「どん底」を含む日記 RSS

はてなキーワード: どん底とは

2021-05-08

anond:20210508031629

思ったけど、「外で働く能力がなくてどん底だったけど、家事育児は向いててうまくやれてる」ってタイプは彼くん女とは言わないのだろうか

相手を振り回すタイプメンヘラ女やヒモはいずれ相手が耐えかねてつぶれるけど、これだと末永くやってってる夫婦も多い

メンヘラ女も専業主婦向き(しかできない)タイプも、どっちも養ってくれる相手がいなければ食べていけないのは同じだけど

2021-05-02

飯塚はよくやってくれたよ

幸福絶頂にある家族どん底に突き落としたのが嬉しいよ

俺なんて結婚できそうにないしさ

夫の方は結婚してセックスして子供まで作って気持ちいいことできたんだからもう十分満足だろ

こっちはそんな経験すらできないんだから

まあみ

2021-04-23

追記

私の彼氏は、仲良くしてた女友達から見てクズいヤツらしくて、女友達彼氏どっちかを選べ。彼氏をとるなら友達やめる。みたいなことを言われて、彼氏をとった結果、縁が切れた友達がいる。

正直、そんな謎な選択を迫ってくる友達の方が傍から見てクズ彼氏よりよっぽどクソでは?と思うから、縁が切れてよかったと思うんだが、なんかふとした瞬間に様子が気になって、SNS覗いてしまう。

そのふとした瞬間が今日きて覗きにいったら…

ペアリングペアリングブレス写真つきの"お祝いにペアブレスもらった''って投稿があった。おそらく婚約結婚したんだと思うんだろうな。

破談すればいいのに。(真顔)

きっかけで知り合った2人が、私が関わりない世界線結婚するの気持ち悪い。

最初は腹が立った。時間がたつにつれて気持ち悪さを感じてきてる。

私が作ったコミュニティから私が排除されて、私のいない世界線で楽しく幸せに生きてるのがとてつもなく不愉快

お互いを繋いだの私なんですが。

結婚式で友人代表つとめるレベルの人であってもおかしくなくない?

感謝されるどころか排除されてるの意味わかんない。失笑

結婚して何年か先、職を失って、親の財産相続の話で兄弟関係が悪くなって血みどろな状況になったのちに、手の施しようがない病状に見舞われるような失意のどん底に落ちればいいのに。

悪魔じゃなくても笑えるって表現いいな。

・まん毛濃いのは悩みだから触れてくれるな。

・私は恨んでるけど。

逆恨み…? アイツらに私に恨みまであるの?!

登場人物は、私/私の彼氏/(私の)女友達/(私の)男友達

女友達は私の彼氏が嫌い 男友達結婚するっぽい

女友達「私が嫌いなあんな男と付き合い続けるなら、友達やめる!」

2021-04-10

ニセ科学信者バカにして自尊心満たしているうちに自分が賢い人間だと勘違いするようになっちゃった哀れな人間の末路

https://twitter.com/squaremania/status/1380401596652158981

こいつもいつか増田に流れ込んできそうだな。

まあこういう人間もたくさんいるんだろうなと。自分を省みないでじぶんより下ばかり見ていた人間の行きつく末路は

・ぼこぼこにされることで反省してやりなおす

自分をみつめることを放棄してどんどん底辺におりていき、増田文章を書くようになる

どっちかだ。現状維持はできない。先輩として待ってるよ。

2021-04-08

anond:20210408041227

その考えはおかしい、自分人生なのにどうして他人頼み?

実際にはこう言ってないけど「他人が恵まれてるの羨ましいか自分にもおこぼれが欲しい」って言ってるように聞こえる

自分を良い環境に置いてる人達が今良い環境にいるのは元々良い環境にいなかったからだと思うけど

それをどうして「良い環境いるからそう思える」って言えるんだ・・・

どん底にいて嫌だと言うなら自分の力で出来る事から努力するしかない

例え話で道端のゴミ拾いだとしても自分の出来る範囲で周りと違う事をして注目される術を得たりして這い上がる努力をして頑張っている

そういう人達を知らないから「恵まれ環境いるから言える」という幼稚な考えが出来る

何かのせいにして努力を諦めて下らない言い訳をして他人おこぼれをねだるような自分が少しでも情けないと思うなら

本当に下にいる人達努力でも見たらどうだ

2021-04-05

anond:20210405152655

人生どん底」くらいの意味で使ってたんだろうな、そういう世間とのズレも含めてリアル弱者っぽさがあってなかなか味わい深い

2021-04-01

anond:20210331194843

ほんとうのほんとうにどん底ならという前提だけどダンサー・イン・ザ・ダーク空想はすべての現実凌駕して唯一の真実になる。

現実に一片でも未練があるなら逆効果なのでやめましょう)

2021-03-25

スキルがなければどん底人生で死んで異世界送りなのか

この世界にお前の居場所ねえから

って言われてる人多すぎ問題

2021-03-22

anond:20210322115810

回復期が一番危ないというよね

どん底時期は体力も思考力も落ちてたのが、物事計画して完遂する力が戻ってくるから

2021-03-19

anond:20210319091951

どこの国も嘘と詐欺ごまかしがあるけど

アジア経済発展でそのどん底の最低のラインも高くなってきた

2021-03-11

anond:20210311104149

何にせよ行動せんと、君の人生どん底のままやで。

給湯室で生保レディと3分おしゃべりするスキルを磨こう!

2021-03-09

これだよ。これこそがエヴァンゲリオンだよ

内容はどうであれ人生の中で絶対やりたいことだったエヴァ最後を見届けられてよかったが。

そうか、一晩眠って気づいてしまった。

それはもはやエヴァ呪縛などではなく、単純に、現実世界の分断の現状をグロテスクに描き出す。エヴァの亡霊か。


シンエヴァ感想を語る者は、どうしてもその語り手自身人生を反映したものになる。

そのとき語り部たちの背景にぼんやりと浮かび上がる、埋まらない格差、分かり合えない差別、富める者はますます富み貧しいものますます貧しい、25年経っても人生が進捗しないことをまざまざと描き出す。

分かり合えるよ。目を合わせて話そう。どん底でも誰かが気にかけてくれるよ。大人になれ。

それはエヴァンゲリオンという知名度話題性を持った立場コンテンツからこそできることで、日本中アラサーアラフォーが大きな関心を持ち影響を及ぼすそんな希望物語を各々の立場から観測し語り共有すること自体が、絶望現実グロテスクに描き出す。

それはまさしくエヴァンゲリオン旧劇場版で示した世界のものだ。

そうか。それが目的だったのか・・・

これだよ。これこそがエヴァンゲリオンだよ

いや、単なる現実

anond:20210308204529

anond:20210309014735

anond:20210308200908

anond:20210309004749

anond:20210308231438

anond:20210308185113

anond:20210308164532

2021-03-05

26の備忘録

今が人生の節目のような気がするのでメモ

高校卒業までは目標を決めてひた走った時代だった。得たもの学力体力友達と自信。

得られなかったもの自己分析視野の広さ。自分に余裕がなかったんだ。

自分コンプレックス、すなわちマイナスプラスにしないといけなかった時代

自信が欲しかった。

大学時代はそれまでの呪縛から解けて一転、ふわふわと流された時代だった。

視野の狭さもコンプレックスだったので、色々なことをやってみるけど、

そもそもやりたいことがない、また別のことをとりあえずやるの繰り返し。

自分目標とするものが見つから漂流していた。

今思えばある程度将来が不明でも何か資格など、これと決めて頑張れば良かったのかもしれないが、しょうがない。

就職はもちろん目標持ってチャレンジなんかできず、消去法を何回も繰り返して見つけたところへ。

意気揚々就職してからは、自分ダメッぷりに落ち込む始末。同期と比較されるのが辛かったのと、配属されたところが社内一忙しい部署だったので更に嫌になる。

自分の思うような仕事もできず、

相談できる先輩もおらず、

業界的に潰しが効かないので転職を考える。

また、当時付き合っていた彼氏と上手く行かず人生の傷を負う。この話は家族にも言えてない。

全部どん底ときに、同じ部署になった同期に声をかけられる。

ま、恋愛対象ではないけど趣味は合うから二人で話してみるかと思ったら3ヶ月後に結婚の話が出るぐらい仲良くなってしまった。

青天の霹靂

話を聞くと、同期も両親を同時に亡くして人生どん底だったからお互いがお互いを必要だった。

思えばここから運が上向いて来た気がする。

結婚し、嫌だった実家を離れ、数カ月後には異動願いが通り業務も楽になった。

自分が望んで動いたわけではないが。気付いたら自分が望む状況が出来上がっていた。

毎日泣きながら電車に乗って元彼復讐する計画を考え、会社では上司と目を合わせない日々だったことを考えると本当に運が良かった。

たぶんここで大分人生の運は使ってしまったと思う。

けれどもそれでいいやと思えるぐらい助けられた。

という感じで1年、2年、余裕も出来て、やりたいことも沢山やれるようになってきた。

仕事自分のペースでやれている。

7年ぐらい運が落ち込んでたのが、やっと上向いてきた感じがする。

生きてると、思わぬいい事もある。

備忘録

2021-03-04

母親匿名掲示板家族のことを書いていたのを見つけてしまったんだが

そんなに知られていい話でもなかったので、

見つけたときは本当に驚き、恐怖のどん底に突き落とされた。

見る人が見ればわかってしまう恐れがあったので、何としても誰が書いたのか突き止め、削除させねばと考えた。

冷静に文章を見て気が付いた。

これは、ガチ家族しか知らない内容だ。

ということは、敵は内部にいる。匿名掲示板書き込みそうな、ネットリテラシーのかけらもない人間。そんな奴は母親しかいない。

すぐに母親を問い詰めたが、奴はあろうことかしらばっくれ続ける。

この期に及んで逃げるのか。

事の重大さを淡々と説くと、母親逆切れ最後には泣いた。

軽い気持ちでやってしまったそうだが、はっきり言って甘い。

泣きたいのはこっちだっつーの。なにしてくれちゃってんだよ。

専業主婦世間知らずで頭が悪いとは思っていたが、ここまでかよ。

今はもうコメントは消えているが、もう二度とこのような思いはしたくない。

中高年はそういうことをやりがちかもしれないので、みなさんも気を付けてください。

本当にネットに疎い人間匿名で、しか身バレしないように長文を書くのは、意外と難しいと私は思う。

2021-02-27

◾︎コンテンツに救われない◾︎

オタク、よく「○○(任意コンテンツ)に救われた」みたいなこと言う。

私は別にそんな事ない。好きなものは沢山あるけど、ひとつのもの人生を変えられたなんてことは無い。多分。

例えば米津玄師に救われない。いい曲だな、好きだなって思うけど、なにかひとつの曲に対してそこまで深い思いがあるわけではない。「私のことを歌ってる」とか思わない。

そう思う人がいるのはいい事だと思う。

苦しんだことがないと言われればそうかもしれない

どん底なんて知らないよ。

うすい希死念慮だけはずっとある。橋の上から、全部の荷物を投げ捨てたらどうなるのかなって思う。やらないけど。環境とか汚染しそうだし。

「助けられた」と「救われた」の違いってなんだろう。

感情の重さかな。「助けられた」だと一時的ピンチを乗り越えた感じがするし、「救われた」だともっと恒久的で、人生に突き刺さるものな気がする。あくまで私の個人的主観感性によるものなので用語意味が間違っていたとしてもいい。

救われたことはないけど、助けられたものはたくさんある。

提出一週間前にリサイクル資源にもならないような文字数をとりあえず稼いだボロボロ可燃ごみ(卒論)を書いてる時、ずっとパソコンの傍にシルバニアを置いていた。Word文字数が表示される画面左下あたりを見てるような感じにしたりして、同時にシルバニアを視界に入れることによってズタボロの可燃ごみ(卒論)を完成させ、とりあえず提出した。スペシャルサンクス欄があるなら、同じゼミで延々通話しながら一緒に卒論を書いた女とシルバニアファミリーを併記たかった。余計なものを付け足すことによってなんらかの弊害がでたら嫌だったので心の内に潜めておいたけど。

卒論口述試問もオンラインだったので、シルバニアを握りしめて正気を保ったり、体調がズタボロになったときシルバニアファミリーを握りしめてた。

頭痛にはEVEシルバニアファミリーと温い布団。これで決まりだね!

他に頭痛によく効くものがあったら教えてください。気圧からくるタイプのやつと眼精疲労系のやつと偏頭痛系のやつお願いします。これから人生に役立てていきたいと思います

2021-02-22

なろう小説の書き方

主人公どん底にする

 イジメる、殴る、蹴る

 見捨てる

 大切なものを燃やしたり潰したりする

 希望という希望を全て潰す

主人公能力に目覚める

XXXという能力に目覚めた

俺TUEEEEEEEEEEE

えっ、俺君が?すごい!!!!!

周囲が俺君AGEEEEEEEEEEE

今更助けませんけど?

見捨ててきた奴や、切り捨てたやつが

助けてくれと言いに来る

ざまぁぁああ!スカッとしたぁああ!

そいつらの転落人生嘲笑

俺は楽しくいきていきまーす!ざまああああああ!



これ、もう飽きた

2021-02-15

未来予言ごっこ

最近2008年会社員を辞めたときのことを思い出してて、そのとき未来予知メールを出してやめるって妄想をしてる。

2008年といえば、iphoneが初めて出てきた年だ。はっきりいってそこから13年で世界はだいぶ変わってる。

そういう自慢話を、あの時俺を追い出した会社のみんなに言ってやってる妄想をしている。

すごいぞ2021年は。

まず君たちの会社は5年後にはない。

2009年9月頃にリーマンショックが起こる。世界恐慌だ。日本への影響は軽微だったが、それでも中小企業はたくさん潰れる。

そして、民主党政権誕生するぞ。予言ごっこバカにすればいい。今は。来年わかるから

このとき日本経済どん底だ。株は今じゃない。2012年安倍政権誕生する。そのタイミングだ。そこから日本株価だけ復活する。

お前らの会社は儲からない。

ジブリ映画は、今年公開の崖の上のポニョ面白いぞ。オチは忘れた。これを言い当てれば、この予言メールも信じてもらえたのにな。

ジブリはその後あまりヒットを出さない。この後「借りぐらしのアリエッティ」「コクリコ坂」「思い出のマーニー」「風立ちぬ」と続く。

あとで、このメールを思い出して、答え合わせをしてくれ。

来年2009年サマーウォーズがヒットする。時を超える少女細田守監督作品だ。ポスト宮崎駿って騒ぎになるぞ。これのオチは「よろしくねがいしまーーーーっす!」だ。

これは覚えとけ。あと新海誠監督もヒット映画を作るぞ。そう、一人でアニメ作ったって人いるだろ?あの人。「君の名は」「天気の子」がヒットするから。覚えといて。

さて。アニメの話はもういい。東京ではたらく君たちが注意するのは、2011年だ。

2011年3月11日しか15時前だったとおもうが、日本大地震が襲う。震度は7強だ。信じられないだろう。みんな体験したことないだろ。

福島県沖で発生。直下型でないからましに見えるが、大津波沿岸地域を襲い、凄惨映像を見ることになる。津波から逃げるトラックが波にのまれ、逃げ出そうとする人が水に沈んでいく様が映像で見える。家の屋根避難した人が家ごと沖に流されていくなんてのもあった。でも地震だけでおわらなかったんだ。

福島原発制御不能となって、メルトダウンを起こして放射能を周辺に撒き散らし、人が住めない時になってしまった。チェルノブイリと同じだ。

信じられないだろう。日本でそれが起こってしまうんだ。東京も大混乱。電車も動かない。君らは徒歩で帰るしかない。2011年3月11日は家で寝てた方がいい。

2011年は「まどかマギカ」っていうアニメがヒットするよ。きゅうべえは宇宙人からね。あいつは悪いやつだよ。

うそう。君らに関係する話として、iPhoneの登場ね。そう今年夏に出るやつ。最初はあまりヒットしないんだけど、来年モデルくらいから一気に普及する。

世界は一変するよ。一人一台、PCを常に持ち歩いて、常にインターネット接続している時代になる。

これは革命だ。

一人一台になることで、一般人インターネットアクセスが当たり前になる。そう社会インフラになっていく。これで世界が変わるのもわかるだろう?

そして、AIブレイクスルーを起こして進化する。ディープラーニングって技術がでてくる。これは教師データを与えると学習して賢くなっていくってことね。まーざっくりそういうこと。

将棋囲碁がその効果が顕著で、過去棋譜データを使ってAI学習させる。10年後はもう人間はまるで勝てなくなってる。

そして、スマホAIさら進化させるんだ。これから10年、AIにとってはカンブリア大爆発の時期と言える。スマホにより「目」を手に入れたと言っていい。

一人一台持ち歩いて、写真を撮って、それをネットにあげる。これを教師としてAI勉強を繰り返すんだ。もうすげーことがおこるって想像できるだろ?

10年後は、いろいろなサービスAI代替し始めてる。自動車自動運転だし、弁護士は職を失うだろうと言われている。さら10年後の2030年はやべーことになってっから

Twitterっていうもの注目ね。2008年のいまも多分存在する。これが世界を変えるよ。注目。

えーっと、あと2011年appleスティーブ・ジョブズはしにます。この予言あたったら、流石に信じてもらえるかな。

あとは、任天堂岩田社長も亡くなってしまう。今から教えに行きたいよ。あと京アニが襲撃されるからこれも阻止しに行かないといけない。

あとなにかあったかな。

そうだ。2020年東京オリンピックなんだけど、パンデミックで中止になるよ。100年前スペイン風邪ってあったじゃん?世界で1億人死んで世界大戦を終結させたといわれるパンデミック。あれが起こります。長いよ2年くらいずっと、外出自粛や夏でもマスク着用。インフルエンザより強力なウィルス。これで志村けんも死んでしまう。

あとは、2020年鬼滅の刃っているアニメがヒットする。千と千尋を抜く大ヒットだよ。

ここまで言えば、俺が未来が見える人間って信じてもらえるでしょ?

あと、2021年になってもハンターハンターはぜんぜん進んでない。

2021-02-13

言葉ってすごい

言葉ってすげーーって身に沁みて分かったことがあった。もしかしたら言葉っていうか日本語が優れてるかもしらん。他の言語に明るくないか分からんけども。

最近、今後自分コンプレックスなっちゃうだろうなっていうことがあってほんとに気分が落ちていた。しんどくて凄く辛かったんだけど同時に、不安に「押しつぶされる」とか何かに「打ちのめされる」とかいう今までは字面しか認識してなかった言葉たちが体感的に感じられるようになったのが面白かった。

朝が来るのがほんとに嫌になっちゃってベッドから起きられないときとか、普通より重力が何倍にも感じられて「お〜確かにこれは押しつぶされるようだ…」と変に感動していた。まあただの鬱の症状っていわれたらそうなんだけど、そういう話はしてない。その時の自分イメージ脳内映像で、高い壁のようなものにぶつかってその末に汚い床に這いつくばってるイメージだったんだけど、それが「打ちのめされ」て「どん底」にいるっていう言葉自分の中でピッタリ合っていて感激したんだよな〜。

たまに、あ!あれってこういうことか!っていう言葉としてだけ知ってたものが本当に分かる状態になることあるけど、言葉ではあんま無いから新鮮だったんよー。

それだけのお話

2021-02-11

森さんを虐めるのはやめた方がいいと思う

みんなウッキウキで森さんを虐めてるけどさ、みんなその後のことちゃんと考えてるの?

元虐められっ子だらけのはてなの連中なら理解できると思うんだけど、虐められた側は虐めた奴らを絶対許せないよね?どんな手を使ってでも虐めた奴らを困らせてやるって思うよね?それと同じ気持ちを今森さんは抱いていると思うんだよね。

そして森さんは組織員長をやめたところで依然権力者なワケです。となるとやることは一つ。「俺を虐めた国民を苦しみのどん底に落としてやる」という気持ちを抱くのは人間として当たり前のことなんだよね。

わたしは「あーあ森さん虐めちゃってどうするんだろ日本国民(呆)」という気持ちでこの騒動を眺めているよ。

2021-02-04

anond:20210204130543

こいつほんまあほやな

うんそうだよ

あっちいって

それとも、みせもの

おまんこついているなら、ストリップ後夜が僕の転職なのかもね

それも

としだからできないけお

今日は失意のどん底なのに

重い罪なんだろうね

せめて神頼みしたことが 心の支えがだめだった

2021-01-29

今年中に新型コロナウイルス収束するか

専門家じゃないので科学分析放棄

占いも専門じゃないがタロットで見てみた。

 

過去:力(逆)悲観、消極的、諦め

現在:死(正)失敗、崩壊、終局

未来運命の輪(逆)不運、悪化混沌

 

だめだこりゃ。今年中にはどうにもならない。

現在が「死」って出来すぎ。だがこれ以下がないどん底

未来はあがきながらも多少前進する感はある。

運命の輪」は逆でもそこまで悪くないかなと。

 

アドバイスとしては「太陽(逆)」が出た。

「深刻に考えず気楽にやれ」という解釈をした。

ネガティブニュースばっか見んな。

開き直れ。

いま楽しめることを楽しめ。

以上。

 

追記

アルカナのみです。小アルカナ多すぎて使いこなせん。

2021-01-26

高知競馬が、この5開催日連続で、売上10億円超え。JRAとの交流競走 (黒船賞) でもない、勝てず、怪我して走れずで高知に "流れ着いた" 馬達のレースで。12年前のどん底期は、年間の売上が38億しかなかったのに。

どん底期は1着賞金9万で、5着に入っても5000円しかもらえなかったのが、今では同じ条件 (C3)で50万円、5着で5万円。ビッグレース高知県知事賞の1着賞金は、どん底期の135万円から、今年度 (2012月31日) は1200万円!

「座して死を待つよりは、出て活路を見出さん」の言葉通り、あえてどん底期にナイター設備投資し、勝利を目指してレベルを高め合う、というスポーツ原則に反した勝てない馬たちを集めた「一発逆転ファイナルレース」を企画し、ゲートに電飾を設置して、現地よりもネットでの見えやすさを意識する。売上が上がれば賞金が上がり、賞金が上がればレベルの高い馬が入ってくる。以前はヨソで頭打ちになった馬が高知で5連勝、10連勝当たり前だったのに、今は、転入馬でもおいそれと勝てないようなレースレベルになった。

高知競馬組合のある程度以上のポストの人たちは公務員なので、いざとなれば潰して元の組織に戻ればいいだけだったのに、挑戦して、立て直した。競馬で「稼いだ」金を自治体に配分して、地域に役立てられる公共事業になった。

みんながみんな、頑張れば報われるなんて思わないし、高知競馬の復活まで耐えられずに去っていった人馬もたくさんいるのだろうけども、それでも、1つの明るいモデルケースとして、広く知られればいいなぁと思う (この前のNHK番組で、相当知られたと思うけど)。

年々生理痛がひどくなっていく中、今日のは特別痛かった

なんなら痛みが頭にまできてしにたくなるくらいのやつだった

しかし先週の月曜日PMSのしんどいのどん底にいて休んでしまった前科があるから今日は頑張って出勤した、偉い

薬は切らしていたのでお湯を2杯くらい飲んで厚着して腹にホッカイロ貼ってやっと行った

逆に言えば痛みに対して絶望を感じなくさえすればいける程度の痛みだった、ラッキー

午前はなかなかエンジンがかからない中、なんとかやり過ごした

休み最近自分によく効くことが判明した市販の鎮痛剤を買いにいって飲んだら、午後から普通にだるい日の感じに戻せた

そして何時間残業して帰った、偉い

辛さとか痛さとか主観がメインのもんはもう当人の中の絶対的価値観なりものの感じ方だから、この程度で偉いとか言うな、とか身も蓋もねぇこと言ってくる奴は胃がもげるような痛みで苦しめ!私はとにかく今日頑張って偉かったのだ。今後は薬は常備しよう

2021-01-20

無職転生はなぜ「俺たちの1位」であるのか

anond:20210118194110

無職転生」を俺たちの1位と評したのは、リゼロの作者だが、これは単に、「無職転生」が長らく累計ランキングで1位を保持したからではない。他作品アニメ化に伴い、今は5位あたりに下がっているが、それでも「俺たちの1位」なのだ。その理由小説書きとしてはかなりオーソドックスものであり、単純に「出来が良く」「人間をきちんと描けているから」だ。つまり文学作品として抜きんでているから、小説であるならば自然と頭が下がるのであって、消費財的なニュアンスライトノヴェルと言う言葉にあるのであれば、「無職転生」はフォーマットこそライトノヴェルだが、本質的にはライトノヴェルではない。従って諸々の要素が、その後のライトノヴェル派生において起源位置づけられると言うこともそもそもあり得ない。フォーマット的に共通する部分があるとしてもその質と意味がまったく異なるからだ。

そう言う意味では21世紀ポップ小説界の主流ではなく、むしろ80年代90年代の「文学的にも評価されたジュヴィナイル小説」、「銀河英雄伝説」とか「十二国記」とか、新井素子の「チグリスとユーフラテス」などの系譜位置づけられる作品である

「なろう」の人気作は、いかにも「なろう」っぽいものが上位を占めると同時に、「リゼロ」もそうだが、「本好きの下克上」などところどころ前世紀のジュヴナイル小説系譜を継ぐ作品もあり、一口にまとめられるものではない。

無職転生」はニートひきこもりと言ういかにもな属性持ちを主人公にしながら、それをギャグとしては用いない。真剣にその影響、生まれ変わってもひきずる痛みを徹底的に描く。その時点ですでに「なろう」のフォーマットから遠く離れている。筆者は作者は本当にニート経験があるのではないかと思ったほどだ。つまり一個の人間属性を軽々しくは扱わないのだ。その端的な扱いがゲイ描写だろう。ライトノヴェルでは、主要な読者層である若年男性感情に訴えるホモフォビアがそのまま剥き出しで晒されている例が結構あるのだが、代表的な例がこれもまた人気作の「盾の勇者の成り上がり」だろう。まったく必要必然も無い場面で男性キャラ同士をギャグとしてくっつけて、「ホモじゃねーよ!」と言わせることが笑いになると思っているしょうもない感性が見られる。それも一度だけではなく二度三度と。他人であっても、一個の人間が生きるということへの想像力が致命的に欠落しているのだ。

無職転生」では番外編でゲイキャラクターを主題に据えた短編があるのだが、その苦悩も自負も覚悟愛情も、決して同性愛好意的ではない人にも感じられるようにしっかりと描いている。まず、そうした「創作者としての当たり前の感性」を持っている時点で、「無職転生」の作者は、なろうの主流からはかなりかけ離れている。

フォーマット的には、

1.トラックに轢かれて死ぬことで転生する

2.生まれかわって赤ん坊の時から意識があるために、ひたすら魔力圧縮の訓練をすることで膨大な魔力を手に入れる

3.複数ヒロイン結婚し、ハーレム状態になる

などのエピゴーネン派生させた要素もあるのだが、その処理の仕方はエピゴーネンとはまったく異なっている。

例として3の要素を見てみよう。

無職転生」では主人公ローデウスは、幼馴染尽くし型のシルフィ、元家庭教師ロリっ子お姉さんキャラロキシー脳筋ヴァイオレンス少女エリスと3人の女性結婚するのだが、それが読者にもキャラクターらにも受け入れられるよう、しっかりと事情を描いている。形式的にはハーレムなのだが、内実はハーレムからは程遠い。どの子大事と言う必然がきちんとあり、それぞれに誠実であろうとするから3人と結婚すると言う事情がある。

ローデウス人生において3度、アイデンティティクライシスに直面するのだが、それぞれの危機で寄り添ってくれたのがそれぞれ3人の妻なのであるドラクエVでビアンカを選ばないと罪悪感があるように、人として「そりゃこの子は捨てられないだろうよ、ローデウスさんよ!」と言う事情がそれぞれにあるのだ。

正体不明の爆発があり、家庭教師先のお嬢さんはるか土地に飛ばされて、やっとのことで2年かけて元の文明地域に戻ってきて、たまたま父親と再会できて一安心と思ったら、その父親奥さん行方不明になっていてあっぷあっぷになっていて、出来のいい息子を頼りたい気持ちもあり、いやとりあえずお嬢さんを無事に送り届けないといけないからという息子に、「おまえ、お母さんのことは大事じゃないのかっ!」と責めて、父子の断絶(和解はするけれど)、その「なんだよっ、親父も分かってくれないのかよ!」と捨て鉢な時になぐさめてくれたのが、そのお嬢さんエリス

ところがそのお嬢さん脳筋ものから、ローデウスと一緒に故郷に戻ったはいものの、なんでも出来るローデウスと較べて自分は何にもできない、横に立つためには鍛えなければ!とローデウスに「(今の自分はまだあなたには)相応しくない」というような置手紙を残して修行出奔。ローデウスは「はは。身分違いって、俺、捨てられたんだな。信じてたのに!信じてたのに!」と人間不信に。悲しくもインポに。

それを癒したのが魔法学院で再会した幼な馴染みのシルフィ。ああ、やっぱり俺を分かってくれるのは幼馴染だけだわ、とラブラブに。そこへ、親父から、「おまえのお母さんが囚われている洞窟が分かったので、救出にあたる。おまえも手伝え」と手紙が来て、妻を残して行ってみればそこにはかつての家庭教師ロキシーパーティーメンバーとして参加していた。で、この作戦、お母さんは助け出せたもの昏睡状態で、親父さんはローデウスを庇って死んでしまう。ローデウスも悲しみのどん底。慰めてくれるロキシーに縋っても誰が責められようか。で、シルフィの承諾も得て、ロキシーとも結婚

最後にはエリスが「はあ? 修行に行ってただけだけど? そう書いてたでしょ? あんたと別れるなんてあたし言ってないんだけど!?」と戻ってきて、エリスも捨てられないので結婚

そう言う事情が丁寧に描かれているだけではなく、読者が納得できるよう仕掛けも施してある。

この3人妻出会う順番は①ロキシーシルフィエリスの順序なのだが、恋仲になる順序が①エリスシルフィロキシーであり、結婚の順序が①シルフィロキシーエリスになっている。つまり出会い、フォーリンラヴ、結婚の順序がシャッフルされているのであり、「先にローデウスに目付けたのはあたしなんだからねっ!」の先が基準ごとで入れ替わるようになっている。だから「みんな先なんだから誰も捨てられないよね」と読者の納得が得やすいようになっていて、その丁寧さはハーレムからは程遠い。妻をモノとして描かずそれぞれキャラクターとして尊重してなおかつローデウス複数の妻を持たせてローデウスの誠実さも毀損しない描き方になっているのだ。

そのそれぞれのキャラクターを人間として尊重しながら物語としての整合性を両立させる姿勢は、他のライトノヴェルハーレム物にはまったく無い要素であり、形こそ複数妻ではあるものの内容はまったく別の物である。こういう丁寧さが「小説としてきちんとしている」と言うことであって、私もなろうで200作以上読んできたが、単純に完成度が「無職転生」は圧倒的に抜きんでている。

今回、日本アニメが望み得る最高の品質アニメ化されたのだが、作り手にこの作品アニメ化するためだけのために新しい会社を興させるほどの、敬意を引き出す作品なのだ。それはもう、凡百のライトノヴェルの「起源」などであったてたまるかと言うべきものである

2021-01-18

リボ人生絶望して発狂しそう

約30年間自分無能さ、凡人さに対して、必死で目をそらす事で保ってきた自我精神がとうとう崩壊した。

現在どうしていいかからない状態なので吐き出させてほしい。

俺と同じようなタイプの人がいるかからないけど、もしいたら反面教師にしてくれれば幸いです。


俺には少し年の離れた兄がいた。

その兄は色々あって10歳ごろで不登校になり、俺は常にそんな兄を反面教師にして生きた。

両親からは賢いと言われて育ったが、ただ異常なまでに俺を褒める教育方針だっただけだ。

それは所謂普通人生から外れてしまった兄への当て付けであり、兄の教育を失敗した反省であり、

自分の子育てが間違っていない、自分の子供は優秀なんだと信じたい感情からだったと思う。

でもその教育方針は俺自身がなんとなく、他とは違う特別人間で、なんとなく特別な事を成し遂げ、

人より素晴らしい人生を送るのだと思い込ませるのに十分だった。

自分勉強運動もできる、天才特別人間である勉強ができなかったり学校にいけなかったり仕事ができない奴は

人間としてダメだという考え方が、この段階で刷り込まれていったと思う。


中学高校では、吹奏楽部に入った。

当時はなんとなく運動部を避けただけのつもりだったが、

今思えばチーム内での競争や、大会での結果で自分の平凡さに向き合う事を知らず知らずのうちに避けていたんだと思う。

吹奏楽部でも競争はあるにはあったが、男性身体的なアドバンテージや、

大人数での団体種目という事でそれほど劣等感には向き合わずに済んだ。

勉強は隠れて死ぬほど頑張って、まあまあのレベルキープし、そこそこの大学に入れた。

テストの前に全然勉強してないわーっていう典型的タイプだったし、

志望の大学を決める時も、周囲には勉強しなくても入れるとこにしたと言い張った。


当時もまだ自分特別人間だという自負は変わらず、

ハンカチ王子まーくんと同世代というだけでなにか運命めいた物を感じていた。

運動については、運動部の人たちには到底敵わなくなり、勉強しなくても成績がいい天才なのだと信じ込んでいた。

兄とはたまに一緒にゲームをしたりしたが、基本的に部屋でずっとパソコンをしていたのであまり関わる事はなかった。

ただ、兄のようにならないように頑張ろうという軽蔑のこもった念を持っていたと思う。

俺が何か落ち込むような事があった時は、内心でこいつよりは1万倍マシだと言い聞かせたりもした。


大学に入ってからは、受験の時に陰で勉強しまくっていた反動で遊びまくり、成績はひどかった。

高校までの自分理想像では勉強しなくてもできる天才の筈だったが、更に妥協する事にした。

学校勉強なんて社会で役にたたないし、もっと本当の意味での賢さが自分には備わっている。

大学勉強よりも、もっと価値のある事に時間を使っているし、その才能がある。という路線にしたのだろう。

そこからは、友達・人脈を増やす為に頑張った。まずは先輩に媚びて、可愛がられて、それがすごいと思ってた。

交友関係を学外にもどんどん広げていき、フェイスブックは顔見知り程度ならどんどん友達申請した。


そのうちに、ストリートアートの才能がある人物出会って、イベントをやる事になった。

結果、そのイベントはそこそこ成功し、俺は何かを作りあげるクリエーターとしての才能があるのだと思うに至った。

実際は、自分では何も作り出す事ができず、ただ誰よりも彼の作品に憧れただけだったのに。

あげく、彼とはイベント打ち上げで大喧嘩して仲違いしたきりだ。

絵を書かないお前の方が主役みたいだ、自分では出来もしないのに口ばっかり出してくるな、

自分以外はみんな馬鹿だというような態度をやめろ。そういう事を言われた。

同じ天才の仲間だと思ってたのに、急に梯子を外された気分になった。

彼が憤慨して帰った後、とりまきと彼の悪口を言いながら記憶が無くなるまで飲んだ。


二十歳を過ぎてから六本木に入り浸って、色んな経営者やらとも知り合いになった。

知り合いと言っても、今思えば知人の女子大生を宴席に連れていくだけの、便利な愛人斡旋係だった。

そんな社長たちすら、ランクを5段階くらいにわけて下のランク人達馬鹿にしてた。

でもいざ同席している間はぺこぺこへりくだって、そのギャップから、家に帰って目眩がして吐く事もあった。

今日〇〇の社長キャバクラから。それだけを同級生に言っている間だけは自尊心が満たされた。

その人達ですら、自分事業を作り上げて必死改善して、本来尊敬すべき人だった。


まりにも授業に出なかったので、留年しそうになり、慌てて学生ローン借金してインドで1ヶ月ワーホリした。

俺の行動のすべては、順調な人生に見せかけるための、ハリボテのアリバイ作りのためだった。

一浪した就活では、人材大手のRから内定を得ることができた。

面接の時は自分の経歴を何百倍にも膨らませて、嘘もふんだんに織り交ぜて通過した。

そういうところだけ器用な自分気持ち悪かった。

今思えば入社前のこのタイミング軌道修正する最後タイミングだったように思う。


入社したRでは、退社した人材起業したり有名企業要職を務める事が多く、元Rというブランドができていた。

自分もそこで頑張って、起業すればそういうキラキラした何者かになれると思っていた。

だが、現実は甘く無かった。俺の営業成績はすごく悪かった。

そもそも自分理想に対して、人材紹介のエージェントという仕事はあまりもつまらなかった。

転職希望者の話を聞いて、内定がでそうな企業を紹介して日程調整をする。

当然転職希望者は培った専門性を軸に、次のキャリアを考えるが、その専門的な内容がさっぱりわからない。

そりゃそうだ。こっちは他で働いた事もない新卒なんだから職種全然違うし。

同期たちは努力ホスピタリティーやら自分長所を活かして成長していったが、俺にはそれができなかった。


今まで努力反省といった所からひたすら逃げてきたのだから、当然の結果といえばその通りだ。

自分の才能について信じていた”なんとなく”というのは、試行していないが故に可能性が潰れていないだけで、

何の成長性もなく、ただただ自分現実と向き合ってないだけだった。

みんなが色んなチャレンジをして、失敗して反省して、試行錯誤をしていた時に、

中途半端な器用さと自尊心と恐怖心から自分は逃げ続けた。

自分限界に挑戦しないか自分能力がわからず、低いハードルを超えるだけで失敗しないだけだった。

周囲には、人材紹介はビジネスモデルが良くないから本気になれない

より良い新たなビジネスモデルでの起業の準備が忙しいのだ、と言い訳していたが、苦しかった。


アラサーと言われる年齢に近づいた頃、仕事とあるクリエイター出会った。

大学時代のストリートアートの彼すらも遠く霞むような、本物の天才だった。

その人は天才故にずっと苦労していて、話を聞けば聞くほど天才ノブレス・オブリージュみたいだなと思った。

IQゆえの他者社会との隔絶。そこから来る生きづらさ。それこそが天才証明だったのだ。

天才友達が少ない。それだけ普通とは隔絶し、突出した人間から

自分がいつか凡人だと気づく不安なんて感じたことはない。人と違う事で、恐れ、疎まれて来たから。

話を聞けば聞くほど絶望していった。中途半端に器用に生きてきた自分とは、真逆人生だった。

自分コミュ力友達の多さを誇って天才だと吹聴してた。それが真逆で本当に恥ずかしかった。


意を決して、精神科を訪ね、IQ検査を受けた。IQ120弱くらいだった。

天才メンバー間を通訳できる、いいリーダー・つなぎ役になれるという解説がついていた。

天才じゃないという死刑宣告だった。上位10%。クラスで3、4番目。それが俺の本当の実力だった。

だけどまだそれを信じる訳にはいかなかった。

天才特別だと言い張っていたのに、そうでない人生今日から歩めと言われても飲み込む事はできなかった。

IQは一つの指標。そう考えるしかなかった。そうでないと生きて行けなかった。

検査の結果を聞いてから毎日、気が狂うほどの焦燥感が常に付き纏っていた。

本当に24時間何をしていても、少しでも気を抜いた瞬間に、

何かを成し遂げなければならない、特別である事を証明しなければならないという強迫観念が絶えず襲いかかってきた。

会社から逃げるように独立起業する事にした。


人材系のビジネスをやろうと思った。

幸い、人材系のエージェント採用代行は独立ハードルが非常に低かった。

仕事上の取引先ではあるが、コネクションもある。

同業他社と比べると、有料のオプションが1つ無料になる。程度の差別化だったが、

それを新しいビジネスモデルという事にして打ち出していった。

本当にちっぽけなしょうもないアイデアだけど、それに賭けることにした。

勝ち目なんて無いに等しいのはわかっていた。でもそれに全てを賭けるしかなかった。

賭けに負けても死だが、勝負しなくても死だったから。

特別人間であるというアイデンティティだけにすがって、他者馬鹿にし、虚構優越感に浸り、

両親の呪詛成就させ、なんとか生きてきた。

生き続ける為には、この道で食っていくしか無かった。


独立はうまくいかなかった。

あると思っていたコネクションは、俺ではなく会社と繋がっていたのだ。

大手看板が外れて、だれにも相手にされなくなった。

経営関連の庶務雑務の多さも想定以上だった。

元々ないホスピタリティーは更に枯れ果てた。

余裕の無さが更に成功を遠ざける。

うまくいくはずが無かった。

更にコロナ拍車をかけた。

どんどん追い詰められていった。


その頃兄はフリーランスエンジニアとして生計をたてていた。

兄は学生生活こそうまくいかなかったが、こつこつとプログラミング勉強をして実力をつけていた。

いくつかの現場経験していたので、人脈もあった。それを使う事にした。

子供の頃から兄を馬鹿にするのが俺のアイデンティティの一部だったのに、その兄にすがって何とか生きている。

兄は優しかった。逆境に負けず、こつこつと努力を重ねられる強い人間だった。

情けなさと申し訳なさが加わり、更に精神的にはキツかったが、

金銭的にはどん底から少し這い上がれるかと思った。

でもそれもだめだった。三度、天才に打ちのめされることになる。


求職者企業面談をすると、3万円もらえるという転職サービスが現れた。

目から鱗だった。考えた人は紛れもない天才だと思った。

人材業界ビジネスモデルには問題があると先述したが、それについては紛れもない本心だ。

既存人材紹介業は、求職者入社すると理論年収の35%程度を手数料としてエージェントに支払うのが慣例だ。

年収600万円の人材を紹介すれば、200万円以上の手数料を払う事になる。

求職者を集めて求人を紹介し、履歴書を送って日程調整をする報酬にしてはあまりに高すぎる。

人材系のエージェント採用代行は独立ハードルが低いというのは、それが由縁だ。

中小企業や、スタートアップベンチャーがおいそれと手を出せる金額ではない。

加えて、エージェントはとにかく求職者入社すれば高額な手数料が得られるので、

求職者が望む転職になるか」「企業に本当に必要人材か」を無視して、

内定が出そうな企業」に求職者を押し込む事で、売上を伸ばす事ができる。

まりエージェントが売上を追求すると、求職者企業利益を損なうケースが出てくるのだ。


3万円もらえるという転職サービスでは、企業面談時に費用がかかる代わりに、入社時の手数料はいらないらしい。

企業エージェントに払っていた費用の大部分を、求職者が受け取る形だ。

これは、既存転職市場人材業界の諸問題を一気に解決し得るポテンシャルがあると思う。

このサービスを見た瞬間、正気を保ってられなかった。ケチの付けようがないすごいサービスだった。

転職市場人材業界パイの全てをテーブルごとひっくり返す、この上ない破壊イノベーション

最初は思わずネガキャンした。悔しかたから。でもどうしようもなく憧れた。

どうして自分がこれを考えつけなかったのか、今まで何に時間を使ってきたのか。

自分を責める事しかできない。感情はもはや支離滅裂でどうしようもない。

仕事を続けられる気がしない。全て終わりにして消えたい。ネガティブ感情無限ループしている。


一番恐ろしいのは、ここまで書いた事全て、自分は薄々気づいていたという事だ。

それでも、特別人間でなければ、優秀な人間でなければ意味がない、

という自分自身にかけた呪いからそれを絶対に認める事はできなかった。

ここまで絶望的な状況になって、認めるしかない現実が来て、やっと認める事ができた。

自分の心の中の薄々気づいていた部分は、こうなってしまった事をホッとしている気すらする

このままどこまでも狂って、「コロナがなければ・・・」「精神を病まなければ・・・

という言い訳ができればいいと、ただそれだけをずっと泣きながら祈っている。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん