりしてほしい」を、いわゆる活動家たちは努力して勝ち取ったのだと思うんだが。

その上に今の増田が棲んでるのが現状なんじゃないか

そうでなきゃ問答無用で悪意、迫害対象になってると思うんだけどなあ。

家に帰ってからきもいwwwじゃなく、往来できめーんだよ!と怒鳴られ嗤われる。

TV番組SNSでは当然のようにキモいもの扱いして小馬鹿にする。勿論周囲からは白い目で見られ遠巻きにされ孤立感を深める。

LGBTってマイナスからゼロにするにも努力のいる身の上なんだと思うんだが、それをすっ飛ばしてこういうこと言えるのは時代が進んでていいことなのかも。

昨今の活動は確かに行きすぎと感じることもあるから言いたいことは分かる。

https://anond.hatelabo.jp/20180603212817

LGBT活動家の人って多分パーソナリティがすごくLGBTであること自体に寄ってるんだと思うんだよね

私も当事者だけど、活動的ものに全く興味がないし、左派でもないしで今までも今後もパレードに参加しようとか何かで声をあげていこうとか思わない。

男だ女だトランスゲイバイだみたいなことよりも大切だと思える自分カテゴリがないんじゃないか

そしてそういう人の見てる世界の「抑圧されたLGBT像」に人を当てはめてしまうんだと思う。

正直いい気分ではないし、一緒にされたくないかカムアウト出来ないともいえる

わたし当事者だけれど

LGBTだけど正直放っておいてほしい。」

https://anond.hatelabo.jp/20180603212817

に概ね賛成だ。

わたし当事者だけれど、本当に単に放っておいて頂きたい。

これも言い尽くされたことだけれど、そもそもLGBTなんて全然関係ないものを十把一絡げにしている時点で気持ちが悪いし、大体がLとかGとか一つとったところで実態多種多様というか、せいぜい秋田県人会くらいの共通点しかないし、別に「同じLGBT同士」または「同じL同士」とかいうアホみたいな理由友達にもならなければ仲間でもない。

わたし個人は別段自分を「異常」とも思わないし、異常とか正常とかガタガタ言う時点でつまんないもの見方で生きてるな、と思うだけだけれど。

昨今のLGBTブーム(もうこのLGBTというワードだけで吐きそうだけれど)などというのは要するに、世の中の人間は「かわいそうな人」が大好き、ということを示しているにすぎないと思っている。弱そうなヤツを見つけて「優しくしてあげてる自分」に酔いたいだけなではないか。(「理解」をすすめようとした当初の活動家たちの意図に汚れたところはなかったかもしれないが、ブームになった時点で別物だろう)

悪いけれど、こっちは家も裕福でスポーツ勉強もできて学歴もあり顔もまあまあいいし、「弱者」のつもりはない。もちろん強者のつもりもない。強者とか弱者とか、そういうどっかの中学生みたいな見方で世の中眺めていないだけだ。

世界も人びとも気が遠くなるほど複雑でわけがからないもので、本当に狭い狭い、半径数メートル範囲以外は全部ぬばたまの薄闇に包まれている。

そういうわからなさ自体を素直に受け止めて、目の前のことに誠実に一つ一つこなしていくしかないと思っている。

ちょっと自分と違うヤツ、あるいは自分世界観で測りきれないものが来た時に、不安になって慌てて蓋をしようとしたのがLGBTみたいな安いワードなのだろう。「LGBTって言っときゃいいだろう」みたいな。

世の中ナメんなよ、とかイキったことは言いたくないけれど、端的につまんないと思うけどね。

2018-06-01

国益が、とかい保守って馬鹿なんじゃねぇの

と思う一方で、

成田紛争かいらん活動やったせいで成田空港の発着枠に制限ができて国際ハブ空港役割をとれなかったことについて当時の活動家は2~3兆くらい賠償しろやと思ってしま自分がいる。

2018-05-27

立ち上がれ国民と言われても

高度プロフェッショナル法案について、現政権について、反対する国民は立ち上がって怒りを表現しろといわれても、どうしたら良いのかよくわからない。

デモにでも行けば良いのかも知れないけど、家族と過ごす時間有給を減らしてまでかといわれると…デモで何が変わるのかと思ってしまう。あとデモ自体について良いイメージが無く…知り合いに会ったら活動家か何かだと思われるのもちょっと抵抗が…

もっと手軽で確実な方法無いのかなあ…

2018-05-22

山田孝之女性バストを測るイベントのやつ

あれ超絶醜悪じゃない?

醜悪過ぎる。本当に気持ち悪い。キッッッッッッッッッモい

私の観測範囲では誰も言ってないから正直に言うね

!!!!モ!!!!!!!!い!!!!!!!!!!!!

めちゃくちゃキモい!!!!!!!!!!!!!!!!!!

キモいから!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

なんでいわゆるフェミニスト自称してる人は誰もおかしいと言わないの?

完全におかしい。どっからどう見ても性的搾取だろ?いやいやいや駄目でしょあれは

例え山田孝之があの仕事に対して「女の下着姿見まくれてラッキー」とか思っていようと駄目でしょ

完全に山田孝之という男性を、仕事という名目で、女性集団から性的搾取される場を提供してるだけでしょ

キモい。本当にキモい。ひとりの人権ある男性あんなに女性が群がってマジでキモい

あんイベントに一目散に参加した女は恥ずかしくないのか!?

はぁ!?!?!?!?ふざけんな!!!!!!キモい!!!!!!!!!!!

あのイベントに参加した時点で、どんなに美人だろうがスタイルが良かろうが、その性根の醜悪さはその他の全ての良いステータスを上回る欠点

正直、今までこの手の「キモさ」は、例えば女性声優ちょっとしたプライベート写真からブラジャーの柄を特定したりするような男性しか感じたことがなかった

けどこのイベントで、ツイッター上で堂々と、朝イチで行って外れただの同意書が云々などと喜々として報告している女たちに、戦慄するほどのキモさを覚えた

「さあどうぞ!大義名分保証するので思う存分搾取して下さい!!」って場を与えられたら、どこからともなく湧いてくるゴミは男でも女でも存在するんだよ!!!

あん企画が通る様な、メディアで持て囃される様な社会で、セクハラパワハラなんか無くなるわけがない

女性への性的搾取なんてより無くなる訳がない!!!

そりゃ、あんなクソゴミカスセクハライベントに喜々として参加するような女性ばかりじゃない事は理解しているけど、

性的搾取に対して女性が敏感でなければ、絶対絶対になくなるわけがないじゃん

あいうのこそ攻撃しろフェミニスト何してんの!?!?!何のために存在してんのお前らは!?!?

私は別にそこまでフェミニストってつもりはないけどあれがおかしい事ぐらいわかるっつーの

はぁなんかもう無理だわ

自分利益しか考えてないじゃん

思いやりがない活動家なんか活動家じゃないわ

なーーーーーーーにがまなざし村じゃ滅べよ

2018-05-05

anond:20180505095739

右翼左翼を問わず、「活動家」という連中は、獲物を見つけたら支配下におくか叩き潰すかどちらかしかない。

基本的893と行動原理は一緒。

目をつけられたら逃げるのが一番。

2018-04-28

主語が大きい

自分の考えを発表することには慣れているが、このような匿名の場で発言することが少く、もしかすると思慮分別に掛けた失言があるかもしれないが、そこはどうかご寛恕いただきたい。

サラリーマンしかない自分が、差別だの階級だのという深刻な問題について色々熟思することになった発端は、近頃流行りの、フェミニストや助勢権利問題に関して盛んに議論しているような場面をネットしょっちゅう見掛けたこである。ここで敢て話しておくが、私の身の回りではフェミニストがどうこう、男がどうこう、女がどうこうという大局的な視点議論はあまり行われていない。一体どこのどういう層が、どういう考えからこうした議論をしているのだろうという好奇から眺めるうちに、自然自分がこうした差別について考えるようになったのである

極端な話、こういうもの不特定多数に向けて発信されるのだから、その不特定多数の中で刺激を受けた人間がまた不特定多数情報を発信し、こういう聯関が幾度となく続いて奇妙な合戦が始まるというのが実情である。何百人もの眼に触れれば、一人くらい「お前が言えたことじゃない。俺はこういう差別を……」と言って反撃してくるものも居るだろうし、それを見て「問題すり替えているだけだ!」と批判してくる者も一人は出てくる。一人の意見が数百人に伝えられて色々な思想を掘り出すのはネットならではの現象現実を見たら、まるでそんな議論起きてないじゃないか!と思っても何もおかしくはない。しかし、こういう前提を受けた疑心の強い私は「口に出していないだけで、こういう考えや不満を持っている層は一定数いるのでは?」と勘繰って、更に色々のことを調べた。あくまでもフェミニズム女性差別セクハラ問題Metoo運動などについてだが、本当に多様な議論があるものだと内心驚いた。少年漫画ジェンダー論の視点から語るもの男性差別と女権拡張論を一緒くたにして語るものポリコレ棒をひたすら恐れるあまりありとあらゆる人権憎悪し、また差別されることに怒りを覚えた人間たちが、そういう特定層が属している集団全体の問題へと広げて争うこと………。

大概の議論には少なからずこうした不毛な要素が孕まれているが、ネット憎悪の導火線に火をつけてあちこち爆発させるのに非常に適した性質を持っている。文字数制限があるSNSもまた、そういう性質を持っている。ほんの微妙解釈の違いが、やがて不毛言葉遊びに繋がり、いつの間にやら人種差別性差別話題敷衍されている。そうした事例をいくつも見る度に一番疑問に思うのが、「何故これほどまでに単語錯綜しているのだろうか」ということである

情報過多のこのご時世は、少しでも少ない語数、少しでも簡潔な言い回し知的に物を表すのが良いとされている。微妙差異がある言葉を言い尽くして、詳細に伝えるなどは馬鹿のすることと切り捨てられる。そのために、一つないし二つの意味合いしか持たない言葉や、本来いくつかの分岐がある言葉下位互換概念を包括することで、とことん省略しようと試みている。こうした考えを持っているのはおそらく私だけではない。著名な人物で言えば、かの三島由紀夫もこうした問題警鐘を唱えている。

民主主義という言葉は、いまや代議制議会制度そのものから共産主義革命までのすべてを包含している。平和とは時には革命のことであり、自由とは時には反動政治のことである長崎カステーラの本舗がいくつもあるようなもので、これでは民衆の頭は混乱する。

自分で言うのもなんだが、私は古い人間だ。未だに家父長制度があり、男女間は厳密には不干渉であるべきで、それを易易と超えるような浅はかな行為は慎むべきだという考えを持ち、性犯罪女性側がだらしのない格好をすれば「何故襲われるだろうと予測できないのか」と疑問に持つような人間だ。そうした考えは、先進的な思想家や活動家からとにかく攻撃され、時代遅れと呼ばれて封殺される。それでも、フェミニストの中には色々な考えがあり、ラディカル、リベラル、いずれの思想言葉の上では微妙に、根本では大きく異なっている思想にもかかわらず、リベラルがラディカルに、ラディカルがリベラルに、なんとも不思議な混濁が起きる。こういう事を近頃は主語が大きいと言うと仄聞したが、単なる無知ではなく露骨印象操作のためにこの事態が起きるのはあまり不毛である喫緊問題は、こうした語義の混乱が争いを招く事態を避けることだが、それを実現するのはとても難しい。

こんな状態永遠に平和などありえない。

2018-04-25

anond:20180425152833

しか必要だとしてるのは女性だけでなく男性にとっても多数。なぜかというと差別だとするのがお前の偏見から

ソース

少なくとも、私以外にも活動家はいる。

2018-04-24

野間オタク差別全盛期の差別当事者

される側のね。


1.苛烈オタク差別に直面した野間世代

そもそも野間がイキってる写真とか見るとわかる人にはわかる。

あれは不良のセンスではない。

しろオタクセンスに近い。

野間自分より一回り以上上の世代だが、あの世代のオタク独特の臭いが強くする。

エヴァ放映時に30過ぎだった世代エヴァに最も発狂的反応を示してた世代)だ。


あの世代の人達メインストリームから外れることに多大な勇気必要だった。

メインストリームで生きづらい人の大変さが今と比べても強かった。

いま30代後半の自分達は思春期にかろうじてその空気尻尾を感じた。

あれの空気本体思春期に重なったた世代はさぞ苦しかったと思う。


差別に直面し苦闘したオタクたちは色々とヘンテコリン自意識を生み出した。

いまギャグとして消費されてる「イキリオタク」はライト病理から誰にでも笑える(理解出来る)。

20代の小汚いオカマ氏が「要するに未充足、飢餓」とまとめてたが、それは多かれ少なかれ誰にでもあるものだ。


野間世代当時のオタク自意識とそこから生み出されるファッション自己演出は広く笑えるものではなかった。

オタク同士だと辛うじて痛々しさを理解できて笑えるようなものだった。

今よりはるか過酷環境下での切実な防衛のための自意識で、

情報入手手段も乏しく、「大人」になった先輩もまだおらず、

オタクとして見習える穏当なロールモデルがまだない。

みんなオタクとして社会に抗するためのスタイルを手探りで自己開発してたから。


その中の一派として、オタクでありながら不良っぽくイキるオタクが居た。


2.自意識武装するオタク

もう名前出しちゃうと有名どころでは大張正己とかだ。

当時スターアニメーターとしてメディア露出してた大張は袖の無いジーンズなんかを着てバンダナ巻いてた気がする。

「大張アニキ」って書かれてた。

ちょっと欧米パンクイメージも混ざりこんだ、オタク想像する精一杯のタフガイ

申し訳ないけど、当然ながら似合ってなくてすごく痛々しかった。


あとメタル音楽に傾倒するオタク

有名どころでは萩原一至とかだ。

あの世代には変に洋楽好き・メタル好きをアピールするオタクがやたら居た。

黒い服を着て怖いルックス外国人音楽聴くオタク発見した精一杯のタフガイ


みんなぶっちゃけ同じオタク気質の持ち主で、

でも当時馬鹿にされていじめられる対象として知れきってた「オタクであることを肯定できずに

メインストリームじゃないけど得体の知れないもの

メインストリームじゃないけど別の権威のあるもの

で身を固めてた。


バンダナとか指貫きグローブを装備するオタクが本当に居た時代の話。

彼等は普通になれない自分世間説明する為に「タフガイ武装をしてた。

それが見当外れで更に外面を異様にするものであっても。


いま野間説明しようとしたら大張・萩原という名前自然ポンポンと出てきたけど、

調べてみたら見事に同い年や同世代だった。(野間大張が1966年まれ萩原1963年まれ。)

勘で喋ってるけど大きくは外れてないんじゃないかという自信を得た。

野間は明かに大張や萩原のようなあの世代のオタク臭いが濃厚にする。

オタク気質でありながら自分オタクと率直に認められない。

タフガイを装備して自分説明しようとした。


3・サブカルというもう一つの(逃げ)道

オタクでありながら差別のせいでオタク自分を認められない人間

当人なりのタフガイ属性を装備した変なオタクになっていたという話をした。

しかしそういうオタク気質・強い自意識の持ち主の為のもう1つのパスが当時あった。

サブカルだ。

(ここで言うのはテクニカルタームであって、一般的意味サブカルチャーではない。)


サブカルとは何かを説明するのは難しい。

端的には「音楽映画についてマニアックなところ(最初から売れないマイナーなところ)に取り組み、

しかオタクではないことを強く自己規定する人達」とかになる。

この人達に無理があったのは、どうしようもなく存在意義他所依拠していたところだ。

メインカルチャーとは違うんだ、オタクとは違うんだ、という所だけで成り立ってた。

から非常にオタク意識オタクに執着してオタク蔑視して攻撃してたのもサブカルだった。

近縁種でありながら自分達ほど自意識が高くないオタクにつきまとって蔑視することで自己肯定感を得ていたから。


結果論から言ってサブカルは滅びオタクは栄えた。

オタクが堂々と自称できる世間になってしまった。


オタク自意識戦場から本格的に去ってしまった後はサブカルは空回りするしかなくなった。

そしてわりと自由創作や消費をし続けていたオタクの影響力経済力に勝てなくなった。

自意識問答にあまりに長い時間を割く人間は結局は敗れ去る種だったのだ。


これは後世の人間による傲慢歴史的結果論だが、

オタク丸出しでオタクをやれてたオタクや、バンダナ程度の武装自己肯定出来てたオタクは、

アニメを捨て馬鹿にされないための映画音楽に走ってカルト度外れ度を競うという

自意識の強さゆえに終始無理してるサブカルより強かった。


4.自意識から卒業できなかった方のオタク

もう結論が見えてきただろうか。

野間オタク差別全盛時代差別の脅威をヒシヒシと感じて育ったオタクで、

メインストリームでは生きられない自分の精一杯の防備を固めるためにサブカルオタク蔑視することで差別される弱者位置から逃れようとする生き方)に走り

サブカルをやってたせいでオタクにもたらされた開放に立ち会えずに

未だに自意識の檻に囚われ続けているオタクだ。


野間差別に強い関心があるのもオタクに強い執着があるのも理由が分かるだろう。

ずっと被差別感を持っていて、オタク蔑視する時にそこから逃れてきたのだ。

典型的差別被害者差別主義者だ。

今更そこは責めない。

まして彼等より安穏な時代を生きる世代断罪していいものと思えない。


ただし野間を長年苛んだ差別は明かに在日差別のようなソリッドでトラッド差別ではない。

80年代の「ネクラ」「ダサい」のようないじめ空気だ。

そのいじめ空気と格闘し続けて中年になったのはそれはそれで面白い人で、

そこを率直に出すことでメディアや論壇に居場所の確保が出来たと思う。


しか野間はまたしても自分肯定できなかった。

そんなことにクヨクヨと悩んできた自分を認められなかったのだ。

またもサブカル特有自意識の強さであり、あっさり被差別者としての言論を確保したオタクとは対照的だ。

サブカルオタクよりも弱い人達だった。

当人の心性も、結果的に追い込まれ立場も。


オタクが開放されて去ってしまサブカルとしての今後に行き詰まりを感じた野間

在日差別反対」という明かに当人が長年取り組んできたミッションとは違うものを掲げてしまった。

そして当人なりの精一杯のタフガイあの世代にとってのそれは不良)として革ジャンを着て釘バットを持ち中指を立てた。


差別反対を標榜すること、やけに暴力性をアピールすること、オタクに強い執着を持って追いすがり繰り返し侮蔑すること、

傍目にはヘンテコちぐはぐな彼の行動が、成分を分析すればいたって自然帰着なのだ


大張や萩原はとっくの昔に武装を脱ぎ捨てて普通のおじさんになった。

野間を追い込み続けるのは自分肯定出来ない弱さとその逃げ道としての自己欺瞞だ。


5.野間という人

プライドが高い野間には許せない。

世間空気いじめられて悩み続けてきた自分を。

あっさりと「いじめられた」と認めて被差別言論を獲得するオタクどもを。


野間は決して頭悪くはない。

抽象的な議論が出来ない方ではない。

なんたってオタクから。悩み続けてきた人だから

定期的にめちゃくちゃな暴論をぶつのはそれがタフガイ仕種から

「乱雑で悩みなんか持たない自分」を世間に表明する必要が定期的に生じる。

それは精神的な発作だと思う。


からおそらく、自分サブカル経歴が見る人から見たら弱点バレバレなのもたぶん自覚してる。

いま野間wikipediaを見たら、なんと前半生がまるまる削除されていた。サブカル時代の経歴の全てが。

45歳時点からまりそれ以前について触れないwikipedia人物記事って地味に異様だ。

もともと野間雑誌編集者とかギタリストとか紹介されてたはず。

学生時代から参加してるバンドサブカル界隈ではそれなりに有名で、

ミュージック・マガジン』なんていう典型的サブカル誌の編集者でもあった。


いったい誰の手の者が人の前半生をこんな風に抹殺したんだろう。

野間否定的な者ではあるまい。

野間肯定的な者でもあるまい。

このサブカル活動文脈理解できて、その裡のみじめな自意識の懊悩を理解できるオタク教養のある者、

そしてこの経歴にすら強い羞恥心を感じて肯定できなくなった者に違いない。


調べてみると近年の野間は「サブカル」を批判対象へのレッテルとして結構連呼しているらしい。

脱オタクしてサブカル立場オタク侮蔑し、

サブカルして活動家の立場サブカル侮蔑し、

まりいつまでも自分自身を肯定することが出来ない。


6.まとめ

一部にみられたこういうのがあまりにも見当はずれな分析なのでひとこと言いたくなりました。

野間氏は不良ではなくオタクです。

2018-04-22

anond:20180422130838

絵画のたぐいなら「これはアートだ」って誰かが騒ぎ出したらアートになる場合もあるが

文章活動だとなあ。

最低限本人に作家意識がないと

せいぜい自分で思ってるの「俺は正義活動家」とかだろ

2018-04-21

オタクネトウヨ

左翼活動家連中が「オタク差別されたなんて偽史」「オタクネトウヨ」っていうじゃん。

あれはね、基準がまともな人と違うの。

「そうび」して「こうげきりょくが上がる」存在であれば、差別されている。そうでなければ、差別されていない。

こうげきりょくをあげる役に立たない」上に「そうびされるのに抵抗する」から役に立たない、味方じゃない、味方じゃないことをもってしてネトウヨと呼ぶ。

この場合の装備っていうのはマイノリティ憑依とかそういう概念で、弱者を気取れば強者を正当に殴り放題っていうやつ。

オタクを装備してもあいつらの敵に対しては攻撃力上がんないよね?

オタクを装備しても安倍首相に対する攻撃力上がんないよね。だから差別じゃない。

首相が「オタクとか死ねばいい」って一度でも発言してみな。急に差別ってことになって味方面してくるから

そんで、

味方じゃない味方じゃない敵だ敵だって殴られ続けたらそりゃ敵に回りますよ。

2018-04-20

anond:20180420212655

実際そうなんだから仕方ないだろ

活動家ときになにを期待してるのか

目立ちたいけど政治家になって変えるような責任のある立場にはなりたくないっていうゴミ屑の集まりだぞ

2018-04-19

海外在住独身女が一人で海外中絶をした話

はじめに

人生で初めて中絶を、しか海外(先進国です)で経験してきたのでその一部始終等を書こうと思います

衝動的に書き始めてしまった上に、初めての投稿で思ったより長く、読みにくくなってしましました、すみません

他に同じような内容をポストされてる方がいるかわかりませんが、似たような境遇の人たちの参考にでもなればいいし、そうでない人たちにも暇つぶしにでも読んでもらえれば嬉しいです。

妊娠発覚まで

彼氏とのセックス避妊に失敗した(避妊具が外れた)。

やばいと思ったので12時間以内にスーパー薬局で緊急避妊薬を購入

(私がいる国では薬局処方箋なしで緊急避妊薬が買えます。値段は4000円ほど。)

3週間経っても生理がこないので妊娠検査薬で検査したら妊娠発覚...

確率は諸説あります避妊失敗から12時間以内の緊急避妊薬の服用で90%以上の確率避妊できるのはたしかっぽいのにどうしてこんなことに...

中絶する?しない?

妊娠発覚してから一般的にみなさんどれだけ悩まれるかわからないですが、私の場合はほぼその場で「中絶しよう」と決心していました。

理由としては3点:

1)彼氏結婚するつもりがない

2)経済的余裕がない

3)そもそもそんなに子供が欲しくない

じゃあ普段から低容量ピル飲んどけよって話なんですが、そこについては反省しました。

後でも触れます中絶してからは低用量ピルを飲んでいます

中絶しよう!予約方法は?費用は?

中絶しようと決心した私、早速病院を探します。

地名 abortion clinic」みたいな感じでググる自治体Webページが出て来ました。

基本的中絶自治体承認した少数の病院しか行われません。

今回私が選んだ病院中絶避妊専門の病院で、その病院ではほぼ朝から夕方まで営業時間の間ずっと中絶行為が行われていました。

予約方法基本的ウェブ電話になります

私の選んだ病院はどちらか好きな方を選べて、私は電話が苦手なのでウェブで申し込みました。

最後生理からどれくらい経ってるかとか、持病の有無とか、自治体健康保険に加入してるか否か、みたいな質問が続く問診票を埋めたら仮予約完了です。

病院から連絡が来たのは2日後でした。

病院からメールは、プライバシー保護観点からメール自体にはほぼ何も書いてなくて、ウェブ上のメールサービスへの招待と、そちらでやり取りをしようという内容でした。

こうすることによって中絶情報を、特に職場メールを見る人たちが多いので、他人に見られる可能性が減るのだそう。

費用無料でした。中絶手術そのものに加えて、手術前のカウンセリング、手術後に始めた低容量ピル無料でした。全部自治体健康保険カバーされるらしい。

ちなみに、保険未加入でも日本円で50000円弱と日本に比べてかなり安いみたいです。

中絶手術当日の話

いよいよ中絶手術当日がやって来ました。

予約はお昼でしたが、朝から何も食べるなとの指示があったのでお水を飲んで凌ぎました。

病院に着くと、玄関のドアに鍵がかかっていてインターホンが。押してみると看護師さんが応対してくれて、名前と予約時間を告げるとドアのオートロックを開けてくれました。

びっくりしたんですが、このドア、なんと二重扉になっていました。

1枚目のドアを入ると受付から入った人が見えるように透明な小部屋のようになっている短い通路があって、そこの奥に2枚目の扉があります

看護師さんは怪しい人間がいないことを確認して2枚目のドアを開けるそうです(付き添い禁止病院だったので付き添いを入らせないためでもあるっぽいです)。

受付をすませると緑のガムテープを2切れ渡され、スマートフォンのインカメと外カメを覆うようにはりつけろと指示をされました。ここでもプライバシー保護が重きが置かれていました。

待合室はシンプルです。ソファが並んでいて、ウォーターサーバーがあって。

一つ特殊な点があるとすればサイドテーブルに山盛り避妊具が置かれていて、好きなだけ持っていけるようでした。

15分ほど待つとカウンセラーさんに呼ばれてカウンセリングです。

ここでは手術の具体的な工程説明をされ、その上で中絶をすることに対して罪悪感があるか、どのように罪悪感に対処しているか、など精神科っぽいカウンセリングを受けます

また低用量ピル説明もされ、服用を勧められました。

このカウンセリングで、日本との中絶に対する姿勢の差を強く感じたのは、そのカウンセラーさんが言ってくれた「あなたはきちんと自分のやったことに対して責任を持っているわ」という言葉でした。

こちらの国では中絶も一つの選択肢である、と認められていると感じます

もちろん中絶に反対する活動家の方はいらっしゃるようですが、少なくとも医療関係者患者説教したり、否定的言葉をかけたりすることはありませんでした。

中絶は善でも悪でもなく、医療行為の一つである」という共通認識がしっかりあって、個人選択尊重される風潮がある。

これで随分精神的に楽になりました。

カウンセリングの後はいよいよ手術です。

トイレで下着を脱いで、妊娠確認するための尿検査をした後、病院で渡された巻きスカートのようなものに履き替えます

妊娠確認が取れると、抗生物質と強めの痛み止め・吐き気どめを処方されるので飲んで、薬が効き始めるまで待ちます

30分ほどカーテンで囲われた大きな一人用ソファリラックスしたあと、いよいよ手術室に呼ばれました。

まずは看護師さんが採血をしてくれます。これは梅毒HIV感染の有無を調べるもので、強制ではありません。その後麻酔兼気分がふわっとする薬を注射してくれます

そして先生がやってくると、まずは超音波で再度妊娠の有無を調べます

潤滑剤ベタベタ避妊具をかぶされた直径3cmくらいの器具を挿入されて、具体的にどの位置胎児いるか確認します。

確認が終わるとついに中絶です。

方法としては、吸引法と呼ばれる方法が用いられました。

薬で多少気分がぼけっとしていたので記憶が怪しいのですが、子宮口を器具で広げられ、クラミジア淋病検査(こちらは必須でした)のために細胞?を採取されたあと、吸引機を挿入、吸引開始されました。

この吸引、めっっっっっっっちゃ痛い。麻酔全然効いてない(個人差があるようです)。5分ほどでしたが、これも報いかと思いつつ人生で一番痛い経験しました。

手術が終わるとあらかじめ用意していたナプキン付き下着を履かされ、手術前に座っていた大きな一人用ソファに戻され、麻酔が抜けるまでまた30分ほど休憩です。

そして手術後の出血が酷くないことを確認されたあと、術後の注意点が書かれた紙を渡され、すべての工程が終了しました。

注意点としては2週間膣内に何も入れないこと(タンポンもダメ、お風呂ダメ)、出血やばい時は病院直通電話番号があるのでそちらにすぐに電話することを告げられました。

帰宅に関しては、タクシー帰宅を厳命されたので、タクシーに乗って帰宅、即布団へ倒れこみ次の日の朝まで寝ていました。

術後の経過

術後の経過はいたって良好でした。徐々に出血は減っていき、2週間ほどでほぼ出血がなくなりました。中絶後初めての生理もちょうど3週間後に来ました。

低用量ピルは手術の次の日から始めました。

避妊のためもありますが、低用量ピルの服用は中絶で傷ついた子宮回復と、生理週間を正常に戻す手助けをする作用もあるようです。

特に問題がない場合は術後の診察も必要ないとのことだったので、あれから特に病院へは行っていません。

中絶経験して思ったこ

中絶めっちゃ辛い(精神的にも物理的にも)。もう二度としたくないですし、するようなシチュエーションに陥らないように対策はしていきたいと思います

罪悪感はもちろんあります中絶前・中絶後共に「本当に堕してよい(よかった)のか...この子(胎児)の命を私の勝手で奪ってしまって許されるわけがない...」など考えました。

カウンセリングがなければ精神的な辛さはもっとひどかったと思います

自分選択責任を持って、などと大それたことは言えませんが、自分意思で堕したということはしっかり胸に刻んで避妊を徹底していきます

今回海外中絶をして、社会福祉の一環として中絶サポートされているなと感じました。

低用量ピルを服用していても100%妊娠を防げるわけではない以上、日本でも緊急避妊薬や中絶選択肢として、もう少し身近なものになってもいいなと思います

私はセックスが好きです。彼氏セックスするときはとても幸せです。スキンシップ大事です。

なので妊娠はしたくないですがセックスします。もちろん、自分でできうる限りの避妊しますが、妊娠してしまときには妊娠してしまうと学びました。

ですが女性人生プランにおいて、子供ができるということが必ずしも歓迎できることではないシチュエーション存在すると思います

中絶は褒められたことではないですが、そういう場面に直面したとき、頭ごなしに否定するのではなく中絶も一つの選択肢として受け入れられていけばいいなと思います

終わりに

ここまで読んでいただきありがとうございます

ふと思い立って書いた文章ですので、思ったより長くなってしまいましたし、表現等変な箇所があるかもしれないです、すみません

自分経験、感じたこと・思ったことを書かせていただきました。

賛否両論あるかと思いますが、あくまでも私個人の感想であって、社会がこうあるべきだ!!とか、日本が間違ってる!!とか言いたいわけではないです。

ただ、同じような境遇の方や関係者の方が、本当に追い詰められた時に、中絶が必ずしも悪いことではないと言っていた人がいたな〜くらいに思い出していただければ幸いです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん