「公益」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公益とは

2021-06-17

anond:20210617111524

口先だけのカスが大半で聞く価値のある話はほとんどないので黙ってもらった方が公益にかなう

思うのは自由だけど「自動車を減らして自転車を増やしたほうがいい」というのが世界トレンドなんだよね

https://anond.hatelabo.jp/20210616172337

Googleストリートビューとか見てみ。Youtube最近動画でもいい。ニューヨークを。

車線減らしまくって市街地自転車専用道ネットワーク整備しまくってる。

オランダ代表都市アムステルダムもっとからそれをやってる。

自動車を減らして自転車を増やすほど渋滞公害も重大事故も不健康も減らせて、自動車蔓延するより人々の利益社会的利益公益になるからそうしている。

自動車ってのは無駄の多い害物であり、自転車を増やしたほうが公益性が高いというわけ。

世界は「自動車を減らして自転車を増やそう」というのが共通認識パリロンドンノルウェー首都オスロもそう。

2021-06-11

古い郵政職員宿舎とかUR団地とか街の一等地にあったりするけど

アレは土地価値に対して生産性低過ぎて

公益に反してると思うがなぜ潰さないんだろう。

2021-06-05

anond:20210605111313

女性が~男性が~、ってなるのはこの場合アホで、ある種の職業には一時的プライベート犠牲にしてでも公益を優先する義務がある、って腹括ってない不適格者がいるってだけだと思う。公務員は楽というイメージに引っ張られたのかもしれんが、国民全体の奉仕者公共利益の増進に尽くさなければならない、というのは憲法でも定められたルールであって。

2021-05-28

anond:20210528204220

もちろんあなたを責めているつもりは全く無いですよ

公益資するとか名誉毀損にあたるかとかはともかくとして、自分意見を異にする政治家には何を言ってもいいとしてしまっている人たち、スタンスわずきらいだわ

2021-05-19

anond:20210519093214

これって「増田にとっての公益から外れている」行為なので、それを「合理的じゃない」と言い換えているのは公正世界仮説的なバイアス増田にかかっているのではないだろうか

2021-05-16

anond:20210516231136

しかも「公益にそぐわないか発言をしないでほしい」って理由おかしいでしょ。そんなことで発言自由を遮るつもりなの?

これに賛同した人間絶対に「有名人政治的な発信をしても良い」とか言うなよ。

はいブーメラン発言自由を遮っているのはあなたですね。

明石家さんま発言に対するブコメゴミ

さんま コロナワクチン接種しない意向のワケ「ここで打つと体が…」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/articles/367fdadfa2d1ae1a3d70e5718a5a757895554ade

 

まぁ、明石家さんまワクチン打ちたくねえって言ってる記事なんだが、この記事の現時点でのトップコメがこれ。

 

id:tomiyai 打たないのは個人選択だけど、影響力のある人はわざわざ公表しない方がいいと思うけどなあ。(以下略

 

同種のコメントが同じく人気コメントにも並んでて、

id:dot 自分母親クーポン来たのに打たないと言っていて説得中。さんまが打たないことを自身の打たない箔付けに使いそうだから個人自由とは言え公言することは勘弁して欲しい。

id:thesmophoros もちろん個人自由なんだろうけど、影響力の大きい人には公言してほしくないね。打たない人が増えて発症者が増えれば医療負荷が増えるんで。

 

「影響力がある人は公言しないほうがいい」って何それ。

影響力がある人は政治に関する発言をしないほうがいいとか言うのと何が違うの。

しかも「公益にそぐわないか発言をしないでほしい」って理由おかしいでしょ。そんなことで発言自由を遮るつもりなの?

 

そのほかにもいろいろコメントはあって、憤るコメントもあったし、無知を指摘するコメントも多かった。また、明石家さんま個人へのイメージの低下を言うコメントもあった。

これらは別にいい。自分発言で人気が下がるのは発言した本人が背負うべき業だろう。

 

ただ、上に挙げた「影響力のある人間公益にそぐわない発言を控えろ」という趣旨書き込みだけは意味がわからないし、ひどすぎると思った。

これに賛同した人間絶対に「有名人政治的な発信をしても良い」とか言うなよ。

ひどすぎてうっかり増田まで書いてしまった。

2021-04-26

こういう比較動画めっちゃいいな

品川も往期の梅田くらいの人出になっている。

緊急時宣言前後の人出が如実にわかるし、「みんなが我慢してるなら・・・」という抑制力がありそう。

映像メーカーでもあるマスコミはこういう仕事こそ公益資すると思って頂きたい。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE252CW0V20C21A4000000/

2021-04-25

コロナGWも潰されたし、せめてもの副産物として

パチンコ潰してくれないか

駅前一等地に大多数にとってはなんの役にも立たない無駄施設デカデカとあるのって

公益を害してるんだよなぁ

2021-04-15

個人法人か迷ってる人へ

個人事業主法人で悩む人はいると思うが、

乱暴計算すると法人のほうが実効税率は10%くらい高い。

そのままではハッキリいって損である

しかしそのかわりに、個人事業主で見えない世界がある。

たとえば公益に著しく寄与する法人寄付金100%損金になるなど。

こういうのは個人だと知る機会がない。

そうするとその公益の内容を学ぶ機会などが増える。

そうすると事業においても視野が広がる。

まあ税金公益とはいえるわけだけど。

無知のままいいなりに払うか、

それとも合法的節税を学ぶプロセス視野も広げられるかという違い。

10%以上の勉強代の価値はあると思う。

2021-03-06

anond:20210306211806

医者には黙秘を貫いているが、独特の危険性がある業界というのはあるからな。

知っている医者にも守秘義務契約を結ばせるから

一般的には知られていないが、本人たちは知っているリスク職業というものは、あるに決まっている。

命の危険が!とか公益といわれても、それこそ、公益のために飛行機に乗って敵の戦艦突撃してくれ、英霊になれるよという話

2021-02-13

anond:20210213005631

子供社会で育てよう」と言いながら「金は出せ。でも口は出すな。子供国外に住むのも自由からな」とも言うのだからかに滅茶苦茶利己的で私益公益偽装しているよな。

2021-02-06

「公正な論評」ならフェミ叩きもセーフだよな

差別指摘は「公正な論評」 作家竹田氏敗訴―東京地裁

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021020501172&g=soc

前沢裁判長は、竹田氏が著書で「(中華民族は)民度の低い哀れむべき方々」と記したことや、「韓国は、ゆすりたかりの名人」とツイッター投稿したことなどに触れ、山崎氏投稿人権侵害差別が広がることを懸念した公益目的があり、「相応の根拠がある」と判断した。



フェミ男性差別発言に対して「こいつは差別主義者のBBAですよ!」って言うのも人権侵害差別が広がることを懸念した公益目的からセーフってことだよな

フェミパヨクリベラル共はちゃんとそこまで考えてこの判決に納得してるのか?

いつか左巻き共へのブーメランになるんじゃないのこれ

2021-01-28

anond:20210128171315

なるほど

公益に資すとはどういうこと?

公の定義は?公にとっての益とは何?

anond:20210128170515

公益を害するものは、しかるべき罰を受け、対処されなければならない。

それが正義からだ。

2021-01-22

anond:20210121201121

おおむね良いことだと思うので大筋同意なのだけれどすこしだけ、二つだけ加えさせてほしい。

まず一つ目は信用について。

「信用」とは本人が保持するものではないということ。

言ってみれば持っている現金が「信用」そのもの

これの量が信用であり多ければ多く信用がある。少なければ少ない。

これは本人が持っている信用を一次的に具現化しているものからそうだと言える。

ならば「信用」の本体はどこにあるのか。銀行の台帳に書いてある名前が「信用」そのもの

ネットでは顔と名前を出した時点で銀行に口座をつくったようなものになる。

銀行の台帳に名前を記した状態と同じになる。

そこから、その口座にいくら入れたか出したかの記録が信用となる。

借金が帳簿の上では資産になるとはそういうことだ。

銀行から出した金が当人の口座に入ってる、信用が口座に振り込まれているということは銀行が帳簿の上では貸付として信用をマイナスというリスクを背負って、口座の当人現金という信用をプラスにしている。

借金はすればするほど信用がプラスになっているのだ。

もちろん、借金が出来る前提はあり借金ができない人もいる。もともと信用がないものには貸し出さない。

これだけで伝わる頭の良い人たちばかりで良ければよいのだけれども、念のためにもう少し信用について話したい。

小切手現金に変わる信用として出てくるが、これは銀行振り込みを手動で行っているのと同じ。

現金持ち歩いてないけど今すぐ振込をしてあげたいが端末がない、現金持ち合わせもない、銀行にはあるのだが、という時に使うもの

その紙切れが信用を使って現金にできる、というわけではない。

信用をつかうのは等価で交換するとき現金を使う事ではない。

日本硬貨には日本国と書いてある。これは政府発行通貨でその資本日本にあるもの全てがそうだ。担保がある。

これを交換するときにわざわざ土地と船を交換するとき土地を持って行って船を持ってきた客と交換するのかというと無理があるから金に変えている。

小切手みたいなものだ。その商品の換わりに政府がそれの価値保証している日本のものだ。

日本価値のものなので、それを偽造することは日本で起きる事実日本がそれを事実とみとめるその基準を歪ませることなので重大な罪になる。

その他に日本銀行が発行している券がある。いわゆるお札だ。これは「信用を価値とする」ものだ。

担保がない。可能性について、未来について、予定について価値をつけるものだ。

等価交換から貨幣の話に入ることもしばしば見受けられるとおもう。しかしそれはすぐに理論破綻する。在るものを交換しても経済は成長しないからだ。

1年かけて工場建設し、5年かけて生産を伸ばし、そこでイニシャルコスト償却して純利益を伸ばしていく、という事業計画があったとする。

するとまず最初に5年分の出費と収入分の現金必要になる。そんな金があったら工場なんかつくるより投資したほうが得なのでは。

そもそもそんなに土地物資資産を持っている人間がいるわけがない。純粋にそれらを損失させて事業を成す人間などいない。

なので少ない資金から事業を「借金して」始めるわけだが、どこにその「借りてくる金」があるのか。そんなもの存在しない。

なぜなら未来へと時間が経過していくにしたがって誰かが何かの事業で増えていくもののそれであって「現在には存在していない」からなのだ

ではその「架空未来存在するであろう価値」をどうやって現在に持ってきて現金とするのか。それが信用なのだ

その未来分を持ってきて現金として発行するのが「日本銀行券」なのだ。そのお札そのものが信用であり履行されるべき約束であり生産されるべき未来なのだ

まり、信用というまだ実っていない未来を現時点の価値として、銀行担保で現時点の価値へと「銀行リスクを背負って」物資と交換する貨幣まり日本価値保証と変えているのだ。

その信用を託された人間借金をした人間というもの現金として具体的に目に見える形で「信用」が移るので、まるで借金をした当人に信用が移っている、あるように見える。

人間に信用が付くわけではない。信用という銀行が前借したリスクを、誰を使って回収するかという選別によって一次的に価値を借り受ける人間には、実質「リスク」はない。

貸倒というものがある。貸した金が帰ってこないということだ。これは何のリスクなのか、少し考えればわかると思う。

言い換えて現金を手にもっているそのお金の重みが信用だと、上記理解したうえでなら言っても問題ないし言葉としては同じだ。

もし仮に「信用を買った」というのであれば、それはだれかの未来を履行されるべき内容のもとに買い取ったということになる。

かに恩を受けたからそれが信用として、といった形で信用をつかうのはいわゆる信心である個人的個人的ポリシーのもと可能性を信じるのはそれぞれの勝手だ。

良い人だから裏切るはずはない、などと信じるのは個人勝手だ。金が絡むと親族でも豹変するなどの事はあるだろう。個人信心をもとに行動すると結果はそんなものだ。

証書をとり担保をとり連帯保証人を立てる、それくらいは信用について必要なことだという事は個人取引をするのならわかるだろう。

重ねて、信用とは貸出側の帳簿にあるもので、個人が持っているものではない、買えるものでも譲れるものでも人から得るものでもない。

信用についてはここまで。




次に、マルチにハマって経済回してる気になってる事についてなのだけれども、経済学をやっているのならまず帳簿をつけていないのではないか

帳簿をつけてほしい。

どこから金がはいってきて、何を売っているのか。

まず、クラファンで金が入ってきてるってそれは「乞食をしている」だ。

金をくれとしかいってない。そんなもの銀行事業計画書を持って行って借りたらいいものだ。なんなら信用金庫でもいい。

なぜしないのか。返さないからだろう。返す当てがないから。現金が欲しいだけだから

「信用」ではないのだ。その金は。

未来に発生するバリューがないことがその時点でわかっているのだ。

発生した利益還元しますと言えないのだ。生産をしていないのだ。経済活動をしていないのだ。ただ消費して消耗しているのだ。

そして何を売っているのか。それが価値があることなら、損失をしていても価値があるのならNPOになるべきだ。

それならば寄付が受けられる。プペルトラックなんて価値はないと初めから決めつけて事業を開始するのは心苦しいだろうけれども収益があがらないとはじめから予見されているのだからしょうがない。

それでも絵本を見せたい。子供たちに笑顔になってほしい。そう思うのなら寄付を募るべきだ。前後したがクラファンでもいいだろう。

NPOともなれば各業界から支援が受けられる。事務必要もの、決済や運営必要もの、数多くが無料で得られる。活動さら有益であるとされるのならば公益もとれるだろう。

営利活動目的をしている団体、いわゆる一般企業CSR観点からそういう協力は惜しまないだろう。

なぜすばらしい活動に自費で挑むのか。

さらに言うなら、良いことを損失覚悟でやることについて商材そのもの本体提供者が割引をしないわけがないだろう。

定価で商品サロン生に卸して勝手に売って個人収益にしてもいいよ、なんて言うわけがないだろう。

仕入れの値段、借入金事業計画収益、帳簿はエクセルでも100均メモ帳でもいい。簡単ものでもいい。覚書として数字だけ書いていてもいい。

一度帳簿をつけて、自分人生数字としていまいち見直してほしい。

以上二つを、添えて私からもさいとう氏が目覚める日を期待して祈りたいと思います

2021-01-18

anond:20210118130414

やったら速攻しょっ引かれるでしょ?

増田の標準スペック見たいな英一郎を公益に基づいて処分した熊澤事務次官執行猶予なしの実刑判決だったわけで

2021-01-13

自己責任散々20年も焚きつけておいて今更公益を考えて動けって虫が良すぎやしないか

自粛守って見返りになにくれんの?っていうのは卑しいとか

医療崩壊したらヤバいんだぞっていわれたってだから何?って話

そりゃ渋谷ナンパしてたり歌舞伎町スカウトやってるようなコロナなんかにからなくても早晩死ぬだろうド底辺確定の全能感こじらせたクソガキやバカ底辺20代なら叩かれて当然だけどさ

大半の20代なんて仕事選べる立場じゃなければ休めるという選択もなく、コロナ失業保険猶予期間が終わって、しかも親元にも感染リスクがあるから帰るに帰れないので働くために外に出ざるを得ないってなってるからまらないわけでしょ?

そういう奴らに公益考えて座して餓死しろとか言える?

絶対そんなの努力が足りなくて自己責任だろっていうだろ政府って

俺みたいに20代テレワークできる人間なんかIT系でもごく一部くらいなもんで、全員が全員そんな仕事つけないのは自己責任だって理不尽まりないこと言ってたわけじゃん

しかテレワークだって楽じゃねえよ、なんかネット無職ニート障害手帳で食ってそうなこどおじフリーランサーが楽々言ってるけどさ、マトモな仕事ならどこも飽和寸前までタスク振られても一番年下なんだからできませんとか言えんわけで、平常時よりもタスク崩壊クラスでキツくなっとるわ

公益守ってくださいというなら、それなりの見返り寄越せって当然じゃない?

逆に聞きたいけどアンタら20代〜30代の人間なんだと思ってんの?

なんでもいうこと聞いてくれて社会のために犠牲になってくれる仮面ライダープリキュアウルトラマンとでも思ってんの?

自粛して欲しけりゃ金寄越せよ、金、なんならタダで国がセフレつけろ、飯も寄越せ、家賃も肩代わりしろ

それ以外におんどれらが見せられる誠意がほかにあるってのか?

2021-01-11

anond:20210111000145

若い人は自粛しない方がいいよ。特に就活婚活をしていて1年間の努力で今後の人生に大きく影響を与えるようなイベントを抱えているような人は

マスクをつけたり、可能ならオンラインで済ませるような努力をすることは公益心ある振る舞いだけれど、

直接会わないとどうしようもない場合コロナを気にして躊躇するのは人生の損失につながってしまうよ

この損失は他人社会が補ってくれるものではないし、人生において自分より他人を優先するのは大体が歪んだヒロイズムだと思うよ

風俗飲み会場合によっては、コミュ力が鍛えられたりいい出会いにつながったりするので、こちらは人それぞれ考えて行動すればいいんじゃないかな?

2020-12-28

転職エージェント公務員民間企業への転職について語る~後編~


12/28追記

文字数制限に引っかかり切れていたので、前後編に分けました。

転職失敗例1人目 Oさん

性別:女

年齢:当時20代後半

職業地方公務員県庁

所属部署戸籍

採用先:機械メーカー

内定理由事務方面の経験及びポテンシャル

ここから先は失敗例だ。上の2人に比べて具体的な内容は減らしている。

Oさんは外見からも話し方から几帳面さが伝わってきた。履歴書職務経歴書も丁寧な書きぶりだった。誤字も脱字もレイアウトのずれもなく、統一的なデザインを保っている。

資格は持っていなかったが、学歴がよかった。学歴はごく当然に見られるので、いい学校を出ているに越したことはない。

Oさんは転職活動を始めて一か月後に、とある機械メーカー調達部門内定し、入社することとなった。

……さて、転職者の評価があまりにも低いと、企業転職エージェントに対して手数料の返金を求めることができる。

Oさんに関して、そういう旨の連絡が入ったのは返金を請求できる期限ギリギリだったと思う。

相手企業から寄せられた評価は、(良い点も悪い点も)オブラートに包んで言うと以下のようなものだった。

ミスほとんどない

報連相完璧である

・細かいところに気を配りすぎる。そのうえ同僚にもOさんの基準強要する

・短気であり、怒り出すと暴言を吐くことがある

手数料の返金の話だが、度重なる交渉の末に請求はされないことになった。

実際に、Oさんは事務方面の仕事であれば何でもできた。サプライヤーとの価格交渉まで含めて。腕前が優れていたのだ。でも、人柄が相手企業にとってマッチしなかった。

メーカーには穏やかな人が多いので、Oさんのように態度が厳しい人は適合しない。当時の私にOさんの人柄を見抜くことはできなかった。

以後、数年。エージェントとして修業を重ねた。そして、私は理解した。

どんなに一流のエージェントだろうと、1回の面談とたまにする電話相手の人柄を見抜くのは不可能だということを。

できることはといえば――会話をする度に、その人に対して誠実な関心を寄せて、本音で話し合う。ただそれだけしかできることはない。



転職失敗例2人目 Sさん

性別:男

年齢:当時20代後半

職業公営企業

所属部署上下水道

採用先:会計コンサルタント

内定理由財務方面の専門知識

前の3人よりは長くなる。

Sさんは寡黙で実直な印象だった。

公営企業財務会計担当していた。上で述べたとおり、公務員は2~3年で異動になるのだが、彼の場合は同じ部署に長期在籍していた。

そのおかげか、財務会計以外にも、債権回収、草刈りなどの現場仕事災害対応など、幅広い業務を身に着けていた。公営企業決算書を作る仕事をしていたということで、会計知識を生かせる会社を紹介することになった。

Sさんは苦戦した。私のエージェント人生の中で、彼がダントツで一番に――落ちた会社数が多い。公表は控えるが、百社はゆうに超えていた。転職活動は長期に及んだが、それでも彼は最後まで奮闘し、会計コンサルの名門のひとつ入社を決めた。

ひとつ懸念があった。その会社は、過去に弊社が推薦した転職者の評価が低かったとして、手数料の返金を要求したことがある。飲まざるを得ないのは残念だったが、何より無念だったのは、転職者が試用期間で切られてしまたことだ……せっかく入社できたというのに。また転職活動をしないといけない。

能力が低いことを理由として手数料の返金を求めるのはいい。しかし、採用したのであれば責任を持つべきではないか採用側には、雇用者人生の一部に対する責任がある。

Sさん入社意思を訪ねた時のことを覚えている。

Sさん。この会社自分で動けるタイプじゃないと厳しいですよ」

と念を押したところ、

「これまで幾つもの業務改善を担当してきました。次の会社でもやってみせます

という、なにがしかの決意に満ちた答えが返ってきた。

残念ながら、Sさん通用しなかった。入社してふた月も経たないうちに苦情がきた。こんな内容だったと大まかに記憶している。

チャレンジをしない。前例踏襲仕事を進めるうえでの根拠にしている

経験年数にしては会計知識レベルが低い。専門卒の子の方がまだましだ

コミュニケーション能力が低い。言葉のやり取りが受け身すぎて、仲間と良好な関係を築くことができない

といったものだった。

①については、正直こうなるだろうと思っていた。こういう現実Sさん自身が受け入れたうえで変わっていくしかないと考えていた。Sさんが行ったという公務員組織の中での業務改善というのは、裁決のルートを短くする(ハンコの数を減らす)こと、届出書の様式を簡略化すること、棚卸をしやすいように在庫レイアウトを変更するといったものだった。会計コンサルの名門だと、正直厳しい。

②は意外だった。Sさん公営企業決算書を作っているという確証は得ていた。だから安心して推薦したのだ。会計コンサルでのSさん上司にあたる人が私に伝えたことが真実だとすると、彼がいた公営企業で行われていたやり方というのは単式簿記であって、上場企業会計基準でいえば問題外だった。私の認識が甘かった。青二才だった。

③についても、私の人を見る目がなかったということだ。こればかりは難しい。Sさんコミュニケーションができる人だと思っていたけど、あれはおそらく演技だった。人と交流するのが億劫タイプ人間だったけど、転職活動成功させるために必死背伸びをしていたのだ。

Sさんはその後、どうなったかというと……生き残ることに成功した。

財務会計仕事はお役御免になったけれども、隠れた専門能力があった。

特定可能性が極めて高いので言わないが、とにかくSさん路線を変えて生き残った。

因果ではあるが、Sさんのいる会計コンサルというのが、1人目に紹介したMさんのいた自治体が行った「改革的な仕事」をサポートしたところだ。

ここまで来ると隠すのが気持ち悪くなってきたので正直に話す。

全国にある官公庁の中で、最初期に税金をはじめとする公共料金をQRコード決済できるようにしたのが、Mさん所属していた、とある市町村の、とある税務系部署の、とあるチームだった。

タスクフォースに入らないかって先輩に誘われたんですよ~!」と、Mさんは何度目かの電話面談の時に、困惑した笑みとともに喋っていた。普段は、もっとクール淡々とした話し方なのだが……。



3.どんな人が民間活躍できるのか?

最後にまとめる。

私の経験上、いわゆる行政事務公務員民間企業転職するのは難しい。

キャリア官僚場合は違う。彼らの場合エグゼクティブ枠になるので、私のような者ではなく、もっとランクの高い転職エージェントがつくことが多い。

はっきり言おう。転職希望する公務員というのは、相手企業からするとウケが悪い。

問題を起こして免職処分になったのでは?」と邪推する人(気持ちはわかる。実際にそうなんじゃないかという人も来たりする)もいれば、「この人はうちで使えるかもしれない。興味はあるけど、データ不足で戦力かどうかを判断できない……試しに一か月だけ雇用できればいいのに」など、冷静なコメントをくれる人もいる。

転職やす公務員というのは、以下のような特徴をもっている。

専門性特定資格や専門知識があり、その業界で直接活かせるものである。この観点だと、やはり国家公務員は強い。その業界内での許認可を扱うので、必然的事業法関係の専門知識経験が身に付きやすい。地方公務員場合だと、ソーシャルワーカー精神保健福祉士手話資格を持った人が、同じく福祉系の会社公益団体転職できた事例がある。

積極性ルールや慣習が整っていない中でも、常にその場に合った答えを見つけられること。失敗を恐れることなく、本人にとってのベストを出し尽くす習慣があること。

協調性。誰とでも仲良くできること。私が受け持った公務員の中には、コミュ障な人が何人もいた。残念ながら、そういう人は会社員だろうと公務員だろうと、「現職に留まる」ことを強く勧めている。事実上登録拒否だ。本人のためになったと信じている。

お目汚しを失礼した。いろいろ書いてしまったけど、後で内容を修正したり、消したりしないように努める。

何かあった場合は私が責任を取る。

ここまで読んでくれてありがとう

2020-12-09

バカでもチョンでも」は本当に朝鮮人意味しないのか?

バカでもチョンでも」という慣用表現における「チョン」とは「朝鮮人」を指す差別用語である――

という言説に対し、

バカでもチョンでも」における「チョン」朝鮮人のことではない――

とする反論がなされて、いまではそれが定着している。

頭が悪い人に対する「ちょん」という蔑称江戸時代から存在しているので、朝鮮人に対する蔑称とは別物だ、というのがその主張である

まず、その頭が悪いという意味での「ちょん」の語源はどう語られているのか、と調べてもはっきりしない。

拍子木の「ちょん」という音に由来する説と、「ゝ(ちょん)」という踊り字に由来する説とが一応あるが、それがどうやって「頭が悪い」という意味になったか説明曖昧である

公益役職などにおける役務を帳票に記す際、筆頭名主は役職名と姓名を記したのに対して、筆頭以下の同役に対しては「以下同役」の意味で「ゝ(ちょん)」と略記したうえで姓名を記したことに由来し、「取るに足らない者・物」を意味した。

などとWikipediaに書かれていて多少の納得感があるが、これは定説にはなっていないようである

一方で「ちょん」の最古の用例として挙げられるのが、仮名垣魯文の『西洋道中膝栗毛である

ちょん

[名]

4 俗に、頭の悪いこと。また、おろかなこと。

「ばかだの、―だの、野呂間だのと」〈魯文・西洋道中膝栗毛

しかし、「ちょん」の用例が、明治三年の『西洋道中膝栗毛』よりも遡らないのであれば、そもそも江戸時代からあったとする話は怪しいのではないか

西洋道中膝栗毛での実際の表記は「馬鹿だの豚尾だの野呂間だの」で、「豚尾」に「ちょん」という読み仮名がついており、これは明らかに当て字である

拍子木」とも「ゝ」とも関係はなさそうである

豚の尻尾中途半端に短いので「半端者」という連想なのか。

仮名垣魯文造語ではないのかという疑念も浮かぶ

あるいは「豚尾」と言えば中国の辮髪を意味する。

日清戦争明治二十八年)の頃には、中国人の蔑称として「豚尾」「豚尾漢」などが使われていたらしい。

明治三年の時点で「豚尾」と「中国人」が結びついていたかは定かではないが、仮に「チョンは朝鮮人ではなく中国人の蔑称だった」なんてことになるとややこしさが極まってくる。

あるいは、「バカでもチョンでも」という表現は、明治大正の頃でさえ広まっていなかったのではないか、という疑問もある。

調べてみても『西洋道中膝栗毛』の他に同時代の用例は出てこない。

Google Booksなどで検索してみても、どうも広く使われるようになったのは昭和に入ってからだという感じがする。

一方で、朝鮮人「チョン」という蔑称で呼ばれるようになった時期はいつごろだろうか。

こちらの時期もはっきりとしないが、戦前に遡ることは確実である

となると「バカでもチョンでも」が広まった時期と「朝鮮人=チョン」が広まった時期とが接近してくることになる。

朝鮮人のことを「朝公(あさこう)」と呼んでいたのが「チョン公」となり「チョン」となった、というのが一応の定説である

が、頭が悪いという意味の「ちょん」と掛けて朝鮮人のことを「チョン」と言うようになったという説もある。

そうであれば無関係どころかがっつり関係している気がするが…。

1960年代自動露出コンパクトカメラが発売されて「バカチョンカメラ」と呼ばれるようになった(ただしこれはVacation Cameraの日本語読みという説もある)。

一種流行語のように気軽に「バカチョン」と言われるようになったのはこれ以降である

それから1975年には三笠宮崇仁親王が言った「バカチョンカメラ」が差別用語とみなされて抗議を受けたという。

以降、散発的に抗議が起こり、「バカでもチョンでも」は差別用語である、とする認識1980年代形成されていった。

バカでもチョンでもは朝鮮人のことではない」といったカウンターが盛んに言われるようになったのは1990年代からか。

以上から、「バカでもチョンでも」のチョンはやはり朝鮮人のことであった…などと強弁するつもりは、もちろんない。

ここで言いたいのは「『ちょん』という蔑称江戸時代から存在していて朝鮮人に対する蔑称とは別物だ」という主張は怪しいぞということだ。

  1. 頭が悪いという意味の「ちょん」の由来はなにか
  2. 頭が悪いという意味の「ちょん」はいつごろから広まったのか
  3. 朝鮮人蔑称である「チョン」の由来はなにか
  4. 朝鮮人蔑称である「チョン」はいつごろから広まったのか

これらを明らかにしないかぎり「バカでもチョンでもは朝鮮人意味しない」とは断言できないだろう。

2020-12-04

anond:20201204200451

大島てる自己破産マップみたいだね。

問題となるのは、公知の情報であっても編集してアクセスやすくすることが許されるかどうか。

それから公益と本人の利害のバランスか。

法務省人権啓発事項の中に元受刑者への偏見差別を無くすことが含まれている一方で、性犯罪者情報を数十年後も共有できるように求めている人権団体もある。

人権弁護士も賛成に回ってくれそうな上手いロジックを何か考えているのかな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん