「DTM」を含む日記 RSS

はてなキーワード: DTMとは

2019-04-15

無産オタクの悩み

私は、名もなき1人のオタクである最近ある悩みで苦しんでいるので、整理するためにここへ記そうと思う。長いぞ。

私は普段アニメイラスト漫画ノベルゲーム音楽動画、等など様々なオタクコンテンツを楽しんでいる。が、それらを自分で作ることが出来ないのだ。当たり前のことのように思うかもしれないが、私はそこに強いコンプレックスを感じている。

コンテンツには絶対に作り手がいる。そりゃそうだ。作る人がいなければ、何も生まれない。

さらに、オタク世界には「ファンアート(二次創作)」という文化がある。自分はこれが好きですよ、とハマっている作品キャラクターを描いたり、そのキャラの登場する小説を書いたり、動画を作ったりすることだ。オタクをしていると、それらを目にする機会がとても多い。上手い下手はともかく、全てのオタクが何らかの創作活動をしているのではないかと思ってしまう程度には多い。オタクは、オタクが生み出したものを目にする機会が途轍もなく多いのだ。

だが私は、絵も満足に描けなければ、小説も書けないし、音楽が作れるわけでもないし、何も生み出せない無産オタクだ。

それの何が問題なのだろうか。

自分なりに考えてみた。

魅力的なコンテンツがあり、それに触発されたファンたちが様々な二次創作物を発表する。ファンである宣言するかのように。そうして同好の士を見つけ、友を得ていく。

それらはすべて、一貫して「生産」という行為に起因するものである生産が出来なければ、オタクの輪にはまず入れない。

私もオタクであるはずなのに、何一つ生み出すことが出来ない。ただ消費するだけの存在。世の人々(私の目に映るオタクたち)が当たり前のようにやっていること(創作活動)が、私にはできない。技術力も、才能もない。今更頑張る勇気もない。

素晴らしいものを見て、聴いて、私も同じことが出来たらどんなに素敵だろうかと夢想するだけの日々だ。

絵を描いたり、小説を書いたり、音楽を作れたり、動画を作れたり、立体物を作れたり、作品考察を発表したり、そういう生産者側への憧れが非常に強く、消費するだけのオタク価値はないと本気で考えているのに、どこまで行っても結局消費者しかない不甲斐ない自分

最近ではどんなに良い創作物を見ても、罪悪感と劣等感ばかりが己の中に積もり、楽しめない。

コンテンツに深くハマっていくほどその裏にある作者の存在意識せざるを得なくなる。生産者の才能への嫉妬生産努力すらしようとしない自分への苛立ち。

だんだんと、オタクコンテンツを見ること自体がしんどくなる。しかし私の趣味はそれしかない。

幼い頃からパンピの持て囃す流行アーティストアイドルドラマスポーツetc…には唾を吐いて生きてきたのだ。今更手のひらを返して推すことはできない。

八方塞がりのような状態である

こんな私だが、創作的活動をしてみたいと手を出したことはある。

漫画を初めて読んだ小学3年生の頃から絵は描き続けているし、ライトノベルにハマった高学年の頃から数年間小説執筆トライもした。

ボカロ流行っていた中学時代楽曲制作に憧れてギターピアノを始めた。DTM勉強もそれなりにした。

MMD等のCG動画にハマった頃は動画作ってみたし、3Dキャラクターモデリングにも挑戦した。

しかし何一つ、満足に完成させることはできなかった。自分で納得のできるものは作れなかった。納得ができるクオリティになるまで粘り強く努力をするだけの忍耐力もなかった。

軽率に何かに挑戦し、すぐに諦めるダメ自分。結局無産な凡人のまま。

才能のある人が羨ましいと喚きながら、努力をしない自分から目を背け続けている。

オタクとして生きていくのがつらい。でもオタク以外の生き方を知らない。オタクっぽくない話はできない。

絵描き絵描きしか相手にしないという話が一時期Twitter話題になったように、生産者でなければオタク友達はできない。(大抵のオタク創作活動をしているという前提)(その前提が間違っている可能性には気がつかないふりをしている)

マジで人生詰んだなぁ〜!と思う。

この状況を打開できる策はまだ思いついていない。

なにもかも諦めて消費者として一生を終えるしかないんだろうか?

どうなんだろうね。

ちなみに今私はバーチャルYouTuberにハマっている。

好きになったものに軽々しく手を出す癖だけは治らないので、自分で描いた立ち絵を動かして、ボイチェンを使って美少女ライバーごっこをしようとしている。

でも途中で挫折ちゃうんだろうなぁ。

長くて読みにくい文になってしまったが、少し自分気持ちを見つめ直すことが出来たので良しとする。

2019-04-08

おじさん編

私は中古が大嫌いなのにリサイクルショップで働いてる。

でも最近は思うところがあって、長くて恥ずかしいからここに吐き出す。

誰かが使い古した物を、家にいれるなんて信じられない。

私は物には思い出や気持ちがつまるもんだと、本気で信じている気持ち悪い人間なので、誰かの思い出がつまった中古気持ち悪い。

中古の品をみると、元の持ち主の顔を想像してしまう。どんな人生を送っていたのか考えてしまう。

そんな私がリサイクルショップで働いてしまった。家から近くて通うのが楽だから、とかいうダラけた理由で。

買うのも気持ち悪いが、売るのも気持ち悪いと思っていた。

自分の思い出や人生がつまったものを、いらないからと売りに来るのだ。そして誰かが私の過去がつまったものをまた使用する。それが私にはゾッとするのだった。

売りに来るもので一番理解できないのがDTM機材。

機材なんて、一番思い出のつまるものだろう。

売られた機材たちの寂しそうな顔が悲しくて、せめて誰かの目に留まりやすいようにと、私はDTM機材コーナーの整理整頓は丁寧にやっていた。

そんなある日、とあるおじさんがEA-1を持ってレジに来た。

お喋りなおじさんで、レジをしていた私に「家に色ちがいのER-1がいて、その子友達にする」と話してくれた。

そのレジに来たEA-1には、もう名前がつけられていた。

なんの変哲もないただのアナログモデリングシンセサイザー

このEA-1は元の持ち主にいらないと言われて売られたのに、この日、色ちがいのER-1と名前をつけてくれる素敵なおじさんに出会えた。なんて素晴らしいだろう。映画みたいだ。

EA-1に名前をつけるような優しく面白いおじさんに育ててくれた親にも、なぜか感謝してしまった。

あのEA-1は今も幸せにしているだろうと思う。

かにも、私が持っているCS1xと同じものが売られて店頭に出ていた時期があった。

私のは私の家で幸せ暮らしているのに、どうしてこの子はこんな目に……と思って悲しくて心のなかで泣いていた。

でもそのCS1xにも、新しい人生がやって来た。この間、おじさんに買われていったのだ。

レジをしながらCS1xに向かって「おまえ!!! 幸せになるんだぞ……!!!!!!!」と心のなかで祝福をした。

シンセだけじゃない。サンプラーのコーナーを整理していて、誰からも忘れられたように奥に追いやられていた小さなSU10が出てきた。

かわいそうに、と思って一番目立つところに置いておいた。

SU10はその日に売れた。

驚いた。しかも目立つところに置いてから30分くらいで売れたと思う。早すぎた。

SU10がこの世から忘れられていた時間からすれば、秒での出世だと思う。

私がその日、サンプラーのコーナーを整理しなければ、おじさんとも出会うこともなく、SU10は廃棄の運命だったかもしれない。なんだか恋のキューピットになった気分だった。

捨てられた機材たちが第二の人生を歩める姿を見届けられるというのは、単純に嬉しいと思う。

きっとリサイクルショップというのは究極の一期一会

次に来たときに買おうと思っていても、残ってるとは限らない。

お客様に、昨日はあったのになぜ今日はないんだ! と言われたことがある。単純に売れた。誰かおじさんが買ったんだ。

それくらい早く、一瞬のタイミングがズレるともう二度と出会えない、そんな場所なんだ。

私は最近、機材と人が出会えた一瞬のタイミング素敵だな、と思うようにもなってきた。

嫌いだったリサイクルショップでこんなこと思うなんて自分でもビックリしてる。

そんな中古嫌いの私もついに、自分リサイクルショップで長い間忘れられていたQ-80EXを買ってしまった。

かに買ってもらいたくて、結構目立つところに置き続けていたけど、このQ-80EXは運命の人に出会えなかったらしい。

エアダスターを吹いてウエスで磨き、キレイになったQ-80EXは我が家の仲間になった。

さすがにシーケンスを組むことはないけど元気に暮らしてる。正直かわいい

2019-03-17

ここのところの日本おかしいよな

明らかに一般人が見ても犯罪だろっていうのを裁判所無罪にする。

地検すら狂っていて不起訴にする。犯罪しても大手を振って街を歩けるとか、おかしい。

いくらもらって無かったことにしてんの?ねぇ?ねぇ?



SNSでは、バカ子供バカ行為バカ炎上を起こして店を潰す行為を公開する。

挙げ句バカ子供就職ができないようになった、家から出るのが怖いなどと自業自得なのに被害者ぶる。

おめーが起こしたことなのに被害者ぶってんじゃねえよ。損害だした分、人生全部使って償え。



いじめ問題では、相変わらず学校隠蔽校長が知らないってのは報告されてないかわからんという理由なら分かる。

担任がだんまりしてたらわからんし、それは担任が悪い。が、発覚しても的確な対応をしない校長教頭は論外。これは相変わらず。

教委も仲間という有様は、学校の汚れ具合がよく分かる。大掃除の日はまず教職者と教委を掃除するべきじゃねえかなー。




煽り運転は、あんだけニュースになっても止めない阿呆が増え、録画されていても逆ギレして煽る煽る。

捕まったら今度はあれこれ言い訳屁理屈を並べて、納得いかねーと切れてて意味わからん

なんで車間距離詰めんの?なんで二車線で並んで走行するの?なんでガラス越しに唾飛ばしてわめいてんの?



爺婆の逆走やら信じられない運転。亡くなる人もいたりするのに爺婆は罪悪を感じず、

車の調子が悪かったやら、ブレーキアクセルを踏み間違えた「だけ」と言い張る。

老い先短いのが、まだこれからの人の命うばってんじゃねーよ。

つーか、どうしたら地下道に飛び込んだ挙げ句駐車場はこっちだと思ったなんて言い訳できんだよ。


相撲界も汚れた内部がよく分かったな。貴乃花の行動は先走りすぎていたが、それに対しての相撲協会は糞だった。

つーか、相撲部屋で何を偉そうにポケットに手を突っ込んであれこれ言ってんの。

おめーも力士だったならスーツ来てても守るべきルール守れや。


NHKもそう。映らないで良いのに無理やり映して金巻き上げようとする行為は、もはや8○3レベル

TV無いって言ってんだろ、iPhoneチューナー付いてねえよ。なんでベランダから人の家覗いてんだよ。


JASRAC。相変わらずの搾取搾取歌詞の一部がSNSで流れましたので金巻き上げます根性は、ホントすげえ。

ワード一文ですら巻き上げようとするのがカスラックらしい行為

そのうち日常で使ってる言葉ダメにしようってか。お前らのせいでDTMが腐ったの忘れねえからな。

ここ数年、なんか常識外れてるのって一般人だけじゃなく行政も全て含めて日本おかしくない?

2019-03-12

anond:20190312225053

DTMではフィジカルコントローラを使うのが一般的らしい。

やはり操作に拘るならマウスタッチパネルより実物のほうがいいのだろう。

そういえばタンジブユーザインタフェースという言葉があるらしいが最近はまったく聞かない気がする。

結局タンジブユーザインタフェースとは何だったのかからないままだ。

2019-02-14

今年は眉村ちあきの年になる

俺も一ヶ月前まで知らなかったんだけど今年は眉村ちあきがどんどん有名になって多分年末日本芸能界とか音楽業界の動向に多少興味のある人なら大体知ってる存在になるだろう。

肩書きは「弾き語りトラックメイカーアイドル」で、作詞作曲して打ち込みもしてアイドルとしてライブやってる女の子なんだけど、強みは①楽曲個性的かつキャッチーDTM技術的なところをどっかで学べば楽曲提供だけでもプロとしてやっていけそう、②歌がすごく上手くてなんかカバーばっかやるディーバ歌手として歌唱力だけでもプロでやっていけそう、③言動がすごく面白いのでタレントとしてだけでもプロでやっていけそう、という単体で十分なスキルや魅力が3つも備わっているところ。

まあYouTubeでいくつかのミュージックビデオと、ファンが上げてるライブ映像ライブ基本的自由に撮ってアップしていいらしい)を見れば大体わかってもらえると思う。

ピッコロ

https://youtu.be/glKK1hbAUwU

東京留守番電話ップ

https://youtu.be/BoFi8kphf1w

ジョージアのwebCM(即興弾き語り

https://youtu.be/Xy3PHyAbMcc

多分眉村ちあきアイドル界を席巻することで、「あれ、これからアイドルって作詞作曲して歌もめちゃくちゃ上手くないとだめなの?」みたいなショックを受けるアイドル志望者も出るかもしれない。そのくらい規格外存在だと思う。

あとアイドルって結構握手会とか嫌々やってる人も多いと思うけど、眉村ちあき休みの日にファンを呼び出して公園遊んだりするくらいある種のワーカホリックというかアイドル活動が好きみたいなのでその辺も世間に衝撃を与えるのではないか。というかこのままメジャーになるとそのうち人が集まりすぎたりしてトラブルが発生しそうで心配

自分会社を作ってファン株主にしたりっていう活動も目新しい感じだけど、そういう仕掛けを抜きにしても独自の発想と才能でビッグになろうという起業家精神を感じるのでその辺ははてなけが良いと思う。今のところ眉村ちあき名前ホッテントリで見かけないのが逆に不思議なくらいだ。

メジャーレーベルと契約したのでこれからどんどんメディア露出が増えるから別に俺が増田に書かなくても売れると思うけどどうせならそうやって売れる前にファンななったほうが観てて面白いと思うんだよね。

というわけでアーリーアダプター死語)なはてなーは是非眉村ちあきをチェックして、30曲入ってるアルバム「ぎっしり歯ぐき」を買おう!

2019-02-10

あるボカロP愚痴

再生数が伸びない。

一度は500回くらい再生されてみたい。P名も貰ってみたい。

Twitter宣伝しても、誰も反応してくれない。フォロワーにもスルーされるかフォローを外される。

貴方に憧れてDTMを始めましたと言ってくれた人が、P名を貰って再生数を伸ばしていく。先に行かれてしまう。

同期は最低でも3万回は再生されている。P名も貰えている。

何が違う。何で聴いて貰えない。

さっき動画確認しに行ったら、2桁あったマイリスが1桁になってた。

しょんぼりしながらTwitterを見たら、フォロワーの誰かにブロックされてた。

自分何が悪いんだろうか。

2019-02-02

DTMと他色々やるのに

マウスコンピューターってどうなんだ?

13.3型、SSD252GB、HDD1TB、i7で考えてる。

2019-02-01

表現者になりたい

米津玄師って有名じゃん?

紅白まで出てさ。

ニコニコ動画から始まって今じゃ老若男女から知られてる存在

俺もあそこまでとは言わないけど、表現者クリエイターになりたかったなぁ。

俺はもうアラフォー会社家族の面倒を見るだけの生活からさ。

若いDTMに挑戦してニコ動にアップしたけど酷評の嵐だったなぁw

絵を描いても特にうまくなかったしね。

でも挑戦自体が楽しかったなぁ。

あの頃の情熱時間がもうなくてさ、過去を羨むばかりなのよ。

こうやって恨み節増田にあげてブクマが付けばいいなぁ程度w

尻すぼみのオッサン未来はありま〜〜〜〜、、、せんっ!

2019-01-27

中途半端

何かを始めたいなって思っているのに、

その入り口を撫でたりうろうろしてるだけで何年も経ってしまった。

自分音楽が好きでずっと人生を救ってくれた気がして、自分もそんな音楽ができればいいなと思っている。

だが、ギターを買ってもDTMの機材を揃えても、一向に曲はできない。

アイデアはあるのに、曲にならない。

作り方がわからない。

作曲基本講座みたいなのは読むけど、何をすればいいかからない。

音楽経験無し、DTM初めて1週間ですみたいな人が曲つくってネットにアップしているのをみると、自分が才能ないのかと感じる。

意志薄弱なのだろうか、1回ぐらい最後までやり通してみたい。

いままでの人生が受け取るだけだったから、自分で何かを作って誰かに届けたい。

2019-01-26

得意なことが見つからない

プログラミング

JavaJavascript、C、C#HTMLcssをやったことある

JavaJShtml学校で習ったけど未だにコピペしかできない。5年~


英語

名詞形容詞区別すらつかない。センター試験の「ここに入る言葉を選べ」とか解けない。10年~


小説を書く

文庫本1冊にもならない程度の文字数。3年(今は活動してない)


ギターアコギ

音が出ない。1年~


ピアノ

左手の動かし方が未だに分からない。楽譜読めない。3年~


DTM

耳コピするがキーとメロは取れるがコードがわからない。楽譜みてもなんでそのコードになるか分からない。

アレンジすらできない。 3年~


お絵かき

一番時間を費やしてるけどフォロワー100人。4年~(真面目にやりはじめて4年、小さいころから20年?)


増田

ブクマトラバ0が体感8割。3年~

anond:20190126105853

いや、先にDTMソフトの使い方からやるべき。リアルタイム入力録音なんてのは上手い人がやるもの。そのレベルなら一つ一つ音符貼って感覚を養う方がいい。楽譜五線譜入力をしながら勉強しなさい。

[] 自分BGMを作りたい

DTMソフトの使い方に慣れる前に、鍵盤を弾けるように練習しないといけない。

音符の読み方から練習

面倒くさいけど、楽しんでやりたい。

2019-01-04

JASRACMIDIを殺したか

平成ネット史の話題で再び登った、JASRACMIDIを潰した論

jasrac midiググるとコレがトップに出てくる

https://togetter.com/li/1009875

ここ数日、「JASRACMIDI文化を潰した」みたいな流言がまた出回ってるので、ちょっと歴史を整理しておく。

以上、当時DTM界隈の片隅にいた無名ライトユーザーから見たMIDI狩り前後までの歴史でした。

という決め付けからまり個人視点です」というみっともない責任逃れで終わるので

このまとめ自体歴史修正のレッテルが貼られるのもやむなしといったところ

 

結論から言うと正解は

×「JASRACMIDIを潰した」

○「JASRACMIDI文化を潰した」

◎「JASRAC違法耳コピMIDI文化を潰したらMIDI文化も潰れた」

 

注意点は、MIDIを潰したJASRACを悪とする論調

この件に関して「だけ」を取り上げるなら

あたりは押さえておきたい

特にMIDI潰しはJASRAC側に正当性があるというのはJASRACアンチが見過ごしがちな点である

 

ご存知の通りMIDI衰退後はmp3が台頭するが

JASRACmp3への移行を早めたと言えるかもしれないし

衰退の運命あったからといってJASRACMIDI文化を潰していない根拠にはならない

この辺りは論じても意味がない

 

結論

当時爆発的に広がっていたMIDIの大半は粗製乱造違法耳コピで、これにメスを入れたらごっそり利用者が減った

これだけの話である

 

JASRAC違法耳コピMIDI文化を潰したのは事実で、それによってMIDI文化もつられて衰退したのも事実

JASRACMIDI文化を殺した」は完全な間違いではないので

少なくとも紹介したまとめが言っているような流言」ではないのは確かだ

 

どうでもいいがMIDIは規格であって…まぁいいや

2018-12-16

音楽をなにか作ってみた

けど自分は仲間とウェーイするタイプじゃないし楽器もできない

それにバンドとかオーケストラとか合唱とか楽しいと思うけど たぶんそういうのじゃない

触り方はそれなりに覚えたDTMソフトだけど、作品らしいものほとんどない

なにが足りないんだろうな

2018-11-08

ずっとDTMやってて、それのついでって感じでバンドキーボディストやってるけど、結局ピアノやってた人に比べると本当に基礎が出来てなくて泣けてくる・・・・。

かれこれバンドやってない時期含めると8~10年くらいキーボ(+効果音的なやつ)やってるけど、未だにPCで音を全部起こしてコードつけてからやんないとアレンジ出来ないし、

仮に耳コピで、って渡されても主旋律を「あーあー」って一音ずつ音とってやらないと出来ないかコードとかスコアおこす前提のバンドに入ってなんとかやってる。

やっぱり、バンドでやるなら完全にノイズとか効果音とかそういう立ち位置バンドの方がいいのだろうか

2018-11-05

ロスジェネ世代1970年1982年頃に生まれ世代)の救済

2018年だと、36歳~48歳ぐらいの日本人だな。

日本語ペラペラから日本で働くなら外国人よりは有利だよね?

高プロ

  1. 金融商品の開発業務
  2. 金融商品のディーリング業務
  3. 企業市場等の高度な分析にあたる、アナリスト業務
  4. 事業業務企画運営にあたる、コンサルタント業務
  5. 研究開発業務

 

から教育し直して、ロスジェネ世代を高度なスキルを持った人材に育てればいい。

とりあえず、パソコンを持っている無職ニートでやる気のあるやつは、デジタルクリエイターを目指そう。(プログラマーCGDTM、等)

ロスジェネ人達は、何か学んでみたいことある

 

追記

頑張れ!ロスジェネ

2018-11-02

anond:20181102071615

元増田だけどもう絵と漫画DTM料理はやってみてる。DTM挫折したけどピアノめっちゃ続いてるし楽しいマジで時間が足りない。なんで平日8時間仕事してるんだよ。そりゃお金稼いでまた趣味道具を買うのさ

2018-10-30

個人によるサブカルメディア放送歴史

海賊放送(不法無線局)

アマチュア無線FM放送によって法律違反した電波帯利用、強度電波によって放送される無許可ラジオ

当然ながらバレると摘発され罰金刑を貰うが、無線局運営者が学生だったりすると注意だけで済むことがある。

アマチュア無線をやっていると「ラジオやったら面白いんじゃね?」と発想しやすいため(未成年なら尚更)、アマチュア無線全盛期ではかなり問題になった。

ただし、地域アマチュア無線コミュニティが大抵は遵法派が多いので、地域アマチュア無線コミュニティメンバーから摘発される前に無線上で注意することが少なくない。

クロスベアリング法などによって不法無線局(≒自宅)は簡単に割り出されるので、法律は守ったほうが良い。

この件で代表的ものは「FM西東京事件」が有名。運営者は大学生だった。

ミニFM

免許必要としない無線局で、放送法上では放送局ではない。

超極狭エリアでのみ受信できるFM放送で、実際のところコチラがサブカル放送のメイン。

大半が音楽を垂れ流すミュージックラジオであったが、普段音楽を流しつつ、番組表を作りトークラジオもやるという局もあった。

リスナーからメッセージ郵便局私書箱を設置して受け付けるスタイルほとんど。

稀に地域アマチュア無線おじさんがやる気を出し地域イベント情報提供を行う目的ラジオ放送したりするのに使われたこともある。

この特性から同人誌即売会などでもミニFM限定的に開設されることも多々ある。コミケ参加者バッテリ駆動できるFMラジオ受信機を持っていくと新たな楽しみが増えるかも知れない。

Podcast

長らく個人によるサブカルメディア放送ミニFMが主要なプラットフォームであったが、ブロードバンドの登場によりミニFMからインターネットを通じて放送するPodcastへ移行する者が増えた。

WMAMP3で収録し配信するスタイルは非常に気軽で様々なPodcastチャンネルが生まれたが、Podcastブーム煽りを受けてあまりにもPodcastチャンネルが生まれすぎて混沌と化す。

そして同時に今までリアルタイム放送をしていた者達からするとPodcast感覚が掴めない、配信する環境を整えられないという欠点存在していたので、Podcastリスナーを取られたミニFM局が終了するなどが相次いだ(ミニFM終焉の原因がPodcastかは不明)。

Podcastは全盛期よりもリスナーが減ったとは言え、幾度かの転換点を迎えて今日も続いている。

ネットラジオ

ブロードバンド進化のお陰でリアルタイム配信可能となったことで誕生した音声配信サービス

日本では「らじおちゃんねる(後のねとらじ)」がブームとなり認知度が上がり、更にTVワイドショーで紹介され一部の一般人にすら認知されるようになった。

2ちゃんねるの実況板文化から派生したインターネットラジオを介した声によるTV放送実況は文字ベースの実況からの1つ転換点だったと言える。

極少数例ではあれど、ゲームを同時に起動してボイスチャットのように利用してMMORPGなどをプレイする用例や、ビジュアルノベルゲームをみんなでプレイするなどの用例もあった。現在で言うゲーム配信に近い。

こちらも全盛期と比較してリスナーは減っているが今日も続いているが、個人的な印象としてPodcastの方がリスナー人口は多いように感じる。

インターネットラジオが登場した頃にはミニFMはほぼ壊滅状態にあり、現在では極々一部の趣味人によってのみ期間限定運営されていることが多い(有名な老舗もいくつかはある)。

Adobe Flash

様々なメディアを埋め込みつつ、プログラマブルプラットフォームとして開発されたシステム

2ちゃんねるを中心に爆発的流行をし、現在Webクリエイターの中にはFlashで注目された者も居る。

現在でいうところの「コラボ」も数多く行われ、様々な表現実験の場となり、今でも参考になる発想が多い。

企業Webサイトでの採用事例も多く、インターネットの一時代を築いたと言っても過言ではない。

現在は惜しまれながらもAdobeFlashサポートの終了予定発表やHTML5の登場なども合わさり採用ゼロに近いものとなっている。

ニコニコ動画

Youtubeに感化され、2ちゃんねる実況板の影響を取り込んだ動画文字を表示するスタイル確立したのがニコニコ動画

当初は違法動画アップロードサービスと化して居たが、MAD動画ブームを皮切りにクリエティティの発露の場として成立する。

Flashからの移行組も数多くおりニコニコ動画黎明期を支え、次代にその技術を伝えた。

TV番組実況やゲーム実況が映像と音と文字により完全に成立。

2ちゃんねるDTM板のVOCALOIDスレしか注目されていなかったVOCALOID初音ミクの登場によりニコニコ動画で再評価され爆発的ブームが起こる。

初期のVOCALOID2ちゃんねらー全体で言えば知らない2ちゃんねらーの方が圧倒的に多い状態であり、何ならDTM板住人であってもDTM Magazine読者くらいしか知らないレベルであった。

更にはMikuMikuDance(MMD)の登場により、Flash時代ではマシン性能の兼ね合いで難しかった個人による3D表現が本格化。

現在Vtuberに近いMicrosoft Kinectとの連携によってMMDモデルを動かす試みなどが始まる。

そしてニコ生リリースされるとリアルタイムゲーム実況が確立され、現在Youtube LiveやTwitchの萌芽とも言える状態だった。

一部では現在でいうところのVLOG投稿する者もおり、様々な試みがなされた。

しか運営側の迷走の伴いサービスのコンセプトや品質陳腐化し、対応が後手になってしまユーザが離れるという事態に陥った。

現在ではユーザ目線での改善に力を入れているらしく今後どうなるかが注目される。

Youtube

そして現在個人によるサブカルメディア放送Youtubeがメインのプラットフォームへとなっている。

特徴的なのがニコニコ動画では登録者すべてがいわゆるニコ厨と呼ばれていたのだが、Youtubeでは動画投稿者がYoutuberで視聴者リスナーと呼ばれている点である

ニコニコ動画からコンテンツをそのまま移行したYoutuberも数多いが、元々ニコニコ動画投稿していた者は実写系が少ないという特徴がある(一部例外も居る)。

ニコニコ動画が自らコケたという部分もあるが、堅実に強化とユーザビリティの向上に努めたYoutube日本サブカル層も無視できなくなり、今日Youtube人気を決定付けた。

ニコニコ動画時代では少なかった顔出し実写系動画が増えたり、マシン性能の向上によって実現を果たしたVtuberの登場など個人によるサブカルメディア放送は転換点にあると言って良い。

次は何か?

プラットフォームの移行が発生するかはわからないが、これまで顔出しを拒んできたサブカル層が徐々に顔出しするという動きが昨今では起きている。

日本ではこれまで大手メディアの影響などにより社会全体でのオタク蔑視時代があったりなど海外に比べてサブカル層は顔出ししにくい環境であったとされてきたが、世代交代が進んできたのかサブカル層の顔出しが起きている。これは良い環境変化だと言える。

この次に何が起きるか?と言えばおそらくは「実名活動・顔出しの敷居がより下がる」程度にしか予測はできないが、様々な選択肢が増えることは歓迎したい。

視点を変えれば旧来のサブカル層が若い世代が持つ印象に救われつつあるわけだが、その若い世代技術継承したのは何だかんだで活動を続けてきた旧来のサブカル層なので、今後とも持ちつ持たれつという関係を築けていけたらなと思う。

そして続けて現れる今の若いサブカル層の技術継承した次代・次々代の子たちがどんな風にクリエティティを発揮するか楽しみでならない。

2018-10-20

anond:20181020110700

創作系の趣味に1円以上かける全ての人をその構文で馬鹿にできるのでは

なんの収益にもならんのにペインソフトペンタブ買って絵描いてTwitterに上げる意味

なんの収益にもならんのにDTMソフト買って曲作って無料公開する意味

なんの収益もないのに高いカメラ買って写真撮る意味

えとせとら

まあマジレスすると別用途(他のホームページとか)でサーバーを既に借りてる人が有り余るサーバーリソースのほんの一部を使ってるだけだと思う

差額原価はドメイン代のたかだか年千円ちょい、ドメインも既に使ってるやつの流用なら実質ノーコスト

2018-10-17

anond:20181017140350

DTM楽器だしイラストレーターは紙とペンだし、それらが達者でもPC音痴はいくらでもいるから、リテラシーとは関係ないんじゃない?

ITリテラシーの向上

個人的には、プログラミング教育子ども達にITに慣れさせた後、興味に応じて応用範囲を変えてあげたらいいと思う。

とかね。

学校先生で教えられなければ、習熟してる大人を補助教員として充てればいいと思う。(大きいお友達ニートオタク活躍できて一石二鳥!?

 

anond:20181017135644

2018-10-06

から診断系・占い本などを複数やったり読んだりしても、確実に一つだけ絶対に言われるブレない要素がある。

それは「芸術性があります」という部分。

何十年経ってもこの芸術性に関しては書かれている。

なんなのだ芸術性とは。別に絵は上手くないし、小説趣味でたまに短いの書いているが、素人文章丸出しでとても売れる内容とも思えない。

音楽は色々なジャンル好きだけど歌は下手だし、楽器リコーダー以外触ったことない。

DTM等でちょっとしたBGMでも作ってみたいなとは考えるが、それで食おうだなんて考えもしない。

陶芸10代で経験はあるが、これもせいぜい趣味レベル

映画落語は好きだが、作り手・語り手方面に関しては興味はない。料理は出来るが、レシピ通りに作れるだけ。

デザイン方面も何かアイデアがあるワケでもない。カメラも多少構図や露出などは気にかけるが、プロを目指すだなんてとんでもない。

何故私の結果だけこうも芸術性に関してはブレずに言われ続けるのか。自分が当てはまる結果以外をみても、それぞれ違うことが書かれているのに。

多かれ少なかれバーナム効果可能性もあるだろうし、なんなら、はてな民がこういう占い関係に関しては否定的なのは分かっている。

ただ、それでも知りたい。そこまで芸術性と言われ続けるなら自分には何が向いているのか。

占い等でそこまで言うならいっその事教えてくれないかな。

2018-09-27

素人社会人になってからDTMを始めてアルバムを3枚作った話

https://anond.hatelabo.jp/20180923171114

上のエントリを書いた者であるDTMパソコンさえあれば始めるのにお金はそんなにかからないし、頭を使っている感じがして生きている実感が湧くし、作品として形が残るし、趣味として結構優秀なのではないかと思っている。

この話は「素人自己満足アルバム3枚を作った話」であり、間違っても「素人DTMを始めてプロデビューした話」ではない。とにかく楽しんで何らかの形になるものを作ったということ。プロにすればゴミみたいな作品群だと思うけれど、自分としては満足しているし、人に聴いてもらうと「すごい、よく作ったね」くらいの評価はもらえている。お世辞かもしれないし、そもそも音楽を作ることってかなりハードルが高く思われているから「作った事自体がすごい」ということかもしれない。

 

バックグラウンド

音楽素養はない。ピアノを習っていたわけでもないし、学生時代ギターをやっていたわけでもない。完全なる素人

ただ、学生時代はいろいろな音楽を聴いていた。CDは最終的に1000枚くらい持っていたのではないかと思う(今は全てパソコンに取り込んで売った)。ジャンルは主に洋楽ロック系が好きだけれど、クラシックから民族音楽から流行りの曲まで分け隔てなく聴いていた。

自分で曲を作ってみたい」とずっと思ってはいたけれど、何をどうすればできるのかがわからなかったので手を付けていなかった。コードとやらを覚えなくてはならないらしいし、パソコンで何らかのソフトを使わなくてはならないらしい。何より、自分の下手くそな歌を録音するのかー。うーん、ハードルが高いな。と思って時が過ぎていった。

 

■初めての曲

きっかけというきっかけは特にない。社会人4年目くらいで、仕事絶望していた時だったと思う。

学生時代の友人の中にいじられキャラの人がいたのだが、突然に「そうだ、あいつの歌を作ろう」と思い付いた。まずはアルバムリリース特設サイトを作った。もちろんそんなサイトは誰も閲覧しない。単なる自己満足であり「おもしろそう」というのが唯一の動機だった。

で、曲を作り始めた。どこからそんな情熱が湧いてきたのか今でも疑問なのだが、とにかくそれっぽい曲を打ち込みで作った。コードなんてわかんないか適当に音を重ねていった。たくさんの曲を聴いていたのでなんとなくの引き出しは豊富だった。作詞作曲編曲全て自分歌謡曲みたいな2分くらいの曲ができあがった。

Windowsであった。製作工程dominomidiを打ち込み、SoundEngineで波形編集audacityミックスと手間のかかる作り方をしていた。全て手探りなのでそのやり方しかからなかった。その歌謡曲みたいな曲はUTAUボーカロイドに歌わせた。1曲作っただけだったが達成感があった。ここまでかかったお金ゼロ円(もともと持ってたパソコン代除く)。

後に引っ越しを期にMacに乗り換えてGarageBandで作るようになる。

 

■本格的にDTMを始める

本格的に、と言っても高い機材を買ったりしたわけではない。継続した趣味としてハマったということであるコスパの良い趣味が好きだ。買ったものは下記(Mac除く)。

マイク 最寄りの電機屋さんで一番安かった2000円のもの

ギター ハードオフジャンク品 2000円くらい

ベース ハードオフジャンク品 2000円くらい

インターフェイス アマゾンで4000円くらい

いまだにこれ以上買っていない。投資額たったの10,000円でかれこれ5年以上遊べている。カラオケ2〜3回分の投資額で数年ものあいだ熱中できるってすごくないか。もちろん、沼にハマるといろいろ欲しくなったりするらしいけど、今のところこれだけでなんとかなっている。

 

アルバム作成

曲作りにおいて苦労した点は特にない。自分が作りたいものを作っているからだ。煮詰まる時とか、アイデアが出てこない時とか、ギター全然上手に弾けない時とか、歌が下手過ぎてがっかりする時とかあるけれど、全てが楽しくて充実した時間である

アルバムと言ってもコンセプトがあるわけではないし、誰に頼まれているわけでもない。10曲くらいできたら1枚にまとめる感じ。アートワークとか歌詞カードも作って、自宅のプリンタ印刷する。空のCDケースとブランクCDを買ってきて、裏ジャケと歌詞カードはめ込みCDを焼けば世界ひとつだけのアルバムの出来上がり。

で、再び趣味として曲を淡々と作って、アルバムを作る、というのを3回繰り返していたらアルバムが3枚できていた。

 

■どんな音楽作ってるの?

もともと洋楽オルタナティブロックが好きということもあってそういうのに寄りがちな作風になってしまう傾向にある。ただ、1曲作り終えると「次は違う感じのを作ろう」と勝手に思っている自分がいる。なので、振り幅は大きいと自分で思っている。最近EDMみたいなのも作った。

自己満足とは言えど、架空の誰かに聴かせるのを前提に作っている姿勢はある。なので、自分なりにこだわっているつもり。1曲の中で飽きさせないことを最大の目標にしている。まーでも結局は自己満足だな。

 

ボーカルの録音

最初のうちはクルマで山奥やイオン駐車場の端っこに出かけて窓を閉め切った車内で録音したり、自宅で布団をかぶって怯えながら録音したり、カラオケで録音したりしていたが、面倒になって昼間の自宅で堂々と声を張り上げて録音するようになった。特に近隣住民から怒られたことはない。

DTMを始めてから明らかに歌が上手になった実感がある。カラオケでも下手くそだったのが、今では高得点が出る。作っている最中自分の声を何百回と聴きながら編集するので、知らぬうちに聴こえの良い歌い方みたいなものを会得したのかもしれない。DTMを始めて自己満足以外の良かったことだ。

 

ギター

DTMを始めると同時にギターを弾き始めた。と言っても、ライブをするわけではないので、特に練習を積み重ねているわけではない。曲を作っている中で「こんなフレーズが欲しい」というのを下手くそなりに弾いて、あとは編集でなんとかしている感じ。なので、いまだに「コードをなんとか押さえられる程度」である。ただ、良く問題となる「F」のコード練習して押さえられるようになった。

ベースも買ったが、録音してみると音の粒が全然揃わないし、タイミングが少しでもずれると散々なことになることがわかったので、打ち込みでやっている。

DTMをやる上で必ずしもギターベース必要ではない。自分も全ての曲にギターを入れているわけではない。

 

曲作りのコツとか

最初暗中模索理論も何もない。例えば「ベースバスドラムはなるべく合わせる」とか「コード」とか「コード進行のルール」とか全くわからずに全て適当にやっていた。最初に作ったものを今聴いてみるととにかくめちゃくちゃ。だけど、そのめちゃくちゃさに味があって、あんものは今は作れないなとも思う。音楽自由だ。恐れるな。

プロミュージシャンインタビューを読んでいると「◯◯みたいな曲をイメージした」とか「この曲の元ネタは◯◯という曲」と言っているのを結構見かける。なので、私たちも「自分の好きな◯◯みたいな曲を作ろう」というスタート地点でいいと思う。

曲作りはいろいろなアプローチの仕方があると思うけど、私は「メロディーから作る」派であるメロディーに各パート伴奏を乗せていく。メロディーを思い付いたはいいけれど、それに合うコード進行がわからないということが結構あって、大変に悔しい。コードメロディーを乗せていく逆のやり方もチャレンジしてみたことがあるけれど、私には無理だった。向き不向きがあるのだと思う。

1曲の中で「ここは◯◯みたいな感じが欲しい」と思い付いたらYouTubeでその曲のその部分を繰り返し聴いて参考にすることがある。それが自分オリジナルになる。ウェブで調べればコードも出てくるので、それを参考にすると思った通りの雰囲気になって「すげぇ」とかなり感心する。それがオリジナルになる。音楽パターンの組み合わせでできたパズルみたいなものだと思う。

そういう経験を重ねていくと「このパターンはこれ」「こう来たら次はこう」とわかってきて捗るようになるし「これじゃありきたりだから別のパターンが欲しい」なんてことも発想できるようになってくる。楽しい。何だこの曲すごいな、という曲に出会うと制作意欲が湧いて楽しい

なんて偉そうに書いてるけど、いまだにコード進行はよくわかっていないし、よく使うリズムパターンも貧弱である。だけど、最初の頃よりはあらゆる点において格段に進歩している実感がある。それらをほんの少しずつでも習得していく過程楽しい

 

歌詞

伝えたいことなんて何もない。ただ、歌モノにしたいので歌詞を書かざるを得ない。「韻を踏む」「陳腐にならない」「メッセージ色が強くなりすぎない」を心がけている。音楽以上に言葉自由だ。好きにやるのが一番。

歌詞がどうしても思いつかない時には、歌詞なしのめちゃくちゃ語で押し通すこともある。最近はいよいよ書くことがなくなってきているのでめちゃくちゃ語が多めになっている。だけど、歌詞を考える時間も好きだ。

 

■まとめ

とりとめのない話になってしまった。まとめるとDTM楽しいってことになると思う。没頭すると1日が余裕で潰れる。1曲が1日で完成することもあるし、半年かかっても納得いかずに悶々とあれこれ試行錯誤することもある。それら全ての時間が愛おしい。沼にハマらない限りコスパも良い。

音楽自由だ。世界ひとつだけの音楽がそこにある。とりあえずやってみようぜ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん