「レビュアー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レビュアーとは

2018-09-25

批評批判意味が分かってない

Amazonレビューを読んでみると、批評批判意味が分かってない人ばかりだ。

とにかく気に入らないか商品を陥れたいだけの人がほとんど。

からといって、そこまで手放しで褒めて良いものなのかという人もいる。

どちらかに偏った評価をすればいいってものではないのに、それが理解出来ていない。

はいっても、まだ褒めている評価の方が信頼出来る方だ。

ケチをつけている内容の殆ど自分の考えていたものと違うから気に入らないって内容ばかりなので信頼性に劣る。

しかも、ろくに使ってもいないのに評価をしているから、余計に信頼できない。

どうにもAmazonレビュアーは、まるっとおかしい。

2018-08-28

レビュアー

レビューで物の良し悪しを偏らずに評価出来る人は、普通or良いレビュアーなんだけど、

とにかく悪い事しか書かない人ってのがいて、そのレビュアーの書いている内容を読んでみると

最初からまともな評価をする気がないという書き方をしていて、レビュアーっていうよりか「レビュアーもどき」にすらなれてない。

いわゆるネットでよくある誰でもいいからとにかく叩かせろって人種なんだよね。

そういうレビュアーもどきがお決まりのように「出来が悪い」「最低のもの」みたいな表現を文中にするのだけど、

出来が悪いのはレビューする商品ではなく、レビューしてきたもどき以下だったりする。

ネット無差別叩きしている頭のおかしい人と同じように一部だけといえば一部だけなんだけど

あいう人たちのおかげで、ちゃんレビューしている内容が埋もれてしまうのはホント迷惑だね。

レビューで物すら叩かないと生きていけない人というのは、実生活で何か障害でもある人なんだろうか。

全てを憎んでいるようなそんな感じ。なんか哀れ。

2018-08-26

C国のプロダクトに関する炎上案件(?)

メンヘラでおなじみ、某WBでのLEDランプレビューに関する状況を収集してみました。

1件目。まともな方。

2018/07/25 Amazonで高評価!2999円のLEDヘッドライトバルブを試したところ…Street Cat

https://youtu.be/ulbsqJvYD_s

2018/07/27 実際何度になるのか?ライト内放熱式LEDバルブを2時間連続点灯するStreet Cat

https://youtu.be/HGvAuNeWbME

2018/07/29 メーカーから連絡がきたので返事します。この機会に皆もコメントを:H4LEDバルブStreetCat

https://youtu.be/mlWIqh1bvPA

メーカー側がレビューを見て改善余地ありと判断し、意見を求めている

2件目。(日本人感覚からすると)おかしい方。

2018/08/05 【実験低価格ファンレスLEDバルブの温度上昇っぷりが凄い:AUXITO

https://youtu.be/Mkr55pg4XFQ

2018/08/17雑談レビュー依頼品を正直に評価したのですがダメだったようです

https://youtu.be/lig9C9WcOWk

メーカーからレビュアーに対する文句ばかりの模様。

国や人種だけでモノを言うのは考えたほうがいいという好例に(図らずも)なっている。

2018-08-07

漫画の偽Amazonレビュー

https://no9.co.jp/

この会社のだしてるキンドル漫画レビュアー、同じ漫画にばかりレビューしている。

好きな漫画いから偽レビューなんて止めてほしい。

2018-07-31

酷評されてるオタにち!を公式で公開されてる部分だけ読んできた

https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_CW01200411010000_68/ こちらが閲覧した連載ページ。


連載開始ページ

文字が多く、一コマ目で会社員説明しているのにパーカー説得力がなく(在宅なのかも不明)二コマ目ではデカデカ文字が陣取り背景は謎の家?街並み?

PCを打っていた自画像が三コマ目でいきなり移動しようとしている?後ろを向いている?どちらにせよ意味不明すぎる行動。ここまで背景の描き込みがなく真っ白のためどこで何をどうしているのかがサッパリ

説明も「会社員仕事してさぎょいぷして美味しいもの食べてる私の日常をお送りします」的な小学生説明レベル解説力と漫画家として引き込む力のなさ。読んでるこちからすれば「は?」か「で?」という感想しか出てこない。だってそこまでのコマ会社員要素、オタ要素、食べ物、友人・イプ相手が一切出てきていないんだもん。作者の姿だけ。

オチ四コマ目はそれでは はじまりはじまり~の言葉とともに唐突に簡略化される作者像。なんでオチでいきなり力抜くの?三コマ目までとことんラクしておいて最後作画放棄してるのには「マンガかくのいやなのかな?」という感想しか湧いてこなかった。

次ページには登場人物紹介があるが

自分だけはしっかり描いてあるものの前ページと同じダルダルパーカー色違い)代わり映えしないのにびっくり。二コマ目には主要キャラであろう友人をあろうことか一括りにして挙句の果てには無個性ハゲ

コマ目には何も写っていないモニター。さぎょいぷ相手らしい。(しかフォロワーがイプ相手意味不明普通友人とやらないの?それともフォロワー呼びするぐらいその人を友人と感じていない?)四コマ目には愛猫がちょこっと出てくると書いてある。

ここまで見てまともに描いてあるのは作者の自画像だけで作者以外のマンガを盛り立てる魅力的な登場人物は誰もいないことに気付いてしまう。どんなオタクエッセイでも「自分」と「周囲」で沸かせていくはずなのにこの漫画では作者のみでこの世界を作っていくつもりなのか?と思ったら後々わかるけど本当にそうだった。

1話

ハゲトレーナースカート一見お嬢様とわからないお嬢様が登場する。

猫用ウォーターボウルとフィンガーボウルの見分けが付かない、クイックルワイパーを知らない、19時以降の外出には付き人がつくという本当に漫画しか見かけないレベルガチお嬢様らしい。

そんなお嬢様を信じられないことに一コマ目で作者は「オタ友」と呼んでいる。なんのオタクだよ。ガチファビュラスセレブオタク趣味も嗜む叶姉妹ももっと常識あるしどんなジャンルが好きかわかるぞ。

どう考えてもこんな世間知らずのお花畑がオタとは考え難く、学生時代にやったアイタタエピソードで許せるような話。

お嬢様の歳がいくつかは知らないけど普段生活で19時以降付き人必要なぐらい大事にされているのに19時以降まで一般会社員の作者宅に居てお嬢様の家庭から連絡もなく付き人の迎えも待機もなく駅まで送って解決というガチお嬢様とはなんなのか考えさせられるマンガ。このお嬢様ってオタでメンヘラ虚言癖のなんちゃってお姫様☆彡じゃないの?作者騙されてない?

お嬢様には首を傾げる点も多いがクイックルワイパー試したいって言った人にシート付けるの教えずにやらせて「いやシートつけなきゃそりゃ取れないよ」っていう作者もどうかと思った。付けて渡さないのは意地が悪いと思うし相手の行動見てなかったの?試したいってことは未経験なのは予想つくし床に傷がつくから早めに教えるかやる姿見て地面にシートなしの棒付ける前に止めるもんだと思うけど。

2話

唐突に出てくるピンクだか紫の髪の色の人。男か女かわからんマジで誰。なんでいきなり漫画に出てきて当たり前のように一緒に生活してんの?つかこいつ友人?私は2話と思って見てたけど実は20話?と思ってタイトル見ても2話。嘘やん

そして明るい髪色の作者と同じ顔した人。コイツも誰?作者と思おうにも前ページではブラウンきのこっぽいボブ頭だし唐突に髪が伸びて髪色変えてイメチェンしたの?やっぱこれ20???という事にしか頭が行かない。

内容で笑おうにも白ハゲ友人という前提ぶっ壊されていきなり顔アリ出されて頭が追いつかない。冷静に読んでもいい歳した大人ゴミに出した袋わざわざもって帰ってきてシール剥がすのみみっちくね?という感想しかわかない。つか前話でガチお嬢様出してこの落差。髪もなく顔もない手も指も服装適当な「オタ友達」のはずのお嬢様名前説明もないのに髪も顔もあり服装ちゃんと考えられてる誰だかわからん人。なんだこれ。友人格付け差別?オタ友なら曲がりにも友人と公言してるわけだし公開したあたりで付き合いとして読んじゃうよね?あとで喧嘩にならない?


32話

途中の3~31読んでないのでここからは友人像があるかどうかは置いておく。(再登場の可能性もあるので)

コマ目。可愛い女の子と作者が隣り合わせで金言の話してる。そこで何しながら話してるかは不明場所不明。そしてまだ着てる長袖パーカー季節感#とは それにしてもどこだかわからん場所唐突に話始まるなこれ。

コマ目。えっ、缶の上塞ぐように持って飲み物飲むの?独特すぎない?口どこについててどこから飲んでるの。そして作者の謎飲みの絵と大量のセリフに押し出されて消える友人(推定)。オチまでもうセリフ以外出番がない。四コマ目でタイトル回収してたけどそれまでの話必要か?って感じだった。文字ばっかで一コマ目以外見所ないし。

33

女医に昔言われた女性は痛みに鈍感は本当だったと思い出す(真っ白な空間で片足空気椅子しながら)。これだけ。

あぁ、これがAmazonレビューで見た「右足と左足を交互に前に出したら歩けた。レベルの「あるある話」」ってやつかとレビュアーさんの的確さに脱帽。皿洗ってたら割って片付け終わって後ろみたら血が点々と落ちてた。女医の話回想、治療ってのを四コマ無理に割って五コマでやってるけど一コマ丸々使ってる白ハゲ女医説明シーンを四コマ目の片足空気椅子の真っ白な部分に入れれば省けば四コマでいけたじゃんこれ。それとも四コマ目の背景のレイヤー消したまま提出して作者も編集も気付かず掲載したの?というかチェックしてんの?やばすぎない?

34話

運がいいのか悪いのか今日更新された話。

モニターに語りかけてる。おそらくこれが登場人物にあるさぎょいぷ相手フォロワーさんってやつだろう。フォロワーさんっていうさん付けで呼ぶぐらい友人とはいいがたい他人位置づけにいるはずなのにやけに砕けてる口調。いぷ相手も気兼ねない親友か親兄弟レベルの口の利き方。普通Twitterフォロワー関係程度でイプして「何がだよ、わからねぇ」とか口汚い話し方するか?そういう些末なことにしか頭行かないぐらい内容がなかった。あるあるとは言い難いし、

急性胃腸炎がすごく痛かったので深夜に救急車呼びました。たらい回しにされたものの手術してその日に歩いて帰りました。『マジかよ』

これだけ。

正直面白味のあるオチじゃないしTwitterリプライでやれっていう内容だし見たこっちは「あぁ・・・うん・・・お大事に?」という感想以下の感想しかかばない。というかさぎょいぷっていうんならモニターに語りかけてないで手を動かせよ(いぷ相手風)


こんな感じで一事が万事説明不足・書き込み不足で読者の共感理解が得られずフィクションの色がかなり強くなりコミックエッセイとしてはとても読めたものではないし、若干盛ったオタ日記漫画としても大前提である「作者がどの種類(腐女子アニメ好き女子乙女など)でどの程度のめり込んでいるオタク」なのかが全く不明瞭。

万が一そういった類の女性オタクでなく「PCオタク鉄道オタク」的な意味合いで使っているとしても自分で「オタクです」としか説明していないし、どういうオタクの人でも持っているそのジャンルへの熱狂さは見えない。全体的にこれが好き、これに熱中してるみたいなものがない。

そして登場人物の所でも書いたけど作者だけで世界が完結してるせいでその他が全部嘘にしか見えない。どこで会話しているか、誰と会話しているか、会話している相手はどんな人か(性格がわからいからどういう魅力があるかもわからない)、ぜーーーーんぶわからないし作者主観で完結させる話ばかりで友人もズレた方向で特殊な人や作者に語りかけるだけの役割ばかりでこんな友人いるよね、アラサーってこんな感じ・あるあるだよねみたいな共感もできないからイマジナリーフレンドとイマジナリー同人生活してるとしか思えない。

あと白ハゲってTwitterではだいたい自分代理だったり自分語り用のその他大勢として扱う印象だしこの作者的にはオタ友ってそんな風にどうでもいい人と思ってるんだなって感じるからやめた方がいいと思う。イプ相手もまた然り。副題の~オタクアラサー女子のどうでもいい日常~のどうでもいいって自分相手日常漫画書くのもどうでもいい気持ちで書いてるってことに思えてくる。

全体的に見てキラキラしてるオタクバズる事に憧れる普通の子Twitterでよく見る用語やよく聞くあるある意味とかやり方を調べず並べて頭がよくてサバサバしてるけど緩い自分主人公のオタ生活マンガ学芸会頒布したのかなってのがこの作品に抱いた私の感想

作者はそのままのいろんな話題を持ってるすごい自分を見てもらいたいっていう気分なんだろうけど、ふわっとしてて掘り下げることも説明もできない病院食より味の薄い設定、年中パーカーズボンボブヘアー無気力顔という手抜き自画像服装などで季節感とか出して目新しい変化をつけて読者を飽きさせないという工夫もなく、自分の友人やフォロワーネタにするのに白ハゲ手抜きで使い捨てる、背景や構図が思いつかないか文字や素材で無理やり埋める、気が向いた時だけなんの説明もなくきちっと描いた謎のキャラを出せばいいだなんて誰が見ても作者は手を抜くことが第一努力嫌い、適当で怠慢であることが伺い知れる。


絵が上手い下手以前の話でこれを商業で売るのはとんでもない暴挙だと思う。そりゃAmazonで☆1が100%でどこからでも酷評されるわ。

2018-07-27

Amazonライトに付いてた手紙で感動、爆売れってやつ。経営者見たら

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000011-jct-soci

イライラしてしまったので書く。

俺はこの石○って人が信用できない。

大量にあるセミナーDVDAmazonレビューが不自然な高評価ばかり。

この人のDVDを持ち上げるために作られたようなレビュアー複数

他の商品レビューにまで出張した過激派(?)のレビューは消えてるみたいだけど、それにツッコミ入れてる人のレビューちゃんと残ってる。

残念ながらid:boxeurさんがブクマした本人ぽいレビュアーは消えてしまっている。

http://b.hatena.ne.jp/entry/247892039/comment/boxeur

ライトユーザーはこんなことまで調べないから売れちゃうんですかね。

yahooニュースにも載って大成功ってセミナー捗るんですかね。

こういう人の商品が売れると聞くと、もう真面目に働いてるの馬鹿らしくなってくる。

どうしたらいいんですかね?

2018-07-21

大前提細田守監督ショタコンケモナーである

未来のミライレビューネットに次々と挙がっていくので読んでいたのですが、皆さんこの大前提ポロっと抜け落ちているように思います

それゆえに大抵のレビュアーは「細田守が描きたかったものは何なのか」を想定しようとする時に大きなミスを犯します。

細田守が描きたいものなんていつだってつの事です。

ケモノ」と「ショタ」です。

このことは「おおかみこども」「バケモノの子」を見れば明らかでしょう。

しかし、彼は長い間その感情を押し殺していました。

中でも「時をかける少女」においては「ケモノ」や「ショタ」への執着心が完全に押し殺されています

時かけ」において、細田守監督自身の執着を完全に押し殺し、最大公約数的な作品作りにつとめその結果として商業的・文化的成功を収めることになります

その影響により彼は「大衆のための作品作りが出来るアニメ監督」という評価を背負わされることになります

彼が「時かけ」のあとに制作した「サマーウォーズ」という作品に対して、あまり大衆向けであることを目指しすぎていて衆愚政治のような匂いが漂っていると感じたことは無いでしょうか?

同時に「サマーウォーズ」の中では、「時かけ」では押し殺されていたはずの「ショタコン」「ケモナー」という氏の2大性癖スクリーンから見え隠れするシーンが幾度もあります

この頃から細田守作品においては「大衆向けの成功」と「個人的性癖への執着」が熾烈なぶつかりあいを始めます

未来のミライ」を評価するのであれば、この事から絶対に目をそらしてはいけないでしょう。

しろ、そういった2つの相反するようでありながら混ぜ合わせることが完全には不可能でない願望をどうにかして同時に満たし自分他人幸せになれる場所を目指したいという彼の中にある葛藤・願望が強烈に爆発したのが「未来のミライであるという見方をすることがベスト可能性すらもあるわけです。

最後にハッキリ言ってしまいましょう。

未来のミライ」について語っておきながら「ショタコン」「ケモノ」といった要素に触れていない文章は、物事のごく狭い面だけしか見ておらず片手落ちもいい所です。

2018-07-19

アマゾン レビュアー書評面白い

名もなき市井書評家たちのコメント面白い。評されている本よりも面白いのではないか、参考になるのではないか、という書評も珍しくない。私がファンになってしまったレビュアーさんが複数人いる。突然レビュアーさんが削除されてたりすると悲しくなる。この仕組みをつくったアマゾンもえらいが、日本読書人たちの質の高さよ。

私自複数書籍上梓しているのだが、レビュアーさんたちの批評は容赦がない。悔しくも思うが書いてあることは概してまっとうな意見である。そしてこちらが本気で容赦なく書いた本(素人でもわかるようにとあえて優しい表現としたりせず容赦なく専門用語を用いて書いた本)はきちんと評価してくれたりもする。

凄い時代になったものだね。

2018-07-17

ゲーム版読書メーター

読書メーター」(https://bookmeter.com/)というサイトがあるのだけれど、これのゲーム版がほしい。

ユーザー過去に影響を受けたゲームの思い出を淡々を書いていくような感じのイメージ

steamレビュー書いている人が最も近いかな。

だけど、steam場合steamゲームに限られているし、「購入」ということが前提になった書き方になってしまうのよね。

これをもっと個人思い入れや、そのレビュアーリスペクトした人がレビュー過去に辿れるようなものがあるといい。

読書メーターは、Amazonレビューよりも充実していることがあるし、そういうゲームレビューや思い出を投稿して楽しみ合う場が、インターネット上に存在してもいいと思う。

そういうプラットフォームを誰かに作ってほしい。

2018-07-08

Amazonレビュー

もう少しなんとか管理できんのかなと思わなくもない。

気に入らねえからボロクソかいてやるよって日本人レビュアー日本人のふりした中華しかおらんやないか

2018-07-07

anond:20180707202937

劇伴の使い方が上手いって指摘もあるな。

海外アニメレビュアーが、それについて語っている動画があった。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm30379452

2018-06-25

あんものは、やった体にしただけのガラクタなのになぁ。

もし本気で言ってるのなら、品質なんて担保できるわけがないのだ。

あのドキュメント群が、どのようにしてこの世に産まれ出たのか、顧客エンドユーザーではない)も開発チームも知っているはずだ。

決して詳細設計ではなく、「プログラミングを一切知らないエンドユーザーが見て解る」機能について説明しただけのドキュメントなのだ

そして更に、上っ面の機能ではなく内部仕様までこと細かく記述した「詳細設計書は作成しない」ことになったのだ。

それを顧客⇔開発チーム双方合意したうえで書かれたモノである

すなわち今あるドキュメントは、たとえば「○○画面には△△が入力でき、決定ボタンホストシステム登録されます。」ということが書かれているだけで、決して「入力された△△を5byteと3byteと8byte位置で分割し、□□と連結したもの送信XMLほにゃららタグにセットしてからホスト送信する。」といったことは書かれていないのだ。

なぜなら、システマティック知識を持たないエンドユーザーが読んでもわからいからだ。

エンドユーザーは、仕組みはどうあれ、思った通りに入力したデータホストシステム登録できることだけを望んでいるのだ。

ところが、だ。

なぜか今は、その上っ面の機能けが書かれたドキュメントだけに基づいてシステム要件検討されていると言うのだ。

無理に決まっている。

上っ面の機能ですら必ずしもすべて書いてあるわけではないのだ。

誰がどう見ても数字しか入力しない入力欄には、誤って英字や全角文字を入れてしまうことが無いようチェックしたりしているのだが、「そんなの当たり前でしょ?」的なレベルのことは省略されていることも多々ある。

そしてその「それは書かなくて良いんじゃん?」には明確な基準は無く、レビュアー感覚、さじ加減次第で省略されるのだ。

経緯は絶対に知っているはずだ。

絶対ということは絶対にない!と言うのなら、ドキュメント作成から上流工程に携わっている人間でも知らない可能性が無いこともないのだろう。

だが、本気で「知らない」と言うのであれば、恐らくそ人間ポンコツの極みである

そのような経緯があるにも関わらず、今になって「ドキュメントに書かれていないこと」を見つけると、「ドキュメント不備だ」「きちんと書かれていないから正しい要件調整ができないじゃあないか」「不具合なのだからすぐ直せ」だとか……もうね、アホかと、バカかと。

期限と費用を重視して、詳細設計書を省略したんじゃねえのかよ?

であれば、追加開発時に改めて現状把握のためにソースコードの解析を伴う調査必要になるに決まってるじゃねえかよ。

でもその工数を開発チームに与えることはしない。

製造が始まっているのに不安定要件がある。

定義部分は末端の担当者に「ユーザー質問してみて」と、体の良い形で実のところ調整作業自体を丸投げする。

遅れや障害でも発生しようものなら「なぜだ?!」の追及の手は緩めず「対策を考えろ」とか、根本原因の大部分を上流が占めていることを認めようとは決してしない。

それで「このプロジェクトウォーターフォールから」とか、どの口?

もうね、アホかと、バカかと。

浄化しない排水を上流から流すせいで下流人間うんこまみれの水飲まされんだよ。

2018-06-19

コードレビューなんて無くなってほしい

ブログアウトプットしてはてなブックマークされるような意識高いところはともかく、ほとんどのところでコードレビューなんて機能してないよな。

まともにコードの読み書きできないようなレベルレビュアーしか当たったことがないわ。

コードプリントアウトして、机を囲んで面談方式コードの書き方を注意するとかなんの儀式だよ。

2018-05-24

困ったレビュアーさん

安倍(仮)(以下A)「おつかれさまです。issue XX番のFIXが完了しました。さきほどプルリクを投げたので、コードレビューをお願いします」

レビュアー(以下R)「ちょっと待った。お前、コードレビューの前に聞きたいことがある。こないだの○○の件の経費精算でズルしただろう。申告した額とレシートの内容に差異が見つかったんだが」

A「あ、すみません間違えまして。修正して再提出しますね」

R「そんなこと言って逃げるつもりだろうが。もし指摘がなければそのままズルしてたつもりだったんだろう」

A「いえそんなことは」

R「違うというなら、この額の差はどう説明するんだ。ただのケアレスミスでこんな間違いが起こると思っているのか。そもそもエンジニア以前に社会人としてだな」

(以下略)

と、レビュアーさんがもう随分と長い間お説教モードになっていて困るのですが。確かに経費精算でズルしたのが問題ないとは言わないけど、それにばっかり時間を割いてないで、さっさと本業のコードレビューを進めてもらえないですかね。。。リリースが遅れたり、あるいはろくにレビューされずに LGTM なマージをされて後々バグが出て困るのは、そのソフトウェアを利用している我々ユーザーなんですよ。



2018-05-18

アマゾンレビュアーvs哲学者

不当懲戒請求話題だけど、こっちも地味に興味深い

http://sanova.site/?eid=248

http://sanova.site/?eid=251

立命館大学准教授千葉雅也氏が、アマゾンレビュアーに著書を批判されたから訴えるそうだ

これは読んだ感じじゃ千葉氏がやや苦しいようにみえるけど、どうなるんだろうか?

売出し中の言論人だけに、こういうところでの対応発言信頼度に関わってくるんじゃないかなあ

2018-04-19

人生最大の賢者タイムを迎えた

当方アラフォーおっさん

女性に縁がなく、気楽な独り暮らしもいいさと考えていた。

何より、独りであるという事は、自慰についても全く憚る所はない。

という訳で、最近乳首開発を始めてだいぶ感度が上がってきた。

そして、アダルトグッズにはチクニー乳首オナニー)専用のアイテムがあると知った。

その名も、UFO S.A。最先端技術とおまけのVR動画チクニーライフを充実背せているというレビュアーたちの声を読み、自分も購入する事にした。

値段は21330円。かなりの出費だがこれも独身彼女なしの特権である

しかし、到着した翌日に、親が倒れて入院した。峠を越えるとしたら長期戦だ。

ふと、射精もしてないのに妙に覚めてしまった。

俺は何をしているんだ。この2万円で親に何をしてやれたのだ。

これで落ち着いたとしても、UFO乳首にあてがう度にこの境地をぶり返してしまいそうだ。

それからというものUFOは結局一回充電はしたが使用せずに物置に眠っている。

人生でこんな長い賢者タイムは、好きだった子が青姦で立ちバックしてる現場に出くわして以来となった。

2018-04-13

コードレビュー有用ものにする最も重要な事項

レビュアーにはコードを書ける人間採用する

これだよな。

今までレビューを受けてきて、技術力の高さを感じるレビュアー出会たことがないんだけど。

コピペプログラマならまだしも、方眼Excelしか知らない、コードを書いたことないSEレビュアーやってたりして、めっちゃつらい。

はてなでたまに見る「コードレビューを円滑に行う方法」みたいな記事って欺瞞だわ。

anond:20180412225659

なんかえらい嫌われているのですが

ファミ通編集長って過去に何やった人かよく知らないんですよね・・・

昔あのヒゲファミ通に嫌な思いさせられたコンシューマーゲーム業界人は多いから。

今では信じられないだろうが、ネット普及前はファミ通レビュー点数見て小売りがソフト仕入れ数決めてたりしてたんよ。そんな商売に直接関わるレベル権威があったのに、レビュアー好き嫌い広告出稿量であからさまに贔屓してたからね。俺はあるメーカー下請けやっとったけど、そのメーカー販売タイトルってだけでデフォルトで減点付いてるような感じだったし、もちろん当時の恨みは忘れてない。消費者にしてもレビュー信じて数千円払ってクソゲー掴まされたりしてたわけ。

そんなわけで歳寄りからはその頃のダーティーなイメージがあり蛇蝎の如く嫌われてるし、はてなは歳寄りの巣窟なんてそういう論調になる。若い人にはあまり関係ない話なのかもしれないけど「胡散臭い人間が旗振って業界団体作ろうとしてる」ってイメージ根底にあることは知っておいて欲しい。

2018-03-27

レビュアーの上位3割と下位3割は割と糞

 

2018-03-16

コードレビューとは何か

コードレビューとはコードレビューである

レビューとは何か。

たとえばAmazon商品レビューのようなものレビューのあるべき姿だ。

レビュー自体拘束力はなく、自分の利害が及ばないものレビューできる。

それは結局、ただの外から感想しか無い。

そのレビューを聞くも聞かぬもレビューイ次第だ。

からレビュアーが「○○してください」などと問題点の変更要求をする事はナンセンスだ。

要求する場ではないからだ。繰り返すが、感想を述べる場なのだ

しかしその感想真摯に受け止め然るべき対応をしなければより良いものは作れず、周囲の人気も得られることはない。

それがコードレビューだ。

2018-03-09

anond:20180309004339

ありがとうございます

なので、どんなちゃんとした企業でも、宣伝?みたいなもの

どうしても派手にやってなんぼなんだろうなって、小さい頃から過激・過剰」である認識していました。

売れてなんぼです。

レビューちょっとしんどいですね。

増田さんの気付いたことって、ひょっとして、増田さんの会社がじゃなく、業界ぜんぶがそうなんじゃないかなって

思ってしまます

私が読んだとあるレビュアーで「レビューの依頼お待ちしています」と堂々と書いている人いました。

男性みたいなのに、海外アイドル?のプロフ写真使ってる人でした。それが気になってプロフ読みに行ったんだけど。

この事からも、お金レビューを請け負う人はいらっしゃるのではないかなって、思ってしまます

2018-03-02

anond:20180302142059

そんなことより、サクラレビュー邪魔すぎる

以前は不自然日本語であるとか、特定会社レビューしかしてないとかで見分けやすかったけど最近はより巧妙になってきてる

日本人に依頼して書かせてるみたいだし、数社のものにまとめてレビューしてたり(だからサクラのくせにレビュー数が10個くらいはあったりする)

ただ名前がやたら本名風の日本語(四文字漢字、でも微妙に珍しい漢字)のレビュアーばかりが高評価つけてて、どのレビューも短文で絶賛してて、しかそいつらが複数個の共通したものにも似たような絶賛レビューをしてたりするから、まだ見抜くことは可能

ただそれに時間使わなきゃいけないのがすんげーめんどくさいけど

Amazonには早くあいつらをどうにかしてほしいわ

2018-01-03

・見てないけど

・読んでないけど

釣りだと思うけど

・やったことないけど

・評判聞く限り

この辺の言葉を使いたがるエスパーレビュアーやエアブックマーカーは全員死ぬべきだよな?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん