「大型書店」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大型書店とは

2018-11-16

anond:20181116132215

ショッピングモールの近くの時点で東京であっても都会ではない(たぶん豊洲ぐらい)

駅ビル大型書店が有るような駅の近くは人の住むところではない

東京の住居選びは難しい

anond:20181116121748

何でも停まる駅近くに住む。

徒歩圏に コンビニショッピングモール夜遅くまでやってる書店カフェ

が近いほうがいい。

折角都内住みなのに、大型書店や、ちょっとした買い物したいとき

毎回電車乗り継ぎしてるんじゃ、地方都市に住んでるのと同じ。

東京ショッピングモール駅ビル スポット施設情報

https://www.enjoytokyo.jp/shopping/spot/list/cate-33/

2018-10-20

QOLのために自宅の近くに必要施設

スーパーマーケット複数

本屋大型書店でなくてもよいが、23時ごろまで開いていると良い)

・きれいめな公園神社

これらがあるとQOL爆上げ

2018-10-14

そもそも大型書店さえ減ってる

新宿住みなんだけど、数年前までは今よりも大型書店が多かった

今ではビックロかいビックカメラユニクロと足して二で割ったゴミのような店舗に、当時はジュンク堂書店が入っていた

サザンテラスにも紀伊國屋書店があった

それが今では両方ともなくなり、新宿にある大型書店といえば紀伊國屋書店本店西口ブックファーストぐらいだ


他の街も同じようなもので、書店が昔より増えたという所は無い

なんか虚しいな

2018-09-30

徒歩すぐの圏内コンビニはいくつもある

有名デパートファッションビルにも歩いて行ける

路線が交差する地下鉄駅も徒歩圏内

もう少し歩くと日本最大のJR

国営の巨大な公園もある

映画館だって大きめのシネコンだけで3つ、ミニシアターはたぶん数え切れない

大型書店複数ある


…などなど色々ある環境なんだが、別にこんなもの要らないんだよな〜って気付いてきた

2018-06-18

anond:20180617200828

都内住みの本好きなら、欲しい本があったら店頭在庫大型書店サイト確認してから、実店舗行って検索端末使って書棚見つけるだろ。

わざわざ貶すためにオシャレ本屋行ってるのが見え見えでダサ過ぎる。

2018-06-08

賃貸アフィリエイトサイトを考えてる

たとえば「大型書店から徒歩10分以内・かつ大型スーパーから徒歩10分以内の物件」といった検索可能にすれば、一定の客を取れると思っている

家賃の月額の5%ぐらいのレベニューを得られれば、まあ1件あたり平均5000円か

問題となるのは、「大型書店から徒歩10分以内・かつ大型スーパーから徒歩10分以内」という条件自体Google MapsAPIを使えばできそうだが、賃貸物件Google Maps上に表示するための仕組みを考えないといけない

めんどい

2018-05-31

資本主義崩壊に賭ける

資本主義崩壊しそうな気がする。

大型書店に行けば資本主義への批判をしている学術書がたくさんある。

自分就職できないのも資本主義限界からだろうか。

求人を見るとサービス業やらの「感情労働」という事が現代には溢れている。

自分はそのようなものに就きたくない。

最近技術進歩も停滞しているとかいう指摘をグレーバーとかい学者が著書「官僚制ユートピア」とかいう本でやっていたりする。

詳しくは本を読んでほしい。

他にも様々な学者資本主義崩壊しそうだと言っている。

就職できなそうなために、父親から資本主義崩壊に賭けて学者でも目指せよと思いつきで言われることもある。

割と本気だ。

ただ、資本主義崩壊は何時になるかわからない。

ぶっちゃけ、こんなことは容姿が良ければ自分は考えたりしない。

ただただ、セックスして時代に流されるだけだ。

もし、資本主義崩壊すうr 時代が移り変わるときでも美男美女は抱きしめあいセックスするのだろう。

容姿が醜い自分はどこまでも、この醜容姿をどうすればいいのかわからなくなる。

https://i.imgur.com/7zhh6dL.jpg https://i.imgur.com/YsXJVXS.jpg

173cmの身長で醜い容姿だ。MARCH大学生の妹を見る限り、恋愛市場というのは容姿至上主義人格容姿で計られる。

つの時代も醜い自分は惨めだろうという恐怖がある。

美容整形に期待していいのか?

2018-05-12

基本、大型書店で著者の顔写真入りの新刊平積みになっているようなのは全部ダメですよ

2018-05-06

今の書店の衰退を招いているのは古参ユーザー

書店員ブログきっかけでツタヤ書店への批判が集まっているけど、いやいやいや、現実を知らない批判ばっかりで並行する。

出版文化破壊している!」と鼻息荒くしているけども、あのね、すでに出版文化スマホその他で破壊されているの。

その現状に対して抵抗しようと、収益を見込めるように試行錯誤しているのが実際なの。

(1)なぜ書棚をおしゃれにするのか

そもそも本屋には人が来ない。だから見た目もこじゃれた感じにして、新規ユーザーの興味を引かなきゃいけない。それがダメって言うんならあんたら読書家たちで経営が成り立つぐらい購入してくださいよ。現状の収益じゃ成り立たないか新規層の開拓をしなきゃいけないの。

(2)なぜカフェを併設するのか

本だけじゃ利益率が低いから。それがダメって言うなら(以下同文)

おそらく批判している人は都会に住んでいて行動範囲内にツタヤ以外の大型書店があるんだと思う。でも、ちょっと郊外行ったら本屋なんてツタヤしかなくて、ツタヤ文化最後の牙城なんですよ。おしゃれ棚もカフェもやらなかったら、とっくに潰れて本屋のない街になってますよ。

書店を守りたいならツタヤ批判するんじゃなくて、書店で本を買ってくださいよ。金は出さずに口だけ出す。ほんとに頭にくるやつらだ。

なんだか9条護憲派みたいだよね。もっと現実見てくださいな。

2018-05-01

大学時代から人生を転がり落ち続けてきた大馬鹿者のはなし

これから書く記事は、以前ここに似たようなものを書いたことがある。だから本当は違反行為に近いのかもしれないけれど、前の記事妄想だと受け取られてしまって、どうしても納得できなかったからもう一回書かせてもらうことにした。妄想だと思われたのはおれに非があって、たぶん時系列錯綜した書き方が無用な混乱を与えることになったのだと思う。だから今回は単調かもしれないけれど、時系列の古いものから、つまり過去から順番に並べるやり方で行くことにする。ようするに自分語りなわけだけど、タイトルにあるようにとにかくおれが馬鹿なので、「おれの人生はこいつに比べたらだいぶマシだな」と思ってもらえる効果はあるかもしれない。

話は13年前にさかのぼる。おれは入試方式多すぎるやろ!とツッコミを入れたくなる関西の某マンモス大学意気揚々入学するも、出だしからいきなりつまずいてしまう。クラスで友人が1人もできず、桜が舞うころに開かれたコンパでは、桜の下でぼっち飯するおれは教育係の先輩から情けで声をかけられるありさまだった。

自然、人恋しさからおれの足はクラスから離れサークル活動に向かうことになった。そのサークルの同じくコンパで、スパゲティ屋で食事をしているとき、「どこ出身ですか?」と声をかけてくれる男がいた。それが1年前あまり行動を共にすることになるXだった。Xとはしょっちゅうカラオケに行ってガンダムの曲を一緒に唱うなどしたいたのだが、当時おれはカラオケで98とか出るのをいいことに(そんなやつはゴロゴロいるのに)、プロ歌手になれるんじゃないか勘違いして、レコード会社デモテープを送ったりした。しかもその曲が倉木麻衣Secret of my heartときていたのがもう・・・・・・。当時、おれは自分中性的女性的な魅力があると勘違いピンクの服を着るなどし「3次元クラピカ」を自称していたのだった。そんなうぬぼれたふわふわした気持ちもあり、授業からはどんどん足が遠のいていく。1年時の前半にとった単位は4くらいだったと思う。秋になるとサークルもやめ、もっぱらXとつるむようになる。毎晩のように親から仕送りお金レストランでの食事につぎこみ、Xが行きそびっているときはおれがXの食事代も出すようになっていった。そのうちXは交換条件のように、「食費を出してくれるなら(レストランに)行ってもいいよ」と言ってくるようになった。でもおれはじゃぶじゃぶ出した。1人自分の部屋で食べるということが考えられなくなっていたのだ。結局のところ、Xとの関係はおれにとって、1人暮らしさびしさや心細さを埋めるものしかなかったのだと思う。1年たった頃には1人暮らしにも慣れてきたのか、それまでスルーしていたXの1人よがりなあつかましさが目に余るようになっていた。「おまえには社会経験がないかバイト必要だ」とか、「おまえは友達が少ない。友達もできないやつに彼女ができるはずがない」とか、そんな自分意見一方的に押しつけて反論をさせない態度を受け流すことができなくなったおれは、ある日意を決してメールを送る。これまで一緒にいてくれたことに対する感謝を述べたうえで、しか性格根本のところで合わないところがあり、それはどうしようもないからもう関係を終息させたいと。すると笑いながらの電話がかかってきて、「彼女に言ったらありえんって言っとったよ。恋人が別れるときに」するような行為やって」と鼻で笑われ、おれたちの関係は終わった。

さんざんな顚末とはいえ、1歩引いて見るなら人生はまだまだこれから、おれに必要なのは地歩を固めるための1歩を踏み出すこと、つまり授業に出ることだった。しかしおれの人生はここから急速に転がり落ちていくことになる。

授業に出ようとするものの、1時間半受け身の状態で座りつづけるのが耐えられず、教室を途中退出して図書館に行くことが増え、そのうちもっぱら図書館に籠もるようになった。そして図書館PCルームネットに耽溺するようになるのもあっという間だった。友人のいない1人暮らしさびしさを埋めるためではなかったと思うけれど、おれはネットにほのぼのとした暖かいものを求めていた。もっといえば居場所を求めていた。そのことがあって、あるいは元々のどうしようもない性質のせいかもしれないけれど、おれはちょっとした冷やかしやスルーに対してキレて粘着するようになった。糞コテと呼ばれるまでそう時間はかからなかった。活動していたのは2ちゃんと某有名大学の掲示板で、ある日そんなおれの傍若無人ブーメランになって返ってくる。ある日、おれの使っていた数々のコテを1つにまとめた上におれの本名を記したレス2ちゃんに書き込まれしまった。本名検索するとすぐにそのレスが出てくるようになり、おれは事の重大さを悟った。特定された理由は、おれが調子にのって掲示板のEメールリンク先に本名を書いたからだけど、それをコテの数々と一緒にして晒されるなんて思いもしなかった。

そんな惨状にあってもおれは能天気なところがあって、ネットからは遠ざかりつつあったものの相変わらず授業には出ずにぶらぶらする生活を続けていた。いまだに自分を「3次元クラピカ」だと思いつづけていて、そんなキャラクター気分でいるからか、最後自分の思うようになるみたいな根拠のない楽観的気分でふわふわしていて、青春の倦怠を気取って、19世紀の文学作品をかじったりひとカラに行きまくってソファーに寝そべりながらアニソンに浸ったりしていた。食事はさすがに1人買ったものを部屋で食べたり学食を利用したりして落ち着いていたものの、食材を買いに行く店の人に「おひさしぶりですね」と笑顔で言われてこのお姉さんおれに気があるのかなと勘違いしたり、ナンパブログを真に受けてふるえる声で街を歩くお姉さんに声をかけてガン無視されたり、アニメキャラみたいなスタイルのお姉さんの後ろをつけつづけて感づかれて、店の男に告げ口されて男ににらまれたりと奇行が出始めていた。努力むなしくもちろん成果はゼロ、友人もゼロの極寒生活のなかだれつづけ、単位10程度のまま4年生、留年が100%決定していた。親に説得され、なんとか授業に出ようとするも、今度はマイクの音がうるさくて耳が痛いという症状に悩まされる(あれだけカラオケ行ってたのに)。どうしても苦しいなら耳栓するなりすればいいのにみみせんのみも思いつかず、といって親に相談することもなくずるずると授業から逃げつづけ、気がつけば5年生になっていた。5年生のしばらくたった夏ころ、もう単位をとれる見込みはないと親に電話し、退学させてほしい旨を伝えた。そのときも親からも1言も耳栓案が出なかったのは不思議だが、いまさらそんなことを言ったって仕方がない。

退学して田舎実家に帰ったおれは、今度は公務員学校に行き始める。でも相変わらず奇行はおさまらない。電車のなかで見かけたセクシー女子大生をガン見しまくり、友達と一緒に笑われていた。大学中退なのに、ほとんど大学卒業者が受験する地方上級を目指したものの、ここでも根気がつづかず授業に出なくなり、電車に乗って百貨店ケーキを食べて帰ってきたり大型書店で延々と立ち読みして帰ってきたり、もう何をしに行っているのかわからなくなっていった。

公務員学校をやめひまをもてあますようになったおれはまた馬鹿をやらかす。リアル顔をうpして知恵袋評価を聞くという暴挙に出た。しょうゆ吹きそうな顔だったから予感はしてたけど、超ブサイクって返ってきたときはおれのなかでクラピカが音をたてて崩壊していくのが聞こえた気がした。

実家2年目くらいからは聴覚過敏がひどくなり半狂乱になってきて、家の前を車が走るたびに「うるせーっ!」とか「コラぁ!」とか怒鳴るときもあるようになっていた。対人的にも過敏になっていて、母と折り合いの悪い父方の祖父が母に陰険な感じに当たったりすると、祖父がいなくなった後にわめき散らしたりしていた。

3年目のある日堪忍袋の緒が切れたようになって、実家を飛び出すようにして大阪で1人暮らしをはじめた。頭が常に高揚しているような状態大学掲示板演説調の文章をかきなぐり、もはやネット上でも誰ともまともなコミュニケーションをとっていなかった。1人暮らしをしたらすぐアルバイトをするという父母との約束もやぶり本屋立ち読みしまくっていた(図書館のとも思いつかず)。それでも勇気を振り絞って、わざわざ女性募集と書いてあるところに申し込んだら、面接中にひじをついてキレられた。

ある日スマホ書店に忘れて2日後に戻ってきたのだけど、なくしている間に何かをされたらしく、なにも押していないのに勝手意図しない操作をされるようになっていて、そんなのすぐにスマホを破棄するの1択なのにずるずると使いつづけて、結局それから2年くらい使っていた。

そのストレスがあったのかどうか、また実家に戻ってすぐに興奮がおさまらなくなり、精神科に行くと発達障害と言われてエビリファイという薬を出された。

いまはそれを最低量のみながらアルバイトに行っているけれど、アルバイト先に1日数回、2回のコールで切れるいたずら電話がかかってくる。アルバイトに行くまでは実家にかかってきていて、まず同じやつ(ら)の仕業だと思う。悔しいけれど、ネットで暴れていた自分自業自得でもある。いまだ友人はいない。もちろん彼女もいない。でも1日1日生きていくしかない。

2018-04-22

大型書店の近くに引っ越したい

23区比較的遅くまでやってる大型書店ってどこがある?

22:00までやってる池袋ジュンク堂が良さそうと思ってるのだが。。。

2018-04-21

読書効能

同じ程度の知能の奴が二人いるとする

Aくんは毎日はてなを見てくだらない話題煽り合ったりスター付けたりしてる

Bくんは毎日近くの図書館大型書店に行って本を読んでいる

一年後どれぐらいの差が付いてるかって話よ

2018-03-16

anond:20180316000039

女向けも18禁相当のもの18禁しろと言われてるし、

しなければ有害図書指定されるし、

18禁でなくても差別的だったりするような人を選ぶ表現ゾーニングしよう、と言う雰囲気女性の間でもあるんだけど。

表現規制反対!とか言ってる男性のように、18禁やそうでなくても人を選ぶ表現

堂々と公的な場に陳列したい、子供にも見せつけたい、それが許されないのは表現規制、

と言ってる女性がいたらむしろ女性から叩かれるんだけど。

男性向け成人誌を取り扱っていない一般大型書店が、性交渉を描いたBL誌やTL誌を区分陳列もせず販売しているのは特に珍しくないのですが、

性交渉を描いていても18禁指定ではなく区分陳列もされていない男性向け書籍は山ほどあるし、

そういうBLやTLはそれと同程度の描写しかない、というだけ。

そうではないのなら有害指定されている。

18禁指定BLやTLもあるし、そういうものと全年齢のもの描写が違うよ。

読んだ事ないから、全部一緒かつ男性向け成人誌と同程度の過激描写のものしかない、と思ってるんだろうけど。

追記

図書館の件は、さほど性描写が濃くないレーベルばかりだったか問題になったはず。

そういう「BL小説=全部官能小説並みのドエロ認識が間違ってるんだっつーの。

描写がある小説は世の中沢山あるし、勿論図書館にも沢山おいていて何の問題にもなっていない。

2018-03-10

anond:20180310140501

日本人自由勉強ができる。

貧乏人でも図書館があるし、立ち読みも2~3時間あれば新刊読破できる。(都内大型書店なら読書用のベンチもある)

人生ゲーム突破するには、金を稼ぐ力を身に付ける必要がある。

学校テストで良い点を取るための勉強はつまらないけど、金儲けのためにやる勉強不思議と意欲が湧いてくる。

勉強がつまらないって言ってる人はもったいない経済的に自立するチャンスを自ら手放しているようにしか見えない。

2017-12-18

漫画あんまり買わなくなったな

さいこから漫画が大好きで、お小遣いは全部漫画につかってて、

もちろん今でも追いかけてる作家作品があるし、紙媒体でも電子でも買うし読むけど、

数年前と比べると、漫画を読むことも買うこともぐっと減った。

月に30冊は買ってたけど、いまは5冊買えばいいほう。

仕事を始めたころよりも時間全然あるんだけど、気力がない。

からかるくゆるく笑えるギャグとか日常ものばっかり読んでる。

がっつり入り込んで読みたいなと思うのに、避けてしまう。

あと少年漫画なんかだと巻数が多いか時間が取れたときに買おうと思ってやめたり、

完結してからでいいかなとか。全然完結しないけど。

あと、書店に行っても楽しくないなっていうのもある。

メディア化の漫画が大きく場所を取ってて、1クールはそこの棚は変わらないし、

面陳もどこの書店でもほとんど同じ。

賞を取ったやつとか芸人がすすめてたとかばっかり。あとグルメもの

下手したら、A5判のあたりなんて平積みが数年変わってなかったりする。

数年前は、発売したばかりなのに異様に力の入ったコーナーが設けられてるとか、

マイナー漫画が面陳されててちょっとニヤついたりとかあったんだけど、

でもそもそも書店の数が減ってて、そういうことをやってくれる書店は閉店しちゃったな。

書店はしごして、あっちですすめられてたやつ、こっちでは大して推されてないなあとか、

そういうのが楽しかったけど、今やはしごするほど書店ないし。大きい町に行ったら別なのかな。

新刊コーナーもひと月以上同じものが置いてあって、

あの新刊はどこにあるんだろう?と思ったら普通の棚に面出しされることもなく差してあったりする。

売れる漫画しか新刊コーナーに置いてもらえてない。

から新刊の見逃しもすごく増えた。

でも、月に1度来るか来ないかのお客さんにしたら、それでいいんだよなあとも思う。

レジに並ぶのも面倒くさい。

漫画はなるべく紙媒体で読みたいから、書店には行くけど、

地元大型書店レジの列がおかしいからか、わたしに元気がないからか、

一人でも並んでたらもうめんどくさいなってなってしまう。

並んでるレジを見たら、あの漫画新刊が出たときにまとめて買おうと思って、棚に戻してそのまま帰ってしまう。

で、その新刊が出たときにも同じことを思って、そのまま続きを買わなくなったりする。

棚に戻すよりレジに並んだ方が時間はかからないのに、レジを待つことが面倒でしかたない。

まあおよそはわたしの気力がないからだろうけど、なんか悲しい。

買わなくなった人間がなに言ってんだって話だけど。

2017-11-04

図書館が貸すから本売れないってやつ

実際自分タダ乗りしてるから図書館が貸さなくなったら

俺は買うから売れるんじゃねって思うんだけど

あくまで俺個人意見統計的な何かでは否定されるか肯定されるかわからんけど

図書館とか中古書店が無ければ俺はもっと本に金を出すだろう

今日借りてきた本が4冊合計7000円程で図書館なけりゃ

全部買って読むかって言われたら多分読むのは1冊か2冊だけどね

自分支出は抑えたいけど作者には還元したいって思う矛盾を持ってたり

街の本屋がどんどん潰れて大型書店中古書店しか残ってないか

できるだけ本屋で買おうと思うけど電子書籍が便利だからそっち買っちゃう

本買うにしてもネットだったらポイントついて送料無料だし

寄付的な気持ちじゃないと払いたいとこに払えないなぁと思う

2017-10-13

anond:20171012142446

34年ほど住んでますが、特に用事がない限りは近所から出ません。

ただひたすら地元で「生活」してます

ポケモンGOにハマってたとき都内中を駆け巡ってたけどね。

大型書店国会図書館美術館とか博物館など、行きたいと思ったときにすぐに行けるのは東京の利点かなあ。

2017-08-15

App Storeにある書評アプリを全部試した私が、オススメする書評アプリ

おすすめの本を聞かれた時や、どんな本を読んできたか振り返りたい時にすぐに参照できるので、書評アプリをよく利用してます

その過程で、今Appstoreにある書評アプリを全部試したので、その中で、一番おすすめする書評アプリを紹介します。

(ちなみに私は、主に漫画書評を書くのに利用しています

アプリの紹介をする前に、私が書評アプリに求める機能記述しておきます

書評アプリに求める機能(優先度順)


1.作品検索時のサジェスト機能

バーコードリーダーよりも断然利用頻度高い。というかバードコードリーダーって読み込みにひと手間掛かるし、実物がないと検索できないし、いらない子だと思っている。

2.購入日順や評価点順等のソート機能

出版社レーベル名、少女漫画少年漫画等の括りでもソートできるとなおよい。ひと手間掛かってしまうが、自分タグ付けできる機能があればそれで代用できる。

3.新刊の発売通知機能

新刊が発売されたことを本屋さんで初めて知ることが多いのと、マイナー作品って普通本屋には並ばないので、新刊が出ているのを知らずに何か月も経っていることも多いので、欲しい機能

4.新しい本を発見できる/他の人のレビューが読める

新しい本との出会い本屋さんしかないのは悲しい。特に大型書店が近くにないと新しい作品との出会いって少ない。

5.その他

UIが良い

ユーザー数(レビュー数)

アイコンが良い

できれば広告なしが良い

それでは、各アプリレビューを書いていきます

■Readee

一番オススメ

サジェスト機能:有

ただし、検索結果が楽天を利用しているので、1~○○巻セット等の蛇足検索結果も表示されます

また、検索結果がソートされていなく、目的の巻を探すのに一苦労する。こち亀とか1巻を探すのが大変。デフォで1巻から表示されるようになると嬉しい。改善されるのを願ってます

ソート機能:有

色々な項目でソートできるので使い勝手は非常に良い。また自分作品タグけができるので、絞り込み検索もできて便利です。(私はタグ付けするのが面倒なので使っていませんが。)

新刊通知機能:有

ただし著者単位新刊通知されるのでゴミも多い。

・新しい本との出会い/他ユーザレビュー読める:△

ユーザー数が少なすぎてレビューがほぼ無い。あといいねボタンとかSNSっぽい機能はない

UI:良い。

少ないタッチ数でレビューできる。

ユーザー数(レビュー数):めちゃくちゃ少ない。
アイコン:良い
広告:無し(検索結果が楽天市場なのが、広告代わり??)


ブクログ

次点

検索時のサジェスト機能や、評価点以外でのソート機能が備われば、すぐにでも乗り換えたい。

SNS機能機能してそうで良いのと、新しい本を知るきっかけを作ってくれるランキング機能は素晴らしい。

サジェスト機能:無

検索機能楽天市場のやつを使っているので、Readeeと同様に、検索結果が見ずらい。

ソート機能:△

評価順のソート機能のみ

新刊通知機能:△

続巻の通知とかではなく、書籍全般新刊カレンダーがある。

・新しい本との出会い/他ユーザレビュー読める:有

ランキング機能もあって、今話題書籍が知れる仕組みがある。

UI:良い

ただし評価点が5段階なのは粗すぎる、もっと細かく評価点をつけたい。

ユーザー数(レビュー数):多い
アイコン:良い
広告:無し


読書管理ブリ

シンプルアプリ。そのため直感的&サクサク操作できるのが非常に良い

サジェスト機能:無

検索機能楽天市場のやつを使っているので、Readeeと同様に、検索結果が見ずらい。

ソート機能:有

タグ付け機能とかはなく、日付順・登録順・タイトル順・著者順・評価順の標準的ソート機能のみ。(十分事足りますが。)

新刊通知機能:無
・新しい本との出会い/他ユーザレビュー読める:無
UI:良い

機能を絞っていてシンプル構成のため、非常に使いやすい。

評価点も一緒に見られる本棚表示にしてもらいたい。

評価点が5段階なのは粗すぎる、もっと細かく評価点をつけたい。

ユーザー数(レビュー数):SNS機能的なものは無い
アイコン:良い
広告:無し


総合すると、使い勝手を考えるとReedee、SNSとして楽しみたいならブクログシンプル機能だけで良いならビブリアかな。

これ以降はあまり書評アプリとして使えないけど、おもしろ機能思想をもったアプリを紹介します。

■BookMemo

出版社別にソートできる。出版社別にソートできるのちょっと楽しい

Set管理

このアプリ独自性があって非常に良いです。

コミックの各巻をまとめて管理できる機能が使えます。例えばReedeeやブクログこち亀の全巻をレビューするとこち亀本棚が埋め尽くされちゃうけど、このアプリだと1つの書籍のように管理ができて非常に良い。

だけど書評アプリとして最低限の機能を満たしてないので全然使えないアプリ。発想は面白いのに。。残念。

■Stand

良いアプリ

フォローしたユーザーの新しい本の追加やコメントなんかを読める。

書籍版のインスタとかツイッターみたいなアプリだと思う。使いやすアプリだし、新しい本との出会いもあるけど、

レビュー用のアプリではなくて、評価点を付けられないし、ソートもできない。

==========以降は完全に蛇足です==========

映画レビューアプリのFilmarksはすごく使いやすくて、SNS機能楽しいので、

これと同じような書評アプリを作ってくれることを切望してます

もし作ってくれる時にあったらうれしい機能も願望として書いておきます

・傾向が似ているレビュアーの表示機能(これはFilmarksでも同様の機能欲しい)

シリーズものを一括表示

書籍ってシリーズもの多いでしょ。上下巻とか。コミックだとなおさら

こち亀とかワンピースとか各巻レビューとかするときに、画面が占領されてしまって大変だったりするので欲しい機能

2017-03-07

配達人員不足問題で密かに期待してること

ブラック殲滅ってのは置いといて(もちろんそれも期待してるけど)

本屋が息を吹き返してくれないかなーと思ってる

たとえば大型書店の小型出張所みたいなのを街角に作って、

予約とか取り寄せに特化させて、現物の本は余ったスペースにちょっと置くくらいにしたらどうだろ

アマゾンの送料考えたら、中古じゃない本は本屋で取りよせてもらた方が今でも安いんだよね

電子書籍の話はまた別ね

2016-12-07

メールのクッション言葉

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20161206_M1

ブクマ見ていると否定的意見が多い。

あたりまえだが、生活している環境とか職種・業種・職位によってその要・不要も変わってくるだろう。

わたしも元々はメールは「簡潔」に「箇条書き」で「結論ははじめ」に書いてきた。

社内や下請け取引の長いクライアントであればそう困ることも無いだろう。

そんなわたしも、長らく働いていると自然と職位もあがり、

皇族をはじめ、各国の王族VIP相手にレターを書くことが多くなった。

メールだけではなく直筆のことも多い。

メールですますこともあるが、これは侍史宛の実務内容になる)

増田諸氏の中には、所謂「偉い人」相手であっても、すらすらと書ける人もいると思うが、

なかなか書ける人はいないだろう。私は今でも苦手だ。

当然、紙の選択にはじまりインクはもちろん、封蝋まで気を使っているが、

一番気を使うのは、書き出しである

平凡な時候挨拶では、相手大事にされていないと感じるだろう。

いつも悩んで時間がかかっていたが、先輩から歳時記」が便利だと教わった。

歳時記」が何であるかはみなさん知っていると思うし、

大型書店図書館でみかけて、ぺらぺらとめくった人も多いと思う。

本来俳句季語を調べるために用いるものであるが、

これは、事項の挨拶にも使えるし、書き出しにも使える。

初冬の候、いよいよご壮健のこととお喜び申し上げます


これではつまらない。

やまどりの声を聞くことがなくなり、本格的な冬がやってまいりました。


これだけで、送付した人が平地やマンションではなく、冬に近い山に住んでいることが分かる。

とまぁ、とかく面倒でもあるが、

(外向きの用事であれば)メール自分で工夫してみるもオモシロイだろう。

ちなみにペンは安いもので十分である

ふでDEまんねんというふざけた商品名万年筆があるが、

ペン先に確度を付けており、文字に強弱が付けやすい工夫がしている。

これは海外には無い商品で、時々、ペンの種類を尋ねられると

この1,000円の万年筆プレゼントしている。

私はこのペン先の確度が異なるもの複数使い分けているが、

これからはじめてレターを書く、クリスマスカード年賀状に使いたい人がいれば、

55度(若竹)を使うといいだろう。

2016-06-10

天気のいい金曜日は遊びに生きたい気持ちが9割で仕事にならんな。

わが町の大型書店サンミュージック改装中で本を買いに行くのに長浜まで出なきゃならないのがつらい。

まあでも明日ゆっくりのんびり本屋めぐりしたらいいか

今日日生き延びれば明日は休息日だ(←なんで兵士風なんだよ爆)

そしてこの金曜日に口づけを。

2016-05-30

やっぱ書店店舗ってクソだわ

今日はてなで知った『春の呪い 1巻』をアマゾンの画面見せて探してもらったら

「あります」って言ってしばらく探したあと「返品してしまってましたのでありません」だと。


4月25日発売のやつで

多少話題になってて

はてなステマされてる程度にはプッシュされてる商品だぜ。

でも「返品しちゃってありません」。

しかも一度は「あります」って言っておいて。


じゃあアマゾンで買うわ最初から

から見たお前らの利点は何なんだよ。

お前らのとこに会社帰りに立ち寄って声かけた分丸々無駄だったわ。

オフィス街の数軒の大型書店という超有利条件で生き延びてる店でもこれだもん。

そりゃ書店なんか滅びるわ。

あとは立ち読み好きなやつに寄生されるぐらいしか存在意義がない。

2016-04-12

都心ターミナル駅から3駅7分のところに引っ越したんだが生活が捗りすぎてワロタ

当方20台後半、国道16号線付近会社に勤務。

3月まで会社から15分程度の首都圏郊外在住

4月から都心引っ越した。

通勤時間は4倍近くになったが想像以上に生活が捗っている。メリットを紹介したい。

1. 通勤ラッシュと逆方向なのでゆっくり座れる。

読書語学学習、うたた寝余裕。

通勤時間が延びても満員電車で立ちぱと違って時間無駄にならない。

2. 帰宅後は、都心メリットをフルに活用

10時、11時までやっている大型書店家電量販店はマジ便利。

元住んでたところがヤマダ電機しかなかったので、圧倒的な品揃えに感動。

また、飲食店バラエティ豊かで、小洒落たバーにエスニック料理まで何でもござれ。

これまた昔住んでいた場所にはワタミガストが入った飲食ビルと、ラーメン屋くらいしかなかったのでさらに感動。

3. 終電を気にしなくて良くなった。なので、何時間でも飲めるし、映画レイトショーもOK

いざとなれば歩いて帰れる距離だし、タクシー使っても1500円。

普通なら人で溢れる土曜夜の帰りの電車も、各停使えばスイスイ。3駅なので遅さも気にならず。

マジでメリットしかないんだが、東京で消耗する都か言ってる人はどこに住んでるの?

まさか郊外から都心通勤してるの?

なぜ東京で消耗してるの?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん