「文芸」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 文芸とは

2020-05-27

anond:20200527205046

低俗ファン低俗運営者もいるけどそれとは距離を置きつつ、慣例化したアレゲビジネススキームに飲まれないよう欲をコントロールして賢く付き合えば

文芸的にも映像的にも総合芸術的価値はなかなか高い作品もそこそこあるんだよ

オタク文化らしい先進的な価値観についていけるなら意外と高尚に楽しめる

時代の核心をつくような表現に打ち震えて涙するような場面も個人的には何度も経験してきた

まあ玉石混交の中から光るものを選ぶコンテンツ選びが肝要なんだけど

少し触れてみて思想性を感じるものアート的に洗練された雰囲気のものを選べばそこそこアタリ率が高い

良いものが売れているかどうかはまた別なんだけど、そこがまた奥深いところで発掘の楽しみもある

anond:20200527042032

仕事としての文芸作家編集者の共同作業

一人でやっていても商業文芸は続かない。

彗星のように現れた新人てのも何年も前から大手出版社編集のツバがついてる場合ほとんど。

編集者の側からしたら、いつ出てくるかわからない未発掘の新人ボケーっと待ってるわけにはいかない。

持ち込みでも何でもして、編集認知してもらうところから

編集の手駒の一人になって、リクエストがあったら対応できる即応性が重要

下っ端サラリーマンと変わらないよ。

とある程度のタレント性は必要

イケメン美女である必要はないが、エッジのきいたプロフィール編集と一緒に練り上げていくことになる(盛大に盛るけど捏造とまではいってはいけない)。

anond:20200527043702

結局批評能力のない単なる素人感想からじゃないか

オタクなのか一般人よりなのかは知らないが素人であることに変わりはない

少しでも商業文芸に携わったことのある講師に金払って通信添削でもしてもらえば?

2020-05-19

漫画家とか小説家アニメ監督検察法改正に反対したのにキレてる連中って

ちょっと文芸クリエイターを舐め過ぎなんじゃないだろうか

もちろん、自分と違う意見を持っていた、ということでそれに論駁するのは健全だと思う。しか

政治的発言なんかするな」って言ってる連中は、彼らが自分のための快楽製造機か何かだと思っているんだろうか

なんなら、我々を楽しませている作品は、多くの場合において、その作家人生において得た知性や価値観を総動員し、必要関係各所に取材し、テーマなども綿密に考慮して描かれている

よっぽどの天才でもない限り創作活動とは痛みを伴うものだ。文句を言う連中が何も考えずに消費しているかもしれないその作品は、実はとんでもない知的生産行為の元に生み出されたもの

文句を言う連中よりも遥かに社会について勉強したことのある彼らが、社会についてなにか言ったときに「政治的発言するなんて」と失望するのは、そいつらが何も考えずに享楽的作品を消費し続けてきたことの証左にすぎない

それがとくに「おたく」を自称する連中の間で多数派になってしまっているであろう日本斜陽っぷりよ

おふねのゲーム流行るのも無理はない

2020-05-09

anond:20200425144157

自由詩の谷川俊太郎をみたらすごいと言わなきゃいけない風潮が文芸界隈に強くて、大変生きにくかった覚えがある。

元増田のいう詩を殺した要因は、ただ単に日本原風景が消えたにも関わらず、原風景を思わせる美しい単語を入れなきゃならない基本が短歌の575にあるからとか、情景よりもキャラクター性が重視されて小説すら情景がカットされるようになったとか、そもそも短歌俳句の敷居が高くテクニカルであるとか、一様ではないと思う。

ただ一つ言えるのは、メディアが古来の文化を殺していってるともいえるし、単なる流行の移り変わりともいえる。Twitter自由詩なんて情景で感情表現してるものなんてない。殆ど自己感情比喩もなく叫んでるだけ。あれを見てると無批評で発表する癖のついた人たちが山ほどいて、検索性のみならず文化まで潰していってるんだなと思う。つまりこれは、文化から文化の交代が起こったというより、システムによって(文明によって)文化が潰されてるってことなんだろう。文明文化を生むと考えていたけど、翌々考えたら旧来文明文化は潰えるわけで。レコードみたいなものでほそぼそ生き残るだろうけど。

2020-05-03

バーチャル行為強要おじさんとして受肉した

チャットサイトで、おじさんとセックスしたいという女性と知り合った。彼女AVでいうと義父モノや痴漢モノ、おっさん上司からオフィスレイプされる系なんかが好きな性癖を持っており、かつ文芸創作趣味もあった。よって、チャット上で彼女の考えたストーリーに登場する竿役おっさんを演じるおっさんを探していたのだ。

俺は彼女の考えたエロ脚本の中に登場する性行為強要おじさんとなり、彼女チャット通話ロールプレイングセックスを楽しんでいる。滑稽に思えるかもしれないが、こちらも顔や素性を出さなくていいし、極悪セクハラおじさんになりきるのは楽しい

2020-04-14

40代50代でもラノベを読んでるのが当たり前だと語るはてなの人たちは世間が見えてないのでは?

またいい大人たちが集まって若い人をバカにしてる。大学生嫌がらせして楽しいのか? きみたち完全に老害になっているよね。ラノベオタク自体がもう老害なんだよ。時代最先端などではなく、すでにかなり保守的ジャンルなんだよ。若者ラノベ批判して、老害ラノベ擁護している。そのことに何も思わないの?

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.com/uyohikki/n/nc8bbb48f9314

はてなの人たちのコメントを読んでいると、「40代50代でもラノベ読んでるのが普通だ」みたいな認識の人が結構いる。

いやいや、それはおかしいでしょう。

ラノベ読んでる大人なんてほとんどいないよ。

きみたちって自分たちがかなり特殊人間だという自覚がないの?

普通大人そもそも本なんか読まない人がほとんどだよ(それは大変嘆かわしいことだけれど)。

読むとしても実用書や気軽な新書などが多い。

いい年して文芸書読んでる人(男性)はかなり少数派だし、その中でもラノベ読んでる人なんてかなり少ないだろう。

ラノベ読んでるとしたら漫画も読んでるようなオタクが多いだろう。

オタク同士で集まってしまうとわからないだろうけど、そもそも日常的に漫画読んでる社会人だってそんなに多くはないからね。

「きみたちの趣味特殊から今すぐやめろ」とかは言うつもりないんだけど、きみたちが「40代50代になってもラノベ読んでる自分たち普通です。読んでない人の方がおかしい」みたいなこと言うのはみっともないからやめた方がいいと思うのよね。

きみたちはかなり特殊人間だ。

特殊から悪いっていう話をしてるんじゃないよ。

きみたちに自分たち特殊だって自覚してほしいだけなんだよ。

特殊だという自覚がないということが世間知らずで頭悪そうに見えるというか。

いい年して作り話をピュアな心で楽しめてしまう人ってのは世の中にかなり少ないんだよ。

極度に詩的なものを除いて、フィクションってのはどうしても合理的に作られてしまう。

そういった合理性をつきつけられると、経験ある大人は「話に都合が良すぎる世界」だとか「現実離れしている」だとか「こんな人間いない」だとかそんなことを感じ取って萎えるんだよ。

現実(の人間関係)ってのはロジックでできていないけど、フィクションロジック構成されたまがい物でしかない。

現実の複雑さは縮減されて、因果関係が明白で、人間操り人形のようになってしまう。

フィクションはとてもわかりやすい。

理解できることは楽しい

そういった趣味があることはわかる。

でも普通は成長とともに「こんなもん読んでても時間無駄だな」と思って大人になる過程卒業していくんだよ。

フィクションに耽溺している40代50代の男性というのはかなり特殊なんだよ。

自分たち特殊だという自覚くらいは持とうよ。

きみたちは「俺たちはラノベを楽しめているか老害ではない」なんて思ってるのだろうけど、そうじゃなくて、きみたちはただ時の流れに取り残されてしまっただけなんだよ。

きみたちの感性は年相応に老成してもいないし、きみたちが豪語するような若々しさも実はない。

きみたちはむしろ若い人たちの感性嘲笑って叩いてきたし、今回も同じことをしている。

10年後に恥ずかしくなるやつだ!」「黒歴史」とか言って。

きみたちと同年代の人たちは様々な経験を積みフィクション限界に気づいて卒業していった。

一方、きみたちは40代50代になってもフィクションに溺れている。

いや、別にそれ自体は悪いことではないのかもしれない。

人の趣味なんて自由だ。

だけど、きみたちの趣味は「普通」と言えるほど多数派ではない。

多数派でないことが悪いというのではなく、多数派ではないということくらい自覚してほしなって話をしているんだ。

きみたちが思っているほどラノベを読んでいる40代50代は多くはないんだよ。

ネットにはたくさんいるだろうけど、40代50代で美少女表紙のラノベを読んで純粋に楽しんでいる人というのは世間評価では「かなり特殊で変わった人たち」なんだよ。

その現実が良いとか悪いとかではなくて、そういう現実があるということくらいは知っておこうよ。

はてなにいると「ラノベ読んでるのが普通」みたいな共通認識があって気味が悪いよ。

そういう発言を見てると「私は現実が見えてないです」って自白してるようにしか見えないんだよ。

それって誇らしく言うことなの?

2020-03-18

anond:20200318151124

でも文芸タレントっていうのは、ふつうは賞があってからタレント化じゃん。

石原慎太郎とか村上龍とか田中康夫とか、小説うまいからタレントみたいにテレビに出て政治家にまでなる。

 

又吉の文芸が、文章単体でそれに値したはもはや判らないんだよ。

ましてや、文学ジャンルだよ。エンタメだったら面白けりゃなんでもいいですむけど。

anond:20200318144737

又吉がずるいのは、文章から又吉の顔がちらつくってことだよ。

 

作者の顔が見える文芸なんて、面白いにきまってるじゃん。

 

でも、その顔を生み出してるのはたぶん文章ではなくてテレビなんだよ。

2020-03-10

anond:20200309213336

かいポイントを突っ込むが、「因果が逆」はおかしい。前増田の主張は、

納得重視のミステリキャラクターと相性が良い。この種類のミステリが近年人気なのはキャラクター文芸と”関係があるかも”

この程度の内容であって、因果関係を主張したものではない。キャラクター文芸人気が納得重視ミステリの勃興の原因になった、とは言っていない。

さらに、増田反論増田が想定していた「キャラクター文芸人気が納得重視ミステリの勃興の原因になった」の因果を反転させたものにはなっていない。

正しい反転は「納得重視ミステリの勃興がキャラクター文芸人気の原因になった」だが、増田が主張したのは、

ミステリにもともとキャラクター性の強い作品が多かったおかげでライト文芸の勃興と”ともに”ミステリ全体がそこに取り込まれ

これでは、たとえミステリキャラクター性が強い作品が含まれていなかったとしてもライト文芸は勃興する、と読めてしまう。

私見だが「どちらの因果もある」が正解だと思う。それが何かの影響を受けたなら、それは結果で、何かが原因だ。

ライト文芸ミステリの影響を受けて大きくなった、これはたしかに正しい。

現在ミステリライト文芸の影響を受けている、これも否定できないでしょう。

2020-03-09

anond:20200309212330

因果が逆。ライト文芸キャラ文芸が勃興してミステリキャラ寄りになったのではなく、ミステリにもともとキャラクター性の強い作品が多かったおかげでライト文芸の勃興とともにミステリ全体がそこに取り込まれたんだよ。

anond:20200309000539

真実より聴取の納得って傾向は、小説界隈においてキャラ文芸の勢いが増していることとも関係があるのかなーと思った

納得重視のミステリー探偵聴取をどう納得させるか、聴取がどう言われたら納得するか、そこにキャラクター性を出す余地があって、真実を語るだけよりもキャラクターを描きやす

探偵の語る真相リアル人間なら信じないような突飛なモノでも「そのキャラクターならこれで納得するだろう」と読者に思わせられれば物語が成立するから自由度も高い

総じて"キャラクター"ってモノと相性が良いんだよな

虚構推理』は読んだことないけど、話に聞く限り、けっこうキャラクター文芸っぽいよね?

これ系の話だと、西尾維新の『戯言シリーズ』に面白い話があったな

2020-03-05

自分から足踏んでおいて「分断が~」とかいインテリ仕草、記録しておくね

2020-03-04

創作学科美大音大になれない理由存在意義

私立大学には「創作学科」が設置されているところがある。

名称大学によりさまざまで、早稲田大学だと「文芸ジャーナリズム論」、法政大学だと「日本文学文芸コース」、東海大学は「文芸創作学科」などがあり、ここでは旧来の文学部での文学研究ではなく、小説などの実作について教授することになっている。

美大画家アーティスト音大演奏家作曲家養成する場所だとしたら、創作学科作家小説家を養成する場所だ。

しかし、今活躍している作家の経歴を見た時、創作学科出身の人がいないわけではないが、特に多いわけでもない。むしろ少数派だ。

美術館に展示される画家ほとんどが美大を出ており、クラシック演奏家ほとんどが音大を出ているのに比べたら、創作学科作家関係は、美大音大とは異なると言えるだろう。

まり創作学科卒業することと、作家になることの間には、あまり因果関係/相関関係がないように思われる。

その理由

1.入試

美大入試ではデッサン実技試験があり、絵心ゼロの人は入学できない。入試合格するには、美術予備校に通って技能を身に付ける必要がある。

音大に入るにも、プロ演奏家個人レッスンを早いうちから受ける必要があり、技能や才能がないと音大には入れない。

しかし、創作学科場合入試において文芸創作の才能が問われることがない。

英国社の偏差値さえ高ければ、創作学科最高峰早稲田にも入れてしまう。

小説を書く才能ゼロでも入学できて、卒業してしまうのが日本大学創作学科なのだ

美大を出ている人は一般人よりも絵が上手いし、音大を出ている人なら演奏が出来る。しかし、創作学科出身というだけでは、何の才能も技能保障しない。カクヨムやなろうの底辺ユーザーよりも才能がないのだって普通だ。

逆に、小説の才能がいくら高くても、ペーパーテスト勉強ができないと有名大学の創作学科には入れない。東京芸大入試学力ほとんど問われないのとは対照的だ。

創作学科に入る・入れないが、作家になる才能と全く関係ないのだ。

2.学歴

現代美術世界では、美大を出ていることが作家作品正統性保障する。一般人が見たら落書きのような絵に何億円もの値段が付くのも、その「落書き」が美術文脈にありますよと美術界隈の人が思っているからであり、その文脈にあるかどうかを判断する際、美大を出ているかどうかは大きな問題になる。

音楽場合も、クラシック場合は、学歴演奏家正統性保障する。ピアノ教師が有名な音大を出ているかどうかで、レッスン料は大きく変わってくる。

このように、美大音大学歴は、業界内において正統性保障するラベルとして機能している。

しかし、創作学科を出ているからと言って、作家芥川賞直木賞を取りやすくなったりはしない。

新人賞でも特に有利にはならない。美大音大のような学歴効用が、創作学科には全くないのだ。

3.結論

創作学科作家になりたい若者気持ちを満足させるだけで、実際のところ大学側の客寄せ以外には役だっていないのではないか

大学当局も、どこまで本気で作家養成しようとしているかだいぶ疑問で、大学によっては創作学科でも普通文学研究者が教えていたりする。

美大音大が曲がりなりにも芸術家を育てようとしているのとは対照的だ。

いったい創作学科存在意義って、大学側の集客以外にあるのだろうか?

2020-02-18

anond:20200218210531

図書館ではライトノベルヤングアダルトとしてその辺りと一緒に扱われてるけど、本屋ライトノベルヤングアダルトを一緒に陳列してるところとかまずないから。

広義のラノベとして扱われるメディアワークス文庫とかのキャラ文芸なら角川文庫かに近い棚に置かれることはあるけど、狭義のラノベと一緒に置かれることはまずないから。

ましてラノベコーナーとして一緒に扱われることはまず絶対いから。

図書館本屋の陳列の仕方全然うからね。ネットで買うのもいいけど本屋にも行ってね。

2020-02-14

anond:20200212223657

ずいぶんとナイーブっすね

本当に業界の人なんかと疑いたくなるぐらい

文芸なんて売れないのが当たり前で

売れるほうが異常なんて状況がもう半世紀以上続いてるじゃないですか

俺のせいで作家が売れないなんて本気で悩んでるんすか?

2020-02-10

アカデミー賞アメコミ土下座して感謝しろ

芥川賞直木賞絶対ラノベが受賞できないように、アメコミ映画作品賞絶対に受賞できないが‬、一番売れてる文芸ラノベであり、一番ヒットしてるのはアメコミ映画。この構図。すげえもやっとするなあ。

稼ぎの少ない芸術家が、稼いでる人間disりまくってるあの感じ。

もう少し「アメコミさんのおかげで好きな映画が撮れます」「異世界転生のおかげで文学できます」とか感謝したほうがいいんじゃないの?

2020-02-08

anond:20200122221207

 そーだよなw

割と一家言ある年配なのか、追記がされる毎に感情が波立ったり深掘りされたりしているので若干の感心と敬意は覚えつつローバシンめいた言及を。

 いや若いつもりんだけどな、この人よか俺。ww

一部が細かな言葉遣いで揉めてきたweb史のある側面とかまとまってたりするといいんだけど、たぶんそーいうのはない。(吾妻ひでお氏の御冥福をお祈りします)

……まぁお気持ちは分からないでもないんですがね?

 天下国家を憂う、も有難いんですがね?

結局、中央集権を排してきたwebで誰が"言葉"を決めるのかって話が最終的にありまして。…ええ。

 んで、文芸周辺や批評近辺なんかが「我々こそ主導すべき」でこれをやると、必ず炎上するんッスよ。

従って先達の言葉を引くと、出版やそれに伴う公言一部の人間の物だった時代に“溢れたニンゲン”の怨嗟を買いますのでどうか御注意をば。

加えて貴方が"そちらのニンゲン"だった場合、売名の誹りと商行為に対する反発を伴い、相互責任を追及しない事で発言自由担保されてきた"ユルい"市井共感も失うでしょう。

更には漢書を以て説けばご時世から「何が愛国か」のツッコミも入り、貴方知識とその積み重ねが深ければ深いほどにご自身の拠り所を失う危険もございます

 ですんでまぁその辺りを加味して頂いて、よっぽど上手くやんないと煙たがられて「ナンにもいーことねぇじゃんw」ってなっちゃますよ? って。

ええ…。思うんスけどね? 自分は。


 まその辺りをクリアしてカジュアル言葉啓蒙して貰うと割と面白い話になるかなぁーって期待してたりもするんで、見てたらここにアドレス貼って下さいね(笑)

言及とか追記とかどんどんしちゃうのって昔の(一部の)文人美学とそぐわないっしょ?

 煮詰まって苦労すればするほどに「何故解らんのだ?!」ってなりがちだし、喋り言葉書き言葉の他にネット言葉みたいのがあったっていーじゃん、とかも思うんだけどさ。

クソ面白くないかもしれませんがそんな感じです。ええ。


 あ。因みにだけど、俺より若いのがイキって文芸ぶって場合はそれなりの覚悟しとけよ?ww

2020-01-10

anond:20200110092210

養成所や日曜枠で勉強した人間文芸系に上がってくるまで、まだかかりそうかね

同人作品だってもう少しマシだろって脚本スタジオから出てくるたびに突き返せないのが辛い

2019-11-24

anond:20191124165103

草野球見ながら野球ぶってるような滑稽さ。

そういうのやりたい奴は文芸行くだろ。

2019-10-24

anond:20191024202704

コミケ最高峰はいろいろ売れるごった煮だけど

地元クリエイティブマーケットでIC工作手芸

地元同人誌即売会漫画作品

あとフィギュアづくりができそうならワンフェス

文芸作品なら文フリなど文芸同人誌専門など

いろんなジャンルがある

自分に合った山を探して登れ

なんでもいいからやりたいだけなら母校文化祭にでもOB参加してろ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん