「メモ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: メモとは

2019-01-19

[]本当になんでこれがバズるのかがわからないので覚えるべきことをちゃんと書く

https://www.procrasist.com/entry/python-tips

jupyterで最初に開くときに読み込むモジュールたち

jupyter の profile の startup ディレクトリに入れましょう。

datetime

覚えろ。

それかちゃんIDE使うなりエディタプラグイン入れるなりして細かいところはオムニ補完できるようにしろ

json

json モジュールが変換してくれるのは基本的な型だけでたとえ標準モジュール存在しても基本的な方以外は変換してくれないと何階かエラー経験した時点で覚えましょう。

pandas

> ~

numpy もそうだけど流石に覚えられるだろう。

> and / or

まあこれも何階かエラー食らったら覚えられるだろう。

linspace と arange

そもそも Python 組み込みの range が matlab の arnage を意識していて step指定するものだということが染み付いてないのに numpy.arange に行く状況が理解できない。それを考えれば迷うことなんてないでしょう。

numpyでサクっと配列確保

ゼロデフォルト値というわけでないのなら numpy.empty のほうが速いです。

nanの判定

まああるでしょ。NaNで覚えられないの?

最大値と、その引数

```

A = numpy.arange(0,5)

imax = A.argmax()

print(A[imax], imax)

```

のほうが関数呼び出しが少ないしまっとうでしょう。

条件を満たすものだけ抽出

numpy.where とか何回か使ったらメモるほどのものでもないでしょう。

研究で結果が出なくて、どうすればいいかからなくなった時

PCの中を整理してたら、なかなかよい自分メモを発掘したので、ここに記します。

1. 簡単で具体的な例を実装することを目指す

  結果を予想できるような入力モデル、設定値にして、予想通りの結果を得ることを目指す。

  設定値は極端な例(0とか)で良い。

2. 結果を極力可視化する

  シュミレーションの結果や計算プロセスデバッグで追わないで、グラフ可視化する。

  見れたらわかりやすいな、と思うことは全て可視化する。手間を惜しまない。

3. 極端な例を実施してみる

  入力値がとても大きな値や極端に小さな値、0等の極端な値を入れてみる。

  結果が分析やすくなる。

4. 上記PPTにまとめて、人に見てもらう

  人に説明しようとすると、順序立てて、論理展開に穴がないように考え直すことになる。

  また、内容を知らない人に対しても理解やすいように、わかりやすい図を作ることになる。

  上記プロセスで、自分がうまく説明出来ない点があることに気づいたり、何か見落としていた

  視点発見することができる。

  人にアドバイスをもらうことで、自分が思いつかなかった点を指摘されることがある。

  更に大事なのは、人に見せることで、自分が(無意識のうちに)目を背けていた

  問題を改めて指摘されることがある。その問題に腰を据えて(覚悟を決めて)取り組む

  ように腹をくくることになる。

2019-01-18

ニートしてたけど、明日センターだー

三春学校に通えなくなり、うつの診察を受け、それから通院しつつ休養。先生単位アドバイスを受けつつ、午後からとか6時間目だけとか出席しながらなんとか卒業できて、卒業浪人してた。って言っても相変わらず自律神経がいかれていて朝は起きれないし、躁のけがあって学習計画もかなりめちゃくちゃなひどいものだった(例えばある日は「旧帝大なら絶対いける!」という気になりすごい勢いで机に向かうのだけど、次の日には「そんなの無理に決まってる」と布団で一日過ごしたりしてた)。結局、周りからたらこ一年ニートのように過ごしていた。ひどいもんだよ。昼に起きて、何したか覚えていないまま夜になって、寝る。それの繰り返し。死にてー。

今も大学病院に通っていて、なるべく1日の活動時間を増やせるよう睡眠リズムをずっと調整している。僕はこの一年あくまで休養の一年と捉えるけれど(だからもう一年勉強のために欲しい!とあらぬ欲をおこしてしまう)、僕をとりま世界がそうも長い時間穏やかに待ってくれないのも事実であると感じてる。なんだかんだで学歴は欲しい。けれど今年はダメだった。じゃあ来年は?来年ちゃん勉強できるの?と頭でぐるぐる考える。僕はまだ19歳で成功経験も乏しく、それでいてうつ患者であるから、はっきりと「来年は元気になって、ここら辺の大学を狙える」と断言できない。うつになってからずっと自己分析をずっとずっと続けてきたけど、あるところで「でも自分信用できないな」という結論にたどり着き、その時は目の前が真っ暗になった。躁うつはこう言った点でもすごく厄介な病だと思う。

いやー。何してたか一年。ほんと何もしてない。センター前日くらい何かするだろうと思ってたけど漢文テキスト開いただけだった。やだなー。一年、つらかったなー。手帳とかiOSメモ思考足跡が残っているけど、それを見るとものすごく悩んだ、悪く言えば悩んだだけの一年だったみたい。つらかった。両親とうまくいかなかったな。人間として色々おかしい面がある。対話ができなかった、悲しい。家を出たい。でも一人暮らしをしたら生活リズム的に退学コースだろうと簡単想像できる。つらい。

ニートみたいな生活だったけど、ニートみたいな生活の中で人間的に成長できた面も多くある。いろんな観照や諦念が得られた。それらはこれから人生においてきっとかけがえのないものになるであろうと予想する。二浪するかは知らないけれど、まあとりあえず明日センターは頑張って行こうじゃないかという気でいる。

無題

もう疲れた。まずテスト近いのに今週四連続バイト入ってるんだよ、なんかそれでもう疲れちゃってるし心ここに在らずって状態だし今もうあの下腹部がキリキリ傷んだる。

あと優先順位がつけられずにパニクって変なことやっちゃったりした。冷静になればそれやんなくていいことなのに。1人だと大変なのに2人だと自分仕事がなくなる。なんでパニクるんだろう。みんな逆になんでパニックにならないの?どんなスキル使ってんの?

怒られるのは小さい頃から怒られてきたから、慣れたしもうべつに心揺らがないんだけどそれ以上に今日なんでこんなミスした?っていうぐらいミス繰り返してる。半分は理不尽なやつだけど残りは私のミス

あ、分かった。いつもの流れじゃないと私不安になってパニックになるんだ。どうしてだろう?なんでかっていうとローテーションされた業務淡々とこなしていけば大丈夫なのにそこにイレギュラーが発生するともうダメしかもここまでにやれ!早くしろ!とか言われると本当にキツイ。焦る。

過度に不安になるしバイト中、変に緊張して吐き気する。でも同じバイトの同僚の人がそばにいるだけで安心する。電話対応の方が楽しいってなんでだろう。目の前に相手がいないからかな。でもクレームは本当にキツイな。胃が痛くなる。

でも一つだけびっくりしたのが自分だけイレギュラーなことをしていたこと。今日聞いたらそんなことやったことないって。バイトはそこまで手を出さなくてよかったのかもしれない。社員の人に任せていいこともたくさんある。

反省。あしたもまたバイトだ。取り敢えず、期限が決められたやつは最優先事項。そのほかのやつはぶっちゃけ後に回しても大丈夫ミスはここにメモした。焦るな。ゆっくりやったって確実にやった方がいいに決まってる。大丈夫ラインはあした朝に返そう。真夜中なんて失礼だからね。

寝よう。明日はいいことがありますように。

2019-01-16

小説日記(4日目)

今日は9話と10話を投稿した。

仕事が終わってから即書いて投稿というスタイル

一応書く前にこういう話にしようと流れを箇条書きにしてから

書きだすことにした。

あと設定のメモもようやく作った。(プロットとはまだちょっと違うかも)

このまま毎日2話ずつ書いていけたらいいなぁ。

あのババアまじでやべえ

変だ変だと思ったら統合失調症だったのか

今日は私に対してやたら機嫌がいいと思ったら勤続30年の人に矛先が行ってたんだな

少なくとも年末あたりまでは仲良くやってたように見えてたのに、

よくもまぁ急に、あの人がいると洗剤やトイレットペーパーやらがなくなるだの言えるよなー

常日頃から虚言癖がすごいと思ってたけど、病気だった訳ね

瞬間湯沸かし器のようにすぐ顔真っ赤になるし、さっさと高血圧で倒れればこっちみんな平和なのに

まともに取り合いたくないけど院長夫人から仕方ない

さっさと死ね

今日メモ

寒天のしまい方

口に手を入れて印象取ってる間に片付けておく

先端をアルコール綿で拭いて、寒天の中身がなくなっていたら危険物カートリッジ突っ込む

この場合は日付けの付箋を捨てる

中身が残っていた場合は左の方へカートリッジを入れて付箋を貼り直す

ラバーカップに先端を浸け置き、本体はその下に保管する

※先端以外をアルコール綿で拭くと勿体ないとババアがうるさいので拭かなくて良い

人生で初めて逃げた

これまで、何度も目の前に迫ったこから逃げ出したいと思ってきた。  

  

でも、何からも逃げなかった。私が休んで誰かが困ることになるのは嫌だった。

私は不器用人間から、準備の段階でいないほうがましだと態度に出されていても、役に立たないと思われていたとしても

当日休んでしまうことで、「あいつ逃げたんだな」と思われるのは悔しくて、私のプライドが強くて、どれだけ体調が悪くても休めなかった。

  

から学校で声が出なくて、そのことでからかわれても、泣きそうになっても、絶対に泣かなかったし毎日学校に行き続けた。

私は強い人間から、誰にも逃げたなんて思われたくなかった。

  

けれど、本当は臆病で、怖がりだからちょっとしたことでもすぐ泣きそうになってトイレにかけこむし、

何で私は学校では喋れないんだろうってずっと考えていたし、ずっと悔しかった

喋れなかったから一人も友達が出来なくて、毎年初詣では「今年こそ友達ができますように」って神頼みをしていた。

  

大学生になって、普通に話せるようになっただけでも充分かもしれないのに、自分自分の首を絞めるように海外留学に行ってみた。

コミュニケーション力なんてやっぱり私には皆無で、他の国のルームメイトの子と1か月間何も喋れずに終わった。何でここに来てしまったんだろうって沢山後悔したけど、今でもよく分からない。

でも、初めて行った海外がつらかったから、あとは何があっても大丈夫だろうと、1人で旅行に行くのも平気になった。

  

プライドが高くて、負けず嫌いで、誰にも弱いところなんて見せないように頑張ってきたけど

本当はずっと、何もかも知らない顔して逃げ出したかった。

実際、直前で逃げ出す友達は沢山いた。その逃げ出した人のフォローをしないといけなかったことで、何で私が怒られるのか分からなくて、誰かを置いて勝手に逃げるのは卑怯だと思った。

しかしたら大人になって、学校というしがらみから抜け出せば、きっと私は自由に逃げられるようになるのかもしれないと思い描いていた。だから学校卒業して、そのしがらみのない環境が来ることをずっと楽しみにしていた。

でも実際にやってきたのは、学校のその先、働くことだった。これは大人義務から、仕方ないし、必ず働かないといけないことは分かっていた。

  

から4年生になる前、周りの子達と同じように就活をした。

色んなセミナーに参加して、本当に企業がそう思っているのかよく分からない情報真剣メモして、

親に頼み込んでスーツを買ってもらって、初めてメイクをしていないことで講師から注意されて、就活はよく分からないことだらけだった。

から、少し興味が持てる企業に行って、とりあえず説明を聞いてみようと思ったら、いきなり面接のようなことが始まってあれこれ質問されて、正直に答えて怒られたのは本当に意味が分からなかった。そのうちスーツを着て、化粧をして、吐き気をこらえて、どこにでもいるような就活生を作り上げた。

その中に、少し個性を混ぜれば、最終面接の案内まではきたけど、そこでためらってしまった。

  

こんな嘘が混ざった私が評価されている。もしもこのまま、内定をいただいてしまったら、私はこの面接官の方に対して不誠実な人間になるんだ。

誠実に生きることだけでは世の中渡れないとはわかっている。けれど私は、本音と建て前を使い分けるのも、人をだますようなことも苦手だし、そんな人間にもなりたくなかった。

  

  

から人生で初めて逃げ出した。

就活はやめた。

  

まだ辞めない選択肢を選ぶのは間に合うかもしれないけど、スーツを着ると吐き気がする。きっと私が無理しているから。

から自分のために、初めて逃げ出す。

何も目的もなく逃げ出すわけではない。あんなにつらかったのに、私はやっぱり海外に行きたい。

会社理念を並べて適当に「御社社会貢献がしたいです」なんて言ったけど、意味が分からなかった。どうせやるなら今自分の目の前で、目に見える社会貢献がしたい。

  

大卒就活もしないなんて、親には反対されたし、卒業後には不安しかないけど、

就活という目の前の大嫌いなことから、初めて潔く逃げられたのは嬉しかった。

2019-01-15

anond:20190115183204

サーバーに保存されるってウェブサービスだよねえ

DropboxPaperとかEvernoteの類いになるのかな?

私はAtomとGoogleBackup&Syncの組み合わせでテキスト書いてる

メモ類はGoogleKeep

2019-01-14

地方風俗の思い出メモ(はじめてのマッサージ編)

なんだか最近趣味と呼べるものが、風俗に行くことになってきた。昔は本を読んだり、何かを創ったりそういうものを楽しめていた気がする。思春期より今のほうが性欲に流されている気がする、どうして。

お金知的なことや創造的な趣味に向けられたら、人生もっとかになるだろうに、ついつい刹那的快楽に流れてしまう。

さて、風俗に行ったらここにメモを残しておくことにしている。戒めだ。

今回は3連休旅行のついでに、地方風俗マッサージを受けてきた。もちろん、性的なやつ。

いきさつ

これまでマッサージ系は受けたことがなかったので、どんな感じかと思って試してみた。しかしながら結局ソープなんかと同じくらいの値段を払うことになり、そんなに大したものかと思うはめになった。受け身男性にぴったりとかなんとか、そんな広告に反応した。

お姉様

風俗お姉様を選ぶときには、ネット上の情報から最大限用心深く絞り込んでいく。第一髪型ストレート黒髪がいい。第二に身長は低くて貧乳がいい。第三に女性は責め系がいい。そんなふうに条件をつけていくと、当然そんなお姉様存在しない。どれかを妥協しなければならない。妥協し、決断を迫られるこの瞬間が一番嫌いだ。限られた予算で新しいPCを買うときのような気持ち。泣く泣くグラボランクを落としたり、ケースは再利用しようかと悩んでみたり。嫌いだけれど楽しいからやめられない。

今回のお姉さんは条件は全部忘れて、限られた情報の中で一番写真から容姿推定できそうなのを選ぶことにした。

会ってみれば、推定40歳くらいの美熟女であった。あえて例えるなら熟女と化した新田美波で、もう少し現実的には庶民的加藤綾子という感じ。たぶん、客観的には綺麗なのだろうが、結局緊張していてうまく理解できなかった。茶髪でまとめられた髪質は歳相応で、ホテル証明に照らされてほうれい線やら目のシワをみつけては、最近熟女モノAVもイケるようになった自分が誇らしく感じられた。身体はよる年波に全力で対抗するがごとく、引き締まっていた。胸はもめる程度であり、腰はくびれていた、その下に据えられた尻は大きすぎない程度にどっしりしていた。しかし、上からの強いライトが作る細かな陰影が、肉の質感を強調させ、もう若くないのだと教えてくれた。なるほど、このデティールに気づけるのはAV鑑賞では得られない恩恵だった。

地方風俗店は情報が少ない気がする。みんなそんなに容姿にこだわりなくご指名してるんか?

マッサージエッチサービス

お姉さんはプロフェッショナルであった。淡々仕事を進めつつ、気遣いして話しかけたりしながら作業を進めた。ベットに横たわると身体ウラからマッサージが始まり、全身優しく揉んでくれた。ああきもちい。裏返されたらもうマッサージは終わり。乳首を舐めなめされた。ヌメッとした舌が乳首を絡めとっている。いま乳首が凄く敏感なのだと気付かされる。睾丸をわさわさする、それはとてつもなく気持ちいい。でも最後には射精へと収斂してしまう。お姉さんは自分でアレをしごいてみろといい、私が手を動かすと、「いつもこんな感じでオナニーしてるんだ」と耳元で囁いてくれて興奮した。耳元で囁かれて、最旬的には射精した。

前回との比較

なんか耳舐められながら射精することがノルマみたいになってる。前回のお姉さんと今回のお姉様は年齢的にはい勝負かもしれない。前回のお姉さんはウエストはだらしない感じでそれがそれで興奮要素だったし、おっぱい揉んだらシリコン感を感じてしまサプライズがあった。そして即即でぼくの犯されたい願望をほんのチョットだけ叶えてくれた。そういう意味では、今回は美熟女淡々とお相手頂いたということになる。よろこんでいいはず、もっとよろこんでいいはずなのに、何かが足りない気がする。なぜ?いやいやコレ以上な何もないよ

まとめ

マッサージは少し身体が楽になった気がする。全身をくまなく触られるのは気持ちいいけど、払ったお金を考えると割に合わない。広告ウソはなかったわけで過度な期待をしていた自分を攻めている。

お姉さんは努めて丁寧に接してくれたのだろう。いつも通り何を話したら良いのか分からなかったのは自分責任だ。毎度のことながら、お姉さんにはありがとう気持ちしかない。

何が嬉しいかって、これからマッサージものAVを見て実体験と重ね合わせて興奮できるんだよ!

あーやっぱ

anond:20190114221022

人類の全員を神様に命じられた天使監視しています

天子様の持つメモ書きに何と書かれているかは現世で人間が知ることはできません

これを読むであろう明日自分

どうせ毎日増田に来るんだからここにメモを残す

・気付いた時に踊れ

・夜に仕事の連絡

・そろそろプロットやる

頼む!俺の見た夢を再構築してくれ!

昨日、ものすごく良い夢を見たんだ。

朝六時くらいに目覚めて、その夢を忘れないように

スマホメモ機能に夢の内容を書いて二度寝したんだが…。

起きて、そのメモを見返してもイマイチどんな夢だったのか分からなくて困ってる。


以下、メモに書いてあった夢の内容を貼る。


 

>  写真部

>  桜の有名なスポットなのだ

>  ラジオ聞いたり、英単語覚えたり

>  キマリ

>  後輩呼び出す

>  ビックル 

>  子供写真

>  女女女男女男女





こんな感じなんだが、

このメモで、俺が見た夢の内容を再構築出来る?

死のうと思って被り物とおしめを買った

特に借金があるとか人間関係とかでトラブったわけじゃない。何だか耐えられなくて死のうと思った。

もちろん生きてるし、案外だらだらとこの先も生きるかもしれない。

前まではスーパーで働いてた。

普通にやってたつもりではいたんだが、どうにも耐えられなくて、上司に連絡いれて、そのままバックレた。

手先が不器用だったし、接客も辛かった。仕事の流れがどうにも理解できなかった。メモはせっせと取ってたが、相手自分への言い訳で、効果はでていなかった。

仕事を少し覚えると、自分はまだ何ができないか分かって、余計辛かった。知れば知るほど自分間抜けさが際立った。

目立つミスがあったわけじゃなくて、ただキツくて耐えられなくなった。恒常的なミスに耐えられなかったとでもいうか。

病院に行こうと調べたが、色々あって面倒だった。予定がどう症状がこうが理解できなくて諦めた。

理解して調整して通って何なのか、とも思った。

文章が読んだり書けたりはできる(つもりでいる)から、たぶん心因性なのだと思う。

興味というかやる気というか、もっと手前の何かがない。

空腹も案外慣れた、ほんの数日だから、より長期間なら、また意見も変わったかもしれない。

水は普通に飲んでた。気力がなかっただけで、餓えて死のうとまで思ってなかった。

ふと、死んだら終わるなと気づいた。

賃貸から公園にいこう、死に顔みた誰かさんがかわいそうだしなにか被ろう、漏らしたら後片付け大変だろうしおしめもつけよう。

そこまでパーっと頭に浮かんで、大変な名案に思えた。

介護用のおしめやパーティー用の被り物(なんかキリンのやつ)意識なくなってから落っことさないよう、固定用のガムテも買った。

事件性があると誤解されたら、見しらぬ誰かが捕まるかも知れない。遺書を少し書いた。家族にはさよならと、家族への連絡先を載せた。

深夜に公園に着いて、鉄棒は低かったしブランコでしようと決めた。でも俺はバカだった。

ロープを忘れた。

用意すらしてなかった。思い付かなかった。

帰る気になれなかった。

ごく単純に、ベルトで代用を思い付いた。

ブランコの上によじ登り、転げ落ちないようしがみつきながら作業をした。

持ってきてたガムテで、ベルトをブランコの柱に固定して、被り物を被った。上着と被り物を張り付けて、暴れても外れないことを願った。

飛び降りたら外れるかもと、ゆっくりぶら下がった。すげぇ苦しい。

頭にプクーっと血がたまってくのと、息ができない。多少こらえたがやはり暴れた。

走馬灯は見なかった。

早朝に目が覚めた。被り物は脱がされたのか無意識に脱いで投げたのか、どこにもなかった。

尻と肩を擦りむいたが特にどうもない。

馬鹿馬鹿しくてそのまま帰った。まだガムテは引っ付いているかもしれない。

全部無駄だった。

ここで物語なら、美しい出会いでもって人生が変わるところだが、俺には何もなかった。

低学歴コミュ障もハンデだが、新しく何か身に付けたいとか思えない。何か欠陥なのかもしれないが、それをどうにかするスタートも切れない。資格若さもない。

打開する気力がない。

死ぬのもどうにもならんらしい。

なんでこんな追い込まれるのかわからないし、追い込まれてるのに生きてるのも良くわからない。

特に落ちもないのに糞みたいな自分語りを読ませてすまない。

ただそういう奴がいたってことを知って欲しかった。

みんなは元気でやってくれ。

2019-01-12

ずーっとシニア○○

社会人13年目、ジョブホッパーで今6社目。職場での肩書きがずーっと「シニア○○」なのにふと気づいたのでメモしておきたい。

1社目:新卒で日系ソフトハウスプログラマとして入社肩書きは「ソフトウェアエンジニアから4年目に「シニアソフトウェアエンジニア」に。5年目に退職

2社目:外資パッケージベンダー肩書きは「シニアエンジニア」。2年ちょいで退職

3社目:外資コンサルファームIT部門肩書きは「シニアアソシエイト」。2年弱で退職

4社目:外資パッケージベンダー肩書きは「シニアソリューションエンジニア」。2年弱で退職

5社目:日系ベンチャー肩書きは「シニアカスタマーサクセスマネージャー」1年で退職

6社目(今ここ):外資パッケージベンダー肩書きは「シニアサービスエンジニア」。

ずーっと非管理職の下っぱでここまで来てしまった。元同僚達を見渡せば、ひとつ会社で頑張ってる奴らは順調にポジションを上げている。一方俺は今後もこういう感じで行くのだろう…。なお年俸は4社目から1000万越えてます

スーパーでつきまといに遭った。

結果モヤモヤすることになったのでメモしておく。

スーパー特設コーナーの棚を見ていたら、後ろからぴったりカートをつけてくるおばあさんがいるのに気づいた。

最初は、わたしの見てる棚を見たくて圧をかけているのかな?と思ったけれど、棚の前を空けてもそこを見ることはなく相変わらずわたしの後ろについてくる。

わたしが止まると止まる。

会計をする時も後ろについてきたし、(その人は会計せず)その後食料品コーナーへ向かっても後をつけてくる。正直ゾッとした。

何か気に障ることでもしたのかな?と思うが、向こうから声はかけてこない。

こちらは子どももいるし、なんだか気味が悪いので早足でスーパーの中をぐるぐるまわりながら逃げ、エレベーターで別の階に向かった。

しばらく子どもを遊び場で遊ばせ、また食料品コーナーへ買い物へ向かうと、例のおばあさんがうろついていた。

ギョッとするも平然として普通に食料品コーナーをまわっていくが、やはりついてきている。前より距離は空いてる気がするけど、近くまで来ている。怖い。

セルフレジに向かうと、今度は会計終わった人が向かう側で待ち構えている。めちゃくちゃ怖い。

近くにいた店員さんに相談したら上の人がやってきて、一応話を聞いてくれた。

彼の話によるとおばあさんはほぼ毎日朝早くから時間スーパーにいるが、特に実害を与えるような行為は見受けられないとのことだった。不快行為をされたのであれば警備に一声かけてもらうことも可能と言われたが、今回は実害はないしスーパーの人と話してるうちにおばあさんもどっか行ったため、それはやめておいた。

おばあさんは一見普通に見えたが、持ち物は正直普通ではなかった。詳しくは書かないけど。

なにか精神疾患持ちか、認知症かあったのかもしれないなーと思う。

出来事は以上なんだけど、わたしの心の中は超モヤモヤしている。

ひとつスーパー店員さんにこちらが過剰反応気味で面倒くさいと思われてることがありありと伝わってきたことだった。

正直認知症精神疾患持ちの人が何かやっていても、ある程度はスルーするのが普通なのかなと思うけど今回はわたしは怖くて黙ってられなかった。

つきまといの人に直接何かすることができなくても、見知らぬ人につきまとわれることの怖さを誰かにわかって欲しかったんだと思う。

店員さんも忙しいのでそんなのは無理だとわかってはいるし、文句をつけるつもりはない。でも、伝えたこちらがバカというかクレーマーというか、うるさく言ってる人に見られてる感じがしたのがとても辛かった。

もうひとつ自分へのモヤモヤ

普段ネット精神疾患が叩かれたりバカにされてるの見ていて、ひどいな、もっと寛容になればいいのにと思っていた。

ある程度の奇行しょうがないだろうと。

でも実際に自分奇行をされる対象になるとめちゃくちゃ怖くて、辛かった。

おおらかな気持ちにはなれる気がしない。

からそう思えても、その時は無理だった。

店員さんの反応もあいまって自分の器が狭いからこんなに過敏に反応してしまうのかな、と思うと自分が心底情けなくなる。

綺麗ごと大好きなのに、全然自分は綺麗ごとできてない。自己矛盾しまくりで自己嫌悪だ。

とにかくモヤモヤしてる。

とっちらかった文章になってしまったが、メモなので。以上。

なぜいい大学行った方がいいか考えたメモ

もうすぐ受験生になる生徒のために考えたメモ

対象 偏差値が低い学校勉強しない生徒

なぜいい大学に行った方がいいか

それは、環境を変えられるチャンスだから

大半の人間は脆い。自分に甘い。回りに流される。回りの環境に抗える人なんてほんの一握り。いじめを考えてもらうとわかるが助けてくれる人なんて1人いたらいい方で、

だいたいみんな見て見ぬ振りをする。

それぐらいの確率

人間環境に抗えないと考えたほうがいい。

たぶん君が勉強しないのは、回りが勉強しないからだろう。君だけ勉強しはじめたら確実に回りから浮く。学校の中が世界学生にとっては一大事だな。だから自分を守るために勉強ができたほうがいいとわかっていても親権に取り組まないのだろう。

そして、今のままでは確実にFランと呼ばれる大学に行くことになる。

そこでも同じことが起きる。最初勉強したり、資格を取ろうと頑張ろうと思う。しかし、回りには逆らえないのだ。最後まで実行できる人、少数になる。

また、抗えなかった人は、授業中の態度ではない姿勢も、単位を取るためのカンニングも身に付く4年になるかもしれないな。

そのまま大学生活が過ぎていき、4年生。就活する時期だ。ここで社会に目がいき始める。

そうするとやっとわかるのだ。他の大学の生徒とのレベル差を。無駄にしてきた時間の重さを。

高校大学基本的に同じくらいの学力の人が集まるから気づかなかったことがやっとわかる。

大人になると勉強しなかったことを後悔するのはそのためだ。そこから勉強すればいいと思うかもしれない。しかし、勉強してこなかった人は、勉強のやり方もわからないし、持久力が足りない。高い教材を買ってみるが続かない。覚えられない。そんな連続だ。学生時代に試行錯誤してこなかったツケだ。

から良い環境に入ってほしいのだ。回りが勉強するのが当たり前だという環境に。たしかにどんな大学にもグズはいるが、レベルが高くなるにつれて、人数は減ってくるだろう。

仕事をしながら巻き返すのは辛い。今は、基本的勉強ができる時間が多いだろう。1番労力が少なくて済むのだ。

自分人生から好きに生きたらいいと思うが、その先どんなことが待ち受けるかをきちんと言っとくのが大人責任だと思う。

あとは、よく考えて決めてください。後悔しないように自分で決めてください。

最後

この話を聞いて帰ってから家ですぐに勉強しなかった人は、あの道にもう足を半分突っ込んでると思ってください。

2019-01-11

anond:20190110201227

少し前にテレビで「やる気のなさそうな医者真剣説明してもらうには『メモを取らせてもらいます』と手帳ペンを持って聞き書きするといい」と放送しててなるほど参考にしようと思ってた

毎勤統計問題について

簡単メモ

日経1/10 23:19記事によると

従業員数の多い大企業中小と比べると賃金が高い。04~17年分はこうした大企業1千社近くが調査から抜け落ちており、統計上の賃金額が低くなっていた

とのこと。うーん、水増ししてたわけじゃないのか……。もうこれ統計やる意味自体ねーな

厚労省は遅くとも17年時点で調査問題があることを把握している。毎月勤労統計調査対象企業を定期的に入れ替える。18年1月分の調査で入れ替えた際、東京都で実際に調査した500カ所を正しい調査規模に合わせるよう復元

これは今知ったわ。

>加工を施した18年の毎月勤労統計調査は前年同月の伸び率が高く、民間エコノミストから疑念の声が上がっていた。これまでは対象企業の入れ替え手法を変えたためとされていたが、公表されていなかった統計の加工処理も影響した可能性が高い

そりゃそうだわな

2019-01-10

コリーヌには田村玲子と似た魅力があるなあ

とかぼんやりと思っていたからか、

適当比較してしまったのでメモ

彼女らの食欲は寄生生物王家の装備のような、

独特なものの影響を受けている点で似ている。

コリーヌは人間をも食の対象として捉えているかのようなことを

冗談めかして言っているが、ひょっとしたら冗談ではないかもしれない。

グラブルとのコラボの話で、

こちらを食べようとする猫人間みたいなの(人格存在)を

逆に食べようとしていた。

コリーヌが人間を食べたいが食べないのだとして、

それでも食から強い喜びを得ているならば、

仮に現実菜食主義者のような方針で生きても、食から強い喜びを得られるだろう。

コリーヌのいる世界は、プリンや餅が感性存在であるどころか、

人格存在でありうる世界なので、個別判断にかかる費用が大きすぎるかもしれない。

こちらを食べようとしたものを殺した場合にはできるだけ食べるとかか。

anond:20190109150258

自分用にとって大事だと思う処のピックアップ」「後でもう一度必要になった時大事な処はこれかな?というメモ代わり」「自分なりの解釈走り書き」かなぁ。

自分用でも★を頂けるときがあるので稀に嬉しい🐈

2019-01-09

強姦冤罪事件元少女が救われなさすぎる



「②被告人からお尻を触られる旨大伯母であるCに話したところ,それを伝え聞いた実母であるD及びその夫であるから他にも何かされたのではないかと何日間も深夜に及んで問い詰められた」

「(少女の兄が)②D及びEから被害を見ていないはずはないなどと問い詰められ,被害を目撃したと話してしまった,」

https://hanrei.saiban.in/d/85443

刑事強姦被害者とされる者の虚偽の供述があったために有罪とされた冤罪事件に関するメモ

http://milight-partners-law.hatenablog.com/entry/2019/01/06/092747

日刊SPA記事

https://web.archive.org/web/20150309221722/https://nikkan-spa.jp/195594

詳細を知れば知るほど救われなさすぎるでしょ。

多感な時期に祖父に胸やら尻を触られ、それを叔母に相談したばかりに地獄が始まるんだから

聞きつけた両親に問い詰められ続け、「強姦されました」と言うまで解放されない。兄も目撃証言させられた。家庭内で逃げ場もなく、たった14歳少女に何ができたのだろう。

判決文によると母親少女祖父レイプされたと近所や祖父職場に流布して回っていたらしい。少女にとってどんなに酷な仕打ちか。

被害少女は,本件告訴の後PTSDを発症し(児童相談所判断),死にたいと言ったり暴れたりするなどしていた」

そりゃそうなるだろうなという気がする

少女就職して母親と疎遠になったことで、強姦が虚偽だったと告白することに決めたらしい。なんかこの母親も、かつての性的虐待被害者なんだろうが毒親臭がすごいな。

そして現在クズ祖父は「可哀想冤罪被害者」として同情され、クズ祖父毒親犠牲となった元少女は「クズ女!死刑しろ!」と日本中からバッシングされている。胸糞悪すぎる。どうなってしまうのだろう。

強姦冤罪事件元少女が救われなさすぎる


「②被告人からお尻を触られる旨大伯母であるCに話したところ,それを伝え聞いた実母であるD及びその夫であるから他にも何かされたのではないかと何日間も深夜に及んで問い詰められた」

「(少女の兄が)②D及びEから被害を見ていないはずはないなどと問い詰められ,被害を目撃したと話してしまった,」

https://hanrei.saiban.in/d/85443

刑事強姦被害者とされる者の虚偽の供述があったために有罪とされた冤罪事件に関するメモ

http://milight-partners-law.hatenablog.com/entry/2019/01/06/092747

日刊SPA記事

https://web.archive.org/web/20150309221722/https://nikkan-spa.jp/195594

詳細を知れば知るほど救われなさすぎるでしょ。

多感な時期に祖父に胸やら尻を触られ、それを叔母に相談したばかりに地獄が始まるんだから

聞きつけた両親に問い詰められ続け、「強姦されました」と言うまで解放されない。兄も目撃証言させられた。家庭内で逃げ場もなく、たった14歳少女に何ができたのだろう。

判決文によると母親少女祖父レイプされたと近所や祖父職場に流布して回っていたらしい。少女にとってどんなに酷な仕打ちか。

被害少女は,本件告訴の後PTSDを発症し(児童相談所判断),死にたいと言ったり暴れたりするなどしていた」

そりゃそうなるだろうなという気がする

少女就職して母親と疎遠になったことで、強姦が虚偽だったと告白することに決めたらしい。なんかこの母親も、かつての性的虐待被害者なんだろうが毒親臭がすごいな。

そして現在クズ祖父は「可哀想冤罪被害者」として同情され、クズ祖父毒親犠牲となった元少女は「クズ女!死刑しろ!」と日本中からバッシングされている。胸糞悪すぎる。どうなってしまうのだろう。

頑張って書いたオー・ヘンリー怪作選が未だに0ブコメ0TB

タイトル全部考えるのに2ヶ月かかったのに

通勤中に何か思いつくたびにメモして増やしてきたのに



悲しい

anond:20190109150258

ブックマークって「しおり」だから

気になった言葉をそのままメモするのは

普通の使い方だろ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん