「コミュ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コミュとは

2021-05-05

anond:20210504220508

戦場カメラマンも一人柔和な人がめだっているだけでのこり99%はみんなこんなんだろうなとおもった。

でもまあ戦場カメラマンなら必須コミュをとれないやつはすぐ巻き込まれて死んでしまうんだろうな。

撮り鉄も「線路内に写真などのため意図的侵入した人は入念に轢き殺した上で賠償3倍法」とかつくればいいよ

男性弱者性ってつまり社会に背を向けすぎってことなんだろうね

さんざん小さいころから注意してこっちむけっていっていた社会に頑固に背を向けておいて

自由満喫した上でいざこまったらおい救済がとどかねえぞ!社会どうした!差別差別ぅ!ってえらそうに喚くのどうにかしてほしい

女のコミュ障って婚活してないもの

コミュ障同士、恋愛の惚れた腫れたの急展開とは距離をおいて、コミュ障どうしゆえの距離から信頼関係を築くような婚活がしたい。

男のコミュ障は割と見かけるんだけど女のコミュ障はなかなか見つけられない。みなさんキラキラして、ハキハキして、あるいはガツガツしていて少し怖い

オタクならもしかしてと思って腐女子の方とマッチしたことがあるけど、すごくバイタリティにあふれていたコミュ強者だった……

2021-05-03

ゆうたみたいなもんだよ

コミュ強とかコミュ小とか関係ない

ゆうたみたいなもんだよ

はちみつください

やくめでしょ

人間強い欲望原動力にあれば、

恥も無くてもいいし、理性も知恵もコミュ力もいらぬ

anond:20210503092306

anond:20210503092306

共通の友人の紹介とかコミュニティに属することができる奴の方がコミュ強じゃん

マッチングアプリってコミュ強向きだと思うのね

恋愛という目的だけで誰かと会って交流して一対一のコミュニケーション楽しむとかコミュ強しぐさじゃん

共通の友人とかコミュニティのひとという緩衝材がない中で関係築きあげるのすごいわ

2021-04-30

anond:20210430092323

からしても一夫多妻ハーレムコミュで上手くやれない人や、箸にも棒にもかからない容姿人間からすれば、他人繁殖のために金を巻き上げられる地獄であることには変わりないよね。

2021-04-29

ミソジニー系のコミュでこれまでに見た人

ミソジニー系のコミュでこれまでに見た人

母親との関係がまずかったせいで女全般偏見を抱いている人

自己KKO(経済的弱者性愛弱者)とし、俺が一番可哀想だと主張する人

・女寄りの価値観の台頭で立場がおびやかされかけている人

Twitter自称フェミニスト萌え絵批判されて以来ずっとそいつらに粘着している萌え絵の愛好者

こんな感じ

数年間見て来てわかったのは、全員異なる種類の怒りや悩みを抱えているのに、「怒りの矛先を女に向けている」という一点のみで団結している集団だということ

女にどうこう言ったとこで解決する問題かこれ?

他人のことは得意気にあれこれ分析するくせに、自己内面を見つめるのが下手な奴が多すぎ

時間無駄にした

コミュ抜けるわ

2021-04-26

anond:20210421111135

許されイケメン、またはコミュ強も最初から許されてばかりじゃない場合の方が多いからなあ。極端な例だけど、ナンパだってほぼフラレてその中から幾ばくかの成功を得てるわけで。今許されてる人は学生時代から何度もそういう思いして、だんだん許され力をつけてきたわけで。

いやいや学生時代から一軍いたじゃん!って思うかもしれないけど、彼らも内部ヒエラルキーに疲れつつ頑張ってもふとしたことからアイツイタくね?とか調子のってね?とか言われる綱渡りを続けてきたわけで。少なくともモテモテ男と言われる人たちは入学からワックスアイロンの使い方だの話題の振り方だの必死でやって、友達づくりも漠然とじゃなく脳みそフル回転でやってたと思うよ。そりゃ天然美男美女や愛されキャラはいるけど、それは一握りで大抵は早起きしてメイクやセットしてるし夜遅くまでラインのチェックしてる。

ちなみに自分非モテ側で、兄弟所謂一軍で頑張ってたのを見てた立場子供心にあんなの自分じゃ無理だと思ってたし、今でもあれでモテない方が理不尽だとさえ、勝ち組社会人になった兄弟を見て思う。羨ましくなかったわけじゃないけど、とても兄弟にお前はいいよなちやほやされてなんて言えない。でもそれは自分が「努力必要努力の仕方もお手本がいたのに努力放棄した」人間からなのかも。最初から努力必要って教えて貰えなかったら、おかげで人生台無しだって思ってしまうのかも。

2021-04-23

anond:20210423155104

昔、「仕事だりー、ファーストインパクトでも起きねえかな?」

って書き込みエヴァコミュで見かけて

俺が「いや、ファーストインパクトってもう起きてるよ」

って返したら、よくわからん空気になった

殺人より重いのに処罰されない罪

 低スペが子作りすんのマジで止めろよ。産まれ子どもは人に蔑まれ劣等感に苦しみながら地獄人生を歩むんだぞ。それでいながら自殺も許されず、ただ長い生き地獄を味わうことになる。つまり、一つの生命に死以上の苦痛を与えている。それを凶悪犯罪と呼ばずして何と呼ぶ。親が健全だったけど、不運にも低スペガイジが産まれしまったなら仕方ない。それは不可抗力だ。だが、低スペでよほどの幸運が無い限り産まれ子ども粗大ゴミ確定の状況で子ども作るの止めろよ。俺の両親、お前のことだぞ。低学歴ブサイク性格ゴミのくせに子ども3人もつくりやがって、メンヘラですぐ泣き出す糞雑魚メンタルの長女、常に人の悪口ばっか言ってて、ブサイクのくせにルッキズムにどっぷり浸かった次女、そしてブサイクコミュ症、勉強運動もできない俺。俺だって好きでこんなクズに産まれたわけじゃない。家族教師、同期、先輩に蔑まれ、貶され、自分を、親を、社会を呪ったよ。死ねものならすぐにでも死にたいのに産まれしまった以上生存本能邪魔してきやがる。結局全部親が俺を産まなければ始まらなかった不幸だ。本人も周囲も不幸にしか出来ない粗大ゴミをつくった親の罪は重い。両親が自分らの状況を客観視して、子作りはやめようという適切な判断を下せば誰も不幸にならなかった。妊婦が酒やたばこやるのも不幸なガイジに味わう必要苦痛を強いているのだから極刑に処すべき大罪だよな。

 何で俺がこんな苦痛を味わないといけないの?確かに俺は頭悪くて、無神経だから周囲に迷惑かけてばっか。そもそもブサイク存在すること自体他人不快にしているのは明白。だから、人に嫌われ、コンプレックスに悩まされるのは当然の報いかも知れない。でもさ、最初からまれなけりゃ無の訳じゃん。俺は望んで産まれたわけじゃないんだよ。愚かな親のエゴは全ての大本なんだよ。

 余談だが、俺の母方の祖母人格者だ。昔なら産まれた時点で産婆にしめられてもいいような俺をよく可愛がってくれた。その息子、つまり俺の叔父人格者で、美人の嫁と結婚した。2人の間には3人の子どもが居る。長身美形の長男イケメンスポーツマン次男美人で気立てのいい長女。彼女最近結婚して可愛い赤ちゃんが出来た。おそらく俺の母親遺伝子複製のエラーで母の優良形質が伝わらず、叔父のような幸せ者になり損ねたのだろう。

 俺の同期は男ですら惚れ惚れするイケメン。成績優秀、スポーツ万能、絵、ギターが上手く、機械設計に長け、何よりとても性格がいいと絵に描いたような高スペック父親人格者だし、母親もものすごく美人で気立てのいい子煩悩良妻賢母

 上記のような連中を見てると子作りってのはある程度スペックのある奴に限定すべきだと思う。上述程の高スぺである必要は無いが、せめて俺の両親みたいなゴミ遺伝子を絶やして、負の連鎖を断ち切ってくれ。俺は優生学なんか嫌いだ。だが、社会子どもが不幸にならないために、低スペの子作りを法律禁止すべきだと思う。

2021-04-22

イケメン容姿を誉められて嬉しいのか

もちろん嬉しい人もいるしそうでない人もいるしグラデーションなのだろうけど、嬉しい人が多数派なんだろうか。

当方は男なので、男側に立って考えてみると、いけてる女子容姿を誉められて嬉しいのかという話になると思う。

ある日会社に行って、同期のいけてる女子から言われるわけだ。

「お、増田くん、今日髪型決まってるじゃん。デート?」

「え? あ、おお。デートじゃないけど」

うーん。嬉しいかなあ。イケ女のことが好きだったら嬉しいだろうけど、そうじゃなかったら普通に嫌かな。

会社では仕事の話しろやって思うわ。

一方でイケ女はコミュ強で社内ネットワークありそうだから容姿のこととかいじるのやめてもらえます?」とはいいづらいかな。上司とかだったら最悪だな。

2021-04-21

女性を褒めるイケメンを見た弱者男性の心の中

たとえば職場女性がおしゃれをしてきたとする

気を使って何も言わなかったのにイケメンがそれを褒めて良い雰囲気が漂う

気を使って何も言わなかったことに後悔するが

自分が言ってもただのセクハラしかならず嫌な顔をされたことが何度もあるのでそれを思い出す

結局、言っても言わなくても手詰まりなのだが、こちらの気分は悪くなる

ため息をつく

 

これ、昔は気にしてなかったけど最近殊更に強くなってきた

喜ばれるかキモがられるかって

・そういうのを言っていいキャラクター

容姿

シチュエーション

・言い方

などで総合的に決まると思うんだけど

人によって8割のシーンで喜ばれる人と、8割のシーンでキモがられる人がいる

8割で成功する人は次もやっぱり言うし、8割のシーンでキモがられる人は次も言わない

言わないことで「普段そういう事言わない人」となり、成功率は下がる

 

これって海外ならもっと違うんだろうか

特に日本は「言わない」がデフォルになってると思う

ギリギリ行けるラインが「髪切った?」だ

 

___

 

この話もっと一般化できる気がする

コミュ障コミュ強を見てて感じるモヤモヤみたいな

多分性別なしにしても成立する

嫉妬に似てるけど、それより自分に対する幻滅の方が近いか

自尊心がひたすら傷つく、顔には出ないけど

顔に出しても言葉に出しても一個も良いこと無いし我慢する以外選択肢ないよね

表層に出した瞬間にクソダサいしね

でも心の中はしんどい感じ

 

___

 

選り好んで褒めてもイジっても喜ばれるしチヤホヤされるイケメンが居るのよ

これ男女逆にすると結構グロいなと思いながら見てる

美人に褒められたりイジられたりしてデレデレしてる男みたいな感じ?

自分の想い人もデレデレしてるのとか、それなりの年でデレデレしてるの見るとちょっとキツイよねっていう

 

___

 

何でこんな盛り上がったんだろ?

流行りに乗って「弱者男性」って書いたのがよくなかったのかな

ここで言ってる一般化した話のイケメンって厳密にルッキズムだけじゃなくて「キャラクター性(コミュ力)」も含んだつもりだった

って言っても具体的事例であるその人は周りからイケメン」って言われてるからやっぱりグロさは残るけどね

 

「◯◯ちゃんあだ名)はイケメンだなあ」

「◯◯さんはそういう所気づいてくれるから良いよね」

「いいキャラしてるよね◯◯ちゃんは」

ってチヤホヤ&デレデレするのを見る度に

自分も参考にしてそういう風に行動するべきなんだろうか?と思うんだけど、いやいや待てよ、と上記で書いたような考えをするわけだ

危ない危ない、危うく真似して火傷するところだったと

たまーに火傷するしね

彼と俺では、例えるなら貴族一般市民のように、別の生き物なんだと言い聞かせている

人によってやっていい行動の権限が違うんだと

特にイケメンがたくさんいる場所危険

自分けがそれを許可されていないという自体になるから、頭がバグる

例えば長い時間を共に過ごしている同僚が、何かおしゃれをしてきた時に、すごく褒めたくなるんだけど触れると嫌そうに「ありがとうございます」と言って話を広げないというのを何回か経験すると

もう褒めるのを我慢するようになる

他人から褒められて喜んでるのを横目に見て、彼・彼女らと自分は別の存在なのだと言い聞かせて無言を貫く

そうしてるうちに他の人に対してもそういう我慢普通になる

そこへイケメンが颯爽と「今日の服かわいいね」で話が盛り上がる

「それ自分も思ってた」「けど言わなかった」「自分の行動は間違ってなかったのか?」

と考えたらやはり上記のような思考になると思う

それを貫いた結果「この人は褒めない人」「無口でノリが悪い人」という感じになる

それで余計に言えなくなる

なんか生きるって難しいね

運良く良い場所で働けるようになったと思ったら、スペックが高い人(貴族たち)が多くてなんか難しいわ、悪い面だけじゃないし、彼ら彼女らは皆善人なんだけどね

この場所はてなー意見全然違うくてしんどい

たぶん周りの貴族率は自分合致してないと多分しんどい、というか難しい

 

そういえばTikTokで、海外イケメンが突然通行人キスして喜ばれるみたいな企画があるんだけど

極端に言えばああいうのも似てるんじゃないかな、やらせかもしれないけど

そもそもで言えば他人がどう思おうが自分が褒めたいから褒める、が生き物として正しい気がするんだけど、社会的には間違いだよね

共感性が強いとできないし

まあ身の丈を考えて、せいぜい清潔感を出して、言っても嫌がられない範囲を拡大する努力をするくらいしかできないな

自分貴族になるしかない

2021-04-18

anond:20210418132431

コミュ障コミュ強と付き合いたいとは思わないと思う…

しんどすぎる

同じ理由で不釣り合いなハイスペックとは付き合いたくは無い

よな?

すごい居心地悪そう

2021-04-17

anond:20210417090054

から収入が多かった人気漫画家 最初から高級マンションに住んでた時点で気づかないもんだろうか?

かなりのコミュ強でVtuberコミュニティ内に超積極的アクションを起こしてコラボを作り出して交流を繰り返してきた

ついにはお友達収入確保のためにVtuberグループまで作成する。(のりプロ公募とか一切なくてお友達しかデビューしてないんだぞ…?)

配信上こそコミュ障だとか陰キャだとかアピールしてオタク営業してたけどさ、とんでもなく「陽」の人間だぞ?

たまき君のリスナーってそういうの分かった上で楽しんでる人間だと思ってたけど、そうでもないピュアオタク君のファンもいたんだね。

おもしろ

2021-04-16

anond:20210416105243

なら、「高学歴大卒だけど、プログラミングしかできない奴」も、採るべきじゃないな。

良かった、大卒差別偏差値差別なんてなかったんだ。(コミュ能力差別はするけれど)。

2021-04-13

シャニマスオタクのノリがキツくなってきた

シャニマス3周年お祝いシーズンに書くようなことじゃないって分かってるけどもう我慢できない。胸に引っかかってること全部書く。

シャニマスコミュは質がいい。プロデューサーアイドル一人一人と丁寧に向き合って真剣トップアイドルを目指していく。そのためにP=プレイヤーというアイマスシリーズ暗黙の了解を捨てたのは正直驚いた。

コミュの質に伴って、考察をしたり自分なりの解釈をまとめるプレイヤーが増えるのも分かる。note怪文書を書くのが流行るのもまぁ分からんでもない。

最初は感心しながら読んでいた。でも、次第に馬鹿馬鹿しく思えてきた。たかアイドルゲームキャラクターに、どうしてそんな入れ込められる?

何が「生きてることは物語じゃないから」だよ。俺たちが見てるのはただの物語だろうが。

何が「アイドルは生きている」だ?お前らが本気になって幻覚見てるそのアイドルは生きてない。ライタープロフィール性格を作られて、イラストレーターに外見を作られたただの「キャラクター」だよ。

どれだけ色眼鏡を取っ払ってアイドル一人の人間として見つめようとしたとて、その存在はただの動いて喋る絵だ。どう足掻いてもプレイヤーは「シャニマス」というコンテンツを消費してるに過ぎない。その事実から目を逸らしてないか

おまけにアイドルの心境や見ている世界を長ったらしい長文を書いて理解したつもりでいても、それはライターが編み出した世界の掌の上で踊らされてるだけだろ。

俺はシャニマスを単なるアイドルゲームとして楽しみたい。可愛い女の子と仲良くやってコミュを見るだけのゲームに、プレイヤー蛇足考察はいらない。過度にシナリオ神格化して高尚なものとして扱うのはもううんざりだ……。

anond:20210412195129

障害がなかった状態弱者男性といえちゃうのがすごく不思議

今のほうが物理的にできないことが多いのでは

やっぱりコミュニケーション障害的なものをさして「弱者」と自称してる人が多いってことなのかな

だったら心的弱者とかコミュ弱者とかなんかいえばいいのに

どこが弱いのかだれも定義しないでただひたすら「俺こそが弱者だぞ!」って自称するだけの人ばっかりだったよな

使徒の話であさりよしとお氏が出ないだと

まとめサイトからとはいえスレ1つに丸々あさり氏の名前が出ないのはどうよ…

自分リアルタイムテレビエヴァ観てたけど、やっぱり最初使徒観て思ったんだよ

あさりさん?!って

自分宇宙家族カールビンソンときはあまり読んでなくて、

でも知ってたというかキャプテンが置いてあれば読んでたぐらいで、

どちらかというとワッハマンとかるくるくの方が読んでる方だと思うのだけど、

エヴァ使徒は本当にズッコケたというか、

ガイナックスエヴァかいアニメをやると雑誌で読んで観ることにしたら、

のっけからテレビあさり氏が描きそうな巨大なクリーチャーが暴れてて、

なんか形状が違うけどウルトラマンしか思えない青いのと戦ってる

巨大だし、猫背だし、バッテリーとはいえ活動時間制限されてるとかカラータイマーだし、

使徒名前はともかく、最初のと、あと短冊みたいな両手で切るのがあさり氏だった気がする

短冊で切るアイディア面白かった

というか、こういうのが漫画アニメの違いというか、

ウルトラマンだって脚本怪獣デザインに多人数で関わっていたはずで、

そうすると自分の頭にない意外なアイディア他人の頭からもたらされる訳で、

これがよりいっそう作品カオスにするというか、良い意味統一感がなくなるというか

宮崎駿的な絵コンテ絶対主義みたいにまでなってしまうと、

もう現場の人たちは単に宮崎駿氏の望んだ映像を実現するための装置に過ぎなくなってしまって、

そこに現場アイディアが取り込まれることはなかなかない

思うんだけど、これを成立させてるのは宮崎駿映画作品だけを手がけているからで、

宮崎駿氏に週単位アニメ映画と同じように取り組ませたら、

宮崎氏が倒れたら一気に破綻してしま危険がある

からコナンとか若さで乗り越えていたのかもしれないけど、

ドライ仕事として考えると、書店普通に入手できる宮崎駿氏の絵コンテはスゴいけど、悪い見本のようにも思う

あれはできすぎているし、士郎正宗氏が宮崎駿氏の絵コンテを参考に作ったM66はあれはあれで面白いのだけど、

あれもチームワークで作ったアニメというより、士郎正宗脳内再現したアニメになってる

色々なスタッフの色々な意見が混ざることで生み出されたものではない

多くの意見を取り入れるべきか、責任者独断偏見ガンガン決めて進めるべきか、は場合によるが、

映画OVAでは独裁者破綻しないというか、破綻したらその一本が消えるだけだ

しかし、ウルトラマンのような作品を週単位継続するとしたら、独裁者一人の脳内ではやっていけない

寧ろ独裁者の頭にないアイディア怪獣が作られ、設定へのアイディアもあり、

そういう良い意味統一感がないことで良い意味カオス、悪くいえばいきあたりばったりになることで観ている側もハラハラする

ジャンプの長期連載漫画と同じである

次週どうなる?!というのは、実は漫画家も編集も考えてなかったりさえするw

ど根性ガエルの作者である吉沢やすみ氏は、自分の敗因として、

できるだけアシスタントなしで他人を介在させずに漫画を描こうとしてしまったようなことを言っていた気がする

このへんにコミュ症っぽさがある

疾走日記で、吾妻ひでお氏はアシスタントからアイディアを貰うと現金を渡していたと思う

ギャグ漫画はとくにこういう姿勢大事に思う

悲しい話だが、一人でギャグ漫画を描いていると煮詰まってしまうのだろう、

漫画家が疾走や自○してしまうことも意外とギャグ漫画の方が多いのではないだろうか、とさえ思う

調子が良いときはいくつもアイディアが泉が湧き出るように思いつくかも知れないが、

調子が悪くなることを予期しておくなら、アシスタント編集からアイディアを貰うことで自分の頭を休ませるのも大事に思う

これはどんな仕事にも通じる、マラソンみたいな仕事なら寧ろ他人の助けなしでは成り立たないからだ

しかし、どうしても他人の介在が許せないという人もいるだろう

そういう人は、自分もそうだが、やはり小さい仕事しかできないということなのだろう

大きくて長距離マラソンのような仕事はできないと諦めるのも大事なように思った

考えてみれば、庵野氏はあんまりガンダムは持ち上げないんだよなあ

イデオンは持ち上げてたけど、ガンダム微妙というか、学生時代あん動画を描いているのに…

なんだかんだヤマト世代だというのもあるのだろうけど

アニメ監督って映画監督とまったく仕事が違ってくるわけだけど、

庵野氏や富野からすれば、使徒とかモビルスーツデザインとか一体一体にはあんまり執着はないんだろうなあ

庵野氏が自分怪獣には思い入れがない、

あるならウルトラマンだけどウルトラマンさえ登場しなくてもいい、そんな作品が作りたいと言っていたけど、

自分はどうしてもウルトラマン怪獣を描くレベルから考えてしまうのだけど、そういうもんなんだろうなあ

からクリーチャーロボットデザイン複数で雑多に持ち込むことで寧ろ作品カオスにすることで現実味を増すというか

あと、鬼頭莫宏氏も新しいエヴァでは使徒デザインに関わってたのかな

なるたる繋がりとかなんだろうか

エヴァクリーチャーデザイナー総出演みたいになるのも面白いというか、週単位構成やす物語ってこういうもんなんだよなあ

もしくは最後までカッチリ決めて取り掛かるのが理想なんだろうけど

2021-04-12

anond:20210412232432

わからんがそう言う情報を友人知から集められるのが

学生必須コミュ能力というんではなかろうか

弱者男性だったけど障害者になって救われた

元、弱者男性だった

年収250万、非正規雇用高校中退ブサイクコミュ障中学不登校

もちろん彼女いない歴=年齢

彼女どころか友達も居なかった

家族仲は最悪で、俺が中学を上がる頃に両親は離婚母親パチンカスで、父親前科持ち。妹は俺が家を出た2年後に失踪した。今も行方知れず

高校中退してすぐは肉体労働をしていたが、ヒョロガリ虚弱で1年も経たずにバックれ、それから非正規事務職を点々としてきた

競争相手主婦

出産キャリアを断念した系の共働き主婦が多い。奴らは四大卒元正社員だったりする

子持ちの主婦(大卒)と中卒の俺だと、大抵俺が負ける

条件の良い事務職ははなからそういう女目当てで、俺がありつけるのは人が入ってもすぐやめるような労働環境給料も周りより一段低い仕事だけ

生きてはいけても貯金は出来ず、惨めで無意味人生だった

そんな俺の転機は35の時の交通事故

歩道を歩いていて、はねられた

救急車病院に運び込まれて、意識が戻って2日後に、身体自由は戻らないかもしれないと言われた

初めはもちろん絶望した

何もない俺から健常な身体まで奪うのかよと世の中の理不尽を呪った

俺の見舞いに来るやつなんかいなくて、上司が一度来たぐらいだった

そのこともより一層俺を惨めな気持ちにした

隣のベットが、男子高校生(イケメン)と、現場作業中に事故ったDQNだったからなおさらだった

高校生の方には、彼女同級生先生しょっちゅう顔を見せていて、DQNDQN上司や同僚や友人や家族毎日しかけていた

俺はそいつらよりもよっぽど重症だったのに、親すら見舞いになんか来なかった

入院差し入れなんかもなかったから、看護師が同情して持ってきてくれた小説を読んで暇を潰した

子供向けじゃない、字の小さい本なんか読んだのはその時が初めてだったと思う

それから看護師と貸してもらった本の話をするようになった

その時の白衣の天使が今の妻ーーなんてことはなくて、看護師は男だったわけだが、そういうふうに雑談をできる関係自分にとって初めてだった

リハビリも始まって(残念ながら脚は殆ど元通りにはならなかった)、理学療法士とも関わるようになった(このとき初めて女性とまともに話した)

リハビリはとてもキツかったが、理学療法士に褒められるのは悪い気はしなかった

俺が努力してこなかったせいもあるがーーー、「努力して褒められる」という経験を初めてした

「達成感」というのはこれか、と思ったのを覚えている

気づけば入院生活楽しいものになっていた

毎晩朝が来るのを待ち遠しく思いながら眠りについた

多分向こうからしたらなんてことなコミュニケーションだったが、俺にとっては新鮮で、「こんなに人と話せるのだ」と誇らしくすらある出来事だった

少しだが、隣のベットのおじさん(その時にはもう配置が変わっていた)と話したりもした

担架で入院して、退院車椅子だった

入院期間が結構長かったのでちょっとしたお見送りまでしてもらった

事故結構お金が入ってきていたので

そのお金車椅子で暮らせるアパート引っ越し、2年ぐらいは無職をしていた

役所福祉課の人やソーシャルワーカーなんかにはかなりお世話になった

公務員なんてやな奴ばっかりだと思っていたが、本当に親身になって貰った

色々あって、今はパソコン関係資格を取って在宅で働いている

といっても、小遣い程度の稼ぎで、ほとんど税金頼りの生活だが

車椅子ユーザー身体障害者のコミュティにも参加して、月1、2度は外出している

最近はなろうで小説を書き始めた

今も彼女は出来ていないし、コミュティの外で会えるような友達という友達はいない(むしろコミュティでもちょっと浮いてると思う)

相変わらず社会的には弱者で、むしろ健常者の底辺だった頃よりもずっと困難が多く、給料も低いけれど、生きていてそこそこ幸せ

でも、自分にとっての不幸は金や彼女が無いことではなく、人と関わることを無闇に恐れていたことだったのだと気づけた

多分事故きっかけに過ぎなくて、障害理由否が応でも人と関わる機会が増えたことが良かったのだと思う

障害者になって、俺は救われた

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん