「フリーランス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フリーランスとは

2017-11-21

システムエンジニアプログラマ面接の合否の決めどころ

三十路フリーランスフロントエンドエンジニアですが、今まで様々な現場面接官と話をしてきました。

で、個人的に「面接官」が合否を決めるポイントは、大体以下のポイントかなーと思っています

1位 フィーリング

2位 人間性

3位 スキル

どちらかといえば、新卒寄りではなく、転職寄りのランキングです。

新しい人を採用する際に、「なんで今の人にしたんですか?」とたずねてみると、どの面接からもはっきりとした答えが返ってくることはあまりありません。

「うちが求めている技術は持っているし、受け答えがはっきりしていたから」とか、「技術はないけどやる気がありそうだったから」とか、意外とそんなのばっかりです。

そもそも1020分そこらの面接人間性なんてわかるわけがないし、スキルスキルシートで既にわかりきっています

それでも面接をするということは、形骸化している部分も否めないですが、結局は『この人が現場に参入してきて、大丈夫だろうか』という確認意味ほとんどだと思います

まり結局、『なんとなく良さそうだったから』というのが大切なのであって、人間性スキルなんかは合否以前の、持っていて当たり前のものなのかなと。

どれだけスキルを持っていても、他人が話している時に遮って自分意見を挟んでしまうような、そもそも人として問題があるような人も、世の中たくさんいます

逆にスキルを全く持っていなくても、スキルシートで背伸びをしすぎてしまっている人もたくさんいます

そういう人を見極めるのが面接の場であり、その見極めには10分くらいあれば、大体わかるのかなーと。

ちょっと話はずれますが、「中卒、高卒から」とか「空白の期間が長いから」とか「前職は全然違うジャンルに就いていたから」とか、そういったものは意外と障壁にならない、おすすめ職業でもあります

もちろん上に書いたとおり、中卒であろうが高卒であろうが無職であろうが何に就いていようが、人間性スキルは前提なので、逆にそこさえ何とかすれば簡単お金がもらえるようになります

大切なのは、前提を守った上で、人として当たり前の行動、言動を持っているかなのかなと思います

2017-11-19

anond:20171119205316

社会経験不足のバカが目立ってるだけで世の大多数のフリーランスはそんなことしないよ。

anond:20171119205316

これを直接フリーランスの人などに伝えてみればいいのではないでしょうか。

こんな匿名掲示板で陰口なんか叩かずに。

実名で誰かをdisる人がわからない。

フリーランスの人とかよくTwitter実名でやってて、仕事上のグチやら誰かへのdisを吐いてたりエア説教してるけど、あの感覚がわからない。

仮に相手Twitterやってて、相互フォローしてるならまだしも、相手Twitter見るような人じゃなければ、公開されてるけど堂々と陰口言ってるようなもんで、言われた方もかなり気分が悪いだろうし、微妙にボカすから自分のことかわからないので、一緒に仕事してる人は疑心暗鬼にならないのだろうか。

眼の前にいるのに、無視してそいつのグチ言うとか、かなり性格悪くないか

2017-11-16

https://anond.hatelabo.jp/20171116121654

ビジネスの部分は、どの仕事でも作業自体とは別ゲーになるから

個人になるとそれ自体が重荷になるんだよね

会社のありがたみに気づく

でも組織クリエティティをどれだけ出せるかも、また難しい

 

俺はITフリーランスだけど、こっちはすごく稼ぎやすいんだ

パッケージ化されてるからぶっちゃけアルバイトと大差ない)

パッケージ化されずに荒野に出されたら、本当にキツイ

モチベの3軸も考えなきゃならなくて、苦悩してしまいそう

 

上手くパッケージ化できれば良いんだと思う、一時期の漫画界隈のように

個人的にそこをやりたい(難しいけど)

その方がクリエイタークリエイティブに集中できる

2017-11-15

八方塞がり

すごく好きな仕事をしていて、その仕事フリーランス契約である会社から定期的にもらってる。

その会社以外ではその技術使わないでね。競合他社でもしやってたら打ち首だよ。独立なんてしようものなら裁判からね。という契約

現に内緒自分会社立ち上げた先輩は裁判おこされてた。

でも私はこの仕事好きだし今の会社の枠に囚われることな仕事がしたくてたまらなくなっている。っていうかそれができるのがフリーランスのはずなのに厳しいルールのせいで、できない。

もっと給料あげるよと言ってくれる他社はたくさんある。

でも今契約している会社人達はすきなんだ。人柄良いし、恩義もあるから裏切れない。

でもこの仕事一生したいなと思うくらい好きなのにこのままだとお金や出来ることの範囲限界が見える。

もっと大きなことをしたい。

契約辞めたところで、辞めても他所でその技術使うなって契約に判子を押してしまっている。判を押した頃はこんなにこの仕事を好きになるなんて思ってなかったんだよ。

社員になれという話も何度かでたが、私はフリーランスとして働きたい。

あーあ、。どうすればいいの

こんなに好きな仕事だけど潮時なのかなぁ

2017-11-14

増税した分は何使われるのだろうか

高収入会社員増税個人請負は減税案で調整 財務省

http://www.asahi.com/articles/ASKCF5HLWKCFULFA017.html?iref=comtop_8_06

所得税見直しについて、財務省は、高収入会社員増税し、会社所属せずに働く人を減税する方向で与党と調整に入った。

国際的にも手厚いとされる会社員向けの減税措置を減らし、

働き方によって生じる税制格差を縮める狙いだが、負担増になる会社員からは反発も予想される。

これさ……実地されたら高収入人達が、

おまえらより税金多く払っているんだぞ!ちょっと頭下げい!低・中収入会社員、またはフリーランスがめ!俺達が仕事を与えているのだ!」

みたいな意識にならない?

「賛成!我ら高収入がどんどん税金払いましょう!お国の為に!」

なんて気持ちになるのかな。

2017-11-13

安西水丸イラストが好き。

こんな柔らかくてかわいいイラスト書く人なんだから

きっとのんびりした暮らしを送りながらマイペースな人なんだろうなと思っていた。経歴も浮世離れした感じかなと。

でも、

電通、ADAC(N.Y.のデザインスタジオ)、平凡社アートディレクターを務めた後、フリーランスとなる

こんな大手ディレクターを務める位だからバイタリティがあるし社会性も高い人だった!

みくびってごめんなさい安西先生!!


凄いよなぁ…。

フリーランスになる為には、色々な人との繋がりがないと駄目だろうし。

例え絵が描けたり何か作れたとしても、それだけじゃ世の中渡ってはいけない。

バイタリティ欲しいぃぃい

2017-11-10

クラウドソーシングをやるべきではない最大の理由

どれだけクソ安くてもやる理由はあると思うんだが

何よりクライアントの質が低すぎるのが問題

作業が予定を上振れたり揉めたりするリスクは通常の会社での受注より高い

そしてオンライン上のやり取りなので、クライアント教育することも不可能

 

単純な話で、他で仕事発注できないような人がクラウドソーシングに来るんだからしょうがない

「他で仕事発注できる人が、クラウドソーシング発注するメリットがない」のが最大の問題

どう足掻いても吹き溜まりとなる

ここを脱さないとこの業界未来はない

フリーランス法整備の話もあるらしいが、そこじゃないんだ

2017-11-09

新卒からフリーランスをするっていうのは、

個人的にはオススメしてほしくないな。

平日昼の増田ってどんなやつがいるんだ?

暇なサラリーマンか?フリーランスか?

2017-11-07

在宅でフリーランスプログラマやってる

プログラミングという作業をする以上、どうしても実装にまとまった時間が欲しいことがある。

だけど実際には、子供(1歳)の面倒を見てくれとか、電話番をしていてくれとか、宅急便が来たら受け取ってくれとか、そういう細かいことが日々脈絡なく依頼される。衆院選前は来客ばっかりだったな・・・

仕事をしているとは言っても、自宅に居るんだから、自宅のことは片手間でもできるだろう、というのが他の家族の言い分だ。

それは確かにそうだし、子供の面倒にあっては見なけりゃいけないのは当たり前だから、多少自分のペースが疎かになってもそれをしようという気概はある。

だけど、それで本業が疎かになっているのは正直顧客申し訳ないなと思うし、それで成果が達成できなかったら結局どうにかしなくてはならないのは自分なので、だったら最初からかにせずやってればいいという話である

妻は2人目を妊娠中で、思うように体が動かないこともある。いくら家に居るとは言っても、1歳の遊び盛りを相手にするのは大変だ。おむつを換え、ご飯とおやつを食べさせ、外で遊び、風呂に入れ・・・とやっていると1日なんてあっと言う間である

自分日中仕事もそこそこに家事育児を行い、それで終わらなかったぶんは夜〜深夜帯にやるという考え方もあるけど、ミーティング運用対応など「その時間にできないと困る業務」がある場合、それも難しい。

子供保育園に入れるという手もなくはないが、家族の反応はイマイチだ。前述の通りで「父親日中居るのだから保育園に預けなくても子供を見ていられる人間は居る」というのが言い分らしい。見てるだけで育児ができるんならそうなんだろうが・・・

世の在宅プログラマにはこういった家事育児実装運用ものすごく高いモチベーションを以って行っている人が居るが、本当にすごい。そういう人に憧れなくもないが、実際やろうとすると何かの成果を犠牲にしなくてはいけないという感じがあるし、これを本当に100%に近い成果で達成できているのだとしたら、その人はとんでもないスキルバイタリティを持っていると思う。残念ながら、自分にはそこまでのスキルバイタリティもない。

家で仕事をしているというだけで「なんか楽しそうですね」という印象を与えてしまっているのかもしれないし、それは否定できないが、在宅という働き方は自分に合っているとも思っているので、そこは後悔も何もない。とは言っても、現状そんなにストイック仕事できている訳ではないし、終わらなければ残業なり休出なりするというのは普通の勤め人とあまり変わらない。そこに家事育児と入ってくるので、まとまった時間が取れないという意味ではむしろ不利なんだろうかという気もする。

とは言え、在宅という方法を選んだ以上、そのフィールドで成果を出したいというのはある。

結局は在宅という仕事の仕方に対して家族理解を得られていないというところに決着する話なのだけど、一度書いて整理したかったので、増田に書いてみることにする。

※追記

言及ありがとうあんまり増田レスを貰えたことがないのでちょっとびっくりしている。

仕事場別にしろ

これがもっと現実的な解なんだろうなと思う。育児家事はできないけど、両方に100%コミットするのも難しいし、選択肢には入れておきたい。

スタバMac

最寄りのスタバまで車で1時間30分かかるから厳しいうえに、カフェ気合い入れてプログラミング難易度が高そう。

保育園

幸い地方過疎地域住まいなんで、認可外なら結構空きがあるのが幸い。評判は口コミでも良い評価を聞いてるし、四の五の言わず保育園、っていうのもありだなとは思ってる。妻も働き出したら余計に。

シッター

これも意外とアリかなぁ。1人と2人じゃ全然余裕が違うし。参考になります

色々意見ありがとうございます。もうちょっと考えてみる。

2017-10-30

anond:20171030152941

まあ、

一生フリーランス自営業で生きていく覚悟が有るなら別にいいと思う。

飲食店美容院経営とかね。

ミュージシャンとかスポーツ選手とかその最たるものでしょ、だからいいんだけど)

いつか会社員になる可能性があるなら、止めとくのが無難でしょう

ただ問題なのはタトゥー入れるような人ってそこまで考えてないよねーってとこ

給料が上がる」というのは、未来を狭めることだ

フリーランスになって1年半

報酬額は実質3割増となった

5年前のクソ安い会社から比べれば15割増だ

 

すごく前進したような気もするが、逆にもう戻れなくなっていることに危機感を覚える

一番成長できたのは、クソ安い会社ときだったが、もうアレには戻れない

今以上に稼げるという状態は、それほど選択肢がない

 

私より優秀な元同僚が、皆の知ってる企業に入って、650もらっていると言っていた

650は高い

でもフリーで650は安い

私のほうが全然不出来なのに、彼より遥かにもらっている

 

この先に破滅があるような気がしている

生活水準が上がってしまった

ぶっちゃけ今の1.5倍ほしいと思っている

 

以前、大変優秀な方の記事

年収1500万まで行った後転職して500万からやり直すという、というのを数回繰り返したというのがあった

自分は彼のように振る舞えるだろうか

もう一度山を登る自信があるかどうかだ

私には無い、降りたらもう登る自信がない

 

フリーというのは荒野を独り行くが如しだ

どこへ行くのもある程度自由だ、自由から縛られる

今正しい方向に進んでいるのか、まるでわからん

2017-10-28

anond:20171028141246

IT化は基本省力化なので、雇用を増やす役には立たんだろ。

なんならフリーランスでも生きていけるスキルを身につけさせる学校をつくったらどうだ?

2017-10-27

社長は多分ADHDだ。

フリーランスから法人化した零細企業専門職として働いている。

彼はその職としての職能は高い。

社員想いで(若干メンヘラっぽくて重いが)、

給料とかも積極的にあげようという気持ちで接してくれる。

 

でも、普段の様子をみているとどうもADHDの特徴と一致する。

決定打は、彼が私を乗せて車を運転していたとき

遅刻ギリギリだったんだけど、

死ぬほど重要ものかといえば、多少の遅刻は「ゴメンゴ」で許されるレベルのもの

それで焦って道を間違えたとき

パニックになっていきなり道を逆走しだしたこと。

都内ど真ん中の何車線もある道路。幸い、本当に幸い他の車がなかったので事故には至らなかった。

あのときマジで死んだと思った。

 

まぁ他にもあるけど、サイトとかで紹介している項目通りという感じだ。

自分は欠陥品だから」とかよく言うので、もしかすると本人も自覚があるのかもしれない。

まぁ別にからといって…と思って、

特に本人にそのことについて聞いたことも話したこともない。

 

ただ、普通の人と同じ接し方だとお互いに疲れるだろうと思って、

ADHDに関する本とか読んでどうすれば上手に付き合えるかとかは勉強した。

思ったことはなるべくその瞬間に言葉で伝えるようにしたりとか、

打ち合わせ1時間こえると鼻毛抜き遊びとか指とか紙とかいじりとかはじめるので(大手オフィスとかでも)

同席したときはさっさと終わるように進行したりとか。

 

こういうストレスも含めて、賃金が支払われていると思って2年ほどきた。

 

社長価値観のものさしでいえば、苦手な社会生活をきちんとこなせて、素晴らしいと思う。

でも、私の価値観のものさしでいえば、やっぱり、社会人として許せない行為が多すぎる。

毎日イライラしてしまう。

そろそろ限界かもしれない。

anond:20171027100320

開き直ってんじゃねーよバカ

怒ってもらえたならどうしたらいいかわかったんじゃないのか?

それで覚えられただろ?覚えておけないならメモして貼れ

外で働くなら頑張れよ

なんでも障害のせいにして考えるのを放棄するな

 

俺は発達障害じゃないけど人が嫌いだから一人でできる技術仕事にしたよ

家で一人でできる、実力次第のフリーランスというやつだ

ただの人嫌いでもこういう選択をするのに

お前は何故自分普通ではないとわかってていつまでも外で働いてるの?

2017-10-25

給与だけじゃない保育士の働き方革命

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00010001-binsider-bus_all

保育園経営の最大の難しさは、保育士の確保だ。なぜ菊地さんが次々と保育園を手がけられるのか。それは、保育士の働き方を大胆に変革したから。

園では保育士自分の子どもを預けられる上、「好きな時間帯に好きなだけ働く」方式採用。「子育てしながら仕事を続けにくい」という保育士の悩みに真っ向から向き合っている。

1.働く時間選択肢を増やした

2.非正規正社員同一労働同一賃金を実現

3.在宅勤務を認めた

とある(各項目の詳細は記事参照)けど、人数を増やせばその分より人件費がかかる=一人当たりが低賃金になるわけで、

普通保育園正社員より低い時給しか出せないだろう。

それだと「普通にフルタイムでは働けない子持ち女の足元を見て安くこき使ってる」に過ぎない。

しか

長保育は設けておらず、全ての保護者が18時30分の定時までに迎えに来る。

じゃ保育時間が短すぎて無理という親も多いだろうし、待機児童解決にもならないのでは。

3ページ目(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00010001-binsider-bus_all&p=3)はシッター話題だが、

フリーという選択肢1000万プレーヤーも」などと煽っておいてよーく中身を見ると

仲介キッズライン社は手数料として保護者、保育者双方から10%の手数料のみをもらう。従来は富裕層向けのイメージの強いシッターサービスを、従業員コストなどのマージンを削減することで1時間1000円~という低価格提供する。

まり、最下層は1000円から10%×2が引かれて時給800円しか会社雇用されている訳ではないフリー福利厚生保証ゼロという超ブラック労働

事故が起きても責任被るのはシッター個人だろう。

1000万プレーヤーになれるのは、高い時給を取れる相当の上澄みかつ

労働時間が長い(例えば泊り保育を毎日休みなくやれば24時間仕事受けてる事になるわけでそりゃ儲かるだろ、超長時間労働だけどな)人だけだろう。

しかフリーランス1000万って会社員と違ってそれほど高い収入でもない。うっかり事故れば億単位賠償被るリスクが高い仕事と考えたら、これでも割に合わない。

結局、保育労働者シッターの話も入ってるから保育士資格所持者とは限らない)の大多数は

安いカネでこき使われるしかない、ってのは何も変わってない。

給与だけじゃない」って、やりがい搾取やる奴の典型的台詞だよね。

anond:20171025004940

経験は長いけど派遣ばかりだよ

インフラエンジニアやったことないけど

フリーランスとかやればいいんでないの?

官製フリーランスブームが来る

財務省サラリーマン控除の大幅削減に動き始めたと聞いて、とうとう政府フリーランスを本格的に増やす方向に舵を切り始めたか、と思った。

経営者にとっても、政府にとっても、正社員非正規雇用よりもフリーランスのほうが扱い易いのは言うまでもない。

正社員バイト派遣労働基準法社会保険などの加護があり、経営者にとっては重石になっているが、フリーランス下請法しかない。

下請法さえ破らなければ、何をやってもいい。

いや、下請法もかなりのザル法で、実際は強引な下請単価や発注金額の値引き要請を年中やっている。

下請法違反告発されないための交渉テクニック元請けとなる大企業で普及してるから告発されることもない。

下請法フリーランス保証してくれるのは、検収後の売上が確実に支払われることだけである。もちろん検収にもかなりのハードルがあるのは言うまでもない。

話がやや逸れたが、経営者にとっては、正社員10人よりもフリーランス15人のほうがいろいろやりやすいのである

また、国民の平均年収を上げたい政府にとっても、フリーランス増加は都合がよい。

フリーランス社会保険や経費が自腹となる分、収入の額面だけはサラリーマンより多くなる。

からフリーランスを増やすことで、国民の平均年収100万単位でアップする。

そのような、経営者政府の両方に都合が良いフリーランスブームを、これから政府広告代理店が仕掛ける。

昔、フリーター派遣を増やすために行ったように。

5年後にはアメリカのように、労働者の3割がフリーランスになっていくのだろう。

収入の額面だけは増えて、なんの社会保障もない人達が、日本国民デフォルトになる日も近い。

2017-10-24

ふだん行かないところに行く

先日、うつ入院した話を書いた。

意外にブクマされていて驚いた。

退院してから復職はできる状態になく、

引きこもって一人ぼっちで居た。そしていまもそうだ。

実家に帰ると、田舎すぎて辛いので便利な都市部一人暮らししている。

最初のうちはすごく辛かった。

働いていた頃は職場ストレスに耐えていて、

入院中は頭のネジが飛んだ人たちに常に警戒していたし、

ナース医者の顔色をうかがいながら、

常に誰かが周りに居たから、本当にひとりぼっちになって初めて、

自分に話しかけてくれる人が誰もいない」状態に怖くなった。

二週間くらいして、ようやく一人で起きて、

誰とも話さないまま眠ることも慣れた。

一応、病院には通院しているし、カウンセリングも週に一回あるとはいえ、

それだけだ。

なんだかいろいろ涙もろくなって、ツタヤで借りてきた映画でボロ泣きしたり、

アベマTV放送されていた昔のアニメを見てガン泣きしたりしていた。

ひぐらしのなく頃にで泣くとは思わなかった。

Facebookには入院していろいろあったことを書いた。

そしたら、そんな僕を見かねてか、

Facebook高校時代部活仲間から連絡があって、

久々に飲もうよという話になった。

場所彼女の勤務先近くで、

ふだん行かないちょっとオシャレな街へ行った。

家とスーパー駅前くらいしか行かない僕からしたら、すごく新鮮だった。

彼女は既婚者だし、僕も恋人を亡くしているし、

そういう関係ではないからこそ、気を遣わずに昔話をしたり、

同じ分野の仕事をしているのでAdobeソフトの話で盛り上がったりした。

うつときの暗い話とか病院の話はしなかった。

医師や親や周りの人は、

「焦らずゆっくり治していきましょうね」

と口をそろえていうけれど、

僕は自分が嫌いで嫌いで仕方がなく、なんにも生産性がなくてテレビ動画を見てるだけのクソ野郎から死んだほうがマシだという思いは、入院する前から変わらなかった。薬を飲んでもその想念は取り払われない。せいぜいよく眠れるようになったくらいだ。

話を戻して、僕はその部活仲間と飲んだ後、

「またね」と別れた。

たったそれだけのことなんだけど、

「僕はここに居ていいんだ」

と思えた。

彼女は、周りの人を笑顔にできる立派な人だ。

そういうちゃんとした人とコミュニケーションをすると、うつが治る。

「〜〜だと辛いでしょう」「〜〜は闇だからなあ」とか、

ネガティブ話題を引き出すことにかけては天才的な人もいるが、

逆に、その人の前にいるだけで、明るい考えになる、そんな人もいる。

そういう人から順番に、きっと幸せになっていくし、

幸せからこそ余裕があって、そのおすそ分けをうけているんだと思う。

仕事現場で常に感じていた「出来ないやつは切る」という緊張感。

パーティーに見せかけた戦場みたいな営業活動

ほめられてもプレッシャーしか感じない日々。

僕がうつになってしまったのは、フリーランスになって、

利害関係のある人としかコミュニケーションを取っていなかったからだと思った。

利害関係のない人間が、いま、

僕のことを気にしてくれていたという事実が、本当に救いになっている。

あれからも僕は一人暮らしで、基本的スーパーと自宅の往復だけど、

少しずつ前を向けている気がする。

今は一人ぼっちでもへいきだ。

ふだん行かないところに少し足を伸ばしたら、自分が少し誇らしくなる。

他人から見たら些細な事だと思う。

でも、自分のだめなところを探し続けていたらきりがなくて、

いいところを探して、ささやか幸せに元気になっていきたい。

次にまた部活仲間や友だちと会うとき

その人に笑顔を引き出せるような人になりたいなあと思った。

2017-10-22

フリーランスブームへの危機感

そもそもまだブームじゃない気もするが 

 

バブル期フリーターに近い印象がある

若いやつはやめろよ

後悔するぞ

あれはいつでも正社員に戻る自信がある人がやる独立ってやつだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん