「研鑽」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 研鑽とは

2019-09-26

anond:20190925150837

お笑いというのが人の失敗や苦境、容姿差異についてそれを有益と認める方向の価値観ではないということを話題として伝播させる様式であることが多いのが問題

問題性としてはその方向性が多いため育成されるものがおおよそそういった表現方法しか知らない状態のまま収益活動活用されること

収益活動に利用されて問題なのは、主たる目的収益があがらなくなるということ

もとより他人の失敗を笑うと言うのは価値観付与した情報作成方法としてある

笑い話というのは伝聞を伝聞から作成するにあたって要所を個人が抑えやすく再編するにあたって再現性が低くとも主体が残されやす

文脈と結果をセットにしているためでそのどちらかだけ再現しても笑いにはならない

オチ解説しなくてはならない状況になった時その笑い話は笑うという行動起因を欠いていることにならないためお笑いという形式に固めた情報伝達を行動によって得られる快感で伝播させやすくする

笑いは人が情報伝達を行うために必要感情である

情報伝達媒体として人間関係を築くというのは相対的人間の成り立ちという根本であるため伝達することやされることは栄養摂取するに近い快楽を得られる

これを他人の苦しみや災難を笑うことで伝播するという形は発生事象を広め多角的回避策を考察するためにまず拡散をするということにある

喫緊解決必要な状況や関係性でないため遅延して伝聞を拡散するという状況において笑うという感情を利用する

これがお笑いも役立つ教訓になりえ、さすがといわれる落語や関心される漫談になりえる

童話寓話も読んで悲惨な気分にならないのはこれである

この伝達を目的とした情報形成とその受動について作用する「笑い」のみ笑うことのみについてを目的とすると

笑うという情報形態認識させることだけが目的になる

これは差別的特に特徴のない事象や小さな差異を大規模的に解決方法公募する形で伝達させることですら内容に含む場合がでてくる

差別侮蔑というのは極小単位での差異価値観にしたもので規模を広げれば希釈ができる

大阪ナオミに必要なのは漂白剤やろ」

大阪ナオミが自宅に漂白剤をもっていないわけがない またなくとも自宅に洗剤があるのはとくに特異なことではないしなかったとしても解決方法を要する問題ではない

しか文脈においてと分節単体においてその指摘する内容は「大阪ナオミに漂白剤を浴びせる」ということ目的としてる

これは笑えるわけがない 面白い要素がない いじめドラマ中学生がこんなシーンを演じる台本があったとしても笑えるシーンにはならない

もちろんそういった行為が発現するという可能性がゼロではないためその情報を好んだり伝播単位にすることを行う人間も少数は存在するしそれをなくしては防護対策はできない

その特殊思考の偏りについて発言するのは趣旨にそれるため面白くないという意見情報を接種した人間すべてではないということに留めるが

日焼けしすぎやろ」「外で運動しすぎやからな」「服の汚れとか汗がきになるやろ」「漂白剤がいるな」程度には範囲希釈すれば漂白発言問題にならかったかもしれない

そこまで観測対象を広げるとなにが異常でなにが問題点でそれを解決する知恵をかりたい 知恵が必要問題点を見抜く視点をもっている有能さ として笑いを起動できるか

となるとその視野思考範囲では材料に対して「自分たちが会話をしている流れだけで楽しいこと」であることに気づかず自分たちが笑えた事実のみを基盤に

それを「お笑い」という製品に仕上げてしまったように見える

これは元増田が見た通り「出来るお笑い」を作れるコンビだったかもしれない その才能はあったかもしれない

しかし組み上げる方法手段を持っていなかったりかのコンビが取得できるところにそういう伝播の情報形成における基礎的な情報がなかったのではないか

師事することやその見解について最低限ここに書いた事を受け継いだ人間に触れることで取るべき手段選択すべき素材とをもっとよい結果につなげられたかもしれない

これは才能があるとするとその個性や特徴における評価について低いものではないとすると おかれている環境があまりに程度の低いものではないか

他にも連続して発生している「お笑い芸人」の不適切発言問題をみると彼らを育成する土壌というのが根本的に肥料が少なすぎで粗悪な環境ではないのだろうか

またそのような環境を経てもテレビに出さえすれば収入を平均より大きくもらえるのではないかという自己社会適応性と可能性を天秤にかけた結果

お笑い芸人」を選ぶという好機を目指した選択について「人を笑わせる」がどういった引き金を用いてその才能だと思っていたのか研鑽したり

訓練する機会が急激に減っているのではないだろうか

自分馬鹿なことをして笑いものになることで笑いを取ることができ、笑ってもらうのが好きなのでお笑い芸人になるというのであれば

解決すべき問題というのは自分自身で自分自身を社会的に抹殺してもらったり迫害してもらうために自分情報を発信しているということな

自虐ネタということでそれを作り上げる人間もいるわけでそれらを素人がいくつか見るだけでもお笑いとはどこで笑うべきかなにを笑うべきではないのかを充分に知りえるはずで

常識的といわれる人間の多くはそれは理解をしているはず

ネタを考えているときコンビ二人がその常識から逸脱してしまたことに気が付けない知識の少なさ経験の少なさ

価値観の平均を知ることができなかった社会適合性とやはり経験 これを管理する側としては業界は解消すべき直近の問題ではないだろうか

このまま複数件同様の問題が続くようであれば これはもう芸人個別問題ではないむしろお笑い芸人は笑われて捨てられる被害者なのではないかと考える

現在問題を機に排斥されたお笑い芸人たちがそれらに気づき反省し再度かえってくることがあれば充分にお笑いをたのしめるのではないだろうか

文化としての芸能を続けていくのであれば育成や教育重要性について業界単位再考されたいと願う

2019-09-12

妖怪エンジニアもどき

tl;dr

さっさと転職しよアホらしw

クソレガシーIT音痴どもは滅べ

フルスタックになってお礼参りしてやるから首洗って待ってろ

最近SI業界存在する何もできないおっさんSE記事を読んだ。

恐ろしい事に、私は今までSESとしてその業界渡り歩き、まさに記事のようなおっさん存在する事を知っている。

私とそのおっさん達との違いは給与くらいなもので、私はSESのため商流が2つほど挟まって利益会社自分の手元に来る。

まりこのまま時間が経てばそのおっさん下位互換として業界に居座る形になるわけだ。

はっきり言って虚無の未来しか言いようがない。現場での私の単価が100万としても、手元に来るのはおよそ30万ない程度だ。

ここから100万円の仕事をしている自負が生まれるのか?私にその自負は持てなかった。

ならば所属元がコンテンツサービス作成して自社開発にリソースを割くようになった時に戻れるように研鑽しつつ耐えるしかないのか?

無理だ。何年耐えればいい?

私はすでに自社開発を見越して現場に出てもらっていると聞いてから4年経過しているが、現在自社でコンテンツ作成しているのは2名ほどしかいない。

自分仮想化インフラ基盤の業務を選任にしているが、それが自社で求められるとは到底思えないし、開発にコンバートして間もないレベル技術力で少ない開発陣に貢献できるとも思えない。

私が経営層の視点なら、現場で開発経験を積んだ人間から優先的に戻すに決まっている。

まり間もなく自分の惰性で生きてきた人生のツケを払う事になる。

幸い今の現場では自身初のバックエンド開発案件に参画することができ、今までとは比べものにならないモダンな開発環境サービスを作ることを学べている。

日を経るごとに自分の至らなさを痛感するが、その分成長している手応えもある。

大丈夫、やれば何でもできるようになるから現場の方から背中を押され、自分に言い聞かせ、少しずつ未知の分野が拓かれていった。

この現場に来て迷いが確信に変わった。

転職しようと。

私はSIが嫌いだ。一部本当に尊敬できる人間を除いて技術研鑽サービスのあるべき姿に向き合ってる人間が少なすぎる。

顧客IT理解度が低く、エンジニアを見下した仕事の進め方が嫌いだ。

歩み寄る気の無い仕事の指示、消耗品として補充しては潰れるまで決して効率的ではない悪習残る仕事を延々とさせる思考が。

そして5年弱自分の糧になる環境を与えてくれたSESにしても、ついぞ好きになることはできなかった。

皆の力添えあって、自分努力あっての今とはわかっていても、私にはこの業界構造肯定できない。

ゆえに転職という決断を下した。

思い上がりだろうが、それは今後の結果で明らかになる。是非もない。

どうか同じ境遇疲弊している方がいたら、迷わず道を変えて欲しい。

出来ないことなんてない、時間が人よりかかるかもしれないが、いずれ出来るようになるから

私は年明けから自営業となり、一切の後ろ盾を無くすが、晴れやかな気持ちしかない。

失敗しても死ぬわけではないし、何より自分と向き合って選んだ道だ。悔いはない。

そして必ず、私を虐げてきた業界復讐してやる。滅ぼしてやる。

そのために私は今日設計をし、コードを書く。

2019-08-31

anond:20190831194454

なろうのセリフにありそう。だいぶ(研鑽を)重ねてきたな?

2019-08-01

なんとか袋っぽい回答例

anond:20190731082938

 増田さんがおたずねになりたいことは、

>でもなんで声優なの…?

 でしょうか。それとも、

>だからあんまり割れを傷付けたくないよ。

 ので、どういう進路を勧めたらいいのかということでしょうか。




 文章を読んだだけでは判断出来なかったので、とりあえず後者に重きがあると考えて回答させていただきます

 結論から言えば、頭ごなしに声優を目指すのを辞めろという必要は無いでしょう。

 増田さんが考えられたように、養成所を勧めるのが無難ではないでしょうか。以下、詳説していきます


 まず、増田さんの片割れさんが声優に向いてないのは間違いありません。

>正直片割れの声に魅力があるとは思えないんだよね。容姿も私と同じく見れたもんじゃない。

 これはプラス要素ではありませんが、そこまで致命的なマイナス要素とも言えません。

 声はトレーニングしたあとでどうなっているかがすべてであり、現時点の声質は例えば「ヘリウム吸っても声が変わらない」金田朋子さんとかそのレベルの特異な立ち位置を取れるぐらいでない限り、さほどの決定的な要素にはなりません。

 容姿増田さんの主観以外に情報がありませんし、メイク技術を磨いたり、コーディネイトを学ぶ等で自ずと変わる物です。

>ましてや学習障害漢字もスラスラ読めないしさ。何に使ってるのかわからないけど金遣いも荒くて、心配した父親100万もらってるし。

 これはどちらも大きなマイナスです。声優基本的には台本に沿って演技する仕事であり、これをスムーズに読めないというのは大きなハンデとなります。確かに世の中には漢字が苦手なのが知られている声優さんもいますが、それは例えば「子役出身キャリアをみっちり積んできて『漢字が苦手でも使ってやろう』と考える人がいる」浪川大輔さんみたいな人だから許される話であって、今から勉強する新人にとっては、かなりの不利となります

 金銭感覚の粗さもマイナスです。近年のアプリ配信市場の活況に伴って若手声優収入事情は大幅に改善されましたが、それでも、余程の幸運に恵まれない限り、新人声優生活が苦しいのは変わりません。今も昔も新人声優引退理由の大半は「役がないので収入が苦しく将来の展望が持てない」ですので、なる前から引退可能性を上げているようなものです。

>話し合ってるうちに、譲歩して養成所を勧めたらそもそも養成所の存在を知らなかった。いや調べろよ。知っとけよ。悲しいよ。

 これも極めて大きなマイナスです。声優というのは自営業であり、個人事業主であって、事務所社員ではありません。ですので、必要情報自分で調べて自分解決できるのが基本です。片割れさんのような情報感度の低い方が目指すのは、相当に厳しいと言わざるを得ません。

 そして、それらすべてをひっくるめたよりも大きいマイナスが、

>昨日22歳の

 です。

 身も蓋もない話で恐縮ですが、声優を目指す上で一番重要なのは年齢です。私が業界研究を始めた20年以上前の時点でも年齢の重要性は指摘されていましたが、現今の情勢では間違いなく最重要しか言えません。

 分かりにくい形容かも知れませんが、高校在学中、もしくは高校卒業直ちに声優を目指す場合、RかSR程度の才能でも十分ですが、22歳から目指すとなると最低でもSSR、できればそれ以上の才能が必要です。

 これは、声優の訓練の難しさと、声優になるための競争という二つの面で年齢が大きなハンデになるためです。順に説明します。

 まず、声優というのは役者一種であり、役者とは技術であると同時に肉体労働でもあります。従って修行というのは体力勝負の面もあり、どうしても若くて回復力のある人間の方が有利です。

 また、プロ見解総合すると、一応の才能の持ち主であっても、声優必要技術を身につけるには、3年から5年の訓練が必要というのが相場です。

 実際には専門学校は2年制ですし、養成所も1年から2年のカリキュラムを主力としているところがほとんどで、年数が足りません。

 現在の情勢で新人声優になる、つまり養成所を卒業して声優事務所ジュニア契約を結ぶというのは、

「現時点での技術はまだ心許ないが、今までの本人の態度と成長速度を考えれば、今後とも研鑽を怠らなければ、将来的にはプロ声優として独り立ちできる。かもしれない。」

 という程度の、言うなれば仮免許のようなものです。

 ここで問題になるのが「競争」です。どの事務所も、同程度の才能・能力であれば、若い方を優先して契約します。

 当然ですね。仮にブレイクした場合若い方がより長い期間活躍できますし、そうなるまでに技術を身につけるために勉強する時間的余裕も持てます

 事務所側にしても、「あまり年齢のいった人とお情けで契約するよりはすっぱりと諦めて貰う方が本人の今後の人生のためになる」というようなことを言っていたりもします。

 さて、普通声優志望者が高校卒業後に専門学校に行き、卒業後にさら養成所に入って2年間勉強すると、なんと22歳になっています

 片割れさんが声優を目指すというのはつまり、4歳、無為に歳を取った状態から、今まで4年間みっちり勉強した人たちを押しのけるだけのパフォーマンスを出さなくてはならない、ということになります普通に考えれば無理でしょう。

「だから声優なんか目指さない方がいい」というのが普通結論になります


 ですが、現在の情勢で、声優を目指す人だけが養成所や専門学校に在籍しているわけではありません。

 声優専門学校中退率はだいたいどこでも5割を超えるというのが定説です。

 また、少し調べれば分かるとおり、声優専門学校というのは、2年という時間と数百万円の学費生活費をドブに捨てるのと大差ありません。

 現状、専門学校卒業して事務所といきなり契約できる人は率で言えば1%未満の極めて才能に恵まれた人だけであり、それ以外のほとんどの人は養成所に行って勉強し直して、初めて声優になれています

 そしてそれらの人が(母校に気兼ねしなくていい場面で)言うことは、

養成所に入って分かったが専門学校とはぬるま湯につかってるみたいなもので本気の修行なんて行われていない」だけだと言ってよいほどです。

 さて、代アニのような駄目な学校運営する週1コースでは、詳細な説明を見ると、学内オーディションすらなく、単なる趣味の延長線上であることがそれとなく(あるいは、大っぴらに)書かれていたりします。

 そういう目で見ると、例えば業界大手である日ナレ場合でも、主力である週1コース学費入学10万円年間受講料20万円で、まあ「安い」と手放しで言えるほどの額ではありませんが、大人趣味として考えると、そこまで高い物でもありません。

 増田さんが片割れさんの要望を頭ごなしに否定しないというのは相手を気遣われてのことだと思いますし、それは大事な事だと思います

 それでも、専門学校に行くことで生じる金銭的・時間的ロスは極めて大きな物ですから、最低限、それだけでも止めるべきでしょう。仕事に行きながら、でも通えるどこかの週1コースに行き、本人が納得したら辞める、というので十分ではないでしょうか。



 なお、何かの間違いで、片割れさんが本気で声優を目指していて、僅かな可能性でも本気で挑戦したい、そして増田さんがそれを応援したい場合についても書いておきます

 この場合選択肢養成所、それも東京青二塾もしくはプロ・フィット声優養成所(本科)のような難関養成しかありません。

 これらはいずれも実績のある養成所で、現在日本声優を目指すなら一番分のいい場所と言えます。また、1年制であり、良くも悪くも1年で結果が出ます

 もっと言うと入学倍率が厳しく、0年で結果が出る方が多いですが。

 厳しい、と言っても青二塾が7から15倍程度、プロフィット本科が15から20倍程度とされるので、まあ、簡単ではないですが、大規模公募オーディションとかと比べれば一桁少ない数字です。これを通れないようであれば、そもそも声優を目指すなど無理ということであり、すっぱり諦める方が後人生のためになるでしょう。

2019-07-27

anond:20190725224709

生存バイアスかかってるんじゃない?

環境によるものは大きいだろうよ。

今は安いスキルが後々金を生むスキルになる可能性を考えると、満遍なく研鑽できる社会にしといたほうがいいと最近思ってる。

2019-07-23

anond:20190723121449

ノベルの良いところってのは、なんといっても、作るのに人員予算がいらない芸術だってことだよ。新規参入技術研鑽のやりやすさは他の比ではない。

半端にアニメ漫画に寄せて、一番良いところを削ってしまったら死ぬに決まってる。

2019-07-19

奮い立て、童貞

20代半ばを過ぎ仕事に自信がつき始めた頃、現役で東京大学に通う男性の筆下ろしをした。3本。手前味噌だが私は容姿に優れている。胸こそ味気ないCカップだが、顔面や頭身の良さには自信がある。有名私大卒業後、外資系企業に勤め現在年収は900万。正直何も苦労したことはないし、自分にも自信がある。モテる

困ったことに、童貞が好きで仕方ない。どれだけ社会的ステータスが高かろうが、心が優しかろうが、性行未経験男性には全く敵わない。なぜ童貞たちは童貞であることを恥じるのか。ああ、その恥じらいさえも愛おしい。

童貞であれば誰でも愛おしく思える訳ではない。大きく3つのポイントがある。まず一つ目は「今現在童貞である」という状態説明するに十分なエピソードを有していることだ。具体的には、湧き上がって仕方がない性欲を我慢してまで何に時間エネルギーを費やしていたのか、いかにこの対象価値があるかを語れるかが重要になる。私が嗜好する東大生場合はそれが勉強だ。デートの際、行為に移る前は必ず、どれだけ勉強を頑張ったのか、それはどれだけ大変なことだったのかを話してもらう。自分が頑張ったことを話し褒められると、自然と彼らは自信を持ち始める。お姉さん褒めて、と言わんばかりに模試順位自慢まで始められた日にはたまらなかった。

2つ目は圧倒的な最高体験を積んでいることだ。申し訳ないが自堕落生活や平凡な人生を歩んできた童貞には、一切の愛情が湧かない。自他共に「凄い」と思える成功を納め、一見誰もが羨む人生を歩み始めているものの、「童貞である自分を恥じながら生きる。このコントラストがたまらない。お姉さんはついつい「そんなことで悩んでいたの?可愛いね」と、内腿を濡らしながらハグしてしまう。

3つ目は上手くSEXが出来ないことだ。技術革新に繋がる高度な研究をしている彼や宇宙の流れを解析している彼も、難しい数式や言語を扱えても自分のおちんちんハンドルできない。いざ行かん!と張り切って出陣するものの、結局最後はお姉さんに手綱を委ね甘えん坊やになってしまうんだからたまったものではない。これもある意味コントラストだろう。一生懸命な様子で初めてを経験しているこの子の頭の中には、たくさんの学が詰め込まれている。それなのに上手く自分を扱えないなんて!お姉さんがお手伝いしてあげる!と、我慢できなくなる。

男は竿ではない、才能と努力だ。これは竿的な意味ではなく、これまでの人生いか自分と向き合い研鑽を重ねたかということだ。貴重な青春時代に全力で何かに挑戦しその成果を納めた竿君たちは童貞であることを恥じる必要は全くない。恥を知らなければいけないのは努力を怠り自分に甘く生きてきただらしのない男たちだけだ。努力出来る人間自分に甘い人間、どちらの方が多くの女性にとって魅力的であろうか。これは決して童貞に限った話ではないのだ。

エリート童貞好きは大変だ。私は歳をとるためいつまでも若い男の子相手にしてもらえない。また、無事筆下ろしをしてしまったら彼はnot anymoreだ。自分自分の宝物を手放す寂しさを感じ続けなければいけない。いつまでも続けることができない有限性も熱くなってしま理由の一つかもしれない。

童貞のみんなには女の子気持ちよくさせる方法を調べる前に、目の前にある自分がやらなければいけないことを確実に行い、旗を高く掲げ、そこへ全力疾走してほしい。ゴールについた時にはきっとステキ女の子あなたの隣にいるから。

決して童貞好きのバリキャリOLには捕まらないように。

2019-07-11

anond:20190711123508

・ワイ増田 100kgで毎晩餌を書き込む。ひととおり目についたものを茶化していなくなる。猛虎弁。痩せて長生きしてほしい

・にゃーん増田 猫の下僕

腐女子長文増田 いつもジャンル戦争をしている

猥談増田 女性のふりをしている女性女性のふりをしているおっさんの2種類がある おっさんもっと婦人科医学知識研鑽してほしい

2019-06-26

手コキって要る?

ある漫画で「おっぱいの触り方で女の子に勝てるはずないじゃないですか」ってセリフを読んだんだけどその通りだと思う

おっぱいなんてどう触ったらいいか俺たちは知らないんだ

でも同じようにちんちんの触り方で男の子(ポリコレ表記)に勝てるわけないじゃん

俺たちは長年のフィードバック研鑽を通じて気持ち良いオナニー手法を編み出してきたわけだよ。ちんちんの扱い方にかけて右に出る者は居ないと俺たちは自負している

から、昨日今日ちんこに触れたばっかりの女の子に手コキされても、そんなに気持ち良くないんだ

釈迦に説法なんだよ

気持ち良い?」って誇らしげに聞かれても、(ああ女の子が感じてるフリをするのはこういう心持ちなんだな)って悟りを得るだけなの

手コキって要る?誰が得するんだよ

2019-06-20

anond:20190620181625

「女が下方婚しないから」おじさんが、何もかもを女のせいにして金を稼ぐ努力主夫スキル研鑽も怠っている間に、

主夫スキルを磨いて性格もいい男が、貴重な女の下方婚相手の座を奪っていくのであった。

2019-06-05

ご当地バーガーよりマックのが美味いな

B級グルメが持ち上げられて研鑽を怠っている間に、チェーン店の開発部は凄い勢いで味覚をハックしていく。

ジャンクフードという戦場ご当地グルメが勝つのはもう難しいよ。

科学方法論がグリバンバーベーコンを起爆点として語られ始めてから500年、その間外食チェーンは日夜己を磨き続け、ご当地グルメアド街でおだてられることで満足してしまっていた。

もう追いつけない。

から転がることでウサギを追い抜いたことに安心して眠り始めた谷底の亀たち、彼らはもう追いつけない。休んでしまった亀はもうウサギに追いつけない。

2019-04-29

帝王は死んだしお人形さんは殺したい

 姫から、家臣へと捧ぐ。なんで数年前の傷自分でえぐらされてんのぶっ殺すぞ。

 先に言っとくけど私文才ないか面白くもなんともないよ。あと書いてる途中だけど寝るね。おやすみ、良い夢を!

 斎宮宗さまは芸術家だ。そう信じていた。

 芸術を愛し、研鑽することに命をかけていると信じていた。

 憤怒の帝王はあまりにもうつしかった。初のちゃんとスト回収できたイベントあんなうつくし存在にぶん殴られたらそりゃ人生おかしくなるよ。な?(虚空に話しかけるオタク

 

 もはや引退するほどにショックを受けたスタフェスが懐かしく感じられる。あれいつのイベ? え、2016年? 時間の流れヤバ……

 当時の私は、いくら体調が悪いとはいえ、もうずっと一緒にレッスンしていない相手ステージに立つことが信じられなかった。今でもそうだ。完璧主義芸術家が、体調不良とはいえ完璧じゃなくなる要素を増やすと。へえ?(メンヘラ開始)

 今の『Valkyrie』はみか様を中心にした演目になってるんじゃないんですか? それって、ふたりなのが前提で最も目立つ存在も変わっているという仁兎なずなが触れたことのない新Valkyrieのためのものでは? なんで異物を残して完成度を落とすの? なんで仁兎にいつでも完璧だなんて言うの? まあ彼が宗さまの基準でいつでも完璧だとしても、それは現Valkyrie外での話でしかなくない? なんで感慨深いからってステージ上でべらべらと口を開くの? どうして、ねえ、宗さま……私は細部まで計算され尽くした完璧主義芸術家によるステージを信じてたのに……(すすり泣く絵文字

 それに加え、愚かで愛すべき“人間”がいつも通り愚かなことを言ってるからぶっ殺したくなった。愚かな人間なんだから許したげてって愚かな人間愛好家の自分が窘めてきても憎い、お前が宗さまの愛する“人間だって知ってても殺したい。愛されていることを全く理解できなかったくせに今更わかったような面をしてその衣装に袖を通すな、開き直って言うべきでないことを言うな、罪を認めるならせめて被害者であるみか様の前でそういう態度をとらないでくれ、自分裏切り者のひどいやつなんて言わないで、ただValkyrieを存続させるために己を利用しろとだけ言えばいいだろ、なあ……。殴ればいい、殺されたって文句は言わないとか、なんでお前は宗さまとみか様を犯罪者に仕立てあげてようとするの……? 彼らが軽々しく暴力を振るう人間に見えてるのか……? 愛してるって言いながら暴力を振るわせようと仕向けるなんて、ほんとに異常だよ……(メンヘラ終わり)

ええと、話を戻すが、これを“成長”と呼ぶか、“設定から乖離している”と呼ぶかは人によって分かれると思う。私は後者だ。もし成長(=変化)だとしても、「凡ゆる変化は殆ど場合劣化”だ 衰えなのだ」って叫んでまわる。おねむが目覚めたのも劣化だろうが。無惨様、好きです……あなた永遠にあなたらしくあってくれる……。

 ちなみにこのイベント発狂して完璧主義設定どこ?!元頂点に立ったユニットメンバーの脱退を仮で放置するって生徒会杜撰すぎやばない?!って問い合わせたらストーリー内容については答えられません、システムでーすみたいなテンプレ返答を頂いた記憶がある。わかりました、じゃあひ……にあほ○ね!!と伝えておいてください!

 そして、何故私が仁兎なずなを愚かで愛すべき“人間”と呼び、嫌悪し、同時に許さねばならないと思っているのかは、彼が「愚かな人間」であり続けたからだ。言いかえるならば「普通人間」だろうか? 人間普通愚かなので彼が愚かであることは当然であり、ついでにいうと愚かであることは可愛いだって人間可愛い。でも度が過ぎると腹が立つ。仁兎に対しては度が過ぎるから腹を立てているし嫌っている。わかるか? いや私はわかってほしくてこれ書いているわけではないが?

 子供である仁兎なずなが愚かなのはごく自然なことで、どうしようもない。過剰な期待を寄せるべきではない。

 でも、それでも、ずっと宗さまの傍にいて愛を注がれ続けていたはずのお前が「『いちばん』の快楽に溺れ、自己満足のためだけにアイドルをしている」と評したのが悲しくてたまらない。

 

 自分意思でお人形であることを選んだ、と言われて否定しなかったが、どうせ「なんか人形っぽくしてたら喜んでくれたからずるずるお人形ごっこしてたら後に引けなくなってた」程度じゃないかと思うので、これに関しては正直仁兎に非はないと思う。だからといって、宗さまに愛されていた期間を「おれの人生じゃなかった」とのたまうのはひどいし、ゴミ捨て場の歌の被害者面も全く擁護できない。

 ゴミ捨て場の歌にはみか様へ向けた「斎宮と一緒にいても、もう何にもならない。」というセリフがある。愛を注がれても愛を理解できなかった“人間”の言葉だ。斎宮家の居候であるが故の心配庇護者を失う不安からではなく大切だから、愛してるから一緒にいるのだと彼の言動から読み取ることができないその人間性がただ悲しい。「駄目になっちゃった」かつての帝王に寄り添い、介護する姿を見てただの狂信者だと思えるなんて、お前の世界に愛という概念はないのか?

 

 ウ~~~~~~~~~~~~~~ン書いててこいつのValkyrieへの不信とか全部怖くなってきちゃったから終わりにしちゃお。気が向いたら加筆修正とかしてもうちょいマシにする。マジで怖い。色眼鏡バリバリなの差し引いてもやばくない? こいつ……。布団頭まで被って寝ることになりそう……。

2019-04-25

anond:20190425140109

男だったら下り坂ない気がするよね、日本て。悔しいねぇ。

(整備されてない道なき道が延々続くのかも知れないけど。>男)

下り坂でも羽根を手に入れたり、パラシュートを背負ったり、

パラグライダーで向かい風に乗ったらもっと高い処に行けるかも!がんばろ!

RPGみたいなもんだと思えば😊工夫と研鑽で、思ってるよりいいところにたどり着けちゃうかも。

助け合って声かけあって行きましょう🌞

2019-04-22

声優は本職がやるべき仕事と思うが、もし仮に…という話

劇場ドラゴンクエストの予告を見た。

とんでもなくセリフ棒読みに近い状況でびっくりした。

映像に声を当てる仕事というのは、常日頃から本職にしている人だから自然にできるものであって、

体を動かして表現している俳優は、よっぽど研鑽を積まないとできない。

俳優は体を動かすという一点があるために、動かさないでその場で声だけで演技するというのが下手に見える。というか、下手だ。

声を当てるのは、本職がやるべきことであって畑の違う人にやらせると、粗末な出来になってしまう。

俳優としての演技力があって、映像に映える人でも声だけになってしまうと

なりたての声優練習生レベルまで下がりかねない。

ドラクエ劇場版は、それを感じさせるような予告だった。

なぜ、俳優声優を任せようとするのか、ディズニーときも思ったが未だに理解できない。

声一つで見るに堪えない作品になってしまうことも珍しくないのに。

さんざん時間が経っても、未だにそれが学習されないのは…なぜなのか。

とにかく映像が良くても、声はプロやらせるべき。

わざわざ俳優声優仕事を奪う必要はないでしょう。

プロからキャラに命が吹き込まれるんだと。

俳優ではプロでも声優では素人が声を当てても、キャラに命は吹き込まれない。

せいぜい指人形レベルしかならない。

それほどドラクエの予告は見るに堪えなかった。

せっかくのビックタイトルを台無しにしてしまおうとしている。

2019-04-14

anond:20190414084658

全くもってその通り。

元増田は不遜だ。

各分野の重鎮には敬意を払うべきなのに元増田姿勢は一体なんだ。

査読経験すらない若造には理解できない学問世界が広がっている。

この祝辞には。

学部生ならまだ論文も書いたことないだろう?

統計に少々怪しい所があっても、全体として差別現実を厳しく訴える内容になっていれば論文価値は認められるものなんだよ。

それに、物理学歴史学専門性がそうであるのと同様に、フェミニズム研究研鑽を積んだ者がこの祝辞の内容を読むと、非の打ち所がないないことが分かる。

祝辞の主が男性だったら疑いすら抱かない癖に女性だったら疑うのは差別だ。

フェミニズムだけ疑うのも差別だ。

物理学歴史学だったらどうせ疑わないんだろうからフェミニズムも疑うなよ。

もしフェミニズムを疑うなら、他の年の男性物理学者や歴史学者が出してきた数字も疑いなさいよ。

でもしないんだろ?

どうせ。

ならフェミニズムも疑うなよ。

そもそもこの祝辞は何かの数字を伝えるんじゃなくて、各自自分の頭で考えさせることを目的にしているんだよ。

元増田、わかるか?

2019-03-31

僕がケムリクサを評価できない理由

こんなタイトルを付けているが最初に言っておくと自分ケムリクサアンチというわけでも、たつき監督アンチというわけでもない。しか特筆して好きというわけでもなく、ただ毎クール放送される様々なアニメを見ることが趣味の一介の視聴者である

また、制作側の予算スタッフの人数、制作期間等は視聴する側にとっては一切考慮するべき事柄ではなく擁護する要素にはなり得ないので最終的に出てきた作品の完成度のみについて語ろうと思う。

さて、1話から毎週視聴して先日最終話を迎えた本作についてツイッターをはじめ様々なところで絶賛されていることはご存知の通りだろう。

世界観構成、設定を小出しにする脚本ボーイミーツガールを軸にしたドラマの描き方。主観ではあるがアニメ脚本としては充分に面白い作品の部類に入るものだったと思う。

問題映像だ。

言い方は悪いがはっきり言って“ショボい”。この一言に尽きる。

キャラデザの頭身や絵柄については好みの問題であるからここはあえて言及しないでおく。

しかしそれを差し引いてもキャラクターの表情や動きが硬く声優の演技とまるで合わない。

戦闘シーンに迫力がない為にやたらと間延びしているように感じる。

主にこの2点が特に問題だ。

最終話の終盤でりんが泣いている場面などは感動的なシーンであるはずなのに、表情も演出も単調でその後の「好きだ」の一言が出るまでに冷めてしまたことは否定できない。

更に言えば今期だけでもクオリティの高いCGアニメ複数あることが余計に映像の質の低さを際立たせてしまっていて始末が悪い。

他のアニメに触れていないというので追記しておこう。ケムリクサを絶賛する人の中で果たしてこれらのアニメを全て視聴している人がどれだけいるのかは僕の与り知らぬことではあるが、例えば今期で比較対象としてアクションシーンを含むCGアニメ作品を挙げるならばrevisions、荒野のコトブキ飛行隊がある。revisionsはメカアクション、コトブキ飛行隊は空戦を描くことへの変態じみたこだわりを感じる。言うまでもなく両作品とも話の内容もしっかりとしている上に映像作品としてとても見応えのある仕上がりとなっている。

上記2作くらいの映像ならばきっと僕もいちいちこのようなエントリーを書くことはなかっただろう。

他にも、バンドリ2期もCG作画手書き作画の頃よりも安定感がありとても見やすくなった印象だ。またけもフレ2もたつき監督時代より映像面ではブラッシュアップされていることは確かだろう。

(Dimensionハイスクールバーチャルさんはアニメといっていいのか微妙なところなのでここでは置いておこうと思う)

またCG作画にこだわらなければ今期ダントツトップ作画、画面の力強さはやはりモブサイコだろう。本作は原作こそ絵は上手くはないがアニメでは細かな日常仕草から派手なアクションまでとにかく動く。劇場作品並みの動きを毎週叩きつけてくる。話はギャグに寄った回が多いものの圧倒的な作画で画面に食いついて目が離せなくなるほどだ。これこそアニメ醍醐味である

他にも約束のネバーランドどろろ、私に天使が舞い降りた!、盾の勇者の成り上がりかぐや様は告らせたい、前期から続く風が強く吹いている転生したらスライムだった件ブギーポップは笑わないSAOアリシゼーションの4作も内容、作画共に僕の中では評価が高い。特筆して作画が良いわけではないが面白い作品なら今期だけで他にも沢山ある。

ここでファンの方であれば先に僕が述べたように「話は面白い」と考えるだろう。

先ほど言った通り、特筆して作画がいいというわけではないが話が面白い作品ならば他にも沢山あるのだ。例を挙げなかった中の大半は作画は悪くないものばかりである

それほどまでに今のアニメというのは「作画がいいのが当たり前」になりつつあるように感じる。

からこそ映像面でのマイナスは悪目立ちしてしまうのだ。

では、今までアニメを見てきて作画が良くないということを理由に高く評価できない作品に一度たりとも出会たことはないのだろうか。もしかするとそういう方も居るかもしれないが、アニメに触れてきた大半の人には心当たりがあるのではなかろうか。

例えばアニメ化が決定した大好きな漫画小説ゲームがあったとする。そしてケムリクサの映像クオリティアニメ化されたとする。

人それぞれではあるだろうが少なくとも僕だったらがっかりする。それはもう尋常じゃないほどにがっかりする。実際にそのようなアニメ化を経て「クソアニメw」などと言われて涙を飲んだこともある。

オリジナル作品の利点はメディアミックスでない分、原作ファン広告としての話題性等の期待というもの存在しない点だろう。だが裏を返せばアニメというメディアを選んだ以上は映像作品としていかに魅力的であるかは非常に重要な要素だと僕は考えている。

要するに「話だけで良い」のなら「アニメである必要はない」ということだ。

ドラマCDでも小説でも良い。漫画ならば絵の上手さはかなり重視される。アニメも同じである

世に言う名作の中でも作画が悪かったらここまで評価されていないだろうという作品は両手では数え切れないほどあるのではなかろうか。

勿論話がつまらないのは論外なのだが、話が死ぬほどつまらなくともキャラクターの表情や迫力のあるアクションシーン等作画が良い為に何となく面白く感じてしま作品もあるほどに、映像アニメの顔と言える。

この作品を絶賛するということは、僕にとってはすなわちアニメの顔たる映像を「どうでもいい」と言い切ることに他ならない。

無論、作画だけで評価するわけではない。脚本演出声優の演技も、それらを含めた作品に関わる全てが必要な要素である

あらゆる作品に多くの人が関わり、より良いものを作ろうと様々な研鑽を積んでいる以上、それらの努力集大成を一つでも「どうでもいい」などと切り捨てるようなことは口が裂けても言えないし言いたくもないと思っている。

からこそ、ケムリクサは手放しで称賛することができないのだ。

こんなことは自分の中に留めておいてわざわざ人に言うまでもないことだということは重々承知している。だがあえてこうして書いたのはケムリクサを評価しない人間=アンチといったような言論を見かけ、とてもではないが自分の感じたことをそのまま言えたものではなかったからだ。

僕と同様の感想を抱いてる人はツイッター等でも時折見かけている。まとめではひどい叩かれようで過激コメントが大量についていた。

これはケムリクサだけに言えることではないのだが、もしも周囲の風潮に合わせてなんとなく賞賛している人がいるのであれば素直に感じたままを自分の中に持っていればいいと思う。作品評価できないからといってアンチというわけではないし、作品に対して抱く感想は人それぞれなのだから他人に口出しされるものでもなければ合わせるものでもない。

人が増えればそれだけ様々な感想が出るのは自然なことであるから、同時に他人意見全否定アンチ認定するような過激人間も湧いてきてしまうのは致し方ない事態ではあるが度し難いものがあるというのは否定できない。

からこそこうして僕は僕だけの感性視点を持ってケムリクサについての感想を述べた次第だ。

繰り返し言うがケムリクサの話の構成等は面白かったし、これはケムリクサアンチでもなければたつき監督アンチというわけでもないただアニメが好きなだけの一介の視聴者個人的感想である

2019-03-23

スマホゲー焼畑商法行方

https://gamebiz.jp/?p=232851


見事に右肩下がり。

ゲーム業界で伸びたのはスマホゲー界隈じゃなくてコンシューマー界隈だった(カプコンとかコナミとか)

昔、「こんなやり方では業界は長く立ち行かない」と言っていた人々がいたが、現状彼らの予言どおりになってきている。


「こんなこと長くやっていてはいけない」といわば「懲りて」去っていた人はもう戻ってこない、それがいよいよリアル数字として現れてきたということなんだろう。


飽きただけの人は懐かしく思って戻ってきてくれる可能性がある。

現にカプコンコナミIPモンハンSFロックマン、各種スポーツゲーetc)を支えているのは

「飽き」との戦いと言ってもいいかもしれない。

おそらく今回収益を出したと言われるどのゲームも「マンネリ」「劣化」と絶対に叩かれたことがあるはずだ(調べてないけど)

でも、マンネリだと思われるぐらい安定しているゲーム進化したときに大きく注目を浴びる。

その繰り返しで顧客は付かず離れずの位置に居続けてくれる。

(その繰り返しは容易ではないだろうし、だからこそその研鑽には価値意味もあるし企業にとっての財産になる)


一方、スマホゲー(というかガチャゲー)はゲーム劣化していても提供側はなかなか気づけない。

ガチャで金を集めているわけだからガチャによる集金システム最初に構築できていればゲーム性の劣化は直接集金に影響せず、

ある意味どんどん失敗できるし、失敗しても人は「ちょっとしか」減らない。

ちょっとしか人が減らない」のに慣れると、どんどん手抜きは加速する。

まるで不定営業を始めたラーメン屋のように、「これぐらいなら許容範囲だろう」と思い込んで問題に目を向けなくなる。

その「ちょっと」が、長期的に観ると取り返しのつかない客離れを招く。


観る限り既存IPは右肩下がり、新規IPは軒並み大爆死というどう見ても手遅れの段階に思えるけど、

海外進出以外の方法スマホゲー業界が盛り返す日は来るんだろうか。

2019-03-18

anond:20190318142537

一度読んでみろよ。

三代目は業者からともかく、旬の店は普通に行ける手頃な店だっての。

そりゃファーストフードなんかと比べたら高いけど、

研究研鑽の果てに、安くてもうまいものを作ってる」ぞ。

anond:20190318142248

研究研鑽の果てに、安くてもうまいものを作れる」方が俺には有益もの

ブロイラーより地鶏の方がうまい」ってそりゃそうだろうけど、それって俺の生活に役立たない。

それを好む人がいるのは否定しないが、世代平均くらいの都内在住が美味しんぼから得られるものってそうないよ

anond:20190318140740

うむ。ああい料理漫画は正直誰も得しないと思う。

てめえ! 何いきなりディスってんだ!

美味しんぼはともかく、俺は旬や三代目が好きなんだよ!

高級食材マウントがないとは言わんが、何だって相応にうまく、

それをうまく活かす力と、状況を慮る思いやりこそが大切だってのが基本じゃないか

「その辺で買える材料でどれだけうまいもん作れるか」も、

研究研鑽の末に辿り着き、技術でどれだけうまいもん作れるか」も一緒だよ。

2019-03-11

なにもない

自分が生きてきた過去の二十余年を振り返ってきたけど、何もない。

本当に何もない人生で、得たものなど皆無、まっさら人生だった。

ここで焦りの一つも生まれようものならまだ救いがあると思うのだが、ただうすらぼんやりとしている実感しかないので救いようがない。

打てど響かぬ、中身が空洞の自立着ぐるみの様な状態なのだ


小学校のころから習い事はやっていた。

ピアノ水泳公文式バスケットボール……その中で大成したものはない。

学業だって中学までは貯金があって優秀ではあったが今や専門分野においては微塵の知識も身についていない。

教科書を齧った熱心な実習生に下手をすれば負ける程度の知識しかない自負はある。

同門の学生学会で賞を取る中、自分は賞の一つもなし。

読書創作趣味なのに、せいぜい電撃文庫の一次通過が関の山書籍化なんて夢のまた夢。

ゲームでもよくて中の上、とあるゲーム世界大会予選(代表6名/参加者8名)には出こそすれ落選

高校大学において浮いた話の一つもなければ、表彰されることもなし、自慢のできることもなし。

就職だって研鑽を積んだ同期がわさっといる中で、一番劣っている自身はある。

何か成し遂げられる素養も、熱意も、野心もなし。


人間三十までにリカバリをきかせないとダメ、なんていう意見がある。

だけどそれよりも早い段階で足切りを食らう人間だっているはずで。

こうやって現状を吐露しながらも一向に何もできない自分は、決着のついたコールドゲームを続けようとする阿呆な木偶に違いない。

あな悲しきかな、穀潰し

2019-03-01

保育士は、仕事作法流儀人格に結び付きやす職業

保育と育児は、作業内容は似ているが、仕事プライベートで「場」が違う。

自分のされてきた育児環境は、基本的な「保育学」で「正しい」とされるものと差がある場合がある。

具体的な例として、体罰現代ではNGだが、数十年前の家庭では一般的に行われてきたので、

そのような環境で育った保育士が、悪評価には罰を与えることを「良い保育」と感じてしまバイアスがかかりやすい。

また、「先生」と呼ばれるような、人を指導する立場への根強い社会的信頼感(偏見とも)があるため、

集団を律することに重点を置きすぎ、本来目的であるはずの個々を尊重する支援優先順位が下がってしまやすい。

具体的には、「ほら早く着替えて」「みんなが出来ているのにどうしてできないの」などの、

一般に追いついていない未熟さや個性を、ともすれば悪いものと誤解されるような表現で、子ども支援しようとしてしまう。

人格に正しいものがないように、育児にも正しいものはない。しかし、子どもに携わる福祉職として、正しい保育はある。

子ども人権を守り、尊重されるべき人格の成長過程に寄り添う人的環境として、常に研鑽を積まなくてはならない。

そのためには、保育士同士が互いの人格尊重し合うような職場でなければならない。

2019-02-28

保育士は、仕事作法流儀人格に結び付きやす職業

保育と育児は、作業内容は似ているが、仕事プライベートで「場」が違う。

自分のされてきた育児環境は、基本的な「保育学」で「正しい」とされるものと差がある場合がある。

具体的な例として、体罰現代ではNGだが、数十年前の家庭では一般的に行われてきたので、

そのような環境で育った保育士が、悪評価には罰を与えることを「良い保育」と感じてしまバイアスがかかりやすい。

また、「先生」と呼ばれるような、人を指導する立場への根強い社会的信頼感(偏見とも)があるため、

集団を律することに重点を置きすぎ、本来目的であるはずの個々を尊重する支援優先順位が下がってしまやすい。

具体的には、「ほら早く着替えて」「みんなが出来ているのにどうしてできないの」などの、

一般に追いついていない未熟さや個性を、ともすれば悪いものと誤解されるような表現で、子ども支援しようとしてしまう。

人格に正しいものがないように、育児にも正しいものはない。しかし、子どもに携わる福祉職として、正しい保育はある。

子ども人権を守り、尊重されるべき人格の成長過程に寄り添う人的環境として、常に研鑽を積まなくてはならない。

そのためには、保育士同士が互いの人格尊重し合うような職場でなければならない。

2019-02-19

anond:20190219150607

早期教育重要性は大いに認めます

言葉足らずでしたが個人的早期教育と同じくらい大切だと思うのが、親や周囲の人間から音楽画家活動などが茶化されない、肯定される場所必要だと思っています。その場所を確保してから研鑽するべきだと思います

2019-02-08

知的好奇心

を満たすためだけに色々な本を読んだけど結局にモノにならんかった。

ベイズ統計だの・・・色々。自己嫌悪におちいるよな。でもまあファイト!!

ディープラーニング絡みで申請完成できたのは、よかった。日ごろの勉強研鑽)の成果とも言えよう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん