「カードゲーム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カードゲームとは

2017-10-18

コンテンツデザイン重視

格ゲーとかヒーロー性のカードゲームは調整できないなら無駄キャラやすのやめろ

デザイングラフィック技術は上がっても肝心の中身はおざなりものばっかやな

2017-10-15

違法DLガチャ

ガチャゲーの隆盛の原因ってなんでだろうなーって思ってたけど、

これって結構マジコンとかの違法ダウンロード関係あるのかなって思う。

もう10年前になるけど大学でもマジコン流行ってて

これ違法に手に入れたんだぜwって自慢していた人結構いたりした。

俺たちアングラを知ってるんだぜwみたいな優越感もあったのかな。

それでも遊戯王とかカードゲームはみんな買って遊んでいた。

ガチャの主流って最強デッキを組むみたいなのばっかだし、

最強デッキの組み方みたいなのにみんな関心が高い。

遊ぶ空間だけは用意してお金を払うのを誘発させるみたいなの。

かに違法DLに浸かってしまった人のためにはこうするしかないよねって思う。

Youtubeとかニコ動著作権守ったらお金払いますよーみたいになってるのもそういうとこあるよね。

今までのロスを回収しているだけでどんなに酷く感じても仕方ない話。

2017-09-27

FGO二次創作ガイドラインについて思う事

あくまでも私の理解なので、参考程度に

あたりまえの事ばっか

ツラツラ書かれていた事を振り返ると、ウンコをした後はお尻を拭きましょうねというレベルの当り前っぷりだった。そりゃそうか。

ゲーム中の画像データ(立絵とかイベントCGとか)をそのままデッドコピーで貼り付けて「ボクの新刊です!」とばかりに頒布するような、そんなのは絶対ダメよと咎めている内容だった。

そりゃそうだ。それがどうしてダメなのかが分からない人は恐らくいないだろうし、そんな意識創作活動に関わって欲しくない。

その他、文章音楽についても同様にデッドコピーをしてはダメですよという内容だ。

ロゴ商標権意匠権も関わってくるので、これまた当然のこと。

ウンコをするなら大便器でやりましょう!お尻を拭きましょう!流しましょう!というレベルのことだ。

同人誌ゲームについて

上記を守るならOKだよ!という声明

漫画小説も書き放題だし、ゲームだって好きに作って良い。

元々が同人サークルだった企業公式コンテンツに元同人作家を登用する企業なだけに優しいなあ…

艦隊これくしょんガイドラインゲームは全部ダメですというお達しが出たのが記憶に新しいだけに、ゲームについても言及してくれるのは、とても嬉しかった。

ということで、誰かジャンヌ三姉妹恋愛をするギャルゲー作ってください。お願いします!

立体物について

その上で少し気になったのは、グッズと立体物についての個別言及があった件。

まずは立体物だ。

立体物は基本は認めません。ただし、ワンフェスのような個別版権申請ができるイベントのみ、例外OKです……という。

ガレキ系・フィギア系の二次創作界隈のしきたりをそのまま持ってきたルールだったので、これまた妥当な内容だったと思う。

どうして立体だけ?という疑問については、グーグルで「立体 当日版権」あたりで検索すると出てくるので割愛

あと、twitterでざわざわしていたのが「ラバーストラップアクリルスタンドはどうなの?」という件についてだが……。

これは分類としてグッズじゃないのかなーというのが私の考えだった。

オフィシャルが出しているアクリルスタンド等と競合する!といっても、絵が全然違うなら競合もクソもないんじゃなかろうか。

言っちゃ悪いが、素人落書き印刷されたプラ板ゴム塊だし。

ただ、ラバストラップ等については別の角度から問題が発生する可能性はある。

つままれ代表されるような、既存の人気製品モチーフとして作ったグッズを「つままれFGOです!」のような形式名前まで借りて頒布した場合は、流石に商標侵害になりそうな気がするので……。

立体物云々の危険性というよりは、商標権侵害に関する危険性だねこれ。

オマージュ元の名前を上手に隠すのも大事ですね。

グッズについて

立体物に続いて個別言及があったグッズ系のガイドライン

グッズについては「商業目的での制作頒布ダメ」と、若干ボカした表現言及をしている。

捉え方によっては「1円でも利益が出たらダメ」という書き方にも思えるが、流石にそれは無いだろう。どうやって検査するんだ。

グッズを作ったサークルに収支報告をさせて精査するワケにもいかないし(そんな作業に人を回す余裕は無いだろう)、コミケの度に御用改の如く抜き打ち売り上げチェックをするわけにもいかない。

制作個数が3ケタ個を超えたらどうなのかだとか、企業に依頼して作って貰ったら駄目なのかとか、売上が5万円を超えるのはどうなんだとか。

あれこれtwitterが騒がしかったが当然誰も答えを知らないのだ。

ちなみに、ニトロプラスガイドラインはこの辺をしっかり数字で出している。

個数200個以下、売上10万円以下だ。もっとも、これは数あるガイドラインの中でもかなり厳しいとされる数字なのだが。

閑話休題

この件についてはボカした書き方をしているけれども、私個人としては「法人化起業禁止」「商業流通ラインに乗るのは禁止」という意味だと捉えた。

法人化すると銀行融資が受けやすくなるので、同人では不可能な規模での流通経路の確保や開発体制の増強が見込める。

そうなると、同人活動とは比べ物にならないくらいの大規模販売可能となる。やろうと思えばイオンだって売れてしまうのだ。

はいえ、FGOキャラ二次創作イラストが描かれたTシャツ製造販売する会社(本件FGO開発とは一切無関係契約締結もマージン支払も無し)があったとして……である

その会社株式の発行や銀行融資資金を確保して何万着もの商品を量産し、問屋に卸し、そんな商品Amazonや近所のイオンでいつでも買えるようになったら……流石にマズいだろう。

流石にそれは公式が許しませんよということなのではなかろうか。

逆にいうなら、そうではない限りはOKなんじゃないか、というのが私の考えだ。

即売会同人誌委託書店、そして個人通販くらいの限られた販路限定しつつ、法人ではない個人趣味として頒布をする限りはセーフ…だと思うのだ。

最近コミケカードゲームグッズや指輪等のアクセサリースマホケースや食器といったグッズを置くサークルも増えてきたけれども、

それらがAmazonで堂々と売られていない限りはセーフじゃないかなあ。

ただし、絵描きに無断でイラストをパクって作ったグッズは論外でダメだ。

あとはニゼグッズ(pixivで後悔されているサンプル画像を元に作った粗悪なコピー品。抱き枕とかに多い)も当然ダメだ。

ガイドライン関係なくイラスト著作権使用許諾の問題としてダメだろう。

回す方のノッブのツイート

そんなガイドラインが出てから少し後に島崎信長氏が「ルールを守るなら二次創作OKだよってことじゃん!すっごく優しい!ファン活動を認めている!ルールを守って皆で創作しよう!(意訳」というツイートを行った。

このツイート、かなりのファインプレイだったと思う。

ガイドライン曲解して「型月は一切合財の二次創作禁止した!終わりだ!ジャンルが死んだ!」なんていう誤解を分かりやす否定したのだから

サンキューノッブ。ナイスノッブ。

最後

そんな感じで、FGOと型月の二次創作ガイドラインを見て思った事をツラツラと書いたのである

あんまり委縮せず、堂々と(けれども前提として権利元のお目こぼし恩恵がある事を忘れずに)創作活動しようぜ!

蛇足だけど

この記事あくまでも筆者である私の思った事であり、ガイドライン制定側の意図を正確に100%粒度で汲みれているか不明なので……。

あくまでも一つの意見、一つの見方としてください。誤解があったらごめんなさい。

2017-09-26

日記 170916

午前6時40分に起床し、7時30分に家を出、仕事場へ向かう。

仕事場に到着したのは午前9時。

昼過ぎまで仕事をする。

仕事をしていると、オタク仲間から「みんなで集まって秋葉原で遊ぶけど、お前も来る?」と連絡が来る。

仕事を終えて秋葉原に向かう。

午後15時30分、秋葉原に到着する。

オタク仲間たちは既に集合していて、トレーディングカードゲームで遊んでいるという。

トレーディングカードゲームに対する意欲が彼らほどない俺は、なんとなく気が進まなくて、彼らと合流する前に一人で同人誌ショップボードゲーム屋に立ち寄る。

ボードゲーム屋では、入ってすぐに、見知らぬ背の低い中年男性に不意に話しかけられる。

「どんなボードゲームを探しているんですか?」

まりに気さくに話しかけられたので、俺は当初、彼を店員だと勘違いしていた。

しかしそうではないらしいということが、段々彼の話ぶりからわかってくる。

彼はひとしきり店内のボードゲームについて一方的に喋った後、「ラインを交換しませんか?」と言う。

俺は「すいません、ちょっと嫌ですね」と返して、彼から離れた。

店を出て、しばらく歩きながら、あの男性は色んな人にあんな風に話しかけて、連絡先を聞いて回っているのだろうか? と考える。

どうしてそんなに不器用なことしかできないのだろう?

俺は少し悲しい気持ちになる。

その後、俺は喫茶店オタク仲間と合流する。

彼らは既に混み合った店内でトレーディングカードゲームプレイしていて、それで周囲の客は彼らに対して明らかに冷たい視線を投げかけている。

また別の客は「こんな混んだ店でカードゲームなんてやってるんじゃねえよ」とヒソヒソ声で話している。

カードショップの対戦スペースに移動しようと提案するも、「煙草が吸えないのが嫌」とのこと。

気まずいが、俺は彼らと過ごす。

夕方、彼らとカードショップを回り、飯を食い、別の喫茶店に入る。

オタク仲間の一人は、飲み物を買うのを惜しみ、何もオーダーせずに席に居座っている。

俺はずっとそのことが気になっていて、夜帰宅した後に別の一人とそれを話題にしたら、彼は「まぁ社会性のない奴らの集まりからな」と言う。

それを聞いて、俺たちがオタクで良かった、とつくづく思う。

社会性のない非オタクよりも、社会性のないオタクの方がずっと良い。

オタクというだけで、社会性がなくても、俺たちは一人にならずに済む。

2017-09-24

anond:20170924172214

しろリッチでない旧来の簡素カードゲームの方が

解析者による画像データ流出を恐れて

ガチャを引くまでサーバに保持させるケースがあるのでかえってギガを食ってるはず

2017-09-18

ニコニコ動画投稿している「変態コモン」というユーザーについて

の見識を簡単にまとめておきます

http://www.nicovideo.jp/user/2152433

ニコニコ動画投稿し始めたのは15年の10月30日

MTGについてのゆっくり解説などを投稿し始めました。

転機があったのは今年の6月

シャドウバースの何がいけなかったのか考える動画 by 変態糞コモン ゲーム/動画 - ニコニコ動画

本格スマホカードバトル(笑)のShadowverse(以下シャドバ)に対する意見動画投稿します。文章フォーマットを声をつけて垂れ流す所謂ゆっくり解説動画です。

何がいけなかったのかという主観を交えた意見が、環境に対する不満が溜まっていたユーザー勢の心を掴み、更にまとめブログ等への転載あいまってシャドバキッズ赤字コメを呼び込み大反響を呼びました。

それに味を占めたのかその後もシャドウバースの良かったところを全力で擁護する動画 by 変態糞コモン ゲーム/動画 - ニコニコ動画シャドウバースのレジェンドナーフに向けて全力で罵倒する動画 by 変態糞コモン ゲーム/動画 - ニコニコ動画などの動画を続けて投稿しこれも多くの動画再生コメマイリスを獲得し、その動画投稿者としての地位を不動のものしました。(そういう事にしておきましょう)

「僕たちの愛するシャドバは死んだ!」と叫んだ彼が移住したDTCGがWAR_OF_BRAINS(以下ウォーブレ)というカードゲームでした。

ちょうどこのころはウォーブレが新規ユーザー24パック配布キャンペーンを行っている真っ最中で、新規に始めやすいという利点に目を付けたのでしょう。先駆者ゆっくり解説動画を作ってくれたという土壌もあり、ウォーブレに関するゆっくり解説動画投稿し始めました。

そのウォーブレも色々と環境が変化し、その環境に対する不満がユーザー内で溜まりつつある状態でした。その中で彼は調整後の新環境について解説する動画投稿しました。

その動画ではユーザーから見てもあれ?となるような点が多々存在するらしく、その動画内容が2chスレッドで叩かれている状態でした。

結局、叩きにたえきれなかった彼はこちらのコメントを残してウォーブレに関する動画を非公開にしてしまます

人口増加により脳死叩きが増え相手にするのが面倒になったのでウォーブレの動画作成は中止いたします。

例えば猿のナーフ理由すら理解できないアホが増えてまじめに解説するのが馬鹿馬鹿しくなったからです。

まあそれに耐えることができる他のホモがそのうち生まれると思うので待ってたらいいんじゃないですかね?

広告していただいた方々につきましては本当に申し訳ございません。

そして9月18日、ウォーブレに関する動画を非公開にした件について謝罪しますという動画投稿しました。

ウォーオブブレインズの動画を非公開にした件について謝罪します。 by 変態糞コモン 日記/動画 - ニコニコ動画

消されているかもしれないので大まかな内容はこんな感じです。

https://i.imgur.com/TUFos7f.jpg

https://i.imgur.com/juoPvH4.jpg

https://i.imgur.com/3JmA5OP.jpg

画像1について:ユーザー間の間では今環境はラピスとユニオンという二つの国家(リーダー)が支配しているという認識が広まっています社員と言うのはウォーブレを運営しているタカラトミー社員の事ではなくて、ウォーブレのスレにはシャドバを運営しているサイゲームスの社員荒らしているという設定の事を指します。プロモというのは月に1度か2度環境を潤滑化するテコ入れの為に投入されるカードの事を指します。現在は2か月ほど延期しています

画像2について:この一つ前の動画で彼に持ち上がった疑惑が「お前ちゃんと現環境プレイしているのか?」というものでした。それに対する反論がこれというのもなかなかすごいものだと思います

画像3について:BPというのはこのゲームにおけるランクポイントの事を指します。7000BPに行くと「ブレイン」という称号を得、BPが下がる事が無くなります。ですので、ブレインになっている人とそうでない人の環境の見え方に差異があると言いたかったのかもしれません。じゃあなんでそんな人間解説動画なんて上げたんだという話になります

以上の様に、彼は謝罪しますと言いながら、自分に対して叩いた人間反論する動画を上げるという行為に出ました。この事は叩いていた彼らを喜ばせたばかりか、彼の解説動画をウォーブレが広まるならという思いで見守っていた人たちに向けても冷や水を浴びせる格好となりました。

まぁ増田の人向けに簡単説明すると「叩く道具として使われていた棒を作った奴がすごいと勘違いした結果こうなった」というよくある話になります

上記の動画にもあるように「飽きたら他に行く」と言って憚らない彼なので、恐らくアカウントを転生して別のDTCGで同じような解説動画を上げたりすることになるでしょう。

その時はまたこの増田が役に立てれば良いと思い書かせていただきました。ありがとうございました。(正直役に立ってほしくない)

2017-09-12

https://anond.hatelabo.jp/20170911234338

カードゲームとかMTG全然詳しくなんだけど、あれが雀荘みたいに進化したらそういう感じかな~と勝手想像した。

2017-09-11

https://anond.hatelabo.jp/20170911172415

絵師」という呼称について調べたことのある俺がまとめてやろう。

1. 明治以前の画工、浮世絵師など

2. プロイラストレーターあいだで用いられる敬称尊称

3. ネット上の匿名コミュニティにおいてイラスト投稿する(概ねアマチュアの)絵描き呼称

4. 「イラストレーター」の単なる略称

「2」はプロに対する敬称であり、プロの中でもさらに「1」に匹敵するような優れたイラストレーターといった意味合いがあるため、この文脈アマチュアを「絵師」と呼ぶのは誤り。

「3」はアマに対する敬称であり、同時に「所詮アマチュア」という侮蔑ニュアンスもあるため、この文脈プロを「絵師」と呼ぶのは失礼。

「4」はラノベカードゲームソシャゲ界隈で多用されるもの意味合いとしてはニュートラル

2017-09-07

血はつながっていないけどばあちゃんは確かに俺らのばあちゃんだった

少し前の話だが、ばあちゃんが死んだ。

ばあちゃんと言っても血は繋がっていない。隣に住んでるばあちゃんだ。

うちは母子家庭で、当時40になったくらいの母さんと、小学生のおれと、弟の3人家族だった。

まぁ母さん一人の稼ぎじゃもちろん裕福ではなく、地味な暮らしをしてた。

小学生だった俺ら兄弟はまだ金の使い方も知らなくて、友達の持ってるゲーム機とか、はやりのソフト

カードゲームなんかをいいなぁと思いながら、ま~子どもと言ってもその辺の雰囲気は分かるから

いい子ちゃんしてわがままもそんな言わなかった(小学1年の弟はまぁまぁ駄々をこねてたけど)。

それより俺らがしんどかったのは、母さんが全然家にいないことだった。

小4と言ってもまだまだ子どもなので、寂しいは寂しい。

朝俺らを送り出して仕事にいく母さんは、9時10時まで帰ってこなかった。

そうなると俺は小1の弟を放っておけないから家に居がちになるし、夜はどうしても家で2人ぼっちになって、

母さんが作ってってくれたご飯やら買っておいてくれたパンやらを食べて、テレビを見たり2人で小突きあって時間を過ごした。

そんな俺らに救世主が現れた。隣の家のばあちゃんだ。いま思えば60代前半のばあちゃんは

「おばあさん」ていう歳ではなかったのかもしれないが、俺らはばあちゃんて呼んでた。

ばあちゃんとじいちゃんは、月4万5千円のボロ戸建てに住む俺らの家の隣の、それなりに広くてきれいな一軒家にずっと2人だけで住んでた。

日本家屋って感じの畳部屋ばっかの家で、中庭があってっていう少し広めの家だ。2人の子ももいたけど、あまり見かけたことはない。

ばあちゃんとの出会いは、笑っちゃうんだけど、柿どろぼうだった。

ばあちゃん家の庭には大きな木が何本かあって、中でも2階以上の高さの柿の木は、毎年沢山実をつける。

俺らは塀越しに手を伸ばして棒とか使ってとってたんだけど、ある時、「上の方のならもっと獲っても気づかれなくね?」

ってなって、こっそり隣の庭に入って木に登って獲ってたんだ(普通にDQNだな)。

ガラって音がして家の窓が開いて、あ、ヤバイってそっちを見たら、にこにこしたばあちゃんが顔を出して、「おとなりの●●くんと●●くんね」って言われた。

俺らは怒られるものとばっかり思ってたから拍子抜けして、「こ、こんにちわ~」って間の抜けた返事しかできなくて、

そしたらばあちゃんが「柿が好きなの?沢山持って帰りなさいね」って。

「え、いいんですか?」って聞いたら「私たちだけじゃ食べられないし、木にも登れないから、窓から手が届くところ以外は鳥のえさなの。

だったら沢山食べてもらった方が柿も喜ぶからね。お母さんに持ってってあげて」って言った。

緊張が解けてどっと安心して、ずうずうしく「あざ~す」みたいにそのまま沢山とって、ばあちゃんがくれたビニール袋に入れて持って帰った。

夜に母さんがたくさんの柿を見て驚いて、勝手に入っちゃったけど怒って無かったよって言ったら、ちゃんと謝ってこい!って怒られた。

翌日母さんに持たされたりんご持って謝りに行ったら、「そんなことよりうちにあがんなさいよ。蒸しパン沢山作ったのよ」

って言われて、またほいほい中に入って食わせてもらった。

それをきっかけにお隣によく上がりこむようになって、ご飯だのお菓子だの沢山食わせてもらった。

一度、「柿盗んでた時なんで怒んなかったの?」って聞いたら、「うちにはもう息子たちも寄り付かなくって孫にも中々会えないから、

何かあの木に登ってるところ見たら嬉しくなっちゃった」って言ってた。

今思うと、ばあちゃんも寂しかったのかもしれないし、何より隣だから母さんは母子家庭だってことを話してたと思うし、

ばあちゃんは俺らが2人だけで家で過ごしてることとか、うちがあんまり裕福じゃないこととかもわかった上でそう言ってくれたのかなぁって思う。

チビだった弟はことさらばあちゃんになついて、子犬みたいにばあちゃんの近くをうろうろしてた。

多分話を沢山聞いてもらえることとか、すごいねえらいねって褒めてもらえることとかが嬉しかったし、やさしいばあちゃんが好きだったんだと思う。

家庭環境からお察しだが、今まで周りにじっくり話を聞いてくれる大人なんかいなかったから。

そんなこんなでばあちゃんには沢山世話になって、俺が高校入って部活に精を出したり、

弟も大人びてきて友達と外で遊んでばっかりだったりして通う頻度は減ったけど、ばあちゃんは変わらず俺らを可愛がってくれてた。

ばあちゃん家に呼ばれた日のご飯は育ち盛りのおれらを意識して、どんどん肉が盛り込まれ、量もすごいことになってた。

夏は庭で花火をして、すいかトマトやらきゅうりやらを冷やしながら食べた。

(もちろん、じいちゃんも色々世話をやいてくれたし、ばあちゃんがそんだけ俺らに手をかけてくれたのもじいちゃんの広い心のたまものだと思うからめちゃくちゃ感謝はしてる)

そんな時だった。ばあちゃんが脳溢血で倒れて、後遺症からじいちゃん一人では世話が難しく、しばらく入院した後施設に入ることになった。

俺らは病院へお見舞いに行ったりしたけど施設となるとなかなか行きづらく、

施設も遠くて、大学に入って日常生活がにぎやかに忙しくなっていた俺は自然と疎遠になってしまっていた。

弟はたまにお見舞いに行ってたみたいだ。

そこから2年ほどで、ばあちゃんが死んだという知らせがきた。

母さんから電話でその知らせを受けて、俺は泣きだしてしまった。でも、泣き出してしまった自分に驚いた。

なぜなら遠くに住んでた方のじいちゃんが死んだ時は、葬式では少し涙ぐんだが、こんなに泣いたりはしなかったからだ。

堰を切ったように自然と涙がボロボロ出てきて、ああ、家族が死んだんだ、もう会えないんだっていう寂しさつらさがガーって襲ってきた。

急いで家に帰ったら、同じく飛んで帰ってきた弟がいて、顔を合わせた瞬間またボロボロ泣いて、

「にいちゃんばあちゃんが死んじゃった」って子どもみたいに泣いてて、ああ、こいつも同じなんだなって思った。

通夜にも告別式にも出た俺らはあちゃんばあちゃんってボロボロ泣いて、花入れて出棺する時はことさら泣いた。

しわくちゃになったばあちゃんが、穏かな顔で寝てるみたいで、手を触っても硬くてひんやりしてて、たまらない気持ちでいっぱいだった。

実際の孫たち(もちろん顔見知りではあった)はそこまで泣いておらず、

俺ら兄弟尋常じゃない様子に若干引いてた。

じいちゃんは、俺らのそんな様子を見て、「ありがとうな…」って涙ぐんでた。

ばあちゃんがいない喪失感は大きく、何か実感がわかないなぁってしばらく思ってた。

ばあちゃんは俺らの本当のばあちゃんだったよ。沢山可愛がってくれたばあちゃんは、本当のばあちゃん以上に俺と弟のばあちゃんだった。

血のつながりも大事だ。だけど人と人の絆には、血縁関係ないと思う。

一緒に過ごした時間や思い出が多ければ多いほど、繋がれるものなんだと思う。

から、俺らとばあちゃんを一緒に過ごさせてくれた全部と、ばあちゃん本人に感謝してる。

ばあちゃん、愛して育んでくれて、ありがとう

ばあちゃんの蒸しパンがまた食べたくてしょうがないよ。

すげえ長くなってしまった。どうしても吐き出さずにはいられなかった。読んでくれた人はありがとう

2017-08-24

シャドバこわい

まず最初、なんとなくシャドバを初めてみたんだ。そんで、微課金してちゃんと組んでみたら面白いこと。それから毎日夜遅くまでシャドバをやった。

そのうちに実際のTCGもやってみたくなった。友人のTCG勢にアドバイスを受けて、シャドバからならMTGいいんじゃないか、と言われ、取り敢えずお試しで店に行ってみた。そこからあれよあれよと言う間に万単位で金が飛んだ。

カードゲームを知っていくうち、俺はここでやっと遊戯王とデュエマ区別が付くようになった。恥ずかしながら、今まで全く同じものだと思っていた。

デュエマMTGと同じ会社のものだと知って、こちらも少し調べてみた。ちょっとアニメも見てみた。見事に主人公が可愛かった。

そして今日、生まれて初めてコロコロを買ってみた。MTG初めた時より遥かに恥ずかしかった。が、これが中々面白いではないか

花の女子大生(笑)から大きなお友だちクラスチェンジしてしまったようだ。

まり何が言いたいかというと、全ての始まりであるシャドバすげえ。ゲートウェイドラッグやんけ。

2017-08-22

ニュー乳Newジェネレーション

卯月ライブに出演できるアイドルスケジュール声帯の都合で全員ではありません。

ですが、できるだけ多くのアイドルに参加してもらいたいものですよね」

愛海「そーですね」

卯月「というわけで今日テーマは、

アイドルマスターシンデレラガールズ6thライブ昆布さんを参加してもらう、

アイドルマスターから十人挟んで昆布さんを呼びましょう」

愛海「昆布さんより先に呼ぶべきアイドルはたくさんいるけどね」

卯月ラジオネーム「未空イナホを叩いている全ての小学生に告ぐ!」さんのアイドルマスターから十人挟んで昆布さんを呼びましょうです」

アイドルマスターから高橋龍也

脚本家からアイドルマスターとは当然知り合い」

愛海「アイドルマスターってプロデューサー称号から知り合いというかなんというか」

卯月高橋龍也から原田宇陀児

大槻ケンヂ大好きサークルの仲間」

愛海「サークルであればああはならなかったよ」

卯月原田宇陀児から太田克史

しゃぶりしゃぶられる仲であることはファウストに書いてあるから間違いない」

愛海「書いてないよ」

卯月太田克史から07th Expansion

太田克史リーフファイトが大好きであることは西尾維新小説に書いてあるから真実

愛海「書いてないし、そもそもリーフファイトが大好きなら高橋龍也さんから繋がるでしょ。

あと人じゃない」

卯月07th Expansionから池っち。

店長は全てのカードゲームが大好きだから当然リーフファイトプレイしていた」

愛海「あれ、これは本当っぽい」

卯月「池っちからラヴァルバル・チェイン 。

TUEEEEEEEEEから

愛海「から、と言われても困るなあ」

卯月ラヴァルバル・チェインから小野友樹

破壊神より放たれし聖なる槍よ

今こそ魔の都を貫け

シンクロ召喚

氷結界の龍トリシューラ」

愛海「除外されまーす」

卯月小野友樹からキツネ目の男。

被害者から民事裁判の時に友達になった」

愛海「別の犯人だし、未解決事件だし、しっちゃかめっちゃかだよ」

卯月キツネ目の男から三億円事件犯人

完全犯罪サークル友達になった」

愛海「あと二人だよ大丈夫昆布さん呼べる?」

卯月三億円事件犯人から小林立

どちらも性別不明から、きっとそういうSNS友達になっているはず」

愛海「こんちゃかわー」

卯月小林立から昆布

わかめ味噌汁昆布出汁をとっているかもしれないし、

わかめ昆布海産物サークルで仲良しだから

愛海「わー、これで6thに昆布さんがきてくれるんだね!」

卯月はいプロデューサーさん、昆布ですよ、昆布

コンビニのイートインコーナーって客層悪すぎない?

ずーとカードゲームやってる小学生と、

ずーと電話で大声で話している外国人しか使ってない気がする(n=1)のだけど。

2017-08-17

ヒカルステマ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170815-00000013-sasahi-sci&p=2

----

――5億円ですか。すごいですね。その内訳を教えてください。

ヒカル広告収益再生数に応じた報酬)が60%。あとは企業案件が40%です。

----

のわりにタイアップ動画が見当たらないなあと思ったんだけど、もしかしてステマしてたりするんでしょうかね。

https://www.youtube.com/channel/UCaminwG9MTO4sLYeC3s6udA

https://www.youtube.com/user/kinnpatuhikaru

JRA…、はさすがにないとしても、ゲーセンメダルゲームとかドラゴンボールカードゲームとか。

どうなんでしょうか。

2017-08-12

ソシャゲプレイ経験がない人のソシャゲへのイメージ

 

ソシャゲプレイ経験がない人は自分のことです。

何度かソシャゲあんなものこんなもの)の誘惑に屈しそうになったこともあったが、何とか乗り切ることもできました。

これからソシャゲに手を出さないよう精進していきたいです。

今後これが誘惑してくると思いますが、それに屈さないよう頑張ります

最近やってる某学園ギャンブルアニメ某スパいアニメソシャゲは…うん、ノーコメントで。

2017-08-04

欲しい知識を得るための知識がない

頭の中に「こんなサイトがあったら」っていうイメージはあるんだけど、それをどうやって形にするのか、何から学べばいいのかがさっぱりわからない

調べればわかるはずだけど、それを調べるための知識がなくて尻込みしてしま・・・

趣味として時間がかかってもいいから学ぶ気はあるので、以下のようなものを作るには何から学べばよいかアドバイスをください



具体的には今ハマっているアーケードカードゲームプリパラみたいなやつ)の交換サイト

今主流なのはTwitterでの交換だが、これには以下のような気になる部分がある

・人によって使う言葉がまちまちなので検索で引っかからないものがある

カードが大量になると写真で一覧を載せる必要がある→いちいち画像を見て必要カードがあるか確認しないといけない

人口が少ないので絶対数が少ない



作りたいもの

自分が欲しいカードと交換に出せるカードをそれぞれが登録リストから簡単にチェックできると良い)

→弾ごとに70枚程度種類があるので、リスト階層分けて閉じたり開いたりできるようにしたい

他人カード情報検索できる機能→欲しいカードと交換できるカード相互に参照してマッチング

・やり取り自体はTwitteアカウント紐づける形で、○○から来ましたみたいなテンプレ文章自分リストへのリンクを書き込めるようにしたい。→その後のやり取りはTwitter上で自己責任



正直作ったところで流行らない気はするけれど、今後別のコンテンツにハマった時のためにも勉強しておきたい

詳しい方いらっしゃいましたら何卒よろしくお願いします。

2017-07-28

https://anond.hatelabo.jp/20170728141226

なんかずっとカードゲームカードゲームってやたらそこに拘ってるよね。

自分カードゲームヲタでそちらに金も関心もつぎ込んでいたか漫画には向かわなかった、って話を

「皆そうだった」と置き換えているだけでは

そりゃそういう子もいるでしょ、としか

所でカードゲームユーザー大人の方が多いと思うんだが(使う金は更に大人の方が多いだろう)

カードゲーム小学生はやらない!」と言われたらどう思う?

https://anond.hatelabo.jp/20170728140909

その根拠は「漫画は小遣いで買うのが当たり前」&「小学生の小遣いではコミックスなんか買えない」だろ。

月刊誌週刊誌カードゲームよりコミックスメインで買う子もそりゃいるでしょ?

大多数ではなかった」という話でしかない

 

ほとんど全員がコミックスを買っていた、という主張の方がだいぶ無理あると思うけど

https://anond.hatelabo.jp/20170728133541

コロコロ最強ジャンプと同じく2~4年くらいがメインだろうが、

それくらいの年の子に小遣い与えて勝手漫画雑誌買わせてる親は放置親扱いだよ

妄想結構です。つか雑誌カードゲームを小遣いで買わせなくて小遣いで何買わせるのよ。

食べ物栄養バランスカロリーの取りすぎとかあるから親が管理することもあるだろうが

子供向けのおもちゃ子供向けの漫画は小遣いの範囲で好きなもの買いなさいが普通でしょ

 

つかコロコロのメインターゲットは4~6年生らしいですよ

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/28/news010.html

記者は某月15日、某書店を偵察した。目的は、子どもたちが『コロコロ』を手にするかどうかである。店内をふらふら歩いていると、男の子が最新号を大事そうに抱えて、レジに向かった。しかも、1人や2人ではない。次々に、分厚い雑誌を手に取っていたのだ。

これは書店一般的風景を書いたものではなくて、放任主義毒親を持ってしまたかわいそうな子供たちに関する問題提起だったのかー(棒読み)

https://anond.hatelabo.jp/20170728131906

ドリルを小遣いで買わせる家庭なんて聞いた事ないわ。

勉強に関するものは親が出すだろ普通

そもそもあれは千円以上するから、お前の論だと小学生の小遣いじゃ買えないけどな。

今話しているのはカードゲーム漫画雑誌といった娯楽の話であってドリルなどの勉強に関するものの話はしてないですね

https://anond.hatelabo.jp/20170728131147

あれを子供が親に隠れて小遣いで買ってると思ってるのか?親が買い与えてるに決まってるだろうが。

隠れてはいないだろうけど、小遣いで買ってると思うよ。

親が小遣いとは別枠で買い与えてるっていう根拠って何?

 

お前の言い方を真似するなら、

カードゲームや娯楽雑誌普通自分の小遣いの範囲計画的に買わせるに決まっているだろうが」

しか返せないな。

映像表現的な観点から考察するシャドウバース問題点

 以下の文章シャドウバース映像表現的な観点から個人的考察したものです。

まず最初結論を書いてしまうと、

「出し得やトップ解決となりえるパワーカードが多すぎて自律神経が疲れる。」です。

言ってしまえば、フィニッシャーが多すぎるわけで、何ターンもパワーカードによる応酬が続くのは映像演出的には好ましくありません。

 全てのデザインには、必ず「疎と密」という概念があります

アニメ漫画イラストドラマ映画WEBデザイン、などに使われる言葉ですが、ゲームにも使われます

簡単に言えば、盛り上がる場所とそうでない場所情報量を分けて、差別化する。というものです。

全部クライマックスだと、見る側も疲れるし、盛り上がりどころも分からなくなってしまうんですね。

 だからこそ、カードゲームを題材にしたアニメなども、「切り札」と称して、パワーカードを出すことによって、

盛り上がりどころを作り、展開を熱くしています販促目的商業的な理由もありますが、少なくとも、

ポンポン複数回切り札を出して、わざわざ見せ場を混濁させるアニメはないでしょう。

アニメからそりゃそうだろ。と思った方は、一度頭の中でシャドウバースアニメ化してみてください。

そのアニメで、一試合の間に特殊演出の入るパワーカードが何度出てくるか想像すると分かりやすいかもしれません。

 高コスト帯ではこのパワーカード対決が原因で、一部では、萌え萌え坊主めくりやメンコバースとも揶揄されていますね。

このゲームでは盤面を一枚のカード簡単にひっくり返せますが、本来そういうのってカードゲーで一番盛り上がる場面ですよね?

それが毎ターン続くようなカードゲームやってて疲れて当然ですし、冷めれば真剣プレイすることも出来ないと思うんですね。

このビジュアル的なゲームデザインの悪さが、アクティブユーザー低下を招いている原因の一つではないかと思います

地味なりにもチクチク刺さるカードが多ければもっとマシになったかもしれませんが、

個人的にはサタンかいカード最初実装した時点で大体こうなることは想像できてました。

 

以上、映像表現的に考えた、シャドウバース問題点でした。

2017-07-26

美少女カードゲームに良くある、胸を突き出して腰を捻ってるポーズ、一辺倒でクソダサくね?

それを可愛い可愛いって持て囃す心理理解出来ない。

2017-07-24

Cygamesシャドウバースを殺された

どうしてこうなった

シャドウバースっていうのは、エロメンコだとか、コイントスだとか言われているCygames産の本格スマホカードバトルだ。(注意 DTCGではない)

このシャドウバースは同社の神撃のバハムートというよくあるポチポチゲーの世界観カードバトル(注意 カードゲームではない)に落とし込んだハースストーンライクだ。

私はあまりBlizzardゲームが好きではない。(オーバーウォッチはすき) なぜかというと、やはりアメコミ強さがあるからだ。アメコミが嫌いなわけではなくいちいちキャラクターが濃いのが苦手で特にオーバーウォッチは大好きなんだけど、ソルジャー76もリーパーも大好きで、「やめて!争わないで!」という平和ボケ思考の俺には刺激が強く、そういうのがあたりまえにあるのでBlizzardキャラクターは苦手なのである

でも、神撃のバハムートは昔、アイドルマスターシンデレラガールズコラボから触っており、スライムを重ねてエロいスライムを作ったりした程度には思い入れもあるのですんなりとシャドウバースは受け入れることができた。

システムとしてはほとんどハースストーンパクリなので面白くないはずがない。コインヒーローパワーが無いだけで大きくシステムは変わらず、進化という神撃のバハムート特有システムもしっかり引き継いでいる。

冥府エルフ流行る前までは、ビショップがパワーが無いかな?ってぐらいで大体のリーダーバランスが取れていて「これは流行るぞ」と感じ取り、即座に課金デッキをたくさん作って遊んだ

新パックの「ダークネス・エヴォルブ」が実装されて、冥府エルフ以外はほとんどバランスが取れていた。まぁ、その時は天敵のビショップがかなり強くなり自分がよく使うネクロマンサーは長きに渡り不遇を迎えることになるのだが。

ここまではいい。ここまでは素晴らしかった。1枚1枚のカード価値があったように思えるし、極端につよいカードはもちろん会ったにはあったがカードゲーム(注意 カードバトルではない)の基本の「アドバンテージ」や「バリュー」の概念があった。ひっくり返せない盤面になることも当然あるが、そうなるのも基本的に7ターン目以降だった。そして、流行デッキが変わるたびに採用カードも変わっていってデッキをいじる楽しさがあった。メタが回っていた。

バハムート降臨から状況は一気に変わる。

まず第一に上げられるのが「ドロシー」だ。このカードはすごい。どの角度からみても、どういう視点から見ても「強すぎる」と感じるカードなため、このカードは次弾パックがでるまで大した弱体化もされずに猛威を振るうことになる。

そして、「バハムート」や「サラマンダーブレス」といった全体効果もこの時に出てきて、「アドバンテージ」や「バリュー」の概念はなくなり、バリューを意識し猛威をふるった乙姫ロイヤルはこの頃から完全に姿を消す。この時からエロメンコ」と呼ばれだす。ハースストーン信者流行らせようとした「ヘンタイストーン」は全く呼ばれなくなる。

ただし、プレイヤーには希望があった。

たまたまこのパックは調整をミスっただけかもしれない」

「今回のパック担当ちょっとカードゲームからなかった人間なのかもしれない」

遊戯王だって、2チームあって片方が悪行を繰り返すけどもう片方は楽しいカードを出している」

今となってはそんなことはなかったが、ディレクターシャドウバース初期に「勝率からしっかりカード調整をする」「極端に強いカードはださない」「CPU思考プレイヤーカードプレイの質を高めるためのものにする」などを豪語していたので期待していたのである

そして、「神々の騒乱」によって「ネクロドラゴンの2強環境」が出来上がり、調整能力のなさを露呈してしまう。

不遇だったネクロマンサー使いの俺は狂喜乱舞し、果ての果てまでBPを貯めてこの時にマスターランクに昇格する。でも周りの人から評価は散々であった。

「軽くて強いフォロワーを横に並べて戦うロイヤル」の特性ネクロマンサーは奪い、横に並べるのはネクロマンサーの十八番になる。

ドラゴンはもともとマナアップの特性を持っていたのだが、そこにさらビショップの「回復してしぶとく生き残る」を奪う。

迷走。

リーダー特性は互いに食い合う状況になる。

そして1枚のカードに強い効果を入れたがためにどんだけ「バリュー」や「アドバンテージ」はどんだけ積み重ねいようが返されるようになる。安定した爆発力。エロメンコに拍車をかける

そして、リーダー特性は一枚のカードによって「無くなる」。

今回実装された「ワンダーランドドリームズ」。まさかの「ヴァンパイア1強環境である

しかしその蓋を開けてみればヴァンパイア1強の下には「不思議の探求者・アリス」の存在があった。

このカードはすべてのデッキに入れることの出来る「ニュートラル」で、このカードのせいで、ほとんどのリーダーの序盤の動きは「123アリス」といわれる動きになる。

この動きをしないリーダーも居るにはいるが、先行をとった「123アリス」はもともと「先行有利は後攻のほうが進化を一回多く使えることで打ち消せる」といったゲーム展開を完全にぶち壊す。

詳しくは各自でググって動画とか見てもらえばわかると思うが、このカードのせいで「後攻はプレイミス」と言われるほどになった。これが今の状況でまさに「コイントス」と呼ばれ「じゃんけんのほうがまだ駆け引きができるので難しい」と言われる。

私はシャドウバースが好きだ。大好きだ。神撃のバハムートが好きだし、アニメ神撃のバハムートなんかみてるとやっぱりケル子が可愛いって思うし、ルシフェルが出てきてテンションがあがったりする。

でも、残念なことに、その神撃のバハムートの生み出したCygamesシャドウバースを生み出したCygamesが、シャドウバースを殺しているのだ。

7/30にカード調整の詳細が発表される。しかし、その知らせは滑稽なもので「レジェンドを含めた5枚以上」とのことだ。

そもそも壊れたカードがあるならそれのレアリティが何であっても調整をするのが当たり前なのに「レジェンドを含めた」とかわざわざいっているのが不安にさせる。

そして今の状況はどれだけ好意的に見ても「バハムート降臨から壊れているのに「5枚以上」という宣言。少なすぎる。残念だが、最初のパックも含めて調整が必要なの状況なのだがどうやら理解ができてないように思える。

なので、今回の調整は間違いなく「ワンダーランドドリームズ」で実装された5~8枚ぐらいを調整するぐらいだろう。

もう一度いう。

私はシャドウバースが大好きだ。

そして、今声を上げて「今のシャドウバース」を批判している人間も「シャドウバースが大好き」だろう。

大好き故に、楽しく遊びたいのだ。私たちシャドウバース批判する。批判するがそれはゲーム批判ではない。シャドウバースというコンテンツ批判でひいてはCygamesへの恨みの声なのだ

シャドウバースCygamesに殺されるだろう。

7/30に多くの人間笑顔になって欲しい。その一身でこの増田を残す。

2017-07-19

https://anond.hatelabo.jp/20170719104300

分かんなくても熱くなれたんでしょ?

格ゲーって体力ゲージがあって、1vs1なので

e-スポーツではルールからなくても一番分かりやすジャンルだと思うけどなぁ

なんとなくスーパープレイ出たなーってのはなんとなくわかる

多人数なLOLとかFPSとか、カードゲームだと、ルール知らないとさっぱりわからんじゃん

スマブラもよくわからん…)

※私はスト2時代から格ゲー知ってるけどキャンセルはできないCPUガチャガチャ

 スト5PS3アケコンつながらなくてあきらめた

個人的には1vs1ってのがネックになっている印象なので(キャラ差、相性が出てしまう)

もっとチーム戦、団体戦とかもやってほしいな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん