「アウトプット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アウトプットとは

2017-11-19

anond:20171119104141

実際女にモテる男って、イケメンでも金持ちでもなく責任自分も負おうとする男だよね

秒速アウトプットせやな

逮捕しちゃうぞ「せやせや」

漫画でわかる「100点」

anond:20171119092154

しろアウトプットだけでスッキリしてくれるなら、ぶつけられる奴以外は無害で済むんだけど

Twitterみたいに同じこと言いたい集団で固まってグルグルしてるうちに

余計にヒートアップしちゃって一向に収まらないのだけはマジで地獄感がある

こういうのをエコーチェンバーとか言うんだっけか

2017-11-18

啓発書のだいたいはホームズ帰結する。

かの有名な探偵シャーロック・ホームズは今も僕たちを魅力する。

ホームズが魅力的なのは、僕たちができることを極限まで研ぎ澄ませ完璧にしてみせるからだ。

例えば、ワトソン博士とはじめて会ったとき推理理由を聞いてしまえば納得してしまう。

そして最近ホームズが行っていることは実は啓発書の書いてあることと類似するのではないかと気づいた。

1ホームズは何でも疑う

これはいわゆるゼロから考えろというものではないか。できないと決めつけないのもそうである

2ホームズは考える時にパイプを吸ったりバイオリンを弾いたりする

これは考える時に距離を置くというものではないか

3ホームズワトソン事件の内容を話す

物事理解するにはアウトプットがよい。紙に書いたりもそういったもの

4ホームズは常に勉強している

当たり前だが人は常に勉強。失敗からも学ぶ。

5ホームズは仮説思考である

仮説的に目標を決め修正していくというのはよく聞く。

まだあるのだがこの辺で

2017-11-14

AIスピーカースマートLEDライトについてまとめる

自分用で2017年11月上旬の時点で。

AIスピーカー

ネットに繋がった音声インターフェイス端末。AIサービス側が持ってるので、単なるスピーカーの端末。日本語対応してないため発売してなかったりするのでややこしい。

Google

Google Homeシリーズ

起動は「OK Google」。Googleアシスタントアプリ開発できる。

https://developers-jp.googleblog.com/2017/10/google-assistant-app-ja.html

Amazon

Amazon Echoシリーズ

起動は「Alexa」。Skillでサービスを増やすことが出来る。

https://developer.amazon.com/ja/alexa-skills-kit/training/building-a-skill

https://dev.classmethod.jp/cloud/introduction-of-alexa-skill-kit/

LINE

Clova?知らない子ですね

ココまでのまとめ

https://qiita.com/tochi/items/7baf2451a9085cf4c972

スマートLED

インターフェイスとして、光量やON/OFFのアウトプットの他に、マイクセンサーとしてのインプットインターフェイスとしても使えるのがあったりして、色々と調べておかないとめんどくさい。

また、独自インターフェイスhackしてAIスピーカーとして使えたりもするので、安くあげたいためには知識量が必要

フィリップス

Philips Hueシリーズ

Hueブリッジnetとのインターフェイスとなって証明コントロールする。

お高い。

IKEA

IKEA TRÅDFRI

古いファーム版をつかむと書き換えないとAIスピーカーで使えない。

新旧は外見から見分け不能。ファーム書き換えキットは日本未発売。でも安い。

中華

MatchdorとかSMFXとかWizLEDライト

Bluetoothwifiコントロールするライトスピーカーも付いてたりする。

安い。BT機器hackできるなら色々楽しめるんじゃないだろうか。

IFTTT対応していたら、上記のAIスピーカー比較的容易につながる。

おまけ

赤外線家電コントローラー

上記AIスピーカーで動かせると赤外線で動く家電コントロールできる。

「【レビューNature Remoの設定方法と利用した所感。Google Homeとの親和性は非常に高い」

http://benrilife.hatenablog.com/entry/natureremo-review

スマート家電コントローラRS-WFIREX3」

https://www.softbank.jp/corp/group/sbcas/news/press/2017/20171108_01/

でも、音声インターフェイスって使うかなぁ。PC操作していないときスマホを常に握ってるし。風呂ぐらいか

秒速アウトプットの某CTOに消されるのかテスト投稿定期

https://twitter.com/neenya00 より転載

なおやさんへ‏ @neenya00 8月28日

なおやさんの最低だなと思うところは、はてな匿名ダイアリーとか見ると、自分批判する記事はぜーんぶ消して、私を批判する記事はあえて残してるところだよね…

被害者面しすぎでしょ。それで『警察突き出したことは謝らない』って姿勢では何も収まらないわ

ttps://twitter.com/neenya00/status/902270192931160065

なおやさんへ‏ @neenya00 8月31日

ちなみに

はてなブログは、掲載して公開設定にした瞬間に削除された上に、アカウントまで凍結させられて、さら伊藤直也さん本人に『こういうコンテンツが載せられて、いつ削除しましたよ』ということが筒抜けになっていたので、はてな中の人とは直也さんはまだ仲が良いんだろうなって思います

ttps://twitter.com/neenya00/status/903269265339383809

なおやさんへ‏ @neenya00 8月31日

とうとうこのTwitterアカウントのものgoogle検索結果から除外されました笑

伊藤直也 不倫』について書いたサイトドメインごと検索結果から除外しまくってる様子。

今後、伊藤直也さんを批判する内容を書くとそのサイトSEO的になかったことにされるってこれ怖いですね。

ttps://twitter.com/neenya00/status/903264286717313028

なおやさんへ‏ @neenya00 8月30日

なおやさん

いつ出社するの?

ttps://twitter.com/neenya00/status/902890688416595968

なおやさんへ‏ @neenya00 8月26日

あと、直也さんが一休スタッフさんに怒鳴り散らして、牧歌的だったからとかって 開き直ってる長いLINEとか、人事考課LINEが出て来たんだけど、これは酷すぎて私ですら公開を躊躇するレベル

直也さんはたまにどうしようもないけどそれもまた大好き。でも一気に見返すとちょっと頭痛い…

ttps://twitter.com/neenya00/status/901358493298343936

なおやさんへ‏ @neenya00 8月25日

自分ブログは残して、私のお返事用ブログ(http://naoyaito.minim.ne.jp/wp/ )まで消されてる。

から意見はや外部の意見は全部抹消して、直也さん側の見解だけ残るようにするのは、相変わらず保身に見えますし、まだ話合いも実現してないのに身勝手な話です。

ttps://twitter.com/neenya00/status/901211375396990976

なおやさんへ‏ @neenya00 8月25日

久しぶりにネットを見たら、伊藤直也検索すると出てくるまとめブログの類がかなり消滅していて、直也さんの火消しの頑張りが伺える。

でもnaoyaはてなダイアリー自分で今回の件に言及してるのに、他人が何か書くといちいち消すっていう姿勢はなんなの…

ttps://twitter.com/neenya00/status/901206995943817216

なおやさんへ‏ @neenya00 8月16日

なおやさんへさんがHARUYAMA Seigoリツイートしました

これこれ

見つけた人ほんとすごいよ!!

ttps://twitter.com/neenya00/status/897706752107585536

Naoya Ito‏ @naoya_ito 2016年2月3日

京都で車を買うとき色々わがままなことを言ったのを全部対応してくださったディーラーさんに、ようやく「実は免許更新し忘れて失効しちゃって、車乗れないんです」と告白することができた・・・。ずっと黙っていてごめんなさい

ttps://twitter.com/naoya_ito/status/694742914849636352

2017-11-09

絵と音楽

アウトプットを前提にしたインプットじゃないと勉強練習ってあまり集中できないですね?

自分のやりたいことをやってみて、楽しめなければいったんやめて、他のことをやってみたらいいと思う。

絵のうまいへたは他人評価じゃなくて自分評価で決めたらいい。自分の描きたい絵が描けるようになるまで何度でも描き直したらいい。

数学は高等なパズルみたいなもんだから時間があれば没頭したいと思ってるけどなかなか時間が取れなくて趣味程度で終わってる。

絵を描いてみて飽きたらDTMをやってみよう。どちらも中途半端だったとしても絵と音が作れたら簡単動画を作ってYouTuberになれるんじゃない?

数学AIを作ったりしたら面白いかも。

まあ、趣味で始めて、高じたら仕事に活かせばいいんじゃないかなー。

趣味でも仕事でも活かせなくても、同好の士友達にはなれるだろうし、まるっきり無駄にはならないと思うよ?

エクスキューズとか生きやすさとかの話

世の中、エクスキューズ少なく言い切るのがいいとされがち。なんとなくそれにずっと疑わしい気持ちを持ってる。

場面にもよるが、絶対これが正しいと言い切れることはそうそうない。そのことをとりあえず(自分の中では受け止めているにせよ)脇に置いて、ある立場に振り切って言い切ることに対する抵抗感が拭えない。

相対する立場のことを衡量しながら正面から向き合おうとするほうが誠実なように思えるし、迷いながらも自分立場を固めていこうとするからこそ素敵なんじゃないかと思う。

単純に言葉が多いとまだるっこしい気持ちはあるかもしれないなとは思う。受け取り手の印象を考えるべきというのも理解できる。けど、でも振り切って切り捨てちゃってそれでいいんだろうかとよく思う。

文章に限らず、似たような気持ちを持つことは多いかもしれない。

自分がやってる・思ってることはほんとにそうなんだろうかってちゃんと疑いを持って向き合いつづけながら、それでも自分なりのアウトプットしようと努力するような、そんな人のほうが好きで、信頼できるような気がする。

自分選択に伴うリスクとがっぷり四つになって、それでも自分なりの強い理由を持ってやると言うからこそ強いんじゃないかと思うし、自分物事選びとるときはそうありたい。

いろいろ手出ししてその中で学んでく生き方あるかなとは思うし、結果出せるのはわかるけど、なんだかいまいち尊敬できない。嫉妬にすぎないのかもしれんが。

言い訳に過度に足止めされることは確かによろしくないと思う。必要以上の自己卑下がウザいのもわかる。けど、それでも、選択リスクとか、相対する立場とか、切り捨てようとしてるもののことをきちんとすくい上げる生き方のほうが素敵だと思ってしまう。

そういう姿勢じゃ生きづらいなと思うことも多い。自分のやること言うこと疑わしく感じるのをどこかでスパッとやめて開き直って行動したり主張したりできるほうが楽なんだろうとは思う。

でもなんだかそれが不誠実に思えて、ギリギリ限界までそういう生き方をしたくない気持ちがある。疲れるしできないことも増える、でもだからといって手放す気になれない、怠慢な気がする。切り捨てようとしてる選択肢や考え方に最後まで向き合いつづける人でいたい気がする。

自分の言うことやることが絶対正しいとは思わないからこそ、正しさを探しつづける人でいたいというか。

なんかでもやっぱ不適応生き方なんだなーと思うことが年々増えてくる、それがしんどい。まだ20前半だからか、こういうこと言ってても正面から聞いてくれて議論してくれるような友人もいくらかいるけど、それは自分が恵まれているだけなんだろうなあと思う。

ずっとこうしてていいんだろうか、綺麗ごとばっかじゃだめなんだろうなあ、でもどう生きればいいんだろう、わかんないなあ、って迷う日ばっかり続いてる。やらなきゃいけないことはこなして生きてる、楽しいこともそこそこある、今はまあいいんだけど……。

2017-11-08

anond:20171108132912

映画会社宣伝やってる人らってほんと何かおかしい。

彼らなりに様々な制約のもと最適化、最大化しているのだろうけれども、

結果として出てきてるアウトプットお仕事として妙なものばかり。

anond:20171107110105

から博士課程に進学したんだが、この半年勉強の仕方が少しだけわかった気がする。

個人的には「勉強のための勉強」はクソつまらないし、頭に入らないし、理解できない。

一方で、「研究のための勉強」は、クソおもろいし、頭に入るし、理解できる。

まり目的としての勉強はつまらんが、目的のための勉強はおもろい。それも内的な動機に基いていればなおさら

その違いは、まずは大前提として「やりたいこと・理解したいことが具体的にあるか」という所が大きいと思う。

これはモチベーションだけの話ではなくて、具体的にやりたいことがあれば、それをできるようにするためには、どんな知識必要か、という道筋が描けることが大きいと思う。

何かを独学で勉強しようとした人ならわかると思うけど、漠然とある分野を理解しようとしても、膨大な量があるので、どれをどこまで勉強していいかからなくなってしまい、挫折してしまうということが多い。例えば、教科書の多くは、一つの目的を達成するために、色んな手段網羅的に紹介してる事が多く、それをいちいち勉強していては時間いくらあっても足りないし、そもそもそれらを全て勉強するモチベーションがない。個人的には、はじめは色んな手段を知ってることよりも、一つの目的を達成出来ることのほうが重要だと思う。とりあえず「これをやりたい!」というものを、必要な最低限の知識仕入れていって、最短ルートで、出来ないか試してみる、それでだめなら、もう少しいい方法を探す、それでだめなら・・・という風に、「実際に使ってみて、試行錯誤をする」というプロセスによって、勉強が頭に入っていくんじゃないかと思う。「実際に使ってみて、試行錯誤する」というプロセス確立し、それによってやりたい目的を達成でき、"自分なりの理解"に到達すれば、最高に勉強おもしろい。

追記

増田さんにも言及して頂いたり、色々コメントも頂いたので追記させて頂きます

id:imizis 途中まで段落に分けて読みやすくしていたのに、最後段落だけ改行がないか早口で喋ってるみたいで面白かった。

かに読み返すと、途中から早口になってるみたいですね笑

id:axkotomum これを読んで逆に目的のない勉強は好きで得意だけど目的のある勉強は苦手だと気づいた

目的がなくても勉強できるかは人によりますよね。また目的が外的(仕事受験テスト単位)か内的(興味・関心)かによっても、違ってくるかもしれませんね。大学学部の頃は、興味も関心もなさそうな講義淡々勉強できる同期が結構いましたが、自分は全くできなくて大変でした。

id:samu_i 前期課程だよな・・

id:orangeitems これは博士課程レベルとは言い難い文章で残念

id:mouseion 博士課程でそれなのか。いや勉強のための勉強って大学入試まででしょって話で博士課程に入ってようやく理解できたって何か逆に凄い発見のように思えるので。応援してます

すいません後期課程です笑 出来の悪い学生なので耳が痛いですが。

出来る人は、それこそ生まれときから出来るけど、出来ない人は出来ないということでしょうね。

「興味・関心等の内的な動機に基いて、明確な目的を持って勉強する」というのを本格的にやり始めたのは、研究室に入った4年からですかね。学部修士までの3年間は、それこそ「とりあえずやってみて、試行錯誤をする」という感じで、あれでもないこれでもないという感じでした。学部修士の頃は、やりたい研究と、自分なりに咀嚼して理解できた勉強乖離していたのが、やっと今になって勉強して理解した内容を、研究アウトプットできるようになって俄然おもしろくなってきたという感じです。勉強した内容が実際に役に立つのって、やっぱり年単位ラグがあるから、それを乗り切るためには明確な目的必要ということですかね。

id:n314 勉強の先に研究があるような書き方にめっちゃ違和感がある。まったく別物だと思ってて、研究はしてるけど勉強はしてないみたいな言い方してた。たぶん勉強に暗記っぽいイメージがある。

勉強の先に研究があるというよりは、研究のために勉強があるという感じですかね。ちなみにうちの先生は、奥さんに勉強してくるわと言って家を出ると仰っていたので、捉え方は人それぞれでしょうね。その先生を見てると、研究といっても興味関心があって勉強して理解したいことをやってるだけで、そのアウトプットクオリティーが高いので研究になってる的な感じです。

id:augsUK 目的に入らないと勉強できない場合研究仕事自分の中での定義を相当広くとらないと、すぐに時代遅れ技術にしがみつく人になるから気をつけてね。個人イノベーションのジレンマは本当にサイクルが早いから。

これに関しては、自分も気をつけるようにしています研究という目的だと、狭く深く勉強できていいのですが、陳腐化してしまうことも考えられるので、そうではなくトレンドなどをただ知っておきたい、少しは理解しておきたいという目的で、広く浅く勉強することもやったりはしています

id:sukemasa_fujiwara 学生ん時、教授から「本に書いてあることは疑ってかかれ。お前らは著者に一方的に教えを受ける立場ではなく著者と対等の研究者だ」って言われたけど当時は「無茶言うなよ」って思ったな。今ならわかるけど。

教授あるあるですね。本も論文も疑ってかかれ、とはどの先生も仰りますね。高校生までは、本に書いている内容は絶対で、それを覚えるだけという感じでしたが、研究が始まると、それすらも疑ってかかって、とにかく自分の頭で考えろという風に考え方を変えないといけなくなりますね。自分はその方が楽しかったですが、苦手そうな人も結構ますね。

id:bookmarkmen ずいぶんはしゃいでるみたいだけど、3年後にも同じように笑顔でいられるかな?

うちの先生は今でも楽しそうに勉強研究もしているんですよね。自分もそうなれるように精進いたします。

2017-11-07

anond:20171107110105

私の場合、実際に仕事に絡めるか、作りたいものがあって実際に作りながら勉強するとかじゃないと、新しいことはまったく身につかない。

なので、いつも「ほう、世の中にはこういう技術があるのかあ」程度の理解に留めておいて、ある程度広く浅くは脳の引き出しの中には入れておく。で、仕事とかで必要そうになったら「そういうえばあの技術が使えるんじゃないかちょっと勉強してみよう」って感じでやってる。

あるいは勉強会で発表するというのを自分に課す。そういうアウトプットをある期間までに出さなくちゃいけないという風に自分を追い込む。

勉強した内容をブログに書くというのも良い、読んだ人から反応があると、勉強モチベーションが上がる。

アドベントカレンダーの季節なので、それに登録して、締め切りを設けるのも良い。

プログラミング数学勉強の時には、前者の時は実際にコーディング後者場合は紙と鉛筆で数式を展開するとかして、とにかく手を動かす。

私がやってるのはだいたいそんな感じ。

2017-11-04

anond:20171104195636

直也さん事件は定期的に検索しているがみるみると消えていってて、秒速アウトプットCTOのやる気を感じられるので、ぜひこれからも定期的にこうして書き込みしていただきたい

秒速アウトプットの某CTOに消されるのかテスト投稿定期

https://twitter.com/neenya00 より転載

なおやさんへ‏ @neenya00 8月28日

なおやさんの最低だなと思うところは、はてな匿名ダイアリーとか見ると、自分批判する記事はぜーんぶ消して、私を批判する記事はあえて残してるところだよね…

被害者面しすぎでしょ。それで『警察突き出したことは謝らない』って姿勢では何も収まらないわ

ttps://twitter.com/neenya00/status/902270192931160065

なおやさんへ‏ @neenya00 8月31日

ちなみに

はてなブログは、掲載して公開設定にした瞬間に削除された上に、アカウントまで凍結させられて、さら伊藤直也さん本人に『こういうコンテンツが載せられて、いつ削除しましたよ』ということが筒抜けになっていたので、はてな中の人とは直也さんはまだ仲が良いんだろうなって思います

ttps://twitter.com/neenya00/status/903269265339383809

なおやさんへ‏ @neenya00 8月31日

とうとうこのTwitterアカウントのものgoogle検索結果から除外されました笑

伊藤直也 不倫』について書いたサイトドメインごと検索結果から除外しまくってる様子。

今後、伊藤直也さんを批判する内容を書くとそのサイトSEO的になかったことにされるってこれ怖いですね。

ttps://twitter.com/neenya00/status/903264286717313028

なおやさんへ‏ @neenya00 8月30日

なおやさん

いつ出社するの?

ttps://twitter.com/neenya00/status/902890688416595968

なおやさんへ‏ @neenya00 8月26日

あと、直也さんが一休スタッフさんに怒鳴り散らして、牧歌的だったからとかって 開き直ってる長いLINEとか、人事考課LINEが出て来たんだけど、これは酷すぎて私ですら公開を躊躇するレベル

直也さんはたまにどうしようもないけどそれもまた大好き。でも一気に見返すとちょっと頭痛い…

ttps://twitter.com/neenya00/status/901358493298343936

なおやさんへ‏ @neenya00 8月25日

自分ブログは残して、私のお返事用ブログ(http://naoyaito.minim.ne.jp/wp/ )まで消されてる。

から意見はや外部の意見は全部抹消して、直也さん側の見解だけ残るようにするのは、相変わらず保身に見えますし、まだ話合いも実現してないのに身勝手な話です。

ttps://twitter.com/neenya00/status/901211375396990976

なおやさんへ‏ @neenya00 8月25日

久しぶりにネットを見たら、伊藤直也検索すると出てくるまとめブログの類がかなり消滅していて、直也さんの火消しの頑張りが伺える。

でもnaoyaはてなダイアリー自分で今回の件に言及してるのに、他人が何か書くといちいち消すっていう姿勢はなんなの…

ttps://twitter.com/neenya00/status/901206995943817216

なおやさんへ‏ @neenya00 8月16日

なおやさんへさんがHARUYAMA Seigoリツイートしました

これこれ

見つけた人ほんとすごいよ!!

ttps://twitter.com/neenya00/status/897706752107585536

Naoya Ito‏ @naoya_ito 2016年2月3日

京都で車を買うとき色々わがままなことを言ったのを全部対応してくださったディーラーさんに、ようやく「実は免許更新し忘れて失効しちゃって、車乗れないんです」と告白することができた・・・。ずっと黙っていてごめんなさい

ttps://twitter.com/naoya_ito/status/694742914849636352

2017-10-29

チームワーク

なるほど、そういうことだったんですね。

信頼を持って手伝ってくれる人がいるか?これから先現れるか?そもそも、そんなもの期待せずに進みたいということではある。

 

スタンドプレー

個人的には、1人でできることは1人でやるようにしてる。人にもソロを勧める。

他人が挟まると、いちいち説明意思疎通とかで時間のロスになる。

 

この中に俺がロールモデル(見本)にしてる人がいます

 

心理的安全 

まあ、それでも1人じゃできないことや、複数人仕事することもあるから、チームビルドについては俺も学びたいところ。

PMBOKとかプロジェクトマネジメント勉強したけど、他人を思い通りに動かすってのは大変だよね?

自分のことできないのに、他人を変えようとするのは、ある意味傲慢だよね?=無理筋な話)

今は、相手人間であることを重視して、「心理的安全」を配慮するようにしている。

 

 

私が仕事をする上で大事にしていることは、一緒に仕事をする仲間がどうしたら仕事やすくなるかということです。

仲間の仕事が捗れば、アウトプットは増えますよね。

 

グーグルが取り組んだ生産性向上計画についての記事で、それによると生産性の高いチームに共通するのは「他者への心遣いや同情、あるいは配慮共感」がうまくいっていることだと言うのだ。

2017-10-25

anond:20171024205956

勉強ダイエットと同じで誰かにアウトプットをチェックされてないと

続けられないのよ

もちろん勉強が好きで、そういうのがいらない人もいるけど

それは少数派

高校中退してしまうと、高認取らないでそのままの人が多いでしょ

2017-10-23

最近よくきくこと

「こんな○○の授業を受けたかった!」

「こんな風に教えてもらえば、もっと○○が好きになったのに…」

学校で教えない○○」

…よく聞く言葉だ。こういう世の中の風潮を受けてか、文部科学省も「関心・意欲・態度」を評価せよ、学ぶ意欲をかき立てるような授業を、ということを言う。だがちょっと待って欲しい。本当に「そういう授業」を受けたら、学習意欲が高まり学習効果は上がるのか?

PISA調査に見る日本の生徒の学力ユニークな点は、【「学力点」は高い/「学習意欲」は低い】…である。つまり外国』の生徒は「やる気バリバリあるが、頭はそれほどよくない」。対して『日本』の生徒は「いやいや勉強やらされてて、テストの点だけはよい」というわけだ。これを見て、何でも「低い」ことが許せないお役所の方々は「もっと意欲を高めろ」と指示するわけ。だがこれらが逆相関している可能性について彼らは真剣に考えているのだろうか? つまり、【やる気は学力反比例する】という可能である


これは、直感とは相違するので違和感があるかもしれない。やる気のある生徒が勉強できない、とはどういうことなのか? 東大などに行かれた偉い方々には、すとんと落ちないのだと思う。だが、データは正直だ。そして、現場指導を通して感じる実感としても、上記の可能性は十分に考慮すべきだと考える。なぜなら「指導リソースは有限」だからだ。

教員にはとにかく時間がないし、生徒も同じく時間に追われている。その中で、限られた授業時間必要指導を行う。もし、いまだに時間リソースが十分にあるならば、「やる気のある子が自主学習読書に取り組む」ことも、あるいは期待できるかもしれない。だが、部活と塾に追われ、空き時間スマホでのコミュニケーションに追われる現代の生徒たちには、そういう余裕はない。ひたすらアウトプットを強いられてインプットする時間がない。つまり、「やる気の出る指導を受け、やる気を出す時間」はあっても「出たやる気で他を圧するほど学習に取り組む」余裕がないので、結果、「やる気は出ても学習成果は上がらない」ことになる。もし、短期的に「学習成果」をあげたければ、「やる気」とは無関係に、授業時間に絞って「詰め込み」をさせる方が効果的かもしれない。これが、「やる気」と「学力」が反比例する理由となる。つまり時間などのリソース定量だとすると、やる気に時間を割くほど学力は下がり、学力時間を割くほどやる気が下がる。

実際、現場指導して「受けたい授業」的な授業をしても、「そのおかげで」生徒の学力が上がったという実感は驚くほど薄い。強いて言えば、「教え込み」をしないにも関わらず生徒の「自主努力」によって、なんとか「教え込み」型の授業を受けている生徒からギリギリ離されない程度の成績を収めているな、という感じがある程度である。大変忸怩たる思いがある。

まあ、教員としては「面白い授業」をした方が楽しいのは楽しいのだ。だが生徒には負担をかけているという思いが否めない。もちろん、こういう苦労をした生徒の方が「将来伸びるだろう」という確信はある。だがその「将来」というのは、たとえば浪人したとき、あるいは大学に入ってからの伸びとかそういう意味になる。浪人をするほどの余裕がない家庭の多い公立高校で教えている限り、現役入学にこだわる生徒たちは、結局力を伸ばしきらないまま本人の行くべきレベルより低めの大学に入っていく。

まあこれは極端な話で、結局のところどちらかに振り切ることなく、どちらもそこそこにお茶を濁す感じで手を打っているのが現状だ。それで、生徒の評判はそれほど悪くない。だがもう少しうまいやり方もあるのではないかという気もして仕方がない。文部科学省の方々には、もう少しそのあたりを考えていただきたいものである。やる気も学力魔法のように上げる方法というのは、残念ながらない…それが現実なのではないだろうか。

2017-10-21

SNSで自社PR活動に励む執行役員

前いた会社なんだけど、政治力ものをいう会社でまあ役員がイケてない。

ガチで何の能力もないが、政治力だけで出世したやつばかりだ。一人を除いて。

今の会社ではインターンが自社のPR活動のためにSNSを駆使して、いろいろやってくれているが、

前職の技術執行役員も同じことを前職でやってるんだよな。。。

おまえの価値ってなんなんよ?インターンレベルアウトプットしかできない執行役員ってさあ。。。

こんな会社でもマザーズ上場してたりするから辛いわ。

anond:20171021123332

知人はfacebook退会したよ。

あれ、上司に勧められて始めたけど何が面白いのか全く分からない。

Twitter自己中なキッズがのさばってるから大半はミュートしてるし本当に飽きた時はアカウント削除してる。

1ヶ月以内なら復帰出来るんだよね。ネットなんて馬鹿が使う物なんだからインプットに期待しちゃダメだよ。

使うならアウトプット用に。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん