「地主」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 地主とは

2018-06-10

外食趣味は「見えてる地雷を踏みに行くこと」です。

とりあえず見慣れない店には入ってみるし、よく使う店でも期間限定メニューとかは率先して踏みに行くメンタリティってことです。地雷扱いは失礼千万なのは百も承知です。

そのせいで一見さんばかりしている上にその1回、しかも物珍しいメニューを食べただけで店の印象になってしまっている面倒くさい客の自覚はあるんですが。

 

まぁそういう気質の影響で個人のお店にお邪魔することも多いんですが、ちょくちょくあるんですよね、結局満足できないまま帰る羽目になるの。

その手の店は、そもそも客が来る想定をしていないような待機をしていて、自分のような飛び込みがくるとわたわたと準備を始める。

機材が稼働していないものから調理の待ち時間も長い。

回転率が低いせいか、客単価を上げるため価格も並みの店より高い。

あとダメ押しサービスコーヒーが多すぎて飲むのしんどい、とか。

そして客一人だけの店からいたたまれなくなって逃げるように帰る。

 

いや、そういう店が嫌だ是正しろいっそ畳めとか文句言いたいわけでなく、本当に経営が成り立ってるのかが素直に疑問なんですよね。

人が集まるでもなく、語りたい腕がありそうにも感じず、儲かってるようにも見えないとなると、モチベーションがわからない。

地主なんかで収入心配がないとかにせよ、なぜあえてこの副業を選ぶものかというか。

かといって直接訊くわけにもいかんので、こうして匿名で吐き出すのです。お目汚し失礼します。

 

自分自分で、満足感や時間、そんな何かを失ってまでいったい何を得るためにこんな趣味をしているのか。

こっちはこっちで意味がわからないんでしょうけども。

2018-06-08

anond:20180608014634

ごめん、何一つメリット見当たらない。

営業が何を言おうと、お前がその物件に住みたいか?って話

もちろんその物件家賃相場も分かってるんだよな。お前がその物件にその家賃で住みたいか思うか?周囲の環境も踏まえてな

思ったなら、その3/4の家賃で人は来る。それで利回り考えてみな。

当たり前だが、土地持ちじゃない限り不動産で儲けるのは難しいし、その土地絡みも投資マンション以上に魑魅魍魎多すぎて嫌になるぞ

結局地主最強。戦後に上手く立ち回った奴が勝者

ちなみにこのご時世、ワンルームマンションに住む物好きとかいないぞ

2018-06-07

anond:20180604230807

ただし、地主の子孫はその札束子供を黙らせようとしてくるぞ。

多少チャンスはあれど、親の気に食わないことをすれば足元見るようなことをしてくるわ。そのくせ、腹立からと切れば情に訴えるようなことをしてくる。

イノベーションなんてものよりも、地元にいて親の言うことに従う子供であって欲しいんだとさ。

挙句の果てに霊感商法にまではいって、あそこがいろいろ子供気持ちを折ろうとしてくる。

サラリーマンであれば、事業がうまくいくかと不安を抱くこともなく、足元見られることもなく、嫌な思いと言っても別にそれで潰れることもない、

仕事をしていれば飯くって少しの金を出せば済む好きなことを出来る。

一度それから外れたら、それがどんなに幸せものかと痛感するよ。

イノベーションを本当に自分の手で起こせるという技量があっても、じゃあ、それで収入につながるかは全く別問題だ。

先に足元みたいやつ、ニコニコおだてて籠絡しようとするやつ、そういう奴から逃げてくぐり抜けて、人を見る目があって、やっぱりたまたま裏切らない相手と「運よく」繋がれるか?なんて偶然の産物にすぎん。

率のいい宝くじみたいなもんだなぁと思うわ。

2018-06-04

東大を出て大企業」は「負け組」と実感した話

東大卒アラサー業界トップメーカー勤務サラリーマン

学生の頃は東大トップ層ではないが、落ちこぼれでもない程度。

最近仕事プライベートの両面で精神が滅入ることがあり療養中。

先日、妻から宝飾店主催ツアーを勧められ、気分転換も兼ねて参加した。

催事チケットと高級ホテルランチパッケージにしたバスツアーで、有閑マダムを集めて比較的安く開催しているもの

安い代わりに宝飾品のセールスセミナーが組み込まれていて、商品の素晴らしさを解説される。

このネックレスは編んで使っても綺麗ですよとか、色々なお洋服に合いますよとか、はっきり言って自分感覚からすればくだらないとしか思えない内容だった。

それでもマダム達はあら素敵とばかりにセールストークに乗り、俺の月収以上の値段のする商品を大して悩みもせずお買い上げ。

俺がメンタル壊して長時間労働に耐えながら1ヶ月働いてやっと手に入れる額を、たかが綺麗な石ころにホイホイと払う人たちがいる。

どう見ても俺より努力もしていなさそうだし、聞こえてくる会話からもあまり教養を感じない。平日の昼間からこんな時間のかかるツアーに参加しているあたり、仕事もしていそうに見えない。

不労所得階級、恐らくは地主家系、あるいは高給取りの奥様だろう。妻も地主の娘なのでそのあたりはわかる。

自分東大から大企業に入ったものの、所詮時間と体力と精神力を引き換えにすることでしかお金を手に入れられない身分仕事はそれなりにやっているので最近社長役員と関わる機会も増えてきたが、彼らもレベルが違うだけで本質は同じ。

改めて、どう努力しても超えられない壁存在をまざまざと見せつけられた気分だった。

正確に言えば起業なり投資なりの方法階級を超えることは可能かもしれないが、労働者階級にいるものがそこに辿り着くためにはリスクを背負わなければならない。

今までやってきた努力所詮労働者階級内で「使える奴隷」になるための努力に過ぎないのだなと思った。

しかランチの間近くから聞こえてきた会話の内容は、マダム達の熱意もない子女予備校や塾で矯正していい大学に行かせるというもの

階級は超えないとはいえ「勉強」は持たざるものが持てる者に勝つ数少ない手段として導入されたもの(古くは科挙明治維新など)だったはずが、その席すら持てる者がステータス感や見栄え、いわばファッション感覚で持っていってしまっている。

自分は幸い労働者階級のかなり上の方にいられたし、不労所得階級と繋がりも持てた。今の自分境遇が嫌だというつもりはない。お金のある人がお金を使うのは良いことだということも理解している。

辛かったのは「自分努力で」誰にも負けないよう登っていくことは不可能であること、最初から決められてしまっていたんだということを見せつけられたこと。

バスビジネス街を通ったあたりで、窓の外にいる疲れた顔をしたサラリーマン(とは言っても大企業本社が多いエリア、いわゆるエリートサラリーマンであろう)とマダム達の顔を見比べて、涙が出てしまった。

おれたちは勝ち組なんかじゃない。所詮プロレタリアートだ。

2018-06-02

https://anond.hatelabo.jp/20180531194343

そうだよね。

逆の話だと例えば都市近郊の鉄道なんかは100年前の鉄道バブルとき地元地主が集まれば実際に敷設できたけど

今はもう一本引くのに数千億円かかる、みたいな歴史を読んでると面白い

2018-05-06

町の本屋に限らず地元の店を使いましょうなんてキレイゴトをクソ真面目に実行したとして

ただ小汚い地主が肥えるだけでアマゾン投資して新サービスを展開してもらったほうがまだマシだったかもしれないという話になるのが

この国が終わっている本当の理由なわけで

そこを誤魔化してアマゾン悪者にしてももうどうしようもない

2018-04-27

太陽光パネルで埋め尽くされる田舎

田舎の道をいくつか走っていると、結構割合太陽光パネルに出くわすことがある。

家の上に立っているのではなく、太陽光パネルけが幾つも設置されている土地だ。

田舎と言うと俺の田舎にはないぞと言う「本家田舎」の方や「元祖田舎」の方が現れるから、町未満村ぐらいとでも言っておこうか。

新幹線に乗っていても太陽光パネルだけの土地に出くわす。

時には田んぼの真ん中にデカ太陽光パネルがおったってることもある。

まあ異様な光景なわけだが、なんでそんな建っているかと言えば儲かるからと言うのは説明不要だろう。

で、この太陽光パネルに関しては、電気代に上乗せされてたりして負担が増えて困るだの、色々悪評が高い。

しかし、あの太陽光パネルがあった土地は、太陽光パネルが無かったら何になっていたかと言うと、何にもなっていない。

ただ荒れ地が草ぼうぼうに、もしくは岩石の赴くままに、より一層に荒廃を尽くしていくだけの土地だ。

過疎で住む人ももう居ない、田んぼとしても使う人がいない、工場にもならない。

そう言う土地僻地に金をもたらしている。

まあ、企業が買い取って、収益が年に行っている場合もあるが、貸借で金が入ってくる地主もいる。

太陽光パネルは、偉そうなことを言う人が偉そうなことだけ言って一切くれない金を運んでくれるわけだ。

あれを批判する人は、せめて何か産業を運んできてから批判してほしい。

2018-04-22

anond:20180421190647

これ、多分ある種のクラスタじゃ耳タコだろうけど

だいたいファーストガンダム~Zは、あまりにも露骨にWW2と米ソ冷戦そのまんま

1980年代当時はそれがリアリティ持ってたのかも知れんが、21世紀にいまだに「地球政府vs反植民地主義」の図式を伝統芸能のようにくり返すとか、1980年代初頭にファーストガンダムが「リアルロボットアニメ」(死語!!)と呼ばれた当時の斬新性を完全に自己否定しとるわけで。

いい加減に911以降の非対称戦争意識したガンダムが作られて良いだろ、と思い続けて10年が過ぎてる。

東映仮面ライダーシリーズの見事な平成時代以降の変奏ぶりに比較して、ガンダムシリーズ能楽歌舞伎みたいに止まってるぜ。

2018-04-06

anond:20180406145917

故障ならメンテ屋が24時間対応だが、お金のことは地主確認しないとだからなぁ。

自分の過失はあるでしょう。正しい番号入れてお金入れれば、車は出せるよ

2018-03-19

大東建託老人騙して金儲けして罪の意識ないのか?

東京ベッドタウンを少し過ぎた片田舎

大東建託アパートがここ数年で大量に出来た。あの経営は任せて!最初に1千万払うだけで金入ってくるよ!アパート

友人の話だ。もう友人は俺が世話出来なかった爺さんの話し合い相手になってくれたか大東建託は恨んでないみたいに言ってるけど聞いてるこっちは納得出来ねえ。友人の爺さん、施設に入らなくても暮らしてけるまあまあ健康体だった。だが一人暮らしの寂しさもあり元気がなかったらしい。そんな時に大東建託営業マン毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日家に来た。

友人の爺さんは土地持ちでデカイの平屋のthe昭和な家に一人暮らしで元農家。もう歳なので農業は畳んだ。

家に来て話し合い相手になってくれたと友人の爺さんは言っていたらしいが俺からしたらしつこい営業だ。

その営業マンに情を持った爺さんは死ぬ前に契約してしまった。

友人曰く毎日家に来てくれてよくしてくれたので契約した。だそうだ。

友人は「俺が忙しくてかまってやれなかった代わりに話し相手になってくれた。」とか言ってるがそれしつこい営業マンに爺さん騙されたたんだろ?

友人の爺さんは契約したがアパートを建てる前に死んでしまった。何百万かは大東建託にぶんどられたがアパート経営はポシャり莫大な損失は出なかったらしい(相続税は大変そうだった)

昨日友人の地元に行った。そこには大東建託アパートが大量に立っていた。そして殆どアパートに住居者募集中張り紙があった。

この町の人口アパート需要が成立していない。

大東建託は友人の爺さん以外にもこの町の地主人達に話を持ちかけたのだろう。そして契約してしまった。

これじゃあただ一千万以上最初に払った老人達が報われない。

人の事なのに胸が痛くなった。悲しくなった。大東建託もう老人を騙して金儲けするのはやめてくれ

2018-03-07

anond:20180307154716

分譲マンション名は「売らんがな」しかいから、あんまり興味の対象には入らないんだけど、地主趣味などが尿漏れしているかのような賃貸マンション名前を見つけるゾクゾクッとするんだ。

そう言えば、分譲マンション広告名前キラキラさって一時期ネットネタコスられてたけど、「売らんがな」の研究ってそんなに面白くなさそうなのになって思ってた。

2018-02-27

地方で残ってんのはもはや地主層みたいなとこだけだろ

そこがヤンキーやってるから幸せウンヌン言えるけど

世代前に都会に出てきた水飲み百姓系都会の団地ヤンキーとかはお察しだろ

2018-02-24

地主は全員殺すべき

特に都内大都市圏

そしてその土地を国が召し上げて再分配する

ちょっと違うが、農地改革みたいな感じ

そうすれば無能が「先祖から土地を受け継いだから」というだけの理由不労所得を貪ることも無くなる

2018-02-08

anond:20180208203953

あくまでも藩や大名領地内での律令でしょ。

時代によっては寺社僧兵を雇って武装していたり、地主武士を雇っていたりしたから、あまり役に立たなかったのかも。

2018-02-04

anond:20180201234311

これから耕作放棄地固定資産税が高くなる(農地とみなされなくなるから優遇がなくなる)から

焦った地主二束三文で誰かれ構わず貸し出すようになると思う。

からそういう場所をタダ同然で借りて多少家庭菜園っぽい事をやればWINWINになれると思うよ。

2018-01-13

おとーちゃんが、なんか危ない。

おとーちゃんは、昔から「働けない」人だ。

面倒くさがりとか、働かない人だとか、両親が地主からなのかなと思っていたんだけど、自分アラサーになって社会人ちゃんとやってて思うのが、たぶんおとーちゃんは「働かない」だと思う。

うちは、上司がたぶんADHDなんだけど(仕事での不満を愚痴ってたら、医療従事者二人からそれぞれそう指摘された)、それで色々調べてたら、うちのおとーちゃんも、ADHDではないものの、何かしらの疾患があるんだろうなと考えるようになった。

片付けられないとか、衛生観念がないとか、いつも不安に晒されてるとか、たぶん365日パチンコ競馬してるところとか、正社員として働いた期間は人生で3年程度であとは、午前中3時間とかのアルバイトしかしてないところとか、なんか、普通のお父さんと違うところはたくさんある。酒は下戸から飲まないのが救いかな。

そんなおとーちゃん。

新年実家帰ったら、「買い溜め」がすごく過度になっていた。

数年前から年金がもらえない未来不安に思って不安に思って、水道代とか電気代を節約するのに躍起になってた。私はそれを「趣味だと思うしかない」と言って母親をなだめていた。

で、その節約派生して、スーパーで割引品を買うのが多くなって、そして、なんか、毎日チラシをチェックして安いトイレットペーパーとか醤油とかラップとかサプリメント買い溜めするようになってきた。

それも、趣味で片付けてたんだけど、

年始実家帰って母親に聞いたら、その買い溜め品、結構賞味期限切れが多いらしい。乾物とか調味料とか。あと量も多くて、おとーちゃんの部屋がものだらけになってる。

から、片付けとか無理な人で、母親と妹と親戚の家に泊まって実家帰ってきたら、食べたもの食器とかタッパーがそのままにおいてあったり、パンカスとか溢れるの御構い無しでそこらへんで食べたり、布団は年中引きっぱなしで……みたいな感じだったんだけど、これはほっとくとゴミ屋敷コースだなと思って頭を抱えてる。

今は母親がおとーちゃんの部屋以外は片付けてるからいいけれど、

妹も癇癪が激しくて、なんらかの障害があるんだろうなと思ってるんだけど、なんかもう将来のこと考えたらしんどいわ。

絶対母親の方が先に死ぬし、私は、どうすればいいんだろう。

2017-12-23

弱者男性強者男性ネット上で私小説を書こう

どんな人間にも物語がある

どんなにつまらないと自分で思っている人生でも、しっかりと向き合って書けば、かならず誰かが瞠目する物語になる


嘉村磯多という人は、地方地主の家に生まれはしたが、旧制中学中退して、東京に出るとまったくカネはないわ、仕事はないわで、都内の陋屋を転々とし、最後居候先で病気になって、36歳で死んだ

彼の容姿についてのコンプレックスは、それはひどいものだった

と書けば、この人は近代日本弱者男性だったように見えなくもない


でも彼は、いくらマイナー作家認識されてはいても、日本文学史私小説作家として名を残した

西村賢太のように、中卒で職を転々として、30を過ぎてから私小説を書きだして芥川賞作家になった例もある

自分が生きた証を残す手段としても、豊かに生きるための手段としても、案外、私小説は最終兵器かもしれないのだ




anond:20171222232933

2017-12-15

anond:20171215171033

違うぞ

前回の被災者選択の結果

メディアは全く報道しないけどあの痴態は過去に一度同じ規模の災害を受けて大損害を出した

普通なら人が住んでいい場所じゃない

けど地主はそれを隠して売った結果良く調べもせずに住んで死んだ

住む場所歴史を調べるって命を守る上で重要なんだけどジャップは守らないから平気で崖の下に住む

2017-12-13

リテールオリジネーター動向については的を射た意見もあったが、オフィスBtoBについては印象論というか不正確だなぁ

発言者プロフィールを信じるならリテール寄り、地主、士業とかだし、toBの動向を知らなくても当然だが、ドヤッとしてて面白い

ダイヤモンドがそういう風に編集したのか、座談会ですでにドヤッとしてたのかどっちだろう。

http://diamond.jp/articles/-/152451

2017-12-01

DPZ地主さんは無精ヒゲ似合ってないし不潔に見えるだけなので剃ったほうがいいと思う

2017-11-28

anond:20171127123527

ハミゲッロッ語(地主を焼き払え)

マロチュー・セレヴェ・ゴマ・ファュ

マロチュー・ヶクァロ・ゴマ・ブァョ

 

マー・アレマ・ギャフン・・エ

リカムスァァァァァァ・

 

ナンチャッテ・デュ・カプチーノ

ィス・ガ・ネェ・スヮレネェ

 

マママママm・ロス・ハァ・・・

2017-10-27

anond:20171027221644

だよな!

から農業をそうなるまでに完全に機械化する必要がある

農家に対して土地を借りる代わりに永続的な特権を与える

名目上は土地管理という役職でだ

これで通常のベーシックインカムの3倍の待遇を跡継ぎ含めて永続的に認めれば解決するだろう

ただし、相続税に関しては格差是正の一貫としてちゃんと取る

から農家地主は働く必要がある

贅沢したければな

そして同時に国を守ってもらう

一生こいつらを土地に縛り付ける

こいつらには自由は与えない

適当な贅沢で永遠に満足してもらう

 

この政策のいいところはな、

まれつき活気のある人間だけをトップに立たせるってことだ

生地主になりたいようなやつは贅沢させてやれ

ただし権利を与えるな

閉じこめさせればいい

 

もし管理すらできなくなった能無しからは土地を盗み取ればいい

完全に国有化して国のものにする

相続税を払えなくなるほどに能無しになったところで俺らは土地を取り上げる

必要なのは当然の権利をどこまで国が管理できるかってことだろ

なぜ国民が飯を食う権利国家保証できない

俺が父親なら息子に飯をやるぞ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん