「美術史」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 美術史とは

2024-01-01

anond:20240101104028

別にそれでいいんやで

全部美術史知識必須みたいなのだオタクしか見なくて先細りするだけだし

なんだかんだ子連れに受けてるのはチームラボみたいなのだしな

オタクはどうせ勝手勉強し始めるから

2023-12-15

大学民俗学美術史美学歴史勉強しかったんだけど、就活で「我が社にどう役立ちますか?」って質問にショックを受けた

ってのには、

そのくらいでショック受ける!?って不思議に思うんだけど

でも自分面接質問でショックを受ける事って多いからなあ

自分自身の事ならまだしも、特になのは家族の事。

うちは両親は離婚しててきょうだい障害持ちの無職なんだけど

当たり前のように「ご両親は?」とか「ご兄弟お仕事は?」とか聞かれるものからフリーズしてしま

家族について堂々と話せるような『まともな家柄』の従業員以外は要らないと思っているからこの手の質問をするのかなあ

2023-11-24

絵師は絵柄というものに対して独占感情を持ち過ぎじゃないか

ある作家ポスト引用するがこの作家に対して何かしらの感情があるわけではなく、絵師と言われる人間に見られる言動への疑問に対する例とさせていただく。

コレは全然違う話だけど、イベントで良く言われるのが「とっても可愛いですね!大好きだから私も真似して描いてみます!」

こう言われて嬉しい人いるのかな?といつも謎に思う

いや真似しないで貴女オリジナルな絵を描いたほうが私は嬉しいよ…

しろアイデアまれてるみたいでとても悲しいよ…と

キャラクターイラストを描く作家に多く見られるが、他者作品自身作品に似る、他者自身作品に影響を受ける、自身作品が誰かの作品に似ているという反応をされることに対する強い拒否反応を示す人が多い。

そういった事に傷ついたという言動はX上で日常的に見る。


増田はこのような反応をする絵師たちに疑問を持っている。

そもそも例外なく作家は幼少期に絵を描き始めてから絵の上達を経て作家活動を行うようになるまで他者の影響の元にスタイルを生み出しているはずだ。

言ってしまえば作家スタイルオリジナルというもの他者コピーの積み重ねに手癖による変化が起こった程度のものであり、絵柄は他者からの借り物と言ってもいいものである

借り物は言い方としてキツいかと思うが、その作家スタイル美術史という連綿と続く歴史大河の一滴に過ぎない。


他者に影響を受ける事に対してこのように拒否反応を示すのは次世代文化の発展を邪魔する行為であり、自身が影響を受けた作家に対する冒涜ではないだろうか。


例えばこの作家の絵柄を見ると目を上瞼と下瞼のみ描写し目の左右、つまり目尻目頭を描写していない。

この描き方は日本においては東映動画が「太陽の王子 ホルスの大冒険」で導入してからアニメ漫画に広まったものだ。

東映動画もこの描き方は旧ソ連の「雪の女王」で行っているものを真似たものである。(これは「雪の女王」のDVDに収録されている特典映像宮崎駿氏が語っている)

ソ連の「雪の女王」を制作したソユーズムリトフィルムの他の作品にもこの描き方を見られるが、一節にはこの描き方は銅版画でインクの付着する面積を減らして印刷時の事故を防ぐ目的自然発生的に生まれたと言われている。


また、この作家は影や髪の毛質感表現輪郭線に沿ったハッチングを行う手法を用いている。

この描写方法ヨーロッパの本の挿絵において広く用いられている。


パッと見ただけで描写方法他者からの借り物の表現を行っている。

自身がそれをしながらこのように他者自身作品から学ぼうとする事を拒否するのはいささか傲慢に思える。


このような発言はどういうわけかデザインフェスタのようなイベント出展していたり小規模なギャラリーでの個展グループ展でキャラクターイラストを発表する作家によく見られる。

他にはSNS上で絵師と呼ばれているような人間か。

一方、アニメーターや漫画家にはこのような言動はあまり見られない。


漫画家は自身や他の作家歴史系譜について研究している人も多いし、評論家がそのような研究を行うことへの拒否感はあまり見られない。

評論家に関しては「私の作風の源流はそこにない」という異論作家の側から出ることはあるが。


増田は現職に就く前は動画マンをやっていたが、アニメーターにおいても漫画家同様に絵柄やアニメートのスタイルがどこからの影響かを語っている人も多い。

金田伊功氏の影響を受けたアニメーターたちが金田系と呼ばれたりするのがそれだ。

実際、増田がいたスタジオの諸先輩方は自身に影響を与えた先人について語る場面を随分見てきた。


絵だけでなくミュージシャン映画監督もそうだろう。

Wikipediaなどはテンプレートに「影響を受けたもの」「影響を与えたもの」という項目があるくらいだ。


絵柄パクなどという言葉があったり、自分に絵柄の似ている作品他人に取り下げるように求めたりイラスト界隈は不穏な事が随分見られる。

まるで自分が0からその絵柄を生み出したような物言いも多い。

このような態度は後進が成長するのを阻害するし、文化として研究する上で障害になる。

何より作家間にいらない諍いを生み出す原因になるため、考え直すべきだと増田を考えている。


今回Xからポスト引用した作家美大を出ているが、美術史を学んだであろう人ですらこのように系譜を途絶えさせるような言動を行う。

専門学校卒や完全に独学のイラストレーターや同人作家ではよりこのような言い方は悪いが勘違いが酷い。


これを読んだ人にイラストなどの創作活動をしている人がいたら今一度考えてもらえれば幸いである。

2023-11-13

anond:20231112212127

いいじゃんいいじゃん。オンライン美術館も各館あるから、そこから見つけるのもよいよ。解説文はページごとGoogle翻訳すればいいしね。

本当に推し作品でてきたら、一回生で観に行ってもいいかなもね。

美術史修士まで6年間)やってたけど、そうそう(物理時間的金銭的)にも美術館には行けないし、現物見るのはガチ論文書くときぐらいだった。オンライン美術館ができはじめたころだけど、画像が荒いから、結局高い洋書の図版を買ってた。いい時代だなぁ

2023-10-30

anond:20231030212836

図工の時間にちょろっと美術史教えてもらうけど誰も覚えてないじゃん?あんな感じになりそう

2023-10-19

anond:20231019020338

学ぶ価値はあるが価値のある学問ではない? 意味不明・・・   

というか、普通美術自体学問とは言わないぞ。美術史とか美学とかは学問分野として成立しているが、それらは美術アートファインアート)そのものではない。

というか、おまえ、まともな哲学の本を一冊でも読んだことあるのか?

2023-10-16

有名な作品企画展があると美術館に行ってみたくなるタイプだけど、有名な画家の有名な絵が観れるらしいし行ってみる程度だからぜーんぜん作品の良さとか時代背景とか作家名前とかもわからんし、最近パンダ見に行くようなもんだなと割り切ってる

なんとなくふんわりパステルの点描とかグラデーションみたいな描き方の風景の絵が好きだな〜って思ってるけどそれもなんとなく好きなだけで作家名前とかは正直わからない

あと美術館名前が全部似てるから全然覚えらんない

上野に何件もあるし、あとは六本木竹橋に行ったことある気がするけどどこが何なのかはいまだにわからない

最寄駅で判別してるから上野まで辿りついてから途方に暮れることもあるし、なんなら駅間違えて慌てることもある

せっかくだから勉強したいなと思って美術史についてのYouTube動画とか見るけど〇〇派とか〇〇主義とか〇〇運動とかたくさん出てくるけど全然わからん…と毎回挫折してしまう(動画が合わないだけかもしれないが)

日見に行った企画展で、ドストエフスキー小説挿絵になってるという絵画があって、初めて芸術現実って地続きなんだな〜と思ったくらい、身近じゃないものだと思ってる

子供の頃、出身地田舎美術館にも巡回展でミュシャが来たことがあって、上京した後でミュシャスラブ叙事詩企画展を見に行ってみようかな!と思い立ったのがきっかけだったから、あん田舎までわざわざ有名な絵を持ってきて見せてくれた人たちのおかげでこの娯楽に辿り着いたのだと思うと企画してる人たちに感謝の念を送りたい

最近美術館カフェ企画展コラボメニュー食べたり、物販でちょっとした小物買ったりするのも楽しい

この趣味も、都会に住んでるからこそできるんだよな…

2023-10-09

anond:20231008180248

ピカソの例え、アートには文脈必要っていうのはその通りだけど、美術史においてあの時代ピカソがあの絵を書いたからすごい、という話であって、

ピカソがどのように試行錯誤してあの絵を書いたか」という背景ではないから注意だな(それはそれで興味深いが)

庵野秀明場合は、「君たちはどう生きるか」や「ミッションインポッシブル」新作といった邦画洋画が出ている2023年において、

あのシン仮面ライダーが出た、というのが評価重要なわけで

庵野秀明がどう苦悩していたかは、やはり評価にはあまり関係しない背景だろう

2023-09-19

ネトウヨ浮世絵ヨーロッパ画家に影響を与えた!😡与えたんだぁ〜〜!😭」

ヨーロッパ美術史家「日本アジアの国?存じ上げませんね…」

anond:20230919161029

定着してないし、美術史的にはシノワズリーの方がはるか重要

ネトウヨ絶対に認めないだろうがね

anond:20230919155131

定着してないし、美術史的にはシノワズリーの方がはるか重要

ネトウヨ絶対に認めないだろうがね

2023-08-20

anond:20230820171119

マティスとかもいいんじゃないかな?

うちは、マティスの、王の悲しみっていう切り絵の複製をリビングのあたりに飾ってる。

額はある方が、気分も上がるかも。

好みの絵が見つからないなら、ネットだけでなく、本屋とかで、美術美術史コーナーとかで立ち読みして探すのもおすすめ

西洋美術史みたいなコンパクトな本を写真中心パラパラして、好みの時代画家ムーブメントがあれば、それについて詳しく書いた本とかをまたパラパラして、最後に、パブリックドメイン画像があるかをその場でスマホで調べてみるとか。

2023-07-20

anond:20230720112249

大塚国際美術館良いよなー

香川住んでたとき付き合いで一度行って衝撃を受けてざっくり美術史の流れを勉強してから

単独で2回目行った時は開館直後から閉館間際まで8時間近く飯も食わずにぶっ続けで写真撮りながら周ったわ

2023-07-11

美術館バカ親子

働き始めて強く思った。美術館子ども連れてくるの辞めて。

特に来ないでほしいのは、2~5歳くらいの、歩けるけど分別がついてない年頃。

もっと詳しく言うと、そんなガキを連れてきて手も繋がず放置して走らせたりベタベタ触らせる親が来ないでほしい。

普段から美術館によく行くけど、鑑賞者側からして、ベビーカーに乗ってるような赤ちゃんは、泣くぐらいだし全然可愛い。鑑賞してる時に子どもの大きな声が聞こえたら、先に違うところを観るとか前のギャラリーに戻るとかしてる。

問題の走ってる子どもは、展示に目を向けていると高さ的に視界に入ってこなくて蹴飛ばしそうになったことがあるからずっと疎ましいと思ってた。

子どもがいる親は娯楽を諦めろって言ってるんじゃない。娯楽との関わり方を考えて。

預け先本当にないの?たった一日のうちの何時間すら誰も頼れないなら美術館に来ている場合じゃないと思う。然るべき機関に頼るか福祉を利用して。

混んでると、導線を確保するためにベビーカー情報職員で共有して監視することもあるけど、ヨチヨチ歩きで何でも触りたがる子どもが入ってきたら、即特徴共有で触られたくない作品そばで見張らなきゃいけない。

権利の都合で写真撮影禁止されている作品撮影してしまう客の対応もしなきゃいけないのに、子守りもしなきゃいけないのなんでだよ。

子どもに注意してたり手を繋いでるならまだしも、ここ最近は注意しても上の空とか、最初は聞くけどそのうち放置し始める親が多い。

こっちが守りたいのは子どもじゃなくて作品。お前の子どもが怪我しようがなんでもいいんだけど、作品美術史的に価値があるものから展示されてるの。

美術ことなんてひとつも知らないのに遊びに来ちゃったのかもしれないけど、いい歳してるんだから展示品は触っちゃいけないとかそれくらい勉強してきなよ。若いうちに美術館に行ってそういうことを学ぶ機会がなかった可哀想な人なんだなって思って接してる。

大人でも触るバカはいるけど、大人から走ってぶつかったり、立体作品と壁の隙間を通って遊んだりしないからまだマシ。言葉も通じるから

子連れ子ども管理ができないなら来ないでほしい。子どもに注意したって意味がわかってるかも怪しいから親に注意するけど、すみませんって思うならバカガキ抱き抱えて出ていけよ。

授乳スペースも貸ベビーカーパフォーマンス。どの職員もうるさいガキとバカ親は歓迎してない

2023-05-25

anond:20230524132925

フェミニズム美術史の分野は本当にある

昔の絵は描く側がほぼ全員男で描かれるのがたいてい若い女っていう非対称な状況にあったのから西洋絵画にもあまりあおっさんドリームが詰め込まれている

おっさんの夢が詰まっているのはおっさんが描いてる以上しょうがないところだが、高尚な芸術に対してなんとなくその点を指摘するのはこれまで憚られてきた

が、ここ数十年でそういうのを指摘できるようになった

2023-04-13

ミュシャは二流の画家、その絵はオタクのいう萌え絵程度の絵で、芸術ではありません。 - Togetter

ミュシャは二流の画家、その絵はオタクのいう萌え絵程度の絵で、芸術ではありません。 - Togetter

https://togetter.com/li/2121114

これ、やはり『フェミニストは正しかった』という結論しかならない。すなわち「ミュシャはもちろん3流(これは常識)だし奈良もそれ以下。哲学者さんの言うとおり」

ポイントは『(ミュシャやこの哲学者さんがどうこうではなく)奈良村上

まりアニメ文化(オタクイズム)をいわゆる純粋芸術昇華したと(これまで)絶賛されてきたグループの正確な美術史評価』これ意外とヤバい

なぜヤバいかというと(その当時の)画家ミュシャが石板画や広告ポスターといった

表現形態(メディア)に機種依存してたのと全く同じ理屈で『アニメ文化(オタクイズム)がカッコいい限り奈良村上もまたカッコいい』だから

端的にいってオタク文化、以前ほどの勢いがないばかりでなく明らかに気が狂いはじめてる。

鈴木宮崎駿(同社の抱えるトップクリエイター)と一介の東南アジアシングルマザー区別がもうついてない

宮崎後継者ともいわれてるオレたちの庵野(ナンバーツー)はヒーローモノ実写でもビシッときめてくれるはずがあの『キャシャーン』と比較されるほどのありさま(大失敗。

これは間違いなく『業界のもの』の構造限界

Midas陛下コメ抜粋

2023-04-09

anond:20230409183021

ゴリラマンとかエンジェル伝説とかワンピとかのDQNないしマイルドヤンキー層好みなノリのアレだろ?

美術史では語られて来なかった」(笑)意識高い系サブカルメディアでとりあげられるまで待てば?

2023-03-13

anond:20230308234232

知識としての価値理解と、感覚としての好き嫌いは別でいいと思うんだ。キュビズム美術史的な価値はよく理解したうえで、ピカソ青の時代の絵の方が好きだな、とか、キュビズム視覚的な抽象化中途半端に見えるからモンドリアンのほうがスッキリしてて好きだな、とかそういうレベルで。

2023-02-08

30年後の美術史

Photoshopの登場、Stable Diffusionのリリース、そしてAI生成の動画が人々の美意識をどう変えたか、みたいなことが書かれるんだろうなあ。

書いてみたい。

2023-01-04

2021年に読んだ本

1月12冊)

前半では美術知的にとらえようとした。後半は生物学テーマ

2月10冊)

脳科学生物学が中心。小説ゼロ

3月12冊)

SFと平安文学

4月12冊)

平安文学マイブームが続き、続いて神林長平ヴォネガットを読み始める。

5月17冊)

英国貴族執事メイドテーマ。なぜか田中啓文も読みだす。疲れたので脱力系を。

6月10冊)

空想法律読本シリーズ経済学、それと奇妙な味短編集。

7月(16冊)

シオドア・スタージョン一角獣・多角獣」

奇妙な味シリーズがしばらく続く。たまに古いSFが読みたくなる。

8月(7冊)

ブラウン神父シリーズは途中で飽きる。「聊斎志異」を読みだす。

冊数が少ないのは、中島敦全集がぶ厚いからだ。ページ数では一冊で実質三冊ほど読んでいる勘定だ。

9月(9冊)

ひたすら中国古典を読む。物語としては読みやすいが、脚注について調べていると意外と時間がとられる。

中島敦全集手紙手帳メモ書きまで収録。

10月(10冊)

アーネスト・サトウを除いて中国文学が続く。明治維新が一日単位で記録されていると見落としていた事実が多いとわかるし、刻一刻と情勢が変わっていったのも感じられる。。

11月12冊)

歴史に関心が移る。アイヌ民族について知りたくなる。

12月(13冊)

アイヌ民族から琉球視点を移す。

漫画(19冊)

やっと森薫を読み始める。ハルタコミックス(旧fellows!)ばっかり。

美術展など

コロナで回数は少なめ。

映画

プーと大人になった僕

パディントン

「イェスタディ

JUNK HEAD」★★

「シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版」★★★

雑感

生物学脳科学歴史SF海外文学が多い傾向は昨年から変わっていない。

一方で、日本古典文学にも少し手を出した。

また、「聊斎志異」「西遊記」「三国志演義」と長めの中国古典に取り組めたのは良かった。

2022年に読んだ本

今更だけど2020年に読んだ本

2022-12-06

anond:20221206072935

つい最近話題になってた話とも通じるけど、AIアートガチで極めたいなら美術史とかガチで詳しくなる必要もあるだろうしな。

英語ができなきゃ自動翻訳を使いこなせないのと同様に、絵が描けないとAIを使いこなせない時代になる。

現状だって、例えば3Dモデル作成ソフトを使いこなしている人は絵も上手い人ばかり。

AIを使いこなすために必要知識技術はこれからどんどん増えていくだろうな。

2022-11-28

anond:20221128171157

美術史家の若桑みどりが、学生の「駅前に当たり前のように裸婦像があって男の像はだいたい服着てるのってなんなの?」って疑問から出発してそういう駅前裸婦像を研究してるよ

2022-10-09

anond:20221009164928

エロゲの話なのに何でいきなり美術の話をしてんの?

美術史における厳密な意味での新規性の話なんて誰もしてねーのよ

エロゲユーザが感じる新規性以外のものを考えてどうすんの??

新規性」の定義をずらしたり「座り込み」の定義をずらしたり、そう言うのを詭弁っていうんやで

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん