「悟り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 悟りとは

2022-05-24

anond:20220524104015

悟りを開くために仏の教えを学び、修業に励む僧。

2 俗に、ある目的のために、楽ではない行動をくり返す人のこと。航空会社マイレージサービスのために、短期間に何度も飛行機を利用するなど。

2022-05-22

シン・ウルトラマン ≒ シン・日本神話 説。

 ネタバレは、控えめに頑張るが。

感想なので、どうしても類推可能だと思う。

嫌な人は、ご容赦下さい。

 

3

 

2

 

1

 

 まず、

ウルトラマン大仏

という前提を飲み込んで欲しい。

 根拠としては、

・光の国からやって来ている。

デザインの一部に アルカイック・スマイルが参照されている。

・諸外国でも仏教文化圏では、ウルトラマンの人気が高い。

デカから強い。

 んで、

ウルトラマン大仏 】 という前提から考えると

 シン・ウルトラマン は、何を描いているのか?

増田は、 飛鳥時代仏教伝来、白村江の戦い大化の改新

現代日本外交情勢をモチーフ換骨奪胎したと解釈した。

 

 現代でこそ、仏教日本需要されているが、仏教が伝来した飛鳥時代では〈蕃神〉、つまり異物だった訳だ。

これが、外星人としての斎藤ウルトラマン

 そして、後に日本では護国仏教として受け入れられるけど

これが、ヒーローとしてのウルトラマン

 一方で、仏教は究極的には悟りを目指す宗教であり

これは、光の国から裁定者としての側面。

 作中では、

原理的には超科学によって地球人ウルトラマンと同等の存在になれると示唆されているが

これって、原理的には万人が悟れる(≒阿羅漢)とする仏教よね。

不完全な変身が危険なのも、魔境であるからだとも解釈できる。

 

 仏教は救いの宗教ではあるが。

仏教ヤマトに公伝した時期は、白村江の戦いでの大敗もあり

ヤマトを取り囲む外交情勢が激変した時代でもあった。

 ヤマト日本改新するためには

脅威でもある海外(外星人)の仏教(ウルトラマン)を含めた当時の最新知識

受容し自分のモノにする必要があった訳だ。

 んで、

自国外交情勢が落ち着いて、自国アイデンティティー確認したくなったので

8世紀に『古事記』、『日本書紀』が成立する。

 

シン・ゴジラが、東日本大震災モチーフに作劇したのと同様に

シン・ウルトラマンは、仏教が伝来し、日本神話が成立した飛鳥時代引用しつつ

現代日本外交情勢をモチーフにしているか物語構造が強い。≒面白い

 だが、

モチーフモチーフだけに

『シン・ウルトラマン』の問いかけ そのもの不愉快な層が居ると。

 

 シン・ウルトラマンは、シン・ゴジラと同様に

オリジナル ウルトラマン表現たかったモノまで分解再構成し、

ウルトラマン現代日本も描き切った大作だと増田は思う。

 ここまで長文を読んでくれて thx

2022-05-11

anond:20220511094450

ボーナス退職金がすごい、金銭面はともかく働きやすいか悟りを開いた、

このどれでもないとアカン奴やで

2022-05-09

弱者男性の姫」による5月6日東京セックスボランティア炎上

2022年1月、「ナンパする男性」を擁護して女性炎上

「とうふ」さん(20歳女性)がTwitterにて今年1月、「女性ナンパしてもらえたら嫌がるべきじゃない」と主張して、

ナンパは加害」と主張している女性たちの反感を買い、女性たちから一方的ネカマ認定された。

(「ナンパは加害」の文脈

ナンパを断られた腹いせに女性を殴りつけた男二人組、

tiktokに一部始終を投稿され身元特定

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1809289

ナンパ炎上の件について考えてみた

https://note.com/tmblfgldgz8e1zh/n/nbd92bfad7f1f

 

2022年1月、「ポーチキモい」と女性炎上

女性たちから一方的ネカマ認定されたとうふさんが、

ネカマでないことを証明するために化粧ポーチを公開したところ、

20歳女性の化粧ポーチとは思えない不自然さ」

コンサータが入ってる」

などと女性に散々に叩かれ、理不尽炎上

童貞喰いの「とうふ」というアカウントポーチが袋叩きにされた件

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20220131110601

 

2022年2月、「サイゼで喜ぶヒートテック1枚の彼女」で女性炎上

とうふさんがヒートテック1枚着た姿で、「サイゼで喜ぶ彼女」と同じ構図の写真を撮り投稿し、

「外に着て行く用の厚手のヒートテックじゃなく、下着用のペラペラヒートテック1枚で外出できる異常者」

と、またまた女性たちに袋叩きにされた。

とうふさん、サイゼリヤでヒートテック一枚になり炎上

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20220214011638

 

女性恐怖症の女性、「セックスボランティア宣言

メイクファッションについて「非常識」「キモい」「障害っぽい」と、

攻撃的な女性たちから異常に嫌われ、差別的言葉で袋叩きにされたとうふさんは、

母親との関係が悪いこと」

同級生女子に昔からいじめられてきたこと」

女性が嫌い・怖いこと」

「無害で優しい非モテ男性が好きなこと」

告白

女性不寛容と加害性を批判するツイートと、

「怖い女性」に嫌われて傷つけられてきた弱者男性擁護するツイートを繰り返し、

弱者男性性的奉仕によって救済する「セックスボランティア宣言したことで、

非モテ男性共感信仰を集め、一躍「弱者男性の姫」になった。

 

2022年GW東京セックスボランティアオフ

そしてこのGW、とうふさんが東京に来て、非モテ男性リアルに会うことに。

非モテ男性である暗器使い」さん(43歳男性)は、事前にとうふさんから

セックスは流れを見て」

「この日(5月6日)は18時以降は全て暗器使いさんのために開けている」

と連絡されていた。

しかし当日になって、とうふさんは「19時からオフ会に行く」と言ってきた。

二人きりで会うという約束と違うことに驚いた暗器使いさんが、「最初から私と会いたくなかったのか」と聞いたら、

「そんなことは無い」「そんなネガティブにならないで」

「終わったらまた二人の時間を作ろう」「暗器使いさんも一緒にオフ会に行きませんか」

オフ会は21:30に終わる、オフ会の後にまた二人きりの時間を作るね」

と言われたので、暗器使いさんはオフ会に参加して、二人きりになれる21:30を待つことにした。

しかオフ会にはどんどん他の参加者が合流。

暗器使いさんは「これ終わらないな」と悟り、とうふさんに21:30に待ち合わせするDMを送ってオフ会を先に抜けた(21:15頃)。

そして待ち合わせ場所で待つが、とうふさんは来ない。

DMラインで「連絡ください」と送るが返事は帰ってこない。

暗器使いさんは22:40まで待ったが、とうふさんは来ないので、

「後で二人の時間があると思ってオフ会に行ったのに…残念です」的な内容のDM送信

23:30、とうふさんから「もう帰っちゃったのかと思ってました」とDMが届く。

 

5月6日東京オフ第三者証言交通整理

5月6日オフ会に参加した、とうふさんでも暗器使いさんでもない、他の囲いの人々は、

「とうふさんからはこの日『オフ会が流れて』と聞いていて、可哀想ということで、急遽とうふさんのためのオフ会を開いた」

暗器使いさんとのそのような背景を知らなかった、暗器使いさんもオフ会を楽しんでいると思っていた」

「19時半くらいにとうふさんと合流して、21時か21時半くらいに暗器使いさんが帰って、23時閉店までみんなで店におったし、

23時15分くらいに駅で解散して、4人くらいでとうふさんを滞在先のホテルまで送り届けたので、0時前までは一緒におった」

証言

 

こうした経緯を聞いた、弱者男性論者の大手アカウントであるすもも」が、

とうふさんに

「とうふさんは、暗器使いさんと次のアポとる気はあるんですか?」

と聞いたところ、とうふさんは

「今回暗器使いさんを不快にさせてしまったので…暗器使いさんはもう会いたくないかも…」

と返答。

 

とうふさんの囲いの非モテの中で、

「とうふさんが非モテを救うセックスボランティアだというのは嘘だ、

どうせ、暗器使いさんがキモかったかセックス予定をドタキャンしたんだ」と反発が激化。

とうふさんは

「この私が言えた義理ではないんですが、暗器使いさんの容姿を人目見て無理だったか

あいった判断をしたというわけではないことは知ってほしいです。

暗器使いさんの容姿は本当に普通男性でしたし特別何が悪いとかでなく、

一重に私の浅はかな考えと常識のなさが招いた結果です。」

謝罪ツイート

 

すももはとうふさんに対して、

スケジューリングの出来なさ、予定のすっぽかし、失礼さなどの常識のなさについて

「当たり前のことが出来てない」と批判

とうふさんは

自分には非モテの救済はできないことを知りましたし、その意志自分の中に無かったことも知りました。

ボランティアを名乗ったのは自分カーストの低さや劣等感ランクの低い人にしか相手にされない人生

ごまかした結果だし、他責復讐心の結果見出し正義です。」

実家に戻るためしばらくあまり浮上できません。」

ツイートして、そのまま浮上が無い状態となった。

 

女性に嫌われる女性」の生きづらさ、居場所の確保しづらさ

結果として、学校でもTwitterでも女子に嫌われて叩かれて、非モテ男性に救いを求め、囲いを形成していたとうふさんは、

予定のすっぽかしや常識の無さによって非モテ男性にも不快感を与え、弱者男性論壇でも叩かれる結末になってしまった。

この炎上から学べることは何なのか?

スケジューリング礼儀などの、「人として当たり前の常識」が欠落していても受け入れてくれるコミュニティ幻想

20歳女性が、40代弱者男性の囲いの中で」という有利な条件においてすら、厳しかった…ということだよね。

2022-05-08

anond:20220508125301

今の価値観で来世決めるって最悪じゃん

呪い再生産、輪廻呪縛ど真ん中、もうこんなことはやめよう

悟りを開こう

2022-04-24

50歳になってわかったこ

50歳になったよ。

半世紀も生きてきたのに一昨日くらいに生まれてきた感覚。溢れるリリック

いまだにJCJKが最高。

二次元も最高。

結婚したいと思ったことは一度もなし。

付き合ったことはあるが面倒臭いだけ。

メリットなし。

俺は自慰が好き未だに1日7度抜き。

彼女同棲、次第に減るセックス

まるマジン

決壊寸前のダム

薄い本でしごく俺。

それを見てキモいと出ていく彼女

だが俺は自由

射精最高。

ひと月に21回以上の射精

前立腺ガンのリスク20%現象

リアルはクソだが鑑賞は最高。

スカートの裾の揺れ。

白いひかがみふくらはぎは至高。

俺が生まれて半世紀。

決して触れぬが俺ルール

悟りを手に入れた俺だけのルール

2022-04-23

酔っ払いマインドフルネス

相変わらずはてな仕様直感的ではなくて、「え?なに?どこクリックするの?」を繰り返してようやく日記を書いている。

昨日は久しぶりに酒場に行って酒を飲み、マスク越しにではあるがおおいに語った。

今日二日酔いだが、それも苦痛ではない。頭は痛いがこうして日記を打とうと思う気持ちが湧いてくるということは、

昨日の時間に、ただアルコール摂取するだけではない、何かがあったのだなと思う。


私はマインドフルネスという言葉を知っている。

マインドフルネスリラクゼーション宗教関係のなかで語られることが多いから、瞑想して心を研ぎ澄ますイメージがある。

しかし、マインドフルネスは、「今、その時に自分のすべての関心を集中させる行為」と言ったほうが、より近いと思う。

かに全神経を集中して、そのこと以外何も考えない。

それは、マインドフルネスに近い。

それを、自分自身に向けて、今自分自身がしていることに自分の全関心を向けるのが、長座部仏教瞑想だと思う。

悟りへの第1歩としての気づきである

残念ながら、酒場で飲んでいる私にそんな資格はない。

会話の際にはマスクを心掛けているが、もし、家族がいたら行くこと自体控えるべき行為だと思う。

しかし、この二日酔いの爽快感は何だろう。

しかった。語って聴いてまた語り、時には相手矛盾を指摘し、そこから相手本音を聞き出して、さら共感する。

あの時間は、シラフではできない、酔い仲間同士の濃密なコミュニケーションがあった。

本音を隠して昼間を生きる人たちの、心の奥底に秘めた思いを知り、驚いたり、呆れたり、共感したりしながら、

でも、けっして全否定はせず、「そうか、なるほど、その気持ちよく分かった。」と返答する。

また、自分が語る時にも、時には大いに共感を得たり、「いや、そうじゃないんだ。」と違う視点を教えてもらったり。

その瞬間は、自分本音を語り、そして相手本音理解することに全神経を集中させていた。

今日の爽快感はそこによるものだと思う。

下書きもせず、いきなり増田に打ち込んでいるのは、酔っ払い特権で多めに見てほしい。

ただ、昨日の夜を思い出していて、「あれってマインドフルネスじゃね?」と思い、ここに文章化した次第です。

からタイトルは「酔っ払いマインドフルネス」とします。

それでは。

酔っ払いマインドフルネス

相変わらずはてな仕様直感的ではなくて、「え?なに?どこクリックするの?」を繰り返してようやく日記を書いている。

昨日は久しぶりに酒場に行って酒を飲み、マスク越しにではあるがおおいに語った。

今日二日酔いだが、それも苦痛ではない。頭は痛いがこうして日記を打とうと思う気持ちが湧いてくるということは、

昨日の時間に、ただアルコール摂取するだけではない、何かがあったのだなと思う。


私はマインドフルネスという言葉を知っている。

マインドフルネスリラクゼーション宗教関係のなかで語られることが多いから、瞑想して心を研ぎ澄ますイメージがある。

しかし、マインドフルネスは、「今、その時に自分のすべての関心を集中させる行為」と言ったほうが、より近いと思う。

かに全神経を集中して、そのこと以外何も考えない。

それは、マインドフルネスに近い。

それを、自分自身に向けて、今自分自身がしていることに自分の全関心を向けるのが、長座部仏教瞑想だと思う。

悟りへの第1歩としての気づきである

残念ながら、酒場で飲んでいる私にそんな資格はない。

会話の際にはマスクを心掛けているが、もし、家族がいたら行くこと自体控えるべき行為だと思う。

しかし、この二日酔いの爽快感は何だろう。

しかった。語って聴いてまた語り、時には相手矛盾を指摘し、そこから相手本音を聞き出して、さら共感する。

あの時間は、シラフではできない、酔い仲間同士の濃密なコミュニケーションがあった。

本音を隠して昼間を生きる人たちの、心の奥底に秘めた思いを知り、驚いたり、呆れたり、共感したりしながら、

でも、けっして全否定はせず、「そうか、なるほど、その気持ちよく分かった。」と返答する。

また、自分が語る時にも、時には大いに共感を得たり、「いや、そうじゃないんだ。」と違う視点を教えてもらったり。

その瞬間は、自分本音を語り、そして相手本音理解することに全神経を集中させていた。

今日の爽快感はそこによるものだと思う。

下書きもせず、いきなり増田に打ち込んでいるのは、酔っ払い特権で多めに見てほしい。

ただ、昨日の夜を思い出していて、「あれってマインドフルネスじゃね?」と思い、ここに文章化した次第です。

からタイトルは「酔っ払いマインドフルネス」とします。

それでは。

酔っ払いマインドフルネス

相変わらずはてな仕様直感的ではなくて、「え?なに?どこクリックするの?」を繰り返してようやく日記を書いている。

昨日は久しぶりに酒場に行って酒を飲み、マスク越しにではあるがおおいに語った。

今日二日酔いだが、それも苦痛ではない。頭は痛いがこうして日記を打とうと思う気持ちが湧いてくるということは、

昨日の時間に、ただアルコール摂取するだけではない、何かがあったのだなと思う。


私はマインドフルネスという言葉を知っている。

マインドフルネスリラクゼーション宗教関係のなかで語られることが多いから、瞑想して心を研ぎ澄ますイメージがある。

しかし、マインドフルネスは、「今、その時に自分のすべての関心を集中させる行為」と言ったほうが、より近いと思う。

かに全神経を集中して、そのこと以外何も考えない。

それは、マインドフルネスに近い。

それを、自分自身に向けて、今自分自身がしていることに自分の全関心を向けるのが、長座部仏教瞑想だと思う。

悟りへの第1歩としての気づきである

残念ながら、酒場で飲んでいる私にそんな資格はない。

会話の際にはマスクを心掛けているが、もし、家族がいたら行くこと自体控えるべき行為だと思う。

しかし、この二日酔いの爽快感は何だろう。

しかった。語って聴いてまた語り、時には相手矛盾を指摘し、そこから相手本音を聞き出して、さら共感する。

あの時間は、シラフではできない、酔い仲間同士の濃密なコミュニケーションがあった。

本音を隠して昼間を生きる人たちの、心の奥底に秘めた思いを知り、驚いたり、呆れたり、共感したりしながら、

でも、けっして全否定はせず、「そうか、なるほど、その気持ちよく分かった。」と返答する。

また、自分が語る時にも、時には大いに共感を得たり、「いや、そうじゃないんだ。」と違う視点を教えてもらったり。

その瞬間は、自分本音を語り、そして相手本音理解することに全神経を集中させていた。

今日の爽快感はそこによるものだと思う。

下書きもせず、いきなり増田に打ち込んでいるのは、酔っ払い特権で多めに見てほしい。

ただ、昨日の夜を思い出していて、「あれってマインドフルネスじゃね?」と思い、ここに文章化した次第です。

からタイトルは「酔っ払いマインドフルネス」とします。

それでは。

酔っ払いマインドフルネス

相変わらずはてな仕様直感的ではなくて、「え?なに?どこクリックするの?」を繰り返してようやく日記を書いている。

昨日は久しぶりに酒場に行って酒を飲み、マスク越しにではあるがおおいに語った。

今日二日酔いだが、それも苦痛ではない。頭は痛いがこうして日記を打とうと思う気持ちが湧いてくるということは、

昨日の時間に、ただアルコール摂取するだけではない、何かがあったのだなと思う。


私はマインドフルネスという言葉を知っている。

マインドフルネスリラクゼーション宗教関係のなかで語られることが多いから、瞑想して心を研ぎ澄ますイメージがある。

しかし、マインドフルネスは、「今、その時に自分のすべての関心を集中させる行為」と言ったほうが、より近いと思う。

かに全神経を集中して、そのこと以外何も考えない。

それは、マインドフルネスに近い。

それを、自分自身に向けて、今自分自身がしていることに自分の全関心を向けるのが、長座部仏教瞑想だと思う。

悟りへの第1歩としての気づきである

残念ながら、酒場で飲んでいる私にそんな資格はない。

会話の際にはマスクを心掛けているが、もし、家族がいたら行くこと自体控えるべき行為だと思う。

しかし、この二日酔いの爽快感は何だろう。

しかった。語って聴いてまた語り、時には相手矛盾を指摘し、そこから相手本音を聞き出して、さら共感する。

あの時間は、シラフではできない、酔い仲間同士の濃密なコミュニケーションがあった。

本音を隠して昼間を生きる人たちの、心の奥底に秘めた思いを知り、驚いたり、呆れたり、共感したりしながら、

でも、けっして全否定はせず、「そうか、なるほど、その気持ちよく分かった。」と返答する。

また、自分が語る時にも、時には大いに共感を得たり、「いや、そうじゃないんだ。」と違う視点を教えてもらったり。

その瞬間は、自分本音を語り、そして相手本音理解することに全神経を集中させていた。

今日の爽快感はそこによるものだと思う。

下書きもせず、いきなり増田に打ち込んでいるのは、酔っ払い特権で多めに見てほしい。

ただ、昨日の夜を思い出していて、「あれってマインドフルネスじゃね?」と思い、ここに文章化した次第です。

からタイトルは「酔っ払いマインドフルネス」とします。

それでは。

酔っ払いマインドフルネス

相変わらずはてな仕様直感的ではなくて、「え?なに?どこクリックするの?」を繰り返してようやく日記を書いている。

昨日は久しぶりに酒場に行って酒を飲み、マスク越しにではあるがおおいに語った。

今日二日酔いだが、それも苦痛ではない。頭は痛いがこうして日記を打とうと思う気持ちが湧いてくるということは、

昨日の時間に、ただアルコール摂取するだけではない、何かがあったのだなと思う。


私はマインドフルネスという言葉を知っている。

マインドフルネスリラクゼーション宗教関係のなかで語られることが多いから、瞑想して心を研ぎ澄ますイメージがある。

しかし、マインドフルネスは、「今、その時に自分のすべての関心を集中させる行為」と言ったほうが、より近いと思う。

かに全神経を集中して、そのこと以外何も考えない。

それは、マインドフルネスに近い。

それを、自分自身に向けて、今自分自身がしていることに自分の全関心を向けるのが、長座部仏教瞑想だと思う。

悟りへの第1歩としての気づきである

残念ながら、酒場で飲んでいる私にそんな資格はない。

会話の際にはマスクを心掛けているが、もし、家族がいたら行くこと自体控えるべき行為だと思う。

しかし、この二日酔いの爽快感は何だろう。

しかった。語って聴いてまた語り、時には相手矛盾を指摘し、そこから相手本音を聞き出して、さら共感する。

あの時間は、シラフではできない、酔い仲間同士の濃密なコミュニケーションがあった。

本音を隠して昼間を生きる人たちの、心の奥底に秘めた思いを知り、驚いたり、呆れたり、共感したりしながら、

でも、けっして全否定はせず、「そうか、なるほど、その気持ちよく分かった。」と返答する。

また、自分が語る時にも、時には大いに共感を得たり、「いや、そうじゃないんだ。」と違う視点を教えてもらったり。

その瞬間は、自分本音を語り、そして相手本音理解することに全神経を集中させていた。

今日の爽快感はそこによるものだと思う。

下書きもせず、いきなり増田に打ち込んでいるのは、酔っ払い特権で多めに見てほしい。

ただ、昨日の夜を思い出していて、「あれってマインドフルネスじゃね?」と思い、ここに文章化した次第です。

からタイトルは「酔っ払いマインドフルネス」とします。

それでは。

2022-04-20

anond:20220419120443

これが強欲ってことは、君は悟り開いてる?

2022-04-18

意見を通すのに自分の命を使う

https://www.otaru-uc.ac.jp/~egashira/diary/Cambridge/fukakai.htm

偽書の登場 編集

1907年煩悶記』也奈義書房出版岩本無縫篇。内容は藤村操が実は生き延びて書いたとする偽書出版直後に発売禁止処分になる。

藤村自殺未遂後、下山し、海賊船世界を巡り、パリ悟りを開く。それを原稿にまとめて知人に託したものをまとめたものとする。「予は迷ひ初めたり。予は疑ひ初めたり。予は泣きたり、煩悶したり」と始まる。内容は社会主義無政府主義の強い影響を受けており、発禁処分もそのためとも言われる。現在、3冊しか存在確認されていない希少本であり、神田古本まつり出展された際には、147万円の高値がついたことがある。そのうちの一冊は、野間光辰が所有していたことが判明し、また別の一冊を谷沢永一が所有しており、その全文が『遊星群 時代を語る好書録 明治篇』[31]に掲載されている[32][注釈 2]。また、城市郎の所蔵していたものが、明治大学に「城市郎文庫」として寄贈されている。[34]

http://blog2.p2s2rb.com/?eid=109#gsc.tab=0

2022-04-16

anond:20220415163053

自分が人の役に立っている感覚が無いと、人は一瞬で壊れる。

根本的に、それが真理なんだもの。それが悟りに達したということよ。

生きることは手段であって、それ自体目標にならないんや。

真理に達すると壊れてしまう弱い人間は、やっぱ仕事してたほうがいいな。

 

人生意味なんてないし、生きることに価値は与えられていない。

から自分で「人生目標」を立て、自分自身で意味を与えて生きていかないといけないという。

いつ悟りに達しても大丈夫なように、原始仏教を学ぼうぜ。

2022-04-15

anond:20220415120046

もともとの悟りを開いた増田さんから時給2000円で引き継いだバイトなんで・・・気楽にやらしてもらってるッス・・・

anond:20220415114457

うざいと思っていないから立ち去らないのですが。

これが理由として通用してると思ってるなら悟り以前に国語力も大したことない証拠

なんでいろんな増田が秒単位であるなかでこの増田に居続けるのって話しなのにさ

お前の主張は「この増田以外の増田に居るとうざくなる」と言ってることになると言えばわかるか?

anond:20220415113021

なんで?お前がそのうざい書き込みやめればいいだけでは?悟りを開いてるのにそんなこともできない?

anond:20220415112908

悟りを開いた聖人に一礼し、別のトラバリーへ向かうがよろしかろう。

anond:20220415112549

愚かな人間からデマカセ扱いされたところで、悟りを開いた人間が何を気にすると思うのかね?

典型的中二病。語気を強めて顔真っ赤ですね。

anond:20220415112230

愚かな人間からデマカセ扱いされたところで、悟りを開いた人間が何を気にすると思うのかね?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん