「有益」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 有益とは

2017-06-24

アフィリエイトによってインターネットは嫌な空間になった

最近とても思うんだけど、アフィリエイトによってインターネットは本当に嫌な空間になったな、と思う。

例えば、何かのモノやサービスに関する情報を得ようとした時に出てくるのはアフィリエイトサイトばかりだ。

広告収入第一で、大して情報がまとまっていなかったり、それどころか情報が間違っていたりする(考察がすごく浅く、見誤っている)サイトもあったりで、参考にならないサイトが多い。

比較とかランキングも、本当に筆者が比較検討してつけたものではなく、アフィリエイトに参画しているものを1位にして広告クリック誘導しているだけだ。

 

アフィリエイトインターネットの姿を変えてしまった。

ゲーム攻略wikiも、昔は2chとか特定コミュニティを補強するものとして、純粋ゲーム情報を共有するものが多かったが、今やアフィリエイト目的で乱立している。

運営からすると、自分コンテンツを作らずとも金が入ってくるなんて金のなる木なのだろう。しかし、結局そのようなサイトに書き込むお人好しなんているわけもなく、情報がスッカスカのwikiばかりで役に立たない。

YouTubeニコニコ動画といった動画投稿サイトも、昔は純粋動画製作を楽しむ人たちが投稿していたが、今やYouTuberやらなんやらで、金目的動画投稿している奴らばかりだ。そしてそいつらの動画も、情報としては浅く、スッカスカで役に立たないし、エンタメとしても画一的でつまらない。

再生回数目的で、転載動画をまとめたり、話題で釣って中身はスッカスカの動画も目立つようになった。もはやYouTubeは金の亡者ばかりが渦巻く嫌なコミュニティになった。

ブログも昔は個人趣味でやるものだったが、プロブロガーなんだのが跋扈するようになり、広告収入目的ゴミみたいな情報記事や、炎上マーケティング目的不快記事を目にすることが多くなった。

(まあ、個人趣味ブログ自体ゴミみたいな記事ばっかりなんだけど。)

問題となっている転載しただけのコピペサイトや、「まとめ」なんてのも、アフィリエイト産物だ。不快SNSアカウントも、そうだ。

一昔前は、インターネット情報を発信する人というのは、見返りを求めるようなものではなく趣味として、汚れのない「純粋情報」が発信されていて、だからこそその中に有益情報もたくさんあった。そして牧歌的コミュニティ形成されていた。

だが今や右を見ても左を見てもアフィ、アフィ、アフィばかり。浅くて、スッカスカで、時には憎悪をも呼び起こすコンテツばかりになった。

本当にインターネットは嫌な空間になった。

2017-06-23

コーディングコードレビューペアプロするより、優秀なプログラマーコード読んだほうが早くね?

下手な議論しても改善って割りとしないぞ

例えば新卒1年目と2年目がコードについて語り合ったところで、表層の話しかできないのは想像できるだろう

それよか世界大勢いるガチな人たちのコードを読んで、どうしてそうなってるのか考えたほうが有益

ガチな方々のコードはだいたい難しくて理解できないが、たまに発見がある

その発見を積み重ねていくだけでだいぶ違う

 

じゃあ何を読めばいいかって言ったら、公開されてるライブラリの中身を読むんだよ

誰もが知ってる有名なやつ

2017-06-18

人類による様々な生物種を地球全土に頒布させるという行為唾棄されるべきことだろうか

既存生態系破壊という観点のみで見て良い事柄だろうか?

生物種にとって広範囲に種の生存域が広がることは利益である

そしてその結果既存生態系破壊されたとしてもそれはその種がその環境変化に耐えられなかっただけにすぎない

地球に起きてる状態人類グローバルな移動を可能としたことによって生じた種の均一化と有益遺伝子抽出のようなものとも捉えられる

既存生態系破壊されることは悲しいことかもしれないがそれにより優位な種が繁栄世界規模のグローバルな生態系が構築されているとも言えるのではないだろうか

それはつまりより強い種が地球に残ることを意味するし地球全土で多くの種が競争することにも繋がる

これは一概に悪いことと言えるのだろうか?

2017-06-17

https://anond.hatelabo.jp/20170617152819

官僚サポートの有無で差がついているというのは要素の一つとしてありそうですね。

ただ、同じ野党でも他の野党維新とか)の方がはるかにマシなのはどういう事でしょう?

例えばテロ等準備罪について、自民は(裏の目的もあると仮定したとしても)テロを防ぐ法案を提出した訳です。

それに対して維新有益改善点を提示しました。

では民進党どうでしょう…?

やっぱり民進はバカですね。

2017-06-15

https://anond.hatelabo.jp/20170614201508

フィクション作品現実に及ぼす影響は当然あるのに、抑制は本当に必要ないのか?ということ。

影響はある。そして有害表現抑制されるべきだ。それは同意する。

だが,多くの人の直感に反することだが,ポルノ作品は(それが一部の人間にどれだけ不快ものであっても)有害ではないのだ。むしろ性犯罪を抑止するという観点有益ものなのだ

ポルノ表現規制すれば,また厳密な性道徳強制すれば,性犯罪はむしろ増加する。これは国内外,多くの根拠実例がある厳然とした事実だ。異常性欲ポルノによって発生するのではない。ポルノ存在していなくても,もともと人間の中に普遍的存在しているものなのだ。そして,ポルノ代替品としてその多くを昇華することが可能だ。

性犯罪を憎むものにとって,ポルノは敵ではない。それは,どうか理解してほしい。

https://anond.hatelabo.jp/20170614201508

国際的には「人権を守るために表現規制することはできる」が基本。

 

表現に対して社会がノーをつきつけることはできる。

 

でもそれは警察権力政治権力恣意的にやっていいことではなく、オープン議論の末に社会合意を得ることでやらなければいけない。つまり議会で決めること。

大阪ヘイト禁止条例のようにな。今はIS自由表現できる場所ネットでどんどん減っている。

 

から表現を守る前提として、

クジラックス漫画に対して規制を主張しつつ、

警察の「任意要請」に対して批判する

は混在できる。

 

クジラックス漫画批判たからといって「表現の自由」を守ろうとしていない似非リベラルにはならないし、

上野千鶴子の講演を中止にした市長批判したのに、百田尚樹の講演を中止にした一橋大学を褒めたからってダブスタにはならない。

 

どのような表現規制自主規制されるべきか

別にクジラックス漫画以上に少女を陵辱する漫画存在する。なぜ容疑者クジラックスに影響受けたと語ったのか。クジラックス漫画のどんな表現に影響を受けたのか、を考察したほうが有益

 

画像コピペ海賊版が氾濫され、モラル麻痺

クジラックスの「がいがぁかうんたぁ」はネット海賊版が氾濫している。同人誌アップサイトに無断掲載されてるだけでなく、匿名掲示板twitterなどのSNSでも切り取られたページがコピペされ拡散されている。そこにつけられたコメントの中には、笑いを意味する「www」をつけたり、「この方法があったか」などと犯行を煽るものが多数含まれている。

 

今回の容疑者も、クジラックス同人誌を購入しているとは思えない。海賊版コピペ画像で知ったと推測する。そうした画像が貼られるネットコミュニティに入り浸っているうちに感覚麻痺してモラル崩壊してしまった一面があるのでは、と思う。だから漫画に対して「現実では犯罪になります」と注意書きを加えたところで、切り貼りされた画像流通するネットコミュニティのインモラル環境を何とかしないと、あまり意味がないだろう、と思う。

 

手口を描くと批判を受ける

レイプを描く漫画クジラックスだけではない。なぜクジラックスが名指しされるのか。他の同等の漫画との違いは何か。内容にファンタジーが含まない(ラブラブにならない)という点があるが、やはり手口の描き方の上手さが特徴なのだろう。単に絵が上手いというだけではない。ネームコマ割りが上手いから印象に残る。解説が上手い。

 

テレビでも事件報道硫化水素の作り方や爆弾の作り方など手口を詳しく解説した番組ネット批判されてきた。犯罪を扱った一部のコンテンツへの違和感は、それらと同等のこととも言える。実際にかつては山ほどあった、爆弾製造方法硫化水素自殺の仕方などのようなインターネットサイトは、警察要請市民通報で次々と消されている。

 

 

以上2点について、結局はネット上での拡散のしやすさが問題とも言える。いくら自主的年齢制限限定配布で閉じた流通を目指しても、それを拡散させるネットユーザーがいる問題だ。これでは現状の表現の自由は守れない。

2017-06-11

http://anond.hatelabo.jp/20170610205032

中学時代適当に授業を聞いて提出物を出すだけで私はトップの成績でしたし

毎日のように登校してちゃっかり提出物出してる時点で全然適当に授業受けてたわけじゃないのよねえ

精神的にも辛い状況下で不登校保健室登校の時期もあって、気がついたら提出物なんかろくに出したこともないまま卒業したわ俺。

そのせいでいくら実力テストの点数上げたところでせいぜい偏差値60ちょい下の県立高校がいいとこだったんだよね

貧困とか関係なしに健全関係保った家庭にいて、地域コミュニティにも馴染めていてなんだかんだ学校にも居場所があるのは恵まれてることとしか思えないんだよなあ…

金の心配せずに高等教育受ける生活なんて全く想像も出来ない様な人だっていくらでもいるし、「とにかく高専専門学校で頑張ってそれで就職しなきゃ」って、それ以外の将来考えたらバチが当たるんじゃないかってそんな風に考えてる、余裕のない奴もいるんじゃん?

それを考えれば元増田だってまれ環境にいたわけだ。視野大学に進学するという選択肢が入ってくる環境、器用に大学生活を謳歌しながら院まで行ける環境。抜け目なくインターンから始めてしっかり内定とれる環境ね。

増田もとても運が良かったって言ってるけど、その通りで人間関係やら金のトラブルの有無やら色んなことが複雑に絡まりあって結果として成功に至ってるんじゃん。

増田の安定した現在も昔の出来が良かったエピソードも厳密にいえば自分だけの力によるもんじゃなくて、それは増田自身もわかってるかもしれないけど、やっぱりこうやっていいたくて。

なんつうか元増田ってぶっちゃけ結局「奨学金借りてましたー」ってだけでわりかし普通な学生生活送ってた人にしか見えないわ。

進学して要領良く「いいとこ」に就職できてる結果がある以上、勉強してきた環境に恵まれてたという他ないんだよ。結果論なんだよ。

別に元増田価値観ケチつける気はないんだけど、こういう自分を劣悪な環境出自だとかハンディ持ちだとか紹介して展開するポジショントークって、はっきりこれが駄目だって言いきれないけどなんだか不愉快だわ。

なんつうか高専までの同級生とか自分家族とか地元友達とかもう無意識に見下してる感じがするし、大学以後の言い方もなんか「こんな優秀でブルジョアな人々が集まるハイカルチャー場所の一員になれて幸せっす」みたいな。他人有益無益に振り分けてるっつうか、勝ち馬に乗りたいという気持ちというかなんかうまく言えないんだけどさ。

まー「自分のやりたいことがわからない」のもなんとなく納得出来ちゃう権威主義というのかそういう卑しさが垣間見えるのかな?

やりたいこと見つけるとか夢の実現とか、そういうことは追いつけ追い越せと競い合ったりするもんじゃないと思う。そんな他人からかっこいいと言われたいが為だけに頑張る様な真似をせず、マイペースにやっていくなら「自分が何をやりたいのか」なんてはっきりわからなくてもいいと俺は思う。

平たくいったら「恵まれてないとか卑下すんな嫌味ったらしい。半ば学生のあっさい仕事観や学問観なんざだらだら書き込んでんじゃねえ。うざったいんじゃ黙って働けや。」ってことです。こんな愚痴聞き流してくださバイバイ

きっと増田は可愛くて気立てのいい人と結婚できるよ。(男だよね?)

2017-06-04

http://anond.hatelabo.jp/20170604204704

非生産的趣味は何か持ってないか

有益な何かが得られるとかそんなんじゃなくて感情か肉体のどっちかを振り切れさせるだけの趣味は。

ヒトカラでもへとへとになるまで歌うのでもいいし

自分にとっては泣ける物語映画、本、媒体自体はなんでもいい)を人目をはばからず大泣きしてもいい

ぶっちゃけ自分で後始末できるなら何かモノに当たり散らして壊してもいいんだ、本当に褒められないのはそれを公言すること自体しかない

2017-06-02

一周回って

同僚と嫁は検索するのが下手!みたいなこと書こうとしたけど、既に痒い所に手が届く素晴らしい記事が上がっていた。

あー。

最近自分パソコン見立てて、例えば「パスタ 作り方」と脳内に打ち込んで図書館に行く。

そこで検索を行って、本という本を見て、その中から自分にとって有益情報が載っている本を借りて、自宅に帰りパスタを作る。

Google先生に頼らず自分の足と頭でたまには情報検索しなくては、いつのまにやらNaverを頼るような本当の情弱になってしまう。

休みの日はそんなパソコンごっこをするのが楽しい

藤沢数希の経歴、正体、学歴本名、顔

参考 藤沢数希のまとめ http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisaw/

藤沢数希アムロのバックオフィス(五流の金融商品開発者トレーダーでも営業フロントですらなく)だったことがほぼ確定。

収入現実でもネット上でもメルマガぐらいで与沢翼と同じ詐欺の模様。

藤沢数希がやっていることは新手のネットワークビジネス

与沢翼信者ビジネスアムウェイのような洗脳ビジネスの合成。

稼ぎ方を売ると高額商品連鎖取引にも抵触するため、ぼかして有益情報とし引き込んだコミュニティで、マルチまがいの集団洗脳を行う。

一回の金額の低さを脱出させない継続性で補う。

----------------

2005年から金融日記を始めている。

ブログ2008年09月会社が逝ったと書いているが、ABNアムロ銀行も同年同時期に経営破綻しそうになりオランダ国有化されているので藤沢数希の勤め先はアムロ銀行と言うのは確定。

あれだけ偉そうな藤沢営業は頭が必要だと言っている事、金融商品プレゼン入社試験だった事からみて、藤沢は初めは営業マンだった可能性はある。

恋愛工学営業論にもルーツがあったとのうわさあり。

おそらく最初入社したのは日本企業、だとすればやはり国際証券か。

著作では専攻は計算科学理論物理と書いてありこれは意味不明だが、察するにコンピューターシミュレーションの事ではないか

理論分野ではなくせいぜい統計処理プログラムの実行ができると言った程度にみえるし、そもそも物理学素養から一切ないのでありえない。生物学が少し好きなよう。

しかハードサイエンスについて少しでも意味のある発言をした事はない。

せいぜい統計屋のトレーダーであってプログラム自力で組めないのではないか

藤沢自称ではクオンツかつプロップトレーダーポートフォリオデリバディブの研究運用をしていたと言うが、「クオンツ数学を使うのは日本で少なく文系でもなれる。

金融商品開発ではプログラムが使えればよく文系もいる。トレード運用でも同じ。」と言っている。

当人理系でも数学スキルが低く半端仕事しかした事がないのでは藤沢ブログアゴラ記事をみるに多少数学的な話題を書いている場合もせいぜい経済学の初歩的な事や統計学の処理のみで、経済関連では本当に初歩的な段階に留まるばかりか間違いも散見される。

クオンツと言っても字義的な量的に考える仕事を指しているのであって、数学物理学のような研究職ではないと思われる。

著作の内容もブログアゴラ記事と同様同じ程度で、インターネット新書に載っている事を引っ張ってきた以上の事は書いていない。

社会考察はほぼクリティカル経済話題ではななく一般的な時事に反応するだけで、内容も格差を認め規制をなくし競争させればよい程度のいわゆる新自由主義以上の事は言っていない。

金融関係記事部外者業界企業について調べたような視点見方情報のみ。

またクオンツ以外の広義の経済分析も、記事ワイドショーに使われるような一つ二つのグラフを示しまるでみちびかれそうにない拙い思い付きを並べているだけで、アカデミズムとも関係なく、意味価値もないような代物を堂々と書けるのは程度が知れる。

クオンツトレーダー自称するにもかかわらず、実際に具体的な洗練された経済分析予測はしてみせたことがない。

本業だとしてもどうしても考え方や言っても問題ない事は自然と口にしてしまうはずだが(あるいはサービスするはずだが)、少しも実務の話や従事を感じるような発言をした事はない。

時折抽象的な事は言うが、どれもこれも大外れでその度に言い訳をしている。とてもではないが経済分析仕事にできるような能力があるとも、経験があるとも、仕事をして情報に触れてきたようにはみえない。

以上から推測するに、もしかすると本当は元々

『『藤沢数希国内証券会社営業マンだった』』可能性はある。

そのため金融を少し勉強し、もしかするとわずかにトレード技術業務にも携わった事があるだけなのではないか

あるいは多少の経験外資系アムロ転職し、またバックオフィス一般職からみたような知識を得て、ブログを書こうとしたのではないか

理論物理学研究者だの外資系金融機関だのクオンツだの高給トレーダーだのと言うのは藤沢の詐偽。

それが目を惑わしているだけで、事実直視すれば無知無能なはったりだけの卑小な男がいるだけではないか

ドル(管理クオンツ)ではなくフロントでもリサーチ(アナリスト)やマーケット(トレーダー)ではなくセールス(営業)だったかもっと言えば一番可能性が高いのはバックオフィスだった。

金融日記が始まった当初はまだ外資系金融マン発言する事自体が珍しく、そこに目をつけ僭称し思った以上に嘘が評判になったが、ネタが元からそれ以上なかったために冗談半分だったが受けた営業ならぬ恋愛工学シフトしていったのではないか???

----------------

藤沢数希さんがガチ市場関係者に絡まれ

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Nb_6yaCy6QQJ:kabumatome.doorblog.jp/archives/65750196.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

藤沢数希には金融経済の基礎知識もなく、経済学自然科学理解もなく、トレーダーアナリスト経験もない事もはっきりした。

プロが呟きを見て断言した証言。数物系・理工系能力は見ての通り。

ゴールドマンサックスリーマンブラザーズではないABNアムロの、アカデミズム関係がない研究職なりクオンツでもなく金融マンでもないバックオフィス確定。

----------------

藤沢数希経営なんてしてない。

経営する会社税務署から申告が来たけど忘れた→税理士は?と自爆

会社経営も嘘確定。

2017-05-26

そもそも多くの人間アドバイスなんて求めてない

http://anond.hatelabo.jp/20170525225105

会話術とかにもあるけど、「こうしたらどう?」的なアドバイスばっかしてくる奴はうざがられるだろ。

その時その瞬間に心の底からアドバイス求めてる人は少数で、そういう人に直接ベストタイミングで言うならいいが、それができないならそもそもするなって話。

広告がうざがられる理由はまさにここで、たとえそれが善意からのものであろうと、不特定多数に発信してその中で食いつく奴を探してるからこそ疎まれる。

魚の視点から見たときに、べつに食いたくもないのに何度も何度もルアーをぶち込んでくる奴がいたら、そらうざいから逃げていくわけだ。

でも広告ってのはそこらじゅうにあるわけで、魚じゃない人間はキレて文句を言い始める。

善意であろうと悪意であろうと、他人様に気安く自称有益アドバイスとやらご提供してんじゃねーよってことだ。

おまえら電車の中で誰彼かまわず、「いい話ありますよ」みたいに話しかけてみろ、確実にうざがられるから

個人がやってうざいことは企業がやってもうざいんだよ。

その情報が正しいかどうかはまったく関係ない。

[] 日本には大統領制度が必要です。

[Politics] Japan needs a president system.

 

1941年日本アメリカ攻撃を仕掛けた。

1945年アメリカ日本原子爆弾を投下した。

日本第二次世界大戦で負けた。

GHQ日本征服した。

アメリカ軍は依然として日本駐留している。

実質的に、今日本はアメリカ植民地です。

1972年沖縄県帰国しました。

沖縄県米国の州になるほうが良かったでしょう。

沖縄米国の州になった場合沖縄の人々はアメリカ人と同じ権利を得ました。

から沖縄県は失敗した。

日本も失敗した。

日本米国の州になれば、日本人アメリカ人と同じ権利を得ることができる。

アメリカ兵士日本女性強姦したとしても、日本人は彼らを逮捕することができます

米国のように日本大統領制を作りましょう。

日本人にとって有益です。

 

In 1941, Japan attacked to the USA.

In 1945, USA dropped atomic bombers to Japan.

Japan lost the World War II.

GHQ conquered Japan.

The USA army is still stationed in Japan.

Now, Japan is the colony of USA practically.

In 1972, Okinawa Prefecture returned to Japan.

It would have been better for Okinawa Prefecture to become the state of the United States.

If Okinawa became the state of the United States, people in Okinawa got the same rights as Americans.

So, Okinawa Prefecture failed.

Japan also failed.

If Japan becomes the state of the United States, the Japanese can get the same rights as Americans.

Even if the American soldiers rape Japanese women, the Japanese can arrest them.

Let's make the president system in Japan like the United States.

It will benefit for the Japanese.

2017-05-24

男に育児させたきゃイクメンなんて言葉やめれ

そもそも母子健康法とか母子手帳。なんかおかしい。親子手帳じゃないの。父にも手帳くれよ。

男と女では育児に対する情報量格差が大きい。ここ重要育児に関する情報は母目線ばっか。差別だっつーの。

そんななか「父は育児の指示待ちするな」というのはおかしい。それまで妊娠判明から1年近く自分一人でやってきたことを

急に指示なく他人がそれを担うというのは不可能でしょ。サイコかよ。

本題。イクメンという文脈は非効率。男は基本的モテたいために努力する動物。だからと言ってイケメンと同じ文脈育児をのせたところで

モテる必要がない、場合によってはモテはいけないときに、イケメン文脈の型にはまろうと考える男は少ない。

男性育児に参加するモチベーション喚起方向性としては義務・責務文脈有益育児ミッションである

男はゴール設定してtodoスケジュールに落とせばこなしていくようにできている。太古より遺伝子に刻まれている。

狩り、稲作、戦争仕事ゲーム。たいていミッションそんなもん。モテる文脈ではなくミッション文脈

まずゴールは「高校入学」「自分人生のかじ取り、お金の使い方などが自己判断できるようになっている」

「生まれてきたことに感謝し喜んで生きている」という状態にすることあたり。漠としているが重要

んで妊娠中の早期から父としてというより親としてやるべきことをtodo化する。

父だと最初に父母というキャラクター前提の分担論になってしまう。親として等しく負担すべき義務責務を認識したうえで

授乳などの一部例外を除き、育休・業務状況などそれぞれ投入可能時間を鑑みて、役割分担を決めてtodoに落とす。

それからイベントごとの達成感で進んでいく。3歳まで、小学校入学まで、小学校中学校

徐々に教育から自立、自己責任に力をいれた育児ミッションになっていくだろう。

このミッション投資リターンは直接的なフィードバック、たとえば結婚式の「おとうさんおかあさんありがとう」でもいいし

結局は「子ども社会貢献すること」なのだろう。職業貴賤なく。ついでに納税まで。

それまでセットで教育義務、すなわち育児ミッション。さー達成してやろうぜ。

そうではなく「女性は大変だからしろ」ってあほかと。まず情報格差を埋めろつうの。

女は総じてそこに自分で気づかずできなきゃ、国がやれ。母子手帳配布時に父子手帳も配れ。

2017-05-22

はてなとか2chとかTwitterでたまにいる読ませる文章持った人や有益情報を書いていく人って

からないブロガーやってるけど、タイトルのような人が書いたコンテンツ拡散されていくのを見るとやきもきする。

ちゃんとしたウェブサイトを作ってその情報を扱ったら、最低でもお小遣いぐらいには絶対なりそうな気がするのに、

実際はそのコンテンツまとめサイトが全部かっさらっていって利益を得ていることに、第三者なのに悔しく感じてしまう。

そこまで人を楽しませることや、人のためになることを提供できるほどの才能があるのに、そこからまれ利益が本人に流れない。

感謝お金に変換して直接は届けられないのに、なぜかその周囲でお金が飛んでいるような感じが好きになれない。

情報価値を嗅ぎ取ってまとめるのもたしかに才能だから、それで金銭利益を得るのは百歩譲って良いとしても、

特に2ch増田なんかの匿名で、お金になるようなコンテンツをぽんと出していく人たちって、どういう考え方でいるんだろう。

2017-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20170520203625

1について

四国実験するという選択肢は、排除されるものじゃないだろう。

議論があってもおかしくないし、それなりの理屈も通っている。


ただし今回の場合、最高意思決定者の個人的友人に対して、

獣医学部新設許可という利益を与えることになる。

であれば、「四国特区実験する」ということに対して、

議論意思決定プロセスを従来以上に明確に示さないと

個人的関係者利益を流しただけって話になってしまう。

肝心な、本当に国にとって有益なのか、というところが示されていない。


が、その辺が全くもって不透明

俺たちは雰囲気特区を決めている状態

2について

トラバにも書いてあるけど、獣医学部の新設は国によって絞られている。

もう何年も許可下りていない。

場所が違う云々は関係なく、獣医学部新設という枠を争ってたわけだ。

その中で加計学園が隙間を縫って、新設することになった。

一方、京産大は周辺環境を整備しながら新設を狙ってたわけだが、事実上新設不可の状態になった。

これで利害関係ない、という訳にはいかない。


これって公平なの?という点からも、意思決定プロセスを明確にしないといけないわけだけど、

全く明確ではない。

技術増田のすゝめ

最近IT系ホットエントリーにも増田が並ぶようになってきました

何故これらの記事を書くのか?どう活用すればいいかを書いておきます

なぜ書くか?

悪口を書くと場が荒れるだけでなく個人攻撃誹謗中傷に晒されることになり非常に危険からです。

例えばこのような記事は、Qiitaにも書けないです。記事の削除、最悪アカウントの削除もありえます

身の安全担保しつつ何かをDisる場合2chかここしか無いでしょう

はてぶコメントは書かない、読まない

書くのも読むのもほどほどにしておいた方が良いです。

彼らはマウンティングがしたいだけで基本的に手を動かしている人の方が少ない印象があります

GitHubBlogで有名な人は良いですが、はてぶだけで有名な人のコメントを真に受けても得るものは無いでしょう

書くときは断言口調で

書くときは語気を強めに書いて、少々の煽り言葉も混ぜておくといいでしょう

むかついた人が反応してブックマークコメントしてくれます

また、技術的にちょっと突っ込みどころがあるような書き方をしておくのもよいです。

こうするとマウンティングしたいブックマーカーたちが、鬼の首を取ったように突っ込みコメントをしてくれます

あとは勝手ブクマtwitter等で喧嘩し始めるのを待ちます

技術ネタを探す場合キーワード検索

このようにはてなキーワード登録されてる単語検索して眺めると探しやすいです

炎上させたい場合は無言ブックマークだけして、はてぶユーザー喧嘩するのを待ちます

http://anond.hatelabo.jp/keyword/Ruby

http://anond.hatelabo.jp/keyword/Docker

ほどほどにしておく

最後になりますが、ほどほどにしておいた方が良いです

gitterやGithubのissueに書き込んで反応を見る方がよほど生産的で有益な方々のフィードバックがあるでしょう

ちょっと煽って反応を見るとか、実際みんなどう思ってんの?を確認する程度にとどめましょう

2017-05-19

口コミサイト滅びろ

勝手にうちの営業時間とかメニュー引っ張って掲載すんな。

許可してないしうちのサイトより検索で上位に来たりして邪魔なんだよ。

事実無根なのに口コミ消せないとかおかしいだろ。

ポチッと押せば簡単に消せるだろ。

公平な視点有益情報ユーザーに届けるためとかこっちには関係ないんだよ。

そんな理念いらねーんだよ。

だったら、口コミネットに書けない人も、リアルにうちに来てる客にも全員取材して掲載しろ

ネットに書き込む連中はネガティブのほうが多いんだからよ。

あとアドセンス張ってるけど外せ。

なんでお前の金儲けの手伝いこっちがしなきゃなんねーんだよ。

貼るならこっちにも分配しろ

それでやっと公平だろ。

http://anond.hatelabo.jp/20170519015511

怒ったなら、相手にとって図星だったんでしょう

価値観が違うのは当たり前です

そんな事で怒るのはあなたコントロールしようとしているのかもしれませんよ?

何か都合悪かったんじゃないですか?その人にとって。

対立するのを恐がったらダメですよ

怒られるのは恐いけれど

そこを越えてその次を目指しましょう

きっと「まあそう言うのもわかるけど」て言うハズです。

それからこちらの気持ちが伝わるように少し勉強はした方が良いと思います

本を読んだり、ネットニュース記事を読んだり、有益コメントを読んだり、自分の思いを発信したり

その時自分はどう思ったか、細かく言葉表現できるようになれれば良いですね

2017-05-16

高額納税者は、社会的有用なのか?

LINE株式会の役員である田端氏がそんな話をしていた。

https://twitter.com/tabbata/status/863763010845790211

税金を沢山払っている者は、社会的の存続から見て、有益存在だと。

でもこれは思い上がりもいい所。

仮にもし、高額納税者が全員消えたらどうなるか?

答えは簡単

そのうち新しい高額納税者が現れる。

高額納税者なんていくらでも代わりはいる。

短期的に見れば、高額納税者社会的有用かもしれないが、

中長期的に見れば、その他大勢と大して変わらない。


まり高額納税者は、大して有用じゃないということだ。



田端氏、君はそこまで有用じゃない。

特別存在じゃないんだよ。

その辺を歩いている人たちと、変わらない。

よろしいかな?

2017-05-15

http://anond.hatelabo.jp/20170511141323

社風もあるけど、この辺の話って手持ち作業を待たせてもやるべきことであると思ってもらいにくい。

あるいは意見を出してそれが反映されるモノという実績がない(つぶされる)からという可能性もある。

しろお金残業代)の話をされたのは断るための言い訳と考えた方がいい。

もし初めての試みならそれを証明するために自分でやってみせて結果を出すというのも必要

自己にとって有益(増収入につながるなど)な試みであると思われれば自発的に出てくる可能性は上がる。

http://anond.hatelabo.jp/20170514230629

ブクマ=読まれたという指標ととらえてて、書いたんだけどね

過去にそういった事例(ブクマされた)が自分にあり、これは読まれたいなと思い増田を選んだ

結果がこの元増田投稿なわけ

まれないんだったら別に増田を選ぶ必要もないなと悟れたことは有益だった

2017-05-13

文章とか、お金とか。人とか。

この長さの怪文書を投稿することにためらいはあるけれども。

偶には、言いたい事を思い切り言ってもいいかなと思う。

商品」としての文章

まず自分のことを書くと、稀にしか更新しない覚え書きのようなブログをやっている。あと好きな文章を書く人は結構な頻度でチェックしているくらい。

自分新参だけれど、新しいタイプブロガーの人が使う、押しが強めの手法がじゃっかん苦手である

新規ブログを始めた際、こちらのブログは全く読まずに(本人には割と分かるものです)、宣伝のためにスターを付けてくる人が一定数いる。まあ当然、興味を持たれる文章を書けないこちらに非があるわけですが、「貴方のことは気にならないけど私の書いた文章はぜひ読んでくれ」と受け取ることもできる。

露出を求めて「記事お題」を引用し、全く関係のないことを書く人も多い。例えば「雨の日グッズ」というお題を引用しておいて、いつもの調子日記を書く。露出したいのは分かるけれども、そのばあい読者が読みたいのは傘や長靴の話であって、職場愚痴とか趣味の紹介とかではない。

あと、リクルートの適職診断、またはリクナビNEXTのグッドポイント診断を薦めるエントリ。MIIDASの適正年収診断、dTVの紹介。日常会話みたいな感じでお勧めされるんだけれど、あれは紹介料が入るからやっているのだそうで。道理で数が多いと思った。…あれはステマにはあたらないのだろうか。「PR記事」とかの表記がない分、「選挙前にさりげなく電話をかけてくる友達」みたいな感じがして、個人的には警戒してしまう。

CGMは、そのコンテンツの持つ価値判断が難しい、とは思う。それは人によって違うし、ネットでの人気には「親しみ」も大きな要素である

ただ分かりやす基準として、例えば、寄稿出版の話が来る人にはそれだけの実力と、その人固有のブランドがあるわけで。

なので余計に、「とりあえず100記事書きましょう」「SEOを勉強しましょう」「PVを稼ぎましょう」と、クリックしてもらうことに血道を上げる風潮がどうもよくわからない。読み手客観的価値提供できているのかな?と、不安になることはないんだろうか、と。(言うまでもないことだけど、価値がある/ない、という話ではない。「価値のものさしはどこにあるのか」という話)

ここで、いやらしくも。商業文章出版物の話をする。

はてなの人なら、自分なんかよりよほど熟知されていることと思うけれど。執筆され、編集の手が入り、校正されてデータ印刷所に渡り、取次を経て本屋に巡ってきたり電子書籍になる、それだけの手がかかった、色々な「出版物」は本当に凄いなと思う。

個人がもっている「有益情報」には限界がある。取材して一次情報にあたるプロに、正確性や量で比肩するのは正直、むずかしいのではないだろうか。

比肩しなくてもいいけれど、そこから発生する「収益」は最大限にしたい、というなら、それはインターネットが役に立たなくなるわけだと思う。

媒体が紙でもネットでも同じことで、例えばキッコーマンサイトを見ると、料理の基本から旬の料理から詳しく載っている。歯の健康について知りたいときは、クリニカ辺りのサイトが役に立つ。商品の紹介記事しろエッセイしろ企業がやっている媒体掲載されている文章をみると、何歳ぐらいのどんな経歴の人が書いているんだろうと思う。

コード料理商品になるように、文章もまた商品として存在することは確かだ。ただ、コード個人お金にするにはそれなりの手順が必要だと思うけれど、文章はなぜか、個人ネットに上げるだけでも「儲かる」。

他にも、ネットにアップするだけで儲かるものは色々あるけれど、合法かつ元手がかからず、特に技術習得をしなくてもできる「稼ぎ方」として、「文章を書く」というのは確かに適しているのだろうとは思う。

個人メディア」ができること

ここまでを踏まえて。「商業クオリティ情報量には敵わないが(※ケースバイケース)、読んだ人に満足を与えるような文章を書き、お小遣い程度の利益を得られる、Win-Win取引(読者が読む時間によって「収益」を発生させるなら取引みたいなものではと思う)」を考えてみる。(ものすごく飛躍しているような気がするけど気にせず進めます

商業ではなく、市井個人が書くことに意味がある文章とは何か。

それは、「その人にしか書けない文章を書く」ということではないだろうか。

別に個人情報を晒せということではない。出身地職業家族構成は確かに、その人を知る大事情報だけれど、同じような属性を持った人が世の中にはごまんといる。

他者から客観的に見た自分」と、「自分演出したいキャラクター」には、往々にして懸隔がある場合が多いと思う。シニカルに渋く決めているかと思えば、愚痴悪口を書いてしまったり。写真にお洒落な加工をしていても、背景がどうも決まっていなかったり。「本当の自分らしさ」は、他者からの反応や自省によって得られるもので、見たくもない自分を見せられることも多いし、自分評価されたい項目と他者から評価される項目が違ったりもする。

それでも。「自分の良いところ、推せるところ」を見つけて、「それによって他の人を満足させ、楽しませる」ことが、「個人としてメディアをやること」の強みなのではと思う。

その人にしか言えない言葉、できない話。培ってきた価値観文章テンポ言い回し自分なりの軸による知見や考察。人によってはイラスト作品。例えブログ名や使っているテーマを変えても、文章ならば増田に書いても、「ああ、あの人だ」と分かってもらえるかどうか。

「その人にしか書けないブログ」こそが、個人ブログ存在意義なんじゃないだろうか、と。

商業に出来なくて個人ブログならできること」は多くある。言及合戦ボールの打ち合いもそうだし、商業の連載や肩書を背負ったブログと違って、思ったことを好きなように、題材も自由に書ける。

日記を見ると、今日したこと、最近興味のあること、生活感情の移り変わりを感じることができる。例えば料理写真ブログであっても、書いている人のキャラクターが違えば、受ける印象は全く違う。

「その人らしさ」が感じられるなら、面白くないブログなんてひとつもない。どんな個性でも、ネットに上げれば一人くらい、それを楽しんで、好きになってくれる人がいる。それがCGMの良いところで、インターネットが普及した利点であると思う。

さらに言えば。有名ブロガーの人たちを見ていると、やっぱり「読者を楽しませること」にとても力を入れているなと感じる。

スタイルは人によって様々だけれど、重い段落がつづくとその人のやり方で空きを入れたり、ボケてみる。自分の愛されている分野以外のことはあまり書かない。反応がよかったらまた掘り下げる。とか。(まあ、こうやって分析されるのも嬉しくないのかもしれないけれども。)

当たり前に、お互いがWinWinになっている関係で。それは愛されるよなあ、と感心したりする。

交流勢について

互助会」という言葉について書くにあたり、ブログをやっている人を便宜的にタイプに分けます

A)古参はてダ時代からやっているような人。総じて文章が上手い。更新頻度は低め。交流はあまりしない。

B)新参。好きなことを書いてあわよくば若干の収入を得たい感じ。更新頻度が高い。交流が好き。

C)アフィリエイター。以下のようなタイプがあるように見える。

ガチのアフィの人。それなりの戦略があるタイプ。「かわいい画像!」とか「速報・芸能ニュース」とかそういうやつ。よくダッシュボードの右に載っている。他にも色々やっていると思われる。

・何を考えているのかよく分からないタイプ。ほぼ中身のない記事にひたすら広告を貼る。偏狭そうな人が多い。

・「ブロガーとして」明確に互助を目指し、ブクマ不正している、らしい。偶に増田告発されているけど割とスルーされている印象(興味がないのでよく知らない)。

よく見かける「互助会」という言葉は、B)に向けて使われる。「お互いのブクマコメントブクマ数を稼いでいるんだろう!」というやつ。

でも、実際のところ。「当たり障りのない敬語コメント」は、「相手好意をもっていて話しかけたいから」「交流が楽しくて」やっているのだと思う。

その証拠に、「スターブクマフォローしたけど返してくれなかった!PVが伸びない!」なんて愚痴を書いている人は誰もいない。(このクラスタは素直な人が多いので、そういう気持ちがあったらたぶん正直にそういう記事が書かれ、誰かの目に留まるのではないかと思う)

ブクマしてほしい」という気持ちももちろん多分にあるだろうけれど、自分リアクションするにあたっては、利益を期待してやっているんじゃない、と思う。

嘘だと思ったらそのへんの、自分が「互助会」と呼んでいるブロガーに聞いてみたらいい。相手言葉をなげかけるのが楽しいから相手のことが好きだから。たぶん、思うより多くの人が、そう答えるのではないだろうか。

そうはいっても、はてブ的には馴れ合いコメントは確かに鬱陶しいだろうと思う。では、コメント欄を使えば解決する話ではないのか、とも。

そう考える人はもちろんブログを書いている側にもいて、読者に向けて「ブクマでなくコメントで交流しませんか」という提案をするブロガーもいる。読者が何百人レベルになってくると、はてブ側に気を遣ってのことだと思われる。

Twitterとの連動など、利点はあるようだれど。言葉をかけたいだけなら、ブロガー本人が「互助会」と叩かれるリスクをとる必要もないのではないかコメント欄もっと気軽に使っても良いように思う。

もうひとつ別にお互いに便宜を図っているわけでもないのに、「互助会」と呼ばれるのは何だかおかしい気がする。「交流会」「ひつじ会」とかのほうが実態を表しているのではないだろうか。(「ひよこ会」とかでもいい。何かかわいい名前がいい)

マネー勢について

で、じゃあ「スターブクマフォロー利益を得ることを目的とした行為」はないのか!というと、うんざりするほどある。

C)のアフィリエイター系。これが本当にしつこい。見るからに書いていて楽しくなさそうな、NAVERまとめ的なブログからリアクションがそこそこの頻度で来る。凄かったのは、同じ記事に2度3度つけてくる人。無言でそれをやられても、ただ気味が悪いだけで、何かを返したいとは思えないのだけれど。

相手の人格や思いを無視して、金銭のためにブクマをつけて何が楽しいのか、と。他人の顔が札束しか見えていないような、うわべだけの文章を読みたいとは個人的には思わない。まして広告クリックなんてしない。

これは自分に矛先が向くことを恐れているとか、好きな人擁護したいとかでもなく、単純にクラスタの分類として。交流勢よりも、こういった「機械的な無言のリアクションによって、露出や返報を期待する」アフィリエイター勢のほうが、真に「互助会」と呼ばれるに相応しいのではと思うのだけど、どうだろうか。

ネット上で、文章で稼ぎたいのは勿論、悪いことではない。でも、個人的に読みたいのは、誰でも書ける情報のまとめとかではない。

アフィリエイトをやっている人であれば、どうしてそれを始めたかとか。情報収集はどうやってしているかとか。ライバルはいるかとか、作業するときにかけている音楽とか。その人にしか言えない言葉面白い話。そういう文章が読んでみたい。

「読む側」としてのスタンス

はいえど。面白かったり為になる文章無料で読みたい、というのもある意味、何というか難しい話だとは思う。

医学辞典なんて手元にないかネットでいいや、とか。先述のように、企業宣伝のために作成しているページを利用する、とか。「ネット」と書いたけれど内訳は、キュレーションサイト個人がアフィ目的で作ったサイト質問投稿サイト個人ブログのどれかが引っかかることが多いのではないだろうか。

それが確実な情報源でないことは、もちろん周知の事実である。それでも取り敢えず適当情報がほしくて検索する人がいるから、それにあわせて少ない労力で情報を供給し、利益を得ようという流れが自然に出てくる。

「分かりやす出所の確実な情報」ならば、上述のように、出版業界商品に頼るのが却って近道ではないかと思うことが最近増えている。「集合知」は確かに無料だけれども、「文章」にクオリティを求めるならば、書籍を買うか図書館に行けばいい。紙が面倒ならデータの形で入手すればいい。

商業としての出版を信頼しているから、例えば某警察官やめたブログ暴露されていたように、CGMのふりをして売名する商業があるとしたら個人的には少し悲しい。プロとして作り上げたものプロモーションされたものに、正当な敬意を払いたい。

…ここまで書いてきて心配になったのだけれど、出版業界の回し者ではなく、ごく普通の読書好きのオタクが書いています。信じて欲しい、としか言えないけれども。

逆に言えば、ネットで、商業ではなく個人が発信するとき、それは受け取る側となんら変わらない、「普通の人」なわけで。文章を発信する側は全ての責任とリスクを負うべきで、受信側は何を言っても良い、ノーリスクハイリターンな立場である、とは自分には思えない。

ネットを使っている人であれば誰でも、ある程度の文章は書けると思う。たまには「発信側」になってみるのも、悪くはないんじゃないかと思ったりする。

同じ人間が一人としていないならば、誰にでも、「その人にしか書けない文章」があるはずで。私はそれが読みたい。

色々書いてきたけれども、これが正しい見方であるとは自分で思っていない。誤りや偏りの指摘も含めて、議論一助になればと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん