「倒産」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 倒産とは

2017-07-18

夕張市の件を真面目に考えてみるメモ

夕張市の件を真面目に考えてみるメモ

専門家でもなんでもなく、ググって出てきた知識をつなぎ合わせただけだから専門家の人補足してー

①「廃市」は可能

現状そういう法制度はないらしい。

ブコメではダム建設での廃村とかと同じように~という意見が多いけど、あれは集落消滅であって自治体消滅ではない。

自治体消滅としての廃村市町村合併の時くらい?しか借金たんまり夕張市合併したい市町村なんてどこにもないだろ。

住民強制移住させたらどうなる?

ダム建設のケースみたく夕張市から仮に全住民強制移住させること自体不可能じゃないんだろう。移転料や補償問題がすごいことなりそうだけど。

ただ問題は全住民がいなくなっても自治体として夕張市、そして夕張市債務(借金を返さないといけない義務)はなくならない。

市町村デフォルト可能

デフォルト債務免除(というか放棄・不履行・停止?)が可能かというと現状の法制では不可能

一応夕張市破綻したとき検討はされたみたいだが、結局デフォルトはなしとなった模様。

でもまあ将来的なことを考えると全額と言わず一部デフォルトみたいなのが認められる必要はあるのかもしれない。(100万円貸したうち50万円は債権放棄するから残り50万円はちゃんと返してねみたいな)

そもそも借金はだれから借金してるのか

債務はかならず債権(借金の返済を要求する権利)とセットなわけだが、夕張市借金債権者は誰なのか?

調べてもよくわからなかったが、道内銀行もしくは北海道庁か国なのかな?

もしデフォルト可能になったら、銀行破綻とかが起きる可能性も?

少なくともほかの市町村公債に対する信頼がガタ落ち、公債が売れなくなって自転車操業を予定してた自治体破綻なんて話になるかも?

夕張デフォルトを認める→ほかの危険自治体ドミノ倒しに……、もちろん国債にも一切影響がないってことはないだろう(借金たっぷり大企業の子会社が軒並み倒産して株価が下がらないわけない)。それがデフォルトを認めなかった理由

自治体デフォルトするとして資産整理はどうする?

借金踏み倒すんだから金になるものは全部売り払ったうえで廃市しないとダメだよね

市が持ってる資産建物土地債権を売却するとして……だれか買うのか???

一番の資産は……ひどい話は承知の上で「市民」だよね。それも納税能力行政コスト市民

市民を隣接する市町村強制移住させる代わりに、デフォルトして一切の機能喪失した市域合併してもらうというのが現実的な?話なのか?

納税能力行政コスト市民はどうすんだ……

⑥国の借金国民から借りてるだけだからプラマイゼロ借金しても問題ないよ理論との整合性は?

国債にこの理論適用出来て市債に適用でない理由は何なのわからん。仮に市債に適用できるなら夕張の件はなんなんだって話になる。

普通に考えて国債だって国民銀行預金する→預金を原資に国債買うなわけで、国債デフォルトしたら銀行破たんするし、デフォルトしなくても原資の預金が減ったら(人口減るんだし)いつかは国債買えなくなるんじゃないの?

教えて借金無問題マン

田舎破綻しようが知ったこっちゃねーよバーカバーカというはてな民

財政健全化の目安のうち将来負担率で上位に来るのは京都市広島市福岡市千葉市とか政令市が多い。将来負担率ではないけど23区でも港区はヤバめみたいだけどいいの?

この辺の自治体バブル期前後から調子乗って箱ものインフラポコポコ作りすぎた一方で、市税払う市民は周辺の自治体に住んでいる、企業支店があるだけなので法人税本社がある東京へ、さらにはあと数年で人口減に転じかねない状況というわけだ。

人口減を見据えて計画規模を縮小したりするパターンはあれど完全白紙とはならないのが行政だし。

あ、はてな民東京さえ残ればあとは原野でも構わないんかな? でもその東京人口増・経済を支えているのは地方自然増、東京子育て環境が最悪なので東京人口が集中すればするほど少子化が加速するというのが増田リポートだったわけで。

結論

以上の(妄想含む)考察には市民感情とか政治的問題は含んでない。含めたらもっと複雑になる。

結論として、日本詰んでない?

教えて日本大丈夫だよマン!!!!!!!!!

2017-07-17

https://anond.hatelabo.jp/20170717135247

皆がAmazonを使い、他の企業倒産してしまうと、一気に Amazon が値上げに走るのは目に見えてるだろ。

ライバル企業がいなくなってしまえば、あとは、やりたい放題なんだからさ。

それを避けるためにも、他の企業を活かしてく必要がある。

2017-07-14

https://anond.hatelabo.jp/20170714182432

人手不足の原因次第だろうね。

会社が多すぎて、1社当たりの確保している人材が少ない状態なら、

会社数が適正になるまで、倒産が続く。

一方で、低賃金過酷労働をする人材が不足しているという話しなら、

そもそも、そんな人材は少ないんだから人手不足永久に解消しないし、

低賃金で働く”ことが求められる条件なのだから賃金が上がるわけがないw

人手不足倒産おもしろ

人材が確保できなかったところは潰れる」

という至極真っ当な現象おもしろ

 

まり人手不足になっても給料は上がらず、会社数が適正になるまで淘汰されるだけということだ

じゃあい給料上がるんだろう?

そもそも人手不足になったら給料上がるって言ったの誰だよw はなからそれが間違ってんだろ

2017-07-10

主に客先常駐(非SIer)のWebエンジニア感想

https://anond.hatelabo.jp/20170709144510

を読んだ。

私の実感とはけっこう異なるところもあったので、私の意見を色々書いていく。

まあこういう意見もあるんだなーくらいに思うといいかしれない。

正直、今のご時世「終身雇用」が幻想だというのは多くの人が実感としてあるのではないかと思う。

では何故大企業にしがみつきたがるのか。安定を「漠然と」求めているのではないか

そう考えている人達は、大企業に勤めるリスク認識していない傾向にある。

そのリスクとは「大きな会社の小さな歯車になってしまう」ということだ。

回りに歯車がたくさんないと仕事を回せなくなってしまうし、コントロールがきかない要因で会社を辞めたり倒産したりすると路頭に迷うことになる。これを回避できるエンジニアはごく少数だと思う(「傑出していれば」可能だ)。

もちろん中小から絶対にこうならないかというと、そんなことはない。

ただとにかく人数が少ないので、必然的に多くのことが任されるようになる。そうするとプロジェクト全体の流れが見えるし、多くの工程に関われる。

下流だけしかできなくては成長しないが、上流だけやってもろくなものにならない。全部やれ。全部だ。

要件ヒアリングから設計実装テストリリース保守も(保守特に現実的範囲の折り合いをつけて)やるといい。

そうしていくと、ある程度腕をつけたときに少なくとも直近で路頭に迷う心配がなくなる。

働き口などいくらでも見つかるというスタンスがとれると、会社と対等に話ができる。

技術者リスクヘッジとは、こういうものではないだろうか。

参考までに私の経歴について書いておく。

新卒社員10人くらいのWeb企業就職した。

残業代は出なかったし帰れなかったりして正直ブラックだったけど、そのとき経験で成長したことは間違いない。

もちろん「だからみんな苦労しろ」なんて言うつもりは毛頭ない。労せずして成果が得られるなら、それが最上だ。

その後はブラック企業での仕事ぶりをネタにすぐに就職した。

4~5年ほど派遣で何ヶ所か行ったけど、一応それなりの腕を買ってくれた中小のいくつかは上流から下流までをまるっと任せてくれたので、とてもやりやすかった。工数見積もりもちゃんと聞いてもらってたから定時で帰れるしな!

ブラックで病んだから勤怠に難があったけど、成果はきっちり上げていたので切られずにすんだ。それも見越して派遣先を用意してくれた前職には感謝している。

最近は以前のツテとかで声をかけてもらったりで独立しても何とかなる算段が立ってきたので、退職して独立した。

正直なところ自分はかなり運がいいと思うが、こうしようという戦略自体就職するときからあったことは自分評価したい。

ここまで偉そうなことを書いてしまったが言ってしまうと、実は私はトピ主の言う「スチールセイントレベル」だ。

ただし、使える言語フレームワークだけを使おうとは思っていない。必要なら習得する、という考えだ。

学習をやめたらエンジニア死ぬ。でもそれは人間自体がそうなのではないだろうか?

そんなスチールセイントでも年収は多分来年は4桁いけるし、労働時間も月平均160は超えないように仕事をしている。

こっちの海はいろんな色が混じり合ってるけど、少なくとも真っ赤ではないよ。

私が若手にアドバイスをするのであれば、「もしWeb系のエンジニアになろうと思うのなら、『でかいものを作りたい』『傑出した』エンジニアでないなら、安定を求めて大企業には行くな。全部やらせてもらえるとこに行け」と言うだろう。

2017-07-06

売れてないんだぁ。電子書籍

売れてないんだぁ。電子書籍。 私も買ってないけど。  利用したのも無料漫画くらいだし。気に入ると続きをツタヤで借りたり。  買うのは古本が冊数多いな。  新刊で買うのは限られたお気に入りの続編くらい

って

http://www.kotsulog.com/entry/2017/07/06/173000

を読んでコメントしました。

それからいろいろ考えて

私って電子書籍が向いてないかも?

と思いました。

紙の本が好きなんだと思う。

同じ本を何回も読むし。

電子書籍が読み捨てとは思わないけど、書籍屋さんが倒産したら怖いもん。

って思って最近新刊で買った本を検索したら。。。

電子書籍版ないし!

ついでに見たらKindle高いし!

https://www.amazon.co.jp/dp/B00QJDQM9U/ref=famstripe_km


私がよく無料マンガを読んでいたBookLive! https://booklive.jp/ に行ったらマンガ以外はろくな本がないし!

これは向いてないなーって思いました




2017-07-04

いい加減、普及しないことに気づいてほしい

スマートウォッチ

IoT

O2O

Bitcoin

今のAIブーム

 

それぞれがポストスマホみたいなイメージだけど

少し考えれば難しいのは分かるだろう

分かってる人は手を出していない

よく見ろ、手を出してるのは元々の研究者と、変なヤツだけだ

世界中の奴らが手を出して、結果今の状態

よく考えろ、死ぬほど考えろ、騙されるな、本物を見つけろ

 

____

 

「普及」の定義スマホのような爆発的普及と言いたいが(日本で78%)

ボーダーライン食器洗い機の時に言われた10%じゃないかな(現在約25%)

キャズムラインでもいいけど

ちなみにブルーレイ現在46%だそうだ

 

スマホ以降のIT関連の技術について、10%はだいぶ消極的だと思う

スマホのおかげで、この界隈のビジネスモデルが「大多数に対する」ようなフリーミアムモデルベースとなってしまった

昨今の新技術に対してもそういった目で見られていると思う

 

しかし上に挙げたような「期待されてる新技術」たちは、10%にも及ばないだろう

別に10%行かなくても局所的にビジネスできるからそれでいい」という人にはそれでいい

だけど、これらがポストスマホだと思っている層が依然多い

「それぞれの技術で新しい価値を生み出し世界中の人に使ってもらう」よいうような発想がまだまだ出てくる

これはどうしても新技術が登場したときに、アホな専門家やアホなメディアが煽るからだが

 

よく考えてほしい

食器洗い機冷蔵庫同様に普及するか」みたいな話だ

「◯◯はスマホ同様に普及するか」

 

もしそれで「しない」という答えなら、普及する前提のビジネスモデルサービスモデルは作るべきではないし

それを職業にするというのも考え直したほうがいい(もちろん本質的価値を受け入れるのであれば賭けとして有りだが)

 

「そのうち普及して一般的になる」と妄想して何年経った?

 

____

 

一個だけ例を出す

スマートウォッチがわかりやす

 

スマートフォンは、携帯電話の代わりとして購入する人が幾人か居た

スマートウォッチは、腕時計の代わりとなるだろう

 

スマホが出た時の携帯普及率は9割以上

腕時計は4割程度だ

 

スマホのようなハードウェアは、アプリがないと価値が落ちてしまうが

アプリユーザー数がどれくらいいたら各社作ってくれるだろうか?

感覚的にスマホが普及し始めたのがiPhone5の頃だとしたら2012年だが、この時スマホ普及率18%だ(ちなみにメルカリ2013年

 

携帯普及率90%の中の20%の人がスマホ移行してくれたら、全体の18%に達するが

腕時計は、普及率40%の中の45%の人がスマートウォッチ移行してくれないと、全体の18%まで達しない

まり腕時計をする人の半分がスマートウォッチを買わなければならない

 

じゃあそこまで到達するだけの圧力があるか

例えばスマホは、カメラインターネット音楽プレイヤーという機能が入っていた

ではスマートウォッチには何が入っているのだろうか??

例え入っていたところで、「スマホでできる」なら意味をなさない、スマートウォッチユーザーは同時にスマホユーザーでもあり

両方常に持ち歩くことになる

 

後はもういいやめんどい、幾らでも言えるけど

煽り記事を見かける度に苦笑を禁じ得ない

(ちなみにスマートウォッチに関しては、販売元だけはそこそこ儲かってそうだよね、煽るだけ煽ってガジェット売るビジネス

 

 

参考記事

ウェアラブルオワコンなのか? Jawbone倒産し、Fitbit, GoProも絶不調

http://blog.btrax.com/jp/2017/07/09/death-of-wearables/

anond:20170704124724

いつか親に先に寿命がきて死ぬから

あと、早くに適合能力を鍛えて拡張していかないと、

ちょっとした環境変化でも適合を失って鬱に陥って簡単死ぬから

できれば親とか勤め先とかという既存のアダプターを

介さずに社会に参加できるようになってほしい。

選挙だっていってほしいし、家も一度くらい自分で買ってほしい

(年行ってから買うとうまくカスタマイズできない)。

アダプター拡張の一手段としても子供を育てることが推奨されていたが、

今はあまり言われない。

親がいなくても会社がなんでも代行してくれるから楽というタイプの人もいると思うが、

やはり会社もなんかで倒産したりもするし。

2017-07-02

インターネット正論と抑圧と

最近正論に易癖している。

煙草は体に悪いから吸わない方がいい。

障害者は健常者と全く同じように過ごせるべきだ。

企業は何かあったら即座に謝るべきだ。

LGBTは認められるべきだ。

静かな住環境が守られるべきだ。

不正決算は認められない。

ゴミはちゃんと持ち帰るべきだ。

あぁ確かに全て正論だ。

だけどちょいと行きすぎてないかい?

インターネット意見を言いやすくなったし見られるようになった。

それは良いことだけど、2ちゃんの悪意以上に正論善意という武器を振りかざして暴れるのはどうなのか。

喫煙所は無くなり煙たがれ、

理想は分かるがそこに勤めている人やコスト無視した誹謗中傷

慣れが必要な期間に差別だの大合唱

騒音だと祭りは開けず、

砂浜で音楽はかけられず、

バーベキュー禁止

公園子どもは遊べない。

マナーを守れと怒られ良いこに育てられ、

何もかもが制限されて、

みんな自分が損をしたくないから、

ちょっとでも気に入らないことや

他人が逸脱すると全力で叩きにかかる。

それも直接言えないかネット正論で数の暴力で。

そしてまたルールで縛って抑圧されて、

歩きスマホで周りの人なんかお構いなく、

ネットに篭って自分以外の何かを叩きに行く。

個人社会のつながりは希薄になり、

自分に都合の良いところだけ自己責任だ、社会が悪いといいながら、

正論理想論善意による悪意はネットで加速し、

会社倒産するまで、

個人個人情報特定され社会的抹殺まで叩かれる。

挙句良い事を喧伝しても気持ち悪いと叩かれる。

なんかこんな世界まらない。

リアルディストピアはビックブラザーではなく個人による監視社会なのかもしれない。

市民貴方幸福ですか?

2017-06-17

ブラック企業って辞めるしか選択肢なくね?

激務薄給会社って、それでしか採算があっていないことがほとんど。

ってことは

雇用条件改善収益悪化倒産失業

ってなる可能性が高いわけだ。

 

じゃあ、どうせ失業するならうだうだ言わずに辞めればよくね?

2017-06-15

生きている理由がない、だが、死ぬ勇気もない

たぶん、ここ数十年で幾度となく繰り返されてきたであろう話題。そして、これからも何度となく同じ話をして行くであろう話題。だけど、この先に幾星霜の年月を重ねようとも、決して人類が回答を得ることはかなわないであろう話題

「このような増田を書く際には適度な自分語り必要である」との先人の教えに倣い、私も自身人生を少し顧みる。

とは言え、特にこれといって語れるような、起承転結栄枯盛衰の激しいエピソードはない。期待に沿えず申し訳ない。

私は、凡庸な働き者である両親の下に産まれ大学まですべて可もなく不可もなしと言ったレベルの国公立で通し、東証一部ではないが倒産寸前でもないと言ったどこにでもある企業就職し、今に至る。要は平和謳歌していたわけで、「幸せかどうか」という尺度で測れば、私は十二分に幸せなのだろうと思う。


先日、同級生の友人らと一席設ける機会があった。私の交友範囲は、狭いようでいて結構広い、まあ所謂普通」の範囲内だ。私ほどの年齢になると、このような場でだいたい出てくる話題と言えば、増田諸氏にもお馴染みの「子供の話」である

子供習い事は何がいいか、今どきは中学受験をさせるべきか、保育園になかなか受からない、・・・語らいの場を彩るには事欠かない。

私自身は独り身だが、そう言う話題は端的に言えば好きである同級生の、愚痴のような自慢のような我が子の話を聞くのも好きだし、独りやもめが一丁前に進言することも吝かではない。

だが、そう言う話題をしていると避けて通れないのが「増田結婚しないの?」「増田の子供、見てみたいよ」等の友人の無邪気な言動である

もう何度となく聞かれたので回答が半ばトークスクリプト化しているが、私自身は結婚する気が全くない。子供を作る気もない。

友人らの結婚式に持参した祝儀袋は50枚ではきかないし、友人らの華燭の典の末席に私の椅子を加えてもらえるのは悪くない。幸せのおすそ分けがあった数年後に、友人らの間に生まれた新しい命に触れる栄誉に浴した機会も両手両足では足りないだろう。

そんな友人達の子供の相手をするのも、また楽しい。先日も友人宅で友人の子供たちとゲームで盛り上がった。そういった私の姿を見てきている友人達はいつも怪訝そうな顔をして、お決まり言葉を投げかけてくる。

曰く、「増田絶対にいいお父さんになれるよ。」と。

しかし、残念ながらそんな姿を友人たちに見せる機会は、永遠に実現する事はないだろう。なんだかこちらが申し訳なくなってくるが、こればかりはどうしようもない。

結婚出産をしない事の仔細については伏せさせていただくが、私自身はLGBTという訳でもないし、病気等によって子供が作れない身体という訳でもない。過去交際した異性がいない訳でもないが、結婚するというビジョンは当初から皆無だった。




・・・さて、長々と私の宴席話を綴ってしまったが、ここまでが枕詞である。以下より表題の件となる。

最近発生したとある些事によって、私は自身の今後の人生を考える機会を得た。それは老後の事であったり、貯蓄の事であったり、人間関係の事であったりする。

不思議不安はない。「少くとも僕の場合は唯ぼんやりした不安である。何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安である。」と言ったのは太宰だったか芥川だったか。或いは川端だったかも知れない。

老後を一人で支えていく貯蓄は作れる。今現在のところは十分な資産が無い為「ある」とは胸を張って言えないが、仮に70歳定年制度が導入されようとも、食べていけるだけの資産形成するだけの資力はあるものと自負している。

加齢による孤独との付き合いも、それなりにこなしていくつもりだ。とは言え、老境に達した事もない若輩が悟ったような事を口にするのも軽々しい。鋭意努めるといった表現に留めておこう。

そのような事を独りごちること数日、ようやっと私は「自身に生きている理由がない」と言う平々凡々な結論に至った。

却説そうなると困ってしまう。理由もないのに生きていくには、あと数十年という年月は些か長すぎる。排泄物生産する装置として延々と過ごしていくには動機けが心許ない。

人生に対しての意味を考えるのは、数多く存在する宗教という団体が約二千年ほど前から継続して取り組んでいるようだ。詳しくは知らない。

彼の団体が世に出している成果物を拝見したこともあるが、私には意味を見出すだけのものはなかった。

理由も無い、意味もない。そうなると次の段階として「可及的速やかに、かつ周囲の迷惑を最小限にとどめる形で自殺する方法考察する」ということになるが、私にはそれを実行するだけの胆力が備わっていなかったようである。自ら命を絶つという行動を想像するとき自身の玉袋が萎びていく感覚が如実にそれを証明している。

安田講堂演説をぶった後に割腹して果てたのは誰だったか筋骨隆々とした当時の写真を見るに、グラビアモデルか何を生業としていた人だと推察しているが、どうだろうか。職業はともかく、その胆の据わりようはまさに驚嘆に値するが、私には到底真似のできない所業である

理由も無く、勇気も無い。理想も無かった。願望もこれといって無かった。意味のある無しは私自身が決定するものではない。後世の人間理由付けしたもの意味だ。

かと言って「無い」状態を維持していくのも据わりが悪い。回答でも解答でも一向に構わないのであるが、「ある」状態にしたい。ふとそう思い至って有休申請をしたのが昨日の午後、目の前のキーボードを叩いては嘆息する作業に飽きてきたのがつい先ほどの話だ。

先人の知恵を生かす事こそが人類であり、その事を辞書で引くと即ち「英知」である。ならば私も人類の英知の恩恵に与ろうと「はてな匿名ダイアリー」なるサイトの中に設置されている検索窓で「人生 理由」と入力してENTERキーを叩いたところ、検索結果は0件だった。平日の昼間から人生 理由」や「人生 意味」といったワード検索をかけている中年男性という絵面も大変に珍妙ではあるのだが、ここで膝を折るわけにもいかない。

Google検索で「人生、宇宙、すべての答え」で検索すると「42」という解が得られるというのは割合に有名な話ではあるが、できれば証明過程のほうも見せていただきたいので、「人生 理由」や「人生 意味」などのワードGoogle検索をかけても、有象無象が多くて選り分けるのに四苦八苦しているうちに時間けが過ぎ去っていく。回顧するに到底建設的な所作とは言えない。

※ちなみに、「人生 理由 anond」等とGoogle検索すると、先人への英知に到達する作業が捗ったという事実も申し添えておく。


・・・結局、特段の進歩もなく、たまっていた有休を消化して終わるだけの一日となりそうだが、髪の毛一本分、まさに寸毫ほどの厚さだけでも遺物があれば、後進増田諸氏の灯台となり得る可能性はあると考えた。

可能性に賭けることは好きではない。そもそも賭け事が嫌いだ。だが、この愚かな人間がしたためた理由意味もない駄文が、誰かにとっての灯火となれば幸甚である

大海原の中のマッチ一本分にも満たない、本当に小さな灯り火であるが。

ここまでお付き合い頂き、かつ増田諸氏の人生の貴重な時間をも少々頂けた事に深謝する。増田諸氏の人生に幸多からん事を祈念して、ここで筆をおく。

2017-06-13

撤退」と「引退」ねとらばのセンス

結局、記事センス問題だ。

あんなん、どー考えても誰かから声掛けてほしげなお嬢さんじゃん。

恋愛が大嫌いですとか、異性に興味がありませんとか不潔とかそういう訳じゃ無くて、

ものすご〜く辛い経験をして「今はちょっと誰とも付き合いたくないの・・・」でしょ。

ブコメとかまとめとか、ねとらば側に立ってる連中が朴念仁ばっかりでビビった。

から撤退だっての。

記事タイトルを付けるっていう、ラベリングには繊細な感覚必要なんだから、そこはよく考えようよ。

文章上の表現で「商業から撤退」は「引退ではない」てのは、記事タイトルでは通用しない。

誰も気安くナンパできなくなっちゃうじゃん。

おまえはこの作者を潰したいの?

ってなるでしょ。

別な例えをすると、ねとらばは民事再生申請をした企業について、「破産」の報道をしたような状態

実際は、支援を受け、再生計画を築いて会社を建て直す場合もある。

この場合、「破産」「倒産」といった報道支援再生計画障害になる。社会的信用を毀損する結果になる。

から最近は「民事再生申請」とかそういう見出しでしょ?第一報の段階では、会社を潰して精算するか、再建なり買収なりは未定なんだよ。

精算にしても、可能な限り資金を回収する残務整理が必要なわけ。どーかなって思う。

2017-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20170605154243

あれは倒産直前のあがき、というか悪くなかったんじゃいの。

今は伊東グループになってる。

2017-06-06

割り勘したら振られた

今年で30歳になるネット婚活中の男。

22歳の高卒無職(倒産して求職中)のカラオケ趣味の女に、僕もカラオケ行ってみたいですねーと言ったのに誘ってくれなかった。

無職からお金なくて誘えないかなと思って、気を使って、奢るからカラオケ行きませんか?と誘ったら案の定来た。

可愛らしいワンピース着てたから、服買うくらいのお金は持ってるのかなって、じゃあ奢らなくてもいいかなって、割り勘にした。

帰宅後、お礼と、気に入ったポイントを褒め、遊びではなく真剣結婚を前提とした交際も考えていること、もしそうなった場合に両親への紹介はどうするかといったメールを送ると、無言でブロック

これ、フェミニストさんはどう思います

男が誘って当然、女からは誘わない。奢ってもらって当然、奢らないなら次はないみたいな女。

ちなみに前払い制の店だったんだけど、割り勘しても最初から最後まで一切不満漏らさずにこにこしてたくせに無言でブロック

女って腹黒くて怖い。

女がこんなんだからミソジニー蔓延るわけだけど、フェミニストさんはまず身内の意識をどうにかするべきでは?

http://anond.hatelabo.jp/20170606000316

確かにこれから日本社会ビジネス面でも優位性はないし、社会面では老人介護疲弊していくだけだしで急速にしぼんでいくから、外に出ていく手段は身につけないとやばいかもね。自動車業界特にやばいし、連なってる関連会社倒産し始めたらと思うと怖すぎる。

2017-06-04

親が死んでも泣かないかもしれない

親は両親とも80近く2人で暮らしていて、自分は自立してかなり離れたところに住んでいる。

特に母は優しいし苦労もかけたし物凄く世話になったし仲もいい。

父は大嫌いだが。


どうイメージしようが、どうシュミレートしようが、泣くように涙が出るように思えない。

死因が老衰であれ、病死であれ、災害であれ、過失0の事故死だったとしてもそんなふうに思えない。

アニメとかラノベとかマンガだとちょっとしたことで涙は出るのに。


実際、数年前に姉が自殺したときもなんとも思わなかった。

まぁ、姉のことも父に似ていて大嫌いだったというのがあるかもしれない。

失業中の身で自身しんどい時にめんどくせぇと思いながらも泣き崩れる親をよそに淡々葬儀の進行を務めてた。


「死んだら死んだで事後処理大変そうだな」

とか

死ぬなら先に父が死んでくれないかな」

とか

「実際に死んだ時に、自分がこんなじゃ、誰かに『冷淡だ』とキレられるんじゃないか

そんなふうにすら思ってしまう。


自分が冷淡だとは思いたくはない。

自分が頑張ったことで誰かが喜ぶ笑顔はなんとも素敵に思うんだ。

ただ、リアルの人の死に対して、なぜこんなにも無感情なのが不思議なんだ。

なんでこうなったのか、自分でもよくわからない。

昔、もう20年近くなるだろうか、当時よく遊んでた友達自殺したときは泣いてたのに。


最近自分借金が辛くて、もういいやって死にたくなることが時々ある。

それなりに色々経験して辛いことも楽しいこともいっぱいあったし、少ないけど本気で気にかけてくれる友達もいるし。

こういうのもなんだけど、思い残すこともないし。

でも、他人迷惑をかけずに死ねいからと思いとどまるあたり、まだ余裕があるのかな。

でも、両親が死んだら迷惑かける身内も居なくなるし……。


てか、オレの周り自殺者3人て多い。

先の話の失業社長が多額の負債自殺したことが遠因となった倒産が原因。

務めてた会社倒産したのも4社くらいあって多い。

偶然なのか、それともなんかあるのかな。


つらつら書いてたら話が随分それてしまった。

でも少しだけ楽になったよ。

これはタイトルが悪い。奨学金問題解決を遠ざける。

奨学金600万円を抱え困窮する22歳女性 「親が自己破産してバイト漬けで鬱に、婚約も破棄されるかも」

https://news.careerconnection.jp/?p=36316

昨今話題奨学金問題に見せかけた記事

冒頭こそ

いまや大学生の2人に1人が借りている奨学金。借入総額の平均は312.9万円だが、人によっては600万円を超えることもある。

奨学金問題かのように見せている。

しかし読み進めていくと・・・

叔父は、勤めていた会社が30代の頃に倒産してからずっと無職でした。

(略)

叔父自分無職お金がないのに、保険適応外の治療祖父に施しました。その支払いのせいで、ボイラ整備士をしていた父は自己破産せざるをえなくなりました

(略)

実は親にはずっと『クズ』とか『死ね』とか罵られていました。

(略)

高校生の頃はお小遣いをもらえないどころか、バイトをして月1~5万円を親に貸していたという。

これは奨学金問題ではなく、一家族の機能不全がメインの問題だろう。

女性境遇が苦しいのは分かるし、奨学金の返済が重しになっているのも理解できるが、それを奨学金問題にまで発展させるのは違うだろ。

この女性の諸事情まで含めて奨学金問題としてしまうと、奨学金問題本質がぶれてしまい、結果的問題全体の解決を遅らせてしまうことになりかねない。

倒産が減って休廃業過去最高になる意味

首が回らなくなるまで足掻く人が減ったという意味では良いこと。

でも、裏を返せば、土壇場で「もう少し耐えれば業績は上向く」と考えて耐えようと考える人が減ったということでもある

要はこの国の未来を楽観視する人が減ったということ。

商売に定石なんか無いんだから健全市場環境でも成功者落伍者も当然出る

でも、失敗の代わりに自主退場が増えるってことはボディブローのように後々の経済に響いてくるだろう

この辺りの空気が上向く日は来るのかね

2017-06-02

http://anond.hatelabo.jp/20170602142359

多分地方都市部ではこの感覚は大きく違うと思う

自分のところでは政治家のそういうのは見えなかったけど、

事業仕分けで完全に潮目が変わった

地方なんて役所にぶら下がってる中小が多いか

毎年このくらいは役所絡みの仕事があるなって計算してたのが

まるっと吹っ飛んだのが事業仕分け以降

当時自分のいた会社では新しく雇う予定だった人にのんでもらった程度ですんだけど

まれて新しい機械入れちゃってた類業のところは倒産して社長さんは行方不明

今思うと実際には仕分け対象じゃなくて

役所が面倒な案件を便乗して切っただけなのも含まれていたかもしれないけど

まあこの辺の裾野地方には案外たくさんいるってことは都会の正義の人には見えてないよね

あんまり言いたくないけどキモくて金のないおっさんと似たような構図

http://anond.hatelabo.jp/20170602114250

出戻りできる余地を残しておくって、人生リスクヘッジの上で大事ことなんだよ。

転職先が実は負債抱えまくっていて、就職した途端に倒産するというのは良くある話だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん