「悪党」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 悪党とは

2018-04-21

anond:20180420213817

え?詐欺ってノウハウ必要から、根っから悪党じゃないとできないってわかるよww

毎日人騙すことしか考えてないんやつしかできないってwwwww

2018-04-18

夢は見るものじゃない叶えるものだよ

こういう発想はよくないよね。

これだと「夢は叶えられなければいけない」という発想になる。

そうなると「叶えられる範囲の夢を見なければいけない」か「夢を見たのに叶えられなかったなら夢を最初から無かった事にしなければいけない」か「夢を見たのに叶えられなかった奴は許されない悪党からどうなっても構わない」のどれかが結論になるよね。

それが子供健全な発育に伝わるとは思えない。

夢は叶えてもいいし見るだけでもいいしそもそも持たなくてもいいし諦めてもいいってスタンスでいるべきでしょ。

2018-04-17

anond:20180417200659

相手を野放しにしてたら他で悪さするだけ

典型的想像力のない悪党

更生の余地なし

死刑

2018-04-06

漫画家憲法違反検閲を復活させる悪党

アウトロー暴力団を賛美して日本社会倫理破壊する絵で金儲けしてきた集団だけある

安倍ヒトラー

安倍ナチス

って喚いてる連中って、頑なに

安倍毛沢東

安倍スターリン

安倍ポルポト

って言わないよね。まぁそっちは自分達が信奉しているものなぁ。

でも自国民(族)を大事にしてユダヤ人迫害したヒトラーと、

自国民虐殺した後者3人。果たしてどっちがより悪党かね。

2018-04-03

日本女性自意識過剰

本当に痴漢行為を受けた人は気の毒だと思う。

そんなの受けたら誰だって嫌だよ。気持ち悪いもの。だからそれは気の毒だ。怖かったよね。

って思える。

だけど、何にもしてない人を「相手が気に入らないという理由」なだけで痴漢と訴えかける女性がいる。

自分がなんもやってないのに、いきなり泥棒扱いされたら嫌でしょ?それと同じことをやってるんだよね。

でも、当の本人たちは自分たちの悪意に気づかない。というか、痴漢だと叫ぶこと自体自分正義勘違いしてる。

冤罪ふっかけて相手を陥れようとする。それは卑怯でとんでもなく人間性を疑いたくなる。

「あの人がいやらしい目で見てきた」というフレーズをたまに聞く。

別にいやらしい目で見ているんじゃなくて顔の形状的に目がそういう感じなだけじゃないの?って話。

顔の出来が悪くて本当にすみませんって心で謝っている人もいるかもね。

自分選択できる顔ならこんな冤罪も起こらないだろうし、そういう選択を生まれる前にしたかったと思う人もいそうだよ。

女性コンプレックスを抱くのと同じように男性も同じなんだよね。

好きでそんな顔してるわけじゃないし、そういう目線を送っているわけでもないでしょ。

かにも「あの人の息がかかった」とかね。

お前様は呼吸をしないのか?と。人によっては呼吸が荒い人もいるよ。これは生まれつきの人も居れば呼吸系に問題がある人もいる。

それを呼吸が荒いと痴漢扱いっておかしいでしょ。

女性陣の中には一切呼吸が荒くなったりしないってことかな。すげーですよ。男と女にはこれほどの差があるんだなーって思います

そういう所も考えたことのない被害妄想が酷い女性は、ホント目の前の男が気に入らないって理由痴漢冤罪押し付けてくるでしょ。

電車乗る時に女性の近くなんか行きたくないよ、電車に乗る女性はみんな冤罪ふっかけてくる小悪党だって思ってしまもの

そういえば、きっと女性はそんな事無いって反論した挙げ句に本当に痴漢されてるとか言ってしまう人がいるかもしれないね

うん、最初にも言ったけど。

本当に本当に痴漢行為被害にあった人は気の毒だと思うんだ。

怖かったと思うよ。

女性痴漢行為に遭うのが一部なら、痴漢行為をする男も一部なんだよね。

現行犯は捕まるべきだ。さっさと罰せられて社会的制裁を受ければいいと思う。

だけど、息が荒い。何度か目があっただけで痴漢扱いするのは間違っていると思うよ。

そんな誤解で痴漢扱いされた人が、社会的差別をされたらどうするのって話。

うそから冤罪どころじゃないよ。人として差別をされるよ。

誤解のせいで人生狂わされちゃうんだね。

誤解した方は罪をふっかけるだけふっかけてとんずらー。

あぁ、人として腐ってる。それじゃ痴漢行為をしてる腐ったクズ男と同じだよ。

ここでタイトルの話になるんだけど、日本女性ちょっとしたこと被害妄想尋常じゃなくなる。

自意識過剰って言葉がよく似合うほどに。

ぶっちゃけた話をすると、メディアインタビューしている女性ほど痴漢に選ばれそうにない。

痴漢する最低男もそのへんはちゃんと選り好みしてると思う。

まり容姿でそういう選択肢が出来るのだから、呼吸が荒い、目線があっただけで痴漢だというのはおかしいってこと。

なんかまとまらなくてすまんけど、電車を乗りにくくされるのは通勤にとても不便なので事実が発生した時にワイワイやってください。

他人冤罪などで騒がれて電車が停まったりするのは本当に迷惑なんです。

2018-03-26

喫煙者非喫煙者も休憩しろよ」→喫煙者「お前、何サボってるの?」

これが現実な。

喫煙者タバコ休憩もするしタバコ以外の休憩もするけど、非喫煙者普通にトイレ行っただけで「お前、何で持ち場離れてんの?」とか平気で抜かす。

喫煙者にとって非喫煙者人権がない奴隷種族

この状況を打破するには喫煙者を倒すしか無い。

騙されるな。

本当の悪はいだって喫煙者だ。

雇っている奴でもない。

仕事中の休憩を一切許さな架空非喫煙者でもない。

いつだって悪党は煙をくゆらしながら非喫煙者同士を戦わせて煙に巻くのだ。

2018-03-20

anond:20180317174439

ある意味コードギアスも悪の成長物語だな…

悪党の天下取り系だと山田風太郎の『妖説太閤記』が極北。最底辺から成り上がった豊臣秀吉忠義友情も何もないド外道なりに、相手が善人でも恩義のある者でも蹴落とす方向で努力しまくって頂点を極める。が、恨みを買いまくって報われない。

同じく史実モデルなら安彦良和の『わが名はネロ』とか、水木しげるの『劇画ヒットラー』もあるが、まあ胸くそ良くない話だな。

現代劇ならたなか亜希夫の『軍鶏』も、わりとオーソドックスな悪の成長物語といえるかも知れん。

2018-03-17

anond:20180317210504

批判するのはいいんだけど、自分が何か、漫画界の重鎮みたいな、

これからを背負って立つ人材目線で語るからウザがられるんだろうね。

そいつもやってる事は2次創作で、人のキャラ使って小金稼ぎしてる小悪党なのにな。

2018-03-10

anond:20180310133215

典型的な小悪党だよなぁ

社内用文書体裁(肩書名前掲載順とか)に異常にこだわってたり

稟議書のハンコの角度にうるさかったり

から自分の部下への圧力ブロックする気ナッシング

森の友が大悪党なら 海の敵は正義の味方なのか?

海の敵ってなにものだよ

2018-03-09

anond:20180309132530

会社社長だってそうだろ

社長改革の成果が今でてるだけなのに英雄賛美される今の社長

悪党扱いでイベントに呼ばれない前社長

2018-02-12

anond:20180212110105

増田にしてはスゴイ長文だね?(ネットで宣撫工作するプロ?)

昔の日本人アメリカ相手戦争をする民族だった。

原爆投下されて完全敗北を喫してからは、売国奴奴隷根性丸出しのポチ犬だけになった。

 

まあ、アメリカ民主主義の方が、天皇崇拝の全体主義よりましだから、負けて良かった面も少しはあるかも?

それにしても、アメリカの宣撫工作になびくだけの現代日本人は、世界中で笑い者にされて恥さらし。情けない。

アメリカから独立するのは無理でも、対等なパートナーにしてもらえるように交渉した方が良い。

 

日本アジアから欧米列強支配を追い出して、戦後アジア各国の独立の契機となった。

日本人悪党汚名を着ることで、アジア平和がもたらされた。

日本人もっと気概を持って、Good Loserとして正々堂々と世界平和を訴えるべき。

 

在日米軍横田基地日本人自由に出入りできない=日本アメリカ植民地FA

もう日本アメリカの1州になった方がましだよw

2018-02-06

無視もっと卑劣イジメ」という奴のいじめっ子率やばくね?

自覚なき悪意すら通り越して「俺のやるのはいじり。たとえイジメだとしても俺は特別に許されるべき」っていう正真正銘の明確な悪党に成り下がっている奴らの口から出てきた所しかたことがない。

ブクマカってタイトルしか読まないの?

書いた悪の科学者〜ってエントリたまたまブクマ多かったけど

小保方(STAP細胞)に言及してるやつみたいなのがチラホラいてイラついた

ねつ造は小悪党」ってちゃんと書いたのだが

2018-02-05

何で悪の科学者はいないのか

とんでもない殺戮ロボットウィルスを作ってばらまくような

ねつ造とかハラスメントとかそんな小悪党ばかりでつまら

2018-01-31

いただきます」教の功罪

職場でお昼ご飯を食べようと思って、コンビニ弁当を前に、

無意識に「いただきます」ってつぶやきながら合掌していたのだけれど、

だんだんこのルーティーンが不思議ものに思えてきた。

「合掌」は宗教的動作として、(特に外国人から見たら)なかなか強烈なヴィジュアルだと思う。

もっとも私は無宗教で、別に特定の神に対して祈りを捧げていたわけではない。

弁当調理した工場の人や、食材生産に携わった農家や、食べられるために死んだ生き物に祈ったのだろうか。

幼稚園小学校では、だいたいそんなニュアンス動作として教え込まれたような気もする。

「お残し」という戒律破りをすると、

どんな悪党でも、心のどこかで多少は彼らに対する罪悪感にさいなまれるわけで、

やはり強固な宗教的モラルとして、私たちの心に定着している。

もちろん宗教的であることと世俗的な合理性矛盾しない。

現に「いただきます」教は、いまでも食品ロス問題への効用があるはずだ。

しかしこの「いただきます」教には、少なからデメリット存在するように思う。

たとえば、

①「いただきます」教の原理主義教諭による、なかば拷問的な完食の強要

食品生産者への盲目的な礼讃により、消費者が「買わない」「食べない」という意思表示を示すことの困難(昨今のウナギ問題など)。

公教育の場で「合掌」を強要することの宗教的中立性の問題

などなど、色々思い浮かんでくる。

私たちはいま一度「いただきます」教の功罪を考えるべきかもしれない。

2018-01-30

やっぱりコインチェックって、

客の金を持ち逃げして破産宣告して返済踏み倒すフラグ立ってるようだ。わら。

マウントゴックス事件劣化コピーといった感じか。

 

そもそも仮想通貨とか言うから馬鹿が引っ掛かるんだよ。

「VR通貨」とか言っていればなんだか怪しい感じになるので被害者も少なかっただろうに。多分。

 

基本的普通常識があれば「ちょっと下調べすれば虚業可能性が高い事がわかる」ので引っ掛かるほうが悪い懸案だが、コインチェック事件テレビで大々的に宣伝していた最中での事なので、長い人生悪人出会った事の無い微温湯人生を送ってきた人と年金持て余す呆け老人は引っ掛かっても仕方がない悪質なものだ。多分これから露呈していくことになると思うがコインチェックのコアメンバーは相当黒い連中の筈だで、破綻して踏み倒すことも計算ずくだった筈だ。職業詐欺師の間ではマニュアルの1ページ目に書かれている事だからだ。コインチェックの背後に何者がいるのかで事件の深刻度は変わるかもしれない。

 

そもそも正体不明仮想通貨を買うという気持ちがわからない。

取引所問題というより「仮想通貨という概念ビジネス」に不信感を抱かない被害者問題と思う。

 

…仮に仮想通貨を「ゼニー」としよう。

100万円でネット金貨100ゼニーが買えます

ゼニーはネットゲームRMT(リアルマネートレーディング)が出来ます

RMTだから高く売って儲かる可能性があります

…まぁネトゲ課金ユーザーなら100万1000万出すのかもしれないけど(笑)

仮想通貨はこれを貨幣価値が主張できる程度のシステムを整えただけのものだ。しかし概ね前例のなかったもので、あるとすれば出資金詐欺とか幸運を呼ぶ壺とか新興宗教お布施とかだ。仮想通貨はそれらとは違うといったポーズを取っているだけのもので、現時点で合法なのも単に法整備が追い付いていないだけだ。

 

そういった仮想通貨未完成ゆえに穴だらけだし、そういった新興事業に即座に手を出すのはチンピラかゴロだけだ。DMMだって元々はアダルトサイトだし、もちろんコインチェックのクソガキ社長も見るからにウェーイ系クズだ。

  

別に仮想通貨が悪いわけじゃない。スマホゲーのガチャだって別に悪くないんだし。

しかしこういった事件は、被害者悪党に追い銭投げつけて文句言っているような、悪い奴がのさばる原因になる事なので、被害者馬鹿さ加減には少々腹が立つ。

 

2018-01-24

anond:20170425210458

第二次大戦時もこんなこと言ってたよね

一部のトップ悪党下士官世界一優秀な日本人だって

悪いことは全部どこか誰か他人のせい

2018-01-20

アンパンマンって凄くね?

基本的ストーリー構成は毎回毎回暴力によって悪を懲らしめる過激な内容なのに幼稚園児向け作品として受け入れられてるなんて異常だよ。

プリキュアですら暴力描写を抑えていこうと方針転換してしまっているのに、何十年も前から変わることな悪党を殴って倒す物語を描き続けてるんだぜ。

しかもそれが暴力的というイメージではなく暖かく牧歌的な物であるかのように扱われているんだ。

狂気のような代物ではないかね。

こんなのって他の国にもあるのか?

幼稚園児向けの作品として国民全員に認識されている暴力アニメなんて

電車でつり革捕まってたら、隣のオッサンが急に足を踏んできて睨んで来る。

何度も何度も

逆サイドの女性の足もわざと踏んでた

半端やってんじゃねーよ小悪党

悪事をやるならトコトンやれや

最低限のモラルとか社会意識するな

俺を殺すぐらいまで悪になれ

中途半端

anond:20180120102304

自民党問題は、もはや人数が増えすぎて、日和見議員だらけなことだ。

サラリーマン議員とも言う。

悪党のほうがまだマシ。

2018-01-15

山椒魚世界の神であるか?

 現代文の授業で山椒魚を初めて読んだとき、この捻くれ者は、私によく似ていると思った。だが決定的に違うところがある。それは山椒魚世界の神であったが、私は神にはなれなかったという点においてだ。その違いとは些細なようであって、とても重大なことであると私は思う。それは、私が誰かの神に、世界になりたいのに、なれない不完全な出来の人間であるからだ。

まず前提として、この文章はすべて、井伏鱒二氏の短編小説である山椒魚」を借り、私が私について語るだけの、極めて主観的でくだらないものであるということを示しておく。恐らく十八の人間が書く文章なんてたかが知れていると思うが、それでも私は山椒魚にとてつもない親近感を抱いているのである。それについて少しばかり、私が今まで思ってきたことを書けたらいいと思う。

まず「山椒魚」とは一体何かということを明確にしておく必要がある。山椒魚とは前述したように、井伏鱒二氏による短編小説である山椒魚自身身体が成長しすぎてしまたことによって、住処である岩屋から出られなくなってしまう。外に出ようと幾度となく繰り返す山椒魚だが、それが叶うことはついになかった。外の世界自由に生きる生物たちに嫉妬を抑えきれない山椒魚は、ついに悪党となり、山椒魚は岩屋に入ってきた蛙を閉じ込め、自身と同じ状況に追いやることで、自身精神の安定を保とうとしたのである。蛙は屈することなく二匹は岩屋の中で激しい口論を二年にも及んで繰り広げるが、空腹で動けなくなり、死しか望めない蛙に対して、ようやく山椒魚友情を感じるのだ。山椒魚は聞く。「お前は今、何を考えているようなのだろうか?」と。それに対し蛙は、「別に今でも、お前のことを怒ってはいないんだ」と答えるのだった。

この山椒魚を初めて読んだ時の感想は、「二年も口論を繰り返していたのか」とそれに尽きる。だが数回これを読み深めていくうち、山椒魚とは、ただ友達が欲しかっただけの、普通人間なのではないかと思うに至ったのだ。山椒魚には寓意が込められており、簡単に例えを出すならば「うさぎかめ」のように、ほかの生物もの真意本質を遠回しに伝えるというものだ。私の中で山椒魚普通人間であるし、出られなくなった岩屋は肥大した自意識であり、蛙はそれらをすべてわかっていた人間なのだ。これらも前提に、本題へ入ろうと思う。

何故この文章題名を「山椒魚世界の神であるか?」にしたかは至極単純である。私にとって山椒魚は、世界の神であるからだ。もっと突き詰めて言えば、岩屋の中に閉じ込められた蛙の世界であり神であるということだ。まず先程書いたように、岩屋は肥大した自意識であると私は思っている。山椒魚はその自意識に閉じ込められた、或いはそこから出ることを拒んだ所謂可哀想人間に過ぎない。蛙はその山椒魚自意識を満たすため利用された、こちらも可哀想人間であるという認識をしている。山椒魚は蛙を利用し監禁することによって、死の間際に、世界となり神となることに成功したである

人間人間の神になるために必要なことは、その標的からすべてを奪うこと以外に存在しない。山椒魚は蛙を自分の住処に閉じ込め取り入れることによって、蛙からありとあらゆる自由を奪うことに成功している。それがなければ山椒魚は神になれなかったし、もしかしたら山椒魚は図らずも神になっただけかもしれない。だがそれだけ、人間人間の神になるということは難しいことなのだ。それが善悪のどちらに所属するかはまず置いておくとして、私はそれをやってのけた山椒魚を素直に尊敬する。山椒魚悪党となることで蛙を閉じ込めたが、この時の山椒魚の心境を鑑みるに、標的が蛙であった必要はなかったのだと思う。よくニュースで聞くような、無差別殺人犯の言う「誰でもよかった」と同じように。ただこの「山椒魚」にとって、この蛙が蛙でなかった場合、二年間口論が繰り広げられることも、最後にようやく友情が芽生えることもあり得なかったのではないだろうか。

 しかし、だからといって山椒魚が神であるということに相違はない。閉じ込められた蛙にとっては、憎むべき対象も、愛すべき対象も、結局は山椒魚しかいなかったのである。蛙は最後に「今でも別に、お前のことを怒ってはないんだ」と言った。それはおそらく、蛙自身も、山椒魚を神とすることで救われた一人の人間だったからだと思う。山椒魚が蛙を閉じ込めたとき、蛙は、閉じ込められた岩屋の中で堂々と「俺は平気だ」と宣言する。それは山椒魚を見くびってのことだったのか、それとも逆に、山椒魚ならば…という、敬愛の証だったのかもしれない。ただ私が思うのは、おそらく蛙も、もしかしたら山椒魚と同じような立場になっていた可能性があるということだ。メタフィクションのような話になってしまうが、蛙は山椒魚よりも体が小さいので、少なくとも岩屋から出られなくなってしまうということは考えにくい。なので、自由に飛び回ることのできる外の世界―要するに「山椒魚」の世界観で「社会」で、同じ立場になっていたかもわからないのだ。山椒魚肥大した自意識から出られなったが、それはあくまでも人間の内側で起こっている出来事に過ぎない。自身の激しいナルシズムが引き起こす極端な自己評価他者評価ギャップに悩み、それを見栄で隠そうとしたために発生した、ある種一時的反抗期のような、よくよく考えてみれば、我々も通ったことのあるような道でしかないのだ。だが蛙は人間の内側でそれを発生させてはいない。人間人間が大量に入り混じる、失敗の許されない、いわば監獄のような世界でそういった問題に悩まされていたとしたら、それはきっと山椒魚よりも可哀想で哀れな姿になっていたに違いない。山椒魚は蛙を閉じ込めることで、自身と同じ状況の人間作成し、その結果精神の安定を保とうとしたが、それは蛙も同じだったかもしれないということだ。蛙は山椒魚に「わざと閉じ込められる」ことによって、可哀想人間に捕らえられ逃げられない自分を作り出し、自分社会に対する折り合いのつかない問題から逃げ出そうとしたと考えれば、最後の「今でも別に、お前のことを怒ってはいないんだ」というセリフにも納得がいく。

この文章を書くにあたって、自分の「山椒魚」に対して抱いた如何ともし難い薄気味悪さというのは、蛙によってもたらされた山椒魚への許しが生み出したものだと気付いた。小説である一言言ってしまえば確かに終わりなのだけれども、例えば自分が身勝手理由他人監禁され、しかもそこで死を迎えなければならないとなった場合最期相手を許すことが出来るものだろうか。それが愛する人家族ならいざ知らず、どこの誰ともわからない人間にいきなり監禁された時点で、普通に考えて怒りなんて言葉では済まない。それこそ二年間によって繰り広げられた喧嘩でさえ、この最期によればおつりがくるほどだと思う。最初こそ「二年間も口論していたのか」なんて暢気な感想を抱いたけれど、少し考えてみたら、最期の蛙の言葉は、私にとっては最早呪いだ。もしも私が山椒魚だったとして、自分が閉じ込めた相手が死の間際に自分を許す旨の発言をしたら、嬉しさも喜びも何も感じることは出来ない。むしろ、「この人は今まで何を考えて自分の思い通りになってくれたのだろう」という不信感すら残ってしまうだろう。自分という一人の人間を殺したという事実から逃げるなよという、怨念のようなものさえ感じさせる。それを考えると、山椒魚が蛙を閉じ込めたというよりも、蛙のほうが、山椒魚を好きに操っていたようにしか考えられないのだ。蛙は山椒魚のことを、自分と似た人間だと思い、自身社会に出たことで削られてしまった自尊心自意識回復するために、「わざと山椒魚と一緒にいた」ようにしか思えない。物理的にそこから出られなかったとしても、こころだけでも自由になることは出来たはずなのだ山椒魚と違って自由に泳ぎ回ることが出来ていた人間ならば。だがそうではなかった。ということは、蛙は自由に泳ぎ回っているように見えて、その実、社会という檻から逃げられず、自分肯定するために必死だった、ただの哀れな、普通人間しかなかったのだ。

最後にもう一度、これは私が井伏鱒二氏によって描かれた短編小説山椒魚」を借りて書き殴っただけの、主観的陳腐文章であることを明記しておきたい。ここに書かれていることはすべて、私が勝手に作り上げた妄想であって、おそらく山椒魚には、これよりももっとポジティブメッセージ寓意)が込められていることだろうと思う。しかし私にとって「山椒魚」は、どうにもポジティブものとは受け取れなかった。可哀想人間が寄り添って、互いの削れた部分を埋めるために、互いの世界になろうとする。そんな常人には理解出来ない、孤独で閉鎖的でどこまでも自分本位人間本質を描いているように見えたのだ。

私は山椒魚に似ている。けれど私は誰かの世界にはなれなかった。私にとっての「蛙」がこれから現れることはあるのだろうか。山椒魚が蛙を操っていたのか、蛙が山椒魚を操っていたのか。本当のことは、誰も知らない

              

                                                                                                    了

2018-01-13

作品の感動にはタメ、我慢必要

こんな事説明するほどの事もないだろうけど

感動をさせる、感動をするにはタメが必要

 

悪党を退治して盛り上がるのは悪党ぶりを知っているから。

いくじなしが勇気を出すシーンが感動的なのは散々意気地なしであるところを見せてきたから。

弱かった奴が強くなってかっこいいと思うえるのは弱っちいところを見せてきたから。

ライバル共闘が盛り上がるのは敵対してきた歴史があるから

 

盛り上げる為の前フリとしての苦労描写は盛り下がるし退屈かもしれないしイライラするかもしれないけど

ここを省略しちゃ駄目。一言苦労してきたんですよ想像してくださいってのは効果的でない

 

例えば後半が好きだけどそれ以外は退屈だなって映画小説でもなんでもいいけど見返すとき

お気に入りのシーンだけ読むのと最初から読み返す時、面白さは絶対違う

こういう経緯だった覚えてるとクライマックスだけ見ても感情や興奮は覚えてないか

何のタメもなくなる、試してみて欲しい。

 

なんてことを封神演義アニメを観て思った。

盛り上がる場面まで話すっ飛ばして作っても期待した盛り上がりにはならないよね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん