「吹雪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 吹雪とは

2019-09-07

温泉、独り旅、そして濃霧

休暇を取ってください、と職場から言われた。

休めるのなら迷わず休むのがポリシーなので喜んで三日ほど休んだ。

さて、どう休もうかと悩んだ。引きこもりお盆で味わい尽くしたし、

予定を入れなければうっかり自宅で仕事をしてしまいそうだ。

そうだ、温泉へ行こうと思い立って旅行サイトで予約した。

さて、車で二時間ひたすら山を登る。

残暑が厳しいだろうから高地へ行って涼もうと思っていたのだけど、麓も涼しくなっていた。

山を登りきると、そこは涼しい温泉地。どこか浮かれたような雰囲気が漂っていて好き。

ホテルへのチェックインにはまだ時間があったので、スーパーへ寄ってビールつまみを購入。

口コミサイトにはフロント対応が最悪と書かれていたが、妙齢マダム淡々手続きをしてくれただけだった。

雰囲気が良ければあまり接客態度は気にしない。チェックインを済ませると部屋へ行った。

事前にわかっていたとは言え畳にベットは味がない。ベットだと布団の上げ下ろしがないからないから安いのか。

まあ、旅館の部屋につきものの「あの部分」があるからいか。早速「あの部分」の椅子腰かけくつろぐ。

瞑想くらいしかない。景色は開けているが、山しか見えない。夕食まで時間があるので、温泉に入ることにした。

事前に純粋温泉を楽しみたい人におススメとあったので、ワクワクしながら温泉に向かう。

ああ確かに温泉はしっかりしている。酸性度が強いので傷口が痛い。全身で温泉を感じた。

温泉に入ったから、何かが変わるわけでも魔法がかかるわけでもない。ただコンクリートの壁を前にして身体温泉に浸す。

なんとピュア温泉体験なんだろう。そうか、温泉っていうのは絶景とか解放感とか

そういう非日常こそが温泉だったんだなという気づき

ゆっくり風呂に入ったら、もう夕飯か。夕日を見る間もなく夜になっていた。事前の評判では冷食バイキングと聞いていたが、

実際に得られたモノもそう表現するしかない。宿に泊まっている全員の食事時間が90分しかない

というのが何となく窮屈に感じるけれど、その正体がわかった。コレ寮生活みたいなんですわ。

行列に並ぶことが何よりも嫌いなので、15分ほど遅れていったら部屋に内線電話がかかってきた。

現場に向かうと、部屋番号の指定席。なんかさらされているようで気恥ずかしい。

料理は大しておいしくないが、別に文句を言う理由もない。そんな食事なのに、

ビュッフェスタイルだったか無駄に食べてしまって2泊3日で2kgの大増量。

バカなことをしてしまった。

食事にはお酒がついてきた。あまり食事時に酒を飲むのは好きではない(回るのが早いから)が、

セットでついてきたのだから、ついつい飲んでしまう。欲張りモノは損をする。

酔いが回ってくると、気が大きくなってくる。隣席は同じく独り旅と思われる中年男性哀愁漂う晩餐を取っていた。

ものすごく、話しかけたくなった。目的もなく一人で来たからやることがないのだ。どうしようか。

どこか観光地について聞こうか、このへんにはおいしいものがあるのか、そんなことも知らずにここにいたから知りたかった。

しかけるのは簡単なんだ。でも、相手が会話を望んでいないときどうやって終わらせるかがむずかしい。

そういう責任取れない会話は辞めとこう、という気持ちがわいてきたので彼に結局話しかけることはなかった。

食事を終え、部屋に戻ると「あの部分」に腰かけビールを飲んだ。ああ、なんでこんなことしてんだ。

カーテンを開けると眼下には、昼間には森だった暗闇が広がっていた。何にもねえや。

いよいよアルコールがキツくなってきた。ドキドキと鼓動は早くなり頭はぼーっとする。そして気づく。

ああ、実は酒なんて好きじゃないんだな。

普段酒が好きだと思っていたのは、飲酒で気が大きくなって会話を楽しんでただけだったんだ。

無音の部屋で畳にゴロンと横になり、座布団を二つに折って枕にする。天井の木の模様を観察して、微妙な気分になる。

畳のにおいが心地いい。何も考えない、楽しい訳でもなく悩むわけでもなくただ時間が過ぎていく。

そうやってどれくらいの時間が過ぎたのだろう。酒が抜けてきたので再び温泉に入った。

いつ行っても風呂場がバラバラだけど、大丈夫だったのか。お湯の中で瞑想する。

風呂から上がると、ロビーは消灯していた。ほとんど真っ暗なロビーで放心状態だった青年が一人。

彼は何を思っていたのか。そんな彼を横目に部屋へ戻る。どうも隣室がうるさい。酒盛りだ。

ホテル入口にXX大学OO部と書いてあったけど、ひょっとしてこいつらか。でも、体育会系キチガイじみた盛り上がり方でもなかったので、仕方なしと思って布団に入った。その後もドンドンバンバン隣室からは音がしていたが、朝飯の時間は決まっているので彼らもじきに寝たようだった。

朝飯も同じ。何も語ることはない。卵やきをたくさん食べた。部屋に戻るとカーテンを開けた。濃霧で真っ白で視界ゼロだった。ふと、若い時に行った東北旅行で遭遇した吹雪を思い出す。バスの窓はすべて白く染まり飛行機が遅れて大変だった。吹雪の中にいると、建物の中にいても現実感が失われる。果たしてここはどこか、私はだれか、そんなことを疑いたくなる。次は吹雪が吹く冬に来ようという気持ちになった。

特に何もなかった。でも、何もないって贅沢だな。

「あ」

アナウンサー学校の授業のように妙にはっきりとした発音で「あ」と発した正面の座席女子中学生は、顔面からバタンと倒れて動かなくなり車内は一瞬で鎮まりかえった。彼女の隣に座っていた警察官風の男が慌てて窓を開けると、床に散らばっていたプリント類が窓の外に吸い込まれ、紙吹雪が車窓を通して一枚の襖絵になった。もし10年後にこの日の事を思いだすとすれば、この瞬間のこの光景かもしれない。私は涙が止まらなくなり、隣の人にリュックサックを預け、車掌を呼びにその場を離れた。2つ車両を移り一番先頭のダクトテープで完全に密閉されていた車掌室に着く頃には、時計の針は午後4時を指していた。やはり車両が前に行くにつれて時間の進みが早くなっている気がする。電車の進むスピード考慮に入れても、明らかに加速している。一抹の不安を抱きながらエレベーターで地下4階に降りると、かつて駐車場だった場所にはミニサイズ遊園地ができていた。小さい頃に一度だけ行ったことがあるが、その時は一番の幼なじみだった友人が取り残された。今もあの時のままの姿でいるかもしれない。ブルーベリーに含まれ鉄分有効だと一般的に言われていたが、それらの資源20世紀前半にほとんど彫り尽くされてしまった。やはり最初の段階で心音に耳を澄ませておけば良かったと後悔している。これが今日ハイライト

2019-08-12

[]

相変わらずドタバタ暴れてたけど一週間風呂なしによるフケ吹雪とかゆさのイライラに耐えかねてシャワー浴びることに

ついでに一ヶ月半ぶりのセルフカット

やっぱ短いほうがラク

アサ外してた右手の固定具ももかい装着

2019-08-08

運としか言いようのない不幸

道を歩いてたら車が突っ込んできて死んだ

いつもどおり仕事をしてたら会社放火されて死んだ

子供が通学途中にナイフをもった他人に刺されて死んだ

いつもどおり車庫入れをしようとして頭をぶつけて死んだ

学校にいたら男にナイフで刺されて死んだ

通勤に使ってる電車脱線して死んだ

不整脈で死んだ

いつものスーパーで買い物してたら銃で撃たれて死んだ

乗ってた飛行機が落ちて死んだ

庭で日光浴したら死んだ

吹雪の中、家に入ろうとしたら玄関先で鍵を落としてしまって凍死した

自分の店に車が突っ込んだ 直したと思ったら4日後に別の車が突っ込んできた

↑こういうのって何%くらいの確率で起きてるんだろう??最近、ボーッとしてるときに、あ、死ぬかもって思うことがある。

2019-07-10

googleブラウザアンケート「おめでとうございます!」

かいうページが突然出て「iPhoneX今なら100円」と書いてあり、クレジットカード情報入力してしまった。

途中でおかしいと気付いてググるとよくあるフィッシング詐欺らしく、慌ててカード会社電話連絡、カード停止と番号変更での再発行をお願いした。

この間15分弱だけど、不正利用されないか心配だ…

住所、氏名、生年月日、電話番号入力欄が出てきてそこで何かおかしいと気づいた。入力しなくてよかった。

とりあえずマイページから利用限度額を一番低い10万円まで下げてオペレーターさんに繋がるの待ってたけど気が気じゃなかった。。。

吹雪の舞う祝賀画面に「うれしいです~」とかいう偽レビューが踊ってて、「こんなキャンペーンやってるんだ。Googleならお金ありそうだからやるのかも」とつい思ってしまったのがいけなかった。そんなことあるわけないよね。本当気を付けよう。

2019-06-28

もうこんな時間でお昼を挟む増田酢魔無左派をるひおでん家事南港も(回文

おはようございます

と言ってももうお昼よね。

ついうっかりしちゃうともうこんな時間よ。

月末は何かと忙しい感を出しておかないといけないじゃない。

本当に忙しいときもあるけど、

ほんと1日1日が早くって

このループからけがしたい現実逃避がしたいわ。

と言うところで事務所内で遭難しそうになったところを、

ランチ行くぞって連れて行かれて

私はピリ辛汁なし担担麺を食べる知るよしもない感じでそれは美味しく頂いて帰ってきたところに、

いろいろ郵便局銀行やらに寄っていったら、

もうこんな時間よ。

デザート杏仁豆腐がまたこれもとても美味しかたか

なんかランチニラ散られたけど、

よしとするわ!

もう世の中準備することが8割9割で大事って事を改めて噛みしめたわよ。

事務所に戻ってきたら

またあの生温い空調の風に当たって頑張らないとと思うと、

その中華屋さんの冷気が見えるほど

白い吹雪のような風が天井クーラーから出ていた、

そういう所に街の中華屋さんの本気度が分かるわよね!

あのキンキンに冷え冷えなのがいいのよね。

うふふ。


今日朝ご飯

たまーに寄るパン屋さんでオムレツフィッシュフライサンドを買ってきたわよ。

まだ出来立て作り立てで美味しくて温かみが美味さを寄り引き立てみを感じるわ。

朝美味しいものを食べると

よっしゃー今日も!って藪から棒に思っちゃうわ。

デトックスウォーター

夏の果物と言えばキュウリ

キュウリ果物の仲間だと言うことに最近嘘をつかれたことに気付いて一瞬信じ切ってしまったわ。

そんなわけないじゃん!って

キュウリキュウリな訳で

逆に言うと水に他の5パーセントの成分を加えるとキュウリになってしまうと言うマジック

スライスキュウリとウォーラーの相性ってだから抜群なのよね!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-05-13

言いたいことも言えない恋人なんて

久しぶりに更新してみようと思う。

人達を巻き込むだけ巻き込んで爆発しって散った恋をしていた。

まさに地雷原を歩みゆくようなもので、とある友人には「陽だまりに行くために何も吹雪の中裸足で外に踏み出る必要はないし、霜を踏む必要もなければ、氷柱に刺される必要もない」とまで言われた始末。

それでも私は「恋は盲目」という慣用句の通り、まあその先にある陽だまりを信じていた。

多分、実際ちゃんと頑張れれば想像よりずっと小さかったとしても、おそらくそこに陽だまりはあったのだろう。けれど、頑張りに対してそのご褒美があまりに小さいと感じたので今回、そこを目指すのをやめて囲炉裏に火を焚いている家に戻ることにした。回復するかどうかは分からない。凍傷にもなっているだろう。だけど、戻ることに決めた。

好きなもの否定され続ける苦しさ。

ありがたいことに、私の両親は私の数々の趣味に対して、詳細を知ろうとはしなくても概ね否定せずにいてくれた。コスプレは嫌な顔をされることもあったけれど(主に片付かない的な意味で)。

本を書くことについては、その内容を読まなくても装丁出来栄えを褒めてくれた。イベントで本が捌けると喜んでくれた。NLが多かったのもあって「読みたい」と言われたら当たり障りないものを渡す準備もしていたけど、言われはしなかった。

頒布数は決して多くないけれど、頒布数の割には感想をよくいただいていた。拙作と言っても過言ではないけれど、それでも一生懸命考えて書いていたし、愛着もある。だから純粋自分が書いたものを褒められることはうれしかった。

私のそれぞれの趣味に対して、厳しいことを言う人ももちろんいたけれど、正直そういう人はどうでもいい。直接危害を加えられないのであれば、いないのも同然。そしてありがちことに、ほとんどそうした粘着質の人とは関わらずに生きてこれた。

で。

恋人と付き合ってみると、同人コスプレも嫌だという。

私は趣味の中で自己顕示欲を満たしていた。だからそれを全部なくすことに抵抗があった。

まして発行から1年も経っていない本もあるし、再版をかけてしまった本もあった。

それでも、恋人のことが大切だったし、趣味の中で得られていた様々なものをひとまとめにしたメリットと、恋人から与えらえる感情とを天秤にかけてみて、やっぱり後者が重いと感じられたので、コスプレはさくっと上がったし、同人活動も止めて、家にあった在庫も欲しい人に配った後は実家リフォームに際して処分した。印刷費は回収したかった。

とりあえず、趣味に対して文句を言われることはなくなった。

手持ち無沙汰になった私は積んでいた小説を読み漁ったり、編み物を楽しんでいる。

読書編み物楽しいけれど、それを共有できる人がいない。長くオタクとして生活してきたから、どうやって繋がって共有していけばいいかがよくわからない。私は、私らしさを少し失った。

甘いものが好きだ。

果物ケーキクッキーも好きだ。マカロンも大好き。そんな中、流行にのってタピオカにハマった。

デートの時に「タピオカを飲みたい」と伝えたら「毒じゃん」と笑われた。

私の中の小さな私が死んだ。

わたあめを食べに行った。

かわいらしい色で大きなわたあめを頬張る娘が嬉しそうで、こちらまで嬉しくなった。

また「毒の色だよ」と言われた。

私の中の小さな私が死んだ。

やめてほしいと伝えた。

好きなものを同じだけの熱量で好きにならなくていいから、せめて否定しないでほしい。私は私で、あなたあなたから否定しないでほしい。同じ熱量で好きになれるかはわからないけれど、私はあなた趣味否定しないし、理解したいと思ってる。同じように理解はしなくていいから「ああ、好きなんだな」で気持ちをとどめてほしい。そう伝えた。届かなかった。「じゃあ喋らない方がいいね」「帰るわ」。

まったく私の言葉は届かないのだと、涙になった。

私は私で、それはあの人の恋人であり、娘の母であり、企業に勤めるサラリーマンであり、母や父にとっての娘であり、友人にとっては友人であり。どれも私で、全てを束ねて私だ。

私は責任の中で生きていて、全てが過去選択の結果。だから、母としての私を認められないことが苦しかった。どうしたって時間に制約はある。人付き合いもある。そういうのをやり繰りしながら時間を作って会っていた。だけど、それではいけなかったらしい。

もう一人、小さな私が死んだ。

自由自分で選べなくなった。

じゃあ、と、振り返ってみたら。

殺された私の代わりに新しい誰かが生まれていたかと考えてみたら。

そんなことはなかった。

こちからお願いしたことも、むこうから言ってきた約束も、何一つ、一週間だって守られたことはなかった。そして更に悪いことに、気づいてしまったのだ。言われたことも嘘ばかりだったのだと。

気づいたら、中くらいの私が死んだ。

そうしたらもう、ダメだった。

言いたいことも言えず、伝えてもかなわず、期待しても裏切られる

こんな人の傍にいてはいけない、と。

きっとあの人は叶えてるつもりだっただろうし、言ったこともその時は本気だったのだろう。

だけど、継続的に叶え続けられないのならそれはただの気まぐれ。

後戻りできないほど周りを巻き込んだ私と、生活は何も変わらない恋人と。そんな分の悪いシーソーゲーム、降りてしまって良いだろうと。

ここから私はまた周りに説明をして回らなくてはいけないし、家族に謝らなくてはならないし、下手をしたら連れてこられた男と見合いなりなんなりしなくてはならなくなる。けれどこれも、私の選択の結果だ。

私は、努力した自分をほめたい。

傷ついても嫌なことを言われてもされても、努力していた私は確かに存在した。

調べものも沢山したし、時間も作ったし、理解し合いたいからと対話努力もした。

から、結果については残念だけれど、私は私の努力を讃えたい。

一番大きな収穫は「言いたいことも言えない恋人なんて、とっとと別れちまえ」だ。

私はもういちど、自分の好きなことをやりたい。

2019-05-06

若手俳優Sくんに関して、闇落ちしかけたやばいオタクの手記

ワンクッション。

俳優Sくんと私との出会いと私の思いを綴っただけです。各方面配慮はありません。

登場する友人とはリア友で、Sくんファンでもありますが最推しは別の俳優さんです。彼女に頼まれ、この文章を公開することを決断しました。名前や日付は操作していますが内容は事実です。もう一度言います、各方面配慮はありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年10月7日

普段そんなにテレビを見ない私が偶然目にしたのは、某芸能事務所若手俳優グループ結成記者会見だった。なにこれ?私のタイプイケメンがいっぱい並んでるんですけど?!とTwitterで呟いたところ、友人からLINEが飛んできた。「それ私の推しいるんだけど、今度の初イベント行かない?」なんかよく分からなかったし知らない世界だったが、彼女の誘いならと同意した。

事前にネットで調べて、メンバー確認した。舞台特撮に出ている人気俳優さんもたくさんいたが、私にとっては知らない俳優さんばかりだった。ただ顔写真を眺める中で、すごく顔がタイプ俳優さんがいた。S、と名前があった。デビューしたてで実績はないようだが、なぜかフロントメンバーにいた。彼をチェックしてみるかと軽い気持ちで、私は友人と共にグループの初イベントに臨んだ。


2017年12月10日

イベント当日。Sくんは慣れていない様子で、ほとんど喋らなかった。先輩の俳優さんがいっぱいいたからかもしれないが、マイクのないところで仲のいい俳優さんと話したりしていて、あまり前に出ることはなかった。こういうの好きじゃないんだろうか。芸能人向いてないんじゃないだろうか。そうとさえ思った。正直、あまり印象はよくなかった。

その日は終了後にハイタッチ会があり、私はSくんのターンで思い切って声をかけた。「めちゃめちゃイケメンですね!」時間も短かったし、そんなようなことを言ったと思う。彼は苦笑いのような微妙な表情を浮かべた。ただそれだけのことだった、彼だってデビューして初めてのイベントで慣れていなかっただろうし疲れていたのかもしれない。私の声のかけ方がいけなかったのかもしれない。でも私はすごくショックだったし、怖かった。


2018年1月28日

つの間にかグループファンクラブに入っていた私、友人に連れられ2ndファンイベント。Sくんは前回よりも慣れてきた様子で、笑顔が見られた。先輩俳優との絡みも増え、特技のギターや歌の披露も前回より緊張が少ないように見えた。

そして客降りの時だった。隣りの友人が手を振ったとき、Sくんはこっちに手を振り返してくれた。2人でびっくりしたし、すごく嬉しかった。だが私は前回の恐怖が拭えず、ハイタッチ会では彼に何も声をかけることができなかった。


2018年3月18日

そして3rdファンイベント事件はおこった。よくあるオタク勘違いだよと言われるかもしれない。でも少なくとも私と友人の2人の中では確信している大事な思い出だから、許してほしい。

それはサインボールを客席に投げ入れるコーナーだった。私達は運良く割と前方の席で、運良く斜め前辺りにSくんが立った。私達はSくんに手を振った。Sくんは私達を見てくれた。そしてこっちに向かってボールを投げてくれた。軽いボールは惜しくも私達から少しズレたところに落ちた。ドンと響くような悲しみをこらえSくんの方を見ると、彼は私達に向かって、ごめんねというように手を合わせた。私はボールを取れなかった悲しさよりも、嬉しさで泣きそうだった。もちろん彼は私達のことなんか覚えていないだろうけど、私にとってはあの1stの彼がここまでしてくれたことが感激だった。

その日のハイタッチ会で、私はまた思い切って声をかけた。「めちゃくちゃかっこいいですね!応援してます!」彼はありがとうと、今度はさわやかな笑顔を返してくれた。


その後もSくんの初舞台となるグループ旗揚げ公演を見に行ったり、(事務所のやり方が最悪で密かにボイコットしたこともあったけど)ブロマイドやグッズを買ったりした。だが無名の彼の露出は多くなかった。彼はSNSをあまり更新しないタイプだったし、私はもっといろいろなSくんの姿を見たかった。早く現場でSくんに会いたかった。早く売れて有名になってほしかった。

そんな中で発表されたのが、とある人気2.5次元舞台への出演決定だった。本当に驚いた。原作ほとんど知らなかったが、彼の役が人気キャラであることくらいは知っていた。発表のときにみんなが「誰?!」となっているのを見て、「見てろよ」と私はニヤニヤした。

それから必死原作勉強してチケットを探した。運良くお譲りいただけて公演を見たとき、あのSくんがこんな大きな舞台で輝いているのがとても嬉しくて誇らしかった。歌の上手いSくんの声がイベントホールではなく劇場に響くのがとても嬉しかった。iTunesCDで彼の歌を聞けるのが、雑誌に彼の名前と姿が載るのが、とても嬉しかった。


2019年4月13日

Sくんは続編の公演へも同役で出演が決まっていた。最速先行もFC先行も落ちて伝手をたどり、友人と2人、なんとか劇場にたどり着いた。だが観劇の前にもまた戦場だった。ランブロ文化は滅びろ。人気キャラを引き当てても、彼演じるキャラブロマイドとの交換がとにかく見つからない。選べるタイプのグッズもまず彼のキャラ完売うそだろ。比べるのはあれだが、原作ではもう一人のキャラの方が人気だった。そのキャラを演じる俳優さんも、Sくんより歴もファン数も圧倒的に上なはずだった。私は既に泣きそうになりながら野口英世を羽ばたかせた。

もちろん劇はとても楽しかったが、ここでは感想を省かせてもらう。

最後の客降りだった。Sくんは客席に降りずにステージ上だった。そして私は彼が板の上から最前列に紙吹雪を振りまくのを見た。私は3階席で泣いた。彼がとても遠くなってしまったようで、堪えきれなかった。お芝居を見にきたのであって、こんなことで泣くのはおかしいと思った。劇場に入れなかった人もたくさんいるはずなのに泣くのはおかしいと思った。でも耐えきれなかった。

オタクとしてこんな真っ黒な気持ちになったのは初めてだった。Sくんには売れて有名になってほしいと思っていたし、思っている。でも売れないでほしいと思ってしまった。なんでこんな人気キャラ役なんだとも思ってしまった。彼が売れて人気が出ることはファンとして喜ばしいことのはずなのに、純粋に喜べなかった。そんな自分自分でショックを受けた。こんなことを思ってしまうなんて、ファンとして恥ずかしいと思った。 いやファンを名乗ったらいけない気がした。

今の私は3rdイベの思い出にすがり、デビュー最初イベントブロマイドを持っていて、初舞台初日を見たという事実を振りかざしてマウントを取りたがる、真っ黒なオタクしかない。


それでも私は、ちょっとマイペースコーヒーブラックが好きで温度低そうだけど熱いものを持っていてぱっちり二重な彼が、やっぱり好きなんだ。

アーティスト志望だったはずがなぜ2.5次元なのかという疑念もある。Sくんが本当にやりたいことができますように。心や体の調子を崩したりしませんように。いつか彼名義のCDを買える日が来ますように。そう願う気持ちだけは純粋でいたい。事務所さん頼みますよ。

それから、できれば今のところ以外の事務所でお願いします。

2019-04-26

悩む時間増田から捨てるテスラ馬出すまをンか事務やな(回文

4K8Kって言うけどテレビはやっぱり谷啓だよね!

ガチョーン!!!

ってそんな講師がご機嫌なジョークから始まる英会話ラジオ面白いです。

おはようございます

あのさ、

最近雨降るか振らないかな天気が多くって、

そんでね、

折り畳み傘をなくしちゃったと思ったら結局は見つかったんだけど、

あの傘を持っていくか持って行かないか考えるリソースもったいないから

何も考えずにいつも折り畳み傘をカバンにしのばせて盗んだバイクで出掛けたら、

万事解決よ!

悩む時間ってもったいないじゃない!

かに天気予報の精度は上がってきているとは言え、

人は「確かに」って言うときカニ」の事を思い出すってことは止められないと思うの。

でさ、

迂闊なことを言うとカニ警察が来て

あれはカニじゃなくてクモの仲間です!って言われちゃうのよ!

もう私は蟹とか面倒くさいので、

職人も騙せちゃうぐらいなハイクオリティカニかまぼこで丁度いいわ。

あれで十分よ!

とある料亭へ行ったときのことを思い出したんだけど、

カニの甲殻にカニかまぼこを生体移植して、

本当のカニ見立てるって手間の掛かった和食をみてドン引きしちゃったわ。

カニの爪のところのカニ肉抜いて、

カニかまぼこ詰めるとは鬼の所業よね。

蒸しカニつめカニかまぼこ美味しかったけど!

そんでね、

傘持って行くか持って行かないかメリーポピンズなんだけど、

その悩むための時間リソースが割かれるのが嫌だから

スティーブジョブズ毎日黒い服とジーンズを着ていたって話は多分ウソだと思うわ。

でも結局、

今日は何色の折り畳み傘を持っていこうかしら?って悩みが発生するのよね!

だっていいじゃないって思うし、

選択肢が多いときほど人は迷うから

あとの残りの折り畳み傘は窓から放り投げたわ!

傘もさいいけど、

雨降ってないとき手ぶらで痛いのよね。

手ブラじゃないわよ手ぶらの方ね。

なのにさ

事務所の人から差し入れでおかず持って帰れとかってたまにあるじゃない、

しかもそれ鍋ごと差し入れ!?

ビニール袋に入った、

一見鈍器にも見間違えるル・クルーゼの重い鍋持って帰れというのかしら?

これどうするのよ?って

もうしわけないんだけど。

あるときは一升炊きの炊飯器を炊けたご飯パンパンになったままで渡されてどうしようかと思ったわ。

さすがに一升炊きのご飯の物量は食べきれないので、

そっとまた窓から放り投げたわ!

しか白飯よ!

こなーあ~ゆきーい~ってやかましわ!

桜でんぶで桜吹雪にしてあげる!

これでも召し上がれ!

うふふ。


今日朝ご飯

玉子サンド

昨日買ってまた食べるのを忘れていたおにぎり

またモズのはやにえみたいにならないうちに食べれたので、

それおにぎりも食べちゃいました。

夕方おにぎり買っておいて忘れちゃってたわ。

いけないいけない!

玉子サンドは相変わらずセクシーヤミーで

やっぱこれよね!ってご機嫌よ!

今日デトックスウォーター

私はデトックスウォーターの専用容器はお洒落なやつとかは使ってない麦茶入れで作ってるんだけど、

そっちの方が案外洗いやすいしシンプルでいいのよ。

でもこれから麦茶の量産体制になったらと思うと、

ちょっと別の小瓶が欲しいわ。

あ、そっかでもも麦茶の季節になるのね。

そう思い出した今シーズン初夏の香り漂う麦茶ウォーラー

季節先取りよっ!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-04-17

anond:20180704151631

(2019/04/17) 追加しようとするとテーブルの表示が崩れるようになってしまったので新エントリに移行

IDいらすとやタイトルいらすとやURL (h抜き)追加日
b:id:kjinoue家計簿をつける人のイラストttps://www.irasutoya.com/2013/04/blog-post_11.html4/17
b:id:minus9d眼科のお医者さんのイラストttps://www.irasutoya.com/2013/11/blog-post_9126.html4/17
b:id:jtkhsポテトチップスイラストttps://www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_7284.html4/17
b:id:gre5315hwピースサインを出す人のイラスト男性ttps://www.irasutoya.com/2016/02/blog-post_591.html4/22
b:id:juas絵本読み聞かせている女性イラストttps://www.irasutoya.com/2013/07/blog-post_1309.html4/24
b:id:care_ottoオットセイイラストttps://www.irasutoya.com/2014/02/blog-post_7446.html4/25
b:id:poyopoyojinsei会話をするカラスイラストttps://www.irasutoya.com/2018/04/blog-post_23.html4/28
b:id:cierycカラフルモンスターアイコン(※12種類のうち6種類を組み合わせて使用ttps://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_5228.html5/2
b:id:akinoyuuutsuいろいろな表情のスーツを着た人のイラスト男性)(※いちばん左上)(※背景は不明ttps://www.irasutoya.com/2019/04/blog-post_87.html5/2
b:id:boxp627閉じた宝箱のイラストttps://www.irasutoya.com/2016/07/blog-post_81.html5/4
b:id:bfms350クエスチョンマークを出している人のイラスト棒人間ttps://www.irasutoya.com/2014/05/blog-post_19.html5/4
b:id:gorochan75吹雪と犬のグループイラスト戌年ttps://www.irasutoya.com/2017/11/blog-post_731.html5/4
b:id:bubiwo渋沢栄一似顔絵イラストttps://www.irasutoya.com/2018/02/blog-post_50.html5/5
b:id:kumakuma30コンピューターを使う熊のキャラクターttps://www.irasutoya.com/2018/10/blog-post_93.html5/5
b:id:mazuimeshi1居酒屋飲食店店員イラストビールを運ぶ店員さん」ttps://www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_1.html5/8
b:id:rudosanおにぎりを握る人のイラスト男性ttps://www.irasutoya.com/2016/08/blog-post_8.html5/11
b:id:taka2071広島風お好み焼きイラストttps://www.irasutoya.com/2013/07/blog-post_9839.html5/11
b:id:peko-the3rdブルースクリーンイラストttps://www.irasutoya.com/2015/07/blog-post_993.html5/21
b:id:docchi3chi選挙立候補者イラストttps://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_9687.html5/24
b:id:motanoriモニターを見せる人のイラスト作業員)(※男性)(※モニターの中に「令和」の文字を足している)ttps://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_9687.html5/30
b:id:poontan虫歯の子供のイラスト女の子ttps://www.irasutoya.com/2019/05/blog-post_169.html6/1
b:id:megne1てへぺろイラスト女の子ttps://www.irasutoya.com/2015/11/blog-post_491.html6/4
b:id:aquariuscake2スマートフォンゲームをやる子供イラスト男の子)(※縦持ち)ttps://www.irasutoya.com/2018/11/blog-post_62.html6/13
b:id:tamilele豆苗イラストttps://www.irasutoya.com/2016/07/blog-post_47.html6/15
b:id:fg118942寿司イラストえび まぐろ サーモン 玉子ttps://www.irasutoya.com/2012/03/blog-post_9544.html6/16
b:id:natu3kan青銅器イラスト(鐘)ttps://www.irasutoya.com/2019/04/blog-post_37.html6/17
b:id:yyg8mカラフルモンスターアイコン(※いちばん右・上から2番目)ttps://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_5228.html6/17
b:id:paradox1012スマートフォンを持って照れる人のイラスト男性ttps://www.irasutoya.com/2018/05/blog-post_592.html6/18
b:id:byunryun木の成長過程イラスト(※最後から2番目)ttps://www.irasutoya.com/2014/05/blog-post_9726.html6/21
b:id:taroymd秋田犬イラスト(※額に「た」の文字を足している)ttps://www.irasutoya.com/2016/07/blog-post_26.html6/23
b:id:z001ram男性スキンケアイラストttps://www.irasutoya.com/2015/02/blog-post_12.html6/23
b:id:xufeiknm猫のカップルイラストttps://www.irasutoya.com/2016/04/blog-post_899.html6/29
b:id:showchan82いろいろな色の飛行機イラスト(※上から2番目・左から3番目「青」)ttps://www.irasutoya.com/2015/10/blog-post_388.html7/3
b:id:tottopappaコアライラスト動物ttps://www.irasutoya.com/2013/03/blog-post_4575.html7/6
b:id:xjack赤ちゃんギャングイラストバラバラ)(※上段の右「小さい女の子」)ttps://www.irasutoya.com/2017/11/blog-post_164.html7/7
b:id:osashimi_343マグロ赤身のお刺身イラストttps://www.irasutoya.com/2015/02/blog-post_10.html7/12
b:id:azechi_nお婆さんの顔のアイコン(※いちばん上・左から2番目)ttps://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_1473.html7/14
b:id:null11blg買い物カゴのイラスト(中身なし)ttps://www.irasutoya.com/2014/10/blog-post_70.html7/14
b:id:yuruminimaru動物アイコンアルパカ・豚・ハムスターヒヨコ・犬・クマミツバチ・猫・パンダペンギンウサギ・象」ttps://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_9165.html7/14
 (※いちばん下・いちばん右「象」)  
b:id:kamiegakibito好調芸術家イラスト男性)(※男性が描いている花の絵を「神」の字に改変している)ttps://www.irasutoya.com/2017/02/blog-post_622.html7/16
b:id:mjplayer麻雀をしている人のイラスト男性ttps://www.irasutoya.com/2017/05/blog-post_471.html7/16
b:id:manga464りんごイラストttps://www.irasutoya.com/2018/11/blog-post_498.html7/20
b:id:toypoo_camperランタンカンテライラストttps://www.irasutoya.com/2013/12/blog-post_6214.html7/30
b:id:beef58ラクダイラストttps://www.irasutoya.com/2013/08/blog-post_8354.html7/31
b:id:kotorinox青い鳥イラストttps://www.irasutoya.com/2013/12/blog-post_7916.html7/31
b:id:panpanpanpanpan石川五右衛門イラストttps://www.irasutoya.com/2016/06/blog-post_91.html7/31
b:id:rinsuky表情が豊かな人のイラスト男性ttps://www.irasutoya.com/2016/11/blog-post_751.html7/31
b:id:appgameui学校スマートフォンを使う学生イラスト女子セーラー服ttps://www.irasutoya.com/2018/05/blog-post_268.html7/31
b:id:minomushkoroバリウムを飲む患者イラスト健康診断)(※背景の文字判別できなかった)ttps://www.irasutoya.com/2015/11/blog-post_529.html8/8
 (※『-196℃ ストロングゼロ〈ダブルレモン〉 500ml缶』の写真を重ねている)  
b:id:n500kオオカタカケフウチョウのイラストttps://www.irasutoya.com/2018/07/blog-post_479.html8/9
b:id:rdrkごま豆腐イラスト(茶)ttps://www.irasutoya.com/2015/11/blog-post_538.html8/13
b:id:kingpon白いハイビスカスイラストttps://www.irasutoya.com/2017/08/blog-post_77.html8/13
b:id:monsieuryoshioドーベルマンイラスト(犬)ttps://www.irasutoya.com/2014/02/blog-post_10.html8/15
b:id:inuinuimuヒヨドリイラストttps://www.irasutoya.com/2016/05/blog-post_57.html8/15
b:id:DPL800手紙を渡す会社員イラスト男性ttps://www.irasutoya.com/2018/08/blog-post_234.html8/18
b:id:MUJIあんドーナツイラストttps://www.irasutoya.com/2018/12/blog-post_781.html8/18
b:id:yta026三角形牛乳パックのイラストttps://www.irasutoya.com/2015/06/blog-post_69.html8/20
b:id:uxoru柿の葉寿司イラストttps://www.irasutoya.com/2014/11/blog-post_63.html8/21
b:id:kjinoue家計簿をつける人のイラストttps://www.irasutoya.com/2013/04/blog-post_11.html8/22
b:id:jinfo弥生人イラストttps://www.irasutoya.com/2015/07/blog-post_718.html8/22
b:id:juju0905インターネット上で歓喜する人達イラスト(※左上)ttps://www.irasutoya.com/2016/07/blog-post_940.html8/22
b:id:sakaitomo1109あぐらをかく男性イラスト(※顔部分のみ)ttps://www.irasutoya.com/2018/02/blog-post_601.html8/22
b:id:takero0000エイエイオーのポーズイラスト男性ttps://www.irasutoya.com/2015/03/blog-post_45.html8/23
b:id:okita8892タピオカミルクティーを飲む人のイラスト女子学生ttps://www.irasutoya.com/2019/05/blog-post_20.html8/24
b:id:tomyamz旅人イラストttps://www.irasutoya.com/2016/05/blog-post_6.html8/25
b:id:boribian555デーモンコアのイラストttps://www.irasutoya.com/2018/12/blog-post_676.html8/25
b:id:dorami201やる気に燃える人のイラスト男性会社員ttps://www.irasutoya.com/2018/07/blog-post_419.html8/28
b:id:fukuoka23プレゼントを送る猫のイラストttps://www.irasutoya.com/2015/08/blog-post_1.html8/31
b:id:tarsgbカナリアイラストttps://www.irasutoya.com/2014/11/blog-post_846.html9/2
b:id:yuuki_mitoリンゴの断面のイラストttps://www.irasutoya.com/2013/12/blog-post_18.html9/7
b:id:kojikoji75検索エンジンを使う人のイラストttps://www.irasutoya.com/2016/07/blog-post_36.html9/10
b:id:Faraway落ち込んでいる人のイラスト棒人間ttps://www.irasutoya.com/2014/05/blog-post_9404.html9/12
b:id:U8EdD3ZQエリザベスカラーを付けた猫のイラストttps://www.irasutoya.com/2015/04/blog-post_180.html9/12
b:id:multiv_Hiking一富士二鷹三茄子イラストttps://www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_4397.html9/15
b:id:micro_keywordコンピューターを使うアザラシイラストttps://www.irasutoya.com/2019/03/blog-post_510.html9/15
b:id:t-tugumaお腹の肉をつまむ太った男性イラストダイエット前)ttps://www.irasutoya.com/2018/11/blog-post_92.html9/15
b:id:kumazoooお辞儀をしているクマイラスト工事中ttps://www.irasutoya.com/2014/11/blog-post_82.html9/16
b:id:kenpee豚の角煮イラストttps://www.irasutoya.com/2013/07/blog-post_1944.html9/19
b:id:uwaki9012ひざの上で赤ちゃんを抱く母親イラストttps://www.irasutoya.com/2018/12/blog-post_940.html9/20
b:id:yoshida_ioriプログラマー男の子イラスト(将来の夢)ttps://www.irasutoya.com/2018/04/blog-post_51.html10/6
b:id:richchangおじさんの顔のアイコン(※いちばん下・いちばん左)ttps://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_872.html10/7
b:id:mark_roby白人男性の表情のイラスト笑顔・怒った顔・泣いた顔・笑った顔」(※左上「笑顔」ttps://www.irasutoya.com/2014/07/blog-post_3755.html10/8
b:id:ka28-decコンピューターを使うロボットイラストttps://www.irasutoya.com/2019/03/blog-post_84.html10/13
b:id:saizo_s鯖の味噌煮のイラストttps://www.irasutoya.com/2016/03/blog-post_83.html10/13
b:id:shirofilmハムスターイラストパールホワイト)(※腹部になにか足しているが、判別できなかった)ttps://www.irasutoya.com/2013/05/blog-post_8635.html10/15
b:id:momiji_1紅葉イラスト「赤いもみじttps://www.irasutoya.com/2012/09/blog-post_3.html10/16
b:id:apricot_17happyうさぎの顔のイラストttps://www.irasutoya.com/2015/01/blog-post_58.html10/16
b:id:mike47マスクを付けた犬のキャラクターttps://www.irasutoya.com/2018/03/blog-post_399.html10/17

2019-03-15

デレステの抱える問題について自分なりに考える

色々と問題点はあると思いますけど、個人的に気になったところを少々書きます

まずはマンネリ感について

デレステももサービス開始から三年経っていますし、マンネリ感が出てくるのは仕方がない部分もあるのですが……

ただ、マンネリ感が出てくるのは仕方がないとは思いますが、それを改善しようとしないor出来ない、また、したとしてもどこかズレているのはデレステにおける問題の中でもかなり大きな部分だと思います

よく言われてもいますコミュ(シナリオ)の内容や、各種追加機能、新キャラについてのあれこれとかですね

まずはコミュについてです

これについてなんですが、デレステは復刻イベントをやって時間を稼いだり、休憩期間がほとんどないので、常に新しいシナリオのあるイベントをやっていかなくてはいけないですし

デレぽのような毎日更新していっているものありますし、営業コミュの追加もある以上時間がたりなくなり、シナリオのチェック体制が万全ではなかったり、しっかりとシナリオを練り込む時間がなかったりするのではないかとは思います

しかし、まがりなりにもアイドルゲー、キャラゲーなのでここは中核になる部分ですししっかりしてほしい所です

改善案は人員を増員するか時間をかけるかくらいしか思いつかないですが…

個人的には、しっかり作れず不満が多くなっていっているのであれば、多少立ち止まってもクオリティの向上に目を向けるべきだと思います

どれだけ間を開けずに作ろうとも、キャラクターの設定に矛盾が起きたり、一般的に見てモラルに欠ける行動をとったり、陰湿カタルシスのない内容だったり、単純につまらない、クオリティが低いのではお腹は満たされません

これはマンネリ化の大きな原因でもあると思います

また、イラストも同様に時間をかけられないのかもしれませんが同じような構図だったり、横一直線に同じポーズで並んだり、体や顔がコピペトレスであったりではやはりあまり嬉しくないものです

SRよりもクオリティの低いSSRもそれなりにあります

個人的には、雑な紙吹雪や葉っぱの多様、のっぺりした背景、何故か常に空いている上と左右の空間、全身を写そうとしているのか常に遠目に描かれるキャラクターも気になります

画面全体を使ったアクロバティックなものや独特の雰囲気を出せるイラストは少なく、これでは新鮮味に欠けますマンネリは加速していくと思います

イラストコミュと同じように時間をかければそれなりに改善できるものだと思いますので、こちらも今のままが続くのであれば一度立ち止まってしっかり描いていくことでマンネリ感を破ることは可能だと思います

次に、各種追加機能についてですが……

こちはいらないことをしすぎなのではないかと思います

というのも、例えばドレスショップでは追加間隔が長かったり、順番的に作られるはずのものが作られなかったり

フォトスジオではポーズや、楽曲追加もそのクオリティの割には追加が遅く感じます

またメダルに追加予定の未所持確定チケットもあれから半年以上経つのに追加されていないところをみるとやはり、

それぞれ追加しすぎて手が回っていないように感じます

個人的には、色々な方向に手を出しすぎて回らないのであればどれかは切っても良いのではないかなぁと思ったりしま

アイドルについては色々な方が詳しく語っていたりしますけど、マンネリ打破をしようという気概はいいことだと思います

ただ、やるのならわざわざ声をつけたりしなくても良かったのではないかなぁとも

というのも、出番周りの運営に対する不信感は今やかなり強くなっていますし、そんな中でここまで大々的にやられてはその不信感や不満が大爆発するというのは簡単に予想できたことだと思います

なので、あえて不満を煽るようなやり方はしないでも良かったのになと…

案の定これを期に引退しますって人も結構な量出てきていましたしね

それに、最初からここまで恵まれてはキャラクター自体ヘイトが溜まることも考えられますし、既存アイドルにあったような自分が支えなきゃというような人も少なくなるのではないかと思います

また、そういった批判的な人達や、自分達は受け入れないぞ!という空気はあまり心地の良いものではないですし、そこに定住したり、そんな中でわざわざ地雷に突っ込むような人はそれほど多くはないと思います

そして、これでは古参層を追い出してまで追加しても元が取れるとは思えないんですよね

とはいえ、追加してしまったものは今更取り消せませんのでこれからはどうにかして付き合っていかなければいけないわけです

個人的には、お互いが妥協するべきであると思っています

彼女達に否定的な方は、彼女達の多少の出番は認めるようにするべきで、追加された彼女達は既存キャラクターに追いつくようにとハイペースな出番は求めずに、あくまでも余計に目立つようなことはするべきではないと思います

デレステの抱える問題について自分なりに考える

色々と問題点はあると思いますけど、個人的に気になったところを少々書きます

まずはマンネリ感について

デレステももサービス開始から三年経っていますし、マンネリ感が出てくるのは仕方がない部分もあるのですが……

ただ、マンネリ感が出てくるのは仕方がないとは思いますが、それを改善しようとしないor出来ない、また、したとしてもどこかズレているのはデレステにおける問題の中でもかなり大きな部分だと思います

よく言われてもいますコミュ(シナリオ)の内容や、各種追加機能、新キャラについてのあれこれとかですね

まずはコミュについてです

これについてなんですが、デレステは復刻イベントをやって時間を稼いだり、休憩期間がほとんどないので、常に新しいシナリオのあるイベントをやっていかなくてはいけないですし

デレぽのような毎日更新していっているものありますし、営業コミュの追加もある以上時間がたりなくなり、シナリオのチェック体制が万全ではなかったり、しっかりとシナリオを練り込む時間がなかったりするのではないかとは思います

しかし、まがりなりにもアイドルゲー、キャラゲーなのでここは中核になる部分ですししっかりしてほしい所です

改善案は人員を増員するか時間をかけるかくらいしか思いつかないですが…

個人的には、しっかり作れず不満が多くなっていっているのであれば、多少立ち止まってもクオリティの向上に目を向けるべきだと思います

どれだけ間を開けずに作ろうとも、キャラクターの設定に矛盾が起きたり、一般的に見てモラルに欠ける行動をとったり、陰湿カタルシスのない内容だったり、単純につまらない、クオリティが低いのではお腹は満たされません

これはマンネリ化の大きな原因でもあると思います

また、イラストも同様に時間をかけられないのかもしれませんが同じような構図だったり、横一直線に同じポーズで並んだり、体や顔がコピペトレスであったりではやはりあまり嬉しくないものです

SRよりもクオリティの低いSSRもそれなりにあります

個人的には、雑な紙吹雪や葉っぱの多様、のっぺりした背景、何故か常に空いている上と左右の空間、全身を写そうとしているのか常に遠目に描かれるキャラクターも気になります

画面全体を使ったアクロバティックなものや独特の雰囲気を出せるイラストは少なく、これでは新鮮味に欠けますマンネリは加速していくと思います

イラストコミュと同じように時間をかければそれなりに改善できるものだと思いますので、こちらも今のままが続くのであれば一度立ち止まってしっかり描いていくことでマンネリ感を破ることは可能だと思います

次に、各種追加機能についてですが……

こちはいらないことをしすぎなのではないかと思います

というのも、例えばドレスショップでは追加間隔が長かったり、順番的に作られるはずのものが作られなかったり

フォトスジオではポーズや、楽曲追加もそのクオリティの割には追加が遅く感じます

またメダルに追加予定の未所持確定チケットもあれから半年以上経つのに追加されていないところをみるとやはり、

それぞれ追加しすぎて手が回っていないように感じます

個人的には、色々な方向に手を出しすぎて回らないのであればどれかは切っても良いのではないかなぁと思ったりしま

アイドルについては色々な方が詳しく語っていたりしますけど、マンネリ打破をしようという気概はいいことだと思います

ただ、やるのならわざわざ声をつけたりしなくても良かったのではないかなぁとも

というのも、出番周りの運営に対する不信感は今やかなり強くなっていますし、そんな中でここまで大々的にやられてはその不信感や不満が大爆発するというのは簡単に予想できたことだと思います

なので、あえて不満を煽るようなやり方はしないでも良かったのになと…

案の定これを期に引退しますって人も結構な量出てきていましたしね

それに、最初からここまで恵まれてはキャラクター自体ヘイトが溜まることも考えられますし、既存アイドルにあったような自分が支えなきゃというような人も少なくなるのではないかと思います

また、そういった批判的な人達や、自分達は受け入れないぞ!という空気はあまり心地の良いものではないですし、そこに定住したり、そんな中でわざわざ地雷に突っ込むような人はそれほど多くはないと思います

そして、これでは古参層を追い出してまで追加しても元が取れるとは思えないんですよね

とはいえ、追加してしまったものは今更取り消せませんのでこれからはどうにかして付き合っていかなければいけないわけです

ただ、ここで否定的人達を切り捨てるのは得策ではないと思います

不穏な空気は伝染しま

もしも一度切り捨ててしまえば残った人達には「今度は自分が切られるかも…」という不安が芽生えるはずです

そうなれば今度はその残った人達がねが

2019-01-24

anond:20190124171816

ガールフレンドの親は小金持ちで貧乏人嫌い

主人公たちの仕事は新興の業者にとられる

爺さんは病死

絵のコンテストはなぜか落選

家賃滞納で強制退去

人生絶望した主人公は、拾った財布を届けるついでに犬をガールフレンドに預けて吹雪の中出ていく

イッヌ追いかける

教会で金なかったから見れなかった絵を偶然(神の慈悲で)見られる

若干満足して死去

正直に財布を届けてくれたことに感激したガールフレンド親が再評価

有名な画家コンテストの絵を見てほれ込み養育したいと思う

翌日、ベンチで冷たくなっている主人公とイッヌが発見され、吉村村田病院内で静かに息を引き取った

別に皆に嫌われてたってわけじゃないお

2019-01-15

俺が死にかけたシチュエーションを書く

子供の頃、猛吹雪の中で親が運転する車の助手席に乗っていたときに車が豪快にスリップして対向車線まっしぐら

小学校高学年の頃、親に連れられて川釣りに行った時、気がついたら川の向こう側にいた。川の流れは早く足元は藻でぬめぬめ。コケたら死んでた

高校2年の時、起きしなにゲップしたら何かが食道に詰まって呼吸できなくなった

高校3年の時、お布団の中で寝れないなあと思いながらぼんやり天井を見つめてたら腹の方から白い手が伸びてきて首を締めてきた

一人暮らしの部屋を探しに不動産屋に行き、物件説明を受けているとき東日本大震災

20歳の時、急性胃腸炎かなんかでおなかピーピーすぎて病院に行けなかった。10分毎にクソが出た。しかも当時は酷い手湿疹があったため、手足の湿疹全域からネバネバした液体が出てきて大変だった

 

そうか、もう何年も死にかけてないんだなあ…

2018-12-22

上を向いて歩くと上を向いて歩いたら、上にも人が歩いてた。

まれながらに上にいる、彼らを見てたら涙が出るね

こぼれるどころか耳に入る涙が冷たい

なんて考えてたら足元が悪いから盛大に転ぶ僕らの人生

足元を見た。ここは湿地

運動靴に泥が滲みてくるけど止まったら沈んで靴に泥水滲みてくる

せめて長靴履かせてよ!

ま、進むしかないんだけど足が冷たいよ

前を向いたら幸せなんか見えなかった。

ホワイトアウト、何も見えない寒くてたまらない!

1日1歩も進めない。2歩下がったら遭難するよ!

横を行く人が言った、「下見てご覧、老人になったらもっと酷い」

つの間にか彼の人も吹雪に飲まれて見えなくなった。

久しぶりに懐かしい声、上から降ってきた。

7歳の時に並んでた彼ら、よく見るといい装備つけてるなぁ

無理やり笑い顔作って「また会おう」って

彼らには前が光に見えてるらしい

僕には吹雪しか見えない

涙が凍った。

唇は紫だ。

手の先も動かない。

寒い

僕は今惰性で歩いている。

この先に暖かいオアシスがあるかもしれないか

こんな吹雪場所オアシスなんて常識的にあるわけがなくても

しかしたらあるかもしれないか

ああ つかれた

2018-12-08

島風はなぜ主人公じゃないの?

艦これってどこいっても島風イラストばかり掲載されているか

てっきり主人公なんだと思ったら、すっごい地味な吹雪かいうのが主人公

ものすごく落胆した。

からでも主人公島風にするべきじゃないか

2018-09-25

anond:20180925002755

Zネーション市民Zパートはそれに近い気がする。

ゾンビ禍の発生時にたまたま北極基地に勤務していた元ハッカー男で、

基地には備蓄食料とかやまほどあるし外は吹雪なので基本的ゾンビは近づけもしないという環境安全暮らしながら

他の生存者のためのラジオ放送を流している。

途中でシベリアンハスキーの犬も仲間に加わる。

2018-09-19

雑記

いつだったか。いつだったか果てしない夢を見た。

ステージで輝く彼ら、彼女らは誰を見ても素敵で、

目を奪られる様々なイラストは狂おしいほど美しくて、

紙に綴られた物語はいともたやす不思議世界へ彼を突き落とした。

僕もそんな、誰かを、誰かを動かすような何かをしたい、作りたい!

そんな単純な夢だった。けれど彼は努力を知らなかった。一朝一夕で身に付けられるものではないとわかりながらも、わずかな時間に積み上げられるモノの少なさに、単純なその量に心が折れた。

果てしない積み重ねの最後にようやく至れる領域に思いを馳せながら、その彼我の距離絶望したのだ。

一日1mmの前進一年でどれだけ進むかと考えられず、感じられなかった。

折れた心は希望を捨て、歩くことを止めてしまった。

情熱は枯れ果てた。

必死に頑張っても方向が違えばやってないのと結果は変わらない。そんな、くだらない思想の元に毎日毎日毎日毎日、それこそ積み上げて3年間腐りに腐った彼に現実が隔たる。

努力することを知らない彼に、当前のように苦労を積み重ねる彼らが信じられなかった。

努力の先を知らない彼に、自分より先に進んでいる彼らとの差が何かわからなかった。

努力した後に残るものを知らない彼に、彼らの見ているものは見えていなかった。

向ける情熱の先が違ったらちゃんとできるのに。

情熱なんてなかった。

地頭いいんだから頑張れよ。

何をもってして良いと判断してるのかわからなかった。

他の人に失礼だと思わなかったのか。

失念していたよ。何も言えないね

ここまで目標に頑張りましょう!

その目標は僕には遠すぎるよ、先生

あと少しなんだから打ち込んでみたら


一生懸命に生きるってなんだろう。

全力を尽くすことは阿呆で、努力天才のための言葉で、馬鹿な僕には関係のない縁もゆかりもない異国の言葉に過ぎないはずなのに。

うすっぺらな自分の、何もない道程に今更すぎる後悔だけが、積もって重なって

もう先も見えない。

夜の吹雪に飲まれたように、進む先は見えなくて。

暗い森の奥深くのように、行くべき先はわからない。

方位磁針はとっくに壊れて、怪我はないのに足は動かない。

体力はちょっと足りないかもだけど、でも進めないわけじゃないはずなのに。

なんで、こんなに苦しいのか

ちょっとずつしか進めないときに何度も何度も夢を見ていた。理想自分、なりたい自分

何かできるようになりたいとは思っても、どうすればなれるのか、何をすればなれるのか知りもしなければ、調べも、教えを乞うこともなかった。

無知だった。教養のなさとはこのことだ。

一生懸命生きることが、積み重ねることであるならば、その先に僕は何かを見ることができるのだろうか

今はまだわからない。

2018-09-09

サブ垢で

自分擁護とか応援とかしてるのって

寂しいよね。

とてつもなく寂しい。

ちっとも寒くないわ!

どころか

心の中猛吹雪って感じ。

2018-08-23

昔のクレヨンしんちゃん映画

そういや昔のしちゃん映画にはオカマが出てくるのがお約束だった。名作「ヘンダーランド」ではマカオとジョマというオカマに、ひろしが「だからオカマは嫌いなんだよっ」と言い放つシーンもある。多分今じゃアウトだろう。

「雲黒斎」では、ヒロイン吹雪丸の弟の雪乃が明確にトランスジェンダーとして描かれており、しんのすけが「男はいや〜ん」と逃げ出すようなシーンもあった。子どものころは全然気にしなかったけど、今はやっぱり多少は気になる。

まあだからなんなんだという話を書き出すと長くなりそうだけど…それでも「ヘンダーランド」は名作だからみんな観てくれよな

2018-07-28

え!明日大学あるの?

えっなんで休講の連絡こないの?

検討もしてないみたいだ。

朝は大丈夫かもしれないけど帰りが大変だと思うんだけどな。

帰宅困難者になったらどうしよう。

行きたくないな。でもテストがあるから休めないし…。

会社員になったら地震でも台風でも大雨でも吹雪でも会社休みじゃなかったら出勤しないといけないんだよね。大変だ。自営業やりたい。

2018-05-12

DQ3 ゾーマ

Lv99のパーティーなら何も考えずに打撃と全体回復呪文してれば闇ゾーマ余裕だろうと思ってたら、わりとそうでもありませんでした

さすがに勝ちましたが…

このへんのゲームバランスはさすがだと思いました

次は吹雪属性に耐性のある防具で固めようと思います

2018-04-25

anond:20180425144351

あー、分かったからどこでどんなタイミングヒロインが出てくるのかを書けや。

真冬吹雪の中自宅へ車を走らせているところ、雪の中衣類も何もつけずに悠々と歩く少女とかそんなやつで。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん