「考える人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 考える人とは

2018-09-20

学習装置って作れるの?

学習装置”でググってもポケモン情報が引っかかるばかりなのでここで質問する

覚醒時に学習したこと睡眠時に復習すると学習曲線の伸びるスピードが速くなるのは知っているが

そういうライフハック的なのではなく

SF的な学習装置……つまりは産まれたばかりの赤ちゃんに三歳児並の知識を数日で植え付けるような感じの学習装置は作れるのでしょうか?

人工知能の性能向上の方が速いからもはや学習装置を作る意味がないと考える人いるかもしれないけど

13歳くらいの時にすでに30歳の精神知識量があったら……と考えてしま

性的消費は自尊心を消費している

性的消費や性的搾取はなにを消費しているのか誰も答えられない、なんて言われるけど、簡単に答えられる。

性的表現行為をする者が、合意くそれに晒される者の、自尊心精神的安定を消費・搾取・加害している。

これに対して「お気持ちの話」などと揶揄されることが想像できるが、もちろんそうだ、お気持ちの話であり、だからこそ重要だ。

(※追記

合意なく晒される、がどういうことかわからないと言われたので具体例を書く。

強姦される、痴漢をされる、売春をさせられる、スキンシップをされる、「一発やろうよ」などと卑猥言葉をかけられる、近くで猥談を声高にされていやでも耳に入ってくる、ストリーキングなどで卑猥恰好人間が目に入る、店でエッチ作品が陳列されているのが目に入る、ネットエッチ広告が表示される、テレビエッチ描写流れる映画エッチ描写流れる、など。

下記で語ることと同じだが、これらによって不快さが生まれ幸福感が減ることが問題の核心なので、卑猥とかエッチとかの客観的基準定義しない)


気持ちを傷つけることは実害ではないと考える人もいるけれど、社会通念としても司法としても言葉による侮辱罵倒は悪とされているのだから気持ちを傷つけることは十分加害と認められている。

そもそも社会の法やルールは、その社会の中のできるだけ多くの人が幸福に生きることを目指して作られているし、現に運用されていると言えるだろう。

財産健康地位自由社会構造を守るルールも、それらを守ることが、人間幸福感を守ることに繋がるとされているから作られる。

幸福とは何かというのは難しい問題だが、少なくとも「幸福を感じること」は必要だ。

まり、人々の幸福感=幸福気持ちを持って生きるためにルールは作られるので、お気持ちの話こそが本質であり、物質的な話はそれを果たすための便宜的な手法にすぎない。

からお気持ちの話にすぎないか無視してよいというのは妥当ではなく、お気持ちの話だからこそ尊重すべきである


感情への加害は配慮する必要がないという考え方は、昔から「減るもんじゃないんだし」とハラスメント言い訳に使われてきた。

今では「減るもんじゃないんだし」を言う人もずいぶん減ったが、代わりに「性的消費が具体的に消費しているものはない」という言い方になっている。

気持ちの安定が減るし、搾取されるし、それは尊重されるべきものだとわかってもらいたい。


さて、その上で、「お気持ち問題なら、性的行為幸福感を得る人の気持ちはどうなる」という話になってくる。

すれ違いざまに相手の尻を叩くことが楽しい人、性的作品をできるだけ広く展示したい人、街中に色っぽい物がある方が気分のよくなる人、色々いるだろう。

その人たちのお気持ちも、もちろん尊重されるべきだ。

ある人の幸福(感)を増す行為が、別の人の幸福(感)を減らす行為だという状況は、世の中幾らでもある。

それらは、効用比較正義公正倫理観点で最適な落としどころを探られてきた。

性的消費についても、そうしていこうではありませんか。

2018-09-19

Concorde Internationalが最悪の語学学校だった話 2

https://anond.hatelabo.jp/20180919145651の続き。

約束の日にいきなりこの件についてはもう何もできないかディレクターに直接メールしろ日本人スタッフから英語メールがくる。流石にもうブチギレて泣きながら日本人の友人たちに連絡する。その後なんとかメールを作ってディレクターメールを送るも無視。一日おきに2,3通メールを送るも無視され、らちが明かなくなりディレクターに初めてメールを送ってから3日後に知ってる学校スタッフメールアドレス全部にディレクターにこのメールが届いているか確認してくれと送る。そうしてやっとメールの返事が来て、直接話すことになった。

その次の金曜日、このディレクターが最悪だった。

まずディレクターがすごい圧迫的に話をしてきて、こっちが英語上手くしゃべれないのをいいことにいろいろ言われた。ルールに則って追い出してほしいと言うだけなのにも関わらず、「生徒たちのふるまいをコントロールすることはできない」「貴方だけを特別扱いすることはできない」「あなたにいろんな提案を何度もしてきたけれども(部屋を動く、ホームステイをするなど)あなたはそれをすべて拒んだ。だからそれ以上何もすることはできない」と言われた。私はただルールに則って追い出してほしいとだけ話していた。「それはurgedであってルールではない」と言われ。でも最後に確実にIf find you have ignored the rules above you will be asked to leave the house immediately without a notice period.と書いてあるということも言ったが「それでも追い出すことはできない」と言われた。

そのうえ話が飛び「貴方は私が体調が悪い時に三回もメールを送り他のスタッフにもそのメールを送った。しかも他の先生には夜の1時にメールを送ったらしいけど、それはいいふるまいとは言い難いのでは?」と言われた(うるさくて眠れなくて助けてほしいというメールを夜の1時に送ったのは事実しかしそれほど事態が緊迫していたのも事実ディレクターさらに「私は手術も重ねるほど具合が悪くてそれでも責任もあって戻ってきたかこちらにいる間は貴方サポートをするつもりだけど、それはいいことですか?悪いことですか?」と聞かれた。仕事に私情を持ち出すこと自体もう訳が分からないし、そもそも貴方が手術してたことと一部の寮生がルールを守らないことは全く関係がない。

さらに「私の生活が脅かされている」ということをメールで書いたら「レジデンスにいたいの?それとも離れたいの?」と言われて、私は何度も何度も繰り返し言った「私はレジデンスにいたい。なぜならばルールを守っている私が動いてルールを守れない彼らが留まるのはおかしい」と言った。ディレクターは「不思議で仕方ない。生活が脅かされているのに何故そこにいたいんだ?もしそれが本当ならば私たち貴方を他の場所に動かさなくてはならない」と言われた。だから私が動く意味が分からないしルールを守れない彼らがどう考えても動くべきなのに何故私が動かなきゃいけないのか。それを何度も言ったが掛け合ってもらえず、終始圧迫的にものを言われすごく怖かった。

ハラスメントを受けている側とハラスメントをしている側であればしている側の方が悪いのは事実。それでも私を動かすことばかりを提案してくる。そうではないと何度言っても話は平行線になる。

何度も提案をしたとは言うけどもどれも私が動くと言うものばかりでルールに則った行動は何一つとしてない。でもディレクターはこれはルールじゃないと言い張る(テナンシーアグリーメントにそう書いてあって、さらにこれを無視した場合は追い出すとまで書いてあるのに)しかも態度が酷すぎる。どう考えてもパワハラだった。ここには私の英語補佐係として日本人スタッフとあともう一人ディレクター上司がいたけどこのディレクターを止めるものは誰もいなかった。

該当する生徒を動かすのであれば私も動かす必要があると意味が分からないことを言われ、理解できた?(Do you understand?)(この言い方はめちゃくちゃ失礼な言い方)と何度も聞かれる。どうあがいても平行線で、ここにずっといても怖い思いをするだけだし、最終的に「もういいです」と泣きながらキレた。ここでもう一度日本人スタッフに「貴方たちのせいで私は嫌がらせを受けた。それなのにこの態度は酷すぎる。こんな学校だとは思わなかった」ともう一度言うも、「それは違うよ、ああいう話し合いの場を設けるべきだと思ったから……」と言われてもう駄目だと思い諦めた。もう話すことなど何もない、この学校は最悪だと言って部屋を出て行った。友達に会って大泣きした。

ちなみにこの後、寮の共用の冷蔵庫に入れていたもの日本から持ってきた味噌などの調味料、作り置きのおかず、野菜果物や作ったお茶)などがすべて捨てられた。これは私の者だけではなく、他の寮生のものもだ。物価の高いイギリスでなんとかやりくりして暮らしていた私はもうどうしたらいいかからずに泣いた。しかも捨てられたものの中にはおばあちゃん形見味噌も含まれていた。Replaceできるものはすると言われ、こっちで調達できるものじゃないから金を払えと損害賠償請求するも日本人スタッフからディレクターに回り、無視。催促するとキレるくせに、催促しないと無視。本当に最悪な学校だわ。

私は学校選びを間違えた。日本人スタッフいるか安心と思って選んだのが裏目に出た。

Concorde Internationalは表面的にはとてもいい学校だと思う。小さくて、生徒皆顔見知りみたいな感じで、先生との距離も近いしスタッフの人もすぐ顔を覚えてくれる。アットホーム語学学校だと思う。でもトラブルがあった時は多勢に揉み消される。基本事なかれ主義学校で、こうやって表に出る前にも何度も何度も騒音メールを送ったけど、基本「対策をする」とだけ言って無視。今回は数で対抗するために交渉の場に持ってくるという卑劣な手を使われる。ここで行ったのは確実に私の間違いではあったけど。その後は学校側が積極的に生徒にパワハラをして揉み消そうとする。

大袈裟じゃなく、留学人生を変える。少なくとも私はこの留学で大きく変わった。そんな人生を大きく変える留学からこそ、学校選びは慎重にしてほしい。

異国の地で、母国語が通じない世界で、どんなトラブルが起きるだろう。そんなとき、頼る人は誰だろう。それをよく、考えてほしい。

トラブルがあっても揉み消されて、眠れない日々、騒音におびえながら異国で過ごす時間は酷く辛い。私みたいな思いで留学して、異国の街を嫌いになる人が少しでも減るように、この記事を書いた。

カンタベリー」「語学学校」「Concorde International」「評判」「口コミ」などで検索したときにこの記事がヒットするまでになってくれたら嬉しいと思う。難しいと思うけど。

すべての留学考える人の目に、この記事が留まりますように。この記事転載翻訳自由です。少しでも多くの人の目にこの記事が留まるよう、協力してくれると嬉しい。長々と失礼いたしました。最後まで読んでくれた皆さん、ありがとうございました。皆の留学生活がよりよいものになることを祈っています

2018-09-18

IT部門の苦悩(14):日本企業の「トヨタシンドローム」がIT有効活用を阻む

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/japan.zdnet.com/article/35125411/

・筆者はトヨタ現場主義理解してない

・筆者はトヨタIT管理に何も触れずに戦犯扱い

これ系のコメが多いけど、記事全文を読んだ私の感想とはあまりに違いすぎて驚いた

この記事の要点をまとめると

金も知恵も出さずに、一流企業並の結果だけ求める三流経営者と、現場信仰の強い組風土が、IT導入を失敗させる原因」となる

そのダメっぷりを摘示しながら、彼らのベンチマークになっている存在、という文脈トヨタの名が登場する

組織的な基盤の違いを鑑みずに、トヨタ猿真似を強いる三流中小企業ダメっぷりについて述べた記事であって

トヨタ現場主義も、トヨタIT管理批判対象には実はなってない

さて、ここで当該記事から引用させていただく

"経営立場からは、限界突破しろということなのだろう。トヨタ自動車は、世界でも最高峰の強力な企業集団である。そして、実は膨大な費用ITに使って、物量でも圧倒できる存在でもある。一人ひとりの強さの裏打ちは、組織全体としての強さと両輪であるしかし、トヨタ自動車に感化された経営者には、こうした強い組織や巨大な調達力を持っている企業と同じことを、そばにおいて考える人結構多い。日本最高、世界トップクラス企業と同じような考え方や仕事のやり方を、普通日本企業においても実現しろと指示が飛ぶことがあるのだ"(原文まま)

これだけはっきりと「トヨタ自体批判してない」「その猿真似をする経営者の身の丈に合わない導入戦略稚拙さ」を嘆いていることが書かれてあるのに

なぜか「的外れトヨタ批判」と怒るブクマカが多数となったのだ

一体どこをどう読んだら、そうした思考に至れるのか、私にはさっぱり分からない

頭の良い人いましたら解説してください

2018-09-14

原発再稼働してやるからカネをくれ

北海道地震をうけて、何故か「泊原発が稼働していたら」という話が独り歩きしており、それに対する議論がどこまでいっても頓珍漢なのでちょっと書く。怪文書ブームなので丁度良いでしょう。

 大前提として、「泊原発は何故止まってるか」という部分が解ってない人が多い。泊原発が止まっているのは、反原発嫌がらせが原因ではない。コスト時間がかかりすぎるので、北海道電力が投資に二の足を踏んでいるから止まっているのである。「泊をすぐには動かせなさそう」と判断したあと、ガス小売も見込める石狩火力の計画にはスムーズシフトしているので、北海道電力の判断は正しかったと思っているが、残念ながら、今回の地震には間に合わなかった。本当に残念だ、と言う他ない。

 じゃあ何故「再稼働にはコスト時間もかかりすぎるのか」・・・まあ愚問である。どっかの東京の方の電力会社やらかしたので、掛け金が跳ね上がった、簡単に書くとそういうことだ。(関西電力九州電力等60Hzエリアの電力会社さんは経営資源をしっかり振り分けて、再稼働を達成しているが、それは会社としての投資判断の違いなので、ガス火力新設に舵を切った北海道電力とどちらが正しいかとは一概にいえない。再稼働したとしてもペイする投資なのか、単なるバーゲンセール原資になってないか等色々外野からは言われてはいるようだ。)

 超法規的措置で動かせば、とかいうアホもいるが、そもそも2か月ぐらい立ち上げにかかるし、審査が概ね終わっているならいざ知らず、まだ何にも進んでない段階で、何を「超」するのか意味不明である。せめて具体的なプロセス言及してからそういう発言をして欲しい。官房長官否定しているような話を引っ張り出して何がしたいのか理解に苦しむ。

 こういうことを言うと、「電気は命」「原発を動かさないと命は守れない」等々綺麗事をいう人間が出てくる。だから~、その動かすためにはカネも人も時間もかかるんだってーの、大体元が「東京もんの不始末」なんだから、そこまで言うんだったら、東京でカネを集めておくれよ。ロケット飛ばすつもりで、都民1人から1万円ずつ徴収して、1200億円ぐらいあつめたら、いくばくかの足しになるからよ。再稼働しろっていうなら、カネをくれ。

 日本人の悪い癖だが、目的目標があっても、叩きたいやつを叩いて満足したら、あとはなーんもしなくなる。おかしなこと言ってるやついないかなーって検索して、晒して、叩いて、そこで終わっちゃあ原発は動かないんですよ。全く意味がありません。

 

カネ、カネを下さい。再稼働してやるからカネをくれ。

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

 

さて、言いたいことを言ってスッキリしたあとに、何にもしないのも良くないので補足をいくつか書く。

 

1.電力自由化で、償却の終わっていない大規模電源には厳しい時代である

元々、原子力発電投資を40年ぐらいで回収するモデルで、(今後開発が検討されている「安全性の高い原子力発電所」は60年程度と聞いていますが)短期投資回収が重要自由化市場とは非常に相性が悪い。新設を行おうと思ったら、その40年超の長期ビジョン必要となるが、そんな長期ビジョンを見据えてもの考える人が今はそもそもいない。そして、7月のエネルギー基本計画にも原子力発電の新増設は明記されなかった。そのことにショックを受けている人が結構多い。そして再稼働を進めて行くといっても、「コストの方は各電力会社で頑張って下さい、貴方達元々国に頼りすぎです」的な感じなので、大都市圏を押さえている電力会社はともかく地方電力はなかなかに厳しい。「ゼロエミッション電源」「脱炭素現実的選択肢」とか持ち上げられながら割と扱いが悪いので酷い話である

コスト競争力的には、火力であっても、償却の終わった発電所が一番強いので、電力自由化採用した段階で、大規模電源への投資は減衰して予備率が下がっていく(実際海外の事例では下がってる)。それならばやはり総括原価方式が良かったのかというと、人口減少で需要も減少していく段階なので、稼働率の低い発電所は不良資産まりお荷物いである。よくメタボ揶揄されるが、事故を契機としたとはいえ自由化への遷移は不可避だったといえる。

 

2.国の方針である「再エネを中心とした分散電源化」とそれを補う容量市場

 先に触れたエネルギー基本計画新聞等では「再エネ主力電源化」と書かれていたが、それは一部しか表現されていない。正確には「分散電源化」である。出力の不安定再生エネを補う形で、電池コージェネレーションを推進し、次世代EVも普及、他方で水素本戦略に基づき水素転換を進めて行こうというのが国の方針である

 再エネの内、太陽光・風力はコストダウンが激しく、様々な国で取組みが盛んである。それに加えてEVというのがミソで、充電で変動を吸収できる電気自動車再生エネと相性が良く、EV覇権争いの影のパラメーター。アメリカ中国が力をいれている中で自動車業界が死なないように日本も力をいれていく方向になっている。あと水素水素はどうなのかな~、福島復興のために再生エネとか水素かに力をいれているのは見た事あるんだけど、再生エネに比べると随分と影が薄い気がする。うまく回せたら強力だとは思うのだが、正直よくわからない。

 もちろん分散電源化だけでは、大きな容量を取れない。だから大規模電源の更新必要だが、先に述べたように自由化状態では、大規模電源への投資は減衰するので、それを補うために容量市場の創設が検討されている。電源開発インターバル考慮して、使用する年度の数年前(日本は4年前)に市場管理者一定需要量を確保することで、新設電源も安定して固定費が回収できるようにする仕組みである。ただ先行する米英でも課題が多く、日本もまだ制度設計の段階なのでこれからどうなるかはわからない。

3.意外に再生エネに熱心な自民党

 これを言うと驚かれるのだが、自民党は割と再生エネに熱心である

 K元首相が脱原発派になったり、K大臣脱原発なのは有名だが、他にも「原子力より再生エネでしょ」という先生はいらっしゃる。これには「エネルギー地産地消」という地方創生のキーワードがあるのが一つ。さら先生方の地元には、遊んでる土地には太陽光林業立地が近ければ木質バイオマス畜産立地にはバイオガスと色々チャレンジされている経営者の方々が結構いるのが一つ。また先生自身FITバブル福島原発事故を経て、実地で勉強された方が多く、下手な営業マンより全然詳しい。官邸原子力に対して淡泊なのも、この辺りの自民党自身の変化もあるのかなと思ったりする。別に敵対的でも無いが、世論を気にしてかプッシュもしてくれない。

 

4.どう転ぶかわからないプルトニウムの話

 

 元々地震の前でも、使用済核燃料とその中にあるプルトニウム問題存在しており、保管しきれなくなったら原発は止まると言われてきた。それはアメリカを中心とした「核不拡散」という体制に入っている以上仕方ないのだが、もんじゅ挫折し、プルサーマルも少数しか進んでない中で、何故か原子力委員会が7月末に保有するプルトニウムの量を削減する方針を打ち出した。

 いきなりかなり踏み込んだ話になったのだが、一説には、北朝鮮の非核化に関連して、アメリカ日本に再処理路線放棄を打診したのではと言われており、「おいおい、そんなリスクもあるのかよ」と驚いた次第である。昔からアメリカ日本プルトニウム保有量が多いことを嫌がっていたので、「量は減らしますんで勘弁して下さい」で逃げられたらいいのだけど、トランプにとっては北朝鮮の非核化第一なのは間違いなさそうなので、まかり間違ってこっちに飛び火しないことを祈るしかない。(ちなみにプルサーマル頑張れも民間扱いの電力会社マターである

  

最後に:原子力魔法の杖ではない。

 

 地震前、電力関係の人に「原子力発電所すごいですね」というと、大体は「そんなにいいもんじゃないよ」という返事が返ってきていた。謙遜っぽいニュアンスもあったと思うが、「一年の内2,3か月は止まっている」「維持コストべらぼうにかかる」「書類が厳しい」等々、そして最後に言われた「言うほど魔法の杖じゃない」「でもお金をかけないわけにいかないし、きっちりやらない訳にもいかない」 

 原発事故が起こって、最近裁判で出てきた「津波リスクをわざと低く見積もって、投資回避した」話を見ると、どうして「きっちりやらない訳にもいかない」と思ってもらえなかったのかと悲しくなる。やらなきゃいけないことはあると知っていた人はいたのに。さらもんじゅ挫折して、原子力政策行方が全く分からなくなった。安全性確保が大事だということは皆一致しているが、それ以外の部分で、長期的な視点物事を進める人は今いない。電力会社自分のところの原発で手一杯、その他はみんなどこか他人事である

 

アメリカじゃ電力事業斜陽産業から規制産業である日本業界の人たちは恵まれてるよ。」そんな言葉を聞いたのは何年前だったか、遠い昔に感じる。エネルギー関係革新的技術ガンガンまれるわけではないが、一度何かがあって、制度から変わり始めると、変化は早い。エンロンのような仇花もあったが、CO2削減、再生エネの隆盛、原発事故、完全自由化IOTによる技術革新等々、特にここ5年ぐらいは次から次へと新しい話が出て来ている。頭を柔らかくして、ちゃん勉強しないとついていけなくなっている。世界はどう動いているのか、国はどこを向いているのか、組織としてはどうあるべきか、そこで自分は何をすべきか。これからエネルギーのことについて学ぶ方は、SNSにあふれる過度に単純化されたお話に惑わされず、信頼できる書籍等にあたることをお勧めします。多分これからめちゃくちゃ変わるからねー。

 以上怪文書でしたー、そんじゃあねー。

2018-09-12

anond:20180912162924

うん、だから、「本屋であってもそれを見た時にハラスメントを受けたと考える人一般的にいる」わけだし

そういう人が本屋に抗議するのも言論の自由だよね?

自主企画ライブに遠方のバンドを呼ぼうとした音楽好きのおじさんと、呼ばれたのにライブ1ヶ月前にドタキャン入れたバンドボーカルのバトルをツイッターで見た

メンバーの一人が友人の結婚式に出ることになったって…そんなんもっとからわかるやろ…と思ったらおじさんがDMの全やりとりを公開していた

そこにはひたすら怒り狂って何が何でも来いと言い続けるおっさんと、丁重に謝り倒したうえで飛行機電車の乗り継ぎを計算し、やはり無理そうだと謝り、代替案(音源無料配布)を出し、それも一蹴されてなお謝り続ける中間管理職のような若者の姿があった

私は以前友人の結婚式の日取りが決まった時、本人のいない場所で「予定とかぶりそう…」とうっかりぼやいて別の友人に「一生に一度だよ???それで来なかったらみんなあなたのことをそういう人だと判断するから???」と詰められたことを思い出した

もっともだと思ったことも思い出した。私はそういう人(薄情)だから悩んだけど、結婚式より大事な予定なんてあんのかよと考える人のほうが多数派に決まっている。

バンドに非がないわけないけど、断れない力が働いてた可能性も十分想像できる。田舎みたいだし。

おっさんさぁ。

これ以上考えてもメンタルに毒だわ。風呂入って寝よ

2018-09-11

anond:20180911180557

はてなでそういう事言うと、子供地元に縛り付ける毒親

どうせ息子は東京就職たかったのに名古屋就職するのを強要したんだろう!!って言われるよ

個人的には、名古屋の方が生活費安いだろうし親が近くにいる事は今後生活する上で色々なメリットになるし、と考えたら

地元就職した方が得と考える人普通にいるだろうと思うけど

あんはてなでそういう発想する人いないからな

日本の人って、無宗教で様々なイベントキリスト教から取り入れるけれど。

 ハロウィンの季節だってことは、地域密着スーパーコンビニからショッピングモールから100円均一ディスプレイなどで否応なく気がつく。これまで、SNSの登場と共にインスタ映えイベントが脚光を浴びているのだろう。ウェイ系のハロウィンオタクコスプレとで、仮装という点で、クロスリンクするところがあるので、爆発的なところと子供にとっての楽しいイベントと相まっている。クリスマスバレンタインのように、商業的な理由から日本に紹介され無意識の散財をさせられているような気にならないでも、ない。

 一方で、多様な考え方を受け入れづらいという面もある。北海道地震の後で、各家庭でジンギスカンしたことについて、一部では眉をひそめる人もいたようだ。出る杭はうたれるということを今まで、見てきた。ベンチャー気質を育てようにも、ベンチャーからお金持ちになるよりは、大企業上司におべんちゃらを言っている方が生涯年収が高くなると言うシステムで我々は生きている。学生時代からセンター試験入学試験でSPI3テストなどで高得点をあげて、良い企業就職することが大切なのだ企業では、面接で上手にコミュニケーション能力を発揮することが求められているのだ。

 両者ともに、雰囲気空気で決まってしまう。ということがあるのだろう。

 タチが悪いのが、権力者意向にそう空気だ。就職活動での一斉の右ならえのリクルートスーツだったり。

 テニス大坂なおみ選手活躍についても、車椅子部門の国枝選手活躍についても、それほど、関心があったとは言えない。活躍してスポットライトが上がると、我も我もとなるものだ。自分にとってのメリットを考えて、それこそ日本人らしく自分の頭で考える人材へと自然と育まれていくのだ。

 そのうち、日本の常識もがらっと、変わっていくのかもしれない。

2018-09-10

差別する意図が無ければそれは差別ではない」

は成り立たないと思うが

差別されたと考える人がいなければそれは差別ではない」

は成り立つか?

2018-09-08

日本は分裂した

北海道地震停電したことを受けて、

やはり原発必要だと考える人たち

やはり原発不要だと考える人たち

同じ事象に対して完全に逆の結論を導きだしている

もうこの国は完全に分断されている

国を分けて別の国にしたほうがいい

2018-09-06

秘密をばらされたら怒るの当たり前じゃね?

https://www.resetera.com/threads/capcom-angry-with-re2-ada-leak-copystriking-anyone-showing-it-taking-legal-action.66468/

エイダの画像勝手中国企業に流されたってカプコンが怒る。

バカッターではリークくらいでなんで怒ってるの?とかいバカが現れる。

よく考えてみて?

まだ内緒からね?って言われて、秘密保持約束をしているのを反故にしておいて怒らないのおかしいでしょ。

自分に例えて考えりゃいいよ。

絶対言うなよ!って言って、あれほど口止めしたのに自分秘密不特定多数バラされちゃったら怒らない?

そういう話なのに、「程度」という言葉簡単に使うバカな奴がいた。

企業なら、なおさらこれは大事な事なんだよ。

秘密保持契約という企業同士の裏切ってはいけない約束をしているんだから

これって「程度」じゃ済まない話なんだぞと。

たまたま、これはゲームしかリメイク品だったから「これは変わるんだろう」という予想が立てやすものではあったが、

そうであっても、まだ公開してはいけない情報なのだからリークは「程度」じゃない。

なんかそういうのを軽く考える人が増えてんなあ。

2018-09-04

なすがままなら胡瓜はパパ

そう考える人が多いと思うが

なぜ茄子の反対が胡瓜なのか

他にも夏の野菜はたくさんあるんじゃないか

不思議でならない

穴に入れやすそうだからかな

でも新鮮な胡瓜はトゲがチクチクして痛いぞー

2018-09-03

色んなことでおそ松さんが嫌いになった話

すごく好きだったのに、今は見るのも嫌なくらい嫌いだと感じるようになってしまいました。

作品に飽きたのではなく、嫌いになってしまたことが悲しくて、辛くて、まだ自分に折り合いがつけられていません。

気持ちの整理をつけるために、これを書きたいと思います


私は、「おそ松さん」が好きだった。

初めてアニメ放送された2015年、その頃はアニメから離れていて、オタクから随分卒業したと感じていたし、あまり興味もなかった。ただずっと続けていたTwitterを通して、おそ松さん存在を知った。

おもしろい、と様々な人が盛り上がり、二次創作もたくさんTwitterに流れてきたのをよく覚えている。その盛り上がり方に興味が湧いて、見てみたのがきっかけ。

いつもなら流行ってるジャンルは見ても食いつかない、もしくは見る気も起きないことが多かったから、興味が湧いたこ自体自分でも意外だった。

見てみて、おもしろいな、と感じた。下ネタはあるけど意外と大丈夫かも、パロディもあっておもしろいんじゃない?と思った記憶がある。

そこから毎週見るようになって、最初は見分けのつかなかった6つ子たちが見分けられるようになって、どんどんハマっていった。結局、アニメだけでなく二次創作にまでハマるほどになった。それはもう、世間でいう沼ってやつだったんだと思う。

1期が終わって、アプリゲーム、グッズ展開、スペシャル(おうまでこばなし)に騒ぎ、熱は引かなかった。映画になれば近くの公開映画館を探して自分推しの回を見に行って、2期決定をすごく喜んだ。

そして2期が始まって、当然放送日の次の日は無理やりにでも時間を作って見るようにしてた。久々に毎週ワクワクできるんだ、楽しみだな、と思ったし、また動く6つ子が見れることをとても嬉しく思っていた。

でも見初めて、あれ?と思うことが少しずつ増えてきた。なんだろう、1期と何かが違う気がすると思い始めた。

それと同時に、1期からなるべく見ないふりをしていた、あまり評判の良くない行動をするおそ松さんファンを見かけることが増えた。

たぶんこの辺りから、なんか嫌だなと思い始めたんだと思う。

2期と1期の違いは、2期放送から様々な人が言っていた。私が感じたものも、その中に出てきた意見と大差ないないんだと思う。

最初に思ったのは、前より(1期より)下品。ということ。話数を重ねるごとに少しずつそう思うようになった。

私は2期を見て、随分生々しいというか、そういう描写が増えたなと思った。1期の頃は下ネタ発言こそあれど、そこまで生々しいものはあまりなかったと思う。(個人の感想から、そうじゃないと考える人ももちろんたくさんいると思う)

生々しく、下品で笑えない下ネタが増えたというのが正直な私の感想だった。

文字として打ちたくないものが多いから細かくは書かないけど、そこまで下ネタに走る必要があったのか?と思うことが多かった。げんし松だったり、あとは排泄描写があったのもなんだか気持ち悪いと思ったのが本音

話の流れをすぐに笑えない下ネタに持っていってしま安易さにもがっかりしてしまった。

私は1期の下ネタを見ていて、中高生の頃こういう話で盛り上がる男子たちがいたな、という印象を抱いていた。教室にいる、賑やかな男子たちが盛り上がって話すちょっとした下ネタ。当然生々しい訳ではなく、また言ってるよ〜くらいのもの。そういう印象が1期の下ネタだった。

でも2期はとにかく生々しくなった。1期のように下ネタになる単語発言する→盛り上がるといったものではなくて、実際に描写する、というものが増えたように思う。げんし松でも実際に描写されていて、引いてしまたことをよく覚えてる。

他にもイヤミ松野家に来て袋に排泄したりとか、ふくわ術でチビ太とハタ坊が漏らしたりとか。

1期では一松の脱糞未遂があったけど、あれは力んでるだけで実際には出してない。十四松がハタ坊の会社で漏らしたのも、気づいたら出てたみたいな、さらっとしたライト表現だったと思ってる。(私の個人的感想だけど)

それに比べて2期は、描写がすごいというか。ライトじゃない。見ていて引いたし、気持ち悪いとすら思うくらいにはダメだった。

2期は下ネタが強くて引いてしまう割に、他の話の印象が薄かったというのもあると思う。もちろん面白い話もあったけど、下ネタ分を相殺できるだけの話があったかと聞かれると、私はなかったと思う。

例えば、おうまでこばなしも途中、エグくて引いてしまったシーンがあった。未だにそこはあまり見れないけど他の話が面白かったこともあって、そこまで嫌悪感を引きずることもなかった。こういった相殺するだけの話が、2期にはなかったと思う。

から2期は1期と違う、下ネタに走りすぎている、という感想ばかり出てくるのではないかと、私は思った。

正直ロボットになろうと、元ネタがわからないちょっと前の作品パロディをしようと、別に構わない。(面白いかどうかは別として)

でもあの生々しい下ネタは本当にダメで、笑えないものだった。

下ネタだけじゃなくて、何かが1期と違うところはたくさんあるんだと思う。下ネタに走るより、もっとキャラ個性を活かした話とかあればよかったのに、と思わなくもない。

でも、アニメの内容の変化だけだったら、私はたぶん気持ちは冷めても、別に嫌いになったり見たくないと思うほどではなかったと思う。離れようかなくらいには思ったかもしれないけど。

2期は話の変化と同時に、おそ松さんファンの嫌な部分というのをたくさん見た時期だったと思う。1期からファンの嫌な部分はたくさんあって、なるべく知らないように意識して避けていたこともあったけど、2期は避けきれずに見てしまったものが多かった。

アニメ放送が始まる前・放送後の公式Twitterツイートに、ちょっとおかしなリプが多くついていたというのが最初の印象だと思う。

一番覚えてるのは、放送が終わったツイート(ご視聴ありがとうございました!みたいなやつ)に、「○○松をオチに使わないでください!」とか、「○○松あんなにクズじゃありません!」とかそういうリプ。ざっくり分けたけど、同じ回の放送後、こんなリプを見た。こんなリプを見て最初に思ったのは、自分の願望を公式押し付けようとしてて押し付けがましい、見たくないな、だった。

オチに使わないでくださいとか、クズじゃありませんとか、これが原作のある作品に対してのリプで、原作と何か違っていて、それに対しての文句ならまだわかる。

でもおそ松さん原作がない。くん時代とは別物だし、これはアニメオリジナルしかも、今まで全くそういう描写がなくていきなりクズにされたわけでもない。ずっと皆クズだし、オチ別に固定じゃないんだから色んな人がやると思う。

からこそ、このリプを送ってる人たちは自分の願望というか、解釈を送りつけて、そうならなかった内容に文句をつけている、という風に私は感じた。私の推しはこんなことしない!○○松はこうなの!みたいな。

おそ松さん二次創作が盛んだった。旬ジャンルなんてみんなそんなものだけど、おそ松さんというアニメ解釈を色々取れる、はっきりしない描写もあったと思う。だからこそ受け手解釈の幅が広がって、二次創作が活発になったと私は思ってる。

それが、このリプに繋がっているんじゃないかと感じた。解釈をする→それに他のファン共感してくれる→普及。といった感じで、1人の解釈がまるで事実のように扱われる部分があって、それを二次創作だけでなくアニメにまで持ってきてしまう人がいたんだと思う。だからあんなリプが1つや2つじゃなくて、目に入っただけでも結構な数あったんだと思った。

私は公式が全てだと思っているし、そう考える人もたくさんいると思う。でもそれ以外に、自分解釈が正しくて公式文句を付ける・解釈押し付けファンおそ松さんにはたくさんいた。

他のジャンルはあまり詳しくないけど、ジャンル外の人からも色々言われてるだけ、おそ松さんファン特殊な部分は強かったと思う。

他にも○○松が酷い目に合う話だったら許さないみたいなものから、○○(コンビ名)だったら見ないとか、逆に○○は公式!みたいな盛り上がりも多々見えた。公式ツイートを見て、偶然リプを見て、こんなリプばかりだったことに毎回嫌な気持ちになってた。ただツイートしてるだけでも偶然目に入ってしまえばいい気分はしないのに、それがさら公式への発言だと思うと余計に嫌な気持ちになった。

見ないようにしていても検索で偶然引っかかってしまったり、おそ松さんファンに対しての嫌な感情はどんどん出てきたと思う。

1期から知っていたことではあるけど、おそ松さんファン自分の思う通りにならない内容だと抗議する、というイメージが強かった。批判して、改善を求める。でもそれが、ジャンル外の人からは異様に見えていたと思う。(ジャンルにいた人でも異様だと言う人はいたと思う)

色々見てしまたことで、アニメに対するファンの反応に引いてしまったり、怖いと思うことが増えた。それと同時に、この人たちと私は世間で見たら同じに見えるのか、という嫌悪感もあった。(ジャンル外の人からすれば「おそ松さんファンやばいやつが多い」という印象で、おそ松さんが好きなら印象は一括りだったと思う)

それが嫌で、少しずつおそ松さんから離れていった。

同時に、公式文句を言っていたファンほとんど同じキャラコンビ推しファンだったことに気づいてしまった。○○松はクズじゃない!とか、○○(コンビ)だったら見ないとか○○は公式!とか発言していたファン推していたキャラ共通してて。その上で、そのキャラのいる1つのコンビファンも、やたら公式文句を言っている印象が強かった。

私が気づいたのがそのキャラコンビ推しの人だっただけで、他にも過激思想のある別のキャラ推しファンだっていたとは思う。(1期で一番やばいって言われてたキャラファンとかもいるし)

ただ、2期決定前から、正確に言えば1期が終わる頃からそのキャラコンビファンが少し怖い行動や発言をしている印象があった。(そのときアニメほとんど終わってたこともあって、公式にではないけどグッズの公式アカウントとかに色々言っていた印象がある)

それが2期では公式アカウントにも文句を言っていて、段々とそのキャラコンビに苦手意識を持つようになった。今も苦手で、おそ松さんの中でも特に見たくないと思ってしまっている。いいファンもいるというのはわかってる。それでも、見るのも嫌だと感じてしまった。

2期で気持ちが冷めてきたところに嫌なものをたくさん見て、段々おそ松さんへの苦手意識嫌悪感が強くなっていった。

さらに、二次創作を見ていて、これはおそ松さんでやる意味があるのか?というものが増えた印象も強かった。

アプリを通してたくさんの派生ができた。他の作品ではパロディとして自ら生みだすものを、公式に近い形で出してもらえた。その結果、二次創作派生がどんどん出てきた。出てきた当初はそこまで気にしてなかったけど、段々と見ていてこれ、おそ松さんなのかな?と思うものが増えていった。

単純に言ってしまえば、中身(性格)が別人だと思うものが多かった。派生によって、性格が変わるという解釈否定するつもりは全くない。生活環境が違えば、ある程度の違いはでてくると思う。でも、あまりにも違う性格になってしまったキャラは、私にはおそ松さん名前派生作品を使ったオリジナル作品のように感じられた。

そして、二次創作内でも個人解釈公式設定のように広まっていくのがあったと思う。それは派生性格だったり、体格だったりと様々だったけど、公式ではない設定がさも公式設定のように出回ってしまっていたのが苦手だった。

派生作品ばかりが増えていく中で、でオリジナル作品のように感じてしまものが増えて、1つの解釈公式のように出回ってしまたことにとにかく苦手意識が強くなり、二次創作も見れなくなっていった。

あくま二次創作から、見なくても困るわけではないけど、それでも好きだったもの自分気持ち関係なく変化していって、それが受け付けなくなっていくのはすごく悲しかった。


アニメの内容も、ファンの反応も、二次創作の展開もどんどん苦手意識がでて、好きでいるのも、見ることにも疲れて、最終的には嫌いになってしまったんだと思う。好きだった作品を嫌いになってしまたことは、すごく辛いことだった。

公式イラストも、グッズ絵も、着ぐるみでさえ今は見ると嫌だなぁ、と思うようになった。

好きだった気持ちはまだあって、でも見ると嫌い、見たくないと思う自分がいるのがとても辛い。いずれまた、楽しめるときが来るのかはわからない。

今はとにかく、今後新しくハマる作品が出来たときに、冷めることはあっても嫌いになることがないよう、ただ祈っています

ありがとうございました。

2018-09-02

差別適用範囲が分からない

複雑すぎて

男女差別なくすために男も女も同じ更衣トイレ風呂を使う

こんな意見言う奴は極端と思って切り捨ててるけど

ナニが付いたままで心は女の人が女と同じ更衣トイレ風呂を使う

これは使わせない方が差別考える人も相当数居るみたい

自分常識的にはありえないんだけど…

他の差別問題でもそういうありえないような論が真剣議論されてると思うとなんかもう付いていけないっすってなるな

このサイトのおかげで自動車運転をやめることができた。人生救われ

自動車運転はやめることにした

ちょっとの不注意で人を死傷させる可能性が高いし

やめることにした経緯にいたるまでにこのサイトで、自動車運転リスクとかそういう意見があってそれをみてやめることができた

その書かれていた意見の具体的な内容としては、自動車運転は高所作業に刑務所行きのリスクを加えたものだ、とかそういう意見

この意見を書いた人はそれ以外にも自動車運転リスクとか危険性を複数回書いていた

おそらく全て同一人物可能性が高い

俺はその人、同一人物じゃない場合複数の人が書いたことになるからもしくはその人たちの書き込みにより人生を救われた

その人たちの書き込みの内容を引用させてもらうけど、運転で不注意で操作ミスにより人を死傷させたら刑務所行きになって人生終了台無しになる可能性あるしな

俺は刑務所行きになりたくないし運転リスクいからやめることにした

まずこのように運転をやめようと思い始めた出来事があって、それは今年の3月2月くらいに自転車を跳ねそうになってね

具体的な状況は、俺が運転中対向車は渋滞により停車中、そして信号の無い横断歩道

をの近くに進んだ時、その対向車の陰から自転車が突然飛び出してきてなブレーキ踏んで距離が足りてたこともあってなんとかあたらずに済んだ

あれは本当にひやっとしたよ、もし追突してたら刑務所行きになってだろうよ

俺はその出来事があった日から運転は危ないと思うようになった

実はそれ以外にも何回か事故を起こしそうになったことはあったし

それで運転危険だとか運転は割に合わない行為ってネット検索たらこサイトの、自動車運転リスク意見をみてね

それで自動車運転いか危険で割に合わないか、ということがわかった

それで自動車運転はしないようにした

俺はこのサイトのそのような意見を書いた人に感謝している、もしそのよう意見をみかけなかったら自動車運転を再開していたかもしれない、自動車運転という割に合わない行為をだ

そのようなことにならなかったのはこのサイト意見のおかげ

俺はその人たちに感謝している

その意見を書いた人はこの投稿を見ているかからない

でも俺はもしかしたら見ているかもしれないという思いで書いた

感謝気持ちを伝えたくてね、人生を良い方向に変えてくれた感謝のためにね

俺はもう自動車運転なんてしないねあんなにリスクの高い行為はしないに限る

たかが移動手段しかないのにせようリスクが高すぎる、デメリットの方が圧倒的に高いからね

それを具体的に書こうと思ったらその上に書いたようなここの意見を使うことになるから、もしこれを見ていてどんな意見なのか知りたい人がいたら調べてみたらいい

運転 割に合わない

ホンダ社長でさえ運転しない

検索すればこのサイトのそのような意見をみれるから

もし自動車運転している人がこの投稿を見ていたら先ほど書いたような単語検索

して運転リスクとか危険性、割に合わなさを知ってもらいたい

何?自分運転気をつけてするから事故なんて気をつければ起きねえよ、と考える人いるかもしれない

しかし、仮に事故を起こして死亡者や重い後遺症が残った被害者とかが出てから後悔しても遅い

刑務所に投獄されてから後悔しても遅い

そのような最悪なことが起きないうちに自動車運転を1日でも早くやめるべき

最後に、改めて言うけど、このサイト自動車運転リスク危険性の意見を書いた人たちに本当に感謝している

俺はそれにより人生を良い方向に変えることが出来たのだから

その書き込みをした人たちが見ているかからないけど本当に感謝している

2018-08-29

やりたくない理由考える人生なんていやだ

色んなものチャレンジしたい

妊活に効くかもしれない。人工授精キットのすすめ。

ただいま妊活中。

そろそろ疲れてきた。

私の夫は性格は温厚だし、家事はやってくれるし、本当に素晴らしい。

が、欠点ひとつ

なかなかたたない。

たってもなかなか入らない。

入っても出るまでもたない。

自分でやれば、ほぼ出る。

笑いごとじゃなく、妊活中といっても、

妊活にもいたらないことが多い。

一緒に医者に行くかと言っても、なんやかんやと言い訳して行かない。

そのくせ、「子どもができたら○○したい」などと夢をかたる。

こっちは毎月血を流しながら、毎月いらいらする

その日も医者に行って人工授精を試すのはどうか?

それなら、そこまでお金をかけずにできるんじゃないか

という話をしていた。

ふと、夫が言う。

人工授精くらいなら、家でできるんじゃないか?」

調べた。インターネット時代はありがたい。

人工授精 キット」検索

あった。これだ。考える人はいるもんだ。

家庭用シリンジ法キット「プレメントシリン20回分」 オンリースタイル(ONLYSTYLE) https://www.amazon.co.jp/dp/B01070I0VI/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_HXIHBb5TQA7BJ @amazonJPさんから

人工授精医者に行かないとできないと思っていた。

医者でやる人工授精とは違うものなのかもしれないけど、

このキットで今目に見えている課題クリアできる。

しかも、医者に行く抵抗感がない。

取り寄せて、使っている。

成果はまだない。

でも、確率が上がった気がしているし、

今の時間無駄にしている感じがしなくなった。

ちょっと精神的に落ち着いた。

それだけでもよかったと思っている。

これを20回分使い切って、それでも妊娠しなかったら、医者に行こうと言っている。

anond:20180829105951

ヤクザと付き合いがあって金払ってる時点で問題だ、という人もいるし、

解釈によってはこれはまだ分からなくもない。

金払ったってことは依頼もしてたんじゃないか、と考える人もいるだろ

これは妄想だろ。

anond:20180829105438

そりゃ人によるだろ

ヤクザと付き合いがあって金払ってる時点で問題だ、という人もいるし、金払ったってことは依頼もしてたんじゃないか、と考える人もいるだろ

2018-08-28

不細工って障碍者じゃないの?

不細工下駄を履かせないと人並みの人生を送れない。もしかしたら、下駄を履かせたって人並み以下かもしれない。

不細工でも平均以上に成功して、平均以上のパートナー結婚している人など一杯いるので、本人の努力不足でなのでは?と思われるかもしない。というより、世の中そう考える人の方が大多数であろう。しかし、そうであるのなら、平均的な男性以上に年収を稼ぎ、高い地位を獲得している女性など沢山いるわけなので女性差別もされていないし下駄を履かせる必要などない、ということになるだろうか?

不細工人生において大きなハンデである恋愛結婚就職で圧倒的不利であるのはもちろんのこと、イジメに会う確率も高く、自己肯定感の低さから引きこもりにもなりやすいだろう。

人並み以上に頑張って、やっと人並みになれるかもしれない状態がこのまま放置され続けていいのだろうか?

anond:20180828221836

おうちで洗えない素材や仕立てのワイシャツもあるから

衣替え時にクリーニングに出す人もいる

まあ、あとはアイロン代だと思ってる人もいるよ

完全にパピッとするのは意外と手間だからな、一着200円程度なら安いもんだと考える人はい

個人的にはブルジョアだが

2018-08-27

anond:20180825010609

まず、過去にあまたある、「入れ墨」が日本で威嚇的に用いられてきた歴史無視して、「少なくとも私は…ない」というたった一つの事例は、反証にはならない。特に「ない」ことを証明する場合。ああヤクザに脅されたことないんだよかったね、としか言えない。ちなみに、ヤクザに脅されることは、普通仕事ではあまりないだろうが、私はある。某地方都市とある風俗関係店で受付バイトしたとき経験した。「ああこういう界隈には映画でみる『脅し』って今でもあるんだー」という印象。少し上の人による「穏やかな口調の恫喝」、その後のチンピラの「軽い嫌がらせ」までは絵に描いたような展開だった。小競り合いはその後上の方で片付いたらしい。一年でそのバイトやめて引っ越したからよく知らないけど。世の中にたくさんある事例、たとえば企業ヤクザ関係で起きる壮絶な事例に較べればゴミみたいな経験に過ぎないが、ヤクザという存在とセットでの「入れ墨」の威嚇効果は決して無視できるものではないよ。


また、妥協案としてのタトゥーシールに賛成しない人が多いところを見ると、結局「体を傷つける」「引き返せない」「覚悟」みたいなものに(あのりゅうちぇるでさえも)タトゥーをする人の多くは魅力を感じているのだろう。だとしたら、申し訳ないがその「覚悟」をハタにみせびらかす行為が、周囲からすれば大変「重く」感じられるものだし、そういう「重い」行為によって「オレは周囲と違うんだぜ」アピールすること自体が「粋がった」行為、つまり「イキリ」そのものと見られるのを否定するのはかなり難しいと思う。タトゥーを入れる気持ちは「イキリ」ではない、そんな感情は毛ほどもない、と否定できる根拠ってむしろなのだろう?

正直なところりゅうちぇるも含め、タトゥー偏見もたないでと訴える人は、たとえばips細胞医療の発達などにより皮膚再生簡単になってタトゥーが「無痛・気軽に描いて消せる」時代が到来し、まさにタトゥーが「普通」になる時代が到来したら、どんな態度をとるのだろうか。彼らはそういう、覚悟いらず不可逆でもなくタトゥーなんて全然特別ものでないような時代(そういう時代になれば、りゅうちぇるが言うような「偏見」はなくなるだろう)が本当に到来してほしいのだろうか? 本当に? 彼らが愛しているのは本当に「タトゥー」そのものなのか? それとも「イキリ行為のためのちょっとした手段なのだろうか? 反論があればぜひお願いしたい。


そして、反論待たずに決めつけるようで申し訳ないが、そうやってタトゥーを「イキリ行為の便利な道具」と考える人がいる限り、タトゥーへの「偏見」とやらが消えることはないのではないかと思うし、そして、その「偏見」は、偏見を「持つ側」の問題によって維持されているのではなく、実は偏見を「持たれる側」との共犯関係によって維持されているのではないかと私は考えている。そういうわけで、タトゥーへの偏見問題視するなら、まずタトゥーを入れる側のそういう「特権意識自体を鋭く自省すべきだと思う。もしこの先、「タトゥーすげえだろ」と言う人がこの世から消えて、「タトゥー? あ、こんなん全然大したもんじゃないですーw」と言う人ばかりになったら、タトゥーへの偏見とやらも少しマシになるだろう。そういう時代が来て欲しいという話なら、少しは理解できなくはないけど。

2018-08-24

アニメーターを殺すのは制作会社ベテラン

普通仕事とは特殊なのはわかる。

だが一枚数百円で何百枚も仕上げないと、ろくな給料にならないってのは一体いつの時代の内職ですか?

下手すれば、タダ働きで何ヶ月も過ごされるのだっておかしいでしょう?

制作会社ベテランアニメーターは「そうやってスキルを上げてきた」と言うけど、そうやってスキルを上げてきた時代と今では物価の高さも違うわけですよ。

ベテランになれば、それなりに稼げるのかもしれないですけどね。

ベテランになるまでに衣食住に苦しみ続けるのなら、辞めてしまって同人普通仕事をするほうが建設的と考える人たちも出てきてしまうわけです。

時代は変わったのだから、もはやベテランという老害に成り下がったアニメーターは考え方を変えなきゃいけない。制作会社もそう。

もし仮にベテランが「新人アニメーターになぜ気にかけなきゃいかんのか」と少しでも思うのなら、いちいち反応せず物申すのもやめてもらわないと。

口出すなら面倒見てやれよと。

出来ないのに、横から口を挟むことだけはベテランって草しか生えませんよ。

制作会社も売上が云々言ってるけどね、それを理由に支払いを少なくするのはイカンと気づいてくれよ。

頑張ってきた仕上げたら「はい○○○円ね」じゃ、生活できないんですよ。

実家ならまだ救いもある。衣食住はなんとか助けてもらえる。

そうじゃない人は、生活するために別の場所で働かなきゃいけない。

そちらを優先すればアニメーターとしての時間が減るし、アニメーターを優先すれば生活が圧迫される。

同時にいくつものストレスが襲いかかってくる。

そりゃ、作画崩壊にも繋がりますよ。

制作会社からは重圧をかけられ、お小遣いが出るか出ないか程度の給料体制

仕上げる時間にも重圧をかけてくるわけです。

短縮すればするほど崩壊待ったなしなわけですよ。

それが世間に公開されれば、今度は作画崩壊で叩かれるんです。

こっちだってきちんと納得のいくものを仕上げたい。

そこに邪魔をしてくるのは、時間がないという上からの重圧ですよ。

生活のできない給料体制バイトするとアニメーター時間が減る、仕上げる時間さえもあーだこーだ言われ、公開されたら視聴者に散々叩かれる。

なんだよ、これ。

アニメーターやるのどんなに苦行だよって話だよ。

視聴者に満足いかせる作画なんかできないよ。

今、自分が生きるのに精一杯なんだよ。

四方からストレスプレスで圧し殺されそうだよ。

これでも、ベテランはいうよ。

「泣き言いうのは甘え」ってね。

ふざけた業界だよ。

2018-08-22

大阪桐蔭解体されるべき

こんなツイートが流れてきた。

大阪桐蔭

携帯電話禁止

・親との面会は2ヶ月に1回

・外出は月一回のコンビニのみ

今時の若者がこんな生活をしてまでここで野球をやることを望んで頑張ってるんだから、大差をつけて優勝しても心からおめでとう頑張ったと言いたい

そしてリプライのPLの規則、校庭に有刺鉄線という話が連なり、

「何かを得るためには何かを棄てるのは当然、間違ってますか?」

という空恐ろしくなるリプまで付いてた。

これが会社ならブラックも良い所だ。

それを嫌なら他の学校行けとか選手自らが望んで入学たから良いとか

ブラック企業の体質を是正する方向ではなく「従業員が望んで入社したんだから別にいいよね」理論にしているのが本当に恐ろしい。

また、何かを得るためには何かを棄てなければならないというのは誤りだ。

何かを棄てても必ず得られるとは限らず、

人によっては棄てなくても得られる。

現実は「棄てたら得られる確率が上がる人もいるね」でしかない。

棄てたい奴は勝手にすれば良いが、棄て「なければならない」を他人強要して、あまつさえブラック体質を正当化する目的で使うのは愚かとしか言いようがない。

これが甲子園美談として語られているのが本当に恐ろしい。

こういうのを「当然」「美談」と考える人は、就職した後別の人に同じ「美談」をうっとりしながら押し付けからだ。

社会害悪であり、即刻解体すべきだ。

なお球児に罪は無い。優勝は彼らの努力の賜物である。心からおめでとう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん