「模索」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 模索とは

2018-05-21

グランディアIIIがクソってより初代が頑張りすぎたんじゃないかって話

ネタばれ注意※


初代が20周年なのに配信を終了されてしまったグランディアIIIちゃん

どうすれば許されたのかって考えるつもりで比較対象として初代を振り返ってたら思いの外ヤバい

いや、たぶん気づいてた人はプレイしてた当時から気づいてたんだろうけど俺はいさら理解した


テーマの一貫ぶりがすごい

物語が動き出すきっかけは冒険者である父親形見精霊石=これがキーになって古代文明遺跡に導かれる)

・「精霊石冒険者の魂」と主人公に語らせた後、「軍」が精霊石を狙う展開になる

 →軍は統制されたオトナ社会メタファーで、

  つまり自由vs規律暗喩子供vs大人暗喩をまとめてこなしてる

・「精霊石」が奪われた瞬間に主人公は死にかける。

・「精霊石」を奪うのはライバルキャラ父親

 しか古代文明調査をしてて呪われた将軍という立場

 →古代文明を探求する軍のトップ父親)、というキャラ立てで

 「探求心は悪にもなる」「大人からの抑圧」「偉大な父親からの抑圧」「探求心の喪失は死に繋がる」

 という暗喩をまとめてこなしてる。ナニコレ。

・「真理にたどり着いた者」だけに開かれる「精霊聖地」で主人公は「精霊石」を提示された後、それを否定して「精霊の剣」を受け取る。

・「精霊石」を「精霊の剣」で砕いて話が終わる

・「精霊の剣」はプロローグ直後のごっこ遊びで集める勇者の証として一度登場する

 →これ以上ない「子供」による「父親殺し」のメタファーやん


あえて説明するまでもないぐらいわかりやす暗喩だろうと笑われそうだけど

少年が男になる物語」がここまで丁寧にゲームで描かれてるのすごくね?



シナリオの置き方が丁寧

1.開幕は子供同士でごっこ遊びをしている

2.引退した冒険者の爺に認められる

3.母親が子離れして独り立ち

4.でも幼馴染はついてくる(=まだ子供)

5.ほぼ同い年の女の子に認められる

6.軍(大人)を出し抜く

7.閉鎖的な村の村長に認められる

8.巨大な壁を越える

9.勇者として認められる

10ヒロインを異性として認識する

11中年男(一人前の男)と幼馴染に認められる


ここでdisc1終了、先の精霊石メインの話=父親殺しの流れに。

認められる相手立場が徐々に上がっていってて

子供少年 の成長過程を描くのがめっちゃ丁寧でビビる



メタファーの置き方も丁寧

登場人物の見た目が東に行く(=主人公冒険が進む)ほど動物に近づいていき、自然も険しくなる。

 ラスボスの見た目は植物名前ガイア(=地母神/大地)

 力に目覚めたヒロイン背中に生えてくるのは羽ではなく翅。

 幼馴染がリボン代わりにつけてるのは主人公父親が見つけてきた「虫」とも「動物」ともつかない生き物。

 …あれ、てかガイアラストダンジョン攻略羽化しようとしてたよね?

  羽化しようとしたガイア精霊石破壊するとデカい樹(=世界樹)に。

  敵ボス将軍=仮置きの父親)が企てていたのは「ユグドラシル世界樹計画」。

  もしかしてこれ「母親離れ」も暗喩してる?

  ヒロインが虫ってことはそれよりデカい虫は母親しか考えられない気がする。

  名前地母神だし。

 父親殺しと母親殺しを同時にやって世界樹誕生…?

 つまり世界樹大人としての人格というメタファーになってるようにしか見えない。

 どうやらガイアは悪の象徴ではなく「制御できない感情」のメタファーらしい。

 もしかして「虫」=「童心」で二重のメタファーだったりする?

 いやいやこえーよ書いた人何者だよ

・敵将軍(=野望に囚われた父親)は「ガイアの芽」によっておかしくなった。

・「霧の樹海」の中にある村も「未開の森」の中にある村も閉鎖的

 「石の森」の中に滅びた村が存在している

 (ちなみに、海のそばの村は開放的に描かれている)

・人から精霊が失われると石になる。

 意志のない守護ゴーレム石像

 光翼人に力を注がれると蘇って石ではないロボットのような姿になる。

 光翼人の力で制止されると石に戻る。

 ガイアが光翼人の力で制止されると石になる。


精霊意思 であり、意思がなくなる=石になる と表現されている。

人→動物植物→石の流れは意志の強弱も暗喩しているらしい。(街や村のあり方を見るに)

精霊石=眠っている意思とも受け取れるし、父の遺志=精霊石メタファー完璧

遺志=精霊石を割るで父親殺しのメタファーがより強固に。



深読み苦手な自分がここまで読み取れるってことは読解力高めな人はもっといろいろ読めるだろう。

いや、怖!

キャラクターの一人がヒロインを参考にしていると明言されているし、

深読みロボットアニメの影響は多少あるにしても十分冒険譚として独自性を構築できていると思う


グランディアめっちゃボコられてたけど

女の子も楽しめるように王道冒険活劇書きました」でここまで色々仕込める人の後釜、務めようと思うか?

てか一介のゲーム会社社員がこれに「原点回帰」できるのか??

この織り込みに織り込まれた上でほどほどに読み取りやすメタファーの数々、

これを「16歳の飛行機乗り」「空」ベースにして再構築できるかって言われてホイホイできちゃうひとはどれぐらいいるんだろうか。

しかもここまでメタファーてんこ盛りなのにパッと見ただの冒険活劇を装うとか


出来上がってきたIIIはひどすぎたけどこの初代を踏襲したうえでパクリにならないような王道冒険活劇って、

ゲームシナリオ界にオリンピックがあったら確実に金メダル級の超難易度だと思う

話づくりに自信がある人、「俺が作るグランディアIII」にチャレンジしてみてほしい

「空」飛行機」「(ヒロインが空から)落ち(てくる)物」ベース

「16歳の少年が親離れして一人の男になる」話を「ただの冒険活劇」に見せかけて

初代相当のクオリティでかつ初代化とラピュタ化を回避しつつ完成させる。

初代のシナリオ作った人たちはすごいし

個人的にはIIIのシナリオチャレンジした人々も十分敢闘賞もらっていいんじゃなかろうかと思ったりする

20年前のゲームにここまで感心させられるとは。いやはや。



IIIのシナリオを見るに、おそらく思いついたシーンを組み合わせるだけで精一杯だったんだろう

メタファー仕込む余裕なんかなく、「青年主人公が長旅を経て強敵を倒す」話を構築するのがやっとだったように見える


ミランダユウキバックボーンから父親殺し(母親殺し)」を実現するにはエメリウスでは役者不足もいいところ、

子供をほぼ捨てたユウキ父親と妹を守ろうとするエメリウスではシンクロするところがほぼなく

仮にエメリウスの行動原理完璧ゲーム内で表現されていたとしても何の暗喩にもなっていない。

暗喩の有無は別にどうでもいいっちゃいいけど、問題は「父親殺し」が行われていないといけないのに

それをユウキが成し遂げていないところ。


暗喩はあるとカッコいいとか文章表現的な技巧を披露して俺つえーするとかそういう余剰ではなく、

本来物語の外にいる読み手に己との共通点無意識物語から見出してもらい、より感情移入してもらうための道具だろうと思う。

手だけでも布を縫い合わせることはできるが、ミシンを使えばもっとれいに縫製できると言う話だ。



血縁のない飛行王シュミットを「父親」に仕立てるために実の父親物語から消し、アロンソを途中退場させたのだということはさすがに読み取れる。

そういう小細工で作り上げた「父親」をいくら「腰抜け」と罵ってもその「父親」が作った飛行機に乗って空を飛んでしまっては何の意味もない。

それは父親の敷いた線路を辿っているだけであり、まだ子供のままであることの証左になってしまう。

しろこの状況での「腰抜け」呼ばわりは

「何故お前は父親を全うしていないのだ」という糾弾になっている。

まりグランディアIIIには「殺すべき父親」が存在していないのだ。

父親精神的に「殺し」て、別個の人間大人になっていく成長物語のはずなのに。

これではラスボスがどこにもいないのと一緒だ。


そもそも受難「空」は「III」にとって何なのか、

それを見定めずにシナリオ作りに移行してしまたことなのではなかろうか。

テーマソングを聞いてもわかるが「見果てぬ夢」なのか「素晴らしい場所」なのか「行き着く先」なのか定まっていない。

初代が「死にゆく先、生まれくる源」を「大地(地母神)」と定義したこと

芋づる式に様々なもの定義付けすることに成功し、植物の根が土を抱き込むように物語を包括したのとは対照的に映る。

また、成長とは生から死の一過程であり、生と死の描写から逃げては成長を描き出すことはできないのだと逆接的に証明しているようにも感じられる。


しかすると、初代を見上げたまま物語模索した結果、「初代=空」になってしまったのかもしれない。

ユウキ映画の中で活躍するシュミットの姿に憧れを抱いたようだが、

この「映画」こそが「初代」であり「空」なんだろう。

言うまでもなく、何のメタファーも仮託されていない空はただの背景であり景色である

景色は人を動かしたりしない。


結果的グランディアシリーズは終わりを迎えてしまったが、

これは続編がふがいなかったというよりは初代が「偉大な父」になりすぎてしまったんだろう。

ジャスティンが大変な苦労を伴って「父殺し」を成し遂げたように、

「偉大な父」を乗り越えるのはそれだけ困難だということなのかもしれない。

グランディアシリーズはそれを身をもって教えてくれた。

シリーズ20周年を迎え、改めて製作陣に感謝しようと思う。

2018-05-13

anond:20180513205720

まだビジネスモデル模索段階だったりして、敢えて安くしているだけかもしれない。

2018-05-10

anond:20180510132352

尊厳を踏みにじらない形で作るのもちゃん模索すれば可能だと思います

そんなことをやる動機が誰にもないんですよね

この国で底辺向けの更生施設なんて作ったら戸塚ヨットスクール化待った無しですから

セクハラ問題対策を講じる前に道徳を学ぶべきでは?

セクハラという名のガン

私は『セクハラをやってはいけないか対策を講じること』に疑問を抱いている。

財務省セクハラ問題よりもずっと前から存在しているセクハラ

男尊女卑思考は、現代では化石と言うよりもガンと言った方が良い。

時代的な考えだと一蹴するのではなく、そもそも切除すべきなのだ

セクハラだと思わなかった」

「男が女に虐げられる世界

という楽観的、あるいは悲観的な考え方は末期症状とも言える。

なぜなら、医者にガンだと告げられたら

「この壮絶な痛みはガンだったとは……」

医者はみんなガンと言うんだ」

と、言うようなものなのだ

今回はガンの症状について軽視しているつもりは無く、あくまセクハラ問題が主なので、本題に戻る前にこの例えから伝えておきたい事は

もしかして、ガンなのか?』

という疑問を、なぜもっと早くに抱かなかったのか、という事だ。

私は『セクハラあなたの心の中に住む病』と言いたいわけではない。

セクハラをする人そのものがガンである』という事、そして自身がガンであることを知らずに他者を傷付けている事に気付けない組織こそ、最も問題視すべきことだとも思う。

セクハラ特効薬存在しない

さて、セクハラ問題に話を戻そう。

題名にも書いた通り、私はセクハラ対策よりも道徳を学ぶべきだと思っている。

ここまで読み進めて頂いた方には大変恐縮だが、ここでは終始、

『人が嫌がることはやってはいけない』

相手立場になって考えよう』

という極めて幼稚な内容を、淡々と書き連ねるだけなのでご容赦いただきたい。

でも、それを理解していない人こそセクハラを行った、あるいはセクハラ容疑者予備軍なのだ

私は、

相手を思いやるべき』

相手を気遣えば問題にならない』

とまでは思わない。

思いやったところで、気遣ったところで、その行動や振る舞いすべてが心無い女性から非難されることがあることも、時として起こり得るからだ。

からと言って、

『この発言、この行動を自重すればセクハラに問われない』

という、いかにもなグレーゾーン模索するのもいかがなものか、という話だ。

私は、『相手から喜ばれる・好かれる』よりも『嫌われる方が何倍も簡単』という卑屈な考えを支持している。

逆に、『相手から好かれない人』に望んでなるよりも『嫌われない人』に望んでなる方が遥かに簡単なのだ

なぜなら、『相手が嫌がるだろうな』と思うことは慎むべきであり、その考え方こそが相手立場になって考えることだと思うから

相手が嫌がる事が分からないんだから、どうしたってセクハラになる」

と思っている方は、誤解しないで頂きたい。

私は冒頭からセクハラはガン』だと思っており、最初から特効薬など存在しないのだ。

そしてセクハラをする人こそがガンなので、人でいう内臓組織でいう役職に出現することが多く、やがて転移して全体に蔓延する状態になることを指摘している。

からこそ『これはガンだ』と指摘する医者必要であるように『これはセクハラだ』と指摘する人が必要なのだ

セクハラ最初から組織ぐるみで撲滅するように取り組むべきであり、もっと言えば人ひとりが意識的に行動することで『免疫力』が高まって、そもそもガンにならない組織作りが大切ですよ、ということなのだ。

まり、私は免疫力を上げるために『道徳を学ぶべき』と言っているに過ぎない。

免疫力を高める取り組みは組織全体から見てもセクハラ以外の問題総合的に対策となるからだ。

「何を今更そんなことを大人がやるんだ」

と思った方も、見直して頂きたい。

大人になったからこそ、免疫力が低下して複合的な諸症状を引き起こしていることに。

小学生でも学ぶ道徳を、大人になったからこそ見つめ直して頂きたい。

相手を気遣うことに明確な答えなど存在しない。

つの行動が相手不快にすることもよくある。

だけど、人が嫌がることはやってはいけないのだ。

からこそ、議論を積み重ねて意見をぶつけて、考えを見直して、個々が見つめ直すきっかけを作らない限り、凝り固まった思想価値観は変わることなく、常に病気と闘わざるを得ない社会になっていく。

答えの無い議論時間の浪費だと一蹴する方が、セクハラ容疑者予備軍にならないことを、心から願う。

anond:20180509232113

食費が3万で足りないって、よっぽどのやりくり下手、というか無能

どうやれば安上がりで健康的な食生活ができるか、考える気もなければ調べる意欲も無いんだろうな。

安くて十分な栄養を摂りたいのなら、なんでコンビニおにぎりだの弁当だのが出てくるんだよw

なお、自炊しろとの声が多いようだし、実際のところ自炊をすれば大幅な節約可能だが、自炊をしなくても工夫次第ではかなり安上がりに済ませることができる。もし自炊のための時間が十分に確保できないようであれば、他の手立ても模索してみるべし。(もちろんコンビニおにぎりなどじゃなくて、もっとコストパフォーマンスのいいものを考える必要がある)

2018-05-09

自分には自分にあった生き方があるな

自分の向き不向き、自分能力の不足と長所を捉えて、それで方向を模索する

頑張りが成果に結びつかないやつって自分にあってない、とんちんかんな事してる

2018-05-08

新卒入社3年目会社疲れたどうしよ

<いいところ>

休みちゃんとあるしとりやすい(今のところ)

・寮費安い助かる

露骨に嫌な人がいない、基本いい人たち

・直接的に詰められることがない(今のところ)

・風通しがいい面もある

・良くも悪くもゆるい

・朝ゆっくりこれる、途中で抜けれる

福利厚生悪くない

・将来性、怪しいとこもあるけど会社のものとしては生き残りそう

銀行からの信用が厚い

<わるいところ>

給料の伸び代があんまない

ボーナスが少ない

・妙に精神が磨耗する

 ⇒徒労感が多い、達成感のある仕事あんまりない

  これって求められてる?意味ある?自分力不足から?をぐるぐるする

・コンペ勝てない提案通らないつらい

・売り上げが良くないからピリピリしてる

 ⇒事業として成り立ってるのか??の疑問

  だから今がんばって成り立たせてるんだよって言われたらしんどい

仕事つくらないと何もない、作り方も模索、私が未熟だから

・定時にはあがれない残業代存在しない

・悪い人はいないけど3年たってもなじめない部分がある

そもそも詭弁だと感じることがある

 ⇒これも私が未熟だから?とか思い出すともーだめしんどい

上司がしんどそうなのを見るのは私もしんどい

・やったことないことでもやらなきゃならない環境

所属してる職種死滅、何人辞めていった?

スーパーマンがすごいしそうあるべきなのは分かるけどそうなれそうになれない自分しんどい

2018-05-07

のじゃおじ(=ねこます)の応援に見せかけたアンチ、もしくはただの無能

https://anond.hatelabo.jp/20180504074733

この記事

巧妙なアンチか単なる無能かのどちらかであって、応援ではない。


次にネットで顔を見せる時は自分の顔や名前で出てくるんだぞ。

まず一文、本人は「ちゃんと実績もできて社会的にも認められる立場になるんだぞ」

といった気持ちで書いたのかも知れないが、余計なお世話なのじゃ。

おじがVRがキャズムを超えて普及して、

誰もがVR空間内でコミュニケーション取れる世界を目指しているというのに。

なんで顔出しなんで前時代的な価値観持ち出すのじゃ。

お前みたいな古い価値観のアホがおじの脚を引っ張るのじゃ。

顔出しについてはおじ本人もリアル空間でも顔出ししない方法模索しているのじゃ。

https://twitter.com/kemomimi_oukoku/status/946671073013129217?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fgeinouzin.net%2F%3Fp%3D7421


勝ち組になり始めたのじゃおじなんてもう誰も見たくないからな。

俺たちの知ってるのじゃおじは今もコンビニバイトを続けているんだ。



これはまじで意味分かんないんだけど勝ち組になったねこますさん俺は見たいよ?

自分の力で成功を掴んだわかりやすく憧れるサクセスストーリーじゃねーか。

なんでコンビニバイトのままで時間を止めてるの?

それお前のただのルサンチマンじゃね?

ずっと見下したいだけじゃね?

これに"愛のある"とかいコメントが付いてるのがまじではてなはアホなのじゃ。

anond:20180507032340

「世の中(男性社会)のためには女性が全ての負担をすべき」

という思想を持っている人と最終的に帰結点が結べる議論ができるとは思いませんね。

少なくとも全て国民がより幸せを追求できる制度模索したいという出発点が違うので。

anond:20180506150216

要約すると

今までのやり方で、今までの客が買わなくなったので

違うやり方で、違う客を呼ぼうとしている

でも今までの客が「今までが良かった。俺たちをないがしろにするな」と文句を言ってきてムカつく

と。

気持ちは分かる。

将来、昔ながらの書店として生き残れるのは一握りのはずだから

から違う業態へのシフト模索するのは間違っちゃいないよ

2018-05-01

anond:20180501142144

時代前の、今だと40代後半以降の旧漫画家勢が今から日雇い出来るほど体が整ってる訳でもなし。

から現実twitter自己宣伝しながらエロ以外に足場築けないか、そうでなければ単純に仕事を請けれないか模索してるのさ。

結構いるだろ? 増田の視認できる範囲でも。

「(民事訴訟を起こされたという体験」第十話

これまでの話
[小説]「(民事)訴訟を起こされたという体験」序話~第七話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第八話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第九話

この増田を読んでる皆さんへ
第一話についているコメントに対して

登場人物紹介
「(民事)訴訟を起こされたという体験」登場人物紹介(追記有り)

四回の期日を経て、裁判官から和解案が出されたが、K側が和解案を即日拒否したため私vsKの訴訟判決を待つ形となった。

ここで一つ説明しておく事が有る。
一年間に日本で発生する民事訴訟の内、80%~85%は、和解で決着が付いているという話だ。

そもそも民事訴訟というのは当事者同士の喧嘩・諍いであり、裁判所役割喧嘩仲裁の様な物だ。
そのため、裁判官も双方の弁護士裁判を行いながら和解のための落とし所というのを模索する。
そして双方の主張が出揃った所で和解案を裁判官提示する。
裁判官判決を出さなければならないとなると「判決文」という書類作成しなければならない。
判決文という書類作成は非常に長い文章を書かなければならないので実は面倒臭い
しかし、和解で決着となれば長い判決文を書かずに済むので、裁判官としては和解で決着が付く方が望ましい。

裁判所が出す和解条件というのは「判決でも、多少の誤差は出ますがこのぐらいで判決を出しますよ。」という所で
条件を提示して来る。
この誤差が、どちら側に傾くかは裁判官が双方に対して持っている印象、即ち心証に左右される。

弁護士としても、民事訴訟和解で決着を付けられるのがお互いに納得が生じ易いですし建設的な結果とも言えて弁護士冥利に尽きるんですよ。」とAは言った。

その意味で言えば、判決破壊的な決着なのだろうか?

先述したが、裁判官から和解案は「25万円で和解しては如何か?」という物だった。

後に知る事だが、Kは、この和解案を聞いてSからの説得に対し「25万なんて安過ぎる。」
判決で25万より高くなる可能性も有るんですよね?」
「なら考えるまでもない、和解拒否で」
という調子だったそうだ。
そして、和解案が出されてから二カ月後、判決が出た。

K側から200万の請求に対して、判決は「20万円の支払いで」と記載されていた。

時を同じくしてOvsKの訴訟判決が出た。
OvsKの訴訟は、K側から請求200万、裁判所から和解案が「20万円で和解しては如何か?」
判決でも「20万円の支払いで」という物だった。

訴訟を起こすためには、裁判所に印紙を納めなければならない。
この印紙代を訴訟費用というのだが、訴訟費用負担割合は、私vsKの訴訟では原告(K)側8割、被告(私)側2割だった。
OvsKの訴訟は、原告(K)側7割5分、O側2割5分となっていた。
その上で、私vsKの訴訟判決文には「訴訟理由となった投稿が行われた理由の大半は原告にあると判断せざるを得ない」と。

こうして、この訴訟はK本人のみが納得しない結果に終わった…かに見えた。
訴訟判決が出てから半年後、Aから電話がかかってきた。

最終話に続く。

2018-04-30

こんな社会人になるはずじゃなかった

学生時代特にこれといった短所長所もなく偏差値50界隈を走ってきたおかけで、周りからはなにも言われなかった。

大学時代に取り組んでいた感性系の研究では、地道に作業をしていたおかけで学会発表するぐらいまでいった。

研究室の教授からは、君なら社会人になっても問題ないでしょみたいなお墨付きをもらっていたので少しはできた学生だったのかもしれない。

その言葉に少し安心をしていた。


大学卒業後、入社したのはIT系。いわゆるSIer入社した。

入社部署配属当初は今まで行ったことのない仕事をすることが楽しかった。

しかし、それは入社してから3年目までだった。


3年目の終わりにプログラミング実装仕事をすることとなったが、実装作業は初めてだった。

IT会社に勤めていてプログラミングを3年間したことないと驚かれるかもしれないがこれがSIerである


プログラミング大学時代趣味で少し書いていたが、実業務でそれが活かせるのかとなったら話は変わる。

今まで毛の生えたようなプログラミングをしていた自分にとって、業務で行うプログラミングはわからないことだらけだった。

からないことだらけだったが、大抵のことはググればわかる。それでもわからないことは上司質問をするのだが、本当に調べたのかと懐疑心いっぱいに聞かれるのでほとほと嫌気がさしていた。


そしてこの実装作業から負の連鎖が始まった。

実装の進め方もよくわからないまま作業をし、気づけは3ヶ月連続残業が80時間という勤怠に。

挙句の果てには初歩的なミスが多くなってしまい、上長に別室に呼び出されよくわからないヒアリングをされた。

なぜミスが多いのか、その対策はどうするのかなど色々聞かれたが頭が真っ白になってしまいその場で解答がすることができなかった。


夜中、家に帰る途中でミスが発生する理由対策を落ち着いて再度考えてみたが結局まとまらず。

もちろん上司相談しても自分で考えろの一点張り

何を目標仕事を進めていけばよいのかさえわからなくなってしまった。


学生時代ITエンジニアというものに憧れを抱いていたのかもしれない。

しか現実毎日怒られ、どうやったら残業が減るのか模索をしている日々。

自分学生時代思い描いていた、定時に帰りアフターファイブ自分趣味に費やす生活とははるかに遠い生活


こんな社会人になるはずじゃなかったのにな。

もう疲れた

2018-04-28

anond:20180427235111

策がないか模索必要エネルギーターボチャージャーみたいに過給されて普通事柄が熱く大きくなってるのが怒りなので、即座に解決する策が出たりもともと用意してあればそうはならないというのを、情報化社会で怒りを解決できる策が情動以外でも探せるのがアンガーマネジメント

外部の刺激で動きが軽くなるのは舟歌労働歌と同じなのでアンガーではないしマネジメントも異なる。

問題発生時に内輪で限られた知識手段だけで解決するのやめようなってマネジメントなので、子育てストレス1人で溜め込んで爆発とか上司と部下だけのハラスメントとか内輪で粛清するだけのような問題解決責任をとらせて個人感情的に満足する事が着地点にならないような解決方法を推進するもの

問題発生時に湧き出る不安や焦りや感情を押さえ込めって修行じゃないよ。

2018-04-27

anond:20180427105615

女性専用車両が欠陥制度であることを認め、真摯痴漢対策模索しないならば、次に加害者となるのはおまえだ。

2018-04-26

「何も言えません」

「悪いのは”酒”」

「復帰を模索中です」

2018-04-25

新聞電子版のNetflixみたいなサービスが欲しい。

朝日とか日経とか個別電子サービスやってるけど、1紙ずつ有料サービス登録するヤツなんておるの?

金も高い(新聞とほぼ同じ料金)が、それ以上に新聞社ごとにアカウント登録する手間だけでも面倒なんだが。

Netflixみたいに月額○千円で全紙またいで読めるサービスがあればもっと利用者増えるだろうし、各紙別々に電子サービス(この言い方もダサいが)構築するより開発も運用コスト低いと思うんだけど。

新聞ジリ貧押し紙問題とか若者新聞離れとか色々問題あんのに、わざわざ金かけて利用者に不便な提供方法模索する新聞社の真意わからん

2018-04-23

転職を考える。

採用されて数週間。早くも「転職」の文字が頭をよぎっている。

私は新卒にして契約社員の身だ。とにかくここでしかできない仕事がしたくてこの道を選んだ。少し特殊業界かもしれない。

今のところ、この選択に後悔はありません。ここの人が好きで、この仕事が好き。

でも雇い止めは数年後には必ず訪れてしまう。

正社員としての道もあるにはあるそうだが、過去の事例がほぼない上、様々な要因からおそらく望みはないと思っている。

とにかくどんなに好きでもどんなに働いても、数年後にはここを去らなくてはいけない。その事だけが確かなのだ

とりあえず今は、前向きに辞めて次の仕事を得るために、資格を取ってみたいと思っている(何を取ればいいかはまだ模索中だが…)

ああ、やめたくない!

2018-04-22

オタクによる依存先の分散の仕方

前回のあらすじ的に説明すると公式についていなくて思い悩んだ結果、オタク趣味しかなく依存していると

気づいたのでとりあえずジャンル公式距離を置いて生きていた

距離を置くといってもオタクを辞めるとかジャンル撤退をする気はないのでアニメを観ない、情報積極的に取り入れていかない、

キャラを見ないようにするとか小さなこと。まだ一ヶ月しか経ってないけど・・・

全然何も変わらねえ・・・・・・・・・・・・

枯渇していた妄想力も徐々に戻ってきたし、やっぱりキャラ好きだなと再認識した。

結局二次創作もしているし(自分の見ていた範囲中途半端で参る・・・

アニメ観ていないだけで前とスタンスが変わらない、これじゃアニメ観て依存していた時の方がまだいいのでは・・・

自分に疑問を覚え始めた

みない理由はショックで新作を見る勇気がないというのも多分にあるしそれの言い訳付としているだけにも思える。

依存しながら依存先の分散をできる努力だってやる気さえあれば可能なわけだし・・・

なんか色々半端で甘えが生じている。断つなら一気にの方が良かったのか・・・

でもようやく今の状態をどうにかしよう!って考えに至れたからそれを放棄したくない

この甘い自分じゃジャンルに戻っても努力をせず結局変わらないままな気がする。この機会を逃したくない

色んな友人に会ったり、別ジャンルアニメをみたり、新たな趣味模索しているけど今までオタク中心だったか

興味をもったり気力が沸かない。でもやってみないと何も始まらないのも事実

料理してみたり、新しい友人作ろうとしたりなんとかやってみるしかない

ネットや友人を見てると皆自分の好きなものを沢山持っていて羨ましい・・・

自分にはこれしかないって寂しいことだった

ダイエットしようとしてるのについつい食べてしまうみたいな中々思うように変われない愚痴だった

2018-04-19

anond:20180419181053

彼の方から裏切らなくても、二人の関係破綻することは有り得るので、そのタイミングを密かにうかがうというか手はあると思うよ。そこでサッと彼をモノにする。

まあ、そういう低い可能性のみに賭けるのはギャンブルが過ぎるので、他の人との可能性も模索しつつということになりましょうけれど。

2018-04-15

渋谷すばる関ジャニ∞脱退

率直にとてもショックだ。辞めないでほしいし、辞めてもどこに行っても頑張ってほしい。

けれど「コンサートすばる君出さないのはおかしい」。言ってる場合か。

メンバー仲が良い関ジャニ』『歌声の凄い関ジャニ』『アイドルなのにバンド真剣関ジャニ

関ジャニ∞の武器だったこれらのイメージが全て、一人のメンバーが「真剣音楽やりたいから脱退した」ことで失われるのだ。

渋谷中心だった歌割もバンドスタイルも全部一から組み立て直さなくてはいけないし、関ジャニ∞に異様に多い「永遠の絆」を歌った楽曲だって、歌う方も聴く方も今まで通りに受け止めることは出来なくなる。バラエティコンサート和気藹藹とする彼らを見る目も少なからず変わってしまうだろう。

致命的な、しかし避けて通れない変化だ。

安定した場所を離れ一人旅立つ渋谷の道もさぞかし険しいだろうが、残されたメンバーが守っていくものは、歩いていく道は、彼と比べて果たしてそれほど平坦なものだろうか。

言葉にしないだけでメンバーの中には「解散だって視野にあったはずだし、人気も仕事も今の水準を維持出来なくなるのは容易に想像がつく。グループとしての寿命は、確実に減ってしまった。若いアイドルは次々と出てきている。バンドが出来るグループも。関西ノリのグループも。

限られた時間、いつだって勝負ドームツアー。お決まりの感動演出で辞めていく人間に花を持たせている余裕はない。

それはメンバースタッフが一番分かっているはずだ。だからこそ早々の6人体勢へのシフトだ。とにかく早急に6人で出来ることを模索しなくてはいけない。これ以上何も失わないために全力でもがかなくてはいけない。関ジャニ∞はまだ死なないと、見せつけなければいけない。世間に、そして誰より渋谷に。

渋谷には海外に行ってしまう前に、6人がもがき苦しむ様を見届ける義務がある。自分が何を奪い、何をなくしたのか。それを見届ける責任がある。

そしてそれはドームツアーに出て受けるはなむけや声援よりも、きっと大きなエールになるはずだ。

2018-04-13

アイアムヒーローの考察

読み終わったあと、神様がいない世界に、ワイを放り出した。


この世界神様を信じないで生きる方法がないか模索していた。ワイは、不条理を受け入れられるほど、マッチョでもないし、自殺をするほどの勇気もない。いまのところのワイの解決策は、神様を盲信することしかできない。

不条理 - Wikipedia

自殺:まずシンプルな1つの方法として人生を終わらすということ。キルケゴールカミュはこの方法が非現実的であるとして退けている。

盲信不条理を超えた何か、触れられず実験的に存在証明されていないものを信じること。しかしそれをするには理性を失くす必要がある(すなわち盲信)、とキルケゴールは言っている。カミュはこれを哲学的自殺として考えている。

不条理を受け入れる不条理を受け入れて生きる。カミュはこの方法を推奨しているが、キルケゴールはこれを「悪魔に取り付かれた狂気」として、自殺を引き起こす可能性を論じて批判している[1]。


別に神様なんか盲信しなくても、生きていける。それは例えば順調に心理的に成長した場合だ。発達課題を克服し、欲求を順調に満たせた場合には、別に神様なんか必要なくなる。

自己実現理論 - Wikipedia

発達課題 - Wikipedia


しかし、それがどうしてもできないワイのような人間が出てくる。なぜなら、人はどうしても理屈ではわかってはいても、他人のとの比較の中で、自分幸せ定義してしまうから。もちろんこの実験では 2 の世界だと 1 ドル価値が低いから選んだんだろ。というツッコミもありますが..

次のどちらの世界に住みたいかハーバード大学学生職員質問を行いました(Is mor always better? A Suvey on Positional Concerns,Jounal of Economic Behavior and Organization

1. 自分収入が5万ドルで他のすべての人は収入が2万5000ドル世界

2. 自分収入10ドルで他のすべての人は収入20ドル世界

結果は、56%の学生が1を選びました。

高収入でも「他人の幸福は飯がまずい」人は富裕層になれない | プレジデントオンライン


から幸せになる人たちがいる反面、不幸になる人たちがいる。他者よりも優れていたいという、本来生物的な欲求も満たすことは、まずできない。社会的欲求を満たすには、人の役に立ったりするには、必ずしも優れている必要性はない。でも、他者よりも優れていないと、そういった機会は、どうしても少なくなる。

アイアムヒーローの世界には、発達課題を克服することができず、欲求を満たせない人たちに焦点が当たっている。クルスをはじめ、みんななぜこの世に生を受けたのかということ自体に疑問を抱いている人たちだ。彼らは神なった。でも、英雄は神にはならなかった。

終わり方がひどいって書いてあるけど、奇跡を起すこともできたんだと思う。誰かを生き返らせたり、あるいは敵役を殺したりして。でも、奇跡を描かないで、丁寧に現実世界で生きている英雄を写して、徐々にワイら読み手世界と近づけようとしている感じがした。

物語最後局面で誰もいない、比較されることのない世界で一人になった。なんだか急に現実に引き戻されたような気もするし、そうでないような気もする。生きることを選んだという意味において、現実世界でクルスのように生きているワイのような読者にとって、英雄hero なのかもしれない。

でも、決してなけなしで放り出したわけではない。ヒロイン2人から愛されたという記憶はでかいよな... それが読後感を与えている。ヒロインが登場しないでもそういった話は描けるのだろうか.. 難しいだろうなぁ。

ドストエフスキー罪と罰でも、ソーニャがいて、ラスコーリニコフ普通になった。結局は可愛い女の子との記憶がないと楽しくないなんて、なんだか寂しい気もする...。

そういった成功体験物語、あるいは神様と、そしてその成功体験物語神様を確実なものにするために、社会生活からの隔絶されて初めて、英雄は生きているのかもしれない。また、奇跡が起こって元の人のいる社会になったら、そういう辛い世界に戻ってしまう。

結局、我々は物語という神様から逃れられないのではないだろうか。でも、ある意味生物学的に優れている人も、そういう自分は優れているという物語の中に生きているのかもしれない。その物語も、所詮相対的ものしかない。絶対的基準ではない。

神様なんかいないんだ、という姿勢は、結局、俺はすごいんだぞ、という自分物語世界押し付けているだけで、どこか、酷い気もする。

人間は(信じたいと)望むことを信じる。

Homines id quod volunt credunt.

Homines id quod volunt credunt. | 山下太郎のラテン語入門

逃げられないというより、作るしかないのかもしれない。自分が、いま生きている世界を。ある種の不条理社会的不条理は、物語を作ることによって、乗り越えることができるのだろうか。それは自分ができる範囲でということか。

クルスくらい追い詰められた人間にも希望を与えるというのは、正直かなり厳しい気がする。クルスは神様になるしかない。普通人間ならできるだろうか。もう少し文章をまとめたい。

2018-04-09

もう一度だけでいいから読みたい二次創作小説がある

もう一度だけでいいから読みたい二次創作小説がある

本気で好きだった二次創作文字書きさんがいた。この人を仮にAさんとしよう。

初めてAさんの小説を読んだ時に「これが天才か」と本気で思った。素晴らしい世界観伏線の数、圧倒的文才が紡ぐ文章に私は心奪われた。すぐに他の小説も片っ端から読んでいった。読まずにはいられなかった。全てクオリティが高く、読んだ後の私はある種の達成感に浸り放心状態だった。

でも私とAさんのジャンルが被ったのは一作品だけだった。更に言うなら被ったそのジャンルでAさんが書いていたCP小説は私の守備範囲外のCPで、ぶっちゃけCPの方が本命、まであった。それでもAさんの小説が好きだった。逆CPなのが気にならない程に素晴らしい作品だった。

Aさんが別ジャンルに移った時、Aさんの小説を読みたいがためにわざわざアニメを、少し視聴した。二次創作を読みたいか元ネタを見るなんて本末転倒にも程があるのは分かっていたが、そんなもの関係ないと言わんばかりに、今まで1mmも興味の湧かなかったアニメを見ていた。



ある日気づいたらAさんの作品は全て削除されていた。

Aさんの更新頻度はどちらかというと低いほうだった。しかも当時の私の本命ジャンルとはかけ離れたジャンル小説をAさんは書いていたので、私は更新チェックを怠っていたのだった。

なぜ削除されたのか、理由が知りたくて私は私が知りえるあらゆる方法検索をかけまくった。

調べて分かったことは、Aさんの活動の休止に伴って今までの作品Twitterアカウントを削除した、ということだけだった。

その時私はあの、Aさんの作品で初めて読んだあの、この人は天才だと思わずにいられなかったあの作品が読みたくてAさんのページにアクセスしたのに、全て削除されていたこ喪失感。正直耐え難かった。

それから私はどうにかあの小説が読めないだろうかと模索し始めた。魚拓でもなんでもいいからとっておけばよかったと本気で思った。むしろ誰かがとった履歴が無いか3つくらいの魚拓サイト確認した。そんなこと考えるのは私だけみたいだったけど。

結論から言えば私はあの小説を再度読むことは出来なかった。

ネットにあげたものは一生消えることはないと言われる現代で、私はあれほど好きだった小説を見つけることが出来なかった。

だが、収穫がなかったわけではない。

Aさんの小説が読みたくて私がアニメをわざわざ見たあのジャンル小説なら、私のPCに何故かtextファイルで残っていた。私は嬉々として小説を読んだ。

素晴らしかった。保存しておいて本当に良かったと思った。

でも、素晴らしかたからこそ、私はあの初めて読んだ小説がまた読みたくて仕方がなかった。

わがままだ。

Aさんが作品を削除してから1年半の時間が過ぎた。もう見つけられない。

しかしたら、あれだけの小説を書くAさんなら、また別名義で小説を書いているかもしれない。でも、見つけられない。

イラストなら、ハンドルネームを変えても絵柄や色塗りの特徴で気づくことはあるが、小説ハンドルネームを変えた人を見つけられるとは思えない。

少なくとも私には無理だ。

それでも、読みたい。

タイトルに「もう一度だけでいい」と書いたが、こんなの嘘っぱちだ。

しまたあの小説を読めるようになったなら、魚拓でもコピペでもスクショでもなんでもいいから保存して、何度も何度も読み返すのだろう。私はそういう奴だ。

いまだに私はAさんの小説特にあの初めて読んだ小説のことを思い出す。

あの小説が読みたくて読みたくて堪らない。

はいつまでたってもあの小説に魅せられ、囚われ続けるのだろう。

もうお目にかかるとこは一生ないのだろうけれど。

2018-04-06

これから回復リハビリテーション科入院する予定の患者家族の方

急性期から回復期への転院の際に

転院先の病院から提示される入院計画書に記載されている

おおよその入院予想日数をそのまま鵜呑みにしてはいけません。

医療保険制度で定められている疾患別の入院可能日数をしっかり把握しておきましょう。

入院予想日数と入院可能日数に明らかに開きがあったとしても

病院側は積極的にその事実患者側に告知してはきません。

制度上はもっと日数をかけてリハビリをする権利があるのに

ベッドの回転数を優先してその事実をひた隠しにするケースが多いです。

ぜひ、転院した際に入院計画書にサインする前に

制度上は何日間リハビリを受ける権利がある疾患に該当しているのかを

患者から主治医なり社会福祉士なりに確認をとる事を強くオススメします。

もしも入院可能日数と入院予想日数に許容できない程の開きがある場合

何故日数に開きがあるのか患者から積極的にしっかり議論を仕掛けてください。

そして医師から自身が納得出来る答えを引き出してからサインしましょう。

サインした後で日数の開きを嘆いた所でほぼ後の祭りになります

回復期を終える頃、自分にはまだ日数が残っていると気付き

回復から別な回復期への再転院を模索した所で

再転院先の医者からは既に回復期で行える内容のリハビリは終えてると判断され

受け入れを拒否されると思っていてください。

患者側に与えられた権利はしっかり活用しましょう。

情報の非対称性による敗北感を私以外の他の患者さんに味わってほしくないので

ここに記録として残しておきます

2018-04-04

大学人間関係作り面倒くさい

小学校は1学年1クラスの小さな学校に通っていたか転校生がたまに来るくらいで6年間同じクラスメイトと過ごした。

中学中学受験をして中高一貫校に入ったので6年間ほぼ変わらない人間関係が続いた。

そして一年間の浪人生活ではたまに友達と会うだけでそれ以外はほぼ家族しか会話をしていなかった。

そんな俺が今、大学人間関係を作ろうとしている。とりあえず近くにいる人に声をかけたりサークル見学に行ったりして繋がりを模索している。

すげー疲れる。精神がやられそう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん