「確率」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 確率とは

2020-01-20

50代くらいの増田おる?

ちょっと聞きたいんだけど

54歳の父親がまったく自慰してる様子がない

母親との夫婦仲は良好なんだが行為絶対と言ってもいい確率でしてない

外で発散してる可能性が高いんだろうか?それともしなくても平気な人が多い?

anond:20200119231358

それ即切っといたほうがいいよ。不幸になる確率高い。かわいい子を手放すの怖いかもしれないけど、今のうちに手放しとかないと、縁切るチャンスを失って、すなわち他のいい出会い機会ロスするよ。

依存体質の子はこっちが引けば押してくると思う。ソツなく切っておけば向こうが彼氏と別れたりした時こそ強く押してくるのでクリーンに付き合えるよ。)

2020-01-19

anond:20200119233652

確率問題だろ

青葉や岩崎糖質だと指さしてゲラゲラ笑ったところでだ

俺はガソリンをかけられなかったし視察もされてない

通り魔エンカウントする可能性などほぼ皆無なんだから

だったら俺は負け組やボッチを馬鹿にする権利を守りたい

anond:20200119221809

病気とは限らないが、動機が全く理解できないような殺人とかは、その犯人にとって根本的な問題を抱えているとは思う

それで殺人正当化されてはならないが、罪の重さをどうするかは難しい問題である

パーセントかの確率でそういった殺人鬼とでも呼ぶべき人物が生まれるとして、そうなると確率問題であり、公衆衛生問題でもあり、都市設計と同じ様な視点で、つまり、どのような都市設計したら、社会デザインしたら、その確率的な殺人鬼の暴走を未然に防げるか、もしくは事後に対応できるか、という話になってくる

こういった議論日本では乏しいように思う

都市設計GHQのせいもあるが行き当たりばったりであった

社会システム根本的に見直す動きもない

処女喪失したら生理痛になった

生理が始まって以来生理痛とは無縁だったのだが、処女喪失してからというもの毎月とまではいかないが2/3くらいの確率で痛い。1/3は動けない時間があるくらい痛い。どうして…?

anond:20200119095431

kiri371 そんな価値観が歪んでしまったパパ活女性の数年後の結婚相手はパパ予備候補生、高い確率仮面夫婦になり、夫はパパ活に走る。そういう層は昔から居た気がする。ネット境界曖昧になってきたけど。

そんな金持ち結婚できるならそれでOKと言う女性いくらでもいると思う。

しろ夫がパパ活に走ってくれた方が自分相手しなくて良いから楽くらいに思いそうだし。

正式愛人持つ男よりはパパ活で終わる方が面倒もなさそうだしさ。

愛人子供も産ませたりすると財産もある程度取られるしね)

まあ、昔から普通にいる層だわな。

ぼくのかんがえたガンダムストーリー

CCガンダム(コンパクトシティガンダム)

高度に文明を発達させた人類宇宙へとその勢力圏を伸ばしたものの、その拡大のペースは永遠には続かなかった。目新しい技術革新が起こらない冬の時代は数百年単位で続き、現状を維持するのも難しくなった。

コロニー老朽化が進んでも、人類には新たなコロニーを作るだけの資源も体力も技術もなく、そして何よりニーズもなかったことで、コロニーの廃統合が進んだ。幸か不幸か人類人口漸減していたので、空きはいくらでもあった。やがて人類は、月と地球、そして月と地球を繋ぐ中継コロニーの3カ所だけに住むようになった。12億に満たない人類にとって宇宙は広過ぎた。

ある日、放棄されていたコロニーが月に落下した。甚大な被害を出したこ大惨事は、何百年も前から警告されていた起こるべくして起きた事故だった。地下に暮らす月だったからまだマシだったものの、これが地球で起きていたら人類文明再起不能ダメージを与えるレベル大事故だった。

人類は慌てて放棄済みのコロニーを百年以上かけて除去したが、月と地球を結ぶ最後コロニー宿題として残った。このコロニー黄金時代の頃から常に人類最大のコロニーであり、そして最古のコロニーでもあった。

九龍城のように増改築されたこコロニーは今も現役だったが、いつ地球に落ちてきてもおかしくはない状態だった。100年以内に地球に落下する確率は15%以上ーこの数字を重くみた人類は、このコロニー放棄することに決めた。これは同時に月も放棄することを意味していた。宇宙船の往復では月の居住環境を維持する事はできず、中継コロニーが不可欠だったからだ。

しかし昔からこのコロニーの住人は開拓者祖先だとの自負が強く、10年の猶予期間が過ぎた後も3割以上が居残り「ここで生まれた我々は、ここを終のすみかにする」と主張した。痺れを切らした地球政府は、コロニーに対し実力行使に乗り出す。

努力はつらい状況を耐えることじゃないのだが

何となくみんなどこか、努力は辛いことに耐えることだとおもっているところがあるよね。

良い結果というのは、合理的戦略と運によってもたらされるわけで、辛いことに耐えて得られたものというのは結果的に良かっただけなんだよね

例えば辛い練習をして、失敗する確率が減ったとか。

でも、辛い練習をもう少し減らして、ちょっと負担が軽いルートもあったかもしれない。

努力は辛く、それが成功に導くという考えから、辛いことを耐えているのだから良い結果が来るはずと思っている。

こういうのが公平世界仮説というのかな?

残業も頑張って理不尽なお客の言うことを聞いて、みんなのわがままを全部叶えたのに何で出世しない!とかそういうシーンをフィクションで見たりするけど

まあ、そういうことですね。

そういう人に何度か出会って、こういう話をしたことあるけれど、世間的には真面目とされるのだろうけど、こういうのは人生真面目にいきていないよね。

人に与えられたことをやって評価してもらえるとおもっているところがある。

2020-01-18

anond:20200118085756

がんは長生きするほど発病確率高まるし、

自殺で多いのは中年男性だし、

比較はできないんじゃないか

2020-01-17

anond:20200117193335

いまのところ医学老衰は治せないんだから

医学寿命が伸びたんだとしたら

やっぱり「重病で死ぬ確率が減ったから」だよな?

最近運の悪い増田運宇田須磨居るわノン運紀伊さ(回文

おはヨーグルトグラノーラてんこ盛り!ヘイおまち!ってオヤジヨーグルトの器に親指入ってるって親指!って二度見しそうなほど美味しそうな朝食のヨーグルトグラノーラを平らげたところなんだけど、

何か最近私って飲食店運が悪いみたいで、

丼に髪の毛が入ってたり、

親指が入ってたり、

から揚げ作るの失敗したからゴメン作り直すね!とか

結構いま飲食店運のバイオリズムグラフは最悪かも知れないわ。

しかも立て続けによ立て続けに。

そうこう言ってる間にまたこ時間だわ。

でもさ、

髪の毛は言語道断中の言語道断アウトとしても

親指ならまあまだ馴染みのある通い詰めたお店の女将大将のなら許せちゃえそうなものの、

知らない人の親指が入ってたら、

なんか引くわー。

あんまりかいこと気にする自分じゃないんだけど、

知らない人の親指はちょっとね、と思っちゃうわよ。

そんでもってから揚げ失敗って。

まあ別のお店の別の日の話しなんだけど、

立て続けに続くわよねーって相変わらす自分で思っちゃったし、

から揚げ失敗したところの大将

別に失敗したって言わなけりゃ分からないのに、

そこは自己申告の鬼なのか分からないけど、

失敗したから作り直すんで、って正直者かって思っちゃったわ。

から揚げは美味しかたからいいけど。

から揚げのお店は良いんだけど、

髪と親指のお店は同じお店で、

これってこの頻度で不愉快になる確率と言うより、

あきらかにこの確率で遭遇する方が奇跡的なので、

もともとのクオリティーが残念なホスピタリティなんだわって

そう自分の中で結論付けたところなんだけど、

人生山あれば山ありってそこに山があるから登るんだって

山登りの人は言うから

ちょっと切り替えて気分上げていきたいわね!

ティータイムには、

可愛いコンビニスイーツの苺のピンククリームが入ったイチゴのしないシュークリームでも食べることにするわ。

うふふ。


今日朝ご飯

ミックスサンドイッチ

ツナハムタマゴでした。

最近朝はこんな感じが多いというかいつもだけど、

右足から靴下を履くのがジンクスのように、

たまには左足から履いてみようかしら?って流れを変えたいわ。

デトックスウォーター

ストロベリーセールで安かったかストロベリーウォーラーよ。

かにピンクのウォーラー

これまた微かにベリーの味がしてベリーマイウーなんだな。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

成人式に行った人が結婚する確率

行かなかった人に比べて高いんじゃないだろうか。成人式に行く=社会規範に従うという勝手な式を立てさせてもらうとする。

ネットでは結婚しないのもいいじゃないかみたいな風潮はあるが、社会に出れば当たり前のように30くらいで結婚している人は多いし、他人事ではなく実際に職場同窓会で目にする。すると、成人式に出るような規範を重んじる人々は結婚しないということにどこか後ろめたさを感じずにはいられない。こうして彼らは婚活市場に否応なく参戦を強いられる。

少子化解決の一番の特効薬は「みんなやっているから」かもしれないね

2020-01-16

anond:20200116061001

そういうめんどうな質問をしてくるやつに的確な返答が思い浮かばいか簡単否定文を自己にあてることで反面の質問者と同じ行為をしてる感があるな

次そういう話になったらどう論破してやろうかではなくそういうやつはすぐに縁をきったほうがいい

一緒にいることで何の得もないというかそいつ他人とかかわらないことが最も効率的だと考えているはずだからなにかしてあげるすべてが損になる

自分はこうして人生大成功したのになんでみんなこんな簡単なことしないの?と同じ系統でそんなにラッキーなら目をつぶって横断歩道わたっても大丈夫だろうよ

再利用性や再現性に確度を高めなくてもいつでもそこにあるはずのものいつまでもそこにあるとか必ずそうなるのは自分以外が手を付けない場所だけ

家や部屋から出ないのならそういうことする必要性感じないわな

一般人

占有離脱物の占有権を復帰するために消しゴムをひろうし

皿は次に使うときにどの皿が何に使えるかという選択選別判断をいちいちしなくていいように洗っておいておくし

タオルを洗って毎回風呂上り風呂上りであるようにまた風呂に入りなおす羽目になる確率さいころをふらないし

ファスナーをしめることで予想外の出来事自分の装備品をまず全部確認するという作業をしなくていいようにするし

除雪することで認識可能範囲での事故の予防や被事故発見をすることでその手間よりも多い面倒ごとから回避するし

洗濯物をたたむことで時節にあわせた服装ができるようにする程度に再利用スパンが短くないし

しおりを挟むのは知恵がどうのということとは関係なく物理的にページをめくる動作作業を軽減させるものだし

一階は人間動物事象の接近率が高いので対処必要事象が上層階より多くなるのは確実だし

観覧車を移動手段位置的な移動にの価値があると考えてる人は少ないからな

anond:20200116125053

どういう法則なのかは忘れたが、部品の多い製品は確かに故障する確率は高くなる。

だけどそれによる故障は稼働初期に集中する。何故ならそれはそもそもパーツの組み合わせ精度が悪い等の不良品であるからだ。

逆に、初期稼働で安定する製品(つまり、歩留まった製品)は、個体それぞれの製品寿命が長い製品個体製品寿命が短いが部品点数の少ない製品より大分長持ちするってよく言われてる訳だが。

電子部品殆ど故障は同様に初期不良だけだろ。経年劣化故障するタイプ電子部品なんて、今あるか?

anond:20200116121608

確率そこそこって言ってたのが興奮するとレアケース除く全部になってやんの、ばかまるだし

どっちみち「そう思うからそうなんだ」論に確率とか関係ないけどな。

ただただ「稼いでる奴はサイコパス!」=「稼いでない自分道徳的に勝ってる!」言いたいだけ。

あえてまじれすしてみまち

非モテ下方婚の夢を見る

これスペック高い男がモラハラである確率がそこそこあるように、女もまた稼いでるやつはモラハラである率が無視できないと思うんだよなあ。

たとえば外資コンサルだの病棟医者だの電通だのでサバイブできるやつ、男だろうが女だろうがどっかのネジがぶっ飛んでて人を人とも思わん豪腕さがねーと無理だろ……そもそもそこにたどりつくまでに、熾烈な競争を勝ち抜いた我が強い性格だろうし。

彼らの中にモラハラしない希少種はいるが、高スペックな男なり女なりがかっさらっていく。非モテ男女に落ちてくるのは難ありのモラハラ野郎

奴らのモラハラに耐えてまで結婚したいか?というのは、上方婚したい女とがよく見落としてる点だよなーと

2020-01-15

大江戸線の客層はほんと酷い

結構引っ越したので、東京中央線から下の左側は色々乗りましたが、大江戸線が一番酷い。

車両が狭いせいもあってマジで酷い。

車内混雑してる時にドア付近の人が降りる人の為に道を開けることが少ないのを筆頭に、優先席でも妊婦や小さな子連れ怪我人(松葉杖ついてる人)に席を譲ることもほとんどない。

自分骨折してギプスつけてた時も1度も譲られたことがない。(乗り換えた別路線では即譲ってもらった)

たまに譲ってる人を見たとき外国人旅行客だったりする。(中国人が多い)

今は仕方なく大江戸線沿線に住んでるが、引っ越したらもう2度と住みたくない。

逆に民度高い住みたいランキングはこれ

1位 営団丸ノ内線(方南町新宿三丁目)

2位 JR総武線(三鷹新宿)

3位 (昔の乗り入れない頃の)東急東横線(自由が丘渋谷)

ここらへんは席譲ってもらえる確率が鷹かった。

まー、総武線三鷹新宿は席譲ってもらえなくても普通に座れるしな

車両の混雑度と民度は比例するよね。

とりあえず「大江戸線マジで酷い」ということだけは広めていきたい。

一応、自分自身は大江戸線で(別路線でも)妊婦怪我人に席譲ってます

だいたい1ヶ月に2,3回の頻度ですが。

好きなことばっかりして生きてきたと思う、けど

anond:20200114132919

俺は元増田と違って東大なんか出てない。

中高大ほとんど勉強してないけど、割とクソみたいな私立大学を出たけど、唯一プログラミングだけは子供の頃から好きでやってたのでなんとかウェブ系の企業に入ってもうすぐ10年。

2回転職して今は米国企業日本支社でソフトウェアエンジニア

額面年収1000万ちょい。

でも努力したなって感覚全然ない。

プログラミングはずっと好きでやってるだけだし、英語だったり業務必要ドメイン知識とかの勉強も誰に言われるでもなく毎日1時間ぐらいマイペースにやってるだけでまぁ困らない。

まぁ強いて言えばカンファレンス登壇前日の準備は必死こいて準備してたかな...

やっぱり好きなことで生きていくのって大事だよなって思う。

きじゃなかったらこうはならなかった。

...でも本当にそうだろうか。

俺は好きなものたまたまプログラミングという、仕事に、しかもそこそこ給料いい仕事になるやつだったからこうなっている。

だけど、例えば趣味将棋だったらどうだろう。

多分今の業界ソフトウェアエンジニアとしては30人とか50人に1人ぐらいのスキル

だけど将棋世界で50人に1人ぐらいの実力だとして多分全く金にならない。

金がなかったら今ぐらい良い街の良い家に住んでいられなかっただろう。

そうやって余裕がなければ人に対して今ほど優しくはできなかっただろう。

今ほど優しくできなければ妻や友もいなかったかもしれない。

プログラミングの素質が変わらないとして、生まれるのが20年早かったら多分パソコンインターネットに触れられる家庭に生まれられた可能性はもっと低かっただろうし、知の高速道路にも乗れなかっただろう。

20年遅かったら先行者利益も生きず凡百のソフトウェアエンジニアしかなかっただろう。

俺はものすごい確率の運に生かされてこの場にいる。

せめて困っている人間に手を差し伸べられる人間はいたいものだ。

2020-01-14

人間はついつい自分にあてはまる悪口を言ってしまう。

持論なんだけど、人間ってついつい自分ダメージくらう悪口を、相手に言ってしまうんだよね。

 

これは特にネットで顕著。

というのも、相手ダメージが大きい悪口本来言いたいわけだが、相手属性が判らない状態では、自分主観から相手状態類推するしかいからだ。

主観から相手状態類推する傾向は、別にネットでの悪口に限ったわけではない。例えば昔の文通文化研究では、顔もしらない文通相手のことを自然自分とよく似た人間だと考えてしまう傾向があるのが知られている。会話相手の「顔」が客観的存在しない場合人間は顔のない存在と会話するのではなく、そこに想像上の顔を当てはめて会話する。そして想像材料には、自分主観経験を用いるというわけ。

 

から、この無職め! 就職しろ!といきなり言う増田がいた場合は、そいつ過去または現時点で致命的な無職だった経験があり、そのことを負い目に思っている……ということがわかる。 

ネトウヨ自分で考えていない馬鹿からな、とかいつも言っているネトサがいた場合は、そいつは「お前こそ自分で考えていないだろ」と言われるのを誰より恐れている。

文字しか知らない増田女さんにブスじゃんとか言う男さんは、おそらく本人がイケメンからは程遠いことがわかる。

このように、悪口を言うことは、すなわち自分の弱点をさらす事と同じなのだ

レスバトル的に反論ときも、それを踏まえて相手悪口に似たことを言ってやれば、顔が真っ赤になる確率がかなり高いぞ。

 

今日はこいつを見て、やっぱ俺は正しいな、と思った。anond:20200114180104

バグエラー報告はアンチ認定

某人気タイトルの新作では、さまざまなバグエラーがある。

現在、そのバグエラーが発生したことTwitterで呟くとエンジョイ勢でもアンチ認定される異常な事態となっている。

以前からバグエラーに対しては「自分のTLで見かけないかアンチの嘘」「エラーアンチ捏造してる」「俺のSwitchエラー吐いてない。どうせ改造したんだろ」とさまざまな理由をつけ、バグエラーがないものとして考えている人たちはいたが、ついにエンジョイ勢ですらアンチ認定されるようになってしまった。

元はといえば信用度が低い某アフィリエイトサイトバグエラーについて取り上げたがために、「バグエラー報告はデマ!」というデマが広がってしまったのが原因なのだが、ただゲームを楽しんでいたらエラーが発生した人に対して突然アンチ認定をするのはどうなのか。

バグエラーが発生する確率は低くとも発生してしまった人がいることは事実である

自分ゲーム大丈夫だったとしても、だからといって他人ゲーム大丈夫だという確信はどこからきてるんだ。

デマだと言われぬように動画もあげていたが、その結果アンチ扱いされたらたまったもんじゃない。

アンチエラー報告をしていたら嘘だと疑いたくもなるが、ただのエンジョイ勢がただエラー報告をしていたところでアンチ認定するのはあまりにも短絡的なのでは?

アンチエラー報告していたら正直捏造してるんじゃないかと私は疑うが、ただ楽しんでいた人をアンチ扱いするのははっきり言って異常というか、信者と言われてもしょうがないわな、と思う。

そもそも動作に異常があった」と呟く=アンチだという認識はどこからきているのかよくわからないんだが、どういう思考でそうなっているのか。

Switch本体破壊については本当にゲームが原因なのかはわからない。

本体の方が寿命だったり当たりが悪いものを引いてしまったりした可能性があるのでなんとも言えないし、どうしてバグエラーが発生するのかもわからない。

しかし、ゲーム内でバグエラーがあることは事実でその被害にあった人も少ないながらもいる。

自分被害にあっていなくても、普通に楽しんでいた人の中にいる。

どの界隈にも「ポジティブなことしか呟いてはならない」というファン一定数いるが、あまりにもその思想過激だとnotアンチアンチ扱いするような危ない人がいるとわかれば新規は寄り付かなくなる。

そういう人たちはファンではなくもはや公式信者のような感じなのだが、自分たちは公式の「ファン」だと考えていて、本人に自覚がないのがこわい。

被害にあった人を追い詰めるようにアンチ認定するような人間になりたくないし、バグエラー信者が隠す界隈は不気味だし、公式はもう絶対不具合を認めないし、この先この界隈はどうなってしまうのか。

ゲーム自体は楽しみたいけれど、いつ不具合が起きるのか不安しょうがない。

2020-01-13

実在人物やその周辺を取り扱う二次創作について

はじめに

かれこれ15年以上、実在人物に関わるBL創作をしており、今はよく荒れる界隈の、わりと近くの界隈で過ごしている。

「荒れる」とはどういうことか。

記事では、「SNS閲覧制限を掛けずにカップリング名やキャラ俳優名を出して萌え語りや創作をするアカウント(以下、鍵パカ)が出現すること」とする。

鍵パカが現れると、閲覧制限を掛けているアカウント(以下、鍵垢)が回覧板のように注意喚起を回し、

各自スパム報告・ブロックをすることで、当該アカウントを凍結させようとする、という流れが確認されることがある。

この流れが、某ジャンルではここ数ヶ月頻繁に起こっている。

わたし自分が関わるところの事例しか知らないが、活発なジャンルであればよく起きていることだと思う)


鍵パカはなぜ鍵パカでいるのか。

彼らが注意に対して反論するとき、以下のような言葉を使うことがある。

BLから隠れろというのは性的少数者に対する差別だ。

当事者が傷付くというが、傷付いたという事例がない。

二次元にいたときは隠れろと言われなかった。

1では、これらの反論についてわたし個人的な考えを記す。

2では、そもそもなぜ鍵パカをやめてほしいのか、注意する側の視点から記す。

なお、本記事実在人物やその隣接区域を取り扱うジャンルについて主として述べるものであり、

述べていないことについては触れていないか問題ない、思うことがないというわけではない。

同じようなジャンルで過ごす方々にとって、本記事が何かの思考一助となれば幸いである。


1.鍵パカによる反論について

本項では「はじめに」で述べた鍵パカによる反論について、ひとつずつ私見を述べる。

(1)「BLから隠れろというのは性的少数者に対する差別だ」

そもそも注意する側は「『BLから』隠れろ」とは言っていない。

「『他人意志勝手妄想し、時には性的な部分まで考えているから』隠れろ」である

誰かを想うこと、特に性に関わる部分は、人の思考の中でも極めて繊細だ。

それを勝手他人に決めつけられたり、自分のいないところで話されていたりしたと知ったとき、ショックを受けるひともいる。

我が身に置き換えて考えてほしい。

ただの友人であるAとの仲について、別の友人Xが「Aのことが好きなんでしょ?」と言ってきた。

あなたには全然その気がないので否定する。

けれど、Xは「またまたそんなこと言って」、「否定すればするほど怪しい」と言って、あなたの言うことを一切信じない。

そのようなことがあったときあなたは一切不快に思わないだろうか。

また、Xは共通の友人であるYやZにも「Aが好きらしいよ」と話す。

次第にその話はあなたの手の届く範疇を超えて広がっていく。

別の友人から「Aのこと好きなんだって?」と聞かれる。ついにはAからわたしが好きなのか」と問われる。

友人としては好きだが、恋愛対象ではない。

周りにそう噂されても、あなたもAもお互いに今まで通り振る舞えるだろうか。

わたしは今までどおり振る舞える」というひともいるだろう。しかし、相手がそうだとは限らない。

そうでなくとも、他人から勝手恋愛対象定義付けられることで不快になることも十分考えられる。

性的指向が異性であるひとが同性との恋愛妄想されたら。

性的指向が同性であるひとが異性との恋愛妄想されたら。

恋愛感情を持たないひとが他者との恋愛妄想されたら。

こういうことを伝えると「不快にならないかもしれないではないか」と返すひとがいる。

間違いではない。不快にならない確率は確かにある。

しかし、それは「不快になること」の可能性を否定するものではない。

二次創作をする場合妄想する対象はえてして(広義で)自分の好きなひとであるはずだ。

その対象不快にさせる確率が決して低いとは言えないとき、それでもそのような行動を取るのだろうか。

不快にならない」と自信を持って言えるひとは、ただのファンにすぎないのに対象の何を知っているというのだろうか。

おそらく「自分はただのファンにすぎない」という自覚も無いのだろうが。

(2)「当事者が傷付くというが、傷付いたという事例がない」

適切な事例を知らないので自分語りをする。

高校生のころ、ジャンルは違うが腐女子仲間がいた。彼女創作をする腐女子だった。

当時、わたしには片思い相手(以下、Pとする)がいて、彼女にも相談に乗ってもらっていた。

ある日彼女が「あなたとPの恋愛小説を書いたから読んでみる?」と言ってきた。

当時のわたしは深く考えず「読む」と答えた。

その日、メールで送られてきた文章を読んだが、あまりにも気持ち悪く、落ち込み、彼女とは数日後に絶交した。

内容の詳細は省くが、性的描写が伴っていた。オプション特殊性癖が付いてきた。

共通の友人である子(仲直りをさせようとしてきた)には、ざっくりと話したが、ほかの友人には話せなかった。

内容について、想像させたくなかったかである。これ以上、Pを誰かの勝手妄想で穢したくなかった。

今ここに書けているのは匿名からだ。

この件につき、わたし当事者である

当事者として言う。他人勝手妄想されるのは、性的に消費されるのは不快である気持ちが悪い。吐き気がする。

Pがわたしの想い人だったかわたしの受けたダメージも書ける程度のものなのだろうが、

これが全くどうでもいいひとだったら、あるいは友人だったらと思うとぞっとする。

これは、明らかなセクハラである

わたしが「BLに限らず隠れろ」と思うのは、この実体験に基づくところも大きい。

(3)「二次元にいたときは隠れろと言われなかった」

わたしアニメマンガゲーム等の二次創作を通ってきていないので、界隈のことは知らない。

そのため、一般論を語ることは避ける。

個人的な思いで言えば、アニメ等を扱う二次創作についても原作者一般ファン二次創作をしないファンというべきか)のことを考えれば

公式で触れていないレベルのものについては隠れた方が良いのではと思う。

ただし、アニメ等の創作をする鍵パカにいちいち注意したりスパブロを行う義理は別界隈の人間にはない。


2.なぜ鍵パカをやめてほしいのか

萌え語りや創作の公開に関して閲覧制限を掛けるというのは、何もSNSになってからのことではない。

わたしの知る限り(00年ごろ~)でも、個人サイトパス制、クイズ制、URL請求制はよく見られた。

htmlタグロボット検索避けを埋めているサイトも数多くあった。

すべては「本人や関係者二次創作を好まないファンに見せないため」である

これは「ルール」とまでは言えない。

しかし、そもそも二次創作には著作権肖像権を犯す恐れが充分にある。

鍵パカを注意する側は「外部から権利侵害を訴えられることや、それを理由二次創作禁止されること」を危惧している。

鍵パカはこれらふたつの可能性を高める。だからやめてほしい(「隠れろ」と言う)のである

なお、言うまでもないことであるが、これらの可能性の「有無」について適切に回答できるのは公式(本人、関係者)だけである


おわりに

以上、わたしの考えを綴ってきたが、決して他者押し付けものではない。

納得できないひともいるだろうし、ジャンル内の自浄作用には限度があるだろう。

わたしだって上記経験をしながら、当時から変わらずずっと実在する人物を餌に創作を続けている。

(だからせめて、本人の目に触れるようなことは絶対避けたいと思っている)

個人的には、どこの界隈も荒れることな創作節度を守って、公式から目溢ししてもらえればと思う。

初めに述べたように、創作公式距離を考えるひとにとって、何かの思考のヒントになれば幸いである。

(非常に感情的で読みづらい文章最後までお読みくださったあなたには感謝しかない。ありがとうございました。)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん