「用法」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 用法とは

2018-06-15

英語のwell-は便利に使われすぎだ

  • well-defined
  • well-being
  • well-formed

なんでもwell-付けとけばいい感じの意味になる。

日本語には対応する用法が無いから訳すのに困る語の一つ。

2018-06-13

方言負けしたくない

関西出身なのだが、仕事高松に行った。2年ちょいだけど気候もよくて飯も旨くて大好きな街になった。

ただひとつ不満は方言がやたらめったら移った。関西に来た関東人がエセ関西弁をしゃべるがごとく。

高松市の人種としては香川県民、徳島県民、高知県民、愛媛県民の四国民はもとより岡山県民、広島県民、和歌山県民などもおる。

これらの県民語はどれもクセがある。そして強い。なので油断するとそれらの方言が出てしまう。自分の固有の関西弁が負けるのだ。

しかネイティブではないのでもしかしたら用法が間違っている可能性が高いのだ。英語ラップカラオケで雑に歌うバカのように。

だめだ。

かっこいい、それだけで方言を使ったらダサさがひどい。

なのに使いたくなる、方言

「しちゅーき」「やりゅーがよ」「おなかおきた」「やけんね」「よったろ?」「じゃろ?!」「ほなけん、そうしまいよ」「せやけん」「せやき」「ゆわんで?」

使いてーーーーーーーーー

anond:20180613130214

どういうことだ

そのデータアルゴリズムするプログラム書いてよ、とかい用法があったのか

anond:20180612234926

WindowsOS使用時の便利とWindowsPCハードウェア使用時の便利と

MacOS使用時の便利とMacハードウェア使用時の便利と

PC-UNIXOS使用時の便利(と…しまった、PC-UNIXOSハードがそのへんにない、えーと、Chromebookとか泥スマホとか)がかなり綺麗に重ならないんだよね

自分普段の利用法と重視点を鑑みてどれかを捨てつつどれかを選ばんといか

2018-06-11

僕はアスペ(一般的ネット用法に基づく意図的誤用)ではなく

正しくない日本語を突っついて優越感を得ることが好きなだけなのです

文脈を読み取った上で日本語の不備を叩いてるわけなので

「そのくらいわかるだろ」と言われても「そのくらいわかるけど間違ってるよ」としか言えません

anond:20180610234236

他人幸せ度を上げる用法は2つ。①幸せ体験を作るか、②不幸な体験を減らすか。プレゼント手紙は①、悩みを聞いて解決を助けたり、不安ときに頼れる存在であると伝えやりすることは②。①もお手軽だし喜ばれるけど、せっかく家族という親しいかけがえのない関係なのだから、②を目指すのもまた良いと思います増田はいい子に育ったね。

2018-06-09

児童虐待と「魂の殺人

性犯罪形容する言葉として「魂の殺人」というものが用いられているのをよく見る。

数年前に私が初めてその言葉を見たときもその用法で使われていた。

#Metoo運動もまだなく、ジェンダーについての議論もそれほど活発ではなかった頃。その時私は、この言葉虐待形容するのにもドンピシャだなと思った。

自分の中のごちゃごちゃとした気持ちが正しく簡潔に表されるというのは気持ちがいいもので、こんなに的確な言葉を使うことができて羨ましいと思った。

その「魂の殺人」が元々児童虐待を表す言葉だったと知ったのは最近のこと。

そもそも「魂の殺人」というのはある本のタイトルらしい。

アリスミラーというスイス心理学者の著書だ。彼女児童虐待について研究していたらしく、この本もそのことについて書かれているらしい。

らしい、という言葉いからお察しの通り、私はこの本を読んでいない。読んだらものすごくスッキリするか、ものすごくしんどくなるかのどっちかだろうなと予想できるからだ。こういう予想ができるだけに、それが大外れして何も変化がなかった時の落胆も酷そうだから今は読みたくない。

閑話休題

「魂の殺人」というのは邦題で、原題は"For Your Own Good" 英語は得意ではないから自信はないけれど、さしずめ「あなた幸福のために」といったところだろうか。

原題とかなり違うので気になって文中検索をかけたところ、確かにアリスミラーは"murder the child's soul","psychic murder","Soul Murder"という言葉を使っていた。さらに、彼女よりも先にモートン・シャッツマンという人が"Soul Murder"というタイトル教育熱心な親による子供への迫害について綴った本を出版していたことも分かった。こちらの本も「魂の殺害者」という邦題で「魂の殺人」よりも後に日本出版されている。

「魂の殺人」の訳者は「あなた幸福のために」よりも「魂の殺人」(≒"Soul Murder")のほうがよりインパクトがあり、より虐待について書いたことが分かりやすいと判断し、そちらを邦題に選んだのだろう。

「魂の殺人」という言葉は、この本が出版された1983年虐待意味する言葉として使われたのだ。

元は幼児虐待形容するための言葉だったと知って、深く納得するとともに、自分の道具を取り上げられたみたいな気持ちになった。

私は性犯罪被害で苦しんだことはないから分からないが、私が最初にその言葉を見た時みたいに、性犯罪被害者の人もドンピシャだと感じて使うようになったのかもしれない。自分の魂はソレによって殺された、と。

もちろん、偶然という可能性もある。1983年よりも先に別の人が性犯罪形容するために使っていた可能性もある。

私が今後虐待形容する言葉として「魂の虐待」を使用しても何ら問題ないし、使うなとまだ誰かに言われたわけでもないから「取り上げられたみたいだ」という気持ちは完全な被害妄想だ。けれどもう既に私の中では「魂の殺人性犯罪」というイメージがついていたから、私と同じくそういうイメージを持った人に何か言われるんじゃないかと思ってしまうし、とても使いにくい。

被虐待児のための言葉だ」とか「(だから)使うな」言う気は毛頭ない。言う権利もない。けど、やっぱり使われている場を見ると少しモヤモヤする。

かねてより、ジェンダーについての議論が活発になされている場を見るたび、虐待についてももっと世間の目が行けばいいのになと思っていた。その羨ましさと、この「魂の殺人」という言葉をめぐっての私の色んな気持ちが混ざってゴチャゴチャしている。

自分でも何が書きたいのかよくわからなくなってきた。

とりあえず、

『ある心理学者は、幼児虐待を"Soul Murder"と形容することにし、それの日本語訳を担当した学者は「魂の殺人」とそれを訳すことに決めた。』

と誰かに知ってほしくてこうして文章を書いた。

2018-06-06

anond:20180606105833

えっと、唐突でよく分からないんだけど、自衛隊批判したいとかそういう主旨ですか?

まず自衛隊の訓練ってめちゃくちゃ特殊な状況だと思うんですが。

その厳しい訓練中に笑いながら殴り倒したとかそういう記録があるんですかね?

例えば、柔道家試合相手を投げますが、試合以外で人を投げないのは罰則があるから

法治国家用法微妙おかしくないですか?

2018-06-03

anond:20180603105936

現代では普通他人に対しては使わないんじゃないの。

大型の辞書に載ってるかどうかが問題ではない。現代的な通常の日常語としての使い方として問題があると思った。

大型の辞書には載ってる程度の用法を「そういう使い方する人もいるんだな」で流さないで

普通はそんな言い方はしない! 現代的な日常語として問題だ!」ってわめくような人が

まあ、きみがそうやって「他人卑下する」のは自由だけどさ。

そうやってすぐ他人を見下すのってなんなの? 不愉快だわ。

こんなこと言っちゃうのはギャグかなにか?

anond:20180603104952

いや、辞書はすぐに引くよ。明鏡国語辞典には「劣ったものとして自らをいやしめること。へりくだること。」の用法しか載ってない。広辞苑には「いやしめ見下すこと」の用法も載ってるけど。現代では普通他人に対しては使わないんじゃないの。

大型の辞書に載ってるかどうかが問題ではない。現代的な通常の日常語としての使い方として問題があると思った。まあ、きみがそうやって「他人卑下する」のは自由だけどさ。

そうやってすぐ他人を見下すのってなんなの? 不愉快だわ。

anond:20180603104452

デジタル大辞泉

ひ‐げ【卑下

[名・形動](スル)

自分を劣ったものとしていやしめること。へりくだること。「そんなに卑下する必要はない」

2 いやしめて見下すこと。また、そのさま。

「自修の事を甚だ―なる田地に落ち沈ましむるなり」〈中村訳・西国立志編

大辞林 第三版

ひげ【卑下

( 名 ) スル

自分を人より劣った者として扱うこと。へりくだること。謙遜すること。 「必要以上に自分を-する」

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 

いやしめ見下す・こと(さま)。 「その-なる者に至りては/新聞雑誌 60」 → 謙遜(補説欄)

他人に使うのは2の用法

 

わざわざ「自分卑下する」と言うぐらいなんだから、もともとは目的語自分以外が入る場合があったのかもしれないなー

そうすると、他人を見下すっていう意味はないってことだよね。

個人はそういう言い方はしないが、元増田からして

ネットでよくみるけど。

と言っているんだから「ある」としか言いようがないのでは。

よく見るんだから、そのような意味で使う人々はそれなりに存在し、そして通用しているのだろう。

ある言葉とある意味があるかどうかは、「話者同士でそのような意味で用いられて、ある程度以上の通用性がある」ということと同義であって、

どこかの誰かが勝手に線引をして「この意味はある、これはない」と神のごとく決められるようなものではないぞ。

 

原義をたどってあるかないか定めるとすれば現代語のかなりの割合が「そのような意味はない」としか言えなくなってしまうし

30歳から英語

タデサプリで30歳にして中学英語から勉強してるけどやっぱり苦手だな。

to不定詞形容詞用法副詞用法動名詞、ここで早くもつまづいた。

わかるまで粘るかとりあえず飛ばして次に進むか悩むどころ。

読む書く話す聞くのうちとりあえず読むに焦点を絞ってやるのが得策かと思う。

頑張ろう。

近年,片仮名侮蔑意味を持つようになっている(追記あり)

政治的,それもかなり下品言葉だけど,「なんでも安倍総理責任にする人」を一部のネット民が「アベノセイダース」と呼んだり,逆に「野党の答弁を盲目的に批難する人」を「ヤトウガー」と呼んだりするのを見かけるよね。彼らはどちらも対象卑下揶揄する目的で前述の言葉を使っている。今はこの言葉の真偽可否ではなく,〝片仮名にすると馬鹿にした印象になる〟という現象のものを知りたい。国語文法教科書Wikipediaを見ても,片仮名役割に“相手侮蔑する”なんていうのは載っていない。とするとあくま予測だが極めて新しい言い方なのではないか

そもそもなぜ片仮名文章が人を小馬鹿にした印象を与えるのだろう(っていうか与えてるよね。僕はそう感じるんだけども,僕の感性おかしいだけだったり……)。当て推量だし,なにより言語学には暗いので大いに錯誤しているかもしれないが,僕の持論はこうだ:

(1) 片仮名は,平仮名と列んで,漢字が読めない幼児知的障碍者や非日本語圏の人間に向けて漢字かな混じり文を平易にする目的で用いられることがある。そこから平仮名片仮名に対し〝子供じみている〟とか(これも非常に汚ない言葉だが)〝知恵遅れ〟といった印象が付随するようになった。例えば「いってることがよくりかいできない」なんていうブコメからは,「言ってることがよく理解できない」というブコメより揶揄の成分を強く感受する。

(2) もともと女性が使い始めたことを知ってか知らでか,平仮名には世間一般に〝柔らかい〟〝自然的〟という好感が持たれている。その一方片仮名は〝冷たい〟〝人工的〟という(どちらかというと)否定的文脈で用いられることが多いと感じる。例えば擬声語でも「頭をぽかぽか叩く」のと「頭をポカポカ叩く」のでは全射が素手で行為に及んでいるのに対して後者が何か道具(といっても軽そうな品ではあるが)を使っている印象を受ける。

(1), (2) の両論を併せると,片仮名記述された表現からは〝思考なく機械的に繰り返される幼稚で,取るに足りない文〟という印象を受けるのではないか

上述の理屈が正しいとして,新たに疑問が生まれるのだが,それは「なぜ最近までその表現が無かったのか」と言うことだ。(1)も(2)もずっと昔から片仮名に備わってきた性質であるのに,それらが複合しただけの表現が生成されなかったのはかなり不思議だ。もっと辞書には掲載されていないだけで昔からあるのかもしれないが。

(追記)

b:id:triggerhappysundaymorning​様,出典ありますでしょうか。当方では見付かりませんでした。(高慢ちきな言い草になりすいません。あとID名が長すぎてリンクが効きません)

(追記2)

「アベ」や「フクシマ」はそれらが孕む確執が多すぎて荒れる原因になる(少なくとも僕は「フクシマ」に関して〝侮蔑〟の印象は受けない)と判断し例に挙げませんでした。が,もうすでに荒れ気味なので具体例に追加します。

(追記3)

かなり昔(一部ブコメによれば江戸時代から)そういう用法はあるみたいですね。ただ素人が読める文献がなかなかないのでは。片仮名の持つその他の意味実体を把握しない憧れとか)について論じてる文章は見掛けるんだけどなァ……。

2018-05-30

炎上案件における「燃料」

「燃料キターーー」のあれ。

燃料て。そんなざっくりとした、ふわっとした用語がなんで覇権取ってんの。恥ずかしい。

ブーメランとかマサカリとか、用法形状がイメージされやすものの方が相応しいに決まってる。

やすものなら薪とか焚き木とかだろうけど、今時薪で火おこししてるやつなんていないし、ガソリンとか油とかも火にくべるのが主目的じゃないかいまいちイメージし辛いのかも。

れい言葉ないぞ。でも「燃料」は使いたくない。これからも考えていきたい。

2018-05-29

anond:20180529134817

もともとは単に「1 条件に満足する=同意する・和解する」という意味だったのだろう。

日本書紀にもそう書いてある。

そこからの変化は、

「2 本来は満足すべきではないかもしれないが、自分は本当に満足している」(例・清貧に甘んじる)

「3 本来は満足すべきでないのに、満足してしまっている」(例・下位に甘んじる)

「4 本来は満足すべきではないが、やむをえず同意する」(例・薄給に甘んじる)

といったところだろうか。

「1」の用法消滅したが、「2」「3」「4」はそれぞれ今でも使われていると思う。

ちなみにいつごろから使われているのか。

以下の用例は14世紀成立の太平記が出典だが、

却て悲しむらくは、公のただ古人の糟粕を甘なつて、空しく一生を区々の中に誤る事を

(むしろ悲しむべきは、昔の人が残した言葉を知るだけで満足し、細かいことにこだわって人生を誤ることだ)

この「甘なつて=甘んじて」は「3」の用法であろう。

歴史の早い段階でネガティブ意味合いを含んでいたことが窺える。

さて、日大の回答については「2」の用法と思われる。

から「やむをえず受け入れるという意味ではない」という擁護は正しい。

ただし「厳しい批判本来は受け入れられないもの」と受け取られかねないとは思う。

違和感はむしろこちらにあるのだろう。

「甘んじて」の件

個人的にはどうしても「しかたない」感、「ちっ、うっせーな」感が出てるように読めるんだけど、本当に「快く受け入れる」という意味でいいの? 辞書に「本来は」って書いてあるのは、今ではそういう用法が稀だからでしょう? なんで現在ほぼ通用していない用法謝罪文を書くのか意味がわからないんだけど。ちなみに明鏡国語辞典では「与えられたものが不十分であってもそのまま受け入れる。特にしかたのないものとして受け入れる。」とあるけど、これは間違ってるってこと?

あと、辞書定義絶対だと思い込んでるのはやばい言葉意味というのは辞書定義とは違う。こんなのは言語学の基本中の基本なんだけど。

それに本来的な意味を論じるのになんで現代国語辞典を例示してるんだろう。謎すぎる。

というか今度は「しかたない」「やむをえない」の意味がわからなくなってきた。「本当はそうしたくないのだけど、そうせざるを得ない」感を感じてしまう。自分が間違ってるのか? はてなブロガーがなんか言ってたけど。よくわからんなー。

2018-05-19

anond:20180519025821

揚げ足取りだけど

ち‐けん【知見/×智見】
  1. 実際に見て知ること。また、見聞して得た知識。「―を広める」
  2. 見解。見識。「―を異にする」
  3. (智見)仏語事物に対する正しい認識。また、知識によって得た見解。正智見。

であり、元増田用法は1もしくは2であるため

b:id:nakag0711の指摘は当たらない

科学的知見の省略でないことは明らかであり

老害無知晒しているにすぎない

2018-05-18

anond:20180518090334

本来は広い範囲を指すが、専らその中の一部だけを指す用法がある語本来特定の物を指すが、それが属する集団全体を指す用法がある語(商品名固有名詞など)
お茶緑茶ホッチキス(ステープラー)
ゲームビデオゲームウォークマン(携帯音楽プレーヤー)
花見(桜限定)ごはん(食事)
パンダジャイアントパンダそば(細切りの麺類)(※本来タデ科植物ソバ」の実から作られた麺)
オルガンリードオルガンファミコン(家庭用ゲーム機)
電池乾電池写メ(携帯電話のカメラ撮影する行為)
(※本来撮影した写真メールに添付して送信できるJ-PHONEサービス写メール」の略称)
ソースウスターソースジュース(清涼飲料水)
酒=日本酒キャタピラ(無限軌道)
車=自動車宅急便(宅配便)
肉=牛肉(※関西) / 肉=豚肉(※関東)テトラポッド(消波ブロック)
ごはん=白米(白ごはん)ビットコイン(仮想通貨)
カレーカレーライスクラクション(自動車の警笛)
ミルク牛乳ウォシュレット(温水洗浄便座)
wikiWikipediaググる(インターネット検索する)
USBUSBメモリビニール袋(プラスチック製の袋)
パスタスパゲッティサランラップ(食品ラップフィルム)
メールEメールゼロックス(コピー機)(※死語)
梨=和梨 
ちゃんこちゃんこ鍋(※本来食事全般を指す) 
コーラコカコーラ 
ポークポークランチョンミート(※沖縄限定らしい) 
Bluetoothワイヤレスヘッドセット(※という業界がある…らしい) 
着物和服 
服=洋服 
鳥肉=鶏の肉 
石油灯油 
ケバブドネルケバブ(※本来ローストして調理する料理総称) 
寿司にぎり寿司 
砂糖=上白糖 
ガス=燃料ガス 
ネットインターネット 
卵=鶏卵 
電気=電灯 

随時追記


5/18 11:17

左列に レトロニム一覧 - Wikipedia から3つ追加(パンダオルガン電池


5/18 11:22

トラバから左列に2つ追加(ソース、酒)


5/18 17:48

ブコメトラバから&思いついたのを追加(左列:車以降、右列:写メール以降)


5/18 19:01

右列「そば」に加筆

テーブルのヘッダセル文章表現を変更

左列:ジャンル全体を指すはずの言葉なのにある特定の種類だけを指すのに使われてしまうような言葉 → 本来は広い範囲を指すが、専らその中の一部だけを指す用法がある語

右列:固有名詞ジャンル代名詞になってるの → 本来特定の物を指すが、それが属する集団全体を指す用法がある語(商品名固有名詞など)


5/18 19:18

右列「写メール」を「写メ」に変更、説明を加筆


5/18 19:45

左列にガス、ネット、卵、電気を追加

anond:20180518104821

少女ファイトってバレー漫画だよね、そんなシビアな話なんだ

でもまあ実際ネットスラング用法としては大体主語でか案件へのカウンターで使われてた気がする

2018-05-13

https://anond.hatelabo.jp/20180502235215

古くは命令形を「希求言」と呼んだ国学者もいるそうで、命令形から命令しているのだと考えるより命令形には応援用法もあると捉えてみてはどうでしょうか。

まず大本に「話者が何かを希み求める」というニュアンスがあり、そこに行為の実行を求める命令(逃げるなど許さぬ戦え)も行為への応援・祈願(健闘を祈る、奮闘を期待する)も含まれているみたいな。

さら強制力の有無や聴者自身がその行為をしたいのかといったことが絡んで命令応援グラデーションを作っているように思います

2018-05-06

会話で正しさや厳密性が気になってしま

他人と会話しているとどうしてもいろんなことが気になってしまう。

的を射ない返事だったり、単語用法が間違っていたり、文章構成が雑で何を伝えたいかがわからなかったり。

そういうことに目くじらを立ててしまう。

どうやったらこのクセをやめられるんだろう。

自分だって疲れるし、誰もそんなこと気にしちゃいないのに。

2018-04-28

anond:20180427235111

アンガーマネジメントのことはよく分からんけど突っ込む。

増田自身も言ってるし、ブコメにもトラバにも書いてあるであろうことを蒸し返す形になるんだが、制御ってのは何も「なんでもかんでも抑える」って意味じゃないからな?

入力の大小の変化に対して適度に出力する」のが制御役割からな?

ダムを見てみろ。

水、いつまでもめっぱしか

たまに放流してるだろ?

入力があるのに出力止めたらパンクするのは当たり前だ。

アンガーマネジメントのことはよく知らんけど、「怒りはなんでもかんでも抑え込め!堪え忍べ!」なんて工学的にありえないだろ。

わざわざ横文字にしてありがたがってるくらいなんだから、「怒りは抑えられるなら抑えた方がいいけど、爆発しないように適切に出力しましょうねー」が正しい用法なんじゃねーのか?

「堪え忍べ!」が一般人理解ってんなら悪かったよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん