「技術書」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 技術書とは

2024-03-01

anond:20240301104506

読書家だとは思ってない自分場合

昔、エッセイとか小説とかの娯楽書を読み捨てるなら

一時期年100冊くらい

技術書とか法律解説書なんかを3日で理解できる気はしない

2024-02-27

洋書技術書とか読んでると

最近の時勢を反映して人称代名詞she統一してる本とかによく出くわすんだけどtheyとかthe personとかじゃ駄目なんかって思う。

単純に1文字追加するだけだから楽なんだろうけど。

あととりあえず批判されない安全な方向に倒しておけばいいみたいな感じなのがなんか嫌。

2024-02-26

技術書処分

SEプログラマーです

自費や会社の補助で技術書を購入している。オライリーとか翔泳社とかSBプロダクツとか色んなとこの。推薦図書とか書泉とかで見かけて買ったり一貫性も無い

なるべく読んだりハンズオンをやってみたりしたんだが、どんどん面白そうな本も出てきて買っては積んである。読むのは苦じゃないくテンポよく読み終えているが読み終わった本の処分に悩んでいる

知り合いとかは裁断してスキャンしてPDFにして切ったのをメルカリで売ってるようだが自分は紙をめくるのが好きだったりPDFだとなんか読まないのとスキャン環境を持っていないので出来ないと思っている

実際読んでから見直さない本もあるのだが処分してからやっぱ読みたくなるとかもありそうでなかなか踏ん切りがつかない

部屋の本棚の容量もあるので処分はしたいのだけど同じような悩みの人はスキャン以外ではどうしてたり、どういう本は処分してるのか参考にしたいから教えてください

2024-01-29

社内ニート仕事擬きを創出する10テク

社内のほぼ全員が社内ニートである会社で働いたことがあるだろうか。

俺の会社はそういう会社である

強制的にクビになるまで意地でもしがみつくそ根性、そして増やすだけ無駄仕事勝手に増やす愚かさ。

だが安心して欲しい。なんとか利益も増加させている。

利益を追求するチームと、社内ニートとして仕事っぽいことをしているその他のチームがいるのである

まあ滅ぶ寸前だったら転職すればよい。

しかである社内ニートの連中は暇な時間をなんとか仕事に変換したいらしい。

そこでここでは連中が駆使している暇つぶし創出のちょっとしたテクニック集を開陳する。

 

1. 議論

だれかが議論をするといい始めた時は、大抵暇な時だ。

社内SNSテキストベース議論し始めたり、誰か特定人間を集めて会議室議論したりする。

だがこれらの議論はあまり生産的ではなく、生産的であろうとするが、無能なので何も生み出さない。

ずれたことを言うことに慣れきっているので、こんな議論さえある:

「俺たちの目的社会貢献だ。社会に貢献するためには社会不安定要因を見つける必要がある。ハッタショが社会不安定化させているのではないか。もしそうだとすると、ハッタショを更生するには周囲のサポートがいるのではないか。もしそうだとすると、サポート要員を確保するために人件費を与える必要がある。もしそうだとすると、利益になるビジネスモデルがない限りそのような人件費は払われない。もしそうだとすると、利益に頼らない方法を見つける必要がある。」

こいつがハッタショについて議論し始めたのは、普段からハッタショにムカついていてスカッとしたい以外の理由はなく、ハッタショを更生するビジネスなどやる気は微塵もない。

「もしそうだとすると」が多すぎて、前提が崩れるとすべての議論無駄になるのである

まあ、こうやって仕事をするふりをするアホが一定数。

 

2. 調査

調査というのは議論の次に多い言葉だ。まともな調査をする人もいるが、大抵の場合は信頼できないソースを引っ張り出し、自説を補強する以外のことはしない。

そもそもググって情報を見つけることを「調査」と仰々しくいうほどのことではないだろう。だが、そういって仰々しくいうと、本格的な情報を調べるように見せかけることができる。

信頼できる調査とそうでない調査の違いは、その努力方向性である

一時情報源を見るために論文翻訳する人たちや、バグの原因究明のためにデバッグしている人たちはかなり努力しているが、ツイート引用するだけの連中は脳が足りない。

 

3. 発信

社会貢献世間に影響を与えられてこそであるといい、匿名アカウントを使って炎上工作活動を行う。

これを最も好んで「暇つぶし」にしている人もいる。会社目的合致していればまだしも、ただのインプレ稼ぎに成り下がっていることが多い。

 

4. 画像生成などのツールで遊ぶ

これも調査に近いが、より子供じみたものになっている。

例えば画像生成AIでどんな絵が生成できるか検証してみました、みたいな連中だ。

まだ未検証のうちはそれでいいかもしれないが、何度も生成してどういうものか分かった段階でまだ続けようとしても生産的ではないだろう。

そもそも画像生成のAIをどうやって利益に変換するつもりなのか。そういう根本的な発想が抜けている。

 

5. 不要おもちゃの開発

社員のほぼ全員が社内ニートというのだからそもそも会社としての仕事がなんであったのか誰もわからない状態になることがある。

そういう時に、誰かが暇潰しのための議論で「こういうツールがあったらなぁ」などといい始める。

それでエンジニアが実際にそういうツールを作ると、「なんかちょっと違うんだよなぁ、僕が研究してきた哲学もっと含ませて欲しいんだよね」と理解不能なことを言う。

からツールも作ったきりで発展しない。利益に繋げようという意欲がない。

 

6. インフラ監視

インフラ監視」といって、無理やり仕事を作り出そうとする人もいるが、インフラインシデントが常日頃から膨大に発生するようなことはない。

監視のための仕組みをもっと徹底して導入するだの、k8sを使うだのいって無理やり仕事を増やそうとするが、コストしかならない。

 

7. 暇だからイベントでもやろうぜ

イベントを開いて人を集めれば、確かに社の知名度を高めたり、イベントから収益を得たりは可能だろう。

ただ利益の決定打には及ばない。場合によってはコストの方が高くつく。

被災地プレゼントを、などと言うが、被災地が今欲しいのは水と食料であるという基本的な部分の認識すら欠如し、頓珍漢なものプレゼントしようとする。

 

8. PoC

会社にまともな仕事存在するのか?と疑心暗鬼になっているエンジニアがPoCをし始める。

これはこれで、後々役に立つことはある。実運用適用可能技術も多い。

しかし、一部のエンジニア漠然と「すごいこと」をやろうとしており、それが厳密に言語化されないので、PoCの方向性があちらこちらに行く。

 

9. 自動化ツールの開発

これはどちらかというとプラステクニックだ。

利益に貢献するようなサービス運用しているとして、その運用時にマニュアル作業が発生していることがある。

これらを自動化するツールを作る提案をすれば、暇つぶしもできるし、生産性向上によって時間的余裕を創出できる。

まあ、時間的余裕を創出するからこそ社内ニートがより深刻化するのだが。

 

10. 勉強

最新技術勉強をするといって、技術書を読む。場合によっては、勉強会を開く。

例えばマイクロサービスアーキテクチャを正しく運用するには、とかそういったことだ。

本来シンプル運用すれば勉強時間に何日も割く必要はないが、まあ社内ニート暇つぶしが欲しいと喚いているのである

大根正宗で切るような話ばかりをするので、勉強が終わらない。

2024-01-25

ITエンジニア必要な事

知らんことは知らん言って調べられること。そしてそれに備えて絶えず学習する事

別にフロントからバックエンドまで一人で出来なくても良いしいろんな言語コーディング出来なくて良い

しろ色んな分野に興味持って最低限の知識を得るのを嫌わなければいい

もちろん業界にはテックリードな人が多く、そんな人に「エンジニアなのにそんなのも知らないの?」とか言われるかも知れないが気にすんな。その辺言うのは東大京大卒の学生企業ベンチャー社長エンジニア上場ゴール会社潰すような人くらいだ

なのでこれからエンジニア目指す人はとにかく学ぼう。出来ればソース公式のを。翻訳カスなの多いけど頑張って読もう。技術書展とか技術ブログはその後。AWSの最強のマニュアル公式ドキュメントよ。

間違ってもオフショアの開発に丸投げして自分は作ってもらってるシステムがどんなものかも分から改善も開発側から提案されるのみの日本の7割のエンジニアにはなるなよ

2024-01-16

kindle批判に便乗してkinoppyお勧めさせて

kinoppyは良いぞ

kinoppy紀伊国屋書店電子書籍リードアプリ

まあkindleやBOOKWALKERとかの一種だと思ってよい

kinoppyの良いところ

・蔵書を棚(フォルダ)で管理できるところ

 これがとにかく便利

 そして蔵書家ビジュアルメリットがある

 まず本棚UIと言う本好きの障壁を下げるデザインが憎い

 さらに表紙が見えるように並べられるのがオタク的に良い。収集感が満たされる

 さらに棚は飾りじゃなくて、本を自由に増やせる棚に入れてジャンル作品ごとに分けてまとめておける利便性特に役に立つ

 例えば、ワンピースはこの棚、フリーレンはこの棚、ホラー小説はこの棚にまとめると言った自由度の高い纏め方ができる

 日本特有漫画シリーズを何巻も買うという買い方にとてもマッチしていて、これはkindleはそんな漫画配慮した造りは今後もしないだろうからkinoppyを選ぶ強いメリットだと思う

 整理の仕方もスワイプドラッグで気軽に並べ替えられるし、棚ごとにソートも出来る。「同じシリーズ本の本棚に移動」みたいなこともすぐできる

 もちろん棚じゃなくてリストにすることも可能

 

 とにかく助かっているのが漫画を同じシリーズ作品だけで纏められること。これだけで読み返しが圧倒的に楽でkinoppyから離れられない。

 

・取扱点数が多いこと

 これは大体Kindlekinoppy>BOOKWALKERと言う感じだと思う

 Kindleほど翻訳専門書はないけれど、ある程度の専門書・雑誌ハードカバー文芸技術書と言った硬派な本を扱っているのは心強い

 洋書電子書籍も扱っていて、国内小売としては侮れないラインナップを抱えている

 ちなみにエンタメ系はBOOKWALKERと提携してるので、BOOKWALKERで読める本はkinoppyで読める

 そのうえで、雑誌とか画集、専門書とかを補っている幅広さが強い

 Kindleには流石に負けるけれどね

 

ポイント還元・値引きがかなりお得なこと

 kinoppyは毎週末金~日+(祝日)でポイント増量キャンペーンをする

 普段ポイントは100円で1pt=1円分もらえるが、キャンペーン中は25倍から30倍

 しかも買った本の種類ははない

 毎週末100円で30円キックバックキャンペーンしてるようなもので3冊買えばもう1冊買えるレベルの大盤振る舞いだ

 amazonkindle特定作品特定の期間だけ50%オフとか、50%ポイント還元とかするが

 kinoppyは週末ならいつでも25~30%還元しかkindleの値下げに合わせて値引きすることも多い

 上手く買う時期を選べばkindleより得なことが多い

 

図書カードが使える

 これが結構かい

 子供が貰うことも多い図書カート

 雑誌懸賞でもらえる図書カード

 日本書店大元から図書カードが使えて腐らないのが良い

 雑誌買って電子懸賞図書カード当ててでかなり得できる

 

日本国内企業なのでサポートが望みやすいこと

 少なくとも問題があった時に英語覚悟する必要がない

 ユーザーファースト対応してくれるので普通カスタマーサービスとして要望が伝えられるのが気楽

 日本典型的CSなので多少技術的に疎い人が窓口だけどまあ話は通じるのでヨシ

 結構日本人の腹が立つこと」に寄り添ってくれるのは安心

 あと大元日本本屋運営なので、電子書籍が売れても日本本屋を残すことにつながるし

 外国サービス支配されて使いづらさを強要されるのを防ぐブロックアプリになる(これはちょっと思想強めか)

 

紀伊国屋なので結構規模がでかいところのアプリ

 電子書籍不安材料であるところの「倒産したら消えるんでしょ?」が比較心配しなくて良い

 もしkindleが1年で再購入の恐れがあるなら、こちらはどちらかと言えば日本企業的な対応でどうにかしてくれる可能性の方が高い

 

・なんか妙な個人出版した無料本で検索が埋まることがない

 結構これだけでも助かる

 とはいえそう言う無料本が欲しい人もいるので良し悪しか

 

・その他のアプリでもあるだろうけどkinoppyにもあるよ機能

 ちゃんPDFインポート機能があるので同人誌とかも読み込み可能

 本の中で栞、マーカー、拡縮はちゃん実装している

 横スライドの本を縦スクロールにもできる

 読み終わったら1ページ目に戻してくれる

 次巻や前巻があるときは、最後のページや最初のページからスライドで本を変えられる

 続刊のお知らせをしてくれる

 感想ツイッターに共有できる

 端末は5端末まで共有可能

 本棚を変えて父の本棚、母の本棚とかして共有しながら分けることも可能

 まあ、とりあえず過不足なく便利機能はそろっていると思うので心配しないでほしい

 

そのうえでkinoppyの駄目な所

アプリとして少し未熟

 少しバグ散見するところがある

 本が消えたりとか、期間でダウンロードできないとかはないけど、

 なぜか本棚中間が初期位置になったりとか、

 スワイプしようとしたら長押し判定になりやすかったりとか、

 微妙に使いづらいインターフェース部分があること事実

 まあamazonほどの大規模アプリではないから仕方ないと思ってほしい

 あとはアプリからは購入できないこと(いったん紀伊国屋サイトで買わないと駄目)これはちょっとだけ面倒

 買った後の更新の反映も微妙に遅い、ちょっとイライラする

 

とはいえとにかくkinoppyは大量の本を一覧しやす管理整理しやすいんで一度使って見てほしい

マジで

ヨロシク!

2024-01-12

コミケ女性けが相性が悪い話

https://togetter.com/li/2293203

この方はn=1としてC99の体験の話をしているけれど、C99に限らず直近のC103(冬コミ)まで参加して相性悪いよなあ、と思ったので書こうと思います

C99に矮小化してしまってるので、「あの回は特別で他のジャンルも似た感じだった」というコメント散見され、自分もそこを加味してしまうとよくないなあ、と思ったのと、

どう考えてもブコメ100字で足りないので。

書いているのはC100まで女性向けサークルサークル参加(と日によっては一般参加)、以後は一般参加のみの人です。

また便宜上女性向け・男性向けという呼び方を使い、比較として現在女性向けの主流である赤ブーブー主催イベントの内容を書いています

あくま個人見解であり、これもまたn=1の話というのは念頭に置いておいてください。

まず筆頭として「午後チケット」というもの女性向けと相性が悪すぎます

公式によると午後チケットの人は12時30分から入場とありますが、C103は午前チケット11時頃着の12時頃会場入りできたので、実際はもう少し後だったのではないか、と思います

Togetterコメントなどにもありますが、女性向けサークル撤収が早い傾向にあります

これは

・アフター(打ち上げ聖地巡礼等)がある

飛行機新幹線・家(子を預けている、帰省する等)の関係

特定ジャンルCPのみを買うので一般参加者が長居しない

という理由がよく挙げられますが(最後男性向けもそうじゃないかと思いますが)

・搬出で並ぶのが大変

というのもあります

マンレポでも「箱を持って並んでいたが台車に乗せてもらえて助かった」というのは鉄板投稿内容です。

https://www.comiket.co.jp/info-a/MR/mr.html

箱1個でも本(紙)がみっちり詰まっていると重たく、腕力のない女性は搬出大変です。それを抱えてずっと並ぶのは結構きつい。

コミケの搬出は並びます。この辺りも過去マンレポを参照してもらえると明白なんですが、閉会間際に出そうと思うと1時間は見込まないといけなかったです。

なので、早めに撤収し、列が出来る前に搬出してしまいたい、というのがあります

昔はウエストウイングもHakoBookもなく、翌週にある赤ブーブーのイベント搬入クロネコヤマトのみというものあり、長蛇となっていました。しんどかった。

赤ブーブーは現在セルフ出荷といって予め専用伝票を受け取り、それを貼った箱を搬出場に持っていって渡して完了というシステムがあります。すごく楽です。

長くなりましたが、「女性向けの場合撤収が早い為、一般参加者の中で午後チケットという選択肢は除外されてしまう」という話でした。

次いで一般参加者が多いというのがあります

それはそうだろう、と言われそうですが、赤ブーブーのイベント現在でも10時開始で遅くとも12時には一般待機列はなくなります

規模が小さいイベントだったけれども、一番早かった時は10時30分に一般待機列が解消していた記憶があります

コミケも以前は12時~13時頃にはフリー入場になっていたと思いますが、現在上記の通り午前チケット・午後チケット別で並ばなければいけません。

並んでも買いたい本があれば別ですが、女性向けサークル数も減ってる現在ではちょっと遊びに行く程度では参加がしにくくなっています

それならば通販を使って並ばず確実に手に入れたい、となってしまうのも道理です。

また、コミケ一般参加者は男性の方が比率が高いです。少し古い情報ですが、下記の資料が公開されています

https://www.comiket.co.jp/info-a/C81/C81Ctlg35AnqReprot.pdf

女性けが減った今では更に男性比率が増えているのではないかと推測出来ますが、それは一度おいておきます

もうこれはどうしようもないですが、それが参加者がほぼ女性の赤ブーブーのイベントと比べて忌避される理由になります

何故か。「男波」というものがあるからです。

個々の体格差問題ではなく、女性1000人より男性1000人の方が質量が大きいです。またパワーもあります

一般入場列が来ると机が揺れます。揺れるだけならいいですが、ずれます。机上の本が落ちます。押さえていても負けます

「走らないでください」と言われてもお目当てを目指して早歩きになるし、あちこちに方向転換することによってえらいことになります

また、一般参加で動くにも男波に揉まれると移動が大変です。容易に埋もれます。あとリュックが顔に当たります

それと抽選というのもコミケを避ける要因になっていると思います

ただでさえお盆年末なのでスケジュールのやり繰りが必要になるのに、当落が出るのは1~2ヶ月前です。

C103ですと12月30日31日の開催で1110日に当落が出るスケジュールでした。

シフト制の職の人はもうシフトの締切後かもしれないですし、遠方の場合は繁忙期なので新幹線飛行機ホテルを早く手配しなければなりません。

また、予約を万全にしておいても落選していたらキャンセルをして行かないということも充分あり得ます

一方赤ブーブーは基本先着順で、満了近くなるとSNSサイトで告知もあります。申し込めば不備などを除きスペースは用意されます

まり申し込んだ時点から参加に向けてのスケジュールなどのやり繰りが出来るのです。

スケジュールといえば盆・年末という日程がそもそも無理という人もいますジェンダーバイアスになりますが嫁仕事というやつです。

逆に「コミケは申し込みから日が長いかジャンルスパンが短い女性向けにあっていない」ということについては懐疑的です。

例えば2024年6月に開催される赤ブーブーのイベントがもうすぐ満了と告知されています

こちらは募集スペースが倍になってからの早期満了であり、特定CPジャンル)のみのイベントです。

https://twitter.com/AKABOO_OFFICIAL/status/1739187539360260448

https://twitter.com/AKABOO_OFFICIAL/status/1744545230106599600

ジャンルスパンについても昔は男性向けの方が短いと言われていた(「クール毎に嫁が変わる」など)ので、差はないと考えています

つらつら長くなりましたが、元々C99以前から女性向け参加者が減っていたところ、更に追い打ちとしてチケット制で更に減ったというのが個人的な意見です。

減ったのはサークル参加者が先か、一般参加者が先か、については不明ですが、因果スパイラルになって減っていっていることは確かだと思います

ではコミケはこのままでいいのか、ということについては個人的にはこのままでいいと思っていますし、今更女性向け参加者を増やすことは難しいでしょう。

かにコミケと赤ブーブーのイベントでは空気感も違いますし、評論系の同人誌などは後者ではあまりありません。

しかし、コミケは規模が大きくメディア露出などもしていますが、いってしまえば同人即売会の一つです。

先述の評論系ならば「文学フリマ」「おもしろ同人誌バザール」「コミティア」、さら特定ジャンルに絞れば「技術書同人誌博覧会」「めしけっと」などのイベントもあります

なんでも一強の時代というのは長く続きません。色々な同人即売会存在し、それぞれが盛り上がっていた方がいいのでは、と個人的には思います

(なお女性けが赤ブーブーの一強になっているのはちょっと懸念していますがそれはまた別の話)

2023-12-27

はてブとかSNS不安を抱いている多くのITエンジニアに届け

定期的にはてブSNSを見ているとITエンジニア投稿を見ることも多いだろう。それを見ると色んな感情が湧くと思う。

これ以外にも色々あるだろうが端的に言うと自分ITエンジニアとしての偏差値が低いんじゃないか?って思うことが多いのではないか

そんなわけ無いぞ。上に書いているようなレベルの人ってホント上澄みレベル世間エンジニアが全員勤勉だと思うなよ。

あと結果のみアウトプットしているから凄い事スラスラしているように見えるけど、実際はインプットからアウトプットまでに時間結構あるぞ

結構気にしてあれこれ手を出して潰れる人を見てきたし、じゃあ自分はその上澄み除いた部分でどの辺なんだって拘る人も居るのでいくつかアドバイス

無駄資格は無い

エンジニアあるある。応用なんて学生が取るもの。高度でやっと書類に書ける。んな訳ない。あの時代遅れ試験を午前午後クリアできるエンジニアは少ない。ITパスポートだって立派。業界変われば評価も変わる。取らないけど凄い人も居るけど大半の凡人は取ることで土台が固まる。IPAでもベンダーでも興味のあるものは取ろう。転職エージェントが何を言おうが資格目的はその技術知識確認だ。

時間を捻出するな

上澄みの人の業務形態は様々だ。経営者正社員フリーランス職場によっては業務中の勉強可能だったりする。フリーランスなら仕事勉強自由だ。その相手と同じ環境でも無いのに自分もやろうと捻出して睡眠時間削っても意味ない。ある日2時間やるより毎日10分で良い。重要なのは今の稼ぎ。努力教信者意味なく努力しろと言うけど気が向いたときにやれば良い。週末に遊びと勉強あったら遊び取れ。仕事パフォーマンス最優先。

とりあえず本読め

最新技術キャッチアップしてサンプル作ってって焦るだろうけどとりあえず本読もう。読み終わって全部知ってるわ!って本かも知れないが今はメルカリで売れるから傷は浅い。オライリーの本を手あたり次第買って積むのは焦った人が良くやるパターンだけど、とりあえず自分が興味ある分野の本を1冊買って読もう。はてブにはだいたいこの季節に上澄みの方が書いた読んだ技術書を書評付きで載ることが多い。そこから1冊選んで読む。ハンズオンあるなら自宅のPCでやる。やり切ったらぶっちゃけだいぶ偉い。業務じゃ使えないとか言われるけど基本と実際はどこが変わるか分かるだけでもだいぶ役に立つ。ちなみに裁断してPDFにするのは個人的にはお勧めしない。電子化するとマジで読まない。個人差あるけど

いやホント基本情報持ったエンジニアで良いのよ

もちろん年収1000万とか稼ぐフリーランスとかは無理だけど緩やかなキャリアアップ目指すなら基本情報持ってれば良いのよ。マジで社会には自分達より手に技術持ってないくせに年収1000万越えの変な人多いよ。だから企業案件現場に行ってプロジェクト全体像も分から毎日コード書いているだけで漠然とした不安を抱えているなら一足飛びではなくまずは土台を固めよう。レーダーチャートのどっか1か所だけ飛びぬけるのはマジで選ばれた人間。大半は平均的に高めるしか無いよ。焦んな、何もやらないのは駄目だけどコスパは求めるな。

2023-12-08

本棚を買ってオライリー技術書大人買いしたい気分

やっぱね、つんどくはつんどけばいずれ読むんすよ

2023-12-07

anond:20231206142855

理系技術職なら倹約家大歓迎なんじゃないか無駄なことに金使うの嫌いだし。

ただ技術書とかにポンポン金使うが。

2023-12-02

anond:20231202114907

プラモとかはぶっちゃけどうせ捨てるゴミだけど技術書は良いだろ

仕事趣味か知らんけどしっかり活かせよ

久しぶりに浪費する



が色々重なって、月末月初めなのに3万位浪費してしまった…

別にからと言って生活が苦になるってレベルじゃないし、視野が広がったし無意味ではないのだけど

物価高で財布の紐を縛って、外食や遠出もせず、安いコンテンツ我慢してたかお金が出て行くことの喪失感が強いな

2023-12-01

ChatGPTは馬鹿を救わなかった

今更じゃ

俺は先生がほしかった

しかしChatGPTは先生になれなかった。

俺は努力しない

毎日技術書開くこともしない

ニュースを見て満足

手を動かすこともしない。こんなところで愚痴ごねるだけ

やりたいことを具体的に説明できない

なんだろうこの、存在しない体の部位を動かしたいけど、動かせないような気持ち悪さは

俺みたいな馬鹿言語化できないとき、大声で叫んだり、暴れたり、泣いたりするしかない。

赤ちゃんや獣になる。

程度は更に低いけど烈海王がぐるぐるパンチしたとき気持ちに近いかもしれない。

2023-11-25

amazonセールやっている

そこで結構高いkindle技術書が三千円OFFとかになっていた

前にみたときも、通常でそれぐらいだった気がしたか価格推移確認したけどやっぱり一緒だった

悪質な業者が騙すためにやっている事例があるってのは知ってたんだけど、これ設定しているのってamazon側だと思うんだけど設定ミスなんか?

セールなら通常価格以下にしないと意味ないんじゃね?

2023-11-11

なんで図書館には技術書とかビジネス書とかの実学書籍が少ないの?

金がないか図書館を利用するのに金に繋がる本がないなんてあんまり

2023-10-31

nginx使いの人はどんな技術書を読めばいいですか?

日光猿軍団ですか?

2023-10-30

anond:20231030200135

後輩が社会に揉まれることで解決するだろう。

 

業務必要書類は、誰が読んでもほぼ同じ理解になるよう求められる場合が多い。

しか文章は読者が誰であるかによって必要情報が異なるため、想定読者に応じた情報量を選別し整理する必要があり、難易度が高い。

こういった技術公文書技術書を書く技能に近しいが、学生の間にそういった技術必要な場面は滅多にない。

また想定読者文章を読解するのに有する知識の偏りは環境最適化の影響度が大きい。そのため一般論的な法則性規則性、所謂書き手の自頭より、

その環境にどの程度適応して執筆された文章であるかのほうが、想定読者の読解に寄与する。

2023-10-21

anond:20231020165225

所有にも金がかかるんよなー

場所代という

技術書漫画、これは電子書籍のほうがええやろ

漫画はどんどん増えていくし、技術書はすぐに陳腐化してゴミになる

2023-10-20

anond:20231020165225

収入が増えなかったのなら、その技術書不要だったということ。

本棚が足りない

10畳1K

技術書小説漫画

電子書籍も試したけど合わなかった

なるべく漫喫図書館で借りたりして読んでるが、好きだった本は手元に置いておきたくなる。

同人個人出版?の本や漫画はもう二度と出会えないかもしれないので捨てられないし、好きな本は問答無用で買ってしま

技術書は古いの定期的に捨ててるがずっと残しておきたいのもあるし、図書館には無い。

会社で借りたり買ってもらったり出来るが技術書は読むのに時間がかかるので返却日に追われず色々並行しながらゆっり読みたいのでやはり自分の本として欲しい



引越しすればいい

まあそうなんだけど…

引っ越すのも面倒だから家建てようかなと思って書庫がある家とか、書庫まで行かなくても本専用部屋がある家とか見てるんだけど面倒くささが勝って行動に移せてない

国会図書館は?

出不精すぎて行くくらいなら買ってしまう……

国会図書館すごいよね。

デジタル化されてるものは本の中身でも検索できる。

親が親(私の祖父母)の思い出?をかきあつめてたんだけど、親も生まれてない、祖父母若い投稿した雑誌とかヒットしてた。

床が抜けそうなので、とりあえず追加を買わないことにした

父と私が本を集めるので実家底抜ける!って母親に怒鳴られて父とめそめそ断捨離したの思い出した。

とりあえず増やさないのが第一だよね……。欲しい本まだたくさんある……

2023-10-15

みんな何にお金使ってるか教えて

20代、とにかく薄給だった。首都圏年収300万で生きてきた。

そして30歳で転職した。転職して数年で年収が3倍近くまで増えた。相当に生活に余裕が出た。

だけど、これまでお金を使ったことがなかったから、何に使えばいいかからない。

20代は「何かを欲するということが悪だ」と思い込まないと生きていけなかった。自販機で何かを買うことすらためらう人生だった。

結果的に、自分欲望に鈍感になってしまった。何をしたいのかがわからない。

自分自分欲望に気づくのはもう難しい気がする。

世間にある欲望の一覧を手に入れることで、自分欲望にも気づけるかもしれない。

みんな、何にどれだけ使っているの。おしえてください。

おもしろそうなお金の使い方をしている人がいたら、ぜひ真似させてください。

ちなみに、現在支出項目はこんな感じ。

項目 支出 備考
家賃 8.5万円 都内25mm2の部屋に越してきた、広くていい感じ。
食費 4.0万円 いいチーズ過去比)とか買うようになった、いい感じ。
光熱費 1.0万円 エアコンをためらいなくつけられるようになった、いい感じ。
通信費 0.5万円 スマホ代は昔から月1000円以内に収まる。
医療費 0.2万円 概算値。年間0円のことも普通にある。
衣服美容 0.8万円 ユニクロって結構高いよね。散髪は2ヶ月に1回で1500円。
雑費 0.3万円 ティッシュとかシャンプーとか。
書籍 1.0万円 技術書とか。ここは昔からしまお金を突っ込んでいる。
飲み代 3.0万円 最近バーに行くようになった。楽しい
交通費 0.3万円 ほとんど移動しない。
合計 20万円くらい 30万円ぐらい余る

余ったお金は全部オルカンに突っ込んでいる。

ものすごいスピード資産形成されていくわけなんだけど、結構虚しい。

もう少し自分幸福度を上げるようにお金を使えるようになりたい。

2023-10-11

みんなあんま知らんだけでイチから漫画の描き方教えてくれるワークショップとか普通にあるよ

藤井総太に「将棋指したいんで駒の動かし方から教えてw」って言いに行くのが非常識なのと同じで、作品競技で金とってるプロに聞きに行くんだったら、せめてそのプロじゃなきゃ答えられないようなことを聞きに行くべき、って話じゃないのん

もろちん、プロ自分で「未経験者歓迎、アットホーム技術教室です」って言ってるんだったら別ね。

 

みんな言うように技術書もいっぱい出てるし、コマ割りやデッサンの基本から教えてくれるオンライン講座も対面で教えてくれるワークショップも探せばいっぱいあるよ。そこの講師は「まず作品書いてもってこい。話はそれからだ」なんて言わないよ。

から創作に関しては常に根性論」っていうのは純粋に間違ってるって言うか、飛び級を望みすぎなだけだと思うんだよね。

料理だって例えば三ツ星レストランや有名ホテルレストランにコックさんとして就職したいってなったら「ほな、腕前見せてもらいましょか」ってなるじゃん。でも町のフランチャイズレストラン厨房なら最悪、包丁ちょっと使えるくらいから働けるわけじゃん。

プロ漫画家や、プロ編集者っていう業界トップに何か教えを乞うために必要最低限のレベルがあるってだけで、別に漫画描き始めたい、小説書き始めたいって人が行くべき場所や通るべき道っていうのは普通に存在するよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん