「悟り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 悟りとは

2017-12-15

性欲滅せよ

わたしの。

悟りを開き解脱し、欲望から自由になりたい。



旦那30代半ば私アラサー

交際期間も含めると3年の付き合いになるが、未だ私は男女の機微に疎く、「メンヘラ風味童貞女」を自認している。1度くらいモテたい人生だった。

今まで彼氏ができても数ヶ月でお別れというパターンしか経験たことがなかったので、同一人物と長く関係を続けていった経験が無い。

友人は少ないながらもいるので、他人同士の精神関係の深め方については何とか手探りで頑張っているが、問題性的な接触について。

端的に言えば、最近めっきり回数が減った。

年齢と交際期間を考えれば妥当かもしれないが、何だか自分必要とされていないような錯覚に陥ってしまう。

日々の愛情表現はきちんとしてくれるし、スキンシップも多いと思う。しか行為に至らないことが増えた。

旦那にやんわり回数が減ったことのさみしさを伝えてみると、誠実な回答を得た。

行為は2人にとって特別コミュニケーション一種なので、大切に続けていきたい。しか仕事ストレスが僕の息子を痛めつける。

かに彼の息子さんは交際当初より厳しい状況に置かれているようだ。

中折れしてしまうことや、彼の感情に遅れを取ってスターティングポーズが取れないこともあるようだ。

旦那は大層誠実で優しい人なので、私がさみしいアピールをすると心を痛める。

しかするとそのプレッシャーストレスを感じ、そのストレスますます息子さんを引っ込み思案にしてしまうかもしれない。

彼は悪くない。悪いのは職場なので爆発するといい。頭では十分わかっているが、なにぶんメンヘラ風味なのでさみしい。男性の性欲や息子さんの体調などについて知識も明るくない。

世の女性たちは、こういった状況をどう乗り越えているのだろうか。

私が欲望から解き放たれればどんなに楽だろうか。

旦那ももっと優しくなれる気がする。


そんなわけで悟りを開きたい。欲望から解放されたい。煩悩滅せよ。性欲滅せよ。さもなくば5000兆円頂きたい。

2017-12-12

担当者は長期休暇をとっていますという応答に対し精神的に来たのかと悟り心の旅に出ているのね、と言い換える上司

2017-12-05

祖母のお見舞いに行ったら仏様を見た

祖母がお見舞いに行く前に死んだという話ではない。

祖母はまだ生きてる。

生きてるけど、もう会話もできないくらいに弱ってる。

夏に帰省した時はまだ自分トイレに行ったりできるくらいには元気だったけど、先日倒れてもう長くはないそうだ。

祖母も九十を超えているので大往生だろう。

祖母がなくなること自体覚悟できているつもりだ。

から、倒れたとの報を受けた時も来るべき時が来たって感じで冷静だったと思う。

からできるだけ早くお見舞いに来るようにと言われ、都合をつけてお見舞いに行った。

このとき祖母の状況を詳しく聞いていなかったから、病室で自分で体を起こすこともできず、会話もできない祖母を見たとき大きな衝撃を受けた。

思えば祖父ふたりとも亡くなってるし、伯母も亡くなってるけどどれも子供のころだったり、ぽっくりだったり、事故だったりで、身内が衰弱していく様を見るのは初めてだった。

ともかく大きな衝撃を受けて、衝撃から立ち直るときに仏様を幻視したのだ。

仏様はそっと微笑んで、OKマークを示しておられた。(あのOKマークってどういう意味なんだろう?)

私は一応仏教徒だが世間様と同様ただの葬式仏教だ。

特に信心深くもないし、寺巡りが趣味というわけでもない。

TVを除けば、最後にまともに仏様を見たのは高校日本史資料集かもしれない。

そうした自分がこの状況で仏様を幻視する理由は何だろうか?

一番わかりやすいのは理不尽で無力な状況における八つ当たり対象だ。

仏様はすべてを受け止めてくださる、などと普段から考えているわけではないが、そう考えると一応説明はつく。

でも、なんで仏様だったんだろうか?

イエス様でもなく、ほかの宗教的アイコンのいずれでもなく、仏様だった理由は?

やっぱりなんだかんだいっても身近だからだろうか。

けど、私にとって仏様と言えば立川に住むパチモンが一番身近なのだが。

そもそも私が幻視した仏様のオリジナルはどこにあるのだろうか。

とっさにあの微笑みを思い浮かべられるほど仏様を凝視たことなどないと思うのだけれども。

私の脳が作り出したにしてはあまりにも堂のいった微笑みっぷりだったし。

わからん

私の脳はどのようなシナプスを経てあのイメージを作り出したのか。

機能に詳しい方教えてください、

あと、こういった体験普遍的ものなのか詳しい方教えてください。

まさかこれは特別体験で私には悟りの才能が!?

 

とにもかくにもこのお見舞いを通じてSF体験をして、S信心深くなったのでした。

ちゃんちゃん

2017-11-30

理想上司

上司わたしをうまく使えばいいのに、きっといい仕事するよ?」

それが口癖になって早十数年

うまく使われることなく、うまくメンバーを使うこともできず

惰性でだらだら仕事をこなしてきた

気が付けば四十路はもう目の前

ああこのまま仕事はこんな感じでやり過ごしてくのねと悟り始めたところで

出会っちゃいました、理想上司

その人は一回り年下だった

そりゃ十数年出会わないはずだわ

わたしの成長が遅すぎただけかもしれないけど

まあ腐らずに頑張って仕事続けてきてよかったのかなと

この人のためなら全力で働ける

上司わたしをそれなりに必要としてくれているようだし

持ちつ持たれつ、もたれかから

とりあえず今わたし幸せ仕事をしています

2017-11-29

anond:20171129215853

痛いと言ったところで無駄だと頭でも心でも悟りきること

男子校でひたすらキツイ行事体験させられ続けた身としては

言葉にしたところで時間が早くすぎるわけでもなく

単に惨めな自分客観視するはめになる

心の煩わしさの要因を増やすくらいなら黙って耐える方がマシ

自分悲鳴苦痛の声なんて余計に心をざわつかせるだけ

冬の山の頂上で何かい寒いっつっても終わらんわけ

2017-11-21

anond:20171121102041

悟りを開いてるじゃないですか。その高みに立つまでどれくらいの経験を積めばいいのだ。

それが安い店だろうがなんだろうが、その場を楽しめる人がいい

デートで安い店は嫌だとかよく聞くけど、その時その場所を楽しめない人はつまらない人だなと思う。安くて美味しいところいっぱいあるじゃん。それをこんなに安いところに連れて来やがって!とか、こんな小汚いところに連れて来やがって!なんてしか思えない気持ちの持ち主はつまらない。こんなに安いのに以外と美味しいな、この人とこうしていられる時間楽しいなと思える人が楽しい。そういう風に思えない人は世界が狭いというか、度量が狭いというか、物事を狭い視野しか捉えられない人というか、達観していないというか、そんなような感じ。もっと悟りを開いているような器のデカい人がいい。

2017-11-20

大学4年生が経験した恋愛の記録

私には3年半付き合った彼氏がいました。

大学生になってから付き合い始めた初彼氏社会人

アラサーで、多忙職種の人で、仕事が大好きで、多趣味で、友達仕事人間との関係構築も良好で、兄弟実家との関係問題なし。

何より私が勉強したいことや興味のあることを応援してくれる、まさかこれまで彼女がいなかったとは到底考えられないほど素晴らしい人でした。

私はこの人と結婚するつもりでいました。

一人暮らしが長いため生活力があったこと、自分能力を以って稼ぎ続ける人だったこと、友人や家族上司・部下といった人間関係の構築に一切の難がなく人望が厚いこと、貯金ができること、何より私を心から気遣って大切にしてくれる人だったことです。

結婚相手にはこの上なく素晴らしい、最高のひとです。

そんな彼と私にはある共通認識がありました。

自分みたいな非モテなんかが、ここまで異性に気に入ってもらえることなんて今後ありえない」です。

彼はアラサーになるまで仕事一筋、恋愛にも興味がないため、モテの何たるかを一切心得ていません。

デートでも鼻毛は伸び放題、身体微妙にあっていないサイズの服。

でも私にとってそれは、好きな人と一緒に過ごす上では瑣末なことなので、鼻毛カッター買いなよと言ったくらいで別に気にしませんでした。

彼の誠実で実直な人間性を好きになったからです。

それゆえに彼は、彼のままでありつづけながらも離れない私を見て、前述した共通認識を持つようになりました。


一方私は、高校大学時代全然モテませんでした。

もっと言うと、女性として扱われることが少なかったです。

彼氏がいると公言していたり、飲み会では自らを犠牲に笑いをとって盛り上がる側になる他、見た目にもそれほど気をつかわずに生きてきた期間も長いものでした。

またそもそもの人相があんまり良くない上にそれをカバーすることも特にしませんでした。

そんな自分でも彼は私を好きでいてくれたからです。

それゆえに私は「自分なんかにはもう異性に言い寄られることなんかないし、それでいい」と思うようになりました。

まり、「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係の一致が、学生社会人カップルを長く続かせる要因になりました。

しかし、もうすぐ4年目にさしかかるところでこの関係は終わりを告げました。

原因は私の浮気です。


きっかけは某SNS

オフ会出会ってから仲良くなった男性がいました。

いい友達になれるかも!と思い、2回目に会って食事をしたときお酒の勢いで家に連れ込まれました。

なぜ断らずに家に入ったか

彼氏多忙でなかなか会えない寂しさをまぎらわせるため

・正直、男性に求められることが嬉しかった

彼氏以外の男を知る経験をしてみたかった

から、です。

寂しさを紛らわせるための浮気、よくありますね。

そこに、自分が信じ込んでいた「自分にはもう異性に好かれる可能性がない」という思い込みを壊してくれる期待が重なります

それに、男性経験が一人の人生でいいのだろうか…?という考えもよぎります

その上お酒の力で気分がいいので尚更判断力は鈍り、結果男の家にほいほいと入って行きました。

こうして私は初めて、彼氏以外の男と唇を重ね、セックスをしてしまいました。

その男は私とそれほど年が変わりませんが、かなりの高学歴かつ稼ぎも相当良く、身長が高く、運動部にいたためガタイもよく、見た目や服装に気をつかえて、人の話を膨らませて聞き役に回ることが非常にうまく、連れて行くと女性が喜ぶお店をたくさん知っていて、またセックスもとても上手でした。

彼氏が持っていないものをたくさん、たくさん持っていました。

ことを終えた後、酔いも覚めてきて、罪悪感に支配されました。

しかし男が持つハイスペックぶりと彼氏スペックを比べたり、「私を好きでいてくれる男がいる喜び」に味をしめるようになったり、これまで経験たことがない性的快感にハマったこともあり、オフ会で知り合った男に入れ込むようになりました。

何度も何度も逢瀬を重ねるようになりました。

何日か経って、彼氏に会った時、自分の中に異変が起きていました。

デートなのにあまりにモサっとした見た目… 行く飲食店も変わり映えのしないところばかり… セックスもあの男の方が全然気持ちいいじゃん… といったこれまで気に留めなかったことばかりが目につくようになりました。

私は彼氏以外の男と交わることで、初めて比較対象というものを得ました。

これによって私は、これまで良しとしていた彼を「無理!!」と感じました。

何より「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係崩壊たことが決め手でした。

こうしてもう彼氏として見ることができなくなり、気持ちが離れていきました。

3年半も付き合ってきたのに、あっけない終わりでした。

長かった彼氏との関係を解消し、オフ会で知り合った男にいよいよ本気になった私は徐々に、自分所詮セフレ以上の存在にはなれないことを悟ります

私以外にも同じように、オフ会で知り合ってセフレにしている女が何人もいたことを男本人から伝えられました。

私を好きになってくれたのではなく、ただの暇を繕う玩具として扱っていただけのことに気づきました。

まり経験が浅い私は、こんな人本当にいるんだ…というショックを受けました。

今まで彼氏は私一人を大事に扱ってくれたので、それと同じように、オフ会で知り合った男も私を大事にしてくれるのだと思い込んでいたのです。

私はやっと、彼氏がどれだけ愛情を注いでくれたか気づきました。

自分勝手な都合で、彼氏気持ち裏切りました。

男は私がだんだん本気になり始めたとわかると、連絡を無視するようになりました。

嫌われたんだというショックよりも、自分はもう用済みなんだという屈辱的な扱いに愕然しました。

何より「気持ちが離れたから捨てた」というこの男の行動は、私が彼氏にしたことと同じです。

因果応報、彼をいかに傷つけたかに気付きました。

なんとか彼女に昇格しようとして気を引くのも、気に入られようと努力するのも、全てが虚しく感じました。

こんなことをしても私は結局幸せじゃない。

結果として私は多くを失い、今フリーとして生きています

しかし、その最低と言わんばかりの男からは、いくつかの素晴らしい贈り物をもらいました。

・恋をしたので見た目に気をつかうようになった(事実母親女友達インターン先の女性社員から見た目を褒められることがグッと増えました。美容室で髪の毛を整えたり、自分に合うメイク研究したり、ジムに通い始めたのも、オフ会で知り合った男がきっかけです。)

・「私を気に入ってくれる異性なんかいない、私にはもう次がない」などという後ろ向きな思い込みを捨てさせ、未来希望を持たせたこと(穴扱いとはいえ、頭脳や見た目はハイスペックの選別するレベルにかなったようなので、私はちゃんとすればまだまだイケるんだ!と思うようになりました。これがたとえ盲信だったとしても、後ろ向きなまま生きるよりはきっと健康的です。)

・人はスペックではなく、人間性を何よりも重要視すること。スペックだけに目がくらんで作った人間関係では幸せになれない。

自分もまた、見た目やスペックに加え、最後人間性によって選ばれているということ。

・人から好かれるためには、まず自信を持つこと。その自信を持つために、自分がやるべき仕事をきちんとこなし、よりよい仕事をするための勉強を欠かさず行い、時間厳守挨拶気遣いといった人として当たり前のことを当たり前のようにやる。そうして昨日の自分より頭のいい自分になる努力を重ねていくこと。

フリーになって自分を見つめ直したとき、気づいたのはこれでした。

自分を無理やり切り替えて前向きに生きなおすための思い込みですが、「あの男との出会い自分を次のステージに進めるための必然出会いだったのだ。私はもう二度と同じような過ちをしない。これ以上不必要に人を傷つけずにうまくやっていくための気づきを与えてくれたのだ」と思うことにしました。

そう思いながら、学生の本分である勉強を、心を入れ替えて始めました。

そしてもうしばらく、恋愛はいらないなぁと思いました。

こうして大学生活、終わると思います。読んでくださってありがとうございました。

2017-11-19

anond:20171118180141

人間別に特別ものでもなんでもなく、増田自身も含めて、単純なプログラム家畜、虫となんら変わりないただのモノであるという悟り

2017-11-05

アイデンティティの一部を捨てたい

まり細かく書きたくないので歯に衣着せたような文になってしまって申し訳ないが

性別とまではいかないまでも結構大きなアイデンティティとなっている自分属性があって、でもそれが実に嫌いなので捨ててしまいたい

現実には、完全に捨てるのはやや難しいが、日常生活においてそのことに触れない程度になることは、一応理論可能

しかしそのためには仕事をやめて知人との連絡も全て絶った上で、何より自分自身がその属性について忘れなければいけない

他が実現できても最後のが実現できないと、ネットニュースでその属性に関わる話題を見るたびに自分と紐づけて嫌な気持ちになり、意味がない

逆にそれができるようになったら、他の部分ではこの属性を捨てなくても、そんなに嫌ではなくなるのかもしれない…

執着を捨てろということか

悟りを開くのと同じくらい難しいことなのか

2017-11-01

anond:20171101114220

そのお金を支払うべきコンテンツを維持していくためには、その周辺にあるクソコンテンツにもお金を払っていって業界全体を維持していかないといけないんだよなぁ

でなければ、直接そのクリエイターパトロンになるしかない

でもパトロンになるには消費者でいるよりよっぽど金がかかるので、やっぱり一消費者としてダメものでも金を払って業界全体を支える気概でいるほうが安いし楽だ

まり自分毎日ダウンロードし続けるにはお金を払ってコンテンツを買い続けなければならない

ここまで行って、やっとダウンローダーの悟りといえる

エロコンテンツって無料で手に入れようとすると無限に集めないといけなくなる

何言ってんのこいつって感想が多いと思う

伝わりづらくて申し訳ない!俺は謝れる良い増田

 

自分の欲しいものってお金出して買うじゃん

でもお金なくなると買えなくなる

から手に入れる量はお金に比例する

お金ブレーキ役になってる

 

ところが欲しいもの無料で手に入るとしたらどうだろうか?

欲求の続く限りどんどん集めようとする

集めても集めてもお金を出して買うわけじゃないので

まだ集め続ける、無料から

集めて、集めて、集めて…

集めて…

無限に続く

 

そしたらお金が底をつくことがない代わりに

今度は欲求が底をつきだすのよね

簡単に手に入りすぎて性欲がどんどん薄くなってくる

もちろん思春期や聖剛だといくらでもいけるんだろうけど

普通人間には無限欲望なんてない

いつか欲自体が枯れた井戸になる

悟りを開く

 

そうすると一巡して本当に欲しいものであるということを

証拠に残したくなる

かに認めて欲しいし、自分でも客観的に認めたくなる

自分欲望でもあるし

意思決定でもある証拠が欲しくなる

 

から購入し始める

購入することで第三者から自分の振り返りでも

欲望に対して支払った対価を認められるような状態を望む

そうやって欲望管理していく

上手く付き合っていく

 

この状態になるとお金を支払うべき相手出会えた瞬間が一番の幸福になる

よくぞ自分欲望を形にしてくれたと賞賛さえある

お金を支払うことに喜びを感じ始める

何に支払うことが良いかを考え始める

自分自分を作り始める

自分欲望自覚し認める行為快感になる

それが自分を知るということなのだろう

2017-10-25

父親背中にチャックがある

僕の父親背中にもチャックがある。そのチャックは薄汚れたような真鍮のような質感で、ご丁寧にYKKって書いてある。

僕が中学2年生の時に来ていたカーキ色のジャンパーのものが一番似ている。それにもYKKって書いてあった。

異変に気付いたのはある朝の日だった。夜起きた時に飲むために入れておいた水の上に小さな埃のようなものがたくさん浮いていた。

それは紛れもなく、夜の間に何者かが入れたものだと確信した。僕は誰にも悟られぬよう平静を装ってその水を捨てにいった。

幸いその時間はまだ誰も起きておらず、僕は薄ら笑いさえ浮かべながら1階の台所へと向かった。そのような液体を捨てることは僕にとっては造作もないことだった。

ただ一つ、当時の僕にとって予想外だったのは、2階に戻った時父親が起きてきたことだ。お、はやいな。彼はそう言った。

僕はうん、とだけかすかに頷いて自室に戻った。その日から毎日僕は、水を入れては毎朝確認するようになった。

まり浮いてない日もあれば、結構浮いてる日もあった。僕は誰がそれをやっているか、正体を見つけ出すまで負けないと心に誓った。

そいつはなかなか正体を表さなかった。だから僕は毎晩夜は寝たふりをして過ごすようになった。

正体を見つけ出すまでは諦められない。けれども奴らはなかなか姿を現さなかった。誰もいないのに朝になれば埃のような何かが浮いている。

僕は気が狂いそうだった。何者かが、僕の部屋に、姿も表すことなくやってきて、僕の飲むとわかっている水に何かを浮かべていく。

電気をつけておくわけにはいかない。電気をつけていると奴らはやってこないからだ。

僕は毎朝、平静を装ってその水を捨てる。それがルーティーンになった。そいつらのせいで僕は昼間も眠くて仕方がなかったが、

負けるわけにはいかないのでそれでも学校はいっていた。成績は元来よかった方のはずだったが、その頃からか成績も落ちていった。

知ってる。それも奴らの仕業であると気づくのに時間はかからなかった。とうとう奴らは、夜の時間だけでなく昼間も活動するようになったのだ。

お昼ご飯を食べてたときお茶のコップにそれは点々と浮いていた。後日僕は友達にあやまった。そいつが浮かべていると思ったが、どうやらそいつが正体じゃなかったらしい。

せっかく持ってきてくれたお茶に口をつけずごめん、と言ったとき彼がかすかに目を見開いたのを覚えている。多分彼は奴らの正体に気づいていたんだろう。

その頃までには、僕もその尻尾を掴み始めていた。僕もバカじゃyないので、何もただ寝たふりをしていたわけではない。

父親が夜の間にトイレに行くのは、奴らと交信しているからだった。夜の間にトイレに行って、奴らと交信し、僕の水にほこりに見せかけた次元紐を浮かべていた。

僕が飲んでないとも知らず、奴らは毎日無駄な苦労を用心深く重ねていったが、あるとき突然正体を表した。

父親を使って僕を病院に連れて行こうとした。その日、僕は父親が完全にあっち側の奴らになっていると悟り泣いた。

別の日、父親はまた僕を病院に連れて行こうとした。その頃までには僕は色々調べていたので、病院先生なら父親の正体を見抜けるだろうと思って、

作戦に乗るつもりでおとなしく付いていった。思った通り、先生は正体を見抜いた。もう家には戻らないほうがいいと言われて、

僕はその日からしばらく病院で過ごした。父親のことは諦めろと言われた。

病院では、それが浮かべられないようにと、先生は僕にパックに詰まった水をくれた。そのおかげで、僕は飲んだらキャップを閉めておけばいいようになった。

でもそれでも僕もやはり気になるので、時々は水を床に広げて奴らがこないか見張っていた。リノリウムの床が鈍く光を反射していた光景を僕は今でも鮮明に覚えている。美しかった。

それからしばらくして、先生父親が帰ってきたといったので僕は家に戻ることになった。確かに父親は元に戻っていた。

それで、先生が言うには父親じゃなくて僕が一時的にどうかしていたと言った。もちろんそのままそういったわけじゃない。遠回しに言っていたけれど、何を言いたいかは僕にはすぐわかった。

言い返そうかと思ったけど、ことが面倒になっても困るので僕はただ頷き、そうですか、と頷いていた。

父親おかしくなったらまたきなさいと言われたが、先生があっち側の奴らになっていることは明白だったので、うやむやに返事をしてごまかした。

今日まで僕はおとなしく過ごしてきた。何も変わったことはなかった。けれども最近気になることがあった。僕の父親背中にもチャックがある。

いつも服で覆ってうまく隠しているつもりかもしれないが、僕の目には明白だ。ただ、それを知っていることを悟られていは行けないから、どうしようか迷っている。

ニュースにどじったやつが出ていた。方法は正しかったのに、気づかれてはおしまいだ。

僕は気づかれない方法を知っているので、僕は正しくやってやろうと思う。これでその決意ができた。

2017-10-21

欲求が無い

欲しいものがありません。当然3大欲求はありますが、その他の欲が沸いてきません。物があまり欲しくありません。経験も欲しくありません。人とも会いたいと思いません。ただ、生きています。それだと、とにかくお金がかかりません。日々インターネットを見て、健康に気を使って散歩するだけです。

欲があるとすればゲームですが、どうも嗜好が他の人と違うようで、淡々と目の前のノルマをこなしていきます時間が埋まればいいのです。勝つためにお金を使おうとも思いませんし、考えたり調べたりしようとも思いません。

他の人間は、悔しかったり、快感があったりするようですが、私には無いようです。

悟りパッカーンしてるかもしれません。

2017-10-17

https://anond.hatelabo.jp/20171017181032

みんな無謀な告白をして撃沈した経験を経て、増田のような悟りに至るから、もしかしたら必要プロセスなのかもしれんぞ。

2017-09-11

negicco 「ともだちがいない!」は希望の歌か、それとも絶望の歌か?

曲 youtube

https://www.youtube.com/watch?v=ok6CW9aLaxk

歌詞 j-lyric.net

http://j-lyric.net/artist/a056906/l04191c.html

サビではこう歌っている

間違いだらけ テストの隅っこ

夢で見たようなことが起こるよ!

眠らないままでどこへでも行けるかな?

もし ともだちができたら

空虚青春でも友達ができればどこへでも行ける。

それが真実だとして、友達はできるのか?

1.きっと友達はできるからどこへでも行けるはず

2.友達さえできればどこへでも行けるのになぁ(多分友達はできない)

3.友達さえできればどこへでも行ける(友達がいない今は仮初めの姿=だから友達いなくても平気だもんね)

1.なら希望の歌だが2.なら絶望の歌だ。

3.は牽強付会というものだろう。

しかしこの曲の最後の方に次の歌詞が出てくる。

いつかじゃないようなその未来にみんな

この箱庭から出て行くのにな

4.お前ら友達ごっこやってるけどもうじきここ(=多分学校)を出たらもう2度と会わないやん。

お前らが友達だと思ってるものこそ仮初めにしかすぎないんやで(なぜかなんJ語)。

最後最後めっちゃ煽っていくスタイル

希望絶望など通り過ぎた悟りの境地。

各人におかれては、自分なりの聴きかたをしてほしい。

2017-09-05

https://anond.hatelabo.jp/20170905175842

悟り、というのを難しく考えすぎないでいいってことよ。逆になんか人間として別物になるすごいものでもない。

「その飽くなき求道精神は「大悟十八度、小悟数知らず」という言葉表象され、現代に伝わっている。」

訂正、36回だった。

所詮大乗仏教であるまどマギ』でマミさん自力救済ルートはない

あの宇宙魔法少女は、

阿弥陀如来となったまどかの本願である

「全ての魔女を生まれる前に消し去りたい。すべての宇宙過去未来の全ての魔女を、この手で」

希望を信じた魔法少女を、私は泣かせたくない。最期まで笑顔でいて欲しい。それを邪魔するルールなんて、壊して見せる。変えて見せる」

によって救われることが約束されているので、

その阿弥陀様が現れるまでの次元時間においては、魔法少女絶望して発狂し続けるのです。

これが他力本願です。


せいぜい宇宙の仕組みを知るほむら

「南無真努迦仏」という名号魔法少女たちに知らせ、

「これさえ唱えれば極楽往生約束されるから大丈夫

と説得することで現世での救い(気休め)が得られます



ところで本来仏教はこういうものではありません。

初期仏教であればマミさん自力救済可能です。

今日初期仏教のご紹介のためにこちらにあがらせていただきました。

マミさんへのご提案と言う形で

初期仏教効能と素晴らしさをみなさんに知っていただきたいと思います


戒を守ってください。

・殺生しない

・盗まない

・妄りなセックスをしない

・嘘つかない

飲酒しない


マミさんが守るべきはこのたった5つです。

これによってどのような効果があるかというと、心の不安定さを減らすことが出来ます

さやか杏子殺人や嘘がトリガーとなって身を滅ぼしているように

この五戒現代にも何の古臭さもなく通用する「人類の主要な自滅ファクター」を潰すためのリストです。

心の汚れはソウルジェムの汚れ、厳しく戒を守ることは人間にとっても魔法少女にとっても最優先タスクなのです。

たとえばマミさん現在こそ後輩女子との姉妹愛を求める中学生ですが

更に孤独感を深めると飲酒や妄りなセックスを覚えて依存していきがちなタイプに見えます。注意が必要です。


慈悲を念じて下さい。

私は幸せでありますように。

私の悩み苦しみが消え去りますように。

私の願い事が叶えられますように。

私に悟りの光が現れますように。

私は幸せでありますように。

私は幸せでありますように。

私は幸せでありますように。


生きとし生けるもの幸せでありますように。

生きとし生けるものの悩み苦しみが消え去りますように。

生きとし生けるものの願い事が叶えられますように。

生きとし生けるもの悟りの光が現れますように。

生きとし生けるもの幸せでありますように。

生きとし生けるもの幸せでありますように。

生きとし生けるもの幸せでありますように。

教室で暇そうにしているとき、部屋に帰って1人なとき、空き時間ごとに真剣に常に念じます

まず自分幸せになりたい気持ちを認めて、心から自分幸せを念じます。(さやかはその気持ちに嘘をつきました)

次に自分と全く同じに、すべてのいのち幸せ差別せず念じます。(さやかは恭介や仁美の幸せを喜べませんでした)

これは心の筋力トレーニングであり、毎日やれば着実にそのような心になってきます

するとソウルジェムの汚れが止まり回復し、しかも以後は汚れにくくなっていきます


なお「生きとし生けるもの」をありありと広いスケールイメージ出来るほど効果があがります

あらゆる人間、あらゆる動物魔法少女魔女インキュベーター、真努迦仏のような高次元の神々、

どこまでも広げていくことが可能です。

慈悲だけが無量の心なのです。


ただし、慈悲を念ずることは強烈な効果はありますあくま一時的です。

これによって魔女にならないように時間を稼ぎ、次にご紹介する瞑想をすることこそが狙いとなります


瞑想して下さい。

日に2時間

長期休暇は朝から晩まで起きてる間中瞑想をして下さい。

肉体が既に空しいものとなっている魔法少女瞑想が進みやすいでしょう。


これにより預流果の段階まで瞑想が進めば

無常

無我

発見することが出来ます


魔法少女もまた宇宙の全てのものと同じく、縁起により生じて滅していく因果の流れであること。

(執着できるようなもの人間だったときから一度も手にしたことなどないこと。)

魔法少女に限らず一切の生きとし生けるものにとって、生きることは本質的に苦であること。

(「苦」は悲観主義ニヒリズムとは全く違う言葉なので、ここでは理解したつもりにならないでください。)

今や頼りなくソウルジェムに宿るという「我」はそもそも錯覚であり存在しないということ。

(きゅうべえにぶっこ抜かれ毀損されたものなど元からなにもない)


この3つの真理ばかりは言葉で納得してもダメで、

瞑想によって体験するしかないものです。

どれか1つを1度体験すれば全ての仕事は終了します。


阿羅漢マミさんの完成

以上を実行しおえると阿羅漢たるマミさんが現れます

初期仏教メソッドにより完成した阿羅漢マミさんはなにものにも執着しません。

期待も怒りもありません。

かわりに智慧があります

心を汚すことがありません。

完全なる捨(ウペッカー)の安らぎがあります


願いもなく。絶望もなく。

もはや魔法少女でも魔女でもありません。

輪廻脱出した勝者です。


https://anond.hatelabo.jp/20170905094738

2017-09-02

今日マストドン

主観を廃した、あるいは主観を持った状態客観を持った状態悟りらしいよ

内輪をやめるには自己他者境界線消失させなければならない

自我を持ち影響を与え合う環境下においてすべての人間他者自由侵害している

他者との関係性の中において完全な自由など存在しない

貴殿らの求める自由とは何か?

2017-08-31

空想人物、一皮剥けると白くなる問題

アニメでも漫画でもハリウッド映画なんかでもそうだけど、

登場人物瀕死状態から復活したり、

なんか伝説人物の生まれ変わりなのが判明したり、

クローン技術で蘇ったり、

潜在能力覚醒したり、

悟り開いたり、

昇華して神になったり、

老成したり……

って時にとりあえず白装束着せたり白髪にしたりするのさ、

あれ総称する言葉とかないの?

2017-08-12

https://anond.hatelabo.jp/20170812111332

自分も似たようなものだ。

自分は人にそっとしておいて欲しい。

しかしそっとしておいてもらうためには信用が必要で、そっとしておいてもらっていると信用が失われやすいという大パラドックスがある。

これを解消するために集団の中心人物の一人とだけ付き合ってコスパよく信用度を稼ごうとしたけど、

残念ながらそいつ自身にそっとしておいてもらえないという小パラドックスで死んでしまう。

信用は自分の力で築くしかないという悟りに至り結婚ステータスを求めるのを辞めた。

こうして強い執着から離れると覆い隠されていた別の弱い執着が見えてくることがあるぞ。

自分でも自分価値観結構見えないものだ。

2017-08-11

https://anond.hatelabo.jp/20170811121945

家父長制の"女性は働くな"を叩いてキャリアウーマンをやっておきながら、家父長制の"男の甲斐性"は翼賛しているという、バカフェミニストたちが良くわからないんですよね。何がしたいの?と。

女性が働いて稼いだなら、甲斐性を発揮すべきは女性では?つまりは「女が家父長になる」というスタンスであれば理解できるのですが。

男の認識は家父長制からまり変わっていないんですね。家父長になれるだけの収入があるかどうか、は別ですが。その差に苦悩したまま生きるくらいなら、降りればいいのに。悟ればいいのにって思うんですが、降りない人のほうがメジャーってことなんですかね。

「家父長制から降りた人」って、かなりのマイノリティなんですかね。いわゆる「悟り」みたいな。10代20代の若い人には増えてるみたいですが。

非婚化が進んだとはいえ、それでも非婚者のほうが少ない(多くて3割に満たない)のですから、男は収入がなく苦痛であっても家父長であらねばならないという意識が強いんでしょうね・・。それもそうですね

ぼくは30代低学歴男で経済的自立していますが、恋愛経験交際経験)があまりない(というか降りた)ので、その辺については世間知らずでしょうね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん