「コングロマリット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コングロマリットとは

2019-01-23

片付け屋こと「こんまり」さんの名前を聞いたり見たりしたとき

俺は「コングロマリット」を連想するんだけど

みんなもそう?

2018-10-15

NHKで孫さんも言ってたけど

資本主義AIロボット技術もいま競争の過渡期なのであってこのレース勝負

つくまでは法人税規制企業の足を引っ張るべきではないよ

会計国家別になっている以上。国内企業になんとしてでも競争に勝ってもらわなければならない

勝つことが出来ればこの後ベーシックインカムでも生活保護でもやって富の再分配すればいい

でも負けた国は悲惨よ?有望企業はみな外国の超巨大コングロマリットに吸収され

税金も取れずその国はひたすら飢えるだろうな

それでも有能な人間はまだおこぼれにあずかれるんだろうけどね

2017-07-12

「“アフリカ北朝鮮”では全国民奴隷だ」への感想

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/100500021/070700013/

エリトリアの現状は、非常に驚きをもって読ませていただきました。

国際社会は、規律のない原理的な利害関係で成り立っているので、他国の力を当てにするのであれば見返りが必要なのでしょう。

ハドク氏の境遇には絶句せざるをえませんが、どうすることもできません。援助することや武力制圧することはできるかもしれませんが、アフガニスタンソマリアイラクスーダンなどを見てもそれで状況を良くすることができるとはとても言えないでしょう。

北朝鮮あるいはアフガニスタンのように、他国迷惑をかけて国際的問題視される状況でなければ関わるべきではないのかも知れません。

ただ乾燥としては、民族虐殺が起きる状況とはまた違った、国内部で自殺遂行されつつあるような恐ろしい感じがします。

いずれにせよ将来的にもどうなっていくのかは国民次第としか言えないように思います

ところで、最後のページのみ毛色の違う話に移っていて少し戸惑います

筆者は日本の政治に疑問を感じているようですが、私には逆にメディアによる寡頭専制日本では起きているように思えてなりません。

日本メディアの特徴として、クロスオーナーシップなどで媒体間での相互監視機能を失っており、メディアコングロマリットとして国民情報収集意図的操作しうる権力と化していることです。

それは、新聞押し紙問題テレビ電波使用料、また虚報誤報などで時折表面化しますが、世間的には無視されていることでもよく分かります

かつての雪印乳業事件で、不良製品を出した社長記者会見で吊るし上げられていましたが、新聞誤報、つまり報道不良品社長が吊るし上げられる場面は見たことがありません。また、かつてのテレビ朝日椿事件などのように、扇動によって世論操作できていること自体が大問題ですが、実質的問題自体抹殺されてなかったかのようにされています

洗脳を受けた人間は、自身では洗脳されていることに気づくことができません。同様に、扇動されている最中には扇動されているか否かを判断することは非常に困難でしょう。

報道機関国家権力監視して民主主義を守ると考えているかもしれませんが、その報道機関正当性は誰が担保してくれるのでしょうか。エリトリア大統領選挙もなしにエリトリア支配しているそうですが、日本報道機関国民による信託もなしに絶対権力をふるっているように見えます

選挙などで国民の選択報道論調とそぐわない場合にはポピュリズム揶揄し、自分たち論調に沿うものならば国民審判が下ったと正当化するではありませんか。いずれの場合自分たち正義絶対視していることに変わりはありません。自分たち正義が疑われるような都合の悪い情報は、報道されなければ広く知られることはなく、なかったことと同然にできます。それは、旧日本帝国大本営発表のものです。先の戦争から学んでいないのは、日本報道機関も然りです。さらに言えば、現在の寡占体制の元になった新聞統合戦時体制によって生み出されたものであり、この寡占体制自体国民知る権利にとって大きな不利益となっています


概して、支配している側が支配自覚することは少なく、支配されている側が支配を感じることは多いように思います報道機関に関わる人たちには、特に報道の自由」に関しては犠牲者然として振る舞いますが、同時に加害者でもありうることを忘れるべきではありません。自らの正義におごることなく、他人尊重した報道をしていただきたく思います


特に、筆者は日本報道客観視しうる経歴をお持ちのようですので、報道された情報鵜呑みにするのではなく、より多角的判断していただけたらと思います

2017-06-25

https://anond.hatelabo.jp/20170625201353

どうやったら彼女って出来るの?

砂場

ルンバ

山口組系?

その他のコリン星

結局コングロマリット能力

そのたもろもろの超能力によるんだろうな•••

もう彼女なんてできなくてもいいし(作れないのに出来なくて良いはおかしいのでは?)、

結婚なんてしなくてもいい(結婚出来ないの間違いでは?)

考えるのも面倒くさい(戦略を立てて振られると、頑張っても駄目だという現実が見えるから逃げてるだけでは?)

2012-04-12

36歳男SE独身

36歳男SE独身。まあ、別に死にたいとは思わない。話題の彼女には申し訳ないが。

2年目の時に所謂「死の行進」に巻き込まれて、しか立ち位置が2年目のくせに仕事をしない糞プロマネの代わりみたいなところだった。

文系なので、ろくにプログラムも書けなかったけど、百戦錬磨(に見える)外注プログラマ3人と、新人2人を使って某コングロマリットの社内システムの一部を作った。予算的には億単位。ばっかじゃねーの、と今になっては思うけども。もっと上手く立ちまわって「いや~2年目なんで(テヘ)」とか言えばよかったと思うけど。まあ、結果として多少稼働後のバグはあったけど、よくやってくれました、って感じだった。

だけど、僕はこの行進で鬱になった。あれから7年か8年。未だに精神科に通っている。

当時、学生時代から続いていた女性がいたけど、病気が治りそうにないのを見た彼女自然と離れていった。あれから人を好きになったことがない。1年ちょっと休職して、廃人みたいな生活して、復帰して、パニック発作に悩まされつつ都内で転職活動して、前の会社を逃げ出した。

責任を背負い込むような性格は3年くらいかかって捨てた。適当でいいんだ、なんで俺だけ?みたいな考えも捨てた。世の中適当に生きていて、求められた成果にちょっとプラスしとけばボスが大喜びして給料をぽん、ってあげてくれることも理解した。そんな面倒な性格を捨てたら、多少生活に余裕ができて、時間も出来たので今はmacbookとか買って、自分で色々なものを作るのが楽しい

でも、相変わらず精神科に通ってる。保険証使ってるし、会社にはバレてると思うけど、ま、何も言われない。転職の時も精神科に通ってるなんて言わなかった。健康診断普通にパスした。彼女も出来ない。というより、本気で好きになったのは離れていった彼女の前に夢中だった年上のお姉さん1人だけだ。惰性で付き合ってた。多少社会人生活が落ち着いて、将来を考えられるようになったら結婚するのかな、と思ってた。だけど、人生暗転した。

そのお姉さんとは実は今でも付き合いがあって、毎年年賀状をくれて、幸せになりなさい、良い恋をしなさい、とメッセージが添えてある。大好きだし、何度も好きですと伝えているけど、そのたびに彼女曖昧な笑い方をする。思い立った時に会いたい、とメールをすると、会ってくれる彼女は何なんだろう。

私は結婚はしないの

彼女は言っていた。確かに未だに独身だ。そして僕も独身だ。

精神科で処方される薬が少しずつ減って、「もうすぐ卒業かな。長かったね。」と主治医がこの前言った。正直、人並みの幸せが欲しい。結婚もしたい。きちんと意見を言ってくれて、よりかかるだけでなくて、よりかかって、よりかかられて、お互いに支えてくれるような結婚生活が良いと思うけど、無理なんだろうね。毎日macbookの中で動くアプリけが僕の幸せの形。

読み返したら何か支離滅裂だな。話題の彼女の文章をみて、同じ36歳、ちょっと書いてみたくなっただけ。スマソ。

2011-08-03

あっ 馬鹿がこっそりとまだやってた!w

http://anond.hatelabo.jp/20110802232027

君がソレをやりそうだとはわかってたよ

やっぱりねえ、

からは溢れるような安いプライドを感じたからやると思ってたよ。

自分最後に発言、自分勝利宣言しないと終われないんだヨネw


せっかく一旦姿を消したように見せて

時間も間を空けて夜遅くにこっそり書く、なんて苦労をしてくれたのに

見つけちゃってごめんねwww

俺、君みたいな奴の行動パターンわかるからさあw


なんだか関係のない、長いまとめ

まず私の最初の書き込み。これは元記事

はい、俺とは関係ないですね。

君は関係ないツリーを掘ったり埋め戻したりと落ち着きが無いけど、共産党リスペクトか何かですヵ?

2、3についても同様。

4.「自社電波」を「公共の電波」と言い換えても・・・

まあ当然横レスの「自社電波じゃなくて公共の電波を預かってるだけだからだよ…」は根拠になり得ないわけだから、その旨を指摘。

いかい?

まず~、

「言い換え」じゃなくて「公共の電波を預かる」が正しいからね?

単純なマチガイだったのか意図的な「言い換え」だったのかは突っ込まないであげるとしても

間違ってたのはキ・ミ!w

何が「言い換えても…」なの?

まず「間違えたこと言ってすみませんでした」と言おう?

ほら、教室のみんなに聞こえる大きな声で!


で、馬鹿が強引に同じものとして突破しようとしてたが

私有資産を使っててある程度自由に利潤を追求していい企業

公共の電波を預かってる企業は当然ながら話が違いますね。

このあたりは繰り返しになります



5・視聴者不利益が生じる根拠と具体例がないまま空論は続く。

こちらの指摘に対してさらに反論じみたレスが来たので(http://anond.hatelabo.jp/20110802094149)、用語の間違いや誤読を指摘。

これも俺と関係ないね

なんかあれかなー、おれと関係ないものを混ぜて混ぜて状況を希釈することで

自分の敗北や逃走をごまかしたいんでちゅかね?



「目くらましは撒いた!通れ本命!」

以下、一向にコングロマリットが自社関連の宣伝しまくることによって「視聴者利益にならない」と帰結する根拠が提示されないまま徒にレスが続くので解説は省略。


6.「自社関連の宣伝をしたらどんな不利益が生じるか」を説明できず・・

7.文脈を読めてないならレスしなきゃいいのに

8.結局、自社関連の宣伝したら視聴者不利益になる理由がナゾ

ここまで。

はい本日の目玉が来ました!w

馬鹿くんにとって一番都合が悪い、敗北に敗北を重ねた部分を

勝利宣言とともに「たいしたことないから省略します、見なくていいよ!見ないで!」w


これをやりたいために、膨大な関係ないツリーを長々まとめてたんだねえ。

すっごい頑張ったのにざんねーん。


フジ無罪馬鹿くんの苦難の歴史

はいじゃあ「省略」されちゃった部分をちゃんとまとめなおしてあげます

馬鹿くんが顔真っ赤にして嫌がるだろうけどw

6.「自社関連の宣伝をしたらどんな不利益が生じるか」を説明できず・・

馬鹿くんの論陣はこう。

現状、テレビ局各社は決して自社利益のため「だけ」に使っているわけではない。

各社関連企業が総力をあげ、スポーツ芸術や娯楽などの文化活動を支えることによって、それら文化的な価値視聴者が享受できるよう営んでいる。

・「すぽーつやげいじゅつやごらくなどのぶんかかつどうをささえて!」

論陣強度が弱いときは長くて空虚で立派そうな言葉を書く、というアレですね。

要するにまあ「テレビの自社宣伝は結果的にみんなの役に立ってるよ!」と言いたいようです


そんでこれに対する俺の返答がこれhttp://anond.hatelabo.jp/20110802122231

・「自社CMつのが悪いなんていってないよ?頭大丈夫?」

・「自社利益のために嘘や捏造報道してるのはアウトじゃん」

・「あと口調カッコいいから直したほうがいい」



7.文脈を読めてないならレスしなきゃいいのに

顔色が変わり、

・「うるさい!そんな話はしてない!」

・「韓流ファンに捏造などない!その話はサイゾーが書いてたから嘘!」


これに対する俺の返答がhttp://anond.hatelabo.jp/20110802151137

・「話そらして暴れるなよw」

・「え、嘘なの?でもちょっと探しただけでも画像つきソースボロボロ出てくるし

  テレビ画面が多いよ、これサイゾーっていう?紙媒体のキャプには見えないんだけど」


8.結局、自社関連の宣伝したら視聴者不利益になる理由がナゾ

・「嘘かどうかはしらん!しらべたくない!」

この人が問題にしてる話の焦点なのに、なんで調べたくないんでしょうねw

・「そういう話は全部サイゾー陰謀なの!」

嘘かどうかは知らないけど、全部サイゾーってやつの陰謀だと決定してるそうです


で、これへの俺の返答がこれhttp://anond.hatelabo.jp/20110802172741

・「俺が今3秒でググッたこのソースだけでも、いろんな画像があるよね?」

・「そもそもTV画面が多いみたいなんだけど、これ全部そのサイゾーって奴が撒き散らした合成画像か何かなの?」

・「だとしたらすげえからそのサイゾーの悪行のソースください!」



明日への逃亡

どこから彼なのか大体想像つくが、

どこから俺なのかは「大体」じゃなくてはっきりわかるだろw

そのまとめを見ても、君は明らかにそこは正確に判別してるよ。

俺は他の誰かと論陣を同じくしてないし、特徴的な文体にしてあげてるんだから

彼の脳内はいつの間にか私が彼に横レスしたことになっている。

俺はそんなこと一回も言ってないナア。

俺にレスをするなら俺の言い分だけを俎上にしなさい、と言っている。

もっとはっきり言えば

俺相手に劣勢になったからって別の奴を掘り返してきて「俺はこいつには勝ってたもん!お前うざい!」とか泣き言言われてもしらねーよw

だよ。


巨大暗黒組織サイゾー」の全容、未だ見えず

ご丁寧に別の増田ソース記事を貼ってくれてるよ。

http://anond.hatelabo.jp/20110802190801

根拠にするならせめてソース記事は確認しておいた方が突っ込まれずに済むので気をつけた方がよい。

はい、渾身の話すり替え二つ目が来ました。

馬鹿くんの「通ってくれえええええ!」という祈るような気持ちがビンビン感じられて、粉砕するのが辛いです


俺がお前に出してくれと頼んだのはサイゾーの紙面」ソースじゃねーよw

「数多あるインチキ韓流ファンのソース全てがサイゾー陰謀捏造」というMMRばりの大ネタソースだよ!w

おめーが言い出したのにしらばっくれたって通るわけがねーーーだろ!www

ていうか何で指摘しているこちら側がソース記事出せなんて言われてるんだ(笑)

ボロボロ出てくる韓流ファン捏造ソース

君が「全部サイゾーの仕業だからノーカン」として却下したがったからダヨ!

わかってるくせにいw


ほら、引き続き待ってるよ、お前の起死回生の一策「サイゾー黒幕説」のソースをさあ。

それ出せないならお前が長々頑張ってきたフジ無罪説も瓦解するから頑張らないとネ!



「俺が勝ったことにしてよ!もう許してよ!」

以下は放置しておくので悪しからず。

「通してくれー!逃がしてくれー!俺が負けてない形で終わりたいいいいいいー!」

ダメでしたw

2011-08-02

反韓流の人たちって実は流され易く疑うことを知らない人たちかも。

http://anond.hatelabo.jp/20110802172741

なんかまた内容のないレスが来ているが、彼も必死みたいなので一応突っ込んでおくか。

彼の勘違いを明らかにするためにも私の書き込みを時系列にまとめておこう。

まあ、彼は読まなさそうだが(サイゾー元ネタだってことも調べてないようだし)。


1.自社の電波で自社関連の宣伝するのって当然でしょ。

まず私の最初の書き込み。これは元記事(http://anond.hatelabo.jp/20110731215702)へのレスである

規約を作ったほうが良いのではないか」という元記事の提起に対して、その前提である「公共の電波で自社関連の宣伝しまくる」ことが「問題行為であるとする認識に疑義を呈した書き込みである

コングロマリットが自社関連の宣伝しまくるのは当然だし、それが「問題行為」だとみなし得る根拠がないというのが論旨。


2.自社関連の一押し商品をプッシュしてなぜそれが視聴者の不利益に?

一個目の書き込みに元記事の増田からレスhttp://anond.hatelabo.jp/20110801080727)があったが、コングロマリットが自社関連の宣伝しまくるのがあたかも虚偽行為であるかのようなレスだったのでその点を指摘。

さらに「公共の電波で自社関連の宣伝しまくる」ことが「問題行為である根拠として「視聴者利益にならない」を挙げていたが、その因果関係がはっきりしないのでさらに疑義を呈した。


3.自社電波で自社関連の宣伝するのをなぜ国によって禁止したがる?

二個目の書き込みに元記事の増田からレスhttp://anond.hatelabo.jp/20110801235159)があり、こちらの指摘を受け入れた上で、コングロマリットが自社関連の宣伝しまくることによって「視聴者利益にならない」と帰結する根拠を「本来見たいものが見れなくなる」と「単純に価値下がる」あると明示してきた。

それに対して朝日新聞主催高校野球の例を出して「本来見たいものが見れなくなる」という現象が根拠としてはなり得ない点を指摘。


おそらく元記事の増田レスはここまでではないかと思われる。

その後、違う文体で横レスhttp://anond.hatelabo.jp/20110802013723)が入った。

私の「コングロマリットが自社関連の宣伝しまくることによって『視聴者利益にならない』と帰結する根拠は?」という疑問を呈した書き込みに対する横レスだったので、

冒頭の「自社電波じゃなくて公共の電波を預かってるだけだからだよ…」という文の「だからだよ」が当然その疑問に対する回答だと思い、以下のレスを投げた。


4.「自社電波」を「公共の電波」と言い換えても・・・

まあ当然横レスの「自社電波じゃなくて公共の電波を預かってるだけだからだよ…」は根拠になり得ないわけだから、その旨を指摘。


5・視聴者の不利益が生じる根拠と具体例がないまま空論は続く。

こちらの指摘に対してさらに反論じみたレスが来たので(http://anond.hatelabo.jp/20110802094149)、用語の間違いや誤読を指摘。


以下、一向にコングロマリットが自社関連の宣伝しまくることによって「視聴者利益にならない」と帰結する根拠が提示されないまま徒にレスが続くので解説は省略。


6.「自社関連の宣伝をしたらどんな不利益が生じるか」を説明できず・・

7.文脈を読めてないならレスしなきゃいいのに

8.結局、自社関連の宣伝したら視聴者が不利益になる理由がナゾ

ここまで。

で、最後に来たのが冒頭に貼ったコレ(http://anond.hatelabo.jp/20110802172741)。

どこから彼なのか大体想像つくが、

彼の脳内はいつの間にか私が彼に横レスしたことになっている。

しか時系列順に辿ってみても分かるとおり、私は最初の書き込みを除き自分に飛ばされたトラックバック以外には一切レスをしていない。

したがって

明らかに俺の書き込みと関係ない誰かの書き込みを俎上に乗せようとしたのはキーミ。

という自信たっぷりの文章が全く勘違いに基づくものだと言うことが明白であろう。


それと

無いって言ってみたり有るって言ってみたり知らんて言ってみたり。

という部分だが、

もう一度私の書き込みを全て読み返して見るとよい。

「無いって言ってみたり有るって言ってみたり」したことは一切ない。

ただ、事実かどうか定かでないもの検証せずに鵜呑みする滑稽さは確かに指摘した。

でもそれは当たり前の指摘。

その指摘が「無いって言ってみたり」したことになったんだとしたら、

それはキミの単なる誤読だ。

そして極めつけ。

そうなんですか!すごいね!まずそのソースをください!

ご丁寧に別の増田ソース記事を貼ってくれてるよ。

http://anond.hatelabo.jp/20110802190801

根拠にするならせめてソース記事は確認しておいた方が突っ込まれずに済むので気をつけた方がよい。

ていうか何で指摘しているこちら側がソース記事出せなんて言われてるんだ(笑)

以下は放置しておくので悪しからず。

そのリンク先の在日のおばちゃんとか

明らかに100人程度しかいない「ファン800人」とか

雑誌記事ではなくテレビの画面に見えるけどねえ~~。

テレビっぽい画面を合成してネットにばら撒く悪のサイゾー新聞社の仕業だったんだネ!

2011-07-31

自社の電波で自社関連の宣伝するのって当然でしょ。

http://anond.hatelabo.jp/20110731215702

なんかそもそも前提が間違ってるような。


公共の電波って言っても民放各社はあくまで民間企業

しかフジテレビなんて典型的コングロマリットなわけで、

その関連企業だけでも100社近くある。

それらの関連企業はいろんなカタチでスポーツ芸術や娯楽などの発展に絡んでくる。

まり日本文化が全体がそもそもメディアコングロマリットで支えられいると言う構図だ。

こういう構図を規制するということは日本文化国家によって統制していくということに他ならない。

もちろん日本を今より一層統制された社会主義国家にしたいのであれば規制しまくればいい。

ただ、少々韓流ブームが目障りだからと言って国家規制を求めてしま日本人ってヤバくない?

2011-04-20

http://anond.hatelabo.jp/20110419213916

つくば市は、エリート市だな。

市長が、巨大医療コングロマリットの健佑会の代表。

その辺りの病院検査など受けた日には、

どこも悪くなくても大手術を薦められるから気をつけれよ。

というわけで、弁護士ご用達の病院とかあるらしいけどね。

放射能検査するのは、論文ネタが欲しいからだよ。学者さんたちが。

2009-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20090416060928

直接の答えにはなりませんが、町山智浩さんのアメリカ論の一つに、

アメリカにはもう大都市にしか書店はないが、そこに行けば大量のブッシュ批判の本が並んでいる。

いや、政治に関する本の8割がブッシュ叩きだと言ってもそんなに誇張ではない。

でも、これを読むのはインテリだけ。

普通の人はテレビラジオでしか政治を知らない。

それは何度も書いたように共和党を支持するコングロマリットに寡占支配されている。

だから、ムーアも言っているように、アメリカ人口の4割がいまだに「イラク911テロ犯人」「イラク大量破壊兵器を持っていた」と信じている。

そんな人々に見せるために作られたのが「華氏911」なのだ。

だから、「『華氏911』はムーアの著作と内容が同じだ」と批判してもまったく無意味だ。

この映画は、ムーアの本どころか新聞すら読まないアメリカ人をどれだけ動かすかで価値が計られる映画だからだ。」

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20040814

てのがありまして、これが書かれたのが2004年8月、ブッシュが再選されたのはこの後です。

限られた分野からしか情報をとろうとしないのは、アメリカ人の多数も同じようです。

2009-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20090404220118

アメリカ石油、航空、宇宙産業、IT、バイオ、医薬、農業、娯楽、スポーツ、学術を制覇しているため。

ドルが基軸通貨なので銀行保険世界一。(サブプラ問題でがたついているけど)

世界大企業アメリカに集中している。

日本が有利な分野は自動車家電デジカメくらい。

世界大企業ランキング 2007年

会社名 国名 業種 営業利益(百万ドル)

  1.  エクソンモービル 米国 石油・ガス 57,655
  2.  ゼネラル・エレクトリックGE) 米国 コングロマリット 50,382
  3.  ロイヤル・ダッチ・シェル オランダ 石油・ガス 41,062
  4.  トタル フランス 石油・ガス 34,102
  5.  ガスブロム ロシア 石油・ガス 28,339
  6.  BP 英国 石油・ガス 27,234
  7.  中国石油天然気(ペトロチャイナ) 中国 石油・ガス 26,315
  8.  ENI イタリア 石油・ガス 25,769
  9.  シェブロン 米国 石油・ガス 25,627
  10.  マイクロソフト 米国 ソフトウエア 24,005
  11.  スタトイルハイドロ ノルウェー 石油・ガス 23,544
  12.  コノコフィリップス 米国 石油・ガス 21,941
  13.  ペトロブラス ブラジル 石油・ガス 20,668
  14.  AT&T 米国 通信 20,404
  15.  トヨタ自動車 日本 自動車 19,943
  16.  ウォルマート 米国 小売り 18,467
  17.  プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) 米国 家庭用品 17,083
  18.  中国移動通信 香港 通信 16,983
  19.  ベライゾン・コミュニケーションズ 米国 通信 16,712
  20.  テレフォニカ スペイン 通信 16,223
  21.  グラクソ・スミスクライン 英国 医薬・バイオ 15,574
  22.  ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 米国 医薬・バイオ 15,153
  23.  リオドセ ブラジル 金属鉱業 15,107
  24.  アセロール・ミタル ルクセンブルク 金属鉱業 15,068
  25.  ファイザー 米国 医薬・バイオ 14,574

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5410.html

2008-08-11

SIゼネコンがWeb企業を買収する日

私は超大手SIerに勤めている。今日会社の同僚と晩飯食った。転職の話題になった。

「IT業界会社転職しても、いずれはうちの会社の下で仕事をすることになるだろう。」

「SI業界とIT業界は違うぜ。mixiが受託開発やるのか?」

「うちはSI業界の頂点だし、B2Cにも手を出し始めてる。」

Web世界とはビジネスモデルが違うし、B2Bから出ない気がする。」

「細かいことは分からないけど、いずれは取り込まれる気がするんだ。そうじゃないと、うちの会社は潰れる道をたどる。お偉いさんも気付いてるはずだ。」

確かに、うちの会社mixiを買収することなど容易い。Web業界パイが大きくなれば、今のSIer子会社として買収して乗り込んでくる可能性も考えられなくはない。あらゆるIT会社を飲み込むコングロマリットになるかもしれない。ただ、今のようなゼネコンでは無理だろう。この先のことは分からない。

2008-07-21

Re: 日立製作所はまともな会社になるべき

日立コンサルティングという会社がある。日立製作所100%出資戦略子会社という位置づけだ。戦略子会社定義は、しかしながら、おそらく一般化できる類のものではないと思う。日立コンサルティングのそれは、投資案件も積極的にこなすという意味である。投資案件なので、今後の継続案件獲得を目指した赤字受注もいとわない、と言えばわかりやすいだろうか。

かつて、IT系公共事業の「1円入札」が問題になった。日立製作所も、他ならぬそのプレイヤー重要一角を占めていた。1円入札とは、言うまでもなく、今後の継続取引を確保するための戦略だ。いったんシステムを構築した上で自社仕様に「ロックイン」してしまえば、あとは保守運用などの要件を別口で、かつ随意契約で獲得し続けることができるという、ベンダにとっては実にありがたいエコシステムがあった。

そうした投資案件は、日立製作所をはじめとする巨大コングロマリットにとってはまさに「お家芸」であった。そのお家芸の矢面にいきなり立たされることになったのが日立コンサルティングである。

日立コンサルティング設立にあたっては、現・製作社長古川氏が直々に音頭を取ったことがよく知られている。元ベリングポイント会長ポール与那嶺氏を招聘、トップに据えた。この時点で、日立製作所ベリングポイントの間に過去どういうビジネス関係があったかを推し量ることは可能かもしれない。とはいえ、それは皆さんにお任せする。

日立コンサルティングは、国内に拠点を置く数々のファームから熟練コンサルタントを呼び集め、人員規模的には順調な成長を見せた。しかしながら、与那嶺氏が籍を置いていたベリングポイントのような、熾烈な市場競争をくぐり抜いてきたプロフェッショナルファーム文化と、日立製作所ロックイン式お家芸のそれとは、そもそも相容れるものではなかった。

そんなとき、日立コンサルティングという組織の中でどういう化学反応が起きたか。それはいわば「易きに流れる」というものであった。元エントリに触れられているように、本来顧客に対する十分な説明(情報開示)を、しっかりとしたドキュメントプレゼンテーションをもち行うというコンサルタントの強みは損なわれ、日立製作所式の高コストソリューションの提案作業に明け暮れる日々が続くこととなった。

コンサルタントの中には、そうした流れに異を唱える者ももちろんいた。自分日立グループ豊富リソースを自在に組み合わせた業界最強のソリューション提供できるという期待を持ちここに入ってきたのに、ソリューションコンサルティング部隊をそれぞれ抱える日立製作所をはじめとするグループ企業各社との調整に常に腐心せねばならない不経済はどうにかならないものかと疑問を持つ者もいた。

しかしながら、日立ブランドという、日本有数のコングロマリット代弁者へと既に身をやつしていた上級コンサルタントは、もはやグループの、あるいは自己の地位を守るための理想をぶつ存在でしかなかった。

こうして日立コンサルティングという会社は、良くも悪くも、日立というブランドを背負う御用聞き役を担い、そしてその役割に失望したコンサルタントたちは、続々とそこを離れることとなった。

2008-07-11

学歴ステルス複合体の話に反応しないことがレーダーにひっかかっている気がする。こういう話題にもそれらしく反応しておかないと増田コングロマリットメンバーが潜んでいることがばれちゃうなあ。

2008-07-10

日本を支配しているステルス複合体

中川秀直・元自民党幹事長って面白いことをおっしゃる。

官僚国家の崩壊」っていう最近出した本の中にも、官僚機構などにネットワークをはる複合体の人脈を「ステルス複合体」と呼び、その「本尊」は学歴による優越意識に基づく大学同窓などの見えざるネットワークであり、たとえば、東京大学法学部出身者を核とするエリート人脈である、と書いている。

http://d.hatena.ne.jp/yumyum2/20080529/p5

官僚国家>を牛耳る<ステルス複合体>の得意ワザはズル、ウソゴマカシ。<医療>改革を<健保>問題にスリカエた。元財務大臣塩川正十郎が「財政の都合ばかりを優先、人間味に欠ける」と批判、元総務会長堀内光雄が「年寄り死ねというのか」と「文藝春秋」6月号に寄稿。当然だ。

自民党幹事長中川秀直、近著「官僚国家の崩壊」(講談社)で「(ステルス複合体は)学歴東大法)に基づく自らの身分に誇りを共有する。官僚機構日銀経済界、学界、マスコミなど、あらゆるところに巨大なネットワークを張る。この同質的人脈が『空気』をつくり、政策の『相場感』をつくっていく。彼らの醸し出す空気相場感に反するものは『異端』扱いされるか、無視され、あらゆるエリート層に、予定調和的な言動を強いて、同質化圧力を加えていく」(23頁)と書く。日本を牛耳り、食いモノにしている。

「『ステルス複合体』に政策を任せると、日本は必ずや『日沈む国』となる」(中川・24頁)。

小泉内閣以来、自民党が進めてきた改革の本質は何か。基本的な図式はよく言われるように、『霞ヶ関永田町』である。官僚によって、役人天国が形成され、今や、官僚が国政を操り、国を私物化しているという批判は、ある意味で正しい。官僚主導を本来の政治主導に戻し、国民のための政治に戻さなければならない」(舛添要一霞ヶ関VS永田町講談社・2頁)。参院政審会長2007年5月の刊行。正論だ。中川秀直火山も同意見

http://blogs.yahoo.co.jp/kome_1937/54679415.html

 その中川氏は日本東大法学部を中心とするエリート官僚たちに巧妙に支配されており、政治官僚コントロールできていないことが、日本の改革が進まない最大の要因であると主張し、改革に反対するエリート官僚たちを厳しく批判する。選挙の洗礼を受ける政治家は、政策の失敗に対して責任を追及されるが、官僚たちは、匿名のまま、政策を作成し、それが失敗に終わっても、結果責任をとることもない。政治家がいくら改革の旗を振ろうが、最大の既得権益者であるステルス複合体が改革を許すはずがない。彼らは官界を越えて、産業界、学界、マスコミまでを網羅した東大法学部人脈を通じて、相互に補完し合いながら、自分たちの力の保全を図っている。これが中川氏が日本の最大のガンになっていると断罪するステルス複合体の実態だ。

http://www.videonews.com/on-demand/371380/001321.php

 ステルス複合体とは

東大法学部を中心とするエリート官僚たちが、官界を越えて、産業界、学界、マスコミまでを網羅した東大法学部人脈を通じて、相互に補完し合いながら、自分たちの力の保全を図っている集団」

の事を差すようです。

 私見ではそのようなゆるやかな連携存在すると思います。しかし、本当に「ステルス複合体」が「抵抗勢力」なのでしょうか?そもそも、「新自由主義の導入=改革」に抵抗するのは国民国家利益を考えると穏当な場合もあり得るわけです。

 確かに、官製不況なる言葉に表されるように、近年は所轄官庁が所轄官庁であり続けるための政策が実行されて、民業の足をひっぱるような事態も起きています。また、膨大な公債が積み上がり、国家財政事情は悪化しています。公務員給与総額を減らさねば、国家破産は避けがたい状況です。よって、キャリア官僚制度の弊害は存在することは間違いありません。

 しかし、小泉純一郎こそが、財務省族議員であり、なおかつアメリカ利益を代弁する外資族議員です。旧大蔵省理財局は財政投融資を通じて毀損しまくった郵貯簡保総務省(旧郵政省)に返し、なおかつアメリカに売り渡すことにより責任を逃れようとしています。その片棒を担いだのが小泉純一郎竹中平蔵です。後期高齢者医療制度を導入したのは当の小泉純一郎です。後期高齢者医療制度本質竹中平蔵の言うところの「人頭税」の制度導入に他なりません。

 結論から先に申し上げれば、殲滅すべきはステルス複合体ではなくて、清和政策研究会です。「官僚政治にそよぐ葦」であり、昨今の悪政の源泉は売米政治を続ける清和政策研究会にあります。

http://wanwanlapper.seesaa.net/article/99881325.html

新聞業界談合を許すな【再販・特殊指定廃止】

418 :名無しさん@3周年:2008/06/27(金) 02:06:05 ID:FVsDlK8i

http://www.videonews.com/on-demand/371380/001321.php

中川秀直の狙いは政官財のステルス複合体の維持にあり」

ゲスト中川秀直氏(活字文化議員連盟会長

メディアコングロマリットを中心として政官財がなす

ステルス複合体の番犬中川秀直が自分の利権を旨みを語る!

http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1145095961/418

2008.06.11 とんだ食わせ物!中川秀直著『官僚国家の崩壊』

暴論珍説メモ (38)

田畑光永 (ジャーナリスト

しばらく前、自民党大島理森国会対策委員長テレビで「ねじれの丘」というのを歌って見せた。「今日も昨日もねじれの丘で・・・」と。

 そう、今年の通常国会は初めからお終いまで(まだ終っていないが)、確かにねじれねじれで明け暮れた。自民党は要所で例の「三分の二」条項を使い、それではせっかく昨夏の参院選で大勝した甲斐がないと民主党福田首相への問責決議案を出そうとしつつも、その後の見通しが立たずに逡巡しつつ日を過ごしてきた。いよいよ今日明日中に出すとか言っているが、さて土壇場でどうなるか、あの党のことだからなんともいえない。

  ではあっても、国民からすれば、なんでも自民党の思い通りにはいかなくなったという意味で、去年、自民党を敗北させただけのことはあったのだが、駆け引きばかりが表に出て、国政を論ずるという点では「政治不在」という印象を免れなかった。

  ところが、ここへ来て自民党内にいささか波風が立ってきたらしい。4日、総裁派閥町村派で代表世話人を務める中川秀直幹事長を囲む「中川勉強会(仮称)」が発足したというのである。現職総裁を擁する派閥はなるべく低姿勢を保って、総裁任期を全うさせることに意を用いるというのが常識なのに、その総裁派閥の中で派中に派を作るような動きは異例である。

  だから早速翌5日、同派の最高顧問である森喜朗首相派閥の総会で、「福田さんが今にも代わるのではないかと予測したような動きは、誰もしていないはずだ。我が派がいちばんやっちゃいけないことだ」(6日『朝日』)と苦言を呈したという。もっともである。

  年金の騒ぎが収まらないうちに、後期高齢者医療保険またまた国民を怒らせてしまった自民党は、民主党衆議院解散要求をなんとかしのいで風向きの変わるのを待つしかないというのが現状だが、すくなくとも「福田では選挙は戦えない」というのはコンセンサスになりつつある。といっても今の衆院議員任期来年の9月まで。あと1年ちょっとしかない。それまでに福田総裁の後釜を仕立てるとなると、すでに手を挙げている麻生太郎幹事長がタナボタということになりかねない。

  そんなにやすやすと政権をくれてやるわけにはいかないというのが、現職総裁派閥に身を置きながら、派中派をつくるという異例の行動に出た中川氏の胸中であろう。4日の初会合には同派の議員33人が出席し、そのほか秘書20人の代理主席(雲行きを見て参加しようという議員)があったという。相当な数である。

中川氏といえば、2000年に小渕首相が病に倒れた後に発足した森内閣官房長官に就任したが、女性スキャンダルで無念の辞任に追い込まれたことは記憶に新しい(でしょ?)。それ以来、政府の役職にはつけず、もっぱら党で国対委員長政調会長幹事長を歴任してきたわけだが、謹慎ももういいだろうと表舞台に立つ決意をしたようだ。

  その中川氏、最近官僚国家の崩壊」という新著を出した。政治家が本を出すのは野心がある時が多い。安倍前首相総裁選前に「美しい国へ」を出し、麻生氏が「とてつもない日本」を出した。中川氏のこの本も氏の政権取りへの信号弾なのであろう。

  読んでみた。実は読み通すのが苦痛だった。題名のとおりわが国の官僚政治家を手玉にとって政治を動かし、自分たちの既得権益にしがみつくのを痛罵している。防衛省厚労省国交省財務省などなど、事務次官ゴルフ漬けから職員の居酒屋タクシーまで、お役人たちのすることに腹を立てていない人はいないはずだから、官僚を痛罵するのはいい。しかし、なんとも中身がうすいのである。

日本をウラで操る「ステルス複合体」などという新語を作って売り込んでいるのだが、話はあっちへ飛び、こっちへ飛びで、付き合うのに骨が折れる。しかも論旨はなはだ粗雑である。

  例えば、自民党内には党人派と官僚派というグループ分けがあるが、現在福田赳夫(現福田首相の父)以来の清和会の総理が四代(森、小泉安倍福田)続いているが、著者は「日本の順風の時代を担うのが官僚派であり、逆風の時代を担うのが党人派だ」とのべ、いかにも自分たちが今の日本を背負う党人派だと言いたげである。しかも、それ以前の党人派政権となると20年以上も昔の、1978年に退陣した福田(赳夫)政権までさかのぼらなければ存在しなかったと言い、「2000年の森政権誕生は実に20年ぶりの政権交代であった」とまで言う。

  こんな出鱈目な話はない。福田赳夫という人は大蔵省(当時)の主計局長まで務めた官僚中の官僚であり、その福田内閣の後に登場してきた自民党の歴代首相の大半、すなわち鈴木(善)、中曽根竹下宇野海部橋本(竜)、小渕の各氏はすべて党人である。官僚出身は大平、宮沢の二人しかいない。鈴木から小渕にいたるまでの各氏は、自身は党人でも官僚に牛耳られていたから「官僚政権」だというなら、それはそれできちんと分析して見せるのがモノを書くということである。

  もう一つ挙げよう。著者は道州制の支持者だそうだが、道州制を導入すれば国と地方の公務員が大幅に減るとして、現在国家公務員30万人、都道府県公務員35万人、市町村公務員105万人、合計170万人が、それぞれ10万人、15万人、基礎自治体20万人の合計45万人になるという図表を大きく掲げている(257頁)。公務員がざっと4分の1になるというのだから、国民としては耳寄りな話である。しかし、この図表についての説明は1行もない。見落としたかと思って探してみたが、どこにもない。こんなものが本といえるか!

  よく知られているように、中川氏は官僚無駄遣いをやめさせ、なによりも経済を成長させることができれば、それによって消費税は上げなくてもやっていけるという立場である。消費税の値上げは避けて通れないとする「財政再建派」、とりわけその代表格である与謝野馨氏と対立している。前著「上げ潮の時代」以来、消費税値上げ不要論が中川氏の売りである。

  本書でも中川氏は従来の主張を繰り返し、竹中平蔵氏の市場メカニズムによる改革路線を

大いに持ち上げて、その継承を打ち出している。それは考え方であるから、私には異論があるが、それはここでは述べない。私があえてこの本を取り上げたのは、日本指導者たらんとする人間がその主張を書物という形で公にすることは大いに称揚したいのだが、それにしてはあまりにおざなりなものを持ち出してくるその傲慢さが腹に据えかねるからだ。

  街頭演説や反対党との討論やテレビ番組では十分に考えを説明できないから本を書いてとことん説明するというのなら大いに歓迎だが、大衆にはいい加減なことを言っておけばいい、どうせ細かいことはわからないのだから、箔をつけるために本を出すという人をばかにした態度は許せない。そんな御託につきあう暇はないのだ。

  中川氏の本だけを取り上げるのは不公平だから、次回はライバルとされる与謝野氏の新著「堂々たる政治」を紹介することにしよう。

http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-370.html

ステルス(Stealth)とは、軍用機軍艦、戦闘車両等の兵器をレーダー等のセンサー類から探知され難くする為の軍事技術の総称。

単にそれらの技術を取り入れて開発された兵器を指してステルスと呼ぶ事もある。「ステルス性」という言葉は「ある兵器がセンサー類からどの程度探知され難いか」という事を相対的に表す。ステルスの本来の意味は「こっそりとする」「隠れる」である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ステルス_(軍事)

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん