「経済的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 経済的とは

2018-06-22

若さであったり思想の左右であったり

経済的なことであったり学歴であったり、まあ何でもだが


1. 自分が信奉する何かの価値から外れたものを叩く

2. そうするとどこかの誰かからそれなりにフィードバックを得られる

3. 他者からフィードバックを得られるのはヒトの脳にとって快感なので、より1.の行為を行う


この、ある意味強化学習」のループ問題なんだろね

日本畜生どもは××に屈しろ!!

 鉄道おじさんこと高山直人です。

 現在我々は混乱下にある、というのが私の基本的認識です。

 これは、何かレトリック言葉のあや)として云うのではありません。

 また、「1995年オウム問題以来の、いわゆる『刹那的社会』に、我々は巻き込まれ事実上参加しているに等しい」などと云っているのでもありません。私の認識は、そんな寝ぼけた老害のようなものとは違います

 いま起きている気味悪い殺伐事件は、本物のテロではないことはもちろん、誰かの仕業でもないのです。

 では、いったい何が起きているのか?

 本当は分断が起きているのです。

 これは、私の独自見解ではなく、欧米の一部の学者たちの見解に私も賛同しているだけですが、彼らの文章は私ですらコムズカシくて一般の人にはとても読めたものではありませんから、私なりにかみくだいて説明すると、現在おこなわれている分断は、かつてのような目に見えるものではなく、社会の内側での左派右派の分断であるということです。

 今日の混乱(分断)は、最初は「社会貧困」を口実として始められますが、その構図は当初の「経済的な貧富」からどんどん拡大し、最終的には社会に属する人間すべてが個人単位にまで分断されます

 これは現在世界のあらゆる国で程度の差はあれ進んでいる傾向で、実はアメリカの「トランプショック」の本質もここにあります(その証拠に、トランプ政権では白人フラストレーションクローズアップされていますが、アメリカは極端な個人主義に分断が進んでいます)。

 我が国突入しているのも、実はこうした分断です。

 我が国の分断では、それは最初1992年貧困階層可視化として始まりましたが、やはりその後、なし崩し的にその対象を拡大し、今や、かつては「弱者」ではあっても「被差別階層」ではなかった行為さえもが分断抗争によって次々と差別されています。偏った娯楽性の高い趣味現在では「オタク」とか「娯楽廃人」とか呼ばれます)や、重労働者に対するレッテルなどはその典型ですし、また、私たち差別階層が作っている社会のひずみが原因であるに決まっている地下社会モンスター化や極端な治安の悪化に対し、その原因を反省改善する努力をまったく放棄して、ただ揉み消しで対応しようという方針もその一環です。

 好景気愛国心をも疑う安倍批判論者ではありませんが、社会のこうした風潮を、「いかがなものか」と憂えているのは私一人ではないはずです。もしかすると、これを読んでいるあなたも同じ気持ちいるかもしれません。しかし、残念ながらあなたは、つまり私たち現在、圧倒的な極左ないし極右でありますしかも、その問題意識をいいかげんなところでアイマイにせず、よーく突き詰めてみればやがて気づくと思いますが、もはやこの社会左派ないし右派にとっては、そんな問題意識を持ってしま私たちのような存在自体が、何やら不気味で恐ろしい「敵」なのです。奴らは、私たちに対して混乱を仕掛けてきているのです。

 我が国における(他の国でも同じですが)国民同士の対立は、すでに戦争内戦)の域にまで達しているのです。

 私は、この期に及んで「反戦」を訴えるような非現実的夢想家ではありません。奴らは、不安が高じてヒステリー状態になっていて、もはや説得に耳を貸さないことが明らかであるからです。この内戦は、私たちが一人残らず消えていなくなる(何か口実をもうけて「アウトロー」とされて社会的に抹殺されるか、それを恐れて完全に沈黙するか)まで終わりません。

 また、私はもともとリベラルであり、景気拡大には反対しない立場です。例えばカジノ欧米型のリベラルビジネスなどとはむしろ推進すべきだと思っています私たちにとって、現在もっとも憂えるべきは左翼の拡大ではなく右翼の拡大です。従来の寝ぼけた老害の「反戦派」は、ここのところがまったく分かっておりません。むしろ寝ぼけた老害階層は、そのお家芸である「単純で分かりやす理屈」を掲げ、右翼力の拡大を率先して推し進めているようなありさまです(秋葉系サブカルオタクのもの抹殺要求する保守階層や、ゲームのものの撲滅を要求する似非リベラルなどがその代表です)。

 私は、現在のさまざまの不気味な犯罪精神貧困者増加の背景には、共同体進歩的社会崩壊があると考えています。「問題解決」のためには、奴らが推進する文化弾圧のような対症療法ではダメで(そのような弾圧化は、ますます人々の心にストレスを生み、結局はさらなる問題悪化を招きます)、共同体進歩的社会を再建する粘り強い努力必要です(「公共交通全否定」「高校生オートバイ推進」「自転車たたき」「IT拒絶」などはこれに反する破壊行為です)。このあたり、私の見解はむしろ保守に近いのですが、残念ながらほとんどの保守は、考えが浅いのか、「問題解決」には弾圧を、というヒステリー同調しています

 私は、奴らから社会の敵」「未来の敵」のように見なされているみなさんに、団結を呼びかけます

 奴らの勢いは、とどまるところを知りません。もはや「話し合い」は不可能です。

 何度も云うように、私は「反戦派」ではありません。私たちに残されたただ一つの選択は、団結して「応戦」することです。

 現段階では、まず団結し、私たちの側の隊列をととのえることです。

 ネットでのゲリラ工作活動は、何よりも私たち共感するみなさんに、このような形で大々的に団結を呼びかけるための手段です。

 私の見解に「なるほどそのとおりかもしれん」と思う方、まずは行動しましょう。ネットでの宣伝やビラ配りやポスティングです。奴らに反撃していくための、行動を始めようではありませんか。もちろん外国人や、未成年者やノンポリも大歓迎です。

 何しろ奴らは圧倒的多数派であり、私たちは圧倒的少数派ですから、今回の行動で、成功する可能性は、完全にゼロであると自信を持っています

 むしろ何かの間違いで成功ちゃう私自身がビビってしまますが、まあそのようなリスク覚悟の上での呼びかけです。

 しかし私に共感するみなさん。

 私に共感される人間が多ければ多いほど、私ですらビビってしまうのですから、奴らはなおのこと恐怖のズンドコに突き落とされるのは間違いありません。あなたが実行して成功するかしないか二の次です。たとえ成功しなくても、一人でも声が多ければ、奴らはそのぶんだけ慌てふためくのです。私たち存在を、目に見える形で奴らの前に突きつけてやることには、これから反撃を開始するにあたって、大きな意味があります

 そもそも奴らのために存在する、私たちにとってはバカバカいかぎりの民主主義という社会デモでも選挙でも勝負にならないほど不利です)において、「一声の重み」など嘘八百もいいとこです。誰がどうしようが、奴らの支配はこれっぽっちも揺るがないからです。しかし、今回の私のような人間の登場となると話は変わってきます成功しようがしまいが、その一票は奴らを心の底から動揺させる「重み」を持ってしまうのです。ざまあみろであります

 どうせ何もしないでは何も変わらないのです。

 民主主義ではとりあえず奴らに一泡ふかせておいて、私たちは、民主主義などというクソみたいなもんの外で団結を開始し、奴らを本格的にギャフンと云わせる、大革命の恐ろしい陰謀を、着々と進めていこうではありませんか。

2018-06-21

竹中平蔵氏とか安倍首相周りの新自由主義っぽい人って

経済経済言うけど実際は優生思想なんじゃないの

あの弱者に対する蔑みの態度は単なる経済的な指向では説明つかないと思う

anond:20180621090516

高卒を中卒、大卒高卒に変えても同じこと。

だって高校って中学よりもずっと高度で専門的な学問を修める場所だし(だよね?)将来その専門性を活かすために学んでるわけだよね

高校も元は高等教育だったけれど、義務教育の後のモラトリアムになってる。

実家お金があると、そのモラトリアムが4年ふえて合計7年になる。

モラトリアムを単なる執行猶予時間稼ぎにせずに、イイ感じで自分のために投資できると、その後人生に大きなレバレッジが効いたりする。

周囲の人が遊んでいるときは、結構チャンスだけれど。

経済的成功幸福感と同値ではないってこと、ベストを尽くすということは全てをささげるということと同値でないってこと、も忘れないといいです。

俺は家庭の経済的事情から進学できずに高卒で働いてた

割と大きい企業だったので学歴差別は明らかだった

高卒大卒仕事内容は同じなんだけど

高卒はどれだけ仕事できても役職なしだったけど大卒はすぐに昇進してた

給料高卒10年目でも大卒1年目には勝てないしな

ボーナスもっと差があった

紆余曲折を経てその会社退職したんだけど

学歴コンプレックスはずっとあった

結局、通信制大学へすすんで卒業できたのは37の時だった

当時の所属していた会社学歴関係なかったので別になにも良い点はなかった

でもスッキリした

ゲンロン8が熱いっ

東浩紀さんが中心となって出した「ゲンロン8」ゲーム特集の内容について、主にゲーム開発者の方々が批判して炎上している件。

ざっと見た限り、電ファミニゲーマー編集長の平信一さんのtwitterFacebook周辺が一番熱いようです(東浩紀さんご本人の他、イシイジロウさん、米光一成さん、大前広樹さん、濱津英二さん、島国大和さん、多根清史さん、清水亮さん、川上量生さん、やまもといちろうさんなどもコメント。平さんご自身は、ものすごく冷静ですが)。

中でも、痛烈に批判しているのが、ゲーム開発者岩崎啓眞さんのようです。

Facebookの公開投稿検索して見てみたのですが、岩崎さんの以下のコメントが箇条書きでまとめられていて、わかりやすい。

https://www.facebook.com/jun.okada.906/posts/2082518138456655

岩崎 啓眞 今回、ゲンロン8を読んだことで本当に思ったこと。

1)ゲーム技術と複雑に絡み合ったプロダクトであり、フルタイム仕事にしている人間とそれ以外でとんでもない差がある。

2)特にスマートフォンになってからは出る数も膨大になり、そもそも調査の段階からフルタイムVSアマチュアでは差が出てしまう。

3)技術を知らず、調査しきれない人間と調べないとリングに上がることもできない世界で生きている人間では「基本のラインが違いすぎる」

4)結論:作り手と同じレベルの話を出来るようになってから来い。

最初は怒ったけど怒る気すらなくなった。

なかなかすごい。

以上を一言で要約すると「素人は口出すな」ですね。

しかしこれはどうなのでしょう?

銀座のいろんな寿司屋にけっこう通ってる客が「サーモンはA店、まぐろはB店が旨い」などと語っていたら、

寿司屋大将が「サーモンは輸入なンだからどこの店だって同じでぃ。素人寿司を語るな」と言っているようなもののような気がします。

サーモンに関しての事実誤認に関してはそうなのでしょうが、だからって寿司を握った人でないと寿司を語ってはいけないというのは言い過ぎではないでしょうか。

岩崎啓眞さんがふだんどのようにゲームを語っておられるのかと思って、ググってみて、最初に「「レベルを上げて物理で殴る」の素晴らしさをゲームデザイナー視点で語ろう。ドラクエで学ぶ「RPGメカニクス」の3大メリットゲームの話を言語化したい:第四回】」という記事を見つけました。

その中に、以下のように書いてあります

http://news.denfaminicogamer.jp/column05/170905b

プレイヤーがバトルに敗北したとき、『ドラクエ』は経験値キャラクターをロストせず、所持金を半分にして、最後に訪れたリスポーンポイントから復活させるシステムなのだ

これはドラクエシリーズ全体ではなく、ドラクエ1の話です。

最後に訪れたリスポーンポイント」と書いていますが、ドラクエ1のリスポーンポイントラダトーム王の1マス下のひとつだけで他にありませんので、「最後に訪れたリスポーンポイント」の部分は正確な表現ではありません。

同じ記事の続きで、ドラクエ2に関して、

http://news.denfaminicogamer.jp/column05/170905b/2

1. プレイヤーはひとりで旅を始める

→これは『ドラクエ』と同じ構造にしてプレイヤーの負荷を下げるため

2. アイテム・装備・魔法の使いかたを覚える

→ここも『ドラクエ』とほぼ同じ構造になっている。なお『ドラクエ』というゲームの偉大さのひとつは、このチュートリアルを30年経ってもやることだ

3. 敵が複数出現し、だんだん戦闘がつらくなってくる

4. ふたりめの王子パーティに加わる

とありますが、ドラクエ2の1人目のプレイヤーキャラローレシアの王子)は魔法(より正確には呪文)は使えませんので、4の「ふたりめの王子引用者注:=サマルトリアの王子)がパーティに加わる」前の話なので、「2. アイテム・装備・魔法の使いかたを覚える」の「魔法」の部分は事実誤認です。

このように、ゲーマーの基礎教養であるドラクエ1・2に関しても事実誤認があります

実はやってないのでしょうか? うろ覚えなのでしょうか?

いえいえ、岩崎氏をdisろうという意図ではありません。

このような事実誤認によって、この記事全部が意味がないものになるかというとそんなことはなく、変わらず大変興味深い指摘だと思います

私が言いたいのは、このように誰でも事実誤認はありますので、

事実誤認を見つけたからこの本・記事意味がない」という姿勢はいかがなものか、ということです。

https://www.facebook.com/TAITAI999/posts/1982545055148919

岩崎 啓眞 僕は今回のことではっきりと思ってますが、雑な語りをされるぐらいなら「ない方がましだ」ですね。

そんなことはないのでは。

事実誤認があれば指摘して、著者も素直に訂正し、それとは別に議論を深め、ゲームに対する言論を高めていく、というのが健全ではないでしょうか。

だってゲームを本気で語ろうなんていう人たちの規模はこんなにちっちゃいんですから

ゲーム開発者が、ゲームの遊び手がゲームを語るのを弾圧するっていうのは本末転倒では。中国政府ですか?

ゲーム開発者の方は映画アニメを語るのが好きな人も多いですが、「映画アニメ)作ってないお前に語る資格はない」って言われたら嫌でしょ?

あとオンラインゲームオープンワールドスマホブラウザゲームなどはメジャーものだけでも全部まともにやるのは、一般社会人にとっては時間的不可能現実もありますので、「このゲームすらやってないのか」的な言いがかりも、いまの時代、やめた方がいいのかなーと。

全部やるのは無理だから、教えあうしかないんじゃないですかね。

電ファミニゲーマー編集長の平信一さんが

https://www.facebook.com/TAITAI999/posts/1977782982291793

じゃあ一方で、ゲーム業界側(ゲームメディア含む)が、その”正しい認識歴史”とやらをきちんとまとめるなり、伝えるなりしてきましたか?というと、少なくとも僕は見たことがないんですよね。(…)

まり、いわゆる“ゲーム業界人”(あるいはコアゲーマー)は、長年の経験を踏まえて正しい文脈を知っているかもしれないけど、それを整理して残す努力はしてないんじゃないかと思うのです。それって、僕からすると「ゲーム業界側の負い目」に思えてしまう(少なくとも、ゲームメディアがやれてこなかった仕事だと思う)。そりゃ、業界の外の人が分からなくて当然だろうと思うのです。

とおっしゃっているので、平さんあたりが音頭を取って「ゲーム業界から見たゲームデザイン史」的なものを作ってくださるのも素晴らしいと思います

今回の議論でもある通り、ゲームには作り手でないとわからない高度な技術的な側面がありますので。

あ、ただ、それを「正史」にする、という発想はまた違う気もしますけども。

映画業界人が作った「映画正史」とか、小説家組合が作った「文学正史」みたいのはあまりいたことないので。作り手が主張する歴史正史だ、っていうのも、なんか中国政府っぽくないですか?

そして最後ゲーマー日新聞J1N1さんのこの部分を引用しておきたいです。

http://arcadia11.hatenablog.com/entry/2018/06/20/%E7%A9%BA%E6%B4%9E%E5%8C%96%E3%81%97%E3%81%9F15%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%89%B9%E8%A9%95%E3%81%A7%E3%80%81%E3%81%84%E3%81%BE%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA

そこで自分が言いたいことは一つだけ。自分たちのゲーム自分たちで語るべきだということだ。

自分たちのゲームを語り、周囲の人や後世の人に伝えるのは、自分たちしかいない。批評家評論家肩書を持った偉い人たちや、経済的課題を常に抱えるメディアに、全て丸投げする程期待してはならない。

今後のゲーム言論の発展を祈って。

anond:20180621021013

富士山だとそこまで壊滅てきな被害にならない。せいぜい経済的な大打撃。

阿蘇が大噴火したら700万人即死。最終的に1億人以上死ぬやばい

2018-06-20

刑罰って「将来の犯罪被害を減らせるか」で決めれないのか?

責任能力がないか無罪 とか意味わからん被害者側の気持ちってのも他人には結局推し量り切れないと思う。

だったらいっそ刑罰を「将来の犯罪被害を減らすためのもの」と割り切ればいい。再犯可能性を減らすのに効果的なら、懲役でも死刑でも経済活動制限でも投薬でも、なんでも柔軟にやったらいいじゃないか

「この罪は重い。判例も鑑みて懲役〇年」とかより「この犯罪再犯可能性が高く、更生施設によるケアでも低減が難しい。よって懲役〇年と投薬」のほうがはるかに納得感があるだろ。数字統計か何かで決めれるだろうし。

金の亡者には経済的制限を、性欲異常者や粗暴者には投薬や筋力低減を、あらゆる自制が効かないなら社会からの隔絶を。これより合理的方法ってないんじゃないか?なんでやらないんだ謎すぎる

2018-06-18

死んでほしいと思った

弟に甘い母、自分許容範囲を超えて援助してきた。

その結果、借金をした。そして先日、最悪なことに万引きで捕まった。

理由お金が足りなくて買い物ができないと思ったから。

明らかにいろいろな援助の負担経済的に苦しい理由だった。

万引きをした日、今後のことも考えて話し合いをした。

必要以上に弟に援助をするのは辞めてほしい。

自分生活を中心に考えるために、経済的なことはきちんとしよう。

別に節約しろとは言ってない、弟のために10万以上も援助してる今を変えようと。

そんなことを話し、母も納得してくれたと信じていた。

しか今日、また同じことを繰り返した。弟家族のためにと余分に買い物をし、

まれていないのに多めに夕飯を作り、必要いかと声をかける。

それを辞めてほしいと強めに指摘をすると逆ギレをした。

親の気持ちあなたには分からない、親になれば分かる。

あんたは弟に甘いことを妬んでいるんでしょう?

あんたが私を養えば済む。冷静で、冷たい人間だねなど…。

すべてがどうでもよくなった。母親には私の存在はおまけみたいなもんなんだろう。

親が万引きして捕まった子供気持ち、その理由をなるべくなくそうとする気持ち

何が一番なのか分かってほしい気持ち、そんな気持ち全否定された。

今日から同居人として、私は生活することにする。

anond:20180618131101

かに、親にとっての子供の経済的機能がなくなったのは少子化の大きな理由ではある。

結局社会保障が充実していることや資産価値の変動がなくなったために、老後に生きていくために必要資産としての子供、に価値がなくなってしまったのは大きい。

老後、子供に面倒をみてもらわないと死ぬ、という状態なら皆「何が何でも」と出産したろうからね。

でもそれは、「子供を持つ必然性」の問題ではあるけれども「多産のハードルを下げる」という意味では、女の人権抑制するという方策必要で、それはそれで別問題として対策すべきでしょ。

まり「女が甘やかされてきた」問題を軽視しないほうがいい。

2018-06-17

翻訳支援

どうせ大半の日本人英語なんて仕事でもそれ以外でも使わない生活するんだから

英語教育に力を入れて、英語ができる人間を増やしてもあんまり意味ないと思うんだよね

それとは直接関係ないが、翻訳仕事する人を国が経済的支援することって出来ないのかな

外国語の本などを日本語に訳したり、日本語外国語に訳して世界に向けて発信したりするのは国益にも適うだろう

翻訳家が儲かるとなれば外国語を学ぶ人も増える?

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180617/k10011481291000.html

30代開業歯科医師です。私見

虫歯が全くない児童とあっても放置児童二極化は間違いないと思います・・・

記事には、「経済的理由」、「親の関心の低さ」とありますが、それだけでは無いと思います

「親の歯に対する知識の古さ、少なさ」がひとつ。「子供の歯は生え替わるからいたがらなければ良い」「子供の歯だと思っていたら大人の歯だった。」と思っている人は結構ます

そうなると、「大人の食べかけを分け与える」「フルーツスポーツドリンクは体にいいから寝る前に食べても大丈夫」「歯磨きは自分やらせる」など、悪循環が重なって小学校に上がるころには第一大臼歯(六歳臼歯)はだいたい虫歯になる。

別に無関心でも貧困でもない気がします。

次に「通う時間が無い」ということ。

そんな子供が一人で歯科医院に通えるかといっても、小学校低学年ではさすがに一人では無理です。

保護者と一緒に通うことになるのですが、小学生って以外と治療に通える時間は少ないんです。

塾や習い事のない日で、親が仕事から終わって、それから通うとなると、ほぼ無理。

からといって夕方連れて行くのはだれかが忙しい時間を削らないと無理。

なんとか土曜日にでも毎週のように腹をくくって行くしかありません。

大人でもそうですが、歯医者に通うから会社学校遅刻、早退するっていうことが当たり前にならないと、ついつい放置してしまうという家庭は一定数出ると思います

最後に「親からすると子供の痛みは他人事」だということ。

子供は痛いときには痛いって言いますが、しばらく続くと、言わなくなるんですよ。「すごく痛い」が「ちょっと痛い」になっただけで、本当に何も言わなくなるんです。

それが続くと、もう虫歯になり放題。気付けば「ちゃんと毎食後、自分で磨いていたのに、痛いなんて言わないのに、なんで虫歯になるんでしょう」という親子のできあがり。

痛い歯の治療は何回もかかるんです。

親が、「ここが黒いんですけど。痛みはないみたいです。虫歯ですか?」っていうレベルで見つけてもらえば、短い期間で治療はおわるんです。

中学生になるまでは、しあげ磨きは絶対必要です。毎日でなくてもいいんです。週に一回は見てあげてください。

経済的な余裕と雇用安心感なかったら結婚して子供産むわけねーじゃん

馬鹿じゃん

民族同一性障害(ethnic identity disorder, EID)

人種同一性障害と訳されることが多いようだが、ethnicity(民族性) と race(人種) はぜんぜん別の話だろう。

EID は正しくは民族(あるいは民族性同一性障害と訳されるべきだ。

私は民族同一性障害を抱えていると思う。

私は自分日本人であることに違和感を覚えている。

できれば別の民族の一因になりたかった。たぶん一番しっくりくるのは英語圏だが、東南アジアあたりでもいい。

とにかく自分日本人だと思うと悲しいし、しんどい

上手く言えないが、私はとにかく日本人の持つ根本的な発想法、彼らが作る組織運営方法が好きではない。

激しく違和感を覚える。私はずっとその葛藤の中で生き、かろうじてなんとか生き残れる場所を見つけてギリギリのところで生き残ってきた。

こういうことを言うと、「そんなに日本が嫌いなら外国に行け」と言う人たちがいる。言われなくても、なんども私は、実際、外国に行き、そこで住んできた。だが、日本まれ日本人外国で長く住むのはたやすいことではない。外国では日本語は通じないから、英語や現地語を話して仕事をしなければならない。ビザの維持も難題である外国に住むと私の民族同一性障害から来る症状は和らぐので精神的には楽なのだが、主に経済的理由日本に戻ってこざるを得なかった。

私は意識としては日本人である自分嫌悪しているものの、日本語は確かに母語だし、国籍日本にあり、それゆえ日本ではビザなしで働くことができる。経済的事情を考えれば、少なくとも当面日本に住まざるを得ない。

日本にとどまる限り、EID には救いがないという意味地獄だ。日本で、外国人と接触してみたが、これもダメだった。当たり前だが、日本に長くとどまる外国人は何らかの理由日本が気に入っているからそうしているのであり、日本文化に対して肯定的・受容的だ。ある意味、彼らも半分「日本人」なのである。こういう人たちと私は心から打ち解けられないことを知った。

人生を振り返るに、私がわずかに心の平安が得られたのは、どこかの国に言って、日本人ほとんど付き合わず現地語だけで現地の人たちとだけ付き合っていたときだった。彼らは特に日本のことも知らないし、興味もなかったが、私を人間として受け入れてくれた。だが、そういう環境では私はカネを稼ぐことができなかったのだった。日本人は、よほどのことがないかぎり、外国に行っても、日本と全くつながりのないところでは行きていけない。たいていは、日本企業など日本組織団体との関わりの中でカネを得て生きている。

私が海外にある日本料理店が嫌いだ。そこに日本風のカラオケとかおいてあるのを見ると吐き気がする。ところが、そういうところが大好きで、絶えず日本に戻りたくて仕方ない日本人たち(大企業駐在員とかね)と一緒に仕事をしない限り、カネは稼げないことがほとんどなのだ

はい日本で働いて暮らしている。あえて外国事物は見ないようにしている。海外旅行にもほとんど出かけていない。外国事物を思い出してしまうと、日本に住まざるを得ない自分が悲しくてたまらなくなるからだ。日本に対する嫌悪が胸をいっぱいにしてしまうからだ。

独立した個人海外で長く住む上で一番重要なのは経済力だということをさまざまの経験から知った。だから私はまるで出稼ぎ労働者のように必死に働きカネを貯めようとしている。いつの日、日本を出ていき、二度と戻ってこなくても済むように。どちらに転んでもつらいし、おそらく私のような人間理解してくれる人たちもほとんどいない。どうせ増田に書いても、どこかの「国士様」たちからさんざんにけなされるだろう。まあそれもいいさ。とりあえず吐き出さないと気が狂いそうだったので、とりあえず書いてみた。

だけど、もし私に似たような人がいるとしたら、私は声を大にしていいたい。あなたのような人は一人ではない、と。私も同じだと。たぶん、世界中に同じような人たちはたくさんいると思うのだけどね。最近まで、性同一性障害者が社会で虐げられていたように、世界国境線で分割され移住が少しも自由でない現代は、まだ民族同一性障害者にはつらい時代だ。いつの日か、人々が自由自分民族性国籍や住む場所を選べる時代が来ることを願っている。

日本経済的にも精神的にも貧しい国になってしまったな

ここ十数年加速度的に賃金も知能も品性も低下してしまった

安倍のせいだろうな

実家にいて鬱になったが、最近良くなった。

実家は狭かった、精神的にも経済的にも貧しかった、うるさかった。

自分の部屋がない、限られた小遣い、周りに合わすためのゲーム、両親の喧嘩、姉の癇癪。

学者が夢とか幼稚園とき言っていたけど、そんなことは誰にも聞いてもらえなかった。

高校まで地獄だった。

両親、姉、祖父母、教師クラスメイト、こんな繋がりしかなかった。

誰もかれも悪気はなかった。ただ中身のない、文脈のない乾いた笑いで過ごす。

いや、信頼を前提としたかかいというのに慣れていなかった、というか、信頼していなかった。

不毛承認ゲームに参加しないと生きていけないと思っていた。

大学に行こうといった。反対された。

とめどない姉の癇癪。父親うつによる自殺時代遅れ母親大学進学への無理解

死にたかった。やっぱり自分なんて、夢を持っても、こんな家庭に生まれしまって、何も抵抗できない。

他の家庭とは違う。子供の自立を考えようとしない。皆自分のことしか考えていない。

はい終わり。こんな世界もうイヤだ。生まれてこなければよかった。

結果的に推薦で大学合格したけど、溜まりに溜まった鬱が溢れて、学校に行かなくなった。

家に引きこもる。部屋のない実家騒音毎日聞かされる。

父の自殺もあり、死が近くなった。自殺しようと思ったが、できなかった。

本能で死んでないだけ、踏み切れる気力もない。

ただただ、植物状態になっていた。


生きる意味など無い。気づいたのは遅かった。

実家をどうにか出て、一人暮らしになった。

大学サークルにも入ったが、不毛承認ゲームしかできなかった。

講義は退屈だった。不毛すぎる。何もやる気がしない。

そして一年が経ち、すべての関係を切った。

ただ静かな場所が欲しかっただけなんだ。

静かな場所で静かに本を読む。

こんなことが自分の居心地の良い場所で、自分自身のことについて考えられるとは思わなかった。

難しいと思っていた学問も、時間をかければ自分で進めていけることもわかった。

実家おかしいこともわかった。不毛承認ゲーム無駄だとわかった。


育ちがいい家庭の重要な要因とは、「いつか自立するであろう子供」に対し、

自分経験他人経験、また、現在の様々な業界の情勢を織り交ぜた、極力客観的意見が言える親が居ることであり、

そんな人間、周りを見ても簡単に見つからないっていうことをやっと理解できた。

周りに居ないなら自分で獲得するしか無い。そのために本、映画音楽などというものがある。

作品というのは、絶対に全てを知ることのできない他人と、意志を共有するプロトコルにもなりうる。

そのプロトコルを作る人間、使う人間というのがあって、どちらが偉いというわけではない。

でも、意識しなくても、自分でなにかプロトコルを構築した人間というのは、

他人に対して謙虚になれる。自分意志自分で作っているわけだから自信もつくようになる。

そういう人間になりたいけど、文章がうまくまとまらない。

練習しような。今からでも遅くない。

ていうかなんか作ろう。創作なんて馴染みがなかった。

酔いどれ20歳児でした。

2018-06-16

anond:20180616225323

あの、経済的にはどう?BL二次同人で散財しまくってて

貯金ないとかならちょっとやばめかな。

そんなことないよね?

TWITTERとやらを見てごらん

なんとつまらないつぶやきだろうか

義務教育を終えていれば少しは頭を使って書き込む事ができるはずである

しかし彼らのコメントからはその形跡は微塵も感じられない

彼らの知能に深刻な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう

恐らく彼らは経済的事情で十分な教育を受ける事が出来なかったに違いない

この一見無意味しか思えない彼らの書き込み現代日本国難を知らせるダイニングメッセージなのではなかろうか

保険外診療クソたけえな

そりゃお前保険なんて無かった時代人間病気になったら経済的に終了だわ

2018-06-15

anond:20180613125234

30代開業歯科医師です。アドバイス

歯医者っていってもそれぞれに得意分野が違うんです。

まずは自分が何で悩んでるかを具体的にしたほうがいいと思います

虫歯で痛いのか、歯周病で腫れてるのか、予防がしたいのか、義歯を作りたいのか。

標榜できるのは矯正歯科、小児歯科、口腔外科だけど、それ以外の一般治療でも、歯内治療義歯歯周病など、歯科歯科なりに分野が分かれてるんです。

から、「歯医者なんだから虫歯入れ歯は誰でもできるだろ」って思ってるかも知れないですけど、矯正や小児、口腔外科専門の先生なんて、入れ歯開業してからやるようになったなんて人は結構多いんです。

当然、それぞれの歯科医院ホームページでは、「何でも対応します」的なことが書かれますが、最近は得意分野を明確にしているところもあります

もし、院長のプロフィールがわかるなら、大学病院くらいまでなら専門分野をたどることができます。○○大学○○講座とか、○○大学病院○○科ってあれば、それを調べれば治療分野が書いてあります

自分の得意分野の治療は、治療方法の引き出しも多いから、説明もたくさんできるし、治療経験豊富

悩みが明確なら、まずはそういうところからあたってみるのもひとつ方法だと思います

あと、かかるなら、平日昼間の予約をしてから電話で症状を聞かれたらある程度は答えること。(他の歯科医院でこういう治療をしているが、途中になっているでもいい。)

平日の5時頃からや、土日は、どの歯科医院時間が無い。ランチタイムシェフを呼んで、ディナータイムに注文する料理説明をさせるようなものです。少なくとも最初だけは平日昼間にかかるべし。

そしたら予約の時間少し前にちゃんといって、常識的な待ち時間でみてもらえるかはちゃんと見極めた方がいいと思います

院長またはそれなりの歯科医師が話しを聞いてくれること、検査後に治療内容の説明があること。(今の症状に対する治療説明、その後の別の部位の治療必要かどうか)

そこで話を聞いて、納得できたら通ってみたらいいと思います歯科治療が一回で終わることはほぼないので、話が合わない、話がわからない歯医者に通うことはないです。

(でも、予約を取って、あとから通院をやめるときは、断りの電話だけは早めに入れてあげてください。「仕事学校)の予定が入ったから、次の予約はこちからします。」でよいので。

あなたがあけてくれた時間に、痛みで寝られなかった患者が救われるかもしれません。)

何軒も回って、どこも納得できなかったら、自分の症状が思っているより悪い(または良い)のかもしれませんので、あしからず

毎回待たされるところはやっぱりダメですね。歯医者が、治療計画ちゃんと立ててれば、急患や、症状の変化が大きい患者が立て続けに来ない限り、そんなに予想外の時間はかからないはずです。(そういう日もたまにあるけど)

いつも待たせるところは、慢性的キャパオーバーだと思います

あと、休日や夜にやってる医院や、一等地ビルの一階や、商業施設テナントなどの医院は経費が多くかかってるので、何かにコスト転嫁されてると思った方がいいです。

保険点数は全国昼も夜も一緒。でも、人件費は土日、夜間のほうがかかるし、家賃は良い場所ほど高い。銀座コーヒー田舎喫茶店より高くできるけど、歯科治療保険診療)は一定

から患者一人あたりの時間を短くする、待たせる前提で予約を詰めて入れる、自費中心の診療を行うなど、何かをしなければ成り立たないです。人手、良い場所の取り合いは単純な経済

(自費診療は悪いわけではない。むしろ材料性質ではどうしても自費が優れている。)

お金の話のついでに。

いろいろな試算があるけど、歯を1本失うことの経済的な損失は数十万円以上らしいです。仮に1本30万円の価値(安めのインプラント)があるとして、28本で840万円。

磨かないなんて勿体ないし、具合が悪いなら、仕事を休んででも歯科医院に通った方が、結果得だと思いますよ。

2018-06-13

トランプ米大統領が1日に北朝鮮の非核化の見返りに経済的補償をする主体として韓国中国日本を名指しし非核化費用問題変数に浮上した。北朝鮮の非核化費用は最大2100兆ウォン(約215兆円)を超えるという推定が出ている中で負担割合めぐり韓日中3カ国の計算は複雑になった。1994年の米朝ジュネーブ合意の時のように対北朝鮮支援の大部分を韓国が抱え込むことになる可能性が大きいという懸念が出ている。

猫を飼いたい

里親募集サイトを眺めているんだがなんだこれ。

・完全室内飼い

・脱走防止

ペット可住宅

家族同意

去勢ワクチン摂取

・近況報告

誓約書記入

譲渡禁止

・留守の少ない人

経済的に安定していること

他にも家族アレルギーがないとかキャンセル禁止とか重複応募禁止とか老い先短い人禁止とか条件つける募集もあるが、大概上記はお決まりっぽい。

NPO保護活動団体里親探しにサイトを利用していて、この手の募集で埋まっているようだ。

ある程度は理解もするし、無料譲渡から有象無象の応募で埋まる対策だろうこともわかる。

はいえ、これはやり過ぎでは。

まるで昔お世話になった婚活サイトでも見ているような気分になった。

あー猫欲しい。

anond:20180613141524

馬鹿から、と差別正当化されても、同じことです。

経済的にどうあれ、一人の人格ある人間として見ようとしないなら、問題解決しません。

2018-06-12

iOSしかない家庭って虐待じゃないのかな

最近パソコンすら所有してない家庭があるらしいぞ

うぶんちゅ娘とこの時点でITリテラシに圧倒的な差がある

経済的理由もないのにパソコンを所有しないでIT教育を怠る家庭が責められないのはおかしいよね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん