「明治」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 明治とは

2018-07-23

増田の最悪なところ

 1 あくま匿名日記という形式の中で言ってるから犯罪内容を書き込んでも逮捕されないと思っている

 2 書き込みの内容はただの悪事であり、趣味が最悪

 3 若い人の目に触れる場所で、単に人生が終わった日本人他人本質をついて必死なだけ

 明治以来はじまって史上最悪な作品

民主主義多数決手段)か?それとも政治思想目的)か?

この議論を見て思ったこ

『「民主主義多数決だっていう人は『こどものとうひょう おとなのせんきょ』を読みましょう』

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1249346

もともと「democracy(デモクラシー)」という言葉古代ギリシャローマ以来の伝統を受け継ぐ欧米自由主義世界では「誰でも参加型の政治制度」のことを指す。

※oo-cracyとは政治制度国家統治制度)を指す言葉で、oo-ism主義思想目的)とは明確に語源が異なる。

例:神官統治政(テオクラシー theocracy) 貴族統治政(アリストクラシー aristocracy)

大衆自身による統治」がdemocracy(デモクラシー)。

話を戻すと、それは古代ギリシャの「不満をもった一級市民から始まった運動だった。「自分たちのこと(生活共同体財政)は(王などではなく)自分たちで決めて納得したい」という願いから始まり、そのための手段が「誰でも政治統治)参加制度」として歴史的デモクラシーと呼ばれるようになった。

※「誰でも」の範囲ギリシャ以来、歴史的一級市民なら誰でも、納税者なら誰でも、男性なら誰でも、成人なら誰でも、と徐々に拡大していった。

まり人々の願い(目的)とdemocracy(手段)は概念として別もの、というのが西欧での起源から現在での認識までずっとある

日本では明治から徐々に西欧思想を取り入れ、第二次世界大戦後の決定的な転機に「democracy」を統治の中心にすえようと憲法を変えることを決意したが(決意せざるを得ない過ちを犯したが)、そうであっても新憲法でdemocracyは「民主制」「民主政」と的確に訳すべきだったし、民主主義」という「手段制度でない何か」を連想させる訳はひどい誤訳レベルのものだった、と嘆く人は今も多い(最近見たなかでは作家橘玲氏の論説にも似たものがあった)。

その日本の「誤訳」の議論とは別に、「欧米デモクラシー」と決別し、独自に「デモクラシー」の意味主義化(目的化)した勢力がいた。

彼らは「民主主義」は「人民のため」という目的にかなっていればむしろ統治制度手段)は問わないし、むしろ「よくわかっている賢い指導者」が「独裁統治政」でトップダウンで行うしか理想の結果は得られない、という「革命的な逆転の発想」を思いついた。

その結果、独裁体制採用した社会主義国国名に「民主主義」という文字が入ることなった。逆転の発想では「人民幸せ、願い」という目的民主主義と呼ぶことにしてその目的のために独裁という制度手段)を採用するという理屈である。頭いいー。

こうして、起源西欧社会においては「政治制度手段)」を指す言葉社会主義に感化された国、集団では「政治思想目的)」になった。

日本を含めた漢字圏では「主義」という語彙がその逆転をさらに補強した。

社会主義という大きな目的物語意味構造に取り込まれたとも言える。)

そして第二次世界大戦後の統治空白地帯が多く残る世界で次々と花開いた「目的にするだけでいい民主主義をかかげる人民独裁国家」になった東欧共産諸国北朝鮮ベトナム、そして中国で、人々の望み、理想目的を本人たちよりよくわかっている「賢者」による「数々の事件文化的な大革命と呼ばれた事件もあった)」が引き起こされ、その結果として第二次世界大戦時の死者数を上回る事態になっていった歴史はみなさんご存知の通りである

さて時は流れ、現在日本(や韓国)でも近隣のかつての社会主義思想の亡霊は残り、それを信じる人々は「民主主義」を「目的」として捉えている。これが国民人民)にどんな惨劇をもたらすかは歴史の通り。それなのに...

2018-07-20

お前は男じゃなくて、悪いタイプの鬼だよ

 明治天皇やその周辺の官僚裁判官などは、鬼だったけど、善良な鬼で、

日本全土を整備してあからさまに勝者だったから、誰も逆らえなかった。

明治の40年は大体そんな感じで成功したが、明治晩年大正昭和に、主に

軍部にいた悪い鬼が段々台頭してきて、昭和時代には、天皇が幼少なのをいいことに

警察軍部などの悪い鬼が暴走し、戦争に走り、悦に入って大陸支配に乗り出したら

所詮日本人なのでアメリカの知能に負けて大失敗して処刑

戦後江戸末期の状態に復したと広辞苑にも書いているし、戦後復興エロ

失敗した悪い鬼は怯んで最下級の刑務官になるなどして、最近まで幽閉されていたが、

最近になって遂に化けの皮をはがした暴走した。

anond:20180720121603

働き口がなければ、起業して雇用を創出すればよい。

資金がなければ、地縁血縁で出し合えばよい。

働き手が足りなければ、十分な給料を上げればよい。

資金が足りなければ、銀行から借りればよい。

なんなら銀行も作ってしまえ。

明治の頃には、今よりもはるかお金がなかったけど、そこら中の地方でこういうことができていた。

今は何が足りない?

時代が変わって何が変わったのか?

子育てしろなんて明文化された義務じゃないじゃん

それとも富国強兵なの?頭明治かよ

2018-07-18

女性が「やめろ」と言うことの出来ない日本語が男女差を固定している」という話をする人は多いのだが

もう一歩進んで「それは標準語に限っての話だ」という視点が出てこないのは不思議

方言では一人称や語尾にいちいち細かい男女差はないし命令形女性に限って忌避される特殊表現でもない

……少なくとも、自分の知る限りでは

ともあれ要するにこれも明治期に作られた「偽物の伝統問題文脈なのだ

人工言語である標準語解体、という問題意識をきちんと絞り込まないと

またぞろくだらない日本が好きだ嫌いだの話にしかならなそうで不安

それでは問題解決に繋がらない

anond:20180717214249

トラバで「~かしら」がそもそも昔の言葉っていう主張もあるし、

もともと男女関係ないって主張もあるけど、

どっちも正しいんだけどさ、明治女学生の間で「~かしらん」が流行って、そこから女性語なわけだから、いまネイティブ男性で「~かしらん」という人は少なくて、むしろ文学作品等の逆輸入なわけです。

明治女学生にならうか、それ以前に倣うかは、個人の趣向の話だからなんとも言えない。

「~かしらん」が現代でも使われる事例はあるので、生きた言葉だよね。

もともと「~か知らぬ」が語源なので、公では男性がよく使う言葉でした。明治女学生ではやったというのは男女平等概念からでしょう。

まり日本話し言葉尊敬趣味趣向の現れなので、それを受け入れていけばいいのだ。

言語は生きているから。

2018-07-17

落語はすごい、漫才はすごくない。

いや、そんなたいした意味はない。

江戸時代とか明治とか、落語講談ってのがあって、落語よりもむしろ講談のほうが流行っていたと聞いたような気がする。

しかし、ラジオはともかくテレビ時代になると、講談はもうすっかり衰退した。

講談で聞いていた勇ましい戦の話は、これはもうテレビ映画時代劇にはまったく対抗できない。

時代劇に限らず、講談でやっていたような話は、現代の映像音楽システムの前に歯が立たない。

ラノベ漫画は残っているので、それはテレビに対抗できているすごいシステムだ)

一方、落語ほとんど声で一部動きや音もあるけれど、いまでもテレビ映像システムに対抗できている。これはどういうことか。

落語以上に動きの入った漫才やら、音楽の強いリズム芸人やら、まあそれなりに頑張ってはいるけれど、落語を滅ぼすほどの力はない。

映像音楽を使って落語を滅ぼすほどの笑いを人類は未だに作り出せないでいるのだ。

2018-07-16

anond:20180716204912

単にレベルが低いだけじゃん。

本当に比較すると

慶応東大>>早稲田立教>>明治>>青学>>>>>中央法政

くらいじゃね。学科によるけどな。

2018-07-15

100名の最も偉大な日本人

BBCで昔、「100名の最も偉大な英国人」て企画があったけど日本だとどうなるかね?

イギリスだと一位からチャーチル、ブルネルウェールズ公妃ダイアナダーウィンシェークスピアニュートンエリザベスI世、ジョン・レノンネルソン、クロムウェルと二位のブルネル以外は日本でも有名で政治家軍人王族科学者芸術家などで、まあそうだなって感じ。

日本だと、うーん、徳川家康織田信長豊臣秀吉、あと各幕府創始者足利義満北条時宗天皇だとどこから史実認定していいか微妙だけど、桓武や天智、明治昭和平成あたりが候補かな?宗教だと空海最澄など仏教開祖あたりかね?芸術だと、前近代だと北斎松尾芭蕉紫式部近代以降なら夏目漱石宮崎駿黒澤明手塚治虫、ギリで鳥山明くらいかな?科学だと湯川秀樹江崎玲於奈などのノーベル賞受賞者たちか。

平安あたりだと、あと平将門平清盛菅原道真くらいか

近代政治家だと、田中角栄佐藤栄作伊藤博文あたりが入りそうだが、山県有朋岸信介はかなり微妙

軍人枠だと東郷平八郎山本五十六、あと秋山真之西郷隆盛土方歳三

企業家だと、河村瑞賢、岩崎弥太郎本田宗一郎豊田佐吉とかあたり?

スポーツだと、王貞治長嶋茂雄あたりかね?あんまり詳しくないので良くわからない。

女性紫式部くらいしかかばんかったけど、津田梅子あたりはマイナーかな?宇多田ヒカル樋口一葉あたりかな?

2018-07-13

多様性自由がなくても社会は発展することは隣国を見れば明らかであり、西洋の考えは社会を発展させる一つの方法に過ぎなかったのだとわかる。

西洋古典明治日本著作を読むと、この西洋思想を万能であるかのように扱うものばかりで現状の世界との相違甚だしい。数世紀前に書かれたものからその当時の認識とは合っていたのだろうが、読み進めるたびに現状の反例が思いつき、その度に読書が止まるので全くページが進まない。

このようなことがあるから古典の名著と言われるもの適当に勧めるもの自分の頭で読書をしているのかと疑問に思う。時間が有り余っている、批判的に読める、偉ぶりたい、こういう人だけにその行為は勧められる。

専門の教科書で学んだほうが何倍も早いし、その後の議論も追えるしで効率が良い。舗装された道があるならば使わない手はない。

2018-07-12

anond:20180712232149

実際のとこ明治あたりは人間管轄にできていない荒れ果てた土地が多かったんじゃないかと思ってるけどどうなんだろ…

2018-07-09

anond:20180709105143

江戸時代には大流行してたんでしょ

明治西洋の目を気にして禁止にしたものがいつの間にか日本の伝統になってるのは笑える

2018-07-07

anond:20180707212225

そもそも日本には根本的に神がいない

昔は無論多神教だし

明治期に無理やり作られた国家神道

そして敗戦から人間宣言

 

ほとんどの人間戦後経済成長に乗じて

馬車馬のように働いて小金を稼ぐことで

アイデンティティを維持してたけど

そこからこぼれた底辺

戦後哲学論争で神の存在否定された高学歴理系

あいうキチ宗教にのめり込むしかなかった

 

今後は当然経済成長も止まって

そしたら今まで金稼いで自分肯定してた層が

カルトナショナリズムなだれ込む(というか既に)

オウムが可愛く見える時代になってくからな?

2018-07-06

明治チョコレート効果72%

20枚入りと26枚入りの製品がある。

とうぜん26枚入りのほうが価格が高いんだけど、箱の大きさは26枚のほうが小さい。

これ「安いの買おう」と思って、騙されてぱっと小さい箱のほうを手にとって買ってしまう人いるだろ。

俺も「あれ、小さい箱のほうが値段が高いじゃん。値札が間違ってる?」と思って何度も確認してしまったわ。

2018-07-02

anond:20180702125144

明治立教中央大はそこそこだけど、法政はどうだっけ? あまり高くなかったような... (受験する気が全く無かったからよくわからん

青山は某アメリカ研究者慶應教授)も輩出しているくらいだから、それなりのレベルなんじゃないの?

2018-06-30

anond:20180630231858

いや、だからadblock入れてるんだって

ビックデータとしての解析で本当にターゲットを狙うようになってきたのが割と最近だってことで。

しろ、俺に婚○、失敗する起○家、明治○新絡みのユ○ヤ人陰謀論みたいなくそったれな広告ばかりになってきたからもうブチ切れて広告オフにした。

はじめは、そういうのを出さないところは表示してたんだが、adblockで潰してばっかいたらもう殆ど広告枠がなくなってるわ。

で、そこで、人の弱みに付け込んだり、ゴリ押ししたら商売になるやつはそのうち気づいてどんどん使うようになるだろ。

あと、家庭内の話をもとに広告を出すようにしたってのは、スマートスピーカーの電源をOFFにしてた時の話だぞ。

まあ、俺はこう思う。というだけであって、未来のことだから結論は出ないだろうね。

広告が本当に制御できるようなものになるのであれば可能性はあると思うが、当然、弱みに付け込んで商品売ってくれるようなのを広告主は望むからそういう未来も来ないだろうなという気もする。

2018-06-27

誰も見た目に興味ないよ

 なぜならそこに興味を持つと、日本人幸せにならないようになるのが

分かっているからであり、日本社会大成功していた明治昭和、そして平成

いずれにおいても、社会リーダーは見た目を度外視している

 基本的に、学者研究者は、どういうことをすれば日本人快楽を与えたり

感動を与えたりできるかを考えてきているし、見た目より内容が肝心

 お前が悪なだけ。害悪脳ミソは自害しろ

2018-06-23

フランス語だけずっこい

英語のたとえば The Beatles とか The New York Times とか基本冠詞は省略するのに

La Marseillaise は ラ・マルセイエーズだし、 Le Monde はル・モンド。あと L'Empereur もランペルールだし。

なんでフランス語冠詞残すことが多いの?

アンシェヌマンかな?とも思ったけど別にル・モンドも ラ・マルセイエーズリエゾンアンシェヌマンはしてないしな。

ドイツ語がいまだに主格や属格といわず、1格2格と言ってるみたいに、明治から昭和にかけてのフランス語受容の過程フランス語冠詞を残すぞ!みたくなったのかな?

そういえばアラビア語冠詞が省略されないな

アラーアルジャジーラアル・アジフとか

2018-06-22

anond:20180622194007

はてな古典話題になると、なんかありゃすぐ「青空文庫で読め」とか言ってくるやついるけど、あれも一種原著読めマウンティングだと思ってる。

夏目漱石とか、青空文庫で確かにタダで読めるんだが、新潮とかで文庫本になってるやつを買うと、用語解説やら巻末の解説(役に立たんこともあるが)がついてたりして400円程度だったりする。

青空文庫で読めだの簡単に言ってくれるが、明治の既に廃れた語とか時代背景とか一切解説されずにわかるやつおるんかい、って毎度思う。

2018-06-21

anond:20180621212638

あん明治以前の和文読めるの?笑 あのぐにゃぐにゃな文字

2018-06-18

https://anond.hatelabo.jp/20180617214551

ブコメ日本人としての意識形成から数えれば…というのがあったので結核による死者と愛国心による死者を概算してみる。さら戦前戦後も分けて、戦前だけでカウントしてみよう。まあ、日本国大日本帝国不連続だと思えるのと、現在進行形自称カウントするのが不適切なのではというので納得してくれ。

さて戦前結核死者数はだいたい1万人あたり毎年20人。日本人口はざっくり5000万人くらいなので、毎年大体10万人が死んでたことになる(出典はwikipedia結核の項)。一方愛国心による死者はざっくり太平洋戦争の死者を採用するとしよう。すると太平洋戦争はばらつきがあるものの多くの資料で軍民合わせ300万人が死んだとされている。日露戦争等の死者は桁で少ないので無視するとする。

国民国家としての意識形成されたのは遅くとも日露戦争のころであろう。するとざっくり40年、ということで結核による死者は400万人と、この適当な試算では若干太平洋戦争による死者より多くなった。しかし驚くべきことに、オーダーは同じなのであるさらもっと詳細を詰めれば、死んだ人間のうちどれくらいが日本人としての意識を持っていたか江戸明治前期生まれの老人やあるいは幼児まで『日本人』なのか?結核と比べ太平洋戦争では、軍関係の死者230万人には適用されないだろうし、民間でもより年代関係なく死者を出したと考えるのが自然であろう)とか、また結核の年間死者10万というのは1940年代以前に関して若干オーバーエステメイトの感があるよねとか、あと太平洋戦争中の病死者は物資不足もあるのでは?とか、日中戦争の死者も結構多い(40万人程度。ただし太平洋戦争との被りがわからないので今回は無視した)とか、国民国家形成の時期は日清戦争の頃では?とかいろいろ訂正すべき点はまだある。『愛国心』による死者は結核による死者より多いという主張は、少なくとも笑い飛ばせるほど馬鹿ものではなかったのだ。

しかし試算してわかったが本当に太平洋戦争は無謀だったのだなぁ…。

2018-06-17

anond:20180617090511

実際、幕末明治前半の不平士族反乱の時期の感覚をみると

強い郷党意識が成立する単位は旧来の藩ぐらいなのが通例

これは現在市町村より大きく県より小さい

そんぐらいが「地元意識」がおよぶ範囲としてはリアル

たとえば愛知県なら旧尾張、旧西三河、旧東三河ぐらいで地元意識が分かれる

たとえば福岡県なら北九州市圏、福岡市圏、筑豊圏とか

***

一国全体が帰属意識対象てのは確実に近代以降の教育の結果

実際、明治期の前半には各地の不平士族反乱のほか徴兵反対一揆とか起きとる

日本一国全体が愛国心対象という観念が定着したのは日露戦争前後ごろ

だいいち使ってる言葉方言だって地方でぜんぜん違うんだし

***

一国全体に帰属意識を抱くナショナリズムってのは

地縁血縁への帰属意識空洞化した結果

これ、日本に限らず19世紀以降のヨーロッパ各国も

最近じゃ中国もたどってる道

2018-06-16

RADWIMPS HINOMARU問題炎上したのは

愛国心ではなく「靖国くささ」が原因だ

ここを論点に据えてないから「愛国心のもの危険」みたいなこと言っちゃう奴が出てきて

ただの言論弾圧に見えてしまうのだ

比較対象として、菅田将暉の「見たこともない景色」を例にしてみよう。

この楽曲自体「おっ、RADパクリか?」と思うほど、歌い方やアレンジRADくさい

バンプというよりRADらしいエモい和性オルタナ疾走曲だ

RAD野田は影響されやすメンタルなので、この曲に対抗心を燃やしていたのは間違いないだろう

で、この曲のサビがすごい

日本の風に背中押されて

日本太陽未来照らされて

泥臭くていい

かっこ悪くていい

そこから見える景色

同じ景色を見よう



日本連呼してるだけじゃなく

神風太陽崇拝(神道)を思わせる歌詞

なかなか右翼的だなと、当時は衝撃を受けたのだが

不思議ネットはざわつかなかった

それに対して今回のRADHINOMARUの何がやばいのかと言えば

一つは言葉の使い方による「明治から昭和初期感」

「この体に流れゆくは御国御霊」という民族主義的な価値観

さらには「御国」「御霊」というガチ右翼感とガチ宗教感を押し出したことにあるだろう

明治昭和初期、民族主義ガチ右翼ガチ宗教ミックスされるとそこに導き出されるのは靖国である

広いスパン日本をとらえた「見たこともない景色」に比べ

HINOMARUは非常に戦時中意識したように聞こえるし、加えて新興宗教靖国神社を連想させているか

気持ち悪いのだ

愛国心と言いながら、日本を大きくとらえられていない感じがネトウヨくささを感じさせる

俺も右翼だし表現の自由は守りたいから、HINOMARU自体を歌うなとかは言わない

ただリベラルとか左翼のやつらは批判するならもっと適格にやってほしい

2018-06-15

[] ワダカルシューム錠

ワダカルシウム製薬製造販売するカルシウム錠剤。

  

骨がもろくなるのを防ぎ、骨や歯の発育を促す。

妊娠授乳期・発育期・老年期の方のカルシウム補給に適する。

15錠(成人1日量)で645mgのカルシウムがとれる。

  

発売されたのは、百年以上前の1911(明治44)年。現在ワダカルシウム製薬前身であり、大阪道修町に1856(安政3)年に

創業した和漢薬問屋和田卯助商店の三代目和田卯助が開発した、日本最初カルシウム錠剤でした。

現在では骨を丈夫に保つだけではなく、筋肉や血管の収縮に関与し、神経伝達を安定させるなど人間生命維持に不可欠な

ミネラルとして知られているカルシウムですが、開発当時は一部の先見の明のある人間しか注目されていなかったのです。

http://www.hmaj.com/kateiyaku/wadacal_j/

https://www.wadacal.co.jp/product/128.html

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん