「ぞんざい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ぞんざいとは

2021-05-14

でも店員に対して態度悪い人ほど結婚してるよね

夫婦そろって店員に態度悪いっていうのを何度も目撃してるので、

他人ぞんざいに扱う人ほど結婚はうまくいくんじゃないかと思ってる。

林田球さんの画力が前よりあっさりめになっちゃってるんだが

なんか頑張らなくなっちゃったな

アニメドロヘドロも扱いがぞんざいだったし

2021-05-03

歳をとって怒りを抑えられなくなりつつあるのではないか不安になっ

脳が老化すると前頭葉の働きが衰えて、理性的でなくなり、怒りを抑えられなくなるってのを聞いたことがある。

理不尽にキレるジジイときどきいるのはこれか、と思った。

つい最近自分もそうなりつつあるんじゃないかと思って不安になったので、ここで吐き出しておく。

都内在住、30代後半、男性

今まで利用したことのない某サービスを利用してみようとウェブサイトから申し込みを行なった。

いくつも店舗があるのだが、自宅から行きやすそうな店舗を選んで初回予約の申し込みをしたところ、

(主な利用客は女性なので)男性サービス提供している店舗限定されているようで、当該店舗では取り扱ってないとのことだった。

「取り扱いしている店舗に問い合わせてください」という回答で、店舗一覧ページのURLを案内されたのだが、

その店舗一覧ページを見ても、自分サービスを受けられる店舗がどれなのかは掲載されてない。

この時点でちょっと腹が立った。

サイト内を回遊して、何とか男性の取り扱い店舗一覧を見つけて、別の店舗に申し込んだところ、そこでも取り扱っていなかった。

どうやら名称の似た別の店舗と間違えてしまったようだ。(「東急渋谷店」は「渋谷店」とは別物だったみたいな感じ)

そしてまた、「取り扱いしている店舗に問い合わせてください」という回答で、またウェブページを案内された。

今度は、必要情報の載ってない店舗一覧ページではなく、男性の取り扱い店舗一覧ページだった(さっき自分が見てたページ)

たらい回しにされた感じがして、また腹が立ってきた。

店舗名を見間違えていたのは私のミスなので仕方ないのだが(それでも誤認しやす店舗名の付け方に問題はあると思うが)、

なぜ他の店舗に問い合わせよと言う回答に、「○○店や◆◆店であれば取り扱っています」などと近隣で取り扱いしている店舗を具体的に案内してくれないのだろう。

店舗展開している事業者から、実際に受付対応しているのはアルバイトの人なのかなと思うと、そこまで気の利いた対応を求めるのは違うとは思う。

それでも求める情報掲載されてないページを案内するだけで済ませるのは仕事適当すぎる。

苛立ちが収まらないので、お問い合わせフォームで苦情を入れた。

上述の経緯、対応している店舗がどれなのかサイト上で探しにくいこと、店舗名が紛らわしいこと、ウェブページを案内するだけでなく近隣で利用できる他店舗を具体的に示して案内してほしかたこと。

怒りを感じながらだが、きちんと丁寧語で書いた。業務改善には役立つ情報になるだろうとも思いつつ。

自分は、手厚く待遇されることで満足感を覚えるタイプの人ではないと自認している。

人を持ち上げたり人から持ち上げられたりするのは好きじゃない(ので、フリーランス上司も部下もいない仕事に満足している)し、買い物するときには用があるまで絶対に話しかけてほしくない。

それなのに、ぞんざいな扱いを受けたような気がして腹が立ってしまたことにちょっとした衝撃を覚えている。

今回の先方の対応は、通り一遍システマチック対応だったというだけであって、特段失礼と言えないものだったのに。

メールだけのやりとりなので、相手に対して声を荒げたりあからさまに高圧的な態度を取るということは起こらなかったけど、対面だったら穏やかに振る舞えただろうか。

あさましく醜い、キレるジジイにはなりたくない。

一応こうして自省できているなら大丈夫なのだろうか。

認めたくないのは、若さゆえよりも老いゆえの過ちなのではないかと思う。

2021-04-28

天皇賞代名詞 唯一無二の「盾」の秘密

天皇賞代名詞としてよく用いられるのが「盾」です。表彰式の際に優勝馬主へ下賜される、いわゆる天皇からきているものです。国内レースで盾が手渡されるのは天皇賞だけ。

現在馬主に下賜される天皇盾の正式名称は「御紋付楯」です。縦56センチ、横(最長部)49.5センチ木材(ラワン材)でできた板に「競馬恩賞」の文字が板金ではめ込まれ、その上部に鋳物で金メッキされた菊の御紋章が輝いています。盾は天皇陛下から賜った唯一無二のものであるため、敬意を表して素手では取り扱わないことになっており、表彰式で馬主は白い手袋をして受け取ります

41年(昭和16年)に御下賜品は木製の盾になりました。47年(昭和22年)春、「平和賞」の名で行われた際には賞品の下賜がありませんでしたが、同年秋には盾に戻りました。このときから盾は持ち回りとなり、馬主にはJRA制作した盾の複製品(本物の3分の2ほどの大きさ)が与えられることになります。つまり現在の盾は47年から使用されているものなのです。

盾はレースが行われた競馬場内の金庫に厳重に保管されているということです。唯一無二の盾で保険は利かないため、輸送は外部の業者に依頼せず、総務課の職員が直接取りに向かいますしかも慎重を期すために必ず複数(多くの場合2人)で行います東京京都間は新幹線、それ以外の行程は全てタクシー移動です。丁重に扱わなくてはならないため、輸送中も気を抜けません。新幹線内では3人掛けの真ん中の席に置き、両隣を職員が挟みます。他の乗客迷惑にならないよう、あまり混雑しない昼の時間帯に乗車するということです。タクシーでも職員が盾を膝の上に乗せ、抱えて持っていきます。当然、床に置いたりトランクに入れたりといったぞんざいな扱いは許されません。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29783290U8A420C1000000/

メジロマックイーンが、ライスシャワーが、ビワハヤヒデが、マヤノトップガンが、スペシャルウィークが、ゴールドシップが手にした (そりゃ実際には馬主が、だけど) 天皇盾。時代が短中距離志向になり、スピードが求められる時代にあっても、変わらない3200m先の重み。

歴史を重ねて第163回 (春秋通算) の天皇賞は、今週日曜。

2021-04-25

美人モデル「男って面倒くさいよね」

何でそう思うんだろうって考えたんだけど

美人とか人気者とかって色んな人から良くも悪くも話しかけられるからコミュニケーション量が増える

そうなると確かに煩わしい

 

例えば友人が10人の人はその10人をそれなりに丁寧に扱うだろうし、関係が拗れないように小さな嘘も付くだろうが

友人が1000人の人はどうやっても10人の人ほど1人1人を丁寧に扱えないだろうし、関係が拗れないよう取り繕う必要もないから正直・素直になる

そういうことなんじゃないかと思う

もちろん美人でも狭い世界に生きてる人とか居るし、重要な人にはかなりリソースを割くだろうけど

「代わりがいる」という状況は確実に相手の取り扱いをぞんざいにさせる

マッチングアプリで3人からしかアプローチが貰えなかった状況と、100人からアプローチが貰えた状況では1人に対するリソースは違うだろう

しか相手から受け取るアプローチの圧は減らないから、結果「面倒くさい」という感想が出る

 

などという仮説

2021-04-24

anond:20210424213638

この上のツリーにぶら下がってるぞんざいに扱う論はTwitter界隈に実際あるから困る。

ブームが去ったらさっさと鞍替えしてブックマークいいねも外してしまう。

原作どころかアニメWikipedia確認で、気になるのは賑やかしアカウント自分フォロワー数。

要するに萌え語りとか言われる連中。

notice!:俺はこのエントリ以降ツリーにぶら下がってないからな?俺だと思うなよ

2021-04-23

ツイ◯テのお菓子等が売れ残って半額シールが貼られてるの

見るとどうしてだかわからないけど心が痛くなる

別にツイス◯好きでもないしそもそもプレイしたこともない

けど、コンビニイオンで売れ残ってるの見ると心が痛くなる

 

キャラぞんざいに扱われてる感じがして嫌なんだろうか

2021-04-17

驚くことにほとんどの日本人は無学なので「社会契約を結んでる」という概念がない

個人個人自由権利金銭差し出す代わりに

社会個人の為にサービス安全保障する

 

そういう対価があってこその国家なのは高校でも習い

17世紀から考えられてるような当たり前の概念だが

呆れたことにほとんどの日本人はこの概念理解してない

 

なので高齢者が生きたいと言えば渋い顔するし

障碍者という、健常者がいつなってもおかしくない存在ぞんざいに扱う

産業に努める人間税金を払っても、その対価を他の業種のように受けることを拒む

一部の性的指向結婚する権利を頑なに拒む

一方で、全ての日本国民税金と法と同調圧力に従うことを強制されるのだ

 

完全に知能の問題なので、彼らに正論通用しない

彼らには「国家」「契約」という存在はなく

ただなんとなく、自分に近い部族の「お気持ち」がすべてなのだ

2021-04-11

いわゆる「自己責任論」に関して

 新自由主義批判していることで知られる、英国の著名な人文地理学者David Harveyは、彼の著書の中で「『個人自由』を至上の価値に戴く個人集団は、容易に新自由主義に乗っ取られる」と云う箴言を記しています

 福澤諭吉は、おそらく最も本邦のネットウヨクに人気がある思想家です。福澤諭吉は神仏の類いを一切信じず「人間の在り様は全て『個人努力』のみによって決定される」と考えるような「近代日本における『自己責任論者』のパイオニア」でした。ですから、巷間よく言われる「ネットウヨクは『保守』ではない」と云う言葉は、正しいと言えると思います。(四書五経日本儒学者著作仏典古事記日本書紀・万葉集古今和歌集などの国文学等に親しんでいるネットウヨクなどは、ゼロではないしょうが多数派でもないでしょう。)

 その福澤諭吉は、彼の自宅を訪れる人間が貧しかったり地位が低ければ「そいつがそんな状態に在るのは、努力を怠っているそいつ自身自己責任なのだからそいつぞんざいに扱っても構わない」という態度で、わざわざ安物の茶を出すなど対応の仕方を変えていたと伝えられています

 我が国におけるアジア諸国に対する蔑視感情も、福澤諭吉系譜に連なる「日本努力して脱亜入欧を果たした。しかし、彼奴等の国は努力をしなかった。だから、オレたちが彼奴等を見下しても彼奴等の自己責任だ」という考えに帰着します。

 さて、現在はてな界隈では「不寛容な(例えば、人権意識が低い)人間に対しては、こちらも不寛容な態度に出ても構わない」とする考え方が主流のようです。

 そこで、私個人の考えていることは、

(1) 寛容性は、教育学習により身につく知的財産である

(2)_a 格差社会が深刻化すれば教育学習格差も拡大して、貧しい教育しか受けられない人間が発生する。

(2)_b 仮に経済的に貧しい家庭ではなくとも、保護者問題があって、教育ネグレクト洗脳状態に置かれれば、学習機会を得られない人間が発生する。

(3) そうして教育学習の機会が貧しくなり、寛容性を身につけられなかった人間が発生する虞がある。

ということです。なお、(2)_bの教育ネグレクト洗脳被害者に対するセーフティネットも、格差社会が深刻化すれば、貧弱なものになると予測されます

 それを踏まえて、ここで私が問いたいのは、我々が不寛容人間に遭遇した時に「それは、そいつが『不寛容人間』にならないように努力することを怠った結果なのだから、我々もそいつ不寛容な態度をとっても構わないのだ」とすることが許されるのか?と云う点についてです。

 ある人は言うでしょう。「教育学習の機会が貧しくても、そういう人間の全てが『不寛容』になるわけではない。だからそいつ不寛容なのは、やはり、そいつ自身責任なのだ。したがって、こちらも不寛容な態度をとっても構わない」と。

 あるいは「こちらが不寛容な態度をとることによって、奴らに目を覚まさせるのだ」と。

 かつて生活保護バッシングが起きた時(と言うか今でも現在進行形で起きているのですが)に、決り文句のように言われた/言われるのが「貧しい人間の全てが、生活保護に頼っているわけではない。条件に拘らずに働き口を探せば、生活保護を受けるような貧困状態に陥るはずがない。生活保護を受けるような人間は、そいつ怠惰からなのだ」とか「生活保護に頼らざるを得ないような、不健康状態にまで身体を壊したのは、そいつ努力を怠って不節制生活を送っていたからだ」といった言葉です。

 はてな界隈では、リベラル左派の方が多いので、経済的な貧しさ、疾患・障害などの肉体的な貧しさ等に関しては『自己責任』論者が批判される傾向にある一方で、知的な貧しさに関しては『自己責任』論者となる人が屢々見られるので、私は不思議に感じてます

 以前は「攻撃や争いよりも対話教育を」という姿勢の方も多数見かけたような気もしますが、最近では「彼奴等は、あんな奴らだから、関わったり対話を試みるのは徒労だ」として、対話努力放棄たかのような人も増えたように見えます

 はてな界隈は、個人自由を重んじる人が多いので、D. Harveyの言うように新自由主義に乗っ取られてしまい、結果として「自己責任論者」が主流となったのでしょうか?

 もしも、この文を読んで気が向かれた方は、ご自分のお考えを書いていただければと思います。 

2021-04-08

推しキャラ性犯罪者にすることをやめられないみんなたちへ

元気ですか? 自分はまあまあです。



キャラ名とビジュアルを伏せてしまうと誰の言動かわからなくなるキャラ崩壊甚だしい二次は好きじゃない。

かと言って原作で一度や二度しかしてないインパクトのある言動カリカチュアしたような二次も好きじゃない。

(この二文でわかると思うけどめちゃくちゃめんどくさいオタクが書いてます

それでも存在自体は許せる。二次創作をする以上完全に避けることは不可能だし(ここでは二次創作自体の是非については触れません)

でもどうしても許せないというかそれすら超えて理解不能なことがある。

推しだと言いながらキャラ性犯罪者にすることだ。

冒頭の二文の後者カリカチュアする方)ならまだ理解はできる。原作でも外道変態扱いされてるならまだ。(殺しはするけど性犯罪はしないだろうキャラの扱いについて思うところはあるもののここでは触れません)

前者なら本当にわからない。

原作での友愛家族愛を性欲ありきの愛に繋げるのはまだいい。まだ。同意があればな。別に性欲がない愛こそが真のそれと言う気はない。

それに推しでないキャラならまだ理解はできる。理解するだけな。推しじゃないキャラ解像度が低くなるし扱いもぞんざいになりがちだし。

焦点を当てたいのは推し性犯罪者化する場合体感だが昔から性犯罪者化するのは受けより攻めの割合が高い。そして最近は受けではなく攻めを推しにする人々も増えてきたように思う。

まり順当に考えれば推し性犯罪者化する人が増える。どこまでも体感しかないけれどこれは間違ってはないと思う。

今のジャンル推しが攻めのとあるカプをよく見るようになった。ちなみに自分推しがいて作風が好みに合えば受け攻め問わずなんでも読む。

TwitterでTLにそのカプが流れてくるたび読んでみる。そうすると推し性犯罪を犯しているものが目につく。特に現パロ。そのたびに作者のホームに飛ぶと“〇〇(自分推し名前推し”の文字列を見ることが数度あった。その文字列を見るたび疑問符を大量に浮かべながらその垢をミュートする。ミュート数的に結構な量になる。

正直言うと推し性犯罪者化してる二次は全部滅ぼしたい。でも無理なのは分かりきってるからネットの片隅で落書きするだけにとどめておく。

(余談だけどキャラAへ巨大感情持ってるキャラBは性犯罪者化されまくるよね…)

この落書きは男同士の組み合わせに限定したものじゃない。数年前だけど百合とかさ、某ダークな魔法少女ものの某カプがやばかった。黒だか紫だかわからん方ね。ピンクの方しか眼中にないのかもしれないけど。夢もそう。多様化してきたとはいえ版権キャラ(男)×オリキャラ(女)が多数派だけど、押しが強いを通り越した法に触れるような行いをする版権キャラ結構な頻度で見る。

まとめて聞きたい。推し性犯罪者に貶めた二次作ったり読んだりして楽しいのか?

客観的に見れば殺人の方が罪が重いんだから原作人殺してるキャラは〜みたいなのは聞きません。感情の話をしているので)



最後に、読みにくい文章をここまで読んでくれた皆さんへ。温かいご飯食べて風呂に入ってよく寝てね。もしかしたら自分のことかも…と思った人も関係ないわーと思った人も全員だ。

ちなみにここを利用するのはこれが初めてだからなんか変なことがあったらすみません

2021-04-05

絶対に道を譲らない女

ある日、女はふと思った。

どうしていつも私ばかり道を譲っているのだろう。

ほとんど同時に回答は出た。なめられているのだ。

女は平均よりも小柄である。手足も比例して短く、肥るとすぐにずんぐりした印象になるので、体重が増えないように気を使っている。

毎日男達がやり取りする過程で生まれる大量の書類を、送付状をかけて三つ折りにしたり、封筒に入れて宛名シールを貼ったりして得た、お小遣い程度の給与で買えるペラペラの服に身を包み、年老いただけで責任の伴う出来事を経てこなかった人間特有の、実年齢の割にのっぺりと奇妙に幼い顔にドラッグストアで買った化粧品おざなりに塗っている。

電車座席などに女が座っていて、二つぶんのシートを開けてまた別の乗客が座っている場合など、次の停車駅で乗り込んできた新たな客は決まって女の隣に座る。

女の隣の座席のほうが余裕があるからだ。男の客などは左右の座席にはみ出すほど股を広げていたりするが、女は一人分の指定シートの範囲にすっぽりと収まっている。

車内がやや混み合っているときなど、女の、男の客より体格が劣るぶんだけのゆとりのあるスペースを見つけた乗客は、半ばほっとしたような顔つきで尻を滑り込ませる。

同じ調子で、人々は、道をすれ違うときもごく自然体躯のいい男を避けて女のほうに寄ってくるのだ。女はさらに彼らを避けるために、体の小ささのぶん狭い歩幅で右に左に細かく蛇行しながら道を歩く羽目になる。物心ついた頃からその繰り返しである

道路は譲り合って、ぶつからないように歩きましょう。

道いっぱいに広がって、他の人に迷惑をかけないようにしましょう。

幼稚園だったか小学校の頃だかの「交通マナー教室」でそんなことを聞いたような気もするし、少女時代にはそれを守っている「マナーのいい」自分をどこか得意に思っている節もあったけれど、いつの間にやらそんな物分かりよく振る舞っているのは自分だけのようだった。

しろ、男の集団というのはまず道を譲らない。

それどころか得意満面で横一列に肩を並べて笑いあいながら歩くのが当然である

これは男子中学生高校生でも、スーツ姿のビジネスマンでも、中高年になっても同じなのが女には不思議でならなかった。

「あれは群れの序列を示していて、一歩後ろに下がると集団での地位が低いと見られるので、横一列にならなくてはいけないのだ」という言説をインターネットで見かけたが、本当なのだろうか。

女は男の集団に入ったことがなかった。彼らとぶつからないようにふらふらと漂いながら机を拭いたり、ゴミを捨てたり、他の女たちと話し合ってバレンタインデーチョコレートを買ったりしていただけだった。

自分家族恋人とも頑なに並んで歩こうとする男も珍しくない。

他人に道を譲る思いやりのないところを大切な人に見せつけたいというのはどういう心境だろう、それならベタベタ腕を組んで引っ付き合って道の端に寄っているほうがまだマシではないかと考えてから、実際女は交際していた男と連れ立って歩いていて、他人とすれ違うとき自分が男の後ろに下がっていたことを思い出した。

女は昨年、仕事帰りに転倒して脚を痛めた。

体のほんの一部を怪我しただけで、これまで何でもなく行ってきた日常動作が困難になるストレスは大きく、女は半ばヤケクソのような気持ち松葉杖をつき、歯を食いしばりながら片足を引きずって歩いた。

すると、どういうわけか、これまで当たり前に女が道を譲ることを期待して反対側から歩いてきた人々は、女の杖や引きずった脚に目を留めるとバツの悪そうな顔で避けるようになったのだ。

彼らは、怪我人を思いやる程度には善良なごく普通の人々であった。

そのことに思い当って、女はますます腹を立てた。

平時でも体格のいい人間とぶつかったら、私のほうが転んだり怪我をする可能性が高いことには変わりないのに、松葉杖のようなわかりやすい目印がないときは、彼らはそんなことは気にも留めないのだ。

道端に転がっている小石や落ち葉をいちいち気にしないのと同じだ。軽んじられているのだ。なめられているのだ。

思えば、どんな場面でもそうだった。医者も、タクシーバス運転手も、市役所の窓口の職員も、女を見るといつもよりぞんざいで、「そんなことも知らないのか」と言わんばかりの態度で、時にはため口を利く。女は当たり前のようにそれに敬語で従ってきた。

あるときは、さほど狭くもない道で、わざととしか思えない角度で急接近してぶつかってこられたこともあった。自転車ですれ違った男が、気づくと引き返してきていて、追い抜きざまに女の胸を掴んで走り去ったこともあった。

軽んじられているのだ。どんなふうに扱ってもいい存在だと思われているのだ。

女の中で怒りがとぐろを巻いて大きくなった。

おかしいじゃないか

松葉杖車いすなら道を譲るくせに。もっとわかりやすくおばあさんなら道を譲るくせに。私が男だったら道を譲るくせに。

私が女じゃなかったらそんな口を利かないくせに。ぶつかったり体を触ったりしないくせに。

どうして私には何をしてもいいと思ってるんだ。おかしいじゃないかおかしいじゃないかおかしいじゃないか

そういえば、女がまだ小学生中学生だったころ、叔母と一緒に歩いていたら対向から若者集団が歩いてきたが、叔母はまったく道を譲ろうとしなかった。

叔母とぶつかりそうになって寸でのところで若者は避け、忌々しそうに「クソババア!」と罵ったが、叔母は涼しい顔で歩き続けた。

思い返せば、これまでにすれ違った数多の人々の中にも、決然とした目つきでまっすぐに道を歩いてくる女たちがいた。

彼女たちは「絶対に道を譲るものか」といわんばかりの、睨みつけるような顔をしていた。

 

叔母も、あの女たちも、ある日こんなふうに気づいたのだろうか。

「なぜかいつも私ばかり道を譲っている」と、腹を立てて、「もう道を譲るのはやめよう」と思ったのだろうか。

女は心に決めた。

私も譲られるのが当たり前みたいな顔をしている人に譲るのは、もうやめよう。

ぶつかって転んでけがをするかもしれないけど、そのときは怒ればいい。「女だからなめてんだろ」「わざとぶつかっただろ」と。

腕を掴んで引きずられてでも絶対に許さない。スマホ動画も撮ろう。これまで譲ってきたぶん蓄積された怒りを噴出させるのだ。

こうしてここにまた一人、絶対に道を譲らない女が生まれた。

2021-04-03

緊急事態宣言時に風俗に行ったという話

ちなみに今年の冬だ。

スペックは30代男性とだけ書いておく。

新社会人になって金が入る様になってから月1ペースで通っていたんだけど、お気に入りの嬢が足を洗った事と俺自身仕事やら何やらでうつ病になった事もあり数年前からは行ってなかった。

仕事を辞めて暫くしてから働き始めてからは家と職場の往復。休日に日帰り旅行に行ったりライブを観に行ったりしてたのだが、コロナの影響でそれも出来なくなった。

仕事の方は職業テレワークというわけにもいかず、ひたすら職場で働いていたのだけどもまさかこんなにも自粛期間が長引くと思っておらず日に日にストレスが溜まっていった。

それで2回目の緊急事態宣言が発令された時、ストレス限界にまで達した。

繁茂期に入り、仕事が忙しくなった上に自分時間も持てなくなった。自粛ムードで何も出来ない事もあり精神的にも限界だった。

常に気を張り続ける生活に嫌気がさした俺はヤケクソ気味に風俗店へ足を運んだ。

理由性的処理もそうだが思いっきり人に甘えたかったのだ。抱き締められたい。丁寧に扱われたい。そして嬢の尻を叩く程度にぞんざいに扱いたい。それでも笑顔で受け入れてもらいたい。何とも身勝手理由だ。ただそれ以外俺を止める方法がなかった。


少し昔話をする


最初に入った会社パワハラモラハラが飛び交う理不尽な社風でサビ残休日出勤は当たり前、上司取引先の無茶振り対応するのが精一杯だった。プライベートなど無いようなもので最終的に電車に轢かれようと思うまでになって辞めた。

転職した会社では社内抗争が勃発し、そこでもパワハラモラハラが前の会社よりかはマシな程度ではあったが横行していた。ノルマを達成しても給料が上がる見込みもなく、人間として扱われたい気持ちとは裏腹に理不尽を受け続ける事に必死だった俺はやがてうつ病を患い社会からドロップアウトした。


そんな中で唯一の癒し風俗嬢との時間だった。


いつ何が起こるか分からない為予定も作れず、仕事終わりに時間が空いた時だけ俺は風俗店へ行った。職場周りは男しかおらず同期もいない俺にとって弱音を吐いたり、思いっきり甘えられるとは風俗嬢と一緒にいるラブホだけだった。そこでは何もかも肯定してくれる風俗嬢が居てくれた。お金を対価にサービスしてくれている事は百も承知だ。だがそうでもしなければ俺は生きていけなかった。

うつ病になる前後お気に入りの嬢が辞めた事、うつ病になり性欲はおろか生きる気力すら無くなり金銭的な問題もあり、その後風俗店に足を運ぶ事はなくなった。

長い療養期間を経て社会復帰した俺は普通人間が送る人生を諦め、生きていくには困らない程度のお金を稼ぐ事にした。収入が減った為、風俗店に足を運ぶ余裕がなかった事、生きる事に対する執着心が無くなった事。歳を取り自分よりはるかに年下の嬢と接するのがしんどくなる予感がしたのでもう行く事はないと思っていた。

それでもまた足を運んだ。コロナ蔓延緊急事態宣言が発令された中でだ。

もう限界だったのだ。いつ爆発するか分からない不満と怒りを抑えるにはこれしかなかった。誰かに甘えたいという気持ちが理性を超えてしまったのだ。

店のEVで嬢と挨拶し、ホテルで抱き締められた瞬間俺の目的は達成された。

まだ周りから見て「普通人間」だった頃の俺は性欲処理の為に風俗嬢を抱いていた。何回も風俗店に通いつめていくうちに身勝手な性欲の捌け口にしてしまう罪悪感とその欲望狭間を行き来しながら風俗嬢を抱いていた。最終的に割り切った上で風俗嬢を抱いた。逃げ場がそこにしかなかったからだ。

今回もそうだ。もうこれしか方法がなかった。俺自身精神的均衡を保つ為には風俗嬢を抱くしか方法はなかった。胸に顔を埋め、抱きしめ合い、性的絶頂を得る事で俺の心は救われた。

幸い体調を崩すことなく今のところ健康を維持している。あの出来事が無ければ間違いなく俺の精神は再び崩壊するところだった。コロナになる事は恐ろしい事だが、当時の俺はそれと俺自身精神的苦痛の解消を天秤に掛けた上で風俗嬢を抱く選択をした。はっきり言って異常だ。

あれから数ヶ月がたち、それでもまた風俗嬢を抱きたいと思い始めている。

仕事は峠を超え、世間自粛ムード何となくうやむやになっている様にも見えるが、俺自身精神的に疲れ果てていた。コロナ禍で人間の嫌な部分をまざまざと見せつけられた事も大きいが、俺自身将来への不安を抱えつつもどこか人生を諦めているところがある。正直いつ死んでもいいと思っている節もある。

それなのにまた人に…風俗嬢に甘えたいと感じる俺がいるのだ。俺の身勝手欲望を受け止めて欲しいのだ。我慢したとしてもいずれまたストレスの捌け口を求める事になるのは分かりきっている。

まともな普通人間に戻る事も出来ない俺にとって、唯一の救いになってしまうのだ。だからこそ苦しい。もうどうすればいいのか分からない。ひとつ言えることはここで吐き出すしかないという事だけだ。

恐らく今年もまた風俗嬢を抱くだろう。この状況下でやる事は常軌を逸している事も分かっている。コロナに対するリスクを抱える事も分かっている。抱いたとしてもまた暫くすれば同じ事を繰り返す事も分かっている。

ただもう止められないのだ。もうどうしようもないのだから

ただ生きていける理由になってしまった。それだけだ。

2021-04-01

男女格差というか、女ってだけで舐められると感じる

男女格差G7最下位というニュースがちらほら話題になってるけど、少なくとも私は仕事をするとき、女ってだけで舐められているなと感じることが結構ある。


私はフリークリエイター職で、ぶっちゃけそこそこ稼いでいるので一般的に見たら「成功している」方なんだと思うけど、それでもすっごくぞんざいな扱いを受けることが多い。


最近も、発注を受けて予算要件に応じたラフとある男性経営者の方に提出したら

「これさ、今あるものと何が変わるの?変わらないんだったら発注する意味ないんだけど。」

と言われ、丁寧に既存のものとの変更点やコンセプトを説明して、追加の要件がある場合見積もり額も増える旨を伝えた。


そうしたら

「いや、要件が増えたって大したことじゃないでしょ?なんでそれでそんな見積もり額変わるの?なんだかなーって感じ。」

と返された。


いや、やること増えたら見積もり額増えるの当然じゃん!

しかも何その言い方…。


一応、しがらみが色々とあるクライアントだったのでそれでもなんとか納品をしたものの、

「正直使いにくいしクオリティが低いよ。」

という評価を受け、クビを切られた。


勿論私にも非があった部分もあるし、至らない点がゼロだとも思わないが、この経営者秘書さんから個別

「とてもいい仕事感謝しています。すごく良くなりました。」

という連絡を受けたので、多分一種八つ当たりみたいなもんだったんだろうな…と思う。


そして、同じようにこの経営者男性から私の先輩の男性仕事を貰っていたのだが、その人に対してはちゃん敬語で丁寧に話をしているようだった。

私が私だから舐められていただけなのだ


女に生まれてよかったなって思うこともあるけど、仕事をする上ではやっぱり男だったらよかったのにと思うことが多い。

外見に対するセクハラまがいな発言も常に浴びせられるし、そうでなければ腫れ物を扱うように対応されることも割とあるし、嫌になっちゃうな。

2021-03-06

anond:20210306033142

知らん人に怒鳴るようなキャラじゃないがオカンにならキレて怒鳴ったことある

夜道で財布拾ったら一瞬ネコババも考える

自分が落ち込んでる時とか特に芸能人スキャンダルで消えるのスカっとする

知らない子供理不尽に殺されたニュースには胸が痛むが、親戚がガンで死んだと聞いても興味ゼロ

露骨にひ弱なタイプと喋るとき、軽くぞんざいになってる自分に気づく

…みたいな月並み心理状態に覚えがあれば

性犯罪者と別種の人間ではないということ

2021-02-12

anond:20210212190921

小学校の低学年の時に、

図書室に入る前に手を洗い、本を読むとき姿勢を正して読みましょう。

ページを折り曲げない、破らない、つばをつけない。

みたいな事を習った。

今は、ぞんざいに扱ってるけどナ。

2021-02-11

みんななんで自閉症とか自称したがるの?

ン年前、会社員のころうつ病休職したら精神病院に連れていかれてテスト(WAIS-Ⅲ)受けさせられた。結果自閉症と診断された。

少なくとも自分高校時代(2007.4~2010.3)のころから親や周囲の人から自閉症だなんだと周囲から言われ続けてきた。

しか自分自閉症だとは到底思えない。エビデンスも知能検査だけである

3時間程度の知能検査を受けただけで自閉症認定され劣った人間の枠に入れられることは、正直憤懣やるかたない。

自閉症向けの支援施設に何度か無理やり連行されたこともあるが、はっきり言って自尊心がへし折られて泣きたくなった。

自分は五体満足であり、成育歴をみても「自閉症だよね」というエピソードには乏しい。

自分アスペだということは周りには隠している。そんなことを周囲に吹聴しても何の得にもならないからだ。

たまに診断書必要となってもらってくるのだが、診断書に踊る「自閉症」の3文字を見るたびに陰鬱な気分になる。

多分誤診で本当は自閉症ではないとは思いたい…

 

一方SNS特にTwitter)を覗くと「私は自閉症です」みたいに自称している人を大勢見かける。何が目的なのかはわからない。

自閉症というのは負の属性であり、少なくとも差異ゲームの道具やブランディングツールではない。

自閉症コミュニケーション問題が生じやすい(と一般的には言われている)ことから特にSNSのようなコミュニケーションツールでは忌避される属性のはずである

自閉症の症状を個性だと歪曲する人も散見されるが、障害個性というのはおためごかし以外の何物でもない。

自閉症成功した人も中にはいる。そういうのは自閉症から成功したのではなく、それ以外の特技があったか成功したのである

日本人の○○さんはすごい、だから日本人自分もすごい」と何ら変わらない論法だ。

結局自閉症であることを自称することの意味が分からない。

 

【補記】自分自閉症だ!とこじつけられた行動

かにもいろいろあるけどまあこんな感じ

2021-01-30

心室中隔欠損症をもって生まれた。の続き。

https://anond.hatelabo.jp/20210130055110

中学生時代

高校生時代

大学生時代

2021-01-18

anond:20210116135320

俺もその界隈で元増田の大嫌いなシステム担当事務職員だったので、思ったことを書く。

事務職員は普段医療職にぞんざいに扱われてるから病院内で唯一下の立場にある委託業者に偉そうにする。

痛みを知れば優しくなるなんて大嘘

虐げられた人間自分より下の奴を同じように虐げる。

前いた病院では、患者凶器を持って暴れたら医療職は後ろに退がり、事務が前で盾になるように書かれてた。

当然だよね、俺ら人が刺されても治療できないから。刺されるなら事務だよね。

公立病院には病院採用自治体採用の2種類の事務職員がいる。

病院採用は、わざわざ病院事務を選ぶくらいなのでモチベーションは高い。

ただ、わざわざ病院事務を選ぶような人は少ないので、普通公務員と比べると競争機能していない。

必然的能力は今ひとつになる。

それに対して、自治体採用の方が能力は高い。

ただ、病院で働く気なんてさらさらなかった人が人事異動で送り込まれてくるので、モチベーション絶望的に低い。

まあ、どっちにしろ、大した仕事ができないってのには変わりないよね。

また、病院採用でも給与公務員給与表にしたがう。

当然だが、そんな端金でまともなエンジニアは雇えない。

企業立の大きな民間病院では、30代の敏腕エンジニア医事課長として高待遇で雇ってたが、公立ではあんなことできない。

50過ぎたパソコンもろくに使えないハゲしか課長にはならない。

当然、システム価値分からんので委託にも金はろくに払わず元増田みたいな低待遇でこき使われてくれる人しか来ない。

また、医療システム業界自体にロクなエンジニアがいない。

開発もテストも、まともな手順を踏んでないので、担当SEとは何度も喧嘩になった。

本番切り替え30分前なのに電子カルテ起動しなかった時は心底焦った。もうすぐ救急患者来るんですけど?

これには色々理由があるんだろうが、医療システムパイが小さいうえに実績が高く評価されるので、大手ベンダー独占になってる。新規参入もほぼなく、競争が働かない。

その上、顧客から要求は異常に厳しく、元増田みたいに「先生、それシステム仕事じゃないです」ってレベル医療知識要求されるし、医者ワガママに振り回されることもしばしば。

当然、ベンダーの中でも不人気部署だし、医者に気に入られてしまうと動けないので、優秀な人は寄り付かない。

制度的にも問題があって、2年に一度の診療報酬改定で大きなシステム改編を繰り返さなければならないので、大幅なバージョンアップが難しい。

しかもその改定内容は3月半ばに確定して、4月から適用されるという狂ったスケジュール

概要はまあ1月にはわかるから仮のパラメーター入れて開発自体はできるんだけど、それでも避けられないデスマーチ

後に残るのは増改築を繰り返してこんがらがったゴミシステム

そもそも制度スケジュールがまともなシステム開発ができるようなものじゃない。

これじゃまともな人材は寄り付かない。

話が大きく逸れて本当に言いたいこと言うだけになってしまった。

色々書いたが、解決する術は全く思いつかない。

なので、俺は逃げ出した。

元増田も諦めて早く逃げたらどうだろうか?

2021-01-13

EX-ARMトライナイツを超えるか

EX-ARMからし桂正和のアシっぽいし中身も新味なくてクソ古いなこれ、と原作から思ってたけど、やっぱアニメぞんざいな扱いなんだなこれ。すでにネタ扱いだし。

で、見てみた。

1話感想

OPPS無印に戻ったかのような錯誤感ですごい。

こんなもんOK出すとか現場はよっぽど時間もらえなかったんだろう。

今どきBlenderレンダリングアニメーションでもこれはないぞ。

とげったーツッコミポイントの鍋や3Dセルを混ぜるのもすげぇし、背景が恐ろしく手抜きだし、構図は悪いし紙芝居だし、もう声優ラジオとして聞いたほうがマシなんじゃあるまいか

ここまで糞だと天晴なのでトライナイツ超えは堅く、これはもう確かに注目の新作だと思う。

表現特殊すぎて内容が全く頭に入ってこない。

集英社が注目しない作品に対して酷な扱いをするのがよく分かる。

3Dスタッフが拙い、実写出身監督のコンテがひどい、演出がひどい。

これは原作からそうなんだけど、素子みたいなコスとかバトーみたいな男とか古臭いテーマとかどう考えてもアニメ化のメリットがないんだよねえ。

ここまでパーフェクトにひどいとむしろ笑いが消えるんだな。

2021-01-06

anond:20210106130332

いきなり家行っていいって言われて、いつでもカモンなんて女はヤリマンに決まってる

ううむ。逆方向のレッテルもいただけないな。

いつでもカモンだからと言って誰でもカモンとは限らない。OKNGの返答のあり方だけでコミュニケーションぞんざいさを決めることはできない。

性格関係性に依る。

2020-12-23

[] #90-12「惚れ腫れひれほろ」

≪ 前

「要は君らの気にしていたことはマクガフィンに過ぎないってことだ。そこが重要だと考えるのは作り手と一部の狂信的ファンだけ。ヒッチコップの教えを忘れちゃいけない」

いきなり話に割り込んできたのは、兄貴バイト仲間だった。

俺たちの会話をいつから聞いていたのだろうか。

そんな疑問を挟む余地すら与えず、その人は捲くし立てるように語りだした。

大衆的なデートムービーや、アーティストが主演の映画とかあるが、ウットリ観ている彼女ウンザリしている彼氏という被害は後を絶たない。その状況を穏当に拒否できる言葉彼氏は持っていないからだ。大人が良かれと思って見せた作品を、子供が黙って見るしかないのと同じ状態だね」

どうやら映画の話に絡めて何か言いたいようだが、俺たちにはピンとこなかった。

兄貴の話も分かりにくかったけど、この人の話は輪をかけて分かりにくい。

あいつは隙あらば語りたいだけだから無視していいぞ。発作みたいなもんだ」

兄貴はこの状況に馴れているようで、喋り続けるバイト仲間に一瞥もくれない。

素っ気ないように思えるけれど、あっちはあっちでお構いなしにマシンガントークを止めない。

「ああい純愛映画とかラブコメにありがちだが、上映中にイチャイチャするシーンはいい加減やめるべきだ。使い古されたシチュエーションだし、ちゃん映画を観賞しろ貴様らとつくづく思う」

「さて、あいつが休憩所に来たってことは、そろそろ俺は交代で出なきゃいけないな」

なんというか会話のドッジボール、いやドッジボールとすら言えない状況だ。

それでも良好に成り立っているんだから、人と人の関係って思っていた以上に奥深い。

たぶん俺たち仲間の関係だって、同じくらい大らかなはずなんだ。

「お前らも、そろそろ出て行け。本当なら部外者立ち入り禁止なんだからな」

兄貴は近くにあった手ボウキを持つと、それで俺たちを追い立ててくる。

「立ち去れ、早う去ね」

さっきまで繊細な話をしていたとは思えないほど、ぞんざいな態度で接してきた。

穂先のチクチク感と、こびり付いた埃が襲いかかる。

俺たちはたまらず、その場を後にした。

…………

さて、後はドッペルをどうにか探して、こうにか仲直りするだけだ。

会ったら何を話すべきかは、まだ決めていない。

ただ、話すための心構えはできたような気がしていた。

「あ……」

そうはいっても、この出会いはグッドタイミングすぎる。

なんとビデオ屋から出た途端、ドッペルと鉢合わせしてしまったんだ。

たぶんドッペルも色々と考えを巡らせて、兄貴に協力を求めにきたのだろう。

「い……」

「う……」

互いに気まずい空気流れる

先にその空気に耐え切れなくなったのはドッペルのほうだった。

「え!?

ドッペルは踵をかえすと、全速力で俺たちから離れていく。

「お、追いかけよう!」

次 ≫

2020-12-09

anond:20201209221311

ユニコーンも∀も棄民の話だったな

そういえば、ディアナ美少女アイドル、ギンガナムを「元」アイドル親衛隊隊長に例えているのをどこかで読んだが大体合ってるんだよな

ギンガナム本人もディアナアイドル呼称しているセリフがあるし

親衛隊隊長だったのにぞんざいに扱われたと不相応なプライドが傷つけられてアイドルを刺殺しに来るような人だと考えると分かりやす

ブラジル移民というか棄民日本に逆襲をするような展開はこれから時代でもありうるのだろうか

2020-11-16

病院から電話があった


オッスオラ毒親育ち。
今の気持ちをとにかくまとめておきたくて書いた。書き捨てごめんよ。





ついさっき、病院から電話があったようだ。
不在だったので履歴を見ただけだが、検索したら実家最寄りの病院電話番号だった。
いよいよか、あるいは何もかもが終わったあとなのかもしれない。

どちらにせよ、もう連絡を取る気はない。疲れてしまった。
から見れば立派な親不孝者である
しかし、俺のことをぞんざいに扱う彼らに対して疲れてしまうことも、我慢しなければならないんだろうか。
親を目の前にしたならば、何もかもを菩薩のように受け入れて、何言われても我慢しなければ、親不孝者と糾弾されてしまうのか。
どんなに暴言を吐かれても、自分ふたりのこどもだからと、我慢しなくてはいけないのか?

答えは否である
問答はこの数十年間、ずっと繰り返してきた。
そのたびに俺の中での結論は変わらず、心の声は毎回同じ言葉を出力した。
「俺は、ひとりの人間である
「俺は、彼らの人生を彩るアクセサリーではない」
「俺の人生は、俺自身が築いてきたものだ」
「俺は、彼らのプライドを保つために利用されるお人形などではない」

かにこの身体は、彼らからつくられたものだ。
でも、その身体に宿るこころは、俺のものだ。俺だけのものだ。
から、俺は、俺のこころを守らなくてはいけない。
これ以上自尊心を傷つけられてなるものか。

きっと、何も知らない親戚一同には罵倒されるだろう。
何せ彼らは外面を取り繕うことにかけては達人レベルなので。
しかしもう決めてしまった。罵倒される辛さよりも、自分の心を守ることを選んだ。
もうこれ以上、俺という存在を、彼らに蹂躙されないために。

世間からは親不孝者以外の何物でもないだろう。
でも、「あのふたりのこども」というレッテルを剥がせる、逃げられるのなら、悪くない。

社会人になり色々な人と出会った。
いいやつもいれば嫌なやつもいた。めちゃくちゃ合うやつもいたし、どうしたって合わないやつもいた。
でも、彼らのような奇妙で異常な人々には、ついぞ出会たことがない。
社会には出てみるもんだ。危うく洗脳されたまま搾取されまくるところだった。
人生の半分を使って、非常に貴重な体験をさせていただいた。ありがたくて涙も出ねえよ。

昭和平成もとうに終わった。もう令和の時代だ。
俺もいい加減疲れた。彼らの言葉に傷付けられるのは、これで最後にする。

さよなら、親父。
今日あんたは死んだ。
あんたの息子も今日死んだ。
それだけのことだ。

2020-11-12

anond:20201112171933

金は本人から切り離せるから本人はぞんざいに扱って構わないんだよなあ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん