「苦笑い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 苦笑いとは

2017-06-21

幸せが壊れていく・・・」私を絶望に追いやった更年期障害悪夢

更年期障害なんて他人事だと思っていた。



しかし、50歳の春、私は更年期障害になった。正直、更年期障害なんて大したものではないと思っていた。



でも全く簡単病気ではなかった。



更年期障害は私の人生を大きく変えてしまった。
家族、友人、多くの人を傷つけ、大切なものも多く失った。



でも周囲の粘り強い支え、幸運出会いもあって、何とか克服ができた。今では元の幸福を取り戻すことができたと言える。



更年期障害は心身共に症状が現れる。それゆえに知識がないと混乱をしてしまい、治りが遅くなるばかりか、周囲の人を傷つけ更に自分自身を追い込むことになる。



もっとこうしていれば、苦労しなかったのにな・・・」



そう思うことが沢山ある。

それを今更年期障害に悩んでいる人に伝えたくなった。


興味があれば読んでみてください。

普通幸せ、そこに突然訪れた「ある変化」・・・



私は昔から特に見た目、賢さに恵まれたわけではなかったが、健康だけには自信があった。風邪らしい風邪は引いたことがないし、入院したことも出産ときぐらいだ。



子供を産んだときもあまりにあっさりと産んでしまったので、主治医が若干苦笑いをしていたほどだ。



そんな私は、当然、華やかな人生を歩んできたわけではない。しか女性としての普通幸せは手に入れることができているという満足感はあった。



私にはもったいないくらいの優しい夫、26歳の長女は嫁ぎ、23歳の長男社会人に。子供が自立したのと、夫の定年退職もあと数年に迫っていたので、「老後ものんびり楽しく過ごしていこうね。」と仲良く話し合っていた頃だった。



その変化は突然やってきた。



なんだろう。暑い・・・・



最初異変を感じたのは3月事務パートに行く電車の中だった。



暖かくなってきたとはいえ、その日はさほど暑い日ではなかった。



午前10時、電車の中は通勤ラッシュも終わって混雑はしていなかった。それなのに顔がほてり、汗が止まらなかった。私はそんなに汗っかきではないはずなのに。



「なんだろう・・・」



不思議に思いながらもその場は特に深刻に考えることもなかった。



だが、職場に着いても汗は止まらない。クーラーの効いた室内でみんなが涼しそうにしているのに私だけは暑くて汗がでてしまう



「これは何かがおかしいのではないか?」


一瞬そう思ったのだが、仕事が忙しかったため、その心の声をなんとなく流してしまった。

この判断が私を長い苦しみの追いやったのかなーと今でも後悔している。



続く症状、心まで蝕まれていく



汗の症状はその後も続いた。



特に夜に暑くて目が覚めてしまうことは辛かった。パジャマシーツが汗で濡れて冷たくて目が覚めたこともあった。



汗だけであれば慣れてしまえばどうってことはなかったのだが、1ヶ月経つ頃から別の症状も出るようになった。



朝起きるのが辛く感じるようになった。起き抜けから身体がだるく、軽いめまいもあった。なにより気分が重い。仕事行きたくないな-と思い休んでしまうことも増えてきた。



家事に関しても大好きだった料理もする気がおきず、惣菜を買って帰ってしまうことが増えた。

掃除洗濯苦痛になり週末まで溜め込んでしまう日が続いた。

これまで主婦としてしっかり家事をこなしてきたことには自負があったので、そんな自分が許せず、罪悪感でいっぱいだった。



そんな心身ともに不安定な時期が続く中、

あの事件が起きてしまった。

大事ものが次々に壊れていく・・・



さすがの夫も家事が以前のように行われていないことに気がついたのだろう。



「最近家事あんまりできてないみたいだけど、何かあった??」



心優しい夫は気遣いながらもそう聞いた。



夫は優しく聞いているだけだっただろう、ただ罪悪感に追い込まれていた私は夫に対して怒りを露わにして



「何にもわかってないくせに!私を追い詰めるの!!」



と大きな声をあげてしまった。



私が感情的になることなんて結婚してから一度もなかった。昔から気が長い方で怒ることなんて滅多にない。ただこのときの私は感情までコントロールできなくなっていた。



夫の驚いた顔が今でも忘れられない。



ケンカ一つしない、互いを尊重し、問題は優しさで解決するそんな関係を長年続けてきた。でも、その大切に育んだものに大きなヒビが入ってしまった。そう思った瞬間だった。



すぐにフォローをしなくては。そう思うけど心が追いつかない。
一体わたしはどうなってしまったのか。



唯一の相談相手



「何かおかしいんじゃないか?」



夫はそう言ってくれるけど、私は認めたくない気持ちがあった。



こないだの1件で心に溝ができてしまったこともあるんだろう。



夫は最も信頼できる人ではあるけれど、異性ゆえに相談しにくいこともある。特に心や身体のことは打ち明けるのに抵抗があった。



はいえ、私にも明らかにおかしいというの自覚はあった。けどどうしたらいいかからない。追い詰められていた私は遂に親友相談をした。



大学の同期の加奈子だ。大学卒業してからも定期的に会い、今でも家族ぐるみの付き合いをしている。私の全てを話すことができる唯一の人。それが加奈子だ。



私は加奈子にこれまで起こった全てのことを打ち明けた。



「それって更年期障害じゃないの??」



加奈子の意外な言葉に私は驚いた。



今まで、病気一つしたことが無い私は、正直更年期障害と言われてもピンと来なかったが、加奈子の言う典型的な症状と私のそれを照らしてみると、確かに当てはまることが多い。



実は加奈子も昨年に経験をしたという、加奈子とは3ヶ月に一回は会っているのに全然気が付かなかった。



「私は軽かったというのもあるけど、職場の友人が更年期障害を疑ってくれて、早めに対処できたのが良かったかもね。まさみも早いうちに病院に行ったほうがいいよ。更年期外来ってのがあるから。」



やっと踏み出せた一歩、しか・・・



友人の話というものはすんなり入ってくるもので、すぐに病院を探し、近くの婦人科に足を運んだ。



その医師によると、更年期障害一般的に2から3年続き症状が収まることが多いとのこと。



「これが2,3年も続くのか」



そう思うとこれから人生が暗く重く感じた。



この医師HRTという療法があると提案をくれた。しかし、あまり病院に慣れていない私は、なんだか大掛かりな治療のように感じ少し抵抗感があると伝えた。



それであれば漢方という方法もあるとのことなので、まずは漢方治療から行うことにした。しばらく加味逍遥散喉、半夏厚朴湯、大防風湯、抑肝酸、を服用し様子をみた。



最初の1ヶ月程度でほてりに関してはだいぶ改善してきた。



しかしながら、3ヶ月経過しても、だるさ、めまい、気分の重さに関しては改善がほぼなかった。これでは辛い生活は続くばかり、夫に対しても感情的になってしまうことが多くなったため会話も減ってしまった。



娘、息子への連絡も減ってしまったし、たまにする電話でも以前より感情的で口うるさくなってしまったのか、前ほど家に寄り付かなくなってしまった。



私の世界がどんどん狭くなり、壊れていくような感覚に包まれていった。居てもたってもいられなくなった私はまたも加奈子相談した。



意外な解決策



加奈子は何で治したの?」



以前はなんとなくプライド邪魔して具体的な治療までは聞けなかったが、今度は率直に聞いた。



「私はHRTをやったんだけど、あんまり改善しなかったんだ。軽度だったというのもあって大豆製品を中心に食べる食事療法をやってた。途中からちょっとサプリメントも飲んだよ」



漢方にも改善はみられなかった。HRTはやはり抵抗があったので加奈子と同じ治療選択した。



私は加奈子より症状が重いように感じたので、食事療法を中心に最初からサプリメントも服用した。



溢れ出る希望、なくしたものを取り戻すために



友人同士体質が似ているというのはないだろうが、この選択は私にとって正しかった。



効果はわりとすぐに現れた。約2週間程度でずっと持っていたイライラ感が少しずつ減ってきた。それに伴い感情コントロールができるようになり、夫との会話の回数が増えてきた。



1ヶ月経った頃には身体のだるさが改善してきて、家事に対して前向きになれた。



掃除は軽くではあるが毎日洗濯は週2程度、料理は週に1度くらいしか作れなかったが、簡単ものなら毎日作ろうという気分になってきた。



一度改善兆しが見えると気分は晴れやかになってきた。治療に対してどんどん前向きになって大豆食品を多く取り入れた食事を調べたり、サプリメントに関する知識積極的仕入れ、よりよいものを探すようになった。



そして、3ヶ月目には、ほぼ以前の私を取り戻すことができた。



休みがちだった職場の方々も理解をしてくれて、職場にも以前のスケジュールで復帰することができた。



家事も以前のようにしっかりとこなせるようになった。夫も私を気遣って家事を身に着けてくれたので、以前より2人で一緒に家事をやるようになった。



夫との会話も以前のように弾むようになり、信頼関係も戻ってきたように感じた。夫も私が更年期障害であることは理解してくれていたようで、



「症状が収まろうが収まるまいが、ずっと寄り添っていくつもりだったよ」



と言ってくれた時には思わず大泣きをしてしまった。この感情の動きは更年期障害によるものではないと今では確信できる。



結果的に私は友人の進めた食事療法サプリメント民間療法で幸い比較的短い期間で更年期障害を乗り越えることができた。



自分の心と身体が思い通りにならない約半年間は本当に苦しかった。



周囲も理解はしてくれるけど、気持ちが離れていっていることはわかる。その孤独感が特に辛かった。どうにもできない自分も本当に歯がゆかった。



あなたに伝えたいこと。



私が今も後悔していて、あなたに伝えたいのは、一つだ。



ほてりを感じる日が続く、気だるさ、気分の重さがなかなか抜けないといった症状を感じたら、すぐに更年期障害かな?と疑い病院に行くべきだということだ。まずは更年期障害であるということを理解してほしい。



もちろん私に効果のあった治療あなたにとってベストだとは思わない。HRT受診したほうがいい場合もあると思うし、漢方が効くこともあると思う。また他にも治療法があると思う。



なので、どんな治療でも良いと思う。開始することで前向きになれるし、意外と周囲の理解も得られる。更年期障害は早い人は30代後半から、誰もが抱えうる問題であって、決して恥ずかしいものではない。



一人で抱え込んで、症状が悪化し、周りに迷惑をかけることが、孤立を招き更年期障害を非常に辛い病に変えてしまう。



病院が嫌だということであれば、気軽にカウンセリングを行ってくれるNPO法人もある。まずは更年期障害であることを疑い一歩を踏み出してみて欲しい。


はいちばん大事家族という存在を失ってしまう寸前まで精神的に追い詰められてしまい、本当に苦しい体験となってしまった。



あなたには同じ思いを絶対にしてほしくない。



この体験談が役に立ってくれることを願っている。


私はド変態

ありがちですが被虐心が凄い。

端的にいうとドM。

普通性交渉も好きなのだけど、やはり痛みや苦しみがあってやっと気持ちいと感じられる。

でも恋人がいます。すごく好き。

行為最中にそっと腕をもち、私の首に導いてみた。

少し絞めてくれて、私が気持ちいいというと、「こういうのは無理だ」と苦笑いされてしまう。

どうしたらいいの?彼のことはすごく好きだし、結婚も考えている。

何回も自分性的欲望を抑えようとした。でも妄想がひどい。

でも浮気はしたくない。でもこのままずっと性的欲望を満たされず終わっていくのか。

私はすごく変態だと伝えたら、また苦笑いされるんだろうか。

そりゃ、性的趣味合致を致し、結婚できたら幸せだろうけど

性欲抜きに、彼のことが好きで、一緒になりたいと思ってるのに。

でも、恋人、私はあなたが思ってるよりずっと、変態なんだ。

有料の動画サイト、入ってるよ。

家の可愛い棚、褒めてくれたね。

あの鍵付きの引き出しには、そりゃもうたくさんのグッズが入ってるよ。

しろ見つけて欲しいじゃないかと思う。私のサイト履歴を、グッズを、変態な私を、見つけて。お願い。

ノーマルで人の事傷付けたりできない優しいあなたのことは本当に愛してる、一緒にいたい。

辛い。

2017-06-12

いまは父親がきちんと子育てしてる(こともわりとある)最初時代

いま生後約1年の子供を育てているところだ。かわいい。圧倒的にかわいい。まるで玉のような子だ。

我が家共働きで、妻がちょうど育休明けたところで時短勤務してくれている。私は仕事柄かなり勤務時間が不規則だが、職住近接のおかげで産休育休中からそれなりに育児家事に貢献してきたと自分では思ってる。妻から育児へのコミットに対する不満は特にいたこともなく(言わないだけかもしれないが)、いたって円満だ。それは私の稼ぎがそこそこ良いこともそれなりに影響しているだろう。

最近感じるのが、タイトルに書いたようなことだ。もうとにかく、私より上の世代の男は父親による育児への貢献にほとんど理解がないのである。私の上司は55歳くらいだが、育児理由に早く帰ろうとすると、「(育児は)母親に任せられないの?」くらいのものであるさらにその下の、40代の男もそんな感じだ。

そして、自分より下の世代は、晩婚化の影響か子育て経験がない人が多いので、子育ての大変さに想像がついていない(でもこれは仕方がない)。

一方女性からは、私の育児への貢献を、ものすごく軽んじられる。初対面の妻の友人に、「男の人はいいよね〜。育児は妻任せだもの」って言われた時はさすがにはらわたが煮えくり返ったぞ(妻、苦笑い)。

いまどきのイクメン(あえてこう書く)は、上からも下からも、異性から理解されない、受難時代を生きてると思う。Facebookでのイクメンアピール非難されがちだが、それぐらい良いではないか

この孤独、どうやって解消できるのか。。我々世代イクメンたち、不遇の時代である

2017-06-05

オリラジ中田松ちゃんはどれだけご立腹なのか?

周りが忖度してるだけなのか?

少し批判しただけで松ちゃんはブチキレたり、仕事受けなかったりすることがあるのだろうか?

話は飛ぶが、ずっと、「どうして北野武に周りはツッコまないのだろうか?」と不思議に思っていた。

被り物だったり、情報番組での大喜利的なボケなど、観ててとても寒い

誰かが「くだらないですね。」「スベってますね。」と言ってくれれば、私も笑えるのに、共演者苦笑いしてるだけだ。

その疑問が少し前に解けた。

北野武が、吉田豪を、恫喝したという事件

オチとしては、人違いだったのだが、「未だにキレるんだ。」と驚いた。

フライデーを襲撃した若かりし頃ならともかく。

今では好々爺イメージだった。

どんなバカの仕方だったのか知らないが、雑誌バカにされて本人がブチキレるなら、そりゃ周りは迂闊にツッコめないわな。

2017-06-04

人生で初めて彼女ができて知ったこと

人生初の彼女、付き合って2年、20代


セックスは思ったほどできない

オナニーだったら一日8回ぐらいはできるし彼女できたら死ぬほどセックスしてやると思ってたけど

実際は真面目に前戯とかしてセックスすると一回一回すごい疲れるし、めっちゃ出るのですぐ空になってしまう。

彼女も3回ぐらいやると痛くなってきてしまうのでローションなどを使う。

結局平均2.5回ぐらい。AV男優は大変だ。

女性女性器に支配されている

男性ちんちん支配されがちだが、女性女性器に性格支配されすぎていると思った。

だいたい彼女の機嫌が悪くなってくるのは生理直前だし、ただ生理1週間前ぐらいはすごく積極的だし私のこと好き好きモードになる。

ホルモンバランスで本当に性格や考え方が変わってしまっていると感じるので、嫌なことを言われてもどこまで怒って良いのかわからない。

男性オナニーすればスッキリするが、女性はそうもいかないので本当に大変そうだなと思う。

③ずっと好きで大切にすると思ってたけど気持ちは冷める

こちらから付き合いを申し出て、1年ぐらいまではずっと好きでいられると思ったが、衝突する回数も増えるとだんだん相手の細かい性格がわかってくる。

折り合いがつかない部分も喧嘩した時の話し合いなどで明確になってきて、それでいて彼女絶対に折れてくれない。

譲り合える仲じゃないならこの先二人で何かを解決しようという時も不安だし、そう考えてくるとだんだん愛情も薄れてくる。

でも会うと嬉しいし、一緒にいたいと思うから、また話し合って解決できればと思う。

キモいおっさん人権がない

彼女職場の話を聞いていると、清潔で女性に優して頼れる男性じゃないと「人」として見てもらえない。

キモい」のレッテルが貼られてキモいもの扱いされてしまう。

もちろん、意図的セクハラ発言をするような人たちは救えないのだが、話を聞いてる限り本人たちは絶対セクハラだと思ってなさそうで闇が深い。

こうなってはいけないと思うと同時に、意図してそうなったわけではないだろうにキモいおっさん扱いされる人も度々登場し可哀想で、話を聞いていても苦笑い

ハイスペ男性が世の中にはいっぱいいる

彼女が選んできているのか、家事コミットしまくる男性だとか、美容に興味がある男性だとか、学歴が高い人々だとか、ハイスペな人たちの話を沢山される。

家事はともかく美容には全く興味がないけどそうは言えないのが辛い。

彼女のある知人の彼氏はそういうプレッシャーを微塵もプレッシャーと感じないような人らしく、楽しそうにプレッシャーに応えていく様を聞かされる。

そいつそいつなので、もっと目の前の僕を見てものを言って欲しい。私でダメならさっさと別れてもっといい人を見つければいいのに。

とりあえずこれくらい。思いついたら足すかも。

http://anond.hatelabo.jp/20170604130704

否定はしないが

実質ダブルスタンダードになってない人は、言われても「ああ、そうかもしれないな」と苦笑いだけする

誰が見てもダブルスタンダードになっている奴に限って「違うよ!!!!! ダブルスタンダードじゃなくてその場その場の判断だよ!!!!!」と懸命に否定する

2017-05-31

南無阿弥陀仏」では伝わらない

阿弥陀仏曰く、やっぱり気持ちがこもってないと駄目らしい。

極楽まで届かないらしい。

念仏が。

最近人工知能の発達でその辺のフィルタリング大分しっかりされるようになったっておっしゃってたけど、

それでも煩悩に苦しんでる人間たちは後で良いから、その分動植物の救済しなきゃって思って動かれてるんだって

からね、やっぱり私達非サンスクリット語圏の外国人は私達の言葉帰依を求めなければ、救って頂けないわけよ。

そこで私は、

阿弥陀仏大先生に死んでも付いてきますっス!」

を唱えることを提唱する。

南無阿弥陀仏ではなく、ね。

阿弥陀仏性格一言で言うと社長肌の体育会系

「〜っス」という語尾も使いながら後輩感をアピールし、仏と大先生という二重敬称で更に気をよくさせる。

ふだん阿弥陀様って呼んでる人は阿弥陀大先生様でも大丈夫

これ阿弥陀提案したのよ。どっすかって。そしたら、「恥ずかしさと無力さでいっぱいになった」って苦笑いしてた。

南無阿弥陀仏みたいな呪文も全部拾って救うのが本来阿弥陀仏としての存在ってとこあるじゃん?俺」

だって

さすが阿弥陀仏ともなると言うことが違うと関心したね。

でもそうは言いつつ福耳紅潮してて可愛かった。

やっぱり私も死んでも付いてきたいと思ったね。

2017-05-25

キン肉マンの作者

連載が終わった後も絵画教室にかよって画力をあげた、すげー。

みたいな話になってるけど、ベテラン作家が急に画力が上がったらアシが書いてるとしか思えないんだけど。

永井豪テレビでアシが書いてるって言われて、番組自分で書いてるって反論してきて苦笑いされてたけど。

2017-05-17

[]2017/05/16

ひたすら3DMMDエロ動画検索してかたっぱしから見ていた休日だった

そんで思った・思い出したことがある

高校ときに、オタク友達からアリスソフトのダークロウズを借りてやってたんだけど、

その貸し借りを見たイケメンリア充友達が、

自分基本的にはそういうの(二次元)には興味ないんだけど、増田がそんなに面白がってやるようなものなら自分もやってみたい」

と言って、そいつもダークロウズを借りてプレイしてた

カーストが下の俺らにも気を使って話しかけてくれるようなほんとにいいやつだった)

でも後日感想きいたら、やっぱり自分にはレベルが高かったと困ったような苦笑いしながら報告された

あのずっと止まった絵と文章だけで抜くの?って聞かれもした

やっぱり最初にやるエロゲーとしてダークロウズはミスチョイスだよなあと思った

そいつからは後日、加藤ゆりあのエロDVDを借りた

好みの顔ではなかったけどかわいい顔ではあったし、俺は3次元でも抜けるので、返すときには、よかったよと報告をして返した

前置きが長くなったけど、最近MMD動画的な2.5次元のものなら、あのリア充も抜けたのかなあ、そして新しい性癖に開花して今そっち系の話ができたのかなあと思ったよ、というオチ

2017-05-14

[]2017/05/14

どっかのお店でごはん食べてた

隣のテーブルで若かりし頃の酒井法子とそのマネージャーごはん食べながら談笑してた

ヤクチュウになったことしってる俺はココロの中で、つらくなっても絶対クスリになんか手出したらダメだよって声かけたくてしょうがなかったけど、なぜか話しかけることができなかった

マネージャー酒井法子にそんなんじゃケッコンできないぞーっ→こないだケッコンしましたよーって酒井法子が返してて、

相手江口洋介だっけ。。。とか頭の中でぼんやり思った

その直後酒井法子が、

でも夫はドラマに出ても切られ役ばっかりでぜんぜん出世しないんですよねーってちょっと困った感じで苦笑いしながらしゃべってて、

はっもしやそれが原因でくすりに手を出したのか!?とか考えた

2017-05-12

製造業新卒で入って数年経過したけどもうダメかもしれない

新卒製造業に入った。

大学では工学部ではない理系だったので右も左も分からないなりにがんばってみようと思っていた。

悪く言えば自分能力絶望して夢を諦めることになり都落ちした気分での就職だったのでやぶれかぶれだったというほうが近いかもしれない。

相性というか、背景の差とか常識の差みたいなものがあって、自分から見ると無駄の多い職場だなあと感じて研修期間が終わり本配属された。

無駄が多いという感想は本配属後も変わらなかった。

本来業務はいわゆる故障解析で、歩留まりを上げていくのが使命だった。

せっかくだから色んな所に首を突っ込み改善できそうなところは提案をしたり、自動化したり、それらのドキュメンテーションを書いてみたりした。

プログラミング経験は皆無だったが、理論系卒が工学部に負けられんという謎のプライドVBAから、Rやら自社製品の解析用環境の割と珍しいタイプスクリプト言語など(特定されそうだからぼかすけど。)

とりあえず手が出せそうなものは何でも調べてみてありものを改造してみたり勝手作ってみたりして提案していた。

物怖じしない新人がぎゃーぎゃー騒いでいるぐらいのものだったと思うが、何にせよいくつかの改善が上手く実務にハマって成果として認められたりしだしたのが1年目。

この辺で気付いたことだが、製造業ITリテラシーは驚くほど低い。製造業一般化するのはフェアじゃないかもしれないから厳密に言えば弊社の、という意味だが。

なんせまともにプログラムを書いたことが無い新人半年で身に着けた程度のスキルで書いたプログラムで、1日かかってた仕事が1時間で終わったりするのだ。

ようするにMS officeの達人みたいなのがいっぱいいて、Ctrl+CとCtrl+Vが機能のすべてだと思っているということだ。

(そして彼らの口癖は「忙しい」だ、会議中も左手はCtrl+CとCtrl+Vを叩き続けている。)

2年目に気付いたのは、弊社エンジニアITリテラシーが低くとどまっている要員のひとつに、実はITインフラチームがことのほかマトモだということがある、ということだ。

製造中のセンサーデータやらテストデータやらETL的にはおそらくえげつない部分で、かなり優秀な人間が居て上手くぶん回し切っている様子だった。

無骨だが使いやすイントラ上のwebページが用意されて、グロテスクな部分を気にせずクリックだけで上述のデータを整ったものとして引っ張ることができた。

から逆に言えば下々の人間コピペでなんとか恰好を整えられるのだった。

彼らはモダンな発想があって、あるいはお偉いさんが「ビッグデータ」とか言い出したのかもしれないが、ともかく、HadoopやらAWSやらそういったものを導入しようと試みているらしかった。

私はそれに感動した。なんせWebスクレイピングみたいな方法他人が社内プラットフォーム社内WIKIに上げた報告をまとめたり、製造データと紐づけたり、それからグラフ描いたりみたいな業務が増えていたからだ。

それっぽく表現すればデータ分析屋さんということになるのだろうが、どぶをさらっているという表現のほうが近かったかもしれない。

何にせよそういったもの一気通貫自動化できるポテンシャルがあると感じられた。

SQLjavaも書いたことなんて無かったが、1年前やっていたことを考えれば同じことだ。何にせよ歓迎だった。しか管理IT持ちだ。餅は餅屋に頼むべきだ。それもできれば美味い餅屋に。

ところがその「ビッグデータプロジェクト人手不足か、資金不足か、あるいは生みの苦しみか、ことのほか時間がかかっていた。(あとで聞いた話、外部コンサルで外れを引いたらしい)

自分ドメイン知識からの助言とか想定される使い方についての意見を伝えていったし(有難迷惑だった可能性は否定できないが)、もう少し待てばモノになると信じていたし、実際そうなった。

具体的な話ができないのだが、客先で起こった不良の原因をつきとめ、その改善効果確認の為に数十億行のデータ活用された。彼らの力が無ければ常識的時間では終わらなかった仕事だった。

残念だったのは彼らの優秀さの割に一般エンジニアスキルがあまりに低かったということだ。つまりそのプラットフォームを使いこなせる人間が著しく少なかったのだ。

そして上述の足踏みをしていた期間に心象を悪くしていたという問題もあった。とっかかりが難しい割に不安定だというレッテルを張られてしまっていた。

このころ私は入社3年目に突入していたが、

もうすこし悪いことに、同時期に企業買収が起こった。我々は黒字を出していたが同業他社(厳密にはその親会社に)に買われることになった。

そういう時に起ることは不要冗長性の削減だ。子会社として存続する場合は知らないが、競合他社に吸収合併ということは、多くの部署にとってそのカウンターとなる部署相手側にも存在するということだ。

まりどちらにもある部署統合するか一方を無くすかという戦争が始まるのだ。IT例外ではない。(ITインフラ部署の無い会社はさすがに無いはずだ)

一方で製造業の本懐である製品を作り、売る」という部分は比較的守られる。それこそが根源的な資源であり、利益を生む仕組みであり、既存顧客への説明必要からだ。

そして私の仕事は歩留まり改善であり、故障解析であり、データ分析だ。何が起こったか

(ここで簡単のために旧弊社を(旧)A社、買収した側の競合他社を(旧)B社と呼ぶことにする。)

今の旧A社から引き続いている業務をB社のプラットフォームで行えるように転換せよという下命である

旧B社の製造データに対するアプローチはA社とまったく異なっていた。Web UIは美しく整っており、それっぽいグラフ簡単に表示され、A社側のお偉いさんからも好評を得ていた。

だがそのバックエンドは控えめに言って酷いモノだった。いくつもの情報を正常に保存できておらず、「それっぽい何か」を素早く返答することを第一義としているように見えた。

そして上述のように器用貧乏街道を歩んできた私に投げられたのは次の言葉

増田くん、B社のプラットフォーム使うことは決定事項だから、君が自動化してたやつ全部そっちで動くようにしといて。よくわかんないけどプログラムとかてきとうにできるでしょ?」

もちろんhtmljavascriptphpRoRも一行も書いたことが無いのが当時の私である

果たして旧A社のプラットフォームはB社のプラットフォームデータソースのような扱いを受ける羽目になり、私はjavascript本格入門を片手にB社の事業所に出向くことになった。

そこで散々「旧A社のプラットフォームは遅い・使いづらい・不安定」と貶されながらチマチマとグラフを表示するページを書いている。

クオリティの低いバックエンドを作る集団が書いているサーバーサイドphpの酷さは素人目にも分かるレベル筆舌に尽くしがたいものがあるが、

反面教師だと思って耐える日々だ。

最近分かったことは旧B社のバックエンドスクリプトデータを引っ張るついでに意図的に旧A社のプラットフォーム攻撃しているということだ。DDoSとまでは言わないが、悪意100%である

いわく旧A社のプラットフォームを畳むためには旧B社のプラットフォームが優秀であることを示す必要があるとのことである。(つまり旧A社プラットフォーム不安定かつ重くなることを意図しているらしい)

旧A社から継続されてる業務はまだそこ使ってるんですけど・・・

それはもちろん旧A社の上司に報告したが「見て見ぬふりをしろ」とのことだった。旧A社のITで何度もお世話になったひとに伝えると「知ってるけどね・・・」と悲しい目をして苦笑いしていた。

旧A社ITはその優秀さでそれらの攻撃をいなしつつあるようにも見える(私も素人に毛が生えたレベルだが、ソフトウェアエンジニアリングレベルが二回りぐらい違うように見える)

この不毛な戦いはいつ終わるのだろう・・・つらい・・・

そして私はいつまでソフトウェアエンジニアの真似事を続けてキャリアを消費していけばいいのか、もうダメかもしれない。

そもそも私はエンジニアなのだろうか・・・少なくとも職位にはそう書いてあるけど・・・

いつになったらちんぽが入るのか

「夫のちんぽが入らない」のこだまさんは夫のちんぽだけが入らないが、私は高校生ときにできた彼氏のちんぽも、大学生の時にできた彼氏のちんぽも、付き合っている彼氏のちんぽも入ったことがない。

ちんぽどころか自分の指も入らない。

痛いとかではなく怖くてガタガタ震えてしまい、どんなに濡れていてもスーッと乾き、申し訳なさと恐怖でギャンギャン泣いてしまうため、行為どころではなくなってしまう。私が男だったらちんぽがしぼむレベル。おかげで口淫の達人である

本当に入り口があるのかと鏡で覗いてみるも、グロすぎて直視できない。AVも挿入シーンになると早送りしてしまう。

まんこがこわい。

こだまさんの著書が出る以前は、こうした悩みをネットで調べてもエッチサイトやよくわからないセックス伝道師の「私が手取り足取り教えます」みたいなサイトしか出てこなかった。こちとら必死なんだ。お前らのちんぽと関わっている暇はないんだ。

最近はちんぽのプレッシャーにより性行為自体苦痛となってしまったし、性欲も沸かず悩みを相談できる相手もいない。

そもそも話したくないしアドバイスをもらっても苦笑いしかできない。

処女中学生でも入れられるというタンポンを購入し膣にあてがってみたら、3センチほど入った(正しくはマン肉に挟まった)ところでガタガタ震えてそれどころじゃなくなった。

ローションがどうとか深呼吸がどうとか、インターネットや知人から聞くようなアドバイスは一通り試したけど、まずもって痛いとか以前の問題から全く参考にならない。

病院に行くことも検討したけど、なにをされるんだろう。股を覗かれて「穴ありますね〜大丈夫ですよ」とか言われるのだろうか。それってもしかして死んだほうがマシではなかろうか。

本音を言うと私のまんこのことは放っておいてほしい。はやくちんぽのない世界線に行きたい。そしてできれば好きな人の子供は欲しい。もう嫌だ

2017-05-11

父の浮気

先日、学生時代の友人と久しぶりに会った。30代後半になり離婚するかもしれないという友達がちらほら出始め、話の流れで浮気の話になった。

浮気って言ったら、うちのお父さん浮気してたわ」と私。友達が「うちのお父さんもだよ」と、そろって苦笑い学生時代家族の話なんて殆んどしていなかったのでお互いちょっとびっくりした。

それから親の浮気話を語り合うことに。

父が浮気をしていたのは私が小学校低学年だった頃。幼稚園児だった末の兄弟もうっすら異変には気づいていた。私が把握している人数は一人。単身赴任中の浮気。父が単身赴任を終え、実家に戻ってきたころに浮気相手から手紙が届いた。その手紙を母が破り捨てるのを目撃。忘れられないほど目が怖かったし、母を気の毒に思った。その当時の父は子供にはばれてないと思っていたようである

友達父親は何度も浮気を繰り返していたという。浮気相手の家に行ったまま帰ってこない日もあったそうだ。友達が何歳時点で父親浮気に気づいていたかはわからない。しかし、何人もいたと分かるほどなので、そこそこ小さい頃から気づいていたのだろう。

離婚危機があったとき、“別れないで”って言っちゃったんだよね…(苦笑)」と友達。「危機の原因は浮気じゃなかったけど私もあるよ…」と話した。これが結構大人になると黒歴史になる。多分、親が言わせてんじゃないかと思うが、今にして思えば別れてもよかったよねとなった。

大人はうまくごまかせていると思っていると思う。しかし、子供からすれば「お前らのやっていることはすべてまるっとどこまでもお見通しだ!」なのである言葉表現することができなくても異変には気付き、その上で知らないふりをしてあげているのだ。

ちなみに、私は黙ってやってあげているのが癪だったので、大人になってから父に「浮気していたこと知ってたからね」と言った。とても驚いた顔をして、ひどくバツが悪そうにしていた。

それでも子供時分に嫌な思いをした件は相殺されない。「うちのお父さんが…」と悲しかったし、ショックだったのだ。母には気づいてないふり。兄弟同士で話すだけでも家族が壊れてしまうかもしれない。ましてや友達になんて恥ずかしくて言えない。自分の心にだけとどめなければいけなかった。当時の私にとって誰にも言えなかったことが一番つらかったのだと思う。

2017-05-05

喪女から口説文句への反応がわからない

口説文句っていうか、軽口?

酒の席で言われる「〇〇ちゃん大好き~」「〇〇ちゃんみたいな子と付き合いたいわ~」みたいな場を盛り上げるために言われる台詞

今まで同類しかつるんでこなかったから、そういう言葉にどんな反応をすればいいかからない。苦笑いで「へぇ…」としか言えない。

言われ慣れてる子達は「ありがと~」って軽く受け流してるけど、自分はそんな受け流せるキャラでもないから真似出来ない。

ていうかその気も無いのに色のある言葉使う人の思考がわからない。発しても発さなくても関係が変わらない言葉なら発する必要無くない??むしろ私がうまく返せなくて空気悪くなるからさない方が良くない???誰にも益をもたらさな情報価値はないよ??

2017-05-01

ハーゲンダッツを作っているタカナシ乳業は、小食な横浜市小学生救世主だった

ハーゲンダッツを知っているだろうか?そう、あの、全国のコンビニに売っている高級アイスクリームだ。濃厚なミルク豊富フレーバー。単純に美味い。ハーゲンダッツオランダ会社だという事を知っている人も多いだろう。が、実は、日本で全国のハーゲンダッツオランダで作ったものではない。日本ハーゲンダッツは、「タカナシ乳業」という会社契約して一手に製造を引き受け、群馬県の専用工場で作っている。

タカナシ乳業」という名前を聞いたことのある人は少ないだろう。横浜市本社のある、横浜地元企業だ。タカナシ乳業テトラパック牛乳は、約25年前、横浜市立の小学生だった自分給食に、パンの日もご飯の日も、毎日配られていた。

当時の小学校給食は、「給食は全部食べなければならない」という厳格なルールがあった。特に自分小学校給食調理室が併設されていたためか、ルールが徹底されていた。12:25から12:45までの20分の間に給食を完食しないと、その後の片付け・掃除時間や昼休み時間も残って食べさせられた。片付けの時間は皆が机を後ろに下げて掃除するので、残って食べている生徒の周りの机は取り払われ、周りが皆掃除をしている中、1つだけ浮かぶ机の上で給食を食べさせられる。掃除中の教室でホコリが舞い、食べ物に降りかかる中、一人だけ給食を食べさせられる。「お前は何で掃除を手伝わないんだ」、「お前が食べるのが遅いせいで皆が迷惑するんだ」という周りの生徒の視線の中、一人だけ給食を食べさせられる。ひどい場合には、まだ給食が残っているお皿1つだけ残して、立って食べたり、教室の角で食べたりした。

しかも、給食を全部食べなければいけない理由付けとして「給食を全部食べないことは、給食を作ってくれる給食のおばさんたちを悲しませる行為だ」という理屈が使われていた。つまり給食を完食しないことは、大人を悲しませる反社会的行為なのだ、と教育されていた。食の細い自分は、小学2年生までは1週間に1回ぐらいの頻度で、居残りで食べさせられた。正直、地獄だった。給食のおばさんは、自分が苦しむ事で喜ぶらしい、では、自分が死んだら給食のおばさんはどんなに喜ぶのだろう、と毎日思っていた。「給食を完食できないボクは、社会迷惑をかける犯罪者だ、早く死んで社会迷惑かけないようになりたい。お父さんお母さん生まれてきてごめんなさい…給食を完食して社会に貢献できる人間になりたい」と思っていた。

小3になって、ようやく、転機が訪れた。いつも、早く処理するため最初に一気飲みしていたタカナシ乳業テトラパック牛乳をとっておいて、残っている食べ物牛乳で流しこむことを覚えたのだ!これは、本当に画期的発明だった。教室時計を見て、約半分、12:38ぐらいから、計画的に流しこみを始める。正直、マズイけど、給食を残って食べさせられる地獄に比べれば、味なんかどうでもいい。食べきることが大事だ。割り切りと優先順位を覚えて、何でも牛乳で流し込んだ。ご飯の日は嫌だった。牛乳にご飯は合わない。マズイけど、流し込む。焼き魚も合わなかった。醤油牛乳は本当にマズイ。コッペパンの日は、幸せだった。パン牛乳は合う。揚げパンが出る日は天国最後牛乳で流し込んでも美味しい。

タカナシ乳業テトラパック牛乳は、小食な小学生だった自分にとって救世主だった。タカナシ乳業テトラパック牛乳のおかげで、給食を完食できるようになった。給食を完食できない、反社会的犯罪者という自意識から解放され、クラス給食完食という目標に貢献できるようになった。社会に貢献できる自分になれた事が本当に嬉しかった。

タカナシ乳業のおかげで救われた自分は、その後、普通に東大に入ってエンジニアになった。そんなタカナシ乳業には、この4月14日から横浜駅東口にあるそごうの地下2階で、初の直営ミルクパーラー開業した。行って来た。普通に美味かった。

http://www.takanashi-milk.co.jp/wp-content/uploads/2017/04/20170405_04.pdf

タカナシ乳業社員横浜市立の小学校教員も、苦笑いすることを承知の上で書いた。どれだけ自分が「給食完食ルール」で苦しんだかを知ってもらうために。小学校PTAでは、「来年から楽になるなんてずるい」という意見で、楽にすることが許されないようだ。私の通っていた小学校にも、PTAがあり、不毛ベルマークも集めていた。

自分は、ちゃんと苦しんで給食を食べ、社会に貢献した。あなた世代だけ、楽をして逃げ切るなんてずるい。私は苦しむのが仕事だと思って小学校を生き延び、今、社会に貢献している。あなた世代も、私のように苦しんで、社会に貢献して欲しい。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/23/pta-reform_n_16199536.html

2017-04-28

http://anond.hatelabo.jp/20170427220354

ちいさいときうどんやで、ナマイキにもうどんにこだわりがあった自分は、「ここの店の麺はすごくシコシコしてるね!!!!」と大声で話していて、そのたびに親が苦笑いしてるのが不思議だったことを思い出す

2017-04-17

http://anond.hatelabo.jp/20170415230107

追記:

とりあえず直接の疑問について。

そもそもそんなすぐバレる事確実な犯罪を何故犯すのか、って事になるんだけど。

ん。だから前文で「ある程度は衝動的な犯行ではあっただろうが」と書いている。合理的判断すればリスクに見合わない行動であっても、時として人はそこまで完全に自分自身を理性下に置くことはできない。だからこそ間違いが起きる。

殺せばバレないと思ってた?でもそれにしては証拠残しすぎ

口封じや事件の隠匿を狙った殺人効果的だ、という話はしていない。ただ、罪を犯してしまった人の心理として、明日捕まるのと1週間後に捕まるのでは、そこには越えられない壁があるという話に過ぎない。そのまま被害者目撃者)を放っておけば、短時間で捕まってしまうだろうと考えた加害者が、事件発覚を遅らせるためさらに重大な犯罪に手を染める、という心の動きはそこまでおかしものではなかろう。…それが頭の悪いものであっても。

証拠を残しすぎなところを見ても、計画性の薄いかなり衝動的な犯行であったが故の悪あがき(殺人死体遺棄)であったように思う。

あと、なんというか、ロリコン得体のしれない理解不能ものとして犯行動機を探るよりは、鉄道車両痴漢が発生するプロセスから紐解いた方が理解やすいんじゃなかろうか。

痴漢というのは、狭い車内に沢山の人が乗り込む満員状態によって引き起こされる。これは多数の人間同士が密着することによって、誰の身体が誰の身体に触れているか判断がつかない状況が生じているせいだ。こういった状況下で気が大きくなる心理というのは、容易に理解できるかと思う。匿名ブログサービスからついつい余計なことを書き込んじゃう心理は、自分が今味わってるそれだ。

幼児を狙った性犯罪誘拐がセットになるのは、成人女性に比べて単独でいる時間が少ないせいというのが主な理由だろう。あと運びやすさ。性犯罪殺人強盗に比べて犯行にかかる時間が長い。故にターゲットを人目につかない場所まで誘導誘拐する必要が出てくる。人気のない夜道を歩く女性や、一人暮らし女性宅が狙われやすいのは、犯罪者からすれば自明の理だ。

からこそ幼児を狙った性犯罪の多くが、身内や近しい人間犯行となりやすい。妻の連れ子や、学校や塾の教え子などは長時間密室ふたりきりになる機会が生じやすく、また社会的立場により口封じがし易い(自分我慢すれば母親が悲しまない等)環境も整っており、多くの悲劇を生んでいる。

今回の件も、たまたま相手誘導のしやすい子で、かつ目撃者のいない空間が整っていたからこそ魔が差ししまった、という単純な話ではなかろうか。

----

なんというか、こんな的外れロリコン分析を真に受けちゃうのかと驚かされる。

性犯罪にかかわらず、殺人副次的ものである場合加害者の心の動きというのは、だいたいが口封じのためだ。

今回の事件でいえば、ある程度は衝動的な犯行ではあっただろうが、徹頭徹尾パトスに駆られた人物という犯人像は、いくらなんでも現実的ではない。逮捕された容疑者男性が実際に犯人であるなら、亡きロバートKレスラー苦笑いしそうな心理分析必要なく、「顔見知りに近い人物による犯行がための目撃者被害者)の殺害」で説明は事足りる。というか地理的な要素をまず検討するってのは、殺人事件捜査では基本じゃなかろうか。

無論、増田友人が想像するような犯罪者がいないわけでもないだろうし、上記の分析仮定仮定を重ねたものだが。

いずれにしても、ロリコンがすべて同じような理想を抱いているという増田友人の言は、暴論にすぎる。あまりにもモヤモヤするので、ロリエロマンガについての個人的な分類を語りたくなってきた。

ロリエロマンガは大雑把に2つに分類されると考えられる。

リアル系ファンタジー系(仮称)だ。

それぞれの特徴を説明する前に、身体的にも精神的にも経済的にも未熟な幼児を性の対象とするということがどういったことか、改めてざっくりと説明しておきたい。

相手苦痛・損害を与える、だ。

当然ではあるが、だからこそ幼い子供は法によって保護されている。

ロリエロというジャンルを捉えるなら、まずここが出発点といえるだろう。

リアル系の特徴

これは現実的シミュレーションを含んだもののことだ(リアルだとは言っていない)。上記の点により肉体的・精神的な苦痛を伴ったり、救いのない展開や、レイプ児童売春性的搾取といった犯罪的な要素がついてまわる。

また、リアル系の傾向はストーリーだけではなく、絵柄にもその傾向が見て取れる。

それらの特徴を内蔵的と仮称する。

内臓的絵柄とは、人体デッサンにおいて、皮下の骨格や内臓といったものをしっかりと踏まえた、解剖学的な正しさを感じさせる絵柄のことだ。かなりざっくりと説明するなら、ごつごつとしていたり、あばらを描いていたり、目の大きさが現実的サイズの絵柄のことだ。

こういった身体的なデッサンの人体は、苦痛表現するのに適しているのだろう。猟奇的作風作家にも多い傾向だ。

LOたかみち氏の爽やかな表紙に反して、こっち系の作家が多い。というか、町田ひらく氏といったこっち系のドきつい人がいたりするので、リアル系が苦手な人には正直、キツイ

キツイ

ファンタジー系の特徴

ファンタジーといってもRPG世界といった意味ではない(お約束)。現実リアル)の対義としての非現実ファンタジー)だ。どうしても犯罪臭はあるもの苦痛や鬱展開はほとんどなく、概念としてのロリを具現化させた存在と戯れる傾向にある。

そのため絵柄の特徴もリアル系内臓的なものとは対照的スキン的絵柄となっている。具体的には、きめの細かい肌触りや柔らかさといった表層の部分を重視する人体デッサンのことであるつるぺたという表現死語化してひさしいが、要はあんな感じだ。

LOでこっち系といって思い浮かべるのは阿骨打先生だ。個人的トップに入る好きな作家だが、死亡説が囁かれるくらいには寡作な方である(そうなる事情も分かるので複雑だ)。

余談だが、熟女エロマンガの絵柄の特徴は肉的だ。

ロリエロマンガは出発点が出発点だけに、分類がはっきりしているジャンルだと感じる。

が、近年はスキン的絵柄のリアル系ストーリーみたいなハイブリッド型の作品じわじわと広がってきている。クジラックス氏の例の作品あたりが起点だろうか。

ともあれ、人の性的指向なんて十人十色から惹かれ合ったりするわけで、一口ロリといっても、それのどこに着目するかは人それぞれなのだ。と書いたら急に口調がアライさんみたいになってしまったのだ。

フェネック、もう終わるのだ。

2017-04-16

マストドンって西側文化圏プロダクト

開発者がloliやshotaという言葉を使っているのを見て、

ロリショタといった日本特有略語世界共通語になっていて爆笑した。

ロリショタ性的コンテンツが大量に垂れ流されているせいで、(pixivとか)

日本マストドン連合からシャットアウトされそうな流れに苦笑いした。

あと、pixvに人が集まってるようだけど鯖代どうすんだろと思いをはせるのであった。

2017-04-09

森友学園に関する(妄想国会答弁

最近ブログにて勝手にウサばらしに妄想しております

こんな答弁起きないかな、……なんて、辻本議員に質疑させてしまいました。(ニヤニヤしてもらえると嬉しいです!!)

あー、それにしても、のらりくらりの答弁、腹立つわ。ちゃんと質問に答えぃ! 

辻本総理は、妻の昭恵夫人も含めて、関わりがなかったと?

安倍:もちろんです。誰がそんなこと、言ったんです? 妻もですねぇ、私もですねぇ、森友学園の認可にも払い下げにも関係がありませんよ。あったら、私は議員を辞めますよ。

辻本:では、総理にこれを見て頂きたいんですが。

園長室で握手する2人』の写真

フラッシュニュースサイトより)

安倍:これはですね、求められて写真を撮ったものでして……いわば、後援者への挨拶のようなものでですね、これが森友学園設立(*筆者注:国有地の払い下げ・認可について)に関わりがあった、ということの証拠にはならないんですよ。

逆にですね、関わりがなかった、ということはですね、悪魔の証明というものでしてね、「ない」ということを証明するのは、非常に難しい。(筆者注:出ました、お得意の「悪魔の証明」。使い方間違っとるわい。さすがデンデン首相

辻本:確かに、この写真を見て「関わりがない」ということを証明するのは難しそうですね。(苦笑い野党の席からおきる)

 もちろん、総理がおっしゃっているのですから森友学園の)設立夫人関係はないですけれども、昭恵夫人は籠池氏と親交があった、ということでよろしいですか?

安倍あなたね、私は一々妻の交友関係に口出しをしたりはしませんよ。これはですね、たまたま妻が頼まれ写真を撮っただけでしょうから

辻本:さすが、総理夫人。全く親しくない方ともにこやかに握手をして写真を撮る。そして、お互いの携帯番号を交換する。広く国民からの声を吸い上げようとする努力、まさに政治家の妻の鑑でありますね。ただ、総理、私ね、一つ疑問に思っていることがあるんですよ、それほど親しくない方まで電話番号を交換するとなると、夫人携帯にはひっきりなしに電話がかかってくるんじゃないか、と。そういうことをすると、塚本幼稚園を始めとして、各地で講演する時間など取れないんじゃないかと思うんですよね。

安倍:いえ、ですから、それは、妻の方でその時々でお答えしている、ということです。

辻本:というと、忙しい時には、後援者の方から電話を受け取らない、と?

安倍:まあ、そういうことになります。(何、バカ質問をしてるんだ? という空気

辻本:でしょうね。全ての電話に答えることは到底無理ですからね。では、どのような相手には電話に出て、どのような相手には出ないのでしょう? やはり大事相手には出られる、と? ……でも、おかしいですね、総理夫人は籠池氏とは親しくない、あまり面識がない、にも関わらず電話に出られた、と。何か特別なご事情があったんですかね?

安倍:な、何をおっしゃるんですか。あなたねぇ、そういう印象操作をするような質問はするべきではない! 特別事情なんてあるわけないじゃないですか!!(筆者注:普通の人だったら、不倫してるのかと思うよね(笑)

辻本特別事情もない、親しくもない、のに電話お話されている、と……公私ともにお忙しいであろうはずの総理夫人が、親しくもない、特別事情もない人と電話お話されている。なるほど、なかなか興味深いですね。さらに、電話だけでなく、内閣総理大臣夫人付きの国家公務員ファックスを通じて籠池氏の質問に回答されている、と。

安倍:いや! このファックスゼロ回答だから問題ありませんよ。籠池氏の要望には答えられない、とはっきり申し上げてるじゃないですか!

辻本:私が質問しているのは、どのような回答をしたか、ということではなく、昭恵夫人ほとんど親しくもない籠池氏に回答するように指示していたのか、ということを聞いているんです。

安倍:それは……質問されたら回答を返しただけでしょう、何が問題なんですか。

辻本:回答した、ということは、このような、言葉は悪いかもしれませんが、「特別なおねだりをされる」ような間柄だった、ということなんでしょうか? これ、このファックスの内容は、明らかに籠池氏が「特別な便宜」を依頼し、昭恵夫人が回答された、ということですよね。

安倍:違いますよ! それは、谷職員勝手にやったんです。(筆者注:バカか!一公務員総理夫人の名を使って勝手にやるわけねーだろ)

辻本:このファックスには昭恵ふじんにもすでに報告させていただいて、とありますが、谷職員が、勝手にやったのに昭恵夫人に報告したんですか? 普通勝手にやる、というのは黙ってやる、という意味だと思うのですが、この谷職員の行動はかなり辻褄のあわない行動ですよね?

安倍:経緯はどうであれ、ゼロ回答だから問題ないでしょう。(筆者注:バカか!民主主義の決定というのはプロセスが全てなんだよ。そして、これはゼロ回答じゃなーい! 満額回答だよ!!)

*筆者注ーー筆者が勝手妄想したもので、事実とは一切関係がありません。妄想の中でも、首相は「ゼロ回答だから問題ない」と質問と全く関係ないことを答えて終わらせてしまいました。 辻本議員が頭から湯気を吹き出すのが見えるようです!!

2017-03-30

myルールがあるらしい

たまに変な客が来る。

提出書類が足りないので、ご用意願います。と伝えると

「なんで?なんで足りないとか決めつけるの?」

よくわからないレスが飛んでくる。

手続きを結ぶにあたって、本人の確認を取りたいか免許証など住所や名前などが確認できるもの必要説明するが

「なんでそんなもの必要なの?おかしいじゃん、俺が本人なのに」

また意味不明レスが飛んでくる。

私はアナタがご本人様かご友人やご家族ではありませんので、本人であるかわかりません。ですので、手続き必要書類を提出していただくよう願います

と、一緒に必要ものが書いてある説明用紙を見せたが

「そんな決められたルールおかしくない?本人が来ているのに名前の分かるもんとか要らんでしょ!!」

ルールおかしい…?はて?と思う。

「そんなルールおかしいわ、本社電話するから覚えとけ」

と帰ってしまったんだけど、周りの他のお客さんは苦笑い。うちの仲間も苦笑い

こういう人ってあんまり居ないよな…と思ったんだけど、今年入って3回目なんだよなぁ・・・

自分ルール社会通用すると思っている人たちが、これからも増えてしまうのだろうか。

こういう客はちょっと特別アレなだけだよねぇ・・・きっと。

彼女がブス=別れたいという心理

僕は顔で人を判断する人間じゃない、と思っていた。

性格とか、態度とか趣味とか話し方、それを総合してその人自身の魅力だと思っていた。ううん、今でもその考え方は健在だ。


付き合っている人がいる。

その人ははっきり言ってブサイクである。でも友人の時は、全然そのことを気に留めることもなかったし、むしろ一緒にいて心地よかった。

告白されて、断る理由もないのでとりあえず付き合ってみた。

性格は良く、話も合う。趣味も似通っている。食事も美味しく食べられる。でも違和感がある。

楽しい楽しいんだけど、友達として楽しい恋人としてじゃない、別れたい。

別れたい、自由になりたい、この人に縛られたくない、言ってしまいたい。

そんな気持ちが先立つようになった。


幸せにできない、と思う。

酷いことだが顔を見る度、萎えしまう。街行く人がみんな、彼女より可愛く見える。

いつも笑顔で、楽しませてくれる彼女に別れ話を切り出すのが辛い。

胃がキリキリする。

こんなことな最初から付き合わなければよかった。

やっぱり女は顔だ、というつもりは毛頭ない。だけど付き合い続けるモチベーションを維持するための要素にはなるんだなあ。もし、彼女がブスではなかったらデート約束を取り付けることに僕自身が躍起になっていたと思う。

デートしなくても、会わなくても問題ない。セックスもしたいと思わない。

破綻だ、こんなの。


好きって言われて苦笑いしてしまったし、即答できないし、色々終わってるな


友人として大切にしたいけど、恋人として付き合うのはめちゃくちゃ辛い、むしろ苦行である

結局僕も顔ありきで相手を見てたんだな

家族に手を振る行為ってキモイですか?

今朝、寝坊したので家族に車で会社まで送ってもらった。

ありがとう じゃあね~」と手を振って別れた。


それを会社玄関から見ていた先輩が「普通家族に手を振るかぁ?うちじゃそんな事しないぞ?」と言ってつっかかってきた。

たまたま近くに居た同僚が「うちは余裕でやりますよ~」とフォローしてくれたのでその場は開放された。

午後、またその先輩がつっかかってきた。

「今朝の事がどうしても腑に落ちなくて周りに聞いてみたけど、手を振らないのうちだけだったわw でも、家族に手を振るとか気持ちわりぃけどな~w」

僕は苦笑いしながらその場をやり過ごした。


家族に手を振る行為ってそんなにおかしい事かな?

2017-03-29

やだやだめんどくさい

専門学校に通ってるときに、4人でずっと遊んでた。

私はみんな大好きだったし、卒業してからずっと遊んでくれてるのがすごくありがたい。

しかしながら、友達の一人が離脱した…というか、3人中一人だけブロックした。

私と、もう一人だけは普通にツイッターLINEもつながってる。

一人だけ完全にブロック

理由を聞いたら何となく、あの子だけ顔見たくなくなっちゃった何だかねーとかわされる。

ブロックされた子の前で離脱した子の話を出さないようにはしていたけど、

の子元気かな?とか話ふられると苦笑いしかできない。

私はどっちとも仲良くしたいけど、どっちとも「あの子元気かな?」っていう話とか、思い出話ができなくなっちゃった

入学から卒業までずっと、毎日一緒にいたから。

別に、どっちとも私は仲良くしてればいいとわかってるのに、ブロックした子の話を出さないように気を遣うのも

ツイッターとかでブロックしてきた子と話すのも、あの子が見てるかもって気を遣う…。

こんな小学生みたいなことで悩む自分が悲しい。

何で今まで通り4人仲良くできなかったんだろ。あの頃に戻りたい。

2017-03-24

社会に適正があると思い込んで育ってきた。

今にして思うと、小学生のころから、周りに馴染めていなかった。呼ばれもしない誕生日会に行っては、嫌な顔をされてきた。周りが気を遣って出迎えてくれたことにも気付かず、与えられるがままに、その優しさを享受してきた。

はじめて社会性に疑問を持ったのは、高校の頃だった。中学の頃まで与えられるばかりであった私は、与えること、持ち寄ることを知らなかった。ただただ与えられることを待っている私には、当然さしたる友達もできず、ただ毎日を一人で過ごした。

中学の頃の友達とはまだ仲がいいつもりで居たが、高校生活を自虐しては苦笑いされる、そんな関係しかなかった。その頃は、そんな会話が仲の良さの証であると、思い込んでいた。

大学では、変わろうと思った。社会性を獲得しようと、社会に馴染もうと思った。しかし、得られたもの社会性ではなかった。

餌を与えられて育ってきた珍獣は、狩りの方法を知らなかった。餌が欲しいと思う珍獣にできることは、できる限り自分の様を人の目にとめてもらうことだけだった。社会性の変わりに得られたものは、奇異性だった。

幸か不幸か、インターネット動物園にはありとあらゆる珍獣がいた。ある珍獣は、ある珍獣を見て、自分はまだまともだと、魅力的な人間であると、勘違いをした。

今の私は、そんな珍獣のなれの果てである

ただただ与えられるままに、みずから変化を与えることな暮らしてきた私には、現状に不満があってもそれを受け入れることしかできない。

不満をため込み続け、周りには迷惑をかけ続け、いつか破滅する未来を待つことしかできないのだ。希望をつかむための努力も怠る私には、希望なんて与えられることはないのだろう。

今の希望は、宝くじ当選金が、天から与えられることである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん