「美術館」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 美術館とは

2020-06-01

anond:20200601161619

から大学コネを作るんだよな。

大学は授業を受けに行くだけの場ではない。

大学図書館が自由に使えて、近所の博物館美術館無料見学できて、授業後に教授質問ができて、同じ教室の人々と議論ができる場であって、だからこそ入学する意味がある。

ぶっちゃけ学外者がこっそり授業に潜り込んでもバレない。ただ授業受けるだけなら学費無駄

2020-05-30

anond:20200530201201

日本だと他新聞音楽CD定価販売対象だね

文化を守るためと言われてるな

少しズレるが、美術館博物館国際的な取り決めで非営利でなくてはならないと言われてる

文化にまつわる物は法律条約である程度価格保証して色んな層が触れる機会が多くなるように、ってことなんだろう

2020-05-24

コロナで需給バランスが整い、弱者が消えた

旅行ライブ美術館スポーツ観戦も消えた世の中で、みんなは何の娯楽に明け暮れてた?

多くの人が不要不急を守りながら、日常が腐らないように気分をまぎらわせていたよね。

じゃあ自粛が明けた後は、観光地に二倍行ったりするのかと言えば、そんなことはないわけでしょ?

娯楽が世の中に溢れすぎているのに、人口は減少するばかり。

人々の余暇と興味を企業が奪い合っていて、

モノは所有からレンタルになり、サービスは購入からサブスクへと変化した。

次に縮小されるのは「体験」で、これはコロナが来なくても必然未来だったんだよね。

コロナのせいで全てが奪われたんじゃなく、もともといらなかったものコロナ断捨離してくれたんだと思う。

そして飲食店も、娯楽も、フィットネスジムも、何なら仕事でさえも今の半分の量で済むのであれば、

コロナによって人が半分死ぬことになろうとも、世界は上手く回り続けるのかなぁ。

2020-05-23

anond:20200523105854

ところで「アニメキャラ白人」とは思わない立場だが、元増田の「マンガアニメキャラ白人と思い込む人のほうがレイシスト」というのは、それはそれで前段をすっ飛ばしてる感じがする。

日本人と違い特徴を強調されたアジア人キャラ」って、少年マンガ少女マンガとかでは特に思い浮かばないけど、えらが張ってたり吊り目だったりするアジア人って描き方は青年マンガではわりとある

ギャラリーフェイク』の主人公フジタはわりと二枚目日本人だけど、出てくる中国人とか東南アジア人はわりとそういう「アジア人的」な誇張が目立った気がする。フジタの同じアパートの人たちとか、美術品を横流ししてた人民解放軍軍人とか。

これが女キャラだと、中東出身ヒロインライバル女性美術館長、女怪盗(アジア系)、自称モナリザ末裔である昔の恋人とその娘の顔の造形がそれぞれ大して変わらないのに比べれば、男キャラ人種的特徴を誇張されてはいた(もちろん日本人の男にも「アジア系の特徴」で描かれていたキャラはいる。ニンベン師とか)。一方でヨーロッパ系の男キャラは「白人符号」で描かれていた。

日本マンガは(単一民族とは言えないにせよ)人種的多様性の乏しいゆえに「人種(の衝突)」という概念をあまり意識しないお国柄によって「どのキャラも同じ人間(≒日本人)」という、「人種への無関心」で描かれている。

一方で少なから日本人には、逃れがたい脱亜入欧的な意識や、ヨーロッパ人種の体型への羨望といった価値観があり、それらが絡み合って「普通の、一般的存在である主人公まわりの日本人キャラが「目鼻立ちのすっきりした小顔で手足の長い(≠白人)」容姿になる一方、「異質な存在である外国人」を描くときに、「白人」と「黒人」と「日本人ではない、それ以外のアジア人」みたいな排他性が表現されてしまう面もある(あった)ということは、否定しえない。

美味しんぼ』で周大人の娘と子供を作って逃げた王という料理人は、いかにも「アジア人」みたいな容貌だったのが、中盤ぐらいで再登場したら好青年風の容姿になっていた。

マンガアニメ海外で売ろうという時代である。「日本差別意識いから!」という主張で好き勝手描いていくというのは難しくなり、特に大手は「両性の平等」「少数者の尊重」「人種的配慮」などPCへの目配りをしながら「無難安全な素材」を組み立てていくようになるのであろう。

早く6月になって欲しいなあ

6月になったら美術館かにようやく行けるし

2020-05-18

芸術がわかる人って頭良さそう

美術手帳とかの記事をたまに読んでると、作品解説にここまで遠回しで難しい言葉使うんだってくらいよくわからんこと書いてあって、芸術がわかる(解説できる?)人は語彙力があって知識量も豊富なんだなぁといつも感心する。

自分も、興味のある展示があったとき美術館とかアートイベントにいくんだけど(正味一年に数回)、周りに浮かないようにえりなしの白シャツ着て、いつもはかけない眼鏡かけて、観賞慣れしてる人を演じたりするけど、浮かぶ感想はごくごく単純なものだ。

キャンバスサイズが大きい絵画を見て)

でっけー!描くの大変だっただろうなぁ、書き込みすげー!

印象派絵画を見て)

なんかぽやんとしてて曖昧な感じが逆にええ感じやなぁ〜きれいや〜

(よくわからん現代美術見て)

なんだこれよくわかんね〜な、タイトルみても結局よくわかんね〜な。これ評価してる人もほんとに意味わかってんのか

からくり系の展示を見て)

ルンバに劣る無駄しかない動き、これを作ろうと思った根性がすげえ!

(裸の彫像をみて)

えろくはないなぁ。立体物とか彫刻って、平面より見るの楽しいなぁ

こんな感じだ。小学生並みの感想だと我ながら思う。基本観に行った後の総評は、

うん!おもしろかった!

今回はいまいちだった。

綺麗だった。

くらいだ。たぶん海外小学生の方がよほど自分言葉自分なりの感想を語れそう。

から芸術を語れる人はすげえなと思う。

2020-05-17

関東から地方に戻って振り返る関東の良し悪し

ただの感想


イベント開催の多さ。博物館美術館等の施設の数と規模。非チェーン店専門店の充実。

そこからくるマイナー趣味運営やすさ。

現在居住している地方都市博物館美術館都市の規模的には十分に立派だし小さな趣味サークル活動しているが、こういうところはやはり首都圏が強い。

東京大都市圏というものの強さを見せつけられた思い。

公共交通の充実。地方は車無しでは活動範囲が大きく狭まる。

老人になっても運転をやめられない理由であるインフラ面だけれ見れば首都圏は間違いなく老人にやさしい。

あと飛行機利便性が強い。地方からだと一度関東に出て羽田or成田になる。

飲み会が多い。職場にもよるので一概には言えないが。

工業団地勤めでみな車通勤のせいか飲み会首都圏の前職より大幅に少ない。送迎バスもないし。

せいぜい帰りにラーメンとか食べるくらいでアルコールは無しが基本。

人が多い。これを嫌と見るかは育ちによると思う。

地方都市育ちの自分にはどうにも窮屈だった。満員電車苦痛以外の何物でもなかった。地方に戻ったら血圧が正常値に下がった、あの血圧満員電車のせいだったと思っている。

家が狭い、壁が薄い、断熱概念希薄、それで家賃が高い。

まあ、狭いのは理解できるし我慢できる。単身向けの住まいなどどこもそんなもんだろう。人が多いのだし家賃も上昇するのは不満はあるが理解はできる。

しかし、壁の薄さと断熱の弱さだけはどうにかならなかったのか。冬など暖房を止めると室温がみるみる下がる感じがあった。

昼も夜も暑い太陽、熱せられた路面、建物四方から熱せられる夏の東京オーブンに突っ込まれピザトーストの気分だった。

学校がたくさんある。選択肢が多い。

なんか中学受験もあるとかテレビ雑誌で見た。首都圏の子育ては大変そうである地方育ちで地域で一番いい公立はいれりゃご立派という地域育ちの私はこの選択肢の多さに対応しきれる気がしなかった。

配偶者もいないうちから悩む話でもないんだが。

2020-05-16

anond:20200516215551

現実には下半身丸出しの女児もいたかも知れぬ

しか現代博物館やら美術館の展示物でふるちんが許されるのは男だけだよ

今年の初めミイラ展を見に行ったら、ちんこ丸出しの数千年前の男の死体はあったけど

女の死体股間に紙を伏せた状態ガラスケース展示されとった

2020-05-14

ワクチン治療薬ができるまでを具体的に

考えようか。with コロナ時代生き方を。

基本

もう感染は「あるもの」とする。感染者が出たらその事業所部署)は2週間閉鎖。従業員は自宅待機。あちこちまだらにストップするが、それを踏まえた上でやっていくしかないだろう。〆切なんかは気にするな(笑)。その辺の保険商品も出てくるかな。「熱が出てもがんばる」はもはや犯罪行為とする。治療患者が多くなればトリアージになるだろう。身体的に「助かりそうか」だけではなく、年齢や職業収入などいろんな意味で「可能性が高い人」が優先になる。哀しい。

会社公共機関

リモート代替できる仕事は全部そうする。できない所はどうしましょう。

学校

オンラインだけではどうにもならん。どうしましょう。助けてN高校

小売店

棚を除いた床面積1坪につき1名で入店制限モールは規模により算出。服の試着はもうこの際禁止。交換された商品は1週間倉庫に眠らす。

飲食店

テーブルを2m離すかすべて個室。同居人同士以外の同席は禁止。入れ替えごとに席とテーブルは消毒。

食品製造業

更衣室の入室制限と消毒を徹底すれば、それ以外は今のままで十分なのでは。

その他の製造業

さほど密にならないのであれば、作業場を共有しなければ大丈夫かな。

病院

プロなんだからどうにかして。

美容室

危険だがナシというわけにもいかん。従業員は防護服着用が義務になるかな。

整体マッサージエステ

保険適用のヤツは防護服で。エステはもう諦めろ。

交通

席の指定ができる飛行機新幹線などは乗客を1/2~1/3に。タクシーは客を乗せたら消毒。バス電車はもう知らん。

スクール稽古事

徹底的な少人数制。室内で2m以上離れることができない人数では禁止管楽器英会話などつばや息が飛ぶ所はもっと離して、入れ替えごとに部屋全部消毒。接触格闘技はもはや無理。ジム機器を全部取っ払って自重トレーニングのみ(笑)

美術館博物館

元々どこにも触れないのが原則なので、入場制限さえすればなんとかなるだろう。行列ができるような企画展禁止

水族館動物園

ガキンチョどもが檻や水槽に触れないようにできれば、入場制限でしのげる。

図書館

席や本を色んな人が触るので正直厳しい。国立国会図書館のようにすべて閉架にする?

遊園地テーマパーク

うーん…どうにもならん。

映画館劇場舞台・講演・セミナーその他類似するヤツ

1列おき・3席おきぐらいに座らせる。入れ替え時にはもちろん消毒。

その他の集客イベント

代替案がない。コンサートライブハウススポーツ観戦、ツアー結婚式葬式成人式新年会忘年会歓送迎会etc... 全滅だ。

キャバクラ風俗

禁止すると地下に潜るだけなので国が管理遊郭復活?)。医師を常駐させ、客と従業員健康管理を徹底する。「ストップしても保証はせんぞ」と脅せば一般より厳しく衛生管理してくれるんじゃなかろうか(笑)

その他追加求む。

2020-05-13

夢に見ていた週休3日生活と何かが違う。

狭い事務所で同僚と顔付き合わせている時間を減らすため、お互い週1日は在宅勤務をしようという話になっている。

が、うちの職場仕事って職場の端末にしか入っていないシステムや家に持ち出せない資料がないとほとんど進まないようになっている。上司はその辺は何となく黙認していて、「報告書に書ける程度に多少仕事っぽいことをやれば後はのんびりしていて良い」と思っているようだ。

まぁそれは良いとしても、勤務時間中は外出禁止(昼休みを除く)。私は昔不規則勤務の職場で働いていたので、平日休みの快適さが身にしみていて、せっかく平日に出勤しなくていいというのに出かけられないという現実発狂しそうだ。

どっちみち私が行きたい店や公園美術館ほとんど休業していたりするのだが、家に閉じこもって貴重な平日を1日無駄にするかと思うと悲しい。勤務時間に出かけようとするのがけしからんと言うのなら有給休暇にするから外に出たい。あまり繁華な街に行こうとは思っていないが、平日昼間の自由は何者にも代えがたい。

多分仕事っぽいことは1~2時間やれば良い方だと思う。その他は誰も監視していないのでネットサーフィンしたり録画してある映画を見たりしても大丈夫だとは思うが、そんなことは平日仕事から帰った後でも土・日でもできるのでありがたくない。

普通の人が土・日に混雑に耐えながら遊びに行く場所に平日行けるのが最高だったのに。どうせ緊急事態宣言は終わっていないので「STAY HOME 」が原則であることは承知しているがムカつく。人が働いているときに休むあの快適さは忘れられない。

これを機会に、自粛が解除になってからもみんなで調整して有給休暇を消化するようにならないかな。今までは毎年10日以上、有給休暇を使いきれずに捨ててたんだよ。頼むからもっと平日に休ませてくれ。

2020-05-10

https://nyakapoko.github.io/post/10_engeki/

この記事、読み飛ばししまっているひとも多いと思うので、私の解釈で完結にまとめると、


1 コロナによって演劇のコアの部分がダメになってしまった。

2 演劇は他業種よりもクリティカルダメージを負っている。他よりも援助が必要である

3 専門分野ではないことについての言及を正確にするのはコストがかかる。

4 そのコストケチって発言してもいいよね。だって困ってるんだし。


ということです。

だったら専門分野外のことについてワザワザ語らなければよいのではないか

専門分野外の比較自体コストを生み出すことであり、

4を是とすれば、そのコスト聞き手、もしくは放言された当事者が負わなければいけないことがわからないのか。

そして、まさに現状がそれである、ということがわからないのか。

と思うところはたくさんですが、それより書きたいことがあります

ただ酔っぱらっているのでしっかり書ききることができるのか少し不安です。

また、わたし自身演劇についてたいして詳しくありません。なにぶん映像畑の分野なのでご了承ください。

まあ、そのコストケチって発言してもいいよね。だってもやもやしてるんだし。


まず上のブログにある、演劇のコアの部分とは何かというと、観客との共犯関係なのですが、

これがライブで、そして観客の息遣いを感じられる距離でないと不可能であるという意見です。

これには一理あります。が、これが実際に“演劇”のコアなのか。


私は映像人間なので、例えば映画お話しましょうか。

映画というのは、映像をつかってナラティブ(わかりやすく「物語る」と言い換えましょう)をすることと定義できます映画から見れば、そうではありません。

(「いや映画光と影構成される芸術だ」という方もいらっしゃるしょうが、今回はその定義映像に渡してやって、映画定義は狭くとらえます

映画を観るというのは映画館で観る、もしくは”複数の観客がいる映像主体とする場”で映画を観ることを、『映画を観る』と言います

なぜなら、映画というのは観客と製作者との共犯関係にある芸術からです。

例えば時代劇で、主人公と敵が刀に手を伸ばします。この画を1分間続けるとどうでしょうか、

映画館であれば観客は緊迫します。きっと固唾をのむことでしょう。

そこで居合、切り合い、観客はわっと盛り上がります

しかし、これスマートフォンストリームだったらどうでしょうか。ダブルタップの15秒スキップかもしれません。

一緒に固唾をのむ観客がいない分、気持ち半分かもしれません。


映画演劇は記録されたもの記憶されるものの違いがありますが、

観客との共犯関係表現を強固にするのは、映画演劇も変わりありません。

ブログではとても卑怯にも演劇ビデオという比較で書いていますが、

映画だってかわりないんです。

また映像芸術の中には特殊な上映形態をもって作品とするものもあります

これは、劇場美術館でなければ全く成り立ちません。

劇場でないと成り立たないのが演劇特殊性とか馬鹿みたいなこと言っていますが。

実際には映像芸術の方がヤバいですよ。


しろライブ修正の効かない分、映画はどのように共犯関係を生み出すか、研究研究を重ねております

高級な映画(半分皮肉ですが)においては、視線誘導のため、まばたき一つ計算して撮影編集しているわけです。

私は普段、何かの映画について話すとき、『映画のもの』と、観客と生み出す共犯関係=『映画体験』をそれぞれ分けて話します。

演劇についても同じことが言えるのではないでしょうか。

上のブログの筆者が語るのは演劇体験についてです、これは確かに演劇構成する一要素ですが、演劇のものを単体としてみた場合に、

まり戯曲演者がその身体性をもって物語るという行為についてですが、これはいったいそんなにも弱いものなのでしょうか?

身体というものには限界がありますが、その身体によって生み出される力強さというのは確かにあります

現代舞踏なんてものはその身体という籠を生かした表現なわけでしょう。これは弱いものですか?

それを使って物語る。素晴らしいことじゃないですか。

演劇ライブ配信する。そこにはカメラがありスイッチャーがある。

ということは、それでもって映画体験の応用で演劇体験を、十分でなくても再現することはできませんか?

例えばブロードウェイ映像化なんてのは、セットを映像用に用意しカメラをかなり寄せて撮っているわけですが、

それでもあれを映画という人はいないでしょう、演劇であるという認識はしっかり与えることはできるわけです。

また演劇体験的なるもの本質になっているというので言えば、お笑いどうでしょうか?

テレビというメディアで昔から戦ってきた存在なわけです。

逆にスポーツ体験なくして成立するものでしょうか?

スポーツ選手のインタビューではよく魅せる試合なんてことが言われます

徹底防戦の試合で興ざめ、なんてこともよく聞きますね?

スポーツも実は共犯関係であるわけです。

それでも彼らは中継を行います過去試合映像販売します。

そういったことがもう何十年も前から行われている現代で、演劇演劇体験なくして存在しないなんて本気でいってますか?

なまいってんじゃねえって思ってしまます


また演劇映像にすると映画に食われてしまうなんて言ってますが、馬鹿じゃないのとしか思えません。

演劇映画物語る点は同じですがその根っこは全く違います

演劇はその身体物語を預けていますが、映画光と影に預けています

映画根本は影絵芝居といってもいいでしょう、影絵芝居は演劇に似ていますが、

影絵は物理的なものでなく、その像をうまく使えば、表現限界はありません。

演劇とは全く性質が違うものです。

映画はその売れ筋として、マーケティング的に役者に頼ってることはあっても、大本表現ベースとして役者や演技があるわけではありません。

勘違いしないでください。役者あくまで影と光をフィルムに焼き付けるための遮蔽物にしかすぎません。

例えば先ほどのブロードウェイ演劇しましたが、ドッグヴィルどうでしょうか?やはりドッグヴィル映画でしょう。

先祖万々歳は演劇でしょうか?いやこれもアニメでしょう。

それはそれぞれ、映画として作られ、アニメとして作られたからに違いありません。

演劇として作られた映像が、映画に負けるだとか、勝つだとか、そういうことは絶対にありません。

そもそも同じ土俵にいないからです。

演劇というのは、映画というより、むしろスポーツ音楽ライブの側なんですよ。

マシューボーンのなんちゃらと、タイガース試合をまとめた奴と、ラッドピローズライブ映像一般の人からみたら同じ枠なんです。

で、それが映画と競り合ってるなんて印象はないです。初めから勝負なんて存在しないんです。


はっきりいってしまえばスポーツが無観客配信でなりたつというなら、演劇だって成り立ちます

それが成り立たないというのは、おそらく上の文書にもある、演劇体験こそ演劇本質であるという転換が原因じゃないでしょうか?


演劇はなんら特殊でないです。ただのライブです。

もともと自転車操業だったライブが成り立たないという話でしょ。

だったらそういえばいいんです。演劇ライブメインであることなんてみんな知ってますから

一点物芸術としての演劇悲劇

平田オリザ発言炎上している。

平田氏の感覚世間一般とズレていることと、ネット大衆演劇界隈への敵対心があることが、炎上根底にある。

ではなぜ平田氏は「大衆」に向けて「大衆」に支持される言葉を発することができないのだろうか。

演劇は複製芸術ではない。

映画のような複製芸術においては、作品評価に関して大衆から牽制を受ける。

どれだけ批評家が高尚な文章で讃えた作品であっても、大衆からの支持が全く得られない作品は、市場から消える。

市場から消えると、批評家言及しづらくなる。そして、その作品は忘れられてゆく。

別に大ヒットになる必要はないが、DVD販売され続ける程度、あるいは配信され続ける程度の大衆からの支持は、作品が残るためには必須なのだ

これは小説においても同様で、全く売れない作品市場から消えて忘れられてゆく。

どの作品市場に残すか決定しているのは大衆なのだ

一方、一点物芸術である美術場合事情は全く異なる。

今、名画とされている絵画作品も、多くの人びとを感動させたから名画とされているのではない。

名画とされているから、多くの人びとが感動しているのだ。

何を名画とするか、それを決定しているのは、美術のごく狭いサークルの人たちだ。

そのサークル実態時代と共に変わるが、昔は王侯貴族であったり、現在ならコレクター美術批評家だ。

世界現代美術でも数百人もいないごく少数のプレイヤーコレクター)が美術作品の値段を決めている。

さなサークルのなかで価値を認められたモノが、美術館に飾られ大衆もそれに感動しているわけだ。

大衆からの支持なんて全く必要ないし、大衆から牽制も受けない。

狭いサークルのなかでさえ認められたなら、それは歴史名前の残る作家作品になるのだ。

演劇もこの美術世界に近いものがある。

芸術性の高い演劇を見る人の絶対数はどうしても少なくなる。

観客も演劇ムラの人たちがどうしても多くなるし、そういうムラ内での評価作品価値を決めていく。

から演劇人も大衆に向けて言葉を発する機会よりもムラ内に向けて発言することがメインになる。

よって平田氏も大衆ウケる言葉を述べることができないのだ。

またネットユーザーの少なくない数が演劇界隈を敵視しているのも、演劇を見る機会がないからだろう。

ジャニーズディズニー不祥事には擁護厨が湧くが、演劇場合、それが少ない。演劇を見ている人が少ないからだ)

演劇人はメディアでの発言権だけはあるので、ふだん演劇と関わりのない人たちからは「なぜあいつらだけ特別なのか」という気持ちが出てくる。

これらは演劇という表現に関わる構造的な問題であり、演劇が一点物芸術としての特性を持っていることの悲劇だ。

全ては必然なので、解決しようがない。

2020-05-07

anond:20200507180920

岡村はそのようなことは言ってないし、美術館若い女性がバイトしているというのは偏見

anond:20200507180448

もっと安月給でその代わり大量に雇ってほしいわ

芸術理解しろとか言ってる連中を月収6万円で美術館に押し込もう

美術館再開しなくていいよ

美術館再開するより県内医療インフラに金回してほしい。

近所にある公立美術館なんて普段からろくに人こないから三密にならない暇つぶしスポットではあるけど、

利権絡みのつまんない展覧会ばっかりやって、税金無駄にしてるだけだから

作品保全の維持費は仕方ないにしても、

一年休館にして、今年の事業費を医療に回してほしい。

コロナのおかげで、うちの県の医療体制脆弱だってよくわかった。

必要文化施設箱物乱開発時代遺物施設事業仕分けした方がいい。

今年はコロナ対策を優先して欲しい。

もし感染しても、うちの県だと治療してもらえないなんてことになったら困る。

2020-05-06

コロナ美術館が休館していい感じだった人とワンナイトで終わった

いい感じだった人と美術館デートする予定だったのが休館になったせいで飲みだけになって

非常事態宣言居酒屋もアウトになったけど会いたかったから宅飲みでなったら案の定一発やって終わったわ

一か月連絡ない

2020-05-05

anond:20200505135420

ガラパゴスの極みみたいな存在であった浮世絵なんかは海外美術館にも収容されてるよね

理想の世の中まで遠すぎる

・あらゆるゲームパソコンがあればできるようにするべき

※専用コントローラーとかのゲームは別として

・あらゆる書籍電子化されて買えるようにするべき

・あらゆる映像電子化されて買えるようにするべき

・あらゆる音楽電子化されて買えるようにするべき

・あらゆる飲食店宅配サービスで買えるようにするべき

・あらゆるホテルネット決済が出来るようにするべき

・あらゆる公共施設科学館や美術館ネット上で閲覧できるようにするべき

もっともっと、色んなことが自動化されるべきなんだ。

俺は怠け者だからそうなって欲しいんだ。

2020-05-03

この機会に滅びて欲しいもの

物品販売時の行列とか、行楽地や美術館などの施設の混雑。時間無駄だし、健康にも悪いし、誰も幸せにならない(混んでる・並んでる=人気でしょ、とアピールしてもっと集客したい事業者以外)。

スマホもかなり普及してきたのだし、完全予約制または抽選制にして欲しい。

並ばせている、混んでいる=公共の福祉を軽んじている悪徳業者という認識世間に広まってほしい。

anond:20200503031555

お気の毒だけど、野田秀樹不要不急にいきなりスポーツ殴られて、その後も演劇関係者野田秀樹擁護しまくってたかめっちゃ悪印象ついたわ。断絶させたのお前らじゃねえかと

ツイッターでは演劇好きなフォロワーいるから大っぴらには言わないけど、今後も極力支援したくないのが本音

コロナ明けたらライブクラブイベントは行きたいし、今ごろに公演がある予定だった伝統芸能も見たいし、美術館もまた行きたいし、そういうふうに文化全般大事にしてほしいけど、演劇だけピンポイントに断絶していたいな

2020-05-02

こんな時にSMAPがいてくれたら

そうなんだよ。

自分SMAPファンでもジャニオタでもない訳なんだけど。

SMAPがいた頃、各分野のトップクラス活躍する5人がソフトバンクCMSMAPXSMAPで集結すると、なんとも言えないゴージャス感があった。

震災の時は募金を呼び掛け、被災地炊き出しに行った。

テレビをつければ「世界に一つだけの花」が流れていた。

子供からお爺さんお婆さんまで知っている。あらゆる層への訴求力持っているのなんて彼らぐらいしかいなかったもの

まあ今の10代とかはSMAPかいっても「誰、このおじさん」て感じだろうけど。

でも嵐だとやっぱ弱いかなあ。

この世界的な災厄の時に、今またSMAPが集結してテレビの前に立ってくれたら。

キムタクサーファー自粛を呼びかけて、慎吾アーティスト美術館応援して、吾郎家飲みオススメワイン映画を紹介して。

剛のぷっすまもみたい。家でできる楽しくてくだらないことをユースケと江頭と紹介してほしい。

それで槇原敬之が曲を書いてSMAPが歌ってくれたらなあ。

頑張って乗り越えていけそうな気がするんだ。

マッキー、頑張って欲しい。

槇原ファンです。

メトロポリタン美術館のよさ

かつて親の金ニューヨーク旅行した時、みんなのうたの「メトロポリタン美術館」の聖地巡礼としてメトロポリタン美術館に行った

お目当てはあの「大好きな絵の中に閉じ込められた」の絵(エドガー・ドガ『踊りのレッスン』)だったけど、他にもいろいろすごくてそこは霞んでしまった

まず入館料のシステム面白かった 最近普通になったというニュースを見た気がするが、俺が行った段階では払いたい額を払うってシステムだった とはいえ目安の金額は書いてあるし、俺もさすがに1ドルだけ払って入る勇気はなかったかちゃん学生料金の12ドルくらいを払って入った

館内はマジでメチャクチャデカくて、一つの展示品に5秒とかしかかけなくても全部見て回ったら2時間くらいはかかるんじゃなかろうか

特筆すべきは美術館って名前の割に展示品の幅が広いこと 絵、彫刻陶芸品に加えて鎧兜、剣、民芸品、家具食器、はては神殿再現なんかもあって本当になんでもある

なかでも感動したのは巨大なベッドがある部屋の展示 近代くらいの雰囲気家具が並べられたひと部屋があって、そこに梯子がないと登れない大きさのベッドが鎮座している いったいあれがなんだったのかはよくわかっていないが、とにかくインパクトがあった

武具の類も充実していて、ゲームで見るようなフルプレートアーマーとかヴァイキングの剣とか馬鎧とか日本刀とか、中二心をくすぐるものが大量 いかにもアメリカ人ぽいオッさんが刀の写真をとるのを妻っぽい人が見守ってて良かった

もちろん絵画もすごくて、ゴッホとかの絵がその辺にゴロゴロしてる 俺は美術素養がないけど、さすがにあれだけ物量があるといいなと思う絵もそれなりにあって楽しめた 知識があれば本当に楽しいだろう

メトロポリタン美術館は最高 また行きたい

2020-04-30

あうっ

幼稚園子どもママ友に対して徐々に膨らむ悪感情が抑えられない。

関大(旧帝!)を卒業、安定した職について「一生一人で猫と生きていこうと思ってた」、けれどダンナに「押され負けて」結婚したらしい

頼み込んで主婦にしてもらった私とは違って頼み込まれニートをしているらしい

仕事もしてない妻がいるのに家政婦って意味が分からない

子どもがいない間は美術館に行ったり家でアニメを見たりしてるらしい

付き合い辞めたいけど、遊ぶときっていっつも私から誘ってるから、誘わなくなってそのまま向こうからも連絡来なかったらなんだか惨めになりそうで、結局連絡してしま

コロナで遊ばなくなったけど、どうしたらいいのかと思ってモヤモヤする

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん