「インテリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: インテリとは

2018-12-14

anond:20181214225018

ゲームやってるヤツみんなインテリかよとか思う時あるわ

多少英語わかれば支障ないを信じてゲーム始めた結果

えっゲームに支障あるけど?ってなること多いわ

つか英語アドベンチャー遊べる人の自称英語できないを信じてはいけない

2018-12-13

anond:20181213130260

生徒「せんせ~い、その処理ならこのライブラリを使った方が早いよ~」

先生「そういうズルは駄目です。大人になって習ってからしましょう。」

生徒「せんせ~い、インテリセンス使えば打ち間違いなくなるよ~」

先生「そういうの使うと自分の頭で覚えられないでしょ。」

みたいな展開か。

2018-12-11

anond:20181211190231

はてなにいる大卒インテリ気取ってるやつらが優良企業作らない理由ってなんだと思う?本当に理解できないんだけど

2018-12-08

史学科のゼミとか卒論とかって何やってるの

数学科事情、すごく興味深く読んだ。

「数学の修得には時間がかかる」ことの概説 - Unhappy Go Lucky!

ただ、文系学部の「研究」や「卒業論文」の位置づけとかについて、過大評価していただいているような気がしなくもない。日本語とは縁遠い言語を話す地域を専門とする史学科卒の人間として、「ゼミ」や「卒論」の位置づけについて語ってみたい。

ゼミで何をやっているか

いやこれは本当に分野によるのだが、「研究」というよりも「勉強」をやっているところが多い。歴史学というのはまず史料に何が書かれているかを正確に読み解く必要があるのだが、その読み方を徹底的に叩き込まれる。場合によっては修士課程でもこれが続く。もしくは、研究文献の読み方を叩き込まれる。そもそも2・3年前まで高校生だった連中である文系研究書をどのように読むべきかよくわかっていない人も多いし、英語の本を通読なんてしたことないですという人がほとんどだろう。レベルの高い大学なら外国語文献の購読をし(何語なのかは研究分野や参加者による)、あまりレベルの高くない大学なら日本語の本・論文の読み方をゼミで躾けられる。

(「史料」ってのは要するに「昔の人が書き残したこと」。王様勅令だったりお役所行政文書だったりインテリの書いた思想書だったり過激派の撒いたアジビラだったり新聞記事だったり、色々である公文書館に行って実物を見てくる場合もあれば、別の学者がまとめて印刷出版してくれたものを参照する場合もある)

何で学部の段階からゼミに分かれるか、というと、「歴史学とは何か」「史料批判とは何か」みたいな概念方法レベルの話や、「いやしくも歴史学を学ぶ者として最低限踏まえておくべき各地域・各時代の基礎知識」みたいなのを除けば、分野ごとに身につけるべきスキル全然違うので。江戸時代歴史なら江戸時代古文書明治期の歴史なら明治期の文書中国史なら漢文イギリス史なら当然英語古文書……を読まないといけない。イギリスについて研究したい学生日本古文書の読み解き方を勉強しても時間無駄だろう。逆もまた然り。

ぶっちゃけ、「卒業論文」に大したオリジナリティはない

慌てて言えば分野による。

社会調査とかする分野で、自分なりにアンケート調査してみた、とかそういう論文なら、どれだけ拙かろうがオリジナリティはあるだろう。あるいは歴史学でも、オリジナル史料を発掘することが可能な分野ならオリジナリティは出る。

ただやっぱり、学部4年の段階で大層な「オリジナリティ」は出てこない。そもそも外国史の場合史料の読解すら教員の手助けを得てようやく、という人が多い。歴史学では一次史料が重視されるが、私の分野では卒業論文で一次史料を使った時点で優秀な学生の部類に入るだろうなと思う。二次文献、つまり他の研究書や論文をまとめて長いレポート(うちの大学では3万2,000字が下限だったかな)を書けたらOK、という運用をしている大学も多いのではないか。まとめるのにもオリジナリティは出るしね、という苦しい理屈だしそんなの査読つき学会誌に「論文」として発表できるレベルではないが、学会誌に「論文」として出せるレベルのもの要求していると4年では足りないわけで、多くの史学科の学生修士論文で初めて学会誌投稿できるレベルのもの要求されることになる。

何度も言うようにこれは分野による。地味に重要なのが、「その言語大学第二外国語として開講されているか、あるいは教養科目で講義が受けられるか」という点。朝鮮史ドイツ史やフランス史場合韓国語ドイツ語やフランス語文系学部ならたいていは必修の第二外国語として教えられていることが多いので、卒論でも韓国語ドイツフランス語論文は読めて当然だよなあ? というハードモードになることもある。中国史なら「高校から漢文やってるんだしゼミでも読んでるんだから卒論でもちゃん漢文史料は読めるよね? 現代中国語論文も読んでね」ということになるだろう。英語? そんなの読めて当然でしょ? 第二外国語ではなくとも、たとえばトルコ語アラビア語なら多少気の利いた大学なら教養科目とかで開講されているから、イスラーム史やりたいなら学部1年のうちから履修しといてね、という話になると思う。逆に、マイナー外国語必要な分野だと、せめて英語の本くらいは読んどいてね、くらいにまでハードルは下がる。アイスランド史を勉強したいです! と言われても、日本アイスランド語の授業がある大学がいったいいくつあるのか……という話になるわけで。まあ東大の某ゼミではゲエズ語購読とかやってたらしいですけどね。雲の上の世界すぎてまったく想像もつかない。

なので、大学に入った段階で既にどの分野に進むのかなんとはなしの道筋がついていないと厳しい。第二外国語韓国語選択して、やっぱり私ドイツ史がやりたい! というのは不可能ではないが難しい。第二外国語選びの段階である程度進路が決まってしまう、というのが史学科の特徴だ(まあ、英文学科とかは、学科選びの段階で専門地域が決まってしまうわけだが……)。イスラーム史やるなら第二外国語フランス語にしないとね。そんなのついこないだまで高校生だった連中にわかるか! もちろんこれは大学による。西洋史に進学した者にはドイツ語とフランス語双方の習得義務付ける大学もあるそうである。これならヨーロッパのたいていの地域対応できるね! 史学語学と言われる所以だ。

あとは西洋以外の地域だと、「史料に書かれている言語」と「論文に使われている言語」が違うことが結構あって、何でかといえば近代以降に西洋諸国植民地支配されていたりすると「オランダ人研究者がオランダ語で書いたインドネシア史についての先行研究」みたいなのがたくさんあるので。つまりいくらインドネシア語やアラビア語が堪能でもそれだけでは片手落ちで、オランダ語フランス語ができないと先行研究が読めないので勉強せざるを得ない(付け加えるなら、植民地支配されてたということは、お役所では宗主国言語が使われていたり宗主国のお役所植民地統治担当する部局があったりしたわけで、それらの史料は当然宗主国言語で書かれている)。さら前近代史だと、「昔使われていた言語」と「現在使われている言語」が異なっていることが多く、典型的には古文とかラテン語とかである現代日本語論文はスラスラ読めても古典日本語チンプンカンプンという人も多かろう。前近代西洋征服王朝なんかだと大変で、現地語+支配階級言語植民地支配してたヨーロッパ言語、をやらなければいけなかったりする(アラビア語オスマン語+フランス語、みたいな感じ)。いやー、西洋現代史はヌルゲーの領域っすわ……その国の言語ができれば用足りるからなぁ。現地に行けばネイティブスピーカーいるか勉強簡単だし(アッカド語みたいなネイティブがいない言語習得してる人ほんと尊敬する)。もちろんここで少数民族とか国際関係史とかに興味を持ってしまうと語学沼に引きずり込まれるわけだが。イギリス史なら英語だけでいいだろうと思っていたらうっかりウェールズに興味を持ってしまウェールズ語を勉強することになりました、とか、ドイツ語だけで通そうと思っていたら枢軸国外交に興味を持ってしまったせいでイタリア語も読んでます、みたいな。とはいえこれらは院に進学してからの話(あるいは院への進学を希望する学部生の話)だ。院に進学しない学生卒論レベルなら日本語英語or中国語でじゅうぶん、という運用大学ほとんどだと思う。

ヨーロッパ植民地についてしか述べていないのは、日本植民地場合宗主国言語習得する困難はほぼ存在しないからであって、日本植民地支配をしていなかったと言いたいわけではないので念の為。もちろんこれは日本語母語話者である学生の話で、韓国台湾学生あるいはそれらの国から留学生植民地時代自国史を勉強しようと思ったら日本語を読まなければいけないわけであり、なんというか申し訳ない)

でもまあ、卒論書くのは大事ですよ。たとえそれがレポートに毛の生えたレベルのものであっても、院に行かない学生にとっては専門家指導されしっかりと文献を読み込んだ上でこんな長文を書かされる機会はこの先の人生でなかなかないし、それを経験するというのが大学に行く意味だと思う。院に行く学生にとってはもっと長い修論博論書くんだから当然このくらい書けなきゃ話にならんわけで。

院に進んだら何やるの

留学します。

これも分野によるのだけれど、たいていどっかに留学する。中国史なら中国台湾フランス史ならフランス、みたいに。留学先で大学ゼミに参加したり史料を集めたり現地の専門家指導を受けたり、あるいは分野によっては語学勉強をしたりする。もちろん複数国に留学してもいいし、研究対象国以外に留学することもありえる。アフリカ史を研究するためにポルトガル留学した人がいたり(イエズス会士が書いたものを読みたかったらしい)。で、帰国してから博論を書く(たまに留学先でそのままPh.D獲っちゃう人もいる)。

上述のような事情があるので、歴史学を専攻している人はたいてい4年以上博士課程に在籍する。ちゃんとした大学で3年で博士号獲るのは一部のバケモノだけです。たまにいるんだよそういうバケモノが。日本史なら楽勝かというとそういうわけではなく普通に4年以上かかってることが多い。留学期間とかもあるので、博士課程の先輩に学年を聞いても即答できないことが多いから気をつけよう。29歳でドクター? 夢物語かな? まあ本当に文系大学院なんて資産の子供か養ってくれる配偶者持ちか自殺志願者以外は来ない方がいいです。男性歴史学者が書いた研究書のあとがき奥さんへの謝辞が書いてある場合、もちろん本当に純粋感謝の念であることも多かろうがけっこうな確率で一時期ヒモ生活を送っていたことへの感謝だったりする。奥さん実家でチクチクとイヤミを言われた経験を聞かせてくれた教授もいらっしゃる。これ有名大学の教授様になれたから笑って話せるだけで、なれなかったら悲惨だよな……。まあでも、研究者の不遇っぷりは文理問わないか

2018-11-30

anond:20181130141910

結局インテリぶってもやることは単なる権力闘争なんだから略奪っちゃ略奪でしょ

2018-11-28

はてなーって2025年万博主催者政府ってことを本気でわかってないの?

大阪勝手招致活動して決まっちゃったか政府に助けてーって言ってると本気で思ってるの?

ちょっと無知とかそういう次元じゃないと思うんだけど

5chですらまともなツッコミがそこそこの割合であるよ?

インテリ巣窟のはずのはてなどうなってんの?

日本にはまとめサイト必要

インテリはてなー釣りタイトルに釣られるわけじゃん?

まとめサイトに「大阪万博にむけた会合を開催!大手新聞社の反応はこちら」とやってもらわないといけないんじゃね

2018-11-26

anond:20181126084007

インテリしぐさって言葉いいね

意識高い系に似てる感じもあるけどカバーできてない部分がちゃんカバーできてる感じがする

ググったらまだそれほど使われてないっぽいけど今後はすごく使われる気もする

2018-11-25

北海道米読解

僕が子供の頃の北海道米は本当に酷かった。でも僕は子供だったので分からなかった。ただただ喉を通らない不味いガム、よくて最悪のモチを食べている感じだった。しかし米とはそういうものだと思っていた。ところがある日の弁当で衝撃を受けた。身も蕩けるほど美味い。帰って母にどういうことか聞いた。

導入。

何かの景品で「あきたこまち」が当たったのだと。それを使ったと。僕はこの時、初めて自分がこれまで食べていたのが「キタヒカリ」という北海道米で、世界には「あきたこまち」や「コシヒカリ」というもの存在していることを知った。僕は今後、「あきたこまち」を使ってくれと頼んだ。

すると母は「お父さんの給料でそんなものは食べられない」と取り合わない。しかし一度、上位規範を知ってしまった僕は、もうキタヒカリに耐えられなかった。思えば、父はいつも白米に味噌汁ぶっかけていた。そういうことだったのか。汁物をかけないと食えないものだったのかと。それから戦争だった。

から聞き分けがなく母親意見が合わなかったことを強調。「納得のいかないことにとことん立ち向かう俺」的なアピールちょっとあり。そして父親はどっちかと言うと息子寄り。

僕はそれ以来執念深く、母にまともなコメを食わせろと言い、これ見よがしにコメ味噌汁といい時には番茶さえぶっかけて、「こんなもの流し込まなければ食えたもんじゃない」とやり続けたところ、ある日、母がキレて泣き出した。父は沈黙した。それ以来、僕は憑き物が落ちたように大人しくなった。

いくら正論でもそれで殴るのは暴力なんだよね」と反省した。ように見せかけて。

ある日、「きらら397」がすべての光景一新させた。品種改良北海道米に革命が起こった。これ以降の北海道米はあきたこまちコシヒカリよりも美味いと思う。大学生の頃母と電話で話した時、彼女は「農学部の人には頭があがらない、あなたのような口舌の徒は文句言うだけで何もしない」と言った。

息子が意気揚々と戦いを仕掛ける→母親が泣いて息子は意気消沈→米が美味しくなって母親カウンター。という立場の変遷。

しかし僕はすでに違う考え方を持っていた。コメのようなものを寒冷な北海道で作ることがそもそも合理的だったのだろうかと。こんなに美味い北海道米を作るにはどれだけの資源が投入されたのだろうか、本当はもっと別なことに資源を投入すべきだったのではないかと。コメ信仰は疑うべきではないかと。

あー、息子さん、反省してないですね。

信仰政策世論の中身を疑うことなく、よりそれに適合的な技術を追求する知性は危険なのではないか、それなら「ああい属性人種は滅ぼすべきだ」となったら「はい分かりました」と効率的殺戮する技術を生み出す知性が奨励されるようになるのではないかと。「僕は北海道米の美味さが怖い」と。

時が経ち、かつて争いの原因となった北海道米の不味さが解決されても、やっぱり息子と母の意見は合わないし、息子は理屈っぽくてウザい。

母は「もうあなたには何も言わない」と。父は「それは重要な指摘だ、考えてみれば持参金が少ないという理由で嫁さんを焼き殺すインド人原子力潜水艦を動かしている。技術と知性は違うのかもしれない。すなわち価値判断だ!」とか調子を合わせた。母は「この家は昔からそうだ!」と吐き捨てた。

理屈っぽい変人の父・息子」と「普通母親」という対立構造は変わらない。迷惑かけるけど仕方ないよね。という感じのインテリの自慢&自虐ネタ

そして北海道米は美味い。

冗談めかして終わり。

2018-11-23

まさか嫌韓厨のこの世の春が来るとは

嫌韓厨には、とりあえず「おめでとう」と言いたい。

「爺さんみたいなカビの生えた差別意識を持った連中だな」というのが2chやヤフコメ嫌韓厨なる存在を知った時の俺の感想だったのね。

それから10年以上、嫌韓ネットの一大ブームで、ネットを飛び出した在特会なんてのも出てきて国や自治体対応するまでになったんだけど、ここ数年ようやく嫌韓なりネトウヨ思想なりの流行も治まってきた様子だった。

日本ネット思春期に罹ったハシカみたいなものだな、これからはいつまでも嫌韓を続けているオッサン若い世代からバカにされるフェーズだな、くらいに思ってた。

そこに衝撃的なNHK世論調査韓国徴用判決「納得できる」2%・「納得できない」69%ですよ。

自身「納得できない」69%の方に入るけど、それでもいやしくも他国最高裁が下した判決日本人の大多数がリアルで拒絶するとは。

ネット普及前の20年前に同じ判決が出ていたら、30%くらいは「納得できる」と答えていたのではないかと思う。

いえね、一昔前の日本世論では、朴正煕独裁政権が結んだ条約蔑ろにされた韓国人民への日本さらなる謝罪と賠償必要性否定するなんて、少なくとも大学まで行った人間のすることじゃない、無教養な・田舎者の・年寄りの・要するにバカ邪悪差別主義者の意見だったんだよ(これもまた学歴地方・年齢差別ではある)。

「一昔前の日本世論」というが主語が大き過ぎるなら、自らを教養があって良識的な市民であると信じる、当時の言論支配していたインテリたちとその追従者たちの意見と言い替えても良いけど。

そういうかつてこの国にあった韓国への原罪意識のようなものはもう完全に消え去ったのだろうね。BTS原爆Tシャツや「和解・癒やし財団」の一方的解散凶悪コンボが繋がったもの痛い。

さすがに今でも「ザイニチチョーセンジン日本から出てけー」と叫ぶ嫌韓厨に多くの良心日本人はドン引きすると信じてるけど、それでも「韓国って約束を守らない国だね。過去の終わった話をいつまでも蒸し返すよね。あまり付き合いたくない国だね」くらいの意見安全世間話として楽しめる程度に「厭」韓は日本人の国民意識になったと言っても過言ではない……気がする。

ここまで日本人の対韓感情悪化した原因の第一韓国側にある(彼らが自身正義と利害によって「反日言動を止められないのも理解している)けど、いくらかはネット韓国批判を拡散し続けた嫌韓厨の貢献もあるのではないかと思う。

俺は嫌韓厨とは議論しても無駄だと思っていたから敵と呼べるほど戦った相手じゃないし、特に憎んでもいないので、彼らが望んだ時代になったことに素直に「頑張りが報われて良かったね」と祝福したい。

2018-11-22

ジャルジャル面白いって勧めたら友達自殺するって言ってきた話

M-1大阪予選のジャルジャル漫才を見た。

他人を傷つけずに完成されたテンポで笑いをとる最高の漫才だ。

まりの完成度の高さ、高度な笑いの技術の素晴らしさを共有したくなり

小学校以来25年以上付き合ってる友達に「これ最高に面白いから!」と

ジャルジャル国分ゲームyoutube動画を送ったら

「これが面白いとされる世の中がつらすぎる、こいつらがM-1優勝したら自殺するわ」

と返ってきた。

正直意味がわからない。

プリミティブでありかつ高度な笑いで老若男女インテリからバカまで笑えるジャルジャル漫才理解できないならまだしも

理解できていない自分をたなにあげて笑ってる人を馬鹿にしてるのが理解できない。

こういう人にはなんて言えばいいんだろうか

2018-11-18

百田尚樹日本史の本が売れていて、リベラルが代案を提示してるけどさ

岩波新書なんて高校レベル日本史知識がないと読めないんだよ。

教科書を読んですぐに理解できる人なんてのは稀だ。

教科書教師の授業も込みで理解できるようになっている。

から学者には山川出版社からナビゲーター日本史』という

講義形式参考書が発売されている。(予備校講師による『実況中継』もある。)

ネット右翼にさせないためには中学高校レベル知識必要

少しレベルが落ちるが大手出版社から漫画の日本史が出版されている。

インテリの皆さんは網野善彦柳田國男なんかでマウンティングするのを

やめて、どの出版社漫画日本史の質がよいのか読み比べて検証するべき。

2018-11-15

増田論破って簡単すぎて笑える

自分インテリ知識人だと思ってる奴ほど穴だらけでちょっと突っ込むと逃げゼリフや沈黙

ディベートができないゴミって不憫だわー

2018-11-13

anond:20181113101245

反論できない論点からは逃走して罵詈雑言まき散らすだけの奴を相手してられるか

そもそもここで「議論」とか「逃走」とかwwww増田しか場所ないってこいつ本当に可哀想

リアルゴミのお前がここでインテリぶって論点が!逃走だ!」って言っても、お前の地位は変わらんぞ。

しっかり働いて、迷惑かけた親に親孝行して死んでくれや

2018-11-10

anond:20181109222920

高度経済成長期にゴジラとかウルトラマンとかウケてた理由ひとつは、当時は重厚長大産業が全盛期でビルばんばん建ったりしていた時期だから、「巨大」であること自体オーラだった側面がひとつ

あと、核実験公害やらで怪獣が発生するとか、(現在から見れば稚拙でも)高度経済成長期の時点で意識されてたような科学文明マイナス面の不安を織り込んでたところが、初期のインテリ層のSFオタクを惹きつけた面も

そういう意味で昔の特撮は「高度経済成長期はこういう価値観だった」てのを意識しつつ、一種の”時代劇”として観ることをお勧めする

2018-11-03

anond:20181103093945

そりゃ観測範囲が狭い。

インテリオタクはいわゆるチンポ騎士団的な立場とは一線を画してるよ。

フェミの発展史にもオタク文化史にも詳しいか是々非々になりがちなだけ。

anond:20181103091633

1. いわゆる普通教育ウヨクからすると戦後教育とか自虐史観とか言われるやつ)を受け入れている一般人に近い層

2. 海外ポリコレフェミニズムなどの運動にハマっている出羽守

3. ハッカー文化を通してアメリカ西海岸的な思想に馴染みがあるプログラマー

4. もともとリベラル的な考えで表現規制にも反対するインテリオタク

こうだろ。

はてなに多いのは3と4。

プログラマオタク」を兼ねてる人も多い。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん